「うから」を含む日記 RSS

はてなキーワード: うからとは

2018-06-24

差別意図はありません!レッテル張りすんなって一生言ってろバーカ

…と、これだけ書いたらちょっとスッキリしてしまった。

他人に期待するとか、誰かを変えようとか愚かじゃん。

自分で何度も言い聞かせてもまたやらかししまうからホント愚かオブ愚かだなぁと思うけど、

でも自虐の体をとって推しを貶める行為は罪なのでしょうがいね

anond:20180624065324

特に向こうは友達だと思ってないと思うからうそっとしといてあげてくれない?

私も距離なしの知り合いにストーカー被害を受けてずっとトラウマなんだ

あなたみたいに明け透けになんでもTwitterに書くようなかまってちゃんに人の気持ちなんてわからないよ

大人になって距離を置く大切さを知った方がいい

プログラミングのコツ(初歩)

「一つの関数には最小限の役割だけ与える」

「一つの関数は長くても20行以内に収める」

「できるだけ引数で受け取った値を戻り値に返すように書く」


これ、学校とかで教えておいてほしいコツだった

これ知った後、自分みたいなアホでも割と大規模なプログラム簡単に、

全容を把握しつつ読みやすい内容でかつ増築やすくなった

たぶんあらゆるプログラムに通じる基本的ことなんだろう

その割に過去読んだ教本では触れられてなかった気がする

心掛けるだけでだいぶ躓きにくくなるだろうからぜひ基本の知識として最初らへんに教えておいてほしい

彼らは誰かのために戦ってるのが快感なんだろうから

一般人にとってつまらない世の中になっても、彼らは誰かのために戦ってれば満足できるんじゃね

どういう世の中になっても、人間が2人いれば争いは起こるから、彼らは娯楽に事欠かない

GooglePlayマジで無能

スマホGoogle Playアプリレビューを書こうとすると、なぜか変な位置スクロールされる。キーボードスマホの画面下半分を覆うからレビューを見ながら書くことができない。

使ってみればわかるけどマジで無能Googleほどの大企業なのにまともなプログラマーも雇えないなんて終わってるね。

anond:20180624011211

同人誌納本ってのはできるみたいだけどエロは少なそうだな

義務教育では日本で発行された本は大体国立国会図書館に集められれて閲覧できるっていうのは習わなかったんだっけ

まぁ違法サイトは読むまでに画面タップ以外することがないだろうから

利用者には金かけて現地までいかなきゃいけないクエスト難易度いか

2018-06-23

Y社のエンジニア炎上について思ったこと 続き

はじめに

この記事 Y社のエンジニア炎上について思ったこと -「女性エンジニア少ない問題 の続きです。

女性エンジニア少ない問題解決する話、の何が問題なのか」の記事に対して

女性エンジニア少ない問題を解決する話、の何が問題なのか

ありがたいことに、よくまとめられた記事を書いてくれている人がいる。

こっちが匿名反論するのはフェアではないのは承知で、この記事に関しても私の意見を述べていきたい。

この記事はどちらかというとY氏批判側の記事で、私のどちらかといえばY氏擁護派とは異なった立場記事であるので、できれば元記事を読んでからこの先を読んでほしい。

やりたくない事をやらされる、事が問題

冒頭の記事に限らず「女性エンジニア」という言葉が使われる場面で一定観測される代表的問題が、「女性であるというだけでのコンパニオン扱い」です。技術職の専門家として雇われているという点で男性エンジニアでも女性エンジニアでも差はないはずなのに、

(中略)

どうでしょう。身に覚えはありませんか(無いならあなた幸せ者です)。最初の1回2回は頼られて嬉しいかもしれないけど、それが何度も続いて、その都度自分がやりたい事を中断させられたり予定を狂わされたりすると、そして大した報酬も出ないとなると、ウンザリしてきませんか。「PC普段から使っている」というだけの事で何故そこまで諸々押しつけられ背負い込まされないといけないのか。面倒臭い。そうです、その面倒臭さと同じ物なのです。

ここまでは同意する。

「それは藁人形論法だろ。件の発表では『女性の声』という所にフォーカスしていて、声聞かせるだけだったらべつにええやろ」と思う人もいるかもしれません。ちょっと待ってください、低い声の女性もいればガラガラ声の女性もいますよ。演技としてかわいい1オクターブ上の声を出す事はできても、いつもその声で喋れるとは限りません。そういう人達に「やる気が上がらない声だ」「もっと気合い入れてかわいい声で喋ってよ」なんて言うんですか? 思うだけなら自由ですが、言ったら駄目でしょうそれは。


かに、そういう人たちに対して「やる気の上がらない声だ」「もっと気合い入れてかわいい声で喋ってよ」なんて言う奴は嫌なやつだ。しかし、今回の話とは関係ない(Y氏はそのような主張はしていないし、そのようなソリューションでもない)。

あと、ここで「例の発表の内容は『だから機械学習を使って技術解決します』という話で、面倒さから解放を謳ってるんだから何も問題ないじゃないか。実際の女性エンジニアが楽になる話なのに、何が悪いんだ」という反論擁護が出てくるかもしれません。はい、繰り返しますが、「それを技術解決する」事それ自体問題視していないのです(少なくとも僕は)。

何が問題なのかは、こう言い換えれば分かりやすいのではないでしょうか。「今回は技術問題解決したけど、かわいい声の女性エンジニアがいさえすれば問題にはならなかった。かわいい声で癒してくれる本物の女性エンジニアがいてくれればそれが一番いいのに」。はい、一気に嫌らしくなりましたね。悪意に取りすぎでしょうか? いいえ、悪意に取ったのではありません。「無邪気な発言」は、こういう嫌らしさと表裏一体という事なのです。


かわいい声の女性エンジニアがいさえすれば問題にはならなかった。かわいい声で癒してくれる本物の女性エンジニアがいてくれればそれが一番いいのに」

とあるが、ここでいう「かわいい声の女性エンジニアがいさえすれば問題にはならなかった」を、私は「かわいい声の女性エンジニアがいれば、Y氏はこのようなソリューション自体作ろうと思わなかった」という意味解釈した。

この部分には反論をする。きっと、かわいい声の女性エンジニアがいても、作られたと思う。なぜならかわいい声の女性エンジニアは多すぎて困ることはないからだ。

かわいい声で癒してくれる本物の女性エンジニアがいてくれればそれが一番いいのに」という部分は反論しない。そのとおりだと思うからだ。そのとおりで、現実はそうでないから、Y氏は機械学習解決を試みたのだ。

「悪意に取りすぎでしょうか? いいえ、悪意に取ったのではありません。「無邪気な発言」は、こういう嫌らしさと表裏一体という事なのです。」

という部分に関しては、「表裏一体」という部分のみ同意する。つまり、Y氏の「女性の声で挨拶されたらやる気アップ」みたいなソリューションは、「かわいい声の本物の女性エンジニアがいてくれればそれが一番いいのに」という願望が見え隠れするという部分に同意するという意味だ。

しかしわざわざそのように解釈するのは、悪意がなければそうならないと私は思う。

(なので、仮に件の発表に「かわいい声の女性がいると実際男性女性もやる気が出ます。でもそのためだけに『かわいい声の女性エンジニア』を増やすというのは本末転倒です。技術職の人に求める話ではありません」というような一言でもあれば、また話は違ったのではないかと僕は思っています。)

この部分は同意する。つまり女性エンジニアに「かわいい声」を求めるなということである

話を整理するが、Y氏は「女性エンジニアが増えれば男性エンジニアのやる気がアップする(だろう)」と主張して、「だからといって女性エンジニアを1から育成したり新たに雇うのは現実的ではない」として、「男性女性にする」というソリューションを打ちだしたのだ。

女性エンジニアかわいい声にしようとはしていないし、そうすべきだとも主張していない。

これが「些細な事」と見なされる、事が問題

この章で書いてあることは、ほとんど同意する。

印象的な部分を引用する。

「そんな事を言いだしたらどこにも足の踏み場なんか無いじゃないか、言って安全な事なんて無いじゃないか」そう反論したくもなるでしょう。残念ながらそうなのです。



これが見過ごされた事、が問題

この章で書かれてあることも、多くは同意する。

ただ、

また、チェック機構が働いていたにもかかわらず見過ごされたのであればなおさら問題です。それはつまり、チェック機構になるはずだった周囲の人達もまた前項で述べたような点についての意識が薄いという事であり、また同じような事が繰り返されかねないという事だからです。

私はY氏が差別発言をしたとは思っていなくて、「センシティブテーマ拡大解釈/誤解されて炎上した」と思っている。なので、例えば私のような人間がチェックをした場合、「差別発言をしていないが、炎上しそうなので却下」という理由リジェクトすることになる。これは逆差別と捉えられかねないし、また別の問題を生みそうである

よって、炎上した手前チェック機構には責任はあるとは思うが、そもそも拡大解釈/誤解をしないでくれ、と私は世間一般に望む。

なんで僕がここまでこの事に熱くなっているのか

共感する。

私も熱くなってしまった。

腹が立ってしょうがなかったのは、明らかに記事読んでないだろ、という奴も批判していたことだ。

anond:20180623182343

裏垢と言うからには鍵かけてるかかけてないとしてもごく僅かしかフォローしてないんだろうし

そんな普通に生きてたら目に入る事もない人の事なんてどうでもいいのでは

anond:20180623133415

理系女性にとって働きやす業界」と言う意味が、

仕事能力労働意欲もなくて、職場で男にちやほやされながら男漁って早く結婚して仕事やめたーい!って女性にとっては働きやすい」ってなら分かるんだよね。

女性尊重されます」ってのも「女性オタサーの姫として尊重されます」って意味なら。

理系女性が増えて欲しい」ってのも、「理系男は女慣れしてないので多少ブスでも平気だし浮気したくても出来ないし

ライバル女性多数の文系より競争率も低いから好みの男ゲットするのは楽ちんですよ!

から男にちやほやされつつ結婚相手探したいって女性はどんどん来てくださいね!」ってなら。

(↑は勿論男も女も馬鹿にして書いてるよ)

でも実際は違う。

「新しく若い業界なので昭和大企業のような男尊女卑の悪習はありません」「女性男性と対等に扱われます

女性でも技術さえあれば尊重されるし上にも行けます」…

そういう言い方をされてる。

でも「女性社員に求める事はかわいい声を出して男性を癒すこと」なんて平気で公言してしまうそ矛盾

仕事バリバリする優秀な女性を嫁にして専業主婦にするのが理想」と言うのと同じようなものなんだろうか。

最初から働く気が無い無能女は嫁にしても主婦業怠けそうだから嫌、でもバリバリ女に結婚後もバリバリ働かれるのは嫌

→だから有能な女を専業にしたい、ってやつ。

同じように「最初から働く気がない姫気質女はウザいから嫌、でも有能でやる気ある女は生意気だしBBAになっても結婚しても居座り続けるだろうから嫌、

ほどほど仕事が出来るけど自分立場を脅かすほどではなく、かわいくて自分癒してくれて、年食う前に結婚して辞めてくれる女が理想」って事か。

それなら分かる気はする。それが叩かれるのも分かるけど。

anond:20180623133835

文字通りとんこつラーメン以外のラーメン存在を許容できない人なんでしょうね。なんとかβ章害の人でしょうから関わらないのが吉。

anond:20180623164732

かに

自分モテないのを趣味のせいにするな」的なこと言ってる女性もいる位だし

これは発言者女性は「オタク男が好きである」のではなく「オタク男は嫌いだが、それは趣味オタクからではなく違う要因である」って意味で言ってるんじゃ…

これでもって「オタク男を毛嫌いする若い女性は少ない」としてしまうのは意味ズレてる気が

オタクをよく知らない若奥様層」なんかよりよっぽど、オタク女の方がオタク男を毛嫌いしてる層多いと思う。

人間、知らないものを激しく嫌う事はない(そもそも関心がないわけだからどうでもいい)けど、知っているものは激しく嫌うから

特にオタク女なんて気に入らないものはすぐ地雷だ何だといって激しく憎む人種多いし。

私感だけど

自分より立場が上だと思っている相手が、その立場に相応しいと考えられる振る舞いをしなかった時に、人は一番攻撃的になる気がする

裏切られた感が強くなるからなのか、立場が上の相手にはより多くを求めて当然と思うからなのか、わからないけど

やっぱりイケメンには勝てない

実態は、イケメン好きな女性もいる、ということに他ならないと思うのだが、果たしてその比率はいかほどだろうか。

変に別にイケメンが好きなわけじゃないし、などと言うから話が拗れてる気はする。

もちろん自分だって新垣結衣が目の前にいれば意識せずにはいられないだろうさ。

しか自己中心的でどんなに凹まされるようなことを言われても気に入られようと尻尾を振り続けられるかというとどうかなぁ。

イケメンは雑なコミュニケーションをしていても全く問題ない。

仮に自分がそんなことしたら総スカンくらうだけなのにな。

それでいて卑屈になったらなるだけさらモテない負のスパイラル

受け身な知り合いがイケメンに対しては別人かと思うほどに積極的になっていたのでメモ

anond:20180623123914

お前は食ったのかよw

もし食ったとしてそんなに不味かったのかよwww

あと本人がパンは足りなくなるだろうから日用品宣伝NHKにはお願いしていた(そしてその願いはきいてもらえなかった)って書いてるのは読めてないんだろうなあ

低能はこれだから

anond:20180623114615

まっちゃんが言うから通じるのであって

ネットイキリ坊やが言っても嘲笑しかされないよ

anond:20180623095019

でもこれ、求人のためにnote始めたっていうなら、「パン屋」として応募した人には酷だな。業務ほとんどは通販ネット雑貨などの管理だろうから

まあ、それでも、「彼女応援したい!」っていう信者が集まればいいのか・・・

まあ想定内でしょう

来ないでください。|平田 はる香|note

https://note.mu/wazawazapan/n/nf5750f8177d9

この記事本質は、

「ほんと大変なんだね」

という親切な人が、求人に応募してきてくれること、だから

相変わらずメディアの使い方がうまいよね。

そもそもnoteに書く時点で、そういう人には届かないことは

知ってる店主だろうからNHK出演はそこまで見据えてのことだと思う。

ほんと、うまいよね。

NHK出演、そしてnoteは、都内進出の足がかり。

すごいなあ。

というか、こういう人についていくスタッフも大変だなあ。

そもそも素人に聞く時点で、間違ってると思う。

https://note.mu/wazawazapan/n/n66237a555e1f

追記:ちなみに自社ブログのほうに、noteと同じ内容で、別なタイトルで書かれているそうです。「パンの総量はいつも一緒だから」というタイトル。「来ないでください。」はnoteタイトル

そろそろクレーム文化終わらせてほしい

ネットを見れば毎度のように炎上炎上

見ている方がイライラする


独り言であれ嫌とか言ってる程度ならともかく公式クレーム入れるとかやめさせるべきとか言ってるのは何様だと思う


特に公式がそれにまともに謝罪なんてするから調子に乗るわけだ

文句言ってるのはごく一部のネットユーザで、問題ないと考える多くの人は一々何も言わないし、関わりたくないかクレーマーに対してそうじゃないとか言うことも少ない


問題無いと思うから謝罪しません、気に入らないなら見なくて結構です」という対応をするところが増えてほしい

面倒だからとりあえず謝罪クレーマーが満足するだけで次から次へやりはじめるだけ


何を発言しようが自由で嫌ならそれを見なけれればいいだけなのにそれができない人が多すぎる

馬鹿クレーマーを満足させるより、あれやったらクレーマーが出るとか考えるせいで無難面白みもないものばかりになる方が問題



何のために女と付き合うの?

女のご機嫌取りに金と時間と労力使って、それで得られるリターンには何があるか?

少なくとも対価に見合うレベルのものは返ってこない

セックスだって固定の相手しかできなくなるのは本能的にも損じゃない?

独身貴族謳歌しながら趣味の合う友人とのコミュニティで楽しく生きて

たまに不特定相手セックスする

それが一番じゃない?

から彼女ほしい」ってのがわからない

それはただの無い物ねだり

一回彼女できたら「彼女作るんじゃなかった」って絶対うから

悪いこと言わない、男は一人で生きてゆけ

歌のピッチを合わせるためのテク

ピッチの動きに合わせて手も上下に動かすって奴、冗談みたいな方法なのに実際ピッチちゃんと合うから笑う

見た目のアホさ加減にも笑う

anond:20180623010514

まあ、他の友達が誰もそんな事してない中、自分だけは恥ずかしいな。

かかって来るパターン読めるだろうからこっちから電話しろ

ぶっちゃけ院試はねぇ…

全国統一学力テスト志望校を選ぶところも含め)な大学入試とは意味合いが違うからねぇ…

試験の点数で全て決まるものではないというか。

試験にしたって、あの先生が作った問題だ、というのが分かっている時点で解答の仕方から勉強範囲の決定まで他大出身者とは平等でも何でもないわけだし。

https://anond.hatelabo.jp/20180622070124

anond:20180623001414

データをどう使うかによるのでは?

ほげとひげとはげ、ホゲとヒゲハゲがそれぞれ別のペアとして使われるなら、前者がいいんじゃない

例えば、こんな感じなら、前者の方が配列の中からその連想配列を見つけてそれだけを見れば済むので楽な気がする。

[{bald: "はげ", language: "japanese"}, {bald: "calvo", language: "italian"}, {bald: "chauve", language: "french"}...]

for文でlanguageが希望のものになるまで配列をたぐってから、baldの値をとってくればいい気がするし。

これが後者方式だと、for文で回した後にそのインデックスが何かを覚えておいて、baldの配列からそのインデックスで探すことになるから一手間かかるかな。

それに、前者の方法ならもしハゲが無いけどヒゲならある言語がある場合ヒゲだけ値を入れておけばいいという気がする。

特に配列の要素ごとにまとまりが無いなら後者データ構造の方がいいかな。

データ転送量は圧縮すると同じ文字列辞書に載って短い符号で送られるだろうからまりペナルティーは無いのかもしれない。

2018-06-22

幸色のワンルームって何がそんなに魅力で、何がそんなに問題なんだよ

これ「https://note.mu/amakara_no_tare/n/na4eb53fb6768」を受けて書きたいと思ったこ記事

自分は今回に関してはテレビ局に慎重に取り扱ってほしい旨をメールで送った、ドラマ実写化に関してのみ規制賛成派。

該当作品ツイッター投稿リアルタイムで見てて、その後ピクシブのぶんだけ読んだ。

ここまで前提。

幸色のワンルーム少女にとって魅力的なのは「性」の扱い方にもあるんじゃないか

クロスメディア展開がへたくそなのと制作側が色々甘く見てそうで怖い

■実写ドラマ反対したい理由は色々だけど、私個人に関しては”自分のため”だったと思う

の3本です。長い。一番最後に3行でまとめたから忙しい人はそれ読んでくれたら嬉しい。

幸色のワンルーム少女にとって魅力的なのは「性」の扱い方にもあるんじゃないか

幸色のワンルームは単なる誘拐の話ではなく、ただの男女の逃避行でもなく、

理不尽にただ蹲って耐えるしかなかった少女が守るべきもの(=居たいと思える居場所、人)をはじめて得て戦うことで少女から大人へと羽化する話であり、

リアルの男女の性に絶望した読者に対して「男と女ではなく、大人子供でもなく、ひとりとひとりの人間として関係性を結ぶ」という夢を与える物語

と捉えることができる。できるんですよ。傍から見たら犯罪だけど。

問題誘拐ストーカー設定なくてもこれを描けたことだけど、その設定のおかげで(いろんな意味で)バズってるから  うん…)

「男とか女とか性とか支配支配とかラベルだけの話ではなく、ぜんぶひっくるめて、私という人間あなたという人間の話であり、救いの話」というふうに見たとき

正直、読み口としては2000年代商業BLブロマンスに近いなと私は思った。

少女漫画系譜だ。

実際幸色のワンルームの幸とお兄さんの関係は決して恋愛感情だけにはとどまらないという風に描かれています

加害者被害者であり、無自覚的な搾取する側とされる側であり、姫と従僕であり、ナウシカ王蟲の幼生であり、友情であり、慈愛や同情であり、恋愛感情もうっすらあり、依存であり、共闘関係であり、勘違いであり、共犯者であり、そして全てを肯定し合う関係である

から人気が出た。

恋も愛もべたべたラベルが付いてひと山いくらで売られていることを、十代の少女たちはとっくに気づいている。そんなふうに安っぽくない、けれど十代少女たちに門戸を開いているフィクション作品をもとめている。それがどれだけ過去文学映画漫画でありふれてやりつくされてきたものだとしても、「いま」「ここ」で「私たちに対して」向けられている作品に惹かれて何がおかしいのだ。

たこれは重大なポイントだが、お兄さんは性のにおいがしない。

デフォルメされた世界で成人男性記号ほとんど持たない、いってしまえば無性の存在メンタル的にもそう。

その上、精神年齢少女とほぼ変わらないため、罪の意識を持った姿は読者にはどこか可哀想うつる過去の傷があるらしく年下の幸が守らねばと思うほどいたいけでたよりない。幸に都合の悪いこともしない。

けど、男。

という風にドリームカスタマイズされてるキャラ

「そんなやついねえよ」だ。だからこれはファンタジーだし理想たりえる。リアルと切り離せる免罪符でもある。

ひと山いくらラノベに出てくる都合のよいヒロインから性の匂いをひっぺがしたようなものだ。少女にとって男の性は不要もの、というか幼いころから自分を脅かしてきたものしかいから、無い方がいい。幸の安心できる居住空間提供する為にも。

からストーカー誘拐犯の男、というショッキングスキャンダラスな設定はあるものの、それは今やおにいさんと幸が法を犯したことをしても問題ないというハードル下げのための設定になり下がっており、基本「ある日突然(可愛くて自分が居ないと生きていけない(A))女の子が空から降ってきた」と同義なのだ。ぺらっぺらだが、それこそが求められている。「怖くないから」だ。

(A)には「やんごとない身分の」「血のつながらない妹/姉である」とか、あと「大量殺戮生体兵器の」とか「妖怪の」とか「暗殺者の」とか「殺人鬼の」とか「サイコパスの」とか入ったりする。よくあるやろ。そういうのを①男女逆にして②リアル現代の③クライムフィクションチューニングすると

ついこないだあった事件そっくりで笑えなくなる、みたいなの超あるあるなんすわ…

からまあ、あるある作品なのだ正直。

そんなもんがあるあるになる現実の方がクソというだけだ。



クロスメディア展開がへたくそなのと制作側が色々ガバガバで怖い

はいフィクションだし少女漫画だし、問題ねーじゃんと思うだろ?私も思う。お兄さんは捕まるか虐待親に突撃して共倒れして死んで美しい思い出になって欲しいけど(どうせやるなら徹底的に幸に都合よく退場して欲しい)。

これが少女漫画カテゴリで人気がある分には。

あと作者と制作側がゆるゆるかつタイミングが最悪でなければ。

ツイッターへの最初投稿とか現実事件に対してタイミングが最悪すぎる件に関してわざとかどうかはもう「関係ありません」で貫き通すだろうし実際分かんねえからいいわ…。マジでインスピレーションさえ受けてないとしてももう運が悪かったと思ってほしい。というか当時あれだけのトップニュースすらチェックしてなかったなら作者はうかつだし、チェックしてても特に何も考えず出したならそれはそれで大変アレなのでそれは怒られても仕方ないんじゃねーかと思う。

特に問題に思うのは、クロスメディアするとしたら慎重にやるべき題材だったということだ。

先生!」「PとJK」の実写化の時も同じこと思ったけど(あれも「少女漫画なら素敵だがリアルに考えるとわりとやばい案件)今回は格が違う。なんせ誘拐犯でストーカーだ。どれだけ気を使っても使いすぎるということは無いだろうに…と思う。

後ろめたさも、退廃的なことも、この作品の魅力と分かちがたく結びついている。伝え方を一つ間違えたら倫理観を疑われる作品なのは変わらないのだ。

このへんは制作側の、なかでもプロモーションの腕が必要作品だろうなと思う。

たとえば、この作品ギリギリまで性のにおいを消臭できているのは、絵柄の影響が大きい。デフォルメが強く、リアルさは無いティーン向けの絵。虐めのシーンにも性的ものは見受けられず変態教師とのバトルでさえ匂わせる程度だ。

性も犯罪も、それが主題ではないのだと、なによりも絵が主張している。

また、この作品家族で見てやいやい言いながら見るより、一人で集中して見たいものじゃないだろうか?ターゲット現在テレビを良く見る層と被っているか?いないんじゃないかティーン原作ファンがこの作品を見て語り合うなら、家族よりも、同性で趣味の合う友達とではないか

からメディア展開を思い切り間違えてる気がしてならないのだ。

テレビでやるならアニメ作品にすべきだったと思う。その人気に火を付けた一端でもあるキャッチーな絵柄を生かし、フィクションであることを最大限利用すればよかった。あくまでこれは夢物語で、リアルとは違うのだとアピールすればよかった。それでも非難は受けただろうが実写化よりはましだったはずだ。「誤解されやすいけど本来こういう話ですよ」と12話でも24話でもかけてやればよかった。

実写化したいなら、この退廃的な作品映画の方が合うだろうと思った。それに映画館でしか見れない、というフィルタリングは大きい。実写化することでどうしても露悪的に、生々しい匂いになる画面をテレビから無作為にまき散らすのではなく、納得して料金を払い席に着いた観客にだけ誠心誠意向き合う形をとれば良かった。観客を巻き込んで二人の世界に浸れる場所を作ればよかった。

広告展開で規制派の火に油を注ぐ可能性は大いにあっただろうが、中止よりはマシな結果になったんじゃないか

なんで再現が難しい絵柄を実写で、なんでナイーブかつ視聴者を選ぶであろう題材を全国放送の誰でも見れる割にメインターゲットを逃しまくるであろうテレビで、やろうとしたのだろう。やはりコスト問題だろうか。

プロデューサー編集部も何考えてたんだろうな。

いや本が売れたらいいなと思ってたんだろうけど炎上商法やった割にリターンがアレ過ぎない?そうでもない?わからんけど

正直、ドラマ制作側も作者の方も編集部も、「現実にある犯罪を扱った現代である」という認識が甘すぎたのではないかと思う。

それも、未成年被害者がいる事件を、「犯罪としてではなく救済として描く」というひねりを売りにした作品でだ。

カリオストロの城」でも撮っている感覚だったのかもしれない。モニタ解像度低いわ。

もしくは、とてもリアルだと思ったから実写にしよう!と思ったのかもしれない。

そのリアルさは虚構で夢でしかなく、それでいてとてもありふれた現実だ。

だって、実際の誘拐幼児への事案はひっきりなしに起こっていて(マジでひっきりなしに起こっている)。

ストーカー誘拐犯の脳内で、自分被害者と愛し合っていたという美しい物語が展開されているのは決して珍しくないのだから

その恐ろしさを無視して、リアルに寄せる実写化をするのは賛成できなかった。

苦言を呈す派に対して作者からコメントは「実際の事件とは切り離してみてください」これだけだ。たったこ一言で全て免罪されるなら表現の自由とはなんとも気楽で無責任ものではないですか。いや作品内で色々ファンタジー要素盛って免罪符切ってるしあれこれ言及するより作品に集中するのは良い手だと思うけど無責任だとは思うぞ。

だって「世の中いろんな人もいる」と、これが現実でもありえるかもね、とでも捉えられるコメントを付けて世に送り出したのは、他ならぬ作者自身なのだ

ドラマにしても、女優に「実際にこういうこともあるかもと思う」というコメントを、編集もせず流してしまった。(これで規制派の使命感に火を付けたようなものだと思っている)。制作側止めろよ…

現代クライムフィクション作品でこのコメントが出るときは「だから怖いなって思いました」くらいのことが続くはずが、「実際あったら素敵」と続いてしまうような。

作品のものというよりもその周りの倫理観ガバガバなのだ現実ガバガバ

そうでなくても今現在、長年沈黙されてきたハリウッドやら世界的に女優性的搾取告発が起きてて転換期で、それでも搾取する側の擁護をやめない(「いや、でも女性側も望んでたんじゃないか」みたいなのワイドショーで沢山見ましたね!)、日本テレビ業界をつい最近私たちは見せつけられているのだ。そもそもの信頼感が地に落ちている時に「地獄の真ん中で搾取されてるけど女の子ハッピーです」みたいな作品作ってもそりゃ倫理観が疑われるだろという話だ。

フィクションはいだって現実と地続きなのだ

不倫ドラマももちょっと気を使ってるんじゃないのかな。

■実写ドラマ反対したい理由は色々だけど、私個人に関しては”自分のため”だったと思う

お兄さんと幸の間にある感情はとても純粋もののように描かれる。

それは憂いを帯びて美しい。破滅に向かっているからだ。地獄の上にある安息からだ。あかるい太陽ではなく、暗闇の中の星。

薄汚く、ふたりを虐めるものばかりの世界でここだけは綺麗であるように感じる。実際そうだからなのだろう。未来なんて考えたくもないし過去の事は忘れたい。いまここにある、おにいさんと幸のあいだにある、形容しがたいなにか、それだけが全ての世界でいたい。

それは読者の心を掴むだろう。特に、十代の少女にとっては。

この作品メディア展開が一つ潰れることで、悲しく思うファンもいるだろうなと思う。恨まれるだろうなとも。

つーか私も十代の時に、リアルで起きた殺人事件(娘が父を鎌かなんかで…)をうけて「ひぐらしのなく頃に」のメインキャラが義父を鉈で殺す回の放送が見送られた時「いやリアルとの区別くらいついてますけども~~~~~????」って怒ってたよ。

でも今(アラサーだよ)、もし「新幹線で鉈をふるう殺人事件が起きたけど、犯人は実は悪い人ではなかった」みたいなフィクション作品テレビで予定されてるとしたら…今の私は、「それは見送った方が良いのではないか」と思う。

区別がつかないのは、つけられないのは、大人のほうなんだ。

大人になるにつれて、想像力は広がりだけではなくリアルさを増していった。経験知識が増えたからだ。

「これのせいでちいさい子供や、少年少女が酷い目にあうかもしれない」と思うと、耐えられなくなってくる。大人になれば強くなると思っていたのに、陰惨なフィクションも年々見れなくなっている。それは、年を重ねた分現実に起きる陰惨な事件を、それに対する酷い言説を、これまで見過ぎて、現実を見過ぎて、どうしても思い出すから、なんだか嫌になっちゃうからだと思う。大人になるにつれて、後からまれてくる子たちが傷つかない世界になればいいと、祈るようになってきたからだと思う。

フィクションなのに、現実被害に遭って泣いていた子や、かつて嫌な思いをしたとき自分を、思い出す。被害者の絞り出す様な言葉や、それに向けられた酷い言葉の数々を、理不尽を、やたらと思い出して、想像してしまって、苦しいときがある。

子供の時はフィクション作品メディアの力を舐めてたし、大人になればもっと区別がつくようになる、

なんならフィクションを見てリアルを思い出すなんてオタク失格だとすら思っていた。

でもそうじゃなかった。

倫理観スイッチ切って倫理観ゼロ作品を楽しむには、TPOがある程度大事だと知った。自分家族を亡くした直後に、家族を殺す話を楽しく読めないように。

倫理観ゼロ作品は、倫理観ゼロ現実世界では楽しめないと分かった。楽しめるならそれは娯楽である以上に、麻酔や薬であり、治療なのかもしれないと思った。生きるための救済。

作品の影響力を舐めたらダメだと思った。面倒なオタクである自分偶像フィクションに命を救われてなんとか生きてきた。

ならば人の命を奪う作品が無いなどとどうして言えるのか。

から今回の幸色のワンルームへの規制は、わたしは(あくまで私はな)、

これを見た「大人」がリアルに起きた事件や今までの経験フラッシュバックに耐えきれなくて「やめろ、せめて少女漫画カテゴリなかにいてくれ。そうでないなら無作為にまき散らす前に対策してくれ無作為にまき散らされて何が起こるか分かってんだおれはくわしいんだ(※嫌なことを沢山思い出しながら)」

って言ったんだと思う。

そういう側面は大いにあると思ってる。

「それでも僕はやってない。」が公開された以降から痴漢被害者への二次加害が酷くなったって話聞いてワァーってなった。

そんな変遷を見てきたら「こういう作品が公開されたら、また…」というフラバもそりゃ起きるよと思った。

直前に現実誘拐事件があり被害者バッシングを見てるんだから余計に「あれが、また…」ってなるよ。(だから本当にタイミングが悪すぎたんだよ…)

からといって作品自体消したいわけではなかった。

というかそれはダメだ。現実がこうだから配慮して作品自体消そうみたいなのは私が一番やりたくないことだった。だからゾーニングフィルタリング推進派なんだけどさ。

そしてゾーニングフィルタリングメディアの差でも実施できると思う。その作品に触れるまでのハードルの差があると考えているから。テレビ特にハードルが低い。例えば映画館での上映や本屋で棚が分けられパッキングされた単行本等とはそれだけでも違う。同列に語れないと思う。

からってガチガチにこの本は誰向け!この本はこの性別この年齢このカテゴリ!とかマジ誰もやりたくねーよ。なにそのディストピアだよ。

ネックは「現実事件に対する二次加害が野放しなこと」だから、ここがマシになれば結果的表現の自由も守られるんじゃねーかなと思うけどどうですかそのへん。

ほんとね現実クソだったよ。現実誘拐事件おこす犯人マジでクソだったし被害者に向ける目も相当クソ。二次加害を大量に見過ぎて本当にメンタル削れたし、なによりオタクリアル事件に対する大喜利に慣れ過ぎて、被害者がいるっつーのに自分も一瞬「あっそんなひどいことされてなかったのかも?」とか思ってしまったのがめちゃくちゃ自己嫌悪で死にたくなった(自分ネットアイドル二次オタクカルチャー10数年どっぷりなんですよ)。「そんなわけねーだろ」と思った。被害者の苦しみをも加害者のやったことも軽視出来るもんじゃない。絶対

この感覚のままでいるのはやばいと思った。でもこれは曲りなりにも女体持ちで嫌な思いも散々してきたから「そんなわけねーだろ」と思えた部分はあるだろうなってのもあるし、「そんなわけねー話」をいくらでも茶化せる人がいるのも知っていた。

誘拐ストーカー盗撮被害者叩きも遠い世界の人にとってはそれはファンタジーだろうしな。

でもファンタジーじゃねえんだよな。

私が生きていく現実に影響があるんなら、私は私のために戦わないといけないと思ったんだよ。

あのとき誘拐犯を擁護して被害者売女扱いしたアカウントほんとめちゃくちゃあって「で

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん