「位置」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 位置とは

2018-02-24

安倍首相に感じる不信感

今年現役で受験を終えた。

そんなに裕福ではないので予備校はいかなかったが、バイトもしながら志望校には受かった。

はてなに書いたらバカにされそうだが、安倍首相出身である成蹊よりは上位に位置する大学だ。いわゆるマーチ上位学部

安倍首相学歴

成蹊小学校成蹊中学校成蹊高等学校を経て、成蹊大学法学部政治学科卒業

1964年から2年間は平沢勝栄東大卒)が家庭教師

南カリフォルニア大学中退

単にエスカレーター方式から受験という選択肢がなかっただけなのかもしれないことと、当時のほうが受験は難しかったであろうことを差し引いても、あんな恵まれ環境下で成蹊って……って思ってしまうんだけど

これは俺が若くてバカから感じるだけの不信感?

anond:20180224134100

ほえーしゅっごい

猫飼う予定だからコードは隠れたほうがいいだろうなあ…

色々知らないことおしえてくれてありがとう

まだ入居してないかコンセント位置とかも含めていろいろ考えてみる!

サイリウム位置ってさ

2.5次元系の舞台しか行った事ないオタクなんだけど、サイリウム振る時って胸辺りで振るのがいいかな〜って思ってるんだけど合ってる?

こう、光るところが首から顎くらい。

ら●フェスの時にオタ芸すごい人とか、頭くらいの高さでずっと振ってる人がいてすごいモヤモヤしてて…

あれさ、前でも両隣でも見えなくなってすごい困る…(連日やられてげっそりした)

見えるように頭や体をずらそうにも限界があって、推しがいる!と思ってそっち向くじゃん?

ずーっと目の前にちらつくの…

画面の方向いた時とか、まじかーってなって我慢するんだけど、最後までずっとそうだからしんどい

身長低いとヒール履いてても超えられない壁があって、どうしたもんかな〜って考えてた

から出なければ高さって問題ない…?

教えて偉い人…。

2018-02-23

anond:20180222214610

選択肢ニートソードの3。自営業ソードの4。転職ソードの5。ニートを続けると苦しむことになりそうです。自営業を続けるとあまり変化はないようです。ただし逆位置ででているので緩やかな下り坂なのかもしれません。用心してください。転職には何か失うものがあると読み取れますが、一方でそれなりに得るものもありそうです。あなたの前途を見てみるとワンドのクイーンがでました。経済的に良い方向に向かいそうです。が、逆位置です。向上はささやかものだと思いますちゃんとしたところで働きたいというこだわりについては女帝カードがでました。このカードは豊穣という良い意味もあるのですが、世間知らずや困難という意味もありますニートであるということが足かせになりそうです。

浪人確定ガチャ現役国立受験生叫び

ヤケになった受験生の色々な方面への愚痴

支離滅裂文章になってしまっているので訳が分からいかもしれない。ただただ、僕の状況を思い出しながら書き連ねただけの文章

まず、僕の状況から説明する。某都道府県トップレベル進学校に通っている地方国立大理系志望の受験生。判定はセンターで無事爆死して、出願大の二次試験で満点かそれ以上の点を取ってやっとボーダーに乗るか乗らないかのところ。なお、私立大はMARCH受験はしたけれど受かっても行けない。親が行かせてくれない。現役ではダメ、と言われたため国立に受からなければ浪人早慶ならいいと言われたが残念ながらそのレベルには達せなかったため受験をしていない。

こんな所に書き込みなんてしてないで、最後最後まで諦めるな、って言われても残念ながら、この状況でいけると思えるほど強靱な意思を持ち合わせていない。

どう言っても敗者の言い訳しかならないから気にせず言うが根本的に高校選びから間違えたと思っている。

親、周囲の「できる限りレベルの高いところに行きなさい」という言葉の言いなりにしかなれなかった自分が悪い。自己分析が不十分で、頭のいいやつがいっぱい集まればその中での序列が更にできる、ということに気づけなかった自分がただ悪い。

中1の終わりの時点で義務教育分の学習はだいたい済んでいた。

僕は一小一中の地元学校に通って成績でトップ位置していた。先取りをして進める勉強は楽しかった。トップに居れることの快感からだと高校入学して気づいた。

高校の内容を学習し始めてからは進度が遅くなって中学卒業の時点での進度はぎりぎり高校二年の内容に入るか入らないかくらいだった。先取り学習の進度が実際の学年に追いついてしまった事が少し怖かった。

高校で様々なテキストを渡されて気づいた。常に渡された教材を解き続けることで勉強していた僕は一学年分の教材を渡されてどこから手をつければいいか見当がつかなかった。

今思えば、そんなの最初から片していけばいい、ということくらいすぐに思い至る。でも、当時の自分は通学時間も、周りにいるメンバーも大きく変わった状況で混乱していたのだと思う。

そして、高校にぎりぎり、滑り込み入学した自分は多分周囲から1歩か2歩出遅れていた。そこで勉強を始められていたら今が違っていたかもしれない。

僕はどうしたらいいかからなくなって勉強をやめた。やめたと言うよりはしなくなった、が正しいかもしれない。表現はともかく勉強時間ゼロに等しくなった。

勉強時間が無くなった僕と初めから少しリードしていて少しでも勉強時間を確保した同級生格差なんて一気に広がった。

模試の全国偏差値が初め65あったものが2年の夏には30まで落ちた。校内偏差値なんて気にするものではないと言うけれど、数字があるのなら気にしてしまう。

トップであることが勉強モチベーションになっていたような人間にこの状態から受験勉強普通に始められる、と思う方が失礼だがどうかしていると思う。

偏差値が最低を記録した2年の夏頃から鬱の様な症状などの心の方の不調が出た。特に親にも言わず、言えず、病院にも行かなかったから断言はできないが鬱だったと思うし、自律神経もおかしくなっていたと思う。2年の夏休み明けから学年が変わるまでは、大体保健室にいた。

3年に無事進級してから受験が迫ってきたこともあって荒療治に出た。自分勉強せざるを得ない状況に置いた。塾の授業の出席状況は親に筒抜けだったし、塾の希望制の特訓に参加したりもした。

はじめの頃は机に向かうだけで吐き気頭痛腹痛のオンパレードだった僕も調子に波がありつつも、休憩を挟みながらも一日机に向かえるようになった。

ちょっとやれば成績は上がる。その通りだった。V字回復とまでは行かなくとも『へ』の字をひっくり返したくらいの傾きで成績は上がった。模試の全国偏差値が55になるくらいまではすぐだった。秋以降になると伸び悩んだがまだモチベーションがあった。

冬になってセンターが終わった。数学で序盤にミスを連発したため数学だけで約80点を落とした。この時点で出願した大学に受かるのは絶望的になった。

僕は、進学と浪人、どちらでも選べるようにしたいと出願大のレベルを下げる事を親に提案した。親は僕の提案を認めて次の日学校先生候補大学を出して貰いなさい、ということを言った。

次の日、先生面談して幾つか候補国公立大学を出してもらって親に見せた。そこで、意訳するとこう言われた。

あなたセンター得点率で行けるような大学に行かないで。」

意訳ではある。もしかしたら違うことを意図して言葉を発したのかもしれない。でも、受け取る側の僕はこう受け取った。びっくりした。同時に今年度の試験に対するモチベーションゼロになった。

昨日と言っていることが違う。訳が分からなくなって僕はその日の話し合いを打ち切りにしてふて寝した。もしかしたらその場で真意を問うて意思疎通を図るべきだったのかもしれない。そうは言っても、センターが思わぬ結果に終わってショックを少なからず受けた受験生がそんなに冷静でいられるか。否である

自分の事は、他の誰よりも自分が分かる。僕は勉強の事で大きなスランプに陥ったから、そしてまだ完全に回復したわけではなくて状態に波があるから、どちらの選択肢も用意したくて提案をした。僕にだって無駄に高くはあるがプライドのようなものもある。出来ることならできるだけ上位の大学に進みたい。でも、心身の状態がそれを許さないことも起こり得る。最悪の事態にならないためにも避難先を用意したかった。

出願を行ったのも自身であったか勝手に出願先を変えることもできた。しかし、しなかった。できなかったのかもしれない。そんな親の言いなりになっている僕が悪いと言われるのならそうなのであろう。

親は自身体験から僕に苦労して欲しくないと思って様々な事を言ってくれている。そのことには感謝しているし、言う通りにすれば一般に言われるような幸せが訪れるのかもしれない。

でもその途上で僕の人生が絶たれたら?親が辿った時代現代事情が変わっていたりもする。親は親で、僕は僕だ。その先にあるものが万が一にも僕の幸せでなかったら?全てとはいわなくとも多くのモノが無に帰すのではないか

僕はリスクを減らしたかった。ぎりぎりまで行きそうになったことがあるから分かる。もし、もう一度心が壊れたら多分ダメ理系から院にまで進学もするつもりでいる。大学と別の院に進もうと思えばそれもできる。そういう選択肢も教えてもらった。先延ばしにして猶予が欲しかった。自分体制を整える猶予が。

残念ながらその機会は失われた。僕には、高い確率でもう一年死にそうになりながらやる道しかない。もう腹は括った。やるからには自分が許す限りやってやろう。

書いてみるとこうすれば良かったのではないか、というのが出てくる。でもそれは客観的に見た最善策であって当時の選べる最善策ではなかった。勉強の悩みなんて親に話せるはずもなかった。もし、話せたのなら理解もされただろう。日本語は通じるはずであるしかし、そんな事を許すような親ではないと思っている。僕から見るとそう見える。

他の人から見れば何をやっているんだ、と言われそうだが僕がその時に尽くせるベストを尽くした結果である

内容が飛躍するが、親への不満、入試の仕組みへの不満、何より自分への不満がとにかくある。

もちろん、親に関しては自分金銭時間投資をしてくれた事への感謝もある。けれどもいつかは不満を、一覧にしたものを、突きつけたい。突きつけられるようになりたい。自分意見をきちんと突きつけられるようになりたい。

出る杭は打たれるような所ではあるが打たれてなお出ていよう。自己で決定ができるようになろう。

かなり長い文章になってしまたから、最後まで読んでくれた方はいいかもしれない。もし、ここまで見た方が、この文を読まれたのであるならば感謝を伝えますありがとうございます

なんかもうダメな気がする

人のせいにしちゃいけないのはわかっているけど、父親うつ病過去虐待をされていせいか異様にネガティブになってしまった。

基本的自分に自信がないせいですぐ自虐ネタを言ってしまう。別に慰めを乞うているわけではなく、私の自虐は口に出し終えた時点で完結している。しかしながら不意に褒められた時や世間話においてちょっとした話の一部として盛り込んでしまう。特に前者に関しては、誰に褒められても「自分はそのような人間ではない、よってこれはお世辞に違いない」と解釈してしまい心が拒否反応を起こしてしまうのだ。

自虐を口にした時点で「他人からの慰めを求めている」と捉えられてしまうということが当たり前なのは分かっているつもりだ。というか、口ではこう言っておきながらおそらく私は無意識下で誰かに私のネガティブに打ち勝つ絶対的肯定を求めてしまっているのだと思う。

から自虐は口にした時点で「そんなことないよ」というフォローを求めていることになる。「私なんて可愛くないから...」という発言が「そんなことないよ(貴方可愛い)」という返しを期待した上のものであるのと同義だと思う。程度にもよるが、それは必ず相手負担になる。

ネガティブ人間特に自虐を口走ってしま人間が人からまれるのはおそらくこの負担の積み重ねが相手を疲れさせるからである。恥ずかしい話、この事実に気付くまで私はかなりの時間を要してしまった。

しか自虐を言うなと言われるのも残念ながら無理な話だ。外面がいいせいなのか、私があまりにも思い悩んでいるのを心配してなのか、周囲の人はよく自分を褒めてくれる。親切心は嬉しいが、残念ながらその全てが食い違っているようにしか感じられない。その褒め言葉はあまりにも表面的すぎて、私のどうしようもなく目も当てられないようなぐずぐずの中核に触れてすらいない。だからといって自分の本当の姿を見てくれ、というのも無理な話であることは重々承知しているが。

から、その人の真意は分からないけれどほとんどの場合適当褒め言葉だなと思ってしまう。ひどい時はシチュエーション的にお世辞ではないと分かっていたとしてもお世辞としか受け取れない時すらある。

から自虐を持って否定するのだ。自分はそのような人間ではない、見え透いたお世辞で飾りつけようとしないでくれと。

その方法がどうしようもなく間違ってること、そして最適解が嘘だと分かっていても「ありがとうございます」と適当に笑っておくことであるというのも知っている。

自分ネガティブさを長年解析するにあたって、ネガティブ一見真反対に位置すると思われる自己愛産物なのであるということが分かってきた。前述したように、誰かに自分を援護してほしいか自虐を言ったりしてしまうのである。多分、本当に自分のことが本当に嫌いな人は自虐なんか言わないと思う(そもそも本当の本当に自分が嫌いという人は果たしてこの世にいるのだろうか?)。

例にも漏れ自分も、自分のことはあまり好きではないが自分が好きであるゆえのギャップにおいてネガティブが生まれしまっているんだろうな、と思う。

ダメだな、なんかいろいろ整理するために書いたけど馬鹿なのに賢く言おうとしてるの丸出しだし結果的自己愛にまみれただけの文章が出来上がっただけのような気しかしない。

とりあえず、変に自己愛はあるくせにいつまでたっても自分自分自身をきちんと愛してあげることができなくて、それを他人に埋めてもらおうとするから余計に嫌われるというかそれほど好かれないという負のサイクルをなんとかしたい...

でも自分自分で愛せるほど自分のことは好きになれない、ダメなところがあまりに多すぎる。ずっとこのサイクルに悩まされてる。何度も前向きになろうとか、自分を好きになろうとか頑張ってきたけど、どうしても自分の中にあるダメ自分とのギャップさが拭えずにいつもネガティブに立ち返ってしまう。ネガティブだと他人から求めるだけでいいので楽だからだ。でもポジティブにならないと、本当に好きな人から好かれないのだ(仮にポジティブになれても好かれない可能性のほうが高いけど)。

こうやって普通情緒を持ってして生きることすら困難なダメ人間である上に一生誰からも、ましてや自分からも愛されずに生きていかなければならないのかと思うとなんかもう、ダメな気がする。

2018-02-22

赤目姫の潮解よんだ

百年シリーズの最終作として位置づけられる作品

しかし、なんか、もう別物。別作品って感じ。

かに他の作品とのつながりも感じるんだけど、作風からして違うし登場人物も多分違う。

これ、純文学やんけ森博嗣。そして超難しいぞ…。

流石スカイクロラ以降の作者が認める一番いい出来の作品

面白かった…。

痔が治ったらアナニーをするようになったはなし。

一つ一つの出来事が、あとから振り返って考えてみたときに、線となってつながっていたと理解できるときがあります

今まで私は、そうした事柄については線として結びつけてとらえるよりも、まるで積み木やパズルのように考えていました。

点が線になるというよりも、積み上げたり組み合わせたり、当てはめたりするような。

そのように日常では考えているのですが、今回のこの一連の事象というのは、ひとつひとつは取るに足らない、無意味に思える点の集合でした。

それが私にとってはとても興味深い出来事であったためこのように書いてみたいと思った次第です。

まず私はゲイであるため、アナルセックスを行う機会が定期的にあります

から性的欲求を満たすたびに、自分プレイ内容は決して上手なものではないと考えていました。

誰もが経験があると思いますが、容姿タイプな人や好きな人とは心の底から快楽は求めにくいように思います。やはりどこかに理性や遠慮などでブレーキがかかってしまうのです。好きな人タイプな人とのプレイは興奮はしますが、興奮までのように思うのです。

一方で、性的関係一時的に結ぶだけの場合、それはそれは興奮する様々なプレイを楽しむことができます。そしてこのとき、より興奮するためには、興奮の先に行くには様々な対応力を求められるのです。

そのように考え、私は一つ一つのプレイの中から、工夫するところや内容を考え、少しずつ自身プレイ改善していきました。もちろんまったく役立たないように思えることもありました。(私は外でのプレイはイヤですし、露出やそれに近いことに興奮はしません)

ある程度時間をかけて経験を積み、少なくとも下手では無いと考えるようになりました。それは行為後に、いわれる言葉の端々でそれを感じることができます

例えば、「相性がいい」そのように言われることです。一連の行為の中で、私自身がその相手と相性の良さを感じない場合があります。むしろ相性は悪いように思えることもありますしかしそういう相手であっても、行為の結果を相性がいいという表現をするというのは、私自身が相手要望にうまく応えられたのだろうと考えるのです。

もしくはアナルを使ったプレイをするときに、アナルは痛いから苦手とか、あまり気持ちよくないからと、事前に申告される場合があります。こういう時でも、結構割合気持ちよかったと評価されることがあります私自身としては、相手気持ちよくなってくれればそれだけで満足ですし、それらをテクニックなどを含めた結果として評価されるのであればとてもうれしいものです。

長くなりますがここまでが前半です。

ここから本題。

最近行為をした人で、アナルプレイがまだ慣れていないという人がいました。私はすでに書いているとおり、まあいものことだろう。そのように考えてプレイに及んだのです。

結果としてプレイ内容については、その人は大満足してくれました。

しかし珍しいパターンだったのですが、プレイの内容について話を聞かれてしまいました。相当遊んでいるのか?とか。どういう考え方でセックスをしているのか。動き方に他の人にはない独特な特徴があるが、それはどういう意味を持つのか。などです。

また次回への課題もその人から言われたのです。入ってしまえばものすごく気持ちいいけど、アナルをほぐすのがもう少し時間をかけてほしいということでした。

プレイ内容については、当然のように説明が出来るのですが、そのとき説明の数々は、すべて私が "他人" に実践していることで、私自身は体験していないことに気づきました。私は痔持ちのためアナルプレイは一人でもできません。

またアナルへの理解が少ないためにほぐす行為も入れるための前段としての位置づけでしかありませんでした。

私の痔については長年のことでもあるため、どうしようもない。でも自身行為レベルを上げるにはなんとかしなければならない。ジレンマがありました。

なお私の痔については、おそらくもう10年以上になります。1度病院に行ったことがありますが、いぼ痔だと言われました。

アナルへの欲求は昔からあったのですが、概ね指1本で切れてしまいとても痛いのです。切れ痔はするどい痛みが走ります

あるときアナル体操によって痔が治るという、ホントウソか分からない情報を見つけました。Webにあふれるそうしたデマ的な情報のように思われたのですが、コストもかからないのでダメ元で試してみたのです。

※今調べてみたのですが、私がやったのは肛門括約筋を鍛えるという内容のようです。

1ヶ月ぐらいでしょうか。肛門を広げたり狭めたり、力を入れたり脱力したり。それらをずっと繰り返していました。ある程度慣れてきたときアナルがいい意味で緩くなってきたことに気づきました。まったく便意が無いときトレイに入り、肛門を広げるとマレに便が出てくるようになりました。これはかなり緩んできているという実感を得ることが出来ました。

1ヶ月が過ぎたころ、少し前まで本当に痔で悩んでいたのがウソのようにかなり症状が軽減していました。

この状態になって、私が考えたのはアナル拡張です。

業界所属する私にとって、アナルはつねに身近でした。だからいつも努力はしていたのです。しかし痔の前になすすべが無かったのです。そして無理をすれば、数ヶ月にわたって切れ痔に悩まされていました。

でも今の状態であれば、痔は大丈夫さらに括約筋との対話によってかなり緩くできることも分かっています。そこで指やそれ以外のものチャレンジしてみたのです。

まず指。人差し指についてはなんら問題無い状態でした。これもまずはアナル脱力させ、場合によってはトイレも済ませておきます。そして指を挿入するのです。気持ちよさは正直特に無いのですが、今まで苦労していたこともあって、すんなりと入ったことは大変に驚きました。

指2本については、少し壁がありました。最初の何回かは、切れてしまったように思えました。しかしそれも切れ痔と呼ぶにはおこがましいような、痔のそれとは異質なものでした。ちょっと違和感があり、それはしみるような痛みに過ぎません。この2本を入れるまでは比較的すんなりといきました。

そしてこの状態まで行けば、かつてより購入してあった、エネマグラ(前立腺を刺激するグッズ)もほとんど違和感なく入れることが出来ました。なおエネマグラは最大径が2.8cmだということです。

今まで、痔持ちのころからエネマグラは定期的に使用していましたが、かなりの労力と副作用がありました。入れるのが一苦労というよりは、痛みを我慢し、作業後は血だらけになるような状態。そして数ヶ月の痛み。それでも定期的に利用していました。

指2本が入るようになってからは、ほぐす必要もないのではと思えるほど、すんなりと入ってしまいました。痛みの恐怖を気にせずにエネマグラを利用出来る日が私にも来たのです。

現在は3.0cmのグッズに挑戦していますしかしこれがまた大きな壁が。指2本よりもよっぽど難しいようです。今まで何回もチャレンジしたのですが、あと少しのところで入りません。今のところ1回だけ入れることが出来ました。そしてこのときはとくに切れることもありませんでした。こうした挑戦を何回かすることで、3cmをクリアするのは最低限の目標としたいところです。

でも、アナルのそれはまだ気持ちよくないんだよなー。

こうして性的関係を結んだことをきっかけとしてアナニーを私はするようになったのです。

anond:20180222013859

ペンタクルの6がでました。実にはっきりとあなたのあるべき姿を暗示しているように読み取れます。このカード商人の姿をした人物が秤を手に貧乏や苦しんでいる人にお金を分配している様子が描かれています。この商人はguise of a marchant.—— guiseは「人を欺くために外面を装った」という意味があります。それと秤は弁護士バッヂにもあるように公正と平等象徴です。あなたは今どうしてもいじめっ子から離れられない状況にあるのかもしれませんね。いじめっ子を目の前にしても公正、平等な態度を装い接したほうがよいでしょう。いじめっ子について見てみました。ソードの5がでました。このカードは、自己中心的わがままという意味があります。得意そうにしている人物から人が離れていっている様子が見えますしかも逆位置ででていますので、独善的利己的なものから何か失敗するかもしれません。あなたは、たとえいじめっ子だとしても分け隔てなく接し、自身の人としての徳を高めることを考えるとよいでしょう。

anond:20180222093913

動いたほうがいいか? ペンタクルの3がでました。このカード彫刻家自身のつくる修道院の前で2人の関係者と話し合っています普通このカード彫刻家に焦点して専門的な技術や才能を意味します。ですが、今回は3人の話し合っている姿に強く意味を感じています。行動には誰かの手助けが必要になってくるということかもしれません。あるいは、彫刻家作業の手を止め3人の人物は話し込んでいます。行動は待ったほうがいいとも受け取れそうです。行動することは待って、助けとなる人と話し合うのがよいかもしれません。ただ、このカードは、崇高、栄光可能性といったもを予見するものでもありますから、この先には希望が見出せそうです。それと健康というキーワードが何を意味するかですが、ワンドの7がでました。高い位置で勇ましく棒を構え対峙する姿。あなた健康は守るべきものと考えているのではないでしょうか。あるいは、健康を守るために勇気を持って立ち向かいなさいとも読めます

パシュート金メダルおめでとう

ゲーム脳なので中継映像より右下のインジケーターの方ずっと見てた

あのマーカーって実際の選手位置トレースしてたんだろうか

それともタイム換算でなんとなく動かしてただけなんだろうか

3人並んだ3人目を正確に検知できるセンサーってあるのかな

anond:20180222011554

持ち直すには? ソードの9がでました。これは寝台の上で顔を覆っている姿のカードです。持ち直せないともとれますし、今はまだ無理に持ち直そうとするよりも気分が落ち込んでいる状態でいるようにとも読み取れます。気分が落ち込んでいる原因を見てみますソードの2がでました。何かに行き詰まっているように読み取れますもしかして何か2つの間に挟まれているとか、直視したくないようなことでもあるのでしょうか? 持ち直すきっかけけはいつ頃からになるか見てみました。ソードエースがでました。持ち直すのは克服した時のようです。気分が落ち込んでいる原因に向き合う必要があるかもしれません。ただしカードは逆位置ででています。向き合うことはつらいかもしれません。しかもよくない結果が待ち受けているかもしれません。カードはかなり厳しい状況を示しています

あなたにとって何か光になるようなことを導き出せたらいいとは思うのですが、すみません今の私の感覚では良い結果が出る予感がしないのです。もし気になるようでしたら、問いを変えて見るのもありかもしれません。

スケート

ずっと羽生結弦が嫌いだった。

発言優等生、行動はドラマチック、絶対王者の名に相応しい勝率。それにあの綺麗な顔と、二次元から出てきたような体と、二次元キャラクターみたいな名前字面

肝心のスケートは全く好みではないが、並の実力と精神力では不可能ジャンプの堪え方と、演技中にジャンプ構成を即座に計算・変更する頭の回転は尋常ではなく、そこだけは本当に認めていた。

どこを取っても全く隙がなく、面白くなくて不愉快で大嫌いだった。

自分はあまり人気ではないスケーターのファンだったので、僻みだとか言われたらあまり否定できなかった。

僻み半分、完璧すぎる存在へのおぞましさ半分といったところだろうか。とにかく嫌いだった。

それが、平昌五輪で変わった。

もともと好きではなかったので、あまり見てなかったために今まで気付いてなかったことは多かったのかもしれない。動画などで彼の演技をとりあえずおさらいするくらいのことはしていたが、ただの流し見で足元までは注視していなかったので、今までも同じことはあったのかもしれない。

しか自分は今回で始めて気付いた。

ショートプログラム、怪我でずっと休んでいたのに素晴らしい演技だった。相変わらず魅力は感じなかった。でもやっぱりすげぇ奴なんだなと思った。

問題フリープログラムだった。

冒頭の4回転サルコウ、着氷時にフリーレッグが表面に触れた。

これは両足着氷の判定になるはずの降り方だった。きっとそれは本人が一番わかっているはずなので、いつもの通りすごいリカバリーをしてくるのだと思った。

4回転トゥーループまさかのザヤック規約抵触した。

彼も怪我でしばらく氷に触れていなかったとのことだったので、まだ本調子でないのかもしれない。後半は失速し、3回転ジャンプの着氷も乱れ、ステップパートは彼らしい気迫が見られたが、繋ぎスケーティングは遅く、これは宇野ハビエルの演技によっては金メダルを逃すかもしれないと思った。

しかし実際はそんなこともなく、フリーレッグのことはなかったかのように満点のGOEがつけられ、後半明らかに滑りきれていなかったスケーティングも素晴らしく加点され、彼は金メダルを獲得した。

このような事はこの競技ではよくある。

演技以上に何故か不明瞭な加点減点がされる、それはもう10年以上もこの競技を蝕む癌のようなものである銀メダル銅メダル選手にも、それがないわけではないことは知っている。

しか自分が嫌いになった羽生結弦プライドが高く、スケートにひたむきで、「全員がノーミスの中圧倒的に勝ちたい」と発言するなど、誰よりも高みを、競技の成長を望む人物だった。こんなことで満足するわけないと思った。不正な採点をされたとまでは言えなくとも、「満足はしていない」くらいは言ってくれると思った。

それなのに現実羽生結弦は涙を流して連覇を喜び、他の選手の肩を抱いて健闘を称え、とても満足げだった上にあろうことか「演技が終わったときSP僅差の2人が後ろに控えてるにも関わらずに、だ)勝ったと思った」とメディア発言した。

なんだそれは。

見間違いだっただろうかと何度演技を見直しても、フリーレッグの着氷を主張するように削られた氷が飛ぶ。

安藤選手が「もっと流れのあるサルコウを飛べるはず」と完璧ではなかったことを指摘する。

首相が祝電で後半の疲れを指摘する。

さらには怪我だ。彼が発言する度に矛盾が生じる。

右足靭帯損傷で全治何週間とか報じられていたのにも関わらず、検査ができてないとか注射ができない位置だとか(注射ができない足ってなんだ)、まぁ紆余曲折あってあんまり良くないので団体は欠場、痛み止めを飲んで競技に臨みました!と言っているのに、よくないはずの右足を携えて表彰台に勢いよく飛び乗ったりする。その後のインタビューではやっぱり「良くない」と言うのに、21日の練習では問題なくアクセルジャンプを飛びまくる報道があった。日の丸大事にするくせに団体戦は休むほど重症だった足は、ある日突然治るものなのだろうか。

嫌いになった羽生結弦はこんな人間ではないと思っていた。

おまけに怪我の休養が明けて五輪に出たらまぶたが二重になっている。

多分、これからもずっと羽生結弦が嫌いだ。

2018-02-21

anond:20180221100224

予想が当たってるっていうかいろんな選択肢がある場面でもスキップがブラシで指してる位置とかで

何しようとしてるかわかるってだけやで

2018-02-20

与えられた条件少なすぎない???

地上より物体を初速v(u0,v0,w0)で発射。地球の自転(角速度ω)を考慮して物体の速度と位置を求めよ。

ってwwwwwwwふざけんなwwwwwwwww

わけわかんねーよwwwwwwww

頭のいい増田質問。この質問ってどうやって解いたらいいの....

2018-02-19

anond:20180219190636

周りと比べて妥当かどうかなんか気にしても仕方がない

お金の使い未位置自分が満足できたかどうかで考えないと

anond:20180219162154

ペンタクルのペイジがでました。安定した将来を暗示するカードです。安心していいでしょう。ただし逆位置ででています大丈夫からと気を緩め過ぎずお子さんを見守ってください。

フェラチオに対する違和感

だいぶ前、確か大学院生の頃だったか

ある日ふっとフェラに対する違和感が持ち上がって以後おっさんになっても消えてなくならない

 

別に行為自体はいいんだ

俺もかなりスケベな方だし

マイナープレイ以外は理解できるし楽しめる

 

ただ、アレが社会的空気として「ふつうにやる」という位置づけにあるのがどうにも納得できない

普通に考えて汚いだろ?

ああ、違う

汚い行為からダメかいうわけじゃない

汚い行為なのに世間的に受け入れられてるのが分からん

「まあやるよね度」が高すぎる

 

だって普段生活では皆キレイきじゃん

ビックリするほどキレイきじゃん

風呂に1日入らないのダメとか、バスタオル毎回洗わなきゃダメとか

そういう空気がある一方でフェラは「まあやるよね」なのが解せない

性器ってのは生まれてずっと「一番汚い部位の一つ」くらいに社会から教えられてきたわけでさ

から拒否する人がもっともっといていいし、何なら黄金プレイアナルプレイと同位置でも良いと思う

なのに現実は「とりあえずビール」並に「とりあえずフェラ」の空気がある

フェラOKな子」より「フェラNGな子」を聞いたほうが早いみたいな感じ

どうも解せない

 

まあどうでもいいんだけど

あ、ちなみにフェラは素晴らしいと思います

<非常ボタン>車内で痴漢 近くの乗客押す JR東海道線 

5月25日12時48分配信 毎日新聞

 25日午前7時10分ごろ、JR東海道線・芦屋兵庫県芦屋市)―さくら夙川(同県西宮市)間を走行中の上り新快速電車内で非常ボタンが押された。電車運転士の非常ブレーキ線路上に停止。車掌が当該車両に駆け付けると乗客から痴漢行為通報があり、男が県警西宮署員に県迷惑防止条例違反容疑で現行犯逮捕された。JR西日本は、特急車内での強姦(ごうかん)事件を受け、通報ボタン活用を呼びかけていた。今回の車両にも「SOS」マークが新たに張られており、乗客への協力要請が功を奏した格好だ。

 調べでは、逮捕されたのは神戸市須磨区稲葉町3、会社員大橋昌弘容疑者(51)。女性(19)の背後から胸を触るなどした疑い。容疑を認めているという。事件当時、車内はほぼ満員で、女性が「痴漢だ」と声を上げ、離れた場所にいた乗客ボタンを押した。

 JR西日本の各車両には非常ボタンが1個ずつ設置され、ボタンが押されれば運転士が手動で列車を止めて、当該車両の状況を確認することになっている。しかし、北陸線特急サンダーバード」内での事件の際には、同じ車両に約40人が乗っていたにもかかわらず、非常ボタンは押されなかった。実際、過去ボタンが利用されたのは急病人などのケースがほとんどで、同社も「これまで犯罪迷惑行為で押された事例は把握していない」としている。

 このため同社は、特急車両だけでなく今回のような通勤電車車両にも、非常ボタン近くに赤い「SOS」マークを張って目立たせ、ボタン位置を明示。ポスターや車内放送ボタン活用を呼びかけていた。

 一方、関西大手私鉄近鉄南海阪神阪急京阪)によると、異常を知らせる装置は、私鉄の全車両にも設置されている。痴漢などの迷惑行為が起きた際に使用されたこともあったという。【津久井達、勝野俊一郎、久田宏】

男の言う痴漢自衛がズレすぎている

痴漢自衛して派手な服装は控えろとか、余計に犯罪あいやすくなる方向に被害者を責めて、実際に自衛した人には自意識過剰だと攻撃する。

例えばこのようなツイートには多くの糞リプやセクハラ画像が送り付けられた。

友達ガラガラレイトショーで「IT」を観ようとしたら、映画が始まった途端に見知らぬ男性2人に左右を挟まれ怖くなって帰ってきたと聞いて怒りに震えている。女性1人でそんな時間に行くもんじゃないとは言いたくない。誰だって好きな時に好きな場所で好きなものを楽しめる世の中であって欲しい。

これ「見やす位置に集まっただけでは」って声も出てるけど、本編始まってからタイミングで、2人が同時に近づいてきてわざわざ彼女の左右に座ったのでだいぶ意図的であったと思う、どーゆー意図があったかはなんとも言えないけど。

多くのまとめサイトでも自意識過剰勘違いまーんが男が隣に座っただけで怒りに震えるなど攻撃的に拡散した。

でもこれはかなり危険状態から自衛した話だ。

解らないなら解らないでいいか痴漢自衛しろと上から言ったり、被害者自衛した人を攻撃しないで欲しい。

anond:20180219075803

げっ。骨か…全く考えてなかった。

痛む感じ(前述の通り生理の時に近い)と位置からし大丈夫っぽいけど、気をつけてみるよ!ありがとう!!

3軸位置測定+加速度を計測するセンサって

いまどんくらい安いんだろう?

チップ化とかになってたらビビる

anond:20180218233746

二人の仲にソードの7がでました。これは7本あるソードのうち5本を抱えて逃げている姿のカードなのですが、どうやら相手の方とあなたとの距離を感じます。ただし逆位置で出ているので可能性はなきにしもあらず……なのかもしれません。相手の方をみてみますとワンドの2がでました。その方は社会的地位の高い人なのでしょうか? しかカードは逆位置です。ハードルが高いと思っていることの裏に何か意外なことが隠れているようにも読めます。一歩進める糸口にワンドの4がでました。これは平和や安定を示すカードです。相手の方と接する際にはガツガツせず穏やかな心で自然体で接するのがよいかもしれません。

anond:20180218204936

業績については「研究者としての実績」に絞ってとりあげた。ただ文系若手研究者増田とは、「研究」の捉え方自体が随分違うようだな。

理系研究者を名乗るには必ず「まだ誰もやっていない新しいこと」を研究する必要がある。

文系でも同じですが。研究という営みの本質文系理系も変わらんでしょ。お作法がかけ離れているか相互理解が難しい局面があるだけで。一部の理系研究者の「お前ら文系研究とは何なのか正しく理解していないのかもしれないが~」みたいなナチュラル上から目線はほんと何なの?(あと、仮に百歩譲って理系文系で「研究」の本質がまるで違っていたとして、なんで問答無用理系の方が標準的であり正しいものなのだと思えるの?)

もちろん理系でもレビューや著書を書く人もいるが、それを皆がありがたく読むのはその人が最前線研究をしていることが前提だ。

いや、レビューオリジナル研究業績じゃないってのはその通りだけど、著書はオリジナル研究業績(でありうる)っしょ? 何度も言うけど三浦瑠麗論文や著書は読んでないので、どのくらいオリジナリティがあるのかは知らない。ただ文系では研究書は立派なオリジナル研究成果だ。博士論文書籍化なんてその典型。もちろん一般向けの本とかを書くひともいて、一般向けと専門向けの中間みたいなレーベル典型的には講談社選書メチエみたいなやつね。パンピー向けの概説書とガチオリジナル研究成果が混在してる)もあるから、そこにはグラデーションがあるわけだけど、著書がオリジナル研究成果じゃないというのは不当な言いがかりでは。

ひょっとして文系研究書とか見たことなくてどんなことが書いてあるかイメージ湧かない?(いや別に異分野の研究書を読んだことないのは悪いことじゃないけど、実物を知りもせずにイメージだけで語っていいんですかね、「理系」ってのはずいぶんと気楽なもんだ、と嫌味のひとつも言いたくなる)

理系から視線として、博論を除けば日本語レビュー啓蒙しか書いていない三浦瑠麗は「最先端研究者」とは見られない。

から、私そこは否定してないよね? 三浦瑠麗個人研究者としての資質をあげつらうならどうぞご自由に。私だって彼女政治学者として素晴らしいなんて微塵も思ってないし、私の知ってる(まっとうな)政治学者彼女学者として評価してる人なんて見たことない。でも和文は業績じゃないかのように扱うのはやめてね、っていうのが私の指摘の趣旨ですよ。彼女雑誌に書いた文章が全部レビューだってのは、ブコメでkyo_juさんが指摘したことであって、元増田最初和文しかない」ことを問題にしていたよね? そう言われたらそりゃ「和文でも立派な業績になりうる」と反論するに決まってるでしょ。「言語を問わずレビューしか書いてないなんて研究者はいえない!」という主張ならなんの異議もなかったよ。

いずれにせよテレビ研究者枠にはもっと実績積んでバリバリ研究している(あるいは過去にした)人を呼んだらどうかという話にはなる。

そこに関しても私はまったく否定してないよね。和文論文研究業績であり、また共著が研究業績としてカウントされないことは不当である、と言ったけど、三浦瑠麗の業績が学振PD東大講師、あるいはテレビ出演者にふさわしい立派なものである、とは一言も言ってない。あんなのを東大講師にするなら私の先輩たちに職を用意してやってくれよ、と思うし、テレビに出ずっぱりの「学者」がマトモな学者だった試しなんて滅多にないよね、とも思うけど、そんなの私や「文系」あるいは「政治学者」に言われても知らんわ。東大の人事は東大問題だし、テレビがロクに論文書いてない若手を連れてきて「社会学者」や「政治学者」としてチヤホヤするのはテレビ問題言論人として活動してる人を肩書だけ見て研究者と誤認するのは視聴者リテラシー問題でしょ。理系学位肩書がそういう怪しげなショーバイに一切利用されてないってんならともかく、現実には医学博士号を利用してニセ科学撒き散らしてるひととかいるよね。アカデミアが自由開放的性格を維持していく上では、アカデミアのハクを利用してそういうことをする人たちが出てくるのはどうしても避けられないんじゃね、って私は思うけど(まあ、アカデミアでは全然相手にされてませんよ、と表明する責務くらいはあるかもしれないけど、それはもう色んなひとがやってるよね)。

文系増田日本研究者日本語論文が読まれないことの解決策として日本語論文の良さを英語論文内の引用アピールするという案を提案しているが、理系から見たら不効率まりない。一つの研究分野に標準言語がいっぱいあったら世界中学者言語習得に苦労するだろう。

うんだから文系研究者が色んな外国語勉強してるのはそういう事情があるわけ。たとえば西洋古代史を研究するんなら、まあ英語に加えてフランス語ドイツ語研究文献を読めないと話にならんわなぁ。一つの研究分野に標準言語がいくつかあるのは文系だと割と普通で(古代中世に関する研究だと権威ある学術言語がいくつもあってどれかひとつに決められなかったりするし、複数国にまたがる地域や事例を対象にしている場合なんかは一意に定めることが不可能なのは流石にわかってくれるよね?)、その中で日本語地位が低いことをどう捉えるか、だよねぇ。

これに関して、日本語を諦めて別の言語で書くべきだ派と、日本語地位を高めていくべきだ派と、日本アカデミアを最優先に考える派(これが実のところ多数派だろうねえ)がいるんだなと私はぼんやり思ってる。私が見ている範囲では、現代日本文系研究者多様性は、アメリカイギリスほどじゃないにせよフランスドイツロシアとは肩を並べられる水準にあるんじゃないかな。日本史英文学からアフリカ人類学オセアニアの少数言語中央アジア歴史、とあちこちの分野に手を伸ばしていて、アメリカ人フランス人ドイツ人がそうできるように、自分たち言語でそれらの分野の最先端研究成果を手にすることができる。東アジア中央アジアからは、自国のことを研究するために日本に来て日本語博論を書いて自国教授になるひともいるんだよ。これは、欧米人が読めない・読もうとしないってだけで捨て去るには勿体無い環境だと私は思うけども。

もちろん、日本研究を専門としていない欧米人日本語をわざわざ読ませるのは難しいだろうけど、たとえば日本論文につけられた欧文要旨なら彼らは読めるし、和文で書いたもの翻訳して欧米人にも読めるようにしている研究者だっている。どうやら俺らには読めないがチェックすべき先行研究日本にはたくさんあるようだ、と彼らが認知すれば、いずれ彼らの側から、じゃあ日本語読めるやつに翻訳してもらおうとか、そういう話が出てくるかもしれないし、せめて「読んでないけどこういう先行研究があるらしい」と書かれるようになるかもしれない(これは重要なことだよ。「気づかれない」と「読まれない」はぜんぜん違うんだから。この辺はウンベルト・エーコが書いてたな)。地位向上って、そういう積み重ねの上に成り立つものだと思うんだよね。

こういうプロセスって、文系だけじゃなくて理系にもあるよね。たとえば、優れた魚類学の論文アメリカ人日本語翻訳してまで読みたがったとか、和文論文をチェックしなかったせいでアメリカ人が大損こいたとか(http://shinka3.exblog.jp/8059554/)。それに英語が標準言語になったのは、せいぜいがここ半世紀程度の流れにすぎない。その前はドイツ語とかフランス語とかロシア語とかも有力言語だったけど(たとえば、ちょっと前にサザエの新種記載がされたときは、18世紀フランス語の本が引用されてたよね→https://www.okayama-u.ac.jp/tp/release/release_id468.html)、英語頭角を現してきて残りの言語は標準言語とは見なされなくなっただけで、別にからずっと英語が標準言語だと決まっているわけじゃないし、今後もそうなるとは誰にもいえない(数十年したら欧米人中国語で作文するようになるかもね。そうなったら英文業績しかない人が「中文論文を書いてないなんて!」と馬鹿にされたりするのかな)。日本産動物種の研究だと英語論文和文論文引用されてるのもちょくちょく見るし(網羅的にたくさん読んでるわけじゃないので、私の錯覚だったらごめん)、標準言語統一されてないとダメだ! というのは近視眼的見方だと思うけどなぁ。

いくら書いても読まれないんじゃ意味がない、という元増田感覚はわかるんだよ。というかそれは文系研究者にとっても当然のことだと思う(そりゃ全員が意識高いわけじゃないけど、それは文理問わずだよね)。繰り返すけど最近の若手研究者には外国語積極的に発信しているひとが大勢いる。ただ、日本国民1億人が最先端研究成果を自分たち言語で読めて、どんな地域研究だって自分たち言語遂行できる、という環境が、無意味なこととは私は思えない。増田は、日本にまつわるテーマなら標準言語日本語でもいいんじゃないか、と言った(これは良い感覚だと思うので大事にしてほしい)。でもたとえば、ツキノワグマ研究ホッキョクグマやマレーグマの研究と繋がっているよね。日本史研究する上で西洋史探究されてきた研究モデル概念意味を持つことだってある。国文学だって世界文学の中に位置づけられる必要があるだろう。外国政治についてなんの情報もなしに、自国政治改革ができるだろうか? 外国の失敗や成功についてしっかり学ぶためのツール必要なんじゃないか? ジャーナリスト政治家欧州統合アフリカ経済アメリカ大統領選について勉強しようと思ったときに、日本EU研究者アフリカ研究者アメリカ政治研究者がみんな英語論文を書いていて、日本語にはあっさりした概説書しかない、というんじゃ、不便じゃないのかな。そういう意味で、日本語による研究発表は、世界で読まれていないのだとしても、社会貢献としての意義はけして小さくない、と私は信じてるよ。

https://anond.hatelabo.jp/20180218033519

まあぶっちゃけ女性を避けて生活することはできるんだよ

電車で近くなったら離れることや降りることだってできる

女性に近づくこと自体痴漢を発生させるとして離れることを前提にすれば

痴漢冤罪であることをほぼ100%肯定することができる

もし近づいたら自らが痴漢行為を行う状況に瀕しているとすることで

していない痴漢犯罪要因となるが実際にはしていな時点では冤罪だという形で成り立つ

存在しいない悪魔はいった箱を悪魔の箱だと呼べば中身が空の状態場合は「まだ悪魔の入っていない状態の箱」なのだ

悪魔が入る前にあけてしまうと冤罪という仕組みだが痴漢場合は実際に入り得る

なので実際に痴漢を行わない時間までがすべて冤罪とすることができる

そうしないデメリットが大きく二つありひとつ痴漢をされたくない女性のために男性自虐的に行動しなくてはならないのかという問題

これは意識的問題なので女性は汚れている汚らわしいので近寄らないという定義にすればいずれなくせる

悪魔というのが忌避すべきだという存在定義だけであった時は避けられていたもの魔女裁判異端審問はては教育的なものとして

比較しよりよい選択肢のための排除対象として取り入れられるようになってただの凶悪な因子使い勝手によってはよいものでもあると

価値観の広がりから悪魔もふれてはいけない存在からふれてもいい場合やふれてメリットのある場合などが考察されるようになっている

逆に進行させれば女性禁忌にできようしかつては禁忌とされた事柄場所もあった

次に男性女性関係性についての産業

女性を呼び込めば男性がついてくるという構図でなりたつ料金制度商品サービスなどさまざまな分野でありそれは単体ではない

それぞれが関連し投資をしあい販路顧客をつないでいる

商業的にはこれがあまり乖離することは好ましくないだろう

逆に男女が大きく切り離されるべく必要商品としてなにか出てくるとそれは盛り上がるかもしれない

男性女性かを示すカードファッション文化など身体的な性別以外に分類やふるまいやサービス場所など開発の余地はある

しかし現状の市場が男女がそれぞれ半分ずつほぼ全世界的にあるのだからこれを破壊するメリットよりも企業事業存続が重要視されるだろう

いちばんいいのはやっぱり知らない女性には近づかないってことだよ

女性男性からどこの位置に立つべきみたいなのとあわせて

男性女性に対してどの位置にたつべきみたいなのを大昔のようにつくってかつ現代風に平等さをだせばいい

近づいて冤罪男性の負けだよ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん