「ギター」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ギターとは

2018-06-20

女ってフリークスが好きなんじゃないの?

ウォーキングデッドでいうところのジーザスみたいのがギター弾いてたらべたぼれするのが世の女の多数派じゃないの?

知ったかぶりたい

ビートルズなら、

イエスタディ」で一般人

「ホワイル・マイギタージェントリー・ウィープス」で通好

ハピネス・イズ・ア・ウォームガン」で通も唸る選曲

スピッツなら、

チェリー」で一般人

名前をつけてやる」で通好

青い車」で通も唸る選曲

適当なので正解かわからない)

こういうのもっと知りたい。

2018-06-18

父親趣味ギター夜遅くまで練習していてうるさい

しか弾き語りだしうぜえ

何よりムカつくのは、何度も聞かされているうちにこっちまで曲を覚えつつあることだ

気を抜くとうっかり口ずさみそうになっている瞬間がある

うぜえ

2018-06-09

新入社員バンドを組めと迫られる

会社のとてもえらい人から「一緒にバンド組め、楽器始めろ、なんの曲がいいか考えろ」って言われてて、正直断りたい。

なんで業務中にギターと教本渡されるの? 全く興味もないんだけど、断ったり「それパワハラですよ」って言ったら首が飛ぶんだろうなあ。

もしくは、さらパワハラを受けて圧力かけられてから首が飛ぶか。

そういう話の絶えない人なので、穏便に済むとは思えない。まあ愛着もそんなにないのでクビが飛ぶなら飛ぶでいいのかもしれない……。

新人達のほぼ全員が、たぶんバンド組みたいなんて欠片も思っちゃいないのだけれど。

とてもえらい方は何をどうご理解されたのか大変本気にされている。このままだと社員旅行の時あたりに披露するってなるんだろうなあ。

どうやったら穏便に断れるだろうか。正直今なら第二新卒扱いでどうにか脱出できないものかな。

私はギター弾くために入社した訳でもなければ、音楽始めるために入社した訳でもない。

こんなおっさん忖度しなきゃいけないのか、と日々思っている。人生はままならない。

2018-06-04

人生で1度はしてみたいことは?

1度でいいか横浜スタジアムギター弾きながらステージの端から端まで走ってみたいねライブしてみたい。

ギター弾いてて楽しい

難しい曲が弾けるとアドレナリンが出る。

2018-05-31

女子高生カラオケギター持ち込んで怒られるのって何の話だったっけ

2018-05-30

anond:20180530131203

たとえば、自分ギター弾けないんだけど。弾ける人から見れば「何で?」って、元記事書いた人みたいな事思うのかな?と思ったよ。

「これしきの事理解しようとしてないから弾けないんだよ!」って感じで。

2018-05-28

誰が可愛いだの萌えるだののライブレポを滅したい

ロックバンドアーティストライブに行ったまーんさんのライブレポで

ボーカル仕草が可愛くてやばかった

ギターベースが見つめ合ってて萌え

こんなんばっかな文章は消えてほしい、いや消したい

一切曲に触れず演出にも演奏にも触れず、

顔と服装仕草MCだけ

しかもそれを謎の少女漫画テイストイラストにしてるのも気持ちが悪い

anond:20180528064626

馬鹿にしているも何も、それが事実なんですよねー もっと言うとトピ主さんのシェクターに対して先輩たちが言った内容も実際間違ってはないですしね(傷付くと思ったので言及はしなかったですけど)

シェクターギターがトムアンダーソンの下位互換という発言やよくフォトジェニックなんかの音で満足できるな、という発言相手馬鹿にする気持ちが有ろうが無かろうが、そのコメントが間違っていない事に変わりはないので言われた側がいくら怒っても、でも実際そうなんだから、としか言えないですよ。事実無根の貶され方をしたならまだわかるんですけどねー

あと今は楽器の性能の話をしているので入手経路は関係ないですよね。それで楽器評価が覆るんですか?

anond:20180528064156

お前のギターも親に買って貰っただけだろうに

高校生ならそれで他人馬鹿にするような馬鹿でも仕方ないけど

大学入ったらそういうのは卒業して欲しい

anond:20180528015620

ギター歴5年の高校生だけど、トピ主さんとほかの同期の人は可哀想だけどエピフォンの人(日本製なら話は別)とフォトジェニの友人さんは馬鹿にされても仕方ないと思うよ…

anond:20180528015620

きっとその先輩らは機材や楽器の値段やブランドしか威張れるネタがないんだろうな。

底辺バンドマンなんて甘い、その程度のギタリストバンドすら組めず(だってメンバーを集めようにも、魅力のないギターなんて誰も必要としてないから)ギターを置くだろう。

そうやって他人楽器をいちいち馬鹿にして通ぶる奏者ほど実力は大したことない奴ばかりで駄目なんだよ。

その先輩らのギター弾きとしての年季は知らんが、多分そいつらにトムアンを与えてもシェクター増田のほうが遥かに良い演奏すると思うよ。

サークルの先輩うざい

やたら後輩の持ってる楽器disってマウント取ってくる先輩が2人いる。

グラスルーツ使ってる子にダサいとか、エドワーズ使ってる子にお子様向けって感じとか、エピフォン使ってる子にギブソン買えない貧乏ギターとか。

同じサークル友達本命ギター自力で買うためにバイトかけもちしてて、それまでは最初に買ったフォトジェニずっと大事に使ってる子がいるんだけど、ええ〜子供ギターじゃんとかよくそんな音で満足できるね〜とか言われたって言ってた。確かに質は低いけど初めてのギターから愛着あるのにって怒ってた。

もちろんうちの子馬鹿にされた。中古シェクター使ってるんだけど、ああ、あのトムアンダーソンの下位互換シェクターねってわざわざ嫌味言われた。何がしたいんだろう。

俺達ギターブランドにうるさいですっていう玄人アピール知識ひけらかして自慢して気持ちよくなってるだけ?それともただ後輩にマウント取って先輩風ふかしたいだけ?いずれにしても無理すぎる。うちらついこの間まで高校生だったのに、安価ギター使ってるのがそんなにいけない?有名ブランドのじゃないとダメなの?

憧れの先輩がいるかあんなやつらに嫌味言われたぐらいで辞めたくなんかないけど、あいつらいなくなるまであと最低2年我慢しないといけないとか辛い……

2018-05-26

最後まで続かない

ランニング→一時期は月600kmは走ってたけどフルマラソン出場前に辞めてしまった

ロードバイクしょっちゅう乗ってないとすぐケツが痛くなる、整備装備めんどくさい

水泳→成人するまでカナヅチだったのが2時間ぶっ続けで泳げるくらいにはなったけど、プールをひたすら往復するのが苦行、海は怖い

音楽鑑賞→聴くより歌う方が好きだったことに気づいたら聴かなくなった

ギター→弾くより歌う方が好(ry

ピアノソナチネまで、左手伴奏で無くなった段階で無理だと悟った、あと猫踏んじゃった弾けない

小説面白くなるまでが長い

ゲーム面白くなってからが長い

アニメドラマ映画→画面をずっと見てなきゃいけないのが辛い

プログラミング→触ったことある言語と作りかけのアプリがどんどん増えていく

料理→数回しか使ってない香辛料をそのまま賞味期限切れにするのをなんどか経験して向いてないと思った、あと片付けめんどくさい

ファッション→革靴の手入れとかクリーニングとか洗い方とか気遣うことが多いのでやめた

今も細々と続いてるのはたまに衝動的に行きたくなるカラオケ半年に一回の旅行、月に一回の外食漫画仕事貯金、それくらい。

酒飲まないしギャンブルしない、恋人もいないし浪費癖もない。

健全と言えば健全生活なんだけど、正直、なにが楽しくて生きてるんだか分からない。

2018-05-23

20歳貧困女子大生リアルを教える

受かりそうな国公立大学を選んで、隣の県へ進学した。中国地方田舎だ。

家賃は3万5000円。高校生の頃にお母さんと下見に行って「安くて大学に近いからここにしなさい」と決められた。

入居してみると壁が薄くて、隣の部屋に住んでる男の子ギターの音がやかましい。

だけど夜23時以降は静かだし、友達もいなそうだから許してる。

高校生の時は、何となく弁護士になりたかった。ガッキーの出てたドラマの影響である

本当は法学部に行きたかったけど、学力が足らなくて文学部に入った。

4月に「とりあえず友達」になった女の子に誘われて入ったサークルは、6月には行かなくなった。

実家から仕送りゼロ。だけど学費は全額払ってくれる。

家賃光熱費通信費も親がカードで払ってくれる。

あとはバイトで余裕だと思ってたけど、意外とキツイ。まず高校生の頃よりお金がかかる。

服も買わないといけないし、大学の付き合いもある。

大学に入ってすぐ、何となく居酒屋アルバイトを始めた。

店長が厳しいし、シフト週6で入れられるし、辛くて6月に辞めた。

時給が高さにつられて始めた学習塾アルバイトは、週2なので何とか1年続いている。

クラウドワークス登録して、くだらないネットニュースを書く在宅ワーク半年以上している。

何のやりがいもないので、適当にやってる。5記事書いて3000円。安い。

高校時代からずっとやってるブログ広告を貼るようになり、最近ようやく月3000~5000円(笑)稼げるようになった。

バイト代と在宅ワークを合わせて月6万。授業がない春休み夏休み日雇いをやって稼ぐ。

ギリギリだけど、これ以上バイトするのは無理。しんどい。授業だって真面目に出てる。

楽して稼ぎたいと思い、友達に誘われてキャバクラ体験入店に行ってみたけど、体験入店で1日だけ働いて断った。

塾のバイトは楽しくなってきた。ボランティアフリースクールの子どもに勉強も教えている。

親には「学校先生になったら?」って言われるけど、あんなに忙しくてストレスのかかる仕事はないと思う。

自分時間がないのは耐えられない。会社正社員会社で働くのも大変そうだ。

卒業したら非正規雇用で塾かデイサービスで働きつつ、自宅で副業をしたら生活できるんじゃないかと思ってる。

この計画を親に話したら、呆れられた。

休日ブログ書いたり、Twitterやったり、5ちゃんに書き込んだり、youtube観たり、AbemaTVを観たり、はてな匿名読んだり、Amazonプライムを観たり、ヤフコメ喧嘩したり、図書館で借りた本を読んだり、スピッツCDを聴きながら家事をしてすごす(料理は嫌い)

お金はほしいけど、しんどい思いして働きたくないし、それなら自由時間があって節約生活する方がマシだし、だけどやっぱりお金はほしい。

もしお金持ちになったら、まずコンタクトレンズをワンデイにしたいし、激安スーパーの割引の総菜じゃなくてデパートの総菜が食べたいし、冬でもスイカとかイチゴを買って食べたい。あと追い炊きができる浴槽のついたマンションに住みたい。

2018-05-22

50代の楽器演奏者達が地雷過ぎて辛い

クロスオーバーとかフュージョンブームの頃1020代だった人達ね。

かに若い頃は上手かったのかも知れない。

でも今は長いブランクのせいか体の衰えのせいかリズムキープすら覚束ない。

それでいて昔覚えた難しいフレーズを弾こう(叩こう)とするから破綻する。

しかもおそらく本人は破綻していることに気づいてもいない。

登山なら体がキツくなったりヒヤリハット事例が増えたりして衰えを体感できる。

将棋なら勝ち負けという形で実力を目の当たりにするので同様に衰えを体感できる。

でも音楽のような勝ち負けもなく、体力をすごく使うわけでもない趣味だと

そうした現実直視しづらいのかも知れない。

何となく気持ちよく演奏できちゃって、それでおしまい

仮に己を自覚できたとしても他の趣味のように曲のレベルを下げることもない。

ひどい時は自分でやりたいといった曲の採譜をさせようとする。

話して楽しいならまだしも、よく分からない自慢話を延々とされたりする。

昔◯◯(有名アーティスト)と一緒にやったとか

このギターはなんとかモデルのなんちゃらでうん十万とか。

接待カラオケ相手を延々させられているようで全然楽しくない。

自分楽しい趣味時間がそんなおっさん達との不毛なやりとりに消えるのが辛い。

せめておっさん達、自分演奏を録音して聴き返してみてほしい。

もしくは同世代人達とだけつるんでくれないか

セッションでそういうおっさん鉢合わせになったら諦めてさっさと帰る。

メンバー募集、応募に50代とあったら、音源を聴かせてもらう。

大概ないかあっても大昔のものだけど。

もちろん50代皆が皆ひどいわけじゃないよ。

若いからコンスタントに続けている人は上手いし謙虚だし練習熱心だし。

でもそうでない人が多すぎる。

ただでさえ若者バンド離れが進む中、この世代定年退職したら

バンド界隈はこの手のおっさんで溢れかえってしまう。

そういう自分も将来そんなおっさんにならないように気をつけたい。

吹部出身者がリズと青い鳥が見て(ネタバレ有)

ネタバレ有なのでそれでも構わない方のみご覧下さい。






昨日レイトショーに駆け込んで観てきました。

まず初めに、私は吹奏楽におおよそ10青春を捧げた男です。担当楽器ユーフォニアムトロンボーンでした。

映画感想一言、素晴らしかった。

久しぶりにパンフレットを買いました。

吹奏楽出身者として映画を観ながら思ったことを書いてみたいと思います

まず、冒頭のシーンからずっと希美さんとみぞれさんは少しずつ演奏がズレています

音程(ピッチ)が悪いと希美さんは言っていましたが

二人で吹いていればそれとなく寄せて合わせていこうとするのが普通です。

冒頭の演奏ではそういった様子が2人からは感じられませんでしたし、

からだけでも2人は、ほんの少しだけずれた

平行線を辿っているような、

そんな印象を受けました。

吹奏楽部において人間関係不和が音に影響する、というのは良くあることでして、

ある程度歳を重ねると人間関係音楽に持ち込まない、ということが出来るようになったりもするのですが、

高校生というのはその辺りむき出しです。

感情がそのまま音に出ますし、

技量的にも不和による練習不足から

すぐにアンサンブルに支障をきたすようになります

しかし、だからこそ面白いという部分もあります

良い演奏を聴いて耳が肥えてきても

お世辞にも上手とは言えない高校生演奏に胸を打たれることがあるのは

の子たちがどういった高校生活を送って来たのか、それが演奏から透けて見えるような気がするからです。

まり上の話とは関係がないですが

冒頭のシーンを見たときに、

みぞれさんは、美人だなと思いました。

オーボエファゴットなどのダブルリードという楽器アンブシュア(吹く際の口の形)がやや特殊でどう頑張っても横顔が若干不細工になってしまうんですよね

アニメ表現ですから現実とは違う部分もあります

みぞれさんが楽器を吹く姿は美しかった。

話が逸れました。映画の話に戻ります

吹奏楽出身者として、

新山先生の件はちょっとないなと思いました。

いくら他に目にかけている生徒がいるとはいえ、

3年生の、しかフルートという花形楽器の中心人物で、コンクール自由曲でソロがあるような子の名前トレーナー先生うろ覚えだということは、まずあり得ません。

しかし逆に、あり得ない状況だからこそ、

希美さんの挫折感を更に煽る結果になったとも言えるかもしれません。

あそこまでの状況はないにせよ、

他人の才能に嫉妬する瞬間、というのは吹奏楽をやっていると感じたことがある人は多い気がします。

先輩、同級生、後輩、講師先生指揮者

この人には敵わないなと思わされた経験

私自身何度もあります

もちろん、他人との差に愕然としたとしても

その後、諦めず努力して、上手くなってやろうという気持ちはとても大事ですし、

高校生であれば追いつき、追い抜くということも不可能ではないでしょう

しかし、高3のコンクール、これで最後だというタイミングでそれを見せつけられることは

絶望です。

そして決定打になったあのオーボエソロのシーン。

希美さんの心情を考えると胸がしめつけられるような気持ちにはなりましたが、

あのシーンはただ、ただ素晴らしかった。

アニメにさほど詳しい訳ではありませんが、

後世に残る映像なのではないでしょうか。

京アニ楽器演奏シーンというとやはり思い出すのは涼宮ハルヒの憂鬱God knows…のギターソロですが、あれから10年が経ち、ここまで表現進化したのかと、圧倒されました。

みぞれさんや希美さん、その他の部員の表情だけでなく、

被写体深度が次々と移り変わり、映像がボヤけ、直接希美さんの視界を映している訳ではないのにまるで泣いているかのような表現

そして涙を堪え切れなくなった希美さんのフルートが息絶え絶えになってしまって音がかすれ、抜けてしま表現

そして何より、あのオーボエ

上手なオーボエは、

音が飛ぶんです。浮くんです。

それこそまるで鳥が飛び立ち、自由に空を舞っているような、本当にそんな音がします。

あのシーンはそれまでのみぞれさんの音にはなかったオーボエの独特な浮遊感が表現されていました。

名演としか言いようがないです。

音響の良い映画館であればオーボエの音が上から降って来るような感覚に襲われた人もいるかもしれません。正直、あの演奏聴くだけでも映画館に行く価値があると思います

あのシーンを見たとき

「音だけで、こんなにも繊細にものを語ることが出来るんだ」と、

そう思いました。

エンドロールに奏者の名前がありませんでしたが、あれはどなたが吹かれたものなんでしょうか。

あの演奏は、音で、芝居をしていました。演技をしていました。ブラボーと言わせて下さい。

最後に、

この映画ラスト差し掛かった辺りで

劇場版けいおん!!が公開された後に、宇多丸さんがラジオ評論していたのを思い出しました。

宇多丸さんは映画を観るにあたってTV版も全て視聴されたらしいです。

概ね絶賛されていましたが、一つだけ、

軽音部の面々が同じ大学に進学するという選択したことに苦言を呈していました。

というのも、軽音部は本来高校だけの期間限定、終わりがあるからこそ、儚いのだと

まぁそんなようなことをおっしゃっていたような気がします。(記憶曖昧なので大分脚色が入ってる気がします)

私も当時その通りだと思いました。

高校部活動には終わりがある。

からこそ楽しくて仕方ない一瞬一瞬が

一種の切なさを纏うのだと。

リズと青い鳥の終盤、希美さんとみぞれさんは各々別の進路選択します。

そのことがハッピーエンドなのかどうなのかというのは微妙なところだと思いますが、

この選択によって

リズと青い鳥という映画の切なさ、儚さ、美しさ、そういったものは際立ったのではないかなと

また、平行線だった2人が別々の方向を向くことで、コンクールに向けて1つに交わることが出来たんじゃないかな、と、そう思いました。

以上です。

とにかく、映画館で観ることが出来て良かった。機会があればもう一回観たい。

とりあえずサントラを買おうと思います

2018-05-21

anond:20180521104643

http://ryumour.hatenadiary.jp/entry/20160910/1473476400

日本吹奏楽部戦後昭和20~30年(1940年代)から始まった。

1960年頃までは、ほとんどが男性構成され、「吹奏楽=男のやるもの」だった。

1960年代に、「受験激化による男子部活離れ」「ギターブーム」「東京オリンピックによる運動部ブーム」によって、男の吹奏楽部員が減っていった。

・同時に、女子高校進学率の上昇、男女の社会通念の希薄化により、女性吹奏楽部員が増加した。

1970年にはほとんど男女比1:1になり、更に男女比の逆転が進む。現在では男女比はおよそ1:9になっている。

時代で変わるって面白い

2018-05-20

【再上げ】正社員を辞めてリゾバ始めた 

 東京まれ東京育ち23区外で働いたことがなかった俺が、ド田舎にそびえたつホテルにリゾバで3か月働くことになった。

リゾバを始めた理由のんびりしたかたから。某温泉街ということで、日中は働いて夜は温泉に浸かってゆったり過ごす。そんなイメージを持って飛び込んだ。

勤め先のホテルすぐ近くに社員寮があるらしく、そこで暮らしも楽しみだった。

派遣会社担当者も「ここは離職率が低く、長く務める方が多いよ」と礼儀の"れ"の字も知らないような口調で推薦してきた。

 癒しと多少の出会いを期待しつつ初日面談を迎える。簡単過ぎる説明名前を書くだけの書類への記入を終えて午後14時頃、これから住む寮に案内された。

真っ白な外観に等間隔に並ぶ窓、陽当たりが悪いせいで肌寒く薄暗い階段廊下。渡されていた鍵で自室のドアを開けた。

 軽い木のドアを引くと、3つの段ボールと畳の上に畳の敷物が敷かれた床に冷蔵庫、少し足が高いテーブルに置かれたテレビが部屋の隅っこに置かれていた。

その寂しい光景を目の当たりにした俺は「田舎だしな」と妙に納得してしまった。

3つの段ボールは俺が予め実家から送っていた荷物だ、PCや着替えが入っているので雑に開封しPCを床に設置した。

その後も使えるわけのないLANケーブルなどを引っ張り出しながら自分の部屋を作り上げた。

布団を敷いて、ここまでの道中で買ったいろはすを飲み切った。

 部屋が完成した頃にはもう夕方で、陽が落ちる前に近場を散策しようと考えていた俺は急いで外に駆け出した。

都会では見られない山々、徒歩15分圏内にある滝をなんとなく見て部屋に戻った。

 一日通してそれなりに歩いたので疲れが出始めた、このまま寝てしまう前に風呂で汗を流そうと黒いシャツジーンズを素手で持ち従業員用の入り口から

このホテルご自慢の大浴場に向かい意気揚々と服を脱ぎ少し重たい扉を大袈裟にガラッと開け、ひたひたと足音を鳴らしながら風呂場を見て回った。

露店風呂はお客専用とのことだが、サウナや"温泉ソムリエ"推薦の湯舟は従業員でも利用可能らしい。

温泉ソムリエという聞いたことのない言葉に、鼻で笑った。

 俺は大の温泉、いや風呂好きだ。温泉でないと寛げないわけではない。

実家の縮こまって入る風呂もまた好きなのだ、お湯ならなんでも良いのだ。

しかし、やはり温泉街温泉は格別だ。これまで旅行してきた各地で温泉街はなかったし、行きたいとは思っていたが何故か足が伸びなかった

そういった事情もあって、非日常からくる高揚感に包まれながら体を手早く洗い、ケロヨンの桶を懐かしみつつ"温泉ソムリエ"推薦の湯舟に浸かった。

 サウナからの水風呂も済ませ、一通りご自慢の温泉を堪能した。

少し長風呂をし過ぎたか足元がふらふらするので木のベンチに座りながら着替えを済ませて脱衣所を後にした。

 自室に戻ったころには体力が尽き、眠りについた。ふり絞った気力ではスマホアラームをAM7:00にセットするのがやっとだった。

 その後は、その後は、その後は。

何もなかった。ここでの仕事など東京でしていたことより簡単だった、簡単すぎた。寮での交流なんてなかった、なかったはずだ。

出会いなんてもってのほかだった、女性なんてどいつもこいつも初老の翁達にちやほやされて喜んでいる者ばかりだった。

挨拶を返しもしない奴らなんかこっちから願い下げだ。「グレムリンみたいな顔しやがって」

寮のトイレが汚く、使う気になれなかった。掃除してもすぐ汚れて放置されるので近場のコンビニトイレを借りていた。

田舎だしな」と妙に納得していた俺に俺は憤って3か月の任期を終えた今無言で怒鳴った。

 寮に集まっていた人間は俺と同じ東京やその他の地方から来ていた人間ほとんどであること。

それに気づかずこの土地やこの田舎独自空気感に俺が合わないからどうしようもないんだと勘違いしていたこと。

「俺はどこでもうまく生きていけないなぁ」

今では趣味だったギターも辞め、友人との飲み会億劫だ。

何を始めれば何を終えればいいのかわからPCの前に胡坐をかく。

熱湯の湯舟に浸かれば火傷を負う、ぬるま湯に浸かれば風邪をひく。

聴いててオタ臭さがないゲーム音楽ってある?

作曲家で言うと、桜庭統とかは確実にオタ臭い。いわゆる熱いフレーズはオタ臭さの源になる。

ストリングスとかギターぎゃんぎゃん効かせたり、音色和風だったりするのはオタ臭い

アニソンチックなゲーム音楽もありがちだけど、アニソンそもそもオタ臭い

ケルト風はどうだろう。正直ゲーム以外でケルト風音聴くことがあんまりないのでやっぱオタ臭い

8bitとか16bit音源は、可愛くてオタ臭さは一見なさげだけど、2018年になってそれを聴いているという事実がオタ臭さ満載。

テクノ系とかダンスミュージックはそのジャンルのものがオタ臭い

長沼英樹とかゲーム音楽としてはかなりの異端感があるけど、オタ臭さが無いかって言われるとそれは違う感もある。

そういうことを考えると、残ってくるのはイージーリスニングとか、クラシック風な感じ。になるのか?

マリギャラサントラとかオタ臭さ感じますか?どうですか?でもあれオーケストラではあるけどクラシックではないよね?

そういうことをつらつら考えると、浜渦正志とか割りといい線いってるんじゃないかと思うけどどうっすか?

2018-05-18

anond:20180518154442

脱退したギターマーティフリードマン)が日本贔屓なのを揶揄しただけでB'zなんかろくに知らんだろ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん