「思春期」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 思春期とは

2018-09-21

不良外国人の増加?

日本犯罪天国でやった者勝ち?

日本実態外国人にバレたらまずいですね?

不良外国人が大挙して日本に押し寄せてきてしまます

 

ウングェ容疑者は、JR福生駅で、友人と待ち合わせをしていた女子高生に対して、執拗英語で話しかけて、タクシーに乗せ、自宅へ連れ込んでいた。

警視庁の調べに対して、ウングェ容疑者は容疑を認めているが、「フレンドリーに接しただけ」と話しているという。

 

うちにもそろそろ思春期突入する娘が2人いるんで、

こういうニュースを聞くと、胸がドキドキするし、

不安だし恐怖だし、やり場のない気持ちに駆られる。

もうこれ以上、粗悪な外国人日本入国させないでほしい。

素性がハッキリしてて、仕事を持っていて、ある程度収入があって、預貯金もあって、学歴も高めで、

そういう外国人限定入国させるようにしてほしい。

本当に恐怖でしかない。

何かあってからでは遅いから。

 

しかしたら、もう手遅れなのではないでしょうか?

2018-09-19

トイレ汚物入れのない家

中学生のころ友達の家に遊びに行き、生理中だったのでトイレを借りた折に使用済みナプキンを捨てようと汚物入れを探したが、見つからなかったことがある。

汚物入れというのは、使用済みナプキンを捨てておくための小さいゴミ箱のことで、公共女子トイレや、女性のいる家庭のトイレにある。

便座に座った状態で見える足元などに置かれていることが多いが、足元にはなかった。

ならば背面かと振り返って便器の横を覗いてみたがこちらにもなかった。

では棚の上かとトイレットペーパーなどが積んであるほうを少し探ってみたけれどこちらにもない。

他人の家を漁るようで申し訳なかったが、数分探してみてもそれらしいものはなかった。

困ってしまった。入ったトイレ汚物入れがなかった場合、先に気づいていればナプキンを取り替えるのをやめて、汚物入れのあるトイレに行くまで少し我慢すればよいのだが、もう使用済みと新品を取り替えて、新品の個包装に使用済みを包んでしまったあとだ。この使用済みナプキンはどうすればよいのか。

それにしても汚物入れがないのが不思議だった。友達は同い年だったがもしかしたらまだ初潮が来ておらず、かつ母君も閉経したあとで、不要になった汚物入れを置いていなかったのかもしれない。

あるいはトイレ汚物入れを置かない方針で、別のゴミ箱に捨てているのだろうか。

友達に聞くのも恥ずかしかったので、使用済みナプキンは個包装の上から更にトイレットペーパーで巻いて包んで、できるだけ臭わないようにしてポーチに入れて出てきた。

経血の少ない日だったのが幸いした。多い日だったら臭いは避けられなかったはずだ。

こういうときは素直に聞いたほうがいいんだろうな、とは思いつつも、思春期羞恥心が許さなかった。

その時はそれで終わったのだが、別の友達を家に招いたおり、トイレから出てきた彼女使用済みナプキン(個包装に包んだもの)を見せながら「ナプキンどこに捨てればいいの?」と訊ねてきたときは驚いた。

驚きは顔に出さないまま、わかりにくくてごめんね、ここに捨てていいよ、と汚物入れの蓋を開けて示し(中身は空だった)、トイレを後にしたのだが、その後トイレに入ったところ汚物入れの蓋が開いたままになっていてまた驚いた。

自分ちょっと気にしすぎだったのだろうか。使用済みナプキンは見せないまでも、あの時自分勇気を出して聞いてみればよかった。女同士ひた隠すこともなかったかな。

からどうという話でもないが、誰かにしたこともなかったので書き残してみた。同じ状況になったとき、多くの女性はどうするものなのだろう。

友人の話

今年の12月に手術を控える友人がいる。まだ20代で仕事現在も続けているが、病気により徐々に握力が低下するなど身体への影響も大きくなりつつある。

その上、転勤族の彼は今年4月に海沿いの町に異動した。配属先や周囲には同年代の人もなかなかおらず、気を紛らわせることが難しいという。

そのため非常にナーバスになっているようだ、というのが月に何度かの長電話から伝わってくる。

病名はわからないが、中学生とき高校生ときも手術を行い、今回も全身麻酔での手術になるそうだ。思春期にそうした体験をしたために、多くのことに対して消極的な冷めたもの見方をするようになった、と彼は話す。おそらく、そうすることで自分精神を守っていたのだろうと思う。

電話口で彼は「楽しいこと何かない?」と聞く。あれこれ提案し続けているが、何一つ彼の興味を引くようなことを私は言うことができず、仕方がないので楽しそうな振りをして笑って日常を語る。ごまかしに過ぎないことはきっと伝わっているだろう。

「終わるのを待っているようでなにもする気が起きない」と言いながら、自分身体機能の低下を冗談交じりに嘆き、私が何の解決ももたらせないと知りながら「何か楽しいことは」とくり返す。延々と冗談めかした雑談を続けることくらいしか、私にできることはない。

電話を終えて、ふと自分がもしも1か月後に死ぬとしたら、と考えた。

もしそれが避けられないとしたら、きっとどこか遠くへ旅に出るだろう。旅先が知らない場所であればあるほど、まるで夢のように思える。死ぬなら夢の中がいいなと思う。

もし家族がいる人なら、大切な人のために残り時間を使うことを考えるのだろうか。

叶えたい夢がある人は、そこに一歩でも近づいて終わることを選ぶのだろうか。

私にも親や大切な友人はいるけれど、死ぬときは彼らのいない遠くにいたい。できれば死んだことも知られたくない。

友人には死んでほしくないし、手術の成否や身体の不調がどうであれ、できるだけ悩まず(無理だけど)、できるだけ苦しまず(あり得ないけど)、できるだけ楽しく(どうか)人生を過ごしてほしい。もしも自分がそのために何かできるならいいなと思う。

2018-09-17

暗黒の青春時代を過ごした結果

なのかどうかは分からないけど、相対的にはそこそこ良いポジション社会人に居ることができている。

というのは、この度の中学同窓会に参加しての感想

もともと、教室の片隅でなんとか出席していただけの陰キャラが、他のメンバーの状況を勝手判断しているだけにしか過ぎないけど。

本音を言えば、そう思うことでしか自己解決が出来ないだけだが。

小学生時代はそこそこイケイケ、中学生になるにつれ微妙思春期を拗らせ、周囲とはうまく絡めず

休み時間は寝たフリをして机に突っ伏し、昼休みは自宅に戻ると言う鍵っ子だった。

なので、そもそもこの同窓会に参加したのもある種偶然というか、少なくとも当初の名簿には俺は存在して居なかったの無かったのだけど。

小学生時代の知り合いが名簿に俺を追加してくれたらしく、連絡が来て、同窓会に参加することになったわけだ。

ちょうど仕事地元に戻る都合があったので、まぁついでなら、と思って参加した。

そこでは、昔の中高の青春について語るのがある主目的なのだから、そうなんだろう。

だけど、クラスでウェイウェイ系であった奴ほど、余りい良い現状には居ない。

明確には語りたがらないが、無職だったりフリーターだったり、ブラック派遣だったりする。

これらの境遇差別的にみるわけではないが、ってここでそんな取り繕いに意味はないので、

まぁ、大変だな、って境遇にいるやつばかりだ。

中高と人と余り同級生と関わらず、無駄勉強とかしていたからかどうかは別として

自身は今そこそこのステータスにいる。

今だけを見れば、それでよかったんだ、

そう、あの時のつらさや青春体験できなかったのは意味があったんだ

なんて、そう思う。思いたい。思わないとやっていられない。

結局、現状のステータスで、彼らよりも上だ、そう思わないと何というか、やりきれないんだ。

勝手にそう思って、自分を慰めているだけなんだよね、実際は。


今はそこまでイケていないと勝手に思わざるを得ない彼らの語る青春は楽しそうだし、羨ましい、というのが結局の本音だ。

齢30を過ぎた今は周囲からある程度モテるような現状は認識している。

当然、魔法使いになることは回避した。

だけど、20代後半で初体験をした時に感じたそれは、なんか難しいな、と思うだけで喜びも驚きもなかった。

ネットには慰めのごとく俺に刺さるフレーズがある。

曰く、「青春なんて幻想だ、あんものは実際無いんだ。」なんて。

だけど、同窓会で楽しそうに語る彼らの中には、実際あるように見えたし、少なくとも俺には無いということは分かった。

今こうやって、あこがれていた恋愛だのなんだのに遅れて参加しても、メンドクサイだけに思えてしまう。

それに、今はイケていないにせよ、彼らの多くは家庭持ちだ。

自身、家庭を持つということに対して自由を失うデメリットを引き算すると、あまり積極的になれない。

聞くに彼らは青春の勢いで恋愛し、結婚し、小作りし、家庭を持っているのだ。

価値観多様化した現在において、その手のライフスタイルが必ずしも正道ではない、と言われていたりする。

これもネットを中心に。

まぁ、そうだよなと思う一方で、本当にそうかと思う。

結局のところ、青春謳歌できなかった人間人生において違うルートを歩まざるを得ないのではないか

結婚した奴らが言うに

「この人と一緒に居続けたい、そう思ったから。」

というのが、その理由らしい。本当かどうかはさておいて。

今の俺には、恋愛というらしいことをする相手にそうは思えない、思えたことがない。

それは、出会い問題なのか、俺自身心の問題なのか。

ただ、通れなかった道を振り返ると、思うんだ。

結局、青春謳歌せずに、ジメジメした10代を過ごしたのが結局のところの原因だって

からないけど、あの勢いだけで走り抜けることのできた青春時代に走ることができれば

今がどうあれ、少なくとも大きな思い出という過去を持つことができるんじゃないかって。

結局俺は今のこの職業、そしてそこでそれなりにやれるという思い込みしかない。

過去には何もないんだ、今をすり減らして生きているだけなんだ、と思った同窓会

そして俺は過去もなければ、未来に何かを今後残すこともないのであろう。

社会歯車として今を消費し続けるだけ。

そして、そんな今を言い訳のごとく解釈するのだ

あぁ、あの時青春の道を通れなかったばかりに


と。

田舎は合わない

自己肯定感がなかった頃に合わない環境を選んでしまって、日々その環境ストレスだったけど、「主語自分ではない悩みは捨てる」(自分のために)と決めたので、捨てるために、嫌なところを書いて、悩むのはやめる。

嫌なところ、合わないところ

年寄りばかり

他律的で他人の目を気にする人間ばかり

(職場でも、周りの人間がチラチラ見てくる。狭い世界しか知らない=同一視が激しいから、他者への干渉が激しい人間が多い。自分他人関係ないという意識がある人間が少ない。他人の目を気にして、他人言動自分言動を変える人が多数派気持ち悪い)

民度が低い

(車のマナーは悪いし、トイレは汚いし。駅のトイレは定期的に誰かが詰まらせてる。都会で暮らしてたとき、そんなに頻繁にトイレの詰まりを見かけなかったので、田舎はいかにマナールールを守るつもりがない人間ばかりなのか、と思う。

都会でも規範意識が強すぎて、自分の抑圧を他者押し付けてくる人間が多い環境は避けたいけど。田舎みたく民度が低すぎず、かといって規範意識に縛られて抑圧が強い人間ばかりでもなく。この中間がいい。

暮らしてるようなド田舎でもなく、東京みたいな中心でもなく、程よい都会。

中心にいけばいくほど、規範意識が強くなり抑圧も強くなると思うから。(東京でも、規範に縛られた人間ばかりではない地域もあるのかもしれないけど

職場も、低学歴DQNの集まりみたいな環境高学歴規範意識の高い大企業官公庁のような環境中間、程よい規範意識環境を目指す。

今は、極端な環境いるから、ストレスなのかもなぁ。

地域民度の低さに偏ってて、職場規範意識の強さに偏ってて。

個人的に、同一視が激しい人間が苦手なので、田舎はそこが一番嫌だ。

他者自分を比べるのが当たり前、察するという領域侵害をしてくるのが当たり前で、気持ち悪い。

必要なことがあればこっちからうから、察してこないでくれたらなぁ。(これも、自分の期待ではあるけど

常に周りを観察してて、他者ニーズ忖度するという領域侵害をしてきて、それを良かれと思ってる不健全人間たち、気持ち悪い。

自分にもそういう時期はあったけど。

言ってもないことを先回りしてやるのが良しとされてる、同一視が当たり前の国、気持ち悪い。

おもてなし」とか迷惑しかないし。少なくとも私は、マニュアル至上主義チェーン店で誰に対しても同じな画一的接客をされて、望んでもないサービス押し付けられて、迷惑しか感じない。

自分ニーズ無視されて、相手勝手に先回りした相手が良かれと思う接客押し付けられ。それを海外に堂々と美点としてアピールしようと思うのって、忖度する・されるのが当たり前になりすぎてるからだよね、怖い。

そうやって自他の境界線がない人間が大多数で、そんな人間たちは、勝手他者に期待して失望して、文句を言ってくる。自分の期待が大きすぎるのが、問題なのにね…

勝手に期待して失望してくる人たち、うざい。

自分の抑圧を他者押し付けてくる人たちも、うざい。

田舎で生まれ育ったからなのか、周りの目を気にし過ぎる高校生を見かけて、痛々しいなぁ、と思った。

ワンマン列車(あまちゃん世界かよ。ド田舎ドラマで見るにはいいけど、暮らすのは合わない)で目の前にいた高校生グループが、カレーを持ち込んでるのは周りからひんしゅくを買うのではないか心配して、「私のではない」と何回も言ってみたり、「ツイッターに書かれてたらどうしよう」と心配してたり、挙げ句の果てには全て食べてみたり。

自分世界の中心と考えるのは思春期だと自然なのかなと思うけど、それに他者の目を過剰に気にするところが入ってくるのが、不健全だな、と思う。

同一視が激しくて相互監視社会みたいな日本で、更に同一視が激しい田舎に生まれ育ったら、周りに監視されてるのが当たり前というマインドになるのかもしれないけど、そういう考え方では生きづらいよなぁ、と思った。

私もそういう時期はあったけど。

自分がどうしたいか、何をしたいか、より、他人からどう見られるかという他者の目を気にする他律的な行動をする人が多くて、怖いなぁ、気持ち悪いなぁ、と思う。

都会に行ってもそういう人間は多いんだろうけど、田舎は更に、そんな他律的で自意識過剰人間ばかりだよな、と感じる。

日本のなかでも更に相互監視度合いが高いのが田舎(自分他人人間が多いから)

似たような境遇と見た目に囲まれてるとそうなるんだろうから単一民族国家日本人は同一視に陥りやすいんだろうけど、それが当たり前になってる社会は、怖いなぁ、気持ち悪いなぁ、不健全だなぁ、と思う。

テレビネット大手や、主流のメディア価値観は「他人からどう見られるか」だから

自分の頭で考えられない教育を受けた人間たちが、メディア鵜呑みにして、他律的な価値観で生きてて、抑圧を押し付けあってて、気持ち悪いなぁ、と。

自由自律的に生きてる人間を叩くから、そういった他律的な人間は。

病む国には病むシステム価値観があるんだな、とわかったから、健全な国のシステム価値観を真似るか、健全な国に住むのが自分のためだな、と感じる。

国にいくら文句を言っても変わらないから、自分が出て行くしかないし。

まずは田舎を出て、その後、日本以外で生きていけるスキルを身につけて、海外暮らしてみて、どっちが合ってるかを判断したいなぁ、と。

田舎職場について悩むのは終わり。出て行くためにどうするか(貯金計画など)、に、意識を向ける。

2018-09-16

[] #62-1「アノニマン」

住んでいる町の治安はいいか

観光客っぽい人に、一度そう尋ねられたことがある。

その時、俺はどちらともとれる表現で返した。

治安が悪いから、そんな反応で濁したわけじゃない。

本当にどちらともいえるし、どちらともいえないからだ。

この町では、色んな自治体自警団がある。

警察だけじゃ手が回らないから……ってのが一応の理由だとか。

実際はそれらが幅を利かせているせいで、警察に何もさせていないって方が正解だと思うけど。

俺が生まれ大分からそんな感じだったらしい。

からなのか、俺たちの町ではシケイ行為ってのにとてもユルいんだ。

ちょっとした犯罪揉め事くらいなら、住人たちで勝手解決しようとする。

自治体自警団だけじゃなくて、一人で取り締まっている奴までいるんだ。

かくいう俺もこの町で生まれ育ったわけだから、そんな風景を当たり前だと思ってる。

しろ、そういう状況を楽しむ余裕すらあるくらい。


「やっぱり『魔法少女』が人気ではトップクラスかなあ」

今日も俺の家で、ミミセンやタオナケ、シロクロ、ドッペルというメンバーたちとシケイキャラ談義に花を咲かせていた。

私、女だけど魔法少女』より『サイボーグ少女』とかのほうがカッコよくて好きだわ」

タオナケ、それはちょっと古くないかなあ? 『サイボーグ少女』が活躍していた頃、僕たちはまだ生まれてないだろ。なあ、マスダ?」

「昔のなんて知らねえよ」

俺はぶっきらぼうに答える。

タオナケの言っていた『サイボーグ少女』ってのは、たぶん母さんの若い頃の呼び名だ。

俺は思春期真っ盛り。

ケイキャラの話で盛り上がりたいのに、身内の話なんて広げられたらたまったもんじゃない。

「確かに昔だけど、最近のなんて語り尽くしているんだもの。今回は趣向を変えてみてもいいんじゃない?」

ノスタルジー!」

シロクロはそう言って、手を大きく振り上げた。

タオナケの提案に賛成ってことらしい。

「んー、それもいいか

ミミセンもそれに乗った。

ドッペルは何も言わないが、聞き専なのでどっちにしろ関係ない。

まずいな。

このままでは『サイボーグ少女』の話になってしまうかも。

俺はそうさせないよう、真っ先に話を切り出した。

「じゃあ、俺から話す……みんな『アノニマン』って知ってる?」

みんな首を傾げる。

「やっぱり知らないか……」

色んな人に『アノニマン』について話したことがあるけど、大体みんな同じ反応だった。

そこまで有名じゃなかったんだろう。

でも俺にとっては、間違いなく最高のヒーローだ。

アノニマンに出会ったのは、俺が小学校に行き始めた頃……」

(#62-2へ続く)

2018-09-15

anond:20180915010315

からそんな的外れなんだな

ネット出るまでの思春期男子エロにどんだけ飢えてたか

「こんな過激エロマンガあったから!」って言われても使えなきゃ意味ねーの

ニッセンカタログでシコる気持ちわかる?

anond:20180915004115

アラフォーエロまみれで育ってきてるってどこの日本だよ

お前が言うオタクポルノなんつーもんは2007年くらいまでは思春期とか大学生のころにはまるもん

モテてない童貞のやつらがはまるもんだったの

ポルノ性教育論者はもっと子供のころからエロを遠ざけんなって言いたいんでしょ

2018-09-13

美容アカウント人達感謝してる

クレンジングオイルコールドクリームを洗い流す前に乳化させるってみんないつ知ったの?

わたしはもうすぐ40になる今年まで知らなかった。

安いクレンジングオイルは使い方が裏側に書いてあるけど、ちょっと高いのに手を出してみたら使い方すら書いてない。

そんな中でも洗い流して下さいとしか表記されてなかったから、社会に放り出されてから素直に洗い流してたよ。

そのせいかは知らないけれど、ストレスも相まって肌はボロボロだった。

中高大と興味を持つ度に色気づいてと言われ、眉毛すら抜けなかった。親は化粧は学校で教わるもんだからそれまで手を出さなくていいと買った端から化粧水まで捨てられて肌はいだってボロボロ思春期からずっとボロボロ

事情を知ってる友人に基礎の基礎だけ教えてもらったり、図書館にある雑誌や基本のものだけ読んでた。

の子もっと化粧やおしゃれについて話したかったな。

結婚して親から離れて初めて駅ビル化粧品売り場で友人が好きだったブランドのものを手にした。

教えてもらおうと話しかけたら怪訝な顔をされて断られたし、裏でクスクス笑われてるのも言われてることも聞こえてたけど無視してひとつだけ買ってみた。

思い返せば見た目ももっさりした髪ボサボサのおばさんが来たらびっくりするよね。申し訳ない。

すごく嬉しかった。使い方が分からなくてダメにしてしまったけれどケースだけ大事にとっておいてる。

上のもあって、多少見た目も気をつけてからでないとお店にも迷惑がかかるのだな(失礼ながら駅ビルならデパートよりハードルいかもと思い込んでたのもあるけど)と分からないなりに調べて通販でも買えることを知った。

それと同時に化粧動画や、アカウントがあることに気付いた。

流れてくるおすすめ、新商品クリスマス限定なんてあるんだね。

すごくかわいい

なにより使い方や、スキンケアまで教えてくれる。

私みたいなおばさんは対象外なのだろうけれど、嬉しかった。

綺麗になるのは無理でも多少失礼のないようにはできるかもしれない。

仕事してるとはいえ主婦の小遣いの範囲プチプラしか手を出せないけれど、いつかクリスマスコフレも手にしてみたいな。

使い方を教えてくれてありがとう

ずっときちんとしてみたかった。まだまだ下手くそだし眉毛ちゃんと書けないけれど

本当に感謝してる。

時間はかかっても服とか髪の毛もちゃんとしたいな

俺はとにかくスネ毛が濃かった

俺はとにかくスネ毛が濃かった。

小学生の、まだ俺のスネ毛がうぶ毛だった頃、なんとなくスネ毛を剃ったらハマってしま毎日剃るようになった。

そして小学六年のとき、俺はそれまで剃っていたスネ毛をまわりに合わせて生やすことにした。

そしたらどうだ。黒々としたおっさんのスネ毛が生えてきた。毛の太さもものっっっっすごく太い。幹、みたい。

「毛は剃ると濃くなる」その事実を知ったとき、「最初に教えてよ!」と叫んだ。

天王寺綯のようにうぶ毛にまだカミソリを当てる前の俺にタイムリープたかった。

それ以降、小学生なのにオッサンのようなスネ毛を生やした俺はそれがコンプレックスでずっとハイソックスを履くことになる。

本当に家にいるとき以外はずっとずっとハイソックスを履いていた。

思春期の頃、夏はみんな短パンとくるぶしソックスだったけど俺だけ長ズボンハイソックスを貫き通した。

スネ毛が濃いから貫き通すしかなかった。

あの膝小僧の下あたりまで俺のスネ毛を隠してくれる布よ。

自分のスネ毛が濃いということを体育の時間に少しでも緩和してくれるあの布よ。俺は本当にハイソックス感謝している。

まわりから「体育のときずっとハイソックスを履いてる奴」と絶対に思われてたと思うけど、俺は本当にハイソックス感謝している。

だけど太ももに生えてるオッサンみたいな毛のほうは丸出しだったから「あい絶対スネ毛濃いぞ」ってバレてたと思うけど、俺はそれでもハイソックス感謝している。

ありがとうハイソックス

俺もあなたの数多くの作品の1つです。

2018-09-11

LILIUMというモー娘。を知らない人にこそ観てほしい舞台

リリウム

正式名称は「LILIUM-リリウム 少女純潔歌劇-」といいます(以下リリウム表記)

こちらは「TRUMP」という舞台からスタートした吸血鬼モチーフにした舞台で、出演者モー娘。'14やスマイレージ(現アンジュルム)といったハロー!プロジェクト通称ハロプロメンバーのみで構成されていて、公開されたのは2014年

現在(2018/9/11)U-NEXTにて後3日と期間が差し迫っていますが、無料登録すれば無料で視聴ができます。見放題!→https://video.unext.jp/title/SID0021661


さて、私はこの「TRUMPシリーズ初心者初心者です。

どころか、ハロプロに関しても初期のモー娘。世代として体験したくらいで、今現在メンバー構成も分からず、積極的に触れることもしてきませんでした。

そんな私ですがリリウムを視聴したことで、「TRUMPシリーズ、ひいてはハロプロへの興味が沸き起こってたまらずこの日記を書いています

タイトル通り、このリリウムという舞台は、モー娘。を知らない人にこそ観てほしい。

アンジュルムを知らない人、ハロプロを知らない人にこそ観てほしい。私のような。

というのも、きっとモー娘。を知っている人たちには当たり前であろうこと、ハロプロを知っている人たちにとっては当然なことを、私たちは知らないからです。だからこそ面白い気づきがある!


リリウムとは?

リリウム少女たちの物語ミュージカル出演者は皆少女で、演じる役も少女。一部例外もありますが、それは後程。

"ヴァンプ"という吸血種の少女たちは、限りある命を持ち、"繭期"という人間でいう思春期を穏やかに過ごすため、"クラン"と呼ばれるサナトリウムで日々楽しく過ごしていました。

けれど、主人公リリー(演:鞘師里保)は、仲間のシルベチカ(演:小田さくら)がいないと皆に訴えます。でも、皆はシルベチカなんて知らないと歌う……


この舞台の素晴らしさは、勿論その計算され尽くしただろう脚本にもあるのですが、少女たちの少女らしい美しさと儚さ、モラトリアムを感じさせる日々の様子を見事に演じきっているハロプロメンバーたちにあります

その歌唱力の高さ、そして何より演技力の高さに、モー娘。スマイレージもよく知らなかった私はひどく感動しました。

本職の俳優さんとしてもおかしくないキャラクターへの入り方、特に少女でありながら少年を演じる、所謂男役」を演じてみせた工藤遥さんのファルスを是非ご覧頂きたい……!

工藤遥さんは今は「怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」でルパンイエローとして可愛らしい姿を見せてくれていますが、その愛らしさから想像もつかないほど凛々しく魅力的な少年を演じてらっしゃいます

少女であるはずなのにきちんと少年に見える、声も声変わり前の少年のものしか思えないその質の高さを見てほしい!

もうひとりの「男役」、キャメリアを演じる中西香菜さんもまたファルスとは違う少年らしさを醸し出していて、このふたりは本当に舞台上で少年しか思えません。


勿論主人公リリー演技力の高さ、他の少女たちの個々の魅力の強さも素晴らしいのですが、是非ともそこは実際に見て体感して頂きたい……!


結局のところ……

リリウムは「TRUMP」というシリーズの二作品目ですが、このシリーズはどこからでも入れる、根本舞台設定が共通した別のお話となっています

このリリウムから入ってもよし、別の作品から入ってもよしですが、私はこのリリウムから入ることをオススメします。

この舞台モー娘。スマイレージ少女たちの魅力を知ることができる、素晴らしいものです。

舞台雰囲気少女たちの儚さ、それらを表現しきる彼女たちの凄さ、それを体感してほしい!

最後に待ち受ける少女たちの結末、運命、その花々の物語を、是非とも。


にわかやすネタバレをせず説明するのは難しいな……と思いつつ、是非ともこの舞台リリウムを観てほしくてこの日記を書きました。

U-NEXTでの配信はまもなく終わってしまますが、是非!

https://video.unext.jp/title/SID0021661


追記

感想ネタバレなしで伝えようとすると「しんどい……」しか言えなくなる語彙力が消え去るタイプの素晴らしい舞台です。

2018-09-07

親にカムアウトできない

 自分両性愛者だ。 

 性的指向意識し始めたのは中学ときだった。

 当時は同性を好きになるのはおかしいんじゃないかと本気で悩んだ。その際、インターネットで調べまくったが不安は収まらなかった。(寮生活だったために図書館しか本が読めなかった。そして参考になる本はなかった)

 夜も寝つけなかったため、母に一度だけメールをした。同性を好きになるのはおかしい? と。

 返ってきた答えは、思春期中高生はそうなりやすいというものだった。

 結局、思春期が終わっても自分両性愛者のままだ。

 同性愛者は生産性云々という文章を見たときガツンと殴られたような気がした。

 当の議員同性愛の子供は自殺やすいんですってと笑いながらいっている姿を見た途端、動機が激しくなった。

 ちょうど夜だった。

 ホモきもいあのレズ気持ち悪いと口にする同級生そばにいた時間が戻ってきたみたいで、怖くてたまらなかった。

 もうとっくに慣れたと思っていたがダメだった。涙が止まらなかった。

 数日後、家で生産性云々が話題にあがった。

 さすがにあの発言肯定しないだろう。内心怯えながらも話を聞いていた。

 しかし、問題ないというのが母の意見だった。間違った発言ではない。いつもの顔でそういっていた。

 耐えきれずに、口論をしてしまった。

 傷つくだけとわかっている。それでも何もいわずはいられなかった。

 またしばらくして、今度は両親とその話をした。

 母の意見は変わらず、父は黙って聞いていた。どうしてわかってくれないんだとムキになってしまい、そんな言い方だと同性愛者の理解者なんて増えないと思うけどといわれた。父は笑ってその話を聞いていた。

 もう何をいっても無駄だと感じた。

 母から同性愛者は気持ち悪い存在だといわれて、喧嘩になったことがあった。急にLGBTを語るめんどくさいやつだと揶揄されることもあった。

 それでも懲りずに話題には参加した。

 自分異性愛者ではないことを薄々感づいているのではないかと思っていた。だが全く違った。それを今日になって気づいたのが本当馬鹿げている。

 母はあの議員が好きだそうだ。生産性がないのは事実なんだそうだ。加えて、なんでそんなに同性愛者を擁護するの?とまで聞かれてしまった。

 自分は、母にだけは味方でいてほしかった。あなたあなたのままでいいよといってほしかった。他人両性愛者でいることを罵倒されても仕方がない。だけれど、差別に対して一緒に怒ってほしかった。慰めてほしかった。望みすぎかな。

 グチグチごめん。

 あーあ。

 

 

 

2018-09-03

胸の奥で泣いている幼い私

30年以上住んだ場所を離れる転職を決めた。多くの人と「またね」「げんきでね」と一旦の別れの連続。母もその1人。でもうまくいかなかった。

親の愛を、子供はどこまで要求できるものなんだろう。親にも都合があり限界がある。

母は勤勉で忙しくしながら私を愛してくれた。でも私は満足できなかった。母の再婚相手に母を取られてしまたからだ。再婚相手についての描写は控えたい。自身の心に刻まれた傷や憎しみを見たくない。「あの家庭でグレなかったのを尊敬する」そのような場所思春期を過ごした。「あの人は丸くなったよ」そう言いながら母は未だその人と共にし、最後相手として受け入れている。

今日、母と帰りの車内で「あなたが暴れず静かに戦っていてくれたから保てた」そう言われた。

でも私には激しく事を荒げる術が分からなかった。荒げたところで何が変わる。今思えば諦め泣き寝入りしていただけのように思う。そしてこのような文を書くように、あの頃の私が消え去らずにずっと胸の奥底にいる。母を求め寂しくて泣いている、幼い私がずっと心にいる。

2018-09-01

最近縁を切った元友達サイコパスだったかもしれない

15年友人関係続けて耐えられなくなって逃げた。

俺が大学とかバイト先で新しい友達ができたと知るとこの幼馴染は

「はっ!?ふざけっ…んだよそれよお」

イラついてみせてから紹介するようせがんでくる。

まれるがまま遊びに誘って引き合わせると

「どうもはじめまして~。なんだよ、全然普通そうな人じゃん!!お前、悪口ばっか言ってるからどんなヤバい人くるかとドキドキしてたわ〜w」

冗談めかして完全な嘘をぶち込んでくる。

当然、このせいで新しくできた友達と徐々に疎遠になる。

なんであんな嘘ついたんだ、なにがしたいんだと幼馴染に猛抗議しても

「ちゃっと待ってよ〜w言ってたじゃん!!www」

とシラを切り続ける。

第三者がいるときならともかく、俺とこの幼馴染、事実を把握できてる者二人きりのときにこういう無意味な弁明をするから唖然してしまった。

機嫌が悪いときは手がつけられない。

電気屋店員をテメエ呼ばわりしたり、観光案内所の人に「(バスルートを)とっとと教えて?バカでもできる仕事なんだからさあ」と八つ当たり目的挑発したりと、完全にぶっ飛んでる。

どういうときに幼馴染の機嫌が悪くなるのかは全く読めない。上機嫌だったのに突然癇癪を起こすときもある。

ある日、遊んだ帰りに幼馴染が強引に俺の実家に上がり込んだときがあった。

部屋で小一時間遊んだあたりで

宅配ピザが食べたいなあ〜(笑)

とか独り言の体で冗談っぽくタカる芝居を始めたから、そもそも出前目当てで家に来たんだなとすぐにわかった。

そんな要求適当にあしらってたけど夜の6時過ぎても幼馴染は帰ろうとせず、俺の母親が気を利かせて出前を提案したので彼は目論見通りピザにありつくことに成功した。 

ピザ食ってる最中母親が「お漬物あるんだけど食べる?」と勧めた瞬間に幼馴染の上機嫌は吹っ飛んだ。

ピザ漬物って……食うわけねえだろ。何言ってんだよお前」

とピシャリ

俺も母親も完全に凍りついてた。バラエティ番組ノリの冗談かと思って幼馴染の顔を見たら完全にブチ切れた表情してた。

機嫌を直したときも幼馴染は油断できない。

ある友人が遊びの待ち合わせに大幅に遅れたときがあった。

当然、幼馴染は機嫌を損ねてブチ切れる。

駅前だというのに周りが振り向くくらいキレまくってた。俺は周りの視線が痛いのでずーっと幼馴染をなだめていた。

やっとこさ姿を表した友人は青い顔をしていた。人前で恥ずかしいからやめてくれ、ってくらい大袈裟に謝ってきた。  

そしたら幼馴染が

「なあ、もうお前許してやれよ。こんなに謝ってんのにまだキレてんの!?こいつ来るまでずーっとキレて、こいつが来てもまだムスッとして…いい加減にしてくれって…」

と悲しそうな顔で俺に苦言を呈してきた。

俺は自分の頭がおかしくなったのかと思った。

遅れてきた友達は大慌てで謝り倒しながら「この前借りた2000円、今返すよ。遅れて本当にごめん」とまで言ってきた。

「いや、俺そもそもキレてねえから!それにこの返され方じゃカツアゲしたみたいになるからタイミング的にちょっと

困惑してると再び幼馴染が

「わかったわかった!俺がその2000円代わりに払うよ。で、お前は今度俺に2000円返せばいいよ!

いや、2000円ごときいいわ(笑)俺に返さなくてもいいよ。完全に精算!これで終わり!かわいそうになあ、こんな無理矢理払わせるみたいなマネされてよお」

と同情を禁じ得ないという感じで一芝居打ち、表情を強張らせ俺をキッと睨みつけながら

「ほら、お前もういいだろ…これで収めろって」

自分の財布から2000円を出して俺に突きつけてきた。 

本当に恐ろしいやつだと思った。

敵に回したら怖い、とかそういうのじゃなくて得体のしれないモンスターのような恐ろしさを幼馴染から感じ取った。

人を陥れたり、誰かに寄り添ったりするこういうでっち上げの立ち回りを幼馴染はよくやっていたので、周りから信頼されていた。

たとえ幼馴染が発作的な不機嫌を起こしても、皆困惑しながら自分たちの行いをひたすら思い返しては責めていたくらいだった。

幼馴染はこういうめちゃくちゃな行動を相手選んでやっていたと思う。

実際、俺はなかなか縁を切れなかったわけだし、他の友達も突然の八つ当たりやブチ切れに目をつむってこの幼馴染をしたい続けていたし。

それに、目上には徹底的に礼儀しかった。体育会的なわざとらしい服従ではなく、自分生殺与奪を握っているような目上に対しては本当に常識的にごく自然に敬意を払っていた。

から職場ではとにかく好かれているようだった。

連休のたびに上司から餅つき釣り食事に連れ回されてさすがに困ってる」とかそういう話をよく聞いた。

15年経ってこの幼馴染の行いがようやく俺の中での許容値を超えてフェードアウトすることになったのだが、

縁が切れた今気になるのはなんでこいつがこんな人間になってしまったのかということだ。

意外に思われるかもしれないが、この幼馴染は家族仲がすこぶるいい。

付き合いが長いからよく知っているけど、両親は良識ある物凄く良い人たちだ。

学生時代イジメを受けた過去もなく、むしろ同級生たちのリーダー存在だった。教師からもとにかく可愛がられていたし。

俺と違って思春期彼女もいたし、一流大学にサクッと合格してた。就職先も一流。

コンプレックスらしいコンプレックスとは無縁の人間だった気がする。

それだけに、この幼馴染がモンスターになった原因が全くわからなくて途方に暮れている。

遺伝でもなく、環境でもなく…じゃあ他になにがあるよ?っていうのが正直なところだ。

全くわからない。

anond:20180901170012

ちょい前に、おじさんと付き合って学費出して貰いつつ本命の同世代彼氏もいる浪人生の話あったけど、

あれと似たようなものなんだろうか

仮にATM目的じゃなくて単なる思春期思い込みが過ぎる子だとしても、

大学入った途端に目が覚めるだけだろうなーとは思う

今のネット社会思春期を迎える子供が可哀そう

本当に自分中学生の頃にネットが無くて良かった

2018-08-31

たくさん勉強したけど

小学生の時、ちゃんとお勉強しなさい。そうしたら将来楽できるから

そう言われて勉強を頑張る。優秀な成績をとって、テストでは満点をとって、実績のある進学校に入って優秀な大学入学する。

そのあたりで気づくんだよね、あれ?おれなにがしたかったんだろ、なにしてんだろ?って。

大きくなっていろんな選択肢がもてるから

そう言われ続けてただ勉強し続けた結果、いつしかほんとにやりたい事とか、夢中になれるものなんかを見つけられないままその他大勢の中に埋もれてしまう。

自分選択肢とか可能性なんかを見つけられないまま、むしろ狭めてしまう。

思春期って、中学高校生の時を言うんだろうけど、その時は未来って漠然としてて今を生きてる自分とは何だか程遠い関係のない話のような気がしていた。

やりたいことが見つからない。ここの学部に進学しとけば、そのあと潰しがきくよ。選択肢が幅広いよ。

そうやって進路指導先生から聞かされる。

大学進学。そこがゴール。

けどさ、大学生も半ばを過ぎたあたりからみんな気づくんだよね。

あれ?って。こんなはずじゃなかったって。

遠いところにあると思ってたことが、まだ考える時間はあると余裕ぶっこいてたことが目前に迫ると、嫌でも現実を見なきゃいけなくなる。

そうして安定を第一にしてその後の自分時間社会に溶かしていく。

やりたいことをみつけて好きなことして生きていく。素晴らしいことだ。

けどそれって今の日本システムで生きていく中で、とても難しいことだと思う。

悩みを相談した

仕事がどうしてもうまくいかなくて、とにかく誰かに悩みを聞いてほしくて、相談するかどうかもとても悩んだのだけど、我慢できずに友達相談した。

その友達とは中学からの同級で(いまはもう25歳になりました)、ずっと「友達友達」という関係だったけれど、仲良くなったのは、たぶん大学2回の頃くらい。

彼女と話しながら、「増田さんは私みたいなタイプは嫌いだと思ってた」と何回も言われたことがある。

中高の頃の私は典型的キョロ充で、通学の時のオタク友達との会話を楽しみにしながら、クラスでは目立つタイプ女の子グループの中にいて、キョロキョロ彼女たちの顔色を伺っていたタイプだった。

オタクだけどクラスの中にオタクがいなくて、とにかく彼女たちに合わすのにそこそこ必死にしていた。

それを違うクラスから眺めていたオタク彼女には、私はふつう所謂陽キャラ」に見えていたんだろう。それはまあ良いことだ。外の人に「無理してる、カワイソー」と思われてなかったことだけは良かった。

ここまでが前置きで、とにかく、卒業してから急速に仲良くなって、ついに互いのことをハンドルネームで呼び合うようなおもしろ関係になった彼女相談をした。

仕事がうまくいかない。焦る。でも査定がある。クリアしなきゃいけない。つらい。しんどい。うまく行ってる同期がうらやましい。そうおもう自分が情けない。とにかく色々ぶちまけた。途中、少しだけ泣きながら。

そうしたら、私の話を同じように泣きながら聞いてくれた彼女が言ってくれた。

増田は頑張ってるよ、私なんかよりよっぽど」

彼女自己肯定が下手くそだ。君も頑張ってるよ、と思いながら、私は「ありがとう」と答えた。彼女言葉は続く。

「でも、ほんとにもう無理ってなっても、1人で死なないで。私で良ければ、一緒に死ぬから

その言葉を聞いて、めちゃめちゃに泣いた。嗚咽まで漏れた。

頑張ってる人相手に、もっと頑張れって言うのは違うから、逃げてもいいよって伝えたくてあん言葉になってしまった、と彼女は言ったけれど、私はもう本当に本当に本当に嬉しかった。

別に死にたいわけではないけれど、何というか、自分のことをそんな風に受け止めてくれる人がいるって、思ってなかったからだ。

今、少し冷静になって考えると、めちゃめちゃすごい告白をされたように思う。

25年も生きていれば、人並みに彼氏いたことも有難いことにあるけれど、あんなに情熱的(後ろ向きだけど)な言葉は、誰からも貰ったことがない。

多分、彼女はそこまで深い意味をもってああ言ったわけではないだろうけど、少なくとも、私は誰かが自分のことをそんな風に受け止めてくれているということで、2人分救われた気持ちになった。

1人は、今仕事がうまくいかなくて悩んでいる自分

もう1人は、高校生の時の自分だ。

話を前置きに戻そう。

私はキョロ充だった。

私の時代に、この言葉がなくて本当に良かった。

ついでに、LINE殆ど発達してなくて、本当に良かった。

当時「ニコイチ」だった女の子の、誰かの悪口潤滑油にして人と仲良くなるところが苦手だった。私も裏で色々言われてるんだろうな、と思ってしまうからだ。

けれど、彼女と仲を違ってしまうと、クラスの皆から嫌われてしまうんじゃないかって不安になって、離れることが出来なかった。

そんな感じで、「ニコイチ」だったとしても、彼女にも私のなんとな〜く苦手に思ってるところが伝わってたのだろうか、彼女には別のクラスにも、同じクラスの中にも、潤滑油を使って仲良くなった女の子たちが私以外にも沢山いた。

それがまた居心地が悪くて、私はいまでも何となく高校クラスの集まりちょっとだけ苦手だ。

オタクなので、普通人間と何を話せばいいか、何を話せば面白いのかがわからないのもあるけれど。

まあ、これは私のただの甘えなので、もっと会話の引き出しを増やしていこうと思う。日々是修行である

で、そんな感じで友達……というよりも、本当に気を許せる「親友」の死ぬほど少ない人生を送ってきた私が、なんと、25歳になって「一緒に死んでもいい」といってくれる友人ができた。しかも、中高の同級生に。

なんか、有り体な言葉だけど、久しぶりにあの居心地が悪くて、辛かった学校に通っていて良かったなと思えたし、なんか、どう言えばいいのかわからないけれど、友人関係で少なからず悩んでいた、思春期の折の私が、今回の彼女言葉で救われたような気がしたのだ。

一緒に死んでもいい、と言ってもらえたけれど、別に死にたいわけではない。とりあえず、なんとか幸せでいる方法を探したい。

自分のことをそんな風に言ってくれる人と出会えてよかったなと思う。

とにかく、同性の友人に、人生で最も情熱的な告白をされて、めちゃくちゃに救われたということを、誰かに伝えたかったのだ。

最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

ブサイクなのに女を好きになっちゃうからかなりの種類の断り文句は聞いてきた

この前の子は当面忙しくて会う時間作れないっていう理由だった

平凡すぎる、もうちょっとヒネれよって思いつつ相手アカウントを削除した

しかしながら相手の連絡先を得るところで満足しておかないと辛い気持ちけが蓄積してしまうね

非モテキモブサイクにとって、家庭とか家族とか子供とかっていう社会的常識以外の生きる理由を見つけていかないと、

ちゃんとした意識を保ったまま生きてくのは難しい

結婚しないの?(できないんだろw)とか人生あきらめて仕事趣味一筋ですか?(すげえ気持ち悪いんすけどw)っていう視線をうまくかいくぐれる無頓着さも身につける必要がある

子ども思春期で…受験で…っていう愚痴にもなんとか対応していかないと本当に社会生活からもはみ出てしま

しかしなんで結婚してる人とか相手がいる人って、その状況が当たり前のように語り出すんだろうな

その状況、当たり前じゃないからな

何十年も理想として描き続けてまったく手に入らない人だってたくさんいるわけだし、相手を作ることな人生を終えた人も多いし、その上努力が足りないんだろっていう追撃してくるのももうやめろ

誰も俺のことを好きになってくれないって言えない

一人でいることが好きだからっていう言い訳するしかない人生

恋愛については全部言い訳

の子今すごく忙しいんだってさ、と説明しなきゃな

紹介はありがたかったけど、そんな風に説明したらあいつ女の人に確認ちゃうかもしれない

こうなることは予想できてたから紹介は断るべきだった

でも断ると努力してないと思われちゃうし難しいところだ

紹介ありがとう、でもなんかダメっぽい感じがするとだけ言っとこうかな

どうせ俺にはダメなんだよ

2018-08-30

女子校出身者の苦悩

私は中・高・大と女子校(女子大)だ。

ご覧の通り思春期というものを同性しかいない空間でまる10年過ごしてきた。

そんな私は「恋愛」というものに対して欠落しているところがあるのではと感じる。

周りの友だちは人並みに恋愛をしているが私はそういった経験が一度もない。

異性を好きになったこともない。ましてやデートキス身体を重ねあう…といった経験は生まれてこのかた一度たりとも経験したことがない。

別にそれらの事が特別羨ましいだとか憧れているとかではないが、それらの経験20数年してこなかった私はどこか女性としても人間としても「欠落」したとこがあるのではないかと思っている。

女子校に進んだことは後悔していないが思春期という人にとって大切な時期を同性しかいない空間で過ごしたのは正しかったのだろうか?

友だちと恋バナしたり、自分家族、友だちじゃない人を想って悩んだりすることがあったりと周りの女の子たちが当然のようにやってきたであろうことをしてこなかった私はやはりどこかおかしいのではないだろうか。

こんな他人からみたらバカバカしい悩みにここ最近はずっと頭を悩ませている。

2018-08-28

自分がアロマンティックだと気づいた

まれて二十数年間、一度も恋愛感情を抱いた事がない。初恋も知らない。恋愛感情というもの理解できないまま生きてきた。

そういう自分は人として欠落してる部分があるんじゃないかと思い悩んでいて、恋人が出来ていく周りを見て焦りも感じた。

アセクシャル」という言葉意味は知っていた。恋愛感情を抱かず、性的欲求もない人たちの事を指す。

友人の1人にもしかして?という子がいて、その事について調べていたら「アロマンティック」という言葉に辿り着いた。

ロマンティックとは、恋愛感情は抱かないけど、性的欲求はある人の事だ。

私は厳密に言えばアロマンティック・セクシャルだ。

先天性的に完全に恋愛感情を抱かない人もいれば、少しだけ恋愛感情はあったり、性欲に関してもほぼない人もいれば

めちゃくちゃ強い人もいる。定義がきっちり決まってなくて、ありがたいなと思った。

ロマンティックの意味を知った時に、目の前が開けた感覚がした。胸にストンと落ちてきて収まった。

自分不安の正体に名前があると知るととても安心した。

それと、案外アロマンティックの人はいるってことにも安心した。

「人を好きになった事がないのは嘘」「本当に好きな人出会えてないだけ」「そういう自分特別だと思ってる?」

などと言われ、傷ついてきた。言ってきた人たちは傷つけようとしてる訳じゃないのかもしれないけれど、

言われる度に「やはり自分は人としておかしい」と思い人を好きにならなきゃと焦り、告白されたらとりあえず数人と付き合ってみたりもした。

だけど相手には申し訳ないけど誰1人好きになれなくてすぐに別れた。

思春期の頃は勇気がなくて、そういう自分は変だと思われると隠そうとしてて、◯◯君を好きな自分を装ってた。

強制的に参加させられる恋バナにも嘘をついて乗り切っていた。◯◯君には大変申し訳ない事をした。

少女漫画恋愛ドラマ映画などを見ても共感した事がなく、いわゆる「キュンキュンする」「ドキドキする」という感覚も分からない。

相手の事を思って胸が苦しくなったり、人肌恋しくなったり、寂しいと感じたり嫉妬したりなどもない。

芸能人俳優アーティストに対しても美形だなと思っても好き!とはならない。

恋愛感情を抱かないだけで、人として尊敬してる人は男女問わずいる。

ただ性欲はある。それもかなり強く、性的対象は男女共。自慰しょっちゅうしてる。

ただ視覚だけで興奮してるのかな、と思う。

好奇心と性欲で学生の頃、声をかけられた人とセックスした事がある。だけど好きとかそういった感情は一切湧かず

相手は私のことを好きだと言ってくれたけど(一過性のものだと思うけど)その相手にも何の感情もわかなくて、申し訳なくてすぐに連絡を断った。

それからセックスはしていない。自分の性欲を発散するには自慰で十分だと思ったし、相手トラブルが起こるかもしれない。

その時に自分の事を上手く説明できる自信もないからだ。

恋愛をする事で視野が広がって新たな世界が見えるのか、どういう世界なのか興味はあるけど、そういう感情を抱けないので仕方ないなと思う。

いつもどこかで俯瞰しているような、部外者のような気持ちになる事もあるけど寂しさや孤独は感じない。

ロマンティックという言葉を知って気が楽になった。

他のアロマンティックの人の話を見ていると様々な見解があって面白い

2018-08-23

なぜ性はタブーになったのか

30歳を過ぎて初めて風俗というものに行き、思春期以後はじめて女性身体に触れた

それから何度か風俗へ行った

綺麗な絵画を眺めるような美しさ、友と膝付きあわせて語り合うような楽しさ、布団の中でまどろむような安心感

行為によってそれらすべてをませたような体験をした

結局、性行為楽しいから


始めての性行為をしたとき、こう思った

社会必死タブー視してきた体験はさぞかし気持ち良いのだろうと思ったがたいしたことはないのだと


人と握手するのも、性行為するのも密着度が違うだけで異質な行為じゃなかった

行為はそれ自体ポジティブ行為なんじゃないかと思えた

それなら、なぜヒトは性を特別タブーとしたのか?

2018-08-19

雰囲気可愛さってどこからくるんだろうな

思春期くらいまでは、今振り返ると「わかりやすい」可愛さを持つ女の子に惹かれていた。

スタイルがいいとか、美人とか、身長が小さいとか、溌剌とした感じとか、そういうやつだ。

たぶん、どの瞬間、どの角度で切り取られても綺麗なんだろうなぁと容易に想像できそうな人を好きになっていた。

僕が今惹かれているのは、見た目ははっきり言って微妙な感じの女の子だ。地味で眼鏡をかけている。

性格は暗く、人と話すとき目を合わせないし、よくどもっている。

唯一、声は高くて可愛いかもしれない。

なんというか、「雰囲気可愛い女の子なのだ

だがそのなんともいえない感じがどこからくるのかわからないでいる。

彼女のいいところや素敵なところを挙げようと思えばできるけど、それは

適当な知り合いを掴まえて、その人のいいところを挙げてみろと言われて出てきそうな項目ばかりだ。

それなのに、

明るい太陽の下で飛蚊症の透明な糸くずみたいなものが気になるように、

夏場に常温で保存した食べ物が腐っていないか出先で思い出して気になるように、

スタイリッシュな街で明らかにのぼりさんがキョロキョロしているのを見ていたたまれない気持ちになって気になるように、

僕は彼女のことが心のすみにずっと妙な感じで引っかかって気になっているのだ。

僕の好きな漫画に「ディスコミュニケーション」という作品がある。

この漫画ヒロイン・戸川さんは、松笛という男を好きになり、でもどうして好きなのかわからないのでそれを突き止めるために一緒にいる。

初めて読んだときはよくわからない感覚だったが、いまならなんとなくわかる気がする。


とここまで偉そうに書いてきたが、

自身、人と接することが苦手な暗い男なので、何も行動に起こせないままでいて、とても苦しい。

夏休みなので彼女に会えないため、頭の中の妄想での彼女自分に都合よく美化されているせいかもしれない。

2018-08-17

中二病には二種類ある

1.邪気眼とか異世界かにハマるタイプ元増田もこれ。血とかグロに惹かれたりもする。大抵一過性のもの思春期のうちに終わる。大人になっても治らない場合ライトノベル作家漫画家などになって昇華する場合も多い。自己完結しており比較的無害。

2.人と違う斜に構えた考えの俺カッケータイプ。とりあえず世論に対して逆張りしたり屁理屈をかますこちらは割といい歳しても罹患している場合が多い。いわゆるネットでよく見る冷笑系。仲間同士で考えを強化し、最早逆張りではなくなったりもする。粘着質で有害

https://anond.hatelabo.jp/20180816224758

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん