「視線」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 視線とは

2018-08-18

anond:20180818111055

得たすべては自分で得た物では無い。
なにかっつーと『自分努力して得た』方向に持っていきたがる。

そちらの言うところの傾斜がゼロ人間ほど。

経学研究を見ても、心理学研究からも、人間には、自由意志がない、
あっても極々僅かなので 努力教は好きでないです。
向上心なくイヤイヤやってた当然の結果として低賃金時間が無い状態意識低い系社会人や、
ボンクラペシミストに冷たい視線を投げかけるのは、
「すべき論」ではなくそんなんで生存出来ちゃうイージー具合に対する妬みです。

2018-08-17

子供は声より視線迷惑

大声で騒ぎ続けるのは声を出すのが楽しい時期なんだなあと思うし

延々走り回ってはしゃぎ続けてるのは体動かせるのが楽しい時期なんだろうなと思って腹は立たないんだけど

無遠慮にじっと見てくるのはやめなさい

もう一個言うと、"頬杖をつくポーズ"と"足が付かない台に座った状態で腕まっすぐで手のひらを台へ押し当てて少し顔を後ろに振り返り気味なポーズ"は全然かっこよくないしそのポーズを取ったところで誰も注目しないか直ちにやめろ

2018-08-14

anond:20180814185835

チェーン店全開のハワイで有名なアイス店とか上陸した瞬間並ぶけどね

結局周りから目線でしょ

あいつら他人視線気にしすぎなんだよ

自我がない

2018-08-13

anond:20180813163347

ギャン泣きしてるお子のとなりに、

年代の異性のお子が上品いちごミルクかき氷でも食べながら

冷たい視線を投げたりしても、泣き止まないんだろうか。

大人しい子は小さいころから大人しいし。

逆に五月蠅くなく子の気持ちって不思議に思ってそう。

2018-08-11

先生遠藤さんの上履きがありません! 7

前話:anond:20180809173821

第一話:anond:20160131184041

なろう版(同一内容):https://ncode.syosetu.com/n0012dq/

ケン

「みなさんを騙して、不安にさせて、それを今まで黙っていて、本当にごめんなさい」

 これで良いんだ。

「みなさん、園田君のことを許してあげられますか?」

 悪いことをしたら、認めて謝れば、許してもらえる。『自分はやってない』だなんて、最初から考えるべきじゃなかったんだ。さっさとこうしていれば良かった。

「いいよ」

「いいよ」

「いいよ」

「いいよ」

 ……

 その時だった。

ケンジ君は犯人じゃありません」

 アヤネが突然立ち上がって、そう言った。俺の目をまっすぐ見ながら。

 俺が犯人じゃない? なんでこいつがそんなことを言うんだ。

 ———俺は水曜日、確かにヒロミ上履きを隠した。昼休みが始まったら教室でぼーっとして時間を潰し、外で遊ぶやつらが出ていくのを待った。ヒロミもその一人だった。俺は誰の注目も浴びないように、まるで俺もドッヂボールをしに行くんだと言う風に教室を出て下駄箱に向かい、俺の下駄から3列ずれたところにあるヒロミ下駄箱に、彼女上履きが入っているのを確認した。そして、誰にも見られていないことを確認して、その上履きを取り、教室の反対側にある熱帯魚水槽に入れたんだ。あの時、「ポチャン」と言う音がして、跳ね返った水が少しシャツにかかったのは、はっきり覚えている。誰にも見られずに計画遂行した俺は、何事もなかったかのように校庭に行って、ドッヂボールに合流した。———

 確かにそうだった。だから俺は、今こうやって、わざわざみんなの前にたって「ごめんなさい」したんだ。それで、やっとみんなも許してくれるところだったじゃないか。それなのに、こいつは今更なにを……。

犯人は、……」

 アヤネが続けようとした時、後ろのタカヒロが飛び上がって叫んだ。

「僕じゃない!」

 意味がわからない。

「はぁ? なにそれ。誰もお前の話なんかしてねえだろ」

 全くだ。

 クラス視線は、一気にアヤネとタカヒロふたりに集中した。「いいよ」コールも止まっている。

犯人は……」

「だから僕じゃないって言ってるだろ!!」

「黙って、タカヒロ君疑ってな……」

「黙るのはそっちだ!」

「だからそうじゃないって言って……」

「うるさい!」

 タカヒロの怒声で静まり返った教室を、アヤネの涙声が濡らした。

「私はケンジ君じゃないって……」

『俺じゃない』……? 

「違う、違う、違う! 犯人ケンジなんだ。それでいいんだ。ほら、本人がそう言ったじゃないか!」

 ……。

あいつは、アヤネの上履きが隠された日の放課後、それを見つけたユウヤを羨ましいって言ったんだ! 『ヒーローだぜ?』って言ったんだ!」

 やめろ。

あいつは、みんなに褒められて、女子感謝されるのが羨ましくて、自分上履きを隠したのに、それをまるで、『俺は頭が良いから見つけられるんです』って言うみたいに、わざと知らないふりをして、自分で隠したのを自分で見つけて、自慢げに『先生、あった!』なんて言ってたやつだ!」

 やめろ。

あいつは、表では優等生ぶって、裏では女子上履きを盗む変態だ!」

 やめろ!!

 気づくと俺は教室を飛び出していた。

 俺は変態だ。いや、違う。俺は本当は、やってないんだ。俺は変態なんかじゃない。

『全部あいつが隠したんじゃねえの?』

 違う。

自分で隠したから、見つけられるんだ』

 違う。

『そういうの、ジサクジエンっていうんだって

 違う。

大丈夫だよ。みんなきっと、もう気にしてないから』

 俺はやってないんだ。

『俺は陰湿で、変態で、嘘つきで、自分がやったんじゃないと都合よく思い込んで、タカヒロを怒鳴って追い返してしまうような、ひどいやつだ』

 違う。

『謝っちゃえば良いじゃない』

 違うって言ってるだろ!

「ただいま」

 声の震えが悟られないように、精一杯いつも通りにそう言った。

「あ、ケンジおかえり。浦木先生から電話あったわよ」

 教室を飛び出してきたからだろう。

「だめじゃない、勝手に帰ってきちゃ」

「うん」

「無事帰ってきましたって連絡入れておくから

「うん」

「何かあったならお母さんに言いなさいね

「うん」

 とにかく一人になりたかった。

 俺は自室に入ると、鍵を閉めて、ランドセルを放り出し、ベッドに突っ伏した。

 あれは、夢だったのか……?

ポチャン』

 水の音。

 俺は壁にかかっているカレンダーに目をやった。父さんが会社でもらってきたもので、世界のいろんな場所の綺麗な写真プリントされている。9月は、オーストラリアエアーズロック写真だ。

 9月8日、水曜日ヒロミ上履きが隠された日。

 あれが夢だったとしたら、俺はあの日の昼休み、何をしていたんだろう。

 9月7日、火曜日アユミ上履きが隠された日。

 確かこの時は、廊下の窓の外に上履きが落ちてたんだ。俺がやったのか?

 9月6日、月曜日。ユカの上履きが隠された日。

 この時は、理科実験室のゴミ箱。俺は昼休み理科実験室に行ったんだろうか。

 9月2日、木曜日。アヤネの上履きが隠された日。

 この時は、俺じゃない。ユウヤが見つけたんだ。上履きがどこに隠されていたのかも、俺は知らない。

ケンジ君は犯人じゃありません』

 アヤネの上履きを隠したのは、誰だったんだろう。

犯人ケンジなんだ。それでいいんだ。ほら、本人がそう言ったじゃないか!』

 なんであいつはあんなに……。

 そういえばタカヒロとは、俺があいつを怒鳴って追い返してしまってから、話してない。『チョコボ』もやってないし、先週は卓球も行かなかった。あいつは、行ったのかな。

 考えれば考えるほど、気が重くなった。もう終わりにしたかった。どれもこれも、上履き隠しのせいだ。誰が犯人かんなて、どうでもいいじゃないか。みんなの前で謝れば、許してもらえる。それでみんな忘れてくれるし、また元どおりドッヂボールでもなんでもできるんだ。

 ……そうだ。今朝も俺はこう考えていたんだ。真実なんてどうでもいい。謝れば終わるんだから、それでいい。みんなとも仲直りできるし、タカヒロにも謝れるはずだ。そんな風に思っていた。

 ……

 プルルルル、プルルルル

 リビングから電話の音が聞こえる。

はい園田ですが』

 母さんの声。

『え、うん、ちょっと待ってね』

 誰だろう。

ケンジ、ヒロミちゃんから電話よ」

2018-08-10

anond:20180810132046

ヘッドセットの向きしか検知できないから、向くことは出来ても近寄ることは無理。

視線合わせて動く操作にするとかのアプリ側の対応必要

全く直感的ではないしな。

anond:20180810104102

1-1.カワイイから着てるだけで男の性的視線とかどーでもいい。

あと男の視線どうこうを置いておいて、自分身体うまい具合セクシーに装えると自分でも「おおーっ」と盛り上がれるのが楽しい

anond:20180810104102

体を出したい(暑さ、露出癖)が、完全に出すと恥ずかしく(可愛い恥じらいではなく劣等感世間に怒られる恐怖)、布があるから出していないという安心感を得られ、男の視線には無頓着

anond:20180810104102

 1-2.カワイイから着てるのであって性的視線は最悪、超ウザイ死ね

ただし、イケメンを除く。

流行服の「エロさ」に対する女子意識について

これ前から気になってたんで便乗して質問したい。

女子の服の流行は、基本的に徐々に露出が増える傾向にあるように勝手に思ってる。

大きな潮流としては、キャミソールの登場だろう。

あそこらあたりからブラ紐の露出市民権を得てきた。

そして去年・おととしあたりからか?

背中の上当たりが丸く穴の開いてる服が流行り始めており、

ついで元増田の指摘のとおり肩や二の腕が空いた服がガンガン流行ってきた。

そして最近台湾檳榔売りのようなスケスケレースを、

空いた穴部分に誂えたり、ホットパンツの上にスカート的に履くというのが流行っている。

最も特徴的なのは、単純な肌の露出ではなく、

「隠しているようで見えてる感じ」の演出露出である

単なるタンクトップホットパンツよりも場合によってはエロい

これは男の性的興奮や性的視線を当然催させる。


そこで質問なのだが、

女子意識としては、こういう服を着ることによるそうした男の性的視線についてどう思うのか。

1.カワイイから着る。

 1-1.カワイイから着てるだけで男の性的視線とかどーでもいい。

 1-2.カワイイから着てるのであって性的視線は最悪、超ウザイ死ね

  1-2-1.(トラバより)ただし、イケメンを除く。

 1-3.カワイイ服だけど確かに男の性的視線は確かに発生するだろう。いい気はしないが仕方がない。

2.エロいから着る。

 2-1.男の視線を集める服だからモテ服として着る。

 2-2.男を誘惑するために着る。

 2-3.男を挑発する、あるいは性的興奮を覚える男が滑稽なので笑える。

3.涼しい等の機能理由

 3-1.夏なんだから薄着のほうが良い。

 3-2.完全な肩出しだとずり下がるおそれがあるのだから穴が開いてるのではなく肩にかかる布部分がある服という方が正しい。

4.その他

 4-1.(元増田ブコメより)広い肩幅や、太い二の腕、処理しきれてない脇毛を隠すのに最高(nekonuma氏)

その他があればぜひ色々聞かせてほしい。

anond:20180809145537

2018-08-09

フリップダウンモニター

ってのがあるって今さっき知ったんだけど、これ結構作業用によさそうじゃね?

増田プログラマーとかの中でこれ使ってる奴おる? 

ワイとか基本姿勢が後ろに傾いてるから視線も水平じゃなくて斜め上とかの方が見安いねん。

anond:20180808163742

一人称三人称かで表現が変わる。それくらい書いておけ。人がいる場面なのかどうかすら分からん

 

それからな、単純に事象説明するだけでは小説として面白みがない。キャラクターの動きと組み合わせろ。たとえば、”何か落ちてくる気配を感じて飛び退いてよけた、一瞬視線が外れた、風圧と轟音、視線を元に戻すと、いつのまにか壁がそそり立っていた、どういうことだ? まるで壁がそのまま落ちてきたようじゃないか”とかな。

 

女の人としゃべる時は最初に顔をぼんやり見るわけだけど

俺みたいなキモオタが顔を見つづけてたら相手に失礼だし

そのあとはすぐ視線をそらして顔の横の空間とか肩のへんを見るわけだけど

胸の上あたりとかもマズイしまったく違う方を見てしゃべるのも具合悪いし

なんていうか焦点が定まらないんだよね

髪飾りとかでターゲットになるようなものをつけておいて

困ったらここを見つめてねっていう印があったら便利だと思う

2018-08-08

[]2018年8月7日火曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
0012924155187.253
0169601387.153
02272956109.548
03344273125.737
0416135284.547
05192226117.246
06181863103.552.5
0739372595.547
0876503366.244.5
091531038967.954
101591239978.048
111691186970.244
1214814948101.046.5
131191109893.344
141481356891.747.5
1513617139126.052
161431217685.149
171471463899.655
181421144080.642.5
19112888879.449
201881526181.236.5
211931343869.632
2214416161112.229
239712358127.439
1日262524736694.244

頻出名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

人(258), 自分(203), 女(177), 男(151), 増田(114), 今(112), 話(103), 問題(77), 仕事(77), 人間(76), 差別(75), 女性(74), 日本(74), 相手(70), 好き(69), 前(68), 理由(64), 意味(61), 関係(61), 他人(57), 普通(57), 社会(56), 感じ(56), 結婚(55), 気(54), 子供(54), 必要(53), 時間(53), 男性(51), サマータイム(50), 結果(50), 個人(47), 無理(46), 理解(44), ー(44), 気持ち(43), 婚(43), 別(43), 批判(43), 手(42), しない(41), 最近(41), 金(41), ネット(41), 主張(41), 国(40), 誰か(39), 医者(39), あと(38), 人生(38), 選択(37), 場合(36), 世界(36), 大学(35), エマ(35), 嫌(34), 逆(34), 行動(33), 時点(33), レベル(32), 昔(32), 状態(31), 頭(31), しよう(31), 医師(30), 下方(30), 他(30), 結局(30), 今日(30), 会社(29), 否定(29), 言葉(29), じゃなくて(28), 子(28), システム(28), 一人(28), エマワトソン(28), 趣味(27), ダメ(27), 顔(27), 全部(27), 嫌い(27), 全員(26), お金(26), 一番(26), 可能性(26), 本人(26), 努力(26), 自体(26), 周り(26), ただ(26), 最初(25), 扱い(25), すべて(25), 存在(25), KKO(25), 先生(25), 女医(24), 自由(24), 目(24), 奴(24)

頻出固有名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

増田(114), 日本(74), エマ(35), じゃなくて(28), エマワトソン(28), 可能性(26), KKO(25), なのか(23), 韓国(19), 元増田(19), 笑(18), コミケ(17), わからん(17), いない(16), アメリカ(16), フェミ(16), 社会規範(14), キチガイ(13), マジで(13), 甲子園(13), ポリコレ(13), …。(13), ババア(13), なんの(13), ブログ(12), 1人(12), キモ(12), LGBT(12), はてなー(12), ガチ(12), 説得力(11), ニート(11), 男らしさ(11), IT(11), いいんじゃない(11), ヘイト(11), デリヘル(10), ネトウヨ(10), 韓国人(10), 人間関係(10), 2時間(10), 中国(10), 価値観(10), イケメン(9), 分からん(9), 東京医大(9), 東京(9), ブコメ(9), 喪女(9), 生産性(9), 非モテ(9), 嫌韓(9), はてブ(9), 自己責任(9), 中韓(8), 高校野球(8), hatena(8), ワイ(8), twitter(8), isis(8), 熱中症(8), エマワトソン(8), 2人(8), 社会人(8), ???(8), なんだろう(8), リアル(8), Twitter(8), 同調圧力(8), AI(8), yahoo(8), キモい(7), スマホ(7), s(7), 女性差別(7), 嘘松(7), 自分たち(7), ダブスタ(7), 看護師(7), ー(7), 金(7), 個人的(7), モテ(7), 自己肯定感(7), ツイッター(6), 米(6), にも(6), 共産党(6), w(6), 2018年(6), ヤバい(6), 一緒に(6), マウンティング(6), 知らんけど(6), アプリ(6), アレ(6), ブラック企業(6), 第一(6), k(6), 被害妄想(6), 安倍(6), B(6), 10年(6), 多様性(6)

投稿警察もどき日中に再投稿された本文の先頭20文字 ()内の数字投稿された回数

はいはい (6), うんこ (5), うんち (3), なんで? (3), 世界政府について知っていること。教え(2), 人生目的って必要なのでしょうか (2), 具体的にどこがどう「スッカスカ」で、(2), ニートには妄想が見えてしまうわけです(2), ありがとうございます! (2), ゴミを書き込むな (2), パンティー (2), (2), 世の中の問題解決する (2)

頻出トラックバック先(簡易)

■みんながなにを考えて生きてるのかわからない /20180807071713(28), ■ラブホポイントカード /20180807045519(17), ■氷河期ニートの親戚と、就活成功した自分比較してみる。 /20180807210754(10), ■核兵器完全無力化の何かが出来ればいいのに /20180806232425(10), ■ラーメンもやしを入れるとダシの味が変わってしまうって話は本当か? /20180807045138(9), ■最近差別範囲広がりすぎてね? /20180807090748(9), ■社会人って虚しすぎるだろ。こんなもんなの? /20180807000943(8), ■大学生の夏休みって何したらええのん? /20180807142804(8), ■惨めだ。市役所結婚相談したら生活保護一旦打ち切ると言われた。 /20180806105126(8), ■システム屋さんがサマータイム反対してるけど /20180807153003(8), ■大学生だけど /20180806193154(7), ■冷蔵庫広告のせたら勝つ /20180807121938(6), ■現代人ってものすごく幸運なんじゃないか /20180806222827(6), ■女は常に男から視線に晒されている /20180807121107(6), ■anond20180807130748 /20180807131539(6), ■風の谷の増田 /20180807205144(6), ■優秀な医者とそうでない医者の違い /20180807124518(6), ■「死ぬ訳ない」とか思ってんだろ? /20180807201522(6), ■はたらく細胞、何でこんな人気なんだろう /20180807140313(5), ■人並みにおごれや /20180806211005(5), ■ちょっとバカな話していい? /20180807224201(5), ■彼女からレ〇プされたと告白された【追記あり】 /20180806062824(5), ■36歳児が仕事いやいや気に突入して3か月がたつ /20180807085026(5), ■anond20180807113652 /20180807120149(5), ■ /20180806192035(5), ■本当の光属性ってのはさ /20180806213950(5), ■サマータイム導入で日本から無くなるもの一覧 /20180806191027(5), ■ウチの父ちゃんネトウヨ嫌韓厨 /20180807154625(5), ■はてなーって甲子園で箸が転がっても猛批判しそう /20180807084318(5)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

5479745(2893)

2018-08-07

女は常に男から視線に晒されている

女性普段どれだけ男の視線に晒されているのか確かめるため、スク水を着て市民プールに行ってきた。

いや、呆れたね。

脱衣所から、男たちはこっちをジロジロ。

プール際を歩くだけで、みんな俺の方を見てきた。

一番驚いたのが、女性からも熱い視線を送られたこと。

全身を舐め回すように見たあと、睨んでくるやつもいた。

これが女同士のバトルというやつか…と、恐れ入ったね。

とにかく2時間プールにいただけなのに、心底どっと疲れたわ。

今までジェンダー問題って、どこか他人事のように感じてたけど、ほんと女性は大変だと思うわ。

ちなみに、女どもからまれときちょっと勃起したのは内緒な…w

女は常に男から視線に晒されている

女性普段どれだけ男の視線に晒されているのか確かめるため、スク水を着て市民プールに行ってきた。

いや、呆れたね。

脱衣所から、男たちはこっちをジロジロ。

プール際を歩くだけで、みんな足を止めて俺の方を見てきた。

一番驚いたのが、女性からも熱い視線を送られたこと。

全身を舐め回すように見たあと、キッと睨んでくるやつもいた。

これが女同士のバトルというやつか…と、恐れ入ったね。

とにかく2時間プールにいただけなのに、心底どっと疲れたわ。

今までジェンダー問題って、どこか他人事のように感じてたけど、ほんと女性は大変だと思うわ。

ちなみに、女どもからまれときちょっと勃起したのは内緒な…w

2018-08-06

anond:20180806225455

なるほど保険料を払っている側視線なわけだな

健康でうらやましい

anond:20180806142634

財産分与結婚生活1年につき200万円)

慰謝料100~300万)

養育費 20歳まで1人当り10万円/月とか)

から罵倒、周囲からの冷たい視線

2018-08-04

「使えない人」に対する考え方

数週間前にやってきた新人、評判が最悪だ

あいさつしない、覚えが悪い、作業にすぐ取り掛からない、すぐ気落ちする、考え込みすぎる

上司からも同僚からも徹底して嫌われている、男女問わず

とうとう先日「こいつは覚えが悪くて豆腐メンタルからその前提で接しろ(意訳)」というお触れまで出た

さらに別途「こいつは無能なくせにプライドだけ高いからどうしようもない(意訳)」と追撃まであった

ここまで嫌われている新人は初めてで、困惑しつつ今日彼の講師役を担当した


…どう考えても、どう見てもただの引っ込み思案だ

さすがにプライドが高くて何もできない人と引っ込み思案な人の区別ぐらいつく

物腰はやわらかいし、客が物分かりの悪いことを言っても苛立つ素振りもない

教えていても、一度ちゃんと教えたことはやってくれる


ただ、他人から嫌われたくない気持ちが強すぎるのか若干丁寧すぎるところと、

形式だけの指示を呑み込むのが下手糞なきらいはあった

「とにかく〇〇してください」という言い方ではだめで、「このままだと××と△△が進まないので〇〇を先に進めてください」と言う必要があるのだ

気が進まないとはっきり口にすることもあった

それにしたって無理強いせず「では、待つので心の準備が出来たら教えてください」と言えば比較的すぐにとりかかってくれた


何なんだろう、これは

あいさつしないというのも今なら何となくわかる、作業中のメンツを大声で邪魔したくないというだけなんだろう

個別視線があえばちゃん挨拶してくれる

きっと「こんな常識すら知らないのか」と陰で囁くだけでなく「ちゃんと大きい声であいさつしてね」と言えば改善してくれるように思う


やたら皆から評判のいい別の新人理解度対応力で大きな差は感じない、なのに何が彼をここまで嫌われ者にしてしまったのだろうか

今更「そこまでひどくない」などと言ったところで彼の評判は変えてあげられないだろう

別に他の新人より大幅に優秀です、なんてレベルではないし

でも、例によって我が職場慢性的人手不足猫の手も借りたい状況だ

有能が人間がほしいという気持ちは分かるが、無能ではない人間を扱いにくいというだけで

お荷物扱いするのは、高望みが過ぎるのではないか

それとも「扱いやすい」ことも能力のうちに含まれるのだろうか

だとしたら、扱いにくい人間を一担当による独自の工夫で仕事させるのは悪と言うことになるのだろうか


「使えない」とされてる人はどう取り扱うべきなのだろう

しかすると、工夫などせず「社に合わない」と切り捨てるのも優しさなのか?

毒の親

私の親は、今でいう「毒親」だったと思う。

特に母親が。




さいころから母親父親を嫌っていて、昼夜構わず目の前で喧嘩した。父親の声はほとんど聞こえなかったけど、母親の金切り声をよく覚えている。

父親実家祖父母と同居していたのだが、そちらとも母親はそりが合わなかったようで、空気はいつも良くない。

父親祖母悪口愚痴を常に私にぶつけていた。

母親は、自分のペースや考えていることに合わせないと、その他の意見を総批判。吐き捨てるように批判してくる。

小学生の時、鉄棒の前回りが怖くて出来なくて、やれるまで帰るなと公園に置き去りにされた。夜暗くなるまでやらされたけど(一人で)怖くて出来なくて泣いていた。

母親から褒めてもらったことは覚えていない。けなされた(バカにされた)ことは覚えている。

そしてそんな状態の私をかばってはくれない父親。「お母さんは怖いな」くらいしか言わない。喧嘩せども最終的には言いなり。




喧嘩していた夜は、違う部屋に移って扉を閉めていてもうるさくて怖くて、布団をかぶって「早く終わって」と泣きながら耐えていた。

母親と違う意見を言うと、「~(持論)~じゃない。(当たり前でしょ)バカね」見下す視線付き。

歩くペースや乗る電車など、もう少しゆっくりでもいいじゃないと思いゆっくりしていると、母親イライラするのか「グズなんだから」「ノロね(ノロマね)」と言ってくる。母親は悪びれもせずに言うが、言われるたび辛かった。

母親から聞く悪口洗脳され、反抗期もあったせいか父親祖母のことを邪険にした。母親のことも好きじゃなかったけど。

彼女から愛情を感じたことはない。自分の思いどおりにいかいから怒る。そうとしか思えない言動の数々。

そうした環境が嫌で、高校生の時一度バイト上がりに深夜まで友達と遊んでいたことがある(連絡はいれていたが「帰ってこい」の催促を無視していた)。

家に帰ったら母親に盛大に泣かれたが、私が「兄は遊んでてよくて、どうして私はダメなの」と問い詰めたら何も答えずに「出ていけ」とのこと。多分、兄があまり注意を受けずによく遊んでいること、普段から兄びいきの発言が多いのでイラついていた、それについて問いただしても納得のできる言葉をもらえなかったこと、その辺の複合的な心情が爆発したと思う。

心配するから」の一言があれば謝るつもりだったが、何も答えてはもらえなかった。

母親は頭ごなしに意見をし、理由説明しないことが多い。「なぜ?」と問うても「そうだから」と答えになっていないことが多い。

「好きなようにしていい」と私には言うくせに、母親には基本的に逆らわない父親。結局折れる。奴隷

季節は冬、ラジオの早朝英会話教室みたいのを聞いていたことがあって、ラジオは両親の部屋にあったから聞きに行ってたが、寒いから布団に入れと両親それぞれに言われ、困ってどっちの布団にも入らなかった。その時ほど面倒なことはなかった。最初良心からだったのかもしれないが、次第に相手に対抗してどっちの布団に入らせるかムキになっていた。くっだらない。

車の免許を持っていない母親は、車を運転することでの疲労や維持する費用ガソリン代のことをまるで考えない。父親運転するのが好きだったのか、数時間程度なら休憩なしでぶっ続けで運転していた。それをこっちにも要求してきた。疲労感やあなたの足ではないからねとどんなに説明しても理解はしない。

旅行中は喧嘩をしないことが多かったから、旅行は好きだった。

私の出産の時、初孫で浮かれていたのか、次の日にさっそく病院へ。夕方出産でお風呂にも入れていなく、前日までの長い陣痛で数日まともに眠れていなかったが、まぁ孫に会いたいだろうと12時に来るように言ったが10時に来た。来たら1階まで迎えに行くと言ったが(病院は1階が診察室で2階が病室。お見舞いは基本的入院してる人が1階まで迎えに行く)そんな早くに来るとは思わなかったからちょうど風呂に入っていた。迎えに行くつもりだったから病室も教えていなかったがアクティブにずかずかと病室を聞いて上がってきていて(1階の受付はほぼ診察の人用でまぁ話しかけづらい雰囲気だったけどそんなの関係ない人なので)、風呂のあと仮眠したかったが叶わず、夜まで居座られ大して眠れず。病院の決まり子供を抱けない、写真も近くで撮れないと知り露骨がっかりし、ずっと私の病室で私の見ていないTVをひたすら見ていた。帰れ。

誘われたけど、里帰り出産なんかしたくない。絶対に。

普通は里帰り出産するでしょ?でもしなかったから、二週間くらい孫ちゃんとこっちおいでよ。行きと帰りは夫くんに車で送ってもらってさ」

その理屈はなんだ。あなた普通は万人の普通ではない。ましてや私の普通でもない。二週間って別居でもあるまいし通常の家族が「実家に帰るね~二週間くらい☆」な気分でそんなに離れるか。乳児も連れて。私は嫌だ。それに行きと帰りだけ夫を足に使えというのか。結構距離を。

当然断った。




もういい年だから、親のせいにしてはいけない。自分意見がないのも、あっても言えないのも、周りに合わせることを第一と考えるのも、決断力がないのも、怒る怒られるということに極端に恐怖するのも、誰かの怒鳴り声でもパニックを起こし過呼吸になるのも。

でも、私は自分の子供をこうにはしたくない。同じ思いをしてほしくない。やっぱり大事だよ、生まれからの18年あまりは。一生の性格を培う。人一人を歪めかねない。

縛られている自分も嫌だ。だけど、夫と子供は守りたい。私の家族を守りたい。

2018-08-03

俺を受け入れないなら、俺もお前らを受け入れない!

会社が俺を受け入れないのはおかしい!全ての会社は俺を受け入れろ!とか

なんかもう色々馬鹿が騒いでいるんだけど

そんなに「可哀想存在として特別扱い」されたいのかな。

可哀想存在……劣等人として……

常に哀れみの視線を受けることになっても良いのか……。

差別」じゃなくて「特別扱い」だからいいんでしょ?大変だな。

医者になれなかった(元)女子ぼやき

はじめに

大学(※1)の医学部入試問題について、どうしてもぼやきたくなった。

あくまでも個人意見ではあるが、随分と乱暴意見だとも自覚しているので、その所予めご了承ください。

あと、これは個人の雑感なので、読み易さは期待しないで下さい(※2)。

最後に、二重括弧で脚注付くって言うからせっせとつけたけど何故か脚注付かないので、手打ち脚注を付けました。もしもミスを見付けても、この間抜けについてはどうか(鼻で)笑って許して下さい。

※1:伏せる意味は欠片も無いが、様式美だと思ったので付けた。他意はない

※2:(意訳)クソ長ェ意味の無い文章が続くけど素人感想文だから許して下さい

増田について

ごく普通田舎(※3)生まれ田舎育ち。

基本的には親戚含め概ね一般家庭であるが、父親とイトコと義大叔父とがそれぞれ医者という、何故か不思議な縁がある。(※4)

タイトルの通り、本人の性別は女で、そして医者では無い。既に女子と名乗る年齢は過ぎたので、(元)女子コメント一言

※3:七大都市圏外に生息。県庁所在地ではあるが、当県には新幹線が通っておらず、未だに女子は親元にいて当然、みたいな思考がまかり通る程度の田舎

※4:何故か世代ごとに一人医者がいる。所謂、偶然の産物

ニュース(※5)についての感想第一声)

「まぁ当然じゃない?何で叩かれてるの?」

※5:伏せる意味は欠片も無いが、様式美だと思ったので付けた。他意はない(二回目)

増田医者になれなかった理由

入試を受ける許可が降りなかった』ので『医学部受験が出来ず』に『医者になれなかった』『元女子である

因みに偏差値は何とか足りてた。まぁ何とか、レベルだったのでもしかしたら国試に受からずに医者になれなかった未来もあるかもしれないが、そこは今は割愛する。

入試を受ける許可が降りなかった話

ただの自慢だが、高校二年の頃までは、随分と増田の成績は良かった(※6)。

高校一年までは、まだどうなるか分から模試の結果にも志望校にも何も口を出さなかった親が、二年最初模試の結果を渡した時、初めて話し合いの場、というものを設けられた。

結論から言うと、増田はその話し合いを経て『医学部を受けない』事を確定した、という話である。(※7)

事の次第はこうだ。

その模試の結果が返って来たその週末、『模試の事で話したい事があります』と親子三者面談が行われることとなった。

滅多に家に居ない父親がわざわざ昼から家に帰って来ての三者面談であったので、非常に緊張もしたし、内心『エライコッチャ』と思った。

先の通り、まだその頃(※8)は別段叱られる様な成績を取っていたと思っていないので、何故呼び出しを受けたのか分からない、という混乱もあった。

「こないだの模試の事なんだけど」と、母親が口火を切った。

「この志望校は、どういうつもりで書いたの?」

その時まで、得点偏差値といった所について怒られるものとばかり思っていたから、返答が「へぁっ?」という間抜け極まった返事になった。この面談が何の為に行われているのか、全く理解が追いつかなかったのもある。

娘の間抜けな返答にに、両親は特に叱るでもなく、母は言葉を重ねた。

増田あなた医者になりたいの?」

母の指先が示していたのは、志望校の欄に書かれた、地元医学部の欄であった。

「いや、そういう訳では…」

それまでのほほんと『まぁ今の偏差値ならこの辺りの学部書いとけばいいだろ』と志望校を書いていた増田は、母親言葉で『自分が本当に医者になりたいのか』という事を初めて、真面目に、考える事になった(※9)。

我が家勤務医であったので『実家病院を継ぐ為に、何が何でも医者にならなければならない』という家庭の事情も無ければ、『パパみたいにおいしゃさんになるのー!』みたいな可愛らしい夢も無く、『医者になりたいのか』という問いに悶々と悩んだが、すぐに答えが降って湧いて出る訳も無い。

いつまで経っても(※10)返答をしない増田に、母は再度口を開いた。

「じゃあ先に、私達の意見を、聞きなさい」

うろうろとテーブルの片隅に置かれていたコップの辺りで彷徨っていた視線をふっと上げると、母の強い視線に当てられた。残念ながらスローモーションにならなかったが、それでも随分と怖い顔をしていると思った。

「定年まで勤める覚悟が無いならば、医学部受験は認めません」

それまでずっと黙っていた父親は、やっぱり黙っていたけど、母の言葉追従する様にうんうん、と首を縦に振っていた。

※6:大見得を切った。自慢して歩ける程良くは無かったが、教師や親から叱られる程悪くも無かった

※7:(意訳)クソ長ェ意味の無い文章が続くけど素人感想文だから許して下さい(二回目)

※8:何の反動か知らないが、この話し合いの後一切勉強をしなくなったので、その後当然成績は真っ逆さまに落ちた。高校二年の頃まで、と書いたのはそのせいであ

※9:人生舐め過ぎである

10:とはいえ、今考えても三分も経っていない。カップラーメンは待てても娘の返答は待てないらしい

医者になるには、という話

両親の主張は、主に二点であった。

借金と返済の問題

医学部、それも国立医学部に入る、という事は、日本国民から借金をする(≒投資を受ける)と同義である

これは防大についても同じ事が言えるが、極論、医学部学生というのは『将来的には国益になる』と信じられているから、通常よりも多く『投資を受けている身分である

原資は何か?当然、国民血税である。その投資を受けた以上は、医者になったならば、労働を通して国民へ返さねばならない。

医学部に入って6年、専門を決め、安定した独り立ちをするまで更に数年。

10年近く投資を受けるのだから、同一年数は働かないと、その投資に見合った返済が出来たとは言えない。

最低でも46歳、そこまで働く気がないなら、税金泥棒になるのだと自覚しろ、と締め括られた(※11)。

資質問題

『どこでも眠れる』『すぐに眠れる』『すぐに起きれる』『寝溜めが出来る』の何にもかすっていない増田には向いていない。増田はどれも欠落しているか資質が無い。とばっさり切られた

何を想定しているか?無論、当直時、あるいは緊急時即戦力として対応出来るか否か、という事である

尚、緊急時には『有事』も含むからな、国立大卒なんだから当然、とも言われて、己の命の使い方も本気で考える羽目になった。

11:据わった目で『国益』という単語が出た時に、九州女性の腹の括り具合怖ェ、って思いました(感想文)。尚、両親は特定の党も支持していなければ、右の話も左の話もした事が無かったので、余計ビビりった

試みた細やかなる反論と、切り捨てられた回答

・私よりも成績の悪い医者が生まれるかもしれない(※12

→最低限の国資を通った以上、四十歳半ばで辞める優秀な医者よりも、定年まで働く普通医者の方が国益に勝る

看護師女性が大半だけど回ってる

→総数比を考えろ。数が少ないという事は、医師一人に対しての負担看護師比率分だけ上がると自覚しろ

別に定時で帰れる様な小さな病院に勤めれば良くない?例えばアルバイト医師(※13)とかさぁ

→甘 え ん な 阿 呆 (※14)

12自分がドベの成績で国試に受かるかもしれない、という思考を持たない愚かな小娘の僅かばかりの抵抗

※13:その当時、我が家の父は副業で日勤のアルバイト医師もしていたのでそういう発想に至ったのだが、若い頃はアルバイト医師として当直ばっかりしていた為、余計家に帰って来れなかったそうである。そりゃ人が居ない時間を埋める為のアルバイトであるんだから当然である

※14:地雷を踏んだ

終始大半を黙っている父親と、それを取り巻く家族の話

さて、以上の話は全て母親が話をした。

父親はずーっと『そうだぞ』とか『お母さんの言う通りだ』とか、合いの手しか入れなかった。

口下手、というのもあるが、彼は『父親ではない』というのが大きな理由である

一行で起こったこ矛盾であるが、彼は『生物学上における父親であるが『家族構築関係上における父親』でない、という人なのである

私が幼い頃、まだ医局という所は随分と力があり、若手医師の勤務先は医局の鶴の一存で決まる様なレベルであった。ペーペー医師である父は一週間の大半は家にいなかったし、弟は帰ってきた父親父親だと理解出来ず、抱かれた瞬間火の点いた様に泣いた、という古典的エピソードである程、家に帰ってこなかった。

ペーペーを脱しても主流医師でない(※15)父は、時には単身赴任も交えながら、随分と家から遠いあちらこちらの病院転々としていた。

結局、父親我が家根城に出来る様になる頃(※16)には子供達は反抗期を迎え、ちっとも父親として接していなかった父親は、子供とどんな話をして良いのか分からない、という状態に陥っていた、そんな時期がこの事件の頃合いである。

所謂、『仕事人間家族と関わって来なかったお父さんが定年を迎え、家族との接し方が分からない』という状態になっていた為、結果娘に何と言えば良いのか分からなかった、というやつである

彼がそうなった原因の一つに『田舎医者が少ない』という点がある。

圧倒的に『全体数が足りて無い』が故に、『一人当たりの当直数が多く』なり、またそういう人数が少ない病院ばかり転々としていた(※17)のも相まって、父親はいだって住まい病院です』みたいな生活を送っていた(※18)。

たまに家に帰って来て『今日はお父さんが帰ってきたから、家族四人で外食に行こう!』となっても、たった二時間もしない食事最後に彼のポケベル(※19)がけたたましく鳴り、家族団らんが解散になった事は数えきれない程あった(※20)。

当然、盆暮れ正月関係無く、少なくとも我が家帰省冠婚葬祭も含め父親を交えて一泊二日以上の旅行に行った事が無い(※21)。

そういう訳で、我が家は常に『母子家庭』と同等であった。何せ基本的家族行事に、父親はいだって居ないのである入学式卒業式も発表会も、父親がいた記憶が無い。

幸いにして母親専業主婦ではあったが、代わりに田舎ならではの『旦那(=増田父親実家の面倒』を見るという仕事はあり、最近流行り(?)のワンオペを当時より当然の如く強いられてきた。

別段その事については特に思う事は無かったそう(※22)だが、そういう母を間近に見ていながら『私の仕事の穴を他の人が埋めてくれれば良くない~?』みたいなニュアンス発言を娘が行った(※23)のは、流石に看過出来なかったらしい。

という事で、此処からは若干説経と、あと当初の想定通り偏差値について幾ばくかの説経が入ったので、ここで一端幕を降ろす。

※15:と父親本人が言っていた。本当の所は知らない

※16:医局の力が弱くなってきた事と、勤務先について本人の希望を汲んで貰える程度には中流層に入った頃合い

17:「していた」のか「させられていた」のかは、今はもう分からない

※18:一度だけ父がインフルエンザに罹った時に、『入院していい?』と聞いたら、師長さんに『(いつも病院生活してるんだから、)病気先生の面倒まで見たくありません』と断られ、そのまま家にいた母親に迎えの要請電話が来た(実話)

※19:少なくとも、私が小学校を上がる頃まではポケベルが主流であった

20とある店に行くと、なぜか謀った様に毎回毎回鳴るので、仕舞いには弟と『今日ポケベルが鳴るか鳴らないか』という賭け事(掛け金:翌日のオヤツ)をやっていた(※現金の絡む賭博行為違法です)

※21:いわんや海外旅行をや

※22:父と結婚するにあたり、ワンオペ育児を行う事になると重々言い含められ、了承の上の結婚だった、と後に語る

23自分の穴埋めをしてくれる人(=他の医師)を全力でバックアップする人間(=その医師家族)に対して軽視し過ぎであり、礼を失した態度である、というお怒り

後日談

その後、別日ではあったが、もう一度話をされた。

その時に言われたのは、

増田が本当に医者になりたくて且つ子供も欲しいなら、孫(=増田の子供(※24))が一人で留守番が出来る年齢になるまでは私がフォローする。私の体力が追いつかなくなったらシッター代も出す。だからそれも踏まえた上で、自分が『医者』になりたいのか、『母親』になりたいのか考えろ

・ただし、その場合増田就職は(地元)県一択になるだろうから、そこを前提に考えろ

田舎から出ていきたいと思うなら、専業主夫になってくれる男性結婚か、或いは子供を持たない夫婦二人暮らし選択する事になるが、家事労働を金で買うかのどれかだが、そういう考えに賛同してくれる相手は数が少ないと心得よ

医者になる幸せと、(増田)の人生幸せ(※25)と、よく考えてから志望校は決めなさい

そういう話をされ、『そこまでして医者になりたいか?』と考えた結果、以降増田志望校から医学部名前を書かなくなった。

24:結果として、母親の想定年齢を超えても増田は一人身だし当然の様に孫も産んで無い為、このくだりを書きながら無駄な気苦労をさせてすまない…、という気持ちで一杯である

※25:生活力の無さを見抜かれた上での発言であり、別に子供を産むことを推奨はしていない。30歳を超えたある日、電話口で母に『孫いなくてごめん』と謝ったら『子供なんて、居たら居た形の幸せがあるし、居なきゃ居ない形の幸せがあるんだから比較も出来ないし、(母)に謝る事ではない』と叱られた。本当にすみません

第一声について

此処まで書いてこんな事を言っても信じて貰えないだろうが、別段増田は『女性医者になるな』と主張したい訳ではない。

ただ、医者になりたいのであれば『自分が誰に投資をされたのか』という事を忘れないで欲しいし、その投資に対して最低限ペイをする気が最初から無いならば、その道は他に譲ってくれないだろうか。(或いは、現場医師ではなく、研究職といったルート選択するとか、兎角ペイを出来る道筋を立てて欲しい)

そして、医者の総数が少ない以上、途中で辞めてしまう優秀な医師よりも定年まで働いてくれる平々凡々な医師の方が有難い、と思う程に、医師の少ない地域があるのだ、という事実に少しで良いから目を向けて欲しい。

産休・育休をしても尚女性医師が長く働ける職場を、と言うならば、お互い様精神で、男性医師だって同じ様に休ませて欲しい。女性医師休みは認めろと声高に叫ぶならば、同じ様に男性医師にも同じ期間だけ育休を取得する権利を声高に叫んでくれ。

女性妊娠出産するから優遇されて当然でしょ!』ではなく、女性であろうが男性であろうが同じ様に当直を行い同じ様に休みを取り同じ様に昇給して同じ様に家族との時間を持てる様にと主張して欲しいだけである

が、現状、当然比較論ではあるが妊娠出産を機に投資に見合ったペイもせぬまま医者を辞める女性は多く、その穴埋めを男性医師が当然の如く行っている以上、男性下駄を履かせたり、女性を少なく取ったりしたって『当然だよなぁ』と思うのである

少なくとも、医者になりたいし母親にもなりたいの!と思うならば、実家フォローパートナーフォロー(※26)/民間(例:シッター)のフォローなど、両立出来るだけの道筋を立てられるかどうかを、一度考えてみて欲しい。

※26:我が家場合は『奥さんに丸投げ=パートナーフォロー』なので、真面目に女医を成立させるならで自分の代わりに家庭を全て回してくれる人を探す案をおすすめしたいし、現状それで男性医師の家庭は回っているのだから女性医師が真似ても上手く回る例なのでは?と本気で思っている

当該の迫害されている女性医者(或いは医学部志願女性)では無くて、けれど『女性差別だ!』と怒れる方へ

まずは一人一人が己の健康を顧みて、医師負担を減らす事で、医師仕事量の総数が減り、結果男女共に産休・育休を取りやすくする事を目指しませんか?

具体的には

・無茶なアルコール飲酒をしない(急性アル中患者を減らす)

・無茶な運転をしない(交通事故患者を減らす)

・日々歩く、と言った最低限の健康管理を行う(成人病リスクを下げる)

・(今のシーズンだと)熱中症予防をきちんと行う(急患の数も減らし、重篤熱中症患者を出さない)

予防接種を受ける(風疹騒ぎ、よもやお忘れではあるまいな…?)(※27)

健康診断を受ける(数年に一度脳ドッグオプションを付けたり、市町村区フォローしてくれるガン検診を受けたり、早期発見早期治療を目指す)

みたいな。

少なくとも、そういうフォローの仕方もあると思うので、ご一考頂ければ幸いです(※28)。

※27:予防接種については、医学的に受ける事も出来ない人(例:妊婦風疹ワクチン)もいるのだから、少なくとも飛沫感染・蚊を媒体にした血液感染系の予防接種医学的に問題が無いなら受けて欲しい。接触型感染である子宮頸がん、みたいな類のワクチン医師家族相談の上自己判断で良いと思うけど、少なくとも不可抗力他人うつしてしま可能性があるならば、皆で予防する、というのは基本的な事ではないか

28:これ、医者に限らず例えばサービス業に対しても同じだと思うのですが。と申し添えておく。お金も払わずサービスだけを求めるのを止めて、サービスに見合った対価を払うか、或いは対価を払いたくないのであればサービス求めないとか。まずは等価交換が基本でしょう?

おわりに

この間、実家に帰ったら父親にぼそりと『(増田)を医学部にやれば良かった』とか言われた。

オメェ、あの時散々反対したじゃねーかよ。と殴ろうかと思ったけどやめた。

属性医者』をようやく辞める事が出来た彼は、ようやく『属性父親』の練習を始めたばかりであり、目下家族との対話練習中なのであり、まだまだ足りない日本語(※29)をフォローし、行間を読む日々は続きそうである

※29:我が父は日本語も下手だし自力で読解出来ない文字を書く為、転々

2018-08-02

教員採用試験一次

通過、おめでとうございます

と、今年じゃないいつかの夏に、誰かに言って欲しかったというだけなんだけど。

合格したと思ったら八月中に二次試験があったりしてさ、面接対策やら実技の対策やら、今年の夏休みはちっとも夏休みなんかではないでしょう。

せっかく授業も保護者対応もないのに、研修資料作成指導作成も教材研究もできないじゃん、と嘆いた時代自分にもありました。

大丈夫来年夏休みもっと夏休みじゃないから。

初任者研修は凄い。一年目の人間を潰そうとしているのかというレベルで凄い。

仕事内容は変わらない。試験勉強ももうしない。でも、出張が多い。つまり自分時間がガクッと減る。

講師の方が楽だったなと思う。正直思う。

でもさあ、やっぱり保護者視線は変わったよ。

職員室での空気感も変わった。

どんだけ頑張っても、むしろ頑張るほど「講師のくせに」って白けた視線向けてくるダレカが一定数いるじゃん。

あれ皆無になった。やってることは同じなのにさ。一年更新を続けてく講師と、正規任用の教諭って、なーんかよくわからん違いがあるみたいだ。

同じ職場講師仲間がみんな落ちて、自分だけ次の選考に進んだりしてさ。

受かったのに逆に肩身が狭くて、二次対策したいけど職場じゃできないとかさ。

足の引っ張り合いみたいなこともあるかもしれないし、もーやってらんねーってなるかもしれないけどさ。

とりあえず目の前の試験もうちょっとクリアしてみると、見えるものもある、かも、しれない。

こども阿呆みたいに可愛いじゃん。

勉強できる子もできない子も、生活習慣しっかりしてる子もしてない子も、センセーの話よく聞く子もさっぱり聞かない子も、結局のところさあ、全員めっちゃ可愛いじゃん。

半年ごとの契約更新とか三月契約が切れることとか教諭の皆様方のお伺いをたてなきゃいけないとかさ、

そういうこと考えないでガッコのセンセーに集中できる。

それはすごいよかったなと思う。

頑張って試験乗り切ってください。

夏休みの不良友達

真面目系な私には、「あっくん」という男友達が居た。

高校生になりゲームセンターに行くと、あっくん面影を感じる人がいた。

金髪でツンツン頭。耳にはピアス

気の弱そうな人が謝罪しているのに対し、煽っているような感じだった。

あっくん久しぶり!元気にしてた?」そう話しかけると、驚いてた。

気の弱そうな学生は逃げていき、私とあっくんのみになった。

何かを考え込むあっくんをよそに、車のゲームが近くにある事に気づいた。

「久々にさ、このゲームしない?」

「お、おう」

声変わりたからだろうか、イケボと呼ばれる部類の声だった。

声変わりしたんだね!イケメンボイスになってる」

そう笑う私に、ずっと視線をキョロキョロさせてた。

女の子と話すの久しぶりなんだな~と思いながら、マリカートを楽しんだ。

その後、ゾンビ倒す銃ゲームやら、ホッケーやら楽しんだ。

「はー、久々で楽しかったね!」

「そうだな。明日も来るのか?」

「うん。暇だしね。それにしてもあっくん強いなー!!」

「……じゃぁまた明日な」

そうして夏休みの間、あっくん遊んだ

夏休み最終日、あっくんから打ち明けられた。

あっくんじゃ無かったって。

でも、私とあっくんはもう親友みたいなもんだった。

あっくん改め、まーくんと呼ぶことにした。

まーくんは色々と荒れていて、不良みたいな行動を結構していたみたい。


勘違いから始まった関係だけど……来月、結婚します。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん