「邪推」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 邪推とは

2017-11-19

anond:20171118141325

いや、普通にそれ邪推でしょ。

先進国が軒並み少子化で、イスラムとか女の権利があまりないところで出生率高いんだから、素直に考えたら先進国のあり方おかしいよね?ってなるじゃん。

2017-11-17

anond:20171117112739

社会崩壊しつつある←わかる

経済力がなくなって追い詰められた男は、経済力のある女に頼るしか道がない←まぁわかる

頼りがいのなさそうな背の低い女の肩身が狭くなる←おっすごい偏見きたな

男に文句を言っても始まらない←いや、別に男に文句は言っていないぞ…強いて言えば元増田高身長女性)の意見に対して言っている…

「傾向がある」という言い方はされているけども、この言及みると、高身長女性マウンティングされただけ感がすごい

もしかしてコンプレックスがあるのかなと邪推したくなるくらい

稼げば自分より低身長男性におモテになる事が分かっているなんて良かったですねと言っておこう

別にこっちから股開かなきゃ無理にいれてくるわけでなし

どうせチャンスありゃやりたいと思ってんのヤリチンだけじゃないし

お断りされないように躍起になってる非モテよりは

同意を取るのに躍起になってるヤリチンのがコミュ取りやす

無害とまではいわないけど、ここまで害悪扱いされるのもどうなんだろうと

女のほうの恋愛下手に割を食わされてるんじゃないかなってのは邪推

2017-11-10

脊髄反射で雑に吹き上がっては後から伝え方が悪いと逆切れされる案件多すぎないか

それも、最初から意図が誤解されたならともかく、

「どういう意図わからん」と言いながらいきなりぶち切れるやつ何考えてるんだ

わからんなら調べろよ、調べたらすぐ出てくるだろうが

ブチ切れたいがために分かったうえで邪推を行ってますよね、あなた

2017-11-09

振られて3年、元彼の女友達を好きになった

初めて付き合った彼氏に3ヶ月で振られて、ちょうど3年が経った。

彼の名前をAとしよう。

1年めは、まるでAが私の過失による事故災害で亡くなってしまたかのように、

日々喪に服していた。

「そんなこと言って、連絡くらいきたんじゃないの?」と思うかもしれないが、

彼はそういうタイプ人間ではなかった。

Aが私の家に置いていた荷物を郵送してからLINEブロックされたし、

Aは私と会う前にすでにTwitterFacebookを退会し、ソーシャルのまじわりを断っている人間だったし、

SNSでふと流れてくるつぶやきを目にする……ということもなく、

本当に、死んだか失踪たかと信じ込むこともできなくはなかった。

そもそもAと私は、共通コミュニティ所属していたわけではなく、共通の友人もいなかった。

当時私が働いていた会社の後輩の女の子主催した合コンに行ったところ、

男性側の数合わせで連れてこられていたのが、合コンに一切興味がなく、

合コン中に翻訳小説を読み出した彼だった。

さすがにびっくりしたのだが、その本の著者は私も名前を聞いたことのある人だったので、

Aのことは気にせず盛り上がっているメンツをよそに、私はAにあれこれ質問し、

合コン後のグループLINEに参加しようとしなかった彼のLINE IDを手に入れたのだ。

合コンの間は気難しそうに見えた彼は、28歳だというのに、「本当に合コンが初めてで、どうしていいかからなかった……」

とのちに明かし、2人きりで会ったときには、不器用ながらも気さくに自分のことを話してくれた。

物言いはぶっきらぼうで露悪的だけど、根はいい人なんだなというのがすぐにわかり、

あっという間に好きになっていた。Aも、すぐにそれに応えてくれた。

そうして、交際期間がとても短かったのもあり、私はAとお互いの友人を紹介しあうことはなく、

そして彼の家の場所電話番号LINE以外の連絡先を知ることなく別れることになった。

合コンから私はAにだけ関心があって、他のメンバーに連絡することもなかったので、

もはや彼とのつながりは一切存在しなかったのだが……

彼と別れて1ヶ月後、偶然彼の親しい友人の一人と知り合うこととなる。

それがBだ。

新宿紀伊国屋書店で、新刊コーナーをうろついていたら、

彼に以前写真を見せられたことのある男性そっくり女性が、やってきたのだ。

私が「えっBさん?」と小さな声をあげると、なんとその人も「あれっ」と声をあげた。

から聞けば、彼女彼女で、私といっしょに遊びに行ったとき写真や、

2人がペアリングをしている写真などを見せられていたのだという。

書店会釈して終わりかと思ったが、彼女は私を喫茶店に誘ってくれ、

あれやこれやと話してくれた。

「◯◯がさぁ……恋人ができたっていうだけでも驚いたけど、まさか彼女ペアリング買うとは思ってなくて。本当にびっくりしたよ」

「それまでは彼女いなかったんですか?」

過去に1人いたとは聞いてるんだけどね。彼女の家庭の事情が大変で、別れることになったみたい。私もその子とは会ったことはないから、具体的なことはしれないけど。

 だから増田さんと付き合い始めた話を聞いて、すごくうれしかったんだよ。最後のほうは、いろいろ悩んでいるのも聞いていたけど……」

Bは、見せられた写真の印象だけでも、育ちが良くて笑顔かわいい上品な人だなあという印象だったけれど、

会って話せすと想像以上に気さくで、「この人に気に入ってもらいたいなあ」と思ってしまタイプだった。

正直、仲のいい男友達元カノというよくわからない存在書店で声をかけられても、けげんな顔をして立ち去る人が大半だろうに、

その日は喫茶店に誘ってくれたばかりではなく、その後2人で飲み、連絡先も交換することになったのだ。

「この前もAと会って……」や「Aは昔からそういうところがあって……」というように、Aとの仲良しエピソード披露してくるので、

もしかして……本当はAのことが好きなのかな?」「というかむしろ今つきあってるのかな?」と邪推もしたが、

聞けば、すでに3年つきあっている彼氏がいるという。

しかに、これだけかわいくて素敵なお嫁さんになりそうな人はもっと社会性のある男性を選ぶだろう。

彼が「いずれ紹介するよ」と言いながらも、結局紹介されずじまいだった相手と、

こうして偶然出会たことにはきっと何か意味があるだろうと私は思い(思い込もうとし)、

さら純粋に彼との話をとにかく吐き出せる人がほしくて、私はその後彼女を定期的に飲みに誘った。

最初は遠慮して月1〜2度にしていたのだが、彼女が本当にお酒を美味しそうに飲むし、実際ものすごくお酒が好きで、

毎日一人でもバーに行くことがわかってからは遠慮せずに誘いまくるようになり、

彼に振られて1年めには、私が彼女と飲む頻度は、週に1〜2度に増え、

さらに2年めには、土日のどちらかはかならず私の家に遊びに来るようになり、

そうして3年めを迎えようとしている。

合コン中に小説を読み出すほど読書家だったAと友人なだけあって、

Bも日々驚くくらいの時間読書にさいている。

1日あけて会えばその間に読み終えたSFの話をしてくれるし、

私が仕事で悩んでいるときには、適した分野の新書を紹介もしてくれる。

映画展覧会にもよく足を運んでいて、おもしろかったもの感想を教えてくれる。

「次は一緒に行かない?」と誘っても、「一人で行きたいから」と断られるので、

一緒に映画展覧会を鑑賞したことはないが、それぞれ見たもの感想を言い合ったりもする。

彼女は今でもAに会っているので、Aの話も全然出してくる。

Aが引っ越したとか、最近はこういう本を読んでたとか、いっしょにあの映画を観に行ったとか。

Aと仲良くしすぎて、彼氏嫉妬されたこともあるという。

頻繁に飲むようになってからは、私もそのあたりを正面からイジったりしてみて彼女の反応を見てみたが、

「え〜〜、たしかにAくんはかわいいしかっこいいけど……ほっとけない弟みたいな感じなんだよ」

と毎度否定され、そこには一切のやましさの感情がないのが見て取れる。

というか、どうやら彼女には「誰かと誰かが仲良くしていて、負の感情を感じる」

ということが、生まれてこの方ないらしい。

から、「自分の行動で、周りが負の感情を感じる」ということも全く理解できないそうだ。

しかに、もし私が彼女だったら「こんなに元カノと仲良くしていたら、Aに対して気まずいかも」と思うし、

私がAで、この状況を知ったら、こころよくは思わないだろう。

そのことを指摘したら、「あーーーーそういうものなの!」と目をパチクリしていて、

それも彼女の育ちの良さであり、育ちの良さゆえの鈍感さであり、美徳でもあるのだなあと、

なんだかおかしいやら腹立たしいやら、不思議な気分になってしまった。

それで気づいたのだ。

つの間にかAの生死とか、振られたことなんてどうでもよくなっていて、

彼女と会うことが純粋に楽しみになっていたということに。

最近は、いっしょにいても自然と手をつないでしまうし、

我が家のベッドで一緒にゴロゴロしながら映画を見る日も多い。

彼女には彼氏がいるし、相変わらず付き合っている。

彼女はとっても育ちがよくて、鈍感で、きっと私が彼女をいつのまにか好きになっていたことに気づいておらず、

しかし一方で、彼女自身もかなり私のことが好きなのだと、最近確信できてきた。

私の感情は間違いなく友情じゃなくて、彼女の裸を見たいなと思うときすらある。

でも、一体どうしたらいいんだろう。

私は彼女に甘え続けるため、まだAに振られた傷があるんだとウソをつき続けている。

2017-11-08

twitterをやめた

twitterアカウントを消して半年経った。

オフでの友達が片手で足りるほどしかいない自分にとってtwitterを消すということは

大体の友達を失うということで、アカウントを消してしまえば

自分がどうにかなってしまうような気がしていた。

最初は楽しかったtwitterも続けていくうちに人の嫌なところが見えてきて、

勝手に「この人はRTもらいたいだけ」だとか「かまってほしいだけ」

邪推し、リプをもらったらすぐ返事をしなければならないような気持ちになり、

タイムラインつぶやきを見て嫌悪感を抱き、どう呟けば人間関係が破たんしないのか考え、

気づけば楽しいなという気持ちはとうに消え、

嫌だなあと思いながらもアカウントを消せば友達が消えてしまうという恐怖と

こんな自分でも3000人ほどのフォロワーがいたという事実を消したくない気持ちもあり

数年間twitterに入り浸る日々を続けていた。

しかしある日twitterを消した。

前兆はなく、今までの不安や恐怖が嘘のようになくなり

いきなりアカウントを削除し、アプリアンインストールした。

今思えば消した時の自分自分じゃないような感覚だった。

限界だったのかもしれない。

消して1週間は通知がほとんどこなくなってしまったスマホを眺めていた。

何もやることがなくて暇だった。

それから、「忙しいから」という理由で見れていなかったアニメを見始めた。

2~3か月に1枚描ければいい方だった絵も描いた。

とても楽しかった。知らない間に見ていないアニメゲームもたくさん増えていた。

アニメゲームを見るたびに絵を描きたくなった。

描いてみて、表現したいもの画力が足りないと思い

絵の練習も始めた。毎日時間があっという間に過ぎて行ってしまうがとても充実感があった。

この時間をすべてtwitterに何年も使っていたのが信じられなかった。

そして友達も消えなかった。

仲がいい数人の友達とはtwitter以外でも連絡が取れるようにしてあったため

別にそこまで寂しくはならなかった。

他にも連絡が取りたい人は何人もいたような気がするけれど

本当にとりたくなったらその時の自分が連絡を取るだろうと思っている。

さらに一人ひとりの友達に興味をもつようになった。

アカウントがある頃は同じジャンルの似通った友達だけを選んでいた節があり

自分の知らない話題が多い人とはどんどん疎遠になりがちだったし

会話もそこまで身の入らないこともあったけれど今は友達の話すことすべてに興味がある。

アニメをみて思ったことやゲームをして話したいことがたくさんある。

絵も見てもらいたいと思うし同じもの好きな人と話したいと思う。

からいつかtwitterをまた始めると思うけれど

1度辞めてみたことでびっくりするくらい気持ちが軽くなった。

今度は大丈夫だとそう思う。

某SNSでどんどん狂っていく人の話などがよくメディアに取り上げられていて、

それ自分一種の病のようだなと思っていたけれど、もしかしたら自分もそうだったのかもしれない

今、とてもすがすがしい気分だ。

2017-10-27

anond:20171026220956

論理って言ったのは「主張が一貫している」くらいの意味であって、「AはBだ。よってCである」みたいな理論のことだったんだけどね。

伝わってなかったら申し訳ない。

そもそもここは何かの論壇なのか?増田でただの感想言うことの何が悪いのかわからない。

感想を言っただけ=頭が悪いって判断するのがどうもなあ。何がいけないのか。

あと「投票に行ってないなら頭の良い指摘でもしてはいけない!」とまでは言ってないし、さすがにこれは"曲解"と言って差し支えないレベル

それとも何か、「賛成できる政策がなかった」みたいな意見が「頭の良い指摘」だとでも言うのか?

というかお前は俺の意見の何が気に入らないの?それもよくわからない。

邪推すると「投票に行かなかった俺を否定するな」なんだけど。

https://anond.hatelabo.jp/20171024033816

2017-10-23

anond:20171023101309

邪推

つか、「頭良く見られたい」という発想が教義矛盾してんじゃん。

2017-10-22

スピッツ紅白

この季節になると決まってゴシップ誌で紅白話題が出現する

その定番に出場辞退した大物アーティストというものがある

B'zや井上陽水宇多田ヒカル安室奈美恵…かつてはミスチルも挙げられてた

しかしこういった話でスピッツ名前を聞いたことがない

辞退の話はともかく

「あの年はいい線いったけど落選した」とか

「今年は出演するかも」とか

落ち目から呼ばれないだろう」というような

有名アーティストありがちな邪推すら聞こえてこない

スピッツテレビに出ないイメージ根付いているファンはともかく

テレビに出ていない芸能人存在していないというくらいのミーハー層ですら

スピッツ紅白は無縁のものとして認識している

その気負いのなさがスピッツの魅力だと僕は思う

キモ金への教育が甘いと主張し自殺ホームレスに追い込むパヨク

女と比べて男への教育は甘やかしすぎらしいので、

もっと叩いて自殺に追い込むか、路上排出するのが正しいらしい。

そしてこう書くと、権力男に矛先を向けないのかと邪推するのがパヨク

認知の歪みがネトウヨである

こんな脳みそパヨチンを左翼論者として扱わなきゃならない識者諸君に同情を禁じえない。

2017-10-11

めちゃくちゃ炎上してめったくそ悪者にされたけどいまいち批判根拠が薄弱だった最近騒動

東京五輪エンブレム騒動における佐野研二郎

将棋カンニング冤罪騒動における渡辺明

けもフレ監督降板騒動におけるカドカワ

わずかな事実から邪推と誤解と捏造と牽強を重ねて邪悪ストーリーが作られ、実際の落ち度よりも遥かな巨悪に仕立て上げられて叩かれた。

叩いているイナゴたちは「自分たち正義弱者であり強者陰謀をひっくり返すには暴力に訴えるしかない」と自己正当化を図っている。

というあたりが似ていると思った。

2017-10-06

[] #38-4「危ないアニメ

こうして謎のワンシーン挿入が巷で物議を醸すなか、シューゴさんや父たちは会議を開いて修正案をひねり出していた。

「当分はあのカット対応するとして、これからの内容について考えていきましょう」

「ご意見の傾向としては、ヴェノラとリ・イチの武器に関しては苦情はきていませんね」

「まあ、あいつらは魔法とか超常現象とかだからな。真似したくて出来るものでもない」

「そうですね。チョウナ・ブーメランを使うイセカと、弓を使うウロナをどうにかしましょう」

「具体的にはどうするんだ。あいつらのメイン装備だぞ」

「そりゃあ~やっぱり人に向けたら危ないとかで色々理由をつけて使わせないように……」

「アホか! 武器は人に向けて使うもんだろうが! あいつらは戦うために旅をしているんだぞ。物語根本から崩れるわ!

「ですので比較的殺傷力の低い武器に変えるということで」

「それですらファンから不満が出そうだが……まあ、代替案だけでも聞こう」


====

「くらえ、ウィンナーヌンチャク!」

「なんだそれ?」

「イセカの新武器だ。これなら危なくないだろ?」

ウィンナーが?……まあ、チョウナ・ブーメランよりは危なくないけど……」

「ハッハー、くそダセぇ!」


====

「『私はヴァリオリのことが好きですが、食べ物で遊ぶのはどうかと思います』という苦情が……」

「新たな問題が浮上しましたね……」

「まあ、ぶっちゃけ食べ物武器ダサかったから、変えられるのはよかったがな」

武器は変えず、流血描写を変えてみますか?」

「たとえば?」

「……緑色とか?」

あんたの血は何色だ。それに色を変えようが血であることは変わらんだろうが。なんで血の色を変えたらセーフになるんだよ」

「“ホモ”みたいなものですよ。ホモセクシュアル同性愛者を指す言葉ですが、略語ホモ社会通念上は差別的認識されています。なので言葉定義としては問題なくても、ゲイレズとか、或いはより厳密な表現を用いるのが善いってことです」

「フォンさん。共通点の少ない別事例を例えに持ち出すのは、ただの詭弁だぞ」

「でも何となくは伝わるでしょう」

「だから詭弁だって言ってんだよ」

「フォンさん。ただのレスバトルで是非を問うならともかく、俺たちは表現ダイレクト作品に反映させないといけない。これはそのための会議なんですよ」

「失礼しました……では真面目な提案をすると、こういうのはどうでしょう?」


====

「いくぞ、木の棒!」

「次は、何の新武器の真似事?」

「見ての通り、木の棒だよ」

「は? 実際のアニメでも、そんな棒切れで戦ってること?」

ダサいよな」

「そういう話をしているんじゃない!」

「どういう話なんだよ」


====

「『私はヴァリオリが好きですが、前回の放送内容については問題があると考えます。木の棒はそこら辺に転がっており、子供簡単に真似できてしまうので危険』という苦情が……」

「そのクレーマー、毎回『ヴァリオリが好きです』だとか前置きを置くが、すげえ嘘くせえ」

「一通り踏まえてみると、暴力描写のものが駄目ってことらしいですね」

「はあ!? そいつそもそも本作をちゃんと観ているかどうかすら怪しいんだが。こんな本作の根本から変わるような提案をしてくるか?」」

邪推したって仕方がないですよ。ひとまず対処しましょう」

はいはい、要は危ないものですよってのも含めて伝えればいいんだろ?」


====

「どうしたんだ、シロクロ。そんなに怯えて」

「ああ! 木の棒が! 木の棒が!」

「何をそんなに怖がっているんだ?」

「みんな逃げろ! 木の棒が爆発する!」

「え? どういうことだ。ひょっとしてただの木の棒じゃないのか!?……って何も起きないじゃないか


====

「『必要以上に怖がらせる表現子供トラウマを与える。あ、あと私はヴァリオリが好きです』……とのことです」

「ああ、もう! “必要以上”ってどの程度だよ。そもそもアニメ自体が余剰なもんだろうが」

「あれも駄目、これも駄目。じゃあ何だったらいいんですか」

「それはオレに対して言うセリフじゃねえ。もとからこの修正案自体に反対だったんだよ」

「今さらそんなこと言わないでください。不服でも従うって言ったじゃないですか」

「それでこのザマだから言ってるんだよ」

シューゴさんの怒りは爆発寸前。

そのピリつきはスタッフたちにも伝染し、この時の現場空気は最悪だったらしい。

「ですが厳しいものがありますよ。イセカもウロナも設定やキャラクターってものがありますし」

「もうイセカとウロナをリタイアさせるか?」

「投げやりにならないでください。ファンが怒りますよ」

「これまで斧や弓で戦ってきたキャラが、お花畑理由ダサい武器を使っているほうがファンは怒るわ」

(#38-5へ続く)

2017-10-03

けものフレンズヤオヨロズ降板整理(妄想

結論

身内主義秘密主義体質のヤオヨロズに対して製作委員会の面々に不満が溜まる。

2期を制作するにあたってIP窓口KADOKAWA代表して体質改善要求

身内・秘密主義ヤオヨロズ福原P)にとって要求された「情報共有の正常化」は、身内主義にとっての外部から干渉であり、身内主義秘密主義制作体制のもの)の否定である

けものフレンズ以降も現在制作を維持、むしろ身内主義を強化したいヤオヨロズけものフレンズを降りる選択をする。

たつきには残っている仕事への影響が出ないよう考慮して、ひと段落ついた9月末に降板説明した。

    

本文

まず、ヤオヨロズ秘密主義・身内主義をよしとする会社である

伊佐作画監督白水美術監督の対談[1]によれば、けものフレンズのメイン制作たつき・伊佐・白水の3人で回している。ヤオヨロズ自体アニメ会社としては少人数であり、背景美術

も内製のものである。その利点として放送直前での作り直しや追加注文、各自判断で最適な描写を選ぶことができる。ヒットした要因としてよく挙げられる。

  

そのような制作体制なので、内部での資料は少なく、当然ヤオヨロズ外部へと出す事前資料も異常に少ないのは、「福原細谷対談インタビュー」[2]で漏らしている。

提出されるものがあらすじ3行だけということもあったらしい。

制作体制に対して委員会内部で不満がなかったかというと、前述のインタビュー[2]でもあるように、色々言われたようである

当然関係者各位は不満を持つが、福原P・吉崎観音[3]・梶井斉(KFPリーダー)らヤオヨロズ内部をよく知っているものたちがなんとか説得。

人気が出ることによってうやむやになっていった。

アニメけものフレンズ結果的社会的な大ヒットを樹立した。これに関してはソースを示す必要はないと思う。

    

放送中はなんとか許容されていた情報共有の無さ。では、放送後はどうか。

  

まず12.1話「ばすてき」であるテレビ東京細谷Pが最終回見逃し上映[4]で「無声のgifアニメ程度の物かって思って」と語っているように、ヤオヨロズが持っている素材(3Dモデル等)のみの使用を想定されているように、ここで連絡の不備があったのは明らかである

登場しているキャラクターアライグマフェネックジャストプロ)、アフリカオオコノハズク青二プロダクションワシミミズクキャトルステラ)と、ヤオヨロズジャストプロ)以外の委員会声優事務所は使っておらず、極力外に漏れないようにしたように思われただろう。

「ばすてき」が問題なかったという論では、絵的な素材はヤオヨロズのものであるし、プロ声優同人作品もよくあることだ。というのがあるが、楽曲に関しては、ヤオヨロズ(irodori)に同人での使用権があったのかは疑わしい。

ただ、「ばすてき」のサプライズファンからは大好評を博し、ボイスドラマでは明らかに繋がりがあるシナリオ作ったりフェネックアライグマのセットのフィギュアは「ばすてきコンビ」と名付けられるなど公式的に追認され、これの問題もまたうやむやになった。

  

次に「Mステである

誰もが知っているミュージックステーション

ファンは湧いたが、一方でMステ出演が発表された4月7日同日にブシロードカオスTCGもふもふブースターパックのお渡し会延期が発表された。4月14日Mステブッキングしたのである

延期発表前は、お渡し会の告知があまりなくお渡し会を不安する声もあった。Mステブッキングたことが判明すると「Mステなら仕方ない」という声も多かったが、お渡し会に合わせて有給を取るなどスケジュール調整をしていたファンからブシロードの延期発表の遅さが批判されることとなった。

遅くとも3月9日には日程が発表されていた[4]お渡し会、Mステの話が来たのが3月15日〜22日[2]あたり、Mステ出演とお渡し会延期が4月7日でだいぶ間がある。

連絡が遅れたのか、Mステブシロとの調整に手間取ったのか。

なんにせよ先に日程が決まっていたはずのブシロが折れて、延期を発表したのは事実である

  

次に、「ヤオヨロズ声優オーディションである

趣旨としては事務所に未所属声優を発掘し、通ればヤオヨロズ制作する作品に出演を約束する、というものである

どのタイミングでかは忘れたが、「けもフレに出す」という趣旨だった時期もあった。応募返信メールで「けもフレオーディション」と売れたものがすぐに「けもフレ」部分を消して再送信されたようである

1期(2期はないかもしれないが)のオーディション主催したのはAge Grobal Network、他の製作委員会領分を犯す行為である

ちなみに、クレジットから名前が消えることになった脚本田辺茂範はAge所属である

オーディションの発表が遅くて5月13日[6]、田辺氏のクレジット削除がガイドブック3巻発売同日の5月26日

3巻に田辺氏のクレジットが載っていることからクレジット削除の話が出たのは3巻のデータ印刷所に納品された後であろう。

Vコンテに制作方針が変更され田辺氏の仕事が少なくなったのと、声優オーディションで揉めた結果なのかもしれない。

  

各種関係者からの不満は幹事社とIP管理者であるKADOKAWA担当者に伝えられていただろう。

表に出ているだけでもこれだけ製作委員会との摩擦を引き起こしていれば、普通制作ヤオヨロズを下ろす以外の余地はない。

しかけものフレンズは大ヒット作品であるファンの間でも「ヒットしたのは(ヤオヨロズの)たつき監督のおかげ」と認知されているわけで、そう簡単に下ろせない。

  

2期の制作を始めるにあたって委員会代表者として、KADOKAWA担当者が「情報は事前に共有してほしい旨の正常化を図る申し入れ」を提案

1期のクレジットにも名を連ねている工藤大丈が「通常のアニメ制作体制」をよく知る者として同席していたかもしれない。

  

ヤオヨロズはこれを拒否

通常ならありえない選択であるが、ヤオヨロズは身内主義秘密主義を是とする会社である

さらに今後の福原Pの方針は、「アニメに関わる業務を全てやれるようになる」である[7]

irodoriチームでもやっているような「出来るだけ関わる人数を絞り、最小限かつスムーズコミュニケーションフレキシブル制作」をより多くの業務適応させようとしている。

これに対して委員会代表者KADOKAWAの申し入れは、ヤオヨロズ目標とする体制からヤオヨロズを遠ざけるものしかない。

元々製作委員会の参加企業の多いKFPAはヤオヨロズでは調整が難しい。ヒットしてさらに多くの企業が関わることになればより困難は大きくなる。

けものフレンズがヒットしたからこそ、けものフレンズを続けることがヤオヨロズにとってデメリットになってしまった。

  

けものフレンズのヒットでヤオヨロズの名が売れた。ラブ米もけものフレンズではないにしろ2期が作られるほどには順調だ。

ヤオヨロズ制作体制を曲げてヒット作の続編を作るよりも、より自分たちのやり方が通りやすい新しい企画を作ることを選んだ。

    

さて、当のたつき監督自身はこのことをツイートの直前まで知らなかったであろう。

基本的に外部との調整は福原Pに任せている。

福原Pは「気を使って」残っていたけものフレンズ関連の仕事が終わるまでたつき降板を黙っていたのだろう。

福原Pはてさぐれが1期の途中で連続クールになることが決定した時もしばらく黙っていた過去があった。[8]

  

委員会自身は2期をなんとかヤオヨロズを再登板するか、別の会社に任せるか思案していた最中だった。

  

たつきが「けものフレンズから降りることになりました。カドカワ方面のお達しみたい」とツイート投稿

カドカワが名指しされ、KADOKAWAの"過去の実績”からKADOKAWA乗っ取りを企てたのではないかという邪推が生まれ炎上した。

KFPAが出した声明文は「ヤオヨロズがヒット作を蹴るわけがない」「あのKADOKAWAアコギな条件を出したのではないか?」との思いから火に油をそそぐ結果となり、委員会企業だけでなくコラボ企業まで波及する大炎上に発展した。

  

ヤオヨロズは「自社の都合で辞退した」と言えば手の下ろしようのなくなったファンの矛先が自分たちに向かう。担当者不在で通さざるをえなかった。

委員会の各社はヤオヨロズ体制改善を求めた当事者であり、KFPAの声明にも相違はなかった。

  

  

そうしているうちに一週間が経ってしまった。

  

  

引用元

[1]けものフレンズBD付きオフィシャルガイドブック2巻18P~21P

[2]http://otapol.jp/2017/05/post-10509.html

[3] けものフレンズBD付きオフィシャルガイドブック6巻16P~29P

[4]https://twitter.com/bushi_teamchaos/status/839783633242107905

[5]https://togetter.com/li/1155928

[6]https://twitter.com/fukuhara_ystd/status/863227405137096704

[7]http://biz-journal.jp/2017/09/post_20424.html

[8]http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1392328242

anond:20171003040311

くそ趣味辞めないね自分ならめんどくさくて全部消してしまいそう。

趣味と言いつつ、生活の中心だし、飯の種の話かな?と邪推

2017-10-02

anond:20171002015348

こんばんは、記事を読ませていただきました

12.1話けが問題なのだとしたら、どうして声優の声を録音して使えたのか?と言う事に疑問があります

監督がその権限声優に本編で使わないはずの音声を録音してもらう事ができるような状態だったのでしょうか?

その後降板に繋がるような問題になるなら、なぜ録音時点でストップをかける事ができなかったのでしょうか?

 

12.1話の内容はその後ドラマCDに収録されていた事から本来放送後のドラマCDに使われるはずだった音声を勝手に持ち出してアニメ化したのでは?と考えてしまます

もしくは、原作者自由にやっていいという発言を出し、現場用途不明の録音を許可しながら、出て来た12.1話を見てこんなはずではなかったと制作委員会狼狽したのでしょうか?

だとしたらあまりにも作品管理が甘いし、たつき監督側が権利違反をしたという事実を作る為に泳がせたのでは?と邪推してしまます

2017-09-30

メイドインアビスアニメ一期が原作の4巻最初までやってくれてよかった

ネタバレ注意






アニメ13話見た。

どうなるか心配だったけど、最終話が1時間に延長されて、4巻最初までやってくれた。

待っていた「レグ・・・”それ”どうしたの?」のシーンもあった。

温泉に入る前、超遠目だけど、レグとリコの全身が写ったし、

「レグ・・・”それ”どうしたの?」と言われて赤面するレグの様子はちょっと大げさで漫画っぽさが強かったところはあったけど、

その後のリコの反応は原作では、レグの”それ”がどうにかなった意味を察して赤面していたのに対して、

アニメでは、全く察しておらずアビス以外のことへのアホの子ぶりがよかったし、

「チューまでしたんだろ?」ってセリフの時のナナチの口の形もまさにチューの形でかわいかったし、

オリジナルカットでは「リコ・・・胸当たってる」「当ててるのよ」と言わんばかりの2人の密着具合(もっともリコには、当てるほどの胸はな)もよかったし、そのシーンでレグは前を隠すことなく両腕を左右にだらりと下ろしてるだけで、「リコに見せているのか、それとも視聴者に見せているのか」と腐った邪推させるしで、いやーとにかくよかった。

2か月間待った甲斐があった。

ボンドルト卿の「また、会いたいですね」はナナチに向けただけでなく、画面越しに視聴者に「(2期も)また、会いたいですね」あたかも語りかけてきたよう。

ぜひ、会いたいですね。

anond:20170902085346

謎なのが「情報を共有」というワード。「許可を得てほしい」ではなく「情報を共有してほしい」といういくら抽象的な言葉になっている点について、邪推せざるを得ない。普通に考えれば、ヤオヨロズのような零細制作会社けものフレンズのようなビッグコンテンツを捨てるなんていう決断はよっぽどのことがなければしない。二次創作するときは事前に許可取れよ、みたいなまっとうな要求だったら受け入れるのが自然だ。憶測しかないが、情報といっても物は言いようなので、例えば3DCGモデルをよこせ、みたいなメチャクチャ要求だったのかもしれない。

何より謎なのが、たつきが「カドカワさん方面よりのお達し」と言っているのに、この声明にはカドカワ文字が全く無い点だ。この声明に書かれていることが全て真実だとしたら、今回の件は「ヤオヨロズ」が「プロジェクト」に対して能動的に「辞退」を言い渡したわけであって、カドカワヤオヨロズまたはたつきに「お達し」をしたとするたつきツイートとは矛盾する。そこについて何も説明していない。

例の件

角川がクリエイターを宝とする、というのは歴史的経緯から言っても他のコンテンツベース出版業とは微妙に違くて。

まずコンテンツありきで展開していくのが角川のやり方で、当時の雑誌映画文化を上手い事使って

これがメディアミックスへの流れを生み、ハマって70年代以降のイニシアチブを取っていた。

まり良いコンテンツを展開できれば作家は問わないというのは歴史的ベースがあって今でもそれは変わらないのは、雑誌の布陣を見れば判るよね。

こういった発想、一方通行な昔は良かったが今のオタク文化には合わない気がする。今は作家キャラ作家から自由な発信まで含めて一つの作品とされる時代だよ。

また、合併や分裂を繰り返した結果角川内権力闘争はすさまじいものになっている。そういう都合で最近も終わった作品がいくつかあるのも聞いてる。

今は知らないが「聖域」とまではいかないが、かなり力関係部署ごとに違っていた。その辺の時代との齟齬権力争いが絡んでると邪推せざるをえないよ。

ただ、芸能は良く判らないか判断がつかないが、角川とはいえここまでヒットしたコンテンツでここまでやらかすとは思えない部分がある。

ま、どっちにしてもこの件もう手遅れだろうね。委員会としての都合もあって仕方ないけど公式でああいう報告をしてしまった時点で、

オタクたちはこのコンテンツ純粋に楽しむ目はもう戻らない。この作品じゃ致命傷じゃない?

https://anond.hatelabo.jp/20170929131100

ポイントはここだろうな

http://kemono-friends.jp/archives/category/news/page/2/

http://archive.is/AusOW

けものフレンズ」の映像プロジェクトに関するご報告

2017.09.27

しかし、アニメーション制作担当していただきましたヤオヨロズ株式会社には、関係各所への情報共有や連絡がないままでの作品利用がありました。映像プロジェクトとしては次回の制作を引き続きお願いしたかったため、情報は事前に共有してほしい旨の正常化を図る申し入れをさせていただきましたが、ヤオヨロズ株式会社からは、その条件は受け入れられないので辞退したい、とのお返事でございました。


https://anond.hatelabo.jp/20170929005829

例のけものフレンズ騒動をまったく知らない人向けに解説するぞ

謎なのが「情報を共有」というワード。「許可を得てほしい」ではなく「情報を共有してほしい」といういくら抽象的な言葉になっている点について、邪推せざるを得ない。普通に考えれば、ヤオヨロズのような零細制作会社けものフレンズのようなビッグコンテンツを捨てるなんていう決断はよっぽどのことがなければしない。二次創作するときは事前に許可取れよ、みたいなまっとうな要求だったら受け入れるのが自然だ。憶測しかないが、情報といっても物は言いようなので、例えば3DCGモデルをよこせ、みたいなメチャクチャ要求だったのかもしれない。

何より謎なのが、たつきが「カドカワさん方面よりのお達し」と言っているのに、この声明にはカドカワ文字が全く無い点だ。この声明に書かれていることが全て真実だとしたら、今回の件は「ヤオヨロズ」が「プロジェクト」に対して能動的に「辞退」を言い渡したわけであって、カドカワヤオヨロズまたはたつきに「お達し」をしたとするたつきツイートとは矛盾する。そこについて何も説明していない。


けもフレ公式では、情報共有と連絡を別の事として扱っている。

何か2つ以上の事が(少なくともけもフレ公式としては)懸念になったときに使う。制作会社が真っ当であれば、それを制作会社拒否しなければならないような要求であった。

会社運用資金問題だってあるし、制作会社は続けてやりたいはずなので、よほどの無理な要求でなければ、受け入れて制作するはずだ。制作会社に他に大きな仕事がない限り。

何を共有したり連絡したりしてほしいかが明らかでないが、これだけの大きなプロジェクトを降りなければならないと思うほどの要求であった。

おそらくは、「その要求は無理なので取り下げてほしいです。でなければ次の制作は難しいです。」と回答したことだろう。

制作会社が真っ当でなかった場合には、けもフレ公式が正しい要求をしたことになるが、「正常化を図」りたいが「受け入れられな」かった。という表現が気になる。

制作会社は異常だと暗に非難していることになっていて交渉は決裂したという。

例えば、勝手仕事を受けてしまっていたとか。しかしそういうことなら、真っ当な制作会社でなくても、こんな大きなプロジェクトで抵抗するはずはない。

http://kemono-friends.jp/archives/category/news/page/2/

http://archive.is/AusOW

けものフレンズ」の映像プロジェクトに関するご報告

2017.09.27

けものフレンズ」に関しまして、すでに新規映像プロジェクト制作を発表させていただいておりますが、発表当初より同体制での継続か、新体制での新たな表現かも合わせて検討中で、現時点においてもまだ何も決定していない状況です。そのような中、今年1月~3月に放送されたTVアニメーションと同様の体制を優先として、視聴者のご期待に沿えるべく調整をしておりましたが、アニメーション制作会社であるヤオヨロズ株式会社より8月に入った段階で辞退したい旨の話を受け、制作体制を一から模索することになっているのが現状です。


新体制での新たな表現」と、すでに後釜になる制作会社監督が決まって、降ろしたかったので無理な要求をしたように思うような前提がある。

にも関わらず、「制作体制を一から模索する」と文章で締めるなど、責任制作会社にあると非難する文章であり、最初に書かれた、「新体制」の検討はどこに行ったんだ?と思わざるを得ない。

制作会社から発表がないのは、秘密保持契約か他の契約抵触する内容を要求されたので発表できないということなのかもしれないし、水面下の交渉がありまだ発表できないのかもしれない。

2017-09-29

けものフレンズ監督降板騒動についてのまとめと考察

https://anond.hatelabo.jp/20170929005829 とかけっこうヤオヨロズ寄りなので、心情的にカドカワ寄りの私の視点からも状況をまとめてみようと思う。

たつき監督が「アニメから外れる事になりました」とツイートする

2017/9/25 20:00

ニコニコニューストップページからたつき監督降板記事が消える

2017/9/25から2017/9/26にかけて


川上量生が「たつき監督の件はぼくも心配しています」とトゥート

2017/9/26 9:12 ·

https://friends.nico/@kawango/with_replies

仕事のことをSNSでは質問を受け付けることはしていませんが、たつき監督の件はぼくも心配していますニコ動けものフレンズが盛り上がったのもたつき監督アニメのものはもちろんとしても、個人的活動寄与が大きかったと思っています

これだけの騒ぎになっているわけですからKADOKAWAにせよ、ドワンゴにせよ、この件について中で議論されないということはありませんから、その部分についてはご安心ください。結果どうなるかについては、ぼくもそもそも事情をまったく把握していないので、いまのところは分かりませんが。

けものフレンズ利権ヤオヨロズに乗っ取られた」という怪文書が出回る

2017/9/26 10:30頃?

けものフレンズ製作委員会公式声明掲載する

2017/9/27 0:30

http://kemono-friends.jp/archives/category/news/

けものフレンズコラボしたJRA日清から声明が出る

2017/9/27 16:30〜17:00頃

「本サイトは、『けものフレンズ』に関する正規ライセンス窓口であるKADOKAWAを通じて、173月企画段階からけものフレンズプロジェクト』の許諾を得て製作したものです」

コラボ動画に関するお問い合わせをいただいておりますが、同動画2017年6月企画段階からけものフレンズプロジェクト」と連携の上、制作したものであり、許諾を得た動画です。 また「けものフレンズ新規映像プロジェクト制作体制変更に関しては、弊社としては事前に知りえない情報であり、関与できる立場でもございません。

けものフレンズアワーにて声優謝罪する

2017/9/27 21:00

色々と皆さんを不安にさせたり、お騒がせしていますが、私たちはこうして『けものフレンズ』を盛り上げることしかできませんので、これからも頑張っていきたいと思います。なので、これを見てくださってる皆さんは、変わらずに『けものフレンズ』の作品やキャクターたち、そして何より動物たちをこれからも愛してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

デイリーニュースオンライン記事掲載される

2017/9/28 11:45

その他

皆の予想、全部はずれてる気がしてきた

とりあえず、公式アナウンス時間稼ぎであって本当のこと言ってないってのは皆薄々感じてるだろう

そしてこの沈黙、かなり異常

 

川上層部問題説1.誰かの出世に利用された ← これだけ騒ぎになったらむしろ引くはず

川上層部問題説2.内部抗争に利用された ← 利害関係者全員集まれば大概のことは解決するはず

角川プロデューサー説 ← 梶井さんはそんなタイプか?? 公式アカ中の人だぞ 

プロデューサー変更説 ← これ上の1,2と同じ状態

ジャストプロ説 ← 世界の半分をくれとでも言ったか? んなアホな、強行すれば今の批判全部そっくり裏返る リスクしか無い

福P説 ← 割りとありそうではあるんだが、同じく強行するメリットがない

監督説 ← 説がないが。実は若干あるんじゃないかと思ってる。ツイートした本人だし。理由不明

製作委員会説 ← 角以外で強硬しそうなのはブシロくらいでしょ? 単独で他を黙らせられるとは思えない

ケロロ説 ← これもあり得るにはあり得るけど、説得すれば話が終わる。かつリスクだらけ

何かが完全にこじれてる ← 落とし所も探れない無能の集まりには流石に見えないんだよなぁ

 

と考えると、どうにも皆の想定の範囲外のことが起きたんじゃないかしか思えなくなってきた

川内が皆から見えていない分、一番邪推したくなるが

 

実はもう解決しているが如何にして炎上ヘイトを逸らすかのアイディア会議になってるか、とかもあるか

あとは最重要ポジションの人が蒸発とか、承認が降りないとか

とんでもなく頭が固い人が居るとか

感情的喧嘩になってるとか

わかんないな

 

 

誰か一人が悪者なら、情報出てくるんじゃないかと思うんだよな

anond:20170928222158

グレーゾーンなのをいいことになんやかんやちっさいことにいちゃもんつけて罰金を支払わせてるのが迫害ではないと?

被告迫害だと感じて憲法違反だと思ったから、略式なんちゃらをブッチして白黒つけようと裁判に出た。顧客トラブルがあったわけではないんだよ。

好きなもの生業として人生を全うする市民に非はないよね。

衛生管理等の整備が必要なのは当事者は十分わかっていて、できている。

天下り要求なのか権威押し売りなのか内情はよく分からないけど、免許なんかなくてもある程度の安全性は確保されてるということ。ある程度というのは、食品衛生管理者がいたからって食中毒は起こるよね。って意味で。

直接体に触れる職業免許という首輪があるからと言って、彫り師にそれが絶対必要なのかというと、疑問だ。だってそれって、今までやってたことの追認でしかないでしょ。意義は薄い。

だいたい免許制になっても、今回のように文化的迫害が起こらないとも言い切れない。

なぜなら、今回の迫害被害者のない「犯罪」で、刺青への差別からくる邪推が発端になってるから

無自覚差別主義者が今回の判決擁護することを、権力側は讃えるだろう。権力者権威担保するからね。やっていることは圧政迫害脅迫なのに、権威があれば正義と崇められるんだもん。

社会的に弱い文化や気に食わないものをどんどん潰しにくるよ。

しかしたら次はあなたの好きなもの迫害するかもしれないという危機感はない?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん