「承認欲求」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 承認欲求とは

2018-02-21

anond:20180220015905

そんな事より増田を離れるかしばらく書くのを休むことだよ。

似た様な文体でひたすら釣り続けてネタを叩かれ、マウントに苛つきながら炎上で僅かばかりの承認欲求を満たしつつ、相手の顔も見ずにブクマだけを心の支えにしてるのを想像すると同情を禁じ得ない。

違ってれば別にいいんだけど、もっと現実楽しい事って幾らでもあるんじゃないの?

2018-02-20

マイナージャンルヲチスレボコボコに言われた話

もう何年も前の話だ

自分とあるマイナージャンルにハマっていた


====

ジャンルの規模は基本ぼっちか2,3サークル

10サークルも集まれちょっとしたお祭り騒ぎになるようなジャンルだった

部数も30部ぐらいでまぁかなりほそぼそとやっていた


一応書いておくと

古い作品から今は二次創作が盛り上がってないだけで

作品自体はめtttttttttttttttttttttっちゃ面白い

名称としてマイナージャンルって言ってるけど古いだけで決してマイナーじゃない

こういうジャンル名称ってなんかないのかね


話が逸れたので戻す


どんなにマイナーでもヲチスレ存在する

そしてヲチスレにもちゃんとヲチスレなりのルール存在すると思うんだ


大体共通するのが

名前伏字にする

私怨、凸禁止

作風容姿キャラ、カプ叩きダメ

スクショ魚拓URLなどソースはしっかり

って所だと思う


まぁ、ルールとして理解も納得も出来る

例えば「巨乳気持ち悪い。巨乳キャラ気持ち悪い。巨乳を書いてる作家の××は気持ち悪い。」という理由

同人サークルヲチられてても「趣味がちげぇだけだろうがぁ~~~作者の好きにさせてやってくれ~~~~~~~~っ」て感じだ


他に思いつかなかったとはいえ、例えに巨乳を出してしまって本当に申し訳ない。

例えとはいえ悪く言われたおっぱいは本当に不快だったと思う。

おっぱいに全力で謝罪します。

おっぱい気持ち良い。GOOD。


またも話が逸れてしまって申し訳ない

まぁ、ヲチスレなんやかんや言われるにはそれなりの理由あってのことにすべきだと思うんだよ

トレス」とか「公開アカウントで逆カプのこと叩いたり、リプライで噛み付いたりしてる」とか「オフパコサークル」とか

同人イベントで毎回牛歩が凄く、列で他のサークルさんが潰れてしまってるのになんの対策もしない」とか

最後のは事情があるかもしれないか微妙なところだが)


勿論それなりの理由があるからと言ってやることなすこと全部叩いたり、

悪口書き込んだりするのはイジメになるので注意喚起程度にすませとくのがいいと思います


ここまで読んでくれてありがとう

ヲチスレの在り方に同意出来る人だけ続きを読んで欲しい

ヲチスレ兎に角他人悪口を言っていいところだ~!俺は他人悪口を言いてぇんだよぉ~!うぇ~~~~~~い!!」って認識の人は悪いけど帰って欲しい

そういうのはフォロワーゼロの非公開アカウント作ってそこでやろうね

本当はそこでやるのもどうかと思うんだけどね




本題に入らせていただきます


自分二次創作書いてたジャンルヲチスレがあったんだ

ただ、大規模ジャンルと違うところが一つあった

それは「ルールもクソもねぇ」ってところだ


以下一連の流れ

イラストを書く→Twitter投稿

②一方ヲチスレでは…

「下手くそ」「××の絵は身体バランス気持ち悪い」「(キャラ名)嫌い」

③おぅふ…


まぁ、ここまでならまだいいんだ

本当は心底嫌だけどお世辞にも絵が上手いほうじゃないしちょっと泣くぐらいで済むんだ

問題は次


イラストを書く→Twitter投稿→人のいる時間自分RTする

②一方ヲチスレでは…

「××がまた承認欲求モンスターしてるぞ」「これを褒めなきゃいけないのがキツイ」「褒めないと目を付けられて裏でグチグチ言われる」「これもお付き合いってやつ」

ふぇぇぇぇええええええええ~~~~??????意識宇宙に飛んでっちゃうよぉおおおお~~~~~~~✩✩✩


本当に意味がわからない

兎に角意味がわからない

結構前の話なんだが、今でも意味がわからない

自分おかしいのか?これわかる人いる?わかる人いたら誰か教えて?


自分自分の絵をRTは確かにした、でも深夜2時とかにあげた絵をその日の夕方に1回RTしたダケダヨ!?

承認欲求モンスターとか言われなきゃダメ!?ダメなの!?

褒めなきゃってなに!?そんなの頼んだ覚えないよ!?

投稿した時の文章も「久しぶりにプレイしたら○○ちゃん可愛かったので書きました」みたいな文章だったよ!?

かにアカは持ってるけどエロいしかしてないヨ???

ジャンルの誰かの愚痴とか普通に問題児やん!!!!!しないよ!!!!!!

本当に意味がわからない!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


絵をあげる度に、なにかをつぶやく度に、こんなことが続いた

絵は無言で絵だけを投稿するようになったけどなんか「絵師気取り」とか「ゴミ量産機」とか「こいつはなにが楽しいのかねぇ?」みたいなことが書かれてた

リプライは一切しなくなった そしたら「コミュ障」とか「お高くとまってる」とか「絵師様は一般人とは違うから(笑)」みたいなことが書かれてた


イベントにも参加したけど、こんなこと書かれてて疑心暗鬼にもなってたし交流とかしようと思えなくて本を売るだけの機械になってた

ちなみにイベント前のスレには「本買わないとグチグチ言われるからな~」とか「相手の本買わないとこっちの本も買わないからな~」とか「差し入れ持ってかないとブロックされるからな~」みたいなことが書かれてた

しねぇよ!!!!!!!!!!!!!!好きなモンを好きなように買え!!!!!!!!!!!!!!!!!!


挨拶差し入れとか持って来てくれた人にはちゃんとお礼言ったんだけど、あんまり会話を広げようっていう気にはなれなかった

そしたら「態度が悪い」とか「何様だ」とか「引いた」みたいなことが書かれてた

普通に精神病


それでも絵を書けたのはやっぱり作品が好きでこの件は作品とは一切無関係だったか

あとマイナージャンルヲチスレルールもクソもねぇって書いたけど、訂正させて貰う

このジャンルヲチスレ特別クソだっただけだ

マイナー人口数は関係ねぇ 特筆してクソ




よくRTで回ってくる

悪口は早く忘れてしまえ」

「1の悪口よりも、100のあなたを好きという言葉に耳を傾けろ」

悪口を気にするよりも、他にもっと有意義なことが沢山ある」

「結局なにしてもあの手この手で叩かれるんだから好きなことした方がいいよ」

みたいなやつあるよね、あるんだよ


良い言葉だと思うし、誰かを励まそうとしていて「いいなぁ」とも思う

言ってることもわかる、悪口気にして心すり減らすよりも好きなことした方がよっぽどいいと思う

自分もこんなクソスレのことはとっとと忘れて寝るに限ると思う


でも…


でもな…


そんなこと言われてもな…


悪口!!!言われたら!!!!誰だって!!!!!!!嫌なんだよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


嫌なもんは!!!!!!!!!!!!!嫌なんだーーー!!!

うおおおおーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

嫌だ嫌だ嫌だ嫌だアアアアアアーーーーーーッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

忘れろとか!!気にするなとか!!!!!!そういう次元の話じゃないんだよ!!!!!!!!!

嫌なんだよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

嫌なもんを嫌だって言ってるんだよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


はい!!!!!自分!!!!!他人悪口を言われるのが!!!!!

とても!!!!!!嫌です!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

嫌だあああああああああああああアアアアアアアアあアアアああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!


悪口言われたく無いならネットやめろおおおおおおおおおお!?!?!???!

なんでこっちがやめないといけないんだあああああ!!!!!!!!!!!!!!!

早く忘れたらだとおおおおおおおおおおおおおお!?!?!?!!

忘れられるかあああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!

そういう話じゃなくて!!!!!!!!!!嫌だって言ってるんだよおおおおおお!!!!!!!!!


から!!!!!!!!!!!叫ばしてくれ!!!!!!!嫌だって!!!!!!!!!

書いてて結構スッキリしてるぞ!!!!!!!!!!!!!!!!!

やっぱり嫌なことは嫌って言うのが!!!!!一番良い!!!!!!!!!!!!

悪口なんて気にしてません!って顔するより!!!!!!!!!!!!!!!

嫌なもんを嫌っていうのが!!!!!!!一番良いわ!!!!!!!!!!!!

ネット他人悪口言うのは勿論別の問題だけどな!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ファック!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!




…ふぅ。

ますおやすみなさい。

自分が認めてくれないだけのお話

から絵とか漫画小説を描いたりしてる


評価くれるのは嬉しいし、自己顕示欲だの承認欲求は人並みにありますよそりゃあー

でもそんなに気に入ってない一作品をUPしていつもより評価されると

なんでこれそんな評価されたの? ってなって何とも言えないことがある


今までに色んなサイトにお邪魔したけどどこのランキングにかすったこともない

そんな実力ないかランキングに入ったとしても困惑する気がするけど


はいえ慣れ合ったり流行に乗ったものを描いて評価貰っても嬉しくない


なんか上手く描けない消したいでも読者付いてるしなぁって漫画の続き描いて

コメント貰ったりしたけど嬉しさよりしろ消したくなったよね

無理やり完結はさせたけど


みんなはたいして気に入ってない作品に高評価されて満足できるもんなの?

または自分が認めることができた作品なの?

その増田はほんとにバズって欲しかった増田だったの?



結局私は誰よりも自分に認めてほしいんだけど、自分が認めてくれないんだよね

仕方ないから頑張るしかない?

50年・100年かかっても無理だと思うね


でもまあ描きたい/作りたいからどうしようもないね

数年ぶりに同人世界に戻ってきたら気味の悪いことになっていた話

私は二十数年ほど前に腐の道に足を踏み入れたオタクである

書店あくま一般的大手書店)で好きな漫画の絵が表紙に描かれている「公式アンソロジー」とやらを見かけ

わず手に取り、同人誌というもの存在を知らされてしまった世代といえば、心当たりのある方もいるかもしれない。


当初は晴海に足を運び、会場が変わってからビッグサイトに足を運び、ナントカ会館等で開催される小規模なオンリー

コピー本を携えてサークル参加デビューを果たし、当時は割と楽しく活動していたと記憶している。


その後、活動していたジャンルの衰退、進路云々という人生選択等も重なり、自身創作してイベントに参加することが

自然となくなった。友人スペースの手伝い程度。それも楽しかった。


当時はTwitterpixivもなかった。



ここまでお読み頂いて「もしやこれは中年の懐古を元にした愚痴なのではないか」と思われた方。

恐らくそうなので、何か違うと思ったら閉じて頂いて構いません。




とあるジャンル同人世界に戻ってきたら面倒なことになっていた


2010年代に入り、個人的には転職をして少々生活が落ち着いた頃、とあるジャンル創作活動をしてみたくなった。

そこで遭遇したのが下記の面倒事だった。


慣れ合い、擦り寄り慣習


情報発信手段としてTwitterが主流になりつつあったので自分登録して同ジャンルの人々をフォローしたのだが、

あちこちでムダな慣れ合いや擦り寄りが日常的に発生していた。


創作者同士による「え〜〜◯◯さんの方が上手ですよぉ〜〜」的社交辞令

 こういうことを言い合う人たちはだいたい心の中では自分の方が上だと思っている

・壁や誕席に配置される創作者(一部商業作家を含む)へのあからさまな擦り寄り

 その時のジャンルには商業BLへの進出を狙う野心家も多かったため、奴らは必死だった

・良配置を得た創作者の「はわわわ〜〜私なんかがこんな配置を〜〜!!何かの間違いです〜〜!!!

 当日は私は無視してください〜〜〜!!!」という心にもないムダ謙遜

 本当に無視したら今度はすねて「どうせ私なんか…やっぱり実力もないのに…」って構ってネガするくせに

・付き合い上、特に欲しくない本を買わなければいけない雰囲気

 正直な話、あなたツイート面白くてフォローしているけれどあなた創作物が欲しいわけではない、という相手もいる


こういうことを書くとだいたい「じゃあ付き合いをやめればいい」という意見が出るのだが、一度繋がってしまったもの

それこそジャンルごと変えるでもしない限り安易に切りにくい、という事情もある。もちろん私自身の性格起因もある。

そこはどうしても平行線議論になるので、いろいろな意見もあるよね、に留めておきたい。

どちらかが正しいということではないと思うので。


ありがたいことに何年か活動を続けているうちに、個人的な繋がりのないところから私の創作物を気に入ってくれる人が出てきたり

BLであったにも関わらず男性の読者さんがついてくれたりして、それなりのやりがいも感じられていたのだが

あるイベントの終了後、急激に「なんか疲れたな…」という気分に襲われ、フェードアウトする形でそのジャンルでの活動をやめた。



どうでもいい話だが、そのジャンルには大学在学中にデキ婚出産した当時20代前半の専業主婦創作者がおり、

かにつけて「大学では◯◯を専攻していて〜就活も本当は△△(大手)を目指してて〜〜」などの「私はバカじゃない」主張や

そうかと思えば「あたしおかあさんだから」的ツイートで既婚子持ちマウントを取ろうとしてくるので、非常にうざかった。

彼女には嫌いな創作者がいて、何かにつけてはその相手ディスり「だから◯ちゃんで叩かれるんだよ…」などとツイートしていたが

彼女自身もまた◯ちゃんで叩かれていた。二人とも今頃どうしているだろうか。もう30代のはず。正直どうでもいい。



■別のジャンルで数年ぶりに同人世界に戻ってきたら気味の悪いことになっていた


さて、それから数年、本当に何の創作にも関わらずにただの漫画アニメオタクをしていた私に、また新たに興味を持てるジャンルが現れた。


久しぶりに「沼に落ちた」という表現が出来るほどのジャンル出会った私はそのジャンル専用のTwitterアカウントを作り、

同じジャンル好きな人達と繋がり、たまに自分で描いた絵をツイートに貼り付けては一般人にふさわしい数のRTいいねを頂いて

楽しくやっていたのだが、ここでもまた面倒なものが目に入るようになってきてしまった。


慣れ合い、擦り寄り慣習

以前いたジャンルよりもさらにひどい(※個人の感想ですものだった。


私がそのジャンルに落ちた時、既にそのジャンルが盛り上がり始めてから一年以上が経過していた。

その間に何が起きていたかを察するに、


1.元作品の発表当初から二次創作をしていた人が「偉い」という風潮

2.「偉い」人の創作しているCPで新たに創作をしたければそいつに気に入られなければやっていけないという空気

3.そもそもその「偉い」人の創作物を皆が好きで当たり前という空気


下記に簡単解説するとこうなる。


1.元作品の発表当初から二次創作をしていた人が「偉い」という風潮


私もジャンルに足を踏み入れた者としてはド新参なのだが、創作者を中心にあちこち古参に「私など新参ですから」と

謙遜して回らなければいけない雰囲気蔓延していて、辟易するのに時間はかからなかった。

全体的なジャンル雰囲気としては「ご新規様歓迎!あなたもこの作品を見てください!」という呼び込みも多いのだが、

創作者に目を向けるととにかく新参が頭を垂れている様を目撃する。

そのジャンルには商業作家はあまりいないのだが、「偉い」人は「先生」などと呼ばれて崇め奉られているのだ。


気味が悪い。


2.「偉い」人の創作しているCPで新たに創作をしたければそいつに気に入られなければやっていけないという空気


ジャンル内で「偉い」とされている創作者の中でも、一番の人気CP活動している一番「偉い」とされる創作者が存在していた。

一番の人気CPなので、後からハマって創作を始める人の中にもそのCP活動したい人が多い。

彼女らが何をしているかというと、


・その「偉い」人をまずフォローし、

・「以前から拝見していました!ファンです!!」という挨拶で忠誠を示し、

・「偉い」人が何かツイートする度にRTして空リプで崇め奉る


という、もはや偉い人の宣伝媒体となることによってそのCPでの活動領域を得るということだった。


気味が悪い。


3.そもそもその「偉い」人の創作物を皆が好きで当たり前という空気


1および2から、「偉い」彼女創作物は「読みたいから読むもの」というよりも「礼儀として購入し、読んだら褒めちぎるもの」という

何だかよく分からないものと化していた。


気味が悪い。


私自身、ハマったCPは前述の一番人気CPだった。

だが、「偉い」人の創作物は正直あまり好きではない。もっと言うと、その「偉い」人自身が好きではない。

知り合いなの?と聞かれれば、いいえ違いますということになる。

知り合いでもないのに嫌いなの?と聞かれれば、「あなたにもいませんか?知り合いでもないけど好きではないなと思うタレントとか」と

いうことになるが、とにかくその「偉い」人の発言の端々に自分とは合わないものを感じてしまい、受け付けないのだ。


ただ、推しCP推しCPである以上、どうしてもTLにRTいいねさらには空リプまで含めて彼女を崇め奉る空気蔓延する。

そこで私は彼女アカウントIDペンネーム、「先生」という単語まで含めて、彼女の影がTLに現れないように徹底的にミュートした。

それでもイベントが近づけば彼女新刊に関連すると思しき新たな単語がTLに発現するので、それをミュートする…ということを

繰り返している。もちろんはじめからフォローもしていない。信者からすれば、私は不心得者だろう。



これもどうでもいい話だが、ここまで崇め奉られる◯◯先生とやらはどんな人なんだと思ってググってみたところ、

見事に◯ちゃんで叩かれていた。なんだ、皆が皆崇めているわけではないのだなと思うと同時に、表向きは信者に見えるあの人やあの人も

心の底ではどう思っているかからないのかもしれないな、と思い、そっとブラウザを閉じた。



そんなこともあり、私は現在身をおいているジャンルではある意味中途半端創作を続けている。

たまに描いた絵をツイートに貼り付けてみたり、ある程度まとまったらpixivに載せてみたり、それで満足だ。

心優しい人からイベントに出てほしい、本を読みたいと声をかけて頂けることもあるが、上記の気味の悪い風習がなくなるか、

偉い先生とやらが去るまでは御免被りたい。

先生とやらは自己顕示欲自己評価承認欲求の塊のようなお方とお見受けするので、ジャンルが盛り上がっていて

適当キャラクターセックスさせて崇め奉ってもらえるうちは去ることはないだろう。


昨今、同人誌価格設定創作活動における人間関係に疲れる等の記事拡散されているのをよく目にする。

私はそうした疲れを感じたくはないので、今のままでいようと思っている。

詩織愛海の「らぶ!」」第28放送江上椿と怒られた話書き起こし

詩織「この番組は海を愛する…… 瀬名詩織と」

愛海「お山を愛する棟方愛海が」

詩織「新たな愛を見つけるラブ発見型新感覚ラブリーラジオです」

愛海「この番組は磯端交流提供でお送ります

詩織「……愛海ちゃん最近、江上椿さんと仲いいんですか?」

愛海「……う、うん。割と、かなあ」

詩織「何を言い淀んだんでしょう…… もしかして…… これオフレコでした?」

愛海「……いやあ、その。どうだろう」

詩織「この間、346プロの人がよくレコーディングするスタジオの近所の喫茶店にいたのを見たんですけど……」

愛海「それは…… 大丈夫な方かな」

詩織大丈夫…… じゃないほうもあるのね……」

愛海「その、あたしはいいんだけど、椿さんサイドがどう考えているかひとつわかってないのです」

詩織「……何か特別なことがあったの?」

愛海「これぐらいはいいのかなあ、あのね。

あたしってアイドルイベントに参加するタイプアイドルじゃないですか」

詩織「じゃないですか…… と言われてもだわ……」

愛海アイドルイベントって握手会だけじゃなくて、チェキっていうその場でプリントされるカメラで、ツーショットをとれるの」

詩織「私もアイドルからさすがにわかますよ」

愛海「それで、その、時々、本当に時々、持ち込んだカメラでも撮ってくれるイベントもあるのね。

多分あれ、イベントを仕切ってるディレクターとか次第なんだろうけど」

詩織「……だいだいわかりました」

愛海「うん、それで少しカメラ相談に乗ってもらってただけだよ」

詩織「では…… この間事務所千川さんに二人して叱られてたのは……」

愛海「……うん。

れいいのかなあ。

まあ話してダメなら、適度に効果音入れておいて」

詩織「…………」

愛海「そのね、多分椿さん自身がそろそろラジオとかブログとかで話すかもだから、あたしから発信するのは違うかなあとも思うのだけど。

なんかああいう、アイドルとの撮影会みたいなのが、普段ガチ撮影とは違う良さがあるんだって

詩織「……あると言われればあるのでしょう」

愛海「それで、なんかあたしがそのチェキ撮影会の話をしてから、椿さんと一緒にそういうイベントに参加することが増えて来てて」

詩織「その参加というのは、演者としてでなくってことね……」

愛海「うん。一般人として参加してるの」

詩織「……それで、千川さんとどう繋がるのかしら?」

愛海「その、千川さんについて喋る前に誰かというのを説明すると。千川ちひろさんっていう、うちの事務所事務員さん? マネージャさん? アシタントさん? とにかくそ役者じゃない社員さんがいてね」

詩織「多分リスナーの人にはライブで注意事項を読まれていたりする人ね」

愛海「うん、それで、そのちひろさんが、

うーん、あれをなんと表現すればいいのかわからないんだけど」

詩織「『承認欲求』という言葉を使わず表現すれば柔らかくなるわ」

愛海肥大した承認欲求をお手軽に満たそうとネットに裸を晒す女性、みたいな話じゃないから!」

詩織「……まあ」

愛海「当たらずとも遠からずかもだけど違うよ。

とにかくなんというか、そのプロダクション事務所所属していない素人コスプレイヤーの方々が個人的カメラができる人を集めて撮影会をするという話を、ちひろさんに聞いてね。

そしたら、椿さんが盛り上がっちゃって個人的にそういう人と繋がりをもとうとして……」

詩織「……おふぱk」

愛海「そんなわけないでしょ!」

詩織「江上さんが…… オフパk」

愛海「あーーー! いや、本当に違うから。そういう汚らわしい承認欲求にまみれた感じのやつじゃなくて! 純粋に! 純粋カメラが好きなだから、そういうことも好きなだだから!」

詩織「でも叱られたのでしょ」

愛海「椿さんにはそういう意図はなくても、相手の人にはそういう意図があるかもしれないからね」

詩織「……その通りね」

愛海「いやもうね、囃し立てあたしも含めて、すごく怒られたよ」

詩織「……当たり前だわ。

しろ、下心のかたまりみたいな愛海ちゃんが気づいて止めましょうよ」

愛海「あれだね、あたしがユニット組むなら、ブレーキ役ができる人が欲しいね

詩織日野茜塩見周子宮本フレデリカ一ノ瀬志希、棟方愛海

愛海「LiPPS率高い」

詩織「……その、愛海ちゃんも江上さんもアイドルなので気をつけてください」

愛海「はーい」

2018-02-19

ペット承認欲求を満たす道具にするな問題

自分アカウントで散々ペット画像をあげている糞が喚いてて呆れる

自分が何をしているのか全く自覚してないんだな

そのペット画像は何のためにネットにあげてるんだと気の済むまで問い詰めたい

2018-02-18

プライドの拠り所がどこにもない

Sierをしている。本当にその名前で正しいのかは自信がない。そもそもインターネットにいる人達が口にするこの職業の示す範囲が人によって違う気がする。とりあえず自分自分Sierだと思っている。

この仕事をしていると自分が今ここにいる意味や、自分の身につけたスキルや、自分社会に役に立つ人間なのかを嫌でも考えてしまう。

自分以外の人間がやった方が絶対この仕事ははうまく回る気がしてならない時があって、スキルと呼べるものなんて何も身についていないような気がしたり、何より自分が今ついている立場のもの社会にとって不要な肌感覚すらある。

そうなると、仕事を通してプライドの拠り所なんて1つもなくなる。

しろ仕事をすることで日々積み重なる自分存在意義についての自信喪失を考えると、仕事をするほどに別の場所プライドの拠り所がなければ自分がいまここに居ていいのかという不安が無制限に大きくなっていく。

どうすればいいんだ。

承認欲求をお手軽に稼いでも、お手軽に稼げる承認欲求ではそもそも差し引きの土台にすら立てないような物が失われていっているんじゃなかろうか。

自分は今ここにいることで社会の一員をちゃんとやれていると思えるほどの何かを手に入れるには、ここから逃げ出すしか無いんだろうか。

だが、自分が今ここにいるのはそもそも自分能力ではスキルを積み上げる仕事には付いていけないと確信するにたる証拠人生の中で揃ってしまたからだったのではないか

そんな自分が今更になってここから逃げた所で、そこに何があるのか。

スキルのいらない仕事をするスキルのない人間だと割り切って、上っ面のノウハウと手慣れだけで自分の居場所でっち上げることにもっと意識を集中すべきではないのか。

そこまで分かっていて、それでもまだ「この仕事スキルを身に着けることなく生きていっていいのか」という警告が頭のなかで鳴り止まない。

anond:20180218132558

認めてやるよ。

他人に認めてもらわないと生きがいを得られない、という発想に陥っている人は大変ですよね?

自分1人になったとき孤独・寂しさに苛まれるんじゃないですか?

レゾンデートル

自分の「存在理由」に、承認欲求を使わない方が気楽ですよ。

自分評価は、自分が決める。

他人から与えられる評価は、参考程度でOK

そういうわけで、別に認めていただかなくても結構です。(丁重お断りいたしますw)

(てか、面白いネタだと思うけどさ、本気でそう思ってんの?)

(それだと他人マウント取られちゃうタイプ性格から変えた方がいいと思うよ?)

無料アドバイスちゃう俺、親切だよね?www)

リンクを流すことに関して

今更何をと思われるだろうが、ツイッターで「リンクを流す」という行為意味がいまだに解らないでいる。

自分ブログとか、何かを宣伝するためにリンクを流すのは普通に理解できる。

ただ、自分が読んで共感した記事リンクタイムラインで共有する、その意味が分からない。

お気に入り登録するなり、ブックマークすればよいことであって、わざわざ他人に知らせる必要なんてない。

そもそもあなた共感に私も共感するなんて、分からないではないか

きっとあなたも読みたいだろうという、その身勝手な自信はどこから来るのか。

時々はそういうこともあるだろう。この記事を教えてくれてありがとうという事が。

でもほとんどの場合リンクは踏まれ無視されるだけである

なぜ自分だけの共感にとどめずに、恩着せがましく他人に教えようとタイムラインに流すのか。

ツイッターの仕組みはメール類似するけれど、この「リンクを流す」行為メール存在しないし、従来のメールでは説明がつかない。

承認欲求」はあまりに普及しすぎた言葉だが、自分が流したリンクシェアされて欲しい、これは承認欲求の表れではないか

シェアボタンを押す人に問いたい。あなたはそのリンクにどうなってほしくて、ボタンを押すのか。

2018-02-17

anond:20180217225101

自分いるかと思った、まぁ自分場合医者ではないけど

全てを投げ打って仕事をして承認欲求を満たし続けてきたけど、結局は何も生み出さなかった

周りの見る目も尊敬とか、そういうのじゃないんだよね……

凄いのは認めてくれるし褒めてもくれるんだけど、まぁあの人だからね、みたいな

ペット飼おうぜ、ペット

飼い主に完全依存して、いくらでも満たしてくれる

俺はそれで死んだような人生を送り続けてる

自分を削って承認欲求を満たしている

医者をしている。

仕事モチベーションといえば聞こえはいいが、自分仕事をこなしているのは、すごい・ありがとうと褒められたいからやっていると感じている。そういわれ、そこそこ高い給料が入れば承認欲求が満たされている。

よく、患者さんの感謝の声を聞きたいからやっているというような医者もいるが、自分にとっては患者さんから感謝言葉よりも、同業者からの称賛が一番満たされる。他科から紹介された患者治療して他科の医者から感謝されることや、難しい症例でうまく治療できて上から褒められると満たされた気分でいっぱいになる。

満たされたくて、褒められたくて、頑張ってきた。ずっと人生うまくいかず、趣味も本をちょっと読むくらいで、友達恋人もいない。インターネット文章とか書いてみたりしたこともあったが受けもしなかった。仕事最初全然ダメで、楽しくもなく、つらいことばっかりだったが、ある時仕事をがんばってみると承認欲求がみたされることに気づいてからは、仕事だけはうまくいくようになった。今は他科からも上からもどんどん患者コンサルトされて、どんどん欲求がみたされていく。毎日11時12時まで仕事して、休日も出勤して、当直もして、身体はかなりしんどくてボロボロになりかけているが、そうすればするほど、すごいって褒めてもらえて、うれしい。他の医者から心配してもらって、かまってくれることも嬉しい。どうせむかしから眠れない。酒は増えた。

でも人には心が開けず、人とは仕事の話しかしていない。人と話せるネタが他に全くない。子供のころから勉強ばかりしていたが、成績が悪くて怒られることは多くても、褒められたことが全然なかったからこう歪んだのか、単に友達恋人もいないコミュ障からこうなったのか。いずれにせよ歪んでいるなとは思う。いつか体壊したら止まるのかなと思う。今は便利に使われていて、たぶんダメになったときに味方なんていないと思ってる。この気持ちのまま研究かに行けばいいのかもしれないけど、結果が出せないと意味がないので、満たされない可能性があるから行きたくない。結局精神年齢が低いままで、小さい子供が褒められることが嬉しくて同じことし続けたりするようになるってのが、今やってきたような感じ。

他の医者結婚とかしている。自分恋愛経験とかがないまま一人で仕事にうちこんでいる。真面目といわれる。これを書くのはこのあたりがコンプレックスになっているからだろう。仕事の話以外が人とできないので仕事がおわると職場人間とはかかかわらずに生きていて、それが辛いけれどどう話したらいいのかわからない。飲み会とかが開催されたときにあたりさわりのない話はできるが、胸を開いた会話ができるわけでもない。何を話したらいいのかがわからないというより、自分の胸の中に知識抑鬱以外のものがない。

それなりに患者さんから感謝されることは多いが、それが自分に響いたことが、一度もない。人間としては本当はダメなんだろうなって思う。しかしこのやり方が患者利益に繋がっている。それはよいことであるといえる。自分はどこかが地獄にいるようなきがする。朽ちるまで走り続けるしかない。実情がどうであれ結果がよければそれでよいのだろうと思っている。

今日も酒をのんでる書きちらしている。これでも推敲したのだが、うまくいかない。

そういえば前、先生カルテ情緒なのはいいけど散逸しないようにしてね、と部長にいわれたのを思いだした。

anond:20180217004059

全面同意だ…。承認欲求が悪なんじゃなくてほしがりすぎるのがいかんのだ

承認欲求って悪いことじゃない

よく承認欲求かに否定的意見をみかけたり、そういう欲を持っていることを恥ずかしい・純粋じゃないと思ってる人もいたりするけど、「誰かに褒めてもらいたくて何かをする」っていうのは全く恥ずかしいことじゃないし、承認欲求強いwwとか貶すようなことでもなく、クリエイティブなことをするためにとっても大事原動力だと思う。

例えば小さなお絵かきして、「もっと描こう」って思ったきっかけって、褒めてもらったのが嬉しかたからだったりしない?それ自体はすごく純粋動機

しろ絵を描きはじめて今まで誰からも褒められたことがないがない、でも描きたくて描いてる、って人は多分ジャンヌ・ダルクばりに神から天啓がくだってる人だと思う。すごい。

何かする→評価される→より頑張る→さら評価されるっていうのは、すごい良い循環。

これでどんどん絵は上手くなる。向上心を伴う承認欲求ほど、自分画力を向上させるものはないってくらい。

ただこれに向上心が伴わなくなると一気に承認欲求って地に落ちてしまう。

何も向上していないしたいして努力もしてないのに評価してほしいって、そりゃママしか褒めてくれないよ。

評価されない、認めてもらえないって言っている人は、果たしてその評価を得るための努力をしているのかな。

ハンコみたいに同じような絵を量産して描いているつもりになってるんじゃなく、あなたが見て上手いと思う誰かの絵のようになるために、ちゃんと人体の描き方とか勉強してる?

私の、俺の絵柄はこれだから!とかなんとか言って、結局上手くならない自分から逃げてない?

絵っていうのは上達の早さに違いはあれど、きちんと自分が下手であることを認めてプライドをすてて練習すれば誰しも絶対上手くなる。

よく評価されないと嘆いているひと、評価されないのも当然な絵を描いてるんだってまず自覚して、まずは練習を重ねないと、評価なんてされないよ。その練習の重ね方も、上手いと感じる人の体のラインを参考にしてみたり、人体教本を最初から最後まで模写してみたり、「あ、目ってこういう描き方するんだ」とか「体ってこう描くんだ…」って気ずきがあるのが身になる練習。今の状態金太郎飴を量産して描いた気になっててもそれは練習じゃないし努力でもないから。

こういうことを言うと、「私は楽しんで描いてるから今のままでいいんだ」っていう人もいるんだけど、もちろんそれはそれでいい。そういう人もいるし、評価なんていらない!って場合はその方がきっと楽しい

ただ、そんなに上手くないけど私をそのままで評価してくれ!沢山RTいいねもして!ってひとは、現状で周囲からも褒めて欲しい!なんてのは高望みだと自覚してほしい。事実として実際評価されてないなら、「評価がない…」と悩まない。それだけの実力がないんだから仕方ない。実力のない創作者を褒めてくれるの仲良しの友達ママだけだよ。それで十分!って諦めないと。

やだやだ仲良しの友達ママ以外にだって褒めてほしいんだもん!っていうなら向上心をもって練習すること。どちらを選ぶかは自分自由

から承認欲求自体は悪いことじゃない。

その欲求を満たしたいなら向上心をもって努力する、努力するのが嫌なら承認欲求を満たすことはあきらめる。

承認欲求が悪く言われがちなのは努力するのが嫌だけど承認欲求は満たされたいというチグハグな人が目につくからじゃないかなと思う。

というわけで、評価されたいならもっと練習しよう。評価されないなら、単純にあなたはまだまだ下手で練習必要だってことを認めること。認めた上できちんと上手くなるために練習したら、絵は絶対上手くなるから

2018-02-16

痛車って単なるオタクがよくやる悪ふざけ型承認欲求の発露だよな

キチガイ境界線を競う趣味全然面白くない

2018-02-15

マイナージャンル同人活動(オフ)を続ける意味

またフォロワーが1人、ジャンルオフ活動から撤退した。泣きたい。


個人的には同人誌は売れること、感想をもらうことが全てではないと思う。

それでもジャンル斜陽になり、サークル海鮮が減るとそれに伴って人がいなくなっていく。

感想がもらえない、本が売れない、交流できない・・・


メジャージャンルはさぞかし楽しいんだと思う。行ったことないから分からないけど。

人が多くて感想ももらえて本も売れる?

お金が儲かる?

承認欲求が満たされる?


じゃあこのご時世にマイナージャンル同人活動をする意味ってなんだろう。

本を作りたいなら自分用に一冊だけ作れる。

中身はネットで公開も出来る。

同人誌にするよりもずっと多くの人に見てもらえる。

会いたいならイベントでなくても個人的オフ会を開けばいい。

そもそも交流だけならツイッターで出来る。スカイプ通話も出来る。

イベント参加費も印刷代もかからない。


同人活動ってなんだろう。

二次創作ってなんだろう。

私はなんでこんなマイナーなところで20冊も売れない本を、何ヶ月もかけて命を削って描いてるんだろう。


原作漫画は終わったし今後の燃料は絶望的だ。

それでも私はまだまだジャンルが好きだからもうしばらく描くと思うけど。

周りが撤退表明出したり他のジャンルの絵を熱心に描き出すと悲しさと寂しさでいっぱいになる。

2018-02-14

anond:20180214174551

かいいながら承認欲求をこじらせて股を開いてはヤリ捨てられる奴ですわこいつ

右寄りねつ造ヘイトさんも、左寄りの居座り過激派も、心底大嫌いだったが、

みんな承認欲求を満たしたいだけの同じ人間なのだ

同じコミニティに属する人たちの信条を代弁し、偉いひとや仲間たちに認めてもらいたい、可愛いひとたち。

2018-02-13

VIPオタクを釣るよりはてなブクマカを釣るほうが楽

VIPでの釣りはかなりストーリーを作り込まないと釣れないし、時間軸を考慮して投稿していかないとスレが盛り上がらなかった

はてなブクマカを釣るのは、承認欲求英語エクセル、論拠なしの言い切り、大言壮語イケハヤはあちゅう話題など、スイートポイントが多いし沸点が低いし楽

anond:20180212185331

承認欲求を満たしたい。

間違っていることを指摘したい。

とか、そんなんかな。

2018-02-12

anond:20180212234420

てか例えばお前ごときに返答もらったってなんとも思わんし

SNSでよく承認欲求がどうのこうの言ってるがお前の承認欲求安すぎじゃねみたいな感想しかない

かい本音とかって相手がいるとこで書けねえだろ

anond:20180212234053

わかった。けど生産性はないわな。

完全にサンドバッグって感じ。

しかし、レスポンスをもらって承認欲求が満たされるのはわかるが、

言いっぱなしで満たされるもんなのか。

少なくとも俺はこうして返事をもらうことが嬉しいし、

返事が来なかったら無視されたと思って悲しくなる。

それが普通じゃないのか。

anond:20180212231344

楽しむとかそういうのとは違うんじゃないかな。

自分の中に溜め込んだ思いの丈を書きなぐる。そのための匿名ブログコミュニケーションはおまけ。それを期待して書くものじゃない。書いて楽になるためのものだと思っている。

はい承認欲求ダダ漏れで、いかレスポンスを貰うかって使い方をしてる人も結構いる。

そういうのは大体極論や偏見を浴びせてマウント合戦してるくだらないものから、見なくていい。

初心者なら、上にある「アーカイブリンクから過去の人記事を眺めてふーんって思うだけで十分だと思う。

anond:20180212204332

そりゃ喉を通る事実承認欲求を満たすだけで味わってほしいとか思ってる訳じゃないからね

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん