「伝統」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 伝統とは

2019-05-24

anond:20190524191225

競馬は、能力の高い競走馬を選出するために行われていて、

そうやって能力を測るのに2400mのダービーが昔からいちばん重視されていたから。

距離と長距離中間スピードとスタミナが求められ、

3歳で勝てる早熟性と、あと運がないと勝てない。

今は長距離が軽視されたりするからいろいろ違う意見も出てるけど、まあ伝統よね。

ヴィーガニズムアニマルライツへの違和感メモ

「スー・ドナルドソンらは、先住民族土地ヨーロッパ人植民地支配したのは不正であるという例を引き合いに出し、野生動物は領内で社会を作る利益を持ち、侵略者から彼らを保護するために主権を認めるのは有効であると指摘している。」

人間権利動物に拡大するというより、先住民族権利野生動物と同格に置いたという感じ方をしてしまうのだが俺だけ??

救命ボート問題

もし救命ボート転覆して人間赤ん坊と犬のどちらか一方しか助けられないとしたらどうするかと聞かれて、PETA動物倫理的扱いを求める人々の会)のアウトリーチ・コーディネーター、スーザン・リッチは「はっきりとは分からない…赤ん坊を助けるかもしれないし犬の方を助けるかもしれない」と答えた。動物権利哲学者のトム・レーガンは、たとえ犠牲になる犬の数が何匹であろうが、赤ん坊の方を助けるべきだと述べた。これはカント以来の伝統的な義務論の延長上に権利論を展開した、レーガン立場を示すものと言える。」

差別を全く行わない立場なら、犬を助け赤子を見捨てるのは倫理的問題ないはずでは?

人間を常に救うのであれば、種差別を行っていることになるのでは?

人間だけを特別視する宗教的な考えを拒否すれば、重度脳障害または重度知的障害を持った人間を、同等の精神知的レベル動物峻別することが困難になる、とシンガーは表明する」

まり知的障害者は同程度の知能の動物と同格に扱ってよいことになる。

別のところでシンガーは、痛覚を感じない障害もつ人間は、痛みを感じる実験動物より実験対象として適格であるような意味のことを述べている。

こういった考え方は差別的ではないのか?

anond:20190522224201

2019-05-21

小学校が嫌いなら同時に自衛隊のあり方を批判すべき

小学校でやってるような集団ヒステリーじみた行為の大部分は旧帝国軍から受け売り

そして、それを自衛隊は今でも素晴らしい伝統として使い続けてる。

それを見て教育機関は、このやり方で問題ないんだなとずっと同じことをし続けている。

まりさ、小学校のあり方に違和感を感じるなら、同じ口から自衛隊無意味軍隊ごっこへの批判が出てこないとおかしいんだよ。

一糸乱れぬ統率のためと称した行進訓練だとか、異様なまでの団体責任制度、まだパワハラ扱いされないギリギリを攻めるのに人生をかけるかの如き肉体的苦痛強要上司の俺ルールに過ぎないのに完璧オウムになるのを求められる報告手順、アイロン無駄に効いた衣服毎日訓練してはかけなおし。その時間に払われる給料税金から出る)やピカピカの軍靴、そういった諸々の人生税金精神力の浪費を批判しないとおかしい。

それをせずに「うるせー軍人はそうやって無駄なことしてんのが仕事なんだよ。馬鹿あやつり人形やってな!」と言うのなら、その言葉はそのまま小中学生の上に降りかかるよ。

そこ、分かってるかい

anond:20190521131034

下記箇所について、補足。

多少横道に逸れるけど、前近代家族観認識のずれの方が気になった。

今となってはそれが極論に過ぎないという批判も多い

お手数だけどこれの根拠があれば紹介請う。

引用いただいた「今となっては『それ』が極論に過ぎない」という部分の「それ」は、直前の、いわゆる「近代見直し」が盛んだった時代の論、を受けているのね。自分家族論や社会学専門家とかではないけど、たとえば20年ほど前にはF・アリエスの「子供誕生」について、次のような言い方で「近代以前に〈子供はいなかった!」的な紹介がされ、多くの人に影響を与えたわけだけれど、

子供は長い歴史の流れのなかで、独自モラル・固有の感情もつ実在として見られたことはなかった。〈子供〉の発見近代出来事であり、新しい家族感情は、そこから芽生えた。(みすず書房https://www.msz.co.jp/book/detail/01832.html

実際問題としてこれは「(我々が思うような近代的)子供(観)」が誕生したのは近代出来事に過ぎない、というだけの話に過ぎないわけだということは、今となっては説明するまでもないことだよね。親子像、子供像が「今とは(多少)違う」のは事実としても、親子や子供過去の文献に登場しないということはない。自分が言いたかったのはそういうことです。そして、増田が引いてくれた極東ブログ引用している元論文も、原文では次のように書いてるよね。

現代において伝統家族と考えられている直系家族江戸時代に生まれたのである

これを、極東ブログさんは「日本家族なんてものはなかったし、結婚もなかったんですよ」というタイトルで紹介するわけだけれど、この図式は上に挙げたアリエスの事例とそっくりだというのは分かってもらえるのではないかなあ。つまりもともと「(近世誕生した近世的)家族近世以前にはなかった」というだけの話しかしてないのに、それをセンセーショナルに取り上げて過剰に敷衍した意味づけをしている、という構図。いかがでしょうか? 本当は、近世以前にも、たとえば古代的、中世的な形で家族はあったし、古代的、中世的な姿で「子供」も社会的存在した、ということです(たとえば「子供」を人間以前の存在として大人とは別なる名を与え、一定以上の年齢になると新たに人間としての名を与える「元服」という風習とかがそう。)。


さらに、今私たちが思う「子供」観の全てが「近代に作られた子供像」で説明できるのかと言えば、それもまた違うのではないだろうか。単純に同じと言えないことはもちろん前提なのだけれど、1300年前に山上憶良が「銀も金も玉も何せむに優れる宝子にしかめやも」と歌ったその親子観、あるいは800年前ごろに、合戦中に年配の熊谷直実が、組み伏せた若武者が十六、七と我が子のような年の若者であるのを見て思わず刀を止めるシーンを描いた平家物語に見られる「年少者に配慮する心境」のようなものが、現代私たちの「子供」観と全く不連続であると言い切るとそれも相当無理があると思うのですよ。もちろん、1300年前、800年前の人々と私たちは、政治制度世界観死生観、何もかもを共有していないと言っていい。だから、本当のところ彼らが何を感じていたかなんて分からない。(まあそれを言うならそもそも現代を生きている私たち同士だって、何をどれほど共有しているか保証されないけどね。)それより、そうして「ことば」に載せるべきことは何か、すなわち彼らが「想定した公共」が何かという点に着目してみるなら、彼らと我々の間に一定の何かを架橋することは十分可能だと言えるのではないか。それを安易に「親子像、家族像の根本であるとか結論付けるのはそりゃ止めた方がいいと思うけど、そこに「引き継いでいる何かがある」ことは認めた上で話を展開するのは、それは十分建設的なことだと思うんだよ。

コノハナサクヤヒメの話を書くスペースが無くなったんだけど、一言だけ言うとあれは一般的婚姻の姿をイメージしたお話とは言いがたいのではないかなあ。「姉妹を同じ人のもとに嫁がせる」のは、あの話では天孫降臨した人間の祖に対して山の神繁栄を授ける、という文脈だよね。それは、たとえば地域を訪れた新しい権力者に対して地元豪族が取り入る、みたいな図をベースに作り上げた物語なんじゃなかろうか? 

2019-05-20

漢方薬ってどの程度信用できるものなのかね

こんな所で聞いてもまともな返答が得られるとは思ってないけど、

犀の角とか、冬虫夏草とかさ・・・

そりゃ、食えば何かしら体に影響は出るだろうけど、

犀の角なんて体毛みたいなもんだし、

冬虫夏草なんて虫の死骸とキノコだろ?

体毛や虫の死骸やキノコ食った時と、効果が変わるとは思えないんだが。

なんか「珍しい物なら凄い効果がある」みたいな変な信仰が入ってない?

っつーか、珍しい物だからこそ、詳しく効果が分かる程、経験則が積み上がってるとは思えなんだが。

葛根湯とか普通に処方されてる物もあるから、全部が信用できないってわけでも無いんだろうけど、

経験則信仰権威伝統がごっちゃになってる気がして、どの程度信用できるのか判断がつかない。

2019-05-16

今日のお昼はカレー増田酢魔ニーレカ原日生野うょき(回文

おはようございます

マーボーカレールーツを探す旅に出かけたら

元ネタテイルズオブシリーズだったという、

まさかゲーム元ネタとは、

麻婆豆腐の上にカレーを間違えて落っことしちゃったみたいな寓話的なところからじゃなかったのね。

知らなかったわ。

逆にカレーパンのルーツをたどる旅に出たら、

元ネタカレーパンマンだったという

逆じゃないんかーい!ってまさかアンパンマンの方が先にやってたって話よ。

凄いわねやなせたかし氏。

そんな話をしてたらカレーを食べたくなっちゃうわよね。

最近インドカレーばかり食べていたけれど、

たまには日本カレーも食べてみるとまた趣が違って美味しく感じられるから

改めて食べ比べてみると美味シーズンだわ。

乱暴に言うと

前者はスパイスバーン

後者出汁の旨味!バーン

って感じで姪っ子も泣く美味しさの勢いだわ。

リンゴハチミツがそう簡単に恋ができないみたいに、

あんなシーエムのリンゴが花が咲くように開きその瞬間にハチミツを掛ける職人技!

あれは永年の伝統で未だにシージーじゃないって言うから神ってるわ。

サザエさんリンゴを横半分とはワケが違うのよ。

サザエさんリンゴとは。

ももサザエさん時代劇と考えてみた方がしっくりくるかも知れないし

そう言った心構えでみると、

今時そんな家族ねーよって無用ツッコミノックだわ。

印度のご家庭に行くと

インド母さんが、

もう慣れてるからパパパッとスパイスを一瞬適当に見えるけど、

レシピも見ずにスパイスからスパイス取り出して

あっと言う間にカレーが出来ちゃうから凄いなって思うの。

でも逆にこっちがお味噌汁作る行程を否定せずに向こうのインド母さんが見たら

同じように思うかも知れないわね。

案外そんな物かも知れないわ。

だってレシピ見ずにお味噌汁ぐらい作れるからね。

とりあえず

今日のお昼はカレーしましょって思ったわ。

うふふ。


今日朝ご飯

最近習慣づけているトマトジュース

いつもと違う道のパン屋さんに寄ったか

オムレツサンドフィッシュフライサンドしました。

朝7時まえから営業してるから気合い入ってるわよ!

デトックスウォーター

冷やし水出し緑茶ウォーラーよ。

出汁パックにお茶っ葉入れて一晩冷蔵庫に入れておけば、

それば美味な水出し緑茶が出来るから試してみてね。

案外夏だと緑茶って急須出して飲むの必死じゃない、

から水出しはオススメです。

ふと思ったんだけど緑茶ローストしたほうじ茶でも

水出しほうじ茶ウォーターって出来るのかしら?

出来たら報じるわ!


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2019-05-15

反自民だけど反ポリコレって変なのかな

まあ俺なんだけどさ。

選挙だとここ数年は自民以外のところに入れてる。

でもそれはそれとしてネットでよくされるエロ批判とかゾーニング推進とか、各種団体が訴える作中の喫煙飲酒差別的描写禁止とかキャラ人種民族バランス取れだのテンプレ描写するなだのには反対してる。

食い違ってるじゃんって言われるんだけど、そんなに変かな。

まあ変だと言われる理由は分かる。

俺が反対してる論点はだいたいポリコレで善とされること、リベラル陣営左派で善とされることだ。

まり俺は反ポリコレなわけで、となると反左派で、だったら右派自民党(下手したらさらに右)に入れる方が自然だってわけだ。


でもさー、自民側が反ポリコレかっつったら違うんだよな。

ぶっちゃけ俺の好む反ポリコレってのは、エロで気兼ねなくシコって、不謹慎ジョークゲハゲハ笑う、そういうのがオケオケオッケーな状態なの。

自民は、まあ民族差別とかはやっていいじゃん、性差別もそこそこありじゃんってスタンスは感じるけど、俺の求める反ポリコレとは違うんだよね。

右派って「清く正しく美しく伝統的な社会を!」って感じじゃん。

なんか偉そうだし、皇室とか日本人ネタにしたジョークは許されなそうだし、右派不謹慎ジョーク攻撃的すぎてだいたいあん面白くないんだよな。

性差別も女に貞淑さを求めるって方向みたいだしさー、自民の人たちって庶民が気軽にエロを楽しむの嫌いそうなんだよ。

同棲婚とかウダウダいっとらんで許したらええやん。堂々とした百合カプが増えて百合でシコれるぞ。

道徳教育みたいなのに力入れまくって、彼らなりの正しさも押しつけてきてるしさ。

その辺が全然相容れない。


じゃあ、野党に入れてるならポリコレなんで嫌いなの?みたいな話だけど、そりゃあ言うまでもないわよね。

まず不謹慎ネタ差別的(と現在認定されてる)ネタに怒る。

落語漫才ADHD傾向の人を笑いものにしてるだの、埼玉いじりは地域差別だの、女オタ学級会を面白がるのはミソジニーだの、黒塗りも白塗り和服着用も文化盗用だの。

それに左派エロが大嫌い。特に男に都合のいいエロは大大大嫌い。

ゲームアニメも、世界タイトルになると各種団体への配慮ヒロインエロい姿が自粛されるし、リベラルの人たちの多くはそのダメとする姿勢賛同してる。ゾーニングもしたがるし。

また同性婚を例に挙げると、同性婚賛成は同意できるけど、主張の論調が、父親はクソ、夫はクソ、男の必要ない社会システムもっと一般化して女性エンパワメント!みたいな感じじゃないですか。いやーそんな敵視されたらキツいっすわ。

上で書いた「百合でシコれるぞ」みたいなジョークも、性暴力かつ人権侵害って死ぬほど怒られるでしょ。

右派の人はこのネタ理解できないし、左派の人は理解できるけどマジギレするって感じ。


というわけで、自民の真善美って道徳も、リベラルポリコレジャスティスも嫌いなんですが、最近自民君の方が気分良くなってるっぽいので反自民です。

2019-05-14

anond:20190514163451

かつては、すべての伝統的なホモ・サピエンス社会において、オスの生殖上の利益を最大にするため、妊娠出産可能になる下限までのメスを性の対象とすることが許されていた。そのため10前後少女との結婚セックスも認められており、ペドフィリアの一部は、社会的に存在を認められていたと言える。かつて伝統社会規範であった宗教において、ペドフィリアに対する「寛容性」が見られていた。

続・天皇の訳わかんない儀式絶滅危惧種の命<祈り?)

前回のエントリ反響があったので追記

https://anond.hatelabo.jp/20190509090034


1.税金の使いみちについて正しいのか問題

教えてくれたコメントがあったのだが、これ関係予算はだいたい300億円だそうだ。

その人に返事したつもりが、ハイパーリンクの影響で変なところにくっついてるので、ここで改めて書く。

それが天皇への「お祈り代」のギャラになってるならもはや何も言うまいだが、

だって豊作化成功効果測定なんてどうせできないし、文化継承がどうこう言ってる人は、そもそもそういう話じゃないんでしょ?)

その300億くらいって祈ってる当人の懐には全然入らず、ほぼ役人の私金みたいになってるのが納得いかん、とその返事には書いた。

ついでに

皇族自身がこの金はいらん、っていってるのに役人がいるって言うのはお前がその金使いたいからやろ」

業者の選定とキックバックの構図が目に浮かぶ

とも付け足してるんだけど、まあこのへんは、それ憶測範疇じゃんって言われたらそれはもうしゃーないけどね。

明確に右寄りの人は、宮内庁役人と彼らへの権力配分についてはどう思ってるのか途中で知りたくなったんだが、残念ながらそういう対話はなかったな。


2.絶滅危惧種の命を奪ってまで続ける必要のあるものなのか?

今回わざわざ再エントリしたくなったのはここだ。

俺もこのニュースを知ってびっくりした。

祈祷師的なことに税費が使われていることは知っていて、前回はそれの違和感を表明したものだったのだが、まさかこんなことをしているとは思わなかった。

はてなからNGを食らうっぽいのでかけないが、10匹近くのアオウミガメが今回の儀式のために●●されてるのか。

甲羅剥がして焼いて、その割れ目を見るって占いのためだけに、ワシントン条約指定動物を何匹も??

別にベジタリアンでも愛護団体所属でもないので、ある程度きれいごとじゃない部分は理解しているつもりだ。肉食うよ俺。

でも人間の業として仕方ない部分以外は、現代では下手に命を奪うべきではないんじゃないかと思う。なんなら動物実験とかも抵抗あるくらいだし。

伝統論を持ち出していた人は、この現状も仕方ないっていうのだろうか。だとしたらもう話し合ってもわかりあえない気はしている。

だってこんなん、伝統のために生き血で魔法陣書くからそのため動物の首刎ねるのはやむなし、みたいなリクツじゃん。

常々プラスチック汚染重油まみれのウミガメが死にかけてる映像見てかわいそうって言ってる人や、

猟師が獲物をとってるブログ激怒コメントをつけて回ってる人や、

象牙やら毛皮やら使うのはやめようって日々訴えてる人は是非このニュースにも抗議の声を上げてほしいと思う。


3,その他気になったレスコメント

30年に一回くらいのたまにだから別にいいんじゃね?ってコメントもけっこーあったのは驚いたな。

今回の亀のやつとかはそのくらいの頻度らしいけど、億の予算が使われてる儀式は、いつもっつーか、毎年やってるよ。大小の差はあるけど。

安倍晋三の、芸能人やたら呼ぶ桜を見る会とやらが公金で5000万円くらい使ってて、これはいいのかって話になってるけど、同じようにこっちもちょっと考えてみてほしいと思う。

あと狂信者みたいなのとか役人サイドの感情論ですよねみたいのが案の定ちょいちょい湧いてて、そういうのはさわる価値なしと判断した。

anond:20190514132520

ロシア伝統的にウクライナ自分たち領土だと信じていて、約5年前に戦争行為を犯してクリミア併合たからね。

ここで「北方領土戦争してでも取り返す」なんていったら、あいつら露助と同格になってしまう。

でも70年経っても日本に返ってこないから、日露の話し合いでは、今後も永遠に返ってこないとは思う。

anond:20190513224247

古い伝統にしがみつくのは終身雇用のせい

時代の変化に対応できないのはずっとい続ける=エリートから

2019-05-13

現代にあった相撲の観戦方法

相撲トランプがマス席に椅子を置く置かないでちょっと揉めておるのだが

トランプに限らず、高齢化著しいわが国の相撲ファン層のことを思えば、バリアフリーの方向へ舵を切るのは良いとは思うのだ

どうだろう?

あとマスよりもさら土俵ギリギリまで詰め寄って、いっそ力水を差し出すのは俺,くらいの至近距離から感染できるというのもアリではないかと思うのだが、どうか

伝統とは言うけど、商売のために何度もお上の顔色窺ってヘイコラしてきたんだから、この機会に変えてもいいと思うんだよな

2019-05-12

16歳の賢い若者が、働き始めたり、専門的な学習に専念出来たり、モラトリアム謳歌して世界旅行に出かけたりできる世の中になったらワクワクする。そういう若者こそ、次の時代を切り開くだろうし、そういう若者を数多く輩出できる国家こそ次の時代リードできるだろう。

とりあえず自民党教育再生実行本部とやらの案は終わっている。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190512/k10011912971000.html

・あらゆる分野において変化が速い時代だ。枝葉の知識技能になるほど、学校にいる間に学校で学んでいる内容が陳腐化する可能性が高い。

・したがってこれから時代を生きていくには多様な学びと不断の学びが必要だと言うが、基本的リテラシーなしに学びを深めることは不可能基本的リテラシーが欠けていれば、学びは途絶するだろう。

・また、どんな学びがこの先の社会重要性を増していくかを個人政府が十分な精度で判断することは不可能

若い吸収力も回転数も最高の若い頭脳に、明日にも陳腐化する知識、役に立たない知識を詰め込むことは害悪である。そんな作業に数年を捧げさせる今の制度は控えめに言って賞味期限が切れている。なんなら腐っている。

・それならば、公教育基本的リテラシーを誰もが充分に習得できることのみに焦点をあてるべきだ。基本的リテラシー以外の多様な学び、枝葉の知識技能学校外や卒業後において、各自各自の意欲の応じて追求していけばいい。カリキュラムスリムになることで標準的な履修完了年限も短くなり、学習者は公教育くびきに縛られずに自分の歩みたい人生を歩む時間が増える。結果としてユニークかつ強力な人材の出現する可能性が高まるだろう。

以上の観点から自分ならこうする。

中学3年・高校3年制を廃止する。

小学校卒業後は4年一貫制。その4年間で下記5科目のみを到達基準(現行の高校卒業レベルに準ずる)に達するまで学習できる制度にする。

国語

数学

英語

プログラミング

自由科目(歴史地理物理化学など伝統的な科目の他、特色ある科目も認可さえ通れば自由に設定可能。それらをどれか1科目履修する。)

学費無料

・4年というのは目安となる履修年限であって、小学校卒業年齢以上であれば何歳でも履修可能であり、卒業可能である

卒業というのも形式的もの。全学習項目の合格を待たずに学習を切り上げるのも自由である

・学年は有って無いようなもので、各科目において学習項目を細分化学習項目ごとに修了・未修了の判定テストを受けて、合格すれば関連する学習項目を履修可能とする。

・判定テストタブレットパソコンを用いて行う。指定試験会場以外での受験は不可だが、試験会場は365日、朝から夜まで営業する。

自習が苦手な生徒のために学校存在するが、授業への出欠は任意である。一切授業に出ずに判定テストだけ受けて修了することも可能

2019-05-11

author-date方式引用しづらい文献

文系学問における注と参考文献の話、補遺」(anond:20190511125053)への反応見ていて、ブコメだけじゃなくtwitterでも「author-date方式でいいじゃん」という声がたくさんあり、やっぱり伝わりにくいものなんだなぁと思いました。

author-date方式、私もそれで論文いたことあります。とても便利なやり方です。引用するのが学術論文書籍だけなら。

ところで、次のような文献はどうやってauthor-date方式引用すべきでしょうか(手持ちの英語文献から引っ張ってきた例です)。

RGASPI, f.89, op.8, d.1016, l.1.

最初アルファベット文字公文書館の略号、それに続いているのは公文書館に所蔵されている史料(つまり公文書)の整理番号です。

もういっこ例を挙げておくと、日本公的デジタルアーカイブであるアジア歴史資料センターが推奨している史料引用方式はこのようなものです。

JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.B02030938800(第58画像から)、共産党宣伝関係雑件/対日宣伝関係 第三巻(A.3.4)(外務省外交史料館

https://www.jacar.archives.go.jp/aj/www/doc/before_browse.html

公文書館って、こういう史料がたくさんあるわけですよ。これをどうやってauthor-date引用しろと。

また、無記名の新聞記事を大量に引用するような場合、どうすればいいでしょうか。たとえば、1919年における『ホゲホゲタイムズ』の紙面からホゲホゲ国のナショナリズムを読み解く、みたいな研究普通にあるわけですが、いちいち引用文献リスト

『ホゲホゲタイムズ』は、新年を祝う記事において、「あけおめことよろ!」(Anonymous 1919a)と書いた。翌日の記事では、「謹賀新年!」(Anonymous 1919b)と述べた。……26日の記事では、「昨年は世話になったな!」(Anonymous 1919z)と主張した。さて、27日の記事では……あっ、もうアルファベットがない!

引用文献一覧

Anonymous. 1919a. “Column.” Hogehoge Times, 1st January, p.1.

Anonymous. 1919b. “Column.” Hogehoge Times, 2nd January, p.1.

Anonymous. 1919z. “Column.” Hogehoge Times, 26th January, p.1.

って書くんですか? めんどくさくねえ? それだったら普通に

『ホゲホゲタイムズ』は、新年を祝う記事において、「あけおめことよろ!」(注1)と書いた。翌日の記事では、「謹賀新年!」(注2)と述べた。……26日の記事では、「昨年は世話になったな!」(注3)と主張した。さて、27日の記事では「今年もよろしく!」(注4)と宣言されているが、これはどういう意味だろうか。

注1 “Column,” Hogehoge Times, 1st January 1919, p.1.

注2 “Column,” Hogehoge Times, 2nd January 1919, p.1.

注26 “Column,” Hogehoge Times, 26th January 1919, p.1.

注27 “Column,” Hogehoge Times, 27th January 1919, p.1.

って書いた方がよっぽどスッキリしませんかね。

もちろん、工夫すれば上で挙げたような文献もauthor-date方式引用できます。できるんですが、簡便で伝統的な書き方があるのにわざわざ不向きなauthor-date方式を使わなきゃいけない理由がわからない

なのでまあ、何が言いたいかというと、

……という感じですかね。author-date方式は便利だから先行研究の整理とかするときには愛用してるけど上で挙げたようなやつまでauthor-dateで書けとか言われたら「ああん?」ってなります

追記

author-date方式って大嫌い。(シェイクスピア2019)とか(アリストテレス2018)みたいな意味不明の注ができるし、ページ数が書いてなかったりするし、あと私は年号がない文献も使うから

さえぼー先生からこういうブコメいただけてもうなんか満足です。書いてよかった。あ、『シェイクスピア劇を楽しんだ女性たち』むっちゃ面白かったです。

で、私はauthor-date方式はどちらかといえば好きなんですが、さえぼー先生が「大嫌い」とおっしゃるのもわかります

きじゃないなら単に使わなければいいのに何で「大嫌い」って思うかといえば、頓珍漢な推測だったら申し訳ないんですけど、「author-dateを使うべきだ! author-dateじゃないとおかしい!」って押し付けてくる他分野の人がウザいというのが理由として大きいと思うんですよね。

私もとある機会に全部author-dateで書け、注で出典表示するのはいっさい認められん、と言われて、ふざけんなこんなのどうやってauthor-date引用するんだよと食って掛かったことがあります。もうほんとね、他分野の人がどんな資料引用してるのかについて想像力を持ってほしいですわ。

というか人文系の人が理系社会科学系の人がauthor-date方式使ってるのに文句を言っている場面はまず見ないのに対して、人文系引用方式文句をつける理系社会科学系の人をそれなりに見かけるのはいったい何なの? って思います(あ、でも、『史学雑誌』の書評でauthor-date文句つけられてるのは見たことあるかも)。このへんの憤懣があるんですよね。

全部url管理して欲しい

日本語読めないマンすごい……

伝統理由容認されている女性差別ほとんどが、それを「黒人差別」に置き換えた時に容認されるとは思えない。

黒人差別」なら許されないものが、なぜ今日日本で「女性差別」としてまかり通っているのか。

2019-05-10

anond:20190509090034

権威をどう捉えるかって話だと思う

国民統合象徴としての天皇」が平成天皇努力もあって割と広く受け入れられている今

伝統的な宮中祭祀による権威けがどの程度効果を発揮するかっていうとちょっと疑問

国民の安寧を神に祈ってくれる天皇」というのはそれほど多くの国民に訴求しないのではないか

どちらかといえば災害時に寄り添ってくれたり心に響く言葉テレビで語りかけてくれたりする事に

多くの人が惹きつけられて権威が形作られるのではないかなんて思うんです

祭祀作法明治維新とか大きな変革のタイミングで変化してるみたいだし変えていってもいいはずなんだけど

実際変える変えないの判断てだれがしてんだろ

宮内庁とかかな

伝統を守る必要性は皆無である

とまで言う気は毛頭ない。

中には守った方が良い伝統だってあるだろう。

しかし守るのであればきちんとした理由根拠を示して欲しい。それの保守税金が注ぎ込まれるのであればなおさらだ

少なくとも『伝統から守るべき』などという思考停止の戯れ言には耳を貸す必要性は皆無である。何故なら人間は守るべき伝統を選別しているからだ。

現代日本人の大半は髷や日本髪を結わないし、和服普段着にしない。片や伝統を捨てながら、片や伝統を守るべきと言う。全く筋の通らない事だ。『伝統から守るべき』と言っていいのはあらゆる伝統を守ろうとする人間だけだろう。そんな人間世界のどこを探しても存在しない。

お分かりだろうか? 残るべき伝統を決めるのは、『残したいか、残したくないか』のみなのだ

伝統から残すべきです」という発言無意味から止めよう。それよりも「俺はこの伝統を如何に守りたいか」を語ってくれた方がよっぽど有意義だ。

anond:20190510011607

浴衣なんてそもそも庶民の略装だから伝統もクソもなくない?

今でいうジャージとかスウェットの仲間やぞ

anond:20190510011443

まあ宗教最初から関係ないな

更に「伝統から」とか認識して着てる人もいないだろって意味で言った

大抵伝統的な浴衣とはかけ離れてるし

anond:20190509090034

多分この手の話をしだすと、行きつく先はすべての伝統儀式ムダじゃんという展開になるんだが

古代に遡ると日本に限らず王侯貴族宗教的儀式ばっかりやってて、教会だのモスクだのに寄付するのが立派な王様貴族みたいに思われてた

で、日本という国は、他国がもうやめた古い伝統元号改元も)を残していることを自慢している国で

それを言い出すと近代以前の大部分の伝統合理性などなく、合理性などない物をあえてありがたがるのが伝統大事にするという行為

皇室昔ながらの儀式を全部やめるべきというなら、同じように、五月に鯉のぼりを飾るのも合理性ゼロ馬鹿馬鹿しいし

1990年年代に入ってから関西ローカル風習をわざわざ全国区にした恵方巻きなんてもっと馬鹿馬鹿しい、ハロウィンクリスマスも、夏に浴衣を着るのもみんな然り

となってしま

(これらに宮内庁は関わってないけど、自治体税金つっこんでそういうのを盛り上げてる地方もあるし)

が、そーいう合理性ゼロ伝統風習現代でも残ってる理由ひとつは、それで商売してる人がいて、経済効果とやらがあるからなんだろう

皇室儀式に使われるお金も、使ったら消えて無くなるわけでなく

十二単をつくる業者だの、儀式の道具を作る業者だのの懐に入って、その業者がまた飲食したりして日本経済の一部になるのだろう

そう考えれば無駄儀式日本経済の何かになってるのかも知れん

まあ、俺も心情的には同じ税金なら震災復興や困窮児童に回せよ、とは思うけど

逆に言うと、普段その手の福祉目的みたいな税金使用を渋る経済国益第一優先の新自由主義連中が、宮内庁内廷費にけちを付けないのは不思議でならない

2019-05-09

訓練生を殺すのは日本の文化伝統かもしれない。

鬼滅の刃

試験死ぬようでは、生き残れない」とか言ってたけど、試験に落ちたらその職業には付かないのだから、守られる側の人間組織内でも後方支援仕事とかあるのに、そんなことは考えずにどんどん死なせるのは、やはり予科練から特攻して死なせるという日本の伝統ではないだろうか。仲間が死ね死ぬほど生き残ったものが強くなるとか、死ぬことによって何かが達成されるという考えがあるのではないだろうか。

あのキングスマンですら訓練生……なのに。

2019-05-08

労組執行経験者が内情を暴露する

のがちょっとしたブームと聞いたので、ちょっと前まで組合執行部をやってた私もその時の状況を暴露しても怒られないでしょう。

うちの労組スペックはこんな感じ。

  1. 業種:メーカー
  2. 組合員数:200人前後の単組
  3. トップ:専従(1名)
  4. 役員数:7名程度(任期2年)
  5. 上部団体:加盟(トップは上部団体役員兼務
  6. 組合費:給与×〇.〇%(今の私の給与だと8~9000円)

で、私のスペックはこんな感じ

  1. 性別:男
  2. 年齢:30台
  3. 職種総合職
  4. 執行部年数:4年
  5. 最終役職:No.3的な立場

弊社の場合入社から15年前後普通に勤務しておけば管理職に昇格して組合から離れるため、組合員は技術職のオッサンor総合職若者or妙齢一般職女性構成されていて、総合職社員がある程度の年数に達すると、同じ入社年のメンバーから組合役員を選出するという慣例的で明文化されてないルールがあります

基本的に、通常の仕事以外の業務が増える組合役員は皆やりたくないから、役員自分から立候補する人はいないある種の罰ゲームなのですが、運悪く役員をやることになり、多くの休日組合活動で消えていく憂き目に会うのでした。

4年間組合の執行部を経験してきて思ったことは以下の通り。

  1. トップになる専従職員(50台)は組合員と温度差がありすぎる。
  2. 上部団体役職者ということもあって実質上部団体の人。
  3. この専従者のおっさんは金遣いがとにかく荒い(飲み会とかとにかくしたがる。しか組合費で)。
  4. 上部団体も金の使い方が昭和感が強い(温泉旅館会議とか大会とかやってる)。
  5. 上部団体も含めてとにかく年齢層が高い。
  6. 上部団体方針組合が抱える問題点乖離している場合が多い。
  7. 上部団体はとにかく選挙にだけは熱心。
  8. 上部団体職員ブラックじゃないかと思うぐらい大変そう。(人の出入りが激しい)
  9. 上部団体組織の硬直化で下部の単組(特に小さい組合)が疲弊してる

このままだと上部団体への恨み言ばかり(それが主題ではない)になりそうなので割愛しますが、一般の人が組合に持つイメージネガティブな側面は上部団体の行動、特に選挙活動に起因するものが多いんじゃないかと思いますね。まあ、上部団体としては選挙議員を出すことが影響力を誇示するために必要なので分からなくでもないのですが、応援する候補民主党系(今は国民民主党だったか)なので、民主党政権が終わってからはとにかく組合から支持されてない。そもそも組合活動一般会社員にとってはめんどくさいものなのに、なんでさら民主党系の議員応援しなくちゃいけないんだよという悪循環に陥てるわけです。

なお、民主党がこんな状況なので最近選挙にはあまりいい感じではないですが、敗因分析をした際に

当選しなかったのは組織力が足りなかった(今の組合からの支持が少ないのが理由)→だから今の活動さらに強化していく

という斜め上の結論を出すぐらい硬直した組織なので、旧民主党系の迷走と同様に労組が支持されない状況はさらに続くんじゃないかなと邪推してます

とまあ、上部団体への率直な意見はこの辺にしておいて、お次は単組活動です。単組の活動として一番大きいのは春闘でして、うちの春闘の流れはこんな感じ。

  1. 組合執行部で要求案を考える
  2. 組合から承認を貰う
  3. 会社要求提出
  4. 会社交渉
  5. 会社から回答を貰う
  6. 組合意見を聞きつつ執行部で判断を下す
  7. 会社判断を伝える

弊社は同業他社世間と比べても給与面では遜色ない状況にあったので、春闘でメインとなる賃金ベアや一時金)について、会社妥当ラインを突いてくることもあって、特に組合から「ストだ!」という意見を貰ったことは殆どありませんでした。かつて、世間ベアが出始めた年の春闘ベアゼロの回答が出ましたが、その年も組合から「認められない!」という意見殆ど出ず、「やむを得ない」的な意見大勢でしたね。

一方で、弊社の組合の特徴として労働環境特に労働時間に関する意見組合から多く出て、労働時間いかに短縮するか、やりやす労働環境いかに作っていくかの方が、賃金面よりも熱の入った交渉となる年がほとんどでした。

そんな労働時間労働環境のような組合員が直面する具体的な課題について、上部団体や上部団体から得た知識がメインで現場を知らない専従役員意見が参考になるでしょうか?もちろんなりません。そんな専従役員が我が物顔で要求について明後日の方向の意見を言っても、会社はおろか組合員にも響く意見にはならないわけで、如何に組合目線での問題点収集し、その内容を会社にぶつけるかというのが、意義のある交渉になると思って私は活動しておりました。

さて、組合所属している人は一度見てほしいのは組合会計報告でして、皆さんから集めた組合費はどこに使われてるんでしょうか?

うちの単組の場合はその半分近くがや従職員給与に消えます名目こそ組合代表ですが、やってることの半分は上部団体活動春闘でも上部団体で聞いた話や過去の話しかできない人の給与に、私の組合費の半分近くが消えているこの状況…。しかも、私が役員就任するまではなんと組合会計は毎年赤字を計上し、組合数が今よりも圧倒的に多かったころに貯めた積立金を取り崩している状況にありました。

その事実を知ったとき愕然とした私は、慣例であった会議後の飲み会廃止廃止にあたって専従職員会議でバトル)、役員交代の際の慣例であった温泉旅行廃止廃止にあたって専従職員と…)、上部団体から求められる動員も最低限の人数しかさない(もちろん上部団体役員をしてると…)、その他小さな出費を少しづつ減らしていって、なんとか役員を退く前には±0程度に持っていくことを達成しました。

ちなみに、会議で専従職員とバトルする際にしきりにその人が「伝統が…」と連呼していたのが印象的でした。

なお、あまりの専従職員との折り合いの悪さに新労組の立ち上げも一時期検討しましたが、まだまだあった積立金がどう使われていくのかが気になって、結局新労組は立ち上げませんでした。また、めんどくさいので選挙で専従職員とバトルすることもなく任期を終えるという波風立てない行動を取ったので、私も多くの組合員と変わらない現状維持を良しとする存在です。

ということで、労組執行経験者の私から言えるのは、デカ労組や上部団体労組経験しかないような50~60台のオッサン大勢を占めるような組織になっている限り、今組合活動に不満を持っている組合員(特に若手)に支持を得られるのは難しいんじゃないかなと思いました。

anond:20190508041253

日本文化楽しみたいなら京都いけと思う

伝統的な日本文化じゃなくて現代的な日本文化に関心があったら京都じゃなくて東京に来るんだよ

日本人には認識しづらいけど現代日本文化外国からみたら独特なことは多い

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん