「平穏」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 平穏とは

2020-05-29

anond:20200529113653

デモ主催者参加者だけじゃなくてそれを見る者がいて成立する。

優勝パレードは現状の平穏日常を喜ぶ民衆示威行動だ。

国会議事堂前に集まったって、来るのはマスゴミ警察だけ。

大昔の外国ではデモから暴動革命へってことがなかったわけじゃないけど、令和の日本でそんなことを期待しているわけじゃないよね?

がんばったやつは、キックバックももらえなかった、クズや労って40歳童貞信者紆余。

キックバックをもらwないじゃない

くれない。

営業さん ありがとう。おまえなにいってんの?何十年もくれないくえsに、なにほざいてんだよ。1円だってくれてネージャン

うそつくな。何十年。わたそうという木もないくせに嘘つくな。

また、だまされた。まぁ、もういらないからいいけど。何十年。わたさないひとに、なんかいわれたくないし、もうほしくないはいいだろ。

何十年。いまさらよくいえる;ごめんなさいっていうやつがおおいんだけど。44歳こえた。という時点で、わびられると思った女がひでぇ。だから、いい。

だけど、そういうやつもいるんだから。もらえよとか、もういうなよ。ちゃんとくばりました、みたいに正義感ヒーローぶるなよっておもう。

ちょっとはあったけど、そんなキックバックらしいキックバックはほぼなかった。

まったんのまったんだからな。いいけど。そういうポジにつきたかった。ぐっすん。

でも、もっとひどいやつもいるだろうから、配ってますみたいなことは自慢しないでほしい。正義の人かと思っちゃう

もらえないやつだっているんだから賄賂配ってます。みたいに正義感ぶるなよ。だまってやろうぜ。いいからそれは。でも、もらないやつもいて、

すみませんとか、ごめんなさいとか、いわれるんだから。謝られた身になれよ。

若いころにもらってれば、ちんこちんこだったんだぜ。

所詮はぶったり、じぶんたちだけってのはあるんだから

配れてないんだから、せめて、正義ヒーロー気取るのは、お互いやめよう。くばりわすれなんて、どこにでもある。

おいしいポジション ついてみたかった。

まぁでも、正義感ぶれるって言うのはある。もらってないなんて、きっと、犯罪をしているにがないってひどいめにはあうんだろうけどな。もらえなかっただけだけど。

でもさ、そんなだから。あるいみ、もらえなかったから、助かった。正義感ぶってるわけじゃない。でも、悪いこともしなかった。でも10万未満はごあいさつ。とくに利権誘導するようなポジでもないし。かかわらなくてよかった。かかわれなかったが正解だけど、まぁいいじゃん。

そしたら、定年までのこりは、穏便にいきたかった。そうすると、いたずらとかいって、ひどい目にあう。よのなかそんなもん。

キックバックの原資を稼ぐために。がんばって、会社の売り上げにこうけんしてるんだよ。まぁ、こころのどこかに覚えておいて、でも、いままでどおり。

いまさら、ちいさなしあわせ、平穏をこわさないで、こうやってかくから、復習される。

キックバックもらないを、あいつはキックバックもらわない正義の人だ!とかフルボッコにされる。

それでいいんだけど、技術部門にも配らなきゃっておもわないだろ?

おれたち、そういうの好きじゃないから。それでいいんだけど、うらやましいなーとはおもうよ。でも、正義にしようとはおもわない。

から、みすごして。

こうやって書くことで、また、ふこうになる、だれかがなにかしようとするから

から、みすごして。

2020-05-27

別れた元彼から来るメッセージがつらい

LINEブロックしたけど、仕事関係ツールの繋がりは残さざるを得ず、別れて半年つのに未だにメッセージが飛んでくる。

別れたきっかけは3年同棲していた家を追い出されたことだった。放逐される前は盲目的に相手のことが好きで好きで仕方なかった。結構周りからそいつやばくない?」と言われていたが、問題無いと思っていた。それに生まれてこの方30年モテない人生を送ってきた私には、見初めてくれた彼が唯一無二だとずっと思い込んでいた。彼から「正直可愛くないけどまぁ好きだよ」と言われて、半分傷ついていた自分気持ちを見て見ぬ振りしていた。自分顔面偏差値の酷さをカバーするために、かなり尽くした方だと思う。

同棲2年目くらいから、相手仕事ストレス鬱病になって、さらアルコール依存症に発展していった。真夜中過ぎに叩き起こされてお願いだから酒を買ってきてほしいと言われればコンビニに買いに行った。医者相談し「それはやめなさい。あと共依存です」と言われてからは酒を買うのを拒否したら、今度はウイスキー飲む用の氷を買いにいかされるようになった。どうしても頼むといって相手に泣かれたら言うことを聞いてしまった。

アルコール依存症について調べて、「底つき体験」というもの必要ということを知り、多分私が居なくなれば同種のショックを与えられるだろうという確信があった。掃除洗濯炊事をはじめとして公共料金の支払いだって全部私が持っていたし、相手が金に困ったらいつか結婚して財布が一緒になるんだから必要なだけ出していた(後から調べたら累計250万円くらい渡していた)。身の回りの全ての世話をしているATM兼家政婦みたいな存在がいなくなれば「底つき体験」と言えるはずだと思った。また、ずぶずぶの共依存関係解決には別れしかないという言葉をいろんな体験談で目にして、盲目的な自分脳みそに別れの可能性が浮かんだ。決定的に別れる必要があると思ったのは、増田か何かで見た、アルコール依存症父親を持っている人の「絶対子供を産まないで。一人で不幸になるのは勝手だが子供迷惑をかけないで」という書き込みだった。それまで自分ちょっと辛いだけでなんとかなると思っていたけど、万一子供が生まれたとしたら、その子を不幸にすることだけは絶対に避けたかった。

それでもやはり自分を好きでいてくれる人がいる生活というのは、顔面偏差値問題のある自分にとっては蜜のようなもので、離れ難かった。別れないといけないかもしれない、でもまだ自分必要だと言ってくれる限りは支えたい、とずっと思っていた。

ある日いきなり相手が「家から出ていってほしい」「もうお前のことはどうでもいい」と言い出した。あんまりにも突然のことで訳がわからなかったが、どうやら電話で知人と話したときに、何か変なスイッチが入ったらしかった。その数日前くらいに、アルコール依存症自覚を促したいと思って私から色々口を出してウザがられたのが主な原因なのではと今になって推察する。もはや関係性は恋人同士などと呼べるものではなく、私は過干渉母親役であり、相手はそれを嫌がる子供だった。とにかく出て行けとすごい剣幕だったので、半泣きになって戸惑いながら旅行鞄に最低限の着替えと洗面用品を詰めて、ガラガラと引っ張って出ていった。

とにかくその日は安いビジネスホテルに泊まった。以前から考えていた別れの日がきたと思った。どうすべきかとぐずぐず悩んでいたが、深夜2時過ぎに相手からメッセージが届いた。「もう戻ってきてもいいよ」という趣旨の一文だった。それを見た瞬間になぜかスーッと冷めた。もう一度相手の「もうお前のことはどうでもいい」という言葉が思い出され、そしてその後の言葉謝罪でもなく、哀願でもなく、許可を与えてやるという調子の中に、ああもう相手自分のことを好きとかじゃないんだなということを今更思い知った。

可愛さ余って憎さ百倍というやつを初めて体感した。翌日改めて別れるということをメッセージで伝えて、全財産叩いて新しい賃貸を探して引っ越した。つらつらと別れの理由と称してこれまでの不平不満をぶつけると、一度はわかったといって相手は別れを了承し、これでもう連絡もすることはないと思っていた。

しかし、なぜか月に1回くらいのペースで家に帰ってきてほしいという連絡がくる。都度、メッセージを見るたびに自分でも説明がつかないくらいの怒りに突き動かされ、罵詈雑言に近い文章を書いて送り返してしまう。1度返事するとまた1ヶ月程連絡が無く、自分の心の中でも平穏を取り戻せそうなタイミングでまた帰ってきて欲しいと言う連絡がくる。なんなんだ生理か。まぁあとは便利なATM兼家政婦はやはり代えがたい存在ではあったんだなぁと思う。

帰ってこいという文字列を見るたびに、一度出て行けと主張したくせにふざけるな、という気持ちが噴出して他のことが何も考えられなくなってしまう。

ちょうど今日の昼間、またメッセージが届いた。もうこの怒りなのか悲しみなのか分からない気持ちがうまく消化できなくて、初めて増田にぶつけている。

30歳で顔面偏差値激低のくせに実際は結婚願望が強かったんだなとか、ブチ切れると敬語に近いメッセージ書くんだなとか、今更ながら自分に対しても新しい発見が色々ある。20代半ばに描いていた未来図が全部白紙に戻ってしまったし、正直多分年齢と顔面とか身体のことを考えると結婚はやっぱり一生無理そうだなとか思って凹むときもあるが、働けるうちにバリバリ働いて老後貯金溜めてさらに友人たちにお子さん生まれたり結婚話があったりしたらバンバン祝儀を出して祝いたい。自分ダメだった分、周りに幸せを振りまける人間になりたいし、そのためには気持ちの余裕が必要だし、気持ちの余裕を得るためにはある程度の金の余裕と健康必要だ。とりあえず10万円の申請は済ませた。

特にオチは無いが、気持ち文章にすることで少しは心のもやもやが消化できたような気がする。

ここまで読んでくれた人、変な愚痴を読ませてしまって申し訳ない。ありがとうお疲れ様でした。

2020-05-24

慨嘆日記

匿名増田は、性格の悪い書き込みが多い。

その人が性格が悪いのではなく、そういう感情の吐き捨て先になっている。

それだけイライラして、どうしていいかからず、自暴自棄になっている。

社会生活では平穏を装いながら、増田を開いては悪感情のタガを緩める。

普段であれば優しい言葉を吐くだろうに、ここではトゲのある言葉を選好する。

その内心のストレス不安・くすぶり・コンプレックスはいかばかりか。

けして昼間の表情から読み取れるものではない。

増田は見苦しくて、建設的な話にならない、どうしようもない場所と思っていた。

だが、匿名であり剥き出しであることで、むしろ雄弁に世情を語るのだな。

荒んでいるのは人の心だ。

社会不安とどういう因果であれ、最も深く病んでいるのは人の心だ。

(俺もその一人であるからには、だからどうだということもないのだが)

2020-05-23

モテたい人ってなんでモテたいの?

モテたいって、要はいろんな人とセックスしたいってことだよね?

チヤホヤされたいって意味もあるかもだけど、男の言うモテたいにそのニュアンスは少ない気がする(女はどうなんだろう)。

恋人いらない、結婚したくない、恋人・伴侶・子供がいても浮気不倫しまくりたい、おじいちゃんおばあちゃんになってもそんな人生が良いっていう思想の人がモテたいっていうのは分かるんだけど、普通に恋人作りたい、結婚して子供作りたい、将来は安全平穏な家庭を築きたい、浮気したくないしされたくない、と語る人が同じ口でモテたいと言う理由が分からない。

結婚したら女遊び・男遊びやめる(やめられる)から大丈夫だよ」って言う人は男にも女にもよくいるけど、

やめられない人も大勢いるし、やめられたにしてもおそらく当人にとっては苦痛がともなう我慢になると思う。

"思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。"

俺はこの言葉が好きなんだけど、

将来平穏な家庭を築きたい、浮気したくないされたくないって人がモテたい(≒いろんな相手を同時進行でセックスしたい)と思うのはマイルストーンがズレてない?

若いうちからモテなくてもいい」「誰彼構わずセックスはしたくない」みたいな考え方を心がけていったほうが将来我慢しなくて済むと思うんだけど。

2020-05-22

安倍総理きじゃない

でもコロナストレス安倍総理への不満でお気に入りブクマカブコメがどんどん激しく荒れていっているのを1人ならず見ていくと、安倍総理に惑わされず、どうか平穏な日々にお戻りくださいというくらいには安倍総理を叩いている人のメンタルヘルスが気になってしまっている

目的なき人生

思うことをだらだら書いてみた。支離滅裂な部分もあるかもしれないが、独り言として読んでほしい

私は継続ということがつくづく苦手な人間だ。人間関係がうまくいかないこともあり、何かをすることもここ数年はためらう状態だ。

これまで、多くの仕事趣味などに手を出してきたが長続きしたためしがない。おそらく、その先に見据えるものが見つけられたのだろう。

手段目的、見据えるゴールなどが頭の中で混乱して続ける意味を見出せなくなっていたのだ。自分を信じてやれていないのだよ。

継続のできない人間精神的な平穏は訪れないということに気づいた。常に何かに追われる生活をしているようで精神はむしばまれていく一方である

仕事趣味、娯楽などの人間活動としての一部は人の人生を良くも悪くもするだろう。物事が続かない人間にとってはひと時の娯楽、趣味は心を満たしてくれるかもしれない。

風俗に行きひと時の快楽に溺れるようなものである。でも、その時が過ぎると虚無感に襲われてくる。目的のない人間人生とはそういうものだと。

代り映えしない、今日という日が死ぬまで永遠に繰り返される壊れたレコードのように。今年で30になったが、目的なく生きることが自分を危うい存在にしているか気づく。

家族がいれば、妻、子供のためにという目的を見出すことができるだろう。おそらく、これまで人生人生の指針を示す体験経験はあったはずだ。

しかし、若さ、チャンス、タイミングをうまくつかむことができずにここまで来てしまったのだ。おそらく、今後も目的を見つけることは簡単ではないだろう。

これまで、見つけることができなかった人間が今後見つけることができるだろうか。自分否定したところで何も変わることではない。

人生は終わらせない限り、いつ終わるか分からない。それが、お金不安ストレス健康などの問題引き起こしているのだろう。

人間、命の長さが決まっていたら、逆算して生きるだろう。どれだけ充実した人生が送れるだろうと考える。少なくとも、無駄なことをする時間が減るだろう。

しかし、何を無駄と捉えるかは各個人次第だが。私は継続して何かを成し遂げることができる人間ではない。Doのあとに続くBecomeをもってないのだ。

ゆえに、やりたいことがあったとしても、短期的なものである。例として、「南米を横断」、「エベレストに登頂」のような始まりと終わりが明確なものである

ただ目的を達成して終わりである。先ほどの風俗の例と同じである。その先に続くものがないのだ。継続ができなければ将来はない。

だらだら意味もなく生きることは生きるだけで苦痛になる。苦痛の中を生き続けることは拷問である

まさに経験していることだ。健康問題お金仕事の3つは生きる上で直面する問題であろう。自分人生を終わらせる人はこの3つが主な原因だろう。

これが100歳近くまで続くとなると、もはや言葉を失う。おそらく、金は尽きてるだろうから餓死してるだろう。

人生とは「お金」、「健康」、「時間」、「人脈・人間関係」の4つをいかバランスよく保つかで幸福度が変わってくるなと思う。

良い思い出は描きながら死ぬことができたら幸せこの上ないだろう。しかし、人は死ぬときになってみないと、自分本当に何者だったのかわからない。

ある時はニート、ある時はフリーター、ある時はビジネスマン、ある時は経営者。今、自分自分を語ることが浅はかな考えなのかもしれない。

どのような思いを描いて死ぬか。それは、人生のすべての結果なのだろう。支離滅裂な文をここまで読んでくれたことに感謝する。

2020-05-17

anond:20200517151316

自分たち平穏に暮らす道を閉ざしておいて、他所の国でお前ら暢気だなみたいな事言われてもねえ

2020-05-12

anond:20200512111800

そりゃ喪男も「一人で平穏に生きて行けるだけの金と安全が欲しい」ってやつもいるだろうし、

それは普通貧困問題として十分問題視されているし語られてるだろ。

喪女も「誰か私を全部愛してぇぇぇ」みたいなのおるじゃろ。

いる?

いたら普通に袋叩きじゃね?

喪男板と喪女板の違いって、2ch時代に散々言われたよな。

anond:20200512111508

そりゃ喪男も「一人で平穏に生きて行けるだけの金と安全が欲しい」ってやつもいるだろうし、

喪女も「誰か私を全部愛してぇぇぇ」みたいなのおるじゃろ。

もてないってだけじゃどっちか分類できないよ。男も女も。

anond:20200512111308

喪女は「恋人を宛がえ」ではなく「一人で平穏に生きて行けるだけの金と安全が欲しい」って人が大半だし

それは人権範囲内だけどな

20200511

こんばんは。元気にしてるかな。

もうすぐ離れて2年になるね。

あのときは、勝手に家を出てしまって本当にごめん。それは2年経った今でも、ずっと心にあって、勢いで飛び出したんだけど、これで良かったのかなって、あれからずっと考えてる。

でもどうしようもなかったのも正直なところで。

どうしてもどうしても気持ちを繋ぐことができなかったんだ。スキンシップもなくなって、二人の関係日常になって、それに幸せを感じないといけないってわかっていても、みんな夫婦なんてそんなもんだって思おうとしても、どうしてもどうしても私はそれができなかった。

一緒に暮らし10年、楽しいこともいっぱいあったし、私はたぶん幸せだったよ。10年をあっという間と感じるくらいには。

でもこのまま年をとっていくことを考えたら怖くなった。

子どももいなくて、子供ができる可能性もなくて、老夫婦みたいな日常をこれから何十年も送っていくの?って考えて、恋する気持ち相手尊敬する気持ちも失って、愛されてる実感もなくて、自分女性だということも忘れそうな生活。ただ慣れ親しんだ楽で安心できる平穏生活を送っていける自信がなかった。

10暮らして何言ってるのって感じだよね。

それでも離れて一年一人で暮らして、何度考えてもどうしても戻れなかった。

すごく好きだったし、すごく触れ合いたかった。身体が別々で私は不安だった。心も別々のような気がしてたよ。

今はそういう、2人でいるけど寂しいみたいな絶望から解放されて、やっぱりふと寂しくなるけど、そこそこ元気にやってるよ。

行き止まり

あの頃の私はそんな風に感じてた。

もう進むこともできないけど、戻ることもできない。

この道から離脱するしかないんだって思った。

なんでこうなっちゃったんだろうね。

なんでこうなっちゃったんだろうになる前に、なんとかしなきゃいけなかったね。

触れられない寂しさから私は心を切り離した。

もう泣き叫ぶことも責め立てることもしないかわりに、楽しかたことばかり思い出すよ。

それもいつかは忘れちゃうのかな。

2人は一心同体だと言ってくれた、そんな人にはこれから先もう出会えないだろうな。

何年かでも、そんな人の妻でいられて幸せだったんだろうな。

愛してくれていることはちゃんと感じてたよ。

大事に思ってくれていることも理解していたつもり。

でも、どうしても触れ合えないと私ダメみたいでさ。また、そんなことでって言われちゃうね。

触れ合えてた時間は私にとっては本当に幸せで、今辛いことも今まで辛かったことも、悲しいこともこれまであった悲しかたことも、全部全部忘れて幸せで心が満たされる大切な時間だった。

この人に包まれていたらどんな過去でも毎日でも笑って生きていけると思えたんだ。

から、たぶん、潰れてしまった。

でもそんなこと、きっと伝わってなかったし、私自身も伝えようとしてなかった。

ごめんね。ごめんね。

私の幸せあなただった。

から私はあなたと離れるしかなかった。

これから1人で、あの幸せだった時間を思い出して、きっと後悔しながら生きていくよ。

大事にできなかった2人の関係が、1人の時間に重くのしかかってくるけど、これは私が受け止めるべき罪なんだろうな。

ごめんね。2人の関係日常にできなかった。

ごめんね。ごめんね。ごめんなさい。

元気でね。

2020-05-11

テレワーク終わり

テレワーク期間が終わった。ダルい。とにかくダルい。今回の期間で自分職種は「出社する意味がほぼ無い」って事が分かった。

まぁそれは良いとして、テレワーク開けに出て分かった事が一つ。いや、正確には分かりきった事なんだが

社長のツラを見るのがこんなにも苦痛なんだと。

これが無いだけで日々の日常平穏なんだなっと。

朝見た瞬間に、道路で轢かれて死んだ動物を見たような気持ちになった。

こゆ事を書くとじゃあ辞めろよとか、フリーランスでもしとけとか書かれたりするけど、そういう事じゃない。

社長存在人間性、顔とかそういったパーソナルな所が本当に嫌いなんだ。

2020-05-07

某盛り上がってる漫画がnot for meだった

「好きな子と歳の差が開いていく話」

浦島効果同級生とどんどん年が離れて行ってしまう話。

ブコメTogetterコメントでは好意的意見が多いが、

個人的には、舞台装置としての設定が気になって、素直に感動できなかった。

100年で太陽燃えつきる→地球はそんな平穏状態じゃないだろう

無気力だった高校生が一念発起して、1ページで東大合格する→都合よすぎる

染色体が2倍あれば、光の粒子になっても平気である???

etc

リアリティを出そうとして、具体的な数字名前を出した結果、かえって頓珍漢な印象を受けたのだろうか。

anond:20200507124200

ネカマに傷つけられた経験のあるキモオタが、常駐してて、女性っぽい投稿ネカマと決めつけて心の平穏を保とうとしてる説

2020-05-05

「実力と重要性を背景に強気な態度を取る人」を目指してしまっていた

それを「実力があるがゆえに他人言動を揺るがされないカッコイ大人」だと勘違いしていた。

人生設計根本的に間違えていた。

自分がなりたいと目指していたモデルタイプそもそもクソ野郎だったことに気づいてしまった。

人生方向性にずっと違和感があった。当たり前だ。

私はそんな人間になんてなりたくなかった。

技術力を身に着けたかったのは自分を安売りせず正統に取引を行えるだけの力を身につけるためであって、自分他人ぞんざいに扱う側に回るためじゃない。

必要不可欠たる存在を目指したのは不当な圧力をかけようという気を削ぐためであって、自分が誰かに対してマウントを取るではない。

私は自分目標を見誤っていた。

ヒーロー番組に憧れた子供が「正義理由暴力を奮って自分正当性をこれでもかと主張できる存在」を目指してしまうのと同じ心理だろう。

虐げられることがない力を手に入れて目指していたのは平穏に暮らせる社会構成者の一員となることだ。

自分が今までやられた分誰かに理由をつけて心身を痛めつけて溜飲を下げることじゃなかったはずだ。

間違えていた。

この歳になりようやく気づいた。

力があって高値自分を売れるから他人を買えるほどの金があるから、そんなことを理由にして横柄な態度を取っているやつなんてなにも格好良くない。

俺は強いから俺がやっていることは正しいと喚き散らす猿山大将なんて目指してどうする。

そんなものを良しとするのは欲求の段階が原始的本能レベルで止まっている蛮族だけだ。

ようやくそのことに気づいた。

技術力、経験、人脈、そういったものを身に着けて次にやることが、他人に対してマウントを取ることだなんて人間として情けないにもほどがある。

なんで俺は、そんなものに憧れていたんだろう……

人との関わりって苦痛

自粛生活が始まってからずっと家で旦那と二人きりの生活してる

もともと二人とも家にいるのが好きだから苦痛ではないし、むしろ仕事ストレスも減って楽しくて心穏やかに過ごせている

そんなこんなで旦那以外とはほぼ関わらない生活を一ヶ月半ほど送っていた訳だけど、最近初めて流行りのオンライン飲み会というものzoomでやった

高校時代友達と5人くらい。ここ2年くらい全員で集まることはなかったから、前からこうすればよかったねーとか話してた

感想を言うとやらなくてよかったなと思う

特に何か嫌なことがあった訳じゃないけれど、穏やかな心境が、なんかかき乱されるような不快感があった

たぶんこのかき乱されることって、世に言う「刺激」ってものなんだろうな

今まではそんな風に感じてなかったけど、今はかつてないほどに平穏な心境でいたから、なおさら敏感になってたんだろう

誰に何をいわれるでもなく、誰と何を比べるでもなく、旦那と二人でやりたいことだけやる世界が、ずっと続けばいいんだけどな

根本で人と関わるのが嫌いなコミュ障戯言です

2020-05-03

成長を目指さな会社で働きたい

休みの日まで障害対策したくないし、別に先進的な技術なんて趣味で触ることができれば満足だしそのためには労働時間を最小限にしたいんだよな。

投資家向けのキラキラしたキャッチーな売り文句やら事業計画なんて平社員には関係ないし、とにかく8時間働いてまずまずの給料据え置きでいいか平穏暮らしたい。

2020-05-01

女性社会進出にはあまり肯定的になれないんだが競馬女性騎手は増えて欲しいかなと思っている

男性騎手出遅れたりイン詰まりして負けたら「〇〇〇〇しねぇぇぇぇ」って画面に向かって叫んだりするわけだが

これが藤田菜七子だとなぜかそういう気分にならない

「仕掛けミスったけどしゃーない 今日女の子の日だったんかな」と心配になったり

自分馬主やったらいくらでも有力馬に騎乗させるのになあ ついでにベッドの上でも騎乗してくれんかなあ」と妄想したりしてしま

もし騎手全員が女性だったら平穏な心でレースを見ることが出来て純粋競馬を楽しめるのではないかと思うのだ

2020-04-30

いつだってそうやって頑張って考えて探してきたじゃないか

新型コロナウイルス感染拡大を受け、緊急事態宣言が全国に発令されてから2週間が経ちます

宣言を受け、世の中の動きが変わったのは言うまでもありませんが、感染拡大が懸念され市場から一気にマスクが消えはじめたのは1月下旬頃でした。

僕たちは随分と長くこの事態と戦っているのです。

現在東京都に比べると、宮城県感染者は圧倒的に少ないですが、油断はできない状況です。

「楽しみにしていたイベント会合が中止になった。」

自分感染して、家族恋人、友人など身近な人にうつしてしまったらどうしよう。」

マスクが手に入らないのに、マスクを付けずに出かけたら村八分になるのではないか

たとえ、居住地域感染者が少なかったとしても、多くの人が不安を募らせ、平穏生活を奪われています

みんなの命を守るため、一人ひとりが活動自粛し、社会を維持することは大切なことなんだと思います

ただ少し、息苦しいですよね。

心が強い人は自分大丈夫って言い聞かせてて、平気そうに見えるかもしれないけど、

それでもどこかで、きっと息苦しさを感じているんです。

そもそも、世の中、強い人ばかりじゃない。社会構成しているのは圧倒的に弱い人たちです。

ときは遡って、原始時代。そこでは、僕たちの祖先は肉食獣に捕食される“弱者”でした。

しかし実は、その逆境こそが、仲間と協力する集団の力を生み、人類進化させました。

そんな僕たちは今、命を守るために「Stay Home」の掛け声で様々な行動が制限されています

先にも書いた通り、人の本質集団の力であり、人と人とのつながりです。

それぞれが活動自粛し、命を守ることと同じくらい、人と人とのつながりを断ってはいけないのです。

スタッフの皆さん、これまで、対面してきた相手が今、どんな状況になっているか想像してみましょう。

今回のウイルスは、目に見えにくいかもしれないけれど、あの日震災と同じくらい、僕たちから多くのものを奪っています

中には、震災よりつらいって感じている人もいるかもしれません。彼らが今、どんな息苦しさを感じていて、どんな願いを持っているのか、小さな声を拾いましょう。

いつもより、気持ち雑談を増やしてみる。何気ない会話を少し長めに続けてみる。自分の感じている息苦しさを少し話してみる。

ちょっとした声がけ一つで、相手自分でも気づいていなかった気持ちを吐き出せるきっかけを作れるかもしれません。

いつだってそうやって頑張って考えて探してきたじゃないか

新型コロナウイルス感染拡大を受け、緊急事態宣言が全国に発令されてから2週間が経ちます

宣言を受け、世の中の動きが変わったのは言うまでもありませんが、感染拡大が懸念され市場から一気にマスクが消えはじめたのは1月下旬頃でした。

僕たちは随分と長くこの事態と戦っているのです。

現在東京都に比べると、宮城県感染者は圧倒的に少ないですが、油断はできない状況です。

「楽しみにしていたイベント会合が中止になった。」

自分感染して、家族恋人、友人など身近な人にうつしてしまったらどうしよう。」

マスクが手に入らないのに、マスクを付けずに出かけたら村八分になるのではないか

たとえ、居住地域感染者が少なかったとしても、多くの人が不安を募らせ、平穏生活を奪われています

みんなの命を守るため、一人ひとりが活動自粛し、社会を維持することは大切なことなんだと思います

ただ少し、息苦しいですよね。

心が強い人は自分大丈夫って言い聞かせてて、平気に見えるかもしれないけど、それでもどこかで、きっと息苦しさを感じているんです。

そもそも、世の中、強い人ばかりじゃない。社会構成しているのは圧倒的に弱い人たちです。

ときは遡って、原始時代。そこでは、僕たちの祖先は肉食獣に捕食される“弱者”でした。

しかし実は、その逆境こそが、仲間と協力する集団の力を生み、人類進化させました。

そんな僕たちは今、命を守るために「Stay Home」の掛け声で様々な行動が制限されています

先にも書いた通り、人の本質集団の力であり、人と人とのつながりです。

それぞれが活動自粛し、命を守ることと同じくらい、人と人とのつながりを断ってはいけないのです。

スタッフへ】

これまで、対面してきた相手が今、どんな状況になっているか想像してみましょう。

今回のウイルスは、目に見えにくいかもしれないけれど、あの日震災と同じくらい、僕たちから多くのものを奪っています

中には、震災よりつらいって感じている人もいるかもしれません。彼らが今、どんな息苦しさを感じていて、どんな願いを持っているのか、小さな声を拾いましょう。

いつもより、気持ち雑談を増やしてみる。何気ない会話を少し長めに続けてみる。自分の感じている息苦しさを少し話してみる。

ちょっとした声がけ一つで、相手自分でも気づいていなかった気持ちを吐き出せるきっかけを作れるかもしれません。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん