「夢想」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 夢想とは

2020-07-19

作家なんてなるもんじゃないな

自分はかつて作家になることを志して夢破れた(そこそこ夢が叶いそうなところまでは行った)自分が、一昨日あたりに出版業界増田たちが書いた文章を読んで思ったことを書く。

以下長々と書いたが、一言でまとめると、「あー、やめといてよかった」


https://anond.hatelabo.jp/20200716012131

まずライターをやってる増田文章。これを読んで思ったのは、作家というのは自分が思っていた何百倍もくだらない仕事だったのだなということ。

作家を目指していた頃、自分でも「甘いよなあ」とは思いながら夢見ていたのは、筆一本で身を立てる職人生活だ。しかし、今時はオンラインサロンYouTubeをやらざるを得ないくらいに、儲からない仕事になっているらしい。

もちろん、当時から出版不況だとは言われていたし、作家になれば世情に媚びた文章を書いたり、執筆以外の仕事もやらざるを得ないことは分かっていた。しかし、オンライサロンだのYouTubeだの、ここまでくると、もはや作家というより「売文ネット芸人」だろう。

これからますます作家は顔も私生活晒して、芸人じみた生き方をしていかざるを得なくなるのだろう(専業でやる場合だが)。そこまでして数百数千の読者を抱えても、生活は並の会社員にも及ばない。ようやく文章を世に出せたと思ったら、Twitterだのブコメだので頭の足らない連中にゴミみたいな感想を書き散らされる。想像するだに身の毛がよだつ。

作家たるもの自分の書いたもので少しでも世を変えたい、そしてあわよくば、歴史わずかでも爪痕を残したい、という夢想をするものだと思う。程度は人それぞれだろうが、少しは作品を後世に残したいという思いは持つだろう。だが、今では作家の書く文章など、無数の娯楽の中の一つに過ぎず、ただただ消費されるだけのものだ。それも、一部の物好きが消費するだけで、ろくに金も産まない。断言するが、かつての大作家たちのように何十年何百年と読まれものなど、現代作家からまれることはない。残ってせいぜい五年か十年か。

無数の駄文ネット上に書き捨てられ、毎日のように駄本が出版される現代作家の書いたものが世を変えたり、歴史に残ったりすることはあり得ない。現代に書かれたもので、後世振り返られるものと言えば、おそらくドナルド・トランプツイートくらいだろう。「作家の書くものには言葉の力がある」などと言われる。だとするなら、「言葉の力」で世界一喜一憂させ、株価を動かし、世界情勢すら変えかねない、トランプこそ現代最高の作家だろう。業としての作家には、何の影響力もない。歴史にも残らない。何ならアルファツイッタラーの方が遥かに影響力がある。これが現実だ。

まり自分が夢見ていた作家像は、徳川埋蔵金と同じくらいの馬鹿げたものだったのだ。仮にこんな馬鹿げた夢を持ったまま業界に入っていたらと思うと背筋が寒くなる。絶望して生きていけなかっただろうな。


https://anond.hatelabo.jp/20200716203604

さて、次にこの編集者氏の文章だが、「いい本を多くの人に読んでもらう、それが編集者仕事だ」という矜持が僅かでもあれば、意地でも言わないようなことを言っている時点で終わっている。

もしも、作家になれていたとして、こんな人に偉そうなことを言われるのだと思ったら…こんな業界に身を置かなかった自分賢明だと思う。


https://anond.hatelabo.jp/20200717110714

最後印刷会社増田

もしも自分作家になって、それなりに自由ものを言える立場だったになれていたとしたら(無理に決まっているが)、こういう低い立場に置かれた人たちのことなど知りもせず、「搾取はいかん!」的なことを書いていただろう。自分搾取構造の一部になっていることな気づきもせず。

自分を顧みもせず、綺麗事を言う作家どもが如何に醜悪かは、皆さんよく知っていることと思う。Twitterを見れば、「よくもまあ、そんな偉そうなこと言えるよなあ」という腐れ作家どもが山ほど見れる。そんな人間にならなくてよかったと、心から思う。


いやあ、本当に、作家になることなど諦めてよかった。作家目指してあれこれ努力していた頃、「馬鹿言ってないで就職しろ」と言ってくれた両親に感謝したい。下手にチャンスが近づいていたため、当時は親を恨みもしたが、今では感謝の念しかない。

現在は、小さな会社のしがない社員だが、それなりに楽しくやっている。幸いコロナの影響も少なく、将来の不安は小さい。ステイホーム中は嫁と楽しく過ごすことができた。作家業なんてしていたら、この安心感は得られなかったろう。金もなければ、結婚もできていなかっただろうな。

「こんな文章書いて未練たらたらだな」と思われるかもしれない。確かに、未練が全くないとは言わない。一度は目指した夢だったのだから。だが、「やめといてよかった」もまた本音なのだ

夢を追って叶えていたら、もちろん得るものも大きかっただろうが、失うものはそれよりも大きかっただろう。そこそこ安定した生活家族のいる安心感、これらがないまま今の年齢になっていたら…。死んでただろうな、間違いなく。

腐すような書き方をしたが、作家諸氏には本当に頑張ってほしい。大変な時代と思うが、工夫して乗り切っていただきたい。乗り越えた先には、明るい時代が待っているだろう。知らんけど。

2020-07-13

「『THE★JINROイケメン人狼アイドルは誰だ!!」に行った女の手記

舞台を見に行ったら、出演者スタッフや観客の新型コロナウイルス感染が次々と報道され、「クラスター」という言葉こそ公式には使われていないものの、今日はついに主催から保健所から当社に対して(略)全ご観覧者様が濃厚接触者に指定されたとの連絡がございました」とホームページ上で告知があった。

めずらしい経験をしているので、「このご時世にイケメンめあてで新宿へ行ったバカ」と言われる私が、何を考えていたかをまとまった文章にしようと思う。

・防疫の観点からの、今回の件の検証

舞台演劇エンタメ業界の今後へのコメント

といったことは書いていません。

まず、私には推しがいる。てか推しがいなきゃ「『THE★JINROイケメン人狼アイドルは誰だ!!」なんてタイトル興行に行くわけがない。

推しが今回(6~7月)の公演に出ると決まって、「うわひどいタイトル」と「うれしいうれしいうれしい推しが生で見られる」を同時に思った。

エンタメ業界は2月から既に公演を自粛していて、この公演も1度延期をしていた。推しが出るはずだった他の公演も、演劇だろうとライブだろうと接触イベントだろうと、次々に中止・延期になった。だから久々に推しを見られることがうれしかった。

時勢を鑑みて観劇するかどうか熟慮する、ことはなかった。

推しの出演作に行かなかったことはないから、今回も当然行く一択だった。

友人の結婚式を欠席して推しに会いに行ったときや、社員旅行を蹴って推しに会いに行ったときに比べれば、どうってことなかった。

タイトルがひどいことも、シリーズ作のYoutubeで見られるアーカイブいまいちだと感じたことも、別によかった。私には、この公演がおもしろいかどうかより、この公演で推しが何分舞台に立っているかのほうが重要だった。

けれども私には恐いことがあった。

私は東京都内在住ではない。ものすごい山奥に住んでいるわけでもないけど、まあ普通に田舎である

少し前に、東京滞在から帰って来て陽性が確認された人がいた。そのとき炎上っぷりといったらなかった。

氏名、住所、出身校、職場家族職場恋人職場、すべてが筒抜けだった。私の周りでも「見せしめ」という言葉が「プライバシー侵害」」よりはるかに多く飛び交った。

まり人権侵害知事が会見で注意を促したら、「犯罪者かばうな」と電話が鳴りやまなかったらしい。犯罪刑法何条?

あの人が今どうしているか知らないけど、自分がああなったら社会の一員を続けられる自信がない。家族、親戚に申し訳ない。結婚、友人、近所付き合いといった人間関係を構築・維持できない。

あと、新型コロナウイルスのことがなくても「『THE★JINROイケメン人狼アイドルは誰だ!!」なんてタイトルの公演に行ったと、他人に言えるわけがない。

なので、「『THE★JINROイケメン人狼アイドルは誰だ!!」のために東京へ行く前に、もしも感染した場合シュミレーションをした。現在の状況を考えたら違和感いかもしれないけど、まだ何も起きてないときにそれを考えていたなんて、ちょっとおかしい。

私は持病がない。体力もある。感染しても重症化しない気がした。また、私の体調に逐一気を配っているような人がいない。少し具合が悪くなっても、家にこもっていれば誰にも気づかれず、そして誰にもうつさず過ごせると思った。私の意思に反して保健所に連絡を取られてしま可能性は低い。「推しを見る」と「感染してもバレない」を両立できると思った。

シュミレーションというより夢想だが、もし軽症で済まなかった場合も家にこもって力尽きるしかないなあ、死亡者検査はしないって聞いた気がするし、その場合もバレないだろう、と考えはした。

人様、世間様の迷惑を考えていないじゃないか、と自分でも思う。感染拡大させないことだけを念頭に行動すべきじゃないかと。けれど、全知全能でない私は、毎日様々なことに優先順位をつける。優先順位は、順位である。下になったものが私にとってどうでもよかったわけではない。大切なものどうしにも順位をつけなきゃならない。ごめんなさい。

新型コロナウイルス感染が広まってから「命は何より大事」という言葉をたくさん聞いた。

私には命より大事ものがある。というか、命は生きるための装置であってそれ以上ではないと思う。

私にとって生きるとは、推しを見て、解釈して、覚えることである

何をしているときが一番幸せですか?という質問に、食べるとき、寝るとき、と答える人が日本には多いらしい。私は推しのことを見ているとき幸せ。それが生きるということだし、つまりここ4、5か月は生きていなかった。

ちなみに、今回の公演が上演と同時にネット配信をしていたら、私は劇場に行かなかっただろうか。

考えてみたけど、それでも行ったと思う。ただそれは、現在配信技術解像度問題だ。つまり推しのことがどこまで細かく見えるかということと、他の人はいいか推しばっかり見られるかということ。そこが要求を満たしていればネット配信でもよかったが、実現するのは何年後だろう。

公演は予想に反しておもしろかった。

推しは素敵だった。素敵でも今回のようなことがあれば決まってた仕事流れる

イケメン人狼アイドル」とは、必ずしも出演者普段アイドル活動をしているので付けられたタイトルではなく、役柄が「晴れの舞台前にメンバー裏切り者人狼)が混ざっていることが判明したアイドルグループ」だからである。このアイドルグループの持ち歌が公演で披露されたが、耳なじみがよく良い曲だと思った。オタクの耳ではあるが。

公演後は普通疲労感があったが、発熱はなく、咳も味覚・嗅覚異常もなかった。ちょうど用事がなかったので一週間ほど引きこもっていた。その後も体調不良はなく、不要不急の外出を控え、新しい生活様式を守りながら一市民として生活している。今日主催から、冒頭の「全員濃厚接触者」の告知があった。

推しが陽性だったらおそろいにしたいか検査受ける」と言っているオタクを見た。それちょっとわかるなあ。

私もまた、世界の皆様の健康と、新型コロナウイルスのいち早い収束を願っています

2020-07-12

anond:20200712085209

研究成果にはきちんと適切な金と時間必要ということ。お前の夢想的なアイツラは怠けている論なんざ本来聞くに値しない。データ出すのなら表層的なテーマじゃなく研究成果をどう出すかのテーマについての本をきちんと読んでこい。

お前がするのはすぐアマゾン豊田長康氏の本を発注することだ。毎日新聞の「誰が科学を殺すのか 科学技術立国崩壊」の衝撃」でもいいぞ。

2020-07-05

27歳OL、生きる意味見つかってないことに気付いてしまった

恋愛大正義生き方をしてきた。

みんなそれぞれが抱える「事情」とか「個性」の範囲である気はするけれど、誰かに恋人に、求められたくて仕方ない。

自分で言うけど客観的に見て可愛い仕事もできる。

彼氏だってすぐできるし可愛い彼女を演じる自信はある。

彼氏と別れて、コロナ出会いもなくなって、ふと自分人生考えた時に「ひとりで成し遂げたいこと」がないことに気付いてしまった。

人生で、誰かのことを愛して、その人に愛されて、家庭をつくって、にこにこ笑って暮らしていきたい。

でも一人で成し遂げたいことがない。

「この仕事を極めたい」とか「○○で人を笑顔にしたい」とか。

「誰かと」じゃなくて「わたしは」こうしたい、が見つからない人生がふと空虚に思えてしまった。

みんなどうやって、なんのために生きてるのかな。

別にいいんだ、何か壮大な目標なんてなくても。

でも、せめて「これを頑張りたい、これを極めてみたい」な目標がほしい。

ここに書いて誰かが教えてくれるわけでもないし、自分で見つけていくしかないし、わかってるけど、でもみんなはなに考えてるのかが知りたい。

追記

気付いたらTwitterとか(?)でもコメントついてた。ありがとうございます

ただ恋愛以外に「自分が頑張る目標」がほしい、を書いてるだけのつもりなのに、「承認欲求」「自己顕示欲」の話が度々出るのが不思議

(内容そのものへの反応じゃなくて3行目を見てカバだwって思っただけならとても納得!たしかカバっぽかった)

しかにその辺は強いタイプなんだろうなぁと思うけれど<こんな文章を書くからには自己顕示欲が強いんだろう、滲み出てるぞ!>なのか、そもそも<そんなことを考えるのは〜>なのか…。

煽るわけじゃないので素直に教えてほしい。「成し遂げる目標がほしい」は「誰かにすごいって言われたい!」に直結することなの?

わかるようでわからない…。

なんかいろいろ思うところはあるのでまた追記させてもらうと思います

読んでくれてありがとうございました。

追記2】

指摘ありがとうございます。これは完全にわたし馬鹿だった…やばい人扱いされても仕方ないですね…完全にやばい

最初の「誰か認めて」は「恋人に好きと言ってほしい、可愛いと言ってほしい」の方がニュアンスは近いので修正します。

でも結局根底はそこなのかなとは思います自分の中で問題を切り離してるつもりで、全然切り離せていなかったし、そもそもまじで繋がってた感じ。

あと書いておきたいなって思ったのは、誰かのための人生否定してるわけじゃなくて(だってわたしの最終目標半分そこにあるし)、それ以外にもわたしは欲しいなって話です。

この先運良く大切な人が見つかるとも限らないので、どうせ生きるならどんな状況でも楽しく生きたいし納得して生きていきたい。

追記ラスト

優しいコメントもあって無言で消えるのは心苦しいか自分への備忘を兼ねて最後に所感を書いて消えます。いろいろ本当に聞けてよかった。ありがとうございました。

みんなそれぞれ考え方って違うんだな、ってコロナで思い知ったはずなのに、今日改めて思った。

なんとなく「みんな何に向かって生きてるのかな」=「何か目標があるんじゃないか」って思い込んでた自分に気付いた。よくないね

すっごくざっくりだけど、

意味なんてない、ただ生きるのだ派

・(家族とか)誰かのために生きる派

自分のために好きなことをやって生きる派

みたいな、いろんなタイプがいるんですね。

いろいろ読んで、わたしはやっぱり何か自分のために充実させたいタイプに憧れてるんだと思った。でも悲しきかな今は熱中できるものがない。

だけど、正直な話心の底では無駄に壮大なことを夢想してたけど、ちらちらアドバイスもらったみたいに、まずは目の前の面白いことに飛びついてみたり、目の前の問題解決したりしてくと何か見つかるかもって考え方素敵だなって思えた。びっくりするくらい勇気もらった。別に壮大なことじゃなくても、好奇心腐らせないことが大事なのかな。せめて毎日かに熱中して生きたい。

ほか細かく反応するの難しいか雰囲気で拾いますごめんなさい。

そもそも「誰かと愛し合って結婚したい」が壮大な目標

これは本当にそうだと思う。簡単だなんて思えないし。そしてなんか素直に嬉しかった。

これは諦めてるわけじゃなくて、この目標が悪いわけでもなくて、叶えたい。でももっと内面的な目標も欲しい、そんな感じ。

誰かの協力なしに、って意味の「ひとりで」じゃなくて「他人のせいにしない」ことがしたいんだと思う。わたし結婚幸せになったとして、もし万が一そのあと失敗したら悲しみを結婚のせいにしそうだと思ったから。嫌な性格。だから何があっても裏切らない自分を味方につけたいなって。そんで今は誰かに自分幸せを委ねたくないんだと思う。だから宗教も興味ない。自信の根拠自分で持ちたい。

いくつか指摘あったようにこれは向上心だといいな。たとえループするんだとしても。

>27歳の時そういうこと思った

ホルモンバランス厨二病みたいな感じなのかな?一種あるある?みんな通るみち?ならちょっと安心して悩み続けられる。

>そんなに恋愛一筋のやつとは合わない

1回それで彼氏に振られたことがあるので笑ってしまった。そうだよね合わないよね…悲しい…そこまで夢中にさせられなかったわたしも悪かった。

なんかい恋愛以外に道を見出したいのは昔のその傷が癒せてなくてこっそり疼いてるからも気がしてきた。忘れてたけど図星コメントされた気がしてすごく恥ずかしい。

コロナ終わったらいい人見つけて、でも彼氏依存せず、自分人生も楽しみたい。

まずは目の前の仕事頑張ります

2020-07-03

anond:20200703232721

問題自粛に対する補填だろ?

感染防止のために自粛はせざるを得なかったんだから

無論政府借金によるものだが、仕方ない。だが財政均衡を旨とする連中にとっては政府借金による補填は許されないから、「自粛せずとも感染は広がらない」という状態でないと困るんだろうけどね。

あの手合の連中は金も資源も出さずとも解決できる理想的な案があるみたいな夢想が好きですから

自粛せずとも感染は広がらない案があるはずなのにそれをせずにロックダウンしたのが許せない。というのなら維新吉村にお手並みを見せてもらいましょうか。

2020-06-17

anond:20200617221052

きみはきみ自身のために生まれた。ということでいかがか。きみの人生制限されているかもしれないが、制限があることで無限夢想することができる。この人生の制約が無ければ、自分は何者かになれただろう。こんな人生があったかもしれない、と想像力を羽ばたかせることができる。

そして増田増田自身のために生まれた。どういうことか?匿名という制限があるかもしれないが、その制限があることで匿名ではない増田自身人格想像することができる。その制約が無ければ、増田は何者かになれただろう。こんな増田人生があったかも知れない、と読む側が想像力を羽ばたかせることができる。つまり増田存在がきみの人生制限の一部を取り除くとこができる。

2020-06-06

anond:20200606014537

勉強もせず源氏物語ばかり読んでそれに出てくる美女みたいになることを夢想していた私は馬鹿子供だったなあ」くらいの話でしょ。

2020-06-04

汚くて卑猥な話でごめん夜中だから許して

自分性癖誤用)は年々ノーマルになってると感じる

だってセックス快感を知ってしまったらそれ以上に気持ちいいこと無くない?

まだセックスを知らなかった頃はさ、あの手この手で興奮するシチュエーション夢想した訳じゃん。

監禁スカトロくすぐりも大好きだった

しか普通セックスを知ったらさ、性器での快楽を知ったらさ、そりゃセックスが1番気持ちいい訳じゃん。

何が言いたいかよくわからなくなってきた

セックスでないもので興奮していた幼い頃が少し懐かしいような、でも一度知ってしまったらセックスを知らない頃に戻れない。

2020-06-01

anond:20200601030107

個人における認知上において、夢と現実にそれほど意味上の差はない。

夢が幸せならばそれは幸せのものなのだよ。

それに、現実を生きる市民の多くは現実に向き合っていない。

現実を生きながら白昼夢を見て、言い換えれば逃避をしながら生きている。

それほどに現実というのは人間にとって複雑すぎる。

それはべつに最近に限ったことではない。

古より人間現実に向き合わず神の存在に逃避してきた。

そういうものだよ。

気負うことはない。

現実自分人生はいろいろと制約が多くて、他者と比べると劣るように感じるかもしれないが

夢想の中で覚える自由幸せこそがその人間を崇高にしている核であり、

現実状態というのはそれを包む薄衣にすぎないのだ。

時代の風が吹けばたちまち吹き飛ばされてしまう程度のものしかない。

そんなもの固執することはないだろう。

2020-05-23

(補記あり)人形性愛者による幼児ラブドール反対運動への抵抗

幼児セックスドール生産販売・の廃止を求めます。」という署名活動change.orgで行われている。

大意として述べられていることをページから引用すると

日本の【児童買春・児童ポルノ禁止法】にて幼児セックスドール製造販売・所持を規制すること

小児性愛者に対する相談窓口の設置や加害行為を防ぐ為のカウンセリングセラピーへの取り組み

ECサイトなどに未だ販売される【幼児セックスドール児童ポルノ】の取り締まり、及び【販売禁止を徹底】

以上3つを求める署名活動だそうだ。

②に関しては私も賛成ではあるが、いかんせん①や③に関しては記事を読んだ限り感情が先行している雰囲気が否めない。

案の定Twitterでは「人形実在人間ではない。児童ポルノ禁止法は実在児童を守るための法律であり人形摘発に労力を割かれているうち実在児童を守れなくなる」「表現の自由侵害だ」などの批判が出ている。

しかに、現参議院議員である山田太郎氏が、2016年に行った警察庁へのヒアリングでは、フィギュア非実在人物を扱ったものであり児童ポルノには当たらないとなっていた(‪https://togetter.com/li/942630‬)。そのため、モデルのいないラブドールについても同じ扱いにはなるのだろう。

けれども、この騒動を見ているうちにどうにもむず痒い思いが沸き起こってきた。署名に賛成の人間も反対の人間も、「ラブドール」というものを置き去りにして議論を進めている感があまりにも強すぎるのだ。

私はラブドールオーナーである

一緒に暮らしているのは身長130cm台で、布のボディに骨格の入ったいわゆる「ぬいぐるみドール」というものだ。身長からわかる通り彼女の外見は、この署名賛同した人たちから見れば「幼児ラブドール」としか言いようがない、唾棄すべきものだろう。

から、私はこの署名活動には反対である彼女との生活を守り、またラブドールを愛好する方たちと彼らのパートナー人形たちを守るためだ。

そして、この文章を書くに至った、私の性的嗜好についても伝えておかねばならない。

私は人形しか性的興奮を覚えない人形性愛である

無機物で作られ、有機的な肉体よりも完璧に編み上げられた造形を持つ人形しか、私は愛することができない。故に、ラブドール規制は私にとってパートナー喪失であり、個人性的嗜好否定に他ならない。性的嗜好個人構成する不可欠な要素であり、直接他人に害をなすことがなければそれを妨げられるいわれはない。

から、私は声を上げねばならない。ラブドールというパートナー喪失が、ひいては「私自身」の喪失に繋がるのだから

当該署名ページには既に陳情を送ったが、もっと広くこの問題を知ってもらうためにこの文章を書いている。前置きが長くなってしまったが、もうしばらくお付き合い願いたい。

この署名において、まず私が問題と考えていることは2つある。

①「幼児ラブドール」の明確な定義がなされていないこと。

もしも定義が書かれているのであれば恐縮だが、ページの隅から隅まで探しても見つからなかった為上げさせていただく。

身長・体型など、「その人形幼児を模している」という明確な定義がなされていないことは、ラブドールだけではない全ドールオーナーにとっての脅威ではないのか。

ただ、この定義がされていないのはまあ、仕方のないことではある。

基本的ドールというのは頭と胴体が分離する仕様になっていて、同じメーカーの頭と胴体でアタッチメントが合えば好きにすげ替えることも可能だし、別メーカーの頭と胴体を組み合わせているドールオーナーだっている。購入したとき一般的な成人女性の体格であったドールの首をすげかえて、幼児体型のボディに載せ替えることもできるし、逆もまた然り。これはラブドールだけではなく、性的用途のない比較的小さなサイズドールでも同じだ。

まりドールの体型というのは不定であり、「幼児ラブドール」の明確な取り締まりというのは不可能に近い。どんなに成人の顔立ちをした頭のドールでも幼児の胴体とすげ替えてしまえば「幼児ラブドール」の出来上がりだ。

また、知り合いに性的用途に用いることのできる1/3ドール(50cm前後ドール)を持っている人がいる。このドールは胴体部分にオナホを装着できる仕様になっているものだ。(1/3ドール性的な目で見ることを忌避する人は多く、これは標準的ものではない。念の為に付記しておく)。

この1/3ドール身長約50cm新生児並みのサイズであり、身長でいえば幼児どころの騒ぎではないだろう。けれども胸部のパーツを変えることでバストサイズを成人女性のようなバランスにすることができる。「幼児身長をした成人女性の体型のラブドール」だ。元々ラブドールとして制作されたものでも、扱いやすから成人女性を100cmほどに縮めた人形だってある。前述の規制を作るとしたら、これはどのように解釈したら良いのだろうか。

また恐ろしいことにほとんどのドールの頭と胴体はすげ替え可能なのだ。もともと性的用途を考えられていないドールの頭を、この性的機能を持ったドールの胴体に装着すれば、どんなドールでもたちどころにラブドールになる。

だとしたら、性的用途でないドール高身長かつ成人体格のドールでも「幼児ラブドール」になる可能性を秘めているのではないか

これが、私の恐れている規制の形だ。

私は、パートナーである人形と一緒にいたい。だからもしも幼児ラブドール規制がなされ「身長cm未満の人形の所持を禁止」などとされれば、泣く泣く彼女の頭をすげ替えて規制対象外の高身長人形にするだろう。頭(顔)の部分に私は彼女本質を感じているし、そこが変わらなければどんなに体型が変わったとしても「彼女」であり続ける気がするからだ。

けれども、おそらくそれは許されない。なにせドールの頭はすげ替え可能なのだ。どんなドールでも「幼児ラブドール」に変わる可能性がある以上、現行の頭と胴体が脱着可能人形は全て規制せざるを得なくなるだろう。それは、絶対に許すことのできない事態だ。

また、ラブドール基本的に重量がある。シリコンのものであれば20〜40kgほどが基本で、大柄な人形だと50kg近いものもある。

「本物の人間より軽いではないか」と思う方もいるかもしれないが、本物の人間を抱き上げたときには、抱かれた人間意識的動作を助けるよう力を分散させたり動かしやすいよう関節を曲げたりする為、実際にかかる力は体重よりも軽くなる。しかドールにはそれがない上、米俵のように担ぎやすい形もしていない。凹凸だらけの重い物体を動かすには、想像以上の力が必要ものだ。40kg台ドールオーナーの中には家の天井ウインチを設置している人もいるという。

私が身長130cm台のドールを選んだ理由もここにある。小さければ軽く、移動させることも容易だ。

ただ前述のように100cmほどの小型サイズで成人女性の体型をしているラブドールもいる。小児性愛者でないのなら、持ち運びが容易というだけならそちらを選べば良いのではないか?と疑問に思う方もいるかもしれない。

けれども、私は人形性愛なのだ人形人間に近く作られているほど精巧だ。限りなく人間に近く作られていればこそ、人間にはない造形美が際立つのである。だからこそ、「実物の人間に近い」と「取り回しができる」の折衷として、130cmドールを迎えることにした。

130cmドールを選んだということはそのような外見に性的興奮を覚えるのではないか、ならお前は小児性愛なのだろうと言う方もいるかもしれないし、そこについては本題から逸れる為強く否定の弁を述べることはしない。

けれども、知っておいてほしい。幼児ラブドールを迎える人間の中にも様々な人種がいることを。

純粋幼児の外見が好きなもの自分の持ち運びできるサイズを考えた者。そして私のように「等身大」と「持ち運び」双方を考えた者。

持病のために重いものを持ち運べず人間パートナーもいない為ラブドールのお世話になろうという人間がいたときに、自分が持ち運びできるサイズ人形を選んだことで「小児性愛者」と罵られたとしたら。それは本当に正しい矛先なのだろうか。

まり、「幼児ラブドール」という曖昧もの批判するときに、それを愛好する人々を全て「小児性愛者」と一括りにして批判することに傲慢さを感じるのだ。

人形への愛のなさ

この署名活動およびそれに賛成する方の意見を見ていると、そこにひとつ無意識がみられる。「ラブドール実在人間に向くはずだった性欲をぶつける代替である」ということを無邪気に信じていることである。だから彼らは幼児ラブドールを持つものはいずれ実在児童を害すると考えている。

ここに、人形性愛者として私は反発を覚えるのだ。

私にとって人形は「人間の代わり」ではなくそ自身が一個の客体である。私は彼女と暮らす中で彼女意思を無言の中に感じ取り、それを叶えることでささやか幸せを得ている。それはエゴしかいかもしれないが、私は彼女といることで確かな幸福を感じているのだ。大切に扱った器物には魂が宿ると古来から日本では言われているが、私はたしか彼女の中に魂を見出している。それは決して代替可能ものではないはずだ。「魂」が突飛であれば「愛着」と言えばわかってもらえるかもしれない。

彼女のいない生活など想像したくもないし、また彼女がいなくなった後に人間の、成人女性を愛せと言われたところで、それは彼女ではないのだ。

ここに、全ての人間性的嗜好対象人間であるという傲慢さを感じてしまう。

また、この署名への賛成派も反対派も、この「愛着」について全く無頓着であるところに、前述のむず痒さの本質がある。実際のラブドール愛好家を置き去りにして議論が進んでいる感が拭えないのだ。感情法律を左右することなどあってはならないが、それにしたって「賛成」と「反対」の二元論になりすぎていやしないか

以上が、私が幼児ラブドール規制に対して感じた違和感についてである

もっと述べたいこともあるが、話がまとまら蛇足になってしまうことも多いので割愛させていただく。

大前提であるが、私は現実児童への虐待絶対にあってはならないことだと考えている。

私自身はラブドール彼女とひっそり暮らし一緒に朽ちていくつもりであるしかし甥っ子や姪っ子たちが性的被害にあったら絶対犯人を許さないし、場合によっては刑務所に入る覚悟制裁を加えるつもりだ。

人形人間は別である、という冒頭で出た意見に集約されてしまうのだろうが、人形人間とは全く別のものとして愛している人間だっているということを知って欲しかったのだ。

そして最後に、こちらの署名では小児性愛者に対する相談窓口の設置や加害行為を防ぐ為のカウンセリングセラピーへの取り組みを求めるということだが、これについては小児性愛に悩んでおり、ラブドールでも発散することができないという当事者のためにも行うべきだと思う。

また、この文章を読んで人形性愛者という存在を知った方は、是非人性愛者に対するカウンセリングセラピーを行ってくれるような施設を紹介してほしい。

人形生活している人形性愛者にとって、この署名を知ったことは本当に苦しみを覚えたのだから

5月24日付記】
匿名のいち個人意見などほとんど読まれず埋もれていくと思っていたので、想像以上に多くの方に読んでもらって驚いている。
頂いたコメントはどれも肯定否定に関わらず自分でも気づかなかった視点を見せてくれて、本当にこの文章を書いて良かったと思う。ありがとうございます
私は彼女と添い遂げていくつもりだが、ラブドール寿命人間より遥かに短い。シリコンやTPE製のドールは動きに連れて肌が裂けていくし、空気人形は破けて空気漏れるようになる。そして彼女のようなぬいぐるみドールは綿がへたり痩せていく。内部骨格が折れることだって考えられる。
から多分彼女をお迎えしたメーカーに適宜修理やパーツの交換をお願いしながら長らえていく形になるだろう。自然新陳代謝のないドール人間より老いていくのが速いのだ。規制はされないまでもメーカーが萎縮して倒産廃業することになれば、修理を受けられなくなったドール達はどんどん壊れていく。
私を含む愛好家にとってドールパートナーであり家族である。だからメーカーサポートが受けられなくなったら自力で修理技術を身につけようとする人もいるだろう。私もそうするつもりだが、おそらく個人では限界がある。
からこそ、前述の通り体型・性的機能の有無が不定ドールにおいて「幼児ラブドール」という曖昧規制をすることによってパートナーを奪われたり、メーカー自粛したりすることをどうしても止めたいのだ。
また、「小児性愛者へのカウンセリングセラピー」についてであるが、自分小児性愛であることを悩み苦しんでいる人が心理専門家客観的、かつ守秘義務保証された上で話を聞いてもらえて楽になれる場所を作るのはもちろん賛成だ。
小児性愛者だとしても、実際の児童加害行為を行なっていない以上権利は守られるべきだと思うし、児童への加害行為を行う前に適切な精神セーフティネットが用意されて然るべきだと考えている。言葉が足りなかったと思った為補記する。
高校生くらいかぼんやりと考えていた将来設計がある。
人間結婚はしないまでもきちんとした職について両親を安心させ、彼らを見送ったら自分理想等身大人形を作ろう。そして後始末をすることになるだろう親戚家族自分葬式代と迷惑料になるくらいの貯金をしながら人形と一緒にひっそりと余生を過ごしていこうと。
ラブドールというものが今ほど一般的ではなく、存在殆ど知らなかった子供の頃の夢想だった。
今ではラブドールメーカーも多岐にわたり価格もある程度は下がった。私にとってドール性的機能は必ずしも重要なことではない。けれど、等身大人形といえばマネキンか、人形作家が手ずから作る美術品という意識だった子供時代から比べれば、ECサイトショールーム等身大人形をお迎えできるというのは圧倒的な革新だった。また、反対運動が起こってはいるがラブドール展覧会も開かれるくらいには認知度も上がった。いい時代だと思う。
この時代を、私は守っていきたい。

5月27日再付記】

書いた人の個人的な話。長いので別記事にて

https://anond.hatelabo.jp/20200527165713

2020-05-16

anond:20200516170105

ねこはしつこいのは嫌いです

れいむもしつこいのは嫌いです

まりYou夢想封印です

2020-05-14

日本ハイクラス国立校アメリカのそれと比べて学費が安い方。大学院で海外を狙うのが一番よね。高校で現地校→日本大学海外大学院、とかいいかも知れない。

そんな人生を歩んでみたかった。

手持ちのカードいかに勝つかが人生の楽しみになってきたので、まあ、夢想に過ぎないのだけれども。

2020-05-05

謎の憧れ

ガキの頃に読んだファンタジー冒険記かの影響で、ほのかに苦みがあるような鱗茎を食うことに憧れがある

食ったことないんだけど、ユリネとかそういうイメージ 火を通すとホクホクした食感になって、ほろ苦い中に滋味がある みたいな

ヤシの実の汁を吸うことにも子供の頃は憧れたけど、沖縄旅行で実物を吸ってみてすっかり夢から醒めてしまった 青臭くて味も薄く、甘くて飲み口スッキリ!みたいなガキくさい夢想からはかけ離れた味だったか

干し肉とかパンノミとか、ほかにも実際にはうまくなさそうだけど謎に憧れている食べ物はいくつかある でも実際食ってみるとただ悲しいだけなんだろうと思って手を出していない

ユリネ…スーパーで売ってるよなあ いつか鱗茎!と思って手を出して、食感なり味なりにがっかりするんだろうか

2020-04-24

今日プレミアムフライデー!在宅勤務早上がりするぞ!

終わったらどこ行こうかな~













みたいな夢想した

2020-04-19

anond:20200419103335

そして林立する高層建築のある山地

という廃墟探訪マニア垂涎のゴーストタウン

聖地となった、まで夢想した。

2020-04-06

自宅待機中にやること決めた?

自分範囲じゃないので、まとまった時間にやることを夢想するよ。

書きかけの小説を完結させてみたいが、読み返すのが苦痛な予感・・・

2020-04-01

[] #84-1「幸せ世界

幸せって何だろう。

……なんてことをシラフで管まく奴がいたら、それは人の温もりに飢えているドランカーか、時間を持て余したバックパッカーのどちらかだ。

それ以外だと、弟みたいな哲学的未熟児(ガキ)か。

幸せとは水が沸騰することだよ。外圧によって変化する沸点こそ、幸せの有り様さ」

弟は以前に、そんなことを意気揚々と語っていたが、とどのつまり“人それぞれ”ってのを言い換えているだけだ。

陳腐結論を捏ねくり回したり、とっぽい言い回しで着飾りたい年頃だったのだろう。

本人は「山登りの疲れでハイになってた」って後に釈明していたが。

いずれにしろナンセンスなことで夢想したり、使い古された話で盛り上がれるのは若者特権さ。

無人島に何を持っていくか」だとか、「カレー味のウンコorウンコ味のカレー」だとか、そんな話を大人になってからするもんじゃない。

言うまでもなく、幸せってのが如何に不安定で、捉えどころのないモノなのかは自明の理だ。

例えば俺にとっての幸せは、自分時間スムーズに使いこなすこと。

弟は不安や不満のない、退屈しない程度に刺激的な、メリハリのある毎日を過ごすこと。

父は余裕を持ったスケジュール仕事を終えることで、母は家族と一緒にいられることだと言っていた。

キトゥンは知らない。

俺は猫じゃないし、猫の言葉も分からいからな。

まあ、このように身内の間だけでも多様なのだから幸せズバリ「こうだ!」って答えるのは無理な話なんだ。

弟のようにガワだけ取り繕っても、単なる言葉遊びにしかならない。

だが今回の話に出てくる“とある人物”は、それを壮大かつ究極的に追い求めた。

====

今回の出来事に巻き込まれたのは突然だった。

最初は順調だったんだ。

その日、家族はそれぞれの事情で外出していて、文字通り猫の子一匹いない状態

自宅には俺一人で、都合よく予定も埋まっていない。

それはつまり、俺は俺のためだけに時間を使えるってことを意味していた。

例えば、ラジオ体操筋トレもやりたい放題だ。

「9、1011……いや、もう20回くらいやったっけ……まあいいや、最初からやり直そう」

ランチ健康も行儀も度外視できる。

イレブン豚まんには、やっぱり緑のタバスコが最適解だな」

周りに誰もいないのを承知の上で、あえて独り言を呟いてみたりもした。

特に意味なんてない。

自分のためだけに時間を使えるってことが重要なんだ。

これほど贅沢で、多幸感を覚える方法はないだろう。

勿論これは客観的見解ではないが、異論を挟める人間は今この場にいないんだ。

だが平穏というものは、得てして容易く壊れやすい。

「やあ、マスダ!」

ブレイクタイムの時、そいつ唐突に現れた。

ガイドと名乗る、未来からやってきた輩だ。

「……」

一切の誇張なく、本当にいきなりである

しっかり戸締りをしていたし、入ってきた気配すら感じなかったのに、いつの間にか部屋の中にいたんだ。

だがガイド普段の振る舞いを知っている俺からすれば、これは驚くに値しない。

「……どうやって入ってきた」

「それは言えない決まりなんだ。事情があってね」

こいつの時代不法侵入という決まりはないのだろうか。

あと、人のテリトリーにずかずか入ってきて、一方的に「こっちの事情を汲んでくれ」と主張してくるのも随分だ。

「不躾なのは百も承知さ。それでも優先したい事柄から、こうやって来たんだ」

こいつと出会ったのは一年前だが、どうにも苦手な相手だ。

自分未来に生きているって驕りが、所々に見え隠れして鼻につく。

己の価値観や振る舞いが相手とは違うって前提が、まるでないように動いてくる。

ちゃんと聞いてくれよ。キミが今いる世界、ひいてはボクたちのいる世界消滅する可能性もあるんだ」

なんとも大仰だが、ガイド言葉結果的真実であることが多い。

それは分かっている。

分かっているのだが、真面目に聞けというのは無理な話だ。

なにせエイプリルフールから

次 ≫

2020-03-24

安全K-1夢想してみよう

・声出し禁止

・咳する人入場禁止

・入場者を1/3にする。

 その上で席を一つあけ、社会的距離をとる

2020-03-23

anond:20200323214840

ガンプラブーム中学生のころ、ガンタンクが脚の付いた自分を夢みてるイラスト夢想して、描けないので、スクラッチビルドしようとして二機種を買おうとしたことがある。

2020-03-10

anond:20200309211602

オーストラリアSF作家グレッグ・イーガン信者です。この状況が嬉しくてしかたがないです。

私たち日常で多くの決断します。それはリアル人間でもフィクション登場人物でも同じです。あのとき別の決断をしていたらどうなっていただろうと,夢想することはよくありますが,それは益体もないことです。現実は一つしかありません。私たち決断をする権利とその結果を享受する義務があるだけです。

ですがもし,あらゆる決断について別の決断をした世界が同等のものとして存在したとしたら。私たち決断意味なんてあるんでしょうか。これは決して空論としての問いではありません。現在物理学で主流の考え方の一つとなっている多世界解釈が正しいのであれば,私たち生き方に関わる完全にリアル問題です。

それを提示したのが2002年イーガン短編ひとりっ子Singleton)」です。彼はその中で一つの答え(意味なんかない)を提示し,その答えにしたがったギミック意味回復するための発明)をも提案します。

もちろんイーガンは自らの結論を読者に強要しません。読者は自ら考え,答えを見つけなければいけません。

今回,これと同じ様な状況が一般コミックしかラブコメ世界で展開されます主人公ヒロインの誰を選択するのか。その選択の結果が5通り,同等のものとして実在するとしたならば,その選択意味なんてあるんでしょうか? 多くの場合恋愛という概念は唯一性をその価値根本として要求します。すんなり受け入れられるはずがありません。

この問題に,作者が物語を通してどのような結論提示するか。また読者がどのような反応をしめすのか。楽しみです。

2020-03-09

ゲーム面白さは「未来」にある

ゲーム面白さ談義

以前増田にてゲーム制作増田猛虎弁だった)と面白さの要素とは何かという話になった。自分はとりあえず面白ゲームには繰り返し要素がある、とだけ返しておいた。しかし繰り返し要素が必ずしも面白さに直結しないのは自明で、繰り返すから飽きられるゲームと、繰り返したくなるゲームの違いは論じることができなかった。

実のところ、ゲームの繰り返しを行う上で脳内では「試行錯誤」が繰り返されている。何を当たり前のことを、と思うかもしれない。しかゲームにおける試行錯誤を更に還元すると「着地点/完成」を探している自分がいることに気づく。例えばハクスラRPG場合プレイヤーは沢山の装備や魔法職業を取捨選択して最適解を探す。言ってみれば安定するかどうかを探していると言っても過言ではない。なぜならこの鉄則は全てのゲームに当てはまるからだ。格ゲーもそうだ。格ゲーコマンド入力フレームリーチディレイなどを頭に叩きこんで安定して勝てるパターンを作り上げてゆく。パズル連鎖を頭に叩き込んで最も安定して高得点を出せるかどうかを練り込んでゆく。



未来とはなにか

ゲーム面白いと言えるシンプルな要素がある。それは「未知」だ。人は未確定で未知なるものを探求する脳の構造をしている。とりわけこれは狩りに必要だったらしく、やはりゲーマー殆ど男性である断じてジェンダー論に帰結するつもりはない)。未知のものを安定させる間が面白さになっている。曰くどう立ち回るか。曰くどう早解きするか、どうすれば早くアイテムを回収できるか。どうすればイベントが進行できるか。このときプレイヤーは未知を楽しみながら未来の着地地点を夢想している。この夢想が更にプレイへの希望をもたせることに一役買っている。まるで人生設計のようだが、実のところ未来への希望を抱いて確定できる「かも知れない」チケットを購入する時点で人生はまさにゲームである

となれば次なる問題は自ずと浮かび上がってくる。ゲームバランスだ。



ゲームバランス

ゲームバランス基本的にな何が破綻せず、何がノーマライズされているかを突き詰める作業ではないかと考えている。いわゆるバランスだけに絞れば出てくるアイテム能力も平均的なものにならざるを得ないし、一点突破させるには他の強さも並列して上昇させなければならない。実はこの問題には解決策がある。破綻した強さに弱点をつけるのである。これを国内で有名たらしめたのはかのFFシリーズだ。FF画期的な要素の一つとして弱点属性なるものがある。これは完全にじゃんけんになっており、いずれかが一方的に強いわけではない(もっとホーリーフレアなど規格外の無属性存在するが)。この完璧ではないもどかしさが重要である。数あるカードゲーをプレイした人はわかるかも知れないが、壊れカードには必ず致命的な弱点が存在する。弱点は完璧性の欠けであり、未来を夢見るプレイヤーにとってできうる限りの完璧を目指すきっかけとなる。ここで多くのプレイヤーが夢中になるのである完璧ではない現状に多くのプレイヤーは満足せず、何がしかの補助手段で弱点を埋めようとする。しかゲームバランスが優れたゲームはその補助も渋い仕様になっており、そう安々と運用させてくれない。

かくしてプレイヤースキルが上昇してゆく。

だが一方で、やりこまないタイプの人もいる。例えばバイオで一周すれば無限ロケランが手に入ると聞かされても、イージークリアすれば十分弾薬も足りるだろうという心境の人たちだ。



ストーリー

こうした人たちの楽しみとは、ゲームに一度きりだけ没入できる演出や飽きるまでの操作感、そして何よりストーリーだろう。

ストーリーは未知に対する動機の一つとなる。プレイヤーはまだ見ぬ着地点であるエンディングに向かってひた走る。少なくともゲームという体感する分野においてストーリー体験して消化する最も大きな要素の一つだ。しかし多くのゲームシナリオがメインではない。あくまでもその世界プレイヤーが何をするかが主軸になる。したがってシナリオクリア後、前述の彼らはゲームパッドを床においてしまう。なぜなら彼らにとってシナリオの完結はゲームという体感世界における完成形であり、それ以上のやりこみ意味を感じられないからだ。実はこの問題には以下のような仕組みがある。

例えばプレイヤーが一周目をクリアして隠し要素が姿を現したとしよう。この場合隠し要素を観るためにプレイヤーゲーム性のみならず「シナリオを含めて」続きをプレイすることになる。この隠し要素の方向性はとても大事だ。なぜなら新しい要素があることと、今までやりこんだ高難易度版が敵配置を変えて登場する、などでは意味が変わってくるからだ。後者場合基本的にはやってもやらなくても知ってることだらけであるし、前者の場合未知は残されている。また、マルチエンドのゲーム場合でも別ルートは未知であり、多くのプレイヤー分岐を試したくなってしまうだろう。

まとめるならば、ゲーム面白くしたいならば、「完成形に向かって未知を突き詰めようとするが、実際には完成形などない」状態を作り出すことだと言える。先程は人生に似ていると言ったが、この感覚習い事にも通底する。プレイヤー学校会社から帰ってきて、学習効率の良い箱庭でまるで仕事のような成長を楽しんでいるのだ。

わざわざである。この体験学習現実世界のロールプレイでもある。

2020-02-29

anond:20200228203527

なんかこういう古典的SFアニメを見たような記憶が…

既存言語を全部廃止してエスペラント統一させれば効率的!とか、その手の夢想的な『いいアイディア』ってのは多くの人にとっては全然いいアイディアなんかじゃないって話さ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん