「欧州」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 欧州とは

2018-07-16

ワイ「欧州では裁判も受けられずに処刑にされている 日本ほど人道主義の国は他にない」

死刑廃止論者「ぐぬぬ

2018-07-13

anond:20180713121429

ない。欧州歴史的にもロシアナチ侵略で頻繁に政権転覆したり国家消滅したりする、すると

ある日突然隣人が死刑になったりするので日本みたいに「自分犯罪を犯しさえしなければ死刑には絶対ならない」

という死刑に対する安心感がない。

anond:20180713115046

欧州でも死刑があった頃は死刑絶対必要って意見が大半だったが死刑廃止したら逆転した。

2018-07-12

anond:20180712142800

あファーなんとかアクションだっけ?

あの考え頭おかしいよな

欧州発だからって進歩的と考えるバカ多いのも困りモノ

2018-07-10

表参道不審者

表参道に革製品の店がある。

今日は、軽くて丈夫なマザーズバッグを買いに来た。

まだ産まれてもないのに気が早いかもしれないが、動けるうちに行っておきたかった。

シャネルディオールの間の道を歩く。この道には、カジュアルブランドのふりをしてとんでもない値段のついている服屋や、モデルエッグベネディクトを食べてそうなカフェがたくさんある。人通りも少なく、歩いていて楽しい

暑いからカフェに寄ろうか、とも思ったけど、カフェは意外と混んでいる。行きたかった革製品の店には行けたし、電車が混む前に早く帰ることにした。

来た道と同じ道を歩く。シャネル寄りのスロープに刺青をした男が道に面して座っている。嫌だな、と少し思った。スロープは狭く、男に距離が近い。車道側はトラックが二台通っていて危ない。仕方なく、スロープを歩くことにした。

「お前、NGデブ。」

刺青の男の前を横切るとき、男が私に聞こえるように言った。

「お前、ブス。NG

今度は後ろの女性に対して言ったようだ。女性も私と同様に無反応のようだ。私は怖くて、男の顔も見ず、振り返らず、足早に歩いた。

怖かった。

そして、悲しかった。

きっと私に対して言ったのだと思う。

かめる術はないし、憶測しかない。しかし、状況からしてそう考えるのが自然ではないだろうか。

原宿表参道には、通りを観察するように座っている男女がたくさんいる。多くはガードレールのようなところに座って、じっと人々を見ている。美容師スカウトマンなのかもしれないと思っていたが、単に通行人を品定めするために居る人もいたのだ。

少し前に、女性にだけわざとぶつかる人の動画話題になった。今回の出来事も、きっと「そういう人」とぶつかってしまったということなのだと思う。私がひとりで歩いていなかったら。もし夫と歩いていたら、同じようなことを言われただろうか?私の夫は細身だし眼鏡をかけているため、とても「そういう人」に勝てそうにないが、それでも男性と歩いていたら突然悪意のあることを言われずに済んだのではないかと考えてしまう。

都会には悪意が人の形をして存在しているのかもしれない。(ただし、田舎が善良とも思わない。)日本に限らず、欧州で急に「中国人!」と言われながら細目の仕草をされたこともある。同じ国で、しつこい客引きを断ったら「背が小さい!」と言われたこともある。私の容姿いまいちなことは置いておいてほしいが、そういう経験をした。もちろん、これらは事故のようなものだ、と思ってはいるのだが。

願わくば、悪意のある言葉が我が子に聞こえていませんように。 私はあなたのために太ったのだとしたら、誇らしいことだと思っているよ。こんな人もいる世界に産んでしまうのだけど、良い人もいると思ってくれるように私は頑張るつもりです。

と、まぁ上記のようなことがあった。しかし、このことを夫にも言えず、吐き出すために書いてみた。夫はきっとこのことを聞いたら、眼鏡を割らんばかりに怒り、悲しむだろう。その姿を見るのが、今は少しつらい。

だんだん、書くことによって、感傷的になってきたのでそろそろ終わりにする。皆さんも、不審者にはご注意を。あの道にいつもいるかは分かりませんが、見かけたら離れた道を通ってください。品定めされたいという人はあまりいないとおもいますので。特に女性のみで歩く人は気をつけてください。創作だと思いたい方はどうぞご自由に。この文章がどう思われても、少しでも読んでくれる人の注意喚起になれば良いと思います。それでは。

ブラック企業批判でよく出てくる欧米比較

ブラック企業批判はどんどんやれと思うけど欧米会社がまるで理想のように言われるのは意味不明

まずもって「欧米」って欧州米国一緒くたにしてる時点で噴飯モノなんだけど

欧州(だいたい北欧)の社会保障システム+米国企業システム」みたいなキメラ脳内で作り上げて例に出してるアホまでいるし

最近はやたら中国企業を持ち上げる人までいて「やっぱアホは一回海外に行かせてみるべきだなー」って思ったり

2018-07-07

anond:20180707215611

一連の赤軍事件ある意味テロっぽかったけどね。

成田闘争なんかも一時は激烈で、検問は物々しかった。

まぁこの辺は日本っぽくないって言えば日本ぽくないのかもしれない。

赤軍テロ欧州過激派に引き継がれて今やワールドワイドかも。

誰が死刑批判できるか

駐日欧州連合と各国の駐日大使が「日本死刑執行されたことを受けた、現地共同声明」を発表した。

https://eeas.europa.eu/delegations/japan/48047/node/48047_ja

私は、死刑制度はすでに「ある」ものなので、存在を疑ったことがないタイプ人間である。多くの人が通勤時に信号を受け入れているように、人を何人も殺したことが確実と思われる者は死刑になると考えて生活している。

ただし、このような駐日欧州連合と各国の駐日大使の声明についてはモヤモヤとしたものを感じてしまう。なので、彼らの主張が本件に当てはまらない点と主張の欺瞞を明らかにしてみたい。すでに「偉い人」によってナンセンスとされている議論かもしれないので、皆さまの叱正も乞いたい。

過誤の存在

声明文には『どの司法制度でも避けられない、過誤は、極刑場合は不可逆である。』と書かれている。しかしながら、オウム事件刑事裁判において、犯罪事実行為自体は争われておらず、弁護側から反論は主に責任能力だった。したがって、本事件については冤罪ということはないように思うし、本事件について冤罪を疑うレベルの懐疑心の持ち主は日常生活を送ることは難しいだろう。また、「じゃあ、過誤じゃなかったらどんどん死刑にしてもいいの?」と反対論者に聞いても絶対に賛成しないのでこの主張は本質的でない。

犯罪抑止効果

より説得的な意見は、同声明文の「犯罪抑止効果がない」という箇所である。例えば、人権団体アムネスティは、「科学的な研究において、『死刑が他の刑罰に比べて効果的に犯罪を抑止する』という確実な証明は、なされていない」と主張している。さらに同団体は、以下のようなデータを示している。

1981年死刑廃止したフランス統計でも、死刑廃止前後で、殺人発生率に大きな変化はみられません。韓国でも、1997年12月、一日に23人が処刑されましたが、この前後殺人発生率に違いが無かった、という調査が報告されました。また、人口構成比などの点でよく似た社会といわれるアメリカカナダを比べても、死刑制度廃止していない米国よりも、1962年死刑執行を停止し、1976年死刑制度廃止したカナダの方が殺人率は低いのです。(http://eumag.jp/feature/b0914/)」

しかしながら、ここでは統計的な手法によって科学エビデンスを示していないので、主張は信頼性が低い。要は、死刑制度について賛成派も反対派も明確な科学エビデンスを持ち合わせていない。つまり犯罪抑止効果については、仮説によって類推するしかないのだ。その点、わが国の法務省の主張は明瞭(もちろん皮肉だが)。

刑罰犯罪抑止力があることは明らかであり,刑罰体系の頂点に立つ死刑に抑止効がないというのは説得的ではない。(http://www.moj.go.jp/content/000076135.pdf)」

事件に当てはめていても、(報道から)1審で死刑判決を受けたとき麻原は「何故なんだ! ちくしょう!」と叫んだことが知られており、宗教的インセンティブから罪を犯したものでさえ死刑対してコスト認識していたことがわかる。

誰が死刑批判できるか

ここまで、駐日欧州連合の主張が少なくとも本事件に当てはまらないことを論じてきたが、一般的に「死刑は残忍で冷酷であり、」誰に対しても行うべきではないという主張もある。この点については私も賛成する点もあるが、所謂おまいう案件でもあり主張は欺瞞に溢れているように思う。ここでは、EUに加盟しているフランスチベットダライ・ラマ法王の二つの行動に着目したい。

例えば、駐日欧州連合が「欧州における死刑廃止の取り組み」として紹介しているフランスである(http://eumag.jp/feature/b0914/)。フランス2015年11月ISISによる同時多発テロ対象となったことは、記憶に新しい。(事実として)フランス空軍は、1週間も立たないうちに、ISIS首都とするシリア北部都市ラッカ空爆している。そこには、過誤の議論も抑止効果議論もない。

これに対して、もう一人の死刑廃止論者の意見も紹介しよう。こちらは、2007年のサダムフセイン死刑に反対したダライ・ラマ法王声明である(http://www.tibethouse.jp/news_release/2007/070118_sdm.html)。チベット中国による人権自治侵害に晒され続けているが、法王は「私は、中国敵対などしていません。私が目指しているのは、チベット自治確立することです。」としている。法王は、フセイン死刑に対して「とても悲しいことです。大変、悲しいことです。」と表明している。

ここまで紹介したら、欺瞞なく「死刑批判できる人」が誰か明確になっただろうし、この問題日本が取る立場も見えてくるように思える。「国連人権理事会普遍的・定期的レビュー(UPR)の枠組みにおける勧告」なんて知らない。

2018-07-06

anond:20180706230439

意味がわかんないのはお前がバカなだけだろ

死刑廃止を主張してるのにヒトラーナチス幹部だけ例外として死刑にするのはダブスタ

日本だと弁護士死刑廃止訴えるときによくある「お前の家族が惨殺されても同じこといえんの?」っていう反論と一緒

本当に死刑廃止論を貫けるのか問いかけるのは意味あるだろ

それに、欧州ではかつてのユダヤ人排斥の代わりに移民排斥が始まってるし、右翼政党勢力拡大してる

あとは他国ビビらせるだけの軍事力でも持ってればナチスの再来は絵空事ではなくなるぞ

死刑肯定論者の言う「欧州警察凶悪犯を射殺している」は本当なのか?

本当なの?

2018-07-03

ハリル解任でデータが取れなくなった、積み上げが無くなったとかいってたやつ

 そんなことなかったよね。 

ハリルだったら結果はどうだったか議論するのは無意味

 ハリルホジッチがどういうメンツでどういうサッカーをしようとしてたかはもう謎としか言えないけど、基本的にはサイドからの組み立てが中心で、ボランチは組み立てをせずトランジションフィルター機能が求められていたので、全然違うことをやっていたのだけは確かだろう。柴崎はおそらくインサイドハーフとして、香川プランによっては使われるかどうか、というところで、勝手に基本スタメンを予想すると

GK川島

DF:宏樹、吉田、槙野、長友

MF山口長谷部大島

FW久保、大迫、原口

というような感じだったんじゃないかなと思うけど、まぁただの妄想だし、結果が西野と比べてどうだったかは知りようがない。一つ言えるのはハリルホジッチはもう少し若い選手を多く連れて行っていたではないかということ。これは西野に若手を連れて行く意思がなかったわけではなく、西野ポリバレントと言っていたように、短い期間の中で、最適なセットを探せるように、いろいろなことができる選手を選びたかったということではなかったかと思う。田嶋がハリルを切るという決断をするのが遅かったというのは間違いない。私個人ハリルホジッチを切るなら韓国戦ラストチャンスだっただろうとは思っている。田嶋、西野選択肢がなかったの、お前のせいだぞ?

 

ハリルホジッチ解任で彼の積み上げは無くなったのか

 これはノーと言えると思う。ハリルホジッチは、ボール保持はあくま手段である、ということを、ポゼッション状態だった日本に思い出させてくれたことは間違いないし、ハリルが重用した原口インテンシティの高さは間違いなくチームに必要不可欠なものになっていたと思う。ハリルを切った時に大騒ぎしていた、3年間の積み上げがパーだとか、データが取れなくなったとかいう話はありえんと思う。そもそも代表監督によるW杯の結果というのは、本当の最下流の話で、日本育成方針が正しかったのかどうかといった、言わば上流での出来事評価は、監督の手腕、戦術と別のところで行われるべきことだろう。

 例えば対戦相手ベルギールカクデブイネクルトワらを輩出しているのだからベルギーリーグの育成リーグとしての割り切りからの、クラブ間での4−3−3モデルの導入などは、個人能力を育てるという意味成功したとは言えるかもしれない。しかし今大会ベルギー守備は明らかに不安定だし、ネット戦術家たちが愛してやまないクラブチームのような代表チーム、プレーモデルの共有などはされていたかというと怪しいと言わざるを得ない。ロベルトマルティネスが、ベルギーの育成段階からコミットしていた監督かといえば明らかにNoだし、黄金世代の晴れ舞台采配を振るう監督として十分な時間が与えられたかといえばNoだろう。バックボーン多様性からもめまくった末に、自国英雄ヴィルモッツに頼ってグダグダやっていたのは遠い昔の話じゃない。

 クラブチームのような代表チームとして絶賛されていた二大優勝候補ドイツスペインは揃って早期に敗退してしまった。ドイツだって最後マリオ・ゴメスに放り込め、と誰もが思う展開でU字型のパスワークでコネコネコネコネ選手たちが監督意図を共有して、選手交代に機敏に反応していたかといえば怪しい。しかドイツの育成が失敗だったかと言って、失敗だったという人は少数派だろう。ドラクスラー、キミッヒ、ヴェルナーと若い選手はその才能を示していた。

日本の育成、Jリーグでの競争が上手くいっているか評価はできただろう

 ハリルホジッチは基本リアクション型の監督だったことは間違いない。彼が、どのようなメンバーを選んでいたかはわからないが、彼が日本に合ったプレーモデル提示するような監督ではなく、ボール保持はせず速攻を基本として、4−3−3、4−2−3−1システムを使い分けるタイプ監督だったのではないか。彼が采配をとっていたとして、結果が出たとしても出なかったとしても、個人による打開、あるいは速攻が日本人にあったサッカーかどうかといった評価ができたとはとても思えない。それはロベルトマルティネスルカクデブイネアザールらの共存に苦労して、フェルトンゲンアルデルヴァイレルトコンパニらの優れたCB台無しにするバイルスカスカ、超人たちの個人技による打開に頼った攻撃をしている現状がベルギーにふさわしいサッカーかどうかを議論できないのと全く同様だと思う。

 今回のチームで、酒井宏樹吉田麻也を除けば、日本選手は体格に特に優れているわけではなかったし、かつての中田英寿本田圭佑のような強靭な体でガッツリぶつかってボールキープするような選手は誰もいなかった。異常にボールを収めていた大迫にしても、サンチェスやクリバリからプレッシャーの中で平然とやっていた体の使い方は非凡ものだとして、ポジション取り、ボールの置き所など随所に工夫を凝らした技術の粋のようなプレーを数多く見せた。香川のスモールスペースの支配力は彼の特異な才能だとしても、ボール非保持の時のパスコース作り、ファーストディフェンダーとしてパスコースを制限するポジション取りなど随所にインテリジェンス技術を示した。柴崎の超正確なロングフィードマークを一瞬引き剥がす細かなフェイクは真似できなくても、彼がボールをもらう前に、状況を把握するためにやっている細かな首振り、ポジションの細かな修正は、技術だ。真似できる。乾のカットインからシュートは素晴らしかったが、あれ自体宇佐美もできるはずだ。乾が宇佐美に比べて明らかに優れていたのは、相手ビルドアップが3枚になった時、ハーフポジションからサイドへのボール制限しつつCBボランチプレスにいけるかどうかだっただろう。これも技術だ。

 これらの選手Jリーグにずっといたとして果たしてそういう技術を身につけられただろうか。これは欧州トップリーグ切磋琢磨する中で身についたものではないのか。欧州に言っても宇佐美山口のようにうまく行かなかった選手もいる。特に監督との出会い大事なんだろう。個人的には大島が見れなかったのだけが残念だ。昌司はただ一人の純Jリーグ産として立派にやっていた。個人的には大島僚太も、十分にやれたのではないかと思っているので、それが確認できなかったのは残念だが、日本が目指すべきものは明らかになったと思う。真正からガチムチにぶつかるのではない、インテリジェンスのある守備リスク管理ができる、判断力のある選手をきちんと評価し、彼らに技術を身につけさせ、フィジカルを身につけさせることではないか日本からフェライニルカクに競り勝つガチムチを探し出し、戦術を教え込むよりは難易度は低いのではないか香川、乾、柴崎のような、ガチムチではない、インテリジェンスのある選手ポジショニングや適切なアプローチの仕方を身につけることで、きちんと相手ビルドアップを阻害し、ボールの狩場を決めて刈り込んだり、セカンドボールを丁寧に拾えることを示したのは大きかったのではないかと思う。

田嶋、勇退しろ

 とはいえ、ハリルホジッチギリギリの段階で切ったことは、西野選手選考においても害が出まくったわけで、彼の育成等への貢献や、JリーグへのDAZNの参入などにどれほどの貢献をしているのかは知らないが、サッカーファンが選手罵詈雑言を浴びせる環境を作ってしまったという、その一点で田嶋、辞めよう。お疲れ様。 

anond:20180703131243

日本野球場合は、戦前から続く長い歴史の積み重ねがあるわけだからね。

サッカーは、Jリーグが創設されたのは1993年と、まだ25年しか経っていない。

セリエA創設が1929年、ブンデスリーガ創設が1963年と、欧州プロサッカーリーグ歴史と比べると若すぎる。

日本サッカーは、高度成長以前の段階。

一番損したのは40代映画で笑う欧州危機-伊監督

70年代まれ日本でも就職氷河期経験した。イタリア場合、職歴を軌道に乗せた30歳代で危機に遭い「目の前でガラガラと何かが崩れた」と異口同音に語る現在40歳代は目つきが違うと監督は語る。


日本と同じようにイタリア出生率激低なのも同じ感じだ?

2018-06-30

セックスを「消費」する現代では結婚制度は不合理?

 

現代人の人間関係に「結婚」という束縛は合わない。

フランスのようにPACS民事連帯契約)で、短期事実婚育児を実現するのが、現実的少子化対策なのだろう。

 

民事連帯契約(みんじれんたいけいやく)は、1999年フランス民法改正により認められることになった「同性または異性の成人2名による、共同生活を結ぶために締結される契約であるフランス民法第515-1条)。通称PACSパックス、仏:Pacte Civil de Solidarité)。連帯市民協約と訳すこともある。

創案者は社会党所属パトリック・ブローシュ国民議会議員

異性あるいは同性のカップルが、婚姻より規則が緩く同棲よりも法的権利などをより享受できる、新しい家族組織国家として容認する制度1999年フランスで制定されて以降、欧州各国に広まりつつある。

 

anond:20180630074743 性依存症なのかもしれない

2018-06-29

anond:20180629010202

セネガル代表選手も全員が欧州リーグでやっててこんだけ僅差でファール出してない時点でほぼ同じぐらいのメンタリティなろと思うで、

その凄さを十分理解してると選手は当然、応援団理解できると思うで

2018-06-27

欧州サッカー指導者養成機関最高峰の一つであるポルト大学大学院に在籍しつつ、ポルトガル1部のボアビスタU-22でコーチを務める新進気鋭の23歳、林舞輝が日本代表ゲーム戦術的な視点から斬る。第2回のテーマは、難敵セネガル相手に優勢に試合を進められた決め手となった「日本ビルドアップの高度な工夫」について検証する。


文 林舞輝(U-22ボアビスタコーチ)


 正直に言えば、フットボリスタ本誌に寄稿した私のセネガル戦の分析シミュレーションは間違っていたと言わざるを得ない。

ポルト大学大学雑魚ww

2018-06-25

anond:20180625072842

アウトローがやるようなスポーツイメージが強いからじゃない?

南米勢が強いことも、そのイメージを強化している。

これが冬五輪スキー競技のように、欧州だけのスポーツになっていればね。

anond:20180625043643

ランキングって短期勝負の結果で出してるから

レベルの高い欧州で結果を残せば当然ランキングは高くなる

さら短期間のワールドカップで結果を出せないからといってランキングおかしいってのも変な話

次の日本戦ではべらぼうに強い可能性ある

2018-06-24

anond:20180624092141

>>なら、FGOイベント版でわざわざ1945と付け足したのは

>>「来年には欧州死徒戦線1945イベントをやるからね、楽しみにしててね!」

>>という目配せの意味があるんじゃないかな。

ああ!なるほど!あり得ますね。

2018-06-23

anond:20180623151042

メッシの堅物っぽさ何なんだろうな

あの性格だと欧州でも国代表でも本田以上に浮いてしまうと思うが

2018-06-15

ドイツ愛国心を発揮しにくい雰囲気があるらしい

日本場合環太平洋諸国上陸して占領するくらいしか暴れなかったけど、ドイツ欧州全土やロシア西部コーカサス地方占領しまくったらかね。

ドイツ人も日本人と同じように、愛国心を表明しづらい雰囲気があるとのこと。

そんなドイツにとっては、ワールドカップこそ自国愛国心を爆発させる絶好の機会。

2014年の準決勝ブラジルを1-7で撃沈したのも、普段は抑圧されている愛国心の爆発だと思えば全てがつながる。

6月17日(日)の24:00からグループFのドイツメキシコ戦が始まる。

私はもう日本は生温かい目線で見守りつつ、ドイツ一本で応援しようと考えている。

ノイアークロースフンメルス達の活躍に期待しよう!

2018-06-14

anond:20180614191748

でも確か欧州大卒が働けないみたいなことで運動起こしてたじゃん

過去未来現在も、結局左翼日本ダメにする

いにしえの昭和時代左翼は、暴力であり主張はあるがその行動はただの犯罪者だった。

変化の前段の90年代左翼は、曲がりなりにも政治権力を強めたが、日本をより正しい未来にする高福祉国家道筋を立てられず。

米国戦争大好き。欧州では共産主義崩壊中国国有企業解体など次の未来に向けて動き出していた。

大停滞の00年代自民党は糞だったが、左翼もまた同様に糞で、未来を描けないし、投票率は30%代で、国民政治関心は最低になった。

左翼時代10年代初頭。自民党批判が大勝利の要因で民主党政権になったが、何の種まきもできなかった。ただ経済停滞が長引いただけ。

ネット時代10年代後半。左翼は懲りもせず自民党批判政権を取りたがるだけ。マスコミネット批判こそが唯一の左翼の道だと信じ始める。

安倍政権批判だけで、せっかくわずかでも景気の兆しがあったもの左翼が1年以上の政権を長期批判続けてダメにする。

間違いを批判するだけでなくそれなら有限の時間のうちに、きちんと正せ。左翼無限時間があると思ってる。

さないのは安倍が悪くて左翼じゃないって?

犯罪者犯罪をするのは警察のせいじゃないからそれを捕まえられない警察はわるくないとでも?警察犯罪者を捕まえるのに国民全員の1年以上の時間を使っても仕方がないとでも?

思想は正しいかもしれない。だが、方法はいつもダメなやり方ばかりで、何も成せない。

そして、仮に未来に正しさがやってきたとき国民は何を糧に生きていく未来なのかも語れていない。きっと清い心で飢え死にを待つだけだろう。

新興企業法律の隙間をついて新しい事業をやって大儲けして会社が大きくなったら社会的に正しい投資を始める例がある。

それが正しいとは全く思わないが、まずは社員を食わして、大きな事を成すための金と社員を増やして、それから正しい事のために金と人を使う。

そういう方法が、国民から金がなくなった今は、必要だろう。

2018-06-12

anond:20180612223448

そこでGDPRを制定するのが欧州 末端の技術者を殴り付けて悦に入るのが日本

欧州アメリカ中国韓国あたりだと年間億稼いでる選手もチラホラ居るけど

日本プロゲーマーって呼べるのはせいぜいウメハラぐらいだよな

しかも後続が増えてないっていうね

向いてないんだろうな日本人にガチゲームって

すぐにバカバカしいってなる

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん