「漠然」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 漠然とは

2017-11-19

anond:20171119173721

バイト上がりとか友人に誘われてとか自宅に近いとかその程度の理由が多い。特に人生設計も無い事が多い。有っても漠然としている。そういう人もたくさんいるのが社会

2017-11-18

生きることはリスクだらけ

この若さ病気になってつくづく思う。

生きるという事はリスクだらけだ。

生とは実に素晴らしいことだ。

しかし光が強い程影は暗く濃くなる。

反出生主義に漠然とした肯定感があったけれど、今回のことでハッキリした。

まれなければ苦しむことはない。って考えは極論だけど真理だと思うんだ。

マスコミに対する漠然とした違和感

の正体にようやく気づいた

 

彼らは「我々マスコミとその他下々の者」みたいに考えているのではないか想像していたが

なぜその想像に至ってしまたか考えてみると

マスコミマスコミ取材することが無いからだと思った

 

マスコミ取材対象は全てに及ぶ

悪いことをやったり、国民から不満が上がれば突撃していく

しかマスコミは、他のマスコミ取材することはほぼ無い

 

そりゃそうだ、そんなことしたら反撃を食らう

いいとこ「インタビュー」くらいしかできない

 

でもそれじゃまるで「武器を持った人同士は戦わないが武器を持たない人は攻撃する」みたいな感じじゃないか

そこらへんに違和感を覚えるし

どう足掻いても彼らマスコミ一般目線になれないのだろうと思った

 

同じように権力攻撃力を持った者は世の中たくさんいるが

ターゲット自分で定めて攻撃できるのはあまりいないんだよね

例えば警察だって相手犯罪を犯していないとなにもできない

権力者としてはマスコミは非常に自由度が高い

2017-11-17

童貞こじらせて死ねたらいいのに

もうすぐ三十歳になる。これまでの俺の人生彼女はいない。

友達の多くが結婚し、久しぶりに会う友人も結婚がどうこう言っている。

一生このままかという漠然とした不安を感じつつも、どう踏み出せばいいのかわからない。

……金曜だし、飲みにでも行ってみようかな。

https://anond.hatelabo.jp/20171116172128

「お父さんみたいな人と結婚したい」って言って思い浮かぶお父さんって、なんか漠然と「優しいおっさん」って感じ。

固有の人格があまり想像できない。ある意味、替えがきく存在

からおっさんは「ワンチャンあり」って浮かれることができるし、なんというか安全。実際に近親相姦しなさそう。

(実際、異常に父親と仲良しな人が「お父さんみたいな人と結婚したい」って言ったら怖いと思う)

でも「お母さんみたいな人と結婚したい」って言われると、そのお母さん、もうちょっとキャラクター立ってるじゃん。

スネ夫ママ的なマザコン製造モンペなのか、巨乳おっとりママなのか、こってりした美魔女なのか、

いずれにしても、「ぼくのママじゃなきゃダメ!」ってこだわりありそう。

なので、一般的なおばさんは、自分と重ねて「ワンチャンあり」とは思えないんだよ。

2017-11-16

アラフォーはいつか終わるの世界で生きてきた

小学生の頃、日本バブル景気にわいてノストラダムス予言が大はやりしていた

バブル景気はいつか終わると言われていた、終わったらどうなるのか不安だった

小学生達は世界は終わるから大人になる前に死ぬかもと漠然と思っていた

就職まで後数年でバブル景気は終わった

父親は「日本技術力があるから盛り返せる」と言っていたが結局今まで盛り返せずじまいだ

今は世界に類を見ない超少子高齢化でいつか日本破綻すると言われながら、政府少子化対策をまともにしない、ネットでも迷惑から子供を生むなの連呼だ、これはいつか自分が老人になる頃に破綻するしか無いのだろう、国が破綻したらどうなるのだろうという絶望感の中で生きている

2017-11-14

[] #41-5「注文の多い客」

頭を抱えていると、俺たちに向かって店主が言った。

「食べたのなら席を空けてくれ。次が待っているんだ」

店主が一瞥した方向を見ると、確かに待っている客がいた。

「じゃあ出よう、二人とも」

俺がそう言って立ち上がるも、二人は微動だにしない。

「おい、どうしたんだよ」

別にいつ出て行くかは僕たちの勝手だろ」

タイナイの言葉に弟が頷く。

うわ、マジかこいつら。

俺の漠然とした不安が形になった瞬間である

「この店はサービスや客への配慮がなっていないね

食って掛かる弟たちに店主も怪訝な表情をする。

「はあ……“お客様”。サービスってのは付加価値なんでさあ。座り心地のよい椅子、行き届いた空調、備え付けのテレビエトセトラ義務じゃないことにケチつけられる筋合いなんてねえのよ」

「それは怠慢じゃないかな。俺たちは客としての権利を主張しているだけだ」

ああ、最悪だ。

タイナイはともかく、弟まで“面倒くさい客”になってしまっている。

しかもそれが表面化してしまった。

収拾がつかなくなる。

「ほう~“客としての権利”ねえ。じゃあ“店の権利”ってのを考えたことあるか? 本来、客と店ってのはどっちが上で、どっちが下かじゃない。客が店を選ぶ権利があるなら、店側だって客を選ぶ権利を認めるべきなんじゃねえの“お客様”」

「その“お客様”って言い方をやめろ! 俺たちはちゃんとお金を払ったし、あんたは料理を出したじゃないか!」

「そしてあんたらはその料理を食べた。取引はそれで終わりのはずだって言ってるんだよ。それ以上の付加価値を求め、しかもそれが『当たり前だ』って態度が出てるからお客様”って皮肉ってんだよ。分かったら、さっさと帰った帰った」

「ほら、二人とも出よう」

俺は恥ずかしさでいたたまれなくなって、タイナイと弟の首根っこをひっつかまえる。

そして逃げるように、そそくさと店を後にした。



====

次の店へ歩を進めていたが、俺はどう言い繕ってこの珍道中をやめるかに頭を使っていた。

俺一人で帰るならともかく、弟もとなるとちょっと厄介だ。

タイナイに感化されて、完全にレビュアー気取りだからな。

「はあ、酷い店だったな。星は5つ中、2つ」

「俺も2つかな」

料理は美味かっただろ。付加価値が気に入らないからって、そんな評価は不当じゃないか

「僕はこれまで付加価値考慮して評価してきた。そんな僕があれを他の店と同等以上に評価するってことは、付加価値と何よりそのために努力してきた人たちを否定することになるし、個人レビュアーとしての不信感に繋がる」

「だったら尚のこと感情任せで書いちゃダメだろ。レビュー鵜呑みにして店を選ぶ人間もいるんだぞ」

デタラメなことは書いていないよ」

「そうそう。まあ個人意見から、そう思うのなら仕方ない」

おい、まさかそれで片付けるつもりか。

これはもう、タイナイのほうを止めるのは無理だな。

「はあ……もういい。所詮は俺の好悪の問題しかないってことになってしまうのだろうし。俺は抜けるぜ」

とどのつまり自由ってそういうことでしょ」

「そうだな。ほら、お前の今日の“自由な”様子だ」

スマホの画面を見せる。

そこには弟がレビュアーを気取っている様子が、ありありと映されていた。

「え……これが俺?」

弟本人も信じられないといった反応だ。

あんだけのたまっておいて、やはり自覚がなかったらしい。

「お、俺も抜ける。あの人は才能があるとか言ってたけど、こんなの見てヒいた時点で俺にレビューは無理だって分かった。自分のこんな姿を受け入れられない」

弟の中に、かろうじて自分自身客観的評価できる余地が残っていて安心した。

弟のこの短絡さについては素直に喜べないが。

「そういうことだタイナイ。個人が好き勝手言う権利のもの侵害するべきじゃなくても、それに権威を持たせるとロクなことにならない。弟みたいな発言者錯覚し、受け手はそんなものをアテにして自分の考えを持たなくなる」

「僕はそんなつもりは……」

「お前がどういうつもりかってのは、大衆に向けて発信した時点で側面的なものしかなくなる。お前の言っている“ネットってそういうもの”は、そういうことじゃないのか?」

「……まあ、少なくともマスダたちを止める権利は僕にはないね今日ありがとう、二人とも」

「ああ、奢ってもらったことは感謝する」


俺たちはタイナイを見届けたあと、帰路に着いた。

「これでよかったのかな?」

「こういうとき、俺がお前に言う返しは決まっている。“自分で考えろ”」

「それ、『他人レビューに踊らされるな』ってこと? それとも『レビューもっとよく考えて書こう』ってこと? それとも『店と客の関係性』について? それとも他にも意味が?」

「だから自分で考えろ”って言ってるだろ」

(おわり)

2017-11-13

四次元ポケットって

内部でも普通に時間が経過するんだっけ。

わかりやすく言えば、時計ポケットに入れても時間は狂わないのかな。

なんか、漠然四次元ポケットの中は空間が凍結されていて時間が経過しないイメージだったけどウィキなんかではそんなこと書いてないよね。

なにかと勘違いしているとしたら、いったい何と混同したのか。

どこにでもある、ただの世間話

おととい金曜から実家母が、肺炎で2週間の緊急入院してしまった。

最初はただの風邪かと思い耳鼻科へ行ったら、いつまでも熱が下がらず、たまたま通院予約を入れてた別のかかりつけ総合病院で、肺炎と診断されてそのまま入院、という流れ。

報せを聞いた金曜からずっと、自分んとこの家事用事をこなしつつ、実家家事と父の世話を、姉弟相談して役割分担してたら、週末があっという間に終わってしまった。自分実家の水回り家事担当として、明日から自宅仕事の合間に見舞いもしつつ、1-2日おきで実家洗濯掃除をすることになった。

実家の父は、自分では家のことを絶対に何もしない、やらない、全てを母に任せっきりの、昔気質典型的昭和偏屈男で、母の作った料理しか食べない、でも母が倒れても看病すら一切しない、定期的に服用しないといけない薬は全部母に管理させている……といった具合で、むしろ入院中の母の世話よりも、家でテレビを鳴らしてる置物化した父の世話のほうが壮絶で大変そうだ。おまけにいま、我が家は全員風邪気味ぽくてヤバい。もうこれ以上倒れられない。これ書き終えたらハチミツ湯飲んで通院する。

母が倒れて寝込んでも「大丈夫か?」の一言もなかったという父のことを、もう面倒見なくてもいい、もし母がいなくなったら施設に入って、とすら思ってしまった。とはいえ、どちらも自分たち子どもら3人を育ててくれた大切な両親なので、しっかり役割分担して、母が戻ってきても家の中がめちゃくちゃになってると落胆しないように、これから2週間、母の退院後もしっかりサポートしたいと考えてる。

しかしこれ……一時的ものはいえ、たとえば両親の介護を家庭&仕事を両立してる家のひとなどは、本当に想像以上の負担を抱えながら、壮絶な日常生活を送っているのか、と身をもって痛感してる。うちは実家姉弟も近くで仲は良いので何とか乗り切れそうだが、実家が遠かったり兄弟間の仲が良くなかったり一人っ子のひとなどは、それぞれケースも異なりだいぶしんどそう。父的には、自分らの世話は子どもに全部面倒見てもらって当然、の考えはこんな事態になっても到底変わらないらしく、このたびよい反面教師となってくれた。

先のことなど正直わからんけども、どんな家族構成であっても、老後や万が一の自分のことは自分で面倒を見れるよう、今のうちから考え方やイメージプランだけでも漠然と持ってたほうが良さそうだよねーと。現場からは以上です。あと喉の痛みにはハチミツ湯、最高です。

2017-11-11

anond:20171111211856

学資ローンで大学行けばよくない?つまるところの借金だけどさ、そこまで大学行きたいなら将来の目標(返済の目途)あるわけだよね。

借金はしたくない、でも大学行きたいってんなら在学中はキャバクラとか高収入のお店で働くか(もっとも親は反対するだろうけどね)。

漠然大学行きたいってだけなら、通うしかないよね。

入学金だけでン百万だ、安い買い物じゃないってのは理解してあげたほうがいいよ。

2017-11-10

[] #41-1「注文の多い客」

料理店で金を払うとき、それは何に対する等価交換か、深く考えたことはあるだろうか。

ほとんどの人は料理飲み物だと答えると思うし、その認識別に間違っているってわけじゃない。

だが、この世には様々な価値がある。

俺たちは目の前の単純な価値に気がいって、それらを漠然享受しがちだ。

そのことを忘れて、実は当たり前じゃないものが当たり前だと思ってしまう。

その状態の俺たちは、いったい何を値踏みしているのだろうか。


ある日、タイナイと雑談をしていたら唐突に切り出された。

「マスダ、話は変わるけどさ、週末は一緒にランチでもどう? 僕の奢りで」

クラスメートの何気ない誘いだが、俺がその誘いをいぶかしく思うのには理由があった。

タイナイは、俺の知り合いの中で最もリアルネットが地続きの人間だ。

常にネット世界と繋がり続け、リアルへの原動となっている。

当然、その言動も紐付いている。

俺はその強固な繋がりを見て、いずれパソコンと融合するんじゃないかと、あらぬ心配をしたこともあった。

そんなタイナイからリアルでの誘いがあるということは、つまり“そういうこと”だ。

遊びの延長線上にランチがあるのではなく、それをわざわざ用事に挙げ、奢りを強調。

しかも昼飯休憩中という、未来食事予定なんて考える気のない、間の悪いときに。

ここまで懸案要素の材料が揃っていれば、何か裏があると考えるのは当然のことだ。

タイナイ、お前とはそこそこ長い。ただランチのために誘うような人間ではないことは知っている。明確な目的があるなら、ちゃんと説明しろ。ましてや俺を巻き込むのならな」

「うーん、隠し事はできないか。といっても、わざわざ言うほどのことでもないんだけどね」

「それはお前が決めることじゃない」

「分かったよ。ほら、これが小目的さ」

タイナイはスマホ画面を見せる。

そこには料理店の情報がつらつらと書かれていた。

いわゆる“グルメサイト”って奴だ。

「それを参考にして店を選ぶってことか?」

ちょっと違うかな。参考にするんじゃなくて、参考にさせる側さ。僕はこのサイトレビュアーなんだ。こう見えて、そこそこ知名度ある方なんだよ」

から見れば大して意外でもないので何が『こう見えて』なのかは分からないが、話が少しずつ見えてきた。

「今回は複数人で利用したケースでレビューを書こうと思ってね」

「それで俺を誘ったと」

「確かマスダは飲食店バイト経験あっただろ。その視点から意見が欲しいんだ」

「なるほどな。まあ、お前が奢ってくれるのなら文句はないさ」

「よし、決まりだ。あ、そうそう、出来れば弟くんも誘っておいてくれ。子供目線での意見が欲しい」

このときの俺は、単にタダ飯を食らえる程度にしか考えていなかった。

ロクに分かっちゃいなかったんだ。

同じ世界にいても、俺とタイナイが見えている世界は、同じようで実は違うということに。

(#41-2へ続く)

2017-11-09

anond:20171109224430

向かうべき先が見えていたとして、そこに何があるかは、行かないと判らない。

(わかっていたらちょっとまらない気もして)

漠然とした期待や、目標だけはあったり。

たどり着いて初めて、見える眺め、世界を「体験」する素晴らしさ。

夢見たり、想像します。

そう、旅支度で行く先を思ってトランクに詰めているのは、服だけじゃなくて期待を詰めているのだったり。

旅支度をする増田さんのエントリあったの、思い出しました。


こちらは、さっきみつけたサイトですが

https://www.a-inquiry.com/ijin/4122.html

エジソンは『天才とは、1%の閃きと99%の汗である

ニコラ・テスラ天才とは、99%の努力を無にする、1%のひらめきのこである。』

エジソンしか知らなかったですが、これだと、才能がある人は1%を見つけ出せる人と言えますね。

増田さんは1%込みでパズルが見えていて、その到達方法模索してる印象を受けました。

世界に転生したい気持ちが分かってきた。

あと数時間魔法使いになることが確定。もちろん彼女いない歴=年齢。



工業系の学士修士と出てそのままメーカー就職仕事学生の頃好きだったプログラムをずっと書いている仕事に無事つけて満足している。


休日は、バイクに乗るのが趣味だったので、週末は他人に引かれるぐらいずっとバイクに乗っていた。



バイクに乗るのは本当に楽しかったし、後悔は特にない。



けど、いよいよ自分魔法使いになると認識してしまうと一体何をしていたのか考えてしまう。



正直、もっとバイク乗りのお姉さんと旅先でいい関係になったり、キャンプ場でたまたまあった女性と一晩中飲み明かすみたいなイベントが発生すると漠然と思っていた。




もちろん、そんなことは一度もなかった。

おっさんにすらキャンプ場で一緒に飲もうなんて誘われたことすらない。

おっさんが飲みに誘って来るなんて都市伝説だったのか?



いや、おっさんのことはどうでもいい。とにかくそんな生活をしていたので、出会いなど全くなくこうなったのは、至極当然だと言える。



それゆえにどこで道を間違えてしまったのか、分からない。ただ趣味を人以上に楽しんでいただけで、気がついたらもう魔法使い世間一般で30で彼女がいないなんて産廃扱いだ。



もうすぐしたら歩いているだけで通報されてしまうかもしれない。



正直、僕だってホモじゃないんだからかわいい彼女とタンデムして、背中にあたる胸の感触を感じたかった。


今日見た景色について酒でも飲みながら語り合いたかった。


Hなこともしたかったし、思いっきニーソ絶対領域

の間に頭を突っむみたいな変態なこともやりたかった。



ももういろいろ手遅れだ。



女の人と何を話していいかからない。万が一出会いがあっても、まともに会話が出きると思えないし、興味をもって付き合ってくれる人がいることが想像できない。

でも、うまく行ったと喜んで詐欺に引っ掛かって身を滅ぼす姿はありありと想像できる。



どこからやり直せばこんなことにならなかったのか・・・好きなことをやっていて、かわいい女の子勝手によってきてくれて、あまつさえ好きになってくれるなんてあり得ないと分かっていても優しい妄想にすがりたくなる。




世界に転生して、子供の時からかわいい子といちゃいちゃしてそのまま結婚するみたいな人生をやり直すみたいな話が大人気な理由がようやく分かった。

正直知りたくなかった・・・

2017-11-08

死ぬっていうこと

死ぬのが漠然と怖くなってきた。いまアラサー20代後半男子

前は怖くなかったんだけど。なんか現時点十全人生楽しめてない実感があるから

俺頭悪いし、仕事もできないんだけど。

それでも都内一人暮らしできてるし、十分恵まれてるとも思う。

あーあこんな歳になっても自分他人を比べて苦しんでるのか。つまんないな。どうせどこまで言っても他人と比べたら大したことないのは変わらないのに。

パートナーとすげえ幸せ結婚したら変わるのか。こんな期待持ってる時点でダメなのか。

anond:20171107110105

から博士課程に進学したんだが、この半年勉強の仕方が少しだけわかった気がする。

個人的には「勉強のための勉強」はクソつまらないし、頭に入らないし、理解できない。

一方で、「研究のための勉強」は、クソおもろいし、頭に入るし、理解できる。

まり目的としての勉強はつまらんが、目的のための勉強はおもろい。それも内的な動機に基いていればなおさら

その違いは、まずは大前提として「やりたいこと・理解したいことが具体的にあるか」という所が大きいと思う。

これはモチベーションだけの話ではなくて、具体的にやりたいことがあれば、それをできるようにするためには、どんな知識必要か、という道筋が描けることが大きいと思う。

何かを独学で勉強しようとした人ならわかると思うけど、漠然とある分野を理解しようとしても、膨大な量があるので、どれをどこまで勉強していいかからなくなってしまい、挫折してしまうということが多い。例えば、教科書の多くは、一つの目的を達成するために、色んな手段網羅的に紹介してる事が多く、それをいちいち勉強していては時間いくらあっても足りないし、そもそもそれらを全て勉強するモチベーションがない。個人的には、はじめは色んな手段を知ってることよりも、一つの目的を達成出来ることのほうが重要だと思う。とりあえず「これをやりたい!」というものを、必要な最低限の知識仕入れていって、最短ルートで、出来ないか試してみる、それでだめなら、もう少しいい方法を探す、それでだめなら・・・という風に、「実際に使ってみて、試行錯誤をする」というプロセスによって、勉強が頭に入っていくんじゃないかと思う。「実際に使ってみて、試行錯誤する」というプロセス確立し、それによってやりたい目的を達成でき、"自分なりの理解"に到達すれば、最高に勉強おもしろい。

追記

増田さんにも言及して頂いたり、色々コメントも頂いたので追記させて頂きます

id:imizis 途中まで段落に分けて読みやすくしていたのに、最後段落だけ改行がないか早口で喋ってるみたいで面白かった。

かに読み返すと、途中から早口になってるみたいですね笑

id:axkotomum これを読んで逆に目的のない勉強は好きで得意だけど目的のある勉強は苦手だと気づいた

目的がなくても勉強できるかは人によりますよね。また目的が外的(仕事受験テスト単位)か内的(興味・関心)かによっても、違ってくるかもしれませんね。大学学部の頃は、興味も関心もなさそうな講義淡々勉強できる同期が結構いましたが、自分は全くできなくて大変でした。

id:samu_i 前期課程だよな・・

id:orangeitems これは博士課程レベルとは言い難い文章で残念

id:mouseion 博士課程でそれなのか。いや勉強のための勉強って大学入試まででしょって話で博士課程に入ってようやく理解できたって何か逆に凄い発見のように思えるので。応援してます

すいません後期課程です笑 出来の悪い学生なので耳が痛いですが。

出来る人は、それこそ生まれときから出来るけど、出来ない人は出来ないということでしょうね。

「興味・関心等の内的な動機に基いて、明確な目的を持って勉強する」というのを本格的にやり始めたのは、研究室に入った4年からですかね。学部修士までの3年間は、それこそ「とりあえずやってみて、試行錯誤をする」という感じで、あれでもないこれでもないという感じでした。学部修士の頃は、やりたい研究と、自分なりに咀嚼して理解できた勉強乖離していたのが、やっと今になって勉強して理解した内容を、研究アウトプットできるようになって俄然おもしろくなってきたという感じです。勉強した内容が実際に役に立つのって、やっぱり年単位ラグがあるから、それを乗り切るためには明確な目的必要ということですかね。

id:n314 勉強の先に研究があるような書き方にめっちゃ違和感がある。まったく別物だと思ってて、研究はしてるけど勉強はしてないみたいな言い方してた。たぶん勉強に暗記っぽいイメージがある。

勉強の先に研究があるというよりは、研究のために勉強があるという感じですかね。ちなみにうちの先生は、奥さんに勉強してくるわと言って家を出ると仰っていたので、捉え方は人それぞれでしょうね。その先生を見てると、研究といっても興味関心があって勉強して理解したいことをやってるだけで、そのアウトプットクオリティーが高いので研究になってる的な感じです。

id:augsUK 目的に入らないと勉強できない場合研究仕事自分の中での定義を相当広くとらないと、すぐに時代遅れ技術にしがみつく人になるから気をつけてね。個人イノベーションのジレンマは本当にサイクルが早いから。

これに関しては、自分も気をつけるようにしています研究という目的だと、狭く深く勉強できていいのですが、陳腐化してしまうことも考えられるので、そうではなくトレンドなどをただ知っておきたい、少しは理解しておきたいという目的で、広く浅く勉強することもやったりはしています

id:sukemasa_fujiwara 学生ん時、教授から「本に書いてあることは疑ってかかれ。お前らは著者に一方的に教えを受ける立場ではなく著者と対等の研究者だ」って言われたけど当時は「無茶言うなよ」って思ったな。今ならわかるけど。

教授あるあるですね。本も論文も疑ってかかれ、とはどの先生も仰りますね。高校生までは、本に書いている内容は絶対で、それを覚えるだけという感じでしたが、研究が始まると、それすらも疑ってかかって、とにかく自分の頭で考えろという風に考え方を変えないといけなくなりますね。自分はその方が楽しかったですが、苦手そうな人も結構ますね。

id:bookmarkmen ずいぶんはしゃいでるみたいだけど、3年後にも同じように笑顔でいられるかな?

うちの先生は今でも楽しそうに勉強研究もしているんですよね。自分もそうなれるように精進いたします。

2017-11-03

当事者に寄り添った良質ルポ啓蒙弊害をもたらすのか?

荻上チキラジオ自身著作リリースにあわせて個人売春=ワリキリの特集をしててさ、彼らしくできるだけ当事者への偏見を生まないように詳細にかつ丁寧に説明してて当事者へのインタビューもあってすごい聞きごたえあった。

こういう感想だったら直接本人のツイッターに送ればいいんだろうけどさ、あれ聞いた俺の正直の感想は「あ、こんなに簡単素人女とヤレるんだったら俺もヤリたい。出会い喫茶出会いバー行きたい!」だったか匿名で吐き出すしかない。

あいうとこで女買うのってバックにやくざ美人局がいたりとか性病蔓延してるんじゃないかとか漠然と怖い印象があったんだけど、インタビューに答えてた女性の返答きいてたら、むしろそういうヤクザとか第3者に搾取されたくないか自分でやってるって子が多いみたいだし、こっちが普通に紳士的に対応してれば普通にセックスできて楽しめるだけなんだなって好印象が残っちゃったよどうしてくれるんだよチキリン

女性たちのインタビューで「(客層は)けっこう既婚者が多い」ってきいて納得。俺も既婚者で奥さん大事だけど子供もいてもうセックスするのに興奮も覚えないし相手あんセックス興味ないか慢性的セックスレス状態。あーーーー違う知らない女とセックスしてーーーなーーーって定期的に妄想してる状態。そんな状態のおいらだったのでワリキリ体験がすごい魅力的に聞こえる。相手は10代の若い子よりももうちょい年上のほうがいいので、未成年セックスして淫行で捕まる心配もないし、あとは性病くらいだけど、あーーーームラムラがたまっているときマジで一線超えてしまいそう。

とりあえず妄想オナニーで抜いて気持ちを落ち着かせてる。

2017-10-30

よくわからないけど漠然不安になったとき自分に言い聞かせること

私はおいしいものが食べられている

あたたかいお風呂に入りあたたかいベッドで眠ることができる

自分に合った仕事をしてそれなりにお金もある

季節に合わせて服を買うことができる

人並の生活をできている

2017-10-29

anond:20171029000811

全体について漠然と語ろうとしているのは文章を見れば分かるのに「どうして具体名を挙げないのか?」ってブコメが付いてそれが伸びてしまっているのが怖いな

最近ブクマカはただの粘着質なイチャモン野郎になってきてる

それか自分に読解力がないことに自分で気づくことも出来ないほどに知能が低下しているのか

2017-10-27

いきいきママ話題に、箸にも棒にも掛から存在

今の年収だと一人暮らしが一杯いっぱいで、二馬力ならまだしも、子供が出来て、一馬力でまともに生活が出来る状況とは全く思えない。

でもきっと、話題にも上がらず漠然と年齢を重ねていく。もし話題に上がったとしても「お前が悪い」とオノを投げられるんだろうな。

anond:20171027123635

そもそも欧米問題になってる格差拡大って

資産持ってるやつがますます資産を増やすって話で

「1%の富裕層が」という枕詞がつくやつで

能力による格差とは違う

日本では「格差拡大」ってすごく漠然と主張されてて

何を問題にしてるのかわからない

2017-10-26

anond:20171026212848

我ながら、「何を聞きたいか」が明確になってなかったな。

でも、自分も何を聞きたいのかわからない。成功のための銀の弾丸があればほしいということ。

それは結局ボクが開発に必要スキルを身につけて、金を集めて人をマネージメントすることができるようにするということだ。

思うものが確実に完成できれば成功はするだろう、大手企業にありったけのこと話したら反応は良い。

ただ、自分自身能力不足だというのはわかる。自分一人で、商売じゃない大学研究だけで続けられるのなら何とかなるかもしれない。

まあ、アカポス競争率べらぼうに高いし、そこの教授の好みでの研究になる。今の教授のもとで続けられればいいし、枠組みも考えている。あくま可能レベルだが、、、。

王道はやはり商売としてやること。自分能力を高め、人の仕事の割り振りをきちんとやっていくしか無いという漠然な返答にしかならないのは自分でもわかるんだよね、、、。

2017-10-24

単に若者自民党以外知らないのが多いだけじゃないかと…

立憲なんて急ごしらえの政党若者は相当関心なきゃ知らんだろ

歳食ってりゃ枝野名前とか自分選挙区議員名前とか知ってるだろうけど

追記

おおなんかブクマついてる

勿論立憲も名前くらいは知ってるだろうよ、でもそもそもきっちり政策やら実績やら調べた上で投票してる人なんて年寄りでも少数派では?

んで政党というと自民党民進党くらいしかよく知らん若者と、

戦後日本野党社会党から始まって紆余曲折の末に今立民主党(やその他)になった歴史とか(←共産はとりあえず無視

そこで動く政治家歴史を肌で感じている年寄りとは反応が違うんじゃないかなーと漠然と思っただけ

あと希望の党小池さん枝野さんとは知名度が違うだろ

2017-10-22

anond:20171022213538

漠然戦争への恐怖を感じる人って、全面戦争を想定してるんだろうけど、

どこの国と戦争すると思ってるんだろ。中国相手全面戦争なら、どうあがいても敗北するよ。核保有国だし。

anond:20171022143143

ネトウヨ最初からネット上の右翼傾向のある人々」くらいの漠然とした用語だったから仕方ないっちゃ仕方ないが、はてサは単に後から乗り込んできた奴が区別してないだけなのでちょっと違う。

結婚せずに死ぬのではないか?と思っている

なんか漠然と考えるのだが、

結婚せずに死ぬのではないか?と思っている。

新卒中小企業入社した時も、

なんかでかい会社入るだろなー、

漠然と考えてたらその通りになった。

そういうのってないかな?

結婚できるのかな?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん