「イラスト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: イラストとは

2021-05-09

[] - May 9th, 2021

𝐀𝐧𝐨𝐧𝐲𝐦𝐨𝐮𝐬 𝐍𝐞𝐰𝐬 - 𝐌𝐚𝐲 𝟗𝐭𝐡, 𝟐𝟎𝟐𝟏

ローカルニュースを全国に

𝐀𝐧𝐨𝐧𝐲𝐦𝐨𝐮𝐬 𝐍𝐞𝐰𝐬についてと、バックナンバーこちら→anond:20210507172613

北海道羅臼町発見魚類化石、新種と判明

北海道羅臼町12年前に発見された魚類化石が、専門家調査の結果、これまでの分類に属さない新種の魚であることが判明した。この化石は町内に住む桜井憲二さんが、ポン春苅古丹川で、エゾシカ狩猟中に発見したものだという。発見者の名前にちなみ、『ラウスシカサゴ属 サクライシロカサゴ』と命名された。

羅臼町知床半島東側位置する町で、発見された化石5月17日から羅臼町郷土資料館で展示される予定。同資料館では国定指定文化財指定され、オホーツク文化現代に伝える貴重な出土品260点や、知床自然を伝える模型剥製などの展示を行っている。利用時間は9:00〜18:00で、入館料は無料



    9日午前5時2分頃、和歌山北部位置する湯浅町震度1の揺れを観測する地震があった。この地震による津波心配はないという。

    気象庁によると、この地震マグニチュードは2.3、震源の深さは10kmと推定されている。この地震の規模は、東北地方太平洋沖地震(マグニチュード9.1)の約160億分の1である

    同日1時57分頃には、福島沖でマグニチュード4.4、最大震度1観測する地震が、8日の13時19分頃には、八丈島東方沖でマグニチュード4.7、最大震度1地震観測している。



      ミカンマグロセメントなどの津久見名物デザインしたオリジナル缶バッジ『つくみのシリーズ』が好評だ。種類は全部で11種類で、キャラクター化された可愛らしいイラストが特徴。津久見市四浦の里の駅「つくみマルシェ」に設置されたガチャガチャで購入できる。

      つくみマルシェでは、津久見名産品を売りにした町おこしグッズを数多く取り揃えている。津久見市の主要産業であるセメントイメージした『砂利ソフトクリーム』(税込400円)や、特産品魚介類ミカン使用した食品イルカと触れ合うことができる体験パーク『つくみイルカ島』のグッズなどを販売している。

      なお、つくみマルシェ販売している商品の一部は、津久見市観光協会運営する通販サイト『つくみトドケル』でも手に入れることができる。

        2021-05-08

        []2021年5月7日金曜日増田

        時間記事文字数文字数平均文字数中央値
        001281219495.333
        0169542578.626
        0225246498.646
        03354135118.159
        041478355.942.5
        05235595243.345
        0676392751.744.5
        07108957788.753
        082111414967.135
        092852101473.744
        102852497287.639
        112622312388.342
        122622092779.933
        131971902596.636
        142901930566.632
        154232278853.914
        162692018375.040
        172851986469.733
        182661684863.330
        191861691891.035.5
        201861829498.439
        212121400866.133.5
        2215820053126.940
        231651515891.932
        1日442035072979.435

        本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

        ジェムカン(6), 50歳(177), 瓦そば(4), ポケカ(3), 光学迷彩(5), ァ(179), TRON(6), 二秒(3), GD(4), 漁村(4), 積み上げ(177), 盗撮(178), パ(177), 貧乏人(183), 弱者男性(260), 自助(15), ファミレス(15), なんだろう(193), 気分(186), 強者(65), 弱者(124), 接種(18), 変異(16), どんな(205), オリンピック(44), 偏見(33), id(21)

        頻出トラックバック先 ()内の数字は被トラックバック件数

        弱者男性精神障害者女性サンドバッグにしてきたことについて /20210506234730(59), ■ファミレスとかの料理を「不味い」と言う人に違和感がある /20210506140734(29), ■昔って「死ね」って罵る人って少なかったような気がする /20210506230444(22), ■コラコーラ社の麦茶やかん麦茶」 /20210506194404(16), ■わざわざ外食で金を出してまで食べたくないもの /20210506213736(15), ■ /20210507133257(13), ■俺を論破してみろ! /20210507114739(12), ■「The ○○」で通じるモノ /20210507124019(11), ■LGBTOKロリコンNG理由は何? /20210507112734(11), ■美味い素麺なんか食うんじゃなかった /20210506150621(11), ■弱者男性問題批判すべきは女性フェミニストの他に居るのではないか?という話 /20210506195215(10), ■ /20210507165530(10), ■最近ジャンプ漫画って /20210506172318(9), ■何で日本ITってこうなったの? /20210507200419(8), ■anond20210507112422 /20210507113311(8), ■お一人様はあかんの? /20210507181825(8), ■仏絵師イラストを依頼した /20210507093542(7), ■自ジャンル外来種が来て駆逐されて辛い /20210507145349(7), ■ネットの「サイゼリヤは美味い」みたいな風潮に違和感がある /20210507160248(7), ■anond20210506234730 /20210507164908(7), ■弱者男性ですら納税してるのに女性器様はなんで再分配に協力できないの? /20210507091620(7), ■はてサってもう自由とかそういうのは完全に捨て去ったんだな /20210507174629(7), ■anond20210507004942 /20210507005050(7), ■これからが本当にやばいのでは /20210507193221(7), ■男はAV男優見て気持ち悪くならないの? /20210507122011(7)

        2021-05-07

        救急車搬送される人のイラストいらすとや

        https://www.irasutoya.com/2015/10/blog-post_88.html?m=1

        ちょwwwwwwww

        この救急車、後ろの扉ないしwwwwwwwww

        絵師イラストを依頼した

        イラッとした

        anond:20210507135919

        間をとってあのイラストハゲにするということでどうか?

        anond:20210507163443

        正直ものによると思う。基本的絵師の言い値だけど、一般的顧客発注する制作費だったら、

        ツイッターとかのSNSの小さいアイコンで5000円程度が相場じゃないか

        アイコンものすごく凝りたいって顧客なら3万とか出すだろうけど

        絵師さんによくありがちなんだけど、顧客って絵師さんが3轍して書きました!最高傑作です!みたいな絵が欲しいって人ばかりじゃなくて、

        そのシーンや使う場面にあった適切なイラストが欲しいってことが多いんだよね。フラットだったり、塗りは簡素単一塗が良いとか。

        メインビジュアルかに使う絵とかならそれ相応の完成度が求められるから数十万とか行くと思う。

        anond:20210507093542

        銭湯絵師イラストを依頼した。

        さあ、誰だ?

        三択です!

        絵師イラストを依頼した

        まんだら捨てたものではない絵だった。

        anond:20210507003906

        イラスト的絵はあまり上手ではないが漫画としては上手なので先入観が取っ払えるといいぞ

        2021-05-06

        マンボウの昼寝のイラストいらすとや

        https://www.irasutoya.com/2021/01/blog-post_248.html?m=1

        公開日が2021/01/31

        この時、すでに「まん防」が予言されていたのではないかと思えてしまう。

        まん防が出たら家で昼寝でもしてろってこったな

        仲良しだったフォロワーと私の最後の一カ月(前)

         これからする話は、とあるさなジャンルの小さなカプの字書きである私がいかに身勝手だったかということを伝えるものである

         大多数の人間にとっては、読んでも糧になるものはなく、むしろ不快になるものだろう。

         それでも記事にしようと思ったのは、私の中で未だに蟠った昏い感情ひとつ文章として昇華し、過去出来事として今の自分から切り離し、客観的に見てみたいからだ。

         

         

         P氏と私の出会いは三年前。

         私はそれまで活動していたある大きなジャンルを抜け、小さなジャンルのABというカプで活動を開始した。

         前のジャンルを抜けた理由は、そのジャンル民が望むものが書けなくなって、しか自分がそれにショックを受けていたからというありきたりなものだった。

         二次創作は、当然ながら自分が望むものを作って楽しむのが正しい。けれど、あなたの書く○○が好きだと言われ、しかもそれが結構な人数いたとするなら、自分のためだけに書くのではなく、他人が望むものを書きがちになる。承認欲求というやつだ。

         当時の私は、自分の望むものではなく、他人が望む作品を作り出すことに腐心していた。厄介なことに、それが楽しいと思っていたのだ。

         しかしある日、私ははたと我に返った。

         自分のためにではなく、他人のために二次創作をしているということに気づいた私は、そのジャンルを去ることにした。

         

         そうして辿り着いたABで小説を書き始め、私は驚いた。

         文字が次々と紡がれていくのだ。

         私はあっという間に小説を書き上げて、某サイト投稿した。ツイッターも始め、このカプのここが好きだということを、誰のためにでもなく、私のために呟き続けた。

         それからは、毎日が楽しかった。

         千人近くいた前のジャンルアカウントに対し、今のアカウントフォロワーゼロ。私の呟きなんて、誰も見ていないから当然いいねもつかない。

         それでも楽しくて、私は呟きを量産し、小説を書き続けた。

         三年前の、四月の終わりのことだった。

         

         フォロワーゼロと言ったが、そもそもABの活動人数は少ない。

         活動を始めたばかりの私がフォローしたのは四人くらいだった。その内の一人がP氏だ。

         P氏はすぐにフォロバしてくれた。

         お互いに挨拶をすることもなく、話しかけることもない。いるけどいない、という関係だった。

         私自身、あまり積極的に絡みに行くタイプではなかったので、何人かの相互さんと話したこともなく、黙々と壁を打つ日々だった。

         相互になって二か月ほどした頃だろうか。P氏が私にリプを送ってくれた。私はABで初めて、同ジャンル人間としゃべった。

         嬉しかったが、それだけ。

         今から思えば、初めてリプをくれたのがよりにもよってあの呟きだったのはP氏の性癖が相当ヤバイことを示していると思うが、それはまあ別にいいだろう。

         初めてリプを貰ってから、P氏と私は一カ月に一度の頻度でやり取りをするようになった。

         どちらかが作品を上げると「素敵です」と言い、それに対して「ありがとうございます」と返す。それくらいだった。

         

         彼女と急激に仲良くなったのは、はじめてリプを貰ってから一年と少し経った頃だった。

         その時の彼女と私は、同じような人間関係問題で、同じように悩んでいた。

         その頃の私は人間関係に疲れて、殆ど誰とも繋がっていなかった。

         フォロワーはP氏だけ。正直、ABで活動を続けていくことに限界を感じていた。

         ただ、まだ書き続けていたいという気持ちもあった。

         私は彼女しか見ていないTLに、ABの小説投稿し続けていた。

         

         P氏初めて通話をしたのもその時だ。

         その時に私は、彼女二次創作で仲良くなったフォロワーとどう付き合いたいのかを教えてもらった。彼女は「同じ熱量の人と狂っていたい」と言った。私も同じだ、と嬉しくなったことを覚えている。

         二次創作をしていると付き物になるのが、熱量問題だ。

         なにが問題なのかというと、熱量主観的ものだということだ。

         ある人の、あるジャンルに対する熱量を、客観的に計る方法はない。本人が冷めたと言えばそうだし、冷めていないと言えば冷めていない。

         ここまでは、誰もが共通認識として持っていることだろう。

         P氏も、私も、そう思っている。

         ただ、私は、その先も考えていた。

         ジャンルに対する熱量主観しか計れない。決して、他人には伝わらない。他人に伝えるには、行動として示さなければならない。こうした時に言葉で伝えるのは逆効果であること私は思っていた。

         たとえば、あるカプについて毎日十以上の呟きをしていた人がいるとしよう。その人はある日別のジャンルにハマって、別ジャンルについて呟くばかりになって、あるカプについては殆どさなくなった。あるカプの絵や小説がTLに流れてきても反応しなくなった。以前なら、必ずその作者に感想を送り、フォロワーにその作品が素晴らしいからとプレゼンしていたのに、そうした反応を一切しなくなった。その人が唐突に「最近○○についてばかり呟いているけど、元のジャンルの熱は冷めてない。今でも大好き」と言ったとして、残念ながら私はそれを信じることができない。

         完全に冷めてはないのだろう。新しくハマったジャンルの刺激が強くて、元のジャンルへの反応ができなくなっただけだろう。ただそれは、見方を変えれば、「冷めた」ことにならないだろうか。少なくとも、以前と同じように反応ができなくなったということは、そこに割く労力を減らしたことに違いはない。

         

         別ジャンルにはまることも、そこに熱量を注いだ結果元ジャンルへの熱が冷めるのも、悪い事ではない。

         何を好きになるのかは、その人の自由だ。

         ただ私が、「冷めていない。今でも大好きだ」という言葉が出た時点で、その人はもう元のジャンルにこれまでと同じだけの熱量を注いでいないと思うようにしているだけだ。

         本当に元のジャンルにも今までと同じだけの熱量を注いでいるなら、わざわざ言葉にしなくていいはずだ。

         言葉にして、「冷めてないよ。だからこれからも仲良くしてね」と友情を乞うているような姿に、私は何とも言えない嫌悪感を覚えてしまう。

         あくまでも私がそう思うだけだということは、言うまでもない。

         人の考え方は人それぞれだ。だからこれは、私がこう考えたというだけの話であることを改めて記しておく。

         

         話を戻そう。

         P氏は私にこうも言った。

         

        「別ジャンルにはまっても、そのジャンルで狂ってる君を見てたら私は楽しい

         

         使い古されたフォロワーへの言葉だった。

         ジャンル移動しても友達でいようね、と彼女は私に言った。

         別ジャンルに嵌って、別アカウントを作ってしまうと元々のアカウントフォロワーと疎遠になるのはよくある話だ。チェックするTLが二倍になるのだから当たり前だ。そして先述の通り、新しくハマったジャンルの方に熱量を注ぎがちになるのも明白。結果として、元のジャンル作品や元のジャンルで出来た知り合いの呟きへの反応は鈍くなり、その後ろめたさからアカウントを消すという人もいるだろう。

         彼女は私にそうなって欲しくないと言いたいのだろう。別ジャンルにはまっても、同じアカウント活動して欲しい、あるいは、別アカウントを教えて欲しい。たぶん、そういうことだと私は考えた。

         それで合っているかどうかは正直わからない。

         ただ私は、彼女言葉から彼女が望んでいることをできるだけ汲み取り、そうあるようにした。

         

         その頃は、多分、上手くいっていたと思う。

         彼女と私は毎日十や二十のやり取りをして、時々通話して、ABについてああだこうだと話していた。

         傍から見れば異常だったのだろう。言われるまでもなく、当時のP氏と私の関係は、正しく「傷の舐め合い」だった。

         それでも私たち毎日は楽しかった。

         少なくとも、私は楽しかった。今思い出しても、思わず頬が緩んでしまう。

         

         そうしている間に、秋が来た。

         最初通話から一年弱経った頃、私は別ジャンルにはまった。

         彼女しか見ていないTLで「○○にはまった」と呟き。ABと一緒に新しいジャンルについて呟くようになった。

         そのジャンル用のアカウントを作ったが、稼働させるのはすぐにやめた。

         新しいアカウント活動を始めると、熱量分散されることを私は知っていた。だから、元のアカウントで新しいジャンルイラストをリツーイトしたりしていた。P氏は私が新しくハマったカプについても「私は絶対まらないけど」と言いつつも好意的だった。私が新しいジャンルに狂っている姿を見て楽しいと、初めて通話した時に言っていた台詞を繰り返していた。

         

         彼女の様子が変わったと感じたのは、年が明けた頃。

         彼女はしばしば、創作モチベーションが上がらないと呟いていた。

         例のウイルスの件もあり、イベントは軒並み中止。ジャンル民の創作活動も下火になっていた。

         元々小さな規模のABというカプで、この一年コンスタント作品を上げていたのは、P氏と私だけ。

         その私も、昨年秋から色々とあり創作頻度は下がっていた。

         小説毎日書かないと感覚を忘れてしまう。私の執筆スピードは目に見えて遅くなり、大量の文章を、人様に見せられるほどの完成度に仕上げられなくなっていた。

         それがストレススランプに陥り、さら創作頻度が下がっていることを自覚していたから、呟きは多くするようにしていた。

         私がスランプに陥っている間、彼女はABの作品が増えないことに寂しさを募らせていたようだった。私は自分の不甲斐なさを痛感しながらも、スランプから仕方がないと自分を励ましていた。

         なんとか創作に集中できる環境を作りたいと四苦八苦していたが、そうこうしている間に彼女の方に変化があった。

         毎日二十近くやり取りをしていた彼女は、私の呟きにリプを飛ばさなくなり、彼女自身が呟くこともがくりと減った。

         私は彼女の行動に覚えがあった。

         彼女は、別のジャンルにはまったのだろうと思った。

         彼女はとにかく呟くタイプ人間だ。呟くことで、日々のストレスを軽減しているのだろう。だから、ここで呟いていないのなら、どこか、別の所で呟いているのだろう。そこで呟いているから、こちらで呟くことがなくなった。多分、そういうことだろうと私は考えた。

         少しだけ、私の心に靄がかかった。

         

        「別ジャンルにはまっても、そのジャンルで狂ってる君を見てたら私は楽しい

         

         かつて彼女は私にこう言った。

         別ジャンルにはまって愉しそうにしている姿をみせてくれと言っていた彼女は、しかし、別ジャンルにはまって楽しそうにしている姿を、私に見せてはくれなかったのだ。

         

         春の訪れと共に、P氏と私の最後の一カ月が始まった。

        絵師イラストを依頼した

        https://anond.hatelabo.jp/20210202143005

        こんな成り行き(自分感想を送りつけたら神絵師は喜んでくれた)でMDで神絵師(以下先方)とやりとりをしてたんだけど、コロナイベント潰れて金が浮いたからいっそ神絵師性癖ドストライクのイラストを描いてもらおうと思って依頼した。ソシャゲ諭吉溶かすより同じ金で推し絵師イラスト描いてもらった方が幸せってどこかで見たツイート背中を押した。少し課金我慢する。

        先方は個人依頼を受け付けてたのでDMしたら割とあっさり了承してくれた。顔も名前も知らない相手の突然の依頼をよく承諾したなと割と失礼な雑感を抱いた。人が良すぎる神絵師……。で、希望キャラと構図とテイストを教えてほしいと言われた。正直なんでもよかった(その方がサプライズ感あっていいじゃん)けど「なんでもいい」って一番やりにくくない?と思ったから、構図(キャラポーズというべきか)はグッときトレス用の素材を送って、テイストは語彙が足りなくて説明できなかったから神絵師過去絵を添付し「こんな雰囲気がいいです」と添えておいた。金額や支払いのタイミングなどを確認しつつ依頼完了。絵が完成するのを待つ。

        しばらくしたら性癖ドストライクな絵が完成した。すごい! びっくりした! 絵が上手い!! こんな絵を本能が求めていた!!!!!!! 課金我慢してよかった!!! 興奮を抑えつつ先方の口座を伺ってお金を振り込んでおく。ちなみにだけど金の話は依頼した側から切り出すとスムーズな気がする。大切なのはお金を払わせてください」のマインド。これがあれば問題ないと思う。

        ○ここがよかった依頼のイラスト

        性癖ドンピシャイラストを入手できる

         元気になれる

        合法的推している人間の口座に金を振り込むことができる

         オタクの夢だと思う。パトロンになりたい。5000兆円欲しい。で、推してる人間の口座に全額突っ込みたい

        ○ここが難点依頼のイラスト

        ・人様に性癖を開示する必要がある

         これがかなり恥ずかしかった。依頼した絵は指定ついてないけどこんな構図やら雰囲気が好きなんだなと自分性癖に向き合う必要もあった。露出狂ってこんな気分なんだろうか……

        (総括)

        また依頼したい

        anond:20210506174116

        いやオタクオタクSNSイラストアップしたりするのを承認欲求〜と揶揄するみたいなノリはあるわけで、嫌なのは人間なんやで。

        anond:20210506172619

        自炊した写真載っけてるって言っただけで「承認欲求〜w」みたいな煽り方されたわ

        例えばツイッター趣味イラスト載せてる人にはそれ言わないんだろうな

        生きにくい事を自覚しているある腐女子の話

        人に見せようと言うよりも、自分愚痴を吐き出すために書いています自分理不尽なことを承知の上でこれを書いているので気にしないでください。書いてもなんも解決はしない。

        後書き殴っているだけなので文章が非常に読みにくいです。読みにくいなら読まなくていいし、それを感想に書いてもらっても困るだけなのでそっとブラウザを閉じてください。

        端的にまとめると、今いるジャンル総受けばっかりで苦しいって話です。おしまい

        私は総受けと男をママと呼ぶ腐女子が大嫌いだ。

        私の今いるジャンルは、マイナーマイナー人口がほぼ居ない地底のジャンルである。その中でも総受けと言う割合は多くを占めており、私がこの界隈に来た時に『これは総受け嫌いと言う事がもしかすると異端なのかもしれない』と違和感を感じたくらいのレベル総受けしかない。一昔前の主人公総受けジャンルが某大手投稿サイト小説ランキングを独占していた時代のまま時が止まっているみたいな感じ。周りの関係者全員棒ですか?レベル総受けっぷりにドン引きしてそれ関連は怖すぎて触ってないレベル

        そして基本が鍵垢の活動で、フォローリクエストの際にも活動開始直後は総受けでもミューワードにして目を瞑ればいいかと思って承認していたもののそれ以上に『なんでこっちにフォロリク送ってきた?』案件が増えてきて一時期ちょっと混乱していた。

        なぜなら私の推しカプはその総受けにかすりもしないマイナーから

        私の推しカプは、新キャラ同士のカップリング(と言う表現が1番近い)で、今の今まで生産している人がほぼ誰もいない状態だった。地底なので、生産者がほぼゼロと言うことは覚悟していたものの思った以上に無くて今まで大手ジャンルしかハマってこなかった私は大きなカルチャーショックを受けた。これは今このジャンルの人に私の推しカプの存在認知させる事から始まるんだなと思って俄然やる気が出たのは間違いないし、個人としてもジャンルに来て約1年、その謎の熱意で画力文章力は大幅に向上したと思っている。結果、固定厨を増やすことに成功したし、雑食を自称するフォロワープロフィール推しカプの名前を追加することも出来た。やったね。

        その上で個人的にずっと思っていたのは、『なんでかすりもしない総受け推し人間がこっちにフォローリクエストを送ってきたのか?』と言う問題であった。特段私の描いている推しカプにいいねもしてこないのに、たまのたまに描く総受けちゃん(笑)イラストにだけいいねしてくる人。

        あの、帰ってもらっていいですか?

        私は私の解釈を持って人を自分解釈で殴ることが趣味なので興味無いんだったら今すぐブロ解して貰いたいんですけど……何?謎におだてられてもあなた総受けジャンル、描くつもりないんで…

        と言うかまずその総受け特定相手がいますよね?無視してません?と言うかママって何?てかこんなやつばっかなのこのジャンル普通にヤバくない?これ私の方がおかしい感じ?

        あ~~~~~~~~~~推しカプ増えねーかな~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

        増えねーんだよな~~~~~~~~~~~~~~~

        おしまい

        ゴム猿」という言葉を耳にした。

         地方各地のショッピングモールでは、期間限定ジャンプショップ巡回していて、ジャンプの人気連載漫画キャラグッズを販売している。

         モール内の売り場スペースの入場口・出場口には、鬼滅の刃の巨大なタペストリーが掲げられている。ショッピングモール入り口には、呪術廻戦の登場人物たちの等身大パネルが設置されている。タペストリーパネルの前では自撮り記念撮影している人たちが絶えない。傍から見ていても、ヒットしている人気作品凄さを感じる。

         地方だと「あのジャンプショップが某ショッピングモールに来た!」みたいな感じでテレビCMまで流している。そのテレビCM画面には、ジャンプ漫画主人公たちが全員集合したイラストが映る。

         それと同じイラスト広告ショッピングモール入り口掲示板に貼られて、ショッピングモールの来訪者に「何階の何々スペースでジャンプショップ開催中!」と知らせている。

         呪術廻戦の等身大パネルとの自撮りも終えて、これから帰るところと思われる若い女性の二人組が、モール入口掲示板に貼られたイラスト広告を見ながら言っていた。

         「何でゴム猿がセンターなん?」

         一瞬、何を言っているのかと思ったが、どうやらONE PIECE主人公が全員集合イラスト最前列の真ん中にいることを指して言ったらしいと察した。

         ジャニーズカウントダウンコンサートワンマンショーをやり始めた近藤真彦も、会場のジャニーズファンから同じようなことを言われていたんだろうな。

        2021-05-05

        anond:20210505111117

        絵本買っておいて「この書籍無駄イラストが多くて本文が少ない」ってクレーム入れる人ですね?

        女の自分が見て、これ男性差別では?と思うこと

        ・そこら辺にある家族イラストとかで、ママと子供が楽しそうだけどパパは荷物持ったりして汗かいてる、みたいなの

         →パパ一人だけ大変な思いをして当然、みたいな前提を感じていい気がしない

        キモい人などを揶揄して「○○おじさん」と呼ぶ

         →そもそも困った行動を問題にするのじゃなく人物揶揄して話題にするのがどうかと思うが、

          「おじさん」という単語揶揄意味を乗せるのは「おばさん」を揶揄するのと同じくらい良くないと思う

        そもそもおっさん」が蔑称

         →中年男性差別だと思う

        童貞イジリとか未婚者の人格否定みたいなの

         →ダメでしょこれは

        ・「男のくせに」「男ならこうしろ」みたいなの

         →これもダメでしょ

        ネットで見かけるオスとか何とかい罵倒

         →論外

        女性なら貧乏旅行でもある程度ちゃんとした宿を取らなきゃいけないけど、男性は最悪野宿でもOKみたいなの

         →これは男女どっちの差別ちょっと悩むけど、男だって野宿したら強盗とか遭いやすくて危ないよねきっと?

        ・女に手を上げる男は最低!みたいなの

         →男にだって上げちゃいかんし、女が男に手を上げるのだってダメ

        離婚したとき親権が取りづらい?

         →これは自分経験してないしよく分からない… でも男だから育てられないはず、女だから育てられるはず、という先入観は良くないよね

        保育園とかPTA父親が肩身狭い

         →よくないけど、こういうの出席する男性が増えてきたら自然とこれは無くなりそう

         

        あと、外国の人が日本で色んな体験をしてみた、みたいなエッセイ漫画で、婚活の場で男性だけ年収を書かされる(女性趣味とかを書く?)のは凄い差別だって作者の人が言ってた。婚活したこといから知らないけど、それはそうだよな、と思った。ちなみにその作者も女性ね。

        まあこうやって考えてはみたけど、やっぱり当事者じゃないと見えないことが多そうだなと思った。

        2021-05-04

        ゲーセンとprojectDIVA

        最近プロセカが流行っているからなんとなくアーケードDIVAゲーセンついての覚え書き。

        私はprojectDIVAが好きだ。それこそガチ勢とされる方々にはまったく並べるものでは無いが、長い間ほどほどに楽しんできた。ライトユーザーである。そしてその記憶にはゲーセン記憶が色濃く残っている。私が初めてDIVAアーケード遊んだのはおそらく8年ほど前で、まだ毎月のように楽曲が増えていた時代だった。200円で1曲保証プレイできるという今思うと訳の分からない価格設定である現在ちゃんと100円で2曲できる。

        ある時期、初めてプレイしたのとは別のゲーセン家族の影響でよく行くようになった。そこは音ゲーが沢山ある場所だった。そして1つちょっとおかしな所があった。そのゲーセンには確実に店長趣味とかであろう、DIVAのコーナーがでかでかとあったのだ。ほかの音ゲーより思い入れが確実に違う。なんかスペースがでかい。2つのDIVA筐体と机と椅子。それだけだと普通場所と変わらないが、衝立で区切られたそのスペースの入り口付近にはでかいクリアケースが置かれていた。自分身長より高いその2段のクリアケースの中にはボーカロイド関連のフィギア(主に初音ミク)が敷き詰められており、一種の展示場のようになっていた。そして机の上には色鉛筆消しゴムなどの筆記用具、ゲーム内で撮影したフォトを保管するファイルコミュニケーションノートが置かれていた。コミュニケーションノートって廃れた文化なのではないのかと思ったが、そこには当たり前のように置かれていた。東京とかそういう場所ではよくある光景なのかもしれないが、ここはまぁまぁの田舎であるスーパーの中のゲーセンが主流なこの地では、そこはとても異質で、魅力的に映った。

        私は2週間に1回くらいのペースで土日の昼頃にゲーセンに通った。学生なのであまりお金も無かった。DIVAを数回楽しんで、終わったあとに内容が増えている交流ノートを眺めて色んな人が訪れているんだなぁと感動していた。上手い絵を描いている人に触発されて、下手くそながらイラストを残してみたり。遊んでいるよりノートを見ている時間の方が長かったかもしれない。こういうのオタクはみんな好きでしょ。しかし書き込んでいる人は確かに居るのに、1回も会ったことは無かった。なんでだろうと読み返してみると、会社帰りに遊びに来た、とか平日休みで1日中遊んだ、などと書かれており、大人の人が多いのだと納得した。

        交流会なんかもあったらしい。私は参加するまでの勇気は無く、何日何時にありますという貼り紙を見て、どんな感じなんだろうと想像を膨らませていた。交流会のあった次の日に訪れてみると、机の上には参加者が持ち寄ったお土産が残っていたりして、それを食べながらノートを書いたりしていた。


        DIVAアーケード最近廃れている、と思う。最近でもなく、2,3年前からかもしれない。なんでまだ生きているのか謎に思うことがよくある(大好きだったビーストが消えてしまったように)。運営している会社元が倒産したり、DIVAnetが終了したりしても、何故かまだ生きている。楽曲追加ももうどれだけされていないのだろう。DIVAが他の音ゲーと違うところはやはり、"ボーカロイド"がメインなところにあると思う。キャラがメインなのである。何百種類のモジュールや凝ったMVはまぁ他の音ゲーではまず見ない。そもそも一緒のジャンルだと考えるのがおかしいのかもしれないけど。パンピーはきっとやらないだろう。目にも入らないかもしれない。私のようなボカロオタクしかやらないものからオタクが減れば同様に廃れる、と思っていた。しかし、最近プロセカがとても人気である。こんなに人気が出るとは思っていなかった。どうやらボカロをあまり知らない人が、プロセカを通してボカロ楽曲を知る、事例が結構あるらしい。プロセカの楽曲は、当たり前だけどDIVAと同じものが沢山ある(最近激唱が追加されて少し小躍りした)。そしてそれぞれのセカイにクリプトンの6人がちゃんといる。今まであまり注目されてこなかったMEIKOKAITO知名度をあげたのではなかろうか。プロセカをプレイしている人達が、ゲーセン内でDIVAから流れる楽曲に、キャラクターに、あっとなって遊んでみたりとかはしないだろうか。プロセカとコラボなどしたら、確実に新規層の獲得ができると思う。まぁ運営がどうなっているのかよく分からないのでなんとも言えない。

        私は今でもゲーセンDIVAをやっている。たまにだけれど。そのゲーセンも、DIVAのスペースは少し小さくなったが、録画台をどの音ゲーより最初に取り入れ、ゲーセン入口に設置されたテレビにはDIVAデモ映像永遠に映し出されているという安定の贔屓っぷりを発揮している。コミュニケーションノートは流石にもうなくなった。

        廃れまくったDIVAだけれど、愛している人はまだいるので、細々とでも続いてくれれば良いなと思う。

        2021-05-03

        日本画って初心者にはハードルが高い

        なんの知識経験のない素人日本画に手を出そうとすると、古来より連綿と受け継がれてきた天然の鉱石を粉末状に砕いた顔料を買いそろえないといけないところでまずめんどくさいと思う

        水干絵具を乳鉢で溶いたり、絵皿の上で膠液を練り混ぜるのも面倒くさい

        日本画調絵具という角皿に入れられた固形の絵の具なら手軽に使える

        日本画に使える和紙は高いだろうし、筆も洋画を書くような筆じゃなくて日本画用の絵筆があるし、もちろん日本画用の絵筆を買いそろえるのも面倒くさい。通販は良し悪しがわからないし

        通常の絵画用の筆なら身近な場所簡単に手に入るのに

        本格的な日本画について調べれば調べるほどなんの知識もない経験のない素人にはハードルが高いと感じる

        日本画教室というものがあればいいけれどそんなものは近所で見たことはない

        定年退職して暇な老人なら、それなりに時間お金をかけて本格的に始めてもいいかと思えるけど

        働き盛りの社会人はあまり余裕がなく美大レベル日本画制作お金時間なんてかけられないのである

        そうやって、若い人は普通のポップなイラスト制作水彩画デジタル画に流れてゆく

        日本画は美しい。素晴らしい。

        しかし、一般人にとって日本画を始めるにはハードルが高過ぎ。長い伝統を持つ日本画技法を受け継げるのは美大生か暇な高齢者くらいのものだろう

        エロ絵師たちの理性とウマ娘

        ウマ娘、相当人気になっていますね。

        全くソシャゲアニメに興味がないものエロ絵だけは好きで絵師たちをフォローして見ている私のような猿でも、ウマ娘センシティブ二次創作はいけない という界隈のルールは知っている。

        …のだが、エロ絵師たちの様子がここのところかなりおかしく感じる。

        先日、Twitter馬主の方が分からないままエロ絵を描いていいのかという質問に対しOKしてしまったという騒動があった。

        ウマ娘関連をフォローしていないが、ウマ娘にハマっているエロ絵師がそれをRTしていたので騒動最初から最後までを偶然見てしまった。

        例の馬主OKという旨の個人へのリプライと、それに対する別のアカウントの「お許しが出たぞ」といった旨の嬉しそうな反応。一つや二つじゃない。

        そういえばこの絵師RTいいねで、たびたびウマ娘エロ我慢しているんだろうなというツイートをちらほら見かけていた。

        馬主一時的許可をし、光の速さで撤回されていたが、

        あの時のあそこの界隈のざわつきは酷かった。

        こいつ、今「良い」って言ったよな!?言ったからな!?

        と、はい言質取りました〜と言わんばかりの盛り上がり。

        撤回された後の、

        馬主個人迷惑をかけてしまった…という反省は一切無しの「ちえっ、やっぱだめなのかよ」という反応が大量にTLに流れ込んできた。(これはフォローしている人のいいねを表示するシステムの為だ)

        いや、わざわざウマ娘でそんなにエロ描きたいか

        センシティブ創作二次創作全般の話をするつもりは一切ない。(別のところで議論されてるはず。)

        ただ、先にダメだって言われてるコンテンツに、性欲をもりもり背負い込んで足を踏み入れるって、どういうこと?

        理解ができない。

        流れてくる絵師いいねの中に、上半身裸で乳首をいじられて淫語を言わされているウマ娘イラスト今日流れてきた。

        分からんダメって言われてるのにハマりに行き、やっぱりダメって騒動最近もあったのにも関わらず描く神経が分からん

        なんでわざわざウマ娘なの?

        友人がジャンルを移ったオタクの話

        別に相手非難するわけでもなんでもなくただ吐き出したかったので書いてます

        身バレをしたくはないので、少しぼかしながら書きます

        私の最推しマイナージャンルだ。ソシャゲのように毎月新しいイラストストーリーバンバン投下されるわけでもなく、数行ほどのコメントが追加される程度のコンテンツ公式ツイートですら、3桁いくといい方だ。

        当然付いているオタクは少なく、相互でなくともこのジャンルにいる人達は大体顔見知りか、フォロワーフォロワー、みたいなレベルの規模のジャンル。そんな界隈で私はコスプレイヤーとして活動している。

        公式更新が少なくても、いやむしろ少ないおかげで自分達が想像できる余地は多く、二次創作自由度が高いジャンルだとすら思っていたし、界隈では更新のたびにワイワイ盛り上がってるので、これはこれで居心地が良くて、私はそんな自ジャンルが今でも大好きだ。

        そんなジャンルに、私は友人と共にどっぷりハマっていた。彼女とは最推しカップリングこそ別々だったが、お互いの推しキャラへの理解はあったし、こんなマイナージャンルともなるともはや全員愛しくて箱推し状態だったので、当時は毎週のように一緒にコスプレをしていた。同じくらいの情熱を注いで存分に萌え語りをしたし、毎日狂ったように作品に愛を注いでいた。業者製の衣装なんてもちろんないので全部自作していた。推しに限らずジャンル内のマイナーキャラまで色んなコスプレをした。周りから見ても明らかにニコイチだっただろう。もはや私達は他の人との予定はほぼ入れてなかった。時には辛いなと思うことすらあるくらい予定を詰め込みまくって毎週二人でコスプレをしていた。死ぬほど充実していた。彼女は私にとってこれ以上ないほど最高のパートナーだった。でも、そうこうしている間にコロナ自粛期間が始まり、私達はやむを得ず活動を停止した。

        最初の頃はリモ飲みとかもしていたが、それもすぐに飽きた。ジャンルへの想いは冷めてなかったが、会う機会はほぼなくなり、コミュニケーションを取るのはツイッター上が殆どになっていった。

        そしてある日、彼女は別の友人に布教されてとある某有名ソシャゲジャンルにどハマりした。

        それはもう見事なハマりっぷりで、当時自ジャンルに注いでた情熱をそのまま某有名ソシャゲに注ぎ出した。宅コスで初出ししている写メがあがり、衣装を作っているツイートも上がるようになった。彼女推しカプは、ハマってない私でも知ってるくらい人気のカプだった。毎日そのソシャゲ二次創作絵がバンバンリツイートされるようになった。まさに水を得た魚である

        気持ちはわかる。

        今までのジャンルと、供給の量とスピード、周りの賑わい、共感できる人の数、全てにおいて比べ物にならなかったんだろう。そりゃ私も同じ立場だったら楽し過ぎて毎日赤飯炊いて踊り狂ってしまうと思う。

        かく言う私は、これまで2人でずっと一緒に活動していただけに寂しい気持ちもあったが、何にハマるのも彼女自由だし、こればっかりは仕方のないこと…、そう思って草葉の陰から見守っていた。

        ある時、自ジャンル更新があって私や他の友人達ツイッターで盛り上がっていた時、ツイッター上に浮上していたにも関わらず、会話に加わることのない彼女を見て、私はとてつもない喪失感に襲われた。彼女は完全にジャンルを移ってしまったのだ。片足突っ込むとかではなく、完全に抜けてしまった。そう思った瞬間だった。でも、何度も言うようにこれは私が強制できるものでもないし、気持ちが冷めてしまったものに無理に反応することほど辛いことはないのだ。

        人気ジャンルレイヤーもたくさんいるだろうから併せの人にも困らなそうだ。繋がりたいタグでもやればすぐにフォロワーも増えるだろう。そう思うと彼女が羨ましくもあった。

        幸か不幸か、緊急事態宣言のせいでコスプレをする機会がないので、今はそんなに気にならないが、今後また再開しようと思っても私は完全に一人になってしまった。こんなドマイナージャンルに今から同じテンションコスプレに付き合ってくれる稀有存在が現れるとは到底思えない。

        作品は知らずとも撮影してくれるカメラマンさんはいるかもしれないけれど、もう彼女と併せをすることはないのだと思うと私は本当に悲しいし寂しい。

        でもそんなことを彼女に言っても困らせるだけだし、言われて戻ってこられてもそれは彼女の本意ではないだろうし、メンヘラになりたいわけでもないので言わない。むしろもう作品を追いかけていない彼女に無理やりコスプレさせるのは申し訳ないし、こっちもなんだか虚しい。自発的に好きだからやりたいと思ってもらいたいんだよ。もう無理なんだが。

        なんなら、これは私の被害妄想かもしれないが、私が自ジャンルの話で盛り上がっていると、彼女投稿を控えているようにすら感じる時がある。居づらいのかな?と思うが、それに私が配慮して呟くのをやめるのもまた変な話だと思うので、これに関しては私はスタンスは変えていない。たまたまなのかもしれないし、私が気にしすぎなのかもしれないが。

        ジャンルに移ったことを恨んだりはしていないし、それはそれで彼女人生なので、いっそ思う存分ツイッターでも萌え語りして、バンバンコスプレ写真もあげたらいいと思う。その方が変に気を遣われてなくていい。むしろそれはそれでいいと思うし、彼女と縁を切りたいと思っているわけではない。

        そりゃもちろん本音を言えば、彼女に対して未練タラタラなので昔みたいにまた戻ってきて欲しい。でも、作品に対して全力で向き合うタイプの何一つ取りこぼしたくない系のオタクに、このブランクを埋めるのはもう無理だ。一度違えてしまった道はもう交わらないだろう。

        私は大事な友人を失った。正確には失っていないし彼女は引き続き私の大切な友達の一人だけど、もうあの頃の関係には戻れないんだろう。でも誰も悪くない。誰かが何か間違えたわけでもない。だから余計に悲しくて切なくて、あの頃が恋しくて仕方ない。

        2021-05-02

        遊戯王カードって何でイラストカードデザインがしょぼいの?

        ラッシュデュエルではない従来のOCGはイラストアドが低く、大味でつまらない。魔法トラップカードはそこそこいいのがあるけど、なぜか主役であるモンスターカードイラストはどれも酷い。



        そうでない例はいっぱいある。意外と遊戯王カード名に拘っているところはあって、ちゃん世界観マッチさせようとしている節は読み取れる。『海造賊』はそんな感じがする。

        ただしそうでないものメチャクチャ多い。というか良い例がわずしかない。遊戯王フレーバーテキストが通常モンスターしかないためかストーリーラインVジャンプアニメの方で説明する傾向にある。よってカード結構無味乾燥している。例外的魔法・罠カードにはイラスト的なフレーバー要素が多く、そのカテゴリー物語魔法・罠イラストをみるとなんとなくわかることがある。ちょっと例外的にシャードールなどのように世界観先行なものモンスターイラストにも反映されているが、そういう目につくもの以外はイラストに力がないと思う。

        人気があるのは昔ながらの青眼の白竜のようなものだし、それもホログラフィックをつけたりちょっとイラスト修正しているだけ。MtGのように大胆に日本画風のイラストと枠に変更する特別バージョンにするとか、そういう取り組みは全くしない。そういうのをみると遊戯王の購買層ってのはイラストになんの価値観も抱いていないんだろうな、単に株券しか見えていないんだろうな、と思う。

        ラッシュデュエルがまるでデュエマのようなのは、従来のOCGが限界に達していることを制作側も理解しているからだろう。

        2021-05-01

        anond:20210430131931

        あのね、さっきもちょろっと書いたんだけど、そもそも推し文化とか萌え語りとかそもそも腐女子女子オタクのもんなの。で、オタクの中心地になってしまったツイッターのメイン層は主婦を始めとした女オタク(どこで統計とるかによるだろうけど、バズワードで腐ったものドルオタが多いのは言うまでもなく女の勢力が強いせいです)。であり、ツイッター=女の社交場になっちゃってんのね。だからそこのオタクのメイン層が萌え語りなんて女っぽい物になるのは必定で、男オタクは潜んであいつの絵がうまいだの下手だの、この物語深読みはどうだとか言ってます。だたそういう層は女文化化したツイッターでは「重たい」存在しかなく。そういう奴らは「重い」「気持ち悪い」などという言葉でバッサリ四捨五入される。そういうことです。

        5chを引き合いに出せば、むかしのPixivスレのような場末感あふれるさいとうなおきスレなどは、滅んだかと思われるイラストの腕前だけが大事人達が集まるおかしな(いろいろな意味で)場所だったりします。逆に同人ノウハウ板などでは「ツイッターと同じような」ABカプがどうの、萌語りがどうの、解釈だどうのという、心底どうだっていい話が延々と繰り広げられており、完全に同人界隈が女の持ち物化していることが伺えます愚痴スレ悩みですら地雷カプのことですから病気と言ってもいいでしょう。5chはツイッターのような全体性がなくクラスタごとに分かれますので、人種が男女別であることがより鮮明に映し出されます。男オタク萌え語りしてるやつなんてまるでいません。そんなこと四六時中やってるのは女オタクだけです。

        追記

        オタクは従来型あるいはアーキタイプ的なオタクにすげ変わる形で、あるいは忌避する形でじわりと侵食してゆきました。コミュニケーションはもともと女の得意とするところですし、コミュニケーションの取れない女は男より深刻に阻害されますコミュニケーション馴れ合いは女の本能と言ってもいい。故に緩やかなつながりが可能だったツイッターは次第に交流するやつか神以外は村八分、というギスギコミュニティへと変化していったものと思われます。かかる女の方たちは何かを極める姿勢を嫌いますし、裏付けや細やかさを鬱陶しいものとして認識します。はてなの重箱の隅的な姿勢など彼女たちには鬱陶しい以外の何物でもないでしょう。軽く消費して軽く捨てされるものを選び、自らよりも刹那的対象(例えばBL)にこころを預けて自分をどこかに放置してしまます。その試みはまるで、自分アイデンティティ他人に放り投げて依存してしまうようにすら受け取れます。そうした人達が作るコミュニティ共依存的になるのは当然ですし、あの人達自分に対する愛や、リアルに対する愛を幻想に向けて全力放出することで逆説的に自我を保ってるだけのように思えます

        ichigocage すごい偏見を見た。

        実例事実をあげてるだけですが?

        バズワードの大半を女オタクジャニオタが占める現実をどう弁解するおつもりで?

        nost0nost 自分の半径1メートル世界のすべてだと思ってるアホの典型

        自分の半径というより検索からTL見てんだから間違ってないよね

        頻出ワードジャニーズ声優って傾向も全然間違った指摘じゃないし

        アホじゃねえの?

        sirobu "バズワードの大半を(略)"Twitterトレンドなら新情報出た時の男性向けソシャゲも多くね?

        冷静な意見どうも。しかしその層と萌え語り層はかぶりませんし、ABだの解釈だのカプ云々とか言ったりもしてませんね。

        logic 昔よく見た「ガンダムは男にしか人気がなかった」の反転だな。自分の見たものけが世界のすべて。相手性別が分からない場ではどっちが多いかなんて分からない。

        全文読んで得ない典型と見た。

        daisya さいとうなおきってモンスター描きから転向して萌え萌え女子ばっか描いてる人でしょ。イラストの腕だけが大事ってイメージじゃないな。5chは見てないから知らんけど。ミリしらお絵描きツイステ編が面白かった。

        そこは説明足らなかった。というかあの人自体の人となりは本文と無関係なのでそこ突っ込まれても。あの人自体は売れたい人ってだけかと。

        神以外は村八分、というギスギコミュニティへと変化"あ〜5chの同人スレでもTwitter交流してない所謂壁打ちアカウントは反応いらないだろうからいいねRTさないとか見る…男性オタ界隈はまた違うのだろうか

        意見ありがとう。変質してしまった以上女型コミュニティになってるので、この辺はもう変わらない気がします。

        もっと比重は神云々より交流するやつ、しないやつというカテゴライズの方にあると思います

        強制交流ツイッター本質になってしまったということでしょう。壁だとだいぶ厳しい対応になります

        ログイン ユーザー登録
        ようこそ ゲスト さん