「困惑」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 困惑とは

2020-06-01

地獄 あるいは『100日後に打ち切られる漫画家』の感想

100日後に打ち切られる漫画家』というツイッターの連載ものが完結した。

作者は浦田カズヒロ、かつて週刊少年チャンピオンで『JINBA』という漫画を連載し、打ち切られた漫画家である

本作は、タイトルから分かる通り、ワニの便乗作。

あの作品の連載開始から星の数ほどの便乗作が出たわけだが、100日完走したという意味で、その中でもかなり特異な存在であるといえよう。

かつて週刊少年漫画誌に連載を持っていて、打ち切られた経験がある作者がこんなタイトルの連載をしているということで、それなりに話題になっていたので知っている人も多いと思う。

筆者も、ちょっと話題になったから読んでみた一人だ。

で、これが、凄かった。

ここには、地獄がある。

はっきりと一言感想を言うと「どんな気持ちで読めば良いのかわからない」。

それが『100日後に打ち切られる漫画家』という作品だ。

優れたフィクション作品というのは、作者が読者の感情ちゃんコントロールできている作品だと思う。

「ここで笑ってほしい」「ここで泣いてほしい」……そういう、感情の導線がちゃんと引かれていて、読者はそれに身をゆだねていれば良い。

ONE PIECE』なんてわかりやすいだろう。

個人的に好きかどうかはともかくとして、あの漫画は「ここで盛り上がってくれ!」という作者の意思がはっきりと感じられる漫画だ。そりゃあ、人気になる。

で、『100日後に打ち切られる漫画家』は、とことん、作者が読者にどう思ってほしいのかが分からないのだ。

最初、私は「調子に乗ってる漫画家が痛い目にあうのをスカッジャパン式に楽しむ漫画か」と思って読み始めた。

それらしい要素はたくさんある。

本編の主人公は、とことん愚かに描かれていて、その所業ざっとまとめると下記の感じだ。

・俺は年収千万以上の漫画家様だと通勤するサラリーマン嘲笑う。

・女アシスタントに手を出す。

雑誌アンケート家族複数枚書かせる。

皮算用調子に乗って車を買ったり服を買ったり無駄遣いをする。

そもそも主人公の絵が「かわいい」とも「かっこいい」とも思えない、どっちかというと不快になるタイプの顔

・「あの漫画家は実は親子で…」とかの個人情報を友人との飲み会で話す。

ネットに書かれている批判を「嫉妬乙」といって、SNSアカウントブロックする

・描いている漫画うんこ(本当にうんこの絵を描いてるだけ)

これらの要素は、控えめに見ても、まあ、好感が持てるものではない。

こういう風に主人公ヘイトを集めて最後に爆発させる。そういう話か、と思う。

けど、読み進めていくと、違和感が出てくるのだ。

もしかして作者、この主人公を「可哀想」「がんばれ」と思ってほしい、と描いてないか?となる描写が一方で沢山ある。

たとえば、こんな具合だ。

・憧れだった漫画雑誌作品が載って感動する。

漫画に打ち込む熱血漫画家アピール

嫉妬に狂う友人

無能編集路線変更のせいで人気が落ちる

応援してくれるピュア家族アピール

読みながら「えーっと、好感を持ってほしいのかな?そうじゃないのかな?」と困惑してしまう。

しかしたら、作者は、良い面も悪い面も持った愛すべきキャラクターとして彼のことを描いたつもりなのかもしれないが、はっきり言って、そういう深みを出すには四コマ100連発はページ数が少なすぎるし、

何よりも上記で彼に対し読者が感じるヘイト尋常ものではないので、むしろ良い奴、可哀想な奴アピールされても、ただ、不愉快なだけなのである

その上、物語としても特に面白くない。

それは元ネタのワニからしてそうでは…と思う人がいるかもしれないが、実のところ、そんなことはない。

ワニは確かに派手なストーリー展開がある作品ではないが、「毒にも薬にもならない日常」を一本筋を通してしっかりと描けている。

ワニ君の友人たちの話であったり、女ワニさんへの恋であったり、一日ごとに進行する話としてのストーリーが地味ながらも用意されていて「明日も読んでやろうかな」という気分にさせる。

100日後に打ち切られる漫画家』では、そういう、一本筋がない。

思いついたように調子に乗ったり、真面目な漫画家アピールをしたり、ゲス顔をしたりで、一日一日が繋がっていないのだ。

(それが上で言ったような主人公に対してどう思ってほしいかが見えてこないチグハグさに繋がっている)

そもそも100日のリアルタイム進行という枠すら守れていない。

主人公の連載が開始するのは30日目だ。

物語は、主人公が描いていた漫画最終回雑誌に載った日で終わるので、10打ち切りである

まり10打ち切りの突き抜け。

作中では人気が落ちたどうこう路線変更がどうこうと言っているが、10打ち切りでそんなわけはない。

たとえば48日目に主人公カラー原稿を描いている描写がある。

場合にもよるだろうが、普通、連載開始前に数話書き溜めているだろうから、連載開始二週間ちょっとカラー原稿がくるということは、第七話とか、第八話とかの原稿を書いているタイミングだろう。

このタイミングカラーページをもらえる漫画が、10打ち切りになるだろうか?

100日は一日一日をかみしめて過ごすと確かに長い日数だが、リアルでのことを考えるなら

ちゃんと考えるならただつまらなくて、人気がなくて、連載終了したというだけのストーリーしかできない日数だ。

このへんの日数のコントロールが、全くもってできていない。

(ちなみに路線変更を促した編集者が登場したのが68日目。打ち切り宣告が79日目。

 路線変更した回は、どう考えても打ち切り宣告時にまだ発売されていない)

登場人物キャラクターも、ストーリーも、何もかもがガタガタ。

あえて打ち切り漫画家の悲哀を描くために酷いものにしたんです、ということかもしれない。だったら素直に拍手する。

しかし、私はここに地獄しか見えない。

かつて週刊少年誌で連載を持った漫画家が、こうもガタガタの漫画ツイッターに放り投げて、一瞬チヤホヤされる。

なんというか、辛い。ただただ、辛い。

凄い漫画だ。

美容室説教されて疲れたQB万歳

追記あり

そろそろ髪を切りたくなり、有給休暇を取って普段通っているQBハウスに行った。しか緊急事態宣言解除の影響か激混みしており、人気ラーメン屋のような行列ができていた。

しばらく待っても前に進む気配がないので、仕方なく近くのカット2000円の美容室に行くことにした。

入ってしばし突っ立っていたが、なかなか対応してくれず3分くらいして、アラサーくらいの男性美容師が「なんでしょう!?」とやってきた。

久しぶりの美容室でやや緊張している私は控えめに

すみません、予約してないんですけどよろしいでしょうか...?」と尋ねたところ

「ウチ予約やって無いんで。そこ(来店表)に名前書いて、荷物ロッカーに預けて座っててください!」と言われた。

やたらピリついているなぁという印象だが、広さの割にスタッフはこの美容師アシスタントっぽい中年女性しかおらず、忙しくてバタバタしているのかな?と思った。

10分ほど待ち、ようやくカットしてもらう番がきた。

はいつもQBハウスで頼んでるようにツーブロックの長さとカットの長さ、刈り上げの要望をした。(ちなみにQBハウスはいくつかの店舗に行っているが、どこでもとくに問題なくカットに移行してくれる)

美容室なので、美容室カットしたっぽいサンプル画像まで見せた。すると、

美容師普段ヘアワックスは使いますか?」

私「いえ、使いません」

美容師「なんでですか?」

私「(なんでって言われても...)使う習慣がないからですかね...」

美容師ワックス使わない人はねぇ、みんな時間がないとか言うんですよ!」

美容師の語気が強くなる。

美容師ワックスなんて1分もあればできますからね。ツーブロックなんてワックス使わなかったら、はねてダサくなりますよ。はねなかったんですか!?

私「いや...まぁ...どうなんでしょう...?」

美容師「ダサくてもいいなら切りますけどね!どうしますか?」

ここで私はこの美容師が怖くなって困惑していた。

この人をいかに怒らせないように、クレーマーをなだめるように注文することだけに専念するようになった。

私「ええと、ちょっとどう注文していいかからなくなってしまいました...ワックスを使わなくてスッキリさせたいのですが...」

美容師「男の髪型ワックスつけなかったら全部ダサくなるんですよ!あなたの髪質もパサついているし、トップの長さも足りない。それでもいいならやりますけど」

私「...(だめだ。正解がわからない)」

美容師ワックスつけないんだったらマッシュとか、芸能人流行っているセンター分けですかね?まぁそれでも芸能人ワックスつけてますけどね」

私「(だんだん腹たってきた。こいつワックスワックスうるせぇなぁ。そんなに客の要望ききたくねぇのかよ。そんなに嫌なら最初から聞くな。大体ワックスで手前のカット技術ごまかしたいだけじゃねぇのか?マッシュ?センター分け?やるわけねぇだろ。あんなの吉沢亮レベル顔面で許されるもんだよ。それだけは阻止せねば...)すみませんワックスつけるので全体軽くして、襟足をきれいにしてください。お願いします。」

美容師「はぁ、まあいいすけど」

その後美容師以下のようにブツブツ言っていたが、私は、とにかく無になり、うなずくのみだった...

「今までどこで切ってきたんですか?言われた通り切るのはラクからいいんですよ。ここまで親切に言う人いないでしょ?」

職場女性とかもねぇ、ダサいと思ってますよ。男は気にしないけど、女性ワックスを使っているかとか臭いに敏感ですからね。あなたがどんな仕事してるかわかりませんがね、取引先の女性とかは清潔感を髪で判断しまからね。きちんと流行に乗って、ワックスを使っているか...」

カット後は一応ワックスをつけてもらった。

「ほら、30秒で全然違うでしょ?」美容師は満足そうに言った。

私はスマイルを絶やさず「そうですね!ありがとうございました!」と言ってその場をそそくさと去った。

そして、どっと疲れが出てきた。

これだけ言われて、なまじ相手同調してしまっているので「もしかして美容師の言っていることが正しくて、自分がダサくて、まちがっていたのか?」という思いの葛藤があった。

帰って妻に見せると

「え?髪切った?」と言われた。

事の顛末を話すと

「まぁ、確かにツヤが出てカッコよくなるけど、つけないかダサいとかは感じないよ。あなたそのままでカッコいいよ」と言ってくれた。愛してる。

結論

ワックスでカッコいいは作れる

・人をダサいとかカッコいいとかで判別する人間流行を追いかける人間のほうがダサい

QBハウスさんいつもありがとうございます。今後ともお世話になります

【以下追記

想像以上に反響があり驚いている。でもちょっと落ち込んだ体験をこうして楽しめてよかった。

ブコメの中で歯科医も同じようなもんとあったが、都会も田舎美容室歯医者は乱立しているので、相関性はあるだろう。後述するように、信者(ファン)ビジネスのようなものだよね。

無知で気弱そうな客を盲信させて固定客にしようとするというコメントもさもありなん。ライバルが乱立する業態からこそある種マインドコントロールで客に価値観押し付けるのも戦略ひとつなのかもしれない。

私はワックス否定しないし、仕事は内勤でたまに作業帽を被るとき邪魔からつけていない。むしろ結婚式スーツを着て人前に出る時は使う。それをわざわざ言うのも億劫だった。

実は妻の行ってたカット6000円の美容室に5年程通っていたことがある。ツーブロックもそこの美容師さんの勧めで確立した経緯があった。しかし、子育てきっかけにコストを考えてQBに落ち着いた。その過程で本件とは違う2000円台の美容室に行ったことがあり、同じような説教されたことがあった(そういえば)

なので価格帯とサービスがこんなもんだろという諦念があるし、逆に20代前半の頃とかにこれをされたら圧倒されて言いなりになっていたかもしれない...怖い。

店の事情とか美容師の言っていることの正しさはあると思うけど、この店には二度と行かないだろうし、個人情報を渡してしまたことだけ後悔している。

この日は月曜日営業している理髪店そもそも少なかった。誕生日の妻に花を買うつもりだったから急いでたんだ。運が悪かった。

ちなみにこの美容室フランチャイズ店舗です。

2020-05-29

山里亮太

数多ある意見の1つに過ぎないかも知れませんが、この度の悲しいお知らせについて、とても重要なお願いがあります。ぜひご一読頂けると助かります

今回のことについて、またそれについても様々なことをSNS上でみな好き放題言っています。我々はこういう風に対面で顔を合わせなくてもコミュニケーションができる時代になって、その最も身近なものであるSNSと、どういう風に付き合っていけばいいのかほとんどの人は困惑しています。顔を合わせなくていいということから、どんなことでも発信でき、また(SNSのない)日常生活では言われないようなことを言われたりするようになってからSNS上で見えている相手バーチャル人間だと考えるようにし、自分(人間)vs相手(機械)のように接していますしか自分普段自分と違う人間のように、普段なら喉まで出かかって止めるような文言さえも、あっさりと指をなぞらせて全世界へと発信するのです。しかしその割に相手(機械)の言うことには感情を揺さぶられ、たびたび日常生活ではあるまじき過度な言葉相手を責め立てることもありますさらに、膨大な情報量。誰しもが発信できることから必然的日常生活ではわざわざ聞くことのない人の意見まで(要か不要かに限らず)目にせざるを得なくなりました。

と、ここまで書きましたが今回のことが、何が一因であったのかということについては、色々な人がこれもまた勝手意見いくらでも言ってくれていますしか自分も正直それを精査していく、という気分にはなれません。一人の尊い命を失った悲しみもさることながら、何よりもうこの情報化社会情報量に疲れてしまっていて、さらにはSNSの使い方についてあれこれ言われてしまうことは、何か自分の一番柔らかい部分に触られているようで気味が悪いような気もするからです。

ですから、この誹謗中傷がどうだとかについてこれ以上触れることはしません。今回自分がわざわざメッセージを送ろうと考えたのは、自分なりの考えを伝えお願いしたいことがあるからです。

人間は、というか自分のような人間は、どこから台本なのか、ということを小さい頃から気にして見てしまますテラスハウスはもちろん、ラジオお笑いや、とかくエンタメ全般的に。大人になればなるほど、その線引きの部分が段々と分かってきました。コンテンツ制作する上では、台本はなくせないということも。そうすることで、面白さが担保できる。その場で生まれるかわからない爆笑を待つよりも、安定的面白い方が大事だというのが根源にある。

テラスハウスもずっと楽しみに見ていました。2020東京から過去作品も遡ってほとんど見ました。このテラスハウスでも同様に、どこまでが台本なのか、と考えましたが、それについてネット上では正確な情報は開示されていませんでした。それでも、まぁいいかと楽しんでいました、所詮エンターテインメントなのだから

しかし、その楽しい時間は実にあっけなく終わってしまいました。

台本があって、それに従って演技をする出演者の方々。すべてはただの操り人形であり、それを見る視聴者たちは騙されてあげて、楽しむ。騙されていながらも没入して、そこで同じように感情を揺さぶられて楽しむ。どんなエンタメもこうして楽しんでいるのに、現実で人が一人死んでしまうということは、そんな平和世界で行われるエンタメの中には決して存在してはいけない概念です。

少し戻って、自分が引っかかるのは、そもそもこれが台本であったのかどうか、ということです。彼女番組の指示通りに、また示唆されて作為的にあの「コスチューム事件」を起こしたのであれば、これが自殺につながったと言っても過言ではないのですからテレビ局殺人とも言えるでしょう。そうでなかったとしても、悪意のある編集があったという新野氏の証言があります。そうした番組を取り巻く諸々が、視聴者には何一つとして知らされていないのです。

これ以上は長くなってしまうので、簡潔にいたします。お願いというのは2つあります。1つは彼女がなぜ自殺しなければいけなかったのか、番組制作という面からそれを解明すること。テレビ局で働いている人々の大半はきっと善良な人達なのだろうけど、舵取りはいつも腐り切っているように感じます。この事件が闇に葬られてしまう前になんとか事実をすべて開示して欲しい。2つ目には、彼女自殺以降おそらくひどく誹謗中傷を受けているであろう出演者の「彼」やその他の人々の精神ケアです。頭の悪い人たちは「彼」があんなことをしなければ彼女自殺することもなかったというでしょう。実際、死んだ人が責められることはほとんどありません。今後苦しい思いをするのはいつも、今、そしてこれから生きていく人たちなのです。

この2つを、出演者でありながら、一個人としては制作には関係のない貴方にお願いしたい。きっとこれを読まれても、お願いするところが間違っているのではないかと思われるかも知れません。しかし僕は、貴方の「一生をかけて考えたい」という言葉を信じたいのです。その覚悟があるならば、すべて自分のうちに閉じこもって考えるのではなくて、少しでも何か行動をして欲しい。山里亮太が、あの番組マスコットのような立ち位置で、あの時間だけは番組傀儡だったかも知れない。しかし世のSNS上の人々のように、貴方の本当のところは人間である、ということをどうか信じさせてください。そうしてこれからも、後ろめたい気持ちなしに、エンタメ傀儡となる貴方を楽しませて欲しいのです。

2020-05-28

認知しているブクマカ

デイダラボッチさん

 その名の通りデイダラボッチぽいアイコンが印象的 ファーストブクマカをやりつつセンスも光る感じで相当強者っぽい でもアルファベット数字の謎めいたタグをいつも付けててマジで不気味

萌えない子アイコンの人

 この人もファーストブクマカの印象が強い 画像ボケてることがほとんどで、ひょうきんものという印象が強い IDが短かったと思うけどなんだか忘れた

レガナリアさん

 適当に読んでるから分からんけど花のアイコンの人 俺の増田に時々ファーストブクマをくれるから印象がいい いい人そう・陰気そう(ブクマカなんて全員陰気なんだよな) (俺は「陰気」を褒め言葉として使っている)

金髪美少女アイコンの人

 好感度が高い珍しいタイプブクマカ 非リア芸を披露している印象が強いけど時々いいことも言ってる 親戚のおじさん(45歳独身)みたいな…

マツモトさん

 自画像っぽいアイコンの人 どこにでもいる(どの記事を見てもブコメを書いている、の意)という印象が強い 幅広い芸風で印象が絞りづらい

雲・青空アイコンの人

 複数いる群れのひとつ リベラル派という印象 まえ叩かれたのでムカつく!と思っているが明らかに複数いるのでどの人にムカついていいかわからん 結構良識派が多いイメージ

アイコンの人

 ハトカラス?をアイコンにしてる人 illみたいなIDの人の存在感が強いが、似たアイコンの別人も複数いる雰囲気 これも良識派って感じ

アイコン

 多すぎてわからん その辺にいそうな茶色い猫の比率が高いのはなんでなんだ リアル飼い猫なのかな

ダジャレの人

 JTみたいなIDの人 どの記事でもずっとダジャレを言っててちょっと不気味 無理やり濁点をつけてたりして根性を感じる わりとマジでどこがシャレか分かんなくて考え込むことがあってムカつく!

ゼブラさん

 酒・瞑想野菜みたいな宗派の人 アカン人扱いされているようだが、俺にはそんなにアカンくは見えない 有象無象ブクマカもっとヤバいのがウヨウヨしてるから破壊的なブコメが多い印象はある

不安になる人

 タグで"不安になる"をよくつけている人 意味不明な謎増田困惑しつつファーストブクマをつけて日向に引きずりだしてくれるありがたい存在

[]端綱

馬の口につけて引く綱。

だいたい、現代に生きる平均的な市民である私は、乗馬をする機会などほとんどなく、ファンタジー時代小説馬術に関する用語が出てくるたびに辞書を引かねばならない。同様の理屈で、船舶に関する語彙についても無知であり、これが外国語にもなるとどうしようもない。「朝びらき丸 東の海へ」の原文に挑戦したときにも、児童書なのでそれほど難解な言葉が出ているはずもないのに、困惑した。

ちなみに、この言葉が出てきたのは興亡の世界史シリーズの「アレクサンドロス征服神話であるマケドニアでは、敵を一人も殺したことのない者は馬の端綱を帯とする屈辱を受けねばならなかった。当時のマケドニアはきわめて軍国主義的な国家であった。

「お射精」っていう謎の言葉を使う若い子が増えてて困惑する

2020-05-27

差別をなくしたい」じゃなくて「俺倫理観あるぜ」とちゃんと言え

人間の本性ってのはな、差別したいもんなんだよ。

人と違う奴を排斥して、他人を見下して、みんな楽しいだろ?

から差別をなくしたい」なんてのはちゃんちゃらおかしい、ただ正義ぶりたいだけの阿呆どもばっか。

差別をなくしたい」って言ってる奴は、全員差別主義者だと思って聞いてる。

もちろん、自分が具体的な実害を負う差別についてはなくしたいと思うだろう。

男性なら男性差別を、女性なら女性差別をなくしたいはずだ。

病気なら、障害者なら、セクシャルマイノリティなら、低学歴なら、ブサイクなら、オタクなら、特定地域出身なら……

挙げたらキリがないが、何かしら自分たちに関する差別をなくしたいだろう。

これはまあ、実害に対する対処行動として理解する。

問題は「差別をなくしたい」という奴だ。

世の中にあるすべてのあらゆる差別をなくしたい、みたいなことを言う人だ。

まず人間相手いじめたり見下したりすることに快楽を得る生き物だから現実的に無理。

次に、こういう奴は当事者ではない事柄簡単に首を突っ込む危うさがある。

例えば「腐女子セクマイ配慮しようとして、本人たちからかえって困惑されてしまう」などの事例がある。

間違った支援、俗に言うありがた迷惑を生みがちだということ。

それから差別というものの複雑性をよく無視する。

競合する差別同士が対立してしまうことがあるという視点をよく見落とす。

例えば「男性差別を訴えようとして、カウンター女性差別を訴えられてしまう」ということがある。

どちらか一方の差別を解消すればいいという問題ではないことに気付けない。

あるいは「女性蔑視を訴えようとして、ラブドール規制を願う」というのもある。

個人的に、ラブドール好きな人というのは一種セクシャルマイノリティだと解釈している。

(性犯罪というがそんなに生身の人間が好きならラブドールなんか気持ちが悪くて手を出さないだろう)

結果としてある派閥への差別を強め、さらに強く糾弾することになるのだから

から差別をなくしたい」なんて絶対おかしい。

差別の複雑性と根本の硬さを理解していれば、差別をなくしたいなんてそう簡単にいえないはずだ。

からちゃんと「俺倫理観あるぜwww偉いだろwwwお前はないのかwwwかわいそうな奴めwww」って言えよ。

2020-05-25

AさんがBさんを殺したようだ。

会社ルールのせいで、BさんはAさんと距離を取れず困惑していた。

AさんからBさんへの距離感が異常に近かったが、Aさんは社会的に弱い立場でありBさんにすがっていた。

会社ルール問題社会福祉の弱さが指摘された後、Bさんが不慮の事故でなくなったとわかった。

この場合会社ルール問題があったことと社会福祉の弱さが議論すべき対象ではなくなったとは言い切れないわけだが、注目されず議論もなくなる。

複雑で直接的に解決できないけれども人を苦しめている問題は、どうすれば前に進むのか。

2020-05-23

anond:20200523082404

困惑)いや、「野党」という名前政党があるわけではないんだが・・・

anond:20200519063840

増田は元ソシャゲ会社勤務とのことだからDWや型月の責任を重視して書いていると思うんだが、問題ライター過去所業を見る限り起こるべくして起こったことだと思うよ。

この問題ライターをよく調べればわかると思うけど、他人ネタ帳扱いにして手柄を横取りする行為を繰り返していて、かつて一緒に原画家同人誌で悪行を告発されてる。

例えば蒸気王バベッジテスラ、ジキルハイドあたりは全部彼のエロゲメーカー時代自作品()キャラからの流用なんだけど、キャラ原案(見た目や細かいキャラ設計に至るまで)は原画家ってことが設定本のインタビューなどから判明してる。

それを各原画家達には了承も得ずに(当時原画家困惑していたので未承諾も確定)、自分が考え出しましたというふりしてFGOに平然と持込んでる(原画家個人で出した同人誌台詞をなぜかFGOでしゃべらせてたりする)時点で、剽窃行為は常習だったと察するに余りあるよ。今回も森瀬が考えた文章だと思ってそのまんま使ったんだろう。

2020-05-22

アジアセーラームーン炎上について

Twitterアジア人風のセーラームーンを描いた人が炎上させられている。

https://togetter.com/li/1519818

コメントをした白人うんざりと言う人が多いが、絵の顔が醜いと直接クソリプを送りつけている日本人も居る様子なので冷静になって書いた人のツイートを見てほしい。

見ていたら結構本格的に日本ゲームアニメ文化セーラームーンが好きな海外イラスト書きさんみたいだし、なんの悪意もなく美人なうさぎちゃんを描いた様子なのに気の毒で仕方がない。

https://gazoku.com/278334/

ちなみにこの海外イラストレーターを晒し上げにしたこつよせは、以前もこのように海外ラブライブファン晒し炎上させている。

ラブライブで晒された方は、自己紹介欄には可愛い女の子を書くのが好きとあったし、ケモナーR18アカウントも持つ日本アニメが好きな海外オタクのようだったが、何で何年も前に楽しみのために書いたイラストが晒されたのか、アニメ風に書いたイラストは晒さずにこの画風のイラストばかり晒されたのかとても困惑している様子だった。

何度も悪意なくファンアートを描いただけの海外ファン晒し炎上させているのはどうかと思う。

以下翻訳

まず第一に私はセーラームーンを「日本人」のように見せるとは決して主張しませんでした。

また、すべてのアジア人がそのように見えるべきである/すべきであるとも言いませんでした。

私は自分の妹の顔をモデルにして描いています

彼女アジア人に見えすぎて醜いと思うなら、ここに人種差別主義者が居ます

私達はマレーシア人マレーシアで生まれ育ちました。

追記

私の妹は私の人生で最も美しい人の一人である事を忘れていました!

2020-05-20

懐疑的

https://www.j-cast.com/2020/05/19386229.html?p=all

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.j-cast.com/2020/05/19386229.html?p=all

「突然のネット騒動に捲き込まれ困惑してます

そしてありま猛さんにブーム感想を聞いたところ、「依存症」に囚われた人の行く末をこのマンガに込めており、目を向けてもらえればとのことだった。

「突然のネット騒動に捲き込まれ困惑してます、何処か他人事の様な...... でも私なんですね。私は、人間ストレス溜めない為には適度なアルコールギャンブルセックス必要だと思ってます

『連ちやんパパ』は ギャンブル依存症として論評されていますが、この作品たまたまパチンコをとうして表現させて頂いた訳で、他のアルコール依存症セックス依存症、これ等にドハマリすると結果は一緒だと。人は誰しもこの3つの内の1の依存症にハマる可能性があると思ってます

この作品は取り扱い注意啓発本として見て頂ければ幸いだと思ってます。」(原文ママ

依存症に焦点をあてたというコメントだけど読者間では登場人物の最クズランキングが盛んに行われてた。

依存症部分以外が特に面白すぎたし、海外旅行保険エピソードは完全に浮いてる。

終盤マサコがパートナーと意外にもパチンコに連れてかれる展開は手に汗を握ったものの。

コミカルな絵柄、淡々としたストーリーは悪どさを咀嚼させることなダイレクトに頭に入れてくる。読むストロングゼロと評されるのも納得。



作者のいいこと言った感じのコメントだが、これを作品と照らし合わせて見ると非常に怪しい。

「取り扱い注意啓発本」の「啓発」を依存症のそれとしてみるならば、だが、

それなら副読本必要ではないか


作者コメントが少ないので困惑がまぎれた後で作者インタビューをまたやってほしい。

と思ったが漫画じゃなく作者に対しても闇が深いとか失礼な物言いを見たので、バランスをとるのは難しいかも。

2020-05-19

anond:20200519122215

アルバム単位かぁ・・・

正直、

「風を撃て」でのデビューに狂喜して「冬のオルカ」でアコースティックかと安心してたら突然のファンキーな「双子座グラフィティ」と謎のLBネイション寄りに困惑、でもストレートだがキャッチーアレンジにまあええかと待ってたら「牡牛座ラプソディ」の攻撃的な歌詞感情移入しゴキゲン・・・

コーネリアスグレイト3みたいに音響派?にならずに変化を続けてるのはいい。

2020-05-18

[]イシモチ

パク・ミンギュの短編集を買ったら出てきた。韓国では高級魚で、感覚としてはこちらの鯛に当たるらしい。

イシモチとは耳石が巨大な魚を指す名称であり、ニベ科のニベ、またはシログチを指すケースと、テンジクダイ、またはテンジクダイ科の魚一般を指すケースがある。ややこしいことに関西関東で指す魚がずれているようだ。ちなみに、にべもないの「にべ」はこの魚の名前だそうである韓国の高級魚はどっちのことなのかは調査中。

以前から、同名の生物がいてややこしいとつぶやいているのだが、言われてみれば魚の名前もそうである郷土によって名前が違うし、同じ名前で別のものを指すこともざらである。これも魚が食生活に密接に結びついている日本ならではの現象なのだろう。正直困惑している。ノドグロ方言名で、アカムツが正式和名だと知ったときには混乱した。

うそう、そういえばこのカテゴリで「チョンセ」という韓国不動産賃貸制度が触れられていたけれども、その人も同じ本を読んだのだろうか。イシモチという言葉が出てくるのと同じページに載っていた。パク・ミンギュ、初めて読んだけれども作中の比喩がすごくいい。

間違って違う店の口コミ書いてしまったけど、イイねがいくつもついてしま困惑してる

このままにしとくか…

anond:20200516233918

三十代後半以降がはしゃいでると言われてるけど普通に前半でマサルさんネタ書いたか困惑した

2020-05-16

在日」だけど、「ネトウヨ」の人を理解することが少しだけできた

https://twitter.com/M16A_hayabusa/status/1260223488779943936

このツイートきっかけ。

その前に少し長くなるけど、自分語りさせてほしい。

私は元在日韓国人だ。数年前に帰化したので今は「日本人」として暮らしている。帰化する前は「韓国人」として暮らしていた。

両親ともに韓国人だけど、私は日本で生まれ育ち、日本教育を受けてきたので日本しか喋れない。

いくら両親が韓国人であっても自分アイデンティティ日本人だった。それなのに書類上では韓国人で、私には参政権もないしパスポート赤色じゃないし身分証明書には自分名前じゃないもの刻印される。そのねじれというか、ちぐはぐしたものに30年、ずっと困惑していた(これは帰化して解消!選挙行けるのうれしかった)。

クラスメイトからの「●●ちゃんのお母さんって喋り方がへんだよね」というなにげない言葉や、在日韓国人であることをカミングアウトした翌日に別れを告げてきた恋人とか(この手の話題は尽きなくて、最近だと婚約者の両親にも元韓国人というだけで拒絶された。帰化してたのにですよ。ばかみたいですよね。婚約者が煮え切らなかったどころか仕方ないとか言い出したので別れました)、世間の「在日日本にいるな」「韓国人うそつき」といったヘイトスピーチさらされることによって、私の中には韓国人であることは恥ずかしくて、隠すべきことであるという認識が生まれしまった。いつしかそういう差別的視点を、私は自分の中にも持ってしまったのである

(当たり前だが、だからといって別の在日外国人のことを差別していいわけはないので言動には注意しているつもりである)

このように私は、「普通であることに憧れ、在日韓国人であることに苦しみ続けてきた。

しかし初めて、その苦しみが少しだけとけるような思いがしたのである。ここで冒頭のツイートの話に戻る。

いわゆる「ネトウヨ」の人たちは、在日韓国人のことを、あることないこと、いや99%くらい「ないこと」を理由侮辱している。こういう言葉たちは実際、「いや何言ってんだw」とほとんどかわせるけれども、自分でも気づかぬうちにダメージがたまっていく、落ち込んでしまう。相手にしない、目にしないのが一番と思いつつもたまに出会ってしまう。

目にするたびに、なぜこの人たちは私たち在日韓国人を「攻撃」するのだろうなと思っていた。嫌な言葉を撒き散らして何がしたいのだろうと。そんなことしても一銭の得にもならないのに……。インターネットなんてやめて、美味しいもの食べたり飲んだり本読んだりお花育てたりした方がいいよ、なんて思って。

その理由が冒頭のツイートで示されたのだ。目からウロコが落ちた。おおげさだよって思うかもしれないけど本当に私には衝撃だったよ……。

攻撃」をしてくる人たちだと思ってたけど(実態はそうなんだけど)、在日韓国人が悪だから攻撃をしてくるわけではなく、彼ら彼女らの心の中のすきまを埋めるために持ち出される存在ということに驚いた。いや当たり前だろって思う人も多いのかもしれないけれど、私は今までひたすら怯えていたので彼ら彼女らを直視できていなかったのかもしれない。そうだよね、あなたたちも人間なんだもんね。

そして彼ら彼女らの気持ちなんてわからないなあと突っぱねていたけれど、初めて理解に近づいた気がする。なんでネトウヨ在日韓国人のことを理解してくれないのだろう?とヤフーニュースコメント欄とか一部界隈のTwitterとかを見かけるたびに思い続けてきたけれど、私も理解しようとしてなかったんだなと少し反省した。

からこういうことをツイートしてくれるのはありがたいなと思った。

もちろんヘイトスピーチはけして許されないし、人種差別する人の気持ち共感は全くできないけど、少しだけ見えた気がするのである

そして、「目覚める人がいること」も発見で、私に希望を与えた。このツイートリプライたちも見てみるとわかるけど、「なんてバカなことしてたんだろう」と悔い改める人も結構いる。ネトウヨは一生ネトウヨなのかと思っていたけれど、そうじゃないことに心底安心した……。

というわけで、私は元韓国人というアイデンティティも抱えながら、これからは少しずつ胸を張って生きていきたいと思ったのでした。きっとこれから差別偏見さらされることがあるだろうけれど、今までよりもその傷が浅くなる気がしてる。

どこの誰だか知らない人だけれど、ツイートしてくれてよかったです、ありがとう

そして長くなったけどここまで読んでくれた人いたらありがとうございます。

ミッドサマーを見たら違う意味で狂った話

基本的アンチはしない主義なのだが、こればかりはどこかに書かないとおかしくなってしまいそうなので匿名で公開する。

私はミッドサマー日本で公開されて一週間後に見に行った。もともとホラー映画が好きで、海外試写会された時から話題になっていたので早く日本でもやらないかと待ちわびていた。

日本で公開が始まるとツイッターはミッドサマー話題で持ちきりに。

グロい」「怖い」「精神的にくる」「人によっては爽快」「恋人と見てはいけない」

などと言われていて、それはもう早く見に行きたいと思っていた。

友達にあまりホラーが得意な子がいないのでとりあえず彼氏を連れて見に行った。

彼氏ネットでの評判を見せて楽しみだね、と期待値を上げて劇場に入ったのを覚えている。

そしておよそ3時間後、二人で劇場から出て彼氏から言われた言葉はこれだ

「お前こんなつまんない長い映画たかったの?」

ここで、私がミッドサマーを怖いとか面白いとか思ってたらキレ返して別れてしまっていただろう。だが違う、私も彼氏と全く同じ意見だった。

直見てる途中からから彼氏文句言われる心配をしていた。やばい全然グロくもないし話もありがちだし、薬物の影響的描写想定内だしオチもふーんとしか思えない。

ネット感想見て期待し過ぎたな…と思った。他にも一緒に見てた人たちも「なんか言うほどだね」とか言ってたので、そういうものだと思った。

私も彼氏SNS依存しているので、見終わった後はとにかくSNS解釈感想を読み漁る。

解釈については、私も彼氏ネットでよく見るものと変わらなかった。

感想に至ってはあまり自分たちとかけ離れていたので何を言っているのかよくわからなかった。彼氏は「そりゃこれ恋人と見たら気まずくなるよ、つまらんもん」と言っていた。

それからミッドサマー公開期間はTLにもミッドサマー評価する声、気持ち悪くなったとか精神的におかしくなりそうとか作品意図に合った感想が流れ続けた。

私は今まで映画を見てそこまで感想一般論と別れることがなかったので、ひどく困惑した。もしかして自分は何かストーリーを見落としているのでは?とか、人気の映画面白いと思わない自分カッケーとか内心思っちゃってるんじゃないか?とか、だんだん自分感性に自信がなくなった。映画好きな人が称賛しているのを見ると更に自信がなくなった。

わざわざ「ミッドサマー 面白くない」とか「ミッドサマー アンチ」とか検索して同じ意見の人を見て安心したりした。

どうせしばらくすれば誰もミッドサマーの話なんかしなくなるだろうと思っていたのだが、公開から5ヶ月経った今でもミッドサマーを称賛する声が見える。

その度に自分意見に自信がなくなるので、こうして堂々と自分感想公表してみようと思ったのだ。匿名だけど。

ミッドサマー自体に対する不満はそれほどない。ただ期待を上げられた過ぎただけ。もう登場人物名前も細かい設定も覚えていない。

周りの感想に振り回されて不安に駆られるのはバカバカしいのでもう金輪際感想は見ないし私もミッドサマー感想は言わないしもう見ない。

もし私と同じようにミッドサマーまらなかったけど周りの評価に納得いかない人の目にこの記事が止まって安心してくれたら幸いです。

2020-05-12

今更ながらコナンゼロ執行人(金ロー版)見た感想

名作傑作と言われている割には響かなかったなあという駄文

アニメにおけるCG描写が苦手

青山作品はかつてハマってコナンは50巻近く、まじ快は3巻まで、YAIBAは全8巻のうちの真ん中の一部以外は集めた。

劇場版コナンは全部見たわけではないが、こだま作品、銀翼、紺青が好き。確か水平線上、鎮魂歌、純黒は見た。

相棒科捜研の女は多分見たこと一度はあるとは思うけど、よく見てて好きだったシリーズとしては記憶してない。100の資格を持つ女や紅蓮次郎法曹系の女主人公のが好きだった。

警察組織については詳しくない。司法組織も詳しくない。

~~

 正直これコナンでやる必要あるかなと思った。ベイカー街の亡霊と同じくやりたい題材のために、名探偵コナンを利用した匂いがした。問題は、ベイカーはコナンファンホームズファンの中でも賛否わかれるところはあっても一般受けは良く対象あくま子供であるのに対し、執行人は対象大人で一応コナン推定ファンの年齢層だろう子供を捨て去っている節があった。正直良い意味で心動かされたのが、①毛利家(園子緑さんも含む)の描写、②少年探偵団がストーリー意味があって足手まといではない、③ポアロのお姉さんの変なジェスチャー、④カーアクション電車の側面を走るところ、⑤博士が有能(クイズだけや場所や道具提供だけではない)……くらいしか思い出せない。あと車のCG結構目に入った。

~~ベイカーは「現実ゲームのように甘くない」っていう最後のが言いたかった題材と思う。今だったらアンチゲーム大人に都合よく使われそうな雰囲気がある。今の価値観でみるとゲームを軽んじているような説教臭さを感じる。

~~

 まず、ストーリー燃えるところがあまりない上に大人向けで暗い。公安警察が元警察官で、現有名探偵(背後のコナンという強力な協力者が目当て)とはいえ一般人を巻き込んで拘束するようなことはどうなんだろうと思う。警視庁地方警察所属警察官を好感の持てるキャラクターに描いてきた本シリーズにて、公安関係者キャラクターとして好感が持てなかった。公安歴史を考えれば好感を持てないキャラクターというのは考えられることではあるが、純黒の風見のあまり無能さにキュンとしただけに残念に思った。すべての元凶公安といってもいい物語であったが、燃えるところが少なく、対象大人だけに振り切らないでほしかった。犯人動機が協力者を失うことになった公安復讐するためであるが、犯人も協力者もコナン安室自身正義の上で行動している。正直安室登場後のコナンに関してはあまり正義を問われたくないが、正義は一つではなく難しいものであるだけにコナンでやるのならストーリー自体もう少しは明るくした方がいいのではないかと思う。公安という立場をメインに出してきただけに難しいものではあるが、あまり視覚物語的暗さになんだかなという気分でいっぱいだった。正直自家用テレビで見たが、夜設定とはいえ画面的にあまりにも暗いと感じた。またゲストキャラクター(いつもの芸能人枠)の弁護士の方のラストシーンで激昂するところがあるが、彼女もそれまでに公安の協力者として暗躍する中で監視していた対象に惹かれたものの、事件が起こり協力者に協力を頼んでいた中で自殺される。そのまま協力者を続けていたら実は公安によって、自殺していたとされていた恋人は生きてましたなどという自身判断によるものであれど公安人生を振り回されているのは、哀れみの感情をいだいてしまった。しか彼女も暗さを増長した一因である

~~

 次に犯人サイドの事情や処理に面白みがないなと思った。ここでは犯人の協力者は含むとする。推理モノやサスペンス個人的に楽しみにするのは、犯人動機が大きい。犯人犯行を起こす動機が、同情する余地があったりカリスマ性があれば正直娯楽として好きになってしまう。犯人の処理もそうだ。ただ今回の犯人周りはつまらなかった。犯人上司に対して火傷負わせ他のが犯人と分かったときはよくやったと思ってしまったが、協力者の生存を知らされて諭されてすぐパスワードを言ってしまったりコナン言葉にすぐ諭されてしまったりというのは、尺の問題が大きいかもしれないがやった規模や抱えていた自身正義に対して描写が薄いなあと思った。協力者の方は結局自分正義感に酔いすぎて就職できなかっただけで死んだと思ったらなんだかんだのうのう生きてたし、あと正直ミスキャスト演者に対してキャラが抱えているものが大きすぎて演者が頑張っている分ちょっとなあと思った。おそらくもっと丁寧に描写されていたら協力者の生存に残念だとは思わなかっただろう。正直犯人サイドのキャラクターとしての描写あんなに有名作なのだからもう少し掘り下げしていると期待していたために残念に思った。犯人よりも公安傍若無人さの方が印象に残り、それがクライマックス燃え上がるはずのところでうまく自分には火が付かなかった。

~~

 またクライマックス少年探偵団が活躍するところと安室コナン活躍するところがある。少年探偵団が足手まとい過ぎない(足手まといの例:水平線上)、灰原が原作スペックから考える必要以上に出しゃばらない(一応薬学が専門のはずなのに薬学以外で博士よりも活躍している場面など)、博士が有能(ただの見守るお爺さんや道具・場所クイズ提供者じゃない)など個人的には好きだと思った。ただ、何も知らされずに衛星探査機子供たちが迎撃するというのはどうなんだろうかと疑問には思ったが。目暮警部をはじめとするいつもの警察関係者ポーズに近いのもあるとは言えど、子供に危ないことをさせないために止めるのに慣れているだけに、博士以外ためらう姿が絵として見られないのが少々残念に思った。まあコナン・灰原以外の事情を知る大人公安関係者だけなことはあるために納得は行くが。今回は探偵たちの鎮魂歌のように実は危険な目にあっていたし、その状況を対処したのは少年探偵団という描写だった。彼らなら事情を知ったうえできちんと対処できる(例:天国)という期待があっただけに、実は自分たちで破壊した探査機を間近で見られなくて悲しむ姿に言ったうえで協力してもらってもよかったんじゃないかなと思った。

~~

 毛利家の描写(園子緑さん含む)は結構好きだった。近年のコナン映画は蘭にとりあえずアクションさせ、雑でも新一と叫ばせればいいという個人的偏見がある中新一を必要とする理由おっちゃんの逮捕)がわかりやすく、コナンから蘭への愛情ちゃん尊重している(安室コナンから蘭への感情言及している)など、蘭の扱いがラブコメ中心ではない映画にしては良いと思った。純黒の蘭の存在意味が無に近いのを最近見返したので、思っていたよりはよかった。コナン映画といえば蘭に精神デバフをかけるのが恒例ではあるし、よくそれで叩かれている(空手強いのに騒ぎすぎとか)のを考えると新しい精神的負荷のかけ方だと思った。小五郎を蘭が疑うというのは14番目の標的でもあったが、今回は異例の起訴という事態に陥っているため精神的に弱っても不自然ではないと思う。妃さんも身内には弁護できないという状況でおっちゃんのことを考えているのが伝わってきてよかった。エンディング毛利夫妻はやっぱりこうでなくちゃと思った。園子は不安な欄に付き添ってあげているいいやつだし、緑さんも毛利家のことを思っている(正確には妃さんのことだろうけど)し、色々と手助けしてくれたりしてよかった。正直毛利家がこの映画視覚的にも物語的にも癒しとなっていたところあった。

 あと途中で車が泣き顔に見えるほどズタボロになっているのがかわいそうだけど、頑張ったねって感じで好き。カーアクション電車と真っ向から衝突し、電車の側面走ったりと本当お疲れ様だった。最後はもう廃車確定なのかもだけど、MVPは君だったよ。

~~まとめ

 総括すると、「名探偵コナン」の傑作として持ち上げられていた割には基本的物語が暗くてスンって気分でいた時間が多かった。ベイカーみたいに「名探偵コナン」としては異色という認識だとしても、それまでの認識していたコナン像と違ってたぶん困惑しただろう。これがコナンでなければもうちょっと先入観に踊らされることなく、楽しめたのかな。正規駄作とまでは言わないけど、公安警察方面に明るくもなく、コナン知識に自信があるわけでもない身としてはもうちょっと説明が欲しいなと思った。例えば、なぜ犯人共犯者を選んだのか、共犯者自殺した()あとどうしていたのか、コナンスマホに盗聴アプリを仕込まれいたことを博士に調べてもらって知っていたのなら調べてもらう際にバレなかったのか、NAZUは侵入された後に犯人によってパスワード変更されるまで(された後も)何もしなかったのか、警察公安)以外の省庁のお偉方が無能に見えたけど本当に何もしてないのか、犯人上司公安検察の人)が結構嫌なだけの不美人に描かれていたけど何か信念とかはあったのか、あのあと女弁護士はどうなるのか、あたりの説明は欲しいなと思った。小説を読めばいいのかもしれないけど、こだま時代の疑問点はあっても雰囲気とかでだいたい満足みたいなのに慣れすぎてて手を積極的に出す気にはなれないんだよなあ。世間評価のわりにあんまり響かなくて残念だった。安室というよりも公安の降谷を見るための映画だなと思った。だけど映像アクションごまかすんじゃなく、降谷という人についての描写をもうちょっと色濃くやってくれたら今よりも好みの作品になってくれたかもしれない。

2020-05-08

女の非モテ

学生時代何人かそんな感じの人がいたけど、まあ悲惨だった 容姿人格ともに壊滅的!って感じ 

男の非モテはある種「普通」で、ひとクラス40人いれば5〜10前後はいから傷を舐めあえるんだけど女の非モテは超少ない

陰の側にカテゴライズされる女子でも実際誰からも好かれてないってことは滅多になかった 顔の印象がほぼメガネしかない上にグループワーク(4人)でガチでひとことも喋らず俺を困惑させた人ですらのちに彼氏ができてた

そんなぬるい環境恋愛でも誰にも相手にされないっていうのはすごいことだ 本当にすごい 100人のうち下位3人くらいのスケール感になってくる

男で言ったら「キモオタク」で画像検索して出てくる本当に気持ち悪い奴らのような、生え抜きキモさがないといけない

でもまあ学年に数人いるってくらいの数はいるわけで、彼女たちが「モテない女」クラスタを作るんだろうな… 少ないから目に入らないけど確実に存在しているガチモテない女性の皆さん

仲間がいないぶん男より大変だろう 心から同情する しかも充分モテてたのにモテなかったと言い張る女もかなりいるせいで存在すら疑われる

かわいそうに………

大阪人東京コンプレックスが強い

恐らく、このようなタイトルにすると

「俺も大阪人だがそんなことねーよバーカ」とか

大阪人の知人がいるけど全然そんなことないよ」とか絶対言われると思うんだけど、

少なくともこれを書いている時点での自分はそう思っている。

日頃から大阪人をよく目にするのだが、このコロナ禍でも見るに堪えない「東京コンプレックス」を発症している。

自己紹介をすると、俺は埼玉県人だ。

翔んで埼玉は少々誇張されすぎな表現ではあるが、埼玉県人が東京に大きな憧れを抱いているのは間違いない。

埼玉はイナカだが、東京には様々なものがある。おしゃれなお店や食べ物があって、娯楽が充実している。大抵のイベントもの東京で行われる。

埼玉-東京県境市町村在住の俺は、つい「東京のすぐ近く」「埼玉東京寄りの方」みたいな文言地元紹介に付け加えてしまう。

まさに俺自身東京コンプレックス患者だ。

話を大阪に戻そう。

俺の持つ前述の東京コンプレックスは「憧れ」。どちらかというとポジティブニュアンスのものだった。

だが、大阪人の持つそれはネガティブだ。日本語にすると「憎」や「嫉妬」といったところか。

大阪人はその観点でいえば、おかしい。埼玉の比ではなく東京性格を捻じ曲げられているような気がする。

まずSNSで、小池都知事吉村府知事をやたらに比較するのだ。

俺が思うには全国の知事の中でも、この2人はコロナ対応とても頑張っていると感じている。

アプローチはそれぞれ異なるがかなり優秀ではないだろうか。流石は大都市を率いている人間だ。田舎老害知事たちとは違う。

だが大阪人はなんとかして「吉村府知事の方が優秀」ということにしたがる。

逆に東京人の方は大阪とどちらが優秀か争いなんか眼中になくて、大阪人が一人で土俵に立っているような状況だ。

マスクの配布についても、何故か大阪を優先しろと言い出す。東京なんて最後でもいいだろと。

俺は流石にこれを見たとき「HA???」と思った。

東京マスク配布が優先されているのは、東京首都から肩書問題ではなく、単純に最も感染危険地域からではないのか。

発言者普段頭のいい風の人だからこそ余計に困惑した。

それとも東京人は全員感染してコロナ死ねってこと?

あるいは大阪人はこういう冗談お笑いにしてるってこと?誰か教えてくれ。仮に後者なら「おもろないわ」と言わなければならない。

それともこいつらは大阪人の中でも最底辺的なクソ野郎で、大阪人でも軽蔑するような存在で、俺の交友関係たまたますべてハズレ大阪人ということなのか?

誰か教えてくれ。

2020-05-04

球詠って作画が悪いわけじゃないだろ

しろ投球シーンやバッティングシーンだけ切り取ってみるとちゃんと「野球してる作画」は出来てる。去年やっていた同ジャンルタイトル比較しても動きは良い。

ただ男性視聴者きららアニメに求める「かわいい女の子達のキャッキャウフフ日常」とはかけ離れた、妙にガッチリした体格の良さとのっぺりして可愛くない顔のキャラデザが全てをぶち壊してるいるってだけで

まず真っ先に優先すべき可愛さを差し置いて野球シーンに力を入れられても視聴者的には困惑しかない。よっぽど変な動きさえしなければ許されるのに(その点、可愛い日常ビーチバレーシーンの作画を両立させていた「はるかなレシーブ」はすごい)

そしてストーリー。「昔は強かった名門校だが先輩が起こした不祥事のせいで廃部寸前の野球部にすごいピッチャーがやってきて、そいつを中心に癖のある部員が集まり努力根性で現役野球部員勝利していくサクセスストーリー」というありがちなテンプレート女子高生に置き換えているだけ。王道といえば聞こえは良いが要は「女子高生がやればなんでも商品になる」を野球漫画でやっているだけで全く魅力を感じない。

視聴者が求めていたのは「ゆる野球」くらいのノリでMAJORキャプテンが見たいわけじゃないんだよなぁ

あと声優。メインを若手女性声優で固めているんだけど無個性キンキン声で判子絵も合わさり誰が誰か区別がつかない。22/7は棒でも許容範囲だったのに、職業声優がやっているこっちの方がきついと感じてしまった。

とにかく作画けが悪いわけじゃない。そば屋に入ったらカレーが出てきて、それがたいして美味しくなかったくらいのがっかり

2020-05-03

コロナ時代こそゼロ

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000028599.html

ゼロ葬とは、宗教学者島田裕巳氏が2014年に出した著書「0葬 あっさり死ぬ」(集英社)の中で提起した葬法。

冠婚葬祭なんてよくわからず年長者の真似をしてそういうものだとなんとなく学び、特に葬式なんて葬儀屋やお寺の言うままアレコレと準備してホイホイお金を支払って終わらせる人が多いと思う。

葬式、お通夜なんてしなくていい、お盆の時期に墓参り掃除必要ない。そう言うと年長者は目を剥いて怒鳴り散らすか困惑したまなざしこちらに向ける。

私事になるが小生の嫁は昨年祖母見送り、今年祖父が後を追うように亡くなった。両者コロナではなく大往生だった。

身重の妻はコロナへの感染を恐れ葬式に行くことをかなり悩んでいた。

結果、かなり配慮してもらった様なので参加してた。

そもそもコロナが無くても、葬式なんてするべきものだろうか。

妻とよく話すのは「葬式は亡くなった人への生者の配慮」であり、感情問題とよく伝えていた。

から妻には交際から高齢祖父母とはよく話し相手の生きざまを聞くようにと言い聞かせていた。「彼らの価値観選択の仕方を今のうちに聞いておけ。そうして何か問題が起きた時に彼らならどういう答えを出すか、それが分かるまで話した方がいい」と。

妻はのちに「あの時はそんなもんかなと思って話してきてたけど、いざ居なくなった時にも寂しいけど心がだいぶ楽になった」と言っていた。

葬式というのは、精神的にお別れさせるための大掛かりなセレモニーなのだ

千の風になってという歌の歌詞

「私のお墓の前で 泣かないでください そこに私はいません」とある

本当にその通りだ。

そこには厳しい言い方だが愛する方の残骸しかないのだ。

場所によっては遺骨の引き取りも断れる。遠方で、もう高齢で、など様々な理由で墓に行けないことで罪悪感を感じずに済む。亡くなった人に今後の人生を拘束されなくて済む。

もちろん選択するか否かは一族の考え方もあるし価値観もある。小生は永代供養より墓そのもの葬式という儀式のものからの脱却をしてもいいんだという知識が広まればと思い書いている。

僧職なんですが、ね。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん