「合コン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 合コンとは

2019-05-16

anond:20190516090732

わからんでもないけど一人でも開き直って超楽しんでるので鬱鬱としてるならその異性の友人に合コン開いてもらうか婚活パーティーいくか開き直って一人で遊びまくるかしたほうがいいよ

親友タマちゃん

元気にしていますか?

タマちゃん地元を離れてもう何年たったかな。

最近出会った時のことをよく思い返すよ。

だってもう20年以上前のことだもんね。

当時の唯一の友達Aちゃんが幼馴染タマちゃんのこと紹介してくれたから、

最初は複雑な心境だったよ。

だっていAちゃんがべた褒めするんだもん。

タマちゃんは頭が良くて、スポーツも万能でかわいくて、性格が良くて

明るくて友達も多くて、きっちりしていて完璧だった。

そんな嫉妬も吹っ飛ぶくらい、いい子でびくりしたよ。

中学高校大学バラバラな進路だったけど

年月が付き合いを薄めることはなかったね。

地元に帰れる場所にないから本当に嬉しかったよ。

同じことを思っててくれてたら嬉しいな。

大学をでてお互い一人暮らしして、

たくさん合コンして、私の紹介したC君と付き合って

縁がなかったけど結婚してくれたら、よかったなぁ。。。

就職して311があって、仕事復興支援のために

転勤するって聞いたときは驚いたけど、

物理的な距離なんて、関係ないって思ってた。

間もなく結婚して、子供が生まれた連絡をもらった後に

Aちゃんからタマちゃんの連絡もらったよ。

まだ変なテンションで受け入れないままでいるよ。

きっとまだまだ時間がかかると思う。

イベントなんてバカらしい!って思ってたけど

ないとないで思いが宙ぶらりんになるんだね。

タマちゃんへの想いををここに書くことを許して。

たまちゃん、だいすきだよ。

安らかに

2019-05-13

マッチングアプリ恋人作りの第一歩として良さげ

長いこと独り身を続けていると、「早く恋人を作れば?」と周囲に指摘されるでしょう。心配して言ってくれている人もいるでしょうが、これまで全然色恋沙汰に縁がなかった人からすると、「なにを無責任に…」とぼやきたくなるかもしれません。

恋人を作ったことがある人からすれば、女性への声かけなんて簡単なのでしょう。ですが、これまで恋人がいなかった人からすれば「いきなり声をかけるなんてハードルが高すぎるし、話題なんて思いつかない…」と思うのです。

まり、『そもそも異性と会話するための準備すらできていない』わけでして、そんな状態ナンパ合コンに繰り出せば、どうなるかは分かります。冷たい反応を投げかけられたり、心ない言葉に傷つけられたり、逆に「もう恋人はいらん!」となってしまうでしょう。

これから恋人作りをスタートする人には、『異性と話しやす環境が整った場所』を紹介するほうがおすすめできます。で、私的おすすめなのがマッチングアプリであり、これなら『本当の意味での0からスタート』でもピッタリです。

これまで異性とろくに会話できなくても安心理由は、『マッチングアプリ監視の目も厳しいから』です。これは息苦しそうに見えますが、あくまでも『アプリ趣旨に沿わない発言発見するため』であり、普通に使えばまず目をつけられません。

それどころか、心ない言葉下品な誘いをするユーザーをきちんと排除してくれるため、「怖い人とマッチングしたらどうしよう…」なんて不安もありません。むしろほとんどの人は礼儀正しいし、安心して会話ができますよ。

また、マッチングアプリは『お互いの相性を判断した上でマッチングする』という特徴があるため、『性格などが一致して話しやすい人』と巡り会いやすいです。そうなると「異性は苦手だけど、この人となら話せそう…」と感じる女性ともマッチングやすいでしょう。

なお、アプリでの会話では顔を合わせるわけではありませんから、急いで返信の内容を考える必要もなく、最初は1日1回くらいのペースでも大丈夫です。まずはゆっくりと返信内容を考え、徐々に女性との会話に慣れていきましょう。

アプリを使い続けると「普通に異性とも話せるようになった!」と変われるかもしれませんし、そうなると「どうせだし、アプリ以外の出会いも試してみようかな?」と思うようになるかもしれません。恋人作りの方法はいろいろとあるため、アプリと組み合わせてみるのも面白いかもしれません。

2019-05-12

大人になってから新しい知り合いって増えてくものなの?

そりゃ仕事の知り合いや合コン出会ったりはあるわな。 

でもなんつうか、構えないで話すような距離感の人が増えていかない。上っ面の出会いと言うべきか。

もう旧友しかいないか結婚を期に減っていく一方。

大人になってから良い距離感の知り合いを増やすのはどうすべきなのだろう。

2019-05-11

anond:20190509223349

心を無にして、相手気持ちよくさせつつ、早く死んでくれることを祈るしかいかな〜。

この手の老クレーマーには「合コンさしすせそ」が驚くほど効きますよ。

2019-05-05

愚者は自ら堕ちていく

とある土曜の夜10時ごろ。

私は松屋で夕食を終え、晩酌を一杯だけ行こうと思い、同じビルの階下にある魚民にひとり入った。

通された席の通路を挟んで隣の席。男ばかり4ー5人のグループが何やら騒がしい。若い男がひとり、隣席でもうるさいレベルの音量でまくし立てている。

スズキさんはね、全然ダメよ。ゴミ。ぜんぶゴミたよ。」

その言葉中国訛りのカタコト、かつ酔っ払って呂律が回っておらず、余計に耳についた。どうやらグループ内で揉め事が始まっていたらしい。私はひとり酒ゆっくりと飲む楽しみがぶち壊しになったことを悟り、悲しい気持ちになる。

ガシャン!グラスでテーブルを叩く音がした。

ケンカしますか?オレと」

中国人はヒートアップの一方だ。しかし、ケンカを売られたスズキと思われる男はボソボソと何か答えるほどで、言い争いにまではならない。

ダメあんゴミだよ。ゴミ!」

貧しいボキャブラリーのまま、中国人のトーンが収まっていない。彼はかなり興奮している。スズキスズキで何か言い返してはいるようだ。それは大声で正面から威圧する中国スタイルとは反対に、ボソボソと相手の嫌がることを突いていく陰湿スタイルだった。

「そんなことないよ!女ならいっぱいいるよ!オレは…」

「…へぇ…じゃ紹介して。合コンしよ」

地獄のような応酬だった。スズキ中国人がモテないことを陰にディスったのだろう。今夜一番の声量で中国人は反射的に言い返した。が、語尾に行くほど小さい声になっていたので発言内容はほぼウソだろう。それに対し、スズキカウンターは表面上、まるでよくある雑談の途中で社交辞令を言ったかのように、余裕しゃくしゃくだと見せようとしていたが、声が震えており、ケンカ慣れしていない感が溢れ出ていた。おそらくスズキモテない。

安いチェーン居酒屋

土曜の夜にパッとしない男同士で

どちらがモテるかマウントあい

バレバレの嘘をつき

余裕見せようとして失敗している

地獄だ。目糞と鼻糞が組んず解れつしている。救いがない。

愚かな男たちが金と、時間と、精神をすり減らし、ささやかな友人関係まで失っていく様を見てしまった。

私は注文したハイボール3分の2ほど飲んだところで店を後にした。魚民の扉の外でふと店を振り返えり、立ち止まった。ハイボール残り3分の1を飲む時間に代えて、今自分に何ができるかを考える。しかし彼らの幸せを願う事はない。

2019-05-02

anond:20190501223956

まともな男って合コンだの街コンだの行きまくってる女とか嫌なんだよな

多分性別逆にしてもそうなんじゃないかと思うんだけど

婚活始めたらそっちの世界調達するしかないと思う

2019-05-01

婚活してるが結婚できる気がしない 27歳編

http://anond.hatelabo.jp/20170603233411

これを書いてから約2年が経ったらしい。

お付き合いしてる人がいないことに変わりはないが、気持ちの面では大きく変わった気がする。

合コン、紹介、街コン、とりあえず経験はしてきた。合コンも紹介も街コンもどれも体力もメンタルも大きく削られる大変なものだった。

知らない人と1から関係を作ろうとするのだから当然ではある。

特に街コンは1度行っただけで頭がおかしくなりそうだった。自分より-2歳~+10歳差の人達10人近くから1度にLINEが来たときはもうパニック

自分の年齢近くの人は1往復のやり取りでこちらの空気を察してくれたけど、+5歳以上になると空気を読まず長文LINEを送ってくる、送ってくる内容も卑屈と、私には処理しきれない事態になった。

私ではこの人達を支えられない。

2度と街コンには行かないと決心した最初最後(の予定)の街コンだった。

そうして婚活疲れた私はたまーに誘われる飲み会に行くぐらいで、新しい出会いを求めることを休んでいた。

そしている間に周りの友達結婚したり、彼氏ができたり、親からいい人いないのか攻撃を受けたり、自分誕生日を迎えたりして色々考えた。



自分結婚したいのだろうか




正直誰かと付き合いたいという気すら起きないわけなんですけど

職場で、どう頑張っても好きになれない、一緒にいたいと思えない人(体積が常軌を逸していて香水?の匂いがきつめ)からアプローチを受けているのが非常にストレスなので諦めさせたい。

とか

周りの友達結婚したら寂しくなるんだろうなとか、結婚しても変わらず会ってくれる子もいるけど、子供が出来たらそうはいかないよね。

とか

から結婚はするものって言われるし、お前が死んだらこの土地は誰が守るんだとか言われたり(そんなことしょうがないじゃないかと思うけど)。

とか

でもきっと自分結婚しなかったら、ちゃんと私を育てられなかったってまた責めてしまうんだろうなと思うし、そう思わせることは可哀想だな。

とか

そんなことを思って頑張って結婚しようと活動を再開させたわけなんですけど。

結婚相談所ってやつにお世話になっております

私の行っているところはスタッフ人達が皆いい人で、安心感があって、きっちりサポートしてくれてとても頼りになる。

でもやっぱり初対面の人と会う・連絡を取り合うストレスは大きい。仕事でのストレスも相まって、いつまで経っても食欲がわかないくらいにはストレスを感じているようだ。おかげで顔がこけてきているのが分かる。

こんな状態になってまで婚活する意味ってあるのかな。婚活のせいで死んでしまうのではないか。でもそんなこともあったと誰かと笑える日が来るのか。ぐるぐる考えるけどまとまらない。

婚活をお休みしていた時期もあったけど、なんて幸せな日々だったんだろう。もう家で笑う気力も起きない今では、自分であの頃の自分が羨ましいとさえ思う。

もう1つ私を抉っていくのは彼氏ができたら彼氏最優先の友達存在だ。どうして20年以上付き合いのある自分より、3年前に知り合った男が優先で大事なのか。子供みたいだけど取られたようで悲しくなる。

結婚友達の延長線みたいなものではないか

なんでずっと一緒にいられるのが異性なんだろう。どうして同性の友達ではダメなんだろう。

仲のいい友達とずっと一緒に楽しくいたい。そう思う私はおかしいんだろうか。

だって心を許せて、気も合う、一緒にいて楽しい、ただ同性なだけで一緒にいられない。

自分異性愛者だと思っているんだけど、女の子のことも好きにになれないかなとか、別方向に考えを巡らせている。

同性も好きになれるなら、その方が私にとっては幸せに近づくような気がしてしまっている。


私はただ、また笑顔になれる日々を取り戻したい。

ブスなあの子

3年前、ブスで意地悪なあの子(A子とする)に「ブス」と言われた。

きっかけは何だったか

多分私がA子のインスタだかTwitterだかのフォローを外したこときっかけだったと思う。

それまで、なんとなく自分はそこそこ可愛いんじゃないかと思っていたので相当なショックを受けたのを覚えている。

でも実は自分は世の中ではブスでも美人でもないということに心の奥底では気づいていた。

美人友達と二人でいて、全く自分には話しかけられなかったことが多々あったから。

でもA子という女にブスと言われるのは私にはショックが大きすぎた。

その日からとりあえず出来ることをやった。

歯列矯正、目元の埋没、ダイエット、月一の美容院、肌管理などなど

2年経ったあたりから可愛いね、と言ってもらえることが増えたと思う。

それと同時に私は完璧容姿至上主義に変わってしまったとも思う。

それが良いことなのか悪いことなのかは置いといて。

だってそうじゃないか

世の中は美人が得じゃないか

合コンするとき男性から可愛い子連れてきてって言われない?

可愛いかったら大抵の事上手くいかない?

そんなことないよって言ってくるのは大抵美人だけだと今までの経験上分かってる。

もう一度いう。「世の中容姿だけじゃないよ。」って私に言ってくる美人がいたら、今までのあなた人生あなたのその容姿があったからなのよって。

でも最近新しくできたお友達界隈を見ていて思ったことがある。

の子達はイケメンと飲むことが好きでそれを目的としているのだが、まあ可愛くないのだ。荒れた髪の毛、肌、ぐちゃぐちゃの歯並び。

でもその子達は声を大にして言うのだ。

「あの子ブスだよねー。」

私がこの3年頑張っきたことはなんだったのだろう。

それでも私はその子達にブスとは言わないしこれからも変わらないだろう。

GWを利用して1人韓国美容整形を受けてきた。

部屋でダウンタイムを過しつつ美について考える。

ちなみに私にブスと言ってきたA子のSNSを見ると相変わらず彼女はそのままのブスで私の心を安定させてくれた。

2019-04-30

自分婚活遍歴を語る

現在33男性で、28歳のころから婚活を始めた。

GW時間があることと、少し落ち着くことがあったので、婚活遍歴を語りたい。

なお、特定を避けるために、ところどころフェイクを織り交ぜているし、昔のことで、だいぶ記憶あやふやなところがあるがご了承いただきたい。

現在スペック

男性

現在33歳(婚活開始時は27歳)

年収740万円(額面)

ルックスは悪くはないと思う(自称

身長171センチぐらい

20代後半までコミュ障婚活するまで彼女いたことなし。友人少なし。

風俗に行ったことあったのと、ピンサロで仲良くなった女の子プライベートで3か月ほど体の関係はあったので童貞ではないが付き合ったことはない)

なお、2年ほど前に名古屋から転勤して東京に来ており、活動地域による大きな成果の違いがあったのは有意義データーかと思う

個人的主観ではあり、さらに経年による婚活行動スキルレベルアップを差し引いてもなお有意な差があったと個人的には感じている)

名古屋時代(27歳~)

主な活動婚活パーティー、、街コンマッチングアプリ合コン

周りの同年代会社の同僚や知り合いがどんどん結婚していくことに焦りを感じて婚活を始める。

最初はとにかく合コンに行きまくった。とにかく知り合いに合コンに呼んでもらい、合コンつながりでさらに別の合コンに呼んでもらうという感じ。

といっても、これまで合コンなど行ったこともなく、どのように会話していいのかも全く分からず、全く会話に参加できず、空気で終わることもあり、

このころは本当につらい時間を過ごした。でもめげずに何回も何回もお金時間をどぶに捨て参加し続けた。

合コンのあとラインを送るのすら心臓がもげそうになっていたのは今から思えばほほえましい。しながらラインを送るも既読スルーが続いた。

運よくその後、食事に行っても飯をおごるだけで終了し、継続した関係にはなれなかった。

このころから婚活パーティー街コンにも参加し始める。

婚活パーティー街コンは1対1で短い時間に話し、マッチングを図るので、比較マッチングやすく、後日食事に行ったりも多々あったが、

コミュ力の低さが露呈してしまい、つまらない男認定され、音信不通になるのが常だった。

本当に辛く、自分はなんてダメ人間なんだろうかと家でよく泣いていた。

これは本当に悲しく、きつい時代だった。

本当は女性合コン食事になんかこれっぽっちも行きたくなかったが、自分にムチ打って、挑み続けた。

諦めが悪いのと不屈なのが自分の唯一のとりえである

何より、彼女というものが欲しかったし、結婚して一緒に人生を歩んでいけるパートナーが欲しかった。

合コン婚活パーティーも、何回やってもダメで、これを最後に、自分には革命的にセンスがないのだと、

彼女結婚も、もうあきらめよう、一人で生きていこうと決意した合コンで初めての彼女ができる。

当時自分28歳、彼女が一つ上の29歳。単純にすごく相性が良かったのか、コミュ障自分にしては会話が弾んだ。

4~5回ほど食事に行ったり、お出かけして、彼女の家に行ったときに付き合ってほしいと言って承諾を得た。

そして彼女に初めてキスをした。その後数回会って彼女の家でセックスをした。

このころは本当に幸せだった。休みの日に一緒に手をつなぎながら近所のスーパーに買い物に出かけ、

ご飯を作り、セックスをして、映画を見て、またセックスをして、一緒に抱き合いながら眠った。

生きていて本当によかった、あきらめなくて本当によかったと思った。

また、年上の彼女にいろいろなことを教えてもらった。デートプランニングやお店の選び方。男女が付き合うとはどういうことなのかといった事を。

彼女はすごく良い人で、本当に感謝してもしきれないぐらい自分を変えてくれた人だと思う。

一方でどうしようもなく金銭感覚が合わなかった。自分ケチだが、彼女結構すぐにお金を使う。

ブランドものの服や、数十万するバッグをポンと買ったりする。自分にはどうしても理解できなかったし、結婚したら家計は回るのかと不安がよぎった。

結局彼女とは些細なことでケンカし別れてしまった。きっとお互い、相いれないところが積もり、ケンカきっかけにはじけてしまったのだろう。

彼女と別れた後、再度婚活スタートする。

しかしながらなかなか厳しい戦いは続く。このころ同僚に教えてもらった、マッチングアプリなるものに手を出す。

自分がやったのは大手のPairs。婚活パーティーが一回5000円~8000円するのに対し、1か月4000円ぐらいというのは非常にリーズナブルに思えた。

顔写真をアップするのはどうしても抵抗があったが、実際に周りにこれで結婚した人もいたのでやってみることにした。

マッチングはするし、根気よくメッセージをやり取りすれば、実際に会うこともできる。

だが、将来のコミュ障・人見知りが顔を出し、暗黒時代に逆戻りしてしまう。

そもそも待ち合わせの初見の際にめちゃくちゃ緊張してしまい、第一印象が悪いのだ。

10人以上と会ったと思うが、付き合うことはなかった。

来る女の子はみんな普通女の子で、結構かわいい子も多かった。でもだめだっった。

そんな折、並行していっていた婚活パーティーマッチングした女性と何回か食事し、

4、5回あった後で、彼女の家でなぜ手を出してこないのかと怒られ、彼女の家でそのままセックスをして付き合うこととなった。

しか彼女とは3か月ほどで別れてしまう。彼女の気性が激しく彼女と会うのがすごくしんどくなったのが原因だ。

でも、気性の激しさを除けばほんとにいい子で、頼りない自分そばによく一緒にいてくれたものだと思う。

そして、再度婚活スタートマッチングアプリ大手OmiaiとPairsを併用。

ここでも修行スタートし、多くの女性と会い、ただ飯をおごる日々が続く。

自分主観ではPはマッチング数が少なく、Oのほうがマッチングやすいが、

会える確率はPのほうが高く、かわいい子はOのほうが多い印象。

このころ同僚と一緒に行ったハブバーナンパを知り、自分も手を出す。(名古屋では名駅前の大名古屋ビルジング横のハブナンパスポットになっている。)

といっても、最初はなかなか声をかけることができなかったが、毎週末に繰り出すたびに感覚がマヒしてきて、女性が入ってきたら自動的に声をかけられるようになる。

また、ここでの周りの男たちの会話を聞き、修行を積み、女性いかに楽しませるか、いい気持にさせるかといったスキルを体得する。

ラインを交換し、後日食事に行き、その日のうちにセックスをした。このころには、とりあえずセックスするのが目的と化しており、

当初の婚活趣旨からは大きく外れていたのだが気づく由もなく、ひたすら、マッチングアプリハブ等でナンパした女性と会い、

女性を楽しませて、いい雰囲気にし1回か2回目で、とりあえずセックスをするということを続けた。

さらに、ライト系のマッチングアプリtinderにも手を出し、初めて会ったその日にセックスをするという、今思えばどうしようもない事をしていた。

ただ、こういう関係は長続きしない。せいぜい数回会ってセックスをして、お互いなんか違うなって感じでフェードアウトするのが常だった。

でも、女の子食事に行き、いい感じで楽しませてセックスをしなければ関係を構築できず、ただの飯をおごるだけになってしまうので、懲りずに続けていた。


そして東京に転勤で移動し、東京婚活を続けることになる。

だんだん書くのがめんどくさくなってきたがもう少し続ける。

東京は、名古屋比較して本当に素晴らしかった。自分東京ではマッチングアプリと、合コンしか手を出していないが、

女性と次に会える確率が高いし、名古屋よりかわいい子も多い。反応も性格もよく変にスレてなく、食事に行ってもきっちり割り勘にしてくれることが多かった。

でも、懲りずにとりあえずセックスする出会いを繰り返した。みんないい女の子たちばかりだったが、せいぜい数か月で長くは続かなかった。

セックスしても相性がいいかは分からないのだ。

しかし、ここらで、30代にもなり俺は何をやってるんだと自己嫌悪に陥る。俺が欲しいのは彼女で、結婚パートナーではなかったのかと。

自分が今しているのは婚活ではなくセク活ではないかと。

そこで、とにかくセックスすることはやめる、女の子をちやほやするのはやめる、食事基本的に割り勘にするなどということを徹底した。

当初厳しい戦いが続いた。マッチングアプリメッセジーでも女の子に媚びることはやめたので、会える確立が、がた減りした。

それでも何人の女の子デートをし(セックスはしていない)、婚活を続けた。

そして今の彼女と、あるマッチングアプリ出会う。

一つ年下の女性で決して美人ではないが、すごく頭がよく、優しい女性だ。

最初カフェお茶をして、気づいたらあっという間に3時間過ぎており、お互いびっくりした。

その時、自分彼女をちやほやせず、自然体で臨んだのにも関わらずだ。

何回か食事をして、デートに行き、お付き合いをしてもらう承諾を得ることができた。

そしてさらに数回デートを重ね、セックスをした。

彼女と過ごす時間は素晴らしい。彼女自分と一緒にいることを楽しんでくれているようだ。

自分の悪いところも理解し受け入れてくれ、慈愛に満ち溢れている。

彼女は本当に素敵な人で、なぜ、こんな人が自分と一緒にいてくれるのかと、不思議に思う。

こんないい人に自分みたいなのが彼氏で本当にいいのかと不安になることも多い。

ただ、今は、時に身をゆだねたい。彼女結婚出来れば素晴らしいが、どうなるかは分からない。

もうすぐ付き合って1年になるが、結婚を打診する予定だ。うまく承諾を得られればいいのだが。

一連の婚活を通じて思ったのは、まじめな男性はやはり、婚活は厳しい戦いになるということだ。

まず、女性と会っても好かれないし、ぱっとしない男という烙印を押されてしまい、飯をおごらさせられるだけだ。

それに比べ、婚活ではなくセク活が目的な男はいくらでもスペックを盛れるし、嘘もつける。

女性をちやほやして、いい気分にさせ、セックスをする。

そりゃ、女の子だってぱっとしない男より、一緒にいて気持ちいのいい気分にさせてくれる男を選ぶだろう。

やはりセク活男性にはマッチングアプリは素晴らしいフィールドになっている。

でも、まじめな婚活男性あきらめないでほしい。きっとあなたちゃんと見て、理解してくれる女性絶対にいる。

現に自分は素晴らしい女性出会うことができた。

また、たくさんの女性と会ったが基本的によい子でかわいい子が多い。あとは相性だけの問題だ。

何かのきっかけさえあれば、とんとん拍子に関係は進んでいくと思う。自分に初めて彼女ができた時のように。

きっと、今、自分への自己嫌悪や自信喪失、耐えられないさみしさに陥り、女性不信になっている男性も多いと思う。

でも、きっとあなたを見てくれる人は絶対にいる。あきらめなければ彼女絶対にできるとは限らないが、

自分絶対あきらめなかったから変わることができたし、彼女ができた。

あなた婚活が上手くいき、素敵なパートナーを得ることができますように!


以下、個々の出会った女性の初回デート概要を連ねていく予定だが、気づいたら1時間もたっていたので、省くことにする。

気が向いたらもしかしたら追記するかもしれないが、たぶんしないと思う。

2019-04-28

婚活

2019-04-27

来週、好きな人デートする。

5月某日は好きな人誕生日

それで「お祝いしたいから」と理由つけてデートに誘ってみた。

知り合いが合コン開いてくれて、それで出会った人。

正直合コンでそんな相手に巡り合ったことがないのでビビっている。

3回目のデートでいい雰囲気になりセックスしてしまった。

所謂賢者タイムのような冷たい態度はなくけっこういちゃついたと思う。

好きか嫌いかで言ったら好き、くらいの気持ちだんだん本気になってきている。

一緒にいるのが楽しいLINEがくるのも嬉しい。

先月はお花見もしたし、飲みにはもう何度も行っている。

手をつないだりもしている。

このまま付き合う流れか、と思ったが相手真意がわからない。

好かれているとは思うけど確信がない。

これで「付き合う気はない」とか言われたら立ち直れない。

「こんな態度なら脈アリ!」「断られないデートの誘い方」とかひたすらネット恋愛記事を読んで一喜一憂する始末。

こんな感じでずっとウジウジしている。

もう30代なんだぜ…?

そろそろ関係をはっきりさせたいので誰か勇気をください。

とりあえず来週に向けてバストアップマッサージして岩盤浴で肌ツルツルにして美容院行ってトリートメントして勝負下着買ってくる。

2019-04-25

anond:20190425092557

ちゃん研究してる男性もいるんだなーって感動したというか男性主体的にここまで女性奉仕してる感?媚びてる感?ちゃん女性ニーズをわかってる感?を感じたのがほぼ初めてだからカルチャーショックだったんだよね

母親家出癖があって「捨てないで!」という気持ちを抱えた幼少期送った男性が、女性忖度するのすごく上手くてモテてたよ。

女性でも父親支配的な毒親って人が男性忖度するのうまくてモテてない?

逆に異性親が子に忖度する奴隷、っていう育ちをしていると、異性=自分要求にこたえる道具的存在という認識なっちゃうみたい。

愛されて育った女の子合コン関ジャニ∞の話を男に対して一方的にずーっとしてたときバカかよ、ウケる」と思って見てたけど、

本人的にはそれがバカ行為だとは思ってないからやるんだよね。

男女っていうより忖度能力格差だと思うよ。あと忖度が上手すぎて四六時中やってても病むよね。

2019-04-24

50人に振られても恋人は作れた

25歳くらいまで高校/大学/社会人と合わせて50人くらいに振られた。

そんなところから自己分析したり努力したりして、ちゃん彼女作れるようになったので書いてみる。

女の子友達になる

もてなかった時は、女友達が一人もいなかった。

運良く友達くらいの距離感になったらすぐに告白してた。

可愛くて話してて楽しくて、すぐ付き合いたい!ってなってた。

今思うと、そら気持ち悪いし付き合わないよね。

イケメンとかカリスマとかで女の子から言い寄ってきてくれる人でもない限り、

女の子は「一緒にいて楽しいな」という時間を何回も過ごさせないと「この人いいかも!好きかも!」って思ってもらえない。

この「何回も」ってのがポイントで、彼女が楽しんでないと次回は来てくれないし、

しかったとしても、うっかり下心でボディタッチなどすれば「やばい人」になって次回はなくなる。

友達として何度も会える関係を構築する。のが第一目標

好意さらっと繰り返し伝える

そんなこと言っても友達まり!いい人どまり!って思う人もいるだろう。

その場合好意をがあることをさらっと伝えればいい。

「一緒にいてとても楽しい」「すごく可愛いと思う」「話のセンスが良い」「俺なら付き合いたいけど」

くらいのことを飲みながらでも折々言っていけばだいたい彼女自分気持ちは伝わってる。

そのうえで二人で何度も会ってくれるならば、そこそこ候補に入ってると思っても大丈夫

リターンを求めない好意を繰り返し伝えられることに女の子は弱い。

最初は、この人は誰にでも言ってるんだろうなと思っても、

一緒にいて楽しい自分のこと好きだって言ってくれるし、まぁ良いかなってなることが多い。

・会う頻度を上げる

上の二つを満たせたら、あとは会う頻度をひたすらあげる。

女友達から彼女になる直前は、少なくて週3回。

下手したらほぼ毎日会ってる。

それも軽い夕飯食べるだけとか、昼のランチとか、短い時間で良い。

仕事終わったけど、これから軽くご飯しない?」

明日の午後空いてる?空いてたら謎解きにいこうよ」

とか、そんな感じで一緒にいるのが日常的になったら、ほぼ付き合うことができるようになる。

n=1だし、俺にしか使えないパターンかもしれないけど、やってみて。

追記

多くの人には当たり前のことだったんだな!知らなかったわ。

俺、天才かよって思ってたわ。そりゃ、彼女作るまでに25年もかかるよね。

50人と出会えたのがすごいってコメントもらったけど、

2〜3ヶ月に一人は好きな人ができてたか

場合によっては合コンであった次のデート告白とかしてたから)

おそらく50人よりももう少し多いような気はしているよ。

彼氏持ちの子告白して彼氏に殴られて金巻き上げられたりとか、

同じクラスの子、何人かに告白して高校時代が暗黒になったりとか、

演劇サークル内で人類兄弟みたいになってるなか俺だけ蚊帳の外だったりとか、

やけになって呼んだデリヘル嬢に本気で口説いてみたりとか、

会社の先輩好きになって酔っ払って告白して振られて気まずくなったりとか、

そんなんやってたよ。

2019-04-20

anond:20190419190457

あの祝辞東大新入生男子差別の直接の加害者として責めるものではありません。差別を含む構造の中で自分が有利な位置に生まれ育ったラッキー自覚してほしいというだけです。個人の罪の話ではなく、社会構造の話です。

それを「責めてる」と言うんだが。

そもそも結果論しかなく、その存在を立証すらされていない「女性差別」の恩恵を受けてる、と言うのが加害者としての避難でなくてなんだろうか?直接的加害者じゃなく、間接的加害者として攻めるならオーケーか?

上野がこれまでしてきた論争で十分だと考えます

私は思わない。

そもそもフェミニズムという思想自体が、報われない結果の不平等男性押し付け八つ当たり思想に過ぎない。

現にフェミニスト自身結果論以外で女性差別を立証できたか医大の件は自爆しただけで、何も立証出来ていない。

その八つ当たり思想家が、もっとひどい八つ当たりを諌めもしてない現状がある。

男全体に、ありもしない(証明されてない)「女性差別」の件で八つ当たりするフェミニストには、内輪の加害者を自浄する責任があろう。自分たちが言ってるように。

あと一つ、純粋不思議でおうかがいしたいのですが、東大新入生男子男女差別をしない賛同もしないと増田さんが信じる根拠は何でしょうか。他大学男子と同程度には、差別をする人もしない人もいると思うのですが。

なぜなら「女性差別」というもの、これは幻想に過ぎないから。何度も書くが、結果論しかない。証明されてない。

個人の好みの問題を「女性差別」と定義するならば、そりゃ「女性差別」する奴も居ることになろうが、「男性差別」やらなんやらも大量に出現する。(ここで言う「男性差別」は現実存在する、男性から機会の平等や公平な扱いを奪う男性差別とは別物)

合コンの件なんか顕著な例だ。

アレを差別と言うのなら、KKOと付き合わない女性は皆差別か?

性交前の合意形成に関して

最近いろいろと言われているが、確かに自分も危ういことがあったと思い出した。合意形成はすれ違いがありうる。白黒はっきりするものではない。

7年くらい前だが、ハロウィンパーティーに参加した。通ってた英会話サークルパーティーで知らない人、うっすらしか知らない人の中に友達と二人で参加。私は悟空仮装をしてた。そこでメイドコスプレをしてた女の子と知り合いになった。仮装賞があって、その子が2位、私が3位だったので話すきっかけになったのだ。一緒に行ってた私の友達がぐいぐいタイプだったのと、その子がノリがよかったこともあり、3人で二次会にいくことになった。ただ友達は別の合コンがあるとかで途中で抜けた。引き続き二人で飲んでたけど、メイドの子は別の席の人に絡み出すくらい酔っぱらいはじめた。

あ、これはやばいなと思い、連れて出ることにしたのだが、駅まで着いた段階で完全にその子がダウン。受け答えはするけど、家の方面もわからない。送っていくにも送っていけない。その辺のカラオケとかビジネスホテルを探してみたけど空きがない。やむなく手近なラブホに入った。その時は、寝かしてそのまま帰ればいいかなとか思ってた。ベッドに寝かして、『じゃあ、帰るからね』と声をかけた瞬間に首に抱きつかれキスをされた。

酔ってたのを介抱してる時点で好意がなかったわけではなかった。でもさすがに会ったその日に何かできるなんて思ってもなかったし、何とかできるほど度胸も無かった。むしろ何もなく終わって、やれたか委員会的なネタになるかなーと思ってたぐらいだ。

それが、キスまでされたらいくしかないだろう、とアクセルを踏んでしまった。その子意識が無いようには見えず、反応はしてるし、拒絶もしていない。ただ生理中だった。しかしそのまま最後までいってしまった。

翌朝、すごく気まずい反応をしてる彼女がいた。朝飯どっか食べにいく?と聞いたら、びっくりした顔しながら、二人でサンマルククロワッサンをかじることになった。

その翌週に、ご飯に誘った。その時も反応は微妙ながらも来てくれた。ご飯食べてようやくわだかまりがとけてきて、二人で楽しく話ことができ、その後ほぼ毎週会うようになった。

しかし、1ヶ月後にびっくりするような発言をされた。『まさか、襲われた人と付き合うことになるとは思ってなかったわ。』と。そう、彼女ハロウィンの夜は何の合意もなく、襲われたことになっていたのだ。自分からキスしたことも覚えてなかったのだ。何せ生理中だったのだから自分からそんなことすることなると思ってなかったのだ。

から振り替えると、非常に危なかったのではと思った。朝飯に誘わなければ、あるいは翌週ご飯に誘わなければ、下手したら訴えられてたのかもしれない。

自分は酔っても記憶がなくなることはない。でも相手がそうとは限らない。よった勢いで相手合意してると思って、というのはグレーな部分も大いにあるのだろう。

ちなみにそのハロウィンパーティーは私の結婚式の翌月の話だ。

2019-04-18

彼女収入は低いが、おっぱいは大きい

私は日本の片田舎に生まれ育ち、高校卒業までは地元公立学校に通っていました。大学は隣の県の旧帝国大学工学部入学し、そのまま大学院を修士で修了しました。現在都内の某大手メーカー研究所で働いています

付き合っている彼女大学時代に合コンで知り合った他大学の同い年の女性です。おっぱいは初めて会ったときから大きかったです。

彼女とは、私が大学院を卒業してから現在一年ほど遠距離なのですが、結婚を考えるにあたって、彼女収入が気になっています彼女地方実家暮らしをしながら事務をやっています。具体的な給与額は知らないですが、私より早く社会に2年間早く出ているにもかかわらず、一切残業をしなかった私の初任給より余裕で低かったようです。聞いてみると昇給ゼロで、残業代も貰えず、スキルも身に付かない職業のようです。

彼女結婚した場合現在、住んでいる独身から追い出されてしまい、二人暮らしできる部屋に転居することが予想されます住宅に関する月額の負担としては、結婚前と比べて7万円程度増える事が予想されます

正直、彼女都内に移り住んで転職活動を行い、フルタイムで働いても家計に入れてくれる金額はせいぜいその程度だろうと考えられるので、結婚による金銭メリットは皆無です。更に彼女奨学金を数百万円借りてるようで、その返済を考えるとむしろマイナスだと思います

いくら大手メーカーといえども金融コンサル医者などの職業には給与水準では敵わないですし、都内では子ども私立に通わせないとまともな教育を受けられないという話を聞くと、正直一人で家庭を支えるのは非常に不安です。

食事も私は社食比較的安い金額で美味しい食事を三食頂けているので、あまりメリットがない状況です。

そんな状況であるため、頭では結婚するべきでないと思っています。社内の同期の女性結婚すれば30前には世帯収入が余裕で1本超える事を考えると生涯収入の差にめまいがしてしまいそうです。ちなみに、同期の女性に何度か告白されていますが、彼女いるからと断っています。そういう背景もあって、今付き合っている彼女とは、たまに会うたびに、会う前は別れ話をしようと思いますしかし、いざ会うと、彼女は夏以外は私の趣味でぴったり目のニットを着ているため、彼女のはち切れんばかりのおっぱいに目がいってしまい、別れ話を切り出す事ができません。彼女の下らない仕事愚痴おっぱいをチラ見しながら聞けばなんの苦もありません。たまに、おっぱい凝視しながら、うんそうだねーと相槌をうっていれば、自然話題を移すことができます

そうして昼間のデートをやり過ごし、夜は彼女おっぱいを拝み、揉み、舐め、セックスをし、射精をすれば、もう別れ話をしようとは思わなくなっています

その後、しばらくしてやっぱり現実的に別れたほうが良いと思うのですが、会ってみるとおっぱいのせいでやっぱりなぁなぁとなってしまうというルーティーン最近は繰り返しています

結論:おっぱいは凄い。

2019-04-16

anond:20190414171844

27年間告白されたこともなければ参加させられた合コンで唯一その後連絡続いたと思ったらマルチ勧誘オチだった私みたいなのもそこそこ元気に生きてるから安心して!

2019-04-15

合コンで魅力的な人に出会うことはないだろう

anond:20190415233122

普通に魅力的な人は合コンなどいかずにどこかでステキ恋人を見つけられるものなのよ。

合コンで知り合ったあの人に、一言ご飯に行きませんか」と言う勇気があれば

2019-04-14

合コン気持ち悪い

友人と一緒に行ったとしても合コンはイス取りゲーム。狙っている相手、もしくは不特定多数にどれだけ自分アピールできるかという戦場だ。

皆が周りと自分を見比べ比較ランクづけをしている。そういう殺伐とした空気気持ち悪い。

「とりあえずみんなで楽しく飲めばいいんだよ〜」とか言ってくる女子も直前になればメイクの準備万端だし、普段あぐらかきながらポテチ食ってる人がサラダの取り分けを我先にとしたり、合コンというのは仲間を蹴落とし自分勝利を勝ち取っていくことに意味があるようだ。わざわざ関係のある友人知人とそんな戦いはしたくないよ。そんなことを思うと合コンってまじで気持ち悪いと思うんだ。あの空気のなかで楽しめるような人は別に合コンじゃなくても彼氏彼女できるがな、そう思うのは私だけですか。

東大生モテている合コンに参加したことがない

んだが、そんなんあるのか?

anond:20190413114026

女子学生の置かれている現実

その選抜試験が公正なものであることをあなたたちは疑っておられないと思います。もし不公正であれば、怒りが湧くでしょう。が、しかし、昨年、東京医科大不正入試問題が発覚し、女子学生浪人生差別があることが判明しました。文科省が全国81の医科大・医学部の全数調査実施したところ、女子学生の入りにくさ、すなわち女子学生合格率に対する男子学生合格率は平均1.2倍と出ました。問題の東医大は1.29、最高が順天堂大の1.67、上位には昭和大、日本大慶応大などの私学が並んでいます。1.0よりも低い、すなわち女子学生の方が入りやす大学には鳥取大、島根大、徳島大、弘前大などの地方国立大医学部が並んでいます。ちなみに東京大学理科3類は1.03、平均よりは低いですが1.0よりは高い、この数字をどう読み解けばよいでしょうか。
ソースはここhttp://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2018/09/10/1409128_002_1.pdfで、六年間の推移が1.17→0.76→1.31→0.95→1.04→1.04でその平均が1.03なので仮説検定をすれば有意でない、すなわち平等とわかる数値なんですが、なんでこんなに持って回った言い方するの?

↑ 「統計的有意でない」というのは「差がない(=平等)」という意味ではありません。

統計大事です、それをもとに考察が成り立つのですから
↑こっちのセリフだわ

意味不明

女子学生男子学生より合格しにくいのは、男子受験生の成績の方がよいからでしょうか?全国医学部調査結果を公表した文科省担当者が、こんなコメントを述べています。「男子優位の学部学科は他に見当たらず、理工系文系女子が優位な場合が多い」。ということは、医学部を除く他学部では、女子の入りにくさは1以下であること、医学部が1を越えていることには、なんらかの説明が要ることを意味します。
↑ここまでの話をまとめると、私立医学部ではどうやら不正入試が行われているが東大では医学部はじめ全ての科類で平等入試が行われている。ということなんですが、これはもはや私大医学部問題(もちろん背景にもっと大きな差別問題はあるのだろうが)で、東大入学式祝辞の一発目に持ってくる話題としては不適当では?

↑「医学部とそれ以外の学部女子の入りにくさに差があるというのには、何らかの原因があるのではないか」ということ。「背景にもっと大きな差別問題はある」からこそこの祝辞東大入学式にふさわしい。

事実、各種のデータが、
↑ここ統計データを示せよ。なんで女子差別されてる話は具体的な数字しまくったのに女子が優れている話は具体的な数字さないんだよ。

↑「女子男子より優れている」とは言っていない。「女子合格率が男子のそれより低いのは、女子男子より劣っているから」ではないと言っている。

女子受験生偏差値の方が男子受験生より高いことを証明しています。まず第1に女子学生浪人を避けるために余裕を持って受験先を決める傾向があります。第2に東京大学入学者の女性比率は長期にわたって「2割の壁」を越えません。今年度に至っては18.1%と前年度を下回りました。統計的には偏差値正規分布に男女差はありませんから
↑これどういう意味だよ。偏差値の平均は女子の方が上ってさっきお前が言ったんだろ。

↑ここは僕も意味がよくわからなかった。

男子学生以上に優秀な女子学生東大受験していることになります
↑まあ偏差値が高い順に受験していたらそうだよね。

↑そうですね。

第3に、4年制大学進学率そのもの性別によるギャップがあります2016年度の学校基本調査によれば4年制大学進学率は男子55.6%、女子48.2%と7ポイントもの差があります。この差は成績の差ではありません。「息子は大学まで、娘は短大まで」でよいと考える親の性差別の結果です。
↑なんで親の性差別って断言してるんだよ。統計どこ行ったんだよ。

↑確かにから調査結果を引用してほしかった。

↑並列された三つの主張から導き出される結論は何だよ。ちゃんと言えよ。
↑ここは僕も意味がよくわからなかった。
↑てか普通に考えたら 第一女子安全志向 第三:親が性差別している を要因として 第二:東京大学入学者の女性比率が二割以下 が発生してるって話になるだろ。なんで並列なんだよ<<
↑確かに
最近ノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさんが日本を訪れて「女子教育」の必要性を訴えました。それはパキスタンにとっては重要だが、日本には無関係でしょうか。「どうせ女の子だし」「しょせん女の子から」と水をかけ、足を引っ張ることを、aspirationのcooling downすなわち意欲の冷却効果と言います。マララさんのお父さんは、「どうやって娘を育てたか」と訊かれて、「娘の翼を折らないようにしてきた」と答えました。そのとおり、多くの娘たちは、子どもなら誰でも持っている翼を折られてきたのです。
↑「娘の翼を折らないようにしてきた」という父親の事例を挙げて得られる結論がどうして「多くの娘たちは、子どもなら誰でも持っている翼を折られてきた」なんだよ。

↑「多くの娘たちは、子どもなら誰でも持っている翼を折られてきた」はつまり「翼を折られなければ羽ばたけたはずだった」ということ。

その一例としてマララさんとその父親教育方針を挙げた。

そうやって
↑どうやって?
東大に頑張って進学した男女学生を待っているのは、どんな環境でしょうか。他大学との合コン合同コンパ)で東大男子学生はもてます
↑突然男子学生を画一化したなお前。性差別って知ってるか?

↑突然も何も、祝辞最初から女子学生男子学生一般化して取り扱ってきたでしょう。
性差別批判する文脈では当然です。

とは言え「東大男子学生がもてる」という言い方も差別的だというのはそうだと思います。「イカ東」みたいな言葉もありましたし。

東大女子学生からはこんな話を聞きました。「キミ、どこの大学?」と訊かれたら、「東京、の、大学...」と答えるのだそうです。なぜかといえば「東大」といえば、退かれるから、だそうです。なぜ男子学生東大であることに誇りが持てるのに、
↑突然男子学生を画一化したなお前。性差別って知ってるか?

女子学生は答えに躊躇するのでしょうか。
↑突然女子学生を画一化したなお前。性差別って知ってるか?
なぜなら、男性価値と成績のよさは一致しているのに、
↑突然男子学生を画一化したなお前。性差別って知ってるか?
女性価値と成績のよさとのあいだには、ねじれがあるからです。
↑突然男子学生を画一化したなお前。性差別って知ってるか?
女子子どもときからかわいい」ことを期待されます。ところで「かわいい」とはどんな価値でしょうか?愛される、選ばれる、守ってもらえる価値には、相手絶対におびやかさないという保証が含まれています。だから女子は、自分が成績がいいことや、東大であることを隠そうとするのです。
↑突然女子学生を画一化したなお前。性差別って知ってるか?
東大工学部大学院の男子学生5人が、私大女子学生集団性的凌辱した事件がありました。加害者男子学生は3人が退学、2人が停学処分を受けました。この事件モデルにして姫野カオルコさんという作家が『彼女頭が悪いから』という小説を書き、昨年それをテーマ学内シンポジウムが開かれました。「彼女頭が悪いから」というのは、取り調べの過程で、実際に加害者男子学生が口にしたコトバだそうです。この作品を読めば、東大男子学生社会からどんな目で見られているかがわかります
↑どんな目で見られてるかちゃんと言えよ。マイナスイメージ持たれてることはわかるが、それが実情に反して不当ということなレイプ事件の話持ち出す意味がわからないし、そのイメージが正しいと言いたい(文脈的にこっち)ならそれは性への圧だろ。<<

東大男子学生は「他大の女は頭が悪い」と思っていそうってことでしょう。ここの部分で何を言いたいのかは僕もよくわかりませんでした。

東大には今でも東大女子実質的に入れず、他大学女子のみに参加を認める男子サークルがあると聞きました。
男子サークルって書き方からして完全に男子悪者にしてるけど他大学女子競争相手を減らすために東大女子を入れないようにしてる可能だってあるだろ。性差別か?お?

↑実情を知らないようですが、そんなことはありません。東大女子が入れないようにしているのは東大男子です。

わたし学生だった半世紀前にも同じようなサークルがありました。それが半世紀後の今日も続いているとは驚きです。この3月東京大学男女共同参画担当理事・副学長名で、女子学生排除は「東大憲章」が唱える平等理念に反すると警告を発しました。

これまであなたたちが過ごしてきた学校は、タテマエ平等社会でした。偏差値競争に男女別はありません。ですが、大学に入る時点ですでに隠れた性差別が始まっています社会に出れば、もっとからさまな性差別が横行しています東京大学もまた、残念ながらその例のひとつです。

学部においておよそ20%の女子学生比率は、大学院になると修士課程で25%、博士課程で30.7%になります。その先、研究職となると、助教女性比率は18.2、准教授11.6、教授職で7.8%と低下します。これは国会議員女性比率より低い数字です。女性学部長・研究科長は15人のうち1人、歴代総長には女性はいません。

↑その原因が東大内の性差別という意味?だったらこんな時代性が交絡するようなデータじゃだめだよね?

↑なぜ?差別とはすなわち時代性でしょう。

↑これを祝辞で喋る意図が明確になるように主張のギャップを埋めて欲しい。

東大オフィシャルな場で東大批判をするのがいいんでしょう。「東大合格おめでとう!東大万歳」なんて祝辞気持ち悪すぎます

女性学のパイオニアとして

こういうことを研究する学問が40年前に生まれました。女性学という学問です。のちにジェンダー研究と呼ばれるようになりました。私が学生だったころ、女性学という学問はこの世にありませんでした。なかったから、作りました女性学は大学の外で生まれて、大学の中に参入しました。4半世紀前、私が東京大学に赴任したとき、私は文学部で3人目の女性教員でした。そして女性学を教壇で教える立場に立ちました。女性学を始めてみたら、世の中は解かれていない謎だらけでした。どうして男は仕事で女は家事、って決まっているの?主婦ってなあに、何する人?ナプキンタンポンがなかった時代には、月経用品は何を使っていたの?
↑これ普通に気になるな

↑確かに

日本の歴史に同性愛はいたの?...誰も調べたことがなかったから、先行研究というものがありません。ですから何をやってもその分野のパイオニア、第1人者になれたのです。今日東京大学では、主婦研究でも、少女マンガ研究でもセクシュアリティ研究でも学位がとれますが、それは私たちが新しい分野に取り組んで、闘ってきたからです。
↑後述の話を先取りするけどお前のは恵まれ環境のおかげじゃなくて努力の成果なのかよ。

↑第1人者を自称しているんですから、そうなんじゃないですか?

そして私を突き動かしてきたのは、あくことな好奇心と、社会の不公正に対する怒りでした。

学問にもベンチャーがあります。衰退していく学問に対して、あたらしく勃興していく学問があります女性学はベンチャーでした。女性学にかぎらず、環境学、情報学障害学などさまざまな新しい分野が生まれました。時代の変化がそれを求めたからです。

変化と多様性に拓かれた大学

言っておきますが、東京大学は変化と多様性に拓かれた大学です。わたしのような者を採用し、この場に立たせたことがその証です。東大には、国立大学初の在日韓国人教授姜尚中さんもいましたし、国立大学初の高卒教授安藤忠雄さんもいました。また盲ろうあ三重障害者である教授福島智さんもいらっしゃいます

あなたたちは選抜されてここに来ました。東大生ひとりあたりにかかる国費負担は年間500万円と言われています。これから4年間すばらしい教育学習環境あなたたちを待っています。そのすばらしさは、ここで教えた経験のある私が請け合います

あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来たはずです。ですが、冒頭で不正入試に触れたとおり、がんばってもそれが公正に報われない社会あなたたちを待っています

↑冒頭で不正がある話したの私立医学部だけだろ。

私立医学部入試不正なんて差別の一例に過ぎないってことでしょう。

そしてがんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。
↑そこ断言するの流石に祝辞としてダメだろ。毒親から逃げて東大来たやついるけどそいつにこれ言えんの?

↑「がんばっただけでは報われなかった。まわりの人や環境感謝しましょう」ということでしょう。こういう趣旨祝辞わりとよく聞きませんか?

あと毒親から逃げてきた人もいるかもしれませんが、ごく少数でしょう。この祝辞最初から最後まで「大多数の」東大生に言及しています

あなたたちが今日「がんばったら報われる」思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。
↑これはまあそういう意見もあるよね。

↑そうですね。

世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、がんばりすぎて心と体をこわしたひと...たちがいます。がんばる前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」とがんばる意欲をくじかれるひとたちもいます
↑だからなんだよ。ここから得られる教訓って何?

↑そういう人たちを助けてやれってことだよ!

あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。恵まれ環境と恵まれ能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください。
↑恵まれない人を助けることに繋がらない学問やっちゃいけないの?ブラックホール撮影しちゃだめ?ニュートリノ観測しちゃだめ?

↑そんなことは言ってないでしょう。ここでは「恵まれない人々を助けるための学問をやれ」ということではなく、どんな(分野に進もうとも)周りにいる恵まれない人々のことを慮る人間になれということです。たとえブラックホールニュートリノ研究しようとも。

そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください。女性学を生んだのはフェミニズムという女性運動ですが、フェミニズムはけっして女も男のようにふるまいたいとか、弱者強者になりたいという思想ではありません。フェミニズム弱者弱者のままで尊重されることを求める思想です。
↑「環境能力に恵まれ東大新入生はそれを恵まれない人々(=弱者)を助けるために使いましょう。」と述べた後で「弱さを認め生きましょう、フェミニズム弱者弱者のまま尊重されることを求めます。」と締めるの、結局東大生に弱者であって欲しいのか弱者を助ける存在であって欲しいのかが見えてこない。弱者を助ける存在もまた弱者で、だから他の弱者に助けてもらいましょう。ということなのかな?全員弱者なら女子受験生の話をした意味は?

東大生には弱者もいるし恵まれ人間もいるということでしょう。またある面では恵まれていても、別のある面では弱者ということでしょう。

↑まずこの このエントリーをはてなブックマークに追加ツイートシェア
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん