「上前」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 上前とは

2020-01-27

すぐK-POPを持ち出す人の耳が悪い

ダンスミュージック集団で歌って踊る日本グループに対して、K-POPの真似だと言い出す人が、いつまで経っても滅びないし大真面目だし声がでかい

やがてロック洋楽信仰中二病エピソードと自嘲するようなものになるだろうと、五年以上前から思っているのだが、未だにその気配がない。

曲調が似たもの世界中にある。

自分日本メジャーK-POPスカスカした歌い方が嫌いだから、他の歌い方をする日本グループとは似ても似つかないものに感じる。

USの歌手は歌い方が好きな人が多いか聴く

J-POPでもスカスカしたK-POPと似た歌い方をする歌手は嫌い。USと似た歌い方は大体好き。

K-POPでもUSやJ-POPの好むジャンルと似た歌い方をする歌手は好き。

曲調が似ていても、歌い方や言語の響きで印象が全く違う。違う曲になる。

曲調に影響を受けたところでそれは真似ではなくローカライズであり、出所は様々で、韓国である可能性が他と比べて特段に高いわけではない。

曲調だけでK-POPの真似だと言い出す人たちは音楽の何を聴いているのかかわらない。

オケしか聴いていないのか。声や吐息が聞こえないのか。耳が悪いんじゃないか

2020-01-26

anond:20200125213356

こっちも10年以上前から一切ブクマをしていないこのアカウントスター通知がちょいちょい来るな

須田部長

もう20年くらい前の話。

ある時期、青いジャンバーを着た集団博多駅でチラシを配っていたことがあった。

自分が見たのは博多口だったけど、筑紫口にもいたらしい。二週間ぐらい、自分が知る限り少なくとも平日は毎朝立ってチラシを配っていた。配られていたそのチラシは行方不明者を探すチラシで、眼鏡をかけた30〜40代くらいの男性写真が載っていた。

通っていた高校でもそのチラシはちょっとした話題で、不謹慎な話だけど、そのチラシの顔の部分を切り抜いて友達の机や鞄の中に入れる遊びが流行っていた。中には職員室のコピー機を使って拡大してお面にする馬鹿もいた。自分たちの間では、その男写真は『小須田部長』と呼ばれていた。当時流行っていた『笑う犬の生活』というコント番組キャラ酷似していたからだ。そしてコピー機で小須田部長を増やすことを『小須田補完計画』と呼んでいた。先生に小須田部長を破り捨てられた時「私が死んでも変わりはいもの」と小声で呟いた奴がいてその呼称が広まった。

そんなふざけたブームも終わり、それから一年以上が過ぎた頃、テレビその男の人が放映されていた。笑う犬ではない。失踪者を探す真面目な番組だ。番組によると、その男性はある日突然前触れもなく謎の失踪を遂げたらしい。奥さん曰く、子供も産まれたばかりの出来事で、思いつめて失踪するような要素は見あたらなかったとのこと。そんな背景があるとはつゆ知らず、悪いことをしたなぁと思いながらテレビを眺めていたが、あることに気がついて血の気がひいた。

その男の人は、半年前に失踪したらしい。番組では具体的な日付まで公表されていたので間違いない。

でも自分たちがあのチラシで悪ふざけしていたのは、一年上前だ。

じゃああのチラシは誰が何の目的で配っていたのだろう。

想像すると寒気がする。

俺のコードネームはブブズK。

京都人だ。

コードネームとは別に京都ネーム郷土ネーム教徒ネームを持っている。

小指の内側から棒が湧き出てきて、おかしいなぁって言ってたらそうなった。

ただ、京都の人は京都に住んでいるというだけでは京都人と思わないそうだ。

五百年以上前から京都市内に住んでいる一族のみが京都人であり、それ以外は旅行者である

行旅死亡人」と出そうとして「こうりょしぼうにん」と打ち込んだら「考慮し冒認」と出てきてお手上げ。

こちから前へ出てくださいと言われて一歩すすんだら線路に転落して死亡。

その後に天才科学者ミハエル・エルスマッカによって蘇生されたのが私という異界の存在である

2020-01-24

子供の頃の思い出って残ってる?

インパクトが大きかったのか、もともと記憶力があったのか分からないけど、30年以上前に住んでいた狭い古アパートの思い出が今も強く残っていて、あの時自分が何をやっていたのか、日常風景が鮮明に思い出す事が出来る。

そんな私もすでに42を越え中年だ。子供の頃を思い出してもなんの得も無いのだけど、目を瞑ってあの時の自分の行動を思い返してみると、とてもリアルに当時の間取りから置いてある家具まで思い出す事が出来る。

そこで自分がどんな生活を送っていたか自分意志で細かく再生できたりする。よくわからないけど、そこまで人の記憶力というものは残るものなのかなと。

しかしたらその頃が一番幸せだったのだろうか。それとも走馬灯のようなものなのだろうか。そんな疑問を思う。

子供の頃はよく思い出せるのに、これが中学に入った頃から社会人になってから記憶があまり残らない。思い起こしても、ここ数年の断片的な記憶がうっすら残っていたら良い位にしか思い出せない。

この差は一体何なんだろうね。

私はあの頃に戻りたいのだろうかな…。

2020-01-22

新型コロナウイルスについて思ったこ

中国在住です。今日から春節休みになったよー。

私の住んでいるところは武漢から遠いところですが、周りにもマスクをしている人を見かけることが多くなりました。

お店の人は半分くらいマスクしているんじゃないかな。

日本毎日騒がれているこの件、なぜ(見かけの)感染者数が少ないのか、

対策が後手後手になっているのか、在住者の目線で感じたことを書いてみます

・なぜ(見かけの)感染者数が少ないのか

中国では病気にかかっても病院に行く人は少ないです。

これは割と健康保険が充実していないのと、病院での手続きが面倒くさいっていうのが大きな理由のようです。

直接薬局に行って薬を買ったほうが早くて安いじゃんっていう感じで、病気になったら薬局、という人が多いです。

よっぽどの大病にならない限り、病気になったら薬を飲んで家で休みます

この時期にインフルエンザにかかっても、みんな家で休んだり職場マスクしています

あくまで私の観測範囲ですが、律儀にワクチン打ったり医者に診断貰ったりしている中国の人は見たことが無いです。

職場でなんかゴホゴホ言っている人が多いなーと思ったら、気づいたらパンデミックでしたー。

という感じなので、今回の新型肺炎にかかっている人は既に相当な数いるんじゃないでしょうか。

・なぜ対策が後手後手になっているのか

中国医療状況はこんな感じなので、自然収束させるのは非常に困難です。

なので前にSARSが流行ったときは「発熱したら外出禁止」という強権措置で沈静化させました。

それをしたくてもできないのは、今が春節直前という、凄い悪いタイミングからだと思っています

春節中国ほとんどの人が里帰りをするという、年に一回の大イベントです。

日本で言うところの「盆と正月が一緒に来たよう」なイベントなので、一ヶ月以上前からみんな、春節に向けて里帰りの準備をしています

そんな時期に外出禁止令なぞ出そうものなら、そりゃもう不満爆発ですよ。

…以上は完全に私の妄想ですが、春節おめでたい時期に新型肺炎で水を差したくないっていう意向はあるんじゃないかと思います

徐々に感染拡大防止の措置を広げてきているけど、感染拡大のスピードに追いついていないと感じています

こんな感じなので、春節のうちに日本を含む諸外国にも新型肺炎流入する確率結構高いんじゃないかな、というのが私の予想です。

みんなも今のうちにマスクを買っておこうな!

2020-01-19

事実無根パクリ疑惑という呪いをかけられそのジャンルを今でも恨む話

まず最初にこの話を書いた理由私自身の呪いを少しでも解く為でもあり呪詛撒き行為でもあります

から書くトラブルが元で大好きだったジャンル卒業しました。しかし、元の『好き』という気持ちは『憎しみ』に豹変しました。それ自体私にとってはとても苦しくて辛い呪いです。

呪い分散させる為にこの文を書いています。もしかたらこ呪いは読んでいる貴方にもかかるかもしれません。なのでこの記事最後まで読む読まないは貴方選択です。正直この恨みつらみは根強いので作品名自体は伏せてはいます性格最低なので作品名分かる人には分かるし超村社会ジャンルなので正直傷跡残したい気持ちはあります。それくらい大きいショックを私に刻んだ出来事です。思った事つらつら書いた乱文なので誤字脱字、読みにくかったらすみません

まず最初に私は数年前までとあるジャンルで元気よく活動していました。そのジャンルを「A作品」とします。A作品10年以上前に連載されていた漫画過去アニメ化映画化、今はもう連載は終わっていますがA作品を描いた作者の次作も現在変人気でA作品と共に原画展が開かれる程です。そんなA作品にハマった私は共に同じタイミングでハマったご新規さん達や20応援しているという古参さんたちと共に楽しく二次創作していました。私は初めて同人誌を作りオフ活動を盛んに行ったり、未成年だったこともあって年上のフォロワーさんにR 18本を代理購入してもらい高校卒業と同時に本を送ってもらったりするくらいにはどっぷりでした。

しかし、しばらくした後に村社会的な閉塞感やつながりが強固になればなるほど私は少し息苦しくなりました。そのタイミングで別ジャンルの沼にハマってしまいそのまま私はA作品ジャンルとは疎遠になりました。その後私はまたとあるジャンルに大いにどハマり創作活動に勤しみました。その作品を「B作品」とします。B作品二次創作活動をしている時に私は初めて絵ではなく小説を書きました。それをpixiv投稿したら思わぬ反響をもらいとても嬉しくなりました。

しかし、思わぬことが起きました。

B作品二次創作小説を上げた数日後にツイッターDMに1件メッセージが来ていました。メッセージの送り主はA作品小説を長年書き続けていた古参の1人でした。その方を「Cさん」とします。Cさんとはよく交流をしていて、私の駄目なところがあれば注意してくださったり当時のA作品のことを教えてくださったり、年賀状を交換するくらいに仲は良好でした。Cさんは私が別ジャンルに移動した際にフォローを外していたので私も外していました。なのでメッセージが来た時は驚きで。メッセージ内容は驚きでした。簡潔に書くと

あなたの書いたB作品二次創作小説読みました。しかし、この小説もしかして私を含むA作品の字書きさんの小説を参考にしていませんか」

でした。学校休み時間中にそのメッセージを見た私ですがパニックになり、なんと返信していいかからず私は「確かに過去のA作品二次創作小説を大量に読みました。私が小説を書く際他の作品は一切読まずに書きました。しかしもしかしたらインプットされたA作品小説無意識アウトプットされたかもしれません」と送りました。その後「私がそう思ってもあなたがそう言うならそうかもしれません。勘違いでした」という返信が来ました。Cさんの作品もCさんのことも好きだったので私はどうしても誤解を解きたかったのですが授業が始まり返信はできず。また時間が空いた後返信をしようとしたらCさんからブロックされておりCさんのアカウントには鍵がかかっていました。

私はとにかくパニックでした。でも性格が最低すぎてこのやり取り公開すれば炎上するなという考えがよぎりました。しかし、それはできませんでした。フォロワーにはたくさんのA作品クラスタがいたからです。下手したら私が潰されるんじゃないかと思いました。もしかしたらCさんが既に鍵垢内で私がA作品の字書きさんたちにパクられてるかもよ!と流布されててもおかしくないと思いました。CさんはA作品クラスタだったらおそらく知らない人はいないのではないかくらいの知名度で私がツイッターで繋がっていたAクラスタさんのほとんどはCさんと繋がっていました。

でもどうしてもこの事実無根中傷(と私は捉えてました)を言われたことを誰かに共有したくて、私は最終的にAクラスタさんのほとんどをブロックブロ解をして鍵垢にしました。

その後、Cさんの事は伏せ「DMでこのようなメッセージをもらい大変心がしんどい」という旨のツイをしました。するとB作品で仲良くなったとあるお二人(DさんEさんとします)が慰めに来てくれました。DさんEさんは「あんない小説にそんなことを言う奴はクソですよ!!誰か知らないけど!!」のように面白おかしく励ましてくれました。言ってしまえば彼氏に振られた…と泣いてる友達に「お前振るような男はチンチンちっちぇやつなんだよ気にすんな!!お前の彼氏名前も顔も知らんけど!!」のような「どこの誰かは知らないけど貴方侮辱するような人は軒並みクソなので気にしないでね!!」的な慰めをしてくれました。DさんEさんはこの時点で私がCさんからメッセージを受け取ったこともそもそもCさん自体も知らない状態でした。

そこからまた事件が起きました。なんとCさんはDさんのDM突撃していました。Cさんなんと、私をブロックしていたにも関わらず恐らく私のIDツイッター検索して私のフォロワーさんとのやりとりを観察していたようでした。その後Dさんは場外乱闘を重ね、その中でCさんは「私は彼女の住所を知っていますので」ということを言ったらしいです。それを聞いたときまりの恐ろしさにビックリしました。まさか年賀状交換したときの住所を脅しとして利用しようとしていたらしいです。その後色々ありEさんにまで飛び火しました。が、Eさんはとても大人の方でCさんと話し合いをした結果最終的に全てのことはなんとか収まりました。

色々省略しているところはありますが、最終的にCさんはどうしてあんDMを送ってきたのかの理由ですが「私の小説がパクられてると思って言った」ということらしくもう、怒りで無茶苦茶になりそうでした。DMでは私を含む他の人の作品とかほざいてたわけですよキレそ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!

しかしこの事はA作品クラスタの大多数は恐らく知りませんしCさんは今でもぬくぬくA作品クラスタとして楽しくやってると思うと恨みつらみがすごいです。私はこの一件でA作品大好きなのに創作することが今でもめちゃくちゃ怖いです。即売会もCさんもしかしたらいるかもしれないと思うと行くのは怖いです。A作品クラスタにはもちろんCさんにも顔は割れてるので。今やっている原画展も行きたいですがもしCさんがいたらと思うと本当に恐怖です。Cさんは変わらずA作品二次創作を楽しくできているのに私は何もできず、なんでできないんだろう好きでいられないんだろう…といつの間にかA作品自体憎悪を持つようになりました。A作品好きな人がきゃっきゃっしてるの見ると本当に羨ましいなぁ……純粋作品を愛せて…呪…という感じです。

そんなこんなで、私は日々この憎悪と戦いながら生きています。今はとある推し運命的な出会いをしてその人を推しながら元気でやっています。でもCさんに関しての憎悪はなくなることは今でもないです。A作品村社会的なところ(流れとか雰囲気合わないととことん合わない)自体は苦手でしたが作品二次創作考察などを読むことはジャンルを離れてもなお大好きでした。今ではそれもできずCさんの同人誌シュレッダーにかけました。A作品の他の同人誌は好きだった頃のことを忘れられずに捨てられなくて部屋の隅で眠っています。また読んで、書いた作品に何か言われるんじゃないかと思うと怖くて開けないんです。

これが私にかかった呪いです。書きながら楽になってきました。呪詛シマシ乱文でした。もしこの中で誰かに毒入りマシュマロ作品誹謗中傷とかケチつけたことがある人。送られた側は呪いにかかるし、正直こちらも呪い返したい勢いです。私のこの呪い分散させるためのこの文もCさんへ対しての呪い返しでもあります。もしこの文がバズったり炎上たらこちら側的にはやったね!なので。Cさん、私が名前出して直接炎上させてA作品界隈焼け野原にするまではいかずとも周りのクラスタさんたちを微妙空気感にすることにだってできました。それやらなかっただけでもありがたいと思ってほしい。まぁ最初にも書いた通りなんのジャンルかは分かる人には分かるんですけどね!!

それではさようなら炎上しないかな。

2020-01-18

久しぶりに元バイト先に行ったら不思議気持ちになった

5年以上前に働いていたバイト先(ドラッグストア)に久しぶりに行った。

バイト先の近くに来ることはよくあったけど、特に用事も無かったし何となく入りづらくて行くことは一度もなかった。

だけど今日はたまには普段と違ったことをしよう。ということで店内に入った。

久しぶりのバイト先は見た目も店内も大きく変わっていた。自分が働いていた頃のバイト先はお世辞にも綺麗なお店じゃなかったけど、リニューアルされて同じ店とは思えないくらいきれいになっていた。そして店内レイアウト自分が働いていた頃と全く違うものになっていた。

そして当然だけど5年以上経っているということで店員の顔は知らない人ばかりだった。

「すっかり変わったなー」と思いながら店内をうろついていたらすっかり忘れていた当時の記憶が一気に蘇った。この店で働いていた頃の自分は夢を追いかけていたフリーターだった。お金もなくて将来が不安だったけど、それと同時に将来に対して希望を持っていた。今は社会人になって収入は安定したけど、将来に希望があるかというと、正直ない。結局夢は叶わなかったけど、あの頃の自分が今の自分を見ても絶望しないように頑張ろうと思った。

数分ほど店内をうろついた後何も買わずに店を後にした。美容部員には挨拶しても無視されるくらい嫌われていたし、社員にはしょっちゅう叱られたりといい思い出より悪い思い出の方が圧倒的に多い元バイト先だったけど、いざ店内レイアウトが当時の面影いくらい変わってしまうとなんとも言えない寂しさを感じた。

2020-01-17

思い出せない作品

があるんだけど何度タイトルを思い出そうにも記憶から引っ張り出せずにモヤモヤする。数年に一度フォロワーに聞いてみるも、未だにピンとくるものがない。家族も「見た覚えがある」と言うがどうにもタイトルが思い出せない。

・おそらく20年以上前アニメーション映画

 (カートゥーンほどではなかったがそういう海外アニメーション系)

・昔の海外アニメのような濃い絵柄だった気がする

スライムゲルのような液体が人々を飲み込むSFパンデミックホラー

 (幼心に怖かったイメージはある)

・液体は津波のように、でも人を狙って飲み込むような感じだった記憶がある

・横から見た長くて曲線(画面的演出?)の通路ゲルが波打って飲み込むカット記憶に残っている

・小さい子供(女の子?)が逃げ回る

・最終的にはすごく後味の悪いオチだった気がする

家族テレビで見ていたレンタル映画を横目で見ていたから、もしかすると上げた項目のいくつかは別の映像記憶と混じっているかもしれない。ちなみにフォロワーからは「ブロブ」「パラダイム」などが挙げられたものの実写ではなかったはず(見たのが小学校低学年ぐらいの時期で実写映画ドラマに興味が無かった頃だったので)。幼心にはトラウマのような展開だったけれども今ならホラー耐性もできたしもう一度見てみたいと思うのだが、肝心なタイトルが思い出せない。

"見たのが小学校低学年" なら、正確に何年から何年って分かるだろ。 そういう情報まで細かく書いた方がええよ。

からだとおよそ18~21年前に見たビデオだったような気がする。父親は昔LD集めが趣味だったから、そのコレクションのものだったとしたらLD可能性もあるかもしれん。

原作漫画があるはずと思うと、ホラーコミックから探してみるとか。

ありがとう年代物のホラーコミックからも探してみるよ!

何色?

多分緑だったような気がする。ただ、もうあの作品を見てから時間が経ってるから別のホラー映画の内容と混ざっているかもしれない……

===

トラバありがとう、挙げられてるURLからも探してみる!

センター試験の思い出

人生ターニングポイントと呼べる瞬間があるとしたら、私にとってそれはセンター試験だ。

10年以上前1月、朝から雪が降っていた。東京から滅多にないのに。そういえば去年も雪の日だったな、何かの運命かな、とぼんやり思った記憶がある。

浪人して、1年ぶり2度目の受験だった。

***

現役で受けた大学は全敗。初めてのセンター試験も散々だった。

勉強を全くしていなかったから当然の結果。でも、それまで順風満帆に走っていた「人生のレール」から脱線したというか、レールそのもの消失したような途方もない虚無感に襲われたのを覚えている。初めての経験だった。

公立後期の不合格を見届けた後、親に懇願して浪人生となった。それからは、怠惰だった高校3年間を取り戻すかの如く、予備校で朝から晩まで勉強漬けの日々を送った。

心を入れ替えた、というと語弊がある。気を抜くとまた現れる虚無感が怖くて仕方なかった。眠る前に漠然とした不安に襲われる夜も幾度となくあったし、浪人生という以外に肩書きがない不安は常につきまとった。それらを紛らわすには勉強しかない、それだけだった。

見失ったレールの続きは、この大学受験の先できっと見つかる、そう愚直に信じて過ごした1年間だった。

***

迎えた2度目のセンター試験本番。

前日、私は例に漏れず緊張していた。布団に入っても「また散々な結果だったら?」と失敗する未来ばかり想像した。でも気がつくと熟睡していて、朝になって我ながらその図太さに驚くとともに、「もうなるようになれ」と吹っ切れた。

試験会場は大学の大講堂で、私の席は最前列だった。目の前の教壇には複数試験官がいて、無駄に緊張したのを覚えている。でも、今思えば視界に他の受験生が入らないぶん、試験に集中できて良かったのかもしれない。

そう、後でわかることだけど、試験結果は控え目に言って上出来だった。各科目で凸凹はあったものの、総合では過去のどの模試よりも良い点数だった。

ただ、2日間の日程を終えた直後はそんなこと知る由もなく、とにかく安堵した。やりきったという達成感と微かな手応えもあった。そして何より、今日この日に実力を出し切れた「環境」に感謝していた。

そうだ、これは環境のおかげだと、なぜかそのとき唐突に悟った。あれだけ勉強してきたのに、自分の頑張りだとか、努力の賜物だとは一切考えず、今この場所にいることが全てだと感じた。

思えば1年前、両親が浪人を許してくれたことに始まり予備校に通えたこと、長い間勉強に専念できたこと。応援してくれる人がいたこと。健康でいれたこと。今日、雪の中交通機関が動いてくれたこと。そして、無事にこの会場で受験できたこと。

どれも当たり前じゃないし、これを「運が良かった」の一言で片づけるのは勿体ない。私一人の力ではどうにもできない、有り難いことばかりではないか

そんな当たり前のことに気付いて、私はいてもたってもいられなくなった。この感謝気持ちを今すぐ誰かに伝えたい。そう思って、全科目が終わり皆が一斉に会場を後にする中、私は出口とは真逆の、試験官のいる教壇に向かった。

「2日間、お世話になりました。ありがとうございました」

「ああ、こちらこそ。帰り道、気をつけて」

短く他愛のないやりとり。でも私はそのとき、この瞬間を一生忘れないだろうと思った。

10年以上前アニメ一場面を一瞬だけ見たんだけど、なんだったかからないものがあって、

ガンダムっぽい感じだけどモビルスーツが出てたか覚えてない。

南洋の孤島みたいな場所だけど、ジャングルとかでなく飛行場のような人工的な感じ。でも人気はない。

登場人物が何か重要物資宇宙へ送り出すか受け取るかするために宇宙エレベーターが到着するのを待っている。

宇宙エレベーターでなくてスカイフックだったかも。無事到着したかも覚えてない。

南国の日差しが強く青々とした水平線に囲まれた南国と宇宙エレベーターというミスマッチがなんか印象的で、結局荷物は受け渡しできたのかなー

2020-01-16

昔見てタイトル不明アニメ

追記

③のアニメ教えてくださってありがとうございます。そんな絵柄だったと思います。長年の謎が解けてうれしいです。

①のアニメ女の子に食われる青くて四角いブリキロボットがぼろぼろ泣いてて心臓の音もどんどん大きくなっていく演出が怖かった。

②はもう見つからいかも。ピンクっぽいモヤモヤっとした背景だったこしか覚えてない。同時上映の映画はこんな感じだった気がする。→https://youtu.be/XZZePnG0-qc

もうちょい覚えてたら見つかったのかなあー。

ブリキロボット女の子心臓を食べられるアニメ(クレイアニメだったか人形を使っていたか忘れた)。地上波でおそらく15年以上前に見た。テレビ神奈川で夜にやっていたかもしれない。

②ワニが人魚に恋をするアニメしか人魚はワニより寿命が短いのであっという間におばあさんになって死にワニは嘆き悲しむ。地元の公会堂で友達20年ほど前に見た。なんか変な実写映画(薄暗くて仙人みたいなのが出る、当時にしても古くさい画面)と二本立てだった。

アパートの隣人同士で喧嘩エスカレートしていき最終的にお互いの部屋のドアの郵便受けうんこや蛇を投げ入れあうようになるアニメ地上波20年ほど前に見た。

たことある人いないか

大臣の育休取得にモヤること

当方40歳子持ちの男性です。

子供は未就学児ではなくなり、育児にかける手間という意味ではだいぶ軽減できてきたなーと思ってます幼児まではめっちゃ大変だった。

2人目の子どもが産まれとき会社に育休を取らせてと相談したけど、「みんなが真似したら仕事が回らなくなるから」というわけのわからない理由却下されてしまった過去があります

会社大企業で、男性の育休制度はあったけど、まだ取得した人はいないという状態。もう10年以上前の話ですね。懐かしい。

出世に響くよ」みたいなこともアドバイスという体で言われたりして、牧歌的時代でした。

大臣が育休を2週間取りますという話が世間を賑わせています

育休、結構じゃないですか。ポーズだとか、そんな時期に育休とっても育児の役にはたたないよとかいろんな意見が飛び交っていますが、私は良いと思いました。

大臣の2週間育休取得」に期待することとしては、

あたりなのかなと思います

男性育児参画重要ですよ、女性社会進出にはもっと男性の協力が必要ですよ、と一生懸命言ったところで、政治を行っているおじさん(おじいさん)たち自身の振る舞いがそこに立脚していないと全く説得力なしだと思うんです。大臣には育休取得をぜひとも成功させて、背中を見せてほしいと思います

と、まあ基本的にはそういう気持ちなんですけど、もやる部分というか、こういう考え方もあるよなーという気持ち自分の中にあるんです。

それは、社会的地位や影響力があり、お金もある人は、育休取得ではなくて、例えばシッターヘルパーを雇う、サポートサービスをフル活用して、仕事もしつつ、育児もこなすみたいな背中を見せられるんじゃないのってことなんです。

育休をなぜ取るのか。それは育児が大変だからですよね。大変なことをもっと気軽にアウトソースできる。そのことに寛容な社会を作って欲しいなという気持ちもあります

自分の子どもは自分たちだけで育児しないといけない、みたいな空気ができるのがすごく嫌。育休を取る理由が、育児が大変だから、ではなくて、自分の子どもがかわいく、新生児乳児ときにたくさん触れ合っておきたい、という理由であれば話が違うんですけどね。

育休の取得については、それなりに立場のある人、責任のある人が、家庭と職場の板挟みになりやすいと思うので、育休取る・取らないの選択肢に加えて、外部サービス活用(その充実)がもっと議論されると良いなと思っています

anond:20200116113004

乾燥まで一括で出来るところでは?

うちは10年以上前に買ったシャープの縦型いまだに使ってるけど。

2020-01-15

anond:20200115014641

だいたい同じ経験をした。

恋愛系のストレスに折れるような感じで

(ただ風俗ではたらいてはいなかったけど)友達統合失調症なっちゃったよ。ただし20年以上前だけど。

統合失調症100人に1人、2クラスに1人は出るんだ。うちの高校だったらもうひとりふたり出現していてもおかしくないな。

 

なにかを書いて投稿しようとしてたのもおなじだな。詩の同人誌も一緒につくってた。

繊細な人にはコンピューターネットワークがある世の中というだけでももうついていけないんだと思う。

それでも今はいい薬があるからか、遅くに結婚して(離婚危機?はあったけど)、

優しい人と結婚して、子供を生んで大好きな本にたずさわって生きてるみたい。

実家が裕福で心配がないというけれど、国から障害年金とかもらってた普通のご家庭なんだろうなと今になると思う。

安心させないと療養なんてできないからね。

 

最近真夜中に電話してきてあなたの詩はすばらしいっていわれて困惑した。もう書いてないよ。

調子悪そう、薬のんでねしか私に言えることはない。

こういう人たちは本当に繊細で、おばさんなのにおばさん的図太さを手に入れることもできない。

鼻をほじりながらふーんって言える増田の図太さをわけてあげたいくらいだよ。

追記)若くして高い年収貰ってるけど幸福感が全然無い

手取り14万だった頃から生活レベル殆ど変わってないので貯金だけ貯まる

欲しいもの特に無くて金の使い道が分からん

強いて言うなら時間節約のために会社近く(徒歩10分の距離)の家賃高いマンション引っ越したくらいで、得るもの特に何も無い。虚無感が凄い。

追記

以下返信

・億越えどころかギリ一本超えもしてない。980万です。高いといえないのかもしれない。

趣味バスケ小説読みだったけど、リングあるトコが近くにない。てか最後ボール触ったの5年以上前だった。小説も月に1冊程度しか読んでない。全然集中できなくなったんだよね…

通勤時間無駄時間だと思ってたのと、仕事終わったらスグ帰宅できるのはメリットです。家賃15万が痛いけど、仕事以外の大部分を家で過ごすから必要な出費だと考えています

2020-01-14

テレビ規制法を作るべきだ。

テレビを見すぎると視力の低下、思考力の低下、社会性の低下、生活習慣病を引き起こすことは、国際的調査でも明らかである

子供テレビを見すぎることにより社会的な能力が低下しているという懸念が深刻な社会課題であるにもかかわらず、いまだに野放しなのはどういうわけか?

20年以上前の話であるが、テレビを見ていた子供たちがバタバタ全国的に倒れるという事件が起きた。だというのにずっとテレビ子供に見せ続けているのは、もはや殺人行為であるテレビ障害である

そのために、まず、香川県ではTVを見る時間を60分。休日は90分に規制すべきである

老人には認知症を誘発する可能性があるので、より短く、一日30分に規制すべきである

なんか知らんが、怪しいトンデモ大学教授先生の書いた論文や、適当ネットで拾った英語論文をくっつけておけば、バカマスコミは騙せるだろう。

後は「賛否両論」とか「トンデモとまともな意見ごった煮にしてしまう」いつもの手段を使えば楽勝である

ネットおかしな連中がぴーちくぱーちく寝言をほざくであろうが、パブコメにどうせ意見を出さないだろうし、カルト系の怪しい連中はせっせとパブコメを出してくれるので、「すべて賛成意見に染まる」ので香川県からテレビ視聴の習慣をなくすことは案外簡単である

テレビさらば。

2020-01-13

涼宮ハルヒの憂鬱』っぽいエロ小説をおしえてくれ!さい

 もう10年以上前に『涼宮ハルヒの憂鬱』って流行ったじゃないですか。破天荒ヒロインハルヒが、微妙なさじ加減で好き勝手する話。私はそのハルヒが好きで。

かなり人気があったんで、色々インスパイヤ作品があったと思うんですよ。商業ラノベ的なエロ小説で、ハルヒ的な女がヒロインの話もあったと思うんですが、小説には疎くて探し様もなく、悶々と何年もすぎてしまいました。

 SSは若干よみましたが、接ぎ木的な翻案でなく、雰囲気のある違う作品を読みたい次第。

例えば高校生でなくてもいいし、キョン的な男が主役でなくてもいいです。ただ『これ、ハルヒパクリだろ?』ってのが読みたいです。

 はてなエロ小説好きの方々の見識を拝借したいです。

よろしくぺこり

ネタバレという名の暴力

タイトルの通り。以下の文章を要約すると「ある作品オタク言動のせいで好きだったはずの作品を見るのが辛い」というよくある話です。普通に腹が立っているというのもあるので文章が荒くなっていると思いますが暇だったら読んでいってください。

まず、私はオタクで、それも二次創作も嗜むオタクだった(見る専だが)。最近は某少年誌作品二次創作支部で漁っていた。だけど最近本誌ネタバレがあまりにも激しすぎるので、単行本派の私は読む前にキャプションタグ、表紙の注意事項、タイトルなどすべてをチェックしてから読むようにしていた。

それでも被弾する。ワンクッションなしでいきなり始まる漫画1Pめの台詞イラストでのネタバレしょっちゅうだ。特にマイナス検索にひっかからないキャプションのみの注意事項は、いくら最初キャプションを読むようにしても1Pめでネタバレがあると避けられない。

その日は支部おすすめを見ていた。そしたら被弾した。キャラクター人間関係の変化に対するネタバレだった。これはかなり衝撃的なネタバレで、見た瞬間ショックを受けた。ワンクッションなしの一枚絵、キャプションにはおめでとうみたいなことが書かれていて、タグに本誌ネタバレが追加されていた。

おすすめをぼうっと眺めていた私に多少なりとも非があるとはいえ、これは少し酷いんじゃないかと思い、単行本派の方のことも考えせめてワンクッション入れてほしい、ネタバレされてショックだという内容のコメントをした。謝罪が欲しいとか、対処をしてほしいと言うわけじゃなかった(欲を言えばしてほしかったが期待はしてなかった)。ただ、こういう人がいるよという気持ちコメントした。

しばらくして、少し気になってまたそのイラストを見ると私のコメントに返信がついていた。返信はイラストを描いた人からではなく、同じようにそのイラストを見ている人からで、「ドンマイw」というコメントが2件、ついていた。

そのとき、なんだかとてつもなく悲しくなってしまった。ここまで民度の低いジャンルに身を置いていたということもそうだし、ネタバレされて楽しみを奪われた自分気持ちを分かってくれない(そんなの当たり前だけど、理解されたい気持ちもあった)、分かろうともしないということに憤りすら覚えた。そして勢いのまま支部をやめた。10年以上前登録して以来手塩にかけて育ててきたアカウントだったがやめるときは一瞬だった。

それ以来、その作品を見るとあの時の悲しみや怒りが沸き上がってくる。その作品は大好きなはずなのに、公式ですら見るのが辛くなって最近は見ていない。支部をやめたことで結果的二次創作から距離を置くことになり、人生の半分以上二次創作を楽しみに生きてきたから、少し虚しさを感じる。

そんなにネタバレが嫌なら本誌を読めばいいと言われると思う。しかしいろんな人がいて、いろんな方法オタクをするのは当たり前だ。皆がみんな本誌を読んでいるわけじゃない。本誌を買う余裕すらないオタクだっているはず。誰かのオタク活動が他の誰かのオタク活動の楽しみを奪うようになってしまうのはどうなんだろう。最新情報が手に入って、すぐにでも描きたい、発信したいと思う気持ちは痛いほどわかる。ネタバレ絵、漫画を描かないで欲しいわけじゃなくて、気遣いをしてほしい。

支部ではワンクッション

ネタバレを明記

これだけでいい。ツイッターであればワードミュートできるように本誌ネタバレを明記、単行本派は画像プレビューオフにする。これで十分だろう。

自分ファンアートが他のファンをぶん殴っている可能性が十分あるということを、二次創作をしている人は全員が知るべきだと思う。特にネタバレは許せない人が大半だと思うし、私が許せないから本当にちゃんとワンクッションしてほしい。地雷CPがどうのとかいうのよりずっと手前にある気遣いというか、マナーだと思う。

ちょっとオタク市民権を得てきたからって、あんまり調子乗ってるとまた迫害されそうだし、そういうマナーちゃんとしようね。頼むよ。

2020-01-11

anond:20200111185528

https://www.billboard.com/charts/hot-100

これ見る限りアメリカでも上位がコロコロ変わるってわけでもなく何ヶ月もランクインしてる曲も多い。

日本場合は1年以上前の曲もいくつもランクインしてるから特殊かもしれんが。

anond:20200111171246

ラップスター現代ロックスターじゃないのは日本くらいだし

10年以上前からランキングに出てくる曲は進化がない

でも意外とJ DJ とか J ネオJAZZとか面白い

BSS最近出た新語かいうクソ言説

BSS(僕が先に好きだったのに)は5年以上前からNTR界隈の人間流行らせようとしてたけど、ちっとも流行らなかったやつ。何を今さら新ジャンル!って盛り上がってんだ。お前らが今さら盛り上がっていること自体が全く流行っていなかったことの証左だぞ。

NTR界隈では「片思い失恋NTRではない」「家族(母・姉・妹など)が誰かと関係してもNTRではない」って話は度々出てくる。今のTogetterはてブの反応も完全にテンプレ

そういう◯◯はNTRではないって原理主義の方向に走ると、界隈では義務教育レベル大人作品も完全には要件満たしてないぞって話になって、毎度うやむやになるところまでがお約束

個人的にはNTR界隈のこういう内ゲバは、闇鍋と化しているNTRジャンルから自分地雷隔離しようとして失敗してるって認識してる。たまに自分の好みを抽出しようと名付けてる人もいるけど、どちらにせよびっくりするほど流行らない。

そもそも寝取りと寝取られがまとめてNTRと呼ばれている現状でそういう分類の話をしても、説得力も効力も無い。寝取りと寝取られをNTLとNTRNTRNTRR)で分けようという試みも既に失敗してる。

もうNTRブーム期のなんでもかんでもNTRを経て闇鍋状態で定着してしまったので、隔離は諦めてほしい。好みの捜索と地雷回避は作者と人柱レビュアー作品要素列挙の努力によってのみ実現できる。不意打ちは世界平和のために滅びろ。

話の流れでもう一つクソ言説を潰しておくけど、「NTRは取られる視点・取る視点・堕とされる女視点で3回おいしい」みたいなやつね。

そういう視点別に楽しめそうな話のアイデアまではあり得る。だけど実際の表現としてはどこか一つに偏ってなきゃ作品として半端になる。

他人の女を奪うことで優越感を得たいのか、自分の女を奪われた喪失感劣等感で興奮するのか、浮気背徳感で乱れるエロい女を見ていたいのか。同じシーンの中で全部並立させられないことくらい分かるでしょ?

同じ話を視点別に3回描く以外に「3回おいしい」はありえないの。なんでわざわざ2週目ヒロイン視点を作ってるNTRゲーがあると思ってるんだ。分かれ!分かってくれ!

ここでBSSに話を戻す。BSSと分類された作品喪失感劣等感での鬱勃起に重きを置いてああいう設定にしてる。この先付き合い得るって可能性を喪失させたり、仮に付き合えたとしてもお下がりとかこれはあいつに仕込まれたとかで劣等感を刺激し続けられる。処女厨死ぬ

ただNTRジャンル構造的な宿命として、描写として一番エロい本番は間男(竿役)と女の間のそれなので、普通にエロくしたい場合間男と女の関係描写の中心になってしまう。つまり描写としては寝取りや快楽堕ちに近くなる。というかNTRの主流は寝取り・浮気から快楽堕ちだ。作品数も人気も段違い。

BSSはそこでエロ描写単体ではなく喪失感劣等感のエモで勝負するジャンルなので、主流派からはちぐはぐな作品に見える。最初に書いたように、原理主義からも付き合ってもいないくせにと睨まれる。

でも流行ってなくてもジャンルにそれっぽい名前が付く程度に作品数あるからBSSはいいよな。女が自分から他の男と寝てきて報告してくれるやつなんてジャンル名すらつかない程度に数がない。

2020-01-10

少年ジャンプおじさん」

少年だったのなんてもう10年以上前なのに毎週少年ジャンプを買っているおじさん

2020-01-09

労組貴族ってよく言ったものだな

労働者上前撥ねて生活してんだから

専従なんて平安時代から続く貴族じゃん

まさに貴族の戯れが露見した訳だ

他の労働組合でもエグいことになってんだろうな

まあオレの給料から天引していくだけで十分エグいわ

労組の奴ら食わすの俺的には超コスパ悪い

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん