「著作権」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 著作権とは

2018-04-21

レディ・プレイヤー1」がどうしようもないクソ映画だった

ツイッターでもみんな称賛しているし、個人的めっちゃ楽しみにしていたので昨日観に行ったんだが、

結果としてクソ映画だった。

こんな映画観なくていいよ。

これで喜んでいる奴はほんとにどうしようもないサブカルノスタルジーに浸るじいさんばあさんだけだ。

映画秘宝が特集してたが、他のメディアはともかく尖った作品取り上げようみたいなスタンスのお前らがこんな映画持ち上げて恥ずかしくないの?

心の底から素晴らしいとおもってるんなら知能低すぎてびっくりするし、

良くないにも関わらず広告料もらってるから誉めてるんだったらそんなメディア死んでしまえ。

あとネタバレが含まれるのでこれからみにいく人はそっ閉じすべき。

話が陳腐

簡単にあらすじを書く。

未来アメリカ。身寄りのない少年はまっているのはVRを使ったMMO?ゲームオアシス」。

創業者が死んだとき

「この世界に三つの鍵を隠した。見つけたやつは『オアシス』の会社の株やるから、お前が運営しろ

みたいな遺言を残したので、プレイヤーがこぞって宝探しを始めた。

で、少年はこの創業者のことが好きすぎたので彼の思考(嗜好)を追って冒険すると一つ目のカギを手に入れることができて…。

っつう感じだ。

とにかく小説家になろうで百万回ぐらいみたVRMMOの設定。

ゲーム世界観にも何一つ目新しいものがない。

VRMMOっていうこと以外にゲーム世界に何の特徴もない。

ゲーム世界で敵を倒してコイン集めて強いアイテム買って乗り物を改造して…。うん、それだけ?

創業者80年代ポップカルチャーファンだったので、それくらいの時代映画だのアニメだのマンガだのが出てくるらしいんだが、

「へー、著作権許諾してもらったんすね。すごいっすね」くらいの感想しかない。

少年は身寄りがなくて、いけすかねえばばあに養ってもらっているんだが、少年対立する敵組織に途中で爆殺される。

今まで遊び半分でゲームやってたのに、犠牲者が出てから少年は本気で敵組織を憎むようになり…って感じで話に深みをもたせる描写らしい。

でも爆殺された後、少年ほとんどこの件について触れない。

ラストで敵組織おっさんがこの件について反省することもない。

キャラクターに試練を与えて成長させればいいんでしょ?」って言われたからなんとなく要素入れました以上にこの話がいきてこない。

ばばあ無駄死に。

出てくるキャラクターになんの深みもない。

少年ゲームで仲良くなった黒人の女だのアジア系のガキだの登場人物どもはマジ空気

少年ヒロインがイチャコラしつつ話が進んでいく中でほんとにどのタイミングでこいつら合流したの?って感じでいつのまにかそこにいる。

そんなこんなで最後に無理やり存在空気サイドキックスに見せ場でも(ガンダムに変身させたりってやつな)、なんっっっっの感情もわいてこない。

そもそもゲーム空間で起きていることに対して何一つ真剣みを感じない。

死なないんでしょ?ゲームだし。

あと途中で時間を巻き戻すアイテム出てくるけど、

リアルタイムで進行するオンラインゲームでそんなアイテム使えるわけないやろ?

5秒でわかる矛盾に気づけないの?

馬鹿なの?

ギャグ寒い



この作品の最悪なところはスピルバーグ監督していることだ。

70年代80年代ポップカルチャーが色々出てきて、そういう時代映画に対する自己言及的な作品でもあるから

起こっている事態はすさまじいけど、しょうもないギャグが随所に出てくる。

スピルバーググロ趣味っちゅうか、そういうギャグ個人的に好きなんだが、この映画に出てくる小ネタは全部滑っている。

スピルバーグはあらゆる監督引用されるような作品つくる人間なんだから自分作品パロディー自分でやってもおもろいわけないやろ。

それともおっさんの才能が枯渇したんか?

キューブリックの「シャイニング」の例のホテルで「シャイニング」みたいなことが次々起こって、キャラクターがいちいちそれにツッコミいれていくシーンは

本当に寒い通り越して怒りしかわいてこない。

シャイニング馬鹿にしてどういうつもりなん?

血の海で滑って転んで頭うってどこがおもしろいん?

教えて?

作者のオナニー



金田バイクゴジラガンダム日本のあらゆるコンテンツに対する知識が浅い。

別に知識が浅くても愛があっていじってくれるんだったらいい。

愛がないのにとりあえず出しましたみたいなのほんとにやめろ。

出てくるのゴジラちゃうぞ。メカゴジラやぞ。

アイアンジャイアント溶岩に沈んでいくときに指たてた時には本気で寒気がした。

いうたら、小説の作者の幼少期から今まで触れてきたポップカルチャー詰め込みましたみたいな内容なんだわ。

「ぼく、小さいときからこんなポップカルチャーであそんできたよ!すごい!?こんなのも知ってるよ!日本のやつも知ってるよ!」

みたいな作者のシコシコをひたすら見せられてこっちはへえそうですかすごいですねーとしか

てめえのシコリ模様はPornhubにでもあげろよ。ひと様から金とるんじゃねえよ。

最後にこの映画の一番クソだったところはオチの部分。

現実こそが最もエキサイティングゲームだったんだ!」

的なおよそコンテンツでメシ食ってる奴から出てきたとは思えない陳腐セリフ

もうスピルバーグさんあなた疲れてるのよゆっくり休みしか言いようがない。

TCXで多めに金を払ったこと、内容がクソだったこと、おっぱい出ねえこと、隣のやつがポップコーンずっと食ってたこと全てを鑑みて、

星1つとさせて頂きます

2018-04-18

著作権親告罪というクソ

こちとら仕事関係で何十万円もするような著作物を買ったりするわけですよ。

年間にすれば百万円以上つぎ込むわけですよ。

それを「買わなくたって複製してあげたのに」とかぬかしやがる奴がいるわけですよ。

腹が立ったんで複製されたものを手に入れて著作権関係団体に言ってやったんですよ。

そうしたら本人が動かない限り著作権侵害でどうこうすることはできませんとか平然とぬかしやがるわけですよ。

あんたら何のためにいるんだよwww

出版社に言ってやったら、その人が複製した証拠がないからどうしよもないとか言うわけですよwww

目の前でDVDに焼いてくれている人がいて、その証拠を手にした人が言っても無駄なわけですよ。

ニッチな専門分野の仕事から研究書に図録が付くと本当にめちゃくちゃ高いんですよ。

それを複製して配り歩いて自分に有利な仕事を回してもらっている人がいるとか馬鹿らしいじゃないですか。

親告罪なので僕から罪を咎めることもできない。

から本人に言ってやりましたよ。

これ違法ですし、研究者に対する冒涜ですよって。

そしたら業界であることないこと言い振り回って却って僕が干されるとか馬鹿世界ですよ。

親告罪じゃなかったら僕は本人に言わず司法に委ねましたわ。

本人に言えば嫌がらせくらいしてくるの分かってましたから。

だけど司法が動けないんだから、本人に注意できる人物は限られているわけですよ。

そして注意したらこ仕打ちとかね。

本当にクソみたいな世界ですよ。

年齢は関係ないのかもしれないけれど、若い頃にデジタルに育っていない人が憖にデジタルの便利さに触れると倫理破綻する傾向があるように思う。

2018-04-16

自分の使ってるサイトが実は違法かも知れないという不安

その昔、ニコニコ動画はそれはもう思いっき違法サイトだった。

YOUTUBEに誰かが違法アップロードした動画違法で流用して勝手コメントをつける悪の中の悪だった。

そして、今でも違法行為がそこら中に溢れているサイトである

名曲のFULLがMADでも歌ってみたでもなくCD音源MP3に加工しただけのものが平然とアップロードされている。

異常性癖者向けのビデオギリギリ18禁にならない程度の加工をされて弄られている。

これはもうハッキリと「違法サイト」と言わざるを得ない。

そもそもYOUTUBEからし著作権肖像権侵害がのさばっている。

昔と比べれば浄化が進んだと思われがちだが、ユーザー絶対数が増えた結果、違法動画の量だけで見れば前よりも悪化していると言っていいだろう。

ネットには違法が溢れているのだ。

我々が日頃使っているサイトの多くが片足を違法に突っ込んでいるのだ。

XVIDEOSなんてもっての外だ。

誰かが線引をし直さないといけない。

そうしなければ、いつか共産主義者迫害され、そして最後には人類全員がネットから追い出されるだろう。

漫画村を支えるネット広告業界について

業界人間が仕組みをわかるように書くよ。

最後対策書いてるからネット広告のこと知ってるって人はそれだけ読んでくれ。

漫画村とか著作権ガン無視サイト

漫画村もAnitubeもそうだし、「無料動画 アニメ」とかで検索したら腐るほど出てくる。

今回は漫画村が謎にUXめっちゃ良くて人気になって目立ったけど本当にいっぱいあるんだ。

漫画アニメドラマ映画AV同人誌ジャンルも様々。みんな大好きxvideos著作権なんてあったもんじゃないよな。

ちなみに増田ブロッキングとかたいして意味のない、法治国家としての根幹をゆるがすようなヤバイことはやめておけ、という派です。

この記事は一度読んでおくことをおすすめする。

https://news.yahoo.co.jp/byline/kusunokimasanori/20180416-00084015/

広告どうなってんの

広告収益を得てるわけなんだから広告止めらんないの?って思うじゃん。

止められる。しかし正直ダークな部分もあるから全部は無理。でも大手止めたらそこそこダメージあるはず。

方法はあとで解説する。その前に構造について知っておかないと意味がないと思うから説明させて。

広告を出す(出稿)の大まかな流れはこれな。

1.ネット広告を出したい広告

代理店に依頼するか、直接サイトに連絡することになる。

もちろんお金はとられるんだけど、めんどうだし詳しくないしってんで代理店に任せる会社は多い。

中小規模の会社お金も無いし直接媒体社(広告が載るメディア側)とやりとりするけど、1つのサイトだけにってのはほとんどない。1個1個連絡するとコスパめっちゃいから。

それで、アドネットワークとかDSP(+SSP)とかって呼ばれる、何百万っていうサイトをまとめてる業者に頼むわけ。

2.依頼を受けた代理店

代理店ってネットだとサイバーエージェントとかが有名どころ。エロ系だとライブレボリューションとか。

ライブレボリューションはこの記事でも言及されていたな。高学歴使ってエロ案件ばっかりやってる会社

https://anacondatan.hatenablog.com/entry/2018/04/15/184740

代理店配信すればするほど儲かる手数料ビジネスからお金使いたがる。

あと「結局は商品が購入されればいいんでしょ?」「会員登録されればいいんでしょ?」って感じの、長い目で見た収益なんて考えられてないところも多い。

それがさっき言ったアドネットワークとかDSP発注する。国内はだいたい国内業者でやってる。

3.広告主か代理店から発注受けたアドネットワーク

アドネットワークが抱えてる配信先になんで漫画村とかAnitubeがあるの?ってことなんだけど、儲かるからです。それしかない。

アドネットワークバナークリックされたらお金チャリンと発生する(表示だけでも発生することある)ので、

漫画村みたいにめちゃめちゃPV多いサイトは金のなる木なんです。たいていこういうサイトクリックされても購入とか登録に結びつかないから、1クリックあたりの収益は少ないけど。

何が問題かと言うと、審査規制機能していないこと。

一応登録する時にはサイトURLとか入れるんだけど、だいたいザル。

エロ系で強かった(今は知らん)i-mobile登録ページ

https://i-mobile.co.jp/pre_register_partner.aspx

偽の情報登録してあとから変えるというのもできるし。

からあんまり審査機能していなくてまず登録が行われちゃう

そんで、漫画村みたいにめちゃめちゃ儲かるサイトってすぐわかるんだから、「あ、やべぇサイトだ。警告や提携解除しなきゃ」ってなるのが普通

けどやらない。儲かるから。最悪でしょ?お金を前にして善悪判断できていないの。俺が知る限り上場しているような会社でもこういうケースあるからな。

というわけで、怒られるまでは載せちゃっていいっしょって載せる悪い集団がそこかしこにいる。

4.アドネットワーク配信コードを貼って収益を得るサイト

漫画村とか色々。小さいところはアドネットワーク1〜2個くらいしか使わないけど、多いとこは10個くらい使う。

結果クリックされたらアドネットワーク手数料を抜いて収益になる。

こんな感じで

広告主(→代理店)→アドネットワークサイト

ってなってる。詳しい人には釈迦に説法だが。

闇市インターネット

ダークウェブってほどダークじゃないが、エロとか精力剤とか痩せる薬とかって広告を載せにくい。

どこも怪しいとか、読者に合わないとかで、特に上場しているアドネットワークサイトはそういう広告拒否する。

とすると、上場してなくて規制ゆるゆるな中小アドネットワークに任せることになる。

中小アドネットワークはそっちもそっちで、ヤベェけど大量にPVがある海賊版サイトとかをたばねてニッチポジションを持ってる。

この怪しい商材と怪しいサイト悪魔合体して、漫画村が成立する世界ができてる。

何をすると一番ダメージを与えられるか

即効性が高いのは、アドネットワーク通報しつつそれを公にすること。

お金の出処である広告主に通報ってのは正論なんだけど、あまり効果がない。

というのも、もう広告主はどこに出してるかわからないわけ。停止する方法も知らない。

特にDMMなんてお金めっちゃあるから広告しまくってる。代理店アドネットワークもたくさん使ってるから誰が悪いことしたかからない。

あげくの果てに、自社のAV無断転載サイトに自社の広告が載るみたいなことが起きる。

同じ理由代理店も対して把握してない。

アドネットワークの方は配信先の審査もして管理するような立場にあるんだから知らないとは言わせない。

そして特定めっちゃ楽。広告リンク先を見るだけ。

ちょっと専門的な話になるけど、クリックしたらその証拠を取るためにCookieつけます。そのために一度アドネットワークのページにリダイレクトが一瞬される。

最初リンク先はアドネットワークからそのURLを見る。スマホだったらバナー長押しして、すぐわかる。

リンク先がDSP場合配信関係ないけど、まあ通報しておけばいい)

スクショとって運営会社通報IRの連絡先とかあればそっちがいいぞ!)しつつ、「この会社の使われてま〜す!」ってTwitter画像つきで上げろ。たぶんそれが最短。

ちょいちょい相手の首を絞めつつ、世論が出来上がっていく。あとはジャーナリストメディア料理してもらおう。

司法手続きとか待つな。自律したインターネットをつくれ。

俺も関わった人間として責任があるからやる。

(所要時間35分)

ラノベもいいけど過去の名作もどうですか?

最近江戸川乱歩の孤島の鬼が著作権切れしたのですよ

いかがですか

ひどい男が好きな人はぜひ読んでください

2018-04-15

著作権ブロッキングで一部の方々が行う懸念する方に対する罵倒の話

ここで文章不法投棄をする。

どうせこんな妄言しかない日記が注目される事もまずないだろう。

初めに今回の著作権改正改悪)については

リーチサイト規制情報受け手側が犯罪になってしまDL規制静止画も含め更に拡大する等についても危惧する点は非常に多くあるが、

これ等を取り上げると範囲が更に広がってしまうためここでは取り上げないこととする。

また私個人の考えとしてブロッキングについては今回一番悪いのはまともな法的処理すら通さず、議事録すら非公開にした政府であると言う考えである事も理解して頂ければありがたい。

何せ与党議員から批判意見が出た位なのだ

恐らくこれに関しては反対している人なども共通した考えであろう。

そしてブロッキングの何が問題なのかもここでは詳しくは取り上げない。

この手の問題点はもう多くのニュースサイトや私よりも詳しい人が多く取り上げており、それらのサイトを見て貰った方が早いからだ。

ようはブロッキングと言うもの自体簡単に言えば中国金盾の親戚みたいなものだと言う認識で良い。

付け加えるとすれば、今回児童ポルノから著作権まで範囲が広げられてしまうと政府業界に都合の悪い情報は全て遮断してしまって良いと言う前例が出来てしまい、

今後拡大解釈され続ける危険性が非常に高くなってしまう点、更に今回法律を通さず、あくま政府ISPにお願いするだけと言う形をとるため、

何か問題が起こった時には政府は一切問題を取らず、責任は全てISP側に来るなどの問題点も今回の事例には新たに追加されてしまっている。

ブロッキング問題点については以上の記述位としておく事にする。

それと敢えてここで一部の創作物コンテンツに関連している方々を指す単語として意図してオタクと言う言葉を使わない様に意識する事にする。

オタクと言う単語自体のものが余りにも広域な範囲対象を指す言葉であり、ここで使うのは余りにも不適切単語であるからだ。

(※オタクと言うのはあくまでそう言う趣味嗜好を持つ人々を指すだけの言葉であり、オタク一言で言っても色々なジャンルはあるし、

そう呼ばれる人達創作物コンテンツに関連しない仕事の人々や例えばそれこそ医師弁護士公務員等の様々な方々もいる。

そういう意味においても今回はオタクと言う単語自体使用する事は今事象においては余りにも的外れであると考えたからだ。)

また何よりもオタクと言う言葉自体非難罵倒としての逃げの口実、或いは免罪符として機能しているからだ。

実際、自身責任から逃れたい一心責任転嫁するためだけにオタクと言う言葉を使っている例も多く見受けられる。

それに今回感情的に反対している人たちを罵倒等をしているのはツイッター等を見る限り、その人間本質オタクと言う広域の言葉で指す人々よりも

もっと狭い範囲である同人プロわず、その関連、または業界無理解な一部の創作物コンテンツに関連した方々が多い様に見受けられたからだ。

からこそあえて一部の創作物コンテンツに関連している方々と言う言葉を使わせて頂くのだ。

(※あくまでも一部の創作物コンテンツに関連している方々である

何度でも言うが一部の創作物コンテンツに関連している方々である

ここは重要である

この言葉には何もここで指すのはアニメ漫画出版業界だけではない、別の何かも含まれると言う意味合いもある。

別の何かについてはブロッキングの件を少し調べたら判ると思うので、色々察してほしい。

それに元々作家さんでも表現の自由言論の自由に詳しく、危惧して動いていた方も少なからずおられる。

なので、同人プロわず表現の自由観点から懸念を持つ作家さんや関係者の方々が、決して少なくない数がいる事も付け加えておく。

例えば今回もちばてつやさん等はブロッキングに対して懸念した発言をされておられ、元々個人的にも尊敬している点も多かったりする。)

そしてこれから書く事はあくま愚痴恨み節の類であり、俗に言う俺は詳しいんだ、知っているんだ的なノリの頭の悪い稚拙文章しかないので、

運悪くこんな記事を見てしまった人は軽く聞き流して頂いて構わない。

何より私自身間違いが多い人間であるのは自覚しているからだ。

私がこれから書くこの様な内容の文章過去多数出ており、実際私自身も何度か見かけているが、それでも敢えて匿名の卑怯者としてこのような文章を書かせて頂く事を許して欲しい。

この様な文章は書く事はないと思っていたがどうやら私の番が回ってきてしまったようだ(苦笑)

ついでに私自体、もはや規制に対し、反対する気力もなく、その反対する人々を罵倒する一部の創作物コンテンツに関連した方々に対し、

何の期待もしておらず、説得する気も皆無である点も読む際に考慮して頂けると助かる。

まず件の著作権ブロッキング拡大報道について、一部の創作物コンテンツに関連している方々が今回の報道ブロッキングに対し危惧し、

その問題点を指摘している一般人には勿論の事、実際弁護士法学者、また長年創作物関係での規制危惧し動いている

本来一部の創作物コンテンツに関連している方々にとっても味方であるであろう青少年健全育成条例児童ポルノ禁止法で反対していた方々や

反対活動で精力的に動いていた団体にすら石を投げているのを見かけ、ああこいつら進歩ないな、この先創作物コンテンツが、

滅亡してもこいつらは懲りないし、学習もしないだろうなと言う感想を抱いた。

何故このような感想を抱いたかと言うと過去青少年育成健全条例児童ポルノ禁止法等でも同じような構図を見かけたかである

今回に関しては個人的にはもはや怒りではなく、彼ら一部の創作物コンテンツに関連している方々に対して、失望絶望と言う様な感情しか湧いてこない。

君等一部の創作物コンテンツに関連している人間安易感情から匿名掲示板のノリで揚げ足取り罵倒するのは構わない。

どうせ実際この記事をもし君等一部の創作物コンテンツに関連している人間が見つけた場合には必死罵倒揚げ足取りを行う事もあるのだろう。

君等一部の創作物コンテンツに関連している人間の行動は容易に予測できる。

きっとブーメランとかも言い出す事だろう。

だが、その都度味方は減り、敵は増え続けるのだ。

その一部の創作物コンテンツに関連している人間創作分野以外の事柄には興味がなく視野が狭い癖に妙にプライドだけは高く、

人の話を全く聞かないくせに自身に対する非難スルーする事が出来ない人間も非常に多いのだ。

尚且つ議論とやらが好きだから猶更性質が悪い。

更に図星をつかれると非常に怒り出す。

からこそこの手の一部の創作物コンテンツに関連している方々は、ブロッキングの件に関連して指摘された件でまだ反論が容易であろう、

ブロッキング懐疑的他者から出版ブロッキングでなく、まず検索サイトに対しての行動や法務の方を動かせよとか

出版業界のそのもの不備の指摘や逆に何故今まで逆に現在違法サイトが行っているようなサービス公式でしなかったのか?

そもそも著作権規制を進めた所で過去の事例から見て売り上げが回復していないだろうとか

出版新古書店図書館の件も反論されて言い返せなかった件についてはどうなの?

と等言うような指摘に対しても何故か真向な論理でなく、何故か作家が食えなくなってもいいの?等と言う感情論で怒り狂い出していたのだ。

私が見た限りは主にこんなコメントしかなかったのだ。

所詮こんな事に対しても主に感情論でしか返せない連中なのだ

なので、ブロッキングに対してもまともな返答等出来るわけがない。

反対や慎重的意見としてブロッキング効果や薄い事や通信の秘密だけでなく、表現の自由言論の自由でひいては自身の首を絞める事にもなりかねないと

私が見た限り、ブロッキング懐疑的で反対意思を持つ方々は見た限り、非常に論理的に指摘されているにもかかわらず、

それに対し、一部の創作物コンテンツに関連している方々はブロッキング必要悪だとか論理すり替え的外れ発言ばかり行っていたのを見かけた。

これだけならまだ良い。

やはり挙句の果てにその反対している人間に対して人格的な罵倒等の俗に言われる叩き等の行為を行っていたのだ。

これを未だ一般人に対してだけならまだしも学者等のお偉いさんや実際表現規制に反対され動いている人に対しても行っていたのだから唯々呆れる他なかった。

だが、ただまず一部の創作物関係に関連する人間はこれだけは判っておいた方が良い。

青少年健全育成条例青少年健全育成基本法案の時でも児童ポルノ禁止法の時でもTPPの時でもそうだが、

別段漫画アニメ音楽映画等の創作物に対する表現の自由言論の自由が損なわれるから反対している人たちばかりではないと言う事だ。

規制関係では創作物方面ではなく、通信インターネット情報関連の視点から強く問題視して反対している方や

その改正によって逆に児童権利が奪われる点を強く問題視している方や他の法律の兼ね合い等から問題視されている方や

改正により一般人が逆に不当に逮捕される等の不具合が生れるから反対している方等本当に様々な視点から反対している人々がいる事を実際にみてきた。

それに著作権ブロッキング話題に関しては何も今始まった話ではなく、過去音楽業界映画業界等が様々な圧力をかけて行おうとしてきた。

また私自身今回に関してもあくまで矢面に立っているのが出版と言うだけで、この件でも音楽業界映画業界もかなり圧力をかけていたのではないのか?と言う懸念を持っている。

それに対して一般人だけではなく、通信方面法学者から懸念する声も当時から多く、反対され続けてきた事実認識すべきだ。

実際児童ポルノ関連でのブロッキングに対しても様々な懸念する声があがっていたほどだ。

からこそ漫画アニメ利益が損なわれたから、過去反対してきた人達が今回はブロッキングに賛成に回ると言うバカな話はあり得ない事位は理解すべきだ。

ブロッキング何が悪いのか判ってないのに君ら一部の創作物コンテンツに関連している人間は短絡的に感情論でそれら反対している方々に対し、

人格批判等で攻撃したりすべきではないと言っているのだ。

こんな事だから当時匿名掲示板等で肉屋を支持する豚だとか罵倒されたのだ。

しかし一部の創作物コンテンツに関連している方々の行動をみていると何故オタク(と世間では一括りにされてみられてしまう)が嫌われるのか良く判る。

から連帯責任大好きな国家からね、日本

なお、それでも思い込み感情からその方々に対して嫌味を言い罵倒するのならばそれも結構だ。

だが、そう言う行動を行う度に他分野の側面から反対していた方々は一部創作物コンテンツに関連している人間に対して、

そんな連中しかいないと思われその人達は呆れ、そしてこの先何か問題があった場合でもあいつらだから別にいかと扱いが軽んじられる可能性があるのも十分に考慮すべきだ。

たこの手の規制に対し危惧し反対する活動は実入りは全くなく、寧ろマイナスであり、時間的にも資金的にも負担が大きい。

更に言えば初めはどう活動すれば良いかすら皆判らず、手探りで行っていた位である

また反対している人同士でも考えの相違で、精神的肉体的にもかなり摩耗するし、それで最後には潰れてしま活動を停止せざる得ない位、追い詰められる人も実際に見かけている。

過去に聞いた話では実生活すらまともに送れなくなってしま人間もいる程だ。

なので、実際今でも長年活動している人々の精神負担はかなりのものだろう。

更にここに合わさりいつも通り俗に言う味方から石を投げられる構図が加わるのだ。

正直たまったものではないし、これが実は一番心的ダメージが大きい。

(※また青健法の件で話はずれてしまうし、この記事自体事実かどうか判らないが、

少し前に

マンガの人たち」の信用は地に堕ちている──青少年健全育成基本法案の本当の問題

と言う見出し記事で、

出版業界自体が一部のオタクが騒いでいるだけ、その時が過ぎればフェードアウトする等と言う

まるで過去どこかの政治家がしたと言う発言と全く同じ様な考えをもっていると言う記事をみて個人的には呆れ返った。

記者があの記者だし、誇張も非常に多いだろうが、これが事実だとしたら、余りに一般人やそれこそ少しでも活動した事があった読者に対しても喧嘩を売っているとしか思えない。

もし読者が出版社がこんな独善的な考えを持っていると知る事になれば、失望し、場合によっては以降漫画を買わなくなる様な事も十分に起こりえるだろう。

また私の記憶では当時出版はほぼ目立った活動をしておらず、実際に活動していたのはその手探りで行動を行っていたオタクとある団体であった事を記憶している。

そしてそれで精神的肉体的に限界をきたし、潰れてしまった人も多かったのだ。

個人的には出版にそこまで嫌悪感は今まで抱いていなかったのだが、流石にこの記事と昨今のブロッキングの件で一気に出版に対する嫌悪感を持つに至った。

多分一部の創作物コンテンツに関連している方々もこう言った類の考えなのだろうと個人的には思ったくらいだ。

たこの件が事実ならばこんな事を言われては実際長年継続して今も行動をし続けているとある団体の彼らに対しても非常に失礼であると私は考える。)

そしてあくま最後に警告として書かせて頂く。

君等一部の創作物コンテンツに関連している人間はせいぜい好きな様にブロッキングに反対している法学者弁護士

規制問題で実際に危惧、反対をし、ロビー活動をしてくれている方々に石を投げ続ければ良いだろう。

だがその度に彼らは君ら(全ての)創作物コンテンツ関係した人間に対して、法学者弁護士等の有識者は呆れ果ててしまう事になるだろう。

またロビー活動してくれている好意的人間精神は摩耗し続け疲弊し、モチベーションを保てなくなり、

そして最後にはこんな奴らのためにと言う思いを抱き、挙句の果てには活動を停止せざるえない位にまで精神的肉体的に追い詰められ、

君等創作物コンテンツ関係した人間を見捨てる格好になるのだ。

その結果もし君等一部の創作物コンテンツに関連している方々が本当の意味で困った事態に陥った所で、その時は誰も救いの手を差し伸べてくれる事はなくなるだろう。

でもその時が来ても一部の創作物コンテンツに関連した君達の事だ。

今回の著作権ブロッキングでの件でもそうだったが、当時も青健法や児童ポルノ禁止法等の時にも反対し味方してくれたであろう人々に対して石を投げ続けた君達はいつもみたくこう言うのだろう?

「あの時は彼らが勝手に反対していただけ、誰もその時に助けてくれなんて言っていない。」

オタクはその時だけしか騒がない。その時が過ぎれば何もしない薄情な連中」

と。

anond:20180415165652

いや、守られてるのはテレビ局がチェック頑張ってるだけであって、ネットユーザー意識としては著作権ではテレビが一番軽んじられているだろう

だってYouTubeにしたって消されるだけで済むからと、アップし放題、リンクし放題だし、Twitterではキャプ画像をアップし放題、Togetterでは字幕付きでテレビ番組の内容まとめ放題、はてなではそれらのURLブクマし放題ってな具合に。

 

anond:20180414072557

そういえばちょっと前のTBS漫画村問題特集がやってた頃、ブロッキング賛成の福井健策弁護士ゲストで出ていて、スタジオアナウンサーが「ネットでは他にも海賊版が横行していて問題なんです」と言いながら、問題サイトの例示としてYouTubeを挙げたら、弁護士が「YouTubeは違いますね」と言ってたのが印象的だった。YouTube海賊版アリアリなのは誰でも知ってるだろうと。削除も自主的に行われるわけでなく権利者がいちいち要請しないといけないし。で、漫画映画音楽と比べて、テレビ放送に関しては著作権ネットユーザーにものすごく軽んじられてるって思った。最底辺だろうな

というかこんなクソみたいな話を現状追認するしかできないんだったら

普通にTPP著作権非親告罪化を受け入れて海外と協力して犯罪集団を取り締まればいいじゃん

なんで非親告罪化にアホみたいに反対してたの?

anond:20180415115843

見出しくらいつけても罰は当たらないぞ

----

皆さんこんにちは

まさしく、こういった違法サイト広告配信していたアドネットワーク関係者です。一部の方はご存知かもしれませんが、話を整理させていただきますね。

Anitube

こちらは主にDMM広告配信しておりました。しかしながらつい最近著作権問題理由に、配信をやめました。そして今まで莫大な広告費を違法アニメサイト広告代理店経由で配信していたこと、どうお考えですか?亀山会長!亀山会長のお考えを効きたいです!

そして、anitubeに広告配信をしていた、アドネットワークは以下のとおりです。

アキナジスタ株式会社 (http://www.akinasista.co.jp/)

MAISTという、アダルト広告メインのアドネットワークがここ数年独占に近い形で配信されていましたよね?DMMがAnitubeの配信を停止して、大打撃になっていないかとても心配です。。。関係ないですが、ひろゆきさん、この会社2ch(5ch)の広告配信についてトラブってましたね。。

株式会社エムエムラボ(http://mmlabo.jp/)

MEDIADというアドネットワーク最近まで配信していましたよね。。。?

株式会社トラストリッジ(https://www.trustridge.jp/)

sproutってSSP現在進行形配信されておりませんか?このコメントを書いているときに、anitubeでコード確認してみたら、御社コードがせっちされておりますよ。。。?流石に売上が立つからって、このサイトへの配信はまずくは無いですか。。。?

漫画村

エムエムラボさん、配信されていらっしゃいますよね?そして、運営者とは行かないまでも、運営者に近い人の連絡先をご存知ですよね?

ドロップブックス

アスタ(http://www.astrsk.net/) がタグを設置しておりますね。

Anipo

マイクロアド、アドルートがタグを設置しておりますね。

そしてアドルートを経由して広告代理店のライブレボリューション広告配信を行っています

ライブレボリューションはMAIST経由でAnitubeへ過去配信しておりましたよね?

ライブレボリューション社員で、久保清隆さんがはてなにいらっしゃいます

http://kiyotakakubo.hatenablog.com/about

http://profile.hatena.ne.jp/kiyo560808/

久保さんの見解を是非おきかせ願いたいです。

宜しくお願いします。

https://anond.hatelabo.jp/20180218121131

わかる。

別に著作権がーとか倫理的にどうだーとか気にしないし一回話題になってたかアクセスしてみたけど、

広告くっそ邪魔だし開くまで時間かかりすぎるしイライラするから普通にkindleのほうがいいやって思って使わなかった。

あれはホント金がない人間しかたなく使うツールだよな。金があるならkindleのほうが断然読みやすい。

まんが王国とかでうざい広告掲載されたせいで金払ってまで読みたくないが一応チェックしておきたいやつとか、連載してるやつを手っ取り早く読みたい時以外に使い所さんが見当たらない。

自分で言っててちょっと前に話題になってたトイプードル云々のマンガがみたくなって検索したけどなかったわふぁっく。

広告業界健全化したら今のインターネット消滅する

著作権・法的正当性、そういったものガバガバ状態から存在できているのが今のネット

もしも「他人の所有物を勝手に使ってお金を儲けちゃ駄目」とルール厳格化されたら、はてななんてまっさきに滅びるぞ。

他人サイト勝手ブックマークをつけてはてなというサイト養分にする行為からな。

はてなーは「やらおん」や「はちま」を嫌悪するけど、やっていることに大きな違いはない。

しろ、やっている事に大差がないと気づいているからこそ「俺達はギリギリセーフ!俺たちの側からミリずれたら犯罪!俺たちはセーフラインの手前にいる!ココまではセーフライン!」と必死に喚いているのだろう。

2018-04-14

漫画村閉鎖に賛成し、Anitube閉鎖に反対することについて考えた

Twitterトレンドに「Anitube」が入っていて驚いた昨日の午後。クリックして反応を見ると、漫画村閉鎖には喜びAnitube閉鎖には悲しみの声をあげる人が多くおり、それを批判するツイートも多数みられた。この問題言及すると、利用していたことを公言するようなものであったためTwitterでは触れなかったが、まあ、利用したことのある人間である漫画村はお世話になったことはないのだが、Miomioは数回、Anitubeは結構お世話になった。悪いことと知りながらついつい利用してしまうこれら海賊版サイトについて、ぼんやりと考えたことを綴らせていただく。知識不十分なうえ読みにくい駄文ではあるが、まあ書きたいように書いているだけなので理解していただきたい。

そもそもなぜ海賊版はだめなのか】

漫画はともかくアニメ公式無料配信なども行っており、正直「ネットでみれるならどこでみても同じ」という風に思う人もいると考えられる。では端的になぜだめなのか?色んな記事をみて自分なりの答えだが、海賊版サイトそもそも法律違反著作権などにひっかかる。勝手配信しているだけではなく、サイト側はそれで儲けている。逆に公式配信がなぜいいのか、これは憶測だが例えばニコニコ動画ならニコニコ動画配信するアニメに対して正当な金額を出しているのではないか公式配信はともかく、海賊版自分作品を作っていない人にお金が行くという点でNGと考える。

【なぜ海賊版アニメ配信サイトを利用する人が多いのか】

海賊版サイトの利用経験がある身として考えてみる。まず第一として『テレビでは映らないから』というのが大きな点だろう。ただでさえアニメ放送されない地方民にとって、BS11で見れないアニメネットで見るしかない。ましてやBS11が見れないオタクは、「アニメパソコンで見るもの」という人も多いのではないだろうか。

これに対して「DVD買え」「レンタルしろ」「dアニメストアでみろ」「ネット配信してるとこほとんどだよ」という反論をみかける。まず先にも触れた公式ネット配信を利用しないことを考えると、ぱっと浮かんだのは『ネット配信テレビの最新放送よりも遅い』ということだ。最速の配信がどれくらいかからないが、遅いものは一週間遅れもざらじゃない。Twitterなどで実況する人も多い中、「流れに乗れない」というのは大きな問題点だろう。海賊版サイトでの配信は、数時間もすれば最新放送のものが見れることが多い。何日も待って見るよりも、無料ですぐにみれるサイトを利用しない手はない。

そして『多くの公式配信は一週間で視聴期限が切れる』ということも関係しているのではないか時間がなくてためていっきに見よう、ということができないのである。また自分のように「1話抜けると先の話が見れない」タイプ人間は、一週間以内に見れなかった場合、なんとか見ようとして海賊版を利用するケースがある。他に「アニメを録画してためていたが、ある回だけぬけていた」ケースも、海賊版を利用するきっかけになりやすいと考えられる。

次にDVD問題について。まず『DVDは発売が遅い』ということ。はやくても一か月は待つ必要があるだろう。待つか?

それと『気になった作品円盤をいきなり買う人は少ない』ということ。今や2話収録で6000円とかする時代、「気になったから見よう~」という軽い気持ち円盤を買うのは金持ちくらいじゃないか。もしかしたら自分には合わないかもしれないアニメに、いきなりお財布がちょっと痛いような値段を投資するだろうか?

そしてレンタル、ひいてはdアニメストアなど有料配信サイトを利用しない大きな理由円盤一枚あたりや月額から考えるアニメ一話は安いのになぜ?と思う人も多いだろう。それはおそらく『アニメに対して、お金を払うという価値観がない』のではないかテレビをつければアンパンマンが、プリキュアが映る幼少期を経て、いったいいつ、「アニメに対しお金を払う」という価値観が生まれるのか。アニメDVDを買ったのは、いつが初めてだろうか。お小遣いで買えた人はどのくらいいるだろう。大半がアルバイトなどをしてある程度お金自由に使えるようになってからではないのか。海賊版を利用するのは若い世代だ多いと聞く。所持金も少なく、働いて利益を得るということに実感があまりない年で、アニメに対しお金を払う機会がそもそも少ない。小額か高額かが問題なのではなく、「価値観」が関与していると考える。都会ではテレビをつければこのアニメが見られるのに、なぜ地方自分お金を払う必要があるのか。アニメを軽視してるわけではなく、「お金を払わなくても見れる」環境でまず育つ人が多いため、そういう価値感がないのではないのか。(これは広く芸術に対してお金を払わない文化にも通ずるところがあるが、今回は割愛させていただく)だから「たった●円で見られるのに」という指摘は、そもそも的外れなのかもしれないと思うのだ。

【なぜ漫画村閉鎖は賛成する人が多かったのか】

ようやくタイトルの話だが、当方漫画村を利用したことが無いため、憶測ほとんどで話をすると、まず『漫画は「買う」価値観を持ってる人が多い』ということがあるのではないか。先の文を考えるとわかりやすくなると思うのだが、小さいこ漫画は「買ってもらう」ものではなかっただろうか。おもちゃお菓子と同じように、「買って」とねだる対象だったのである

そして『手が出しやすい値段である』ということももちろん重要な点だ。配信サービスときは額は関係ないと言ったが、もともと「漫画は買う」という文化がある中でさらに小額ということは、より手が出しやすいと考えられる。少なくとも自分はそういったことにより漫画は買って読んでいたのではないかと思う。

また、『漫画は貸し借り・立ち読みができる』ということもわざわざ海賊版を使わなくてもいい理由の一つかもしれない。自分が持っていなくても友達家族が買えば読める、しかアニメはどうか?

地域的に放送されていなければ友達も見ることができない。アニメは「貸し借りできない」のだ。入手しやす漫画とは異なり、アニメは人から見せてもらうことができない。立ち読みも同じである。といってもそもそもブックオフなどでの立ち読み自体に関して賛否両論あると思うが、禁止されているところは少ないだろう。そのうえで漫画は「立ち読みする」ことができてもアニメは「立ち読み」できないのだ。

このように漫画は購入以外にも海賊版ではないルートがあるということで、漫画村を利用しない人が多数おり、漫画村の閉鎖には賛成の意を示す人が多かったのではないかと考える。(最近漫画海賊版サイトで読むことについて、Twitterなどで漫画原作者が注意を促すものが多かったことも関係しているかもしれない)

ここまでみると、なんだが「海賊版漫画はだめで、アニメは仕方ない」みたいな文章に思われるかもしれないが、別にそういう意図はない。また、はじめに書くべきだったが、海賊版を推奨する文章でもないということを理解していただきたい。

そしてここからは本タイトルとは少し違う、個人的な話をしたいと思う。それは先に書いた「アニメお金を払う価値観」が自分にできた話である。何のアニメかは伏せるが(わかりそうな表記もあるが)、遠方で暮らす家族にすすめられ、ちょうど件のAnitubeでみた作品があった。ドはまりした。大学生で、お金をある程度自由に使えるようになったころ、新しくはまるとどうなるのか。

そう、金を使うのである。そこから短期間で海賊版サイトでは見られない円盤(イベント映像など)や関連書籍を集め、劇場上映のために遠征までした。ハマってから発売された映像作品はすべて購入し、なんだかんだで一度は海賊版サイトでみたアニメ本編も結局DVDを全巻購入したのである

単純に作品が好きだったということもあったが、惹かれたのは「ファンの熱意」という点もだった。そのアニメは2期、劇場上映と続いたのだが(自分がはまったのは2期放送終了後、劇場上映前)、2期は「ファンが金で買った」と言われていた。というのも2期に関して、監督が「継続の主な要件円盤の売り上げ」ということをつぶやいたことが関係しているとかどうだとか。その当時はハマっていなかったので、その発言によってどれだけの人が円盤を買おうとしたのかはわからないが、なんやかんやで2期はあったということは、円盤は売れたということである。晴れて2期は制作され、OVA劇場上映まで繋がっていった。

自分の中で「ファンが金で買った2期」というパワーワードが残り、おそらくそれによって「アニメに対しお金を払う価値観」が築かれたように思う。古参ファンの人たちがつないでくれなければ、もしかしたら自分はこの作品出会えてなかったのかもしれないと思うと、好きなものに対し、「買わせてくれ!」と思うようになったのだ。

コンテンツお金を払うということで、ソシャゲ課金も関わってる気がする。「基本無料ゲームに金を使うのはなんだか…」と思っていたものの、いつの間にか課金していたのだが、他のゲームサービス終了を発表した時に、とても怖くなったのだ、「自分のやってるゲームも終了したらどうしよう」と。どこにもずっと続く保証はなく、基本無料ゲームが、ユーザー課金によって成り立っているのはソシャゲ常識でもあった。

かにお金を使う行為はそれだけで応援にもなり、支援になる。課金正当化のように聞こえてしまうかもしれないが、別に課金がどうこうというわけではないということは理解してほしい。

…なんだか結局は「自分が金を払いたいと思えるのか」という問題のような気がしてきた。

何にしても海賊版規制は正直イタチごっこだろう。それに無料で見れないのならと言って、その作品に触れる機会すら減ってしまうのはもったいない気がする。自分のように最終的に円盤を買う人間いるかもしれないし。

何かちがう配信の仕組みを考える必要があるし、深夜アニメ円盤で成り立っているのも変わっていく必要があると考えられる。

結果的タイトルから外れた内容が大半を占めてしまったが、ここまで目を通してくれた方には感謝申し上げる。

2018-04-13

anond:20180413010825

児童権利に比べたら」軽いだけで、著作権文化活動の根幹をなす重大な権利だ。

ましてや漫画家生活の糧を奪われようとしているのに知らん顔など許されない。

君みたいなのはしょせん他人事から平然と軽視できるんだろ。

まあ増田が何を言おうが、野党も大多数の国民も反対してないし、著作権侵害から緊急避難としてこのまま実行されそうやね。

増田勝手に「著作権は軽い権利です!緊急避難必要ありません!」って言い続けてればいいよ。

世間の目から見ればそれって漫画家は飢えて死ねと言ってるも同然だけどな。

ブロッキングに対する海外法律

ググったが通常の著作権違反確認できたらブロッキングできるようになってるんだが

ブロッキングに関する新たな立法をしてるんならそれを教えてくれ?

まさかお前ら雰囲気法律作れって言ってるんじゃないだろうな?

anond:20180413153212

著作権管理団体jesuみたいな存在意義の分からない謎集団一緒にするなよ

jesuが何をしてくれるんだ?

JASRACの真の問題は決済と承認

ではないか最近思うようになった

JASRACに限らないけど

 

例えば、生放送配信してる人が、突然歌を歌いたくなったとする

そのまま歌を歌ったら著作権アウトだが

JASRACみたいな管理団体管理してるのであれば、きちんと申請すれば歌うことができる・・はず(事例ないからできるのかは知らんが)

それがスマホぽちぽちで出来るなら、例えば視聴者が払ってもいいわけ

動画に残すことになると厄介だが)

 

そういう流れができれば別に損する人は居ない

これはシステム解決できることだ

しかしもちろん誰でも解決できるわけではない

JASRACみたいな管理団体が、インターフェースさえ用意できればいいが、そんな簡単ではないだろう

 

そういえば、画像に関して似たようなシステム作った所あるんだっけ? ドイツ企業だったかうろ覚え

 

誰かここの部分解決しようとする人は居ないのだろうか

ちょっとした英雄になれるぞ

anond:20180413161835

まぁJASRACのように特にお金を集めていないようですし……あちらは著作権管理団体ですから

コミュニティの発展を意識してない、ことについては完全に違いますね。

JeSUの多くの大会を開催していますし、東京ゲームショウ2018でもeスポーツ関連で共催することになっていますから、これはコミュニティの発展につながることかと思います

私自身闘会議には行って楽しかったですし。

anond:20180413153625

日本だけじゃなくて海外にも働きかけたり

管理団体に参加してネットワーク築いて違法アップロード対応やすくしたり

著作権専門だけあって結構働いてるよね

出版社もやってんのかもしんないけど著作権対応ページみたいなのないから何やってるか全然見えない

作家には説明してんのかな

anond:20180413002618

通信の秘密憲法で定められた重要権利ですが、児童ポルノにより侵害される子供人格権もまた重要権利からですね。

法律家によっては児童ポルノを認めることですらおかしいと主張する人もいます

著作権はそれに比べたらはるかに軽い。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん