「男子」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 男子とは

2021-02-28

Wikipedia

大阪学芸高等学校・附属中学校(おおさかがくげい こうとうがっこう・ふぞくちゅうがっこう、英称Osaka Gakugei Senior & Junior High School)は、大阪府大阪市住吉区にある私立高等学校中学校1996年平成8年)まで男子のみ「性器高等学校」で、前身日本最初に二部(夜間部)を設置した実業学校商業学校)。

性器高等学校・・・

オナニーのために豊胸するかガチで迷っている

自分AVエロ漫画女性になりきってオナニーするのが好きで、特に巨乳女性おっぱいゆさゆささせながら突かれて気持ちよくなっちゃってるのが最高に好き。

その女性になりきってオナニーするわけだが、長身のヒョロガリ体型で自前のおっぱいは平均以下程度

から巨乳がほしくて豊胸を考えてるんだけど、オナニーとき以外使い道がない。上半身が分厚くなってデブに見えて似合う服が限られるだろうし、夫もおそらく細身体型好きなので夫とのセックスの質も下がりそう

でもほしい……ゆさゆさ揺らしたい。いたいけな男子高校生巨乳で誘惑する女教師オナニーもしたいし、オジサン巨乳パイズリさせられて困っちゃうOLオナニーもしたい。

取り外し可能巨乳がほしい

anond:20210227123244

死体色と言われてしばらく悩んだんだが

あなた死体の色だと思ってる色以上に死体(を表現するため)の色はバリエーションあるぞ


幼児が間違って口腔に入れてもすぐに吐き出せるようおもちゃ部品の表面に苦い塗料を塗るように

男子が間違って視界に入れてもすぐに追い出せるようちんちん身体の表面に暗い塗料を塗るのだ

2021-02-27

幼女の頃に障害者に抱きつかれた

私の通っていた小学校は片田舎にあった。

全校児童が250人程度の規模だ。

発達の遅い男児が3人いて、彼らが所属するいわゆる「ひまわり学級」ももちろん存在した。

ちなみに彼らは以下3タイプに分かれていた。

・A君

ダウン症軽度(ある程度成り立つ会話ができる)

・B君

ダウン症中程度?(インプットはどうやらできているようだが、日本語らしい日本語アウトプットできない)

・C君

→発達遅れ(ある程度成り立つ会話ができる)

そして3人全員とも、私と同い年だった。

そのため運動会やら遠足やら、何かしらのイベントには必ず「彼ら3人」も一緒に行った。

小学一年から一緒だったためか、元々の気質なのか、それとも両方か、幸運なことに(?)彼らを蔑視する子たちは同学年にいなかったと思う。

あくまで私目線で、もしかしたら違ったかもしれない。

とりあえず、大っぴらに彼ら3人を差別するような子たちは誰一人としていなかった。

私としては彼らを「大多数と違う」ことに何だか不思議な魅力を感じていた。

決して貶してはならないことは前提としつつ、彼らの行動一つ一つが想定外で、ワクワクしながら彼らと接していたような気がする。

全てを素直に捉えて接してくれる彼らは、変な言い方をすると可愛くも思えた。

忘れもしない、あれは小学5年生の時だ。

秋の学級会で行う「オズの魔法使い」の練習をしていた時だ。

例に漏れず、3人組も私たちと一緒に練習を行っていた。

5回目くらいの全体練習の際に、B君が突然女の子に抱きついたのだ。

その場にいた全員が驚きながらも男子が中心にB君を女の子から引き剥がした。

B君は日本語らしい日本語は話せない。

ただ、こちらの言ったことはある程度理解できる(と認識していた)。

みんなで言葉を選びながら、B君に「抱きついちゃダメだよ〜」と笑いながら注意をした。

しかしながらもB君ははその注意後からも辞められず、「抱きつく→すぐに男子が引き剥がす」というイベントが幾度となく発生した。

その様子を最初からじっくり観察していると、抱きつかれる女子共通するある条件が見えてきた。

それは以下の通りだ。

1)B君のすぐ目の前を通り抜けること

2)可愛い女子であること

なんというのか、太っていたり、容貌が良くない女子が通りかかってもB君は抱きつかなかったのだ。

そして私は思いついた。

「私もB君に抱きつかれたら、可愛い認識された、ということなのではないのか?」と。

すぐに実行に移した。

小休憩の時にB君の目の前を通り抜けた。

キドキしていた。

何故だか何かに祈っていたかもしれない。

「んーーーーーー!!!」という声と共にB君は私に抱きついてきた。

唇を押し付けようとしているので、急いで思いっきりのけぞった。

上半身には両腕をガッチリと回してきた。

まり下半身違和感は感じなかった記憶だ。

どうやらキスのみををせがんできたようだった。

抱きつかれた瞬間「勝った」と思った。

一応、私のことを可愛いと思ってくれる男の子はいたんだ、と。

今考えるとかなり歪んだ認知だと思う。

抱きつかれて5秒後にはB君は男子たちに引き剥がされていた。

私は「可愛いと認めてもらえたこと」や周りで見ている限りでは分からなかった「キスをせがんできた」ことを発見できてワクワクしていた。

が、同時に恐怖も少し抱いた。

私は好奇心から「抱きつかれる可能性がある」ことを意識して行動に移し、かつ「彼が起こすであろう行動を予測できていた」。

それでも恐怖を感じたのは事実だ。

私のようなことを考えずに、突然抱きつかれた数人の女子は、心に傷を負っていたかもしれないと今では思う。

しかしながら、あの状況でB君をきちんと注意できる人はいなかった。

しかするとみんなが見ていない場所先生が注意していたかもしれない。きっとそうであると思う。

抱きつかれた女の子たちは表面に出して怒ったり、泣いたりは一切していなかった。

くそのような感情が湧かない子もいるかもしれないけど、それを抑えて我慢していた子もいたかもしれない。

真相はわからないけど、責めることができずにずっと心の中で耐えていた子がもしいるとしたら可哀想だと思う。

もちろん謝罪はなかった。

そんなものは一切求めていなかったけど、まじで。

B君が抱きついたのはその日だけで、それ以降はそういう事件はなかった。

きっと先生が注意してくれたのだろう。

ちゃん理解して偉いなと思う。

オズの魔法使いは無事成功して幕を閉じた。

ぼんやりと思う。

周囲の人からすると、私はひまわり学級の子達の面倒を率先して行う、とてもいい子だったと思う。

でもそれは心の底から溢れる善意ではなくて、彼らを知りたいという知的好奇心からだった。

データとして、検体として、彼らがどんな行動を起こすか興味を持っていた。

それって失礼なんじゃないかな。

そして今もそういう感情は常に持ち合わせている。

突拍子もないことを行う人を見つけると、近づきたくなってしまう。

よくないね

推敲してないから変なところあっても許してね

ちんちんびろーん

いまは東京にすんでいる。

電車の中でも、普通の街を歩いてたりする時でも、突然体を触られることはある 

勝手に触られて搾取されるのはやっぱり気分良くないよ

オチがわからなくなっちゃった

ぱおんぬ

どうでもいいのに言わずにおれないこと。

子供授業参観があり、その後保護者懇談会があった。そこで次年度のPTAクラス役員決めがあったのだけど、定員二名のところ、五名の立候補者があり、立候補者達でじゃん拳をして役員を決めることになった。

立候補者の中には、クラスで最悪に評判の悪い、イジメ親玉男子母親がいた。彼女はじゃん拳に負けたので、役員にはなれなかった。彼女果たして自分の息子がクラス女子や体力のない男子いじめまくってしょっちゅう泣かせているのを知らないのか、それとも、自分の息子が迷惑をかけ続けているのを知っていて、せめてPTA役員という面倒事を皆の為に引き受けようとしたのか、どっちなんだろうな。

……という話を、夜、夫に話そうとしたら、途中で遮られて、話を曲げられた。小学校PTAクラス役員は、六年生で受けると面倒だからって争ってでも五年生までにやりたいという人がいるが、あれは罠だ。一度役員を引き受けてしまうと、本部に「あいつは押せば断れない」と思われて、次は地区役員本部役員PTA副会長、そして旦那会長にと、次々に押し付けられる。そして会長までやってしまうと中学PTA会長も否応なしにに引き受けることになる。

夫が言いたいのは、嫁が馬鹿だと旦那は末の子中学卒業するまでずーっとPTA会長をやらされ続けることになるのだ、ということだった。

そして夫の持論は続く。うちの子供の小学校児童の人数が多いから、馬鹿な嫁を持たない限りはPTA会長という貧乏くじを引かされることはないが、俺の実家の学区小学校だと、児童の人数が少ないので自主的PTA会長をやろうという人はいない代わり、男は地元の生まれ育ちの奴が多いので、PTA会長職は地元の繋がりで信頼されている奴が頼まれてやるのだと。一種名誉職のようにPTA会長を言う。

俺もあのまま実家にいたら、きっと先輩からPTA会長を頼まれて大変だったと夫は楽しそうに言う。私は「ないよ。」と答えた。

夫の実家に住み続けていたら、私は今頃生きてないよ。子供を生む前に首括って死んでたわ。そしたらお前の家族、お前含めて誰も私をお前んちの墓に入れたいと思わないし、私の両親もそう思わないから、きっと今頃私は故郷祖父母と一緒の墓に入っている。

こんな、余計なことを話して夫の機嫌が悪くなんないはずはないので言わなきゃいいんだが、たまに言わないと気が済まなくなる。

言っちゃってから気づいたが、私が仮に死んでたとしたら、夫は今頃別の女と結婚して実家に住み、嫌々だというていで楽しく小学校PTA会長をやっているのかもしれないな。

私と私の子供達には関係のない未来だ。夫にはその方が楽しいのかもしれない。

2021-02-26

女子っていつうんこちんちんを解禁されたの?

フワちゃんが「幼稚園の頃クラスでおしりって言えるのあたしだけだった」みたいなこと言ってたんだけど

小学校までは確かにうんこちんちん男子のものだった

女子はヴォルデモート卿くらいその名を口にしてはいけないルールになっていた

でも中学校くらいになるとプリクラのらくがきにうんこ描くし

高校になると彼氏ちんこの話もする

大人になれば子どもちんちんうんこの話もする

女子はいからうんこちんちんの話をしてよくなるの?

つの間に当たり前のようにその名を口にするようになったの?

ボジョレーヌーボーみたいに解禁日があったの?

みんな小学校の頃から言いたかったの?

男子がいないところで言ってたの?

あんなに言っちゃいけない空気だったのにすんなり解禁されたの?

どういうことなの?

ブコメ泣き寝入り案件集まってて本当に可哀想

vkara バイト先に来てた障害者レジ女の子セクハラしてもあの人は障害者から…って社員が何の対処もしてくれなかったの思い出したわ

kaz_the_scum 今36歳のおっさんの私が小学生の頃に通っていた小学校には養護学級があったけど、粗暴で人を殴る児童が一人いたな。学年で共有されるくらいの有名人

chazuke 軽めの知的障害のある体の大きな男の子幼稚園児の女の子にいわゆる「いたずら」をして学区内が大変なことになった。その後もいろいろあったんで避けてはいけない問題に思う。

nandenandechan 同じようなこと小学生の時にあったけど、今でも、こんな状況なの?

rirukarinka 支援学級の子自転車で轢かれたり重い氷の塊入りの雪玉を頭にぶつけられた。性質云々に加えて「好きだからちょっかいかけた」で大人が酌量したの腹たった。執着した相手にしてる事だと特に我慢しろ圧つよい

jou2 知的障害のある子が夏休みの間、共働きの親を待つ昼頃に面倒見るってバイト高校の頃にやったけど、まーいるんだわ。他人を殴る事こそが最高の娯楽!っての。ゆうても30人いて2人だったよ。

camellow 特殊学級の子の一部は急にゴリラドラミングみたいな動作をしたりぶつかってきたりするし下校途中でパンツ下ろして座り込んでウンコしたりしてた。

mimoriman 私も知的障害者の施設研修に行ったときに胸触られたし、利用者から痴漢したり、情を引いてセックスしたりしてる旨を聞いた。職員もよほどでなければ泣き寝入りしかないというし、私が福祉業界諦めた理由だよ。

yosemitesam 精神障害者男子中学生が毎朝同乗するバス女子高生痴漢的行動してるのドラレコに撮れてて。通ってた養護学校教員保護者と本人を会社に呼んで厳重注意と次やったら乗せない警察行きとなった。その後は止んだ

kurotsuraherasagi 知り合いの家庭で知的障害のある長男が幼い妹に性暴力を振るったらしく、悩んでた。どうすればいいんだろうね。

snaflot 180センチ、100kg位の体格で暴れる子がいて、手がつけられなかった思い出

musclethunder 仕事パーソナリティ障害の人に暴言受けてきて結局三年かけて言いくるめて出禁にした。話し合いは不可能。ついでに言うと、医療福祉職員障害者サンドバッグにされてて鬱になってる。

lifefucker 外出先で自分の子供が被害受けたので良くわかる。髪を掴まれた引っ張られたので、蹴りを入れて引き離したが。後からきた障害者保護者が平謝りしてたわ。

mortal_sun 通ってた保育園園長の孫が障害者園児を追いかけ回しては髪を引っ張ったり引き倒したりしてたけど、園長の孫だから保母さんも強く出れずに野放しで怖かったなあというのを思い出した

my_individualism 幼い頃、知的障害児に首を絞められていたところを発見・救助されたことがあります犯罪率の話は差別になるかもな…とは分かっていても、実際に自分の子どもは近づけようとはとても思えないんだよ…

pikopikopan 私も前勤めてた会社障碍者雇用の人が、女性社員の体触るわ卑猥なこと延々言うタイプが入って来て、かなり困った事になった。

これ健常者同士だったら「加害者死ね」なのに、加害側が障害者から拒絶が障害者差別になってしまうってことで泣き寝入り強要されてるじゃん。

こうした被害放置しながら障害者差別をやめろとだけ言うなんて酷すぎる。

anond:20210226124437

anond:20210226183639

難しい。正直プログラマー女性にはやらせたくない。という個人的な思いはある。

だが、本気でプログラミングをしたいなら、女性扱いはしないけど本当にいいのか?男子便所に入れとは言わない。それはわきまえている。

何の遠慮もしない。競争社会自分たちでなんとかしろ。それでもいいならいいよ。

男子だけど

新しい服買ったら家で1人ファッションショウ開催する病気治したい。

男同士でハグした時とか

クラスにお調子者のヤツがいるんだけど、ソイツがよく俺に抱きついてくる。

で、その度に俺の心臓がめちゃくちゃ鼓動早くなる。

ソイツはやけに顔近いし、ち○こ揉んできたりトイレでケツ揉んできたりするんだけど、その度なんか緊張する。

アイツが席座ってて俺がその前に立ってて、その時にまた抱きつかれたんだけど、「お前の心臓音速いなー」とか言われて焦った。

ソイツにフ○ラしてもらったり、手○キしてもらったりする妄想で抜いたことすら何度かある。

俺が高一の童貞から、性欲が有り余りすぎて、性別かに見境無くなっているのだと思いたい。

こういうこと思春期男子にはよくあることなんだろうか。

もし女の人もこの投稿を見てたら参考に教えてほしいです。(教室女子はよく抱きつきあってるイメージがあるので)

2021-02-25

陰キャなのにイケメン親友だった話

学校にふざけるなと言いたくなるくらいのイケメンがいた。

かっこいい男子の中でも、そのイケメンはとにかく群を抜いてイケメンだった。

学校の九割くらいのヤツは、そいつ名前を知っていたんじゃないかと思う。道でたまに人が振り返るレベルイケメンだ。イケメンすぎて常に噂になっていた。

そのイケメン、では少し呼びにくいのでそいつをAとする。

Aはイケメンなだけじゃなくて運動も出来たし、頭も良かった。そしてなんでも器用にこなせた。今思い出しても欠点が何一つ思いつかない。贅沢なヤツだ。本当に漫画に出てくるようなイケメンだったのだ。

そして何故かそこで俺が出てくる。

俺とAは死ぬほど仲が良かった。

なぜならAが俺を好いていたかである

しかし、俺は陰キャである。顔も全く良くなくて、学力は中の下、運動神経は下の中。だから慶応まで余裕で受かると言われていて!球技大会では毎年MVPをかっさらっていたAが、なぜ俺を気に入っているのかがさっぱり分からなかった。

俺はそいつと高一の時に同じになったんだけど、初めてAの顔見た時びっくりした。こんなイケメンがこんな辺鄙場所にいたんだ、と思った。

そんな奴と、何がきっかけで仲良くなったかは覚えていない。

Aは、いつだって一番に俺に話しかけに来た。朝俺が登校してきたら、陽キャの輪から離れて俺のところに来た。

体育の時は毎回俺とペアを組みに来たし、クラスが変わっても毎度俺に教科書を借りに来た。

借り物競争で「親友」のような紙が出た時、Aは俺を連れて走ったくらいなのだ。Aの足が早すぎて俺が文字通り足を引っ張ったのを覚えている。(知り合いの腐女子にその話をするとどっかのBLで読んだと言われた)。

しかもAは病的で、俺に合わせて大学の進学先まで変えた。慶応が射程圏内の癖に、Aは俺の行く予定の地元のクソザコ大学に進学先を選んだのだ。俺は動揺して「お前なら○○大学(隣の県の国立)でも簡単に受かるだろ」みたいなことを言ったけど、Aは「大学とかどこでもいいし。お前とと同じところに行きたいから」みたいなことを言って笑った。


Aとは家がやけに近所なこともあって、よく一緒に最寄りのラーメン屋に出かけた。たまにAの部活のヤツらに混ざったりしたが、ほとんどは俺とAの二人だけで食べた。

Aはよく俺にラーメンを奢った。たまに「俺が払うよ」と言ってみたけれど、その度スマートに断られた。Aは何から何までイケメンだった。結局俺とAは卒業までに五十回くらいそのラーメン屋に行ったと思う。

その度に俺たちは爆笑しながらラーメンを食べた。Aはイケメンからか、一緒に話していると気持ちいいのである。Aとは何を話すにも楽しかったのだ。


俺とAはどんなときもつるんでいたので、互いのことはなんでも知り尽くしていた。

Aの好きなポケモンも、スプラの時に使う武器も、紅しょうが嫌いなことも、イチゴ味が好きなことも。

けれどAがなぜ俺ばかり選ぶのかはマジでからなかった。

Aはイケメンなのにも関わらず、一度も彼女を作ったことがなかった。どうやら学年で一番可愛い女子に好かれているらしかったのに、Aは「あんまそういうの興味無いから…」みたいなことを言っていた。そんなセリフ死ぬまでに一度くらいはいってみたいものである

Aと一緒にいることで、少し俺もモテるようになった。「Aはレベル高すぎだけど、俺くんくらいなら丁度いい(笑)」みたいな具合である。結局俺はAの添え物でしかなかった。

みんな、俺とAがずっと一緒にいることを不思議がっていた。「イケメンのAとなんで陰キャのお前が?w」みたいなセリフを遠回しに何度も言われた。

その度俺は嫌な気持ちになった。

Aの顔面はどんなときも俺を惨めにした。

どんな時だって、Aが褒められている横で俺は居ないもののように扱われているのだ。

Aが食堂のおばさんにハートを飛ばされている時、俺はそのAを隣でただ見つめていた。Aが98点の答案を貰っている横で、俺は55点の答案を握りしめていた。

俺みたいなやつが努力しても、Aに勝てることは一切ないのである

Aはとにかく俺を惨めにさせた。自分が悪いのだけど、何だかAといるのが苦痛で仕方が無くなった。

一緒にいて楽しいけれど一緒にいたくなくなった。

俺とAとで高2終わりの春休みに遊びに行った時だ。

多分近場のショッピングモールの帰りだったと思う。俺たちは家が近いので、毎度の如く帰りの路線バスが被っていた。

Aは「今日しかった」「ゲーセン確率来てよかった」「マックはもう米とコラボしない方がいい」みたいなたわいない事を楽しそうに話していた。

Aはその日もかっこ良かった。

服屋の店員はAに必死に服を勧めていたし、女の子から一人声をかけられていた。

俺はAの隣で、そんなことを思い出していた。

から帰りのバスの中で、俺の口をついて出てしまった。

「Aと一緒にいると死にたくなる」

俺はその時、何を思ってそういったのか覚えていない。多分この時のことが嫌な記憶すぎて封印してしまったんだと思う。

悪い冗談だったのか、それとも割と深刻さを伴って言ったのか。

いずれにせよ、Aが笑い飛ばせば済む話だった。「何言ってるんだよお前!」と俺の背中を叩いてくれでもすればよかった。もしくは俺が、「なーんて冗談だよ」と言って笑えばよかった。

しかし、俺たちの間はシンと静まり返ってしまった。

俺がAの顔を見れたのは、割と時間が経ってからだったと思う。

Aの大層綺麗な顔は、目に涙をためて歪んでいた。

俺はそのAの始めてみる顔を見て、陰キャ特有の「あっ…」という声を出してしまった。ごめん、と謝ろうとしたが、でてこなかった。

Aは俺から目を逸らしたあと、「今までごめんね」的なことをポソリと言った。Aのセリフの中身は忘れた。


その日以来、Aが俺に話しかけることはなくなった。

で、俺たちは高校卒業辺りまで一度も話すことは無かった。Aがいない日々はまあなんかあっさり受け入れられてしまった。元々Aとは住む世界が違ったのだ。少し虚しかった。

俺たちが喧嘩別れ?のようなものをした後、すぐAは彼女を作った。噂ですぐに流れてきた。本人からその話を聞くことは無かった。

Aはあんなに「彼女を作らない」と言っていたのに、存外簡単に作ってしまったので驚いた。俺たちが話さなくなってすぐの事だった。

廊下ですれ違っても、俺らは軽い会釈すらしなかった。完全に仲違いしていた。

ようやく俺とAが喋ったのは、もう本当に卒業間近の事だった。卒業式二週間前、くらい。

俺が一人で廊下を歩いている時、Aに「おい」みたいな感じで話しかけられた。

一瞬誰の声か分からなかった。

けど、後ろを向けばAがいた。懐かしさは不思議と感じなかった。俺が多分毎日毎日、Aを遠くから見ていたからだと思う。俺は少し泣きそうになった。

俺はAの名前を呼んだ。多分少し震えていた。

Aは俺を見て少し気恥ずかしそうに笑った。イケメンだった。そしてAは気まずそうに言った。

「俺、大学変えたよ。お前と同じ所じゃなくて、〇〇大学に行くことにした」

俺は「あっ」と言った。そして「そう」とも。

Aは俺が死んでも届かないくらレベル大学に行くらしかった。俺はまた辛くなった。

Aが言う。

「今度の土曜授業の帰りラーメン食いに行こうぜ。久々に」

俺は嬉しくて嬉しくてたまらなかった。俺は「うん」と答えた。何だか女々しかったと思う。

そして俺とAは1年ぶり近くのラーメン屋に行った。

マジで話すことが尽きなかった。話さなかった9ヶ月くらいを埋めるように喋った。俺たちは4回くらい替え玉して、5時間くらいカウンターに居座った。

から何まで話し尽くした。受験が辛かったこと、彼女の束縛が酷いこと、他にも色々。基本はくだらないことばかりだったし、時々それに挟まって将来への不安を語った。

もう本当に楽しかった。

俺はAが好きだった。もちろん友達として。多分その時のAもそんな感じだったんじゃないかな。知らねえけど。

ラーメン屋から出ても、ずっと喋っていた。俺たちは1度だってスマホをいじらなかった。言葉が溢れて溢れてたまらなかった。

途中で俺は「あの時はごめん」と謝った。Aは少し間をあけて、「気にしてねえよ!」と俺の背中を叩いた。

俺たちは卒業間近に仲直りしたのだ。

卒業して、俺たちは完全に別々の道に進んだ。

バカ大学の俺と、エリート大学のA。それでも俺たちは未だに連絡を取りあっているし、そろそろAはこの街に帰ってくる。

その時また俺たちは替え玉を何度もしながらラーメン屋で語り合うのだと思う。


俺はその日が楽しみで仕方がない。

anond:20210225162318

対戦オンゲーでランカーの男子高校生がさ、ゲームで知り合った女子高校生孕ませて中絶させて引退宣言したんだけど即戻ってきてて親は何してんのかなぁと思った

ゲーマーの親って基本甘やかしてるネグレクトなのかな

わたしだって声の大きいツイフェミは嫌だと思ってる。

声の大きいやりすぎのツイフェミは正直見ててしんどいよ。

ちょっと前でいえば、オタク向けアニメの絵のスカート股間の描き方を責め立てたり、

最近だったら、小木さんの件とかも。

声の大きいツイフェミは女だって関わりたくないんだ。

学級会でギャーギャー男子を責めてる女子を、他の女子全面的擁護してるわけないじゃん。

めんどくさいから、静観してたりしてるだけでさ。

言い方きついよ、とか言おうものなら余計声がでかくなるだけなんだよ。

もっとうまいやり方があるとは思うけど、うまいやり方ってなに?

声を大きくして炎上とかしないと話題にもしてもらえないわけじゃん。

でもさ、男なら声が大きくなくてもちょっと知名度があれば、

リベラルなこと言えば話題にはしてもらえるよね。

星野源とか、カズレーザーとか、マツコとか?

なので、ツイフェミの声が大きいのは嫌な反面、仕方ないのかなっていう気もしてる。

anond:20210225085135

共感に関しては男子よりはるかに秀でているといわれる女子いじめのほうがより陰湿凄惨なことを考えると

男子の方が普通に件数多いし傷害殺人件数も多くて警察沙汰も多いけど

こういう「女子の方が陰湿で同性でいじめ合ってる、男子サッパリしてて皆仲良い」ってどこから来るイメージなんだろうなあ

anond:20210224154916

なかまをふやすためにいじめをしたり敵をつくって反抗したり悪態をついたりするけどいじめられる側ってなかまをふやそうとも問題解決するための努力をしようともしていないようにみえるけどいじめられる側になにも非がないとしてなにも対策を講じないのはいじめが悪いことだと言っているかとるに足らない事だとしているのとかわらないのでは?

問題をまず問題だとするのに自分がうけているいじめをともに不快だと感じてもらうための方策必要だよね

自分がつらいのとかってどうやれば共感できるのか 共感に関しては男子よりはるかに秀でているといわれる女子いじめのほうがより陰湿凄惨なことを考えるといじめで仲間をつくる方法はすでに正解が見つかっているようだけれども「いじめられていることについて問題性を共感する」方法がいまだになにひとつないという証明になっているかもしれない

ということはつまりまずなにより「いじめが悪い事である」ということを解決に向かわせるべくなにより問題であるということと、具体的にどう解決するかを対策すべきなのじゃないか

かわいがり」と称して常識出来ではない練習量を課すことがいじめなのかどうか おきもちなんじゃないのってことを本人の限界第三者勝手推し量って無理って言っていいかどうか

無理を繰り返すことで成功した偉人の話はいじめを正当化させかねないか禁止とか

実際いじめみえる程度に指導しないとどうしようもない性格してたとかしてなかったとか

その人に与えたストレスが将来的に得になるか損になるかを総合的に判断できてしか予知的な事に補償も用意できる第三者的な組織がそれをいじめだと判定できないと

どのみち個人がそうおもったから助けたとか手をだしたとかしてもあとから考えたら望みをかなえてもらったおかげでいま不足していることや損がでてるということになるかもだよね

その善意いじめだといえないこともなくない?

ひとりにしといてとかほっといてとかをリーダーにさせたり仲間うちで話題にしたりからんできてうざくてそれっていじめだよっておもってたけど社会にでてから役立つとかあるかもしれないし

逆にほっといてあげたらコミュ障でひきこもって毎日子供部屋からオンラインゲームに常駐してて軍師みたいなアドバイザーになりたいとか言ってるそれって「望みをかなえてもらった」結果なのか疑問だし

傍観してるってのは個人が何人あつまって傍観しててもとめようもないし止めたらいいのか止めないほうがいいのかそれがどの程度悪くてどこまで関係性を突き崩すべきか判断しようがないと思うんだ

ガイドラインとかつくってそれ以上のストレスは与えられるべきでないとしたり 基準値をこえたらどう対処するかを明示していてそこに圧倒的な力量で介入される準備がないと傍観者って何人あつまっても結局傍観者でしかいか最大数傍観者でいうところの「当事者以外のみんな」が傍観者で しかも無言なら肯定といわれたらもうそれは世界肯定していることになるのでいってみたらいじめ正当化されてるともいえなくもないよね

ガイドラインがあればね 本人も選択できると思うよ 基準値以上のストレスがないことについて問題を考えるようなら過度なストレス個人選択で得られるようにしてもいいと思うし

与えることがいいことだとおもって指導目的いじめをしている人はいないと思うのでコミュニケーションの達成目標もわかりやす自己批判他者押し付け鏡像の敵づくりとして行動化してるいじめをほかの目的共通意識を育むように指導すればいいのだろうし たとえば軍隊的な特訓をなかよしチームに課していじめとかよりも強い団結心を養わせるとか

ガイドライン作成するにあたっての環境調査でそういうのってわかるかもしんないよね

実際のところわたしたち個人が何人あつまっても政治世間もかえられないので民主主義っていう同じ意見人間があつまって10人が10アイデアを持ち込んだら合計で100のアイデアができてしまうけれども

共通認識としてお互いがまもりお互いが出し合ってお互いが守り合うというコミュニケーションが生まれるところのまずゼロポイントともいえる最初のあるべきあたりまえの多数決10人のアイデアのうちの共通している

一つを一つのルールとして、段階的にほかの各のこり9アイデア優先順位と譲歩内容をくみ上げていくべきなんじゃないの?

個人不快だといったから、権利違反しているといったから、人権ひとつ10の平均よりも重いといきなり判別してなんでも言ったもの勝ちにしているとそれこそ

いじめをうけている人間いじめられているっていわないから、そんなの存在しないことになってしまってる」傍観者も存在しないし傍観者が個人裁量でいいと思っていることを行うと

それ自体いじめかもしれない あとからいじめだっていってもおかしくないと考えることもできるとかいうことになりえるんじゃないのかな

最終的におもったことまとめると

個人がそれぞれ大きく声をはりあげたり、声のでかい人がまわりを巻き込んでそういう状況を局所的につくったとしても、そこだけの正義とかそこだけの悪とか判断してもそれはその局所的でのみ言えることで「いじめ」だとかそういう広義の単語意味合いについてなんら影響するものはい

環境構成する個人たちが団体として行動をする指針をとりきめ、それを介入させる条件を作成し行動しないと意味ないのでは 意味ないってつまり言っても無駄だしやろうと個人でとりくんだところでそれが救済になるのか迷惑行為になってしまうのかもしかしたらいじめのものであるかもしれない

・そういうとこから 意見があるなら意見を出すってだけはいじめとか迷惑行為のものとかわらんし 悪い事をみつけて問題だと思ったり言い事だと考えて行動したいときにはまず「団体をつくろう」という行動に出るべきなんじゃない?

ってこと思いました

anond:20210225022722

そうだよね

男子のみの一般選挙で選ばれた政治家は支持しなかったけど、半分女性の”国民”は支持しちゃったんだよね。

anond:20210225022217

そうだね

男子のみの一般選挙で選ばれた政治家抵抗してたのに、”国民”が陸軍を支持しちゃったんだよね。

anond:20210225013759

http://hiroitz.sakura.ne.jp/styled-46/index.html

 女は女らしく 日本  男子38.9%  女子22.5% 

 男は男らしく 日本  男子49.2%  女子40.4%.

今パッとググって出てきたのはこれ。

この「高校生生活意識に関する調査」に、親から男らしくしなさいと育てられる男子は、女より遥かに多かったと出てたはず。

最近は男も女もびっくりするほど中性化してきた。

ここ数年の大学学部生はほんとそう。

30年前とは全く比較にならない。

まだ30年前は暑苦しい理系君がいた。女子差別する男子もいた。

今はどうだろうか。

男も女も、似たような顔つきになってしまった。

日中韓がぜんぶそうなりつつある。

一つだけ例外があって、北朝鮮はそうでもない。

2021-02-24

[]柳本光晴「龍と苺」最新(36)話まで

響 小説家になる方法の作者の新作マンガ

掲載誌青年雑誌から少年誌に移した

破天荒女子中学生将棋の才能を見出されて、でも才能だけじゃなく努力もして大会に出て勝ったりプロ喧嘩ふっかけて負けたりするマンガ

響よりかは主人公がわかりやすくなってる

完全無欠に将棋が強いわけじゃなくて才能あるけど才能だけじゃ勝てないセカイがあるっていう縛りをうまくかけてる

ただそのせいでカタルシスも弱くなってるのが諸刃の剣って感じ

サブキャラはいキャラしてる

将棋部の男子

ただのやられじゃなくて必死で強くなろうとしてるし

ただなあ・・・竜王とツキコの父親、おそらく羽生さんいめーじ?に対して、主人公をして異次元の強さと言わせてしまったのはちょっとどうかと思う

ちょくごに、それでも勝つと言わせたのはいいけど

うーんまあなんだかんだ素直なところもあるっていうのが響とは違う今回の主人公ポイントでもあるといえばそうなんだが

天才っぽさをこれでもかとばかり見せつけたあげくにぶつかったプロにまったく歯も立たないってのもちょっとがっかりだったんだよなあ

ジェンダー話題が上がると思い出すこと

中学生の頃にジェンダーについての授業があって

配られた資料には

・泣いてる男の子父親が「男らしくないぞ!」と叱ってる絵

男子グループから「女みたい」「一緒に遊ぶのやめよう」みたいに陰口叩かれてる絵

と男らしさ女らしさにこだわらずみんなを尊重しようみたいな説明が載ってた。

教師もそんな感じで説明してたんだけど、男子の1人が

「この父親の言うとおりに男らしくならないと将来いじめられるんじゃないんですか?」

って質問して教師はそれに対して「いじめはよくないから男らしくなくてもいじめるのはよくない」って言って

釈然としない男子が「でも自分いじめなくても男らしくならないといじめられますよね」みたいに質問して同じような返答…ってしてるうちに時間が来て終わったのを思い出す。

特にオチはない)

anond:20210224141853

東大受験責任者から直接聞いたのだが、受験を男女混ぜたまま上から並べると男子が1人も合格しないのだという。だから答案用紙性別を書かせるのだと。

えーっと、マジレスするなら、東大入試答案用紙性別記入欄なんてありません。

anond:20210224023156

東大受験責任者から直接聞いたのだが、受験を男女混ぜたまま上から並べると男子が1人も合格しないのだという。だから答案用紙性別を書かせるのだと。

受験時で大いに男子にゲタを履かせてやっているのに、社会に出たら男しか出世しないなんて、日本女性悲劇はどこまで続くのだろうか。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん