「制作」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 制作とは

2018-10-15

anond:20181015214046

まあ、限界ではあるんだけれどもハイポリ用意するよりダンチで制作コストも表示コストも小さいのでこれから先も廃れることはまず無いね

ドラガリアロスト ですら板紙芝居やっとんのやぜ。

anond:20181015164514

一応今も富野ガンダム企画が進行してる。それが「Gのレコンギスタ 完全版」な。劇場版5部作で第一部が10興行収入上がらなかったら次は無いと言われている(ちなみに、10億は富野作の逆シャアより上)。今は三部制作の途中だそうな。

「夢見る機械」と同じコースよ。富野死ぬの待ちってところじゃないか

2018年秋の連ドラの第1話をいろいろ見ていく

まだ未消化のや未放送のが多いがひとまず。

あくま1話感想なんで、2話以降どうなってるかは関係なし。

特に気に入ったのは◎、まあまあ気に入ったのは○。

 

まんぷく

<あらすじ>

インスタントラーメン発明するらしい。

感想

15分では特に良いとも悪いとも。

アラサー安藤サクラは役柄の18歳に見えるとまでは言わないにせよ年齢不詳な感じに頑張っているが、姉のアラフォー内田有紀は素で下手すると安藤サクラより年下に見えるくらい年齢不詳なので、なんだか不思議な感じになっている。

 

警視庁捜査資料管理室(仮)』

<あらすじ>

捜査資料データ化する男が安楽椅子探偵……ごっこ?

感想

一人芝居の分量が多い分、説明ナレーションを多用したり、主人公推理の酷さを本編内でツッコまず予告でメタ的にツッコんだり、かと言って一人芝居を貫くわけでもなく……ならずっと二人芝居にした方が無理がなかったんじゃ。

 

PRINCE OF LEGEND』○

<あらすじ>

王子キャラの男達が伝説王子の座を競う現代逆ハーレムものってことでいいのか?

感想

逆ハーレムに興味なくても楽しめる程度にきちんと馬鹿馬鹿しい。

1話のメインの王子の、死んだ母親から酷い夫の代わりに理想王子として育てられたという設定はグロテスク呪いに思えたが、作り手は自覚的っぽく、ヒロインについて心酔する母の生まれ変わりかもなどと多くの女性が引くであろう台詞まで彼に言わせてるあたり興味深い。

14人の王子ドミノ倒しみたいな壁ドンアイキャッチは絵的には面白いが、王子の、延いては女性の好みの多様性否定に思える。

 

『天 天和通りの快男児

<あらすじ>

ざわざわ賭け麻雀

感想

麻雀がわからないとやっぱりもどかしさがあるのと、人生を賭けたドキドキとかべつに味わいたくないなぁというのと。古川雄輝の役も、思い上がった若者鼻っ柱を折られてスッキリという役割なのだろうがあまり酷い目にあってほしくない。おかやまはじめの追い詰められた小市民役はハマっていたが。

 

ブラックスキャンダル

<あらすじ>

木村多江の次は山口紗弥加復讐するよ。

感想

下世話な面白さは『ブラックリベンジ』同様。夏恋(字面込みで憶えやすい役名だ)って女優スキャンダルの餌食にならなかったのは都合が良すぎだが。整形前のヒロイン松本まりかの熱演もいいが、悪役平岩紙の「しろなんて言ってないよぉ」「夏恋、頑張って」の言い方がツボ。

 

このマンガがすごい!

<あらすじ>

このマンガキャラを演じたい!

感想

出来あがった実写作品(とあれで言えるかはわからないが)よりも制作過程のアレコレがメインで、テレ東一連の人気役者を使ったドキュメンタリードラマっぽいな。……このシリーズ、わざとらしくて苦手。

ガラスの仮面』でキャストにド素人集めて上手くいく話があったけど、やっぱり素人素人だと思った。

 

結婚相手抽選で』

<あらすじ>

オトナ高校』や『恋と嘘』のシリアス版。

感想

主題歌が『オトナ高校』と同じ高橋優っていいのだろうか。こちらの暗さの方が彼に合っているかもしれんが。

シリアスな分、非現実的な設定が飲み込みづらい。いや、現実にあの法案が通ることはなくても、本音では肯定ちゃうような政治家結構いそうではあるが。

主人公に真面目に申し上げておくと、恋愛できなくても欠陥品ではないし、合コンの女は酷いが、劣等感を埋める為に結婚を強いられる社会を望むのは相手のことを考えてなくてアウト。

 

深夜のダメ恋図鑑

<あらすじ>

だめんずぶったぎってすっきり。

感想

うーむ、原作から大きな改変はないけど、原作面白さが再現されてるかは微妙な感じがする。「もうちょっと聞いて貰えます?」って、ほんと、何故もうちょっと聞かずに話の流れを止めたのだろう。あと現実感がないとすっきり感も薄れるという点で、コメディ的な誇張も注意が必要だと思った。

 

『SUITS/スーツ

<あらすじ>

弁護士織田裕二が、ちょっと悪どいけど勝つ。

感想

原作海外ドラマは知らない。織田裕二が少々ダーティなのだが、準主役的な子分中島裕翔もぶっとんだ設定かつ強かさも気の毒さも欠いた微妙問題児で、感情移入のやり場に困った。

 

『過ちスクランブル

<あらすじ>

社員社長と客の三角関係

感想

仕事能力が低いからといって恋を成熟させる資格がないわけではないが、しかヒロイン応援したくなる要素が恋敵が悪女であることくらいしかないのはつらい。

 

『僕らは奇跡でできている』○

<あらすじ>

一風変わった動物行動学の先生

感想

やたら地味な企画だが、『ざんねんないきもの事典』のヒットあたりから企画だろうか。まったりと楽しくはある。あの宿題は調べるなと言われてもみんなネットで調べちゃうだろうと思ったが。あと動物行動学+人間ドラマって自然主義誤謬っぽくなりそうと思っていたが、1話童話うさぎと亀って動物行動学と関係なかった。

 

中学聖日記

<あらすじ>

高校じゃなく中学教師と生徒と恋愛もの……って今までにあったっけ?

感想

センセーショナルに思われそうな題材だが、パスワードが盗まれたりとかボヤ騒ぎが起きたりとか、高尚ぶらず普通にセンセーショナルな作りであった。

夏川結衣池谷のぶえと紛らわしい感じになっているのは役作りだろうか(年相応なだけではあるが)。

 

『GAKUYA~開場は開演の30分前です~』

<あらすじ>

演劇開演前のドタバタ

感想

会話劇としてクスリとくるところはあったもの脚本の妙を感じるまでには至らず。男二人の髪型被りに意味はなかったんだな。

 

『獣になれない私たち』◎

<あらすじ>

恋人社長も同僚も営業先も両親もみんないっぺん母ちゃんの腹の中からやり直してきな!!とぶち切れられない理性の人。

感想

いや父親は死んでるし母親は縁切ってるし会社最後に少し救いが見えたが、それにしてもヒロイン境遇のしんどさに震える。救いが見えたと言ってもタイトルからしてどこまでヒロインが戦えるかわからんし。ぐいぐい引き込まれたのはさすがの野木脚本で、今クール本命だろうという予想はクオリティ的には全く裏切られてないけど、次回以降の視聴率大丈夫か。いやここで脱落する方が後味悪いからみんな見続けようぜ。

 

リーガルV ~元弁護士小鳥翔子~』

<あらすじ>

鉄オタの元弁護士弱者を救って金儲け。

感想

主人公珍名を付けようと思いながら小鳥遊というド定番を選ぶ思考回路の謎。

初回の題材が痴漢冤罪なのはいいとしても、自称被害者は真面目な女子大生「と見せかけて実は」ホステスで金目当ての狂言でしたって世間バイアスに全乗っかりだな。次回予告でもハニートラップなんて文字が踊ってたのはまあ、次回を見てからコメントすべきかもしれないが。

 

『大恋愛~僕を忘れる君と』

<あらすじ>

Pure Soul』とその韓国リメイクの『私の頭の中の消しゴム』は憶えてるがその日本リメイクの『私の頭の中の消しゴム』というのが思い出せないが本作はべつにリメイクじゃない。

感想

合理主義的な松岡昌宏婚約する戸田恵梨香合理主義っぽいが、癒し系ムロツヨシにほだされていくのかな……と思いきやムロツヨシは捻くれてて、なのによくわからんけど戸田恵梨香が菊地・獣・凛子もびっくりの理性のなさでムロツヨシに突っ走ってて理解不能だったのだが、あれはひょっとしてアルツハイマーの症状として理解不能な感じなの? それとも単に大石脚本ヒロインから理解不能なの?(『コントレール』の肉食系で済ませられないヒロインを思い出した)

 

忘却のサチコ

<あらすじ>

大変旨~私は忘れる君を。

感想

婚約破棄、小説家長谷川朝晴、そして忘却……って紛らわしいけどアルツハイマーものではなく、グルメものというあまり興味のないジャンルだが、たしかに美味しそうだし、グルメ以外のパートコミカル演出も効いている。

anond:20181014190805

キズナアイはしゃべりの脚本家特定されていない。今を生きる一人の少女キズナアイ人格代表して勝手に何でもしゃべってよいとされているわけではない。実際には、たくさんの萌えコンテンツ制作チームのおじさんたちが会議して一言一句精査したあげくしゃべる内容を決めてる。ここまではOK?

配信ユーザーからコメントを拾って応答してるのも「制作チームのおじさんたちが会議して一言一句精査したあげくしゃべる内容を決めてる」ように見えているの?

パンピ創作者A子の話

A子はちょっとした創作物を作っている。

近頃は知り合いに頼まれ製作を行っているようだ。

しかし世の中には創作をしない人間が大多数を占め、その大多数にとっては製作者の時間や想いなど関係がない。

かまし人間がいるものだとたまにネット上でも話題に上がる。

さて、A子の元にもそんな人間が現れた。

彼女ーB美ーはA子がお世話になっている人の親戚だという。

そういう事情と大量の注文により知り合い価格で、また、無料で追加制作を承っていたA子であったが、今度の注文はB美の友達へのプレゼント用であった。

もちろん面識などない。

通常価格で承る案件である

しかしB美にとっては知り合い価格通常価格

正直に料金を言うと大層驚かれたようだ。

それがA子には我慢ならなかった。

ボランティアでやってるんじゃない」

「厚かましいにも程がある」

作業の合間に愚痴を零す。

普段からA子には何を言ったところで火に油である私だが、あまりの言い様に「創作しない人には分からないんだよ」とたしなめた。

それがやはり気に障ったらしい。

わかる。

なんだかよく覚えていないが、創作者らしいことを言っていたような気がする。

一介の創作である私にも大変よく理解のできることを言っていた。

先に述べたように、それを作ることのしない人には分からない領域である

知らないことは、分からないのだ。

それはさておき、A子の名刺には秘密がある。

素敵な装飾をあしらった、センスのよい名刺だ。

一見、何の問題もなく見えるそれだが、この装飾はA子が描いたものではない。

なんと画像検索で出てきた画像素材、そのSAMPLE文字を消して使ったものである

さら無料素材ならまだしも、どこから取ってきたのかも分からないと言うから驚きだ。

この際無料も有料も関係ない。

SAMPLEが付いている時点で、無断利用はご法度であろう。

しかもそれは名刺に留まっていなかったのだ。

完全に商業利用である

それを知る私は、先のA子の愚痴に疑問しか湧かなかった。

から創作しない人には分からない」と油を注いでみたところもあるのだが、そんなこと知る由もないA子はヒートアップ

私も私で、よせばいいのに素材の無断利用のことに言及した。

A子の言い分はこうだ。

「私の作品は頼まれもの。絵は私に頼まれものじゃあない」

かにそうである

しかし私から見れば画像素材も"ボランティア"ではない。

商品には提示された料金を支払わなければならない。

当たり前のことだ。

根本は同じことを話しているのに何故分からないのか。

A子から見れば私は絵のことになるとムキになるらしいが、生憎私は絵を描かないので例えこれが画像素材でなくとも引き合いに出したであろう。

結局、何を言ったところでムキになるの一点張りで面倒くさくなり打ち止めた。

今回、良い機会だと思い素材のことに言及してみたのだが、どうすれば理解してくれるのだろう。

知らないものは、分からない。

わかる。

だけど、とても悲しい。

パンピオタクの溝だよね、わかる…。

2018-10-14

好きな絵描きさんでもあるリア友

はじめまして

インターネットの片隅に私の吐き出すものを留めておきたいけど、支部に書くのもなぁと思ってここに書きにきました。

私は趣味Twitter自分が描いた絵を呟いたり、あるいは友達空リプ(くうりぷ)するだけの垢で時々話したりする人間です。

自己紹介はこれぐらいにしておいて、本題に入ります

私は中学生の時、部活学校の事で精神的に辛すぎてメンタル系の病院入院したことが何度かあります

当時は唐突死にたいとさえも思いました。

絵を描く事が唯一の救いだったのですが、部活美術部で、絵を描くと部活の事を思い出してしまうと主治医に話したことで、初めての入院3ヶ月のうち、はじめは絵を描く道具の持ち込みは禁止されました。

しばらくして、持ち込みの許可が出ると私は自分が考えたキャラクターを沢山描きました。

見回りに来た看護師さんに描いた絵を見せると上手だね、と言われる事がとても嬉しかたことを覚えています

そして、入院生活に完全に慣れた頃。

タイトルの通り、そのリア友出会いました。

私が記憶している中では、作業療法活動に初めて参加したリア友が描いたぬり絵を見て、話しかけたのが最初だと思います

そのぬり絵を見て、私は驚きました。

リア友が描いた鳥の絵はとても質感と量感が表現されていて、まるで動き出しそうな絵でした。

さらに驚いたのは、その子が同い年だということです。

同じ年齢で同じ絵を描くという趣味で、私達は個室のホールで一緒に毎日絵を描きました。

私は毎日驚きました。

ある日は漫画扉絵の模写をし、ある日はイラスト資料集に載っている洋服を使った全身の女の子の絵を描き...。

驚いたのは彼女の模写をする量とスピード分析力、そして正確さです。

私の周りにいる中学生ではそのような子はいませんでした。

私もリア友を真似て、退院してからも模写をしてた時期がありましたが、今も模写も絵も上手くありません。

きっとこの人は将来、大物になる。

そう確信した私はやってもいなかったTwitterを親からバレないようにこっそり始め、リア友IDを交換し、外泊の時にフォローしました。

そして、私は3年ぐらいリア友の成長を見守りながら、自分も絵を描いてきました。

リア友は今、中学生の私がほぼ予想していた未来の途中にいます

よく、Twitterではフォロワーステータスでは無いし、フォロワーファンではないという見方もあるとは思いますが、私はリア友の1ファンとして、多くの人がその子の絵に共感し、拡散されている事がとても嬉しいです。

しかし、私は心に何処か引っ掛かりがあります

それは、県の高校美術展についてです。

私は制作したい作品顧問先生相談した結果、作品上、いきなりB1サイズで描くのは厳しいという事で、最終的にパソコンで合成する形となりました。

その場合、数少ないCG作品として出品することになります

しかし、リア友CG作品として出品する事を知りました。

私はCG作品審査の目が何故か厳しいらしい事を知っていました。

今年こそ、審査の票を入れて貰いたいと気合いを入れて描いていたものでした。

非公開の垢で見たリア友CG作品はとても綺麗でした。

他人所為にしたくはないけれど、私は落ち込みました。

あの綺麗な絵に勝ち目なんかない、

あの作品より私の作品は劣っている、

私の作品は恥ずかしい。

もし、あの子作品が賞を貰えたとして。

私はリア友の絵を沢山拡散してくれた時と同じように、喜べるのか...。

私がずっと溜めていた事を文章に起こせて、少し楽になりました。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

https://anond.hatelabo.jp/20181014141021

そろそろ文字数制限が気になるので、追記5以降はこちらにも書かせていただきます

追記

フェミニスト」の定義は「フェミニズム思想研究者or支持推進者」以外無いと思うんだけど。

言動や外見的な振る舞いで見分けたい」というニーズはわかるけど難しくね?

おっしゃる通りです。

今回指摘されている人たちに関してはそれ以前の問題だったのでまず本人がそもそも否定しているという話をしたまでですが

ましてこういうコメントをする人は思考レベル幼稚園児なみに幼いといえます。いい大人が情けない。

mu_minnnida 自称したらフェミニストなんですか? じゃあ私も今日からフェミニストです。よろしくね。

一人一派」については、大学等で学問として修めていない人にもフェミニズムは門戸を開く、という意味しかなく

そもそもフェミニズムについて学ぼうとしていない人が名乗っても意味がありません。

みなさんこういう言葉について文脈を考えずに表面的な表現だけ見て思考する人が多いですよね。

そういう意味でも今回例に挙げられた人たちは全くフェミニズムについて学習などせず

単に自分たち感情で気に入らない人たちを叩いているのですから、こういう人をフェミニストと呼ぶのはおかしいでしょう。

本人たちもそれを理解してフェミニストであることをきちんと否定している訳です。

そういう人を勝手フェミニストのくくりに入れて叩くというのは藁人形論法以外の何物でもないと思いませんか?

追記6 

フェミニストでないと言ってるからフェミニストではない、はとても明瞭な回答だが

みんなが期待してたのは「フェミニスト標榜するミサンドリストが現れたらどう見分ければいいか」だったんだろうな。

これについても理解はしています

フェミニズムミサンドリは排他的概念ではないため

実際にフェミニスト自称し、フェミニズムについて学んだりフェミニズム応援する活動をしながらも

どうしてもミサンドリ的な発言がやめられない人たちもいます

ちなみにミサンドリとラディカル・フェミニズム混同している人がいますが少し認識が雑ですね。

この件についてですが、フェミニズムはそれを許容していると言わざるを得ません。

ミサンドリは不毛からやめようというのは簡単ですが、

実際に被害が起きているケースも有りそれをなかったことにしたり、フェミニズムから切り離すことは難しいです。

実際に理不尽から女性の権利を守り、女性自由応援することがフェミニズム目的からです。

それらが侵害されたときに抗議の声を挙げることはむしろ重要なことだと考えています

ですが被害の訴えや、不条理糾弾を越えて、

私怨一般的男性に対する攻撃につながっていたり、男性へのヘイトにまで到達している場合に、

フェミニズムとして」それを支持する人が多いわけではありません。

申し訳ありませんが、これについては私としてもどうすれば収まるのかはわかってはいません。

みなさんとても簡単フェミニスト過激な奴らを批判しろとか取り締まれとおっしゃいますが、

少なくとも私やその周りの人たちはそういう人を批判したり距離をとっていますが、それだけではどうにもならないと感じています

正しいフェミニズムとはこうだという話をしたくとも、広範に広がりすぎてこれがフェミニズムだということを示すことも難しいです。

これについては、フェミニズム男性側の双方の歩み寄りが必要問題だとしか言えません。

女性男性を打倒して世の中を変える」というイメージではなく

男性女性が手を取り合わなければ世の中は変えられない」というイメージにならない限りなかなか現状は変えられないと考えております

現在フェミニズムの中でも男性に対する失望感から社会全体を変えるより個人主義的なものが強くなっており、

こうなると男女が手を取り合う未来は遠ざかっていくかもしれません。

そうならないように双方が歩み寄りを示せるように何をすればよいか、みなさんもぜひ考えてみていただければ幸いです。

アンチフェミニストと反・アンチフェミニストの戦いばかりが目立っている現状は、一人のフェミニストとしても胸を痛めております

追記

mventura チキさんとか野尻さんの言ってたことは聞いてて納得できた。潜在的問題を指摘しつつも制作者や文化なりに配慮があったから。ネトウヨオタク男との戦いになっている言論かにがっかりした。

私もそう思います

問題を指摘する側の人たちが、相手に対する配慮が欠けていたのが今回の最大の問題であると考えています

私自身も、キズナアイさんがNHKにふさわしいかどうかということはさておき、今回の件については思うところはあるのですが

問題点を指摘する際に、まず相手に対する文化への敬意や勉強配慮があって然るべきだと考えております

こちらの話ばかりしても相手は聞く気にならないでしょう。

こちらが先に敬意を示すことで、はじめて他の人達フェミニズムについても敬意や関心を持ってくれることでしょう。

今は問題を指摘し、それを理解されないと逆ギレをするような流れが多く、これではりかいされないどころか反発を招くばかりになりそうですね。

anond:20181014112046

キズナアイはしゃべりの脚本家特定されていない。今を生きる一人の少女キズナアイ人格代表して勝手に何でもしゃべってよいとされているわけではない。実際には、たくさんの萌えコンテンツ制作チームのおじさんたちが会議して一言一句精査したあげくしゃべる内容を決めてる。ここまではOK?

で、それって人間でいうと洗脳とか強要された状態なわけです。IS(旧イスラム国)がやってる性奴隷とかとおなじで、一見自然言語をしゃべっていても、本人の意志は完全にゼロ状態

でも二次元から男性向けコンテンツから、そして最後人間おもちゃとしてのAIだという了解が取れているから、そんなコンテンツ存在が許されたわけ。

もちろん現実女性コスプレ風俗で働きたくなったら自分意志で似合う衣装としてへそ出しを選ぶこともあるだろうし。

 

そういう成り立ちのキャラを完全に三次元扱いして実在女性区別しないというのなら、

まずキズナアイ個性とか一貫した人格本来意味でのアイデンティティ)を見せてほしいんだ。

おじさんがだれでも勝手に使える「フェミからのかくれみの」ではないという証拠を見せてから

じゃあ「本人の意志で着たならいいだろ!」って反論につかってあげてくれ。

ラノベ漫画キャラが突飛な格好でもいいのは、エルフから異世界人だから

などと作品内でそれなりに理由があるから楽しめる。

 

キズナアイAIである以上、技術限界がある。

現在レベルでは、自律AI存在しないというのは文化庁諮問委員答申した事実

それが自分の「意志」で萌え衣装を選べるわけがない。

もし萌え絵をたくさん食わせてAIが合成して吐き出したっていうなら、それも人間でいう洗脳だ。

萌え絵という現実で着るには同性や高齢者から侮蔑さえ伴う、責任のある衣装を、

人格をもたせるつもりのキャラクターに、「現実」を知らせずに、

敢えて萌え衣装だけから選ばせたんだから罪深い。

この後「えっこれってエッチなんですか、普通高校生制服・・キャア恥ずかしい」って

厚着に着替えるラブコメ展開の予定があるならちゃんといっといてくれ。

 

私見ではキズナアイ運営が今後それをやる気は絶対ないだろう(やる気があるならいままでにいつでもやるチャンスはあった)。

銀行ATMにでてくる解像度の荒い女性行員の絵のごとく、

恥知らず謝罪たっぷりいわせてあとは手垢がつきすぎて誰も萌えられなくなるまで使い捨てられるだけの存在だろう。

そういう運営NHK女子キャラ女子キャラとも思わない態度も含めて怒っているんだ。

リアル女性はうるさいかAIっていうお人形遊びでごまかしちゃえみたいな。

人形だって女という記号を乗せる前にもっと考えろ。

そのひとたちはフェミニストではありません

https://anond.hatelabo.jp/20181014112046

まともかどうかはわからないけど、一応フェミニストを名乗るものとして言わせていただくと

増田様が取り上げられている方々のほとんどはフェミニストではありません。

ただのミサンドリスト、あるいは反アンチフェミニストだとしかおもっていません。

これは私がそうおもっているだけではなく、ご本人たちがそう言ってます

ほとんどの方は、御本人自らがフェミニストであることを否定していたと記憶しています

切断処理と言われるかもしれませんが、

本人がフェミニストではないと言ってるもの勝手フェミニストに含めるわけにはいきませんし

いくら一人一派だといっても本人が否定しているのにフェミニスト認定するのはおかしいでしょう?

ですのでフェミニストとして責任を求められても困ります

ただのミサンドリストフェミニストとは関係ありません。

彼女たちをフェミニストと呼ぶのはフェミニストに対して失礼だと認識してください。

この方々はただはてブ男性憎悪を垂れ流しているだけです。

反論されても決して答えません。

まり会話が成立しない以上人間とみなして扱っても損するだけです。

スパムAIと同じだとおもって非表示にしてくださいとしか言いようがありません。

また、某野菜瞑想運動さんなどを放置しているはてなの人に言われてもな、という気持ちもあります

なぜフェミニストけが身内でもない汚物の処理をすることを求められなくてはならないのでしょうか。納得がいきません

フェミニストとしてもこの方々の存在迷惑だとしかおもっておりません。

この人たちをフェミニストに結びつけようとするのはやめてください。仲間でもなんでもありません。

https://anond.hatelabo.jp/20181014141123

一人一派とはいえ最低限満たすべき条件はあり、この人たちはそれを満たしていません。

少なくとも自分がそう名乗ることは必要でしょう。

増田で取り上げられている方々は、ほとんど自分たちのことをフェミニストではないと述べています

決められるのは本人だけという観点で言えば、確実に違うと言えます


追記

dark 「一人一派とはいえ最低限満たすべき条件」というのを明示して欲しい。それが言ってもらわないと、本当にこの人たちがフェミニストではないと判断できないです

書いてありますが……。なぜこのコメントが人気コメントになるのでしょうか。

はてなブックマークの人たちは文章ちゃんと読まずにスターを付ける癖があってよくないと思います

追記

ソースを見せろとおっしゃる方が複数いらっしゃいましたが、探せばすぐに見つかりますよ。

すぐに探せば見つかるものを、探そうともせずに

「私は正しい。ちがうというならソースを持って否定してみせろ。そうでない限りお前は間違いだ」

とでも言いたげな態度は極めて傲慢ですし失礼ですね。

例えば1名の方は今回の増田様へのコメントでもこのように書かれています

http://b.hatena.ne.jp/entry/372656039/comment/white_rose

あと私別にフェミとやらじゃないです

それでもなお彼女フェミニストであると呼ぶのであれば、

それは、あなた方が彼女意思無視して勝手フェミニストだと認定しているだけです。

他の人もちゃんと言ってますから自分で調べたらいかがでしょうか。

追記3 

本人がちゃんと自らがフェミであることを否定したソースを示しても

「こいつらが(自分の思う)フェミっぽいことを言っているかフェミニストだ」

「本人が否定していても俺たちがフェミニストだと思ったらそうだ」

とでも言いたげなコメントを書かれているひとがいますね。

Androtest 無理! その切断処理は無ー理ー! そのひとたちはラディカルフミニストなのでフェミニスト一種です

ミサンドリストかつフェミニストもありえるから 無理ですぅぅぅ! ミソジニストかつオタクもありえるしな

散々「ゴールポストを動かしている」ことを批判しておきながらあなた方も同じことをされるのですか。

それは、本人たちではなく周りが勝手彼女のことを勝手に決めつけているだけです。

今回は、彼女(?)たちのそういう決めつけがよくないという話だったのではないのでしょうか。

彼女たちの決めつけに苦言を呈しておきながら、あなた方も同じことをされるのですか。

追記

yujimi-daifuku-2222 はあ、ちなみに彼女らが単に性別が同じという括りで、not all menなどと言って男性全体を雑に殴りつけていた時

真っ当なフェミニスト様はどこで何をしてらしたんですか? 山にでも篭っていらした?

これについてですが少なくともわたしおよびわたしの周辺はきちんと批判しておりました。

私のツイッターアカウントは150人程度のフォローフォロワーですし影響力はありませんでしたが

きちんとみなさん批判されていましたよ。 視界に入らなかったからなかった扱いにするのはひどいと思います

それを仰るのであれば、アンチフェミニストの人たちも、声が大きい人達

過剰に女性誹謗中傷する人が多いのに、それを諌める人は殆どいらっしゃらないと思うのですが。

こういった批判は、あなた観測範囲を示しているだけで、視野が狭い人だなという印象しか与えません。


こういってはなんですが、発端であるキズナアイ問題フェミニストである太田弁護士発言でしたが

少なくともこの増田は、取り上げられている人たちの支離滅裂発言問題としているのですよね?

太田弁護士は今回の話を否定されたりしていませんよね?

まりアンチフェミニストと、彼女たちのようなミソジニスト /反・アンチフェミニストの醜い争いですし

そもそもフェミニズムは全然関係ありません。この件についてフェミニズムの責任を問われても知りませんとしか言えません。

本当に、本当に巻き込まないでほしいです。

追記

フェミニスト」の定義は「フェミニズム思想研究者or支持推進者」以外無いと思うんだけど。

言動や外見的な振る舞いで見分けたい」というニーズはわかるけど難しくね?

おっしゃる通りです。

今回指摘されている人たちに関してはそれ以前の問題だったのでまず本人がそもそも否定しているという話をしたまでですが

ましてこういうコメントをする人は思考レベル幼稚園児なみに幼いといえます。いい大人が情けない。

mu_minnnida 自称したらフェミニストなんですか? じゃあ私も今日からフェミニストです。よろしくね。

一人一派」については、大学等で学問として修めていない人にもフェミニズムは門戸を開く、という意味しかなく

そもそもフェミニズムについて学ぼうとしていない人が名乗っても意味がありません。

みなさんこういう言葉について文脈を考えずに表面的な表現だけ見て思考する人が多いですよね。

そういう意味でも今回例に挙げられた人たちは全くフェミニズムについて学習などせず

単に自分たちの感情で気に入らない人たちを叩いているのですから、こういう人をフェミニストと呼ぶのはおかしいでしょう。

本人たちもそれを理解してフェミニストであることをきちんと否定している訳です。

そういう人を勝手フェミニストのくくりに入れて叩くというのは藁人形論法以外の何物でもないと思いませんか?

追記6 

フェミニストでないと言ってるからフェミニストではない、はとても明瞭な回答だが

みんなが期待してたのは「フェミニスト標榜するミサンドリストが現れたらどう見分ければいいか」だったんだろうな。

これについても理解はしています

フェミニズムとミサンドリは排他的概念ではないため

実際にフェミニスト自称し、フェミニズムについて学んだりフェミニズムを応援する活動をしながらも

どうしてもミサンドリ的な発言がやめられない人たちもいます

ちなみにミサンドリとラディカル・フェミニズムを混同している人がいますが少し認識が雑ですね。

この件についてですが、フェミニズムはそれを許容していると言わざるを得ません。

ミサンドリは不毛からやめようというのは簡単ですが、

実際に被害が起きているケースも有りそれをなかったことにしたり、フェミニズムから切り離すことは難しいです。

実際に理不尽から女性の権利を守り、女性自由応援することがフェミニズムの目的からです。

それらが侵害されたときに抗議の声を挙げることはむしろ重要なことだと考えています

ですが被害の訴えや、不条理糾弾を越えて、

私怨一般的男性に対する攻撃につながっていたり、男性へのヘイトにまで到達している場合に、

フェミニズムとして」それを支持する人が多いわけではありません。

申し訳ありませんが、これについては私としてもどうすれば収まるのかはわかってはいません。

みなさんとても簡単フェミニスト過激な奴らを批判しろとか取り締まれとおっしゃいますが、

少なくとも私やその周りの人たちはそういう人を批判したり距離をとっていますが、それだけではどうにもならないと感じています

正しいフェミニズムとはこうだという話をしたくとも、広範に広がりすぎてこれがフェミニズムだということを示すことも難しいです。

これについては、フェミニズムと男性側の双方の歩み寄りが必要問題だとしか言えません。

女性男性を打倒して世の中を変える」というイメージではなく

男性女性が手を取り合わなければ世の中は変えられない」というイメージにならない限りなかなか現状は変えられないと考えております

現在フェミニズムの中でも男性に対する失望感から社会全体を変えるより個人主義的なものが強くなっており、

こうなると男女が手を取り合う未来は遠ざかっていくかもしれません。

そうならないように双方が歩み寄りを示せるように何をすればよいか、みなさんもぜひ考えてみていただければ幸いです。

アンチフェミニストと反・アンチフェミニストの戦いばかりが目立っている現状は、一人のフェミニストとしても胸を痛めております

追記

mventura チキさんとか野尻さんの言ってたことは聞いてて納得できた。潜在的問題を指摘しつつも制作者や文化なりに配慮があったから。ネトウヨオタク男との戦いになっている言論かにがっかりした。

このコメントはとても私が言いたかたことに近いですね。

キズナアイさんの話題については、問題を指摘する側の人たちが、相手に対する配慮が欠けていたのが最大の問題であると考えています

私自身も、フェミニズムの立場から今回の件について思うところはあるにはあるのですが

問題点を指摘する際に、まず相手に対する文化への敬意や勉強配慮があって然るべきだと考えております

こちらの話ばかりしても相手は聞く気にならないでしょう。

こちらが先に敬意を示すことで、はじめて他の人達フェミニズムについても敬意や関心を持ってくれるはずです。

今は問題をいきなり指摘し、それを理解されないと逆ギレをするような流れが多く、これではりかいされないどころか反発を招くばかりになりそうでお互いに不幸な関係になっていると思います

追記

EnergeticDuck 武蔵大学 女性千田 有紀教授フェミニズムがご専門です。『フェミニズムは関係がない』という、あなた追記は流石に無理ありすぎでしょう

追記4をもう一度お読みになってください。 元増田様が例に挙げられた方はフェミニズムの責任ではありませんとは述べましたが太田先生千田先生やを擁護するなどとは一言も書いておりませんし、フェミニズムが無謬だとも書いていません。

本日はもうネットを切断するため返信はここまでとさせていただきます

anond:20181012051234

何回も書くけど、キズナアイエンタメ用としては上出来だが、ぼくら(理系とか)にとってはノーベル賞記事をよむことも上質の別ジャンルエンタメなんだ。

ジーコだのペレカーリング解説につれてこさせて、カーリングに詳しいふうに流暢な日本語敬語で相槌うたせて、これ楽しいのは誰か?ってことなんだ。

自分言葉で話させてもらえないジーコペレも、サッカーファン(そりゃ擁護に回りたいだろうが)も、カーリングファンも、全員、「こいつらエンタメ音痴からからねえだろ」とバカにされてんだぞ。相手コンテンツ制作だけで高い金ふんだくってその分全ジャンルで楽しませてくれるはずのプロ興行師NHKさまのハズなのにひとつ面白くない。

しいたけチョコをまぜたら素材がどんなに上質でも料理クオリティが下がるんだ。両方食べたことあるから俺にはわかる。

ジェンダーエンタメも味覚も複合的判断だ。個別要素を取り出して(産地がどうとかペレワールドカップ出場回数がいくつとか)精査しても全く意味がない。気づけ。あと仲間割れになるジャンル攻撃はやめろ。ジェンダーフェミオタクのいつもの攻防は「棲み分け」の一言解決できる。棲み分けを知らないNHKみたいなバカさえいなければだが。

(無理に当てはめるなら自分元増田でいう1の立場だ。対談相手が新品白衣ってとこからもういちいち味わえるところに公人女性としてありえない格好ぶちこまれて芳醇なはずの味わいのくっそ邪魔になる。さら擁護が「あれはいいヨコチチから」とかいいだすのがほんと雑音。

言葉たらずに女性スイーツ脳って嘲ってきた男性気持ちがわからなくもない気がしてくる)

アダルトビデオ死ぬほど嫌い

特に男優スタッフ。あと女優も。

アダルトビデオビジネスモデルっていうまでもなく判断力の乏しい10代~20代前半の女性無知に「ライド」して売っているわけだけど倫理的観点から見てこれほど邪悪産業はないと思う。

性を売る商売侮蔑する風潮って全世界的にあるけどこれには一定の超越論的なものがあると思うわ。

一言で言えばアダルトビデオを撮るやつもそれに加担する人も「まともな大人のやることじゃない」んだよ。若者判断力のなさを食い物にしてビジネスをしてるけど本来大人がやるべきことは若者が向こう見ずに吸いこまれていくもの警鐘を鳴らすのが大人のすべきことだろ。ましてそれを儲かるから便乗して売ってしまえとかマジでどうかしてる。

産業への批判ってそれ自体陳腐化しててネットなんかではカウンターとして性産業職業として認めろって意見をちらほら見るけど認めるってのも他人行儀言い回し大人がすべきは嫌われてもいいから認めないってことなんじゃねーの?

アダルトビデオに出演している女優若者ゆえの無知だったり好奇心や金欲だったりするのでまだわかるがいい大人アダルトビデオ制作してるのは本当に反吐が出る。

2018-10-13

バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさんの最近

バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさんは、最近バーチャルのじゃロリ狐娘”元”YouTuberおじさん」と名乗っている。

以下この文では彼のことを「ねこます氏」と書く。あと「最近」は主観。ちょくちょく私見はさみます

チャンネル名変更

7月26日投稿動画(https://youtu.be/6IPh2ggvdZ4)でチャンネル名変更を発表した。理由はこの動画と、同日投稿ブロマガ記事(http://ch.nicovideo.jp/nekomimi/blomaga/ar1605158)で述べられている。また、これに先立って5月4日にもブロマガ記事を書いている(https://ch.nicovideo.jp/nekomimi/blomaga/ar1514125)。

簡単に書くとやりたいこと(技術習得)と求められていること(バーチャルYouTuberとしてのパフォーマンス)が違うのでやりたいことを優先するためにこれまでのような活動(個人動画作成)を縮小して、チャンネルVR技術(番組作成ツールとしてのVRバーチャルタレント)の可能性を模索していく場の提供に転換した。

このことは一部視聴者からファンに対する裏切りという意見も出た。ねこます氏も自覚はあるようで、これに対する謝罪を予めブロマガ記事に織り込んでいた。

私見だが、5月4日ブロマガよりも以前から案件等で多忙であるとよくこぼしており、案件も受け付けなくなっていたにもかかわらず、案件動画しかさないと文句を言われたり、案件以外の動画を出すことを要望されたりしており、さらチャンネル登録者数に関連した煽り(いわゆるバーチャルYouTuber四天王問題)も度々あり、対応に苦慮していた様子が伺えたこから、この決断は単純にもう注目を浴びたくない、表舞台から降りたいという気持ちも大きかったのではないかと思う。

ともあれ、かくして彼は「チャンネル登録者ゼロ人」を自称するようになった。

バーチャル番組チャンネル(当初「V番連」)

ねこます氏の新チャンネル名。

自己紹介他己紹介も一切ない謎の「Vaんぐみ」(後述)司会者ラリーバーチャル番組チャンネル公式Twitter運営している。チャンネルアイコンラリー

自前の動画以外に番組コンテンツ募集しているが、今のところ9月19日に行われた「VTuberチャリティーライブ」の放送アーカイブ公開が行われたのみ。

○Vaんぐみ

バーチャル番組チャンネル作成している、男性バーチャルYouTuberトークバラエティ番組。1クール番組で、10月13日最終回を迎えた。

2017年12月2018年1月の早期にデビューした個人バーチャルYouTuberモスコミュール天野太郎あっくん大魔王、さはな、霊電チアキバラエティ番組スタジオセットでテーマトークを行う。また万楽えねが1コーナー持っている。ねこます氏は出演していない。

Wright Flyer Live Entertainment(グリー子会社)、CyberV(サイバーエージェント子会社のCyberZの子会社)、upd8(キズナアイ運営のActiv8が運営するバーチャルYouTuber支援プロジェクト)がスポンサーとして紹介されている。そのためか、ゲスト(VTR出演)はキズナアイミライアカリ電脳少女シロを初めとしたバーチャルYouTuber界での大物が多い。このゲストによるVTRは「女神チャレンジ」というコーナーで使用されるのだが、最終回ねこます氏が登場した。

VR体験のためのVR技術ではなく、番組コンテンツ作成の道具(リアル世界でいうスタジオやセットなど)として使うことを意識した番組と思われる。VRChatが使用されている。後述のV-TVとともにTVの真似事との批判もある。個人的には、真似をする事自体問題とも、真似をしているからつまらないとも思わない。

この番組制作ねこます氏はほとんど関わっていないと思われる。PR第一投稿告知ツイートリツイートして以降行っていない。

VRoadCaster(V-TV)(https://www.youtube.com/channel/UC4NiGZqQQvpvNvwcJsm_EAg/)

最近始まったわけではないが、個人チャンネルがなくなった今、ねこます氏の(不)定期出演が見込まれる場として重要なので書く。

VRoadCasterは放送局名。雨下カイト主体となって設立。「現実バーチャル世界を結ぶ」「クリエイター主体となって作り上げる」放送局を目指している。V-TV番組名。V-TV情報番組で、今後VRoadCasterはそれ以外の番組制作していく構えだが、今の所V-TVしかないので、以下V-TVについて書く。

V-TV5月5日に第0回が放送され、以後毎週日曜午後9時から生放送提供されている。VR番組制作を行うというあり方と可能性を示すものとして作られている。第17回を持って1stシーズンを終了し、現在2ndシーズン準備中公式サイトが用意されている。

KiLA(ライブカートゥーン)、MyDearest、PANORA、MoguraVRVRChatが支援している。

VRChat内のバーチャルスタジオからVR技術VR機器の紹介、VRChat等のVRプラットフォーム内の出来事の紹介等々を行っている。スタジオはいわゆる「近未来的」装いで、エレベーターVTR用等のパネル展開等ギミックも多い。BGMも自前。エンディングテーマタイアップ(八月二雪の「夢幻」)と、作りはなかなか本格的。毎回ゲストコメンテーターを迎えている。ゲストVR技術者の近藤義仁(GOROman)氏、ユニティテクノロジーズ・ジャパン大前広樹氏、株式会社クラスター(輝夜月のライブ会場を提供した)の加藤直人氏等、非バーチャルYouTuberが多い。

ねこます氏はゲストとして出演するが、これは本来レギュラーメンバーのところ他のイベント等との兼ね合いで出演できないことがあり、不定期出演とならざるを得ないため。番組公式グッズにはねこます氏も入っている。他のメンバー新川良、ミディ、Sig、phi16、ユニ、あかにん。バーチャルYouTuberと非バーチャルYouTuber混成。

ねこます氏は技術的には番組にそれほど寄与しておらず、本人が自虐的に語るように「客寄せ狐」(ただし視聴者を呼ぶだけでなく渉外担当として顔を使っていると思われる)の立場

余談だが、第15回の放送8月26日に行われた「バーチャルマーケット」(VRChat内で行われた3Dモデル展示即売会)の取材特集で、ねこます氏が現地でコメントする映像が流れた。同日の夜には「バーチャルカラオケ」というイベントも行われ、ねこます氏はそちらにも出演したのだが、この日バーチャルマーケットバーチャルカラオケはどちらもTwitterトレンド国内1位を獲得した。バーチャルマーケットに関してはスタッフ参加でもサークル参加でもないとはいえ、これら両方に関わるというのが彼の立ち位置特殊性を表している。もっとも、彼にとっては、バーチャルカラオケではなく、バーチャルマーケットサークル参加もしくはスタッフ参加する(くらいの技術力を身につける)方が理想的であっただろう。このねじれが「シンデレラおじさん」の苦悩を端的に表している。

REALITY(ねこます雑談)

REALITYは前述のWright Flyer Live Entertainment提供しているVTuber専用ライブ配信プラットフォーム

チャンネル名変更後、(不)定期放送REALITYで行っている。配信タイトルは「ねこます雑談」。傾向から、おおよそ毎週火曜日が彼の担当と思われるが、例によって不定期。

スタジオ配信、自宅配信のテスト役を兼ねていた節がある。スタジオ配信ときにはREALITYスタッフの手による改修が施されたモデルで登場し、トラッキングも自宅放送よりレベルアップしている。

現在ねこます氏に投げ銭できる唯一の場。ただし彼は投げ銭するならその金でVR機器を買ってVRChatやバーチャルキャスト等のVRプラットフォーム上で会いに来ることを推奨している。

REALITYスマホアプリだけでなくPCブラウザでも放送を見ることができる。ただしギフトは贈れない上、コメントもできずまたコメントを見ることすらできない。

ねこますクロニクル(https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_MF00000080010000_68/)

ねこます原案、羊箱氏作の漫画7月27日からコミックウォーカーニコニコ静画で連載中。現在#12

毎週金曜日更新。現時点で全話無料閲覧可能フルカラー

ねこます氏がクリエイター活動を始めてからバーチャルYouTuberになるまでをフィクションを交えて描く。

ねこます氏はみここアバター(バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさんとして活動するとき使用している狐娘アバター)の姿で描かれている。絵がめっちゃかわいい

ねこます氏のダメっぷりと行動力の両方が分かる。

イベント出演(参加)

4月ニコニコ超会議(それに先立って公式生放送2月3月にあった)以降、5月頭の「VTuber人狼」と8月末の「バーチャルカラオケ」というニコニコ主催バーチャルYouTuberイベントに出演したほか、RAGE 2018 Summerに出演した。

8月11日の「電脳少女シロ 生誕祭」には祝辞VTRを贈った。

9月16日には「狼と香辛料」のVRアニメ化記念番組でホロと共演した。このときホロにハリセンで尻をしばかれた。

その他、バーチャルキャスト広報番組イベントにかなりの頻度で参加している。

8月5日の「ねこます×みゅみゅ×MIRO - 実験放送」ではバーチャルキャスト立ち上げのきっかけの一つがねこます氏の第一ニコニコ公式生放送であったことが明かされた。

9月8日に行われたINTEL GAMERS WORLD 2018内でのバーチャルキャスト体験会では女性ファンとのやり取りがごく一部で話題になった。

10月7日の「Vカツkawaiiコンテスト 決勝」では審査員を務めた。

今後については合同会社AKIBA観光協議会主催の「秋フェス2018秋」で10月18日11月18日に行われるバーチャルYouTuberコラボキャンペーン11月3日ニコニコパーティへの参加が決まっている。

○その他メディア出演・コラボ

ねこます氏は株式会社カバー配信するアプリ「ホロライブ」にみここアバター提供している。その関係ニコニコ公式生放送経験者としてか、8月4日に行われたカバー所属バーチャルYouTuberときのそらのニコニコチャンネル開設記念生放送ゲストとして呼ばれた。また同じくカバー所属のロボ子が8月25日に行った12時間耐久VRC配信にも最初企画ゲストお手伝いさんとして参加した。

8月3日と10日に東京MX「VIRTUAL BUZZ TALK!」(https://s.mxtv.jp/variety/v_buzz_talk/)にゲストとして出演した。

8月16日・23日に杉田智和マフィア梶田パーソナリティを務めるネットラジオ「アニゲラ!ディドゥーン!!!」に出演。

9月19日から音ゲーグルーヴコースター 4 スターライトロード」で持ち歌の「バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさんのうた」配信開始。

9月22日東京ゲームショウ2018で今年中に配信予定のスマホゲー「禍つヴァールハイト」とのコラボが発表された。

その他バーチャルキャスト使用した放送に度々凸を行っている。VRChatにもこれまでどおり出没している。

○グッズ展開

多数。アニメイトで買える。

個人おすすめアンソロジーコミック。他のグッズと比べれば安価な上、この手のものとしては内容も面白いと思う(とはいえこの手のものの常で題材(ねこます氏)のファンであることは前提)。

○その他・今後の予想

動画案件も含めニコニコ動画に上げるようになった。チャンネル名変更後4本の動画投稿している。生放送も時々行っている。

未だイベント等の出演はあるが、動画作成を伴う仕事はおそらくほぼなくなり、Unity勉強等に時間を割いている様子が伺える。露出は今後減っていくと思われる。REALITYでの配信は、契約次第だがいつなくなってもおかしくないくらいの覚悟ファンは持っておいたほうが良さそう。V-TVへの出演は番組が続く限り続くだろう。動画技術成果発表の投稿に関しては今後も行われるだろう。

B級映画制作愛好家

コーマンを絵に描いたような人

池内氏の援軍の科学者

説明している事項が複雑なんだからキズナアイみたいなキャラクターなんか出すべきではない」って。キズナアイが出ようが出まいが、同じ制作者が作るんだから説明は同じでしょ。その説明が悪いっていうなら監修者とかの問題からちゃんとした人を付ければキズナアイがいようがいまいが同じ結果になるでしょ。

科学者自分の好悪や感覚を優先して、ちっとも科学的じゃ無かった。知ってたけど。

ゲームチュートリアルや最序盤で詰まる(大体このまま数か月行き詰って投げる(非物理))ことが多いので、そのたびに制作者にとって自分は客じゃないんだなあとしみじみする。

3巻以内完結のおすすめマンガ (2018)

https://anond.hatelabo.jp/20171016202910

の4つ目です。

順不同で、試し読みがあったものリンク貼ってます

・君はゴースト(2巻完結)

https://comic.pixiv.net/viewer/stories/22913

人気絶頂から忽然と消えたアイドル

その芸能会復帰に合わせた手記のゴーストライターとして、本人から指名された売れない小説家主人公

「なんで俺が?」と怪訝に思いながらも、彼女の話を聞く中で距離は縮まっていき……。

と、あらすじだけを読むと平易な内容に見えるものの、描き方が圧倒的。

女優・真咲遥の天真爛漫さと冷たさを上手く絵に落とし込み、密度の高い内容をテンポよく読ませるのは染谷先生の力量あってこそだと思う。

2冊読み終えた後にはい邦画を1本見終わった後のような感覚を得られる素晴らしい作品

みくまりの谷深(2巻完結)

https://viewer-bookstore.yahoo.co.jp/?cid=840990

虫愛づる姫君テーマにした昆虫ホラーエンブリヲ』の小川幸辰の描く、民俗学に着想を得た河童バイオレンスホラーアクションマンガ

作者の地元でもある千葉ニュータウン舞台に、原住民である河童たちと、土地の有力者との軋轢が徐々に広がっていき・・・という、

どこか「平成狸合戦ぽんぽこ」を想起させるようなストーリーライン

まさにこの人にしか描けないであろう内容と、描線の古っぽい手触りが上手くマッチしている。(女の子の描き方は大分変わってましたが。)

本当は5巻くらいで読みたい内容が2巻にまとまっており、2巻のジェットコースター感が凄まじく読後に謎の爽快感が残る。

ハピネスハニー(1巻続刊?)

https://viewer.bookwalker.jp/03/3/viewer.html?cid=2b96f115-5160-44ee-a6bc-9750a0817bb0&cty=1

妹に連れて行かれたライブきっかけに男性アイドルハピネスハニー」にどハマりしてしまった男オタク日常を描いた作品

「好きなものは好きでいいんだ!」ということを全力で肯定してくれて、読むたびに清々しい気持ちになる。

メイン曲が「チュルチュルうっど〜ん」という最高のセンス

こんなに面白いのに2巻が出ておらず作者さんのツイッターも止まってしまっていてとても残念。

・氷上のクラウン(3巻完結)

http://www.moae.jp/comic/hyoujounocrown

クアドラブルアクセル(4回転半ジャンプ)に挑む主人公と、彼に影響を受ける冷静なヒロインを描くフィギュアスケートマンガ

この伸びやかな線でスポーツマンガを描きあげた事自体素晴らしい。

ロマンを追い求める主人公と、ソツなく演技をまとめるヒロインの対比と物語の中でのバランスが良い。

ジャンプ解説もわかりやすくて、フィギュアスケート見方が多少なりわかったのも個人的には良かった。

魔女が下す鉄槌 マレウス・マレフィカルム(1巻続刊?)

https://www.alphapolis.co.jp/manga/official/798000187/1907

おっかない魔女に恋心を持たれてしまった女義賊を描く、中世ヤンデレ百合ダークファンタジー

ヤンデレ側と受け入れる側の心情それぞれに説得力があり、それぞれの正義を貫こうとするほどにボタンの違いで最悪の展開になっていくのが最高。

魔女が狂うほどに絵柄も狂っていく演出も素晴らしい。

売れれば続刊が出るとのことなので、お気に召したら買ってみてください。

カッコウの夢(2巻完結)

https://comic.pixiv.net/viewer/stories/16119

久々に人に薦めたいと思ったBLマンガ

高校の頃から片思いしてきた本命親友と、彼の代わりに抱いている今のセフレが入れ替わったら?という作品なのだけど、

タイトルの通りでそう単純な話ではなく、予想を裏切って展開した後の最終話ストレートに良くて普通に泣くという。

自分の抱いていた愛情は何だったのか?を問う、繊細ながらも重厚作品。あととにかく絵がきれい

・僕らはイタい生き物だ。(3巻完結)

https://comic-walker.com/viewer/?tw=2&dlcl=ja&cid=KDCW_AM01000002010001_68

主人公オタク偏見のある元テニス部の誓。

友人が隠れオタクであることを偶然知り、彼が持っていた同人誌馬鹿にしてしまい、

その場にいたオタ仲間の少女ハイジビンタされてしまうところから物語は始まる。

脳筋テニス少年主人公に据えた同人青春マンガといった趣で、誓がオタクの側に歩み寄り、

同人制作に触れる過程の中で描かれる誓の人間関係の再構築と、それぞれの姿勢二次創作というものに向き合うキャラクター達は見るべきものがある。

上で挙げている『ハピネスハニー』にも通じるところはあるのだけれど、好きな作品を好きと言うことを全力で肯定してくれる作品だと思う。

・ぎなた式(1巻完結)

https://shonenjumpplus.com/episode/10833497643049550329

語り継ぐべきジャンプGIGAの遺産。1巻、全4回を無駄なく研ぎ澄ませた作品

スポーツならなんでも器用に「こなせて」しま主人公が、男性鬼門とも呼ばれる薙刀出会い、選び取るまでを描く。

ストーリーが濃密でありながらメインキャラ以外の作り込みや台詞にも手抜きなく、とにかくマンガとしての完成度が高い。

マンガってやっぱいいな!と思わせてくれる。

今年はこんな感じで。

2018-10-12

anond:20181012051234

知識あんまり無いので言いたいことだけ言うが勘弁してほしい。

まず1.について。

キズナアイ衣装、今のあの絵柄の表現の中で言えば性的な強調は抑えているだろうと個人的には思う。

ただし、三次元で、リアル実在少女にさせた場合はどうか?

自分がその企画担当だとして、後ろ盾のない雛壇タレントには気軽にさせられる格好だろうが、コメンテーターとして招かれた金メダリスト少女アスリートもしくは政治家大企業社長高名な俳優タレントなどテレビから見ても有力者の家族や縁者にもエロくない、ただの衣装といってなんの抵抗も無く着せられるか?一つも自分が危うくなるようなクレームが来ないと思うか??????

自分は無理だと思う。

なあ、バカな例えだと思うか?

(閉じた作品内でないにせよ)二次元からで完全に免罪されると思ってると云うことは、問題視してる側からすれば自分が優位な立場からセクハラするやつと心根が似通ってないかセクハラされる方からしたらおんなじだ。女だから衆人監視の下ですらセクハラされるんだってセクハラする方は責められすらしないんだってな。

そして2.について。

再生産に加担しているといえる。

してないと云う側が子供番組を挙げるが、あれは最先端からそりゃ問題ないどころかあれがベストアンサーなくらいだ。

明確に子供番組と言えるところからそろそろと段階的に年齢を上げて、特に女子の、女性の扱いに注目してみて欲しい。

子供番組のような、男女よりはどちらかというと個々のキャラクタに拠った活発な建設的に捉えられる発言は段々になくなる。

おバカキャラ女子でない女性タレントの扱いが自分領分侵食してる、それも芸ではなく司会者制作側の単なる偏見からそれをされてて居辛そうな、発言して突っ込まれたい芸人微妙な顔を見たことはないか

性的対象に堂々していいと思われる立場にされると驚くくらい軽く尊厳を踏み躪られる。存在ステレオタイプ的に捉え好き勝手に扱って良いと周囲から扱われがちになる。これは1が関わってくる部分があってすぱりと切り分けが出来ていないと言われそうだが、相互に絡んでいるのだ。分けて考えよう対策しようとある程度できるけれども、精査していくと絡んでいるのが分かる筈だ。

anond:20181012051234

キズナアイ人格なんかあるわけねーだろ

キズナアイキャラクターデザインはどっかのデザイナーがやっていて

その人間コスチュームデザインしてるわけだ

まりキズナアイ自分人格において自分の装いをチョイスしていない

キズナアイが何を喋るかは、

番組制作者が情報が適切に伝わるよう台本常識的には複数人で練り上げ

それをキズナアイに喋らせているだけであって

キズナアイはその人格をもって何かを理解し応答など全くしていない

モーションキャプチャー対象となる女優

お仕事としてキズナアイ仕事彼女人格として受託しており、また彼女人格プライベートも過ごす

彼女人格は当然キズナアイ人格ではない

キズナアイは色々な人物

あっちこっちから手を突っ込んで振り付けてる人形

自明過ぎる話だ

キズナアイ人格がある、なんて素っ頓狂な前提であんなにギャーギャー騒いでいたのかよ

アホか

キズナアイちゃんには立派な人格があるんだ

見地からキズナアイちゃんに恋情などいだいたりして

それがあれだけの炎上エネルギーを備給していたのかよ

そこまでいくとこういう言葉は使いたくなかったが

ほんとキメーよ

日本版文化の盗用」議論

アメリカでは文化の盗用」に関する議論が喧しい。ボストン美術館キモ体験についたクレームだとか、当事者であるはずの日本人から見ても「別にいいじゃん」と思わせられるようなケースさえあり、それ自体差別的発想だという批判もあるくらいだ。実際、例の企画は、元々の画がジャポニスムテーマにした画であり、その画の前で日本人ではない人がkimonoを着て写真を撮る行為は、むしろ「ある時代存在したジャポニスム」そして「それを描いた画」という『オリジナル』を尊重した行為ですらある。たとえば日本人着物を着てその前に立っても全く意味がないどころか、むしろそれこそ「オリジナルへの敬意を欠いた振る舞い」として批判されるおそれさえあるだろう(皮肉)。

(※ちなみに、時間のない方は、このあと太字部分だけ読めば大体の内容が分かります。)

だが、そんな自分が、日本でしばしば気になって仕方ない「文化の盗用」がある。それは、TV番組などでしばしばみられる「関東言語話者による恣意的方言使用である。よく例にあげられる「外国の都会の人の言葉標準語で訳されるが、農夫の言葉東北弁で訳される」みたいな問題だけではない。地方舞台にしたドラマ登場人物が喋る台詞などにおいても、方言が、その地方やその地方言語に対する十分な理解を欠いた人間、つまりネイティブ以外によって「ちょっとした彩り要素」としてカジュアル使用される結果、おそろしくひどい形で表現されている。文化への敬意を欠いた使用は、まさに「盗用」と呼ばれるのにふさわしい。

たとえば、関西ネイティブとして断言するが、TVドラマや公に出版されるフィクションなどで見かける関西弁による会話」をみて「自然だ」と感じることは99%ない。それなりにお金をかけているはずのNHK朝ドラ関西指導:●●、などとクレジットが入っているのに)などは、最もひどい例の筆頭である

そういうひどい例を具体的にあげると枚挙に暇がないので、1%の「よい」例をあげてみよう。たとえば谷崎潤一郎細雪戦前作品だが、関西文化に対する深い理解をもとに、「自然な」関西弁が用いられている数少ないフィクションである。谷崎は江戸っ子だが、言語に対する深い感覚と、関西に移り住み関西ネイティブ結婚して緻密にその文化所作、その背後にある思考法を観察した結果として、たとえば第一章冒頭の流れるような会話描写を実現した。相手の反応を伺うような、どこで途切れるのか分からない古典時代のような会話、相手を立てるように話す長女と蓮っ葉な口をきく三女は、それぞれ阿吽の呼吸で話を推進する役/突っ込みを入れる役/疑問・答によって話のオチを付ける役、などの役割(ロール)を自在に演じながら会話を展開させていく。これに較べれば、NHK朝ドラ等の会話が、いか醜悪な「関西弁モドキ」の会話であり、結局「関東弁を関西弁ぽい口調にしただけ」の底の浅いものかがよく分かる。少なくとも関西ネイティブなら、その違いは明白に感じ取れるものだ。

NHK朝ドラで、たとえばヒロインに対して友人が、あるいはヒロインが知人や親に、時に熱く、あるいは涙を浮かべて関西弁で「○○○○なんや!」と叫ぶ。見ている私の胸には「ああ、またか」と鼻白む思いが広がっていく。あれで関西配慮しているつもりなのか。関西東京にとって単なる感傷的なエキゾチシズムの対象なのか。あん関西人おらへんねん。ほんまに。

関西では、関東人のように「正論」を「熱弁」することは、申し訳ないがノーマルナチュラルな振る舞いとは見なされない。話の半分をジョーク構成し、自分を「落とし」て低姿勢で粘り強く交渉するスタンス疑問形を多用して「相手に語らせる」手法、話にはヤマとオチをつけるという作法、そういうものを欠く会話は、下品で場をわきまえない失礼なものとみなされ、見下される。幼い子供を除けば、自分意志相手に伝えたいときにはもっとも用いないやり方だ。関西ネイティブ一見感情かに見えるが、それはあくまでロールを演じる意味においてでしかない。生の感情を表に出すのは、基本的に大きな怒りを感じている相当限られたケース・シチュエーションであり、その際にはまた普段とは全くことなる口調・態度・話の作法を取る(先ほどの「細雪」では、たとえば上巻九で女中を叱責するときの口調がその好例となるだろう)が、それもまた原則的にはストレート物言いを避けながら結論へと近づいてゆき、「自分の言いたいことを相手に悟らせ言わせる」ことを目指したやり方を取るのが通常である。そして、可能な限りすみやかに、通常の流れの会話への復帰が図られることで、その特異な状況の調停と幕引きが図られるのが常である(たとえば先の「細雪」の例では、女中を叱責して帰したあとすぐ長女が「やっぱり自分に落ち度があったのだろうか」という意味自分の「落とし」を始めることで、通常モードへの復帰を図っている。もっともこのシーンでは、普段無口な次女が想像以上にこの件について腹を立てていたため、復帰があまりうまくいかない、というシーンになっているが)。

真顔で、正論を、熱弁するヒロイン これを関西弁でやられると、演技の上手下手に関わらず(むしろうまければうまいだけ)、申し訳ないが周囲との調和を失い破綻した人格を演じているようにしか見えないのだ。このため、たいていの関西人が、あれを見て「奇妙に大げさで下手な演技をする演出朝ドラスタンダード」という歪んだ認知もつことでスルーしていることを、NHK関係者理解されているだろうか? 役者が上手に真面目に演じれば演じるほど、関西人には「下手糞」な演技に見え、演じたい役と演技の乖離は増してゆく。方言文化に対する敬意を欠いた行為は、こういう一見滑稽な、内実を考えれば誠に悲惨結論を生んでしまうのだ。

いったい、メディア関係者はこの明白な「盗用」行為について、どのように考えているのか。私はこれが何かを「考えた」結果であればまだ救いはあると思っている。しかし、おそらく「何も考えてない」というのが実情だろう。何も考えていないからこそ平気で「盗用」できるのだ。盗まれた側の痛みなどまったく想像もしていないから、平気で盗んで見せびらかすような真似ができるのだ。とんだ裸の王様である

国内メジャー方言である関西弁ですらこの有様だというところから見ると、おそらくそれ以外の方言についてはもっとひどいことになっているのだろう。異文化カジュアルに親しむことが「悪い」ことだとは言わないし、敬意をもって接してもらえるなら、触れてもらう側にとってもそれは喜びとなる。だが、少なからず敬意を欠いた異文化との接触は、しばしば悲劇的な結論しか生まないものだ。国内異文化に対する振る舞いは、必然的国外異文化に対する振る舞いにも敷衍される。奇妙に滑稽な「クールジャパンの現状、昨今の極めて「内向的な」外交のありようと、このことは無関係ではないだろう。私たち自分たちが何ものかも知らず、他者が本当は何者なのかも分からない中で、相手の予想のつかない振る舞いに、奇妙に怖れ、怯え、媚びているのだ。


文化の盗用」議論に実りある内容があるとすれば、こういったことへの自覚が少しでも私たちの中に生まれることにあるのではないだろうか。私たち自分たちのオリジナル文化とは何なのかについてもう少し自覚的になり、「(異)文化とは何か」ということについてもう少し考えてみるべきだと思う。無邪気な子供のように「世界中ミナトモダチ」では片付かない、異文化接触する際には慎重で警戒した身振りが必要となる、そういうリアル感覚をもう少し我々はもつべきだ。そうすれば、外交についてももう少し現実に即した対応が行われるようになり、海外との交流スムースに進み、そして関西に対する誤解をただただ広めるようなフィクション制作されなくなり私がイライラする機会ももう少し減るのではないかと期待する。(←これがオチ

性的搾取性的消費を巡る戦いの歴史

-人工知能学会表紙碧志摩メグのうりんコラボポスター女子高生探偵シャーロットホームズ冒険日本版表紙駅乃みちかレーティッシュ鉄道ジャンプゆらぎ荘の幽奈さん巻頭カラー日向市サーファー動画境界線上のホライズン表紙ノーベル賞受賞解説でのキズナアイ起用
2013201520152016201620172017201720182018
戦端学会誌の表紙イラスト(Twitter投稿)現役海女フェミ団体明日少女隊」が公認撤回署名活動・提出美濃加茂市観光協会とのコラボ制作したポスター画像(Twitter投稿)海外小説日本語版表紙イラスト(Twitter投稿)鉄道むすめ用の描き下ろしイラストスイス私鉄採用した萌えキャラ画像少年ジャンプ掲載内容日向市PR動画書店平積みされたラノベ表紙を娘が気持ち悪いと指摘性的に強調されたアイキャッチNHK使用する事への弁護士による疑義
交戦経緯人工知能可能性を表現したイラストか、旧来の女性観を主張するイラストかの議論2014年に登場したキャラだったが公認きっかけにフェミ団体問題視コラボ企画過去にも行われていたが、ポスター使用されたイラスト問題視掲示駅前一部のみで店舗配布数は17枚だった。萌えイラストへのお気持ち表明。駅に掲示されたポスター等ではないにも関わらず、東京メトロで張り出されると誤解・曲解し開戦。また表情や陰影といった技法についての感受性乖離による交戦もみられた。駅乃みちか問題延長戦性的であるかどうかの違いとは何かを問う。弁護士編集部への抗議を主張。CM/PR動画におけるポリコレ炎上が続いた中、ポリコレ的に正しいと弁護士が絶賛・見習えと主張したことから別件との違い、本当に差別性は無いのかを問う。性的搾取性的消費・ゾーニング、公の場所定義といった議論へ。武蔵野大学社会学部教授キズナアイは適役ではなく炎上であるとするコラム記事yahoo掲載女性蔑視の萌えキャラである中日新聞記者同調したが後に教授聞き手女性であることへの問題提起であると主張。過去投稿から社会学論文に於ける慣習についての疑義へと発展。
争点性差別女性蔑視海女への侮辱性的搾取性的表現胸部の強調による性的消費・性的搾取性的表現セクハラ性的表現原作者への侮辱性的搾取性的消費・性的表現、表情やポーズ扇情的か、スカートの陰は透けである駅乃みちかとの違いは何か少年漫画誌に於ける性的表現女性蔑視・性差別散々批判されてきたルッキズム性的搾取には当たらないのか性的表現性的搾取ゾーニング性的表現性的搾取・聞き役を女性に当てはめる事に対しての性差別
結果編集委員会見解を表明。次号では女性ロボット目線イラストに。志摩市公認撤回ポスターイラスト差し替え制作コラボ企画実施原作者大喜び。スカートを単色に修正したが後の鉄道むすめ企画では東京メトロ版みちかイラスト使用不明不明表現の受け取り方は人それぞれ」「あなた要求したわけではない」キズナアイ騒動接続周囲で小競り合いは残るもののほぼ終戦ムードキズナアイ秋葉原バーチャル観光大使に任命される。

参考文献:

人工知能学会の表紙は女性蔑視? https://togetter.com/li/607736

碧志摩メグ炎上問題三重県志摩市)まとめ一覧 https://togetter.com/li/873570

日本版女子高生探偵シャーロットホームズ』の表紙に対する一部の批判 https://togetter.com/li/1024743

駅乃みちか問題まとめ https://anond.hatelabo.jp/20161018105236

ゆらぎ荘の幽奈さん」(週刊少年ジャンプNo.31 巻頭カラー炎上問題/まとめのまとめ https://togetter.com/li/1127474

ポリコレ物語の結末 https://togetter.com/li/1145999

2018-10-11

anond:20181011165331

うん、だから公認潰しは全くの事実だよね?

公認ならできたはずのあらゆることを潰し、そのうえでの結果だけ見て「まずまず」とか何様?

しかフェミ団体だの明日少女隊だのが書いてないメディアだけ集めてかかわりまで否定しやがる

制作側は会社まで興してたと思うんだが、たった900万ぽっちで成功ってブランディング舐めてるだろ。

外見以外も含むキャラクターデザインにどれだけの知恵と労力がかかると思ってるんだ?

本来なら公認キャラとして末永く役所地域のもの仕事ができた案件を潰しといて「まずまず」ってなに?

商業デザイナーのはしくれとして心底ウザいわお前。

anond:20181011004602

あらゆる作品萌えに相当する感情を想起させるために制作されるものであり、そういった意味では萌えとは単なる感情で、総ての創作物萌えコンテンツしかない

2018-10-09

anond:20181009111921

日本AVメーカーコンテンツ制作を頑張ってくれたおかげで、

インターネットでそれを違法無料視聴した中国人の間で日本の女は淫乱というイメージが定着し、

マカオ外国買春コーナーでは日本国籍の女の値段が倍です。

AVイメージ日本買春ツアーナンパツアーに来る外国人も居たりなどしてね。

身体を売る気がない日本国籍の女にとってはマイナスしかないですね。

憎いのは萌え絵ではなくて違う欲望

まずElsagateの話をさせて欲しい。

Elsagateというのは、エルサやスパイダーマンなど子供に人気のある有名キャラクター暴力的二次創作動画で、

エルサが他のキャラボコボコにしたり、殴られて顔が腫れ上がったり血・肉片が飛び散ったりする描写があり、

一時期YouTubeに大量に上がっていて、検索や関連動画から子供が観ていることが問題になっていた。

Elsagateは子供を狙ってショックを与えようと、あるいはグロ描写・糞便嗜好等を子供に植え付けようと、

かなりの予算を使って制作アップロードされているようで、どこから製作費が出ていた等は分かっていない。

膨大な数の二次創作グロアニメ投稿された現象で、広告等による収益性よりも制作コストのほうが明らかにかかっていたので、

商売目的とは考えられず、金が余っている人間による、

子供感情に衝撃を与える(トラウマにさせたり、逆にグロ・糞便趣味に目覚めさせる)ことが目的プロジェクトと思われた。

このような意図的ものとは違うけれども、私も小学生の頃に当時愛着を持っていたキャラクター名前画像検索して、

キャラが輪姦される二次創作漫画のページが出てきてショックを受けたことがある。

私の受けたショックは、コンテンツ誤配だ。輪姦同人誌を読みたい人に向けて書かれた同人誌が、

Googleキャラ名の画像検索しただけの人間に見えてしまった、それはコンテンツ制作者の意図とは違った事故だ。

ただElsagateのように、グロ・糞便を見たい人に向けて配信するのではなく、

求めているわけではない人に「見せつける」という目的存在する。

https://www.sankei.com/affairs/news/180926/afr1809260011-n1.html

アダルト動画流しながら女性いかけ 23歳会社員逮捕 静岡

この事件もそうだけれども、アダルト動画を見たがっているわけではない人を追いかけて大音量で聞かせる行為があるわけで。

自分の好みのコンテンツを、それを望んで探しているわけではない人に見せつけたいという欲求存在するわけで。

私が憎んでいるのはそれ。スマホサイトバナーが動いて誤タップを誘発するのとかに近い悪意を感じる。

同好者のなかで回し読んでいるのは一向に構わないよ。萌えエロでも輪姦でもグロでも糞便でもなんでも。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん