「平穏」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 平穏とは

2018-02-20

パネルマジックに女も魅了

先週まで風俗をしていた。

就職の準備もあるのでそろそろだなと思い、社員の人に辞めますと伝えて後腐れなく最後の出勤を終えた。

家族にはもちろん、風俗で働いていた間に仲良くしていた大学の友人、風俗をしているとカミングアウトしてきた地元の友人にも誰1人カミングアウトはしなかった。そして可愛い部類の顔ではなかったので人気嬢になるわけでもなく、出勤を増やさせられることも無かった為に無理のないアルバイトとしてボロを出さずに続けることが出来て誰にもバレずにお金を貯めることは出来た。

これから風俗をしていたという過去は誰にも明かさず、今まで通りの人間付き合いをしていこうと決意している。

ただ、風俗生活をしていた中で時々どうしても友人に見せたくなったものがある。

店で撮ったパネル写真である

風俗のレポを読んでいると所謂「パネマジ」に騙されたという声が後を絶たない。全く酷い話である

しかしパネマジは確かに存在している。

私が初めて風俗店の門を叩いたとき、私はお金に困っていた。しかしこのような仕事をしたところで実際にお客さんが来なければお金は稼げないし、ホームページで見た他の嬢の写真はとても可愛いのにこんな中でやっていけるのかと不安であった。ただ、その不安社員の人に待機所へ案内してもらったときに吹き飛んだのを覚えている。

ホームページパネル写真ではあんなに強い光に当てられて真っ白ですべすべな肌をしていた○○○さんが思ったよりかなり厚い化粧でタバコを吸いながらスマホを触り、少し恵まれた体型をしているのかな?とパネル写真で感じた○○さんは写真の数倍貫禄のある姿だった。

この方々の姿を見て私はパネルマジック存在するんだと思った。

そして私も多くないながらも新人としてプレイをこなし、ついにパネル写真撮影する日がやってきた。

撮影スタジオでお店のパネル写真で数多く見たセットが並ぶブースでとてもかっこいいカメラマンと2人きりで撮影をする。ありとあらゆるポーズをさせられ全身が筋肉痛になりそうなぐらいぷるぷると震える。しかし今思い返せばこの時が1番風俗生活楽しい時間であった。かっこいい男性が下着姿であられもない体型の美人でもない私の写真を撮りながら、まるで私をモデルかのように扱い、褒め、写真を撮っていく。(成人式前撮りでも似たようなことをされて気分が良くなった気がする)。ただ唯一死にたい気持ちになったのは寝転びながら三角座りのように足を抱えた時に股元から写真を撮られた際に(毛がはみ出ているかもしれないのに写真を撮られている……)と思ったときである仕事としてプレイするときの死にたくなる気持ちとは違ったベクトル気持ちであったが死にたい気持ちになったのは変わりない。

こうして色々ありようやく店に写真データが着く。そのデータ社員の人に見せてもらった感想だが

「ブッッッッッサ!!!!!!!」

パネルマジックとは何だったのか。顔の一部は手で隠しているものの残りの顔のパーツがそもそも良くない。体も細くはないし胸も大きくない。これではパネルの時点で選ばれなくなってしまうと思っていたのだがここから修正を施してパネルにするらしい。他の嬢は自分パネルにしてほしい写真を選ぶ子もいるらしいが、私はこれ以上冷静に自分の恥ずかしい写真(しかもブス)をまじまじと見返したくなくて社員さんに全てをお任せした。

そしてようやく届いた修正を施したパネル写真であるが、本当に驚いた。これがパネルマジックというものなのか。

もしも私がもう少し人生を棒に振ることが出来て勇気のある人間ならビフォーアフター匿名ではなく実名ダイアリーで載せたいぐらい美少女であった。

目は自然に大きく修正されていて何となく全体的にすらっとしている。足がとても長く我ながらもしかしてとてもスタイルが良いのではないか?と錯覚してしまう。肌はとてもすべすべしていそうで少し実際よりも白い。若干自分の要素を残しつつもこれは誰が見ても美しいと感じられるようなパネルであった。

ようやく冒頭の話に戻る。私はこのパネルを友人に見せたいのである。それほど、このパネルモチーフ自分であるという感動を共有したい。ただ私は今の平穏生活を崩したくはないし、このような仕事をしていたという過去友達を増やすものではなくむしろ減らすものであると分かっている。しかしこのパネルの変わりようは感動である

男性にとってパネルマジックがとても迷惑なことは分かっているし私もテンション下がられた事は勿論あるので良いものではないということは理屈ではわかる。ただ、この感動は一度パネルマジックをされた側でないと共有できないと思う。

何か下着姿で修正をかけられた自分写真を上手く言い訳して友人に見せる方法ないですか?誰かに見せたい。凄いという気持ちを共有してほしい。

2018-02-13

40キロオーバー

人生初の免許停止をくらった。

ネットで調べたら罰金と講習料とかなんやかんやで7~8万くらいは持っていかれるらしい。

いやはやまいった。


でも下町ボブスレーの失敗と

危険運転事故になっていたかもしれない、それよりはマシと考えて

心の平穏を保っている

2018-02-08

いつも自分の外に主人公がいる

愛されキャラってのが大体のグループにいる。あれが主人公

愛されキャラってのは、何もなくとも愛のあるいじりをされる奴。同僚にも上司にも部下にも親しみを持たれてる。めっちゃいい奴。おっちょこちょいで失敗することも多いけど、みんな笑って許す。むしろ失敗した方が親しみを持たれる。

俺に対するいじりは大抵冷笑を含んだもので、いつも近づきにくい雰囲気で、失敗すれば空気がしらける。だから失敗は隠さなければならない。

主人公は、そんな俺に対しても分け隔てなく接してくるので、すぐわかる。新しいコミュニティができた時、あ、こいつが主人公だ、とほぼみんなが察する。

主人公が失敗すればみんながひそかに安心し、応援し、主人公成功すればみんなで喜ぶ。俺も喜ぶ。だって主人公努力家で、どじで失敗も多いが、いつも一生懸命で、何よりめっちゃいい奴。

でも、主人公に話しかけられるのは嫌だ。主人公は、輪から外れてる俺に気を使って声をかけてくる。それは優しさで、同情とか哀れみとかそう言う感情じゃないと思う。

それでもそうされる度に、俺は物語からはじかれる気がする。はじかれた俺を救済する主人公物語のように感じる。

からって別に主人公になりたいわけじゃない。

俺が主人公にならなきゃいけないプレゼン幹事苦痛しかない。

いつも自分の外に主人公がいる。

主人公を遠くから見ている時だけ、俺は物語の外の読者として平穏でいられる。

2018-02-06

ツイッターの居心地が悪くて

ツイッター結構腐女子の多いジャンルに2年ほど身を置いているんだが

大手ジャンルなのに少数派CPだったこともあってフォロワさん少なかったので

魔が差してつながりたいタグに反応してしまったらそれがよりにもよって超メンヘラ大学生だった

プロフに18才以上って書いてたか何となく社会人だと思いこんでしまった

元々少ない仲間同士でふぁぼ飛ばし合ったりしてただけだったところに

嵐のような構ってアピール数秒おきに一言ずつ投下してそれまで平穏だったTLがとんでもねえ勢いで流れてくんだぜ

肝心の長い付き合いのフォロワさんのツイートは瞬時に埋もれるし

さらにTLに現れるたび描いた絵何回もRTして(あとリプつけて再浮上させる手法で)イイネ乞食してくるし

かといってミュートしたりとか一部の人だけリスト入りしてスルーしたら火に油注ぎそうだし

やっぱ学生って社会人とは価値観時間概念根本から違うな…

仲間同士でキャッキャ楽しく馴れ合って本人が楽しんでるなら否定はしないけどやっぱコミュ障BBAには難易度高すぎだったよ

大手絵師さんだけフォローしてる方が楽だったしブログpixivの方がやっぱり合ってると思ったわ

2018-02-05

もっといろんな女の子エッチたかった

当方35歳、妻子持ち。

大学生の時に初めて出来た彼女とそのまま結婚した。

たから見れば順風満帆かもしれない。

だけど俺には1つ心残りがある。

それは性行為経験がその人としかないこと。

妻は厳しくて、浮気はもちろん風俗も許してくれない。

童貞ときに付き合った最初最後の女。

世の中他にもたくさん女の子はいるのに、俺の経験人数は1人だけ。

妻も35歳、だんだんオバさんになってきた。裸も見慣れて飽きてきた。

俺はもう、この人としかエッチできずに死ぬのかな。

ぼんやり不満を抱えながらも今の平穏を壊せない弱い自分がここにいる。

目的平穏な日々を過ごすこと

ただそれは黙っていれば実現されるものでもない 実現を目指すのは失敗も成功もありうる行為だしなかなか失敗の可能性が高いのかもしれない まぁ人生全てベッドなしには何もなせない時代だけれども

そして目的はそれでいいのかとも思うけど、他にやりたいこともないからなー

2018-02-02

anond:20180202214946

ガキの頃まあまあ重めのイジメをくらった経験があるので、その感情は分からなくも無いけど「私刑」はオススメ出来ないよ。

理由シンプルで「私刑」は執行者にも不可逆な心の傷を残すから特にイジメ被害を被る様な性格の人」が命に関わる行為執行をすると確実に修復不能な傷を残すよ。

スッキリせいせいするかも。とか思うのは完全な勘違いだと思うよ。一回「その道」に踏み込んだら、多分二度と元の平穏日常には戻れなくなると思った方が良い。

なにより「イジメを行う様な卑劣漢」の為にわざわざ、そんな傷を引き受ける必要はない。不幸にもイジメられてしまった人には「復讐」ではなく「幸せ」の道を進んで欲しいな。卑劣漢の為に不幸を背負う必要は無い。

「人を呪わば穴二つ」という言葉は存外真理なのだと思うよ。

anond:20180123200155

そのこじれた想いすごくよく分かる。

頭ではカプ移動は個人自由だって分かってても感情が追いつかないよね。

それでもAさんに変なコメントしたり害を及ぼすような粘着しなかった増田はえらい!理性はたらいてる!

理性的常識のある増田の心に早く平穏が戻りますように。

2018-02-01

舞台現場で働きながら若手俳優オタクになった時の話

元々はドラマが好きで、フィクションとか芝居の魅力を発信する仕事がしたかった。

就活の末縁があって新卒で入ったのは、大まかに舞台技術に関わることをする会社だった。がっつり現場に関わる仕事というのはイメージしてた形とは違ったけど、芝居を見るのは好きだし、業界の人の雰囲気映像の派手な感じより自分に合っているんじゃないかと思えた。

仕事をしてみるとやっぱり舞台は楽しかった。本番中はアドレナリンが出る。中2臭いけど、操作する舞台機材と自分シンクロしているような気持ちになる。初日のお客さんの反応は物凄く快感だった。

俳優がよく言う「ここまで来れたのはお客さんのお陰で〜」というのはあながち嘘じゃないんだなと分かったのが、この仕事に関わって良かったところの一つだ)


話は変わるが、私は元々オタクだ。でも舞台俳優は通ってこなかったので、現場担当するごとにその作品に出てくる若手俳優を覚えた。

ツイッターROM垢でその俳優俳優オタクフォローして、こんなキャラなんだ、と知っていったりオタクが書いた公演のレポを読んだりするのは楽しかった。

そんな感じで仕事をしているうちに、何人かの俳優が気になってきた。ガチ恋とかじゃなかったけど自分オタクなので、気になってる俳優仕事をしている、ファンの知らない時間を知ってる、ということにどこか後ろめたいような背徳感があった。

好きって気持ちが堂々と言えなかった。会社にはあまりミーハーな人はいなかったか自分オタクで、って話は引かれると思ってずっと誰にもバレないように隠していた。(まあオタクからといって自分のする仕事は変わらない)

ここからブラック企業自慢になるけど、仕事は忙しかった。(というか業界全体そんな感じだと思う)13時間働くときもよくあったし、仕込みバラシは肉体労働もいいところだ。3mくらいの高さで手すりもない場所作業をすることもあるし100キロ近い機材を大の男の人達と一緒になって持ち上げたり、搾れるほど汗をかきながら100m以上もあるケーブルを配線するために劇場を駆け回る。がちがち文系文化系の女の私にとって、なかなか大変だったなと思う。

仕事初日が近づくと特にハードになる。劇場にいる間に仕事が終わらないときPCを持ち帰って、夜通し作業したりしてきた。先輩にメールを送ると3時でも4時でも返ってきた。ぐったりして眠って朝方起きると上司から激昂のメールが入っていることも多々。朝起きるたびに通知を見るのが嫌だった。


気づいたら私は休みのたびに心療内科に通うようになっていた。ただでさえ8日か9日に1回しかない休みに、仕事で病んだ心を少しでも軽くしたくて安くないお金を払って病院に通った。精神的なものが原因で呼吸が苦しくて駅のホームから立ち上がれなくなったこともあった。この仕事向いてないよって上司に何度も言われた。自分で向いてないっていうのは逃げだと思うけど、他人から言われたんじゃ仕方ないなぁと、少しずつ自分を納得させた。当初やりたかった仕事の方に挑戦したい、シフトチェンジできるチャンスかもと思い始めた。頑張ってポジティブに考えた。

そして私は仕事を辞めた。今は全然違う業界で違う仕事をしている。エンタメ経験あるあるかもしれないけど、仕事っぽいことしてるわ〜って感じではじめはどうも違和感があった。でも今は前より倍以上休みも増えたし精神健康だ。(前は有給が誰でもあるものだって知らなかった)

それでもやっぱり刺激が足りないなと毎日思う。劇場に通って仕事してた日を思うとたまらなくなる。同じ場所に通って同じことをして平穏仕事するのはつまらないと感じてしまう。あんなに辛い思いもしたのに、舞台仕事はやっぱり麻薬だ。

今はただのファンとして現場に通ってる。もう楽屋俳優挨拶もできない。仕事で劇的に興奮することも感動することも当たり前じゃなかったんだなって気づいた。この毎日平和な感じに慣れてしまうのが怖い。忙しさを忘れてしまうのが怖い。

この気持ちが忘れられなかったら、いつかまたエンタメ世界に戻りたい。

2018-01-30

またブームメントはあるのか

保育園落ちた日本死ね!!!みたいなブームメントはあるのかな。

個人的には平穏無事な増田が良いですな。

2018-01-29

エゴサ

辛くなったら、Twitterで「留年」とか「中隊」とかエゴサして、心の平穏を保ってるんだけど、コレってみんなやるよね?

2018-01-28

俺は増田平穏を求めに来ているんだ

ツイッターでさんざっぱら語られてる性別とかそういう疲れるいつまでたっても和解ができそうにない話題に悩みたくないか増田に来ているんだ

もっとみんなくだらないこと日記にしてくれよ

2018-01-26

岡田准一ってなんか感じ悪い

こじらせちゃった意識高い系匂いがする。

まー別に三十過ぎのおっさん不倫しようが結婚しようがどうでもいいんだけど、その三十過ぎのおっさんアイドル扱いするマネタイズマシーンから利益を得ていながら、クリスマスイヴ結婚しましたーのレターファンに送るのって、わざわざ喧嘩売ってんのかっていうレベルの話だろ。

ジャニオタきもいから、ふだんは同情しないけど、あれはさすがに踏まれても蹴られてもついてきたファンにする仕打ちじゃないだろ。もう、人の道から外れているレベル

岡田も三十過ぎだから、きちんと気遣ってあげれば「結婚するなんて許せない! キーッ」ってなるファンはそうはいなかったと思うんだよね。

彼らが怒っているとすればそれは岡田結婚することに対してじゃなくて、一般社会レベルで対人の気遣いがなかったところ、ファン人間扱いしなかったその非人道性に怒っているんだと思う。

ま、それはまあどうでもいいっちゃいんだけど。

NHKのBSプレニアムで放送している「ザ・プロフイラー」ね、岡田准一司会者ホストなんだけど、ちょくちょく相手意見を上からいかぶさって全否定している姿を見かける。

そのたびにゲストは「え? 司会者迎合してとんそくしないといけないの? 何を話せばいいの?」っていう微妙空気になるし、ゲストの側がおもんばかってなんとか平穏な流れにもっていこうとする状況がちょくちょくある。あれされて、怒らずに、鷹揚に構えて、番組を成立させていた高橋英樹ってほんと偉いよなー。

そもそも高橋英樹だって別に的外れなことを言っていたわけじゃなかくて、しか意見を誰かに押し付けようともしていなかったわけ。

普通司会者なら、仮に異論があっても、

「なるほど、別の見方としてこういう見方もできると思うんですけど、どう思いますか」

一回受け止めて、会話が穏やかに成立するようにすると思うんだけど、岡田は、

「それは違いますね」

とバッサリ切る。算数の話をしているんじゃないよ。1+1=2の話をしているんじゃないよ。歴史解釈、それもエンターテインメント寄りの解釈をしている時に、なんじゃそりゃ? って思うでしょ。

番組のものは好きなのにいつ岡田暴走するかひやひやして安心してみていられない。

2018-01-25

生きるのがしんどい

自分には取り柄も生きる目的もない.

何か勉強してもある程度のところで停滞して一番にはなれない.上には上がいるように,下には下がいることはわかっているけど心の平穏を保てない.

就活は本当にしんどかった.「あなたの誰にも負けないポイントはどこですか?」って聞かれるのが嫌だった.「あなたの最も打ち込んだことはなんですか?」ならまだよかった.何かに打ち込んだことは事実から喋りやすい.「誰にも負けないポイント」はすごい難しい.何を取っても自分より優れた人がTLに居て,その人たちのことを思うと何を言っても嘘になってしまう.

このことを相談すると就活自分のことをある程度誇張する必要があるらしい.自分にはそれができなかった.

働くモチベーション特にない.何をしても自分より得意な人がいるので,その人に任せればいい,その人がやったほうが社会がよくなるみたいな考えになる.なんで生きているかからない.

子供も欲しいとは思わない.自分体感した生きるつらさを子供にも味あわせたくないからだ.

できることなら静かに消えたい.

2018-01-24

[]『King of Kings 2017』決勝に見る日本社会弱者像の変化

 初投稿HIPHOP史にも社会学にも詳しくないんで諸々トンチンカンかもしれんけど、とりあえず殴り書き。

 一応ネタバレ注意。

====

 2週間くらい前のKOKを見に行きました。GADOROがだいぶ仕上げてきていたので、個人的には納得の優勝。ちなみに僕はダンジョンGADORO回とKOKを両方見られたので、もうGADOROの苦悩がスーパーハイビジョンで伝わってきたよね。いや~、持ってるよね。

 んで、決勝の53 vs. GADOROだよ。僕は53→53→53→GADOROと挙げたけど、もはやどっちの勝ちかは一人ひとりの好みで決まってくるレベルにかなり迫っていた気がしたので、割れるのはしょうがいかなと僕は思っていたし、特に判定への文句もない。一応僕は一バトルとして見続けるよう努めたつもりではある。

 問題は、このバトルに隠れている構図だ。

 しばしば「日本HIPHOPメジャー化でダメになった」という話をCOREな方から耳にするような気がするが、僕はこう考える。「HIPHOP」がメジャーに媚び始めたというよりも、「日本人が想定する弱者」の像が変容したのだ、と言うべきではないか、と。

 90年代当時(まで)は、テレビの影響力、集団動力を重視する教育いい大学・いい会社に入れば幸せになれるという信仰なんかがまだまだ根強かったはずで、それらが複合的に重なり、「安全第一人生」を至高とする日本社会形成されていたはずなのだ。そして安全を脅かす「ハミ出し者」を仲間はずれにし、自我を捨てて世間に身を委ねる則世去私イズムで多数派安心感を得ていた。

 まあ、阪神淡路大震災だのオウムだの酒鬼薔薇聖斗だのでそういった仮初の平穏にどんどん綻びが生じてくるわけだが、頑張って頑張ってみんな汚染水を除きまくっていたのだ。村上春樹の『アンダーグラウンドあとがきでも、「地下鉄サリン事件実行犯たちを狂信者だとして遠ざける我々一般市民たちも、『何らかのシステム自我を譲り渡している』という点で犯人たちと同じ翳を背負っているのではないか」という指摘がなされていた。

 そんなstandardの波に排撃されたのがB-BOYたちというわけだ。僕みたいな聞こえても即答できないWanna b-boyが語るのもおこがましいのだが、黒人文化濫觴とするHIPHOPは、90年代日本において「(虐げられてきた)俺たちだけの文化」という局地的受容がなされていたはずだ。「俺たちだけが真の音楽を知っているのだ」と互いを励まし合い、常人では知り得ない独自文化を発展させているのだとの自覚を懐きながら、Bのつくoutsiderたちは明日を生きる希望を得ていた。

 この風潮なら、GADOROより53のほうが内部からの支持は強いということになり、MCバトルでも53の圧勝ということになるだろう。GADOROは大衆の中に帰れるが、53はそうではない。身の回りの仲間を守り、決して流行に媚びない53だけが、本物のB-BOYにふさわしいということになる。

 しかし、だ。

 僕が生きている21世紀日本社会は、もはやハミ出し者が後ろ指をさされる時代なんかじゃない。一人ひとりが個性を求められるようになった、オンリーワン時代になったわけだ。

 原因は色々考えられる。個性を重んじる風潮が教育界で強まったこと、グローバル化の波が激しくなって社会人コア・コンピタンスを求められるようになったことなんかがそうだろう。

 インターネット、ことにSNSの爆発的普及はやはり大きい。一人ひとりの「リアル」に触れられるようになったことで、世界中意見を発信できることはそう難しくなくなったし、それまで皆で一括りにしていた「大衆」も実は十人十色の人の集まりであって、決して「大衆」は無機質な集合体なんかじゃないのだと、みんなわかってきた。

 まだまだ社会は発展途上だが、それでも少数派にとってずいぶん生きやすい世の中になったように思う。もちろんB-BOYだって恩恵を受けているはずなのだ

 じゃあ、社会から必要とされない恐怖と戦っている「弱者」とは、いま誰なのか。

 それはずばり「個性を主張できずにいる人」ではないだろうか。

 自分しかできないことを自分は見つけられない中で、自分の代えを周りの人が見つけてしまうことに怯えている。

 いま、日本人は「個性」に脅迫されているというのは、主語が大きすぎるだろうか。そう感じさせる創作物やら社会現象の例やらは腐るほどあるから、ここではいちいち出さない。

 確かにGADORO自身は、「社会不適合者」からスター」へとのし上がった存在なのだけど、「社会から必要とされる自分」を否定しない。

 埋没の波から、前に、前に逃げ続けて、等身大感情表現して、世界で一人だけの存在として認知されたい、という、21世紀の「弱者」たちにとって、GADOROは希望とするに足る存在なんだと思う。

 一方53は、「MASS 対 CORE」と最初バースで吐いた(合ってる?)ことに象徴されるように、電波を受信できる人たちだけを助けようとしていたと僕の目には映った。

 透明な存在として苦しむ現代人たちから共感を集めるのは、GADOROだ(僕は53も好きだけどね)。

 そんな構図がKOKでは見え隠れした。

 フリースタイルダンジョン最近何かあったようだけれど、これからHIPHOPは、社会不適合者が生き残る術としてだけじゃなくて、怯えている人たちに「個性の手」を差し伸べる術としても発展していくのではないかな、と思った。

2018-01-22

anond:20180122110349

財産の面と他人の面と、あなたメンタル面と3つに問題分けよう。

といっても、俺は法律をわかってるわけじゃないから、専門家に依頼した方がいい。けど、専門家は何でも屋じゃないのでその専門家の専門範囲以上は解決できない。

具体的に言うと、相続放棄しか期待できない。

財産のこと」

財産のことであれば、じゃあ、相続放棄一択だね。

相続放棄については軽く検索をかけて見つけてきた。それから法テラスと言って無料相談できるところがあるからそこに聞いたらいい。それでしまい。相続放棄リミットがあるから急いで。

https://so-labo.com/inheritance-tax/3110/

それで相続財産のことはケリがつく。

他人のこと」

他人についてはうっとおしい親戚は縁を切ってしまったらいい。母親がその迷惑な親戚の肩を持つようなら残酷だけど母親もね。

注意するのは、迷惑なやつを切ろうとすると、その周りの人間が情や脅しを使って仲を保とうとすること。

けどね、そこで折れたってその周りの人間は何もしてくれないよ。むしろ、それで不祥事になったら周りの人間も一緒になって石を投げてくる。

迷惑なやつと仲直りさせようという周りの人間もまとめて切らないとならない。

ソースは俺。数多く迷惑かけてくるやつがいたが、最後なあなあで許していた。だが、迷惑行為をやめずに、コチラのやること、かつ評判まで巻き添えにして相当苦しんだ。

「お人好しは商売下手の代名詞」という言葉がある。(こんな社長会社を潰す。野口誠一)

お人好しだと、連帯保証人に情で受けてしまって会社を潰したり、こいつは情に訴えたりおだてたら都合のいいことをしてくれるぞと周りにバレて、嫌なことを大量に押し付けられる。

聞かないと思ったら脅しとかきつい言葉込みで。

だけど、結局迷惑な人と関係を持っても幸せなことはない。だから。切るべき。

この本は商売について書いてる本だが、でも、それ以外でも当てはまる側面があると思う。

まあ、迷惑な人以外に対してはお人好しでいいのかもしれないけどね。

デモデモダッテ」と思うだろうけど、でも、基本他人は変えられんものから。ましてや財産目当てで目が円マークになってるやつは。

自分のこと」

さいごに、「貪瞋癡にまみれてるとき地獄なり、それから離れると浄土なり」(一休宗純)という言葉がある。

怒ったり、欲望や、迷いにまみれているときこそが地獄で、それから離れられて、心が平穏状態こそが幸せ世界なんだと。

母親に尽くしたい気持ちもわかる。というか、依存性って、高いストレスで起きるものなので、母親についても、ストレスを落としていかないとならない。

手放すものは手放す、縁を切るものは切らせないとならない。

なお、依存症については、ゆうきゆうマンガで分かる心療内科依存症編、酒、タバコ、薬物」が参考になる。

母親は様子見だし、今までの恩があるからある程度尽くすのもいいけど、あまりにもダメそうなら、捨てる覚悟を。

そうやって高いストレスの頭を休めるのが瞑想意識的に何も考えず、ストレス毒素を落とすこと。

ああ、でも一切宗団体自己啓発セミナーには行く必要はない。むしろあなたみたいな弱ってる人間を虜にして依存させて金をせびろうという団体は多いから行かない方がいい。

図書館マインドフルネス瞑想、禅辺りの本をいっぱい読んだらいい。

霊感商法に取り込まれたらもうどうしようもないね。それが俺の母親だ。20喧嘩してきたが、無意味だった。

霊感商法は不幸を煽って依存させて金をせびるのに特化した集団からね。それでいて不幸の真の原因には目を向けさせないか当人が不幸なのは永久に変わらない。

僕も、最近やっと、自分の人のお人好しさ、僕のお人好しさに漬け込むという人間特性に気づけて、切るべき人間をみんな斬って少しずつ静かになっていってるところだわ。

で、たまにあまりに腹たったらここで吐き出して、たまに他の迷ってる人を助けるかぐらいだね。

2018-01-21

anond:20180120165046

目の前で見てきたリスクを怖がるのはわかるが

それを避けられたとして、平穏安全な一生が保証されるわけじゃねーし

発達障害で二十年引きこもってる娘も知ってる

まともに生きてても社会の都合で壊れる人間もいる

この世にはリスクしかない

2018-01-18

はてなログインしていると画面上部に表示される自分アイコン

表示されて欲しくなくない?

何気なく人と会話していて、どこかのサイトを見ている時に、見られたくないじゃん。

例えば、もしXebraアイコンを見られたら、

自分承認欲求モンスターで、睡眠瞑想運動野菜実践しても、心の平穏を保てるとは限らないという実証を、

日々世間晒している迷惑者っていうことがバレちゃうわけじゃない?

2018-01-16

毎日嫌なことがある

何もない平穏な一日が欲しい

2018-01-15

anond:20180115185543

高い店に行けば一時の平穏を得られるのはその通り

でも、それは一時的ものしかいからなあ

大富豪なら底辺層には一切関わらずに生きていけるのかもしれないけれど

正直者が馬鹿を見る

保障制度を導入すると、それを悪用する消費者が出る

かといって廃止すると、会社側が消費者を陥れる可能性がある

どちらの場合も真っ当な人が大多数を占めており、必ず割りを食うのはそういう人たちだ

少数の悪人に振り回されるのを愚かと思うか誠実と思うかは人それぞれだが、誰の悪意も受けずに平穏に生きたい身からすると理不尽でならないと思う

2018-01-14

「ウザがらせる自由」に対して:『あなたは、豚として生まれたの?』

(追記)ウザがらされない→ウザがらせられない ですね。日本語不自由になってました。恥ずかしい。

後、importuner と Un porc, tu nais がどちらもアンポルチュネで発音同じことに言われて気づきました。これも恥ずかしい。

そして、さらに恥ずかしいことに、最後段落抜けてました。大急ぎで追加しました。

_______________

ちょっとフランス語翻訳してみたくなったので、最近増田の流れで、一つ記事を訳してみました。

Leïla Slimani (レイラスリマニ)というモロッコ出身フランス人女性作家の Liberation のサイトに昨日掲載された«Un porc, tu nais ?» (「あなたは、豚として生まれたの?」)という記事です。

なんで、これを訳したかというと、先の「ウザがらせる自由」が、何やらフランス代表するもの英米からmetooブームに対する、大陸から批判みたいな取られ方をしている向きがあったからです。全然そんなことありません。twitter を見る限り、あの記事叩かれまくっています

現在も、テレビ討論番組で、Brigitte Lahaie という元ポルノ女優(あの記事署名者の一人です)が「レイプ最中だって、楽しめるわ」と発言した件で、絶賛大炎上中です。(この発言が、あの記事の後半部につながっているのは明らかでしょう)。

フランスでは #metoo に加えて #balancetonporc というタグ使用されていて、意味は「あなた豚野郎を叩き出せ!」です。ものすごく攻撃的ですね。Le Monde 誌の記事はそんな流れの中でのカウンターとして出されたもので、まぁ、要するに両者ヒートアップしてるってことです。

あなたは、豚として生まれたの?」は明確に「ウザがらせる自由」に対する反論として書かれています。いくつかの言い回しが、あの記事から来ているので、増田での訳語にその辺はあわせました。この記事文脈では「ウザがらせる」は生ぬるい気もしますが。

--------

(追記)ブコメで指摘がありましたが、あちらの翻訳は「ウザがられる自由」でしたね。完全に見間違いをしていました。

でも、これはしょうがないところがあって、原語 importuner は他動詞能動形以外のなにものでもないので、まさか受動形で訳しているなんて思わなかったのです。

「ウザがらせる」が正しいです。

不器用勘違いから来る過失のニュアンス」は日本語訳からまれものであって、原文にはそうした解釈余地はありません。

--------

小説家による平明に書かれた文章なので、致命的な誤訳はないと思いますが、気づいた点があれば、じゃんじゃん指摘しちゃって下さい。

_______________________________________

あなたは、豚として生まれたの?』

通りを歩く。夕方地下鉄に乗る。ミニスカート、胸の広く開いたシャツハイヒールをはく。ステージの真ん中で一人で踊る。派手めの化粧をする。ほろ酔いタクシーに乗る。半裸で草むらで伸びをする。ヒッチハイクする。深夜バスに乗る。一人旅をする。テラスで一人グラスを飲む。ひと気のない道を走る。ベンチで待つ。男を誘い、意見を交わし、歩き続ける。イル=ド=フランスの人込みに紛れる。夜勤する。公共の場子どもに乳をあげる。賃上げ要求する。

こうした、日常的で平凡な生活において、私はウザがらせられない権利を、そんなことにかかずらわされない権利要求します。 私は、私の態度、私の服装、私の歩き方、私のお尻の形、私の胸の大きさについて、とやかく言われない自由要求します。私は、私の平穏孤独権利を、恐れることなく前に進んでいく権利要求します。私はただ、内的な自由だけを求めているのではありません。私は、外での、広々とした場所での、私もまたその片隅を占めている世界においての自由を求めているのです。

私はちっぽけな壊れやすい品物ではありません。私は守られることを求めているのではなくて、安全尊重についての私の権利を認めるよう求めているのです。そして男性たちは、皆が皆、豚であるわけではありません。そんなことは全くありません。この数週間、どれほどの男性たちが、彼らの能力でもって、今起こっていることを理解し、私を魅了し、驚かせ、大喜びさせたことでしょう。どれほどの男性たちが、もう加担することをやめ、世界を変え、これらの行為から、彼ら自身をもまた解放しようとする意志を示してくれることで、私を驚嘆させたことでしょう。

というのも、例のいわゆるウザがらせる自由は、その奥底に、男性性についての極めて決定論的な見方を隠しているからです。すなわち、「あなたは豚として生まれたのだ」と。

私の周りの男性たちは、私を侮辱するものたちに対して、怒り、抗議してくれます。朝8時に、私のコート射精した誰かに。私の出世に何が必要理解させようとした上司に。研修の対価にフェラチオを求めた教師に。「キスしないか?」と尋ね、「淫売」扱いして去った通行人に。

私の知っている男性たちは、この男らしさについての反動的見方に、うんざりしています。私の息子は、そう私は希望するのですが、きっと一人の自由な男になるでしょう。その自由とは、ウザがらせる自由ではありません。制御できない衝動にとりつかれた捕食者としてではなく自分定義する自由です。私たちを魅了した男たちが持っているようなたくさんの素晴らしい仕方で、魅了することのできる一人の男に、息子はなるでしょう。

私は一人の犠牲者ではありません。しかし何百万もの女性たちはそうです。これは事実なのであって、道徳的判断やそうした女性たちを(犠牲者として)本質化するものではありません。

そして、世界中の何千もの街の通りを、うつむいて歩いている全ての被害者たち、付け回され、ストーカーされ、レイプされ、侮辱され、公共の場場違いものとして扱われている彼女たち、その恐怖が、私の中で瞬きますうずくまり、恥じている彼女たちの、辱められたという理由で通りに投げ出され除け者になった彼女たち、彼女たちの体がウザがらせる行為を招くからという理由で、黒く長いベールに隠させられている女性たちの叫びが、私の中で響いています

カイロニューデリーリマ、モースル、キンシャサカサブランカの通りで、歩いている女性たちは、失踪誘拐そして(下心ありの)慇懃さを心配しているのではないでしょうか?彼女たちに、誘惑し、選び、ウザがらせる権利などあるでしょうか。

私は、いつか、娘が夜中に通りを、ミニスカートと胸の開いたシャツを着て歩き、一人で世界旅行をし、真夜中に何も恐れることなく、そんなことを考えることもなく、地下鉄に乗れることを望みます。その時、彼女が生きるその世界は、清教徒世界ではないでしょう。私は確信しています、それはより正しい世界、そこでは愛と歓びに満ち、魅了し合う場だけが、より美しくより豊かである世界になるだろうと。それはまだ想像すらできないものだけれど。

http://www.liberation.fr/france/2018/01/12/un-porc-tu-nais_1621913

2018-01-08

セクハラに耐えれなくなった

セクハラって言っても日常的にお尻を触られるとかそういうのではなくて、

会社ではなんでもなく振る舞って、業務時間外にされるもの

と、いう風に上司は割り切っていたつもりみたい。

表沙汰にせずに耐えていた理由は、仕事がやりたかたから。

プロジェクトは佳境でみんな日夜頑張っていたから水を差したくなかったし、

上司がいなくなったらプロジェクトがうまく行かなくなるのは目に見えていた。

個人としては拒絶せず、受け入れず、一般論として"セクハラダメ"って誤魔化した。

初めてセクハラされたときは、後ろから抱きしめられた時に当たった上司の伸びかけた髭の感じが本当に気持ち悪くて、一週間くらいはその感覚を思い出して鳥肌が立ってた。

本当に会社に行きたくなくて、プロジェクトの節目で退職しようと決めた。

節目は節目にならなくて、仕事はどんどん忙しくなって、辞めどきを失った。

上司は酔っ払うと2人になりたがった。

から飲み会には極力参加しないか、してもすぐ帰るようにしていた。

腹いせに、何かされるたびに1人、口が硬そうな社員を捕まえてセクハラを伝えた。

被害としてはそこまで大きくない。

私は平穏仕事が続けられることの代償に、たまにお酒を飲んで、手をつながれて、帰りに不意をつかれて抱きしめられて、体の関係を持ちたがる上司タクシーに押し込むルーチンワークをするだけ。

はいい年のおばさんなので、これくらいの肉体的接触は家で飲んだお酒と一緒に吐けばなんとかなるし、

話す内容も仕事のことがメインだったので、それなりに私にとっても有意義だったのかもしれない。

でも、業務時間外の肉体的接触よりも、仕事中の私のことを見る表情とか、言葉の節々に感じる好意気持ち悪かった。

結婚してるくせに堂々と好きって言ってくるのも、人間として無理。

それを除けば、仕事面では私のことを育ててくれる、平等でいい上司だった。

寧ろ普通仕事で便宜を図る代わりに愛人になれ、では?と常々思ってたけど、上司仕事との線引はきちんとすると言っていた。

事実、私の肩を持ってくれなくて仕事がやりづらいこともあったし(他に女がいる可能性もある)、

本当に何かされたら嫌だけど、私の事好きならもうちょっと何かないの?とか、さすがにこの仕打ちは酷いと思ったこともある。

私がセクハラを受け入れてないからこういう感じだったのかもしれないし、そこは上司しかからない。

ただ、上司は私に大きな裁量を与えてくれていて、それが私の仕事への評価によるものなのか、セクハラの対価なのかが分からなくなった。

上司はそれは評価であって対価ではないとは言っていたけれど、

セクハラ事実を知っている人が増えてくるにつれて、その人達に女を使っていると思われるのでは、と怖くなった。

から不安で、成果を出すしか無かった。朝からずっと働いて、無理な仕事量をこなすようになった。

セクハラできる、よく働く都合のいい部下になった。ある意味良い教育だったかもしれない。

周りから見たら理解できないメンヘラワーカホリックだったと思う。

仕事上では、きちんと上司と部下をやっていたので、上司と部下としての関係も深まって、

都合のいい部下には、上司の弱いところが見えるようになった。

所謂、情というものが湧いてしまったようで、部下として支えてあげたいと思ってしまった。

もう少し弱っていたら都合のいい部下から、都合の良い愛人ジョブチェンジするところだった。

でも手を触られたときに"気持ち悪い"って思って目が覚めた。

態度が軟化してしまって上司に気を持たせたのは事実だし、自分軽蔑した。

そういうのが全部嫌で、深夜に呼び出されてお酒を飲んだ時に、会社を辞めるって言った。

有難いことに来て欲しいと言ってくださる会社はある。

そんな話をしたら、会社は辞めるな気をつけるって言ったのに、朝が来て駅まで歩いたら、上司が抱きついてきて、部屋に来たがって、私の我慢限界が来た。

素面の時に再度怒って上司反省した様子。だから退職するなと言われている。

私にも悪いところがあったし、もともとこんなことをするはずが無かった上司がこんな事をするのは心労のせいだし、一旦リセットして再度、心機一転やり直して欲しいっていう気持ちもある。

部下が立場上断れなくて、それを勘違いしてしまって、会社を辞めなきゃいけないのは可哀想だ、とも思う。

私は純粋セクハラ被害者ではなくて、一部上司を受け入れても居たから、上司を責めることはできない。

私がこのまま大人しく我慢するか、上手に上司コントロールできていたら、プロジェクト問題なく進むかもしれなかったと思うと申し訳ない気持ちもある。

一番はじめにセクハラを受けた時に誤魔化さずに、傘で叩けばよかったのか。

でも、そしたらプロジェクトはここまでやってこれたんだろうか。

ももう、何もなかったふりをして笑顔で頑張れる気がしない。

anond:20180105224147

医者さん目線意見ばかりだから病人目線意見も。

本当に治したい、治してあげたい、もしくは治らなかったとしても、医師という職業を通して患者さんその人の人生を少しでも平穏にしてあげたい、

そんな思いを持っているお医者さんに診てほしいなって思いました。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん