「アーティスト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アーティストとは

2021-05-17

曲名アーティスト名前も分からないが好きな曲

どうやって調べればいいんだろうか。

洋楽から歌詞もわからない。

anond:20210516234549

アイドルじゃないシンガーソングライターも昔はギター一本でのし上がるなんてストーリー持ったのがよくいたが今は英才教育受けてた人ばっかり

負のエピソード語りはアーティストの奥行きを作るのに大切だが、今は「貧しかった」のエピソードがないアーティストばかりだからいじめ受けてた」「引きこもりだった」「浮いてた」なんてエピソードだらけになってる

昔の「貧しかった」の後には「貧しくても仲間(親家族友達)がいた」と続くが今は「友達いなかったが音楽ネット)があった」となり生活の話は全く出ない

音楽業界(のファン)はそういうのしか求めてないんだから仕方ない

anond:20210516122138

ファシズム化という観点よりか、百貨店小売店劇場スポーツリーグ寄席定食屋とかなりのビジネスパーソンが欲しがっている「国家規模イベント感染対策成功事例ガイドライン」を手にできる大チャンスだからやったほうがいい

というか国民も閉塞感打破のチャンスなの全然わかってねえな

から民っていうのはイギリスEU独立ときアーティストに言われちゃったように9割バカとか思われてるのよ…

anond:20210517005033

日本市場向けならいいんだけど、たまに、日本アーティスト海外進出で大爆死、みたいな時、プライドも何も捨てて海外作曲家とか使ったらどうなんだろう。

2021-05-15

CDとサブスクで曲数に差をつけるのを辞めろ

普段spotifyで曲を聞いてるんだけど、

アルバムCDでは5曲収録だけどspotifyではそのうちの1曲のみ配信します! とかされるとめんどいわ。

今更CD取り込んでiPodにいれてとかしたくないし、spotifyだけだと不完全なままアルバム()を聞くことになるし、

まとめて聞くことができないとそのアーティストの曲を聞くこと自体億劫になってくる。

CD売らないと金にならないだろうからしょうがないんだけどなんとかなりませんか。

Listenersとかいアニメ

Listenersとかいニコニコで人気な()カゲプロかいう怪しい集団が作った音楽関係アニメ

Listenersはどんなアニメ

anond:20210514125100

2021-05-14

anond:20210511012756

基本的になにかに興味持つきっかけって誰かが整えてくれたフィルター通して見た結果なんじゃないか

創作という性質上やりやすいだけであって、例えば「友達が熱心に誘ってくれて」とか「好きなアーティストが好きだから」なんかと本質的に変わらんと思う

「偶然聞こえてきた曲がきっかけでこのアイドル好きになった」なんかも「メディア」だったり「仲間」の頑張りのお陰だし、そう考えていくと自分だけの力で好きになるきっかけを作るって中々ないと思う

「誰かのフィルターさないと良さに気づけないw」なんてのは中々傲慢勘違いしてる言い分だと思う

2021-05-12

ネトフリの『ミッチェル家とマシンの反乱』の日清CMみたいな演出

https://youtu.be/6v175IF5z2k?t=28

https://youtu.be/HbYmiwtRI0I?t=17

元ネタなんだっけ?

ほら、同じ人間の動きを雑コピペしたり。ナンセンスな絵をぶち込んだりしてヘタオロイ感を出す奴……。

日清CM自体がその海外アーティスト技法パロディしていたってのは覚えてるんだが名前が思い出せん……。

広告収入無料ではなく、ほとんどが有料だとネットは変わってたのだろうか

きちんとした取材をしようとすると費用がかかるが、フェイクニュースはそれに比べれば費用はかからない。

有料ニュースサイト記事は読めないが、フェイクニュース無料で読めるので拡散する。


オープンソースも持続しなくなってきた。

管理をしなくなればすぐに使われなくなったり、マルウェアの餌食になる。

有名なオープンソースでも開発費を維持できず、寄付を募ったりでなんとかしのいでいるが、金策をなんとかするのに労力がかかる。

それでいてAmazon実装すると、Amazonにはお金流れるオープンソース開発元には直接お金は流れない。


広告もひどくなってきた。

YouTubeプレミアムのようにお金を払わなければいくらでも広告を表示してもいい、というふうになったし、

その広告すら詐欺まがいのものでも表示されるし、お金を払ってなければいくらでも酷い広告を表示してもいいとなっている。

ターゲッティング広告だと個人情報トレースするのを禁止したのだから、酷い広告を表示してもいいという論理になっている。


ネットはどんどん酷い場になっていく。

酷い場になればなるほど、GoogleFacebookの一部のサイトの中に閉じこもらないと安全ではないとなる。

検索エンジンとしてのGoogleは、いかGoogleという検索サイトから他のサイトに移動させるかが使命だった。

つの間にかGoogleは色んなジャンルを買収し、Googleの中で閉じるようになった。

ネットが酷い場になればなるほど、人々はGoogleの中に閉じこもることになる。


広告無料で使えるというのが増え、無料で利用できるのが当たり前になり、適正価格というのがわかりにくくなった。

自分お金を払わなくても、誰かがお金を払っているから維持出来ているとか、裏でデータを売って稼いでいるとか、そういう認識になっていく。

実際そういうことをしないと食っていけないのもどうかと思うし、倫理観からやっていなければ馬鹿を見る。


クリエイターに優しいようでいて優しくもなくなっている。

ミュージシャンYouTubeくらいしかMVを上げて効果のある場所はなくなっているが、YouTubeに上げると無料MVから音楽部分だけを抜き取ってYouTube Musicで聴かれる。

サブスクリプションを解禁していないアーティストも、どこかの誰かがYouTubeに上げた楽曲が聴ける状態だった。

結局、曲を売るだけでは食って行けず、ライブでグッズを売って食いつなぐしかなくなった。

プラットフォーマー積極的クリエイター宣伝してくれない。広告で食っているのだから


広告で食っている人は確かに存在する。

でもその広告効果はどうなのだろう。

広告を出した側に利益が生まれ、その一部が広告費として回るのならわかるが、そうはなっておらずアクセス数のみで決まる。

広告を出す側はもっと効果のあるシステムを求め、広告配信システム側はより個人情報を求めるようになった。

広告で稼いでいる媒体アクセスのみで稼げるので、いか広告を踏ませるかに工夫を凝らす。

まだ市場が拡大しているときは良かっただろうが、もうフロンティアはない。


ネット無料ではなく、ほとんどが有料だったらどうなっていただろうか。

anond:20210510224030

スポーツ系の公式を主に登録してる(パリーグTVとか)。

音楽系は好きなアーティストや、その配信やってるライブハウス公式

個人だと、

日雇礼子のドヤ街暮らしチャンネル西成界隈の紹介)

Lyle Hitoshi Saxon(1990年ごろの東京の街風景)

旅人ひつじの乗換・道案内(乗換ルートや駅出口からスポットへの道順案内)

以下旅行交通系(鉄道中心)。

スーツ 交通スーツ 旅行

がみ

かんの

謎のちゃんねる

ひろき

西園寺

綿貫歩

くが

しげ旅

2021-05-10

転売が困るチャンプル理由

 世の中の人間のほとんどには予算ってものが設定されているわけ。メガ金持ちでもない限りは「今回のイベント使用できるお金の上限」というものが設定されてるのね。

 例えば「今回のイベントには20,000円まで使える」という人間がいたとする。チケットが定価5,000円だとするじゃろ?だとしたら残りの15,000円はまぁ、移動費とか食費とかにも充てられて残りが「グッズ代」になるわけじゃよ。

 今日日よ、音源じゃペイペイしないかイベントやってグッズ売ってナンボな世界なわけ。だからタオル作ったりティーシャツ作ったりタオル作ったりタオル作ったりタオル作ったりするわけ。タオル中国工場で安くて適当ロットで作れるからジオススメ。だもんでマジでコロナイベント打てないのヤバい宇宙ヤバいバンドマンバイトしようにも飲食も小売りも死んでてさらヤバい

 それはおいておいて、20,000円のうち5,000円がチケ代で5,000円が移動食費でグッズ代が10,000円だったとして、このチケット正規値段で入手できなくて10,000円になったとする。

 もうわかるじゃん。みんな苦労して移動費を削ったり移動先の食費を削ったりはするけど、限界がある。その先は、そう「グッズ代の削減」になる。「大タオルと小タオルとアクキー買おうかな」と思ってた子が「今回はチケット高かったから大タオルだけにしとこうかな」となる。ファキュファキュファキュファキュファッキュー!あかーーん(宮川大助)

 

 つまりこれよ。

 どの誰とも知らん腐れ転売屋が利ザヤとしてポッケにないないした金のうち、全部とは言わんけど一部は間違いなくアーティスト含めた業界関係者の手元に行くはずだったんだよ。それをあいつらはインターセプトしてんの!やめて!ホンマにやめて!

 インターセプトされた結果、イベントの実入りが少なくなって次に開催できるイベントの規模が小さくなっていく可能性は十分にあるし、グッズやチケットそもそもの値段が上がっていく可能性もある。あいつらの存在業界を委縮させていくといっても過言。

 

 他の業界は知らんけど、予算という概念人類存在する以上、ほぼすべての業界で同じことが起きてるはず。

 ゲーム業界ではハード転売されて25,000円で買えるはずのものが50,000円でしか買えなかった場合差分の25,000円はソフトカバーとか付随するパーツになった可能性があるのにどっかのハゲポッケしまい込んだ結果、その可能性が消失する。

 オタ業界でグッズが転売価格販売された結果、差額で別のグッズを購入した可能性が消失する。

 なるほど、機会損失じゃねーの。

 お願いだから転売やめて。で、できたら転売屋から買わないでそのお金は直接なんかこう、いい感じに業界に流して。わかるよ、転売屋から買わなくていいくらい流してくれればいいって思うのは。でもさ、いや、余らせたら余らせたでキツいのよ。赤字がさ。

 それは、ごめん。

2021-05-09

anond:20210509130101

丸の内KITTEに昔の郵便局長室の展示があって、一般公開するにあたってアーティストやなんかに手紙書いてもらいましたコーナーがあるんだけど、半分くらいが母への手紙で、ほかはペットへとかもあるのに、父への手紙は一通もなかったの思い出した

好きな作家に商業に行って欲しくない

好きな作家には商業に行って欲しくない。

 私はずっとそう思っている。悪意や独占欲、ずっと無料で見たいと言う乞食なわけじゃない。むしろ、既に内容を知っていても商業で出された物をもう一度買うタイプだ。感想も送るし、割と積極的タイプオタクだと思う。

 では、なぜ好きな作家商業に行って欲しくないかと言うと、商業に行ってそのまま自分サイトSNS等を更新しなくなり、フェードアウトしてしま作家がそこそこいるからだ。

 私がいくら応援しても、消える時は消えてしまう、でもそれは仕方がないことだと思う。そもそも商業いつまでも作品を出し続けられる人間の方が少なく、大半は数年の内に消えてしまう。作品が売れない、作品の質が落ちる、生活環境の変化など、理由は様々だ。だが、私が応援していて一番辛くなる理由は、“現実を知ってしまたから“という理由だ。もちろん、作家自身が「現実知ったか引退します。」なんて言う事はほぼない。大体が、売れないことを仄めかして、フェードアウトする。

 では、現実を知ってしまうとは具体的に何か。

 私の好きになる作家は全員が全員超一流というわけではない。そして、わりとニッチ作品作家を好きになる事が多い。

 局所的に需要のある作品は多少の下手さがあっても、飢えている一部の消費者から熱烈に支持される。すると、金の匂いを嗅ぎつけて商業化のオファーが来る。作家は嬉々としてこれを受ける。

 しかし、思ったより売れない。

 これは何も不思議な事ではない。だって、元々大衆向けには作っていなかったものを、商売として出すのだから、そうなる。ニッチ作品がなぜニッチであるかの理由を考えるべきだ。それは、消費者の多くが必要としていないからに他ならない。

 作品が売れなければ、次はない。

 連載であれば2巻で打ち切りになるし、短編であれば次作が出ないだけ、音楽アーティストだって同じ、作品が売れなかったら引退するのは普通のことだ。

 だけど、でも、つい、商業に行かなかったら、と考えてしまう。書籍化なんてしなければ、この続きが見れたかもしれないのに。メジャーデビューなんてしなければ次の曲が聞けたかもしれないのに。

 商業は甘い蜜だと思う。素人金銭の発生する仕事として依頼を受けた時の高揚は替え難いものがある。自分作品にはそれだけの価値があるのだと。

 でも、その分落胆も大きい。失敗すれば、自分はこの程度の人間である数字で見せつけられる事になる。

 私は学生の間にクリエイターの道を諦めたが、大人になってからこの現実を突きつけられるのが怖くてやめた。

 結局のところ、ずっと商業化せず続けて欲しいなんて私のわがまましかないことは分かっている。商業に行かなければ作品を作り続けてくれていたかもなんて、私の妄想しかなく、商業に行かなくても筆を折る人はどこかで折る運命なのだ

 自分の好きな作家に向かって、「あなた商業だと成功しないと思うのでいつまでもここで作り続けてください!」なんて、口が裂けても言えない。私はそこまでヤバいやつじゃない。

 だから、私は今日も好きな作家商業へ行かないことを祈りつつboost機能お金を入れ続けることしかできない。

2021-05-08

anond:20210508201031

日本4大バーチャルアイドルユニットが4大なのに全部コケてるじゃん

彼らの強みは芸能事務所大資本タレントであり、リアルアイドルイベントにも参加枠を持つ部分だ。

そして彼らの所属する事務所には彼らよりも売れないタレントアーティストゴロゴロしている。

岩本町芸能社とMateReal株式会社芸能事務所大資本タレント冗談をいっちゃいけない


岩本町芸能社は完全にVR専門で、えのぐの他にはMapril1グループしかいない。馬越はほぼ死んだ

親のイグニスゲーム開発切ってVRマッチング事業領域絞ったけど

VRのinspixが大コケしてるからマッチング一本に絞る日もそう遠くない


MateRealは新興の社員7人しかいないちっちゃいとこで

ここを4大にいれちゃうのはひどすぎる

特筆して潰そうとも思わない。自社で磨けなかった宝石が他で芽が出るくらいなら抱え込む、それが芸能である

じゃあなぜ解散してるリアルグループ存在するの?

アイドル中の人だっていつまでも売れなければ嫌になって脱退するよね


チャンネル数や再生数でしかみてないとか言ってるバカいるけど

そこの指標外してどうするよ

Youtube外で活躍してそこでは大人気なら多少はYoutube再生数も増えるからな?

でも現状いくらなんでも再生数どこも低すぎるわ

外での活動もうまく行ってない証拠

バーチャルアイドル界隈について教えてやろう

anond:20210507115334

どうもこの増田は広大なバーチャル界隈の中のYouTubeしか知らないようなので説明する

バーチャルアイドル芸能人である

まず大前提として彼らはYoutube数字をとっている配信者たちとは別物

ユニット所属プロダクション音楽レーベル備考
GEMS COMPANYディアステージavex trax技術協力:スクウェア・エニックス
まりなすavex(ABD)AVALON(avexグループ)
えのぐ岩本町芸能ユニバーサルミュージック
Palette ProjectMateReal株式会社-サイバーエージェント出身、現GREEグループ資本

突然固有名詞を出したが彼らこそが日本4大バーチャルアイドルユニットである

彼らの強みは芸能事務所大資本タレントであり、リアルアイドルイベントにも参加枠を持つ部分だ。

そして彼らの所属する事務所には彼らよりも売れないタレントアーティストゴロゴロしている。

特筆して潰そうとも思わない。自社で磨けなかった宝石が他で芽が出るくらいなら抱え込む、それが芸能である

体力のないベンチャーバーチャル界隈の基準とは違うのだ。

avex出遅れ

実際出遅れてるかは知らないが、バーチャルタレントメジャーデビューが続く昨今において音楽レーベルとしてのavexは全く獲得をしていない。

3大メジャーユニバーサルソニーを筆頭に、ビクターランティストイズファクトリーNBCユニバーサルがVタレント音楽マネジメント権や出版権を獲得している中、自社タレントしか擁していない。

となると貴重なイベント出演枠を持つ自社タレントは温存できるなら温存したいのではないか勝手に思っている。

いるだけでいい存在

バーチャルリアルの混合

これはVtuber界隈(表)しか知らないと知らないだろうが、昨今のバーチャル界隈の片隅ではバーチャルメインなのにリアルもやるという脳破壊されそうな文化もある。

アバター方式⋯⋯いわゆるアメリカザリガニ平井やガッチマンVともまた違う新形態⋯⋯定義が難しい⋯⋯

中身公表の桜樹みりあやバーチャルジャニーズあすかなとも違う⋯⋯公然のMZMや民安ともえやとも違う⋯⋯

バーチャル存在と、バーチャル中の人というキャラクターを並行してやるという形態が、確かに受け入れられつつあるのだ

そういう方向性に進む可能性があるのなら容姿も影響するのだろうが、俺にはもうよく分からない。時代の変化なのだろう

大きなお世話

ということであまり気にしなくても平気でしょう

とは言えかつて5大ユニット一角を締めたリブドル中国)は無くなってしまったので油断はできないですが。

個人的にはこの中だと最近パレプロチャレンジングで好きです。以上。

追記

22/7普通アイドルアバター着てる認識なので触れてません。もしくはアイマスとかラブライブの仲間の認識

2020年10月に開催されたTOKYOアイドルフェスティバル2020(バーチャルTIF併催)の際もリアルアイドル側で出演してたし⋯⋯

追記2

知らないわけじゃないけどバーチャル畑じゃないという認識を当初から持ってたので全く興味なかったの!!

ごめんね!!

オリンピック選手批判は本当に間違っているのか?

最初に断っておく。

今回の主題は「オリンピックを開催するべきか?」ではない。

いや、私はオリンピック開催には否定的なのだが、言いたいのはそこじゃない。

ここでは「オリンピック道義的問題があるときアスリート批判は間違っているのか?」について話す。

下衆の極み俺ら

池江選手ツイッターに長文を投稿したこと話題になった。

どうやら池江選手に「五輪出場を辞退して欲しい」とか「五輪開催に反対して欲しい」というリプライが届いて戸惑ったらしい。

おーけーおーけー。そりゃ確かに戸惑うだろう。

簡単に「じゃあ五輪辞退します!」とはできない。それだけ選手は多くのものを背負っているからだ。

この話題に対して俺らのアルピニスト 野口健が次のような投稿をした。



『下 衆 の 極 み』

凄まじい表現だ。普通は血の通う人間に向かってこんな言葉をチョイスしない。

アルピニストの強い怒りが感じられる御ツイートだが、ちょっと待って欲しい。

本当に五輪開催の有無についてアスリート意見を求めてはいけないのだろうか?

というかアスリート五輪開催について社会的責任を負うのではないだろうか?

少し考えていこう。

抗議のために試合を辞退した大阪なおみ選手

今回の報道を受けて思い出したのは昨年のW&Sオープンを辞退した大阪なおみ選手

彼女人種差別に抗議するために試合を辞退し、これを受けた大会側が正式人種差別に抗議することで一件落着となった。

当時も散々議論になった大阪選手のこの行動について強調しておきたいことが2つある。

ひとつは、これは大阪選手だけでなくバスケ野球など多くのスポーツ同時多発的に起きたムーブメントであること。

そしてもうひとつは、別に大会主催者人種差別を行ったわけではないということだ。

まり大阪選手を含むアスリートたちは「大会人種差別への抗議声明を出さないのは道義に反する」と考え行動を起こしたのだ。

もう少し視野を広げてスポーツの外も見てみると、このような話はたくさん出てくることがわかる。

例えば今年の3月に、グラミー賞会長女性蔑視発言人種差別的な審査基準理由に、3組のアーティストグラミー賞ノミネートを辞退した。

(元会長女性蔑視発言ときいて何かを思い出さずにはいられない)

主催者側に道義的問題があるとき参加者がその問題について黙っていていいのだろうか?

少なくとも海外アスリートアーティストは「No」だと答えるだろう。

沈黙したまま大会に参加するのは道義的問題肯定していると考えるからだ。

感染拡大におけるアスリート責任は?

森前会長が辞めたことで、女性差別という問題は(建前上の)解決となった。

寒々しい解決ではあるが解決解決。これで五輪に参加するアスリート差別加担者の誹りを免れることができた。

ならこれで万事OKだろうか?もちろんそうではない。

いま問題になっているのは五輪開催による感染拡大、つまり大会主催者側の人命軽視の姿勢

この感染拡大問題アスリートにとってより直接的な道義的責任が発生する。

なぜなら人々はあなたたちアスリート応援するために密になり、感染が拡大し、人が死ぬからだ。

アスリートはそのことをわかっているはずだ。わかっていて、しかし見てみぬふりをしながら大会に参加する。

そして、人が死ぬ

もちろんそうはならないかもしれない。

五輪開催時にはコロナはすっかり収まっていて、みんなで肩組んで国歌を歌いながら応援するかもしれない。

だがそんな馬鹿げた楽観論で行動するようならアスリート失格だと言わざるを得ない。

そもそもアスリートのための大会なはず

いまはすっかり寒々しい響きになってしまったが、五輪は「アスリートファーストである

建前上は頑張るアスリートのために五輪は開かれるのだ。

アスリートのための大会なのに、アスリート五輪開催について意見を求めるのが"下衆の極み"なのだろうか?

いつからアスリートはそんな特権的職業になったのだろう?

まだ幼い高校野球青年ならいざ知らず、いい大人自分の行動によって与える社会的影響について無知でいていいはずがない。

五輪あなたたちアスリートのために開催されるイベントだ。

そしてあなたたちアスリートには、海外アスリートがそう示したように、大会主催者を動かすだけの影響力がある。

その責任と影響力を認識しておきながら「自分たちはただ競技に集中するだけです」という態度は許されて、

アスリートにその影響力を行使して欲しいと願うことは"下衆の極み"なのだろうか?

私は"下衆の極み"だと切り捨てられた人々の気持ちがわかる。

もうすぐ90歳になる私の祖母はい東京に住んでいる。その東京にいま五輪という名の変異フェスがやってこようとしている。

それをなんとかして阻止したい。その気持ちが私には痛いほどわかる。

オリンピックは聖域

言いたいことは大体言ったので少し感情的なことを書き殴る。

ここまで読んでくれてありがとう。以下は読まないでもいいよ。

オリンピックのむかつきポイントは多すぎて何から言っていいかからないが、

ひとつには「オリンピックを聖域にしていること」が挙げられると思う。

私たちはこれまでどれほど「オリンピックから」と我慢を強いられてきたのだろうか。

オリンピックから」の一言で我々は楽しみを奪われ、ただ働きさせられ、汚職利権沈黙させられ、そしていま命までもが軽んじられている。

オリンピックを聖域にした結果がこれだ。

そして野口健の「最もやってはいけないのはアスリートにその刃を向けること」という発言も、その聖域の延長にあると私は考える。

はっきりいって、これがオリンピックでなかったら多くの選手が声を上げていたはずだ。

しかオリンピックからオリンピック特別しかたのないことだからアスリートは人命軽視にすら抗議しない。

それどころかオリンピック選手までもを聖域化して、それを批判する行為を"下衆の極み"だと断ずる。

アスリートがなぜそんな特権的地位にあるのか私は理解に苦しむ。

頑張っているから?頑張っていれば批判されない特権を得るのか?

ちがう。

アスリート経験的に、頑張ってさえいれば自分批判されにくいことを知っているのだ。

批判されないか五輪道義的問題があっても目を瞑る。

どうせ日本人馬鹿から始まってしまえば感動して自分たちを称賛するだろうとわかっているのだ。

だが、少なくとも私は、もしも五輪開催によって私の大切な人の命が失われたら、全てのアスリート軽蔑スポーツを強く憎むだろう。

追記(5月10日

読んでくれて、そしてコメントをくれてありがとう

上記文章最後に「全てのアスリート軽蔑スポーツを強く憎む」と書いたせいか

スポーツマンvsスポーツ苦手マンといった構図のコメントがついてしまった。

やっぱ軽率な書き方をすると良くないね反省

この構図は、当然ながら私が意図したものとは違う。

個人の話をするならスポーツは好きだ。素朴に体を動かすことを楽しいと感じる。

ではなく、私が言いたいのは「見る人に元気を与える」という名目の元で行われている産業スポーツ

それらスポーツに関わる者は本当に批判してはならない聖域なのだろうか?ということだ。

個人スポーツ好きだろうが嫌いだろうがそんなことはどうでもいい。

私は、普段は「見る人に元気を与えたい」などと吹聴しているアスリート

元気以外に与える自分の影響力には無関心であることを、たまらなく気持ち悪いと感じるのだ。

anond:20210508080208

というか、出会いのために(わざわざ短文プロフィールを使って)趣味の深さを伝えるべきと言う前提が共有されてないのでは?自分感覚はそんな感じだな。例えば変に尖ったアーティスト名を書いて、相手にハマれば成功だけど、ハマらなければ、「ちょっととっつきにくいかも」って印象を与える場合もあるよね。趣味相手探してるわけじゃなく、出会い可能性を探してるわけで。

相手趣味を深掘りするところからコミュニケーションを取るのもアリだと思うな。「カフェ巡りって何すんの?」くらいでもいいと思う。なんのせコミュニケーション入り口相手評価ちゃうのは機会損失だと思うけどな

池江璃花子五輪辞退を求めるリプを送るのと、ロックフェス主催者参加者アーティストを叩くことは何が違うのか

池江璃花子五輪辞退を促すリプライを送るのは極めて間違った行為だと思う。彼女を初めとした五輪選手もこのコロナ禍における政府自治体失策の明確な被害者だ。

その認識は多くの人が抱えている事だと思う。

ではその一方でこのゴールデンウィーク春フェス主催した会社や出演したアーティスト、恐らく大半のルールを守った参加者テレビ番組コメンテーターTwitter上で自称医療従事者に叩かれていたのは正しいのか?

フェス主催者もこの1年以上大きな収入を絶たれた、明確な被害者だ。そんな中でも次に繋げるために今回1年のブランクを経て、過剰な程の感染対策を敷いた上で開催に踏み切った。そしてその主催者の力になりたいと出演を決めたアーティストや参加を決めたオーディエンスを叩くのは池江璃花子を叩くのと同様にお門違いでは無いか

五輪を止めるために池江に辞退を促すことも、フェスの開催を批判するのも、元を正せば政府失策、無策が原因ではないか。どちらも正しいコロナ対応の上で、五輪の立て直しやフェス開催再開までの金銭補償があれば彼らが五輪フェスの開催に固執する事もなかったのでは無いか

勿論、スポーツ選手が最高のパフォーマンスを魅せれる時間は有限だ。しかしそれは同じようにバンドミュージシャンにも同じ事が言える。極めて近い境遇の2者なのに、どうしてこうも世間の声に差があるのか。

皆、池江のここまでのストーリーに同情して、彼女へのリプライを『間違っている』と言っていやしないか?それこそ『間違ってる』のではないか彼女白血病を患わず五輪代表選手になっていたとしても、彼女に辞退を促すリプライを送ることはお門違いも甚だしい。そして、1年間の自粛を経てやっとフェス開催に漕ぎ着けた主催者を批判することもまた、お門違いだ。

2021-05-07

音楽聴く

最近音楽聴くだけの時間ほとんどつくっていなかった。

駄菓子みたいな音楽をながら聴きすることがせいぜいで、好きだったアーティスト情報を追いかけることもいつの間にかやめていた。

ところが連休中、暇だったこともあり、そのアーティストがここ1、2年に出していた曲を購入してしまった。

いや、ダメですね。めちゃくちゃ良くて、繰り返し繰り返し再生している。もう何も手が付かない。

全部の音をちゃんと一度に聴けるような耳も脳もないおかげで、何度聴いても新しい発見があって楽しい。このまま音楽だけ聴いていたい。とても贅沢だ。

以前はこういう贅沢な時間を愛して、そのための環境を整えていた。けれどいつの間に手放していたのだろう。どうして?

くだらないことに感情を費やして、どうにもならないことにやきもきするだけの時間より、自分幸福にする時間を大切にしたいのに、気がつくとそれが失われてしまうのは何なんだろう。

ちなみに購入したのはトクマルシューゴとJohn John Festivalの共作「こえになる」。

2021-05-06

https://automaton-media.com/articles/newsjp/20210506-160432/

掲載されている自動生成動画キャプションにcomposerとしてアルカラではない名義が載っているにも関わらず本文には

アルカラ作曲したものとして

とあることから、この記者キャプションの「もっと見る」すら押さずに、あるいは押したがcomposerの意味が分からず調べないまま記事にしている。

こたつ記事と呼ぶのもはばかられる。寝床記事でも布団に申し訳ない。床で寝てろ。

Youtubeには10年ほど前にcomposer名で投稿されたTown音源動画存在し、現在も削除されていない。

何者かがこの音源をTrueCoreJapan経由で配信登録した際、アーティスト名を記事にある由来でアルカラとし、作曲者名はソース動画投稿から取り、一括登録先にYoutube Musicが含まれていたために動画自動生成された可能性の方が高いのではないかAI事故よりは。

2021-05-05

anond:20210505172315

なるほど

好きなアーティストアルバムでも良いのって1曲か2曲で後はそうでもなかったりするよな(横です)

芸能人ファンとの距離感

好きなアーティストが、ファン普通に繋がり、ソシャゲに勤しんでいる

本日○時から✕連』とか

仮にもメジャー解散→復活のいまやメジャーではないオジサンとはいえ、なんかアイドルミクチャイチナナみたいな距離の近さが嫌だ

解散からPCオンラインゲームのフレンド募ったり、Yahoo!ゲームみたいなところで時間を決めてファン遊んだりしていたから、正直前科者でしかない

ただその頃は裏アカを持ってて、そこでやってたからまだ気にならなかったんだが、今は表アカでやってるから、なんだか残念に感じている

でもなんていうか、好きなアーティスト(に限らずアイドルでも俳優でも)には少しくらいは遠い存在でいてほしい

近づけるのはFCイベントだとか、リリースイベントだとか、たまたま当たった公開収録とか、それぐらいでいい

特別な機会で、緊張も楽しいみたいな、きらきらしたひとときであってほしい

ステージから堂々と降りてこないでほしい

こういうの、今の時代じゃ変なのかな

2021-05-04

ディープラーニングアニメ絵動画を生成してなんの意味があるのか分からない。

なんてリアルではそれ系の研究をしたりディープラーニングスゲーって盛り上がってる人たちが周りにいるので言えないんだけど。

実際意味あるのか?

実現したいアニメ作品ゲーム作品などの企画に合わせてアーティストキャラデザをしたりコンテを描いたり動画を作ったりするプロセスのどこかに自動生成が入る余地があるのか?

キーフレームの間を補間するようなやつはわかる。動画作成の手間を削減できるからな。でも何だか分からん適当空間上のランダム点や軌道からGANとかで絵や動画写像するタイプの話はどう使い途があるんだ?

サイコロ振っていい感じのキャラ動画が現れるまで頑張るのか?ちょっと修正したいんだけどとなった時どうするんだ?そもそも自分萌えるキャラなりシーンなりを作り出したいんじゃないのか?

オタクから効率的に金を巻き上げるコンテンツを最低限の手間で作りたいという純粋ビジネス用途だとしたらA/Bテストどころか無数に生成させたランダムキャラのガワを全部市場投入して反応を見るしかなくなるんじゃないか?それは流石に成立しなくないか

色んな意味で疑問しかねーんだよなあ。せいぜい教師データ年代ベルを入れて今ウケてるキャラクター造形の分析をするのに使うとかならわかるか。乱数入力したらそれっぽい女の子がでてきたやったー!の嬉しさがわからん

NHKFM横浜大好き

アーティストの生歌聞けたり、オーケストラ聞けたり、浪曲聞けたり素敵すぎる。

町田市民だとNHKFM横浜聞いてたら一日退屈しない。

anond:20130505002645

自分音楽全然興味がない人生を送ってきて、

いい大人になってから初めて、

とあるアーティストファンになって

ライブを観に行ったりするようになったものなので、

そういうマイナー好きの感覚とか(いい大人ですから)全く無くて

アーティストメジャーデビューするってことになったときも、

やったーすげーーーとか心底喜んだりしましたが、

メジャーでのアルバムを聴いて、ああ音楽変わってしまったなあと

音楽を知らないながらも感じて残念になったりしました。

から純粋音楽聴いて少し違うな、

と離れていく人もいるだろうなあと想像してます

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん