「チラシの裏」を含む日記 RSS

はてなキーワード: チラシの裏とは

2018-08-12

ただの愚痴一ノ瀬志希について

皆さま、デレマス楽しんでますか?

約180人の魅力なキャラ。それぞれ推し担当がいるでしょう。

でも当然嫌いなキャラもいますよね?

チョット苦手レベル、顔も見たくないレベル

私にもいます

一ノ瀬志希です。

かなり人気の子です。可愛さ、エロさ、エキセントリック性格で前回の総選挙も上位でしたね。

でも私は大嫌いです。

志希Pっておかしなやつが多いし嫌いになったのだいだい志希Pのせいです。

他のアイドル貶す人多すぎ。

お前らみたいなオタク絶対志希に相手にされねーよw

善良な志希Pの方が多い?そんなのはどうでもいいです。

一部でも目立つ害悪志希Pのせいで善良な志希Pも同類に見えます

志希Pな時点で拒否反応起こすw

あっ、ただのチラシの裏便所の落書きですから真に受けないでくださいね

あーすっきりした。

2018-08-11

ぐぎぎ・・・!!!

なんだよ毒親ってbot呼び寄せワードなのかよ!!!

まぁbotイナゴ嫌ならガチチラシの裏にでも書いとけだし

botプレイするぜも自由だし楽しみ方それぞれではあるけど

どういう目的なん?

ぐぎぎ・・・!!!!ってなったのでbotプレイ的にはやったぜなの?

ぐぎぎ・・・!!!!!!

2018-08-06

anond:20180805232725

頭悪いなぁあんたもう増田やめな

女の差別に男も怒れといってるのはフェミババアだぞ

頭悪いんだからチラシの裏我慢しなさいよ

見るに耐えないぞ無能

2018-08-02

anond:20180802145759

主観的に悪い部分ばかり書く人もいるけど、良い点しか書かない人も割といるよね

これもレビューじゃなくてただの感想文だからチラシの裏にでも書いとけって感じ?

レビュー意味がわかってない人ほど、小学生感想レベル

レビュー批評意味がわからない子がドヤ顔感想文を掲載しているのを見ると悲しくなる。

特徴としては「悪いことしか並べない」

もはや問題外レベルの子である

感想文っていうのは、読んで感じたことを主観的に書く。これが感想

Amazonなどのレビュー投稿している人のほとんどがこれ。感想文。

批評というのは、良し悪しを書きつつもそれに対して理由説明客観的な部分で書く。これがレビュー批評

Amazon場合投稿するとチェックしますなんて出てるがほとんど読んでないし、というかあれはそもそもチェックしている人が居ないで自動認可して掲載してるんだろう。

大体のサイトはチェックすらせずに掲載しているか問題外

仮にチェックしていたとしても批評意味理解できてないか感想文と批評判別ができず無意味

まあそれはおいておいて。

レビュー側があまりにもお粗末でお子様すぎるというのが昨今は特に酷い。

とにかく気に入らないか投稿する…というスタイルで醜い。

それを鵜呑みにしてしまユーザーも多いのも事実

主観的しか書けないのなら、そりゃレビューじゃなくチラシの裏でやるべきなんじゃないの?って話。

これ買うかなって思ってもぼろくそに書いているユーザーがいれば、気にしないようにしても多少は読んでしまうんだよね。

で、大体が感想レベルだと、なんだこれ?ってなるわけ。まあスルーして購入してしまうけど。

でもね、あれって広く考えると販売妨害してるだけなんだよね。ある意味営業妨害だよ。

レビューなら分かる。良し悪しを説明しているからね。自分ニーズに合うかどうかも判断やすい。

が、感想文は違う。好き勝手書くから悪い部分しか見ていない偏見妨害しかならない。

悲しいことに、世間は良い部分よりも悪い部分しか見えない狭い視界の人が多い。

から感想文程度でも鵜呑みにしてしまう人が結構いる。

そういう感想者の意図にまんまと騙されてしまって、思い通りに操られてる人もいる。

レビュー感想文は違う。

ほんと、そこをちゃん理解してほしい。書く側も読む側も。

2018-08-01

面白いこと思いついた

みんなに公開するとパクられるからチラシの裏に書こっと

頭のよい人は目がハッキングされたらどうするんだと心配してくるだろうけど、そんなことあり得ない

2018-07-25

サーバーレスじゃない」とか言う雑魚

おいおいおい、未だにそんなくだらねーこと言ってんのか。

そりゃあ本当の意味サーバーレスじゃないよ?

お前らの言ってることは正しいよ?

でも正しいだけだ。

そんなもんもう何年も前から言われてることだ。

ステートレスサーバーだの何だのにしようぜ的な話もあった。

でもサーバーレスで定着しちゃったしもうみんな「まあどうでも良いや。言いたいことは分かるし。」で済ませてることだ。

もう世界トップIT企業5社くらいが積極的啓蒙活動でもしない限り意味を変えられない段階にまで来てる。

それをお前ごとき雑魚ジャップが今更いくら騒いだって何も変わらない。

いや実際は変えようとすらしてないだろお前は。

ただ自明なことを分かった風な顔してドヤ顔でわざわざほざき散らかすのがお前の目的だろ。

そんなもんはチラシの裏にでも書いてろ。

お前のクソのせいで他の建設的な話が埋もれるだろうが。

黙ってろ雑魚が。

2018-07-05

anond:20180705063125

俺はお前のことを認識したくない

どうせクソみたいなことしか言わんだろ

チラシの裏にでも書いとけ

2018-06-30

ネットに物を書くのは「道行く人」でも「チラシの裏」でもない

世界に発信してるんだら「死ね」と言われることもあるだろ。

カマトトぶってんじゃねえよ、死ね

2018-06-19

日記

ここは匿名だけどダイアリーなので個人的日記を書いてもいいんじゃないか?

って思ったから書く。

ここがチラシの裏だ。


今日は起きたら15:00だった。

12:00に一旦起きたけど、仕事の連絡は来てなかったからそのまま二度寝してしまった。

起きてからツイッターとかYahoo!ニュース見たら地震話題で持ちきりだった・・・

311を思い出す。怖い。


まぁでもここは大阪でもないし同人誌原稿進めないと・・・

とりあえずソシャゲぽちぽちしながら原稿

あとは大体トーンだけ貼ればなんとか終わりそう・・・多分・・・

早く終わらせたい。原稿楽しい期過ぎてしまった。

昨日はテンション高かったから楽しかったけど。今日ダメだ。

やっぱり寝起きがあれだとやる気が出ない。

ご飯炊けてなかったか朝ごはんパンになった。

夕飯は上海焼きそば。これマジで美味い。

本当に原稿してご飯食べてソシャゲして原稿してって生活だな、ずっと。

仕事あんまり来ないかヤバイな。

原稿終わったら新しいとこに応募しないと。

めんどくせぇなぁ。

イベントも申し込まないと。締め切りいつだっけ?

サークルカットはすでに描き終わってる。

あでも住民税払ったからもう今月出費があれ。

はぁ。

チョコ切れたか明日買いに行かないと。

最近GABAハマってるからそれ大量買いしよう。緑のラムネのやつも。

こんなん書いてる暇あったら原稿しないと。

原稿なぁ・・・。背景どうしよう。

自作ブラシ作ったけど遠景に使うと微妙なんだよなぁ・・・結局手を入れて処理しないといけない。

印刷して確認もしないと。

はー

6時には寝たい

2018-06-10

「当たり前」な意見をあえて世間に向かって言うことが重要

勝間和代さんのカミングアウトについて思うこと http://www.gentosha.jp/articles/-/10481 で、「『私はLGBTQを応援しています』的な誰もさほど反対しないであろう意見をあえて世間に向かって言うべきではない」という趣旨意見があったので反論したい。

「私はLGBTQを応援しています」というのは、日本において「誰もさほど反対しないであろう意見」では決してない

1990年勝間和代さんが大学卒業するくらいの年に行われたWorld Values Survey http://www.worldvaluessurvey.org によると、日本の68.5%の人が隣人に同性愛者が存在することは好ましくないと答えている(当時の29歳までの層に限っても67.8%)。すなわち、勝間和代さんくらいの年代の人が20代だったとき同性愛者はむしろ「隣人に存在することも嫌」という意見の方がマジョリティだったのである

また、直近(2010年)に行われた調査でも、「同性愛は決して正当化できない」と考える人17.6%おり、30%以上の人が同性愛に対して否定的意見を持っている。これらの意見は国政にも反映されており、国会議員には杉田水脈議員 http://blog.livedoor.jp/sugitamio/archives/8107881.html をはじめとしてLGBTQを応援することに否定的議員は数多くいる。

以上から実際問題として、「私はLGBTQを応援しています」というのは、日本において「誰もさほど反対しないであろう意見」では決してないのである

あえて「私はLGBTQを応援しています」的な発言をしない限り、当事者は誰が味方になりうるのかが分からない

先述の直近の調査によれば、70%近くの人は同性愛に対して少なくとも否定的意見を持っていない。つまり、もはやマジョリティからLGBTQの困難はなくなったのだろうか。実は、問題はそこまで簡単ではない。なぜなら、日本典型的社会において、「嘘つきはホモの始まり」、「襲われるから近寄るな」のような発言は「ネタ」として許容される一方で、「私はLGBTQを応援しています」のような発言は、どんなに正しい意見であっても政治的意見であるとみなされ、発言忌避される空気があるからである

まり日本典型的社会において、当事者の周りの人たちはこう見える。

  1. ネタ」を言う人たち
  2. ネタ」は言わないけれど、LGBTQに否定的であろう人たち
  3. ネタ」を言わないし、LGBTQを応援しているだろうけれど、特に何も言わない人たち

さて、その当事者が誰かに何かを相談したくなった場合、誰に相談すれば良いだろうか。2.と3.の人たちの見分けに100%の自信が持てず、誰にも相談できないということが起きる。特に、上の年代になればなるほど過去には実際に「隣人に存在することも嫌」と考えていた人が増えるのだから見分けは更に困難になる。つまり、このような社会において「私はLGBTQを応援しています」的な発言をすることは、当事者にとって例えば相談相手を見定める上で重要役割を果たすのである

私自身、東京レインボープライドパレードに参加するようになって初めてカミングアウトを受けるようになった。その中の1人は私をご飯に誘い、明らかに挙動不審になりながら、会話も上の空で、最後料理を食べているときにようやくカミングアウトした。私の感覚としては、パレードに参加するような人に対してカミングアウトするのにそこまでの勇気必要ないだろうとも思うのだが、その人にとっては99.99%信頼できる相手であっても残りの0.01%が怖かったということだろう。

従って、そのような当事者に対して「当たり前」な意見を届けることは重要であり、また、残りの0.01%の信頼のために、より明確に意見を届けることが重要であると私は考えている。

表立って差別を受けるくらいなら、差別がより深いところに潜ってしまった方がまだマシである

筆者はこう述べている。

マジョリティが「正しい意見」をまき散らすと、逆に、それに反対することを表立って言えなくなって、差別がより深いところに潜ってしまうと思うんだよね。

差別はどこからもなくなってしまうことが最善だが、仮にそれが無理なら、せめて深いところに潜っているべきではないか。「嘘つきはホモの始まり」、「襲われるから近寄るな」といった発言を表立って聞かされるために、「私はLGBTQを応援しています」という発言自粛しないといけないというのはあまりにも酷い。「私はLGBTQを応援しています」という発言をすることで、これらの発言が表立ってされなくなり、チラシの裏に書かれるようになったならば、それは表立って発言されるより少しは良い社会だろう。

SNSには誰もさほど反対しないであろう意見で溢れている中で、あえてLGBTQが取り上げられるところに問題がある

そもそもSNSには誰もさほど反対しないであろう意見で溢れている。例えば、この前のオリンピックでは「私は羽生選手応援しています」的な意見で溢れていたが、筆者はそのような発言SNSですることにも反対なのだろうか。筆者には、そのような意見にあふれている中で、なぜあえてLGBTQを取り上げたのか、考えてもらいたい。

まとめ

「当たり前」と思っていても、それを表現しなければ必要相手には伝わらない。どんなに当たり前な仕様だってきちんと文書に記さないととんでもないシステムが出来上がるし、当然しているパートナーへの感謝を、口にしなかったばかりにすれ違ってしま夫婦枚挙にいとまがない。「当たり前」な意見をあえて世間に向かって言って、社会もっと「当たり前」な社会にしていこう。

2018-05-25

anond:20180525142729

愚痴アウトプットすることの効用は認めるけど、ただ吐き出すだけであれば別にチラシの裏でも構わないわけで

人に見せつけてやろう、人の耳目を集めてやろう、なんなら共感してもらおうって本音がどうしても見え隠れするんだよね

2018-05-20

大企業辞めて起業した会社退職して、再就職した話

妻が寝ちゃって暇なので、深夜に私の転職した話を書くよ。

■経歴と話のまとめ

WEBメディアとかやってるIT企業就職イメージは、楽天リクルートYahooサイバーエージェントDeNAGMOかその辺りで考えていただければと。そこを7年ほど勤めた後に、大学時代の友人に誘われて共同で起業。ただ、とあるきっかけで起業した会社を離れることになって、転職活動を新たにして無事内定もらって働いているって話。

起業の経緯

自分で言うのもあれだが、最初会社ではかなり評価されていて同期の中では昇進早い方だった。年上のメンバーマネジメントしてたし、IT企業なりの実力主義みたいなのにうまく適応できて、トントンと昇進して年収も900万円前後だった。

ただ、そんな中で大学時代の友人に起業に誘われ、共同創業起業することになった。もともと起業には興味があって、何かやるネタがないかなと考えていたところだったので、仲の良い友人から何度も熱心に誘われたこともあり抵抗なく起業の話にの会社をやめることにした。起業します!って行って辞めていった時の、なんとも言えない高揚感は今でも思い出す。資本も入れてるし株も筆頭ではないが十分持ってたよ。

起業した会社を離れた理由

シンプルに2つ。

・産まれ子ども障害があった

・そのことを、共同創業者と分かり合えなかった

まれ子どもに、身体的な障害があったのさ。そこまで重い障害じゃないけど、まあ矯正しないと生涯に渡って付き合っていかないといけない障害が体に残るようなレベルの。

もう、青天の霹靂

うちは夫婦共働きだったけど、妻も理解があってベンチャーやってる俺の忙しさを知ってるから家事育児などはかなり頑張ってやってくれていた。ただ、子ども障害があるとなると話は別で、やっぱり子どもへのサポートを最大限にしたい。となると、私も当然働く時間などに制約を持ちながら(と言っても普通に深夜ではなく夜には家に帰ってきてくれ、と言う程度のもの)働かなければならなくて、創業期にがむしゃらに起きてる間ずっと仕事してる、みたいな状況はできなくなってしまった。

で、そのことを共同創業者に相談したときそいつの反応。いまでも思い出すよ。

「そうか、まあお前のプライベートには興味ないけど、結果だけ出してくれたらいいよ(笑顔)。俺に期待することある?ないよね」

で話が終わったんだよね。

もう、愕然

もともとクールなやつだったけど、こっちが相当参っているとき申し訳なく泣きそうな思いで打ち明けたことに、↑みたいな反応されると、固まるしかなかった。

と言うことがあってからは、感情を共同創業者に出すこともせずに淡々仕事をこなしていたり、とはいえ家庭との板挟みで(俺はもう完全に家庭に心が向いていた)睡眠時間がどんどん削られて行ったりで、身体精神ともに参ってしまった。ので、家族相談して起業した会社を離れることに。辞めることを伝えたときには、共同創業者は最後まで怒り狂ってた。「家族を裏切れないって言うけど、俺のことは裏切れるのか」とか言われたけど、そう言うことをいうやつだから一緒にやりたくないんだよな、と思った俺は後悔はあれどスッキリし、心のもやが晴れていくようだった。

転職エージェント登録

正直、今度は自分自身起業しようかななんて思いもちょっとあったんだけど、まずは収入を安定させねばという思いでサラリーマンになることにした。起業してると、給料日お金が出ていく日だけど、給料日お金もらう日にしたかった。これだけで心の安定が相当違う。

上記みたいな経緯だったので、もうとにかく辞めることを優先して、転職活動は後になった。結果として、30代既婚子持ち職なしの爆誕である。無事起業した会社退職した後に、信頼できる年上の知り合い(=最初会社の元上司)にだけ打ち明け、信頼できる転職エージェントを紹介してもらった。取り急ぎ2社登録したけど、結果的に2社くらいで私はちょうどよかったと思う。

案件は、大体似ている

(よっぽど特殊スキルを持っていたりするなら別だけど、私のようにWEB系だったらまあ似たり寄ったりの求人も多く、被っている求人も山ほどある)

自分相場観が多面的にわか

(私の場合、狙える年収みたいなのがエージェントによって差があった。「新卒で入った会社の900万円レベル全然いけますよ!起業していた経験などはプラスに見られますよ!」みたいな意見と、「起業していた時の給料がほぼ皆無だったということであれば、無難に750万円くらいだったらいけますよ」という意見が両方あって、どちらも真実だろうなーと思いつつ転職活動していた)

志望動機などの相談多面的にできる

(これも、私の場合上記のような経緯だったので、起業した会社退職理由をどう話そうかと迷っていた。一方では「正直に言った方が、自分自身の納得感も大きいし、本当にFITする会社を選ぶためには話すべきです」という意見と「子ども理由だけで十分なので、創業者と分かり合えなかった〜みたいなことは言わなくていいですよ」みたいな意見があった。私は、性格的に隠し事が好きではないので前者の意見採用してありのままを伝えることにしていた。これは前者のアドバイスに救われたと思う。)

■以下、いろんな会社を受けて思ったこ

大体各エージェント10社ずつ、20社ほどエントリーを出した。最初ビビって多めに出したけど、書類落ちたのは2社くらいで、面接に忙しくなってしまった。印象的な会社を下記に述べる。

①某数千億規模のオーナー企業。3年前に役員に、某外資から鳴り物入り転職してきた常務が手腕を振るっている。常務意気投合して内定しますね、って口で言われたのに、5日後くらいに「オーナーに人を取りすぎだ」って言われてどうしても内定が出せない、申し訳ないって断られた。なんだそれww って思ったけど、俺以上に転職エージェントめっちゃキレてた。一度口で内定って言った以上、出さなくなるなんて本当に失礼だと。そりゃそうだ。

②某六本木ベンチャー。無借金経営でそれなりに名前を知ってた。会社に入ったらみんながみんなしっかり挨拶してくれて、それだけで印象がめちゃくちゃいい会社挨拶大事新卒4年目みたいな人と面談だったが、よくいうと非常にビジョナリーな感じの人で、悪くいうと地に足がついていない感じ。悪い印象もないんだけど、肌に合わなかったのでこちからお断り

③某六本木ベンチャー2。ベンチャーで有名なビルに入っていた。ここはもう最悪だった。人事に清潔感がなく、面談中もずっと髪の毛を触っていた(女性)。それで、30分くらい面談した後に「それでは、詳しい求人票はまたエージェントからもらってくださいね」とか言われた。思わず「今この場でないってことですか?」って聞いたけど、そしたら「いろんなエージェント求人票出したりしてるので、そのエージェントさんの最新のものは、エージェント自身確認してもらった方がいいんですよ」とか言われる。もう話す気もなくなったのでそれ以上質問せずに終了。大体、職務経歴書履歴書を紙で印刷してもってこいとか書いてあるのに、こちらが渡そうとしたら「データであるので結構ですよ」とかさらりと言ってくる時点で、求職者への扱いがぞんざいなんだなって印象である会社でた瞬間、お断り電話エージェントにした。

渋谷AIベンチャー。本当にあけっぴろげに会社課題や求める人材を語ってくれて、1時間面談が本当に充実した時間になった。結果的に、私がやりたいことと違ったのでお断りする形になったが、お断り電話エージェント経由ではなく俺から直接電話でさせてくれと頼んだほど、真摯採用に向き合っている方で本当に好感触であった。こういう人と会えるなら、転職活動は貴重な経験になるなと実感した。

⑤某港区大企業。1兆越え。採用システマチックで本当にうまくできていた。後一次面接から役員が出てくるとか、採用にかける本気度をの高さを非常に感じた。後、毎回面接の後に、エージェントを経由してくる俺の評価言葉を尽くしてくれるので本当に嬉しかった。「マネージャー経験しかないが部長レベルも担えるポテンシャルを感じる」とか「物腰柔らかで好印象」「新しい領域でも安心して任せられる安定感」とか、そんなことを箇条書きで毎回伝えてくれて次の面接に進んでいくので、こちらも嬉しい気持ちで進められた。内定をもらったけど、最後まで悩んだ会社である。やっぱりどういう評価をされているのかがわかるとこちらはとても愛着がわくし興味を持つ。

⑥某社。Newpicksのジョブオファーを見ていて、面白そうだったから話を聞いていってトントン面接が進んで内定をもらった。ただし、Newspicks求人票に書いてあることと違う条件でオファーが出てきて(本社募集だったのに、子会社採用みたいな)、そのことを質問するともごもご言い訳をしていたので、気持ちが離れてしまった。一言面接過程で、意思確認しながら別ポジションでのオファーとなることがあります」くらい書いておけばいい話なのに、内定しますね〜っていって面談に言ったら違うポジションで、とか、印象悪くなりすぎる。

⑦某社。これもNewspicksジョブオファー。一度面接にいって、面白そうなので2次面接に進むときに、途中でメールが途切れてしまい(あっちの候補日程提示に対して、俺が返信しても返事がなかった)、そのまま当日を迎えてこちからメールをすると「(要約すると)ごめん忘れてた、ほんとごめん」みたいなメールが返ってきて、すでにいくつか内定をもらっていた中なのでもういいやとなりお断りダイレクトリクルーティングを頑張るのはいいが、人手足りないなら最低限のアレンジくらいはアシスタントなど雇わないと回らないのではないかと思った次第である

⑧某ヒルズの大きめベンチャーオフィス綺麗かっこいい。すっごい早口面接官で、2次面接の後に「よかったらオフィス見学していきますか、時間オーバーしてますけど」みたいなこと言われて、志望度それなりに高かったのでしっかりオフィス見学させてもらった。でも3日後くらいに落とされた。「優秀な人材で非常に残念だが、今のチームへのフィット感がないため泣く泣く断念する」みたいなことを言われた。非常に便利な断り文句だなと思ったw ことと、事実オフィス見学までさせてもらっての不採用なので、その会社のことは全く嫌いになれない(むしろ今後も応援したいなと思った)。断り方ひとつとってもエクセレントだなって感じた。

結論的に

で、そんな俺だけど、結局転職したのは20人くらいのベンチャーだった。

起業した会社退職した経緯が↑みたいな理由だったので、今度働く会社は、お互いのプライベート尊重しながら、困ったときには支え合えるような会社がいいなって思っていた。

そんなことを面接で伝えても迎え入れてくれて、3回面接をしてオファーをもらった後にも何度もランチを設定してくれたり、「もしベンチャーということで不安になることもあれば、私から奥様にお話をすることもできますので、何なりとおっしゃってください」みたいなことを社長自らが言ってくれたり。入社前に社員半分くらいに会わせてもらって、シンプルに「いい会社だな」って思ったんだよね(入社してから今もその印象はかわらずむしろ高まっておる)。もちろん会社課題感なども隠さずに伝えてくれるし、その課題に対して自分が貢献できそう、と確信できたことも大きかった。

ちなみに年収は、オファーをもらった中では一番低かった。800万を超えるようなオファーもあったけど、お金じゃなくて働きや働く人が大事だなって心の底から思えていたので、そこはそんなに問題ではなかった(ベンチャーはいえ、決して低くはないので。後半年働いたらSOオファーがある、というのも大きい。)

ということで、チラシの裏に書くような話なんだけど、転職活動中の人に参考になれば嬉しいです。後中途採用やってる人事の人にも役立てば嬉しい。

2018-05-06

anond:20180506131335

お前のそういうポエムも含めて毒にも薬にもならないもの

チラシの裏日記ポエムというような皮肉を込められてるってことに気づけ

まずは外に出てバイトからでも始めろ・・

2018-04-29

ここは表では品行方正でいい人(垢)と思われている(と思いたい)俺様の暗黒面や愚痴を吐くためだけのチラシの裏or便所の壁

から俺に「わかるわ」だの「うるせぇアホ」と言及飛ばすこと自体おかしいんだ

だって聞く気ないもん

落書きにヤジ飛ばすなんて虚しくないの?

まあこうやって反応してると聞いてるんだろうがな

2018-04-26

anond:20180324143458

私も最近ツイッターしんどくなって

増田に呟いて、Instagramはじめて

ちょっと楽になった

はてブでだれかコメントしてたけど

ママ友たちの会話に愛想笑いしてる」

状態まさにそれ

増田ツイッター匿名だろ

っていうけど、ツイッター趣味仲間の

交流に使ってる人もいる

ママ友趣味仲間も嫌なら切っちゃえ

という声もわかるけど、どこかで顔を会わせることもあるし、なかなか…

絵でもぼやきでもチラシの裏かいとき

いいんだけど

電子の海に放流したくもなる

(誰かからなにかしらリアクションがあったりする)

ツイッターに集中しすぎなくなったよ

ありがとう増田

2018-04-21

anond:20180421132825

誰もダメなんていってないし他人にとやかに言われたくないならチラシの裏にでも書いてろ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん