「心配」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 心配とは

2018-07-20

嫁が美人だと家庭円満

出会う女が全員嫁よりブスだから浮気心配なくてええわ

「う」のつく食べ物絶滅心配をしなくていいもの

うどん

ウインナー

 

ていうか牛でいいじゃん

2018-07-19

しかに深夜に開催すれば熱中症心配もいらないし欧米ゴールデンタイム放送できるしwin-winでは

お山の大将

以前付き合っていた同人小説作家の一人が、どう考えても「お山の大将」としか思えないような身の振る舞い方をしていて、本当に嫌だ。

自身はもう同人小説から身を引いているので関わることもないだろうけど、その人と付き合いのある知り合いが複数名いるものから、どうしたものかと考えているところ。

その作家自身は、小説の腕前自体同人としては確かなものだけれども、所詮プロではないし、万人受けするような作風でもない。

それなのに、信者どもが持ち上げまくって「この人の作品のこういう残酷なところがすごい」などという評価つけまくっている(つまるところ、その作者の書くものも発想としては中学高校レベルといったものである)。

誰かがその姿勢批判をしようものなら、その信者どもがこぞって「批判おかしい!」などと叩き出す様だ。

このようにして、件の同人作家は「お山の大将」になっているのであって、しかもその人自身もなぜかそのことに危機感を抱いていない様子である

他人ことながら、その人のことが心配になってくるのだけれども、遠回しに苦言の一つでも言った方が良いだろうか。

それとも、もう終わった関係からということで、外からひっそり見守り続けるのが良いのか。

ちなみに、今はこれと言ったトラブルも起きていない状況だけど、その人の周りは信者だけで固まっていっているのは間違いないので、そのうち信者の一人がグループ内で大きな炎上を起こしそうな予感はする。

もしそういったことが起きたときに、件の作家がどういう対応をするかはちょっと気になる。

東京グールの作者

ってマジで頭やばそう。

耳の中にムカデ入れたり普通思いつくか?

しかもどいつもこいつも不幸なエピソードばっかりで。

虐待虐待虐待みたいな。

マジでやべーやつだろ。おじさん心配なっちゃう。

anond:20180719214510

お前が、菓子を配れる性格じゃないなんて、わかってるよ

なんで、送ってきたか、それもわからいくらい、子供なのかよ

お前が、そうやって人付き合いが下手なのは母親は嫌とゆうほどわかってんだよ

から、お前が少しでも他人と仲良くなれるような切っ掛けを作ってやりたいと思ったんだよ

お前が職場で不愛想にしてるなんてことは、母親にはお見通しだよ

から母親自分の事を迷惑そうに職場の人に語ったとしても、

田舎の母が、突然送ってよこして困ってるんで、すいませんけど、もらってやってください」

とでも、言えば、それでも、職場の人は、

お前の事を、いい母親がいて、もらったもの配るなんていい奴じゃないか

と思ってくれる奴もいるだろうと考えたんだよ

どうせ、自分からは何もできないだろうから迷惑そうにしながらも、他人と話すきっかけをつくってやろうと

いい年なんだから自分他人とうまくやれなくて、困ってるだろうけど

そうはいっても、自分だけではどうにもできないだろうし

かといって、直接そんなこと、お前に言えば、喧嘩になるのはみえてるし

それを言わずに、お菓子を送ってよこしたんだよ


もっと自分や親のことをよく考えてみろ

親がどんだけお前の事を心配してるか考えてみろ

職場の人だって同じように心配してるよ

anond:20180719182828

ネタなんてパクられて当然、そこにどれだけ付加価値を付けられるかで勝負だよ。

心配する暇があるなら、さっさと手を動かしたほうがいい。

水かお茶しか飲んじゃダメだった

スーパーレジバイトしてた時の話。

中身の見えない水筒禁止

色のついた飲み物禁止(お茶は可)。

もちろんクーラー効いてるし熱中症になる心配は少ないのかもしれないけど、スポドリダメ理由ジュースダメ理由もよく分からなかった。

中身が見えないと駄目ということは客への水(お茶)ですアピールなんだろうし、「従業員が贅沢なもの飲みやがって」的なクレームがあったのだろうか。

あとペットボトル場合ベルは剥がすようにってルールもあったな。あのルールはどういう意図だったのだろうか。

anond:20180719162048

本当にそうだね

体育館に全校生徒が押し込められるとか考えただけで心配

anond:20180719161455

教室や家庭にエアコンがついてるから、外に出て熱中症死ぬ小学生が出るんだ。」みたいなことを言われて、思った意見です。

子ども高齢者にはエアコンや適度な水分摂取必須だし、労働環境のようにちゃん基準があるべきだと思う。

今年は夏至に近く日照が長い7月中にこれだけ暑くなる気象条件で、多くの地域明日行われるであろう終業式が心配です。

中学校の成績(順位)配布について

うちの子が通っている中学校は、これまで中間試験期末試験順位を配布していました(他の人の順位まで分かるようなものではなく、自分自身順位印刷された紙です)。

しかし、今年度に入ってから、何の説明もなしに順位の配布がなくなりました。

うちの子は上位に入ることを目標にして学習に取り組んでいましたが、今回から順位が分からなくなり、学力に対して慢心と不安が交互に襲ってくるような日々です。

「これは懇談会理由を聞かねば」と思っていたところ、こちから持ち出すまでもなく、学校から説明がありました。どうやら他の保護者からもたくさん問い合わせがあったようです。

学校側は、順位公表をやめた理由として

  1. 順位公表することで、過度な競争心をあおる心配がある。
  2. 優越感や劣等感を持ち人を見下したり、偏見差別が生まれる恐れがある。
  3. 絶対評価を行い、生徒の意欲を育てたい。

を挙げましたが、私はまったく納得がいきません。

「過度な競争心」とやらがどの程度のものを想定されているのか分かりません。

(大げさな言葉危機感を煽っているようにしか思えませんが)例えば「体調を崩すほど勉強してしまう」ようなことでしょうか?

生徒たちにとって中期的な目標となるのは高校受験です。高校受験が(少なくとも自分自身との)競争である以上は、競争心やむなし、じゃあないでしょうか。

そもそも、そこまで勉強する生徒なんていませんし、それを止めない親なら、とっくに勉強させ過ぎてるでしょうよ)

また、評価するまでもなく能力が分かるような科目、例えば

  1. 走るのが速い/遅い
  2. 泳げる/泳げない
  3. 絵がうまい/へた
  4. 歌がうまい/へた

こういったことで、人を見下している生徒がいると思いますか?

幸い(傍から見る限り)そのような子はいません。この点は先生方の日頃の指導の賜物だと思っています

(もしいるなら、そっちを先にどうにかしましょうって話だよ)

私が学校に求めているのは、「差異を隠して平等にする」ことではなく「差異個性として受け入れる」ことなんだよ。



っていう意見学校に送りつけようと思っているんだけど、印象悪くなるかな?

anond:20180719150939

心配頂いているほどのデブじゃないですよ。

7号サイズの方ばかりの職場などではデブ扱いされそうですけれど。

顔が丸いので(頬がこけたりしない)必要以上にデブ扱いされますね。

半分謙遜なので、嬉しそうに言及投げるの、やめてね?

頬がこけている友人にかりたスカートがぶかぶかだったりしますよ。

顔と体型って必ずしも比例しないんですよ🎵

未だに放射能を信じる放射脳への苦言いいですか?

教育者エアコン安易につけると、子どもたちは暑熱に弱い体質になり、どこででもエアコンを欲しがるようになります

この教育者プロフィールにあった一言

放射能心配地域野菜無料供給

心配すべきところを心配せず、心配しなくていいところを心配する。こういう人物は大変迷惑

彼氏から行為ゴムが破れたと申告があった。

近々排卵日だからすこし困ったな~とは思ったものの、最後までしていないし常々排卵日が遅れがちなので大丈夫と楽観している。

これであったったら奇跡の子として可愛がる所存。

次の日に一緒に行った神社で、彼氏避妊が「失敗していませんように」と祈ろうとするから

そりゃ言い方が良くない「成功していますように」って言い方を変えろと言っておいた。

ぼりぼり子供が欲しいけど、双方に妊娠する能力があるか心配になっているので、例え出来てても嬉しいのだ。そりゃやっぱり焦るけど。

anond:20180719134303

気持ちは良く分かるよ。

幼少期ワガママでやりたい放題だった自分分身ができると思ったら

対処できないし時間も無いし、仕事もしないといけないか

世話しきれず犯罪に走りそうな気がするからね。

信頼できる恋人なら大丈夫だよ。心配してること全部どうにかしてくれるよ。

Slackチャット中に相手側が黙ると悪口を言われているのではないか心配になる

ブサメンなんで言われるのは慣れてるけど

チャット中に不自然時間が空くのは本当につらい

悪口を言ってるんだろうなと思ってしま

これ、一度陰口がすごい会社にいたせいだな

世の中そんなに悪口ばかり言ってる人ばかりではないんだろうけど

どうしてもそう思ってしま

anond:20180719104419

???

自分の身を自分で守れるように幼児を仕込んでなかった親が悪いとか?

もしくは、子ども心配なら親が学校まで付いてくるべき、とか?

anond:20180719023530

なんか昭和映画だな

昼間は、みんなで頑張って働いて、毎年儲かっていて

夜は、そうやって世の中や自分心配せずに酔っ払って

今は、昼間先の見えない仕事で働いて地獄で、夜は一人になってはてブみて地獄

人間らしさのために、人付き合いの真似事をしてみるだけ

2018-07-18

君っていつも抜けてるよね」

私はよく物忘れをしたり、物を落とすことをしてしまう。ドアや炊飯器のふたやクーラーボックスの蓋をよく閉め忘れる。会計の時に財布を忘れて店を出ようとしてしまう。また、物をうまく結べなかったりする時が多い。他の人と比べてすごく不器用な方だと思う。

その「くせ」がADHDという発達障害に起因するものだと大学生の時病院で診断されてから、ある程度受け入れる一方で、ああやっぱりそうだったんだな、と納得はいくけど「普通の人」ではなかったんだなと悲しい気持ちになった。

仲のいい友人たちもちょっと「抜けてる」人が多い。だから、みんな遅刻もよくするし忘れ物もよくする。でも、誰も怒らない世界から、そこでは気楽に過ごして皆ある程度のことは許されている。

ただ、それは月1だったり月2,3で会う友達からこそ「まあいっか」と許容できているんじゃないかと思う。

それが毎週のように会う恋人だった場合状況が変わってきてしまうのだと思う。

最初恋人は、私がそういった抜けている部分を見るのが許せなくて暴力暴言をたくさん振るってきた。机からコップを落として水をこぼしたら、10回ほどお腹を殴られた。その人の気に入らない「私のくせ」をつい出してしまうと、「お前はどうしていつもそうなんだ」と怒られた。最初は、そういったドジをして謝った時、頭を撫でながら慰めてくれた。でも、一向に直らない私の姿を見てイライラするようになったのか、上記の行動に走るようになってしまった。結局、我慢できなくなってこちから連絡を切って別れた。

2人目の人は、暴力は振らなかったけど、私の行動に対して最初から気になっていて、その人本来性格もあって「○○(私の名前)ちゃん、それヤバイよ。絶対直した方がいいから。」と逐一言ってきた。関わる期間も短かったかあんまり覚えてないけど、いきなりLINEで「お前はほんとそういうとこダメだな」と連投してくるのがとてもしんどかった思い出がある。

3人目の人だけは私がどんなドジをしても怒らなかった。その人も私と同じくらいADHD傾向のある人で、すごく寛容な人だった。「こんな私を受け入れてくれるなんてすごい」と思って感動してしまった覚えがある。それが嬉しくて、今までで一番長く付き合った。でも、その人はお金に対してすごく不器用で、段々と私に対してお金をせびるようになってきてしまった。「ああ、結婚したら私が稼いだお金もこの人の散財に使われちゃうのかな」と怖くなって別れてしまった。

今、好きな人はすごく優しくて、ちょっと変わっているけれど大事にしてくれて本当に好きだ。

でも、その人にもついに「そういった抜けてるところがすごく心配で、将来を一緒にやっていけるか不安から直して欲しい」と言われてしまった。

今まで好きになった人の中で一番魅力的で好きだと思えていた人だったから、最初そう言われたことがすごくショックだった。「この人も、1番目の人や2番目の人みたいになっていってしまうんだろうか」と怖くなってしまった。たとえ、そうならなかったとしても大好きな人無意識イライラさせてしまっていた事実がすごく辛かった。

正直、私に対して「直して欲しい」と言ってきた人は結果的に私に対して及んだ行為は酷かったとしても、その人の性格だけの問題ではないと思う。距離感の近い人間がそういった抜けた行動をしているのを何度も見ていると、ついイライラしてしまうのだと思う。そういった感情に左右されて相手非難する行為は「モラルハラスメント」だったとして、その感情を生まれること自体否定してはいけないと思う。

かに今までされてきたことは酷かったことは多いけど、そもそも私の「抜けてるところ」のせいでこうなってしまったと言えるんじゃないか。似たような出来事がここまで重なってくると、もし、私が抜けていなかったらもっと良好な関係が築けたんじゃないか、と思えてくる。

どう捉えるべきなのか正直よくわからないけれど、同じことを繰り返すのは怖いという気持ちでいっぱいになっていて、とにかくADHDに関する本を読んでみたり、発達障害を診てくれる病院にまた行ってみようという気持ちになっている。

@yamashi71143944 @c8kV9sxi3lfxV2r 自作自演

@yamashi71143944

末尾90番

ya***********@g****.***

@c8kV9sxi3lfxV2r

末尾90番

ya***********@g****.***

拡散希望

晒し行為はやめてください」って言われましたが言わせてください。

流石に酷すぎませんか?自分の絵が他の絵描きさんより下手なのは分かってますが初対面の人にこの言い方はないと思います

下手なりに頑張って描いているのに、、、

自分の絵が真っ二つに切り裂かれたような気分です。

https://twitter.com/yamashi71143944/status/1019545593507561472

http://archive.li/AadDM

ありがとうございます。でも僕が1番心配してるのはこのツイート自作自演なんじゃないかと思われることなんですよね、、、実際に被害にあってる人がいるのに、、、

https://twitter.com/yamashi71143944/status/1019569134437220353

anond:20180718202141

すごいな

五輪期間の気温心配してる人は絶対インターハイ高校野球心配してないって断定してるのか

与党を叩きたすぎて見たいものしか見れなくなっちゃってるのかな

為末大熱中症気にするやつは政権アンチ、取り合う必要ナシ」

為末 大

@daijapan

ところで大会間中の気温を心配する人たちと、現政権に反対の人たちが妙に重なっているのが偶然だろうか

午前8:19 · 2018年7月17日

為末 大

@daijapan

昼間にやるインターハイ高校野球の方が心配だけれど。やっぱり国際大会じゃないからかな。

anond:20180718114419

引きこもり社会不適合者だったけど結婚すっぞオラ!

まだ立つことすらできなかった幼子の頃、母がうっかりハイハイしていた私に蹴躓いてグラタン落としてから、私の人生を変えてしまった。……と母は言うんだけど正直そんな幼い頃なんて人生変わるもなにもないやろ、と思うんですよ。

熱々のグラタンは運悪く私の顔(額と頬から顎にかけて)と足にかかって、私には一生付き合わざるを得ないやけど痕を負うことになってしまった。母はものすごく自分を責めた。「女の子なのに」「これのせいでこの子の一生に影を落としてしまった」「いじめられたりしたら」「結婚できなかったら」思いつめすぎて私を抱いて風呂場で死のうとしたこともあるらしい。父が必死に止めたので今私は生きている。

本来母はものすごく明るく陽気でいつも父を笑わせてくるような人だったらしいが、グラタン事件以来すっかり心配性で神経質気味になってしまった、と成人した日父と二人で飲んでたら教えてくれた。私から言わせれば母は今も結構陽気で面白い人なので、きっと昔はもっとキレッキレだったのだろう。もしくは、私の前ではそう振舞って父の前ではそういうヒステリックな感じになってしまったのかもしれない。

顔にやけどの跡を残した私には乗り越えなければならない壁がたくさんあった。小学生の時、最初不登校になった。ハリーポッターシリーズ流行って、額のやけど痕をからかわれまくり、耐えきれず登校拒否した。卒業式も出られなかった。母は仕事を辞め、文房具を組み立てる内職の仕事を得て私と一緒に過ごすようになった。それから教科書とちゃれんじのワークを毎日必ず午後にやる、という約束をさせた。お昼ご飯を食べ終わってから、15時のおやつまでが勉強時間だ。おかげで勉強はどうにかなった。

中学の時も、入学して半年不登校になった。クラス男子にやけどをからかわれたのがきっかけで、クラス全員が自分悪口を言っているような気がして登校拒否になった。小学校の時の同級生学校が被らないように引越ししたのに、結局だめだった。中学生になって初めて与えられた自分の部屋に引きこもり、ずっと地域図書館から借りてきた本を読んで過ごした。あとは母に裁縫料理を習った。母は半引きこもりの私に呆れもせず(でも内心はずっと自分を責めていたんだろう)一緒に図書館へ行ったり不器用な私に根気強くあれこれ教えてくれた。

中2の歳になると、「1日家にいるのだから家事を分担しましょう。働かざるもの食うべからず」というメモを私の部屋のドアに貼られた。猿がバナナを食べている絵が添えられていた。しぶしぶ「何したらいい」と聞いたら、ルーレットでその日の担当を決めよう!と言われハァ~?と思った。最初に私が担当した家事担当決めルーレット工作用紙で作ったことだ。

そして大きな転機が訪れたのは中2のクリスマス。外の世界を知らない娘のためにと両親がパソコンプレゼントしてくれた。私は当時図書館から借りて読んではまっていたハンターハンターについて調べ、あっという間にオタクへ転落した。ネット上ではたくさん友達ができた。裁縫が得意で好きだ、というとコスプレ衣装を作ってくれないか相談され、母に頼んで一緒に手芸店へ行ったこともあった。私がうまくできず苦戦していると、母は「ボンドでいいじゃん!」「そこはこういう風に裁断して縫い合わせたら?」とあれこれアドバイスしてくれ、一緒にヒソカ衣装を縫ってくれたのはよく覚えている。完成した衣装は今思うとひどいクオリティだったと思うが、ネットを通じて出会った当時大学生彼女はすごく喜んでくれたし、彼女ヒソカはびっくりするほどかっこよかった。彼女とは今もよくLINEで話すしたまに会いにも行く。

母の話ばかりだが、父も不登校の娘に一生懸命付き合ってくれたし、どうにか外に慣れさせたいと旅行にもよく連れ出してくれた。私はただ学校に行くのが嫌で、同級生に会うのが嫌だったので、遠方の旅行は割と行った。

両親が私のことで喧嘩しているのも何度か聞いたことがある。本当に申し訳なくて、一度学校へ復帰しようとしたけれど、通学路で吐いて倒れて、犬の散歩してたおばさんに救急車呼ばれてからは諦めたし、両親も涙ながらに「無理しなくていい」と言ってくれた。それに甘えてた私もダメだけど、でも救われていた。

中学の内申は皆無なので高校私立通信制へ行くことになったが、なかなかに面白い空間だったし当時はまっていたヘタリア意気投合した友人ができ、何とか楽しく通うことができた。それでも初日入学式中に吐いたけど。ただ、高校生にもなると割と精神成熟してわたしのやけどをからかったりヒソヒソ言う人はほとんどいなかった。

また、高校入学に合わせてまた引越しをしたので、同級生に会う心配もなく外を出歩けるようになったのも大きかった。この頃になると化粧も覚え始め、小学生の頃に比べれば薄くなってきたやけど痕をうまく隠したり誤魔化したりするようになってきたというのもある。コスプレデビューしたのもこの頃だ。母は相変わらず一緒にイギリス軍服縫うの手伝ってくれたし、フランス軍服ケープみたいなひらひらしたのも作ってくれた。

大学ものすごく悩んだが(行くか行かないかを)母が「絶対にいけ」と言って譲らないので、興味のあった史学科のある大学へ行った。のちに、私のこの顔では結婚できない可能性もある、女性一人自立して生きていけるようにと思って大学へ行かせたがったらしい。これも父に聞いた。いま思えば、母から受け継いだ家事スキルだったり、ネットPCを一通り使えるスキルというのは、将来私が頼る人がいなくなった時のことを考えてのことだったのだろう。父も母も実家は遠方にあるし、母に至ってはほぼ絶縁状態と聞く。引きこもりでも、社会になじめなくても、一人で生活して社会のことを知る術だけはどうにか叩き込もうとしてたんだろう。

でもお母さん、お父さんよ。

私は一人では生きていかないことになった。

伴侶が見つかったのだから

その人は私の大学サークル遺跡巡り)のOBで、大層優しい上にやけどの跡なんて全く気にしない。この顔だから式も写真もいやだ、という私のわがままを受け止めてくれた上、今やってる仕事にもすごく理解がある。家事はへたくそだけどそんなのは私がやるし教える。あの時の母のように。

そもそも、私にはヘタリア意気投合した高校の友人も、ネットで知り合ったたくさんの友人もいて、もう引きこもりでもなければ社会になじめない孤立した子供ではなくなったのだ。どれも両親のおかげだ。

からもうグラタンことなんか忘れてくれ。コスプレで知り合った友人らがウェディングドレスを作って送ってくれるらしいから式も写真も全部やるよ。最初籍だけ入れて何もしないって言った時、お母さんちょっと悲しげな顔をしたよね。多分顔の痣のせいで……って思ったよね、その通りなんだけどさ。でもこの顔の痕を克服するのが私ができる親孝行なんだろう、って、大切な友人らに気づかせてもらったんだよ。

あれからグラタンどころかホワイトソースまでトラウマになってしまったお母さん。でもお父さんはお母さんのグラタン大好物なんだって。これも成人した時教えてくれたよ。ねえもうそんなに自分のこと責めないで、どうか笑い話にしてしまって欲しい。またお父さんにグラタン作ってあげて欲しい。私はきちんと自立して、自分が興味を持って就きたいとおもった職業に就いて、最高のパートナー出会えて、たくさんの友人に恵まれた。だからもう大丈夫だよ。

anond:20180718155501

多分想定してるのは猫カフェじゃなくて熊カフェなんだろうな。

流石に抱きしめたいけど生命心配があるくらいデカ動物とかを安全抱きしめたいんだろう。

というかワイもたまにめっちゃ大きいくまちゃん人形いっきハグしたくなることとかあるわ(35歳 おっさん)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん