「愚痴」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 愚痴とは

2019-01-24

anond:20190124113313

また愚痴に来い。私もなんとか生きる。

2019-01-23

anond:20190123173402

>「腐女子ってこうだよね」は「お前の周りがそうなだけだろ!」になるんじゃねーの

その通りですね だから腐女子カーストに「仮にお前が実在するとしてお前のまわりがそうなだけだろ」と言いつつ私が「腐女子ってこうだよね」って言っているのは矛盾してます

>お前こそ腐女子代表面してんなよ!!!!!

ごめんなさい

ここから関係のない駄文です

この記事腐女子から反論が来るのは正しいです

そしてこの記事を書いた人はネット利用者の一人であり腐女子カーストのように商業ラインに乗った作品ではないというのは重要な部分です

良くも悪くも個人がわめいてるだけなら個人がわめいてるだけと認識してもらいやす

けれど商業作品でやられると影響力が段違いで外野からすれば原作者がわめいてるだけとは認識してもらいにくい

それがイライラむかむかして長文で愚痴りました

仕事愚痴

今の会社に勤めて4年目なのだが、どうも上司と合わない。

(ちなみに中小企業である)

事務仕事をしているのだが、新卒入社した時はパート事務員さんがいた。ただ、入社3ヶ月後にパート事務員さんが辞めてしまい、事務員が私だけになった。

そこから直属の上司社長になったのだが、それ以降会社に行くのが憂鬱で仕方ない。

社長は、報告しろよ!とか、聞きに来いよ!

と言う割には、声かけに行くと無視とか返事がなかったりとか、突き放されたりするのよね。(当たり前?)

だんだん嫌になってしまい、仕事だとわかっているが殻にこもりつつある。

はぶかれてる!って思ったのは、ある日の朝、会議の予定全くなかったのに、トイレに行ってフロアに戻ったら誰もいなくて、会議室のぞいたらいつのまにか社員全体で会議が行われてた時があった。さすがにその時は泣いた。

(自分トイレ行った時に社長社員皆に声掛けてたみたい)

まぁ、能力のない事務員だからこんなもんなのよね。

愚痴る機会がないので愚痴りました!ごめんちゃい

明日も頑張って仕事してきます

anond:20190123105550

わざわざ元増田文体で書いてるのだから、君がそう感じたのであれば本懐というものだよ。

だが〜だった。のように逆説の接続詞を多用することも同様。

はっきり言うと彼の文章力については、まだまだ荒削りで改善余地がある。それでも数多の作家の中から0.01%以下の確率で選ばれた才能であることは間違いないのさ。

デビューして間がなく最初の壁に当たって、方向を見失っている。ありがちな愚痴ってのが個人的な印象かな。

短気は損気だ。好きなことで飯が食えることに感謝して気長に頑張って欲しいものだ。

anond:20190123204014

私もちょっと前まで死にたかった。鬱だったと思う。

フェイク有りでもいいし、良かったらまた日記書いて愚痴ってな。

本当の腐女子あるあるを考えてみた

ツイートほとんどしないものの、TLのツイートほぼ全部にいいねを押すbotのような腐女子がいる。実はそういう人が情報通で、誰も持っていない画像ときどきTLに投稿する。

CP雑食系腐女子はどんなCPもどんなシチュエーションも受け入れるガチの雑食腐女子と、一見雑食だがCPシチュエーションに並々ならぬこだわりを持つ厳しい腐女子がいる。

データをまとめるのが得意な腐女子がいて、そういう人が作った推しCPの年表が界隈全ての腐女子スマホに保存されていたりする。

推し20年前から推している人が、ここ数年で推しにハマった人に大昔の公式イベントでの出来事を語って聞かせる会がTLで開催される。

・そこに横から情報腐女子がやってきて、「その件が載っている当時のファンクラブ会報です」と画像をそっと差し出して去っていく。

腐女子であることを隠した表のアカウントを持っている人がいて、その人たちは時折「表のアカウントで変な人に絡まれた…」と腐女子アカウント愚痴をこぼす

マイナーCP腐女子のTLに、マイナーCPよりマイナーな超マイナーCPを掛け持ちしている人がいて、ときどき「超マイナーCPが欲しい…」と呟く。誕生日になるとみんなで超マイナーCPを描いてあげる。

自分より20歳以上年上の先輩腐女子仕事や家庭の話をしていると、将来の自分の姿が見れた気がして安心する。

データをまとめるのが得意なデータ腐女子公式についていつも冷静かつ客観的評論をする。ときにはかなり厳しい意見も言うので「好きじゃなくなったのかな?」と思うけど、その次のツイートで「長年作ってきた推しコレクションが完成した!」と人が変わったように嬉しそうにしているので、この人の批判は好きな気持ちの裏返しなのだと納得する。

絵描き腐女子同士の「あのソフトが良かったよ」という話し合いに、意味もわかってないけどなんとなく横からいいねを送る物書き腐女子

・今まで界隈で唯一の文書きだったか調子に乗っていたものの、突然参入してきた新入り腐女子の麗文に打ちのめされる腐女子(私)

愚痴です。ただの愚痴

私の化粧品を見て「私は美容お金かけたいって思わないな~」ってわざわざ言ってくる女がいる。

の子は基礎化粧品ベースコスメプチプラのものを使ってて「安くていいよ」って勧めてくれるんだけど、

いやそのアドバイス(?)別にいらねーわ。

合う合わないは人それぞれだしもちろん安いもので十分きれいになる肌質の人もいると思う。

安いのが悪って話じゃなくて、肌汚いくせに安いもので十分補えてるって思ってるその子精神に腹が立ってる。

声を大にして言いたい。お前絶対その化粧品肌に合ってないから。ニキビニキビ跡で顔ボコボコだし化粧崩れもやばいから

あと産毛剃れ。鼻の下以外にも毛は生えるんだよ。

そのくせ"私はオタクなのにちゃんと身なりにも気をつかってます"っていうスタンスいるから余計腹が立つ。

身なりに気を使ってんなら安さで選ぶ前に肌質にあったものを選べマジで

お前の汚い顔面を見ながら飯食う私の気持ち考えたことあるか?

ニベアの青缶勧められたときビオレのおうちでエステ勧められたときも、いやお前クソオブクソ肌のくせによく人にもの勧められんなって言いたかった。我慢した。

自分の肌質を理解しないでネット情報だけで買ったものオススメしてくる気持ちがわかんない。

それで肌トラブル改善されてるならまだしもどこも変わってないじゃん。

てか割とマジでニキビやばいから皮膚科行ったほうがいいんじゃん?知らんけど。

愚痴終わり。

anond:20190120190757

全員の愚痴に常に自意識過剰被害妄想と常に書き込めば皆が自粛する社会にできる

100人で常にそれを書き込めばきっとそうできる

バクソ畑でつかまえて

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1901/22/news119.html

ライターの人が、この記事に対して反応があったことを個人ツイッター愚痴ってたけど、そもそもこの連載がテーマからしヘイトを集めることで炎上的なPVを稼ぐことが目的なんだから、そこは割り切るというか飲み込みなさいよ。

なんで自分被害者だみたいな文句言ってんの。見苦しい。

(これまでの他のゲームでも同じことがあったのかは追えてないけど。)

2019-01-22

40代~50代に対する若者から意見ダメ出しクレームの類

例えば「パソコンITエクセルが使えないおっさん像」というのは

20年前にも同じようなこと言ってた気がするんだが世代交代してる

はずなのにこのおっさん像はなぜずっと昔から同じままなのか…。

今の40代50代は20年前に今の若者と同じようにおっさんへのクレーム愚痴

吐いてたんじゃないのかそれともおっさんとは何かの感染病なのか

anond:20190120190757

多分ほぼ同い年です。高校入学時はみんなメアド交換したけど卒業時はだれもメールなんか使ってなかった。

以下そんなこと分かってるよってなるだろう文が続きます徹夜明けなのでぐちゃぐちゃ。

文章の中で共感できないと挙げられているもの全てに共感できる人がいるならまあそれはネット上では生きるの楽しそうだが、そんな人はほとんどいないと思うし、いたとしても会社員としては生きづらいと思う。

10人中1人しか共感しない「マイナー」な話をリアル10人に話しても1人しか共感してくれないが、ネットだとちょっと頑張れば1000人に見せられるし100人共感者を得られる。だいたいの人は共感できないが反応する気にもなれないことはスルーするので、見渡すとそのトピックについて語ってるのは共感者だけになる。これが「騒がれ」ている状態だと思う。Twitterやってるか分からないけどフォロワー1000超えの人だって大多数のツイートいいねは2桁いかない。みんなスルーしているのだ。

共感できなくて反感は呼ぶ投稿は話が別で、これはスルーできない人が増えて「炎上」する。つまりネット上では炎上しない限り多数派か少数派かは騒ぎにそこまで影響しない。

で、大多数の人間は、1人しか共感してくれない話は話す気になれないが、100人共感してくれれば話す気になるものだと思う。そしてSNSなら頑張れば閲覧者1000人集められる。この点で、「共感されにくくてなかなか言えなかった愚痴」は、「マイナーすぎて周りに語れる人がいなかった趣味」と並んでSNS向きである。要するに少数派でも共感者の頭数を集められるので、語りやすくなるのである。たとえ社会全体でみれば依然として少数派だとしても。

昔は好きなもの(嫌いなもの)が似たり寄ったりだったというのは本当だろうか。これは実際に生きていないのでまあ分からないのだが、似たり寄ったりでなかったから今のSNSはこうなっているのではないかと私は思う。本当に似たり寄ったりだったなら、「自分たちは主流と違っている(から良い、ので生きづらい)」という言説がいくつも日常的に騒がれたりしない。実在はしていたが誰も語る気になれなかった少数派意見が、SNSによって見える化されていただけである。そして、少数派意見を述べる人は他のトピックでは多数派に属している可能性がある。その逆もしかである分布に偏りはあるだろうけど、すべてにおいて多数派意見だったりすべてにおいて少数派意見だったりする人はおそらくほとんどいない。

まり多数派とか少数派とかにこだわってたら疲れるだけだと思う。騒ぎになるかどうかに必要なのは共感者/閲覧者の比のうち、分子の方だけだからだ。

そして、多数派陣営に属するか少数派陣営に属するかはトピックごとに変わってしまうからだ。トピック限定せずに「マジョリティー」「マイノリティー」と言っても、そこに実態はない。あるいは定義ぶれる。それを気にしても、社会変革でも目指してない限りネット上では益がない。

から、好きにしていいのだと思う。

ここから自己投影なので最悪なのだが、あなたは、自分の好きなものに対するマイナス発言を見ることでダメージを受けているのではないですか。私がそうです。というか私はもっと極端で、たとえ自分の嫌いなものに対するマイナス発言だろうと目に入れば精神的にダメージを受ける。ネットのいいところは、思った以上に住み分けがなされていて、嫌なことを目にする確率を下げる手段リアルよりずっと多く備わっていることだと私は思う。つまり比較簡単に「界隈」を選べるということである。私は残念ながらリアルではマイナス発言を聞かずにすむ界隈(どうも実在はするっぽい)に属すのに失敗したのでリアルでは勝手に苦しんでいるが、ネットではそこまでマイナス発言のない界隈に属せたので、あとは「嫌い」をミューワードにしたり、騒がれやすアカウントブロックしまくったりしてわりと快適な環境を構築している。趣味日常生活、恋愛?などトピックごとにアカウント分けると更に気楽。それと、どのSNSネットサービスを利用するかでも、意外なほど住み分けがされている。もしあなたはてなで苦しくても、togetterや5chやヤフコメでなら苦しくないかもしれない。

自分が何に苦しんでいるか、苦しみを減らすには逃げるのか立ち向かうのかそれ以外か整理して、それに沿った適切な界隈に身を置けば、なんとかなると思います。あとミュートとかブロックとか使う。社会は多様だけど、共感者がいないと疲れちゃう人が多いから、意見ごとに住み分けがされていると思われ、これはつまり適した界隈に所属すれば嫌なものを目にする機会は激減するということです。だから多様性多様性と言われてる一方で分断分断と言われる。全体を見れば多様な色がある世界でも、青だけ集まりがちな界隈に行けば視界を真っ青にすることができます。このようにして気楽な思いをしつつ、多様な色が存在しているということを忘れず、人を人として気遣っていれば、そう他人迷惑をかけることもないと思うし、個人社会に対してすべきことなんて、その程度だろうと私は思っています

サラリーマン川柳って仕事テーマ作品ばっかりだと思ってたんだけど嫁の愚痴多すぎわろた

なお僕はフェミニストとかではないでが

かなしいね

腐女子カースト底辺同士のマウント合戦~」のこと 1

1.はじめに

(前のエントリを削除して分割します。ご了承ください)

私は漫画を描きます

BLではないですが、好きな作品ファンアート二次創作)も描きます

友人には腐女子の方も、そうでない女オタクの方も居ます腐男子も男オタクも居ます。どちらの性別にも属さない方も。即売会にもほそぼそとスペース参加しております

今回において「腐女子カースト底辺同士のマウント合戦~(COMIC維新りあら)」という漫画作品脅迫的な批判をするつもりはありません。法律条例抵触するかどうかを語りはしません。ただ少し倫理的に問うことは一つ二つあります

また、各配信サイト無料試し読みで設定された話数が、出版責任者が「つかみ」と判断した範囲とみなし、その中で感じた所感だけにとどめることを事前に断っておきます

匿名場所にこうして文書を上げるのも、私自身の「顔」や「作品」や交友関係などのプライベートを見たがる人達に対する、防衛だと了承していただければ幸いです。いかなる名品名作であっても、つつけば必ず「粗」が見つかり賛否がわかれる物だと私は考えております。私は自分作品を愛していますが、悪意をいちいち気にしてしまう繊細さも自覚しておりますし、大事な友人達迷惑はかけられません。

なのでこの文書は、ある漫画書きの、ごく個人的感想として見て頂ければと思います

誰にでもわかるようにと書いた結果長くなってしまいましたが、よろしければお付き合いください。

=====

2.前提として物語作法戦略について知り得ること

まず私は、自由創造性、表現というもの尊重したい人です。

同時に読者は面白くないと思ったもの面白くない、酷いと思えるものを酷い、ノットフォーミー(自分向けではない)な作品はそうだと言える自由も有ってほしいと思います。彼らの感想もまた創造性を持つ表現行為からです。

そして作品流行することによって起こる「意見封殺」と文化の断絶は、人々の自由に害を与え、文化を停滞させるものであるため、避けるべきだと思っています

この文章は、それが起こってほしくないがために出す私の意見なのです。

以下の諸々の前提について、あなた再確認する必要がないと思ったなら3.まで飛ばしてください。


今やWEBでの作品公開は、電子化された過去の名作や現代の人気作と同じ土俵で戦うことになるため、無料公開しても「時間電池もったいない」と思われては不利です。戦略的に失敗に陥りやすいです。時事ネタについても個人の公開速度には叶いません。

ただただ露悪的な本はただただ露悪的で、熱心ではない、無駄お金を出したくないライト層だけに消費されて消えていきます私自身がそれを好んで読み、染まっていた時期が長らくあったために、それらの寿命が如何に短いのかをよく知っております

外側に居ても内側に居ても不明瞭です。

その文化の多様さや精神性、変容の歴史を、長く迫害を受け分化してきた巨大宗教のようなものだと今の私は捉えております

そうした点と、物語を見る目が肥えていることも含めて、漫画で描くには「気を付けるべき題材」であると考えています

 

今回の作品腐女子カースト」にはエッセイというジャンルが振り当てられています

もしも仮にあなたが「作品ジャンルが実録エッセイなら、ヤマ・オチ意味のない物語でも成立するのだ」と考えているのであれば、それは読者への甘え、ひいては全てのエッセイ作家への侮辱となることでしょう。

そのように考えて行動した時のリスクを、自身のために想像しなくてはいけません。

エッセイとは自らを省みる内観であり、自らの魅力でもって読者を個人的生活に惹き込むものです。『私小説』『ドキュメンタリー』『ノンフィクション』に連なる伝統的なジャンルです。

そこに登場人物を増やすのであれば、名前を出さな通りすがりの人であっても、存在しない架空人物であっても、最大限に配慮しなければなりません。

エッセイ漫画は「画力が伴わずとも描ける」としばしば思われていますが、それ以外の部分での構成力と魅力を問われるものなのです。

エッセイからと言って、醜い本音を受け入れてもらえると思ってはいけません。空費させてはいけません。

エッセイからこそ『第一話』の初対面で『印象良く』見えるように、深く考えなければ、思った通りに読んでもらえないのです。

それは化粧にも似ています。化粧に作法手順があるように、漫画第一話にも作法があるのです。

 

現実とずれた部分、主人公の欠落した部分、作者個人主観があるなら、それもまた、納得を得て面白くするために、最初のフックの時点で、注意深く描写するべきなのです。

共感できる相手だけを狙って描くのも間違いではありませんが、共感できない者でも楽しめる工夫、そして+αで得る物が無ければ、買って読むまでもない孤独見世物的な内容になってしまます結果的に長続きはしません。

誰もが作品アップロードできる現代では、心の底から叫びを見つめ続けた尖った『自主制作作品』が作者本人の手によってすぐに届けられるのです。それと競争することを考えても、エッセイますます難しいジャンルになっています

 

足すべき部分は足し、引くべき部分は引かなければなりません。本当に面白漫画はたったの1コマでも、読者を満足させるのです。

技巧や経験とは必ずしも正比例しません。作家が描くべき時に描いた時に輝くのです。

面白くないと感じながら、面白くないと言われながら描くのはとてもつらいことです。それは作家がするべき我慢ではありません。感覚麻痺してしまます

最初から捨てるつもりの名義だったとしても、それを描いたという傷は全人類記憶喪失でもしないかぎり一生描いた本人に残ります

本当に面白作品で、届くべき人の所に届けば、口コミで売れていくという強みが電子書籍にはあります

そのためには、読者の目を甘く見てはいけませんし、読者の声を額面通りに受け取らないように注意すべきです。

作品作家自由であるためには、正しい戦略を立てなければ、生き残ることは難しいのです。


3.率直なる感想は『想像力の狭さ』

作品内の第一話、即売会イベントへ向かう電車内で、ノーメイク女性二人連れに主人公が心の中でツッコむシーンがあります

この時の主人公の思慮の浅さは、エッセイ漫画としても致命的ではないでしょうか。

表情や服装から即売会という目的地を同じにしていると確信しているからこそ、ノーメイク女性を「同志だ」と確信して、その気を抜いた姿と能天気な様子に、イベントへ向けて気合いを入れて来た主人公は憤慨しているのかもしれません。

しかし、続くコマはただただ妄想の中で、相手が言いそうな言葉言い訳だと否定し、持論を展開するだけで、相手のことを考えていません。

取材力想像力ともに範囲が充分でありません。狭いのです。自分の中で完結してしまっています

たとえば化粧を禁止されている、お小遣いギリギリ学生かも知れない。

遠征電車高速バスが遅延して時間がなかったのかもしれない。

身バレ可能性があり、恥を忍んで素顔に近い顔で来たのかもしれない。

経済的に苦しくて、自分に合う化粧品ファッション出会えずにいるかもしれない。

家庭事情経済事情もさまざまです。また、障害を持つ場合もあります

化粧をしない理由はそれぞれです。

それぞれが努力によって対策可能だったとしても、皆がそれを完璧にこなせる訳ではありません。

私が考え過ぎで、素顔で出歩くことに特に理由がない人もいるでしょう。普段から化粧をする必要がない仕事に就いているのかもしれない。それを「ろくでもない仕事」だと考えることは職業差別です。

しかしたら彼女達は「ノーメイクで行く」という行動と、互いの美醜を互いにイジらないという暗黙の了解によって、目に見えない友情を確かめあっているのかもしれません。私はそれを尊いと感じます。決して馬鹿にはできません。その感情に、外見も性別関係ありません。

素顔で出歩く女性を、腐女子というだけで見下してしまうのであれば、もしも、彼女達が会場前の駅に降りず、手前で降りたなら、あるいは過ぎ去ったならどう感じたでしょうか?

腐女子について話すためにここまで考えなければならない理由がわかるでしょうか?

「格好がバラバラ集団がいたら高確率腐女子」という有名なネット上の言説があります。これはオタバレの指摘でありながら、腐女子文化を捉えることができる好ましい例なのです。

化粧やお洒落のものが大好きで趣味とする女性は居ます。それと同じくらい、化粧とお洒落をしない、できない女性は決して珍しくありません。この二者は普段生活では交わらない存在です。それでありながら、ただ「腐女子」「オタク」「アマチュア作家であるというだけで、同じものが好きというだけで、SNS作品を通して同志となり話し合えるのです。

本当に「腐女子カースト」は存在するのでしょうか。色眼鏡をずらして、少し観察すればわかることです。実際に腐女子の集まりを見て、外見の美しい人にそうでない人が付き従ってるように見えましたか

なぜ、かような形で消化してしまったのでしょうか? なんのフォローもなく、嘲笑して終わってしまったのでしょうか?

私は想像力が狭いまま物を作り続ける人間に対して「そのままでは続けられないよ」と教える以上のことはできません。

想像力を鍛えるには『違う価値観』と対話インプットしなくてはなりません。他人との会話でもいいです。怖いなら文学でも好きな漫画でも、アニメドラマ映画音楽。なんでもいいです。時間がある時に良質だと思う作品に、幾度も視点を変えて触れてみてください。でなければ、他人を知ることが出来ず、それゆえに自分を正しく見つめることも出来ず、自分だけの世界に閉じこもってしまます

インプットをしないまま作品を描けば、描くほどに、ただ自らが傷つき続けることになるからです。

4.最低限の礼儀って、何ですか?

また作者は最低限の身嗜みを礼儀と捉えているようですが、その最低限ライン上記理由で人それぞれだと想像できなければなりません。好みの服装もそれぞれ、地域文化仕事もそれぞれです。

主人公が綺麗でかわいいと感じた『神』の多くも、自分や買いに来た人の姿を気にしていません。コスプレイヤーだってキャラに入っていない時の自分の姿は出来れば注目されたくないのです。懸命に作って共感を求めた作品ではなく、日常の延長で作った「最低限の礼儀」の姿を褒められても、彼女達は嬉しくありません。そこがそういう場だからです。

腐女子オタクが「恥ずかしい趣味だ」という感覚最近では少なくなってきています

オタク向けのイベントに行くなら、張り切ってグッズを身に纏って「オタクの姿」をすべきだと判断する人もきっといるでしょう。それもやはりその人なりの身嗜みなのです。

またイベント外なら、服装の奇抜さだけでオタクかどうかを判断する材料にはなりません。ゴス原宿系等、日ごろから周りに迎合しない、自分自身を出したお洒落を好む人々が存在します。似合うか似合わないか他人判断基準で彼らは服を選びません。オタク文化と重なる部分も多いですが、その文化オタクと一括りにするのは、私は違うと思っています

そもそも即売会は『交流』のためのものです。街の本屋さんとは違います。売り手と買い手の信頼で構成された、本来技術の見本市なのです。この辺りは運営委員会ガイドラインなどにも書いてある範囲でしょう。

会場において相手の姿を気にする時間はありません。イベント会場はまさしく「戦場」なのです。時には顔すらも覚えておりません(これまで自分のスペースに来てくれてる方、すみません)人気壁サークルでなくとも、友人に頼んで売り子を立てる作家さんも居られます

時間が限られているのに、車の試乗会で車を見に来たのに、同時にディーラーの外見をいちいち品定めしてチェックしますか?

自社のために技術を持つ小さな会社契約したあとで、社長ブログに自慢が書いてあっただけで「そういえばあの社長不細工だったな、嫁さんも不細工だろう」などと、いちいち思うのですか?

それらを書いた冊子を、彼らの職種を冠したタイトルで売ったらどうなるでしょうか。

まさにそれこそ、礼儀を欠いた行動ではないでしょうか。

表現自由の下であっても、不快になった当事者には怒る権利があります

ここまでの説明によって第一話のあの一連の流れが如何に的の外れた低俗な「笑い」であるか、理解できたでしょうか。

ありとあらゆる多様な価値基準無視して、己が良しとするものだけに迎合する。そこを頂点に据えて妄想の中でカースト構成する。

腐女子を冠して発表するには、あまりにも浅く、無防備なのです。

5.悪意の扱いについて

そして、何分の一か、ほんの一部だけ、この作品主人公のように他人を品定めししま人間も、腐女子は間口が広いがゆえに存在しているのです。

主人公と同じ悪意を秘めた女性達は、この作品を読めば共感するでしょう。

ひっそりと楽しんでいた人もいたのかもしれません。

しかし、この「腐女子カースト底辺同士のマウント合戦~」はつい最近無料公開分がツイッター投稿されました。現在アカウントごと消滅しております

範囲の誰もが評論できる場所に出してしまえば、本を共有してしまえば、彼女達の罪悪感を無理矢理抉り出すだけの結果になってしまます

安易な形で発表し、コントロール不可能批判を浴びたことによって、彼女達は愛想笑いを続けて、怒れる友人と一緒になって作品を叩かなければいけません。作中で一般人擬態する主人公のように、怒れる腐女子としてその社会の中で信頼を維持しなければなりません。腐女子という世界の中にカースト存在しなくても、社会存在しています愚痴垢や捨て垢で陰口を叩いて共感しあうのとは全く違います

そうして作品を叩くうちに作者を、版元を本当に憎悪していくか、あるいは交友関係を切って何もかも忘れてしまうというような極端な行動しか取れなくなります

彼女達をますます孤独にしてしまったのです。

作品は、発表の仕方まで気を使わなくてはいけません。これもまた貴重な顧客を失う『失敗』なのです。

この主人公のように、見た印象だけで人を判断して遠ざけて来た記憶が、私にもあります作家デビューした相手嫉妬したこともありました。自分と交わらない人間人生を、いかに踏みにじってきたのか。それを考えるたびに私は後悔と反省を繰り返しています

つづきます。(https://anond.hatelabo.jp/20190122052653

2019-01-21

anond:20190121175522

この手の話題になると、売れないのに万引きは多くて儲からないのに

取次との付き合いで嫌々置いている、と言うコンビニ経営者愚痴が必ず出て来るんだが

本当に万引き損害を超えるほどに売れている店舗ってどの程度あるんだろう?

医学部女子差別医学生が考える

現役医大生が、2018年話題になった「私立医大 得点差別問題」を考えてみようと思います

東京医大、志望者めちゃくちゃ減ったらしいですね。むしろまだ志望者がいることに驚いてますけど。

まず医療界の男女差別について

私はまだ実習にあまり行っていないので断言は出来ませんが、まあ、そりゃ女が弱い世界ですよここは。

先輩の女医さんが「なんで医師免許頑張ってとったのに、女だから結婚たからって辞めさせられなきゃいけなかったんだろう。」って愚痴ってましたしね。

普通に講義中に教授女子差別発言しますしね。老害かよ。

女子の方が平均から言えば優秀だと思います。真面目にやってる人が多いから。でも私みたいに底辺ギリギリ低空飛行の女もいるよ。不真面目でも大丈夫から女子高校生がんばって医学部来てくれ、一緒に女子差別妖怪を倒していこう。

女子差別はまじでクソ。色々語りたいけど語ったら1日語っちゃうから黙るけど、本当にクソ。女だって人間からな?当たり前だけど。

下駄履いて医学部に受かった男、本当に無理。もう一回ちゃんと受け直してって思う。

でも「不正入試で受かったか男性医師には診てもらいたくない」という意見には反対する。

流石に医師国家試験まで女の点数下げられてることは無いと思うんだよ。(もし差別があるなら、もう海外医学部を再受験するわ。)

大学に入ったのは不正だったかも知れんが、そこから努力まで否定して「男性医師は嫌、ダメ」というのはまた違う。

大学に入ったとき学力と、医師国家試験にうかるための学力ジャンルが違うからな。

それを踏まえた上で「不正入試合格したこと反省したり申し訳ないと思っていない男性医師は嫌」と言うのは別に反対しない。それはそうですよね。

まあ、誰が不正で受かった医師なのかなんて分からないんですけど。

何が言いたいんかわからなくなってきたけど、

医学部点数操作はクソ。男女差別してたことが明らかになった私大医学部USMLE認定外されればいい。そして志望者が減ればいい。女の医者需要は間違いなくあるんだから、男も女も平等仕事させろ。頼むから

②かと言って男性医師はクソという短絡的な意見賛同できない。まあそれなりに国家試験のために頑張ったと思うよ、皆と同じように。大学に入るための成績と、大学での成績と、医師としての素養別にして考えるべきやで。

あと、浪人生差別されてましたけど、浪人生が点数減らされることは皆知ってたよね…?とは思いました。ちゃん公式資料に「我が医学部女子浪人生(三浪以上)の点数を下げます」とか書いておけばいいのに。そしたら皆受けないのに。

あとあと、高認から医学部うけてる人も差別されたという話を聞いたのですが、それは本当にクソオブクソですね。「きちんと高校行ってストレート大学に来る男子しか認めません!!」ってすごい認識ですね、すごいわ(棒読み)

anond:20190114224938

自分も同じような状況だったので便乗して愚痴ってみる。

運営が下手くそなのは今に始まったことじゃないけど

この1年くらいはコンテンツ界隈が殺伐としていて見るに堪えなかった。

エムステアニメ以降もうすっかり心が折れてしまい、

界隈の繋がりからそっと離れていって今に至るっていう感じ。

アイドルたちが好きなことに変わりはないけど、

納得してお金を出せるようなジャンルでなくなってしまったのが辛い。

幸い今は楽しく過ごせる別の場所のんびりやってます

元増田もどうか無理されませんように。

すごい久しぶりにここでSideMについて検索してみたけど

最近愚痴増田数すら減ってていよいよコンテンツやばい?と思ってしまった。

バツイチは言うと気を遣われてしまうのか?

先日久しぶりに高校時代の友人や先輩たちと会った。私はあまり高校時代の仲間との集まりに顔を出していなかったので、唯一年賀状をやり取りしていた友人だけが私が一度結婚してその後実家に戻った(その後引っ越し一人暮らし)のを知っていた。

今は離婚歴があるからつべこべ言われるご時世じゃないし、知人・友人にバツイチ結構いたので私はあまり気にしていなかった。むしろ当時の夫が古くさい考えの持ち主だったので、あのまま結婚生活を続けていたら発狂したんじゃないかと思うレベル

が、既婚者率が高く、かつ私の近況をあまり知らない人が多い場に行くと、「お子さんは?」と聞かれ、「結婚したけど別れちゃったんですよね…。」とか正直に答えると相手が気まずそうな顔をする。子どもを産みたくない、家事育児自分時間お金を奪われたくなかったというのが離婚理由なんだけど、結婚して子どもがいるのが当たり前の人には理解不能なんだろうか?

自分職場が、給料も昇進も男女平等な代わりに独身のまま40代~50代に突入してしまう人も多いところなので、なおさらそのリアクションにびっくりした。その集まりの中でずっと旧姓のままの人もそれなりにいたし、そういう人たちはそれなりにお仲間と楽しく旅行に行ったりしているようなのでそれはそれで良いじゃないかと思っていた。

どっちかというと自分コミュ障友達が少なく、気楽に食事や遊びに誘う相手がいないことの方が問題だと思っていた。結婚していてダンナの稼ぎで食べていても、何かと気に入らないことが多く、愚痴りながらも別れられない人を羨ましいとは思えない。

独身だろうが既婚だろうが自分の置かれた環境に満足して生きていけるのが一番幸せだと思うんだけど違うの?

anond:20190121094106

いや結構居るぞ。パワースポット御朱印だって女性発だし

大体、ちょっと愚痴ると「傍から見てもヤバイよ。なんか付いてるよ~お祓い行ったほうが良いよ~私、ココ行った~」からのマイ神社レビュー

体調不良も病は気からでお祓い行かせようとするし、そこは医者と休養だろう。そのうち悪魔憑きでも探しそう

2019-01-20

anond:20190120131627

アホか?

「絵を描いてて交流してて基本楽しいけどその中で少し嫌なことがあった人」だけがここに愚痴を書きにくる。

全てが嫌なわけではなくて、愚痴るほどのめんどくささを楽しさが上回っている人間けがあれを書ける。

選ばれしコミュ強たちの戯れ日記だろあんなの


交流めんどい・楽しくないと思ったら速攻止めるわ。

ていうか実際やめたわ。

交流とか苦痛しかなかった。よくみんなあんな気の使い方出来るなと思う。

そうやって交流やめると愚痴も生まれなくなる。

ここにわざわざ書くこともない。

そういう人間は外から見えないので、この世に存在していないことになる。


あい増田生存バイアスみたいなもんがかかっている

あれが世界(女向け絵描き界隈)の全てだと思うな

喋り過ぎたくないから喋りたい

久々に人と会って話す機会があったんだけど自分の話ばかりずるずるしてしまった感じが否めなくてあとから恥ずかしくなってる

性格とか人格自己中さクソさもあると思うんだけど人と話す機会が少ないのも大いにあると思うんだ

パートのおばさんとかがパートしか喋る相手がいないからおしゃべりになってしまいがちみたいな感じというか

他の交友・人間関係が色々あれば仕事場所では静かに仕事趣味の話は趣味友達と、家庭の愚痴井戸端バカ話は地元でつるんでた仲間とかそういうすみわけも出来たり

適度に喋りたい欲を発散できていればいらないこと喋り過ぎなくて済むしもっとうまく相手の話聞けると思うんだ

思い返すとなんだか自分の話ばっかりしてしまって相手の話聞こうとしても結局自分の話にもってっちゃう感じで本当にダメ死にたい

自分聞き手に回れる数少ない相手の一人が最近恋バナばっかしてくる友人なんだけど

恋愛してないときサバサバというかガハハ系?でお互いにバカ話とかネットの与太とか趣味仕事の話とかするような関係

でも恋愛してるときだけは恋愛トーク一色になるのはそればっかり考えちゃってそればっかり話したいんだと思うし

勝手自分だけ積もる話があるような錯覚みたいな状態を解消しないといけない

相手にも積もる話があったのかもしれないのにな

声を出す機会がなさすぎて一人カラオケには時々行くようにしているんだけど、それでは解消できていない感じ

まれてくる時代を間違えた

 二十代前半、物心ついたときからインターネットというものはあった気がする。スマホ高校生くらいか流行り始めた。

 メールよりLINEの方が主流になって、インターネット特別じゃ無くなって、いつでもどこでも誰とでも繋がれる現代疲れた。大体のことはすぐ調べられる時代疲れた

 どうみても格好良くない声優イケメンだと持て囃されたり、どうみても可愛くないサブカル系アイドルが可愛すぎると騒がれたり。

 その一方で、自分が好きなTV番組時代に合っていないなどとSNS酷評されまとめられたり。

 1つも共感出来ない「こんな嫌なやつにあった私可哀想でしょ?悪いのは全部相手!私は迷惑かけてない!」なんていう投稿に信じられないくらいの反響がついたり。

 私にはきっと、TV国民スターを生み出して、好きなものがみんな似たりよったりだった時代の方があっていたんだと思う。

 私にはきっと、SNSなんかなくて、価値観が狭かった方があっていたんだと思う。

 私の感性は、もう現代には合わないんだと思う。

 現代には、あまり感受性が高い人が多すぎる気がしてしまう。

 傷つけられた、ということをあまりに深く受け止めすぎな気がする。生きていれば傷はつく。SNS被害者ぶってる人だって言葉にならないだけで、表に出ないだけで、人を傷つけたことは絶対にあるはずなのに、自分が傷つけられたとたんそれを言語化して拡散して。

 結局、媒体に関わらずうまく言葉にできる人だけが痛みを表明できるような時代になってしまったように感じる。

 今までの常識はもう通じない。少しのボタンの掛け違いで相手に少しでも傷つけてしまったら、全世界に向けて私がまるで悪の根源のように描写されて。それになぐさめのことばがいっぱいついて。

 時代が違えば私は完全にマジョリティーだった気がするんだけどな。

 今はマイノリティーを大切にする時代から。ただ自分感性に基づいて生きているだけなのに、ちょっとでも傷つけてしまったらマジョリティーの奴にこんなこと言われた可哀相なマイノリティーっていうストーリーにされちゃうもんな。

 何が言いたいかからなくなってしまった。

 多様性なんて叫ばないで。もっと単純な世の中に生まれたかった。

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

追記です。

気になったコメントについて。

異端気取りww

→この誤読が一番多くてちょっときつい。文章力の無さといわれたらそれまでですが。

から見た現代異端(というよりは特別)な人が多い気がして、それに馴染めなくてつらいな、ということを書いたつもりでした。

今は「個性が何よりも大切」っていうのが認識として大きい気がします。価値観も以前とは比べ物にならないくらい色々なものが見えるようになったと思います。もちろん、これらをメリットと感じる人も多いと思いますが、私にとっては進むべき方向が分からなくて少し疲れを感じてしまいました。

自分多数派にいたように思っていたしそうありたかったのに、気が付いたら自分は少数派で、かといって何かを突き詰めて好きなわけでもやっているわけでもなくて、ただ何も出来ない、多様性も認められない時代遅れの社会不適合者に近づいている、あるいはなっているように感じ、焦りや恐怖を感じ、時代が違ったらもっと生きやすかったのかな?と思って書いていました。

ネットやめろ

→本当にその通りだと思います。でもやめられない。麻薬みたいだなと思います麻薬使ったことないけど。

お前も感受性高い

→本当にその通りだと思います自分もだし、周りにも多いなって感じています

見えてないだけで昔からあった思想見える化しただけ

→その「見える化」が無かった時代だったら、もう少し自分は楽だったのかな?と思った文章でした。見えなかったら、それは無いのと同じことだと感じます現代は、余りにも可視化されすぎて、情報の取捨選択が苦手な私は時代に合っていないのではないかと思っています

昔を美化しすぎ

あくまインターネット自分が向いてないという話です。時代が少し違ったらインターネットは無かったんだよな、いっそない時代の方がこの観点ではよかったのではないかと考えただけです。

 全体としては私も現代の方が良いとは思います。きれいだし、便利だし。

どの時代でも無理だよ

→よくこの文章だけでそこまで人格断定できるな。

そうかもしれないけど、とりあえずインターネット無かったら無かったような悩みもたくさんあったよなーっていうただの愚痴です。

anond:20190120180247

そんな愚痴をわざわざ見に来てぐだぐだ文句たれる増田

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん