「承認欲求」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 承認欲求とは

2021-05-12

ダイマ募集かい風習

ほらシンデレラガールズってあんじゃん、そうそアイマス

毎年毎年無駄にギスギしまくる総選挙とボイスオーデの時期が今なんだよ。

そしてここ数年ダイマ募集という意味の分からない風習がついた。

いや最初からあったかもしれない、最初からこのゲームやってねーし。

これマジでクソだろ、リプライクソほど貰って承認欲求満たしたいだけか?

いや、そもそも検索したら?お前が今ツイート投稿している端末はなんだ?ただの高級文鎮か?

大体気になったアイドル名で検索すりゃニコニコpixivアニオタどれか三つは出てくる

そして一部は有志がまとめたwikiだってある、そこらへん見たら大まかなキャラ像くらいわかるんだよ。

誰に投票したらいいかわかんない?俺だって知らねえよ。

正解なんてあるわけねーだろ、投票して圏外だったらどうしようとか思ってんのか

どうせ総選挙アイドル140人は圏外、ボイスオーデは約90人は圏外。

投票した奴らのうち何割かはドブに券と金を捨ててるようなもんなんだよ、これが現実

そもそもお前が誰に投票たかなんて興味ないから、覚えとけ。

お前の直感信じろ自分自身を信じないでどうすんだ?

目をつぶってタップした先に投票した方がよっぽどエライ運命を感じろ。

すまねえ、話が逸れた

ダイマ募集で一番ムカつくのがこういうのなんだよ

ダイマして頂いたアイドルを集計し割合を出し、その割合投票します!」

「リプにてダイマを一番多くいただいたアイドルに、期間中入手したVAの票を全部投票します。」

「頂いたダイマの数で配分を決めます

なにこれ?お前全然興味ねえだろ、ただクソほどリプ貰ってチヤホヤされたい気分になってんだろ?

お前何様なんだ?クソみたいに大量に票持ってるだけで偉くなった気にでもなってんのかよ。

こんなの金配りしてるどっかの元社長とか詐欺アカウントと一緒だ、クソッタレクソッタレ

こういう奴らには敬意がない、お前は教えを乞おうとしているのにどうしてそこまで上から目線になれるんだ、クソオブクソ。

来年ダイマ募集ってツイートした瞬間に問答無用で凍結されればいいのにな!無理か!クソだな!

そもそもこんなイカレクソ投票無くなっちまえ!じゃあな!

日本少子化が18年早送り」の記事でさ

ブクマカ赤ちゃん生んだとコメントする意味がわからない。

承認欲求高すぎない?

お前のコメント少子化対策にはならないんだけど?

ツイッターテレビ観ながら実況してた方が「いいね」がたくさんもらえて承認欲求を満たせていいのに、

なんでトラバブクマほとんど付くことのない反応のない増田にみんなたくさん書いてるの?ツイッターでいいじゃん!

anond:20210512115952

異世界転生が廃れて変わりに追放物が主流になった事で

「巨大な力を手に入れる」が「本当の俺は最初から巨大な力を持っていた」になってて

「人々から尊敬と賛辞を得る」が「俺の才能を見抜けなかった奴が落ちぶれるのを楽しむ」になった

現実逃避現実改竄になり承認欲求攻撃性になって本物の糖質しか付いていかない魔境になってる

2021-05-11

よければ話聞くよ?

って言い方が死ぬほど嫌い。

「何かあった?」と聞かれた時に、馬鹿正直に「仕事で悩んでて」とか「家庭でうまく行かないことが…」などというと、結構確率で「よければ話聞くよ?」って返されると思うんだけど、これって「その悩みとやらについてこちらが理解できるよう簡潔にまとめて話せ」って言われてる気がしてしまう。しかも、そこで話し始めると悩みを聞いてあげた/聞いてもらったの関係性に否が応でも持ち込まれしまうのが嫌だ。こちらは悩み事があって大変なのに、ここでまた変な借りを作ってしまうというか。しかも、その聞いてくれた相手解決してくれるとは限らないのに、聞いてくれた相手がわかるように簡略化して伝える労力を割いてなお、「聞いてくれてありがとう」っていうお礼は言わないといけないっていうのも辛い。

 同じように、「もっと頼ってよ」って言われると、「こちらの負担にならない程度に頼って俺の/私の承認欲求を満たしてくれ」って聞こえてしまう。「もっと甘えてよ」も同じ。

 こういう聞き方をする人には絶対に悩みは打ち明けないし頼らない。

 察してちゃんと言われたらそれまでだけど、それよりも何も言わずに一緒にいてくれたり、気分転換に連れ出してくれたり、何なら変なクッションは置かないで「何があったの?」って切り込んでくれる方がよっぽど労られてる気分になる。

2021-05-10

155cm-162㎝代の女、承認欲求が強くてマウント気質でネチネチ面倒臭い性格が圧倒的に集中している気がすると思ったけど、普通に日本人女性の平均身長だったので母数が多いだけだった

2021-05-09

左遷された承認欲求高めの中年同僚からモラハラが辛い件。

 4月から異動した職場に嫌な同僚がいる。

 年齢はおそらく40代。おっさんである。既婚だとか、子供の有無と言ったプライベートの情報は一切話さないから、知らない。

 そして何が嫌かというと、一言では言い表せないが、これが面倒くさいおっさんなのだ。具体的には、人の悪口を言う。上司や前の職場、もちろん私に対してもだ。内容はくだらない。上司に対しては、実力がない、知識がないといったレッテル貼り。前の職場に対してもそう、サボっている、適当だ、お局だ。私に対しては、やる気がない、実力がない、使えない(これはモラハラ?パワハラ?)。私なんて異動した初っ端からそんな事言われたから、家帰ってもリフレインして辛かった。耐性がないと言われたらそれまでだけど、よく知らない相手にむき出しの敵意?向けられて、意味分からなさすぎて悶々とした。気分回復するまでの時間は無駄に奪われたと感じて不快極まりない。

 まず、言い方が単純で、悪口をいいたがりの中学生みたいで呆れる。親とか先生に反抗したがり、他人を見下したがりで。精神的に幼い。ちょっと話が長いことを上司に注意されたことを逆恨みして、上司の悪口言うとか、40代の男性にしては幼いというか。おそらく、前の職場でも楯突いて、低評価食らったのだろう。珍しい位、恵まれない職場を転々としている。通常3年程度在籍するが、短い期間で動いている職場が何回かある。出されたのだ。

 批判の中には事実もあるが、常におまいうという感じ。一方で、承認要求も凄まじい。自分は使えない、やる気がない、と言いつつ、でしゃばりたがり。身につけた知識を総動員して開陳し、若手に延々同じ話を繰り返す。確かに、仕事上使える知識も多いし、役立つことも多い。ではなぜ自分は、早く帰りたい、こんなくだらない仕事やりたくない、低レベルな仕事だ、などと言って、モチベーションが低いポジションをとりたがるのか、他人に対しても、心の狭さを隠そうともしない態度をとるのか、全く不明。普通にベテランとして知識を仕事に役立てて、上司とも波風立てずに仕事すればいいじゃん!そうすれば頼もしい人だよ。だけど、それはできないらしい。

 想像だが、勉強熱心で野心もあるが、性格に難があって人に評価されずにここまで来たため、捻くれたのだろう。「私はやる気がなく不真面目だ」というポジションを取ることで、不遇な人事を正当化しつつ、同時に知識や仕事面で人に評価されたい、承認されたい、という強烈な欲求がある。たぶんプライベートではブログとか、SNSで一端の知識人気取っているのだろう。過去に似たような上司に当たったことがあるが、彼はアマチュアのジャーナル誌に寄稿して、アカデミックな立場を気取っていた。そういう、自尊心を保つ趣味にプライベートで打ち込んでいるんだろう。それ自体は否定しないし、頑張っていただきたい。

 問題は、評価や承認欲求を満たさない他者を攻撃する癖があるということだ!若手や他の社員と違って、上司や私は彼を評価していない。長過ぎる彼のスピーチに辟易して、時に冷たく切り上げたり、話しかけないように拒絶しているが、きっとその態度が気に入らないのだ。しかし、驚くべきことに彼は自分を敬って欲しいようなのだ。よく知識を知っているとか、仕事が早い、だとか、言ってもらいたそうにしている。

 また、彼は他人によくおべっかを使う。できる社員や特に若手に対して、やれエリートだ、サラブレッドだ何だと大げさに称賛する…こうやって自分を卑屈に言いつつ他人を褒めそやす人間は、自己愛が強く、同じように称賛されたいという欲望も強い。どうやってこの人格が形成されるのかは不明だが、実家でちやほやされて育った僕ちゃんだからかもしれない。しかし実力が無いと、家の外では誰も褒めてくれないので、結局こうやってこじらせることになる。とても複雑なパーソナリティだ。ある意味被害者とも言える?でも、他人に感情をぶつけるのは公害だ。私はあんたのお父さんでもお母さんでも無いんで。

 

 その時の感情に任せてぶつけてくる、他人、しかもおっさんはキツイ。さらに面倒なことに、人からの承認の調達が不器用な理論武装おじさんは相手への傷つけ方もねちっこいので最早救いようがない。

 前の職場でも嫌な人がいて耐えてきたのに、どこに行っても嫌な同僚は絶えないもの。彼は常々出勤したくないとかほざいているんで、ずっとこの先、一生リモートでもしてて欲しい。どうすれば機嫌よく仕事してもらえるのか、他人の機嫌取りするのはもう疲れた。リモートのいいところはそれがないところ。気分屋で、他人を傷つけながら承認欲求求めてくるおっさんは害悪でしかないから、どっかいって欲しい、居なくなってほしい。一応、発言はメモしてるんで、限界が来たら上司にハラスメント行為として訴え出るつもり。

承認欲求高めの中年モラハラ同僚がいる件。どっかいって欲しい。

 4月から異動した職場に嫌な同僚がいる。

 年齢はおそらく40代おっさんである。既婚だとか、子供の有無と言ったプライベート情報は一切話さないから、知らない。

 そして何が嫌かというと、一言では言い表せないが、これが面倒くさいおっさんなのだ。まず、人の悪口を言う。上司や前の職場、もちろん私に対してもだ。内容はくだらない。上司に対しては、実力がない、知識がないといったレッテル貼り。前の職場に対してもそう、サボっている、適当だ、お局だ。私に対しては、やる気がない、実力がない、使えない(これはモラハラパワハラ?)。私なんて異動した初っ端からそんな事言われたから、家帰ってもリフレインして辛かった。耐性がないと言われたらそれまでだけど、よく知らない相手にむき出しの敵意?向けられて、意味からなさすぎて悶々とした。気分回復するまでの時間無駄に奪われたと感じて不快まりない。

 まず、言い方が単純で、悪口をいいたがりの中学生みたいで呆れる。親とか先生に反抗したがり、他人を見下したがりで。精神的に幼い。ちょっと話が長いことを上司に注意されたことを逆恨みして、上司悪口言うとか、40代男性にしては幼いというか。おそらく、前の職場でも楯突いて、低評価食らったのだろう。珍しい位、恵まれない職場転々としている。通常3年程度在籍するが、短い期間で動いている職場が何回かある。出されたのだ。

 批判の中には事実もあるが、常におまいうという感じ。一方で、承認要求も凄まじい。自分は使えない、やる気がない、と言いつつ、でしゃばりたがり。身につけた知識を総動員して開陳し、若手に延々同じ話を繰り返す。確かに仕事上使える知識も多いし、役立つことも多い。ではなぜ自分は、早く帰りたい、こんなくだらない仕事やりたくない、低レベル仕事だ、などと言って、モチベーションが低いポジションをとりたがるのか、他人に対しても、心の狭さを隠そうともしない態度をとるのか、全く不明普通にベテランとして知識仕事に役立てて、上司とも波風立てずに仕事すればいいじゃん!そうすれば頼もしい人だよ。だけど、それはできないらしい。

 想像だが、勉強熱心で野心もあるが、性格に難があって人に評価されずにここまで来たため、捻くれたのだろう。「私はやる気がなく不真面目だ」というポジションを取ることで、不遇な人事を正当化しつつ、同時に知識仕事面で人に評価されたい、承認されたい、という強烈な欲求がある。たぶんプライベートではブログとか、SNSで一端の知識人気取っているのだろう。過去に似たような上司に当たったことがあるが、彼はアマチュアジャーナル誌に寄稿して、アカデミック立場を気取っていた。そういう、自尊心を保つ趣味プライベートで打ち込んでいるんだろう。それ自体否定しないし、頑張っていただきたい。

 問題は、評価承認欲求を満たさな他者攻撃する癖があるということだ!若手や他の社員と違って、上司や私は彼を評価していない。長過ぎる彼のスピーチ辟易して、時に冷たく切り上げたり、話しかけないように拒絶しているが、きっとその態度が気に入らないのだ。しかし、驚くべきことに彼は自分を敬って欲しいようなのだ。よく知識を知っているとか、仕事が早い、だとか、言ってもらいたそうにしている。

 また、彼は他人によくおべっかを使う。できる社員特に若手に対して、やれエリートだ、サラブレッドだ何だと大げさに称賛する…こうやって自分を卑屈に言いつつ他人を褒めそやす人間は、自己愛が強く、同じように称賛されたいという欲望も強い。どうやってこの人格形成されるのかは不明だが、実家でちやほやされて育った僕ちゃんからかもしれない。しかし実力が無いと、家の外では誰も褒めてくれないので、結局こうやってこじらせることになる。とても複雑なパーソナリティだ。ある意味被害者とも言える?でも、他人感情をぶつけるのは公害だ。私はあんたのお父さんでもお母さんでも無いんで。

 

 その時の感情に任せてぶつけてくる、他人しかおっさんキツイさらに面倒なことに、人から承認調達不器用理論武装おじさんは相手への傷つけ方もねちっこいので最早救いようがない。

 前の職場でも嫌な人がいて耐えてきたのに、どこに行っても嫌な同僚は絶えないもの。彼は常々出勤したくないとかほざいているんで、ずっとこの先、一生リモートでもしてて欲しい。どうすれば機嫌よく仕事してもらえるのか、他人の機嫌取りするのはもう疲れたリモートのいいところはそれがないところ。気分屋で、他人を傷つけながら承認欲求求めてくるおっさん害悪しかいから、どっかいって欲しい、居なくなってほしい。一応、発言メモしてるんで、限界が来たら上司ハラスメント行為として訴え出るつもり。

2021-05-08

anond:20210508112840

しかに、昔はTwitterかに平気で書いてたちょっとしたことが書きづらくなった空気はあるな。

なんつーか自分幸せ自分だけのものなんだろうな。共感とかで得られる幸せ承認欲求直行するし、自分で噛みしめるしかないんだろうな。

anond:20210507145349

元ネタを広めたいために小説書いてたのに、他所からきた人に嫉妬で狂いそうって、結局は承認欲求の塊でしかない。そもそも元ネタを広めるために二次創作すること自体理解できないけど。

2021-05-07

anond:20210507171517

???

差別主義者、不寛容人間社会から排除されるべきなのは当然の話なのですが。弱者男性全体がそうではなく、攻撃的な弱者男性弱者であっても排除されるべきという話です

犯罪者も更生すれば(刑罰社会的制裁を受けることを経れば)救おうという扱いをされてるだけなのですが?


しかも、犯罪者に並列すること自体弱者男性馬鹿にしていませんか?中には犯罪相当のひどい言動をしてる人もいるかもしれませんが、大部分はそうではない。

また、「貧困」を救ったところでここにいるような弱者男性様が納得しないのは彼ら自身が語ってることなのですが。彼らが必要としてるのはお金ではなく(年収は平均以上に持っていると自称している)愛情なのですからしか愛情提供する弱者支援など存在しえないのが事実です。




そして、「セーフティネット」とやらを作り、それを担当するのを率先する義務女性にはありません。むしろ弱者男性搾取し、利益を独占してきたような(強者)男性がそうするべきなのです

男性同士が連帯することから社会は変わります

男性同士で承認欲求を満たし、差別的価値観を打破することからはじめてください。

2021-05-06

anond:20210506223747

中学生あたりだと、身内だけで通じる略語でやりとりしてるじゃん。

なぜそうするかというと、「他の奴らとは違う」という優越感を得たいからなんだよ。

なぜ優越感を得たいかというと、それがアイデンティティになるから

優越感を得ないと、周りに埋もれて自己承認してもらえないから。

そういう承認欲求が満たされない人物が使うのが「某~」という表現

「他の奴らとは違う、俺(たち)だけが知っている、分かるやつは分かるよな」感を出すことで優越感を得てるわけ。

ある意味、その年になっても自我確立していない哀れな人たちなんだよ。

陰謀論にハマって事件を起こさないだけマシだと思って、憐れむしかいね

仲良しだったフォロワーと私の最後の一カ月(前)

 これからする話は、とあるさなジャンルの小さなカプの字書きである私がいかに身勝手だったかということを伝えるものである

 大多数の人間にとっては、読んでも糧になるものはなく、むしろ不快になるものだろう。

 それでも記事にしようと思ったのは、私の中で未だに蟠った昏い感情ひとつ文章として昇華し、過去出来事として今の自分から切り離し、客観的に見てみたいからだ。

 

 

 P氏と私の出会いは三年前。

 私はそれまで活動していたある大きなジャンルを抜け、小さなジャンルのABというカプで活動を開始した。

 前のジャンルを抜けた理由は、そのジャンル民が望むものが書けなくなって、しか自分がそれにショックを受けていたからというありきたりなものだった。

 二次創作は、当然ながら自分が望むものを作って楽しむのが正しい。けれど、あなたの書く○○が好きだと言われ、しかもそれが結構な人数いたとするなら、自分のためだけに書くのではなく、他人が望むものを書きがちになる。承認欲求というやつだ。

 当時の私は、自分の望むものではなく、他人が望む作品を作り出すことに腐心していた。厄介なことに、それが楽しいと思っていたのだ。

 しかしある日、私ははたと我に返った。

 自分のためにではなく、他人のために二次創作をしているということに気づいた私は、そのジャンルを去ることにした。

 

 そうして辿り着いたABで小説を書き始め、私は驚いた。

 文字が次々と紡がれていくのだ。

 私はあっという間に小説を書き上げて、某サイト投稿した。ツイッターも始め、このカプのここが好きだということを、誰のためにでもなく、私のために呟き続けた。

 それからは、毎日が楽しかった。

 千人近くいた前のジャンルアカウントに対し、今のアカウントフォロワーゼロ。私の呟きなんて、誰も見ていないから当然いいねもつかない。

 それでも楽しくて、私は呟きを量産し、小説を書き続けた。

 三年前の、四月の終わりのことだった。

 

 フォロワーゼロと言ったが、そもそもABの活動人数は少ない。

 活動を始めたばかりの私がフォローしたのは四人くらいだった。その内の一人がP氏だ。

 P氏はすぐにフォロバしてくれた。

 お互いに挨拶をすることもなく、話しかけることもない。いるけどいない、という関係だった。

 私自身、あまり積極的に絡みに行くタイプではなかったので、何人かの相互さんと話したこともなく、黙々と壁を打つ日々だった。

 相互になって二か月ほどした頃だろうか。P氏が私にリプを送ってくれた。私はABで初めて、同ジャンル人間としゃべった。

 嬉しかったが、それだけ。

 今から思えば、初めてリプをくれたのがよりにもよってあの呟きだったのはP氏の性癖が相当ヤバイことを示していると思うが、それはまあ別にいいだろう。

 初めてリプを貰ってから、P氏と私は一カ月に一度の頻度でやり取りをするようになった。

 どちらかが作品を上げると「素敵です」と言い、それに対して「ありがとうございます」と返す。それくらいだった。

 

 彼女と急激に仲良くなったのは、はじめてリプを貰ってから一年と少し経った頃だった。

 その時の彼女と私は、同じような人間関係問題で、同じように悩んでいた。

 その頃の私は人間関係に疲れて、殆ど誰とも繋がっていなかった。

 フォロワーはP氏だけ。正直、ABで活動を続けていくことに限界を感じていた。

 ただ、まだ書き続けていたいという気持ちもあった。

 私は彼女しか見ていないTLに、ABの小説投稿し続けていた。

 

 P氏初めて通話をしたのもその時だ。

 その時に私は、彼女二次創作で仲良くなったフォロワーとどう付き合いたいのかを教えてもらった。彼女は「同じ熱量の人と狂っていたい」と言った。私も同じだ、と嬉しくなったことを覚えている。

 二次創作をしていると付き物になるのが、熱量問題だ。

 なにが問題なのかというと、熱量主観的ものだということだ。

 ある人の、あるジャンルに対する熱量を、客観的に計る方法はない。本人が冷めたと言えばそうだし、冷めていないと言えば冷めていない。

 ここまでは、誰もが共通認識として持っていることだろう。

 P氏も、私も、そう思っている。

 ただ、私は、その先も考えていた。

 ジャンルに対する熱量主観しか計れない。決して、他人には伝わらない。他人に伝えるには、行動として示さなければならない。こうした時に言葉で伝えるのは逆効果であること私は思っていた。

 たとえば、あるカプについて毎日十以上の呟きをしていた人がいるとしよう。その人はある日別のジャンルにハマって、別ジャンルについて呟くばかりになって、あるカプについては殆どさなくなった。あるカプの絵や小説がTLに流れてきても反応しなくなった。以前なら、必ずその作者に感想を送り、フォロワーにその作品が素晴らしいからとプレゼンしていたのに、そうした反応を一切しなくなった。その人が唐突に「最近○○についてばかり呟いているけど、元のジャンルの熱は冷めてない。今でも大好き」と言ったとして、残念ながら私はそれを信じることができない。

 完全に冷めてはないのだろう。新しくハマったジャンルの刺激が強くて、元のジャンルへの反応ができなくなっただけだろう。ただそれは、見方を変えれば、「冷めた」ことにならないだろうか。少なくとも、以前と同じように反応ができなくなったということは、そこに割く労力を減らしたことに違いはない。

 

 別ジャンルにはまることも、そこに熱量を注いだ結果元ジャンルへの熱が冷めるのも、悪い事ではない。

 何を好きになるのかは、その人の自由だ。

 ただ私が、「冷めていない。今でも大好きだ」という言葉が出た時点で、その人はもう元のジャンルにこれまでと同じだけの熱量を注いでいないと思うようにしているだけだ。

 本当に元のジャンルにも今までと同じだけの熱量を注いでいるなら、わざわざ言葉にしなくていいはずだ。

 言葉にして、「冷めてないよ。だからこれからも仲良くしてね」と友情を乞うているような姿に、私は何とも言えない嫌悪感を覚えてしまう。

 あくまでも私がそう思うだけだということは、言うまでもない。

 人の考え方は人それぞれだ。だからこれは、私がこう考えたというだけの話であることを改めて記しておく。

 

 話を戻そう。

 P氏は私にこうも言った。

 

「別ジャンルにはまっても、そのジャンルで狂ってる君を見てたら私は楽しい

 

 使い古されたフォロワーへの言葉だった。

 ジャンル移動しても友達でいようね、と彼女は私に言った。

 別ジャンルに嵌って、別アカウントを作ってしまうと元々のアカウントフォロワーと疎遠になるのはよくある話だ。チェックするTLが二倍になるのだから当たり前だ。そして先述の通り、新しくハマったジャンルの方に熱量を注ぎがちになるのも明白。結果として、元のジャンル作品や元のジャンルで出来た知り合いの呟きへの反応は鈍くなり、その後ろめたさからアカウントを消すという人もいるだろう。

 彼女は私にそうなって欲しくないと言いたいのだろう。別ジャンルにはまっても、同じアカウント活動して欲しい、あるいは、別アカウントを教えて欲しい。たぶん、そういうことだと私は考えた。

 それで合っているかどうかは正直わからない。

 ただ私は、彼女言葉から彼女が望んでいることをできるだけ汲み取り、そうあるようにした。

 

 その頃は、多分、上手くいっていたと思う。

 彼女と私は毎日十や二十のやり取りをして、時々通話して、ABについてああだこうだと話していた。

 傍から見れば異常だったのだろう。言われるまでもなく、当時のP氏と私の関係は、正しく「傷の舐め合い」だった。

 それでも私たち毎日は楽しかった。

 少なくとも、私は楽しかった。今思い出しても、思わず頬が緩んでしまう。

 

 そうしている間に、秋が来た。

 最初通話から一年弱経った頃、私は別ジャンルにはまった。

 彼女しか見ていないTLで「○○にはまった」と呟き。ABと一緒に新しいジャンルについて呟くようになった。

 そのジャンル用のアカウントを作ったが、稼働させるのはすぐにやめた。

 新しいアカウント活動を始めると、熱量分散されることを私は知っていた。だから、元のアカウントで新しいジャンルイラストをリツーイトしたりしていた。P氏は私が新しくハマったカプについても「私は絶対まらないけど」と言いつつも好意的だった。私が新しいジャンルに狂っている姿を見て楽しいと、初めて通話した時に言っていた台詞を繰り返していた。

 

 彼女の様子が変わったと感じたのは、年が明けた頃。

 彼女はしばしば、創作モチベーションが上がらないと呟いていた。

 例のウイルスの件もあり、イベントは軒並み中止。ジャンル民の創作活動も下火になっていた。

 元々小さな規模のABというカプで、この一年コンスタント作品を上げていたのは、P氏と私だけ。

 その私も、昨年秋から色々とあり創作頻度は下がっていた。

 小説毎日書かないと感覚を忘れてしまう。私の執筆スピードは目に見えて遅くなり、大量の文章を、人様に見せられるほどの完成度に仕上げられなくなっていた。

 それがストレススランプに陥り、さら創作頻度が下がっていることを自覚していたから、呟きは多くするようにしていた。

 私がスランプに陥っている間、彼女はABの作品が増えないことに寂しさを募らせていたようだった。私は自分の不甲斐なさを痛感しながらも、スランプから仕方がないと自分を励ましていた。

 なんとか創作に集中できる環境を作りたいと四苦八苦していたが、そうこうしている間に彼女の方に変化があった。

 毎日二十近くやり取りをしていた彼女は、私の呟きにリプを飛ばさなくなり、彼女自身が呟くこともがくりと減った。

 私は彼女の行動に覚えがあった。

 彼女は、別のジャンルにはまったのだろうと思った。

 彼女はとにかく呟くタイプ人間だ。呟くことで、日々のストレスを軽減しているのだろう。だから、ここで呟いていないのなら、どこか、別の所で呟いているのだろう。そこで呟いているから、こちらで呟くことがなくなった。多分、そういうことだろうと私は考えた。

 少しだけ、私の心に靄がかかった。

 

「別ジャンルにはまっても、そのジャンルで狂ってる君を見てたら私は楽しい

 

 かつて彼女は私にこう言った。

 別ジャンルにはまって愉しそうにしている姿をみせてくれと言っていた彼女は、しかし、別ジャンルにはまって楽しそうにしている姿を、私に見せてはくれなかったのだ。

 

 春の訪れと共に、P氏と私の最後の一カ月が始まった。

anond:20210506174550

あーそゆ意味か、なるほどねそれはいるだろね

承認欲求の何がいかんのかわからんわ。満たしたらええやん自分

anond:20210506174116

いやオタクオタクSNSイラストアップしたりするのを承認欲求〜と揶揄するみたいなノリはあるわけで、嫌なのは人間なんやで。

anond:20210506173327

ダイエットしてこれだけ痩せたとか家族面白エピソードかに承認欲求乙とか言う人いるし、「持たざるもの」みたいな意識こじらせすぎて「持ってる奴は鼻持ちならない」に変換されてるんやなって

anond:20210506173327

ほんこれ

オタク臭い絵は尊いとか騒ぐのに自撮り載せたら承認欲求は頭狂ってるとしか言えんわ

anond:20210506172619

自炊した写真載っけてるって言っただけで「承認欲求〜w」みたいな煽り方されたわ

例えばツイッター趣味イラスト載せてる人にはそれ言わないんだろうな

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん