「感情移入」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 感情移入とは

2020-05-28

これから流行りそうなミステリ小説を考えてみた

(これまでの主流)

殺人事件私立探偵解決するミステリ本格ミステリ王道

問題点)毎回毎回人が死ぬのはどうなのか

最近流行り)

日常のふとした謎を解き明かす(米澤穂信とか坂木司とか?)

問題点)買ってきたケーキを誰が食べたかとか教室の鍵が勝手に掛けられてたとか解決しなくても誰も困らない問題が大半


以上の点を踏まえてこれから流行るだろうと思われるミステリをいくつか考えてみた

人類の不偏のテーマを解き明かすミステリ

 人はなぜなんのために生まれてきたのかといった謎を解明するミステリ

 解明してみせたところでそれが正解なのかどうなのかが確認出来ないのが難点か

解決法が全く論理的ではないミステリ

 身の回りで何か起きるたびに全て政府陰謀だったり諜報機関仕業にして解決するミステリ

 主人公がただのキチガイっぽく見えてしまうので感情移入出来ないのが難点か

事件や謎が発生する前に主人公がすべて食い止めてしまうので何も起こらないミステリ

 森羅万象を司る所謂“なろう系“主人公事件を全て未然に防いでしまミステリ

 事件も起きなければ謎もないので「これってそもそもミステリじゃないんじゃ」と指摘されてしま可能性があるのが難点か

2020-05-27

朝ドラの再ブーム増田素間ムーブ佐野良℃差亜(回文

おはようございます

うそう、

久々に半分青い以来の朝ドラブーム再来の到来よ。

一時期見続けたんだけど、

ふとあんまり面白くないから見なくなったのを機に途絶えてしまったんだけど、

今のやつは観てるわよ。

なんとなくコメディタッチ

あの独特な朝ドラの息苦しさがなく、

録画録って観るぶんは毎日楽しみなんだな。

面白くないとき苦痛なんだけど。

二階堂ふみさんも好演だし、

それを取り巻くキャスト個性豊かで個性的よ。

見ていて楽しいわ。

裕一さんが銀行に勤めていた頃の手練れのコント集団と言っても過言言い過ぎではない、

行員の底抜けの明るさは笑っちゃうわ。

そこ好きだったし。

あと喫茶バンブー女将の虚言癖炸裂するところなんか最高!

今のところ曲書いてレコードが売れてないってだけの苦労で

見るに明らかな明確な敵がいなくて、

周りみんな仲間って感じなので見ていても変なハラハラが無いのよね。

からちょっと埼玉映画も観てみたいな!って思った次第なのよ。

見始める最初は予習無しに見たもんだから

なんかガチで歌の上手い人が演じてるんだって思ったら

ミュージカル畑の採れたて俳優さんが演じているから、

あのガチ勢はちょっとした、

しかしたらミュージカル界隈はざわついてるんじゃないの?

いきなり予習無しで見るのもまたいいもんだわねって。

6月で一時中断しちゃうのは

から残念だけど、

結構それまでは満喫できそうよ!

やっぱ朝ドラで築くイメージって凄いなって、

だって窪田正孝くんだってどう見ても街のチンピラしか見えない映画しか出てなかったか

初めは、えーって思いながら見てたんだけど

感情移入していくと、

エールでの窪田正孝くんの良さが分かりみなのよね。

朝ドラマジックだわ。

マジで

久しぶりに朝ドラブームよ。

うふふ。


今日朝ご飯

トマト野菜サラダたっぷりサンドイッチ

やっと巡り会えたわ!

久しぶりに食べるトメイトは美味しいわね!

最近レコメンドよ!

デトックスウォーター

国産レモン冷凍していたモノを氷代わりに、

からシャキッと冷たいレモン炭酸ウォーラーしました。

だんだんと暑くなってきているから、

ちゃんレモン摂ってね!


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

anond:20200527043100

いるかいないかで言えばいるに決まってるやんな。

自分はむしろ痴漢されたい」人に感情移入して読んでしまった。

からこそ元増田に対しては「おまえが犯罪者なのはおまえの責任だろ責任転嫁してんじゃねーよ」と憤りを感じてしまった。

anond:20200527024158

そのツイートをした人間母親の方に感情移入していて、

明らかに子供の方がかわいそうな状況だが、私には母親気持ちがわかる

というのが趣旨だろ

増田子育て経験がないか子供の方に感情移入したというだけの話だろ

2020-05-26

anond:20200525234934

別に感情移入しなきゃいけない法律があるわけでもあるまいし

2020-05-25

童貞を捨ててからエロ漫画感情移入できなくなった

自分フェラされないと勃たない事が分かった

キスしても半立ちにはなるけど挿入は出来ない。ギンギンにならなきゃ

トイレで女の前で急に勃起して挿入とか、あおかんとか、そんな急に勃起しろと言われても、緊張してできないだろう

多分レイプしろと言われても罪悪感でたたないだろうし、毎日女抱き放題って言われても多分3日も持たない

臭いにも敏感な事が分かった。マン臭嗅いだらすぐ萎える。女の臭いで頭がおかしくなりそうとかならない事に気付いた。

童貞を捨てる前は、俺はいつでも勃起出来るし絶倫だし、あおかん女抱きまくりてぇって思ってた。

意外と俺はショボかったんだ

2020-05-23

感情移入ってなんだよ

映画レビューとか見てると「感情移入できた/できなかった」のが作品評価する上で重要指標とする人が一定数いるのだけどそもそも感情移入って何? 

登場人物の行動原理とか感情機微共感して「わかるううううううううう」みたいになるやつ?

それとも没入しすぎて鑑賞している自己登場人物が溶け合って区別がつかんくなるような感覚

で、そうだとしてそれが作品芸術的価値みたいなのを決定づける要因になるの?

つか誰よこの感情移入がどうこうみたいなモノサシを一般化させたのって。

夏休み読書感想文か?

え、みんな普通に感情移入」みたいな状況、理解できてるもんなの?

感情移入した作品キャラか知らんけどそういうのあったら教えて欲しい。

2020-05-22

世の中の論争たいてい俺に関係ない

アニメキャラ白人に見える…から何?

べつに勝手に言わせときゃいいだろ 白人と実生活で関わりないし、今後関わるとしても仕事とかだろうからアニメのことはどう思っていただいてても結構

ジェンダー感覚の話もどーでもいい 俺が女性と関わるのは仕事関係だけだし、雑談みたいなのもほとんどない 結構願望もないから今後婚活なんかをやることもない 女性上昇婚志向だろうと男性女性蔑視を内面化していようとどうでもいい 俺には関係ない 勝手にやってればいい

なにか関係ある論争があるとしたら、まあ政治関係か 行政は俺にも降りかかってくるから

でもそれにしたって、俺にできることって言ったら結局は選挙に行って一票投じるだけだ それにしたって政権監視頼んだ!とおもって共産党に入れてるだけだ 

なんつうか、全部どうでもいいんだよな

なのに怒りだけ受け取ってしまう 俺が怒ったってしょうがないんだ 関係ないのに

 

「寝取りと寝取られNTRで括るな」派のタカ派だったんだけど、結局のところ誰に感情移入するか・させるかの演出上の匙加減の話に過ぎないのではないかと思い始めているんだけど、どう思う?

これなあ そうなんですよ 寝取られあるところに寝取りありですからね 「日本国内にある上り坂と下り坂はどっちが多いか」みたいな話だ

でもやっぱりその演出上のさじ加減がどっちに寄ってるかってのが大事なんじゃねえかな 寝取りモノでビデオレター撮影して郵送するシーンとかあんまりないじゃないですか せいぜい写真とってLINEで送るくらいでしょ

寝取る側にしか見えないものもあり、寝取られる側にしか見えないものもある どちらを見たいかっていうのが寝取り派・寝取られ派を決めているんであればやっぱりそこは峻別した方がいい気がするなあ

まあハイブリッドというか、双方視点作品も増えてきてて、確かにそういうのは解釈次第としか言いようがないけどね!

2020-05-19

anond:20200519122215

アルバム単位かぁ・・・

正直、

「風を撃て」でのデビューに狂喜して「冬のオルカ」でアコースティックかと安心してたら突然のファンキーな「双子座グラフィティ」と謎のLBネイション寄りに困惑、でもストレートだがキャッチーアレンジにまあええかと待ってたら「牡牛座ラプソディ」の攻撃的な歌詞感情移入しゴキゲン・・・

コーネリアスグレイト3みたいに音響派?にならずに変化を続けてるのはいい。

2020-05-17

ネタバレ劇場版若おかみは小学生の内容を誤解して怒る人達

かに誰でも一発で理解できるようなシンプル勧善懲悪なんかじゃないと思う。

冒頭部分からちゃん映像を見て、キャラセリフちゃんと聞いてないと誤解するような部分がある。

実況を見るのに夢中になっていたら見落としてしまうような所なのかも知れない。

でもそこを勘違いして作品を語ってほしくない。

語るならせめてその部分は理解してもらうか、そうじゃないならおっこカワイイだけ言って終わらせていて欲しかった。

おっこが何を感じて何を乗り越えたのか、山ちゃん山寺宏一)の演技のどこが凄かったのか、そういうのが分からないならあの場面について何も語って欲しくなかった。

自分は、何者も拒まないような高潔な心の持ち主にはなれなかったからそう思ってしまう。

どこの話だよ?って

ネタバレ回避するために自分気持ちを先に書いたから分かりにくい文章になったのは謝る。

自分が言いたいのは「木瀬文太(キャスト山寺宏一)が起こした交通事故は貰い事故であり、彼は加害者でもあると同時に被害者でもある」ということだ。もっと言えば「木瀬文太に対して怒りや憎しみの感情をぶつけることが正義であるかのような態度を取るのは、この映画の描いたもの貶めるような行為だと理解して欲しい」ということである

冒頭の事故において、木瀬文太本人に落ち度があったかといえば、間違いなくあった。

彼が完璧ハンドリングをしていれば、二次災害死ぬ人は居なかったかも知れないからだ。

同時に、彼が全てを諦めてしまえば、もっと大勢の人が死んでいたかも知れない。

そしてこれが何より重要なのだが、『彼自身の落ち度は彼の運転者としてのモラルに起因するものではない』。不可避の貰い事故被害を最小限に食い止めるに足るだけの神業じみた運転技術を持っていなかったことにある。

これで彼が責められるのは理不尽と言っていい。

だが、ハンドルを握るということはその理不尽を背負うということだ。

そのことを彼は理解していた。

それを理解しているからこそ、今も自分を責め続けている。

彼の口にする「俺なんか」という言葉は、彼があの事故に対して責任を感じている証拠であるし、周りに八つ当たりのような態度を取るのも後ろめたさにより精神がいつも張り詰めていたからだと分かる(それらが観客に伝わるように演じてしま山寺宏一がこれまた凄いんだが)。

では、本人が自分を責めているのなら、彼を許すべきなのか?

それを決める権利があるのはおっこだ。

おっこはとんでもない小学生だ。

自分が書いたようなことを、事故当事者という立場でありながら理解している。

許せないという気持ち自分の中に湧き上がってくる中で、自分が今思っているような気持ちと鏡合わせの「許されない」という気持ち木瀬文太が抱え続けていたことを理解してしまう。

彼が自分と同じ被害者であることを感じるだけの極めて高い共感能力を発揮する。

だが、それはおっこ自身を板挟みにすることになる。

小学生の身で事故で両親を失った悲しみだけでなく、事故で誰かの両親を奪った人の悲しみに対する共感まで背負い、許すか許さざるかの決断までもを迫られる。

この世界にある理不尽に対してどう向き合うかの答えをいまここで出せとばかりに現実が迫ってくる。

ある種の限界状況(カール・ヤスパース)を前にして、おっこの出した答えは「花の湯温泉の若おかみとして全てを受け容れる」ということ。

この選択が『正解』であるとういことは理解できても、それを小学生が選ばされるということ自体があまりにも理不尽であり、そこがこの映画最大の精神的にキツいシーンとも言われていますね。

このシーンに対して「うるせー木瀬文太死ね!」とか「コイツ人を殺しておいてのうのうと塩気が足りねえとかステーキうめーとか信じられねえよ」なんて感想を出して欲しくないんですよ!

こういう人達がどうしてこんなに怒れるのかって結局の所「自分木瀬文太みたいなことは絶対にしない」と思ってるからだと思うんです。

自分が同じ立場になる可能性なんて考えてもいないから、木瀬文太がどういう気持ち暮らしてきたかも考えられないし、彼に対してぶつける怒りなら絶対的に正義だと勘違いできるんでしょう。

ちょっと考えれば分かりますけど、貰い事故食らって半分被害者で半分加害者になるような事象に遭遇する可能性が0%の人生なんてどこにも存在しませんよ。

車の運転なんてしなくても、自分ドミノのパーツに組み込まれ意志とは無関係他人人生破壊する羽目になる可能性なんてどこにも潜んでます

そんな理不尽なことだらけの世の中で、みんながお互いに支え合って許し合っているのって尊くて暖かいなあって映画じゃないですか。

嫌なことがあったらそれっぽい理由をつけて攻撃的になるのは当然だと思います

実際この映画だって最初のお客さんを通して観客にそのことを思い出させて来てますもの

でも、それと対比するように自分気持ちを飲み込むおっこが凄いって感動する映画でしょ。

そのおっこの健気さがあるからこそ、おっこに感情移入して、だからこそそれを傷つける相手が許せないから怒る、そこまでは分かりますよ。

でも怒ってるから相手に対して何言ってもいいみたいなのってどうなんでしょうか。

ましてや滅茶苦茶な屁理屈相手人格否定するなんてアニメキャラクター相手でもやるべきではないでしょう。少なくともこの映画感想としては。

貰い事故であっても木瀬文太が交通事故を起こしたことは許されないことかも知れない。

でも木瀬文太が交通事故を起こした人間から正義の鉄槌でボコボコにしてもいいとか、事故を起こすような奴が幸福に生きようとしてはいけないとか、そういうのは違うでしょ。

ひき逃げした人がインターネットで叩かれているのを見て、交通事故加害者無限大にその人間性を否定していいと勘違いしているんでしょうか……。

こんな言葉を使いたくはないですが「同じ映画を見ていたとはとても思えない」ような感想が沢山あって驚きました。

以上です。

2020-05-16

若おかみは小学生!」見た

正直、陳腐な内容だな、と思った。

公開当初はすごい絶賛されてたけど、ストーリーも展開も意外性がないし、児童小説だとよくある説教くさい内容だな、と。

て思ってたんだけど、なんかひっかかりがあるのでちょっと考えてた。

それで思い付いたのは、「赦し」をテーマにした作品は数あれど、その「赦し」の対象特に善人ではない、というのはすこし珍しいかもな、と。

割とこの手の作品は、「赦せない」相手が善人で、価値観を揺さぶられて「赦し」に転じるものが多い気がするんだけど(浅学なもんで咄嗟に例が出てこないが)、『若おかみ』は相手善悪関係なく、職業意識(つまり自分の誇りとかアイデンティティーとして?)で「赦し」に至るのは、あんまりたことないかもしれない。

悪人でも「赦す」。まさしく、「誰でも受け入れる」というのは、よくあるテーマの、「善人だから赦す」(相手悪人なら断罪してもいいのか?)「敵にも善人がいる」(悪人の敵はどう扱うのか?)とかをふんわりとアンチテーゼしているみたいですこし面白い

ところで、この「誰でも赦す」というテーマ作品が、この現代の、「嫌いな奴は骨まで燃やす」「すこしでも落ち度を見つけるとよってたかって叩きのめす」という社会で絶賛されたというのがまた面白い

というのも、主人公のおっこは、(まるで現代サービス業従事者のように)面倒な客に振り回され、屈辱を飲んで堪え忍び、その上で(決して善人ではない)両親の仇を「赦す」わけで、その壮絶さに我々はカタルシスを覚えるわけである

それは一種メサイアコンプレックスのようなもので、自分を傷つけることで他者を救うという妄想は大変な快楽なわけだ。(正確には赦しているのはおっこだけで、私達はなにもしていないのだが、我々は主人公感情移入しているので)

その敵を「赦す」ことの快楽は、敵を「叩きのめす」快楽に、根元の部分では繋がっているように見えるので、なんとなくそういう現代人のコンプレックスとかを感じられて面白いなと思った。

2020-05-13

anond:20200513234251

自分の身は多少は自分で守れってんだ。

今まで高利を貪ってたパチ屋に何感情移入してんだよ。

やつらはビル所有したりしてるだぞ。

しか建設費はパチ屋代で返せるの。

エロゲー流行らなくなった仮説

仮説1 実用としてわざわざ何時間プレイして本番シーンまで行くのがダルい

Twitterエロ画像が流れてくる時代

音楽ですらYouTube最初の30秒でサビが出ないと飛ばされる時代に何時間もやってられない。


仮説2 感情移入するのがダルい

キャラの生い立ちなど、もう負の設定はインフレしてしまっている。

貧乏や家庭環境問題提示されてもありきたりの設定と感じてしまうし、わざわざその問題解決するために主人公が動くとか、そういうのに感情移入するのも怠い。


仮説3 何時間プレイしている間に割り込みが沢山くる

ゲーム10分して、Twitterで返事を返して、と短時間のサイクルを通知で繰り返すのに合わない。

小説ラノベも読んでられないのも、同じことだ。

1人で時間が余っていて、作品に没入しても問題ないという環境はもうない。


仮説4 ハズレを引きたくない。一般メディア話題にならない作品お金を使いたくない

学生と接しているとわかるが、とにかくコンテンツのハズレを引きたくない。

お金無駄にしたくないのもそうだが、何時間もかけるだけのコストに見合うかどうかを気にする。


仮説5 他人体験を共有するのにコストが高い

仮に大絶賛されるようなゲームだったとしても、他人に同じ時間だけ使えっていうのは言いにくい。


仮説6  SNSが顔出しになった

顔出しでエロすげーとは言いにくい。

2020-05-10

anond:20200510155348

まあ創作なんて所詮現実逃避から

その極北ラノベとかエロ漫画で、ご都合主義の塊だろ?

お堅い文学作品だって結局はそうで、著者の願望を紙の上で再現してるだけ

でも、普通は惨めな弱者ほど何の疑問も感じずに強者感情移入できるわけで、そこに気付いてしまったのは不幸だったな

文学がまともに残っていた時代には、矛盾に耐えきれなくなって自殺したり発狂したりした作家が山ほどいる

物語絶望だと気付いてしまった

みんな「強い主人公」って大好きだよね。自分も大好きだった。

SAOとか東京喰種とか、ゼロ魔とかブリーチとか、とあるシリーズかいろいろ。

でも大人になって、今はやってるなろう小説見ても面白くないんだよね。

多分似たような物だから、昔の自分が見たらハマったと思うんだ。

でも今はハマらない。どうしてだろうかと考えた。

結局、「オタク批判」とかで昔から言われていた事が正しいんだと思う。

自分は昔は社会を知らなかった。そして自分自分の事を知らなかった。

子供特有の、「何もしてないから」こその無限可能性。若さゆえの全能感。それを持っていたからこそ、「最高主人公」に感情移入できた。

その自分の幼稚さに気付くヒントは、最高主人公作品の中にいくつもあったけれど、当時は気付かなかった。

でも今は知っている。受験必死に頑張った。サークルで頑張って恋愛しようとした。文化祭も力を入れた。イラストレーターになる為に頑張った。

全部失敗した。自分は、「実はすごい」でも「最強」でもない。頑張っても、強くなろうとしてもなれない。覚醒もしない。

血と汗にまみれて、怠惰自分に向き合って、やっと小さな成果、それもすぐ吹き飛ばされるような物が見えるだけ。そこにはカタルシスも何も存在しない。

追放もの』にハマる人なんかは、まだ救いがある。まだ自分可能性を信じているからだ。

でもそんな気力さえ残ってない。

そんな自分でも好きになれるような物語を探してみたけれど、見つからなかった。

オタク批判していた人の読んでいたような、「大人の本」を見てみようとした。恋愛推理、愛、戦争社会……

結局そこには、形を変えた「実は凄い」「最強」があるだけだった。

読者の無知につけ込んだ物語自分可能性があると信じている人の為の物語ばかりだ。

自分には恋愛小説みたいなものが出来ないと気付いたら、次は戦争作品を見る、そして社会派に行き、推理に行き……

そうした無機質で無意味ループを一生繰り返して、最後死ぬのだ。

ならば、どういう物語が良いのだろう。

何をしても失敗で、希望が見えず、実強いとかなくて、普通に弱くて、惨めな存在。そんな存在が、何もせず失い続ける物語

そんなもの誰が見るだろうか。そんなもの面白くないだろう。

そう考えた所で、それは自分自身の人生だという事に気付いてしまった。

改憲論マヂ無理イミフ___法学部4年 度々丼丼

まず、感染対策改憲はいらないということは初学者レベル教科書判例集知識でもわかります意見がどうだ、議論がどうだ、ではなくて、順当に考えていけばそうなるはず。

それは置いておいたとしても。

仮にコロナ対策で正当な補償の下に私権制限する立法をしたとして、それを訴える市民がいて?、しか最高裁違憲判決下す?って、本気で思いますか?コロナのための改憲を謳ってる人が本気でそう考えてると、思いますか?完全補償しろなんて誰も言ってません。

改憲しないと対策できないぞ」っていうのは本当に悪質な脅迫です。人の命かかってんのに。

ぜんぜん関係ないけど、悪役って目的達成したあとに人質殺しがちだよね!なーに、映画あるあるの話ですよ。

話を戻すと、‪同性婚もそうだけど、改憲不要なのは単なる事実。なのに報道では「そういう意見もあります」って議論の一意見みたいに扱われて、本気で一意見だと思ってる人もたくさんいる。

これが、私はめちゃくちゃこわい。

一度、数ある見解の一つだと思ってしまったら。例えばワイドショーを観て「世の中をよくするために必要な」改憲必要って思う人が現れる。すると、違うんだよ!って説明する側が「相容れない存在」になってしまう。ホントのことを知って目を覚まして欲しいだけなのにね。

話し合おうとしても、闇堕ちした仲間を元に戻すことって難しい。だって闇堕ちする人って敵につけこまれて色々吹き込まれるじゃん。根っこの認識からねじ曲げられちゃってるんだもん。その事に気付けるきっかけがない限りは無理よね。

きっかけがなかったら。

認識ねじ曲げられたってことには悪役が目的を達したあとに気づかされがち。映画あるあるの話ですよ。

改憲しないとできないと思ってた事はしなくてもできた?…そうやって言う人もいたねぇ、、え?そんなこと知らなかった?君が聞く耳を持たなかっただけだよ、ほら。そこにいるの仲間じゃないの?ずっと言ってたじゃないの。市民仲間の反対に遭ってもワタクシと共に改憲を選んでくれた、有権者意思責任の下に。本当に助かったよ!

あぁそれより、その人質心配した方がいいと思うよ。ま、この国で初の偉業を成し遂げさせてくれてありがとう!フハハハハハハ…」

映画ならここからとてつもないパワーを発揮して大逆転する展開ですね。

敵がいか邪悪か、悪行を最後まで示すことで、観客は最大限主人公感情移入できるから。そして人質もなんちゃらパワーが目覚めて回復してめでたしめでたし

読者様の中で、ヒーローもしくはヒロインの方はいらっしゃいませんか?

あ、やっぱりいいです…現実政治ヒーロー/ヒロインを求めたらどうなるかは、歴史から分かる通りなので…

2020-05-09

童貞なので悪女ものストーリー感情移入できない

悪女に誘われてセックスしてしまったばかりになんやかんやあって死ぬ」のであればまあ嫌だからわかる。

でも家庭が崩壊したり職場で失脚するぐらいだったら、まあやれてるんだから良いじゃん!離婚するなり就活するなりしろよ!と羨ましさが優ってしまう。

2020-05-07

ホームレス殺害した奴ら

定期的に出現するこういった奴らなんですけど

過去ニュース映画漫画で散々最低な行為として扱われていると思うんです。

キャラクターでいうと雑魚キャラ

誰もが感情移入できないし、そいつらがヒーローにやられるとスッキリする。

そいつらを倒すヒーローに憧れもする。

なのにどうして雑魚キャラ側になり下がるのか?

ヒーローになりたいと思わないのか?

そこを不思議に思う。

2020-05-03

受験生が刀ミュに人生を救われた話

刀ミュに人生を救われている受験生です。

そもそも、今まで「ミュージカル刀剣乱舞」という作品に対して「刀剣乱舞キャラクターの服を着た人が歌って踊る」くらいの認識しかなく、むしろ世界を守るために戦っているのに歌って踊っている場合なのか?」と思っていた。

そんな私が刀剣乱舞ミュージカルを見て楽しめるのか? と訝しながらも、刀ミュガチ勢友達が薦めてくるのでせっかくだからと見てみることに。

結果、最高。

本来「モノ」であった刀剣が肉体とこころを持ってしまたことで生まれ葛藤、死んでしまった主に再会できたことに喜びながら、でもここに派遣されたということは主の最期を見なければならない、幸せ時間うたかたの夢であることに気付いている刀剣男士の苦しみ……。歴史の渦に翻弄されながらそれでも『生きた』人たち……(しんどい)。

それと対照的に、第二部や真剣乱舞祭の圧倒的なエンターテイメント性……。キラキラしてる……。あんなにキレキレで踊ってるのになんでめっちゃうまい?????? 私と同じ生き物ではない。

すっかりファンになってしまった……。「イケメンが歌って踊ってるだけでしょ」とか言っててすいませんでした。靴舐める

しかも、現在進行形でこのコロナ騒動翻弄されている受験生の私にとって、特に救われたことが二つあった。

まず一つ目。

現在私の学校集団授業再開のめどが立っていない。三月一日から授業ができなくなり、そこから一度も授業を受けてない。映像授業もようやく再来週から始まる状態で、できることといえば週に一度だけ配布される課題を黙々とこなすことだけ。私は予備校映像授業も受けていたのでまだラッキーだったけど、ほんっとに……ほんっとに虚無(でも私の学校はまだしっかり対応してくれてるほうだと思う)。

 一日中パソコン映像授業を受けているのでターゲッティング広告がすべて東進予備校になった。「模試受けませんか?」ってもう受けとるっちゅーねん!!!!!

しかも私、ちょっと変な大学に進学しようとしてるので、予備校の授業を日本史しかとってない。学費クソ高いからこのままじゃ進学できるかもわからんのに毎日毎日日本史勉強する日々……。

「お前は王族の血を引いてるから」ってわけわからん滅んだ国の文字勉強させられてる在りし日のムスカ大佐に異様に感情移入してしまう。

しかし、ミュージカル刀剣乱舞を見た瞬間……。

読める、読めるぞ!!!!!!!!!!!!!!(クソデカボイス)

阿津賀志山の戦い戊辰戦争姉川の戦い、長篠合戦……。

文字戦果の羅列でしかなかった歴史が、ミュージカルのおかげで色づいた。ムスカがあそこであんなに興奮してる気持ちが痛いほどに分かった。だってこれ進研ゼミでやったもん。

みほとせの部隊が竹千代保護して最初にするのが『城の修復と日々の記録』ってめっちゃエモいな(家康征夷大将軍になって最初に行ったのが江戸城造成と郷帳、国絵図の作成)」

とか、

「結びの響、はじまりの音によってもたらされた変化は、みほとせであれだけの祈りをもってもたらされた泰平の世を塗り替えるものなのかぁ」

とか習った歴史を思い出しながらしみじみできる。む、報われた……。日本史勉強しててよかった。

個人的に、榎本武揚五稜郭籠城中、榎本が秘蔵していた国際法研究書を「これから日本に役立つものだ、戦火の灰にしてはいけない。これから日本に役立ててほしい」となんと敵方である幕府軍黒田清隆に送ったエピソードがすごく好きなので、ミュージカルあんなに魅力的な人物にえがかれていて納得しました。そりゃ黒田も感動して助命嘆願するわ……。

黒田清隆死刑にするべしと言われていた榎本を救うために坊主頭にしたんですよね。敵であった人物にそれだけさせるだけの説得力があった。

しかも、戦火の灰にしてはならない、と言うってことは榎本には五稜郭戦場にする覚悟があったってことなんですよね。そんな覚悟をさせるだけの土方歳三……流れ星を見つけ流れ星のように生きた男……。

話が脱線した。

でも、それだけミュージカル刀剣乱舞は魅力的でした。最高。日本史勉強しててよかった、って思えてよかった。ありがとう大学受験はどうなるかわかんないし、志望校受験できるかわかんないし、高校さえいつ始まるかわかんないけど、それでも日本史勉強してたから私はこのミュージカルをたくさん楽しめた。

ならいいや!!

二つ目

私の学校、春に運動会夏休み明けに学園祭があるんですよね。

運動会はほぼ練習終わってるし、学園祭夏休み中に劇の練習があるので、夏休みが無いと言われている現状、開催が絶望的。もっと言ったら友達引退ライブもたぶんできない。

つれ~~~。ほんとならライブハウスを貸し切って、めちゃめちゃモッシュして最高に盛り上がるはずだったのに。

でも!! 

ミュージカルを観て、舞台の上にいる誰かの真剣な顔を見てはっとしたり、真剣乱舞祭でキラキラしてる誰かにキャーキャーしたり、なんかそういうので『『青春』』成分を補給できた気がする。

そりゃ、何か月も稽古をして、それが本業俳優さんと同級生を同列に語るのはとても失礼だけど、でも、二か月も友達としゃべっていない虚無虚無プリンな今の私に一番必要だったのは、友達と一緒にかっこいい誰かにキャーキャー騒げる、そういう他愛ない時間だったのだと痛感した。

もう、ぼろっぼろに泣いてる。アホほど感動している。

私、全然刀剣乱舞知らないんだよ……言っちゃえばミュージカルがほぼ初見なので、キャラクターとしての彼らをあんまり知らない。え、ゲーム内の彼らは歌って踊らないですよね……。刀だもんね……。

のに、刀剣男士が、主を、仲間の刀剣を、歴史を、どれだけ大事に思っているか

主とともに紡いだ歴史とともに、自身をどれだけ誇りに思っているか

そして主(審神者さん? とにかく観客席の方たち)がどれだけ刀剣乱舞というコンテンツを愛しているかがビッシビシに伝わってくる。ミュージカル観ただけなのに。素敵なジャンルだ……。

長くなっちゃったけど、最高でした、ミュージカル刀剣乱舞

受験終わったら円盤買いますね。年末にはコロナ渦が収束してたくさんの審神者さんたちがまた騒げることを願っています

最後に昨日「三百年の子守唄」の見どころを友達に聞いたところ、「ファンサのとき良い匂いがした村正」と言われた。

どう味わえと。

岡村JKハルを読んでみるといいと思う

「49歳で独身恋愛経験全然いからこんなことになる」

異性愛者で恋愛経験もなさそうなひとたちが『百合』とかいって喜んでいる」

似てる!

そんな評論家牧眞司氏がかつて激賞したなろう小説こちら、平鳥コウ「JKハル異世界娼婦になった」。

http://novel18.syosetu.com/n4381dp/

タイトル通り、主人公セックスワーカーというのも例の件を連想させるけど、何より重要なのは千葉」というキャラ(悪役)

こいつは「典型的異世界生主人公」の象徴かつ、陰キャ非モテコミュ障クソオタ(元)童貞高校生で、異世界転生してチート能力を得てから立場の逆転した(と本人は思ってる)クラスメイトハルに対してマウントかましまくるような奴。あと当然、客になってセックスもする。

異世界に転生したら、もう絶対面白いとあるんです。転生したら、なかなかのかわいい同級生風俗嬢やります。女は冒険者になれませんから

というわけ。

千葉はかつての自分学校の中での弱者だと思ってて、それに対して陽キャで高カーストハル強者であるという認識を疑わない。だから転生後の世界で、ハルを金で買って身体を好きにすることをある意味、正当な「復讐」のように考えてるんだけど、自分男性であるだけで加担している女性への抑圧には完全に無自覚なんだよね。前世でも異世界でも。

JKハルに登場する他の生き生きとしたキャラ達と違い、千葉人間ですらなく完全に壊れた非モテモンスターとして描かれていて、まともな倫理観を持った人なら誰しもが嫌悪感を覚えることだろう。でもそんな千葉に、敢えて深く感情移入して「JKハル異世界娼婦になった」を読むことで得られるものがある(男性もいる)んじゃないかと、JKハルの大大大ファンであるあたしは思ってしまうんだな。

便乗布教失礼。

anond:20200503011104

釣りなのか天然なのか、自分が辛かった時と勝手に重ね合わせて感情移入しちゃってるのか知らないけど。

政治家さんの仕事において、第一に掲げるべきことは「より良い国家運営」であって、「政権獲得のための罵倒」や、「与党を陥れるための施策」ではないはずだ。

政治家さんの仕事において、第一に掲げるべきことは「より良い国家運営」であって、「政権維持のための人気取り」や、「現行法対処できる事柄を、憲法改正しないと対処できないと緊急時にも関わらずアピール」ではないはずだ。

2020-04-30

昭和作品子供に薦める大人

昭和人間昭和コンテンツ思い出補正面白かったと言うのは自由だけど、それを「今の若者にも見てほしい。今やっても楽しめる」とか言い出すときっつーーーってなる

子供スーファミプレゼントしますって言われても自分子供だったら「そんなの要らないかスイッチくれ。せめてモニタに繋げられるミニスーファミにしてくれ」って思うし、未来少年コナン再放送しますって言われても最近アニメを見た方が100倍有意義だと思う

もう一度言うけど個人過去に浸って懐かしむ分には別に良い。しかしそこから「もう新しいアニメ作らなくていいか再放送だけでいい。昔の方が良かった、面白かった」とか言い出すとキツイ。そういうことを言い出す奴ほど知識更新が止まっており、最新の経験が無い典型的な「昔のは知ってるけど今は興味が無く、過去知識だけで語りだす老害」なんだよな。君が見た、やった最新の作品は何?と聞かれても答えられないタイプ。あるいは他人から聞きかじった知識まとめブログで見た程度の情報で語りだすアレ。

「今のゲームだと映像がきれいから想像力を使うことがない。ドット絵ゲームは、十分感情移入ができる。想像力を働かせて楽しめるのが魅力だと思う。子供らの何人かでも、スーパーファミコンの良さをわかってくれたらうれしいですね」。

スーパーファミコン100台、ソフト2本付きで無償提供日本レトロゲーム協会石井理事長「親子で楽しむ時間にしてくれたらうれしい」

https://hochi.news/articles/20200424-OHT1T50319.html

この石井豊理氏が語る「今のゲーム映像がきれいから想像力を使うことがない」という発言のものがまさに「自分想像できる若者像の限界」なんだよなぁ。

例えばこちらの記事にある「小学生が一番遊んでいるゲームタイトル」2位マイクラ、3位どうぶつの森なんてまさに想像で楽しむごっこ遊びゲームなんだけど、石井豊理氏は1時間でもいいかプレイしたことはあるんだろうか?

もうね、オトナ帝国の懐かしい臭いにハマって幼児退行している大人のものなんだよ。勝手過去に生きてろよ。若者を巻き込まないでほしい。

岡村隆史非難する事によって生ずる弊害

岡村氏の風俗に対する発言が物議を醸している。これは到底擁護出来るものではないという見方が強く、インターネット上でも彼を非難する意見大勢を占めていると言っていいだろう。

しか個人的には、彼を非難するだけで良いのだろうか?非難している側にも問題があるのではないだろうか?という疑念が湧いてくるのだ、本稿ではそれをまとめてみたいと思う。

岡村氏の発言意図

世間は彼の発言を「この先美人女性が不幸にも風俗に身をやつすことで、金の力を以て性的搾取出来ると期待している」と解釈しているように思うが、これは正しくないと思う。

このような見方は、単純に言って風俗嬢=弱者 客の男性強者という力関係を前提としており、その権力構造の中で男性による女性に対する性的搾取が行われている、という世界観に基づくものだろうが、おそらく岡村自身及びリスナーにこのような考え方は全く馴染まない。

風俗に行くような男性というのは、まあいろいろな例外はあるにせよ基本的にはモテない男性である

自由恋愛の中で性的関係を満足に築けない男性が、お金を払って女性相手をしてもらう為の場所であり、少なくとも本人の自意識の上で客というのはヒエラルキーの最底辺に属するものと思われる。

まり岡村氏の視座から見れば、風俗嬢というのは最大限に言っても対等な関係であり「今後極短期間だけ風俗業に従事するかもしれないが、まだ従事することのない美人」については、これは当然雲上の存在である

そんな雲上人がもしかしたら自分たち下々と同じ地平に一定期間だけでも降りてきてくださるかもしれない、ということを彼は楽しみしているわけで、

世間が思うような上から目線搾取希望などはなく、とてもとても下から目線弱者視点なんだろうと思う。

それがリスナーという一般人非モテ男性に憑依したことで獲得された態度なのか、自身のもともとの女性に対する屈折が招いたものなのかは定かではないが、

そんな超一流売れっ子芸人とはとても思えない弱者的な眼差しから齎された意見なんだということが誤解されていると感じる。

問:風俗嬢は不幸なのか?

しかし、仮に上で類推した意図が正しかったとしても、この先美人女性が望まぬ性風俗への就業余儀なくされるというのは一般的には不幸なことで、そのような不幸を喜ぶ態度は非難されて当然である

という反論が出てくるだろう。だがこの反論には2つの問題点があると感じる。

まず一つには、女性の望まぬ性風俗への就業を支えているのは、上述したようにまさしく望まぬ禁欲主義(Involuntary Celibate:インセル)的な男性欲望である

風俗嬢がいなければ欲求の解消も出来ない男性たちが、性風俗への就業を「本来なくさねばならない不幸」と捉えることが、果たしてどのように可能だろうか?

個人的にはそれは、無理がある話だと思う。

もう一つ、なぜ殊更この先風俗嬢になる人間についてけが取りざたされるのか?ということである

望まぬ性風俗への就業というのは、既にしていままでにも幾らでも起こっていることである。だからこの先も非難するな現状追認せよという話ではない。

まり、望まぬ性風俗への就業自体問題視するのなら、風俗自体解体を唱えなければならないはずだということだ。

仮に岡村氏の発言が「風俗にはほんまお世話になってて、僕風俗なしではやっていかれませんわ」というようなものだった場合、これほど叩かれただろうか?おそらくは全く叩かれていなかったろうと思う。

だが、そのような風俗肯定コロナウィルスなどとは無関係に望まぬ性風俗への就業肯定に他ならず、その点については今般の発言と全く同一の地平にあるはずだ、批判者の中で何が違うのか?

コロナウィルス被害性風俗嬢にならざるを得なくなるというのは身近で感情移入可能だが、それ以前にあった貧困教育機会の喪失による就業は遠い世界出来事なので切断しているのではなかろうか。

そんな差別意識が仄見えるのである

結局そのような世界観は、インセル的な客の男性のことも、現在風俗業に従事している女性のことも切り捨て、善意第三者として勝手他者を哀れんでいるような空理空論に思えてならないのだ。


この先は地獄

とは言え、彼のラジオ番組風俗関係者と客だけが聞くようなものではないので、無関係第三者が聞けばぎょっとして気分を害すものであったのは間違いないところだろう。

ニッポン放送及び本人が謝罪せざるをえなくなるというのは当然の結果ではあると思う。

だが、彼が謝罪することに依って何が起こるだろうか?

謝罪は当然こういった内容になるだろう。

「先般のわたし発言女性への配慮に著しく欠けておりました。コロナウィルス被害に依って女性性風俗業へ従事せざるをえないというのはあってはならない不幸で、そのような不幸を楽しみにするなど言語道断なことでした、ごめんなさい」

しか実態はどうだろうか?やはりコロナウィルス被害によってそのような職を求める女性というのは増えるだろう。

その事実に対して、上述の謝罪性風俗への従事=不幸というスティグマ化を強烈に強める効果しかさないのではなかろうか。

それは風俗業というものを更に一段下のレイヤーに落として不可視化し、風俗嬢及び客にさらなる弱者意識を醸成させる結果にしかならない。それは控えめに言って地獄であろう。

からこの騒動を奇貨とするならば、岡村氏の考えなしの発言非難すればいいなどという無邪気な考えでは駄目で、そもそも社会として性風俗をどう考えるのかを問い直すべきだと私は思う。

それが出来ないのであれば結局非難している人間も彼と同じ、「被害者ぶった加害者」でしかないのだ。

anond:20200430034550

もちろん被害者にも感情移入する

でも被害者はみんなに同情されてるから

それ以上可哀想にはならない

anond:20200430034341

まず何を考えてそんなひどいことをしたのか、彼らの立場に立って考える

そうするとそのうち彼らに感情移入してしま

そうなると叩かれてるのが可哀想になる

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん