「フォロー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: フォローとは

2018-09-25

嫌いな小説書きの話

クソみたいな自己愛のはきだめ。

とある作家ネット上でもう半年くらい追い続けている。

べつに、その作家のことが好きだから追っているわけではない。

私は同人文字書きの端くれで、わたしが追っている彼女小説を書く二次創作同人作家

私たちは同じジャンルにいるが表向きはなんの面識もなく、オンオフともに彼女は私のことを知らない。

私が一方的彼女を追いかけている。

と言うとまるでファンであるかのようだが、ファンと私では彼女に向けている思いがまるっきり違う。

私は、彼女が嫌いだ。

嫌いだから彼女のやることなすことを監視せずにいられない、アンチに似た心理彼女のことを追っている。

なぜ嫌いなのか。

理由普遍的かつ単純で、わたし彼女嫉妬しているか彼女のことが嫌いなのだ

いや精確には、彼女作品と、それを生みだす彼女の才能に嫉妬している。たぶん羨望に近い。

彼女作品は、私の作品にはない魅力で溢れている。

読み手にすらすら文章を追わせる勢いや説得力があり、個性情熱もある。

彼女の書く話にはまず真ん中に〝感情〟という揺るぎない芯がとおっていて、その感情を軸に人間というものがみずみずしくそこに描写されている。

自分なかにある感情が気付けば彼女文章呼応し、自然作品世界に入りこめる。

そういう、強く惹かれる引力みたいなものがあった。

それで、彼女にずば抜けた文章力や構成力があればすべてよかったのだ。

そうであれば私も素直に彼女作品を称賛し、彼女に心酔するファンの列に加わることが出来ていた。

彼女作品にいっさいの隙がなければ、他人作品に過剰な自意識を持ち込み嫉妬心をいだくような事にはならなかった。

けれど、彼女の綴る文章にはどうしても、『隙』があった。

これなら私のほうが、と思わせる、あら探しをさせるだけの隙が見えてしまった。

たとえば、有り体に素人くさいと感じさせる文体単語のえらび方、エピソードが矢継ぎ早に通過していく展開の強引さ、

状況説明台詞に頼りすぎるところや、メインとするモチーフのわざとらしさなんかが、読んでいて私には引っかかった。

それでも、それなのに、とにかく彼女作品は「読みやすい」の一言に尽きた。

自分文章を読み返すときに感じる堅苦しさやとっつきにくさが彼女作品にはなく、

自分文章に感じる、くどいと思う描写や言いまわしを、彼女はたった数行のかんたんな表現で読者に納得させてしまう。

私がありきたりにならないようにと頭をひねって考えたストーリーよりも、彼女のありきたりなストーリーの中で光る表現や細工のほうが私には鮮やかに感じた。

「私のほうが」と思える隙があるのに、その隙間を覗けば覗くほど、私のほうが優っている要素が見えなくなった。

彼女作品を読むたび、私は彼女よりもはるかに書けていると思える瞬間と、私は大差をつけられ彼女よりずっと下にいるのだと思う瞬間が交互にやってきて、自信と劣等感でぐちゃぐちゃになった。

そんなふうに散らかった情緒自分の力できれいに整理することは難しく、彼女のことを「嫌いだ」と疎もうとする強い感情が、私にはもっとも手近で易しい感情に思えた。

から、嫌いだ。彼女のことが。

私は彼女投稿するすべての作品ブックマークしているが、ブックマークの設定はすべて非公開にしている。

彼女作品を「好きだ」と評価すること、そしてそう評価した私の存在彼女に知られてしまうのが嫌だった。

それは彼女の才能の前にひれ伏し、負けを認めることと同等の敗北感があってただ、悔しかたから。

彼女ツイッターにしてもそうだ。わたし彼女ツイッターを非公開リストにいれて観覧している。

わたし彼女フォローして、彼女から私にフォローが返らない可能性を考えると耐えられない。先にフォローをしたほうがきっと負けになる。だから死んでもフォローはしたくなかった。

彼女ツイッター投稿する作品いいねRTで触れることもしない。いいと思ったものは黙ってローカルに保存した。

負けたくなかった。

彼女作品が好きだけど、彼女作品を好きだと感じる瞬間は嫌いだ。

キャラクターのえがき方や心情の拾い方が絶妙だと思うけど、同時に、文章力がその熱量に追いついていなくて拙いとも思った。

しかしその拙さは、言い換えれば小説をあまり読まない人から見ても読みやす文章ということでもあり、そのまま共感感情移入のしやすさでもあった。

まり彼女は、ちゃん小説が上手いのだ。技術などは関係ない。彼女小説が上手い。

書きたいドラマテーマを人に伝える才能がある。私よりも。

多分、彼女の書いた小説を読んだ瞬間に本当は、私は圧倒されていた。圧倒しきるほど完全ではないのに、それでも力押しで圧倒してきた。そんな経験は初めてで、それがとにかく悔しかった。

彼女のような作品を私の技術で書けるようになりたい。でも模倣はしたくない。彼女に影響などされたくない。彼女の書く作品とかけ離れたものを書いて、上回りたい。そう思う時点ですでに影響されている。嫌だ。負けたくない。

『負けたくない』

彼女への執着の根幹にあるこの「負けたくない」という対抗心こそが、とにかく厄介でわたしを惨めにさせる。

だって彼女のほうは、端から私と勝負なんかしていない。

私の感じている、勝ち、負け、という卑しい価値観彼女の中にはなく、そもそも彼女は私の作品など読んですらいない。

わたし彼女に負けたくないが、

彼女わたしのことを知らない。

最初から勝負になっていないのに、強すぎるプライドと折り合いをつけられずに独り相撲をしているだけの間抜けが、つまりなのだ

少し話を変える。

わたし彼女が設置している匿名感想ツールに、よくコメントを入れる。

お題箱や質問箱やマシュマロなんかの匿名ツールというのは、一人のファンの連投によって、無数の信者存在作家幻視させることが可能ツールだと私は思っている。

そして私も書き手の端くれだからアマチュア作家が言われて嬉しいこと、作家が読者から訊かれたいこと、そういうのはだいたい分かる。理想的匿名コメントというものを作り出せる自負もあった。

からわたしは、匿名メッセージから彼女純粋信者を装い何通ものコメントを送った。

あるとき彼女作品のおかげでこのジャンルCPにハマった新規ファン

あるときは昔から彼女作品を追い続けてきた古参ファンにもなった。

それから創作ルーツについての質問や、彼女作品にだけ感じる唯一無二の個性、工夫された演出や、タイトルと内容のリンク、読者に気づいてほしいであろう描写や箇所を、

すべて小出しで拾って「ちゃんと届きましたよ」と都度、読者からのアンサーを返してやった。

おおよそ作家が喜びそうな意見を私はいくつも彼女に送った。

それらすべてが私一人からの打算のコメントであることを知らずに、たくさんのファンに向けて何度も「ありがとうございます!」「そんなふうに言ってもらえて嬉しいです…」と答える彼女を見て、せめてもの優越に浸りたかった。

私は一度だけ、その匿名ツールからさりげなく小説を書くのは好きか」と彼女に訊いたことがある。

彼女は迷いなく、書くのが好きだと答えた。

うまく書けなくても、理想に届かなくて悔しくても、書くのが楽しいから書いてしまうし、きっとこれからも書き続ける。そう言った。

この模範回答にも私は打ちのめされ、嫉妬で頭が燃えそうになった。

彼女小説を愛し、小説からも愛されていることを知り、心の底から彼女を憎たらしく思った。

私はちがう。手段として書きたいと思うことはあっても、書くことが好きだと感じたことはない。むしろ書くことはつらいことだ。

書くという行為こちらに寄り添ってくることはなく、「自分は息をするようにこれから小説を書き続けるだろう」と根拠なく信じることなんかとても出来ない。

なのに彼女は書くことが好きだと言い、創作を信じ、私にはとうてい書けない小説を楽しみながら書いてみせる。まるで物語主人公だ。

大きく差が開いていく感覚を味わいながら私はまた彼女作品を読みにいって、私より劣っている要素をあげて安心しようとするけれど、

そのたび私よりも優っているところばかりに目がいって結局、コントロールできない感情けが重くなってどうしようもなくなる。

私がこれほど彼女作品を読み返しては否定と肯定に挟まれて息苦しくなっているというのに、とうの彼女は私の存在も、作品も知らない。

彼女ツイッターなどで、良いと思った作品は気軽に共有し、前向きにその感想を述べる(こういうところも、卑屈な私とはちがう)。

私の作品は一度も彼女に拾われたことがない。

私は彼女ブクマ作品も定期的にチェックするが、いつ見ても彼女ブクマ一覧に私の作品があがることはない。

彼女わたし作品を読まない。

しかすると、同じジャンルいるか名前くらいは目にしたことがあるのかもしれないけど……でも多分、彼女にとって私の名前などは、意識に留まることもないつまらない文字列にすぎないんだろう。

それでも、「私を知って!」とこちから声をあげることはできない。

だって彼女はいちども、私に「わたしを見て!」と言ったことはないから。

やっぱり心では、わたし彼女に認められたいのだ。

私を圧倒していった彼女という存在に近づきたくて、対等になりたくて、私を見つけてほしい、知ってほしい、認めてほしいという気持ち根底にある。

そして思いどおりになってくれない彼女のことを、恨めしく感じている。

……なんて言い方をしてしまうと誤解を生みそうだが、この心理は『だから本当はあなたが好きなの』と言えるような可愛いもんじゃない。

好きと嫌いは裏表だとか、そんな収まりのいいものでも決してない。

きじゃない。言い切れる。嫌いだ。大嫌い。

彼女が「スランプで書けない」と思い悩む発言をすれば私は「やった」と思うし、

逆に、今は筆がのっている、書きたかったものが書けていると満足する様子を見せられると、焦燥を感じる。

途中まで書いていた話がどうしても気に入らなくてボツにしたと嘆く彼女を見て、一歩前に出たような気になって嬉しくなった。

彼女作品ブックマーク数が増えていくのを確認するたびつまらない気持ちになって、

私以外のだれかが彼女に送った匿名メッセージの絶賛コメントを見ると、そのすべてを否定したくなって腹が立った。

創作に関するマイナス感情ネガティブ思考で落ち込んでいる彼女を知れば、いつまでもそうしていればいいと胸のすく思いがする。

これが嫌い以外の何だというのだ。嫌いでなければこんな悪意は生まれない。

いっそ、彼女作品がなくなればいいのにと思う。でも作品を消されるのは嫌だ。

彼女にどこかにいなくなってほしいとも思うが、私の追えなくなるところに消えることはしないでほしい。

もう無茶苦茶だ。

そんなに嫌なら見なければいいのに…と呆れる(あるいは唾棄する)意見一般的で、健康なのは分かっている。

だけど、こういう執着をそれでも続けてしまう人はむしろ、現状から楽になりたいからこそ、原因となるものを断ち切れないんじゃないかと私は思う。

わたし彼女の才能を認められずに、必死になって彼女を妬んでいる。それはひどく不様で惨めなことだ。自分が惨めであることを自覚しながら生きるのはつらい。

からその〝原因〟を自分の中で貶めることで、少しでも惨めさをやわらげて救われたい。貶める要素を見つけるために彼女言動を追いかける。

楽になりたくて、楽じゃない感情にせっせと薪をくべている。

ほんと馬鹿みたいだな。

分かっていてやめられないんだから救いもない。

きっと私が彼女に正面から偽りなく本心を伝えるか、彼女から好きだと告げられることが、私の思いえがく理想のゴールなんだろう。

いや、本音後者のほうか。

彼女から好きだと熱烈な告白を受け、抱擁でもされようものなら、その瞬間に私の中にわだかまっているぐちゃぐちゃが全てすがすがしいものに変わる気がする。

そのとき私を満たす思いは、『勝った』という勝利の喜びだろうか。分からない。想像がつかない。

何にせよ、そんな日はどうせ来やしない。昨日も今日明日も、彼女は私を嫌うことすらしない。

すべてがむなしいまま、なにも変わらず続いていくだけだ。

彼女は今年、とある同人イベントに出る。

めったにオフ活動をしない彼女の、それが当面の、最後になるかもしれないイベント参加なのだそうだ。

そのイベントに足を運んで、彼女の姿を一目、この目で確認してみようか。

私はずっと、それを迷っている。

2018-09-24

私とアスランの話

アイマスSideMをメインに追いかけているPです。

さっきまでの一挙放送を見て、ちょっと色々思い出してきちゃったので少し書きます


私はSideMモバゲー版が実装されて鯖落ちする直前に滑り込んだPでした。

本当に直前だったので、翼と営業に回る前?に確かメンテにいきなり入ったような覚えがあります

もう何年も前の話なのでもしかしたら違うかもしれませんが。

そしてメンテが明けた7月にもう一度翼を選んでプレイを始めました。



始めたのは良いですが、私アイマスソシャゲちゃんと触れたのはSideMが初めてで、ゲーム進行の勝手がこれっぽっちもわからず、そもそもソシャゲ自体に慣れてなくて攻略ややり方をネットで調べるという考えにも至らなくてすぐ詰まってしまいました。

すぐ個性豊かなキャラクターに魅了されて友達にも布教しましたがそこまで反応は良くなく、ポチゲーだし声もついていないということでPの友達もいませんでした。

当時からツイッタラーだったので同じPの方を探してフォローすればよかったのですが、やっぱり当時そういう考えを持ってなくて……

それに加え、1ヶ月ちょっとした時に日本少しだけ離れる用事があってゲームに触れなくなってしまったので、そこから暫くゲームからは離れていました。



私がゲームを始めて好きになったのはCaféParadeというユニットアスラン=BBII世、元シェフアイドルです。

少し個性的な見た目と喋り方ですが、アイドル衣装を纏った姿と、外面に反して内面は優しく繊細なギャップにとても惹かれました。

ただ、40人(旗レジェ前だったので)という人数がいて、その中でもアスランカフェパレ正統派アイドル像ではなく、「SideMに声がつきはじめた」という話を聞いてもどうせアスランカフェパレにはつかないだろうという半ば諦めがありました。

というか、SideM自体全然オタク友達の間で見向きもされてなくて、だからこそ諦めの気持ちが強かったのもあります

アイドル戦国時代に、声もなくて曲もなくて、立ち絵セリフだけでは全然見てもらえなかったし、私もそれ以上布教する力はありませんでした。



私が今匿名日記を書くのは、このことを少し吐き出したかったということが一番にあります

当時、布教しても振り向いてくれなかった友達は、今SideMのPになってくれたり、ライブに来て楽しかったと言ってくれます。そのことがとてもとても嬉しいし、だからこそ私のこの半ば過去愚痴のようなことで気分を害してほしくはないです。

発展途上だっただけでコンテンツが悪いわけでも、見てくれなかった友達が悪いわけでもない。ただ私がそういう過去の上に、また後述するアスランとの話があるというだけです。まあ多少なり寂しかったのは事実ですが。




というわけで、ドラスタを始め徐々に声がついていっても、私はSideMを振り返ることは当時あまりありませんでした。

もちろんアスランは好きでしたが、その時は最早思い出に変わろうとしていて、ファーストライブの話も聞きましたが、忙しかったのもあってLVにも行きませんでしたし円盤も買いませんでした。

アスランはそこにはいいから、ってずっと思ってました。色々通り越して悲しさとかもなく、ただただ他人事で。




でも、そんなある日、カフェパレに声がついたという話を聞きました。

まさかそんな、と思って調べたら本当で、しかも偶然にも私が知っている声優さんで。すごく驚きました。

それから数ヶ月して、曲の試聴がきて、恐る恐る試聴動画を開いて聴いて、パソコンの前で大泣きしました。

アスランが歌ってる、アスランがこんなにも楽しそうに歌ってる。

歌うなんて想像もしてなかったけれど、それでも想像の遥か上をいく伸び伸びとした歌声と楽しそうに歌う様子に、もう涙が止まりませんでした。

私は過去に、誰に布教するでもなくアスランの良いところを書き出したことがあるのですが、そこに「Vo特化型」と書いたことを今でも覚えてますVocal特化と言っても、ステータスの話だけだと思ってました。それが今、その歌声が耳に届いてるのが夢のようで、もう情緒ははちゃめちゃにもほどがある感じになってました。




またそれから一年近く後、布教した友達がハマってくれて、しかチケットを当ててくれてセカンドライブの2日目に私は行くことができました。

歌パレを歌う姿ももちろんですが、ワンコーラスだけのソロコーナーでアスランソロを聴いた時のことは忘れません。

咲ちゃん東雲可愛い曲の雰囲気から一転、不穏な音、でもそれで察したPたちの悲鳴マント羽織って颯爽と出て来た姿を見て私は泣き崩れました。

アイドルになる更に前、カフェパレに来る前、あんなにも個性を認めてもらえなかった彼がそれを武器にして、きっと彼の大好きな雰囲気演出ステージで。そんな彼の個性が溢れるステージに沸く観客席を3階スタンド席から見て込み上げて来るものが止まりませんでした。正直、全然ペンラも振れなかったし、同行のPの肩に泣き崩れて迷惑かけまくったし、Pとして応援全然できなかったのでその辺の後悔はあるのですが……

しかしたらそれまでの私はPのようでPじゃなかったのかなとも思います。何言ってんだって思うし、私は担当したい!Pになりたい!って思ったらその瞬間からPでその子担当アイドルだ!!という考えの持ち主でもあるんですが、ただ本当になんとなく、セカンドアスランソロステージを境に何かが変わったような気がするのです。



今、私はSideM自分のできる限りで応援して、担当アイドルアスラン以外に増えて、なんならシンデレラミリオンちょっと素敵な子を見つけたりして、本当に楽しくプロデューサーとして活動しています友達でハマってくれた子も増えました。

アイドルとしてのアスランは出なかったけど、アニメも毎週本当に楽しく見ました。二期を願いつつ、10月からのワケみにアニメもとっても楽しみです。ソシャゲの方も、ブランクの後再開して、今楽しくチムイベ走ってます



それでも、ちょっとした折に思い出しては未だ泣きそうになるこのアスランとの思い出を、書き出して感情を整理したくなったので書きました。なので文章はめちゃくちゃだと思います

匿名ダイアリーがあってくれてよかった。これでこの先また思い出すことがあっても、すぐに泣きそうにはならないと良いなと思っています



もしここまで読んでくださった方がいたなら、お付き合い頂き本当にありがとうございました





とあるアスランP

2018-09-23

優しくするより厳しく当たるやつのほうが人気が出る問題

どうしたらいいのか?(問題提起がふわっとしすぎだろ…)

原因について考えてみた。

・優しくされるだけではつまらない。

肯定的なことばかり言っている人は本当のことを言っていない気がする(その逆はしんどいだけだが)

自分でなにをしていいかからないので、命令(=指示)する人を欲している

まあ俺なんかは3番目に近いところはあるんだが。

解決案

・見返りが無いささやかな優しさを実行して「別に感謝もなにもされないけど、人に優しくして良かった」という自己満足を得る。

・叱るとこと褒めるところをハッキリさせて、褒めるのと叱るのを上手くなる。

・その腹が立つ人間が怒ったときフォローをしてあげる。

最終目標は、見返りを求めない優しさを身につけることではないだろうか。

2018-09-22

anond:20180922233015

実際、それで結構な人数をミュートした。

でも基本ゲーム好きをフォローしてるので、結局どっかで拾ってくるのよねー。

右上↑にある「@hatenaanondさんをフォロー」に出てる文字数が改行コードを含んでいるのか

一行ごとに2文字ずつ多い

うんこ食わせたっていいじゃない。にんげんだもの」ロボデリについて

最近私のTLを賑わせているロボデリについて女性視点意見を書いてみる。

なんか男側ばっかり叩かれてるけど、サービス提供している女性側に対する意見がないことに違和感があるので。

まず自分属性を書いておくと、

私は風俗体験したこともないし、(社長にくっついてスナック行ったことはある)

もちろん働いたこともない。ただガールズバー体験入店ティッシュ広告をみて調べたことはある。

風俗嬢を立派とは思わないけど汚い仕事とも思っていない。社会的リスクが高いけどリターンが大きい仕事という認識である

叩かれているロボデリオーナーツイートと元従業員数人のツイートを見ました。詳しくはまとめでも見てろ。

オーナーは「コミュニケーション不全で他の風俗店ではNG客が楽しめる店があってもいーだろ!!」っていってるのね。

私はそう解釈した。私はその主張は別にいいと思う。

実際の店で従業員フォローがなってないとか、オーナーがヤク中とか、そんなのは問題

女の子がしゃべらない」そして「客もしゃべる必要がない」コンセプトのお店はニーズにあった商売だと思うし、

オプションうんこ食うっていうクソぶっとんだものがあっても、需要供給があればいいのですよ。

そういう性癖持っていられるのも”人権であるわけで。そういうどマイナー人種に合わせて商売がなりたつ日本の懐の深さよ。

話が逸れた。

で、

女性蔑視とかしゃべれないのに無理やりでかわいそうとか女性人権がないとか色々言われてるけども、

前提としてロボデリ従業員は「数ある風俗店の中から選んでロボデリで働いてるよね?」と思うわけですよ。

店がクソとか客もクソとかスタッフがクソとか、

それなら辞めるなりその場で逃げ出すなり訴えるなり警察行けば と思ってしまう。

本当に口がきけない動物ロボットなら「かわいそう・・・」って思えるんだけど、

喋れるでしょ?嫌って言えるでしょ? 嫌なら嫌って言って辞めろよ!!!

それができないなら人権がないって言えるけどさ・・選んで働いてるやん・・・

意志薄弱とか精神障害持ってて逃げられないの? それはもう逮捕案件だよ。警察行くか誰か助けてあげてください。

もう自分意志でそこで働いてお金もらってる時点で、「望んでその仕事をやっている」ことになるじゃない。

ビジネスとして成功しちゃってるじゃない。

そらオーナーもでかいしますがな。

「こんなはした金で女に食糞までさせれるんだぜ」ってオーナーも客も思いますがな。

嫌だろうが我慢するから!! 

長々書いたけど

うんこ食いみたいなマイナー性癖を持ってたり、コミュ障リアル女に触れない人らの最後の砦風俗なワケで。

風俗嬢の方々も自らの自由意志でそこで働き、お金をもらって性サービス提供している。

店側の対応問題があるだとか、金払ってるからってNG行為をする客を叩くならまだしも

ただ自分の嗜好から数億マイル離れたからといって店や客を過剰に叩いたり

女性蔑視だ暴力だと叩くのは微妙にズレてませんか?その叩き。

ロボット扱いが暴力行為助長するっていうなら、ある一定ラインを越えればNGにすればいいだけでしょ

客の人間性問題であって、ロボデリというコンセプト自体絶対悪ではないのでは?

ここは微妙な部分だから、店側はきちんとケアするべきだとは思いますが。

それに一般的性癖ジェントルマンな方々にも、ロボ女というジャンル需要あると思いますよ?

しゃべんのめんどくさい時もあるだろうし、そこは風俗嬢でもメリットな人いるでしょ。

従業員の嘆き色々読んだけど、ツイートで言われてるようなクソ客がたくさんいる日本ちょっと病的だよなとは思う。

むっつりにもほどがあるわ

そいつらこそ本当に”リアル女子”とのふれあい必要だと思うのは私だけ?

ロボ女相手だと気がでかくなってNG行為する人間一定数いるのが日本社会の闇な気がする。

正直嫌がる女の子に無理やりうんこ食べさせて興奮する性癖もったやつは私の周りにはでてこないでほしいというのが本音だけども。

金払ってそれが表にでないようになるならロボデリ様様です。

・・と思うんだけど、どうですか?

風俗嬢を”やらざるをえない状況になったことのない”外部だから言えることなんでしょーかね。(このご時世そんな子いるんかね)

2018-09-21

anond:20180921225703

観察対象を間違っているよ。特定人間の言説をフォローし続けるんじゃなくて、スマートニュースグノシーグーグルニュースなんかを使って、いくつかの報道メディア報道毎日併読して政治家言動とそれに対する批評を追ってみるといい。気になった問題に関する記事は、それを読んで考えたことを一言二言コメント入れてエバーノートにでも放り込んでおく。

数か月も読めば、報道メディア各社の性質も個々の政治家の中身も傾向がつかめる。特定問題についてバランスのいい発言をする識者も何人か見つかるかもしれない。

政治に興味がない若者です

正確にはでした、かもしれない。

興味があると堂々と言うことが憚られるほどに無知なので、未だ興味がない若者だと名乗らせてほしい。

私は恋愛漫画ロックフェスディズニーランドしか興味がない、二十歳になったばかりの大学生だった。選挙にも、行ったことがなかった。そもそもいつやっていたのかさえ知らなかった。

半年前、友人から勧められたのをキッカケに、主に政治関係のことを呟いているある知識人ツイッターフォローした。意味なんてなかった。就活も着実に近づいているし、政治のことも少しは勉強しておくか、という軽い気持ちからか、あるいは二人でしか遊んだことのない、多くの人に好かれるのに、誰も彼女世界に入れないような、不思議雰囲気と芯を持った同性の友人に近づきたかたからなのかもしれない。

彼女はそのアカウントを私に教えてくれたとき、こう言っていた。「日本は大変なことになってるよ。嘘ばっかりなの。」わたし彼女の、正しい日本語を使うところもとても好きだと思いながら、なんとなく聞き流した。その言葉を、その後、何度も頭の中で反芻することになる。結論から言えば、そのアカウントガチガチ左翼だった。

二ヶ月ほどだろうか。毎日ツイッターを開くたび、彼のツイートが目に入った。面白い人がたくさんいるから、私はインスタグラムよりもツイッターの方が好きだった。だからきっと、彼のツイートもすべて目を通していたと思う。たいてい話に上がっていたのはモリカケ公文書お金エトセトラ、だった。

日本は今大変なことになっている。嘘ばっかり。目眩がした。

どうして、こんなことが、と思った。

公文書改ざんされる国、と、誰もが書いていた。

話題になっていた新潟県かどこかの議員選で、 彼が応援していた野党議員落選した。悲しかった。怖かった。彼女がどのような政策をかかげ、なにをしようとしていたのか何も知らなかった。自民党議員当選したことが、ただただ怖く、悲しかった。その時、はじめて、なんとなく、彼から言葉だけで知るようになったその選挙検索にかけた。

落選した議員は、選挙活動で子供プラカードを持たせていた。私はそのことを初めて知った。友人のすすめでフォローした、たった一人の左翼と、彼がリツイートするたくさんのツイートで、毎日その選挙話題を目にしていたのに。

次に私がフォローしたのは、ガチガチ右翼だった。

本当のことを知りたいと思った。だから両方の意見を聞いて、自分の目で見極めよう。それでちゃん選挙に行こう。自分の一票が、どんなに軽くても。

そう思った。本当は中立から公平な意見を言ってくれるアカウントを探したのだが、私の目には、ツイッターには右翼左翼と無関心しかいないように映った。

右翼左翼フォローして、感じたことはひとつだ。

まったくわからない。

彼らが毎日毎日毎日毎日呟いているのは、お互いの政策欠点よりも、むしろ殆ど政治家として、ひいては人間としての欠点の方だった。

からないままなのだ。結局何も。

私は政治に興味を持った。しか受動的な学びの姿勢のせいで、増えていくのは不祥事悪事知識だけだった。

安倍総理が3選した。世の中には彼を王様のように褒め称える人と、賢そうな理屈か、見るから教養のなさそうな暴言永遠に届くことのないボールを投げ続けている人がいて、何もかもが、府に落ちなかった。

私は政治に興味がなかった。

興味を持った今も、知識はないに等しく、無知なままだ。

私が政治に願うことは、家族が、大切な人が、平和に、安全に、幸せに、暮らせる世の中、それだけだ。戦争も、貧困もない世界。それだけだ。馬鹿げているだろうか。当たり前ではないのだろうか。政治家は、平和で豊かな国をつくりたいと、この国を良くしたいと、強く思った人がなる職業ではなかったんだ、そうか、違うんだ。そう思った。

やるせない。同世代の友人たちは現状に欠片の興味も示さないが、私は彼、彼女たちに、政治の話をしたことはない。これからもしない。いつもヘラヘラヘラヘラして、授業も遅刻してくる私が、ある日突然「安倍総理の三選についてどう思う?」なんて聞いたら、驚かれるか、笑われるか。本気でとられることはまずないだろう。しかし真面目な顔つきで、ここに書きなぐったようなことを何度も何度ももちかければ、流石に本気が伝わるかもしれない。そして彼らは私から離れていくだろう。絶対にそうだ。なぜなら私でも、当然のようにそうするからだ。学生運動をする大学生気持ち悪い。様々なことを考えるようになった今でさえ、その感覚は消えなかった。政治社会問題について言及する若者なんて、普通じゃなくて、気持ち悪いのだ。私達は、新しいアイスかプチ海外旅行の記録かootdしかSNSで発信してはいけないのだ。ローラだって動物を守りたいと言い出して腫れ物扱いだ。

やるせない。

私には、友人を、恋人を、国を変えることができない。

みんな戦争が起きたら、ひとが死んだら、嫌なはずなのに。この国はいつか、誰もが気が付かないうちにまた戦争を始めているかもしれない。

さな子どものころ、平和は当たり前のものだと思っていた。でも多分、それは間違いだった。

多分この国を悪くするのは、アベでも、与党でも、野党でもなく、この空気だ。無関心な若者、無関心でいなければ、「普通」でいられない若者世界、粗探しが論点政治、結局何もわかっていない自分、どうでもいいと、思いたくなる。

政治に全く興味のなかった、いつかの自分に戻りたい。今はただ、怖くて怖くて仕方がない。

追記

このサイトを知り、ずっと一人でもんもんと考えていたことをここでなら言えると思って独り言のつもりでアップしましたが多くのコメントを頂き本当に驚いています。まずは独り言のつもりだったとはいえ不勉強にも関わらず右翼左翼、と使いやす言葉をきちんと理解しないままに使ってしまたことをお詫びさせてください。ここでは現政権に強く賛成し、野党などを批判している人を右翼、その逆を左翼と思いこみそう呼んでしまいました。すみませんでした。どちらのことも批判するつもりはありませんし、私自身は本当にどちらでもありません。というより、繰り返すようですがどちらかに傾けるほどの知識がありません。重ねて、安倍総理のことも政治理解していない今の私には批判する権利がないと思っています。恥ずかしいことだと重々わかっています

たくさんの意見いただき漠然と もうどうしようもない、と考えていた気持ちが少し晴れました。とにかく私はまずちゃん勉強しなければいけないし、その上で、どんなに小さな一票でも、選挙に行こうと思います政治の話はできないですし、できるだけの知識も今のところありませんが、選挙にいく、いこう、くらいは言えるから、できることを、ひとつずつ、と、今は考えています。頂いたたくさんのアドバイスを、できる限り試してみますありがとうございました。

anond:20180921221145

何千人もフォローしてれば個人を捕捉するのは難しい

自分も同じ傾向だから作家さんのTLに同じキャラ妄想してる二人の発言が並ぶ事もあったんだろうな…

遠い目してるだけだよ

作家さんが読者の動向を知りたがって相互フォローするのはまだ分かる。

でも同じジャンル所謂夢女がフォローされてるのに気付いて気が動転した。

あのジャンルの人気キャラをあの作家さんも把握してるって事じゃん

どうして恥ずかしげもなく稚拙妄想絵を公開し続けられるんだ

こっちが恥ずかしい

彼氏専門職年収が1000万くらいあって、私は450万くらいのしがない事務職なんだけど、ちょいちょい「それだけしか貰ってないの?」「そんなんでよく生活できるね」みたいなことを言われる。

専門職の彼にしたらまあ確かに貰ってないけど、事務職にしては平均だと思ってる。

まあ貰えるならもっと欲しいけど、自分には突出したものがない。

から、もともと友達少ないから飲み歩きとかしないし、たまに旅行したり、たまに美味しいもの食べたりするには、まあ十分だと思ってる。

結婚しようという流れから同棲という話が出てるんだけど、正直気乗りがしない。結婚したら家賃補助なくなるし。今の家は駅チカ職場近で広くて気に入ってるし。

彼は年収自分の倍以上あるけど、生活費は多分折半から自分にとってメリットがない。

生活費聞かなきゃ。。。

私は実家家族とも疎遠なんで、結婚したほうがいいなと思うけど(孤独死心配)、孤独死回避メリットをとるか、孤独死しそうだけど経済的に苦労のない暮らしをとるか…。

一回大きな喧嘩してからなんか自分の言いたいことが言えなくなってしまった。

フォローしとくと、結構変わってるらしい私にも一定の理解を示してくれるし、いいところもたくさんある。と思う。

でもねーなんかもうやなんだよねー

あれこれ心配するしかない結婚が嫌すぎる。

よく分からないんだけど

Twitterフォローしてる人がフォローしてる人のツイートたまたま流れてきたんだけど。

申し訳ないですが他人悪口を言います 重要談話会で居眠りするやつどういう神経してんの

https://twitter.com/buckwheatpalace/status/1041992532480024576?s=21

・やむを得ない状況以外で遅刻と居眠りする人間絶対に信用しないしかなり軽蔑する

https://twitter.com/buckwheatpalace/status/1041992996370038784?s=21

遅刻癖のある人間のことが異常に嫌いだから寝坊とか一切理解できなくて、遅刻して ごめん寝てた〜 とか言ってるやつをみると起きられないのだったら一生起きてくんなと思ってしま

https://twitter.com/buckwheatpalace/status/1041994849535197184?s=21

遅刻と居眠りを憎むツイートをしたらフォロワーが減ったけどきっと遅刻癖と居眠り癖のあるアカウント不快に思ったのだと思う お前らが遅刻と居眠りに対する悪口不快に思う以上に遅刻と居眠りは周りとって不快だが…

https://twitter.com/buckwheatpalace/status/1042002828598829056?s=21

この人は医学生らしんだけど、昨今医者になる人で発達障害を知らないとかあり得るのかな?

遅刻や居眠りの原因がすべて発達障害からって訳ではないけど、わりとトレンディ(言い方おかしいかも)な疾患だし、一定知識のある人には理解されてると思ってたからびっくりしてしまって。

別に遅刻や居眠りを許せない人がいるってのはわかるし、匿名悪口言ってても構わないんだけど、この一連のツイートを見て発達障害っていう概念を知らないように感じたので。

同じ医者でも専門外だと知らないものなの?

8割以上が大学院に進む⚡💻学科にいるB4の俺は、なんと「みんな入院するらしいし俺もかな~」といった軽いノリで周りに流されるまま大学院進学を決意しまっていた!

まずは過去問だ。3年前Twitterで無邪気にも「合格しました~」などとつぶやいていたアカウントを鍵垢からフォローしていたのが役に立った。彼らが会話内で過去問(のハードコピースマホカメラ撮影)の画像を送り合っているのをありがたくいただく😎

これは! B3までに履修してきた内容のオンパレードマーチだ。古い教科書OneDriveに放り込んでいた配布PDFを引っ張り出してシスの復習だ。

そして俺は院試受験した。まあまあできた💯し面接における内部進学バイアスもあったようで、無事合格

と、

ここで俺は重大な事実に気がついてしまった。

俺は研究に向いてない!!

与えられた課題をこなすのは好きだ。資格をとったりするのは楽しい

ものを作るのは好きだ。くだらない作品を作ってはTwiterやニコニコ動画に公開したりしている。

しかし! 研究室において求められる🤘こと、それは新規性を見出すことだったのだ!!

そんなの私には無理だ。しかし気付くのが遅かった。こんな生活いやだ。なんなら適当卒論書いて来年から社会人だ。大学院なんてNot for meだ! でも遅かった! 院進しか考えていなかったか就活の準備は0からスタートだ!

一般的就活戦士はもうすっかり内定をもらっている。もう就活シーズンも終局だ。

だったら逸汎的就活するか?

GitHub就活? → 自分ソフトウェア専門じゃないかほとんど草も生えない砂の惑星。デューン

Twitter就活? → 毎日毎日くだらないことばかりつぶやいている人間を雇いたいと思うか?

今のバイトを5年続けて無期雇用ジョブチェンジ? → 正直バイト先の張り紙を見てかなり心が揺らいだ。でもまだ1年しか経ってないぞ? ジョブチェンジまで4年??(就活浪人のほうがマシでは?)

実はカウンセリングも行った。親身になって話を聞いてくれたし多少心も安定したので感謝しているが、具体的な自分の将来像は謎のままだ! もう何が正解かわからん! 😣😥😮🤐😯😪😫

2018-09-20

君死ニタマフ事ヨアレ ~過労死ラインの向こうから

俺が殺される前に誰か死ねば何かが変わると信じて誰か死んでくれと毎日思う。

でもふと気づいたんだよな。

既にこの職場人が死んでるんだ。

首吊り自殺してるんだ。

それで何も変わらなかった。

人が居なくなった所を他の人が兼務してその人が忙殺されそうになりながら、毎日イライラしては他の人と怒鳴り合ってる。

この職場はもうどうしようもねえんだ。

ここに居てもただただ殺されるだけだ。

逃げなきゃ……人が死んでも何も変わらないならもう逃げなきゃ……。

「あの人は旦那さんが病んでいたかしょうがないんだよね」と自己暗示を賭けている人はいるけどさ、ハッキリ言わせてもらう、「旦那が病んでいると分かっている人に重圧をかけ続けて、心のフォローもせず最後に殺したのは何も変わらないぞ」ってな。

この職場は人を殺すような職場なんだ。

人殺しの集まりなんだ。

横で人が死んでいて「うわー余計な仕事が増えたー死ねよー。あー死んでるのかーマジかよ死ねよー」と平気で言えちゃう奴らしか居ねえんだ。

畜生、お前らもう死ねよ。

俺も死ぬべきなんだろうな。

畜生、死にたくねえよ。

なんでハムレットやってるんだよ俺は。

チンケなプライドを守るためには、自分人殺しじゃないって言い張りながら死ぬためには今すぐ自分死ぬしかねえのか?

なんでこんな事になったんだ。

もう辞めるか。

辞めるしかねえのか。

畜生……面倒くせえ……転職したって俺みたいな奴がどこに行きゃいいんだ。

また何処かで食い物にされるのか。

もう駄目だ。

死にたくねえ。

死にてえ。

辞めてえ。

辞めたくねえ。

どこかにある、過労死ラインなんて誰も越えなくて済むような職場、そこにたどり着きてえ。

本当に日本にあるんだろうか。

この業界には無さそうだ。

付き合いのある会社の人みんなして残業バリバリだ。

そうじゃなきゃ夜中に電話して何で通じるんだろうな。

職種を変えるのかこの歳で。

どうすりゃいいんだ。

教えてくれはてなー、俺は後何時間過労死ラインを超えればいい。心の相談ダイヤル電話にも出てくれねえ。

トイレを流さないオンナの心理を知りたい

恋人ができて付き合っている。

お互いにアラフォーこちらはバツイチ、向こうは結婚経験なし。

結婚しようか考えてた。


ここでおまえらに訊きたいことがある。

こういう女どう思う? と言うことなんだが。


人に相談できないのでここに書いた。

びっくりするだろうけど。


彼女トイレを流さないんだよ。

デカい方。

もう2度遭遇した。


1回目はこっちがパニクりながら流して知らん顔してた。

彼女の家な。

2度目は旅先のホテルの部屋だ。

流したけど、帰って来てから怖くなった。


ちなみに彼女の家にあるトイレ普通トイレ自動洗浄のハイテクトイレではない。

アラフォーだぞ???

まったく意味が分からない。


こういう女ってどう思う??????

どういう心理なのか、まったく分からない。

誰か教えてくれ。


質問あったら適宜フォローしま

はてブ公式Twitterのモーメントはキモい

はてブアカウントフォローしているんだけど、いつの間にかモーメントも時々投稿するようになってた。

で、モーメントのタイトルがなんか浮いてるんだよね。

趣味📚、仕事👨‍💼、家事🏠…あなたの「マイルール」は?」

今日は👨‍🚀宇宙の日👽…夜空🌌を眺めながら読みたいエントリーまとめ」

「どうすれば良い写真が撮れるのか😭…オススメカメラ📷&撮り方🤳」

こういうのが普通エントリの合間に差しまれから違和感がすごい。

すごく嫌って程じゃないんだけど…

関係ないけどこの日記タイトル書いてて「八頭身のモナーキモイ」思い出した。

2018-09-19

お前らのおススメのブックマーカー教えて

フォローするから

理由も教えてくれると嬉しい。

以下の条件に合えばなお良し。

ブクマ歴がそこそこ長い

タグジャンルごとに整理してる

他人攻撃とかネガティブコメントとかしない

アニメゲームエロ政治炎上ネタかばっかりブクマしない

・つまんねー大喜利しない

anond:20180919132703

元増田で例えばって言ってるよね

この件は例え話じゃん

目に入らないよ?

はっきり言って、そんな物騒な話ばかりする人をたくさんフォローしているから、リツイートやらいいねやらで目に入ってくるんだよ

あと、世界ツイッターネットだけじゃないか

普通の穏やかな人はもっと気にすることがあるから、そんな事は大して気にしてない

無言RT引用RTRT発言、ふぁぼのみ

無言RT→いい(フォロワーに読んでもらいたい)。でも、引用RTするほど親しくないし、迷惑じゃないか?と思うので躊躇するからRTのみ。

引用RTコメントしたらウケもらえる。相手に伝えたい。親しい(=怒らない)から感想書こう。

RT発言RT元にはあまり読んでもらいたくない(親しくない、ちょっと批判いたこと書きたい、ちょっと本論からずれる)

ふぁぼのみ→(親しい人にはRTするほどじゃないけどまあ)読んだよー。(親しくないフォローには今回はイマイチだけど新作ありがとう意味をこめて)読んだよー。

異性から結婚式へのお呼ばれ

異性(新婦側)から結婚式への招待のラインがあった。

新婦側の招待で男性友人は僕ひとりだが、友人代表スピーチをする人との共通の友人が僕しかいないから出席して欲しいとのこと。

以前、僕も友人代表スピーチをした事があって、その時は周りの友人にスピーチ前後フォローをしてもらって助かった。そんな経験からフォロー役がいないのは辛いという考えに至り出席とラインを返した。

二次会も2回は断わったけど、友人代表の人が来るからと念を押され出席。

後日、招待状が届いた。招待状はあったけど、返信用のハガキが入ってなくて、これって暗にこないでっていう意味なのかなと考えてしまった。

新婦へ全く変な気は無いし、結婚を祝福したい気持ちでいっぱいだけど、周りから特に新郎から見れば完全に浮くだろうなと思う。

ちなみに新婦と友人代表との関係は、小中の同級生だが、僕を含めると共通趣味があって、年に3.4回、趣味で一緒に遊んだり、酒を飲んだりするくらい。それも、ここ2年くらいの付き合いだし。

僕と面識があるは新婦と友人代表しかいないから、どう見られようが平気ではある。

けど客観的にみると"誰なんだあいつ"だろうな。今から半月後に控える結婚式に向けてメンタル心配

こんなの答えはないだろうし、全く同じ状況はないんだろうから答え出せるのは自分だけなんだけど。

出席して、ニコニコしながら友人代表フォローを真っ当するでいいよね。

2018-09-18

声で嫌いになるってあるね

SNSフォローされた女性

すごくきれいで、自撮り写真をちょいちょいと載せるし

ノリのわかってる空気を読んだ的確な発言

おれも含めてみんなメロメロになってた

あっという間に人気ものになる

そりゃそうだろう

彼氏がいるし、イチャイチャしたところを隠そうともしないのがまた逆に好感

ところがキャスで話してるのを聞いたら嘘みたいに興味がきえた

声がとにかく好きになれない

話し方もきらい

自分のそういう気持ちに驚く

別にどうこうしてるわけでもないただのファンのひとりなのでむこうはなにも思ってないしこっちの変化にも気が付かないだろう

数百ついてる「いいね」が1コ2コ減るだけだ

以降、TLでみかけてもこちらもなにも思わなくなった

なんならおもしろくないことを連発してる発言をうるせえなあと思うとき

自身勝手さに驚き悪いなと思いながら同時におもしろいなとも

名誉のためにいっておくとジャイアンの歌みたいなわかりやす

ボエーとしたものではなくてただ単純に話し方と声質が嫌いとそれだけ

ぶっちゃけ機会に恵まれてもできないなとすら思うくらい今は嫌い

Mastodon憶測を解く

Mastodon話題で語られがちな"憶測"

Mastodon話題では頻繁に"憶測"が飛び交う。

これを"思い込み"と表現しても良いし、他には"勘違い"だったり、過激表現を使えば"無知"と言って良いかも知れない。

それは別にTwitterユーザはてなユーザだけでなく、当のMastodonユーザですらMastodonというSNS認識へ対して憶測を話してしまうことがある。

今回はその憶測を解いていこうかな?と思う。

Twitterより自由

これはYESであり、NOである

もちろん開発がオープンで行なわれており、そういった自由さはTwitterよりもある。

しかし、言論の自由Twitterよりもあるのか?と言われると「インスタンスによる」としか言いようがない。

なぜなら中央集権ではないMastodonルールは、そのインスタンス管理者法令に背かない範囲で定めるからだ。

Mastodonでは独裁体制を築く自由すらあると考えなければならない(インスタンス登録ユーザがついてくるかは別として)。

Twitterのような心的ストレスが少ない

これもYESであり、NOである

現在はTwittetよりも圧倒的にユーザ数が少なく、そのため話題バリエーションTwitterよりは抑えられているという傾向はある。

しかし、もしTwitter並のユーザ数となる未来を想定した場合の心的ストレスはそこまでTwitterとは変わらないことが予想できる。

個々のユーザ自分発言に対して責任を持たなければならないのはTwitterと全く同じで、責任の重さから来る心的ストレス絶対にある。

コミュニティ形成やす

これはYESである

Mastodonはいわゆる"テーマインスタンス"と呼ばれるインスタンス存在する。

Twitterにはないローカルタイムライン存在し、まるでチャットのようにコミュニケーションをすることが可能なので、コミュニケーションには他のユーザフォロー必須Twitterよりはコミュニティ形成やすい。

しかし、これによって一部のMastodonユーザの中でMastodonというSNSへ対して誤解が生じる原因にもなっていたりする。

これについて語っていこう。

Mastodon特定テーマコミュニティとするローカルタイムライン

これがMastodon運用するにおいてイメージやすい前述したテーマインスタンスである

テーマを絞り、参加するユーザ趣味趣向を近付けることによってコミュニケーションをするローカルタイムライン派。

ローカルタイムラインによってコミュニケーションを行なう場合ユーザフォロー必須でない。

そのインスタンス登録しているユーザの公開書き込みはすべてローカルタイムラインへ公開されているのでフォローする理由に乏しいのだ。

しかし、Mastodonにはホームタイムライン派と呼ばれる層も居て、自分の使い方がMastodonすべてでの使い方だと勘違いしてしまうと、考え方の違いによって衝突する可能性が出て来てしまう。

MastodonTwitterのように運用するホームタイムライン

例えばユーザ数が数万も居るようなインスタンスではローカルタイムラインの流速は物凄く速く、人間では読むに堪えない。

そのためユーザ数が数万も居るようなインスタンスではTwitterのように気になるユーザフォローしてホームタイムラインをメインとして運用する手法スタンダード

こういう使い方では単にユーザ数の少ないTwitterしかないので、Twitterをヘビーに使っているユーザからするとつまらない可能性が高い(面白そうなユーザ絶対数も少ないため)。

垣根を飛び越えられることへの慣れ

ローカルタイムライン派は基本的フォロー機能価値が低く、その発言自身所属するコミュニティーへ向けて発信されていることが多い。

逆にホームタイムライン派はフォロー機能価値が高く、Mastodonは他のインスタンスユーザフォロー可能なので、ここで認識の違いが生まれる。

ホームタイムライン派はインスタンスを飛び越えてコミュニケーションを取ることへ慣れているので、インスタンスを飛び越えてコミュニケーションを取ることへ慣れていないローカルタイムライン派へ何らかのアプローチを仕掛けてしまうことがある。

その際、ローカルタイムライン派は困惑した状況へ陥ってしま可能性が高い。相手へどのようなノリで返信して良いのか判らないからだ。

更にはより閉じたコミュニティーであれば他のインスタンスからアプローチを仕掛けられること自体不快であると感じてしまうことすらある。

しかし、こういうローカルタイムライン派へ「そう思うのであればMastodonを使うこと自体が誤りじゃないか?」とアドバイスしても、単にそれは「お前の中ではそうなんだろ、お前の中ではな」という話にしかならないので無駄

これはそれぞれの価値観の話でしかなく、不快かそうでないかは話し掛けられた方の主観しかないので話し掛けられても良い気分のときもある。それは人間から仕方ない。

想像力の逞しいはてな民であれば、ココまで説明するとココからどんな問題が発生するか?という想定はいくつも出来るだろう。

Mastodonはそういう意味ではTwitterよりもコミュニケーションが大変になる可能性はなくもない。

インスタンスにはそれぞれのルール文化があるからこそ非難拒否できる自由がある(場合もある)

どんなに社会通念上の倫理観非難すべき発言であれ、そのインスタンスが「当インスタンスでは、この系統発言は許容されている」と非難されるべきユーザを庇う可能性がある。

その際、非難した側のユーザは身を引くか、更に広く社会へ訴え出て、庇ったインスタンス非難を表明するかのどちらかになる。

これはもはや現実世界国家個人非難を浴せる、もしくは国家紛争と変わりなく、MastodonとはそういうSNSなのだ

これを認識せず「MastodonTwitterよりも気楽」と安易に考えてしまうのは早計である

Mastodonとは国である

であるからこそ、それぞれの思想によって自由国造りをすることが可能

であるからこそ賞賛非難を浴びることがあるし国家間同士の連携紛争が起きる。

それをTwitterよりも良いと捉えるか悪いと捉えるかは個々の自由である

2018-09-17

pixivプレミアムに対して考える。

プレミアム機能を見ると、継続して支払うようなサービスが設けられていない事を感じた。

いくつかピックアップしてみる。

  1. 投稿
  2. 予約投稿
  3. 高性能イラストソフト無料で利用可能
  4. アクセス解析
  5. 各種検索
  6. プロフィール画像アニメGIF利用可能
  7. フォローマイピクの新着作品の表示可能
  8. 検索ページの表示可能ページ数
投稿と予約投稿について

投稿するなら元の投稿を削除するだけでいい。予約投稿自体自分タイミング投稿するだけで済む。

イラストソフトCLIP STUDIO PAINT DEBUT」の利用可能

いや、無料じゃないよね。プレミアムで金を支払っているのだから

アクセス解析

これだけは使える。

各種検索について

細やかな検索ができないらしいが困ったことがない。

プロフアニメGIF

目立ちたがり屋専用?

フォローマイピクの新着表示可能

30人位しかおらんのでわからないけど、100人近くいると必要

検索ページの表示可能ページ数

すでに1000ページ表示可能という状況なのに5000ページも必要なのかが、わからない。

こうやって見てみると、プレミアム恩恵イマイチからない。

この中でプレミアムとして金銭を出すべきものが「イラストソフト」「アクセス解析しかなかった。

イラストソフトは月額制と考えれば分かる。アクセス解析も分かる。

しかし、ほかはプレミアム機能としてはふさわしいのだろうか?

こう、誰がどう見ても便利だよ。これがあるだけで捗るっていう何かがほしい。

残念ながら、俺は発想力が乏しいようなのでそれが思いつかない。

彼女意味のない嘘ばかりついて心が疲れた

俺「今日の昼何食べたの?」

彼女カレーだよ(ラーメンなのに)」

上記のはほんの一例だけど日常的にこういう不毛な嘘を疲れるのが気持ち悪いしイライラしてしょうがない。

こっちも嫌われたくないから本気で注意したあとにフォローすると、それで許されたと思ったのかまた元に戻ってしまう。

自分を大きく見せる虚言癖とも違うようだから本当につらい。意味が分からない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん