「メッセージ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: メッセージとは

2021-01-19

父親メンヘラすぎる

父親メンヘラすぎる。

大学生なんだけど父親メンヘラすぎる。今日のは完全にヤバかった。全部自分語り愚痴だしあんまり気持ちのいいものじゃない。

帰ってきた瞬間「家いるのかよ!」とブチギレ。母と私が混乱していると「家いないと思ってコンビニで飯買ってきちゃったんだよ!」とキレ続ける。彼は自炊経験がないため家で作るご飯には一円もかからないと思っている。一食分浮かせたはずなのに!!とキレ続ける父親スマホを逐一見てろとでもいうのか。連絡したというメッセージを見てみると無言で自分会社で行ったプレゼン動画URLが貼られていた。「俺がこれを送ったらなにかコメントを言うのが当然だ。そうしたら帰ると言う旨を言うつもりだった」怒鳴りすぎててよく聞こえなかったけどそんな風なことを言っていた。私は、母はどんな言葉を返せばよかったのだろうか。

父親は夜型の職業で(飲食とか水商売とかではない)、私が起きている時には寝ている、逆も然りで5歳くらいまでは週に一度会うくらいだった。記憶の中の父親はずっと不機嫌だった。店員さんに対してものすごく横柄だし、母が少しでも疲れた様子を見せると「俺だって疲れている」と怒鳴る。一家大黒柱亭主関白ってやつなのかもしれないけど母はフルタイムで働きながら全部の家事育児をこなしてくれていたのになあ。そんなに疲れてるなら黙っててくれよってずっと思ってた。一番古い父親に関する記憶が、母に「今日はパパとご飯食べるよ〜」と言われてものすごく嫌だなあと思いながら顔でニコニコしていたものから相当だと思う。

中学受験の時も一切ノータッチだったくせに第一希望受かった瞬間だけ俺が逐一見ていたみたいな顔して抱き締めてきたのが本当に反吐が出るほど気持ち悪かった。ついでに言うと彼は歯を磨かないからめちゃくちゃ口が臭い虫歯は無さそうだけど歯周病で全部抜け落ちるだろうなと思う。大学受験前後の時に輪をかけておかしくなり出してすごく節約を気にするようになった。テレビの主電源を切れとか朝は電気つけるなとかものすごい口うるさく言うようになった。前述の通り外食をすごく忌み嫌う、というか私と母がお金を使うのをとても嫌がる。髪切ったとか靴買ったとかそういう話をしているだけで横から睨んでくる。まるで俺の金を勝手に使いやがってって言ってるみたいに睨むようになった。母の稼いだお金だったり私のバイト代範囲の話してるとか考えられないのかな。とにかく想像力がない。母が仕事ご飯を作れない時は外食してくるけどその時も「お前は俺にこんな無駄遣いをさせた、反省しろ」と言わんばかりにブチギレる。絶食してくれ。センター試験入学金も払ってはくれたけど全部文句を言われて怒られて泣きながらお金を受け取った。それなのに父は自分の娘が○○大に行ったのは自分のおかげとばかりに吹聴している。ばかやろうが。子供ぽいんだよ。我慢もできなくて、人前ではいい顔して家族(サンドバッグくらいに思ってるかもね)とか店員さんとか自分より力の弱いやつに当たり散らして楽しいか?楽しいんだろうな。あんたがその態度で50まで生きれるこんな世の中じゃクソにもなるよ。嫌いだ。

大学東京だし就職東京にするつもりだから多分このまま実家で暮らすんだろうけど嫌だなあ。母が何度離婚したい慰謝料財産分与もいらないって言っても奴隷がいない生活が考えられないか絶対に怒鳴ってうやむやにするんだよな。裁判かにしてもいいけど私がもっと小さい頃だったら児相とか、精神病診断書とかあったんだろうけど全然手立てがわからないや。一切手は出さないから打撲跡の診断とかも無理。母も私も精神的にちょっと参ってるところがあるから暴言の録音とかの合わせ技でなんとかなるんだろうか。私がちゃん就職したら母を連れてどこか小さいアパートでも借りて静かに暮らしたい。もしかしたら贅沢はできなくなるかもだけど絶対に今よりは幸せなはずだ。父親はもともとの性格に加えて、こんなふうになった経緯も大体知っているけれどそれにしたって異常な人間だ。

何が怖いってこの人の血が私に流れてるって言うことだ。私も配偶者にこんなふうに些細なことで怒鳴り散らかしたり、子供お金を出し渋って文句を言ったりするような人間になってしま可能性があるのだ。それが怖い。何よりも怖い。恋人にも言えない。そんな人間の娘だって知られたら死にたくなってしまう。怖い。どうしたらいいんだ。

バグ

ほとんどの人がそうなんだけどラインでもメールでも1つのメッセージの中で2つ質問すると、片方にしか答えないのはどういうバグなの?

ビジネスメールみたく1.2.3.って箇条書きせんとわからんのか?

緊急事態宣言で、飲食店制限が狙い撃ちされてるのは止むを得ない

今回、緊急事態宣言では飲食店での食事に絞ったメッセージが出された。その結果、飲食店の側から不満が出ている様子が報道されている。例えば…。

感染拡大防止にはできる限り協力したい」と話す米田さんだが、「エビデンス証拠)が不十分なまま飲食店を狙い撃ちにし、罰則で抑え込もうとするのは間違いだ」という思いがある。政府感染経路不明者の多くが飲食店での感染とするが、根拠となる具体的なデータは示していないと思うからだ。

https://digital.asahi.com/articles/ASP1L77DKP1LPTIL027.html

当事者からするとやってられないのはわかるが、狙い撃ちされるのは止むを得ない。


なぜ飲食店の利用に強いメッセージを出したのか

飲食店制限根拠が乏しいような言説を唱える人がいるが、緊急事態宣言を出す際に尾身先生はしっかりと根拠説明している。ロジックは下記の通り。


1.東京都では感染原因の6割が追えていない

2.ただ、しっかりと追えている地域では飲食店での感染→家庭での感染という経路が多いことがわかっている

3.Nature論文でも、イギリスではレストランの再開が感染爆発につながったことがわかっている

4.東京が、他の国やエリアとの大きな違いがない限り、不明な原因の多くは飲食店のはず

5.(まずは)飲食店経由の感染を減らすことで感染爆発を防ぎたい


自分の都合のいいように1の部分だけ切り取って、「根拠もないのに、飲食店だけ制限するのはおかしい」と言う人がいるが、実際は他のエリアデータ研究論文等を根拠制限している。また、追えていない原因以外では、飲食店が主要な原因なのだから、まずはそこを対策するのは間違っていないと思う。

また、今回の新型コロナはここまでの対策で飛沫での感染が主要な経路であることははっきりしつつある。そのため、飛沫が飛ぶ状況が多い飲食店制限は理に適っている。鳥インフルエンザ流行で今年も養鶏場は大ダメージを受けているが、鳥インフルエンザ関係ない他の業種を制限すべきとはならないのと似た理由である


また、ここまでのコロナ対策を見ている限り、菅さん対策逐次投入が好きなようである。なので、原因の一つを対策して、「これでなんとかなりますように…」という考えであれば一番の原因になっているものけが制限されるのは止むを得ないだろう。


ただ、原因の大きい比率を占めるもののうち、具体的な対策をほぼしていないのが職場内でのクラスタ大江戸線職員などなど)だが、ここを止めると本格的に経済死ぬので、「テレワークを7割」と具体的な対策もないのに適用なことを言って、制限している雰囲気を出している。話を聞いている限り、職場は厳密に濃厚接触者でなければ、コロナ感染した人と一緒にミーティングしてようが近くに座っていようが、検査を促すこともなければ自宅待機になることもない。もしかしたら、この辺が東京神奈川感染爆発の原因では?と思うが、おそらく調査していないのでわからない。


自分が不幸なのだから他も制限をかけるべき的な論は被害者の側からするとそうなのかもしれないが、「原因もわからないのに制限をかけるべきではない」のであれば、他を止めるのはもっと正気の沙汰ではない。ましてや「原因が完全にわかっていないのに対策すべきでない」というのも状況的に難しい。


別に飲食店だけではなくイベント系も制限はかかるのだけど

とはいえ制限をかけられているのはなにも飲食店だけではない。今回の緊急事態宣言ではイベント関連も制限対象にはなっている。席数の上限を半数または5000人の少ないほうとすることになった。数値を見れば、飲食より遥かに厳しく、補償もない。大変だと思う。


ただ、既に販売している分は例外的OKとなった。こうした例外適用されたのは、前回の緊急事態宣言の後にイベントを再開してから関係者が血の滲むような努力クラスターを出さないできたからだと思う。一度、イベント系の人たちの必死さを見ると、ほとんどの飲食店コロナ対策適当さには驚くほどだ。


結果として、イベント準備中クラスタはあれど(演劇稽古中など)、公演での観客へのクラスタは再開初期にあったシアターモリエールの一件以来、話に聞くことはない。私もたまにイベントに足を運んだり中継を見るが、観客はマジで一言も発することがなく、開演から終演まで過ごしている。スタッフも観客も「絶対クラスターを出さない」、「推し」に迷惑をかけない」という強い思いを感じる。映画館もこの点では同様で、鬼滅の刃の超大ヒットで相当な人数が入り続けても感染者数が爆発することがなかった。

本当に補償はないのか

今、飲食店が取れる補償には下記の3パターンがある。


時間が短くなった分への売上補償:1日あたり6万円の補償

人件費雇用調整助成金

家賃家賃支援給付金


営業時間制限で売上は下がるものの、そもそも出費の大きい箇所にはお金が渡るような制度設計はなされている(来年度どうなるかは不明だが)。

また、多くの人達がもう忘れているようだが、GoToトラベルGoToイートで飲食店については相当な額の経済対策が既に行われている。GoToイートは国だけでなく、各自治体もプレミアム食事券を販売するなど予算を投下しており、相当金出してもらってるやろ…感が否めない。



ということで、書いたこと、書いてないことをまとめると…

飲食店クラスターを出さな努力もっとしないとダメだと思うよ

クラスター出してるんだからクラスタ調査の協力をスムーズに出来る対応を取らないとダメだと思うよ(来店客の名前、連絡先、来店時間の記録など)

・当たり前だけど、自分のところだけやればいいわけではなくて、業界問題なのだから飲食店でやるように協力しないとダメだと思うよ

マスクつけないでキャッチしている奴らを野放しにしといて、偉そうに制限文句言うのはおかしいと思うよ

ダメージあるのはわかるけど、結構補償経済対策もされてるほうだと思うよ…

俺たちはたぶん、キングコング西野氏的なものに勝てない話(追記

こうやってわざわざ文章に取り上げている時点で自分の負けをさらに引き寄せるようなものだと思うんだけど、こりゃあ敵わねえな、と思ったから書いておく。

いま話題のプペルじゃなくって、西野氏がある大学卒業式講演に来たときの話。俺も現場ではもちろん、動画を視聴したわけでもないんだけど、twitterキャプチャで見たのね。

それで、たぶん最初に登壇したとき学生たちの反応が、そこまで芳しくなかったんでしょう。西野氏がこんなことを言う(経緯は俺の推測です。念のため)。

「みなさんには二つの選択肢がある」

「今みたいなバラバラ拍手西野を迎え入れるのか、それとも全員立ち上がって、西野あらためて迎え入れるのか」

「僕自身はどっちでもいいんです」

ってやつです。

俺はこの画像を見たとき、これは敵わねえな、と思ったよ。というか、なんだろうな、この世界で「西野氏的なもの」にしてやられないように、こいつを回避し続けるのは、相当至難の業だな、と思った。

「どっちでもいいんです」と言いつつ、西野氏の希望は当然、万雷の拍手でみんなが自分を迎え入れてくれることなんだけど、西野氏はたぶん、仕切り直すことで学生たちが自身を全霊で歓迎してくれることを確信していたと思うんだ。なんでかというと、それは別に西野氏がスーパー人物からでも、彼へのはちきれそうな期待を学生たちから感じたからでもなくて、むしろ反対に、学生たちにとって西野氏なんて、特に興味もない、当初はそれこそどっちでもいい相手だったからで、西野氏もそれをよく理解していたからだと思うんだ。

たぶん、学生たちにとって西野氏なんてマジでどうでもよかった。だから最初登場してくる西野氏に拍手していたときも、自分がどんなテンションで手を叩いてるかなんて意識しないで、漠然と手を叩いていただろう。「空っぽ」だったんだ。

それが、登壇した直後の西野氏のひと言で、まず自分たちに思わぬ選択肢が与えられていることに気付かされた。西野氏をもっと歓迎してあらためて迎えるかどうか、という選択肢だ。

そして、みんなで一体になって西野氏を歓迎した方が、どっちかと言えば雰囲気的にハッピーだな、ということを、ここではじめて「想像させられた」。

悪い言い方をすれば、それまでがらんどうのまま椅子ぼんやり座ってたところに、気持ちの部分で血肉が入ったんだ。

俺はその後のことを知らないけど(動画を観たくないから)、たぶん、二度目は割れんばかりの喝采で迎え入れられたんだろう。まるで魔法のように大勢の人を操ってみせた話だけど、こんなの良くも悪くも人間を冷静に観察し続け、相手をナメてかかることができる人物なら手のひらの上の話だ。たぶん、西野氏にしてみれば楽勝だっただろう。

「どっちでもいいんです」という登壇直後の発言も上手い。これが例えば、自分から拍手を強いるような言動があれば、学生の方にも抵抗感がある。歓迎するかどうか、あくま学生の側に選ばせることで、かつ、自分たちでこの場をハッピー雰囲気で満たすことができると想像させた時点で、西野氏の勝ち確だったのだ。

そこには「ほとんどの人間は通常何も考えないで生きているし、何にも興味を持たずに生きている。だからこそ、自分たちが主役として何かを選び、決定することができる機会を与えられたとき自分たちこそこの場を盛り上げられると確信したとき、その魅力から逃れられない」という冷静な人間観がある。これは敵わねえよ。俺もその場にいたら拍手してると思う。きっとね。

そういう西野氏が『えんとつ町のプペル』をひっさげてエンターテインメント業界数字を出せるか…はまた別の話なんだけど、それは西野氏が卒業式で見せたような手法が通じないからじゃなくて、反対に、エンターテインメント世界こそ、西野氏的な方法跋扈する世界からだと思うんだ。西野氏の特異性って、そういう技法を非演芸的な空間一般ピーポーに容赦なく使用したところにあるんであって、業界としてはありふれた手法人間観だと思うんだよな。

こういっちゃなんだけど、どの作品ブームを仕掛けるのも、「人間ってやつは99%空っぽで、何も考えていなくて、でも自分には特別な見識や機会が与えられていると信じていて、自分で何かを決めることができるという幻想があって、人生を楽しむ権利があると思い込んでいて、できればそれを周りの人たちと共有できたら最高!」的な人間観で消費者を見てないと、市場になんて参戦できないんじゃねえかな。

具体的な作品名とブーム出したら不快にさせるだけだろうけど、例えば『ジョーカー』みたいなダークで暴力的作品も、文芸的な邦画作品も、屈折はしてるけど、結局はそういう手法で仕掛けられてると思うんだ。俺には『えんとつ町のプペル』をめぐるプロモーションと、他のエンターテインメントの仕掛け方の本質的な違いって正直わかんねえんだよな。

もちろん、作品としての評価は別かもしれない。でも、俺たちが感じるような「ああ、いい作品だった!」「うーん、クソだった!」が、はたして、俺たちを無意識にがんじがらめる商業的な網から、いったいどこまで自由なもんだろうな? って気もする。

商業的なアプローチから自由って話のひとつの余談として、俺が浪人とき、気まぐれで古本屋に入ったことがあった。11月ぐらいのことだ。街も全体的に灰色だったし、俺の心も灰色だった。俺はこの受験に失敗したら死のうかな、と思っていた。

たまたまカフカの『審判』という本が目に入った。新潮版だ。レア(たぶん)。

俺はカフカなんて『変身』しか知らなかったので、興味と呼ぶにも希薄感情のまま、本当にたまたま、それをレジに持ってった。200円ぐらいだったと思う。

審判』は俺の人生を完全に変えた。どちらかと言うと悪い方にだけど、とにかく、他のどんな作品とどんなかたちで出会ってもあり得ないくらい、深く俺をゆさぶった。

あれこそ、商業の魔の手から完全に自由体験だった。そして、ああい運命と呼べる体験しか、人と作品出会いは本当には成立しねえんじゃねえかな…というのはロマンチックすぎるかもしれないけど、俺は割と本気でそう思ってる。

ところで、あのとき審判』を手に取る代わりに、西野氏のオンラインサロンに参加していたらどうなっただろう?

それでも俺の人生はきっと「完全に変わった」だろうな、と思う。むしろ審判』で三日間くらい飯の味がしなくなるような体験よりよっぽどハッピーだろう。

結局、そんなもんなんだ。キングコング西野氏的なものはこの世界の至るところに、程度の差こそあるけどあふれているし、おおよそ感動はオンラインサロンの充実感で代替される。だから、俺たちはたぶん、キングコング西野氏的なもの永遠に勝てないだろうと思う。

追記

トラバで、「『審判』のくだりでお前が言ってる、商業的に自由っていうのは、仕掛けられたマーケティング接点では無い出会いだった(古本屋の偶然)という意味か、『審判』の中身・題材に関連したことか?」という質問をいただいて、これは前者のつもりで書きました。

ただ、カフカという作家についても、おそらく、「再発見された天才カフカ」「俺たちの代弁者カフカ」「いま、イケてるやつはカフカを読む! カフカで他のみんなと差をつけちゃえ!」的なかたちで仕掛けられたムーブメントがきっとあだたんだと思います

審判』もきっと、その延長上で古本屋の棚に並んでいたわけで、そう考えると消費者小馬鹿にしつつも心理の隙間に入ってこようとする商業ってやつからは、千切っても千切っても完全に自由にはなれないのかな、と思いました。

ところで、上記の「『審判』の中身・題材に関連したこと」という部分で思いついたことがあるので、それを付記しておきます

審判』のネタバレになること、作品解釈あくまで俺によることをことわっておくのですが、『審判』は、「自分という存在について徹底的に考え続けた者は、必ず破滅する」という話です。

カフカにはたぶん、いわゆる「自分探し」を揶揄するつもりはまったくなかったことをふまえて考察するんですが、物語の冒頭でなんの脈絡もなく訴えられた結果(罪状も明かされない)、

自分はこれまで、どんな善行(悪行)を重ねてきたか

自分の将来にはどんな可能性が残されているか

そもそも自分とはこの社会世界)において何者か」

を考え、自分無罪を信じぬいた結果、得体の知れない訴訟にハマりこんでいき、破綻する話です。

自分を「信じ抜いた」結果、破滅を迎える。俺が増田に『審判』の話を書いたのは本当にたまたまですが、『プペル』のキャッチコピーを考えたとき、ああ、この対比は面白いな、と思いました。

で、この面白いという感覚には続きがあります

俺は上で、あえて「自分探し」という表現しました。なんでかというと、こう思ったからです。

審判』の「自分という存在について徹底的に考え続けた者は、必ず破滅する」という一つの解釈について、次のように補足・換言してみる。

自分という存在(の可能性)について徹底的に考え続けた(諦めなかった)者は、(社会的に)必ず破滅する(≒冷遇される)」

…こうしてみると、この増田でも話題にしてきた別の「作品」が見えてこねえか? ということです。

俺は何十回でも強調するつもりなんだけど、俺は『審判』と『プペル』を同列に見ているわけではなくて(『プペル』も別に、読み終わった後しばらく飯の味がわからなくなるくらい衝撃だった、って言われたくはないだろうし)、ただ、この辺ってけっこう曖昧で危ういんじゃねえか、ということです。

自己」「孤立」「理解不能なマジョリティ」「困難な戦い」、こういった要素を含む物語は、例え真逆メッセージを送っていたとしても、じゃあ全然違う別モンだぜ、と胸を張って主張できるかと言うと、「いや、うん、全然違うよ、違うんだけど…ちょっと小一時間整理させてくんねえか」というところがある気がして、それが面白いな、と思いました。

強いて言えば、俺は子供に『審判』は絶対読ませたくないし、『プペル』は別にいいんじゃねえの、という感じです。

それは、『審判』が俺にとってスペシャルなのと、あと単に理解できても暗い気持ちになるからで、自分の子供がそんなんなったらイヤだからです。

2021-01-18

身も心も貧しい。

上野千鶴子記事に向けられた批判ツイートを読んだ。彼らは彼女の贅沢な暮らしが許せない様子だった。

彼女の書いた「みんなで貧しくなろう」の意味は、今ある富を手放して清貧暮らしをしよう、という意味ではなかった。

これ以上の人口増加は望めないのであの頃の物質的な豊かさは取り返せないが、変わってゆく社会を受け入れよう、という意味での「みんなで貧しくなろう」だった。

彼らは読めないのだった。文脈も背景も読めないし、上野千鶴子が書こうとしている社会科学的なこともわからない。おそらく明日のことも不安で、来月の家賃を払えるかわからない人が、この「みんなで貧しくなろう」という文言と、上野千鶴子暮らしぶりを見て、矛盾しているとツイートしてるのだと思う。

そんな彼らは、これから日本局面について語る上野千鶴子の、その一節だけを切り取る。怒りをぶつけられる場所が、そこしかない。

そんなツイートが盛り上がるあたり、学問どころではないなお感じる。

身も心も頭も貧しい。

はてなサロン批判にも、似たようなものを感じる。彼らに直接メッセージを送って諭す人や、元締めに連絡する人、学もない技能もない彼女らに仕事を与える人はいない。わかりやす記号を見つけて、文句を言って、自分は賢いと思っている。

すでに我々は貧しい。

SlackとTeamsの変遷が面白い

Teams発表当初の「Slackの牙城をTeamsは崩せるか?」という雰囲気

Slackドヤ顔上から目線広告もそうだけど、当時は全世界的にそういう空気だった。

モバイルOSやらarm向けOSやらで他社の模倣が大失敗していたこともあり、Teamsを有望視する声はあまり大きくなかったと記憶している。

Slackの牙城をガン無視して成長していくTeamsとTeamsを目の敵にし始めるSlack

結果論で言えば、TeamsがO365に含まれている時点で決まり切っていた未来だと言うことも出来るだろうが、同じ立場Yammerが今に至ってもうだつが上がらない以上Teams成功説明するには不十分だ。

製品単独機能比較で「Slackの方がUI/UXが優れている」というエンジニアから上がった声とは思えないようなふわっとした優位性が語られることは多い。

しかし、Teamsの優位性は「わざわざ別のサービスを買ってインテグレーションをしなくても様々なサービスがはじめから連携している」事にある。

コレの重要ポイントは「サービスを作った会社自身インテグレーション部分も含めて正常動作保証することが契約に含まれている」ということだ。

Slackと各種サービスを組み合わせて同等の価格で同等のサービス提供するベンダーがいたとしてもその点だけはTeams太刀打ちできない。

SlackMicrosoft利益を喰わないがMicrosoftSlack利益を喰らう、という一方的な競合関係

企業収益観点からすればMicrosoftにとっては顧客がO365を買ってくれていればチャットツールにTeamsを使おうがSlackを使おうが収益観点から損はない。

しかし、SlackにとってはSlackの代わりにTeams採用されたらその分の収益が見込めない。

そもそもが競合というにはあまりにも一方的関係であるわけだ。

Microsoft社内のTeams開発チームにとってみれば確かに最有力の競合ではあるんだろうが。

TeamsのO365への無料バンドルの是非

ここ最近Slackは「TeamsがO365に無料でついてるなんて卑怯だ」と主張するようになった。

Teams発表当初のSlackユーザータイムトラベルしてこの状況を伝えても鼻で笑われること必至な状況だ。

しかし、TeamsはO365の各種サービスのパーツを寄せ集めて上っ面を整えただけのサービスなのでホントにO365のおまけ程度のサービスなのだ

チャットメッセージExchangeの各ユーザーメールボックスの隠し領域に保存されてるし、チーム用のストレージsharepointサイトだ。

からTeamsには単独有償プランがないのだ。

クラウドPBXなどの有償オプションはあるが、Teams利用に必須ではないし、むしろ存在すら知らない組織の方が多いだろう。

専用のリソースがないわけではないが、それもAzure向けに大量確保しているリソースを流用するだけだ。

チャットツールに関するリソースをすべてそのためだけに調達しなければならないSlack太刀打ちできるわけがない。

調達共通化によるボリュームメリット否定するならそれは資本主義否定だ。

SlackはTeams対抗というあまり意味の無い施策から脱却しなければならなかった

同一分野のツールである以上、完全に無視するのは愚策であるとはいえ、今のように必要以上にTeams意識した戦略コストの浪費に他ならない。

Teamsの牙城は元々O365の牙城だっただけで、Slackから奪ったわけではない。

Slackが食い込めたかどうかも難しいところだろう。

既に従業員一人あたりでSlackと同額かそれ以上のコストをかけてる企業に「優れたチャット専用ツールのためにもと金出してください」と呼びかけたところで、それに応じる企業はそんなに多くない。

PV乞食SlackとTeamsを並べて囃し立てるから「つかめたはずの客を奪われた」ように錯覚させられるかも知れないが、Teamsが囲った客にSlackがつかめたはずの客はホントにいたのか?

個人的にはそこに疑問を抱かずにはいられない。

Slackは元々「チャット専用ツールのために金を出す」というブルジョワ企業のためのサービスとして成長してきた。

フリーミアムで客を囲ってはいても最終目的チャット専用ツール収益を上げることだった。

だったらTeamsに対しては競合の一つ以上に注意を払わず数少ないブルジョワ企業のために動くべきではなかったのか。

そう思っていたら、SlackSalesforceに身売りしてTeams対抗路線により明確にフォーカスしていくようだ。

SalesforceGithubに対するMSのように「太っ腹で放任主義パトロン」のような立ち位置に納まってくれれば良いが、既にチャットツールとして組み込むとかそういう話も出てるのであまり楽観視は出来ない。

Slackがなければ間違いなくTeamsは生まれなかった。

そのSlackがTeamsより先に消えることのないよう祈っている。

2021-01-17

年齢=恋人いない人間出会い系アプリ恋人作った話


まずはじめに、題名を読んでいただきこの記事にご興味を持って下さった方にお伝えしたいのだが、この記事は「初めての恋人作ることが出来てハッピー幸せになるぞッ!」という内容のものではない。

 恋愛に関して経験が全くなく、異性と触れあうことの無かった人間恋愛しようと背伸びし頑張った結果どういったことになるのか、どういった思考に陥るのか、実体験をここに綴ることで、恋人がいなくて焦ってる人の背中を押すこと、または「ちょっと待って!」と呼び止めることが出来たら良いと思う。

 記事題名の通り、出会い系アプリインストールし一人の異性とマッチングしたこと人生初の恋人を作ることに私は成功した。

出会い系アプリを利用しようと思ったきっかけは、家族恋人がいないことをバカにされたこと、自分と同じだと思っていた友人が次々と恋人を作り焦っていたからだ。深い理由はなく、なんとな〜く出会いがあればいいなぁ!彼氏できればいいなぁ!若くて時間あるうちに恋愛経験しとくか!という完全勢い考えなし。アプリ登録の際自分写真も入れなかったので、メッセージが来るとも思ってなかったし、正直3日で飽きてアンインストールするだろうと思っていた。

しかし、予想に反して一人の男性と会話が通じLINE通話を通してアプリを入れてから僅か3日で食事に行く事となる。

実際に合う前、食事とはいえはじめての異性とおでかけ、要はデート。私はすんごく浮かれていた。浮かれている自覚はあったので、自らを落ち着けるため「お互いだまっちゃって会話通じないかも」「そもそも相手は悪い人で刺し殺されるかも」「そもそも冷やかしで待ち合わせに相手来なかったりして」とか何とかSNSに呟きあたかも冷静であるかのように振る舞う

しかし、この「上手くいかいかも」という想像こそがこのはてなを書くきっかけとなったのだと今なら思う。

さて。実際に待ち合わせ場所に集合し食事へ。電話で話していたこともあり特に緊張することなく会話を弾ませ食事をとる。お昼代は相手が奢ってくれた。そう、ご飯美味しい、会話も楽しい、奢ってくれた。恋愛偏差値40の私はこの時点で相手好感度が爆上がりしてしまったのだ。チョロいにも程がある…

相手は事前に調べたプラネタリウムに行きたいとの事なので一緒に行くことに。本格的にデートだなぁと思いながら席の選択相手に任せる。この時点で相手も私の印象は悪くなかったのだろう。彼が選んだのはゴリゴリカップルシート。しかも大きめクッションで二人で靴脱いで寝転ぶタイプのやつ、そんなの仲いい女子友達同士かめちゃめちゃベタベタしてるタイプカップルしか使わないだろ!(偏見)

そう、出会って一日もたってない異性と暗闇の中近い位置で寝転ぶというド緊張してしまう状況に私は貶められてしまった。当たり前だが相手はこの状況を作り上げた元凶、流れは心得てますとばかりに「もっとこっちおいで」「手握ってもいい?」と囁いてくる。もうここで緊張で頭は回らず拒否も出来ず。手は恋人繋ぎにされ完全に固まる私。頭の中には「はやくおわれ」という思いが駆け巡る。ガッチガチに固まった私に流石に気付いたのか手は離してくれたが、自分のが相手から見られてる感じがするし相手が身動きをするたびに近付いてきているんじゃないかと気が気でならなかった。この時点で、彼に対して一種の恐怖を抱いていたのかもしれない。

プラネタリウムが終わったあと、彼は手を握ったことを私に謝った。チョロい私は許してしまい、次はカラオケに行くこととなった。バカすぎる。

カラオケ最初普通に歌っていたのだが、相手百戦錬磨(?)、歌って楽しいねではすまない。相手から「俺のことどう思ってる?つきあってほしい」と同義のことを言われる。彼氏という存在が欲しかった私はOK。そして私がOKするなりカラオケという密室空間をいいことに相手はノリノリモードに移行。相手との距離物理的にかなり縮まる、驚き固まった私はされるがまま。途中で我に返り、ちょっと待ってストップ!!と言ったら止まってくれたため深いダメージは受けなかった。ホッ

カラオケを出て解散の流れになった。お互い予定が決まってないため次の約束を取り付けずに

人生初のデートが終了。電車の中でおセンチになってちょっと泣いた。

やっとまとめに入る。読んでくださってる方、長々と申し訳無いがもう少しなの最後までお付き合い願います

私がこの体験で得た学びをまとめる。

初デート認識には男女の差があること。

ご飯食べるって集まったのに手つないだりするとは全く思ってなかった。相手アプリで知り合ったから付き合う気マンマンだったんだろうな…ホントにお試し感覚だったこっちは。

相手拒否することは難しい。

嫌なら断われ!ってよく言うけどぱっと出てこない…

拒否されるパターンばかり考えていたから、相手がグイグイ来たときにどうやって対応するか全く考えてなかったし、固まっちゃってダメだった。

③お付き合いOKした途端、恋人同士の接触が全部OKという認識になる可能性がある。

何いってんだ?って感じかもしれないけどOKした途端あんなに接近されると思ってなかった。付き合ってから3回目のデートキスとか、そういうものだと本気で思ってた。違った。

私は今まで異性を好きになったことがなく、交際経験もない。相手距離が近いという戸惑いは気にするものでは無いのかもしれない。男女の交際とはどういうものなのか興味もある。初めての彼氏、別れたいとは今の所思っていない。

しかし、相手が私に対して求めて来たことに関して嫌悪感を抱かなかったのかといえば、嘘になる。相手と触れ合う度に今日のような思いをするのかと思うと憂鬱だし、次に合う予定が決まらなかったことに関して安心している自分がいる。

自分は考えすぎで意外とすぐに慣れるものかもしれない。

よく知らない相手と合うからこういうことになるんだ、という意見があることも重々承知している。もしかしたらホント事件にあってたかもしれない。

私が最後にお伝えしたいことは、恋愛経験ゼロ人間が頑張ると、もしかしたら嫌な目にあうかもしれないよ、ということだ。

相手の手が早かったのかもしれないし私の反応が悪かった可能性も大いにある。心当たり沢山あるので…

私の長ったらしい文章読まなくてもこんなこと当たり前で常識なのかもしれない。

この長い記事を読んで下さりありがとうございました。色々な方の意見をお聞きしたいのでコメント等あれば嬉しいです。

全ての人が安心安全交際ができますように。

アジア系括りにいらっとくる

Gmailログイン画面に出てくる「Gmail meeting」の項目で、

多種多様人種ミーティングしている中、

いわゆる「アジア系女性」が大きく映りだされて

「さぁあなたも始めよう」的なメッセージを出されている

日本人相手に「在米アジア人女性」を出して

あなたもこの枠ですよね、親近感あるでしょ?」的な

雑な定義をされるの腹立つ

コロナ禍でみんながんばってる

マスコミ不安対立を煽るが皆さんよくがんばっていると思っている。

医療関係者は慣れないコロナ対応への疲労、終わりのみえなさ、医療崩壊で本来救える患者を救えない無力感が大きいだろう。

飲食店などは感染予防と経営バランスに苦慮しているだろう。

若者は貴重な時間が失われていると嘆いているかもしれない。

菅総理も、誰がやってもうまく行かないコロナの舵取りに疲れている表情をしている。辞めないでほしい。

私はコロナ禍で仕事を辞めてフリーターになったから、みんなすごい、誰も責められないと思う。

自粛しない人を非国民のように責めるのは簡単だが、これはみんなが疲れていて余裕がないことも関係していそう。むしろ人と集うという本能に反する行動に対してこれほどの人が協力している日本人が逆にすごいわけで、実際諸外国よりも死者は格段に少ない。

自粛しないでいいとのメッセージは送らないけど、どうかがんばりすぎないでほしい。今は

戦時中みたいな状態だけどがんばらなくても世界は続いていきます

「頂き女子

ツイッター自分とは全く関わりのない界隈を見るのがマイブームなのだが、すごい集団を見つけたので記録しておこうと思う。

彼女たちは「頂き女子」と自称している。何を頂くのかというとお金である。いわゆる若さ愛嬌を切り売りしてお金に代えるタイプ女性かと思ったが、彼女たちの活動はそのイメージから想像できる範囲をかなり逸脱している。

やり方はこうだ。まず出会い系アプリサイトを利用して、男性彼女らは「おぢ」と呼んでいる)に近づく。彼女たちが狙うのは、20代の美しい女性と付き合える可能性が限りなく低いであろう男性だ。

次にその男性を本気にさせるため、自分相手のことを好いていると認識させるようなメッセージを送る。女性経験の少なそうな男性を狙っているため、中にはすっかり騙されてしま男性もいる。

そして、本気になった相手男性に、自分借金を抱え、返済で追い詰められているように匂わせる。この頃になると相手彼女のことを好きになっており、本気で将来を考えてすらいるため、解決してあげたくてついお金を払ってしまうのだ。頂き女子は、男性を騙して、文字通りお金を「頂く」のである

すごい手法だ。

個人的意見としては、(18歳以上であることを前提に)風俗パパ活に関しては自己責任問題は無いと思っている。少なくとも本人たちの間ではギブアンドテイクが成り立っているからだ。

だが、頂き女子は違う。彼女らは明らかに、嘘をついて男性から金銭を騙し取っている。法律には明るくないので間違っているかもしれないが、これは立派な詐欺行為にあたるのではないだろうか。

「頂く」という言葉で言い換えることで行為マイルド化し、同じ行為を行っているもの同士で連帯することで罪悪感を低減させているらしいのも恐怖心を煽る。

ちなみに頂くお金男性1人あたり10万~200万以上らしいので、まず間違いなく脱税もしていると思う。

頂き女子界隈を観察していると、ホストに嵌っている女性が多かった。ホストは客の女性に対して疑似恋愛を仕掛け、他の客やホストとの対立を煽ることで高い酒をどんどんと開けさせる。頂き女子もまた、ホスト相手に貢いでいるのである

ホストと客の関係は、少なからず頂き女子男性関係と一致する。ホストに嵌り、振り回される立場を知っている女性からこそ、効果的な騙し方を心得ているのかもしれない。

最近音楽

からかもしれないけど歌詞の内容が「周りが平凡で退屈」みたいな導入から始まって「自分特殊性を隠して生きてますしんどい」みたいな感じで共感できなくなった。

中学生くらいまでは中二病もあってそういうのが好きだったけどアラサーになると自分が平々凡々な人物だとわかりきって共感できない。

アーティストから大衆へのメッセージを伝えてるんじゃなくてアーティスト同士でメッセージを伝え合ってる感じ

でもメロディラインが好きだからよく聞く

最悪歌詞がなくてもいいんじゃないかな?

マッチングアプリあれこれ

コロナ孤独払拭しようとpairsを始めた。26歳。女だから課金なしでできるみたい。というか、男性はほぼ全員課金しないとできないの、後で知った。なにそれ不平等

無課金だし、いい人いたらうれしいな〜くらいのノリで2ヶ月続けてる。ビデオ通話してみたのは10人弱、実際会ったのは1人。

自分のことは棚上げて、出くわす男性会員に対してよく思うことを書き連ねてみる。

プロフ画像こだわらない人はなんか怖い

くすんだ汚い鏡に向かって自撮り撮ってる人、変顔?してる人、ピントがずれてたりする人は、なんか怖い。「どう思われたくてこの画像を載せてるんだろう?」と勘ぐってしまう。

なんだかんだ、ちゃんとしたカメラで誰かに撮ってもらった写真の人は、第一印象で損をしない気がする。

焼肉画像多すぎて怖い

焼く前の肉をサブ画像にしてる人、なぜかやたら多い。なんで?肉好きなんかな?いやでもプロフィール文にそういう情報なくて、脈絡なく焼肉出てくる。やっぱり、どう思われたいのかが見えなくて怖い。

いいねしてくれた理由言ってくれるとメッセージ続きやす

プロフィール画像とか、コミュニティとか、プロフィール文を見てくれて、「〇〇がいいなって思いました!」の一言があると、安心してメッセージ返せる気がする。だから、私もまずはいいねをしたor返した理由は言うようにしてる。

■よくわからない質問してくる人怖い

例えば、「よくお酒は飲むんですか?」って突然質問されて、お酒話題したいのかな?って思って、「そちらはよく飲まれるんですか?」って聞く。返事が「あんまり飲まないんですよね!」…??なんで聞いたん?

絵文字でなんとなく文化圏がわかる

😆😂😄→陽の気配

❗️❓→おじさん?

🤔→レアだけど、ITエンジニア肩書きの方に多い気がする

😌☺️→私はこれをよく使う

男性サイドの意見とか、他の女性意見とか聞いてみたい。

2021-01-16

BBCコロナウイルスとの闘いはアジア自由をどのように失わせたか



インド首都デリーで物議を醸している市民権法に対する抗議行動に参加したとして逮捕されたのは、当時、妊娠3ヶ月であったサフォラ・ザルガーさんである

それは4月10日のことで、インドではパンデミック流行し始めたばかりだった。

政府勧告では妊婦特に感染やすいとされていたが、彼女は2ヶ月以上もの間、過密状態ティハール刑務所収容された。

「彼らは他の囚人に私と話すなと言っていました。私はヒンズー教徒を殺したテロリストだと言われていました。まあ、人々は抗議活動のことを知らなかったし、私が抗議活動に参加して投獄されたことさえも知らなかった。」と彼女は釈放後、デリーBBCのギータ・パンデイの取材に語っている。

彼女の罪は、イスラム教徒コミュニティターゲットにしていると批評家が言うこの法律に反対する広範な抗議行動に参加したことだった。デモインドに対する関心をかき立て、世界の注目を集めた。

しかし、街頭では釈放を求める抗議はなかった。できるはずがない。インド世界でも有数の厳重な封鎖状態にあり、人々は自宅に閉じこもっていた。彼女逮捕は、この時期に行われた多くの事件のうちの一つであった。

そして、それはインドだけではない。活動家によると、アジア全域のおびただしい数の政府コロナウイルス対策という口実を利用して法律施行したり、逮捕を実行し、国内外での激しい反発を巻き起こすような物議を醸す計画を推進したりしていたという。

しかし、多くの政府では反発どころか、危機の間、人々が政府による指揮を求めたため政府の人気が高まったのだ。

ウイルスは敵であり、人々は戦争状態に置かれています。これにより、政府パンデミックと『戦う』という名目で抑圧的な法律を可決することができる」と、市民社会組織活動家世界的な連合体であるシビカスのジョセフ・ベネディクトBBCに語った。

「これは、人権市民権が一歩後退したこと意味している」

実際、シビカスの最新報告書「Attack on people power」によると、アジア太平洋地域では、「パンデミックに関連する対応を含め、国家による圧政の報告を検閲することで、反対意見を抑圧しようとするおびただしい数の政府の試み」が見られたという。

同書は、監視と追跡の強化(現在接触者追跡に使用されている)や、あらゆる批判を抑圧することを目的とした厳格な法律施行を、このような試みが行われているいくつかの方法として挙げている。これらの措置の多くがパンデミックへの対応として導入されていることを考えると、これらの措置に対する抵抗は皆無かそれに近い状態である

シビカス報告書によると、この地域では少なくとも26カ国で悪法が制定されており、さらに16カ国では人権擁護者が起訴されているという。

恐ろしいメッセージ



インドでは、サフォオラ以外にも、パーキンソン病を患った83歳のイエズス会神父を含む人権擁護者や活動家鎮圧罪、名誉毀損罪、そして保釈がほぼ不可能テロ対策法の下で起訴され、逮捕されている。

この状況を受けて、いくつかの団体警鐘を鳴らしている。国連の5人の特別報告者は、今回の逮捕は「明らかにインドの活気ある市民社会に恐ろしいメッセージを送るために計画された」と懸念を表明した。

国際法学者委員会ICJ)のインド法務顧問を務めるマイトレイ・グプタ氏は、BBC取材に対し、彼らは一貫して政治犯の釈放を政府に求めてきたと語った。

しかし、国際的圧力にもかかわらず、ほとんど抗議の声もなく、またその勢いが衰えることな逮捕は続いている。

政府は一貫して、逮捕した者は国の利益に反して行動していると主張し、魔女狩りに関与していたとの告発否定してきた。

フィリピンでは、62歳の活動家テレシタ・ナウルさん(心臓病と喘息を患っていることで知られている)が、誘拐、重度の不法拘禁破壊放火の容疑で逮捕されたことで、反発を呼んだ。

しかし、「共産党指導者」のトップとしてメディアの前でパレードをしていたナウルは、これらの犯罪告発された、主に活動家ジャーナリスト400人以上のうちの1人に過ぎず、他にも、ザラ・アルバレス氏やランドール・エシャニス氏などが襲われ、殺害されている。

一方、5月国内最大のメディアネットワークABS-CBNが強制的に閉鎖されたことで、多くの人々はパンデミックの間、重要情報へのアクセスを奪われた。

それでも、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領の人気は高いままである

バングラデシュはまた、コロナウィルスに関する「誤報」を広めたとして、政府批判的ないくつかのウェブサイトを閉鎖した。

ネパールでは、先住民族であるニューアールコミュニティ活動家であるビディヤ・シュレシュタ氏がBBCに語ったところによると、政府パンデミックを人々を迫害する手段として利用しているという。

シュレシュタ氏によると、パンデミックの間、政府当局最高裁判所命令違反し、カトマンズの谷間にあるニューア族の伝統的な集落にある46軒の家屋解体し、新しい道路建設を進めたという。

当局は抗議を無視し、そのうちのいくつかは強制的分散させた。政府地元住民 が "適切なチャネル" を通して彼らの心配を伝達する必要があり、彼らは幹線道路建物が "公共利益" のために推進されることを誓ったと言う。

シビカス報告書はまた、カンボジアタイスリランカベトナム懸念国として挙げている。これらはすべて、不釣り合いに厳しい罰則を用いて個人を標的にしているためだ。罰則の多くは、パンデミックに関する誤った情報を広めた際のものとして伝えられている。

また、ミャンマーのような国は、表現の自由に対する制限正当化するための口実として「テロリズム」を利用していると批判されている。

時に政府による行動がパンデミックに直接的に関係していないこともあるが、パンデミックなしに圧政が起こったかだろうかは決して知られることがないだろう。

香港では、6月国家安全法が可決されたことで、街中で見られた日々の抗議行動がウイルスによって事実上終了した後、民主化運動に委縮効果を与えている。

他の政府による行動は、パンデミックに関連していることは間違いないが、表面的には無害である

韓国シンガポール台湾香港のような国での監視技術採用は、ウイルスコントロールする上で非常に効果であることが証明されているが、ICJは、パンデミックが終了しても、それらが使用され続ける可能性があると懸念を表明している。

ベネディクト氏は、これらの国の多くで、市民社会組織政府参入による断絶を埋めるためにより活発になっていると感じている。 そして彼はまた、タイでの反君主制の抗議やインドネシアでの「オムニバス雇用創出法など、多くの国で抗議が依然続いていることを心強く思っている。

しかし、今年成立した多くの法律逮捕者の影響は、パンデミックが終わった後も長く続きそうだ。





翻訳訂正あればコメントください

https://www.bbc.com/news/world-asia-55362461

虚構新聞デマは良いデマなの?

SNS凍結トランプ氏、狼煙で支持者にメッセージ

デマ

1.事実に反する扇動的で謀略的な宣伝

2.いいかげんな噂話(うわさばなし)。流言



トランプとかホワイトハウスとか実在名称でやってるの流石に笑えないんだが、なんではてなーはこれを許しているのかさっぱり理解できない

これが許されるなら「虚構新聞コーラン燃やしつつムハンマド馬鹿にした」もセーフってことになるけどええんか?

anond:20210114125904

常日頃田舎を見下しまくってる小金持ちはてな民に届けこのメッセージ

ちなみに俺は収入源があれば別に都会に住まなくてもいいですというかむしろ住みたくない

2021-01-15

まだらの紐ってシャーロック・ホームズで最もクソだと思うんだがなぜ人気なんだ?

犯人レベルミステリー小説黎明期ばり

・「バンド⇨紐」という糞訳

そもそもダイイングメッセージ舞台装置過ぎて糞

ワトソンかい医者を出しておきながらトリックが暴けないご都合主義

ノックスのうち「未発見毒薬難解な科学説明を要する機械犯行に用いてはならない」「中国人不思議な力を使う存在)を登場させてはならない」「探偵は、偶然や第六感によって事件解決してはならない」が駄目

とあらゆる部分で欠点を抱えまくったゴミのような作品なのになぜか傑作扱いなんだよね。

好きな回ランキングで1位を取ることもある。

意味不明だろ。

イナイレの五條悟かよ

web

web

いま、私たち情報の多くを文字から受け取っていますメディアの中心が印刷物からスクリーンに変わってもなお、文字コミュニケーションひとつの要であることは変わりません。

「My MORISAWA PASSPORT わたしの“推しフォント」では、さまざまなジャンルデザイン、その第一線で活躍するデザイナーに、文字フォントデザインワークのなかでどのように位置づけ、どのような意図・考えで書体選択しているのかをインタビュー。あわせて、「MORISAWA PASSPORT」“推しフォントを紹介いただきます

第1回は、グラフィックデザインベースに平面から立体、空間まで幅広くデザインを展開する色部義昭さんにお話を伺いました。

画像1

色部義昭

グラフィックデザイナー株式会社日本デザインセンター取締役

東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了後、株式会社日本デザインセンター入社2011年より色部デザイン研究所主宰

主な仕事Osaka MetroCI国立公園ブランディング市原湖畔美術館須賀川市交流センターtetteなどのVIサイン計画からパッケージ展覧会デザインまで、グラフィックデザインベースに平面から立体、空間まで幅広くデザインを展開。

目次

1.デザインにおける書体位置づけ

2.ブランディングという仕事書体の選定

3.色部さんのデザイン書体実例

4.MORISAWA PASSPORT推しフォント

1.デザインにおける書体位置づけ

ブランディングサイン計画を中心にデザインを手がける色部さん。

個性も違えば役割も異なる、多種多様仕事のなかで、文字書体はどういった働きをするものと捉えて取り組んでいるのでしょうか。

「私は文字を素材と捉えて使っています文字情報というのはあらゆるコミュニケーションに使われるものなので、あるブランドのための書体ひとつ選んだら、目に見える部分以外の情報も発信していくことができます

たとえば、ブランドが人の身体だとしたら、書体血液のようなもので、ブランドの隅々にまで意思フィロソフィーといったものを循環させていくことができる。書体はそういった要素を担っている重要な素材だと思っています

2.ブランディングという仕事書体の選定

目に見える部分以外の情報も担う書体。それはつまりブランドメッセージをより正確に、ふさわしいトーンで伝えるための役割書体に持たせているということになります

こうしたとき、色部さんはどのような視点プロセス書体を選んでいくのでしょうか。

書体を選ぶときは、ロゴなどが決まっていればそれと同調する書体にするかコントラストのつく書体にするかで考えます。先に書体から考えていくような場合は、施設や部屋の名前といった大事ワード候補になる書体で打って、イメージに近いトーのもの比較していきます

書体を選ぶ基準というのはプロジェクトごとに異なりますが、書体を選ぶことは自分デザインのなかで楽しみな部分ではありますクライアントブランドにはそれぞれの個性がありますから、それを見極めて書体を選び抜くことが大切です。理想的にはプロジェクトごとに、毎回、違う書体を使いたいと思っています

書体が決まった後は、それをターゲットイメージに合わせて、どう組むか、レイアウトするか、アレンジするかを考えていきます。ただ、このときタイプデザイナーによって作られた書体自分なりにどう活かして使っていこうか、楽しんでいる部分もありますね」

ブランド血液”としての書体。多くのメディアにそのフィロソフィーを浸透させるためにはいま、フォントとしての文字は欠かせないものになっています

ロゴは点として存在するものですが、書体は線になり面を構成するものとなるものです。

MORISAWA PASSPORTTypeSquareのように、デスクトップ用のフォントからWebフォントまで、共通フォントが使えることで、サインからWebまで同じトーンで展開できるということは大事な要素だと思っています

使いやす書体をあらかじめ決めておくとか、いい書体、悪い書体という判断自分なかには持ってはいません。ブランディングではクライアント個性プロジェクト性格に最適な素材であるかどうかが最も重要だと考えています

web

web

web

web

web

web

e-taxでむかついたかアンケートで書いたら300字制限で引っかかったうえ削ったのにメンテ中と表示されたのでここにはる

e-tax検索して出てくる e-tax.nta.go.jp/index のページから webクライアントのclientweb.e-tax.nta.go.jp へ行こうとしたが、下へスクロールして目的から探す>ソフト・コーナー>e-Taxソフト(WEB版)とクリックしていくと、ヘルプページに行ってしまう。

ヘルプページ内にもクライアントソフトへのリンクがない。

右上のログインではメッセージボックスしか見れない。

法人の方のソフトを選ぶでも同じくヘルプへ。

一番上にある 各ソフト・コーナー>申請(届出)を作成する>e-taxソフト でたどり着けたがわかりづらい(Topページのみ一番下にもあった)。

ソフトについて e-Taxソフト(WEB版)とは ~ 詳細は以下へ 等書いている、各ソフトヘルプトップあたりに、実際のソフトへのリンクがあればわかりやすいのではないか

2021-01-14

死を常にうっすら意識している

20代女性です。

私はコロナ禍になる前から常にうっすら死を意識して生活しているのだけど、周りの人はそうじゃない人が多いらしい事に最近気づいた。


たとえば車を運転している時、急に車のタイヤが外れて制御不能になり、派手に事故をして死亡するイメージを持つ。

逆に道を歩いている時には、そんな制御不能トラックか何かに急に突っ込まれ死ぬんじゃないかと周囲を見回す。

友人や恋人と別れる時はこれが生きてるあいだの最後の姿かもしれないと思う。

知り合いからの不在着信があると、死の間際の最後電話だったんじゃないか不安になる。

家族からメッセージの返信が遅いと、事故や発作で死んでいるのではないか心配になる。

一人の時には自分心臓の鼓動を感じ、こんなのいつ止まってもおかしくないな、と思う。

このまま目を閉じるともう二度と起きないんじゃないかと思いながら眠りにつく。


小さい頃はとても怖くて不安だったが、今では慣れてきたのもあり、常にうっすらとした死の恐怖ぼんやりと感じている。

からコロナ流行してから、急に人々がヒステリック感染症危険性を叫びながらあちこちを消毒し始めるのを見て、逆に今までは安全だと思ってたのか、と少し驚いた。


私はコロナにかかるのも怖いし、それと同じくらいに急な事故や発作で死ぬのも怖い。持病を持っているわけではないし、これまで大病に罹ったこともない。だけど死はいつも私の隣にある。みんなはそのことを忘れているだけなんじゃないかな?と疑っているんだけど、どうなのかな。

anond:20210114104835

はてななら擁護してもらえるだろうけど

から村八分されてても葬式は手伝うことになってたり、

葬式てのはやっぱ特別儀式という意識の強い人もまだまだいる

会食3人までならOKかいルール作ろうとしたり

政治がそういうメッセージを陰に陽に伝える中で、一律リモートでってのはやり過ぎなのかもしれん

コロナ対応病院・非コロナ病棟看護師愚痴

私は首都圏三次救急病院に勤務する若手看護師です。私の所属は、ICUでも救急でもコロナ専用病棟でもなく、内科外科が混在する一般病棟ニュースTwitterを見ているとコロナ対応医師看護師ばかりに焦点が当てられるので、コロナ対応病院・非コロナ病棟看護師の私もちょっと愚痴を吐き出したくて筆を執ってみました。


まず、知っての通り新型コロナウイルス感染症というのは肺炎を来たし息苦しさや咳・痰など呼吸器症状が現れる場合が多く、そのため呼吸器内科医師治療に当たることが多いですよね。ということは、院内コロナ病棟を作るとなった時に、呼吸器疾患への対応に慣れている看護師のいる呼吸器病棟が選ばれるケースが多いのではないかと思います(※調べたわけじゃないので間違っていたらごめんなさい)。

少なくとも私の病院に関しては、呼吸器病棟の数十床全てをコロナ用の病床として確保し、かつ重症コロナ患者用にICU救急病棟の数床を使用しています

じゃあ元々呼吸器病棟にいた患者やそこで受け入れるはずの呼吸器疾患の患者はどこに行ったのか?当然他の病棟に回されるわけですよね。呼吸器疾患の患者というのは多いんです。日本の死亡原因のうち第一位悪性新生物、中でも肺癌で亡くなる人が男女ともに最も多い。その他にも様々な原因による肺炎COPD喘息、、、など多くの疾患があります

見慣れないそれらの呼吸器疾患の患者も、元々の専門である診療科患者を看ながら看ていくわけです。

人工呼吸器、あれはICUでのみ使われていると思われがちですが、一般病棟使用されることだって少なくないんですよ。流石に一般イメージするような口から挿管して….というのはないですが、神経の病気や癌などにより呼吸補助が必要になって喉を切開し呼吸器を装着する人もいますし、挿管や気管切開せずにマスクを装着して補助換気を行うタイプのもの、、、など人工呼吸器もいくつか種類があります。また、人工呼吸器ではありませんが、鼻から1分間に数十リットルという大量の酸素を流すというようなデバイスもあります。そういった手厚い看護必要でかつ急変リスクの高い患者を、管理に不慣れな看護師が(もちろん勉強しますが)、臨床工学技士も医師もいないマンパワーもない一般病棟で、看るんですよ。これって想像しただけでやばくないですか。

マンパワーに関してですが、看護師人員配置基準というのがありまして、当院の一般病棟では患者:看護師=7人:1人、救急病棟は4:1、ICUは2:1という人員配置をして診療報酬を得ているんですね。ちなみに夜勤12:1です(一般病棟)。

例えば担当患者7人のうち人工呼吸器装着中の患者が1人いたとして、この患者はこまめな観察や痰の吸引、食事・排泄の介助、体位の調整、清潔援助、点滴、検査の介助など、手厚い看護必要になりますよね。他の6人はどうでしょうか。1人は認知症があり点滴などを自分で抜いてしまったりフラフラ歩いて転んでしまう、排泄に失敗して便や尿まみれになる人、1人は自身で動くこともご飯を食べることもできないため、抱えながら車椅子に乗せてトイレに連れて行ったりご飯一口ずつ口元に持っていって食べさせる必要がある人、1人は全身麻酔で手術を受けるため術前の準備や術後の管理必要な人、1人は糖尿病腎臓病の教育を受けている人で疾患の理解や様々な生活上の制限について毎日時間をかけて説明必要かつ入院中も飲食物などの制限があるが守ることができず病状が悪化する人、1人は癌の終末期で、医療麻薬を持続投与しながら苦しみを抑えているが、つらさや身の置き所のなさによりナースコールを連打しては何とも言えない訴えを繰り返す人、1人は自宅で倒れて動けなくなっているところを発見され緊急入院してきた患者で多分コロナではないだろうけど完全に否定もできない人。

こんな毎日ですよ。夜勤では1人の看護師10人以上の患者を看るわけです。疲弊しないわけなくないですか。コロナがなくても大変でしたが、コロナがあることで不慣れな疾患の管理業務が増え、防護服や衛生材料使用制限され、ボーナスカットされる。

これまでだって定時に帰れることはなかったし、マンパワーに見合ってない量の仕事はやらされてたけど。でも忙しさには波があって、休日年末年始比較的落ち着いて仕事ができることもあった。けどコロナ対応を始めてから毎日がこんな感じ。こんなんじゃ患者を守ることなんてできないよ。何かあったときにすぐに対応できないよ。私が対応できない間に受け持ち患者状態が悪くなってるんじゃないか、痰を詰まらせて苦しんでるじゃないかってヒヤヒヤしながら毎日働いてる。他疾患で入院していた患者PCR検査陽性になることもあるし、もし自分感染して大切な人や職場の人にうつしたら?つらすぎて今すぐ看護師を辞めたい。生活していかなきゃいけないからまだ頑張るけど。



実は「医療に協力したら何が返ってくるの?」という記事を読みました。そしたら今まで溜め込んでたつらい気持ちが溢れて悔しくて涙が出てきちゃったので、ここに思いを綴ってちょっと楽になりたかったのです。

コロナ病棟の悲痛な現状とかを知りたかった人は期待外れでごめんなさい。特にオチメッセージもないしがない3年目看護師愚痴でした。

大好きなバンドライブに行きたかったし実家に帰って愛犬やおじいちゃんおばあちゃん会いたかったな〜。

早くコロナ収束して看護師給料が爆上がりし会いたい人に会えるようになりますように〜。

オナ禁

してからモテの流れが来てる

メッセージのやりとり終わらせたくても向こうのほうからどんどん食いついてくるし

はいきっと気のせいです

anond:20210114032922

そう言えばProtonMailって今どうなってんのやろと思ったら

ProtonMailはサードパーティーサーバーを使わず、すべてのサーバースイス国内ローザンヌとアティングハウゼンドイツ語版、英語版)に設置されている[23][24][25][26]。従ってProtonMailは、スイスの法の下によってのみ運用され、運営元は「スイス裁判所が出す令状がなければ、利用者情報は開示しない」とコメントしている。運営元でもメッセージの内容は把握できない。主なサーバーは核攻撃にも耐える地下1キロメートルに設置されている

いいね。核攻撃に耐えるってところが

anond:20210114004706

グーグルメッセージRCSをオンにすると+メッセージ楽天linkに送れないと聞いた

まだつながってない模様

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん