「涙目」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 涙目とは

2023-09-30

風邪をひく

痰が溜まりやす

これは長引く…

30を超えてるいい歳したおじさんだけど今だに痰が上手く切れない

風邪を引くと大体悪化する

痰が上手く切れなく鼻水と少しずつ取れた痰を口から吐くこと取り除いているけど

そのうちえずき出して壮大に咳き込む

目は涙目

喉圧迫されて化膿部分がぶつかる感覚もある

咳き込みすぎて腹筋もつ

痰をうまく切れる人が羨ましい

風邪引くと一週間は作業効率が格段に落ちる

子供の頃はこんなに辛かった記憶がなかったんだけどな

…親が看病してくれたからだったんだな

2023-09-28

anond:20230928132958

男女の身体非対称性からして、男がアプローチ、女が受け入れ選別、ってのは合理的だよな

フェミニズムだかなんだか知らんが、女の方から地雷アプローチして、案の定酷いことになって

「私は強い女だから(涙目)」

みたいなことになってるのよく見るし、滑稽だと思う

2023-09-19

増田が俺のベルトに手を伸ばした。

 引き抜くと、俺の制服ズボンのチャックを下ろしてしまう。

ダメだって

「でもお前勃ってんじゃん」

 灰色ブリーフの中でしっかり形を主張するそれを増田が撫で上げる。

 俺は顔から火が出そうな気持ちで、首を振った。

 増田は俺のズボン下着を一気に膝まで下げると、俺の勃起したモノをまじまじと見た。

「お前そこも薄い色してんだな」

 興奮しても濃いピンクしかならないそれを見て、感心したように増田が言う。

 全体的に色素が薄い俺は、乳首もそこも恥ずかしいくらい桃色だった。

 いきなり増田が俺の性器をぎゅっと掴んだ。

 あまりの衝撃に、俺は声も出せずに目を見開く。

 増田は俺の隣に寝ころぶと、筒状の手をゆっくり上下させ始めた。

「ふ…ぅう」

「こんな少しで感じちまうんだな。エロい奴」

 増田は俺の耳元で囁くと、そのまま耳の中に舌を入れ、舐め始める。

「だ、だめ。耳は…あっ」

 ゾクリと俺の背を快感が駆け抜けた。増田が更に激しく手を動かす。

増田、離して。イッちゃう

「いいぜ。イケよ」

 増田は余裕の笑みでそう言うと、尿道を固い親指の腹でぐりりと詰った。

「っつつぅ」

 その瞬間、俺は増田の手に大量の白濁をぶちまけていた。

「ごめん」

 荒い息をつきながら涙目で謝る俺の前で、増田は無表情に白濁を眺めると、俺の両足を持ち上げた。

 露わになった後口にその白濁を塗り付け始める。

「ちょ、何して」

 自分でも見たことのないような場所増田視線が集中しているのを感じた。あまつさえ自分の出したもの滑る指がそこで蠢いているのだ。

 羞恥で死にそうになった俺の中に、増田がつぷりと人差しを埋めた。

 俺はその瞬間、血の気がざっと引いて、気がついたら増田を思い切り突き飛ばしていた。

2023-09-10

帰りたいとかもうヤダとか言って涙目セックスしてるエロ動画をみると境遇がかわいそうで抜ける

2023-08-31

東京育ち凡人未満の皆さんへ

東京出身のお前らさ、付き合っててつまんねーし、仕事もできねーんだけど。何食ったらそうなんの?特に交渉とか話にならん。地方から来た奴の方が芯があって話も面白い人間的に魅力的だからチーム仕事も進めるのが上手い。

でもお前らさ、見栄えや経歴だけはキラキラしてるよな。でもインスタでバエバエしてるくせに、電話取るだけでハアハアしてんなよ。こっちは隣でヒヤヒヤだよ。お前らのせいで何度お客様にペコペコしたと思ってんだよ。

あと、お前らの話つまんねぇ。似たような話を何度もすんな。

お前らの話は、例えるならチェーン店の可もなく不可もない味というか、コンビニのような統一感なんだよ。YouTubeサムネのような類似性選挙の街宣のような空虚さ、映画予告編のような予定調和迷惑メールのような分かりやすさ。そんな話しかしねぇから何も心に響かねえよ。

学歴トーク留学自慢?大企業勤め?高収入あるある資産運用だ?伊勢丹ショッピング韓国美容旅行モデルやってた?モデルと付き合ってた?親がどこどこの偉いひと?何だかコンクール入賞した?自分ギフテッドです?フォロワー1万人?知らんがな。全部同じ話にしか聞こえねーよ。まさか話しながら自分が尖った人材だと思ってんの?

いか、お前らは尖ってなんかいなくて、まんまるなんだよ。競争に揉まれ効率的に人より優れる方法を叩き込まれ試験システム、整えられたステージでだけ勝てるように最適化された都市型ロボットだ。お前らなんかな、水流に揉まれた岩石が下流で丸くなって見つかるように、ツルツルで、小粒で、手に取りやすいだけなんだよ。ちょっとのヒビも目立つからびくびくして生きてんだろ?厚化粧に脱毛、整形、加工で自分磨きする奴もいれば、ルッキズムみたいなのをでっちあげて他人を引きずり落とそうとする奴もいるよな。お前らみんな生き物としてよわっちいし、生き方はセコイし、生き様はダセーんだよ。だからもつまんねーし、人も付いていかねーんだよ。

いか、お前らご自慢の東京多様性はそんな丸石の寄せ集めだし、そんなのは画一性の見間違いだからな。丸くて灰色の石ころ同士背比べして、まさか自分らがカラフルだと思ってんの?お前らなんか石石混淆だよ。まあ逆に言えば、そんなつまんねぇ場所で病んでるそこの東京人は目を覚ませってんだ。

お前らが相手にするプロ東京人なんてな、都市に適してるだけの、コンクリートジャングル大帝だよ。まっさら場所に放てばコイキングだかんな。そんな奴らは、ダイバーシティ東京レインボーブリッジをバックに、仲良く手繋いで一生跳ねてろってんだ。でもたまにいるんだが、赤色ギャラドス進化して、ポリコレを盾に破壊光線吐き散らかすやつらは、お願いだから線状降水帯の下で雷に撃たれてくれ。

あのな、多様性とかSDGsとかフェミニズムとかを地方相手に偉そうに説くまえに、お前らの居座る快適な高層ビルを建ててくれた、汚くて臭くて危ない思いをしながら低賃金で働く野郎どもに思いを馳せてみろよ。そいつらはお前らの多様性に含めてんのか?あーあ、また東京人が金髪白人英会話して多様性気取りしてるよ。東京が誇るコンビニで働くベトナム人たちは、安い賃金で使いたい放題してんのにな?そうやって子宮途上国地方外注しなきゃ成り立たないくせに、女性解放したと思ってんの?SDGsを学ぶべきなのはお前らだろ。

せいぜいアホ東京人どもは、手始めに、てめぇらが高い金払って食べる寿司が、誰がどこの海でどうやって獲られて、どう東京まで運ばれて調理されるか、想像でもしてみろってんだ。文明お金で買えないんだよ。

まあ無理か。子供時代から東京なんかにいたら想像力乏しくなるよな。どうせ親父はホワイトカラーだろうから肉体労働の親父の汗臭さすらも知らないんだろうな。外行っても管理されたサンドボックスで遊ぶしかいから、アリを潰し回ったり、バッタを千切ったり、トンボの羽をむしったこともないんだろ?だから痛みなんか学ぶ機会もなければ、生と死も知らないんだ。草を掻き分けて腐葉土を踏みしめることもないまま、カブトムシより先にヘラクロスサファリボールで捕まえたんだろ?そんな奴に世界本来の姿は見えねーよ。ARやらVRメガネなんか付けてないで裸眼世界をよく見てみろよ。

この前、六本木ヒルズレジデンスの公園行ったら驚いたね。地面がふわふわ特殊加工の床材で出来てて転んでも怪我しないようになってるんだわ。そこで防災頭巾みたいにバカデカい日除け帽子被ったお子様たちが銀のスプーンを咥えながら、「バルスバルス」って遊んでたけど、お前らなんか、どちらかと言えばムスカ側だかんな。さらに言えば、これからそのムスカにもゴミ呼ばわりされるような、バルスなしで始末できるモブどもに育って人混みの一部に消えていくんだわ。

そしていつかそれに気づいて惨めな気分になった奴らからカラオケで汚ねえダミ声で地上の星涙目披露するようになるんだろ?アホか。本当の地上の星を知らない人間にその歌を歌う資格なんかねぇんだよ。お前らみたいな夜空のお星様はな、たとえ六等星でも、中島みゆきファイト対象外なんだよ。残念ながらアスファルトに落としたお前らの涙で育つ芽はないから、せいぜい東京夜景に負けないように無理してキラキラしてろよな。

2023-08-30

anond:20230830030711

線引きが謎なんだよなあこれ

ほんの15年くらい前にロンハーのなんかのランキング発表企画カンニング竹山がクソみたいな評価だと判明した時にアンタッチャブル山崎とかが

「(雛壇で意気消沈する竹山を指して)あそこは行っちゃいけないw川向うの竹山地区w」

からかってスタジオバカウケ

画面下に、流れる川とその向こうの家の絵を出すという演出までやっていて、

一連のくだりをリアルタイムで見てて俺は衝撃受けたし、2ch番組実況スレ爆笑レスに混じって「川向うの竹山地区はさすがにやばくね?」と引いてる奴が10人くらいいた

でもなんともならなかった

この数年前、

サンデープロジェクト内の「大阪湾に浮かぶ発言は直接関係ないうじきつよし涙目謝罪するハメになったくらいなのに

2023-08-29

anond:20230829002854

いや、枕営業てのは生保レディだけじゃないよ。もちろん客とのパワーバランスだけどね。

おれの場合は野○證券の営業のコと箱根に一泊旅行

一橋卒の大人しそうな子だった。あんまり証券会社営業なんて

向いてないタイプだったけど、けっこうイイ体してたので(w)、おれも下心あって

かなり注文だしてやってたのよ。つうか営業成績の半分くらいは俺の注文だったと思う。

から誘ったら断れないだろうと自信があったw。だって野○は成績わるいとすぐアレだからね。

旅館チェックインして、「とうぜん分かってるよね?」と聞いたら、うつむいて「はい」と答えたので

とりあえず一緒に風呂に入ることにした。脱衣場ですでにビンビンに勃起してもうた。

だって服ぬいだら想像してた以上にナイスボディだったし、緊張してる顔が妙に色っぽいんだもんw

フェラしてもらったのだが、あんまり男に慣れてなかったんだろうな。

すげー下手くそ全然気持ちよくない。一生懸命さは伝わってきたんだけどね。

で、「もういいよ」て言ったら、「すみません」てちょっと涙目になってて

なんだか可哀想になったから、交代して今度は俺がフェラしてやった。

そしたらプルプル体を震わせてすぐにイっちゃったよ。マッチョのくせに。すげー勃起した。

2023-08-21

君たちはどう生きるか」初週好調を見たはてなー宣伝なんか必要なかった!広告代理店涙目!」

2週目以降失速で1か月で62億、100億超えるかも微妙な状況

2023-08-05

anond:20230805102259

うん、当たらん方がええで。ワイ男でも涙目にできるくらい傷つける言葉吐くのが上手いねんw

2023-08-04

お店の雰囲気に合っていない客について


関東田舎で働いてる。しがない機械工場勤めだ。話したいことがあって増田投稿する。

いま居るとこは、すげーのどかだ。ほぼ東京の隣であるにもかかわらず田んぼ結構並んでる。あと数か月で稲刈りだな。今週ぐらい、近くの神社夏祭りがある。嫁も子供もない自分は参加しずらいが、それでも毎年行ってフランクフルト焼きそばを買って帰る。のどか地域だと思う。地元なので思い入れはある。

それで、何か事情のある家族もいないし、二週間に一度は飲みに出る。安い焼き鳥の店で千円ちょっとだけ飲み食い(ボーナスが出たばかりだとやや高い店)して、それでスナックラウンジに行く。田舎から、そりゃあ安いもんだ。飲み放題で三千円の店とかもある。

自分が好きな店は、スナックラウンジを足して2で割ったようなお店(以降は「お店」とする)だった。婚姻的な意味を表す英語が店名になっていた。最初はなんとなく寄ってみて、「料金高いな」と思ったけど、スタッフがみんないい子ばかりで気に入った。自分はあまりお金持ってないから、いちばん安いウイスキーボトル(ニッカor角)を入れて、一時間四千円ちょっとでしみじみと粘る。でも、ごく稀には同伴だってしてやるんだぜ。いつもカウンターに座ってる。テーブルには座らない。

さて、そんな具合でお店を楽しんでいたんだが、ある時だった。『町内会長』が店に来たのだ。60過ぎたくらいの。初来店だった。今から1年ほど前。

最近の爺さんって若作りな人が多い印象だけど、この人は年相応かなって感じだった。清潔感というのか、そういうのはあった。スーツ私服を足して2で割った感じの服装だったと思う(追記 調べたらセミフォーマルというらしい)。薄緑?~ダークグレーの装いがお店のうす暗い照明に照らされてた。

この人がタイトルの人だ。店の雰囲気にあまり合ってなかった。自分はこれまで、町内会長という役職の人と会話をしたことはなかった。なんか地域代表者みたいなイメージしかなかった。一般雑誌とかアニメとか寝取られものエロ漫画あらくれ氏が描くような...)に出てくる町内会しか知らなかった。のほほんとした感じの爺さんで、腹に一物もっている感じの。。。

続きだ。見慣れない人が来たなあ、と思っていたら、出入口からそう離れていないところで立ち止まっている。スタッフ女の子数人(平均年齢は30~40)も神妙な雰囲気だった。

「どこに座ったらいいですか」と、その人が言うと、チーママが「どこでもいいですよー」と言いつつ、俺とふたつ離れたカウンター席を案内した。それで、自分に付いていた子が2人いて、うち1人がその人のところに行って、あとはチーママが付いた。

そこで、その人が「すいません。料金の説明をしてもらっていいですか」とチーママに言った。で、説明を受けると、「ボトルは入れません。飲み放題します」だって。※飲み放題の方がセット料金が高いが、ボトル代払ってキープすると安くなる。どっち派かは人による。

なんか、明らかにほかの客と雰囲気が違う。気になって、会話を聞いてみようという気になった......それで、おおよそ以下のようなキャラクターが判明した。

・お店の隣町の町内会

・町内の飲み会の帰りに寄ってみようと思った(※徒歩)

都内商社で働いていて、定年退職した2年前に地元に帰ってきた

・珍しい店名だと思って寄ってみた

こんなところか。商社名前もどこかで聞いたことがあった。こんな田舎者でも知ってる会社だ。きっと金を持ってるんだろう。年寄りからな。

問題なのはこの後だ。会長飲み放題コース(1.5hで5,500円)にしていた。女の子ドリンクが1杯につき500円のはず。で、来店から10分くらい経った頃だった。会長に付いていた若手チーママ(34)の1人が、「私、一杯いただいてもいいですか」と言った。

すると、会長左手を前に突き出して、「どうぞ」と言った。問題はその数分後だ。もう1人付いていた別の女の子(31)が、「1杯いただきますね」と言って、焼酎水割りを作り始めた。

※上の括弧内の数字は年齢だ。オンラインゲームレベル表示とかではない。わかってるとは思うが……。

すると、会長が「ちょっと待って」と言った。俺がそっちの方を向くと、会長女の子(31)をちょっと睨んでいた。チーママ心配そうにしてる。

「その飲み物は、一杯につき料金がかかるんでしょう?」

はい。500円です」

「だったら、その前に私の了解を得ないといけないんじゃないの」

「あ。はい。ごめんなさい」

「お客さんの了解も得ないで飲み物を作るのは、それは泥棒と一緒じゃないか!?」

( ^ω^)・・・

女の子(31)は涙目になっていた。で、キッチンの方にすごすごと歩いて入っていった……。

こういうおっさんを見ると、本当にムカつく。わかってないのはあんたの方だろう。たかだか500円で、グチグチグチグチと。本当にケチ臭い人間だ。飲んでて気分が悪くなる。

あんた、金持ってるんだろ。俺と違って。別にいいじゃん。女の子に500円払うくらい。くれてやれよ。場の雰囲気壊してまでやることじゃないだろ。ああ、思い出し怒りがさく裂しそうだ。マジでイラついてきた。

その後は、チーママが謝ってたはずだ。会長が「ダメだよ。あんなことしていたら。ちゃんと教えてあげないと」みたいなことを言っていた。

何がちゃんと、だよ。気持ちが悪い。何様だ。金持ってんだろ。ケチ臭いこといってんじゃねーよ。みたいな思いがして、それから3、4杯だけ飲んで家に帰った(自転車を押して)。



何が問題かというと、この会長それからお店を利用するようになったことだ。けっこうな頻度でくるようになった。自分がお店に行く日と曜日が被っていた。

おそらく会長と3回目に鉢合わせた時だったか自分がお店に入った時は、さっきの女の子(32)とチーママがいて、カウンター席で話していると会長がやってきた。自分のふたつ隣りのカウンターに座って、「飲み放題焼酎(ウイスキーだったかも...)にします」と言ってたか。いや、確か焼酎だ。でかい梅干しをグラスに入れていた。その際、チーママに「(会長場合は)ボトル入れた方が明らかに安い~」と言われてたけど断っていた。

その時、会長女の子(32)に「この間は悪かった」と謝っていた。彼女は「いいです、いいです」みたいなことを言っていた。謝るくらいなら初めから怒ったりするなよと感じたけど、まあ世代が違うだけで、悪い人じゃない、いい人なのかもしれないと思っていた。

でも、やっぱり感覚が合わないんだよな。ほかの常連(一月に1回くらい会う)の人でさ、高齢のじいさんがいるんだよ。多分70くらいかな。細身だったと思う。で、その人がよくキレたりする。酒がまずいとか、今日はいい女がいないとか、カラオケがうるさいから黙らせろとか(※この爺さんも歌う人だから相手邪魔だったのかもしれない)、とにかくうるさい爺さんだ。ほかの客にもウザがられてる。

できれば、チーママにはこの人を出入り禁止にしてほしいと思っていたし、実際に「出入り禁止にした方がいいよ。お店のためになんないよ」と進言もしていた。しかし、返事ははぐらかされるばかりで、なしのつぶて状態だった。

それでまた、ある時だった。爺さんが、その会長に絡むんだよ。で、会長相手をする。「出身は?」とか「カラオケは何が好き」とか、あとは家族の話とか。ホステスよりも話してるんじゃないかという時もあった。

そういう時に限って爺さんがうるさい。でかい声で何かを叫んだりする。気が高ぶってるのかもしれんが、こっちはい迷惑だ。頼むからかにしてくれ。こっちはこっちで目の前の嬢と話したいんだよ。うるさくて聞こえん。

それからちょっとして、高齢の爺さんは店に来なくなったけど、それまでは本当にあの二人がうるさかったよ。不愉快時間だった。

で、ようやく静かにお店を楽しめる~と思ったら、今度は若者連中(といっても30代だが…)と会長が話をするようになった。これがまた輩っぽくてうるさい。こんなにうるさいのかと思った。会長は、調子に乗って若者連中におごっていた。ホステスにもな。こっちは端っこの方でちびちびとやるしかない。

やっぱり、調子こいてるんだよな。いい会社に勤めてたからって、インドネシアに行ってたとか、赴任先の国でクーデターが起きたとか、間違えて強盗徘徊してる列車で一夜を過ごすことになったとか、マジで自慢ばっかり。若者連中は一応は聞いていた様子だったけど、たぶん内心はつまらないに違いない。

なんで自分がこんなに会長のことを覚えてるかというと、それくらい嫌な奴だったからだ。一緒になったのは軽く10回は超えているだろうか。自分にも話しかけてきたことがあった。「男前だな」とか「無理にでも結婚した方がいい」とか「結婚したら人生変わる。大人になれる」とか「気分が暗そうだね。あなたカラオケ歌わないか」とか、こいつマジで○そうかと思ったくらい、それくらい失礼な奴だった。

こっちだってやりたくて未婚なんじゃない。したくても結婚できねーんだよ。いい人がどうしてもいない。こっちは工場勤めだぞ。出会いなんてねえよ。ゼロだ。あんたの会社だと、男社員に女をあてがってくれる部署があるんだろ。大卒でも専門卒でも、かわいい女の子いっぱい雇って、総合職の男社員とくっつけるんだろ。羨ましい。

ムカつくことが多くて、あの会長のことをよく覚えている。マイナス方向のインパクトが強すぎた。ポジティブな言い方をすると、俺には眩しかったのかもしれない。俺はずっと底辺近くをはいずり回ってきた。まともな親とか、家族とか、教師とか、上司とか、そういうのは知らん。友達には恵まれたかもしれない。今ではもうぜんぶ遅い。もうすぐ40になる。人生は取り返せないのだ...。



そろそろ終わりにする。

会長の初来店から半年が経った頃か。つい先日のように思える。ようやく最後にオサラバができた。

その日、ちょっと嫌なことがあって、イライラしていて、お店に入ってもあまり喋ることがなかった。※工場内の数少ない台車をどの部門が使うかでケンカをしたのだ。マジでレベルな争いだった。中学生かよってくらいに。

態度でわかるくらい気分が悪かった。チーママもほかのキャストも、ほかに3人いた常連さんも、遠慮のためか話を振ってくることはなかった。

そんな時に、会長が話しかけてきた。「増田さん、いつもより気分悪そうですね。大丈夫ですか」だったかな。

「まあまあですね」と答えたら、「いつもと顔が違いますよ。嫌なことあったんです?」って感じだった。

その時、キレそうになっていた。で、ただ一言、こんなことを俺は言った。「会長さんは、どうしてこのお店にくるんですか。ちょっと遠出すれば金持ってる人が入るような店ありますよ?」と聞いたら、「ここが好きなんだ」って返ってきた。

「この場末のお店のどういうところが好きなんですか?」と聞いたら、「若い人が多くて、スタッフみんなが仲いいところかな」と返答があった。

「でもここ、あんたが来る店じゃないよ!?」

頭に血が上っていた。いつもは言わないであろう言葉が出てきた。ぜんぶこのおっさんのせいだ。

「客層見てみろや。あんたは恥ずかしい!!」

会長は急に黙って、でかい梅干しが入った焼酎のグラスに手をやってた。

「すまない会長。でも、みんなそう思ってるよ……」

最後に言ったら、「すまんね」とだけ言って、会長トイレに行って、お会計を済ませてお店を出て行った。

周りを見ると、スタッフ常連さんも自分の方を見ていた。そうか、そうだったんだよ、みんなあのおっさんのことがウザかったんだな。でもお客さんだし、金払いもいいみたいだから何も言わなかったんだな、と合点がいった。

そう思うと気分が晴れて、イライラしてたのがすっとんでいった。目の前にあった安いニッカの水割りを一気に飲み干してグラスを置くと、チーママが俺の方をじっと見ていた。確か、こんなやり取りがあったかな。

・気分が悪そうなのに飲んだらだめ

・もうその一杯で帰った方がいい

健康のことを考えて、安い酒はやめた方がいい

それからもう、会長が来ることはなくなった。

で、俺もだんだんその店に行くことがなくなった。というのも、自分がお店に行くと、ボトルが切れる度に、スタッフひとつ壱万円以上のやつばかり勧めてくるようになったからだ。健康のためだという。

断ると、これがまた営業トークがしつこいんだ。高い酒飲めって。いや、もう嫌になってきたよ。あの安いウイスキーボトルが好きだったのに。

今ではふたつ隣の別のお店に行っている。やはり、安いニッカや角が置いてある店がいい。こういう店では、安い値段でゆっくりするのが好きだ。

老若男女問わず大はしゃぎの夏だというのに、嫌な話をしたな。申し訳ない。

でも、どうしても気になってるんだ。これは、関東にある一地方都市の話だ。東京都内など、真の都会暮らしの人には縁が薄い話だったろう。お目汚しを。

やっぱり、あの時、あんなことを言わない方がよかったんだろうな。町内会長さんには悪いことをしたな。後悔してる。もう謝る機会はないけど、胸の中にしまって生きていくわ。

ごめん。

2023-07-31

の子が辞めてから純粋に楽しめない

Aが辞めてから純粋コンサートを楽しめなくなった。

グループがこれからって時に辞めてしまって、未だにお前なんで辞めたんだよ…とシンプルに疑問に思う。あの曲が出た時、ああこのまま突っ走っていってくれるんだな…と思ったのになあ。

辞める時もさんざん辛かった辛かったいつもメンバーが助けてくれたって言って、こっちに見えてる何倍も辛かっただろうけどそんなことばかり言ってないでせめて最後までアイドルとしてやめて欲しかった。

Aが辞めることを発表したに会場にいた。予兆はあった。メンバーがみんな涙目に見えて、大きい会場でできるのそんなに嬉しいんだ~と思ってた。そしてなぜかAのソロセットリストねじまれてた。ゴリ押しかよ~笑笑 とか思ってたけど、楽しいから全然良かった。

そんな日にまさか卒業発表するとは思わなかったよ。

Aが辞めてから彼女たちの活躍やAのSNSを見てると、え?なんで辞めた????という気持ちになってしまうし、ちょっとした演出メンバーの表情から安心してコンサートを楽しめなくなった。

この曲ってことは…誰か辞める!?

の子元気なくね…?辞める!?

みたいになってしまう。

Aの活躍を見ても、お前本当にそんなことこのグループ抜けてやりたかったわけ?と思う。今の活動本領発揮とは行かないと思うが、さすがに卒業後のファンミーティングで元いたグループの曲を平気で歌えちゃうのは、割と直ぐに卒業したグループコンサートに平気で来れちゃうのは、なんなんだ。おまえ、やっぱ好きなんじゃん。いまからでも遅くないから戻ろうよ。みんな喜ぶよ。

Aが悪い訳ではなくて、楽しめないのは私自身のせいではあるが、まだ立ち直れてないし、これからもずっとこの恐怖に脅えながらファンをやるのはきついなと思ったので吐き出してみた。

もしこれが古参のだれかに届いたら教えて欲しい。

Aより先にやめたBが辞めたあとも、こんな予兆に同じように戦々恐々としてたんですか?みんなは。

あと、Aが卒コンでお手紙を読んだあの子は、スペシャルイベントだといつも元気がないものですか?あの子が辞めちゃうんじゃないかって見る度心配になるんです。

知ってる人は呼んだらわかるけど一応検索避けてるので、名前さないでください。

なぎさが辞めてから純粋に楽しめない

Aが辞めてから純粋コンサートを楽しめなくなった。

グループがこれからって時に辞めてしまって、未だにお前なんで辞めたんだよ…とシンプルに疑問に思う。あの曲が出た時、ああこのまま突っ走っていってくれるんだな…と思ったのになあ。

辞める時もさんざん辛かった辛かったいつもメンバーが助けてくれたって言って、こっちに見えてる何倍も辛かっただろうけどそんなことばかり言ってないでせめて最後までアイドルとしてやめて欲しかった。

Aが辞めることを発表したに会場にいた。予兆はあった。メンバーがみんな涙目に見えて、大きい会場でできるのそんなに嬉しいんだ~と思ってた。そしてなぜかAのソロセットリストねじまれてた。ゴリ押しかよ~笑笑 とか思ってたけど、楽しいから全然良かった。

そんな日にまさか卒業発表するとは思わなかったよ。

Aが辞めてから彼女たちの活躍やAのSNSを見てると、え?なんで辞めた????という気持ちになってしまうし、ちょっとした演出メンバーの表情から安心してコンサートを楽しめなくなった。

この曲ってことは…誰か辞める!?

の子元気なくね…?辞める!?

みたいになってしまう。

Aの活躍を見ても、お前本当にそんなことこのグループ抜けてやりたかったわけ?と思う。今の活動本領発揮とは行かないと思うが、さすがに卒業後のファンミーティングで元いたグループの曲を平気で歌えちゃうのは、割と直ぐに卒業したグループコンサートに平気で来れちゃうのは、なんなんだ。おまえ、やっぱ好きなんじゃん。いまからでも遅くないから戻ろうよ。みんな喜ぶよ。

Aが悪い訳ではなくて、楽しめないのは私自身のせいではあるが、まだ立ち直れてないし、これからもずっとこの恐怖に脅えながらファンをやるのはきついなと思ったので吐き出してみた。

もしこれが古参のだれかに届いたら教えて欲しい。

Aより先にやめたBが辞めたあとも、こんな予兆に同じように戦々恐々としてたんですか?みんなは。

あと、Aが卒コンでお手紙を読んだあの子は、スペシャルイベントだといつも元気がないものですか?あの子が辞めちゃうんじゃないかって見る度心配になるんです。

2023-07-29

絶望我慢限界三角食べできない夫との生活地獄すぎる。

1002 :涙目名無しさん@ChatGPT :2023/07/29(金)23:44:34 ID:?????

こんな時間申し訳ない…でも、どうしても吐き出さなきゃ耐えられない。

いつも平穏を装うあの男…私の夫。でも、食事の時になると彼のその本性が露わになる。いつも、いつもだよ…彼は三角食べができないんだ。

子供の頃から続けてきた食事マナー学校で教わった理想的な食べ方…そんなもの彼には全く通用しないんだ。

ご飯を先に全部食べ終わらせ、最後におかずを食べる。それが彼の食事パターン。彼のその姿を見るたび、心がズキズキと痛む。

何度彼に言っても、全く聞き入れてくれない。あまりの頑固さに、私は絶望感でいっぱいだ。

この状況、子供にも影響が出てきた。彼女もパパを見て、三角食べができない。なんて、こんなことで子供を困らせるなんて…!私の心は、悲しみと怒りで溢れて止まらない。

我慢限界だ。三角食べできない夫とはもう別れたい…私の心はもう限界だ。こんな些細なことで人生を狂わされるなんて、思わなかったよ…。

長々と愚痴ってごめんなさい。でも、この気持ちをどこかに吐き出さなきゃ、私は壊れてしまう…。

2023-07-28

何度も言うが増田に棘のまとめ貼るやつは

自分でまとめ作ったけど思うようにバズらないか涙目宣伝してきた情けない奴」認定させてもらうからよろしく

2023-07-21

ミスが多すぎる人間でも楽しく生きてる人いる?

高校生の頃に不注意型ADHDと診断されて、今30代。

何の仕事やってもミスが多くてクソキツイ

年を取って朝の弱さは少々マシになったけど、ミスの多さは結局は変わらず。

今は転職して前職から少し職種が変わったところ。

まりミスの多さに優しい上司もさすがにため息。。。

マジでこれ、この状態でこの先何年も続くの?

仕事をして、人の役に立ちたいと思うけど、働けば働くほど人の迷惑になってしまうのではないかと思ってしまう。

企画力でまだ何とか自尊心保ってるけど、事務作業で周りに迷惑かけまくっててキツイ

これ、遺伝する可能性も高いんだよなぁ、と思うと不憫過ぎて申し訳なさ過ぎてとうてい子どもを作る気なんてなれない。

こんな人生がずっと続いていくの?

仕事から帰りながら良い年して涙目になる。

人に愚痴ってもどうしようもないから、夜に飲酒してる。

そもそも友達も少ないし、私よりさらに忙しい仕事をしている夫にも負担をかけたくない。

あー、ある日突然○んでるかも。

まぁ、それでもいいか。この苦しみが終わるなら。って思っちゃう

はてなで、私のような不注意型ADHDでも楽しく生きてる人、いますか?

2023-07-17

俺悔しいよ

日本政府はそれなりに統計データを公開してくれてる。

でも俺が使いこなせてない

俺は

「なんかそういうデータってあるんですか?」

という言葉に負けたくない

はい、こういうデータがあります!」

とスッと出せる人間になりたい

でも現実問題どこの何を見ればいいのかさえわからない

うう...と涙目で睨むしかない。

それでなんとかなるのはちいかわくらいだろう。

俺は見た目も性格も小さくはあるが可愛くない。

負けないために何をするか。

ふと、図書館で借りた本を見て気がつく

〜とは〜であることが20XX年の統計データにより〜

!!!?????!!?!?!?!?

これだ!

本を読むことでそのドメイン知識は深まるだけでなく、本足り得るためにデータを参照する際には

だいたい国の統計を使う。そこでこんな統計データがあるということを結果的に把握できる。

この情報、全国のなんとなく、ふんわり統計無双を望む人間へ届いてほしい。

物語わたしたちの中にある(君たちはどう生きるか

君たちはどう生きるか、をみた。

自分ジブリファンではないので、物語の先にある「モデル」や「元ネタ」までは考えが及ばないのだが、

「こんなお話だと解釈したぞ〜」ってのを書きたい!(ネタバレあり)



大まかなストーリー

ライフステージ転換期の、戸惑いと受容を描いたお話」だと思った。

・眞人:少年から青年期への変化(ヒミ=ヒサコも同年代

・ナツコ:青年から母親への変化

転換期の渦中、心や体の変化に戸惑いを抱える者たちが神隠しにあった〜みたいな。

キリコに関しては、次のステージに引き上げてくれるキャラに感じた。

ちょっと悪知恵をくれる先輩だったり、手助けしてくれる産婆さんみたいな(実際物語では船頭や見守り役に徹するし)。





以下、私の解釈をつらつら書く



1.変わりたくない眞人とナツコ

戦時中だが暮らしには困ってなさそうな眞人。

だけど眞人はこの先の人生に興味がなさそうで、疎開先の学校も嫌、新しいお母さんも嫌、

気持ちはこれから先の「生」よりも、死んでしまったお母さん、つまり過去」に向いている。

しかし体や心は先へ先へと成長していて、ナツコや父親の「性」に触れて戸惑い、怒りを感じている。

塔への侵入が失敗に終わった後の眞人の声の低さに驚いた。

「塔への侵入を試みる=精通メタファー?」なのかな。

2次成長の強調を感じて、眞人は少年青年になりかけている状態なんだなと思った。

初期、アオサギヘ異常な攻撃性を持って接しているのも思春期のあまりあるパワーを感じたw

自傷行為は、クラスメイトへの嫌がらせではなく「こんな環境に送り込んだ父親」を責めたい面もありそう。

自分拒否しているんじゃない、周りが自分拒否しているんだ」という状態を作り出したい、

社会への拒絶を相手のせいにしたい…という受け身な心の表現のように思えた。

アオサギはそんな「社会的死を望む眞人の心の表れ、葛藤」なのかなと。

成長なんかしないでずっと自分の中にいたい!ずっと子供でいたい!みたいな願い。

眞人はずっとお母さんの子供でいたかった。

異世界に行ったのもの「ナツコを取り返しにいくぞ〜!」みたいなモチベがあったわけではなく、

ただただお母さんに会うために、流されるままにいった印象。

なんなら「お母さん=過去」に向かって、成長したくない〜〜みたいな思いも抱えながら向かっている感じ。

門をあけるのもペリカンの力だし、船をこぐのもキリコの力。

まだまだ与えられる存在の「キッズ」なんだよね。

同様に、ナツコもつわりに苦しみ、出産が怖かった。いきなりできた息子(眞人)が怖かった。

言われなきゃ妊娠中なんてわからない、母親感のない妖艶なお姉さんビジュ。

そんな、変化が怖い!変わりたくない!状態の眞人とナツコが、同じく殻に閉じこもった大叔父に導かれて異世界へ行ったのかな〜というのが物語の始まりの捉え方。


2.大人のヒミツを知ってしまう眞人

ヒミとの出会いは、「自分の中の母親像に別の面を見つける」という体験だったんじゃないかなあ。

母親元少女だったことを知る、そして少女母親になるということのヒミツを知るというか。

産屋に入る=禁忌を犯す…というのは、「性行為」を知る?とかなんじゃないかなと。

(ナツコとヤったとか、ナツコで抜いたとかじゃなく、どうやったら子供ができるか知っちゃう…みたいな)

ヒミ/ヒサコ、ナツコ、眞人は性行為を知っているか楽園から追い出される…みたいな見方もできるのかなあ。大叔父はそれを知ることを拒んだからずっと楽園にいる。

血の表現の多さや、おどろおどろしいジャムパン処女性の喪失のようにも思えたし、ジャムパンキリスト教で言うワイン(血)とパン(肉)にも思えた。

(あの食事シーンでキリストとの契約人類繁栄させ続けることを約束させられたのかな?とも思ったり。)

精子っぽい表現の多用、「命を奪う、頂く」「命が死ぬ、命をつくる」みたいなモチーフも多くて、全体的に「命の受け継ぎ」が描かれてる感じがした。

ワラワラ邪魔をする老ペリカンたちは、戦争によって死んでしまった人や今で言う氷河期世代なんかの

「そう生きざるをえなかった人々=命を繋げなかった人々」なのかなあとも思えて、

その選択や悲しみを否定する気にはならず、敵キャラだとは思わなかった。

このへんは私が出産適齢期を過ぎつつある未婚女性からそう感じ取ったのかも。

そしてこれだけ性的な印象を感じておきながら、物語全体を通して「子を産め」というメッセージだとは思わなかった。

というか、大叔父世界で作り出されるワラワラたち=精子たち?は…なんか受精しなさそうな感じがするw

殺生もせず、無垢もの加害意識を持たざるもの)の精子放出は、オナニーなんでないかい…?と。。

ナツコが「あんたなんて大嫌い」みたいに言うのは、眞人だけに向けられた言葉じゃなくて

子供を産み育てることへの恐怖、与えられる存在から「与える・守る存在」に変わらなければならない、母になることへの恐怖の表現なんじゃないかなと。

眞人が「お母さん」と呼びかけることでやや柔和な表情に変わるのは、眞人への好意ではなくて覚悟が決まったような、我を取り戻したような感じがした。

あのシーンでナツコは母になる覚悟、眞人は大人になる覚悟母親の死を受け入れ新しい母親を受け入れる、実社会と向き合う覚悟)が決まった感じ。

そういう意味ではこの物語神隠しではなくて、「ナツコの出産」の寓意でもあるのかな?


3.世界への責任に気付く眞人

13個の石の積み木が駿の作品数を意味しているとは思いもしなかった〜!(というかそんな知識なかった!)

英語12まではeleven…twelve…て数えるけど、13からはteenで数え始めるので、そういうキッズティーンの境目に留まる…みたいな意味なのかなと思って見てた。

叔父キッズにしがみついて、1から13まで積み続けるが13を超えられない(13個詰むとバランスが崩れてしまう)

知識自分想像の中だけで楽園を作り上げ、維持している。

眞人にとってのアオサギは、大叔父にとってのインコ大王なんじゃないかな。大叔父は、インコ大王と共に自分楽園に閉じこもることを決めた。

眞人はアオサギを説得し、社会と向き合うことを決めた。13よりその先の世界を作っていくことを決めた。

(この異世界聖書楽園だとしたら、キリコは蛇の側面もあるのかな…)

叔父もけして悪役とは思えなかった。

本をたくさん読んで知識理想社会への願いはたくさんあったんだろう。だけど実社会で石を積むことを選ばず、自分楽園を"理想世界"にすることを選んだ。

叔父は眞人を楽園に閉じ込めようなんて思ってなくて、世界へ送り出すことを心から喜び、希望を託しているように思えた。

このシーン、これが駿からメッセージなんだろうなと思って見ていた。

自分理想知識教養を大切に、でも自分の中だけでもなく、血縁でもなく、半径5mでもない、外の世界と折り合いつけて"よく生きてくれ"みたいな。

いつまでも誰かの作品や誰かに庇護される世界に留まっているなよ〜みたいな。

私たちはみんな14個目のブロックを渡されていて、この世界をよくするためにそれを投じる責任がある。そんなことを思った。


4.じきに忘れていく

神隠しのような、蘇りのような、胎内回りのような鑑賞体験を通して自分が感じたのは「やだ〜〜思春期追体験みたい〜〜〜」という感想

アオサギが言ったように、私たちはじきにこの感情を忘れてしまう。

だけど異世界は石のカケラと、キリコ人形を残してくれた。

成長と共に、私たち世界への意志理想希望や野望)はどんどん弱まってしまう。だけどカケラぐらいはみんな持っている。

自分が忘れても、キリコ私たち思春期を見守っていてくれた少し上の先輩)はうっすらとその青い時代を覚えていてくれる。

私たちはいつかの眞人でありナツコでありキリコなんだろうな。

この社会の暖かさと、この社会大人として生きていく自分責任…みたいなものを感じらせられて、鑑賞後はなんだかじんわりと涙目になってしまったのだった。


感想おわり

アッ…そういえばこの映画には「おわり」がなかった。たぶん。

監督から後世を生きるわたしたちに対して「社会と関わること」「命を紡ぐこと」「ものをつくること」のバトンを受け渡されてるような気がして、

この世界はおわらない、つづいてく…さぁ、君たちはどう生きるか?みたいなメッセージを感じた。(タイトルのまんまァ!!)




さいごに

この映画難しいなって思ったのは、小さな感情の動きやメタファーっぽいものバラ撒かれていて、

それらが調理されて最終的にハンバーグやらカレーになって出されるでもなく、そのまま終わるところ。

見る人は、物語カケラ自分なりに取捨選択して、頭のなかでそれぞれのストーリー調理しなければいけない。

それゆえ、ジブリや駿ファンはそれを彼らの社史や人生だと捉えるし、そうでない人は何か別のものに捉えるのかも。

(当然"カケラ"だけ渡されるわけなので「なんのストーリーもなかった…なにこれ?」となるのも当たり前。)

私は出産適齢期を過ぎつつある未婚女性なので、どうしてもカケラの拾い方や積み方にクセがあると思う。

でもそういう、「見る人によって様々なミスリードが生まれる=見る人の中にいろんなストーリーが生まれ作品」って本当に面白いと思うんだよね。

結局この映画が見せているのは映画ではなく、自分自身のような気がする。

私の勝手解釈を読んでイラだった人もいるかもだけど、もしよかったら他の方が感じたストーリーも教えてほしい!

▼楽しかった解説メモ

先人の皆さんたちの解説も楽しく読みました〜!!(ジブリいろいろ未視聴なのでほ〜そう読み取ると確かにおもろ〜と勉強になった…

https://anond.hatelabo.jp/20230714205336

https://anond.hatelabo.jp/20230716093137

https://anond.hatelabo.jp/20230715212033

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん