「フランス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: フランスとは

2018-10-14

[][] (仮題)第3話

(執筆途中の作品であり、今後内容を変更する予定です)

高田

雙葉学園は、フランスサンモール修道会の会員が1875年に設立した築地語学校を祖とする、私立学校法人である

雙葉学園はその長い伝統において、「徳においては純真に、義務においては堅実に」という校訓のもと、幼稚園から高等学校にわたる一貫したカトリック教育を行ってきたが、雙葉女学院大学設立により、さらに4年間の大学過程をふくむ一貫教育が行われることになった。

というのも、雙葉中学校・高等学校は、東京大学をはじめとするいわゆる旧帝国大学や、慶應義塾大学などの難関私立大学合格者を多数輩出し、全国有数の進学校と呼ばれるようになっていたが、多数の生徒父兄が、単なる学力の追及ではなく、カトリック教育さらなる徹底を望んでいたこと、卒業生の多くがカトリックの信仰を保持していない現実を嘆くサンモール修道会の強い推薦により、2002年に大学過程を行う教育機関の設立が決議されたのである。その後、文部科学省の認可を受け、雙葉高等女学校設立からちょうど100年となる2009年、開校に至った。

私が雙葉高校卒業したとき、もしこの大学があったら、このエスカレーターに乗っていだろうか。キーボードを叩く手が止まり、ふと自分過去を反芻した。

中学受験成功し、晴れて雙葉の門を潜ることはできたものの、入学後は成績が低迷し、人生の目的も見出せないまま、あるいは、先生がたがおっしゃっていた、神に与えられた使命を感じることもなく、特に受験勉強もせずになんとなく大学受験をした私は、願書を出した中で最も無名な、平凡な私立大学に行くこととなった。

パッとしない4年間の大学生活の間、やはり人生に意義を見出せず、大学卒業後は、飲食店塾講師などのアルバイト転々としたのち、25歳で、あるカリスマ英語学者執筆アシスタントとして雇われることになった。

受験生向けから社会人のやり直し英語のための参考書まで、様々な英語関連書籍を多数執筆し、そのほとんどすべてがベストセラー、2005年から教育テレビでレギュラー番組放送されている、クリストファー・トンプソン、その人である

誰もが認めるカリスマ英語学者アシスタントベストセラー約束された数々の出版物編集作業。やっと使命が見つかったかに思えた。

が、それもつかの間のことだった。

最初の数ヶ月で気づいたことは、クリス・トンプソン執筆作業ほとんど全てを、彼の『アシスタント』に任せているということだった。それでも、はじめのうちは、英語学者である彼の理論専門家でない一般大衆向けに落とし込むのに、アシスタントが最大限の貢献をしているのだろうと好意的に考えていた。

働き始めて半年が経った頃、主力の『アシスタント』が結婚出産を機に退職することになり、私がその立場を引き継がなければならないとなったとき彼女から真相が告げられた。カリスマ英語学者クリス・トンプソンは、自分ではなんの理論も持っておらず、彼の博士号はディプロマミルから得られたもので、彼のアイデアと言われるものはすべて、彼女作品だったのだ。

『徳においては純真に。』私は、彼が世間を欺き続けるのを手助けすることはできなかった。

代わりの職を求めた私はその後、27歳にして都内にある無名私立高校英語教師として採用された。

須藤智くんとの出会いは、私がその学校で働き始めて3年目のことだった。

高校といえば雙葉高校しか知らなかった私は、おそらく世間では平均的であろう、学習意欲のない生徒たちを前に、教師として戸惑っていた。そんなとき入学してきた須藤くんは、『教え子』と——おこがましいが——呼びたくなるような、優秀で向上心の高い、私の初めての生徒だった。

彼はすべての科目の定期試験で満点を取り、全国模試では偏差値が80を超えていたので、瞬く間に教職員あいだで評判になった。

彼の非凡な才能は、主に自然科学理解に向けられているようであったが、彼の言語に対する洞察も、単に受験勉強ができるというレベルを超えているように思われた。

それは、彼が二年次に進級し、私の授業を受けることがなくなった新学期のことである。珍しく残業もなく、夕方6時に山手線新大久保駅で帰りの電車を待っていた私の元に、彼が歩み寄ってきた。

自然言語構成する元素を見つけました」

突然そう告げた彼は、意表を突かれてうろたえる私の返事を待つことなく、ノートを広げ、彼の発見説明し始めた。

私は彼の理論を即座に理解することができた。なぜなら、中性子陽子原子核電子といった、化学アナロジーを用いているものの、それらの用語を適宜『主要部、内項、外項、句、付加部』という言語学の用語に置き換えれば、それは現代言語学の父、ノーム・チョムスキーが1970年に発表した、エックスバー理論のものだったかである

彼はきっとエックスバー理論をどこかで読んだのだろう、そしてそれを、自分の慣れ親しんでいる化学アナロジー理解したのだろう、と私は考えた。

しかし、彼は、これは紛れもなく自分でたどり着いた理論で、とっかかりになったのは、クリス・トンプソンの『60億人の英文法』にある「日本人名詞が主でそれに冠詞がくっつくと考えがちだが、冠詞がまずあって、そこに名詞がくっつくというのがネイティブ感覚だ。」という記述だと言う。

ともかく、私は彼の話を信じた。そして、彼が自分発見を教えてくれたお返しに、私も自分の『発見』を彼に打ち明けた。こうして彼は、クリス・トンプソン秘密を知る、部外者第一号となるのであった。

秘密を共有した私たちは、ときどきメールを交換する仲になった。話題は主に、言語学。彼は初め、原子力工学の話をしたがったが、私がついていけないということに気づくと、言語学を中心に、私が理解できる話題を選んでしてくれるようになったのだ。これは私にとって、10年遅れて訪れた青春の一ページだったが、彼にとってはたぶん、相手先生から、気を使って付き合ってくれていただけだったのかもしれない。

私は一度、言語学の道に進みたくはないか、と彼に尋ねたことがある。彼がチョムスキーほどの天才かどうかはともかく、才能があることは間違いない。しかし、彼は原子力工学をやるといって譲らず、ワシントンにあるベルビュー工科大学を単願し、同校に進んだ。なぜマサチューセッツ工科大学や、スタンフォード大学を目指さなかったのだろう、あるいは、ワシントンならなぜ同州トップワシントン大学に行かなかったのだろう、願書くらい出しておけばよかったのに、と当時も思ったが、きっと彼なりの理由があったのだろう。

メールのやり取りは彼が高校卒業した後もしばらく続いたが、彼が希望通りベルビュー工科大学に進学すると、須藤智という天才を失ってただの無名私立高校に戻ったその場所で、張り合いのない授業を続ける私が、なんだか取り残されたように思えて、劣等感からメールを送るのが億劫になって、やめてしまった。

須藤くんとのメールをやめた私は、高校教師仕事もやめた。また人生に迷ってしまったと思った私は、以前のように求人情報をチェックしたり、履歴書作成したりする気もなくなって、目白アパートに引きこもった。

そんな張り合いのない生活を続けるうち、あるとき新聞広告欄に、雙葉学園が、大学新設にあたり職員を求めているという求人情報が載っているのが目に留まった。行き場を失った私は、まるで蜂が巣に戻るように、こうして古巣に戻ることになった。

はいま、雙葉女学院大学国際交流課で、4年ぶりに須藤くんへのメールを書いている。雙葉女学院日本大学として初めて、ツー・プラス・ツーのダブル・ディグリー協定海外大と結ぶことになったのだが、なんの因果か、その協定第一号が、ベルビュー工科大学だったのである。そして、私が留学カウンセリング担当した学生が、第1期生として派遣されることになったのだ。

彼女聡明女性だが、単独海外に行った経験はないと言う。現地に信頼できる知人がいれば、少しくらい世話を焼いてもらってもばちは当たらないだろう。

フランスに行ったらフランフランする

エッフェル塔を見てフランフランする

凱旋門を見てフランフランする

モン・サン・ミシェルを見てフランフランする

エルミタージュ美術館に行ってフランフランする

エルミタージュには有名な絵があるからそれを見てフランフランする

ピカソを見てフランフランする(ピカソスペイン人です)

そのあとパリカフェフランスっぽい料理を食べてフランフランする

あとは他に思いつかないけど、どこかに行ってフランフランする

フランスで一週間くらいフランフランして日本に帰ってくる

そしたらもうフランフランできないのでフランフランしない

シャキッとする

通勤電車でシャキッとする

会社パソコンにらめっこしながらシャキッとする

取引先でシャキッとする

上司の前でシャキッとする

フラフラになって帰る

【3】2018秋、ベトナムホーチミン

<< この旅行記の先頭へ


anond:20181013224340





Day 2



2日目 アリゾナ州立大


自律神経をやっていようと、そうでなかろうと、旅行で眠れないのはいもの事だが、処方された睡眠導入剤を飲んでも5時間足らずしか眠れないとなると、この体質は筋金入りだ。

自然に目が覚めたのは6:45。

予定ではあと2時間まり寝る筈だった。

二度寝を決め込もうとしても、ちょっとウトウトするだけで、眠気は「こんにちは」してくれそうもないので、あきらめて起きることにした。

眠気はどうあっても俺に「おはよう」と言いたいらしい。


睡眠不足ホテルパーソンへのコミニュケーションハードルを前に少し逡巡したが、おそらく一番ストレスが少ない形で美味いものが食える可能性が高い、ホテルの朝食をとることにした。

朝食会場に向かう途中、外を見ると、強い日差しの向こうで噴水が上がっていて、これぞ南国の午前という感じだ。

ホテルの朝食はビュッフェスタイル

シャンデリアの下がる大広間コーヒーサーブされて、料理を物色するというのは朝から優雅ものだ。

ホーチミンフランス植民地時代からアメリカ傀儡政権時代まで首都を置かれた地で、パン食の文化がある。

果たしてビュッフェにもバゲットチーズレバーパテがあり、これは行くしかない。

他にも当然アジアスタイル炊き込みご飯カレーライスヌードル、揚げ春巻きもあって、洋越折中といった雰囲気だ。

気になるものを片っ端から盛り付けて、テーブルに運ぶ。

どれも美味いが、カレー(多分)が出色だ。

さっぱりして、辛すぎないマイルドな味わいだが、スパイス香りが口の中に拡がって抜ける。

席の背後をチラッと見ると、「Sweet TOFU」の文字と壺。

TOFU?」とホテルパーソンに声をかけられて、首を横に振ったが、やはり気になる。

結局サーブしてもらうことにした。

甘い豆腐。予想通り豆花だった。

しかし、台湾のそれと違って暖かく、ココナッツフレーバー生姜蜜がかかっている。

美味い。

洋越のオードブル中華式の豆花、コーヒー2杯。

これだけ食って自律神経失調症も無いもんだと言われそう。

大変満足した。

あの日差しを浴びたい。ポーチに気休めの安定剤を詰め込んで、食後の散歩に出ることにした。


ホテルを出ると、ホーチミンの熱気は午前から強烈だ。

行く当てのない散歩だけど、とりあえずベンタイン市場を経由してサイゴン川を目指そう。


相変わらず交通事情は凄まじい。

よく見ると現地の人だけでなく、観光客と思しき欧米人対応力も凄い。

スクーターの波を見切ってスイスイ渡って行く。

バイクを見切って躱す」のはこの街で必須スキルなので、嫌でも身につくらしい。

昨日と違う事と言えば、バイクライダーのオッチャンに頻りに声をかけられる事。

迂闊に乗ったら多分ヤバイやつ。

「Ser , Go work.」笑顔で固辞して先を急ぐ。というフリでプラプラ歩く。


ホテルの目の前の公園で談笑していた少年たちに許可を貰って一枚。

リーダーか、英語ができるかする少年に何か話しかけられたが、意味はわからない。

でも敵意はないのは伝わったようだ。

ひょっとしてベトナム人じゃないのかな。まあいいか

「3、2、1、shoot!」少年少女は笑顔をくれた。


しばらく歩くとベンタイン市場に到着した。

体育館の様な大型のアーケードの下に、色取り取りの生地雑貨飲食店

夕食はここにしようかな?

自律神経が働いた悪さなのか、旅行の緊張なのか、食べ物匂いがまだ辛い。

ここでも頻りに声を掛けられるが「ハハハ」と笑いながら素通り。

少し市場を見物してアーケードを出た。


10:00。

しばらく歩き、気になる建物に近づくと、どうやら学校らしい。

門に近づくと、移動屋台が門から出る学生達を吸い寄せている。

日本以外のアジアは大体が外食文化で、例えば台湾などでは学生は校門前に陣取る屋台で朝食や昼食を買って教室で食うらしい。

多分ベトナムも同じなんだろう。

周りを見れば、学校の向かいに軒を並べる露店で固まって食を取っている学生も多い。

興味深い光景写真に収めようとしていると

○×○×!」

ドン

学生の徐行したスクーターに軽く追突された。

気をつけていたが、思わぬ形でプチ交通事故にあってしまった。

これで俺もベトナム旅行者として一人前だ。


飲料水を買おうとしてファミマに入ると、そこでも学生食事を摂っている。

ファミマにイートインスペースがあるのはアジア共通らしい。

それにしても男子ばっかりだ。

青い揃いの制服のせいか男子学生達は一様に小綺麗で、教育程度も高そうな印象を受ける。

一旦学校前を離れて、日本で言うところの伊勢丹、いやもっと格上の三越のような存在百貨店サイゴンセンターを物色した後、1時間程で戻ると、男子達はまだ周囲の露店で食ってる。

こいつら引っ切り無しに食ってるな、なんだったら今が本番かも知れない。

モリモリ食う姿は、アジアの元気を象徴してるように見えた。

暑さもキツくなってきた、先を急ごう。取り敢えず川が見たい。

学校前を離れる時に、校舎の壁に学校名のエンブレムを見つけた。

ARIZONA STATE UNIVERSITY

直訳すると「アリゾナ州立大学」

なぜアリゾナ州立大学がホーチミンにあるのかは分からなかった。


相変わらずの躱しゲーを繰り返しながら辿り着いたサイゴン川は、隅田川よりもっと広く、澱んでいた。

茹だるような暑さ・湿気と澱んだ川はある意味ベストマッチだ。

薄々勘付いていたのだが、自分はまあまあな晴れ男であり、観光やここぞと言うときに雨に当たられる事は少ない。

10月初頭のホーチミンはまだ雨期のはずだが、それでさえもこの有様だ。

自律神経の不調も憂鬱な気分も、事、天気に関しては影響しないらしい。

願わくばその運をもうちょっと別の事にも回して欲しいくらいだ。

雨のホーチミンで、お茶でも飲みながら茫然とするというビジョンはひとまず実現せず、現実には炎天下の橋の上でこの旅行記を書いている。

何はともあれ、この時間でやりたい事はやった。

ホテルに戻ろう。シャワーが浴びたい。


ホテルに戻ってシャワーを浴びてから、気になって例の学校について調べると、やはりというか、アリゾナ州立大学ではなく、カオタン テクニカルカレッジというらしく、機械電子に関する工業高校しかった。

そりゃ道理で男ばっかりな訳だ。

学校の程度はわからないものの、自作で車を作るイベントがあったり、インテル提携して人材開発を行なっているらしかったり、そこそこ優秀な雰囲気を感じる。

ここは工業化近代化真っ最中ベトナムだ、生徒といえば荒っぽい男の子達ばかりと相場が決まっている日本工業高校と同じ感覚では考えられないのかも知れない。

多分、アリゾナ州立大学ともなんらかの提携を結んでいるのだろう。


【4】2018秋、ベトナム、ホーチミン Day 2|バインミー、タピオカ、シャツ へ >>

[][]2018年10月13日土曜日の増減

サイト\日付2018-10-072018-10-082018-10-092018-10-102018-10-112018-10-122018-10-13合計説明
Reuters ttps://www.reuters.com/article1242134226761イギリス大通信社
AP ttps://apnews.com/1201100313アメリカ大通信社
AFP ttp://www.afp.com/0000000150フランス大通信社
UPI ttps://www.upi.com/0000000590アメリカ/韓国大通信社
TASS ttp://tass.com/000000084ロシア大通信社
Bloomberg ttps://www.bloomberg.com/230904120095アメリカ 金融ニュース通信社
Wall Street Journal ttps://www.wsj.com/01630345796アメリカ 新聞
New York Times ttps://www.nytimes.com/7312348765306アメリカ 新聞
The Washington Post ttps://www.washingtonpost.com/424041118444アメリカ 新聞
The New Yorker ttps://www.newyorker.com/02020004008アメリカ 新聞
USA Today ttps://www.usatoday.com/02100105099アメリカ/スイス 新聞
Los Angels Times ttp://www.latimes.com/00010105511アメリカ 新聞
The Hill ttp://thehill.com/0000000438アメリカ 政治新聞
Time ttp://time.com/10011105249アメリカ ニュース雑誌
Newsweek ttp://www.newsweek.com/00000022946アメリカ ニュース雑誌
The Atlantic ttps://www.theatlantic.com/01003117355アメリカ 総合雑誌
Fox News ttp://www.foxnews.com/002002-13360アメリカ 放送局
CNBC ttps://www.cnbc.com/20144302168アメリカ 放送局
abc News ttps://abcnews.go.com/00001107808アメリカ 放送局
CNN ttps://edition.cnn.com/11224-1012782アメリカ 放送局
CNN Money ttps://money.cnn.com/00001003445アメリカ 経済ニュース放送局
npr ttps://www.npr.org/00101009009アメリカ 放送局
Yahoo! News ttps://www.yahoo.com/news/0000000704アメリカ ニュースサイト
Vice News ttps://news.vice.com/0000000598カナダ/アメリカ 放送局ニュースサイト
HuffPost ttps://www.huffingtonpost.com/000000010212アメリカ ニュースサイト
International Business Times ttp://www.ibtimes.com/0000000528アメリカ ニュースサイト
Business Insider ttp://www.businessinsider.com/312231023777アメリカ 経済ニュースサイト
Quartz ttps://qz.com/11017221914アメリカ ニュースサイトNewsPicks傘下へ
Vox ttps://www.vox.com/00000001702アメリカ ニュースサイト
Breitbart ttps://www.breitbart.com/0000000270アメリカ 政治ニュースサイト
POLITICO ttps://www.politico.com/01000101245アメリカ 政治ニュースサイト
The Daily Beast ttps://www.thedailybeast.com/00000002119アメリカ ニュースサイト
The Star ttps://www.thestar.com/0001000576カナダ 新聞
Financial Post ttps://business.financialpost.0100000102カナダ 新聞
O Estadao de Sao Paulo ttps://www.estadao.com.br/0000000231ブラジル 新聞
The Guardian ttps://www.theguardian.com/41238106329412イギリス 新聞
The Telegraph ttps://www.telegraph.co.uk/100000014845イギリス 新聞
The Independent ttps://www.independent.co.uk/20122006600イギリス 新聞オンライン専業化
Daily Mail ttp://www.dailymail.co.uk/161104020237イギリス 新聞
The Sun ttps://www.thesun.co.uk/10100002744イギリス 新聞
The Economist ttps://www.economist.com/01133-80421812イギリス 週刊新聞
Evening Standard. ttps://www.standard.co.uk/0000100190イギリス 地方夕刊紙
BBC.com News ttps://www.bbc.com/news/16215164061541997イギリス 放送局(日本語ページ除外)
BBC.co.uk News ttps://www.bbc.co.uk/111022242598イギリス 放送局
sky news ttps://news.sky.com/0010000728イギリス 放送局
Irish Times ttps://www.irishtimes.com/00000003185アイルランド 新聞
Le Figaro ttp://www.lefigaro.fr/0010000442フランス 新聞
Le Monde ttps://www.lemonde.fr/00002101342フランス 新聞
France24 ttp://www.france24.com/00000001211フランス 放送局
Deutsche Welle ttps://www.dw.com/1000000291ドイツ 放送局
Build ttps://www.bild.de/0000000463ドイツ 新聞
Spiegel ttp://www.spiegel.de/01021022779ドイツ 新聞
The Local de ttps://www.thelocal.de/0000000225スウェーデン ドイツニュースサイト
La Stampa ttp://www.lastampa.it/000000069イタリア 新聞
La Repubblica ttps://www.repubblica.it/0000000249イタリア 新聞
El Mundo ttp://www.elmundo.es/0000000955スペイン 新聞
Anadolu Agency ttps://www.aa.com.tr/000000078トルコ 国営通信社
Middle East Eye ttps://www.middleeasteye.net/0000000159イギリス ニュースサイト
Middle East Online ttps://www.middle-east-online.0000000495イギリス ニュースサイト
Al Jazeera ttps://www.aljazeera.com/10021016242カタール 放送局
ParsToday ttp://parstoday.com/00100101628イラン 放送局、元イランラジオ
NDTV ttps://www.ndtv.com/0000001233インド 放送局
The Hindu ttps://www.thehindu.com/0000000470インド 新聞
The Times of India ttps://timesofindia.indiatimes0000000958インド 新聞
DAWN ttps://www.dawn.com/0000000141パキスタン 新聞
ABC ttp://www.abc.net.au/00000004354オーストラリア 放送局
NZ Herald ttps://www.nzherald.co.nz/0000000540ニュージーランド 新聞
Bangkok Post ttps://www.bangkokpost.com/1010112809タイ 新聞
Channel NewsAsia ttps://www.channelnewsasia.com11001101840シンガポール 放送局
Jakarta Post ttp://www.thejakartapost.com/0000000355インドネシア 新聞
RT ttps://www.rt.com/2000000718ロシア 放送局
Sputnik ttps://sputniknews.com/1000000275ロシア 通信社、元ロシアの声
HAARETZ ttps://www.haaretz.com/00010003074イスラエル 新聞
The Times of Israel ttps://www.timesofisrael.com/0000000388イスラエル ニュースサイト
ETtoday新聞雲 ttps://www.ettoday.net/0000000240台湾 新聞(合同サイト)
South China Morning Post ttps://www.scmp.com/1000100845香港 新聞中国資本に買収された
新華通信社 ttp://www.xinhuanet.com/0000000108中国 国営通信社
環球時報 ttp://www.globaltimes.cn/0000000193中国 人民日報系列英字紙
Integrated regional information network ttp://www.irinnews.org/0000000244国連機関 ニュースサイト

2018-10-12

[]

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20181011/k10011667871000.html

EoH-GS 軍国主義象徴をいまだに軍事組織で使い続ける方がよっぽど問題国内的にも。侵掠に抵抗した将軍の旗と同列に論じる意味がわからない。ていうか帥旗って今はともかく中国でも使うよねぇ。東アジアの汎用旗だよ。

Ayrtonism どのタイミングで降ろしたか記事からでは読み取れないなあ。大統領演説の間だけ掲げてたのだったら、微妙意味合いが変わってくる。

popoi 斯様な状況で,ホストゲストが同列に扱われる物か否か知らぬが。#韓国 政府側としては,日本には,何を抗議され様が,<それはあたらない>て言えば済むな。無論,#自民党 #安倍晋三 政権とその支持者には,何の異論も無い筈。

quick_past 韓国にとって旭日旗とはこういう意味になりかねないんですよ。って事では?ブコメにあるような仮想敵がとか、その受取り方でもう一度旭日旗を考え直したほうがいい。幼稚ではあるけどそれに対する反発が更に幼稚

kiku-chan これ、「韓国人がおかしい」みたいなこと言ってる人多いけど、ナショナリズム必要とする国民国家というシステムバグだと思う。韓国においては歴史的経緯からバグが強く出ている気が。日本にも勿論バグがある

tteraka 批判すべき行為が多々見られる国なのだ国際的に全く通用しない総花的で粗雑なヘイト言動を行う連中のおかげで個々の行為に対する具体的な非難効果が薄れてしまうのは本当腹立たしい この反日バカウヨどもが

byaa0001 スター集めてるブコメ批判的というより侮辱感情的コメばっかで建設的でない…

ss-vt そっちが旭日旗ならこっちはコレだ、というのを海自が参加したうえでやってりゃまだ格好はついたんだが。時代こそ違えど侵略象徴vs抵抗象徴で対になるので/参加国<ホスト国でそもそも対等でないという論理

echigoyanosobaya 300もブックマークついてるから何があったんやと思って開いたらよぉ、マジでしょーもない内容で草ァ!こんなしょーもない事柄がいちいち人気記事になるのもひとえにしょーもないアホな読者様のおかげなんやろなぁ。

shimoya-show 本当ならひどい話だが、NHK説明鵜呑みにしないように他のソースも見てみたい。幸い、韓国新聞日本語訳も公式に出しているからそれも待ちたい。/ちなみに他国からすればこんなことに興味はないのでは?

niwaradi 非友好的なメッセージを感じるけど、イギリストラファルガー海戦200周年記念(フランススペイン立場は?)で国際観艦式を開いたそうなので、ホスト国の多少の無礼は受け入れなければいけないのかもしれない。

senbuu 韓国ウヨもひどいようだ。日韓とも、ウヨには足を引っ張られる。

pif ん?別に矛盾してなくない?韓国は参加する他国に対して通達を出してるけど自国の振る舞いには制限かけてない。

agricola 帝国海軍旗よりよほど上等なので、事前に余計な旗を掲揚すんなとか言わなきゃパーフェクトだった。惜しいことをしたな。

yas-mal 正気NHK? 明確に「矛盾」と断言できる状況じゃないと思うが。(受閲艦艇と観閲艦艇の違いはあるよね。「舞台上の役者が、劇場ドレスコードを守ってないじゃないか!」て言う人がいたら馬鹿)

hosyu_ha 郷に入っては郷に従えが宇予くんモットーでは?



http://b.hatena.ne.jp/entry/b.hatena.ne.jp/entry/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20181011/k10011667871000.html

quick_past ブコメを見ても旭日旗問題は、日本が嫌いだからor日本に敵意があるからわざと噛み付いてるんだ。って思い込みたい、既成事実化させたい人たちが多いんだろうなと。

2018-10-11

anond:20181011083926

anond:20181011083926

バトラー議論がテキトーに数行に要約されそれが正しいかのように流通

それをベースフェミキチガイかーの大合唱になって酷い惨状だが

まともに理解し、考えたいという人がいれば、それに資するように新書の参考文献を挙げておきたい

仲正昌樹 現代思想の名著30 ちくま新書

著者は金沢大学法学部思想史先生思想論点整理、まとめがうまく

啓蒙書を一杯書いており思想哲学に興味がある人には著名と思う

何故この本をあげるかというと

まず、フェミガーで溜飲さげるアホが多いようなので

普通に現代思想として思想方面で取り扱われてる議論ですよというのを示すことと

あとバトラー理解するには、フランス現代思想構造主義ポスト構造主義理解必要だが

この本では先行してそれらが解説されたあとバトラー議論が紹介されるため議論理解がしやすいこと

電子書籍があること

その三点

ナチスと言う言葉自体蔑称なんですけどね

ドイツ国社会主義労働者党、あるいはDeutsche Nationalsozialistische Arbeiterpartei、DNSAPが正式名称

ナチスと言うのはイギリスフランス政治家ソ連の頭のおかし共産主義者勝手に名付けていた言葉

anond:20181011110948

じゃあ、君、中国国籍を取得すれば。

追記; 米国でも韓国でもフランスでもロシアでも良いよ。要点は日本国籍から離脱するということ。

追記追記; 上の追記ナチュラルレイシスト対策です。

2018-10-10

anond:20181010155311

フランスで失敗したわけやろ?

逃げるんちゃう?って懸念現実になったのでは?

[][]2018年10月9日火曜日の増減

サイト\日付2018-10-032018-10-042018-10-052018-10-062018-10-072018-10-082018-10-09合計説明
Nature ttps://www.nature.com/5141705800420113531558イギリス 科学学術
Science Magazine ttp://science.sciencemag.org/60110401503アメリカ 科学学術
Cell Press ttps://www.cell.com/01300102149アメリカ 生物学学術
Physical Review Letters ttps://journals.aps.org/0000000400アメリカ 物理学学術
Applied Physics Letters ttps://apl.aip.org/0000000231アメリカ 物理学学術
Wiley Online Library ttps://onlinelibrary.wiley.com00100203769アメリカ 科学学術
The Lancet ttps://www.thelancet.com/50000702266イギリス 医学学術
ScienceDirect ttps://www.sciencedirect.com/02211108666オランダ 学術誌、エルゼビア傘下
PLOS ttp://journals.plos.org/0101000914アメリカ オープンアクセス科学学術
arXiv ttps://arxiv.org/9133675425157アメリカ オープンアクセス科学学術
MDPI ttp://www.mdpi.com/0010000169スイス オープンアクセス学術
IEEE Spectrum ttps://spectrum.ieee.org/00611001734アメリカ 科学雑誌
Scientific American ttps://www.scientificamerican.00001011854アメリカ 科学雑誌
Popular Mechanics ttps://www.popularmechanics.co0000000434アメリカ 科学技術雑誌
Ars Technica ttps://arstechnica.com/150220412709アメリカ テクノロジーニュースサイト
Smithsonian.com ttps://www.smithsonianmag.com/0000000473アメリカ 歴史科学芸術雑誌
NewScientist ttps://www.newscientist.com/00000003974イギリス 科学雑誌
MIT Technology Review ttps://www.technologyreview.co00002013384アメリカ テクノロジーニュースサイト
Stanford SOCIAL INNOVATION Review ttps://ssir.org/000000027アメリカ 社会科学雑誌
EurekAlert! ttps://www.eurekalert.org/080500011699アメリカ 科学ニュースサイト
PHYS.ORG ttps://phys.org/01000011615イギリス 科学ニュースサイト
Science Daily ttps://www.sciencedaily.com/02000003150アメリカ 科学ニュースサイト
National Geographic ttps://news.nationalgeographic00000108543アメリカ 地理歴史科学雑誌
The National Interest ttp://nationalinterest.org/0000000286アメリカ 国際関係雑誌
Entrepreneur ttps://www.entrepreneur.com00000001374アメリカ 経営ニュースサイト
Harvard Business Review ttps://hbr.org/22211001933アメリカ 経営雑誌
treehugger ttps://www.treehugger.com/00000001306アメリカ 環境ニュースブログ
Quantamagazine ttps://www.quantamagazine.org/0000102295アメリカ オンライン科学雑誌
ESPN ttp://www.espn.com/0010000262アメリカ スポーツ放送局
WIRED ttps://www.wired.com/241101115067アメリカ テクノロジー文化雑誌
PC Magazine ttps://www.pcmag.com/0000000951アメリカ コンピュータ雑誌
The Verge ttps://www.theverge.com/121462571316970アメリカ テクノロジーニュースサイト
FiveThirtyEight ttps://fivethirtyeight.com/0000000537アメリカ ABC傘下のスポーツ政治ブログ
Defense News ttps://www.defensenews.com/0000000356アメリカ 軍事ニュースサイト
People ttps://people.com/0001000224アメリカ 芸能ニュース雑誌
Vogue ttps://www.vogue.com/0010000346アメリカ ファッション雑誌
billboard ttps://www.billboard.com/01000002367アメリカ 音楽雑誌
TED ttps://www.ted.com/6404211425539アメリカ カンファレンス
Colossal ttp://www.thisiscolossal.com/01001003727アメリカ 芸術文化ニュースブログ
Artsy ttps://www.artsy.net/000011001433アメリカ 芸術ニュースオークション
DP Review ttps://www.dpreview.com/00000101039イギリス/アメリカ 写真ニュースサイト
Gizmodo ttps://gizmodo.com/000000029069アメリカ テクノロジーニュースサイト
CNET ttps://www.cnet.com/10000422494アメリカ テクノロジーニュースサイト
ZDNet ttps://www.zdnet.com/21300004431アメリカ テクノロジーニュースサイトCNET傘下
TechCrunch ttps://techcrunch.com/21064331356492アメリカ テクノロジーニュースサイト
Phoronix ttps://www.phoronix.com/29153609327アメリカ ソフトウェアニュースサイト
LWN ttps://lwn.net/01200015116アメリカ ソフトウェアニュースサイト
Project Gutenberg ttps://www.gutenberg.org/00000001807アメリカ 電子図書館
Krebs on Security ttps://krebsonsecurity.com/0001110890アメリカ サイバーセキュリティブログ
Threatpost ttps://threatpost.com/53220042262アメリカ サイバーセキュリティニュースサイト
The Hacker News ttps://thehackernews.com/13200042096アメリカ サイバーセキュリティニュースサイト
Hacker News ttps://news.ycombinator.com/21202139026アメリカ ニュースアグリゲータ
Kickstarter ttps://www.kickstarter.com/185668313205アメリカ クラウドファンディング
Khan Academy ttps://www.khanacademy.org/00200001358アメリカ オンライン教育
iFixit ttps://www.ifixit.com/10111004501アメリカ 修理情報サイト
TripAdvisor ttps://www.tripadvisor.com/000020013095アメリカ 旅行情報サイト
Jane's 360 ttp://www.janes.com/0000000351イギリス 軍事ニュース雑誌
NME ttps://www.nme.com/00100003078イギリス 音楽雑誌
FACT ttp://www.factmag.com/00010012027イギリス 音楽ニュースサイト
World Nulcear News ttp://www.world-nuclear-news.o000000080イギリス 原子力ニュースサイト
The Register ttps://www.theregister.co.uk/13411136828イギリス テクノロジーニュースサイト
PinkNews ttps://www.pinknews.co.uk/0000000233イギリス LGBTニュースサイト
Marie Claire ttps://www.marieclaire.com/000000064フランス/イギリス ファッション雑誌
ELLE ttps://www.elle.com/1102308フランス ファッション雑誌
La Gazzetta dello Sport ttps://www.gazzetta.it/0000000256イタリア スポーツ新聞

2018-10-09

anond:20181008215814

metamix 英語論文なぞいらん日本語で事足りるって話はまあいいけど、理系なら学部生ですらやらされることを文系だと教授クラスでもやらなくていいんだーフーンみたいな感想

お互いの分野で必須タスクが違うだけだろ……英語以外の外国語を読まなくていい理系はずいぶん楽ですね,って言われたらどう思うよ? 私は修論書くにあたって複数ヨーロッパ言語読んだし,東洋史だと修士でも複数の現地語+複数ヨーロッパ言語を読むのが当然みたいな分野もあるけど,理系英語だけ読んでりゃいいんだっけ? ふーん.

kyuuzyuu9yen じゃあ文系論文妥当性はどうやって担保しているのかと。仲間内でも議論はしているのか?

dot 学術言語は一理あるとも思うけど、査読有りが理系ローカルルールという言説には面食らう。記述言語査読有り無しも最終的には学術論文としての品質をどう担保するのかというところに帰結すると思うんだ。

slimebeth この問題英語査読不要理系絶対と思うなみたいな捨て台詞をいろんな人が吐いてくのに「では代わりにどういう制度方法論で研究の質を担保してるのか」を未だに誰も一言も言わないの底知れぬ闇感すごい…

本当に疑問なんだけど,こういう主張するひとたちって「まあ最近文系査読重要になってきているし,若手は査読つき業績を増やしたがっているけれど,査読がつかないかダメとは限らない,ってだけの話.当たり前だけどダメダメ論文は後発の研究によってちゃん批判されるか鼻にもかけられず無視される」っていう箇所が読めてないの? 査読つき雑誌はある,査読つきの業績は重要であるしか査読がないからといってダメであることを意味しない,ってそんなに難しい話かね.

ていうかこういうひとたち,普段査読通った論文なら無批判に盲信してるんですか? 論文批判的・懐疑的に読まれ瑕疵があれば後発の研究によって批判されたり乗り越えられたり無視されたりするものだ……というのは文理を問わぬ学問常識だと思っていたのだが,「査読がないとどうやって研究の質を担保するの?」などと吐かす一部の理系はどうやら査読を通ってさえいればアッサリと先行研究を信じてしまうらしい.どっちが権威主義なんだか.

reuteri ペレルマン査読されてないが多くの人から批判的にチェックされるでしょ?そのチェックの有無が科学にとって重要で、「学界の権威が言っているから正しい」という世界科学ではないのですよ。日本語については同意

藁人形叩かれても困るんですよねぇ.

theta 日本には日本のXX学、米国には米国のXX学、印度には印度ののXX学があって相互互換性が無いのなら、それは普遍性のある学問なのかなという疑問がある。

こういうレベル説明から始めなきゃいけないの本当に馬鹿げてると思うんだけど,日本西欧研究なら西欧諸言語の先行研究は当然追いかけているし,英語圏の日本研究者は日本語の先行研究読んでますよ.ドイツ人ドイツ研究者と日本人のドイツ史学者は同じ学問従事していて,同じ問題意識を共有している.ただ,日本西洋史研究日本歴史学という別の文脈の中にも置かれていて,そちらから影響を受けて「日本西洋史研究独自の色を出すこともあるし,アメリカでは日本研究者と東南アジア研究者が共同プロジェクト独自問題意識を深めているかもしれない.そういう意味で各国の研究には多かれ少なかれその国の事情に根ざした独自性があるわけ.そして,時には「本国」以外での研究潮流が「本国」での研究に影響を及ぼすことだってある(たとえば前世紀末から今世紀初頭にかけてのアメリカソ連研究典型的かな).日本中国学はフランス台湾中国学と微妙に違っているかもしれないけれど,それでも同じ中国学なんだ.

kingate だとして。最先端は何処よ?学術研究論文最先端批評貰う必要があるんじゃねぇの?ローカル内容でも批評貰わんと正否は出ないでしょ、総論として。で、あの学者モドキはその総論に後ろ足で砂掛けたの。

分野によるとしか言いようがないし,別に最先端複数あってもいいんじゃないかと思わなくもないが.たとえば私が研究対象にしている地域については間違いなく英語でのショボい研究蓄積なんかよりも現地語での研究最先端だけど,私は現地での最先端研究フォローしているし,現地人の使っていない資料とかも使って彼らと勝負しているつもりでいるよ(現地人だからこそ盲点になってる資料みたいなのがあるんだよなぁ).

iyochoo 国内アカデミアを重視するか、世界アカデミアを重視するか。両方の言語で書いてくれると助かる人が多いです。

世界アカデミア」なんて幻想で,各国別のアカデミアが併存してるんだよなぁ.もちろんそれらの間に橋を架ける必要はあるけれど.

(……)恐らく査読文化のないという文系の分野では、被参照数によって論文の質を予測するというように思うのですが、被参照数というのは流行研究をしている事で他の研究者が参照しやす環境がないと伸びにくい物です。ニッチな分野の研究をしているが、優れた研究であるのに査読も行われず、誰も参照してないという論文があるとして、研究を行う者はその論文を如何にして見つけて評価するのでしょう?文系研究者は、研究を開始するまでに、かなり無駄調査時間必要とするのだろうなという事を想像しますね。(……)

anond:20181009154937

ぶっぶー.ぜーんぜん違います.ろくな知識もないひとがテキトー想像しても頓珍漢な答えに辿り着くだけなんですよねぇ.

そもそも査読はあるし重要だが,査読がなくても良い論文であれば評価対象たりうる,という話を少なくとも私はしていたわけで,それを「査読文化がない」と要約されても困惑するわけですが,まあ全ての論文査読を受けているわけではないという状況を「査読文化がない」と書いているのだろうと好意的解釈するとして.

当たり前ですが文系でも「レベルの高い査読誌」「査読はないがレベルの高い雑誌」「レベルの低い査読誌」「無査読紀要」ではチェックの優先順位論文の重みは違います.当たり前ですね? 査読はしていないけれど,その分野では定評がありよく読まれ雑誌,というもの存在し,たとえばそのへんの査読をつけた院生向け紀要とかよりも圧倒的に読まれる,というような状況がある中で,査読がないからといって無価値扱いするのは不当だ,という話を私はしていたわけです.

なので,ニッチだけど優れた研究をしている人は,よく読まれ媒体論文投稿すればよろしい.というか人文系研究対象って,研究水準の深化に伴ってどんどんニッチになっていく傾向があったりしますしー.

そもそも文系の多くでは被引用数を重視する文化はあまりありませーん.理由ひとつとして「正確な被引用数を測定するのが困難」というのが挙げられます.著書も業績になり得る上に各国が自国語で研究する世界において,外国語も含めた紙の本での被引用数なんて管理しきれないのでー.私も自分論文の被引用数なんて知りません.外国語で書いたやつは3ヶ国語くらいで引用されて,日本語のやつも紙の本に1回引用されたかな? でも他にも引用されてるかもしれないので,これは最低限の数字っすね.周りで被引用数なんて気にしてる人見たことないなぁ(私に指摘されて初めて自分論文他人の著書に引用されてることに気づいた先輩とかいたっけ).そもそも引用されてむっちゃdisられてても1回引用カウントするわけですよね? それ本当に論文の質の指標になるんですか?

(……)一方で世界社会学者は、インパクトファクターの高い査読付き国際学術誌に投稿している様ですね。アメリカだと、テニュアになるためには当たり前の様に要求される実績の一つですし、それが世界標準でしょう。(……)

それはアメリカ社会学者自国語で論文を書いているだけでは……?

というか,日本語圏の社会学者でも英文学術誌に投稿してる人はいますし,英文学術誌に投稿してる非英語圏の学者でも,それとは別に母国語論文書いてたりしますし.英語以外の言語での論文が載ってる社会学学術誌,探すとあちこちにありましたよー.

韓国語http://www.ksa21.or.kr/kjs/

中国語(簡体字)> http://sociology.cssn.cn/xskw/shxyj/

中国語(繁体字)> http://tsa.sinica.edu.tw/publish_01-1.php

ロシア語http://www.isras.ru/Sociologicalmagazine.html

フランス語> https://journals.openedition.org/sociologie/index.html

ポーランド語https://www.ceeol.com/search/journal-detail?id=240

リトアニア語> https://www.ceeol.com/search/journal-detail?id=1027

カタルーニャ語https://www.raco.cat/index.php/RevistaSociologia/index

ところで日本社会学会は和文雑誌の『社会学評論』以外にもちゃん英文学術誌持ってるんですよねー> https://onlinelibrary.wiley.com/journal/14756781

いやほんと,テキトー知識でよその学問分野に軽々しく口を出して,正しいこと言ってるならともかくめっちゃ的外れとか,生きてて恥ずかしくないんですかね?

death6coin “ぶっぶー.ぜーんぜん違います.ろくな知識もないひとがテキトー想像しても頓珍漢な答えに辿り着くだけなんですよねぇ.”攻撃的ですねぇ

理系研究事情査読制度を知りもせず「理系研究権威主義だ! 定説にとらわれて思考が硬直している!」とかわめく連中に,これまで理系のひとはどんな目線を向けてきたっけ? 冷ややかな目線を向けて嘲笑ってきたよね.もちろんそれはまったくもって正しいよ.理系事情を知りもしないのに思い込み的外れ批判をするのは愚かな行為であり嘲笑に値する.文系に向けて似たようなことをわめく連中にも同様の態度を取らせてもらうというだけ.

zu2 琉球歴史琉球語でかける日はいつか。文化侵略ってこういうものだよな

これは本当にそう.最近だと三元社なんかが琉球諸語・日本語対訳出版物を出していたりするけど,言語復興運動家の著書とか学術誌のコラムまりで,琉球諸語で書かれた学術論文は残念ながら見たことがない.琉球諸語は最近書記法の整備とか色々進んでいるから,今後はそういう方向に期待したいよね.もちろん琉球諸語で書かれた論文査読できるひとはそう多くないと思うけれど,査読なしで論文を発表することも許されているという文系事情積極的活用して中身のしっかりした琉球諸語論文を発表していくひとが出てきたらいいなと思う.

quick_past だったら方言で書いてもいいし、絶滅言語で書いても良いのでは。

それに対しては2つの論点から応答したい.1点目に,「日本語過去の豊かな蓄積を持ち,現在も多くの学術論文生産し続けている言語である」という前提条件を忘れてもらっては困るということ.日本について研究している学者日本語論文を書くわけで,この点が方言とは違う(大阪弁研究する者のほぼ全てが標準語論文を書いているし,山形弁で書かれたヨーロッパ史の高度な研究は現段階では存在しない).

第2に.もちろん書いていいです.少数民族独自民族として生き残っていこうとするには何らかの形で文章語を持つことが(必要ではないが)望ましく,実際にヨーロッパでは人口数万人の少数民族でも自分たちの言語で書かれた学術誌を持っている場合もある(もちろんその場合,当該言語や当該言語で書かれた文学,当該民族歴史といった限られたテーマについての論文を書くので精一杯だったりするのだが.ちなみにそういう少数民族学術誌に少数言語論文を載せてる日本研究者もいる).それに,言語方言とのあいだに本質的な違いはなく,たまたま政治権力を持ち規範が整備された言語変種が「言語」とされ,「言語」と見做されなかった地域的変種が「方言」と見做されているだけ,というのが社会言語学常識であり,実際に気仙沼方言方言ではなく独自の「ケセン語」だと主張して聖書翻訳したお医者さんなんかもいる.上で書いたように,宮古語日本語バイリンガルコラムを載せている学術誌もある(コラムまりで,論文ではないけど).なのでたとえば,鹿児島大学薩摩弁を公用語にした紀要出版されてもよいと思うし,もしその紀要に優れた論文が次々に掲載されたとしたら先行研究を読むために薩摩弁を学ぶひとも出てくるかもしれない.そしてそれは,悪いことでは決してない.

abll 「過小評価しすぎ」は重言。「過小評価している」か「軽く評価しすぎ」が正しい。

きゃーお恥ずかしい.ご指摘ありがとうございます.訂正しました.

anond:20181009183207

セクハラ日本の文化です」ではない

セクハラという概念が男→女の性的言動限定されているのはおかしい」と言っている

男には男の性があるので、 多 様 性 を理解して受け入れられる部分は受け入れるべき

外国人ねえ…フランスヌーディストビーチへ行って性的ものを見させられた!と憤慨して裁判を起こす頭のおかしい人になりたければどうぞご自由

[]Aライン

Aライン英語:A line)とは、フランスクリスチャン・ディオール1955年に発表したコレクションラインナップのひとつである

肩のあたりが小さく、肩から裾に向かって広くなっていくスタイルで、そのシルエットがアルファベット大文字のAを彷彿させるのが特徴である

このことからAラインは、洋服を着たときの外側のラインを表す言葉として用いられるようになった。

現代では、ワンピースドレス水着もAラインと称されている。

ワンピース水着ボトム部分にスカートが付いたもので、ショートパンツとセットになったものもある。

2018-10-08

anond:20181008223249

昔はフランスと言えば英米連中と張り合う独自主義(=自国求心力を与えたい愛国心)の強い国だったわけで、

そういう時代に産出されたフランス論文は当然必要であれば他国翻訳して参照してたんだよな

今はそういうコストを削減して相互連帯を強める時代からとりあえず主流な英語に集めているというわけだ

まり学術共通言語としては多様性尊重しながらも英語一強主義採用しているわけで、

中国語が本当にその場を奪うならまずはその英語一強主義を弱めなければならない

今生きている中国人研究者達がそのコストを払えるかどうか?

anond:20181008215814

何度も繰り返すけど,フランスでもドイツでもロシアでもスペインでも,そしてたぶん中国韓国でも,文系研究業績の大半は自国語だから

既にここで持論なのか事実なのか分からない書き方をしてる時点で、少なくともおまえがダメなのがはっきり分かる。

みんな日本語学術言語としての重要性を軽く評価しすぎ

この件.

https://togetter.com/li/1274544

査読論文持ってないひとが責められるのはまあわかる(査読なし論文でも優れた論文というのは有り得るし,そういうのも業績として認められるべきではあろうが,このご時世ではまあ査読論文は持っといた方がいいよな……).でも英語論文を持ってないことが責められる理由になるのは本当に理解できない.

何度も繰り返すけど,フランスでもドイツでもロシアでもスペインでも,そしてたぶん中国韓国でも,文系研究業績の大半は自国語だから

文系研究業績が自国語で積み上げられるのは,世界標準から

インドサハラ以南のアフリカ諸国のように長いこと西欧植民地になってたり言語の数が多すぎたりして大学教育英語でやっている国や,ツバルナウルみたいに小さすぎて自国語のアカデミアが成立しない国を除く.そういう国がうらやましいと言うならもう何も言えないけれど)

そりゃ英語論文を持ってたらすごいと思うよ.でも英語論文がないことが叩かれる理由になるのは本当に理解不能.

そもそも社会学には膨大な日本語研究蓄積がある.いくつもの査読誌があり,日本語査読を経た研究成果が積み上げられている.博論をもとにした出版も多く出ているし,入門書からから日本語で一通り揃うようになっている.

自国語で用が足りるんだから論文執筆言語自国語でいいだろ.繰り返すけど,それが世界標準です.

イギリスアメリカ学者英語で書き,フランス研究者がフランス語で投稿し,ドイツ博士ドイツ語で教授資格申請論文審査を受け,ロシア院生ロシア語で報告している中で,なんで日本教授日本語の業績しか持っていないのを責められなければならないのか皆目わからない.

これは社会学に限ったことじゃない.政治学だって歴史学だって文化人類学だって文学だってそうだ.だいたいどの分野でも有力な査読つき学術誌を持っているし,それらの雑誌日本語で書かれている.

そして日本語というのは,世界でも有数の学術言語だ.もちろん英語ほどの網羅性は持っていないかもしれないが,ドイツ語やロシア語ほどの重要性は持っていると思う.それは,先人たちが日本語で積み上げてきた研究業績の賜物だ.

世界でも有数の学術言語」というのもいろいろな尺度があると思うが,どれだけ広い分野で高度な研究を積み上げているか,というのをここでは述べたい.

もしこれを読んでいるあなたが,アフリカに興味を持って,アカデミックな本を読んでみたいと思ったとしよう.大学図書館で文化人類学の棚の前に立てば,数ダースの優れたアフリカ研究あなたの前に現れるだろう.その多くが,西欧学者と同じようにアフリカフィールドワークをし,日本語西欧語の先行研究を読みこなした上で書かれたものだ.

あるいは,ヨーロッパ歴史を知りたいと思ったとしよう.あなた造作もなく,フランスドイツイギリススペインロシアや,そしてチェコポーランドポルトガルボスニアについての研究書を見つけられるだろう.どれも現地語の史料や文献を消化した上で,日本歴史学の積み重ねてきた問題意識接続されている.

それとも,言語学に興味があるだろうか.心配はいらない.オセアニアの数百人しか話していない言語文法記述した本も,ヨーロッパ小国言語の音声を論じた本も,中東言語政策についての本も,あなたは探し出すことができる.政治学? 問題ない,EU制度アメリカ大統領選挙,韓国歴史認識ロシア愛国主義湾岸諸国君主制,どれも日本語最先端研究が読める.

こんなことは当たり前に思えるかもしれない.でもこれは決して当たり前のことじゃない.

とあるアジアの国に行ったとき書店に行ってみた.西洋史の棚に並んでいるのはどれもそのアジア言語で書かれた本だったが,著者はみな西欧人だった.それらはいずれも西欧から翻訳だったのだ.たまにそのアジアの国の著者が書いた本もあったが,イギリスとかフランスとかメジャーな国についての本ばかり.マイナーな国の歴史について扱った本を開いてみたら,参考文献はほとんど英語で,ちょこちょことドイツ語やフランス語が挟まる程度.要するにその本を書いた学者はそのマイナー国の言語を読めなかったのだ.日本には,そのマイナー言語を読める歴史学者が何人もいるのだが.

あるいは,ヨーロッパ小国書店.その国は小さいので国民の多くが英語を達者に話すのだが,本屋を覗くと,自国史や周辺諸国歴史についての本以外は英語の本がそのまま置かれていた.もしも遠いアジアの国に興味を持ってしまったら,その国の人は,自国語のペラペラ入門書の次は英語を読まなければならないのだ.日本語なら,遠いヨーロッパの国についても専門書が手に入るのだが.

たとえ外国語が読めないシロートだろうと,ある程度自国語で難しい本を読める力があれば,中世ヨーロッパアフリカ社会ラテンアメリカ先住民近世朝鮮史東南アジア政治についての最先端研究書が読める.そんな豊かなアカデミアを有している国,そんな潤沢な研究蓄積のある学術言語は,実はそんなに多くはない.

私の感覚だと,英語網羅性には劣るし,フランス語の豊かさには負ける気がしないでもないけれど,ドイツ語やロシア語並の水準に達してはいると思う.もちろん自国民ゆえのひいき目かもしれないし,カバーしている範囲微妙に違っている以上正確な判定は不可能なのだが.

カバーしている範囲が違う,というのはどういうことか.たとえば,上で英語網羅性に劣ると書いたが,英語よりも日本語のほうが研究蓄積の豊かな領域というものがある.当たり前だが,日本史については英語の文献よりも日本語の文献の方が圧倒的に豊富だし,日本史以外でも前近代中国史についてはまだまだ日本語の方が英語よりも網羅性が高いと思う.なので前近代中国史については,読者はともかく,歴史学者は中国語の他に日本語を読まなければいけない.その人がアメリカまれ英語ネイティブ白人であってもだ.ザマーミロ.

というか,実は文系分野に関しては英語網羅性は理系ほど高くない.そんなのは当たり前で,ロシア人はロシア史についてロシア語で書き,カタルーニャ人カタルーニャ言語政策についてカタルーニャ語で書き,チェコ人はチェコ文学についてチェコ語で書き,韓国人は韓国社会について韓国語で書いているのだから英語の文献を読むだけでそれら全ての情報が手に入るわけがなく,本格的に研究しようと思ったらそれらの言語で書かれた文献を読まなければ話にならない.日本事情について一番詳しく正確な研究が読めるのは,英語ではなくて日本語だ.

なので,上で挙げた主要な学術言語は,それぞれ積み重ねが豊富領域とそうでない領域がある.得手不得手というやつで,たとえばマグレブ西アフリカ地域研究ならフランス語で,東ヨーロッパ前近代研究ならドイツ語で,旧ソ連圏の研究ならロシア語で重要研究が蓄積されてきたので,江戸っ子だろうがロンドンっ子だろうが研究を志すのならそれらの言語を読まないといけない.中国近世史を専門にする者が日本語を読めなければいけないのと同じだ.これらの分野で英語で書かれた研究だけを読んで済ますことはできない.

この辺が,理系とは事情の違うところなのかもなぁと思う.理論物理学とか分子生物学とか再生医療とか深層学習とか,ほぼ全ての分野で英語さえ読めれば研究には用足りる(んだよね?).英語最先端研究のほぼ全てが流れ込み,あらゆる情報が蓄積される.しか文系では違う.英語には限られた情報しか流れ込まず,最先端研究の全てが英語提供されるわけではない.

なので文系では,英語理系ほど特権的地位を占めているわけではない.もちろん英語文献が読めるのは今や前提だし,重要な先行研究英語なら読んでいないと問題外だ.けれど,英語ではなく自国語の研究でも研究業績にカウントされるし,外国語での業績といっても英語に限られるわけではない.韓国語やトルコ語論文を書くほうが英語で書くよりも楽だ,と言う研究だっているし,日本語でも英語でもろくな業績がないがそのかわりロシア語で何本も論文を書いているという研究者もいる.

というわけで,文系研究者が英語論文を書いていなくとも,それが直ちに問題だとは思わない.査読論文にしても,そりゃゼロってのはちょっとどうなの,って思うけど,研究者が集まって作った本の一章として論文を発表するとか(いわゆる論集ってやつね),出版社が出してる研究者~教養人向けの雑誌に依頼を受けて研究成果を発表するとか(岩波書店の『思想』とか,青土社の『現代思想』みたいなやつね),査読されてないけど業績としてカウントされ得る論文の発表形態というのはいくつもあるので,査読論文以外にそれらも論文としてカウントしないとフェアじゃないと思う(ただ,私は査読がついていない媒体に出すのは怖いなと思ってしまうので,なるべく査読誌に出している).

別に理系のひとが査読つき英語論文のみを業績としてカウント和文論文勘定しないというローカルルールをお持ちなのは結構なのだが,そのローカルルール文系押し付けないでいただきたい.

私が危惧しているのは,上で書いたような日本語で積み上げられた先行研究が,日本人に真っ当に評価されていないことだ.

文化の豊かさというものを考えたときに,自国語で世界中の情報を知ることができるということが,どれだけ重要なことか.まして,日本コンテンツ産業が主要輸出品目のひとつだ.中世ヨーロッパアフリカ部族社会について日本語での研究が充実していることが,創作者が想像の翼を広げる上でどれだけ有利か.たとえば最近Cuvieという漫画家さんが『エルジェーベト』というオーストリアハンガリー舞台にした漫画を描いていたが,巻末の参考文献にはずらりと日本人が和文で書いた研究が並べられていた.

別に文化に限ったことではない.政治経済,そして人権についてもそうだ.ルワンダ虐殺スレブレニツァの虐殺について日本語で書かれた研究があるのとないのとで,どちらの方が日本人にとって国際情勢を理解やすくなるだろうか.外国で一旗揚げようと目論む商売人にとって,その地域専門家が書いた本や論文和文で手に入るのと入らないのとで,どちらが現地の文化や歴史理解する助けになるだろうか.欧米フェミニズムについて日本語研究を積み重ねる学者がいるのといないのとで,どちらが日本女性の権利の向上に資するだろうか.

すべての国が自国語でこれだけ充実したアカデミアを持てるわけではない.人口があまりに少ない国ではどうしたって物理的な限界があるし,人口が多くとも植民地支配の歴史が長く自国語の大学教育が充実していない国では歴史的遺産がその発展を阻む.

日本人は恵まれ研究蓄積にあまり無頓着なばかりか,その豊かさをみずから捨て去ろうとしている.それが私にはもったいなく思える.

英語は,世界の始まりから覇権言語だったわけではない.明治時代日本医師ドイツ語で論文を書き,外交官たちはフランス語で交渉していた.英語外交学術の分野で覇権を握ったのはせいぜい戦後のことで,それまではフランス語やドイツ語と同格の存在だった.今も文系ではprimus inter paresに過ぎない.ひょっとしたら将来,欧米物理学者たちが中国語で論文を書くことになるかもしれない(そのとき現在私たちが定冠詞や三単現のsに悩まされるように,欧米人が泣きながら漢字習得するのだろう.そう考えるとなんとも愉快な未来予想図だ).せいぜい百年単位覇権言語の移り変わりにあわせて,自国語の学術言語としての地位貶める必要はないと思う.それは私たち社会の豊かさを,長期的に損なうことなのだから

最後に.

どうせ和文論文しか持ってないやつの負け惜しみだろって思ったひとがいるかもしれないけど,和文論文だけじゃなく英語論文も書いたことあるし,英語以外の外国語での論文も持ってます.今それとは別の外国語での研究発表を準備中.私より多くの言語研究報告してきたひとにならともかく,たかが1言語か2言語しか論文書いてないガラパゴスの住人にだけは文句言われたくないですわ~~~~~~.

追記

英語論文が優れているとは言わんけど、査読なしの研究なんてゴミだし。

日本国内の、査読なし論文が実績になる分野の教授たちによって、査読された研究にも何らの価値も感じない。

anond:20181008221502

id:bocola 自分でも言ってるように査読しなの問題査読なしの論文なんて、読書感想文と変わらない程度の価値。やはり文系は無価値だと改めて思った。

arXivのない世界からやって来たのかな? グリゴリー・ペレルマンって聞いたことない? 査読なし論文が業績としてカウントされてるひとだけど.

事前の査読は,論文信頼性担保するための手続きひとつであって,それが欠けている「からダメ論文というわけでも無価値というわけでもない……というのはわかってくれるよね? 当たり前だけど論文価値は最終的には書かれている内容に依存するわけで,だからこそペレルマン査読なし論文であってもポアンカレ予想を解いたと認められたんだよね.

私も査読はないよりはあった方がいいと思うけど,査読がすべての論文につくわけではない分野のすべてをダメと論ずるのは不当すぎる.まあ最近文系査読重要になってきているし,若手は査読つき業績を増やしたがっているけれど,査読がつかないかダメとは限らない,ってだけの話.当たり前だけどダメダメ論文は後発の研究によってちゃん批判されるか鼻にもかけられず無視される.公募の際には論文を提出させたりするんだから査読なしダメ論文を量産していればそこで撥ねられるでしょ.理系ローカルルールで事前の査読必須なのはよくわかったけど,そのローカルルール文系敷衍されても困る.

id:zyzy まぁでもこの噛みつきは、もうすでに南京大虐殺の時に通った道だし、虐殺否定論者と同じ轍を踏み続けている以上、恐らくオタにこの説明が通ることはないんですよ。

私もオタクですが.

追記

続きは anond:20181009084352 anond:20181009213503 で.

中国と北いがいの国は核を戦争悪用しない

anond:20181007113602 

アメリカフランスインドパキスタンが核を悪用したことが一度でもあったか

北朝鮮中国以外の国は武力国際社会平和に保つ以外に核を使ったことはない

最近パリコレポリコレと誤解する馬鹿多すぎ

パリコレクション(仏: semaine de la mode à Paris, 英: Paris Fashion Week)は、年2回、フランスパリで開かれるファッションブランドの新作発表会(ファッション・ウィーク)である

anond:20181007223912

というか"海外では"って言葉であらゆる文化圏文化をごちゃごちゃに混ぜてるからめちゃくちゃになってる。

大雑把に分けても、英米大陸の独仏は性に関するカルチャー全然違うし。

よく、独仏で胸丸出しの本が飾ってあるのが話題になるけど。

それを海外ではこうなっている、といってイギリス文化だけを輸入しようとするとフランス文化を持ってこようとしてる人と衝突する。


そういう、ツギハギで対応してるから論旨がぐちゃぐちゃで体系だってない状態になってる。

2018-10-07

[][]2018年10月6日土曜日の増減

サイト\日付2018-09-302018-10-012018-10-022018-10-032018-10-042018-10-052018-10-06合計説明
Reuters ttps://www.reuters.com/article026303126733イギリス大通信社
AP ttps://apnews.com/0000021308アメリカ大通信社
AFP ttp://www.afp.com/0700000150フランス大通信社
UPI ttps://www.upi.com/0000000590アメリカ/韓国大通信社
TASS ttp://tass.com/000100084ロシア大通信社
Bloomberg ttps://www.bloomberg.com/04333491020076アメリカ 金融ニュース通信社
Wall Street Journal ttps://www.wsj.com/031123915779アメリカ 新聞
New York Times ttps://www.nytimes.com/5121322114365262アメリカ 新聞
The Washington Post ttps://www.washingtonpost.com/232200118428アメリカ 新聞
The New Yorker ttps://www.newyorker.com/00210004004アメリカ 新聞
USA Today ttps://www.usatoday.com/00300015095アメリカ/スイス 新聞
Los Angels Times ttp://www.latimes.com/00100005509アメリカ 新聞
The Hill ttp://thehill.com/0020100438アメリカ 政治新聞
Time ttp://time.com/00112135245アメリカ ニュース雑誌
Newsweek ttp://www.newsweek.com/00200002944アメリカ ニュース雑誌
The Atlantic ttps://www.theatlantic.com/21232107349アメリカ 総合雑誌
Fox News ttp://www.foxnews.com/10021003357アメリカ 放送局
CNBC ttps://www.cnbc.com/01131202154アメリカ 放送局
abc News ttps://abcnews.go.com/01120007806アメリカ 放送局
CNN ttps://edition.cnn.com/000110112773アメリカ 放送局
CNN Money ttps://money.cnn.com/02202003444アメリカ 経済ニュース放送局
npr ttps://www.npr.org/50321119007アメリカ 放送局
Yahoo! News ttps://www.yahoo.com/news/0010031704アメリカ ニュースサイト
Vice News ttps://news.vice.com/0000000598カナダ/アメリカ 放送局ニュースサイト
HuffPost ttps://www.huffingtonpost.com/100011110212アメリカ ニュースサイト
International Business Times ttp://www.ibtimes.com/0010000528アメリカ ニュースサイト
Business Insider ttp://www.businessinsider.com/100001023765アメリカ 経済ニュースサイト
Quartz ttps://qz.com/01252121900アメリカ ニュースサイトNewsPicks傘下へ
Vox ttps://www.vox.com/00000001702アメリカ ニュースサイト
Breitbart ttps://www.breitbart.com/0000000270アメリカ 政治ニュースサイト
POLITICO ttps://www.politico.com/00100001243アメリカ 政治ニュースサイト
The Daily Beast ttps://www.thedailybeast.com/00000102119アメリカ ニュースサイト
The Star ttps://www.thestar.com/0000000575カナダ 新聞
Financial Post ttps://business.financialpost.0000000101カナダ 新聞
O Estadao de Sao Paulo ttps://www.estadao.com.br/0000000231ブラジル 新聞
The Guardian ttps://www.theguardian.com/6319202418429366イギリス 新聞
The Telegraph ttps://www.telegraph.co.uk/104400114844イギリス 新聞
The Independent ttps://www.independent.co.uk/00201006593イギリス 新聞オンライン専業化
Daily Mail ttp://www.dailymail.co.uk/200031-220224イギリス 新聞
The Sun ttps://www.thesun.co.uk/01000012742イギリス 新聞
The Economist ttps://www.economist.com/013112221880イギリス 週刊新聞
Evening Standard. ttps://www.standard.co.uk/0000000189イギリス 地方夕刊紙
BBC.com News ttps://www.bbc.com/news/9401531924541878イギリス 放送局(日本語ページ除外)
BBC.co.uk News ttps://www.bbc.co.uk/0313-21142589イギリス 放送局
sky news ttps://news.sky.com/0000000727イギリス 放送局
Irish Times ttps://www.irishtimes.com/00000003185アイルランド 新聞
Le Figaro ttp://www.lefigaro.fr/0000000441フランス 新聞
Le Monde ttps://www.lemonde.fr/01000001339フランス 新聞
France24 ttp://www.france24.com/00000001211フランス 放送局
Deutsche Welle ttps://www.dw.com/0030000290ドイツ 放送局
Build ttps://www.bild.de/0000000463ドイツ 新聞
Spiegel ttp://www.spiegel.de/00001202773ドイツ 新聞
The Local de ttps://www.thelocal.de/0000000225スウェーデン ドイツニュースサイト
La Stampa ttp://www.lastampa.it/001100069イタリア 新聞
La Repubblica ttps://www.repubblica.it/0000000249イタリア 新聞
El Mundo ttp://www.elmundo.es/0000000955スペイン 新聞
Anadolu Agency ttps://www.aa.com.tr/000000078トルコ 国営通信社
Middle East Eye ttps://www.middleeasteye.net/0000000159イギリス ニュースサイト
Middle East Online ttps://www.middle-east-online.0000000495イギリス ニュースサイト
Al Jazeera ttps://www.aljazeera.com/00001106237カタール 放送局
ParsToday ttp://parstoday.com/20000001626イラン 放送局、元イランラジオ
NDTV ttps://www.ndtv.com/0000000232インド 放送局
The Hindu ttps://www.thehindu.com/0000000470インド 新聞
The Times of India ttps://timesofindia.indiatimes0000000958インド 新聞
DAWN ttps://www.dawn.com/0000000141パキスタン 新聞
ABC ttp://www.abc.net.au/00000004354オーストラリア 放送局
NZ Herald ttps://www.nzherald.co.nz/1000000540ニュージーランド 新聞
Bangkok Post ttps://www.bangkokpost.com/0020000803タイ 新聞
Channel NewsAsia ttps://www.channelnewsasia.com00101001836シンガポール 放送局
Jakarta Post ttp://www.thejakartapost.com/0000010355インドネシア 新聞
RT ttps://www.rt.com/000-1000716ロシア 放送局
Sputnik ttps://sputniknews.com/0000000274ロシア 通信社、元ロシアの声
HAARETZ ttps://www.haaretz.com/00110003073イスラエル 新聞
The Times of Israel ttps://www.timesofisrael.com/0000000388イスラエル ニュースサイト
ETtoday新聞雲 ttps://www.ettoday.net/0000000240台湾 新聞(合同サイト)
South China Morning Post ttps://www.scmp.com/1000011843香港 新聞中国資本に買収された
新華通信社 ttp://www.xinhuanet.com/0101000108中国 国営通信社
環球時報 ttp://www.globaltimes.cn/0000000193中国 人民日報系列英字紙
Integrated regional information network ttp://www.irinnews.org/0000000244国連機関 ニュースサイト

2018-10-06

サイコパス乞食親の末路が棄老

anond:20181006070800

サイコパス乞食親(anond:20181005101717)やそれに同調を示す連中は、本当にどうにもならない

しかも設定では稼いでいる設定だろ?
大手正社員時短勤務も長期の産休も育休も取れるのだが?加えて公務員なら最大で3年取れるし

もっというと言うと中小でも、リモートワークや育休制度を設けているところはあるし、何も無くとも雇用保険でも、1歳までは育児休業給付金がでるし(最大で18ヶ月は延長可能)

保育園に預けた後が大変なんだよ!でも良いけど(実際、就学前の子は直ぐに熱出すし、保育園へ預ければ解決!とはいかない)、

自分社会的コストを払い適切な環境を得ようとはせず、無料もっと寄越せ!!!!という民主主義資本主義利他精神敵対的なヤツは感謝はせず、暴言と威嚇をしま

うちも共働きだけど殺気でも放ってるのかそういう嫌味を言う馬鹿に会わずに済んでるわ

育児は「する」もんじゃねえぞ「状態」なんだぞ仕事でしてる奴に言われたくねえわって笑って流しとこう。

よく知りもしない家庭に高尚なご意見を授けるなんてイイヒトダナー死ね とおもいました

「うっせーだまれ。人の家のことに口出しすんな。お前がこの子教育費出して育ててくれんのか。」案件

欧米だと無料自分社会コストも払わないでも勝手に国が用意してくれるのにーって人は

Googleで working parents balance で検索されたらよろしいのではないでしょうか?

Ask your network of friends and family for references to nannies, babysitters, and daycare centers. とか出てきませんか?

フランスでも avez-vous trouvé votre nounou pour garder vos enfants à la rentrée ? とか出て来ませんか?

先進国における子ども幸福度』なるモノの1位であるオランダですら、保育園(デイケア)の1時間あたりの費用は、もうすぐ€8,02 ですよっていう
10万も費用を払う日本おかしいのではなかったのでしょうか?

なお誰もがこの額(今は€7,45)を余裕で払えるわけではなく、じゃあどうするのか?って言うと夫婦が平日休みを取って子どもの面倒をみます
そりゃ自分らが望んで作った子なのだから当たり前やろ?っていう話ですよね※1

で、問題サイコパス乞食の子らが大きくなったあとです

自分家族のことを丸投げすることが当然で他者を威嚇しろで育った連中が、
よしんば稼げるように成長したとして、果たして親の面倒を見るでしょうか?

まぁ見るわきゃねぇんですよね、今度は、看護婦介護士暴言を吐くだけです

例えば、病院の療養病床なんて年金目当ての子どもらばかりだし、
親の容態が急変して、処置をする必要がある際(老人は処置骨折したりすることがある)、
子に連絡を取った看護師に対して言い放つ言葉
『そんなことでいちいち連絡するな。私は忙しい』

有料老人ホームでも同じ傾向
金も時間もそこそこ余裕があるはずなのに顔を出さない者が多数派
親元に顔出すだけマシかなーと眺めていると
『早く死んでくれないかな』施設内で親に向かって言ってたりする
もちろん、こういうヤツが職員暴言を吐かないわけがなく

ニート問題就労困難者の問題 や 授業妨害DQN/一部の犯罪者問題 や 棄老 はすべて陸続きの問題ですよ、マジで




ーーー

※1 . しかし、日本2019年から保育費全面無償化なのよね〜、乞食さん大勝利
常識的に考えて、大学全面無償化が先だろ
一応、2020年から始まるけど対象世帯年収380万未満まで
養護施設の子障害者低賃金シンパパ・シンママのご家庭はこの世帯年収は仕方なしとしても、それ以外のご家庭は働く気がないご家庭しか対象にならない
成績チェックするから大丈夫とかそう言う問題ではないと思うのよね、乞食はどこまで言っても要求しかしないので、対象を広げ税の不公平感を無くすべき

2018-10-05

日本人なのにフランスパン知識がない人

多すぎないか

俺は幼い頃から親父に、

フランス語でのもとの単語BAGUETTE

カタカナにすると「バゲット」で「バケット」じゃないぞ

カッコつけようとして間違うとか、恥ずかしい」

とよく言われて育ってきた。

俺はそのことになんの疑問も持ってこなかったし、日本人だし当然のことだと思ってる。

ちなみに生まれも育ちもフランスではないしヨーロッパでもない。

休日によくパン屋へ連れて行ってもらい、アンやカレークリームメロンチョコなど、パン屋の隅々まで案内して教えてもらった。

もし親父に教わってこなかったとしても、当然日本人として自分からバゲット勉強はしていただろう。

今はバケツ屋に就職したが、同僚にバゲットのことを全然知らない人が多くて驚愕した。

学生時代友達とそんな話をしたことがなかったから気付かなかったが、これが現状とは。

有名なあんパンくらいしか知らず、食パン名前創作パンの名すら言えない者もいた。

たまたま職場の人が教養のない者ばかりだったのだと信じたいが。

この記事を見て胸に刺さった人。

バケツ知識なんか後回しでいいんだよ。

日本人として恥ずかしくないよう、バゲットのことをよく勉強しなさい。


anond:20181005010830

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん