「消失」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 消失とは

2018-01-18

データベース破壊するとどうなるか

政府企業収集した情報電子化管理している。もしサイバーテロが起きてこれらのデータ消失すると社会機能しなくなり各地で犯罪が多発する。このような自体を防ぐにはデータバックアップ必要だがバックアップを完全に管理することはできない。最後は諦めて1からやり直すしかない。

ビットコインが急落してるけど

正直まだまだ高すぎるよね?

2015年くらいか海外決済に使ってたんだけどいまだにfeeが高すぎてマイクロペイメントには使えないし。

ビットコインには適正価格なんてないとか言ってるのを最近よく聞くけど基本的には半減期毎に倍になるくらいが最高ラインだよね。

もう決済に使わなくなって1年くらい立つから難易度含めどんなもんなのかしらんけど決済として使用されることをビットコイン存在意義としてとらえると10万くらいが適正なのか?

今後このままマネーゲームとして使われ続けるのか決済としての位置付けを取り戻すかは誰にも分からないだろうけどね。

ビットコインの成長の仕方として理想的だと考えていたのは、

世界中人間が少しずつCPU/GPUパワーを提供してそれに伴った取引量で少しずつ世間に浸透していく。

それを何十年かけて行って、マシンパワーの向上と最適化、そして半減期を通して最終的には全コインを払い出し終えてfeeのみで取引が行われるようになる。

数十年かけて浸透していくことでほぼ世界中ビットコインによる決済が可能になっていてマシンパワーの充分な向上により、手数料に関してもほぼ0に等しい状態になる。

海外への銀行送金で数千円とかとられたり、数%の手数料をとられる状況から世界中への送金なほぼ0になる。それが世界中個人の力によって。

そんな風にビットコインが成長していって、今より良い世界を作ってくれるんじゃないかと割と本気で思ってたんだけどね。

投機筋によって決済手段としての価値消失した今、今後ビットコインはどうなっていくのだろう。

・大暴落からこのまま適正価格まで下げて決済としての位置付けを確立していく

適正価格以上に下げてマイナーがいない状態となり決済としても使用されなくなる

・今後もマネーゲームとして使われ続ける

・どれにも当てはまらないような新しい方向

どれになるにしても、ここから1年くらいは観察しがいがありそう。

みんなは今後どうなると思うかな?

2018-01-13

anond:20160725192752

メタ認知

メタ認知 - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%BF%E8%AA%8D%E7%9F%A5

メタ認知メタにんち)とは認知認知すること。

人間自分自身認識する場合において、自分思考や行動そのもの対象として客観的に把握し認識すること。

それをおこなう能力メタ認知能力という。

 

自分規定している「経験」とは何か?

悩んだり苦しんでいるときって、メタ認知ができていないとき

メタ認知を進めると「自分」を規定してる境界線が見えてくる。

その外に出るとき自分」が消失する感覚=恐怖が伴うけど出ちゃうと楽。

(悩む主体がいないから)

 

属人性自分他人区別)の消失

純粋論理情報しかない空間には、属人性存在していない。

「1+1=2」は、誰が言ったか?に全く関係ない。

天皇が言っても乞食が言っても結果は同じ。

そこでは、自分他人区別消失している。

 

自分」の再定義

自他の区別がない思索ができる自由度の高い状態から普段の「これが自分」と思っている状態にバックしてくると、「これが自分」と思っている観念に対して、違和感を感じるときがある。

「なんで俺って、こんな条件で生きているんだろう?」「もっと他のキャラクターに変えようかな?」とか。

でも変えることができるのは、他人との比較によって特徴を浮き彫りにした「自分」という情報の部分だけなので、身長体重など外見は一切変えることができない。

LGBTQの人って、ソフト論理)だけでなくハード物理)も変えたい、せっかちな人なのかも?

2018-01-01

anond:20180101003620

最近消失見たら、凄い面白かったぞ

最近アニメよりも、

情景描写に味がある気がする

2017-12-28

ゆっきー卒業によせて

とうとう今日2017年12月28日をもって、ゆっきーがESDを卒業してしまう。

正確には月末なのだが、明日ライブには出演しないのだから今日実質的ラストと考えてよいだろう。

ここに初めてゆっきーのことを書いたのは、ふた月半前の10月10日

その時はまさかこんなことになるなんて思わなかった……と思って読み返したら、むしろゆっきー卒業してしまうショックから、ここに名前を隠して楽しく日記を書き始めたのだったと思い出した。

発表が10月9日。きっとそのブログを読んだのが翌10日で、絶望の末にここにあの「行かないで……」を書いたのだろう。

結局その後、一度もゆっきーを生で見ることはなかった。

本州はあまりにも遠いなどと口先ばかりの警句を弄しながら、所詮はその程度の存在しかなかったのかもしれない。虎になりそうだ。

それでも、最後にお会いできたあの生誕祭から3ヶ月、ゆっきーとかわしたわずかな会話を思い出したり、手元のチェキからもらった元気の量は計り知れない。500kgは超えると思う。

 

元々自分声優クラスタだった。もっとも、比較最近その世界に足を踏み入れたにわかだが、少なくともアイドルクラスタではなかった。

12月12日渡辺美優紀の話を書いたが、この人のこともその時まで名前も聞いたことがないくらい、AKBNMBにも興味がなく、三次元アイドル界隈はむしろ苦手なジャンルだった。もちろんゆっきーのことも、声優として認識していた。

自分にとって声優とは、アニメゲームキャラの声をあてている、とてもとても遠い人である。もし見られたとしても、ディスプレイの中か、せいぜいライブトークイベントで遠くからしか見られない人である

昔一度水樹奈々ライブに行ったことがあるが、自分水樹奈々と何か一言でも声をかわすことなど、考えることすらなかった。

飛び抜けて人気の高い、紅白に出るような人を例に挙げても仕方ないかもしれない。しかし、距離の遠さは人気とはあまり関係なく、むしろCDを出していなかったり、ライブをしていない声優さんの方が遠いケースも多い。

 

そんな中で、ゆっきーは異色だった。

会える、話せる、握手ができる、チェキが撮れる。少なくとも自分は他にそういう声優さんを知らず、とてもセンセーショナルだった。

もちろん、だから好きというわけでは決してないのだが、他にたくさんいる好きな声優さんの中で、ゆっきーけが特別存在だった理由がそこにあったのは否定できない。

なにぶん本州は遠く、結局現場に行けた回数は片手で数えられる程度なのだが、それでもその1回1回がとても貴重で、大切な思い出になっている。

からこそ、ゆっきーがESDを卒業してしまうという一報に、どれくらい深く絶望たか。おそらく3kmは沈んだ。そのまま地球の裏側まで沈み続けるかと思ったが、それはなかった。詳細はメルトスルー検索して欲しい。

いずれにせよ、これでもうゆっきーと会えることも、握手をすることも、チェキを撮れるような神イベントもなくなるだろう。

一番応援していた特別な一人から、たくさんの好きな声優さんの一人になってしまう。特別消失。失われた特別。俺の愛した特別は死んだ。何故だ!

 

世界は色を失った。

真っ白だ。

いや、白を失ったから透明?

よくわからないけど、まあそんな感じ。

今でも目を閉じると何も見えない。

どの曲が一番好きだったかな。やっぱり『君色に染まる』かな。

 

好きだよ。

好きだよ。

好きだよ。

って、伝えたい。

 

今までありがとう

そしてさようなら

ゆっきーフォーエバー。

これからは、他の多くの声優さんのように、ディスプレイこちら側から応援しよう。

次は1月14日。みんなで一緒に成人式か。

特典会では、2ショットチェキ握手会します。

……えっ?

えっ、ちょ、まっ!

 

END.

2017-12-26

ハヤテのごとく

久々に思い立って、「ハヤテのごとく!」を読みなおした。その感想である

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

多分、かつての多くのファンだった人同様、同人編あたりでふるい落とされたクチだ。

春ごろに「ようやく終わった」と聞いたまま、そのあとも単行本も追いかけずスルーしていた。

本誌で多少読んでいて、30巻くらいまでは何となく覚えていたので、アテネ編終わり、同人編はじめあたりから一気に最終巻までザーッと読んだ。

そのうえで、過去単行本を買っていた20巻くらいまでを読み直した。

とても懐かしい。懐かしすぎて死にそうになった。

そして、どうにも自分の心に留めて昇華することが難しくなってしまったので、ここに吐き出した次第である

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

最終巻を読み終わり、まず出てきた言葉は「長かった、しかしようやく終わった」だった。

13年568話は、やはりこの作品には長すぎた、それが失敗だったのだと思う。

確か「下田編」(12巻あたり)でアニメ1期が決まり、その前後は本当に面白かった。

ヒナ祭り祭りとか最高に面白かった。

その後はだんだん下降線をたどり、「アテネ編」がキャラ萌えシリアスい組から反発を受け、「同人編」で多くのファン"だった"人たちに見切られた感じがある。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

同人編」(268話~433話 もしくは 25巻7話~40巻7話 あるいは 2010年4月2013年12月)

こう書くだけで、あまりにも長すぎたことが分かる。

3年半、あの同人の話で引き伸ばされていたんだ。そう考えてしまう。

何故俺が同人編でふるい落とされたかと言えば、シリアス分(≒非日常パート)の消失だろう。

アテネ編でようやくはぐらかされていたこっちの話が動いて、やっと王玉やら姫神やら色々貼られていた伏線が回収されるのか!と期待させられた。

さらムラサキノヤカタへの移転で棺とか出てきて、この路線を信じようとしてたと思う。

しかし、そこからはひたすらにマンガ同人の話、そして特定キャラピックアップしたラブコメを延々とやっていたような印象だった。

いつしか薄いラブコメと進展しないストーリーに飽き、サンデーのものを読むことを辞めた。

カユラあたりは見覚えがあったから、33巻くらいまで、2012年くらいまでは読んでたのかな。

アニメも3期が露骨な媚び売り萌えアニメ化していたので、一切見ることはなかった。二期までは多分ほとんど見てたのに。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

一方、同人編をまとめて読むと、そこそこストーリーは筋が通っていて、面白いと思う。

52巻あたりを読んだ後にパラパラ見返したが、なるほどナギが成長したのがよくわかる。

当初のワガママお姫様とはずいぶんキャラが変わった。

ただしそれは、ラブコメではなく、非日常シリアスでもなく、"ナギ自身を見つめなおして成長する物語"として見たときお話

それは当時のハヤテの読者層には求められていなかったのではないか

当時の読者層は、「パロギャグ好き組」「ラブコメ好き組」「キャラ萌え組」「ストーリー考察組」のような感じで分かれていたように思う。

果たして同人編でそれらの要素は重点的にピックアップされたのか?

パロギャグは多少密度が減ったものの、キレはあったと思う。

しかし、ラブコメ好き組からすると、薄いイチャコラ。

キャラ萌えからすると、いつ自分の嫁がメインになるか分からない上に扱いが雑。

ストーリー考察的には、何も話が進まずヒントもほとんど出ないまま。

さらに絵的に大きく動きがあるわけでもなく、半分くらいはムラサキノヤカタ周辺でしっとりマンガラブコメ。(というイメージ偏見ともいう)

これで3年半。入れ込んでいた人が愛想をつかすには十分すぎる期間だったのではないか

さら同人編で明らかに絵が変わった。

28巻の表紙にいるルカの目の描き方、この辺から絵柄が変わったように思う。

個人的10巻くらいから25巻くらいまでの描き方がすごく好きだったので、これも落胆の要因だった。

41巻表紙のヒナギクとか別人すぎる。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

同人編が終わり、イクサ編になると一転、ようやく話が進みだした。王玉的な意味で。

2.5巻使ってイクサをまとめ、その中でイチャコラする感じはアテネ編以前を少し思い出した。

バトル自体シリアスよりになり、以前と比べると笑える流血執事ギャグバトルではなくなったけど、この辺りは同人編より前のノリを取り戻したように見える。

と思いきや修学旅行レベル5はまたなんか薄まったお話に。

これ毎週次の話を待つのは相当辛かったのでは。

何というか、通して読むと面白いけど1週間待って楽しみにするほどの面白さがない感覚

1話ごとのギャグとかがマンネリなっちゃったのか?

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

47巻から事実上最終章の幕開け。

なんとなく、言われている半年ではなく1年かけて描ききるつもりで方針転換したように見える。

ここから最後まで、よく広げた風呂敷をうまくまとめた。とても面白かった。と思う。

話の軸として"ナギの成長"に明確にスポットを当てたように見えるのもここらへんから

最後ナギは確実にたくましい一人の女の子になったと思う。

株やFXの才能(自分の力)を使わない理由けがよくわからんけど。

使ったらまたダメになると封印でもしたのか?

しかし、やっぱり毎週1話を追っていくとして考えると、ここら辺の話は重いし、追うのはつらく見えた。

しかもいつかどこかで出てきたような、伏線だったか何だったかイマイチ覚えていないような内容を唐突に引っ張ってくるので、「誰だっけ?」「何だっけ?」が結構頻発した。

王玉もいつどこで誰がどれを持ってたかがよくわからなくなった。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

最後のあたりで不満があったとすれば、ナギ誕生日が1コマで終わり、マリア事実上の退場をしたこと。コミックスの補完を読んで納得したからいいものの、アレはちょっと…。

ストーリー展開的に無理なのは承知で、これまでならナギ誕生日に2巻分くらいかけてたのに、ヒロイン誕生日をほぼスルーはひどいと思った。

さらに引っ張りすぎた姫神の残念っぷり。

何あのキャラ?散々引っ張った割に、神様ロケットパンチからネタ拾ったところしかキャラとしてはほとんど面白くなかった。

法仙もよくわからんかったけど、ここまで引っ張ったなら法仙でよかったんじゃね?って感じ。

加えて、ラストヒナギク玉砕

わざわざ玉砕で終わり、それで出番が終わったのはウーン?

作中屈指の人気キャラからこそ最後にこうなったのか?

でもバックステージ見るとこのシーン忘れてたっぽいし。ヒナギクはもう伊藤静だったのかなあ。

初期ヒナギクが(テンプレツンデレ気味とはいえ)とても好きだったのでこの最後はとてもガッカリした。

逆にハヤテの両親周りは上手いこと描かれたと思う。

外道あん人間実際にいたらぶん殴るけど、初期から外道を綺麗に回収し、かつ落とし前をつけられたことを暗にほのめかされたのはよかった。

割とマジメにこの二人が出てきた当初は全然気づかなかった。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

冒頭に戻る。

こうダラダラ思ったことを書いていくと、「長かった」以外の言葉が見つからない。

ハヤテ同人編あたりから何がまずかったかのだろう?と考えると、「全体のプロットはよかったけど、各話がつまらん」だったのかもしれない。

特に同人編のプロットはマズかった。あれはせめて数巻でケリをつけるべき話だった。

一気読みすると、結果的には面白かったように見える。

しかし連載を追い続けていたり、単行本を追い続けているだけだと、「いつ終わるんだ」「風呂敷広げすぎ」と思うのも詮無いよなーと感じる。

現状のモデルとして、週間・月刊連載で人気を得続けるためには、少なくとも各話がある程度面白くないと読んでくれなくなる。

そのあたりがおざなりになってたのではないか

いやまあ、初期はこんなに長くなることは全く想定してなかったんだろうけどさ。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

…何か似たようなことを最近思ったなーと思い返すと、「うみねこのなく頃に」だった。

これも最近最後まで箱の中を描き切ったマンガ版を一気読みしたが、世間で言われているほどひどい話ではなかったと感じた。

問題半年に一度のリリースで待たせ続けたこと、Episode5になってもろくすっぽ話の根幹を進めなかったこと、そして最後のEpisode8の描き方に失敗したのが主原因だったんじゃないかと思う。

六軒島事件を解くミステリーだと思って読んでた人からすればガッカリどころじゃすまなかっただろう。

視点が入れ替わりすぎて読みづらいし。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ハヤテに話を戻して。

もうハヤテの続きが描かれることはほぼないだろうし、アニメ絶対ないだろうし、原画展とかにも行きそびれたので今後思い出した時に触れることももほとんどなくなるだろう。

アド何とかも休載っぽいし、それが声優も終わったが、2018からの新連載はどうなることやら。

次のマンガはしっかり落としどころを決めてプロット作りこんで、2年~3年くらい(150話くらい、12~3巻くらい)で上手いことまとめて作ってほしいとは思った。

最後に。

そうはいっても青春時代は毎週ずーっと読んでたので。

しかった。楽しみですわとは言わんけど、頑張って面白いマンガ書いてほしい。

(俺が実際に読むかは知らんが)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

https://anond.hatelabo.jp/20171229190900 続きを書いた。

2017-12-22

ネット有名人芸能人の一番の違いって、有名性や、(大衆から漠然とした)好意や許容、みたいなものが、

どこから発生して何が原因で無くなっちゃうのかを、意識してない顔をしたまま意識して行動する修行ができてるかどうかだ。

炎上ネット有名人はその辺の脇が甘いというか、有名=PV上位、悪名も名だ、みたいな甘えがあるんだろうけど、

そんな有名性なんて、Google検索アルゴリズムが「あー、あれ有益じゃないやつだ」と変われば吹けば飛ぶという

そういう意味では結局、今の有名性や不特定多数からぼんやりした許容の、発生/消失原因をコントロールできないのに変わらない。

ぼんやりとした好意・許容って、一度逃すと戻らないものでもある、有名になればなるほど取り戻しにくくなる。

蒸し返すようで気が引けるが、ベッキーいつまでも大衆からぼんやりとした許容」を取り戻せないのは、

の子(や取り巻き事務所など)が、彼女が「努力してる優等生芸能人」なことが好意の源泉だったと考えていたのも理由だろう

大衆から漠然とした許容、というのは、そんなロジカルに発生するものではなく、

嘘ついた?、信用できない、なんか嫌い…、などの、ちょっとした悪意、

あれ?程度の、あいまいで非論理的パッションによって、ころっと風向きが変わるようなもの

2017-12-21

俺は地震の時におっぱいなどという書き込みは一度もしたことがないし

する奴はバカだと思ってるのではあちゅうを叩く権利消失しません

anond:20171220195315

私は就職仕事の場で女性性を武器に使ったことは無い。

とは言っても、あなた女性であることの受け取り方は環境に大きく依存する。

少し違うたとえ話で悪いけど、30歳男性ニート)と30歳女性家事手伝い)、本質的に同じカテゴリでも特定の層からの扱いは大分違ったりするのと同じで。

あなたがそういう人かどうかは分からないけど、扱いの性差の気付いていながらそれを実力かのように言う人はある種のチート容認してることになる。

性差だけじゃなくて他の生得的な身体的特徴、年齢、社会生活上の身分なんかもそうだけど。

まあ何が言いたいかっていうと、本人がいくら望んでもガチな戦いなんてあらゆる差別世界から消失しない限り無理だってこと。

そしてあなたも知らず知らずにチートのお世話になってるかもしれないということ。

2017-12-15

anond:20171215153548

理屈サッパリ分からん

給付金を自己投資に使って自立を目指します。←もらった金が全額使える

給付金ギャンブルに使って増やした金で自立を目指します。←ギャンブルの時点でもらった金の大半が消失する

どっちが給付金無駄にならないか自明

2017-12-06

ババアが薬を好き過ぎる

ババア 102歳。もう一回言う。102歳だ。

年金介護費用医療費に投入後、余った全ての金は自然健康食品(これがめちゃくちゃ高い)に全額投入して、毎日すさまじい量の薬を飲んでいる。いや食ってる?

介護医療だって負担額なんてわずなうえに年金から出ているだけで、あとは全て税金負担。このババアが薬で延命され生かされるのに月120万くらい税金が使われているであろう。

もうこんな薬漬けにして無理やり長生きされたら、いつまで介護しなければいけないのかわからないし、こんなことが許される日本社会気持ち悪すぎる。

その影でこれから世代負担を強いられ日本社会保障がまったくない国にまで堕ちてしまった。言葉とおり希望のない国だ。

ババア本人はそんなこと考えたこともないだろう。これから世代ことなんかおかまいなしだ。これが倫理的に間違っているなんて微塵も思っていない。未来税金を使おうという発想がある欧州価値観が羨ましい。いつまで長寿はすばらしいって言っているんだ?医療技術が発展してなかった時代価値観を引きずりすぎ。

何が悲惨って、未来ある人間社会保障が削りに削られ、年金消失。実質死ぬまでは働かなければならなくなった。

社会にまったく持続可能性がないのだ。

この薬漬けのババアを甘やかす親父に「いい加減にしとけ」とキレたら、今まで年金やら税金やら婆ちゃんは払ってきたし、そういった積立があると馬鹿なことを言いやがった。

このババア、超低収入でろくに税金も払ってこなかったのに55歳から年金もらっている。もう未来の子供何人分の将来を奪ったであろうか?どれだけの人間犠牲の上にこのババア延命が成り立っているんだ?

天国とか地獄なんてものは信じないが、あれば未来を顧みず社会負担だけ与え続け利己的に生にしがみつくババア地獄に落ちるべきだ。

これから日本で生きていく子供が不憫でならない。そのくせ国は子供を作れだの馬鹿なことを言う。何が悲しくてこんな国で子供を産まなきゃいけないんだ。まずは安心できる社会を作ることが先だろ。

長寿大国かいっているが、不名誉まりない。ただの「延命大国」であり、寝たきり老人率も寝たきり年数も世界一という超社会的負荷の高い国で、世界一社会に持続可能性がないとも言える。

それはつまり世界一政治家無能ということだ。

はいえ、安楽死のない日本社会では、こんな気持ち悪いことが日常的に行われているんだろう。

役人天下り先を確保しておきたいからこれをまったく是正しようとしない。処方量に上限がないのって日本くらいじゃないか製薬会社との癒着がひどいからな。

限界ギリギリまでこんなくそ気持ち悪い社会が続くと思うと吐き気がする。さっさと破綻してほしい。あと20年か、30年か。

このババア延命でかかる月120万の税金もっと未来の子どもたちのために使うべきだ。

健全社会のためにも、もうさっさと安楽死あの世に行ってもらいたいんだけど、どうすればいい?

2017-12-05

anond:20171205104948

意訳して伝わらなくなるっていうのは

実際は意訳できてなくて重要情報消失していることが多い

例えば「みたらし団子を1串の2個食べていいよ」っていうのを

「団子2個食べていいって」っていうのは意味全然変わる

これだと2串食うかもしれんわけで言った方は団子2個のつもりかもしれないけど受け手はそうじゃない

それに最初発言にしても1串につき2個食べていいという解釈もできる

なので「1串全部食べたら駄目だが1串についた団子2個だけ食べていい、全部で2個以上食べるのは駄目」

みたいな意味の逃げ道をすりつぶさないといけない

これを短縮して言おうとすると前述になるわけだが情報が欠落するので齟齬が生じてくる

お互い分かってる間柄なら「何時に飯だから1串全部食わずに2個だけにしろよ」みたいなので通じる

ただ意思疎通の難しい関係性なら省略は危険しかない

 

だいたい常識だろうがとキレる低能相手自分と同じ常識持ちだと勘違いしてるから

大して親しくない相手自分の水準を求め出すからそうなる

貧民の多い駅で降りるやつが先ってルールすら理解できてないのにイチイチ怒るのも無駄

2017-12-04

今の20代奴隷が国是、キャリアアップ絶望的な国、日本

比較人間として生活ができるホワイト場所仕事転職できるまで、精神身体変調をきたすレベルブラックで3年拷問受け続けないとなれませんとかだから

学生諸君はてなーが思ってるやりたい仕事職種の99%が、最低でも3年くらいブラック丁稚奉公しないと、参加資格すらありませんとかだし

唯一労基法が守られて、キャリアも選び放題なホワイト高時給派遣は、引継ぎなんてあればマシ、初日から結果出せなきゃ1か月で契約打ち切りでクビです、はい荷物纏めて出ていってね、だから

オマケに2回失敗したら、派遣会社ブラックリストに載って同じ待遇で二度と就業できません、お前みたいなゴミはいらんと戦力外通告を受けて何の保証もなしに放り出される、ちなみにこれだけ不安定立場覚悟でようやく定時帰り土日祝日休み残業代支給という待遇で、20代年収400万円代、これでも衰退極まる日本では年齢層別労働者人口年収中央値で、上位20%以内のウルトラアッパーエリート、なお税金取られまくって家賃合わせて必要経費引いたら、これだけ稼いでても手元に残る金10万円ヘタすりゃ切るくらい重税な模様

ちなみにこれ、F欄だろうが東大卒だろうが20代新卒は皆すべからく同じ条件とかな、その犠牲者の最たる存在が電〇自殺事件高橋ま〇りさん

そして仮にそんな地獄の戦場で生き延びられてても、30までにマネジメント経験営業系、企画系にステップアップできないと将来ワープア確定、ITエンジニアなんてガチでそう、web系いけばとか何たら言うが、まあレッドオーシャン日本経済衰退のダブルコンボで今どうなってるか、求人見て確かめてくれ

そして何がタチ悪いって、キャリアの壁であるマネジメントとかちゃんとした営業系を経験させてくれるのは、入った会社胸三寸、上が使えてたら30過ぎても下っ端のままで、市場価値消失して、ビルメンか清掃員、もしくは警備員一直線コース

公務員天国かと思えば、こんなのとたいして変わらん、しいて言えば、まぁキャリアアップ年功序列から考えなくてもいいかな、ってくらいか

それでも椅子は決まってるから出向とかで辞めざるを得なくなるとか多発して、人生詰むの多いけどね

え?なんでこんなことになったのかって?既得権益(老人層)守るためだよ、選挙圧倒的多数から20代は少数派だから死ね!ってことだね

これからどうすればいいか?知らん、先のこと考えても仕方がねーとしか言いようがない

anond:20171204174555

その影で国民無限に続く増税年金もほぼ消失したし、なんかやんやで日本弱者政治家に優しい。

2017-12-02

元号は「衰退」が今の日本を表していいと思う

政治家がやる気なさすぎて、日本は何もかも遅れに遅れ、新興国どころか途上国にも横並びになられ、もう技術的に秀でているものはないし、

そもそも未来に対しての政策をまっったく行わない政治とか、

それでいて誰も責任を取らない社会で、特に権限ある人間ほど誰も責任を取らないので、失敗が失敗として認識されず、このまま破壊されていき、

過剰医療、とくに過剰処方によって、薬漬けになって寿命だけむやみに伸びた老人で社会が溢れ、

これが起因して、社会に持続可能性が完全に失われたわけだし、

年金もほぼ消失したし、増税しか政治家はやることがないし、

その増税過去政策の大失敗という認識がないから、政治家愚策を抑止するものが何もないし、

なんか明るい言葉をつけようものなら、それって、この今の日本で「日本スゲー」みたいなホルホル番組やって傷を舐めて現実逃避していることと同義に思えてならない。

このまま意図的政策通り、老人が増え続けたら馬鹿でも国家破綻理解できるから終焉」でもいいと思う。

2017-12-01

パンツについたうんこ消失

私は毎日パンツをはきかえることに疑問を感じ2週間に一回くらいの間隔ではきかえを行う。

1週間前くらいにトイレに行った際に、うん筋がパンツにこびりついていたが、そんなのはお構いなしにはき続けた。

気づきから三日後の今日、いまだに同じパンツをはき続けているが、そのうん筋が消えていた。

これは一体どういうことか。

2017-11-27

anond:20171127115327

社会特権を奪ったのはフェミニストでも女側でもなくて、富裕層である資本家だよ。

グローバル化する経済社会利益をたくさん出すためには、労働者賃金ギリギリまで抑えたい。

男(夫)の給料家族を養えて、女(妻)は専業主婦としてのんびり暮らせるなんて、

どう考えても給料やりすぎやろ。

もっと給料を抑えて、夫婦共働きでどうにか暮らせればええやろ?

そう考えた資本家が徐々に賃金を低下させた結果、

社会特権は大きく消失し、女は社会に出ざるを得なくなった。

2017-11-20

増田更新しても反映されない

あやうく更新部分を消失するところだった

なんで?

テスト

できているなぁ

やっぱりあっちはできない。

確認では表示される。

リンクが多すぎるせいか

2017-11-17

自殺未遂をした

仕事が忙しく、経験たこと無いようなストレスと自信消失になった。恋人仕事が忙しいのかなかなか連絡がとれなかった。

恋人から既読無視がついた途端、とても落ち込んだ。支えが完全に無くなった気がした。死ぬことを決意した。

深夜に恋人へ別れを告げ、首吊り自殺について調べた。昼過ぎ遺書を書き、写真を撮って、念のために仲のいい友人に託した。

睡眠薬を6錠飲み、プレゼントするつもりで編んだネックウォーマーを自宅のつっぱり棒につけて、頭を通した。

苦しくない位置にかからないことと、睡眠薬による動悸、足がついてしまう高さということもあり、うまく死ねなかった。

家族帰宅したので、一旦首吊りセットを片付けた。

そわそわした。どこで吊るといいのか、電気ケーブルで吊れば死ねるのか、はやく死にたいとずっと思った。

仲のいい友人から制止する連絡が来ていた。嫌われていると思っていた恋人からは嫌いじゃないと言われた。本心偽善か分からない。

そのまま寝てしまい、朝を迎えていた。仲のいい友人は何人かに自分が死のうとしている事を話していた。

こうなったら後戻りは出来ない。死ぬしかない。そう思い、家族が去った後の家でふたたび首吊り自殺を試みた。

うまい位置に引っかかった。血流が止まり、顔がむくんでいく感覚がした。今度はいける。

そう思った瞬間、ネックウォーマーを首から外していた。虚無感があった。怖気付いたのかもしれない。

昨日までの高揚感がなくなっていた。

知人から連絡が来た。自分自殺未遂を起こして死ねなかったという話。今の自分と似た状況だったので思わず涙をポロポロこぼした。

どうすればいいのか分からなくなった。仲のいい友人に電話をした。後で折り返すと言われた。

無気力死ぬ気も失せてしまった自分はどうすればいいのか分からなくて、ひたすらぼーっと、虚しく掲げられたネックウォーマーを見ている。

死にたいのに死ねないし、今更ひょっこりと生き続けるのもダメだと思った。

2017-11-16

anond:20171116180721

キリギリスAI管理できる人間…というよりかは

既得権益層=AI所有権を持つ人間 たちから気に入られるかどうか

そこが重要なんじゃないか

AI管理AIやらせるだろうし実働そのもの知的・肉体的どちらも消失していく

その中で権力者となった世界企業人間一族たちにとって

面白い有益楽しい・魅力的な人間けが生き残るかと

今でいえば芸人とかパフォーマーとかオリンピック選手とか

そういうびっくりドッキリ人間くらいしか生き残らないと思うよ

2017-11-14

はてなスター不具合っぽいもの2017年11月14日

1. はてブの「人気のコメント」がおかしエントリがある
例えばこのエントリ。【はてなブックマーク - よしもとばななさんの「ある居酒屋での不快なできごと」 - 活字中毒R。スターが付けられてるブコメは300件以上あるのに、「人気のコメント」に表示されているのは9件だけ(MAX10件に達していない)。また、数十とか100以上のスターを集めてるブコメがいくつもあるのに、トップブコメとして表示されてるブコメスターは6つ。(ちなみになんでこんな前のエントリを例示したかというと、今日はてブに上がってた増田の本文に貼られてたリンクを辿っていって気づいたから。)
2. エントリに対して付けたスター消失することがある
はてブ個別エントリページ(b.hatena.ne.jp/entry/〜)の右ペインタグ一覧の上にあるボタンスターを付けても、ページをリロードすると消えている…ということがある。ダメエントリに対しては何回やってもダメだが、異常なく普通にスターが付けられるエントリもある。増田エントリで何回か経験
3. スターレポートが届いてない
毎日10時前ごろに配信される、前日獲得したはてなスターについての詳細を伝えるメール(件名は「[Hatena::S] ○○さんの☆レポート」)だが、本日分が届いてない。俺だけかも…とも思ったが、同じ症状を訴える増田がいた。俺は今日が初めてだったのだが、この増田は「今日も」と書いてる。前から起こっていたのだろうか?

2017-11-13

満島ひかりがだいぶ好き。

初めて見たのはトットてれびでの黒柳徹子さんだった。

チャキチャキとよく喋りよく動くジェットコースターみたいな徹子さんと、親愛なる人を亡くしたあとの孤独感とか消失感をまとった雰囲気とのギャップが格別だった。

次に見たのは駆け込み女と駆け出し男だった。

声の出し方がふわふわしてるけど、この人にしか出せない雰囲気があるよなあ〜と見入った。

その次はカルテット

す、すずめ〜!!!!すずめ、、、ば、ばか〜!!お前自分のために幸せになっ…すずめ〜!!!

蕎麦屋のシーンとコンビニ前でまきさんに「行かないで」って言うとこ最高だった。

今は監獄のお姫さま見てる。

満島ひかりにされたいことが詰まってる作品である満島ひかりの指令でキビキビ動きたい。

https://anond.hatelabo.jp/20171112223020

2017-11-09

アウフヘーベンへの道 ~H2研究所員たちの挑戦と足跡

とある農村さら郊外地元の人々すらも近づかない山奥の一角に、その施設存在していた。

H29超高次先端技術研究所

ここで過去300日以上に渡り極秘裏に進められてきた、ある革新的理論実証実験は、今まさに最終段階を迎えようとしていた。

 

主任! AIスピーカー現象における藤井フィーバー忖度は、現在35億前後安定的に推移しています

結構ユーチューバー刀剣乱舞監視しつつ、線状降水帯を抜けるまでは睡眠負債の超過にも十分注意を払っておきたまえ」

GINZASIXの設定はどうしますか?」

ワンオペ育児ファースト継続する」

「ワ、ワンオペ育児ファースト!? しかし、それでは共謀罪に……」

人生100年時代常識から言えばその通りだ。しかし我々はポスト真実のためには炎上ひふみんすらも辞さない。そう働き方改革したはずではないか

「わ、分かりました。確かにこの研究が完成すれば、空前絶後プレミアムフライデーがインスタ映えすることは間違いありません。人類は飛躍的にアウフヘーベンするでしょう」

「そうだ。この研究人類アウフヘーベンするのであれば、我々はたとえ人々からけものフレンズと呼ばれようとも……」

ちょっと待って下さい! 主任ユーチューバー刀剣乱舞に異常が発生!」

睡眠負債か?」

「いえ、これは……Jアラート!?

「なんということだ。こんなときに魔の2回生が……」

主任! うんこ漢字ドリルハンドスピナーが、間もなく9.98(10秒の壁)を突破します!」

いかん! GINZASIXの電源をすぐに落とすんだ!」

「無理です! GINZASIXはすでにワンオペ育児ファーストに設定されています

「な、なんてことをしてくれたんだ!」

主任の指示です!」

「この、うつヌケ!」

「ひ、酷い……! だって主任が……」

「ちーがーうーだーろー!」

だって……」

「ちーがーうーだーろー!」

だって……」

「」

 

…………。

 

翌朝。地方新聞の片隅に掲載された「無人山中に大型隕石落下」のフェイクニュースは、大きな話題を生むこともなく、やがて人々の脳裏からも完全に消失した。

しかし、私たちは知っている。

人類アウフヘーベンを目指し、志半ばで炎上ひふみんした幾人かの者たちの挑戦とその失敗を。

我々は彼らの犠牲を決して無駄にしてはならない。

彼らの志は後世の人々へと受け継がれ、やがて人類アウフヘーベンへと至るべきなのだ

研究は続く。いつの日か、人類が真にアウフヘーベンを果たすその日まで。

その日まで……。その日まで……。

  

止まるんじゃねえぞ……。

 

おまけ(去年の)

https://anond.hatelabo.jp/20161203164152

anond:20171109201631

可愛く擬人化した時点で

キモ

おっさん

消失するだけだろ

貧乏美少女なんて腐るほどおるわ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん