「翻訳」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 翻訳とは

2017-10-22

Sankaku Channel(海外画像投稿サイト)のタグの仕組みが凄い

まあ正直このサイト自体は、無断転載著作権侵害巣窟だし、勝手広告ポップアップするしで全然褒められたサイトじゃないんだが、

タグの取り扱いに関してだけは本気で感動したので紹介したい。

他のサイトニコ動とかpixivとか)もこういう仕組みになってくれないかなあ。

タグ数に上限が無い

本当に無制限ってことはないだろうが、見かけ上の上限は無い。少なくとも50個くらいは付けられる。

キャラ名や作品名シチュ場所を表す言葉からキャラの人数、ポーズ、付けている装飾品の隅々までほとんどタグ化されている。

pixivなんかでよくある「好みの絵を探したいけど俺の好みはタグで表されない!」的な現象ほとんどあり得ない。

タグ属性がある

作者名作品名キャラ名には「Artist:」「Copyright:」「Character:」といった専用の属性タグ付与することができ、これが付いているとタグの色が変わり、他のタグよりも上に表示されるようになる。

属性間の並び順も決まっているので、画像を開いてすぐに情報を視認しやすい。

検索時にこれらの属性指定した検索もできる。

特筆すべきは、「白い背景」「高解像度」のような「媒体属性、「タグ希望」「重複可能性あり」「翻訳希望」のような「メタ属性

翻訳機能

海外サイトなので全てのタグ英語なのだが、タグ編集画面を開くと、そのタグ対応する日本語登録することができる。

そうすると、日本語環境で閲覧する利用者全員に対して、そのタグ日本語で表示されるようになる。

検索英語日本語両方で可能で、同じ検索結果を返す。

今のところ英語日本語のみ。

エイリアスインプリケーション

表記ゆれなどで、ほとんど同じ意味なのに異なるタグというものがどうしても発生してしまう。

たとえば、「miku_hatsune」と「hatsune_miku」など。

そんな時は、「miku_hatsune」をエイリアス登録して「hatsune_miku」に関連付ければ、「miku_hatsune」は全て「hatsune_miku」であるものとして扱われるようになる。

これは両者のタグが完全に同じ意味だった時の場合だが、あるいは片方のタグがもう片方を完全に含んでいるという場合も考えられる。

「hatsune_miku」と「hatsune_miku_(append)」などがそれにあたる。

この場合は「hatsune_miku_(append)」をインプリケーションに登録して「hatsune_miku」に関連付ける。

そうすると、「hatsune_miku」を検索した際に「hatsune_miku_(append)」しかついていないような画像も一緒に表示されるようになるわけだ。

タグのついた画像の総数を常に表示

検索結果にしても、画像のページにしても、タグが表示されるような場面では必ずそのタグの横に「(そのタグのついた画像の総数)」が表示される。

これは意外と便利である。そのタグがどれだけ市民権を得ているか知っておけば検索もしやすい。

総評

どの機能をとっても、「タグ検索認識齟齬が起こらない」ことが徹底的に追及されている。

ニコ動pixivなどのサイトで散々検索に苦労してきた身としては、どのサイトにも欲しい機能ばかりだ。

こんなに素晴らしいシステム海外違法性溢れるサイトしかないという事実まことに残念である

2017-10-21

SakuraGameの問題を掘り下げてみる *追記あり

ここのところSteamパブリッシャーSakuraGameに関する問題が次々と浮上してきている。

ついには合意なしにストアページを公開したということさえ開発者本人から明らかになったけど、近い知り合いも同じことをされていたのでよくやっていることなのだろう。

ここの問題は、まだまだ根が深いので、こちらでつかんでいる情報をもとにいろいろ掘り下げてみようと思う。

SakuraGame問題とは

SakuraGameの問題は(細かい誤りはあるものの)この記事にうまくまとめられている。:

https://maruhoi.com/game/chinese-publisher-sakura-game/

Sakura英文翻訳の質は非常に低く、ゲーム内の画像の改変も相まって中国以外での海外の評判は記事の中にある以上に散々である

それがいかにヒドイか確認できる例(裸注意):

https://i.gyazo.com/aa574362f00b7ec5905a67809375fc5e.jpg

イケメンオーケー、この地位のために、オレはすぐに妊娠してやるぜ」

(一体何のギャグか…)

これらへの不満に対するサポート放置なので、ユーザーヘイト開発者に向くことも多い。


Steamシステムは、プロモーションから販売までほぼ全てSteam内で完結するよう設計された閉じた形になっている。

それだけにデベロッパーパブリッシャーの信用や評価が非常に重要になる。

通常はクオリティの低いゲームを乱発するより質の高いもの継続して販売したほうが長い目で見ると多くの収益をあげるチャンスがあるのだ。

にもかかわらず、なぜ彼らはこうもリリースを焦って(デベロッパー同意を得る前にストア公開してまで)粗悪にローカライズしたゲームを乱発しているのだろうか?


まずSakuraGameの内情を予想してみる

この画像SteamSpyのSakuraGameの販売本数(の予想)を発売日順に並べたものだ。:

https://i.gyazo.com/d618a72102165431d2641cbb3f462c0d.png

8月以降にリリースされたゲームは一つを除いて10万本を越えるものはなく、少ないもので数千本

SteamSpyの販売数には返品されたものも含まれているし、ゲームが一番売れるのは40%や50%オフとき、更に各国の消費税差し引かれるので実際の売上額は先にリンクしたブログが予想するよりずっと少ない。

「数百万円でライセンスを買い上げた」という景気のいい話もあるが、実際会社として300万円の元を取るとなると5.5-6.5万本あたりが損益分岐点だろう。

Steamでは新しいジャンルゲームリリースすると大きな売上を上げることがある。

しかし、たとえ一本目よりできが良くても二本目、三本目となるにつれ、その売上は大きく下がってゆく。

画像販売数の推移をみると、Sakuraゲームも同じ道を辿っているのがよくわかる。

これから時間が経つにつれ、ある程度売上は伸びるだろうが、現状売上が数千本というものもあるから、これではやっていけない。

現に彼らも今後同じ収益を上げ続けることが難しいのことを自覚しているらしい。

私が話を聞いたデベロッパーにはロイヤリティ(歩合)制(しか機械翻訳にしてはかなり向こうの取り分が多い)でオファーが来たそうだ。

中国国内事情

Steamアクセスブロック可能

彼らが強引なまでにゲームリリースを焦るもう一つの理由中国政府によるSteamアクセスブロックを見越していることだろう。

中国では近年ネット検閲を強化しており、ついこないだ突然pixiv中国からアクセスブロックされたことも記憶に新しい。

既に中国ではSteam対抗サービスも始まっており、中国ゲーマーの間でもSteamブロックはいつになるかは分からないが時間問題であると捉えられている。

官憲の介入の可能

彼らにとってもう一つの問題は、彼らが中国ではご禁制のポルノメディアを取り扱っており、いつ官憲によって潰されてもおかしくないということだ。

これは中国SakuraGameについての記事だが、この中でもパクリエロ問題が取り上げられている。:

http://www.chuapp.com/article/283291.html

ここのエロゲ中国語翻訳中国本土標準語ではない(でもある程度通じる)繁体中国語なのも官憲の目を配慮したものだろう。

素性が知れないということ

このパブリッシャー取引する上で大きな問題となるのが、ここが素性を隠そうとしているということだ。

私が話を聞いたデベロッパーには香港会社を名乗っていたそうだが、以前SuperStarのクラウドファンディングをした際の会社所在地はなんと「東京」だったとのこと。

更に、先にリンクした中国語記事によるとその実体四川省成都スマホゲーム制作していた会社とされているから、もうわけがからない。

四川ゲーム関係者に聞いたところ、ここに拠点があると見て間違いなさそうだが、さら親会社がありそうとのことなので、その実態は謎に包まれている。

メディアから取材も断っているそうだ。

日本ゲーム開発者SakuraGameを利用する際に認識しておくべきことをまとめてみる

1.ローカライズが悪く安かろう悪かろうイメージがつく可能性がある。

機械翻訳だったり、画像に手を加えたりするので作品本来の内容が失われてしまう。

また、それに対するサポートもしていないので、必然的ユーザーの不満が開発者にも向く。

2.政府Steamブロック官憲の介入により突然ビジネス破綻する可能性がある。

SakuraGameの売上は下がっており、このまま継続して大きな収益を上げ続けるのは難しい。

彼らもそれを意識しており、少々強引な手段を使ってでも稼げるうちに稼ぎたいと考えている。

3.素性が知れないので音信不通になった場合作品海外版権がどこに行ったかからなくなるおそれがある。

その後海外で日の目を見ることはなくなる可能性が高いし、巡り巡ったライセンスがどういった使われ方をするかもわからない。

ライセンスを取り戻すことも問題のある使い方に抗議することも非常に困難になる。

ゲーム開発者SakuraGameを利用する際にはこれらのリスクを鑑みて、彼らが提示する条件がそれを補って余りあるかどうか、そして彼らが信用に値するかどうか十分に考えた上で判断するとよいだろう。






追記:お金の話など

その後SakuraGameに関わった人たちからさらにいくつか確認できたことがあるので追記しておく。

Sakura提示する条件はデベロッパーによって異なる。

確認できたのは契約金+ロイヤリティ(歩合制)、契約金のみ、ロイヤリティのみという3パターン

ロイヤリティ契約金の額といった条件はデベロッパーによって大きく異なる。

現在のところ契約通りの支払いがなされている。

入金はきっちりされており、明細も(データで)送ってくれるとのこと。

・なぜか入金時中国国内税金負担させられる契約になっている。

普通はこういうものパブリッシャー負担するものだけど…

当方が聞いた例では差引額は手取りの約20%。

まりSteam100円で販売したゲームロイヤリティ50%場合

100(販売額)-30(Steam利用料30%)-35(SakuraGameの取り分50%)-7(中国の税負担20%)=28

(実際には売り上げから各国のVAT源泉徴収されるので実際の受取額はもう少し下がる)

ゲームが1本100円で売れた場合デベロッパーの取り分は28円となり、ロイヤリティとしては私の知る他のパブリッシャーと比べてかなり条件が悪い。

俺と外国人観光客の話

仕事のあと馴染みの居酒屋で1人でチビチビやってたら、男女の外国人観光客がやってきた。珍しい。この店は近隣の企業で働くオヤジ御用達の店なのに。

彼らは翻訳アプリを使い「お寿司ラーメンはありますか?」と店員に聞いた。店員は困ってた。オヤジ居酒屋にはラーメン寿司もないのだから…。

店員外国人も困ってた。おれはみるにみかねて、酔いも手伝って話しかけてみた。

「この店には寿司ラーメンもないよ。でも、サシミと天ぷらはあるよ!一緒に食べようぜ!」と。

外国人は大いに喜んでくれた。それを見てたほかの席のお姉さん達は、英語メニュー翻訳してくれたり、それをみてた他の席のオヤジ達は

「なんだ、外国から来たのか!?じゃあこれ食えよ!美味いぞ!」と分けてくれたり、店員さんも「みんなで写真撮ろうよ!」と呼びかけてくれたり、輪がどんどん広がった。

みんなで身振り手振りや、英語翻訳アプリコミュニケーションをとった。

彼らは帰るとき英語で「本当に楽しかった!嬉しかった!いろんな国に行ったけど、こんな楽しかった夜は初めて!本当にありがとう絶対に俺たちの故郷に来てくれ!ありがとう!」と言ってくれた。

彼らが帰ったあと、残った客や店員さんみんなで「俺らがんばったよな!!めっちゃ喜んでくれてたよな!!!イエーーーー!!」と乾杯した。

彼らは中国から来た観光客だった。俺は拙い中国語で、他の客は英語翻訳アプリや身振り手振りで、それぞれができることをやって、楽しい時間を過ごした。

4年も前の話だけど、あの時間は本当に素晴らしくて、かけがえのないものだと思う。

半年後、俺は彼らの故郷を訪ねた。そしたらありえないもてなしを受けた。

その飯屋にいた知らない人達が「え!日本人!初めて見た!コンニチワ?」「日本!?遠いところからなんでこんなところに来たの!まあこれ食えよ!」「漢字使えるの!?」「謝謝の日本語はなんて言うんだ?」と、みんな優しくしてくれた。

そして中国友達が増えに増えた。

日本イメージ変わったと言ってくれた人、日本語勉強始めてくれた人、ドイツ車買わずトヨタの車買うわと言ってくれた人、旅行先を日本にした人、日本に対してネガティブイメージがなくなったと言ってくれた人、、沢山の中国人が、俺をきっかけに日本に興味を持ってくれたのはなんだか嬉しい。

こんな世の中だけどさ、こんな時代だけど、こんな日中関係のいまだけど、俺は日本人。俺は日本が好きなんだなぁと考えさせられたよ。

2017-10-20

anond:20171020121645

パラダイスユートピア常識だろ低能

楽園理想郷で同じもの思い浮かべるのは日本人だけだ。翻訳した奴も低能だったせいかも知れんがな。

2017-10-16

anond:20171016074641

Androidフレームワークやってると、中国語韓国語にあたることは多い

英語翻訳してもわかんねーことも多い

2017-10-15

anond:20171015150548

この業界チュートリアルを動かしたことがある」が「実務経験あり」に翻訳されてて半笑いしか出てこない

2017-10-14

東大助教やばい

中途で東大助教(期限付き)だったという人を雇ったんだが、その人の仕事クオリティやばい

まずホウレンソウができない。仕事の進捗をこちからいちいち聞かないと教えてくれないので、こちからフィードバックがなかなかできない。フィードバックなしに自己中なやり方で仕事をあらぬ方向に進めるので管理が大変だし、無駄が多い。新卒ならまあ1から教育する必要があるのはわかるけど、中途でこれとは...

A について説明を求めると B の話をはじめる。そして話が無駄に長いので、A についての情報を聞き出すために辛抱強く時間をかけないといけない。上司に対してならまだしも、取引先にそれをやるから外に出す仕事を回せない。

ワード文章いてもらうと、なぜか同じ段落の中で違うフォントが混ざっているし、フォントサイズも時々変わっている。なぜそうなる?

英語が書けない。たか英語メール1通書くだけで一日 PC に向かっている。その後添削してあげないといけないし、動詞がない文章書くし...おまえ英語論文書いてたんじゃなかったのか?

文書海外向けに英語翻訳して、と頼むと、元の文章とは全く内容が違う文章ができてきた。文法とかクオリティ以前になぜそうなる?

仕事が雑。グラフ描いてもらうと、目盛りがない、縦軸横軸のラベルがない。なにも考えずに Exel のデフォルト使ってんじゃねえよ。散布図で描くべきデータを折れ線グラフにするな。横軸が正確じゃないことぐらい見れば分かるだろ。

これらのことを指摘しても自分の間違いを認めないし直らない。すみませんのひとこともない。まあ謝らなくても次から直してくれたらいいんだけどね。

頑張って褒めて育てようとしてたんだが、しか半年経っても直らない。疲れた

例外だと思いたいが、もしもこんなのがたくさんいるなら日本アカデミアは真っ暗だね。

そして、面接で見抜けなかった自分のふがいなさに絶望する。

ニャッ! …ニャッ、にゃっ、にゃっ、にゃっ、にゃっ、みゅん! …















ヌッ!…ウッ、ハァ、ハァハァ、ハァ、ハァ、 ヌ゛ッ! ハァ、ハァ、ハァー…

https://anond.hatelabo.jp/20171014150336

オックスフォード英語辞典から

An imagined place or state in which everything is unpleasant or bad, typically a totalitarian or environmentally degraded one.

The opposite of utopia

グーグル翻訳

すべてが不快で悪い、典型的には全体主義的または環境的に劣化した想像上の場所または状態

ユートピアの反対


一見理想的」とは書いてませんし、「環境的に劣化」といういことは社会崩壊しているというのもディストピア意味に当てはまりますね。

anond:20171014145942

まずディストピアってのはユートピア対義語として生まれ単語で、お前みたいな低能にも分かるように噛み砕いて言うと

一見理想的社会に見えるが、実際は過度の管理圧政が敷かれている社会」の事なんだわ。

かに日本語訳に「地獄郷」みたいなトンチンカン翻訳が有るが、社会が既に崩壊している作品ディストピア作品とは呼ばないんだわ

分かるか?わからねぇだろうな、低能

2017-10-12

Googleにデコイを食わせろ!

「よろしい、ならば戦争だ」

Google検索と戦う方法を紹介します。

デコイ

デコイ(英: decoy)は、狩猟で囮に使う鳥の模型。これが元来の意味である

デコイ英語: decoy、Military dummy、囮とも)は、敵を欺瞞して本物の目標と誤認させる目的で展開する装備の総称

ネガティブSEO

リバースSEO」や「ネガティブSEO」とも呼ばれる逆SEO

逆SEOとは、特定サイト検索順位を下落させること

Matt Cutts氏が指摘するように、順位を下げるために付けたリンクが、期待とは正反対順位を上げる手助けをしてしまうこともあり得なくはありませんね。

リンクされているサイトではなく、リンク元サイトスパムかどうか判断していることをGoogleゲイリー・イリェーシュ氏がMarketing Landポッドキャストで明らかにしています

この説明にもネガティブSEOの具体例をあげて解説していることからペンギンアップデートネガティブSEO対策に力を入れていることがうかがえます

方針

  1. ネガティブSEOではなく、ポジティブSEO採用する。
  2. ポジティブSEOデコイを大量に投下する。

あなたプログラマーではない場合(手動)

  1. あなた名前を付けたブログTwitterアカウントを作る。(例:はてな次郎のダイエット日記
  2. 質の良い情報必要なので、趣味や特技を活かしたテーマ記事を書く。(例:スムージーオリジナルレシピを紹介)
  3. 業界有名人積極的メッセージを送る。(例:料理家・平野レミさんのちくわストローで飲むティスムージーレシピ感想を送る) https://twitter.com/Remi_Hirano/status/759208574694359044

 

目的は「はてな次郎」の文字列自分管理して、インターネット上に増やすこと。

 

  1. ブログ記事動画にして、YouTubeにアップする。(YouTuberビデオブログ
  2. ブログ記事書籍にする。(例:Amazon KindleAmazonオンデマンド印刷本)
  3. 書籍オーディオブックにする。(例:Amazon Audible

 

目的は「はてな次郎」の文字列を爆発的に増やすこと。

 

セルフプロデュースセルフブランディングするのがポジティブSEO王道です。

現在、「はてな次郎」をGoogle検索したら1万件ヒットする場合セルフブランディングした情報が3万件ヒットするぐらいを目指してください。

はてな次郎」に関する誤情報が、検索結果の10ページ以下に沈めばとりあえず成功です。

あなたプログラマー場合自動

はてな次郎」という文字列インターネット上で増殖させる作業を、手動ではなく自動で行うことも可能です。

 

  1. クローラー」を作り、Web上のデータ収集する。
  2. AI自然言語処理データを加工する。
  3. 加工したデータをもとにポータルサイトを作る。

 

(例)有名人応援するファンサイトを作り、各ページのタイトルやヘッダーに「はてな次郎」の文字列を入れる。

  1. Amazon商品データスクレイピングして、本=著者、CD歌手DVD監督俳優人物データベース作成する。
  2. その人に関する情報スクレイピングする。(DBディアAPI、あのひと検索スパイシーを参考にする)
  3. 日本語英語日本語の往復翻訳をするなどして、オリジナルデータを少し改変する。
  4. 人物に関するデータから、その人物の三行紹介を作成する。(マルコフ連鎖圧縮新聞のような記事を生成する) http://pha.hateblo.jp/entry/20071124/1195904502
  5. 自分が好きな歌手女優なら、自分で紹介記事を書いても良いです。(手動の作業も加えてOK

 

このような方法で、100万ページ程度のWebサイト自動的に作れます

データや加工方法を変えて、さらWebサイトを作れば「はてな次郎」の文字列インターネット上に1億個以上投下することも可能です。

いいね工場

アメリカ大統領選挙ロシア情報操作を行っていたと言われている「ロシアゲート事件」を参考にして、SNSデコイをばらまくことも可能です。

  1. 安いスマートフォンSIMカードを大量に用意する。
  2. SNS操作する専用アプリを作る。(DeployGateやTranspoterPadのようなデプロイツールを利用)
  3. はてな次郎」の情報自分で作ったブログWebサイトSNSアカウントなど)を拡散したり、いいねを送る。

 

ユーザー陳情を受付けないGoogle傲慢ですね?

やりたい放題のGoogleをブッ飛ばすには、プログラミング有効です。

頑張ってください。

 

追記

記事仮名が変更されたので本記事仮名も変更しました。(はてな次郎)

 

補足:

はてな次郎」の文字列自分管理

自分が書いた投稿なら、必要に応じて(自分権限で)表示/非表示を切り替えられるので管理上都合が良い、という意味です。

2017-10-11

Google翻訳で読むカタルーニャ問題

カタルーニャ独立問題話題からと、現地スペインニュースサイトを調べて、自動翻訳をかけるも、日本語文章として全然ダメダメ翻訳しか出ない。

「何だよ、天下のGoogle日本語理解分析できていないんだよな(笑)

と、謎の勝ち誇りで腐すと同時に、ふと思いついて、オプション翻訳言語スペイン語からカタロニア語へ変えてみる。

すると今まで意味不明な文節になっていたのが、まともな日本語文章として翻訳されてしまった。

Google翻訳ではカタロニア語文章でもスペイン語として自動検出されてしまうようだ。

Googleさんは日本語理解しているが、スペイン語カタロニア語区別はつけられないんだな(笑)

2017-10-10

耳に心地よい大阪弁

大阪の人が、映画ドラマ等で俳優役者が演じる大阪弁おかしい、ちょっと違う等と良く言っているのを見聞きする。

でも個人的には、大阪ネイティブでない役者が話す、大阪人達からすれば違和感のある大阪弁の方が、

大阪人達が話す大阪弁よりも、ちょっとだけ印象がよかったりする。耳に心地よいという時でさえある。


もちろん、全員では無いのだろうが、本物の大阪弁発音が汚いというと言いすぎかもしれないけれど、どうしてもノイズに感じる時が多い。

心地よく感じるなんて状況はほぼ無いに等しく、ネタとして完成されている漫才は聞けても、

バラエティ番組は見る(聞く)に耐えないと感じてしまう事が多い。

標準語を話すべき場面においても方言丸出しで、それを恥ずかしく感じるどころか、ドヤ顔大阪弁を話す人を見聞きする事も多い。

そこはちゃうやろと。


もしドストエフスキー作品大阪弁翻訳されていたら、罪と罰を読んだ後これまでと同様の感想を持つことはないだろう。

ラスコーリニコフはじめ登場人物人物像は大きく異なってしまう。読むに耐えないものになると思う。

大阪弁で繊細さを表現する方法はあるのだろうか?どうしても浪花節だよ人生は、の世界になってしまう。


カラマーゾフの兄弟ちょっと合いそうな気もする。

2017-10-08

機械翻訳が発達しすぎて翻訳家仕事がなくなりそうです

とか抜かしてる奴らは元々翻訳家なんかじゃねーんだよ。

本物の翻訳家が作ってくれた翻訳家という肩書社会的立場を利用してるだけのフリーライダーだったのさ。

親の看板をついだだけのドラ息子がブランド力だけで最初の数年は誤魔化していけるのと同じ現象さ。

本当の翻訳ってのはな、そんなに簡単じゃないんだよ。

読みとかなきゃいけない文脈が最低でも三つあるんだ。

翻訳する言語文脈翻訳した後の言語文脈、そして翻訳する文章文脈だ。

そして大抵の場合はこれに四つめとして、翻訳した後の文章が持つ文脈も読み解いて修正していかないと完璧にはならないんだ。

それら4つを完璧に読み解くのに機械翻訳は余りにも未熟だよ。

少なくとも向こう20年は無理だ。

それなのに、このままじゃ翻訳家廃業ですなんて言ってる奴らは最初から翻訳家じゃなかったとしか言えんよ。

人工無能の真似事をして翻訳もどき翻訳料を召し上げてきた詐欺師みたいなもんさ。

2017-10-07

anond:20171007141853

英語エントリブックマークしてはやらないでお馴染みのはてなーとしては

やらない方がいいに触れがちなのかも

ゲームしてるよりはマシという意味ではやるべき

他に優先して得たいスキルがあるなら不要

自動翻訳が完成したら他のことをやればいいし

英語勉強がいらなくなった世界で、英語知識を知ってる人は意外と貴重かもよ

ウィキペディア車輪の項目が、秀逸と聞いて。

最近ウィキペディア車輪の項目を眺めた。

車輪の再発明、という言葉は知っている。

しかし、車輪自体歴史などについては、曖昧としたまま、あー、はいはい、既にあるライブラリー関数を使えって言うプログラマーのアレでしょ。

数学でも哲学でも、先人の知恵を有効活用しようよ、と。

Googleさんのセリフ巨人の肩の上に登ろーよって言う。

  

なんだけど、車輪って、舗装された道路存在したときに、とてつもなく威力を発揮するとあった。

(まー、鉄道におけるレールのような話か。デコボコ道だと、いまいち車輪付きでも、その便利さを利用しきれないってことだった。キャタピラってもんが、あるが。)

中国ローマ皇帝が、「道」・「道幅」・「水はけの良い道」について規格の統一をさせたってのは歴史画期的なこととして歴史教科書書いてあるが、大事みたいだね。

今の日本ならば、アスファルト舗装された高速道路のような片側二車線の道路と、田舎の砂利道や住宅街の入り組んだ細い道とでの自動車が出せるスピードを考えて見たらいいだろう。

  

似たようなこと、今、流行ビッグデータとか人工知能コンピュータ世界に改めて、考えてみたい。

コンピュータにおける舗装された道路とは、何だろうか。  

人工知能が利用しやすい形、あるいは、プログラミングがなされやすフォーマットでの

データ形式で保存されることが、期待されているようだ。

囲碁世界では、棋譜が残されていて、そこから人工知能自己学習をさせた。

適切なフォーマットへと変換された後でだろうが。

ディープラーニングという手法で。

(アバウトな理解だけれど、もちろん、始めは人間が教えて、その後に人工知能vs人工知能でも、自己学習をしていたようだが。)

これからパソコン理解やすい形に、データが格納されていくと、

本当に、あっという間に、あらゆる仕事がかわるんだろーなと。

人工知能による翻訳とか期待されているが、これからも、単純作業よりも、少し複雑なルール仕事人口知能に置き換わっていくのかーってことを、

なんとなく、車輪説明想像出来た。

  

anond:20171007175956

これな

Google翻訳未完成なんじゃなくて日本語翻訳未完成なだけっていう

のものづくり大国だったころは日本技術者たちが日本語タイピングできるようにソフト開発したけど

そんなやつらを蹴りまくった結果、全部中国にいっちまった

anond:20171007141853

google中の人がこれから縮小する日本市場を見て

本気でやるとは思えないんだよね

wikipedia記事なんて固い文章ですらChrome翻訳してみると

普通に読めるレベルじゃない

anond:20171007141853

君を迷わせるためにいうけど

思考アウトプットする技術も開発されてるから

自動翻訳しなければ大丈夫=頭の中なら残らない外に出ない

っていうのも怪しくなってきたぞ

英語のできない社会人が、評価を上げる目的英語勉強する必要はあ

ここ二年くらい英語学習を続けているんだけれど、自動翻訳ニュースを見て思うところがあった。英語のできない社会人が、評価をあげる目的英語勉強する必要はあるのだろうか。

日⇄英間の完璧自動翻訳可能になるのはまだまだ先だと思うが、10年後はどうなっているか。わからない。10年前、囲碁世界チャンピオンコンピューターに負けるなんて、誰も思ってなかったのだ。

一方で、英語重要性は増しているようにも思える。小学校では英語コマ数が増えて、中学校では英語の授業が英語で行われるらしい(調べてビックリした。5文型や関係代名詞概念なんかも、英語説明するのだろうか?)。年間のべ250万人がTOEICを受けていて、Amazonランキングの上位にはいつも「金フレ」や「TOEIC公式問題集」なんかが並んでいる。

ぼくが気になるのは、英語評価対象になり続けるかどうかだ。英語学習収入アップにつながることは、少なくともぼくにとって学習の主要なモチベーションだ。翻訳コンニャク一般化した世界では、ぼくは英語学習はしないだろう。

基本的には英語学習を続けたいと思っているので、英語評価対象になり続ける側の意見をいくつか拾ってみた。


◼︎文章

◼︎会話

たとえば「私は彼の背が高くてハンサムで優しいところが好き(好意)/嫌い(嫉妬)」なんて文章は、最後まで聞かないと英語に直せない。英語は「I like/hate ...」から入るから


勉強しないための言い訳なんていっぱいあって、うだうだ言ってるヒマがあったら単語ひとつでも覚えた方がいいのはわかるんだけど、みんなの意見も聞いてみたい。

2017-10-06

ぶんがくしょー

カズオ・イシグロの受賞は、日本出版業界的にはかなり美味しいのかなって思ったはなし。

ニュースとして取り上げるのにも、知名度的にもいい感じでありつつ、日本語翻訳なども出てて。

購買的に村上春樹だと、もう読む人は買ってるし、読まない人は受賞しても別に買わない感じあると思うけど、

例えば親とかに勧めても、話題に乗って買ったけど、読みきらない読者層としても、人の薦めでもある程度買う気がする。

さら報道側にもニュースバリューがありそうで、宣伝効果がある気がする。ただし、ニュース等の小説内容の解説のしかたが完全にネタバレなのは本当に酷いと思うしかないが。

そういう観点で考えると、去年のボブディラン業界的には最悪だったのかなとも。

2017-10-05

カズオシグロの「わたしを離さないで」のネタバレをされた

NHKのおかげだ

と言っても今日NHKのを見てネタバレされたのではない

わたしを離さないで」は10年くらい前に原書で読んだのだが、何が面白いのかさっぱりわからず、「日の名残り」(これも原書で読んだ)と比べて随分と質が落ちたなと感じていた

ところが世間での評価があまりに高いので、何か大事なことを読み落としたのかと不安になってもう一度読み直したが、相変わらずつまらない作品だった

ひとくちにつまらない作品といっても大雑把すぎてなんの説明にもなっていないが、「わたしを離さないで」に関しては文章世界設定もストーリー展開も褒められる要素が何もなく、とにかくつまらないとしか形容できなかった

その後何年か経って日本図書館翻訳を見つけたので、原書で読んだとき文化的な背景に関することなど何か重大な読み落としがあったとしても翻訳ならその心配もないだろうと思い読んでみたのだが、逆に原書を読んだ段階でなんの読み落としもなかったことがはっきりしただけだった

ところが今日NHKニュースとそれに対するネットでの反応を見て、何年もの間「わたしを離さないで」をつまらないと感じていた原因がわかった気がしたのである

NHKネタバレした部分は、わたしが当時「わたしを離さないで」を読んだとき読者が読む前から知っていて当然のストーリー・プレミスだと思い込んでいた部分だったのである

まり、当時そうと知らずにネタバレを食らっていて、それに気づかないまま初読の読書体験を作ってしまった

ストーリー後半で主人公がある真実を知るとき本来なら読者も同時にその真実を知るのだが、わたし読書体験ではその真実作品を手に取る段階で当たり前にわかっていたものなので、ある事実を観客は知っているが登場人物は知らないことを利用する劇的アイロニーテクニックが用いられているのだと思ってしまった

ところが実際は劇的アイロニーを使った作品ではなく、真相を知ることで世界の見え方が変わるタイプ作品だったのである

この、「そうとは知らずにネタバレを食らっていて、何度読んでも面白さが分から自分おかしいのではないかと煩悶してしまう」という経験は他にもしていて、最後にゾッとするどんでん返しがあると聞いたロス・マクドナルドの「さむけ」を原書で3回読んだか何がどんでん返しになっているのか分からず、もしかしたらどんでん返しがあると知って読んだらいけないタイプ作品かとも思ったのだが、読んだ人に意見を聞いてみるどうやら読む前から知っていたある情報が重大なネタバレだったと発覚した

その情報を頭に入れたまま全ての文章解釈して読み進んだので、いまさら知らない状態でどんな読みが可能になるのかなど想像もつかないし、面白さのポイントが分からず何度も読むということをしてしま記憶にしっかり定着しているので、忘れた頃に読み返すという手も使えない

からといってネタバレをすることは悪だなどというつもりはないが、ネタバレをするときには「いまからネタバレをするぞ」とひとことくらいは言って欲しい

GIGAZINE食品レビュー

おもんねーわ

お前のところの面白い記事なんて海外記事翻訳だけなんだからそれだけやってろよ

しかもその翻訳だって他のサイトより遅いし

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん