「いじめ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: いじめとは

2024-02-22

anond:20240222104156

ダブルバインドの状況を作って間接的に追い詰めるやり方っていうのは、中高生部活動内での指導なんかでは下手に叱責したり真面目に欠点を指摘するよりもうってつけなんだよ。

何故なら真正から指摘を行った事で揉めたり後輩がショックで休んだりすると「部活いじめ」として問題になる可能性があるし、話が大きくなると進路にも響くおそれがある。でも複数の先輩の指導内容が矛盾していてツラい、なら基本的問題にすらならないからね。それこそ本文のような「ただ単に本人がセンスがなく活動に付いていけないので辞めました(=部活動内でいじめはありませんでした)」という主張が通用する。

↑の増田の例が問題になるとしたらメンバー同士で「双方向から真逆指導を行いストレスをかけよう」という具体的な計画を立てていた事が明るみになるパターンだけど、後輩が部内で迷惑がられていて大勢から嫌われていたと書いてあるからそこも全員口裏合わせ済みだったと思うよ。

こういうやり口を考える場合に関しては子供は俺らが想像するより遥かに姑息手段を思い付くからね。

精神的に弱ってそうな増田早くこないかなあ

いじめ倒したいわ、スカッとする

anond:20240222111658

かなり難しいと思う 命令矛盾してるっていうのはストレスフルだけどハラスメントいじめにはなりにくい 別々の先輩の命令なら猶更

anond:20240222014156

たぶん客観的にはどうであれ当時の部活動内ではその後輩は周囲に迷惑をかける頭が悪くて空気の読めない嫌われ者で、その陰湿計画を実行した副部長書記はみんなのために一役買った英雄なんだと思うよ。

からこのクズはおそらく集団いじめをしたとも思っていないしメンバー間で立てられた計画や後輩を追い詰めて気力を削いで排斥した行為を本気で正当な功績だと思ってるよ。

女の集団なんてそんなもん。

名誉毀損罪起訴された事例

・ガーシー 綾野剛らへの名誉毀損や常習的脅迫起訴 裁判

大川隆法長男 知人女性への名誉毀損略式起訴 罰金30万円

・元草津町議ら 草津町長への名誉毀損起訴 有罪判決

・元プロ棋士ハッシー 元妻への名誉毀損起訴 有罪判決

SNS中傷者 コスプレイベントへの名誉毀損略式起訴 罰金10万円

・中2いじめ凍死動画投稿者 無関係2人への名誉毀損略式起訴 罰金30万円

 

■不起訴が報じられた事例(不起訴は報じられないことも多い)

煉獄コロアキ 18歳女性への名誉毀損容疑で逮捕 不起訴

立花孝志 参政党への名誉毀損容疑 不起訴

結局責任は誰が取るんですか?

結局責任は誰がとったんですか?プロデューサーでなければやはり脚本家

1人の方の命が消えたのは、僕達のせいでしたっけ?(笑) 検証なんてしなくても、あれだけのいじめ騒動、沢山の人が実際にインスタなど見て知ってるんだけど。

命を絶った人のことを軽く有耶無耶にしないで欲しい。

いじめ学校へ行けない生徒の学校給食はいじめっ子の筋肉となっている

人々は仲間だけで食料をわけ合うんだろう

anond:20240222012944

文章から間違いなく女だろうという確信のもと書くけど、女のコミュニティ特有集団いじめいじめとも思わず秩序維持として正当化できる感性マジでキショい

両親離婚ストレスいじめで発散していた加害者同級生

当時はド田舎駅前に自宅があり、ふたつあったド田舎中学の少し都会の方へ通える範囲なのが自慢だった加害者同級生

いまは結婚してド田舎さらに山奥に住んでいるらしい

こちらは結婚して都心に住んでまーす!

ざまあねーな!できれば村八分になるか子どもいじめられていますように!

anond:20240222001827

リベラルはバックに政治家弁護士を抱えていてそれらに比べたら弱い立場人間裁判いじめ成功体験としてるのがリベラル

逆に言うとリベラルフェミニストって政治家弁護士教育業、活動家綺麗事で飯食ってる業界はいるけど、他の実業界には地盤がなかったりするよね

から裁判個人に勝って他で負ける構図が出来上がる

2024-02-21

anond:20240221220401

淫夢でキャッキャしてるのとか

ノンケ同士のいじめで裸にさせるとか

男の負の性欲はホモ方向で特に発揮されてると思う

無題パンダのやってきたこ

https://twitter.com/Srin0528?t=_s5xxDSGwLKD3vh8uRpYjw&s=09

アイマス関連

・旧デレアニの製作委員会に働きかけて

1〜6話終盤前をほのぼのアニメ的な風に偽装して未央を視聴者からヘイトタンクに仕立て上げるようにさせた。

ツイ垢設立前のつりがねむしらと共謀して

未央いじめ発明、それをdaiwa510に競馬時間に使わせるように働きかけた。

(つまりネットオタクたちは数年間過激派フェミ起源となったネタを使ってたことに)

◇他のネット内外での蛮行

K5を名乗り当時の2ちゃん荒らしてた説

テレビサロンの嫌阪たん(仮)という大阪叩き依存症者も奴らしい

・懐かしテレビ板に常駐してたミソジニー

・俺的ゲーム速報やはちまやらおんも奴が大元らしい

・新シャア板での機動戦士ガンダムSEEDシリーズへのネガキャン煽動

YouTubeゲームソフトの歴史ゆっくり開設」も奴が大元らしい。

剣道部高校生性的動画拡散され自殺

これで「いじめは確かにあったけど、自殺の原因がいじめとはゆえない」っておかしいだろ

https://rkb.jp/contents/202402/202402200263/

アダルトグッズを無理やり肛門に入れられそうになった

・体を畳にガムテープで貼り付けられ、下着を下ろされて陰部を手淫された

上記の様子を撮影した動画をLINEでほかの生徒に送信した。

剣道着を貸したのに返してくれない

スマートフォンゲームアプリを削除された

スマートフォンに先輩の指紋認証された

・LINEに登録されている女子メッセージ送信された

・スポンジ製のバットで何度も叩かれた

・肩などを殴打された

ガムテープで顔をぐるぐる巻きにされインスタグラムストーリー投稿された

anond:20240221134221

だって女をひとくくりにして戦いたい訳じゃないけど痴漢冤罪加害者無自覚セクハラパワハラモラハラ集団いじめ容姿勝手ジャッジして罵倒してくるような言葉暴力加害者は生きてきて大抵女だったし

そういう害意から身を守ろうとすると集団になってさら実行犯として男を使役してさらに酷いリンチしてくるから何も言えない

男が男に暴力を振るうというのは女にコントロールされてるか、そうでないなら大抵はそれに足る理由があって理不尽ものは少なく警察などの防護措置があるからさほど脅威ではないけど

女は何のお咎めも無くフリーダムかつ気まぐれに暴力を振るってくるし被害を訴えても誰もまともに取り合わない上に反撃したら警察が敵に回って社会的に終わるから普通に女の方が攻撃力高いしタチ悪い

どうせこのコメントにも攻撃してくるだろうし

そういう加害性の高い女を女同士で吊るし合って男に暴力が向かないような措置を取ってくれるなら女が被害訴えたときにこっちもなんかしなきゃって思うだろうけど

しろ集団になればなるほど暴力性を増してより一層攻撃が酷くなるから何の期待もできないしこっちはこっちの身を守るので精一杯

正直言ってできるだけ近寄ってこないで欲しいし女の問題は女だけで解決してほしいよ

女だけの村でも何でも作って好きにやっててくれ こっちには来ないでくれ見ないでくれ 消えてくれ頼むから

anond:20240221122320

いじめ定義曖昧に思える

語りたいいじめはどれなのか、ある程度細分化できそう

いじめ100%加害者が悪い論

あれ嫌いなんだよね

どっちかというと「いじめられる方にも原因がある」派

例えば小学生の時、同じクラスにスンゲー髪の長い子がいたのよ。

背が低いか椅子に座ったら床にまでつきそうなレベルの。いっつも結んでない。(親の言いつけとかでそうしてんのかな?と思ってたけどその子の姉によると本人の希望で頑なに切らないらしい)

給食当番のつけるキャップに髪が収まらいから出してるんだけど、その子がよそうおかずに髪がついちゃったりすんのね。

イヤじゃんそれは。俺はイヤ。

でも先生が言っても親が言っても髪を切らないし、もちろんクラスメイトが言っても無視

からみんな、その子給食当番をしているときは配膳台に並びたがらなくなった。

そしたらしばらく経ってその子が数日学校を休んだと思ったら、学年主任が出て来て「クラス総出でいじめをするとは何事だ!」って説教。あとはテンプレ

まあ小学生露骨な態度って大人でも割と傷つくし、そこに悪意が見えたならその子は大変傷ついたんだろう。

それに関して俺も態度を隠せていた自信はないので普通に申し訳ないと思っている。1対複数の状況だしね。

でもその状況をつくり出したのは誰?っていう。

もちろん何か譲歩策が出せないまま”不快を態度に出す”っていう浅はかな言動をした俺含めクラスメイトが最も悪いのは言うまでもないよ。

けどそれで「加害者100%悪い」って言われるのは納得がいかない。

先に俺たちは結構我慢してたんだが?っていう。

髪を切るかせめてくくってくれという懇願を、何度もした。

「おい髪どうにかしろよw」とかいうからかい混じりとか嘲りまみれのソレではなく、結構まっとうにお願いしていた(俺主観)。

でもその子自分スタイルを変えなかったから、俺たちがダメな方向に変わった。

の子に対する態度がいじめだと自覚していた人間なんてその時いないだろうし、けれどその子いじめだと感じたんだから事実いじめだったんだろう。それならクラスメイトはみんな同罪だ。

比率で言って100:0で俺たちが悪いのか?は今でもよく考える

80くらいまでは「マジで俺が悪かったな…」って思える。99くらいまでは「やっぱ俺が悪いかも」と思える。でも1くらい情状酌量余地があってよくないか

の子が「私のスタイルクラスメイトに不快感を与えているんだ」っていう自覚さえ持ってくれたら、絶対お互いこんなことにはならなかっただろうと思う

顔の造形とか身長とかまあギリ体臭とか、本人の努力でどうしようもないこととか他人に強いられて仕方なくしてることならともかくさ、自分でどうにでもできる範囲での話ね

言うまでもないけどいじめって何億色あんねんが前提だから「なんとなく」とか「そこにいたから」とかそういうテキトー理由いじめられたガチ無罪いじめられっ子の話は別だよ。それは加害者100%悪い

2024-02-20

Redditで高評価を得ていたにじさんじ炎上解説翻訳してみた↓

タイトル「私は広報生業としているが、にじさんじの異様な広報戦略には一つの説明しか思いつかない」

"I work in comms for a living and can only think of one explanation for Nijisanji's bizarre PR strategy"

みんなと同じように、私もにじさんじの奇妙で自滅的なアプローチ困惑し、呆れている。ファンたちは、にじさんの取った行動を説明するために、事実を元にしたもっともらしい解説から陰謀論に至るまで、多くの説を投げかけている。私はこの状況について特別な内部知識があるわけではないが、広報仕事生業としている。私の職業上の経験と、にじさんじとドキバードの発言に関する私の知識から言えば、結論は明らかだ。「にじさんじは、セレン解雇直前に送った職場いじめ説明を大きく誤解した」のだ。

にじさんじ的外れ解釈をしたのは、セレンがこの証言に添付した文書曖昧だったからなのか、どちらか、あるいは両方の法律事務所翻訳ミスを犯したからなのか、あるいはENマネジメント世論に訴えるためにこの文書冷笑的に解釈たからなのかはわからないが、これまでに起こったことはすべて、この根本的なコミュニケーションの失敗によって説明できると私は確信している。私が正しければ、時系列は次のようになる:

セレン許可を得るためにラストカップ・オブ・コーヒーMVポストマネジメントは37時間放置し、さらに15時間返信がなかったため、セレンは最終チェックを得ずにビデオ投稿した。この背景や状況について、私たちは知らないことがたくさんある。例えば、マネジメントはこの最終チェックの前にすでにビデオを見ていたのか?見たなら、なぜ彼らは事前に卒業済みのライバーに掛け合わなかったのか?見ていないなら、数カ月に及ぶビデオ作成過程で、なぜ彼らはこのビデオを見なかったのか?マネジメントの誰かがセレンにチェックの期限を与え、彼女はそれを過ぎてしまったのだろうか?これらの点は、にじさんじにとって不利に働くように思われる。なぜなら、セレンに非があるという証拠があるならば、それをエリーラの配信で示すことができたはずだからだ。とはいえ、これらの点は、その後の悪夢のような広報活動におけるにじさんじ思考プロセスを解明する上では重要ではない。

マネジメントタレントの両方が、許可を得ずにMV投稿したことについてセレンに連絡を取り、この直後に彼女自殺を図った。マネジメントセレンの緊急連絡先に連絡し、セレンSNSへのアクセス遮断し、12月28日セレンなりすまして不在の理由投稿した。ここでもわからないことが多い。他のタレントマネジメントは、コミュニケーションにおいて嘲笑的で、残酷で、虐待的だったのか、それとも彼らの言葉セレンによってそう解釈されただけなのか。もしタレントマネジメント罵倒していたとしたら、それは一度だけのことだったのか、それとも何度も繰り返されていたのか。繰り返しになるが、これらの事実がどのようなものであれ、これから説明する内容には影響を与えない。ここで重要なのは、他の事実がどうであれ、自殺未遂が起きた時点で、意思決定プロセスに関与している広報チームは、広報における悪夢が発生しつつあることに気づくということだ。にじさんじ職場におけるハラスメントミスマネジメントが原因で、人気ライバーであるセレンたつき自殺未遂を起こしたと世間に知れ渡ったら、悲惨なことになる。タレントとのこじれた関係管理するのは広報仕事ではないが、この時点で、事態がどう進展するかを考慮した上で、今後の対応について話し合いがなされているはずだ。

セレンにじさんじとのビジネス関係調停するために弁護士を雇い、両者は今後の話と賠償について話し合う。にじさんじへの復帰についてセレンマネジメントの話し合いが決裂し、1月下旬までに何らかの決裂が避けられないことを両者が認識する。にじさんじセレンに、MVが非公開になったのは自分の過失によるものだと説明するよう求めるが、セレンは失敗の責任マネジメントにあると考えており、さらに、この出来事の前中後におけるにじさんじからの扱いについても不満を持っている。この件に関するドキバードの最初声明によると、彼女1月26日に、より中立的な条件でにじさんじから離れることを求めた。

にじさんじの無反応に業を煮やしたセレン弁護士は、にじさんじ弁護団セレンの不満を理解してもらうため、にじさんじでの体験談を送るよう提案した。私の理解が正しければ、この瞬間からすべてが狂い始める。にじさんじ解雇通告によれば、セレン解雇された場合にじさんじでの経験について公表するつもりであることを(弁護士を通して)にじさんじに伝えていたことが分かっている:「さらに、セレンタツキは、もし交渉が進展しなければ、自分自身の状況等について公に説明を行うと主張しました」

さて、彼らは今、マネジメントおよび / またはタレントからのさまざまな虐待感情的な書き方で列挙され、他のライバー個人情報が載った文章を受け取った。セレンの2回目の声明によると、彼女は、「精神的に最も苦しかった時期に私の考えと過去証拠とともに記録する」ためにこの文章を書き、その中には「公開されるべきではないプライバシー情報」が含まれている。にじさんじ弁護団はそれを見て、(皮肉なのか素朴なのか、セレンからあいまいな指示に基づくのか、スタッフからの下手な翻訳に基づくのか、そんなことはどうでもいい)セレンはまさにこの文章公表するつもりなのだという結論に達した。

すぐに広報チームは緊急事態モードに入り、先手を打って契約解除通知を打ち出せるように奔走し始める。私の経験から言えば、危機的状況下での広報業務では、「完璧」という言葉は消え去り、「迅速」に取って代わる。自分たちの言い分を最初世間説明できるというのは大きなアドバンテージからだ。しか経験豊富広報チームであっても、急げばずさんなミスを犯す。このような背景を念頭に置けば、にじさんじがどのように対応を誤ったかは一目瞭然だ。忘れてはならないのが、にじさんじ弁護団は、交渉が決裂した場合セレン声明を発表する意向であることをすでに知らされており、(おそらく)NDA違反をした場合リスクについて、セレン弁護士忠告済みであるということだ。今、彼らは「この文書セレン公表するつもりの声明のもの」であり、「NDA違反を犯してでも公表することに決めた」のだと判断した。広報チームはこのやりとりには関与していないだろうが、広報チームは声明文のコピーを渡され、「法務部によればセレンはこれを公表するつもりだ」と告げられた。

広報チームは事前に書いておいたセレン解雇通知を引っ張り出し、セレン声明に先回りして反論を追加した。

「ANYCOLORとしては、「Selen Tatsuki」のANYCOLORに対する上記主張は、彼女活動ルール違反について注意を受け、その責任転嫁しようとし、ANYCOLORとにじさんじイメージを傷つけた際に生じた状況を指していると認識しており、ANYCOLOR及び所属ライバーとして、不当な対応は取っていなかったもの認識しています。」

これらの文章は、「セレンタツからクレーム」が近い将来公開されることを想定して書かれたのでなければ意味不明だ。これにより、「ドキはタレントからいじめについて言及しなかったのになぜにじさんじ言及したのか」という最初の謎が解けた。にじの弁護団は、セレン体験談世間暴露されると判断し、それを受けてマネジメント広報チームに対して先回りするよう指示したのだ。

さら広報チームは、セレンが提起した個別告発反論する準備を始める。セレンの主張の中には特定のライバーに関わる内容もあるため、広報チームは(法務部と協力して)タレントセレン文書の一部を見せ、前世職場でのコミュニケーションといった慎重な取り扱いが必要な話についてどのように喋るべきか指導した。これで、「なぜエリーラ、ヴォックス、アイクミリー、エナなどがセレン文書の一部を見たのか」という2つ目の謎を説明できた。広報チームは、これらのタレントがそれぞれ、本人に向けられた個別告発に答える必要があると考え、準備を始めたのである。そしてこれは、法務部がセレン文章意図理解していなかったことに端を発している。

にじさんじ解雇通告の直後、ドキバードは用意していた声明文を発表した。この声明文には機密情報個別具体的な内容は含まれていない一方、自殺未遂を明らかにし、にじENが虐待的な職場環境だと考えていることを発表した。にじさんじセレンタツキを解雇してから1時間も経たないうちに、ドキバードは灰の中から立ち上がった。そして明らかに弁護士にチェックを受け準備していたであろう声明を発表した。広報観点からすれば、にじさんじにとってはこれ以上ないくらいに最悪な事態だ。ドキバードの声明は、最近起きた「#Where'sSelen(#セレンはどこだ)騒動」を彷彿とさせる「私はもう沈黙しません」という一文から始まる。ドキはいじめについて触れたが、それがタレントなのか、マネジメントなのか、あるいはその両方なのかについては曖昧にしたままだった。そのため、先回り作戦によってタレント言及したにじさんじは、所属ライバーを裏切るような形となってしまった。最後に、ドキは自殺未遂について触れ、にじさんじがこの重大な悲劇を1ヶ月以上隠蔽し、世間安心させるためにセレンアカウントなりすまししたことを明らかにした。

自分たちの作戦が失敗し、大混乱を引き起こしたのを見て、法務部、タレントマネジメント広報チーム、すべてが混乱し始めた。その結果生じたのが、エリーラの配信という広報の大失敗だ。正直なところ、この配信に至った一連の出来事を正確に推測することはできない。現時点では、セレン告発の詳細について不明な点が多すぎるし、広報の舵取りに影響を与えられる立場にある可能性のある関係者が多すぎる。おまけに、その全員が自分の身の潔白を証明したくて必死になっている。エリーラの配信は、セレン挑発してにじさんじへの不満を暴露させ、公の場で争わせようとする下劣な試みと読むこともできるし、個人情報流出心配したタレント主導の反応(しかし実際には自分たちの失敗から目をそらしたいマネジメントがけしかけたもの)として読むこともできるし、他にもいろいろな可能性がある。重要なのは世論は新しい論点に移行しているのに、にじさんじ論点アップデートされていないということだ。つまり、ドキはこの論争から立ち去りたいと思っているにもかかわらず、にじさんじはドキを歩くブランドリスクとして扱い続けている。

にじが当該文章について誤解しているとは知らないドキは、この文書は非公開なものであったと説明し、ツイッターで反撃した。ドキはエリーラの配信について触れ、この文書が他のライバーに共有されていることにショックを受けたと伝えた。ドキはまた、タレント医療記録を読んだのではないかと推測したことから、新たな非難攻撃が始まった。

非公開の人事書類医療記録の漏洩というこの告発評価するために、法務部門が再び招集された。これが事実であれば、信じられないほどの損害となる。広報プロとして言わせてもらえば、にじさんじがこの次に出した声明は、社内の広報チームではなく、冷や汗をかきながら自分の尻ぬぐいをする弁護士が書いたものだとほぼ確信している。この声明によれば、「セレン彼女弁護士の主張の正当性確認するため、株式会社ANYCOLORは、彼女弁護士から送られた情報必要な部分のみを当社のライバーと共有し、社内調査を主導した」。しかし、文章いかなる部分であれ、それを共有することは「文章を非公開にしてほしい」というセレン要求違反する。さらに、セレンの主張の正当性調査する際に、必ずしもライバーに具体的な申し立てを知らせる必要はない。にじさんじ声明はこれらの点を無視している。また、「弊社ライバーと共有しないでほしいとセレン弁護士から要求されたいかなる具体的な情報文書も他のタレントと共有したことはありません」と書いているが、これは法律用語に堪能な読者なら、「法務部以外のすべての関係者に対して非公開にしてほしいとセレン弁護士から要求された具体的な情報文書」とは違うことに気づくだろう。

この声明は「調査を行いましたが、いかなる不正行為発見できませんでした」という類の言葉で締めくくられている。しか行間を読むと、にじさんじ個人文書の取り扱いに何か問題があることは明らかだ。にじさんじ弁護団は、タレントがこの文書を見せられた理由について新たな理由を作り出し、文書意図について誤解していたことを隠そうとしたのだ。

この声明と同時期に、ドキは医療情報流出したという主張を撤回したが、自分情報の一部が不適切に共有されたという点を繰り返した。さらに前回同様、ここから先に進みたかったと発言。この時点で法務部と広報チームの両者は、状況が緩和する可能性があることを理解した。そしてにじさんじ側の関係者がドキの弁護士に働きかけ、ようやく両者は根本的な誤解に対処し始めた。

最終的に、ドキは最終声明投稿。当該文書について説明し、自らの具体的な落ち度を認めることはなかったが何らかの誤解が生じたことをほのめかし、プライベート情報を非公開にする意思を改めて表明し、すべてのファンタレントへの嫌がらせをやめるよう呼びかけた。「この惨状法務部がセレン体験談を正しく理解しなかったこから始まった」という解釈を私に確信させたのは、何よりもこの最終声明だった。ドキの最後ツイートは、論争を収束させるために両者によって吟味され、注意深く作られた声明のように読める。この声明はよく見ると、実に多くのことを一度に行っていることがわかる。文中で伝えられている様々な点について解きほぐしてみよう。

効果的な80年代90年代鬼畜文化糾弾運動思い付いたけど、お前ら応援してくれる?

俺(いや誰でも良いけど)が国会図書館とか大宅壮一文庫に行って、80年代90年代週刊誌を読む。

そこには、今では考えられないようなセクハラパワハラまみれでそれを賛美している様などうしようもない記事がたくさんあり、しかもそれには今も活躍している芸能人も関わっている。(露骨記事だけじゃなくて、女性を招いた対談で相手下着の色を聞いたり、胸を本当に触ったり、性生活を無理やり聞き出したり。それがずっと続いている)

それで俺は例えば試しに文春なり週刊ポストなりサンケイなりプレイボーイなりの198X年Y月号の記事評価目録とでもいうものを作って、「何ページ 記事名 この記事では(現在活躍する)男性芸能人Xが、女性Yに対し、これこれこういうセクハラを働いていた」とか「学生時代いじめ加害行為を良い思い出かのように懐古していた」「レイプわいせつ行為を自慢気に告白していた」などとリストを作る。

そしたらお前らか誰かがそれをもとに、その芸能人に対するキャンセルを行う。被害者当人告発の有無とかは関係ない。「いやあれはただノリでふざけて誇張して書かれてるだけで」とかも関係ない。

社会にその様な記事が出回って問題を軽薄化させ、被害者を増やす様な風潮に加担したこと自体が罪だ。それだけでキャンセルに値する」と

できるかな

もちろんこれは現時点では思考実験だけど

俺がこういうこと思いつくくらいだから、筋金入りの活動家なんかはすでに内輪で同じ事やって「爆弾」をせっせと作ってるんじゃないかと思うよ。

東京オリンピック小山田問題とかもそういうことなんだけど(障害者五輪に絡んでるから注目度が増しただけで、あれの相手普通学生or五輪に関わってなかったら騒いでなかっただろ)

じゃああの大物芸能人や大物俳優はええのか?その差はどこに?ってことでもある。

個々のケースや個人だけでなく、ブームとして大々的な掘り返しが始まった場合、直接的な加害者(まあ主に男性だろうな)だけじゃなくて、

当時はそれを受け入れていた女性にも「なんであの時ちゃんと抗議しなかったんだ!お前らが抗議しなかったせいでアップデートが遅れた!」みたいなむちゃくちゃな向きが発生しそうな気もするけどな。

anond:20240219083952

まあ確かにいじめがある学校ならいじめ被害者には酷な時間になるし懲罰的に無くしてもいいんじゃねと思わんでもない

anond:20240220095756

句点使えないIT作業員増田、なんでそんな恨みがましいんだ?

派遣先オッサンいじめられたのか?

anond:20240220025440

共感されているのか?

パーソナリティ相談であるリスナーを堂々と貶せる場としても機能していると思うけど。

SNSで他のリスナーも加勢するからいじめに近い。

相談者なんて生贄みたいなもので、リスナーストレス発散とパーソナリティの評判が上がるだけ。

anond:20240220005658

一方には省かれないよう追従していい顔をしていたい

また一方はその得意先が嫌っているが自分にとっていいもの提供してくれるので切れない

切れないが、その切れない相手に与える報酬は一方への追従を示すために最小限にとどめている

最小限でも報酬を与える己を設定することにより両方にいい顔をしながら自分の頭での判断を避け続け、実際には一方の言うままいじめを続けている事実とその罪悪感から逃れたい

そういうなあなあの醜い日和見自己保身に対してキレてる

2024-02-19

anond:20240219233036

一昔前のキモオタ男性はそれをやってて差別いじめを受け、男性オタク界隈でも表に出すのはマナー違反みたいな扱いになったけど

時代は変わったんだねえ

週刊誌告訴せず個人女性ターゲットにする。

さすが体育会系に長く属して「正しい人のいじめ方」を学んだ人はレベルが何段階も違うなぁと思いました。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん