「愚痴」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 愚痴とは

2022-05-26

anond:20220526232708

でも増田社会つくってないよね

40代のいい年で社会を担うはずの層が子供世代相手愚痴偏見のおしつけしてるのみっともないよ

相手がいない」w空から降ってくるとでもおもってたんだろうか

anond:20220526231858

お前、部下の教育下手だろ。

愚痴なら付きやってやるぜぇ( ´,_ノ` )y━・~~~~

上司プレッシャーかけられてしんどい時ほど、部下が自分の言うこと聞いてくれないと、胃がキリキリするよな。分かる。

こうやって、ウンウンうなづいてりゃ、女にとっては「理解してる人」だもんな。

女を理解するのはとってもカンタンwww

転職できない。もう疲れた

コロナになって非正規仕事しながら就活をしている。かれこれ90社くらい落ちている。もう疲れた。吐き出させてほしい。

スペックと背景、今やっていること

40代の女だ。

これまではほぼ正社員だったが、リストラ家族引越しなんかの理由も含め、転職回数は多いほう。今は「辛うじて収入ゼロではない状態であり、薄給貯金を食いつぶしてどうにか生きている。当然リミットはある。最近持病で入院したりもして、空白期間である始末だ。今後の医療費も稼がないとならない。

ハロワも行って担当さんについて貰って定期相談している。応募書類見直して貰った。転職サイトも複数登録した。そこから求人メルマガにも目を通している。隙あらば普通に検索して求人を探している。友人知人にも仕事探していると伝えている。

エージェント派遣会社登録したけど無理そうなので放置。年齢が高い、経歴が多いと歯牙にも掛けられないからだ。

公的氷河期支援正社員経験者だと受けられなかったりする。氷河期対象公務員試験は受けたが、自分のような無能が上位極少数の上澄みになど残れるはずがなかった。

今のスキルだけではどうにもならないので、別分野の勉強もしている。ただし習得には年単位がかかる。学んだところで高齢業界経験者が出来上がるだけかもしれない。面接では「向上心があるのは結構なことですが…」などと皮肉を言われたりする。よく言われる「意欲があれば年齢なんて」など、ただの美談に過ぎない。現実はこんなものだ。キャリア一貫性とやらから見ると邪道なのだろう。が、スキルひとつでは現に食い詰めているのだ。

企業の反応

やれる仕事はなくはないが、生活出来る給与水準仕事につけない。食べていけなければ現状と同じなので、こなせるだけではダメなのだ。歓迎されるのは、今までのスキルを安い労働力として使いたい企業だけ。「この分野には投資してないんで」とか「複数職種正社員募集ですがあなたの応募したこ職種だけはまず非正規です。正社員登用制度はありますよ(ただし条件無理ゲー)」とかさ。未経験は応募しても全く通らない。年齢だろうな。

悩み

あと何をすれば世間に認めて貰えるのだろう。何をしなかったら良いのだろう。わからいか自分ダメなのだろう。

生きてるだけで年齢と職歴という罪状が積み上がっていく。自分は悪いことをしたんだろうか。どうして他の人は生きられるのだろうか。その差は何だったのか。考えても答えはない。疲れた

更に生きているだけで損失も膨らむ。新卒時に入った生命保険の死亡保険金、この先自分が生きても同額稼げる気がしない。「死んだ方がマシとはこのことか」と絶望している。いっそ病で死んでいればこの苦しみも家族への迷惑もなかったのではないか。なぜ治療してしまったのだろうと後悔することがある。

ほんと消えてなくなってしまいたくなるが、そんな勇気もないから生きている。

メンタルは病んでいるのかもしれない。「しばらく休んだら」だと? 現状が改善されない限り治らない。もう休息や空白は作れない。これ以上不利になりたくない。金もない。

もう友人知人に愚痴も言えない。ずっと同じこと言い尽くしているから。「悩み過ぎじゃねえの」とかウザがられている。知ったこっちゃないよな、そうだよな。

誰にも言えない。だからここで言わせてほしい。つらいんだ。疲れたんだ。どうにもならないんだ。

https://anond.hatelabo.jp/20220523202058

上手くやってる訳があるか!!

親の死に脅える実家暮らしのこどおばか、ギリギリ過ぎる収入非正規なのでネット愚痴る余裕もないかのどっちかだよ

ツイッター男女論界隈ってマジでキモいな!!

愚痴憎悪撒き散らす場所からキモくて当たり前だけどね!!

彼氏愚痴

会えば必ず盛ってきて、ちゃっかりセックスまでするくせにあの頃から病んでたなんて都合が良すぎる

旦那フェイクメン呼ばわりされた

先日旦那から

「今度から外に娘を遊びに連れて行くには、三人の時だけにして欲しい。二人で出るのは出来るだけ避けたい」と申し出を受けた。


何でも少し前に、20ちょっとかかるけど歩いて行ける距離にある義実家へ娘を連れてでかけた所を

たまたま会社の同僚の女性たちに目撃されたらしく、彼女らに「フェイクメンなんですねw」とからかわれたらしい。


フェイクメンって何?って思ったけど、フェイクメンとは

『人前でチヤホヤされる為に人前でだけイクメンを気取っている夫』をそう呼ぶらしい。


旦那家事育児もきっちりやってくれるし、勿論仕事ちゃんとこなしている。

元々私はダラで、出産後の体調不良で結局フルタイムには復帰出来なかったしで

旦那には非常に助けられているし、フェイクメンとは程遠いと思うんだけど

以前にも色々と旦那的に心折れる事があって、今回が止めとなってしまったっぽい……


旦那家事を今までの割合より更に増やすから娘の件はお願いするね、と言ったが、とりあえず外出の件については同意した。


以前にも、ショッピングモールで私の買い物があるから見ていてねとお願いして

小一時間程して待ち合わせ場所に戻ったら、警備員に取り囲まれていたり(他のお客に通報されたらしい)

小学校の通学路が交通量多いので出勤時の旦那に送って貰っていたら、父兄から先生経由でクレームがあったり

PTAに二人で参加したら後で暗に旦那さんの出席はご遠慮願いたいとクレーム受けたり

別に何を言った訳では無いが、男が参加しているのを威圧的に思う人がいるからという)

公園に娘と二人で遊びに行かせたら、恐らく近所の人に怪しいと通報されたり……と、色々あった。


旦那と娘は私からしたら似ているけど他人が見てもすぐにはわからないだろうし、このご時世だし

男親だから警戒されるのはしょうがいね、とは旦那も言っていたんだけど、さすがに疲れちゃったみたい。


ママ友とかネットの知人とかの家事育児もロクにしない旦那愚痴とか聞いていると

SR旦那引けた!よっしゃ!って内心思ってたんだけど、夫の育児を一々腐す様な風潮のせいで

やる気無くしちゃってる旦那を見ていると正直つらいし、他人の事なんか気にするな!とも思いつつ

まあ周りからぶつくさ言われたらそりゃやる気無くなるよねー…とも思ったりもする

だって専業主婦気取りの寄生虫wとか言われたら、普通に不愉快だしやる気も失せる。


くだらない造語流行らせてまで、いちいち他人の家庭を腐す世間の風潮がめんどくさー!ってなる……(-_-;)

理解ある彼君が現れる性に産まれたかった

自分現在技術系の派遣として働いている。

もちろん派遣先によって差はあるけど、良くも悪くもお客様扱いだから

正社員人達からは良くして貰える事が多いし、派遣同士でいがみ合う事もあまり無い。(もちろん無くは無い)

今の派遣先だと、このご時世だからかほぼ在宅勤務も出来ている。

給料ボーナス等は当然無いけど、毎月50万程度、ひとり暮らしだと特に困らない程度には貰えている。


正社員として新卒からそれぞれ3年、2年と2社務めたが、両方とも今考えなくてもブラックだった。

パワハラモラハラセクハラアルハラは当たり前の様にあり、

残業代もロクに出ず、ボーナスも謎の理由カットされたりされた。交通費が満額出ないのは当然だった。

2社目を退職した時点ですっっかり働くのが嫌になり、半年ほど療養した後、

とりあえず派遣で働き始めたが、これが意外と快適だった。


良くも悪くもお客様扱いだからか、ハラスメントなんかも基本無いし、仕事内容もきちんと評価して貰える。

業務内容もある程度決まってるから、いきなり営業職でも無いのに営業行け、

営業で売上や成果を出せずに怒鳴られる、当然元の仕事普通にノルマとしてある、という事も無い。


派遣リハビリしつつ2、3年程働き、自信を取り戻して再び転職活動して正社員に戻ったが、そこがまたブラックだった。

痛い目みた経験から会社選びや雇用契約は慎重にしていた筈なんだけど、それでも


給料は基本給25万円程度からスタート

→嘘でした、実際は残業代含みで22万ぐらいかスタート


残業代は満額支給

→嘘でした、含み残業代も何故かカットされて実際の給料20万切っていた


交通費は全額支給住宅手当もあり

→嘘でした、後出しで色々条件があって、幾つかの項目に該当しないか全然支給してくれなかた


経験優遇、未経験者でも先輩社員マンツーマンフォロー

→嘘でした、いきなり会社独自ツール仕事させられて、使い方聞いても無視スルーかキレられるし、

業務自体経験者だから経験者なのに使えないなぁ!」と更にパワハラされた


・転勤は基本的に無い

→嘘でした、試用期間の3ヶ月が終わると通勤2時間ぐらいかかる現場に転勤させられ、もちろん交通費も全額は出なかった


などと、嘘嘘嘘ばっかりで、1年持たずに退職して、結局派遣に逆戻りになった。



多分自分正社員運みたいなのが無いんだろうなって感じていて、

このまま派遣でゆるく働いていきたいんだけど

もう年齢も30過ぎだし、結婚とかの問題が出てきてたまに凄く辛くなる。


この歳になると、交際から結婚するかしないかの話とか出てくるし、

そうなると派遣で働いているという点がネックになってくる。

実際前の彼女とも、そこが問題となって、

彼女の親、そして彼女自身からも難色を示されて終わった。

このまま一生独り身なのかな……と思うと、無性に寂しくなるけど

じゃあ結婚の為にと再び正社員に戻れる自信は無い。


もし自分女性なら、結婚相手正社員で、自分派遣でゆるく働いて

いけたのかもなって愚痴りたくなるけど

逆の立場なら相手派遣だと不安になるのは当然だと思うし、自分結婚できない

弱者男性として死んでいくのは当たり前で、どうにもならない事を羨んでも仕方無いけど

それでも女性に生まれてたらなって、たまに思ってしまう。


昨日、買い出しに行ったコンビニで、同年代っぽい子連れ家族を見かけてしまい、切なくなった。

苦しくて、眠れない。

発達障害では無かったけど、理解ある彼君が現れる性に産まれたかった。

お前らさぁ、身の程知らずって怖くね?

なんかフィクション?らしいよ

 世は情報化社会である。嘗て分割され知る事のなかった世間垣間見ルサンチマンの増殖する気色の悪い社会である解脱より他に道はない

 

 この気味の悪い隊列のひとパーツを成していた。いや、現在に至るまでもほとほと嫌気がさしたのみで飲み込まれたままとも言える。私は世間若者と同じく何者かになりたい、正確に言えば既に「何者」かであると思い込もうとしていた。確かに将来に対する希望を持っていた、自分の力で切り拓ける何かがあると信じ、曖昧なまま先へ進もうとした。

 

 小学生であった。H学園では中学入試過去問すら解けず足切りの点数を宣言されて立ち上がったままの知人を「そういった」カテゴライズを内々に行い、性欲よりも先に歪な承認欲求を覚えた。もとより学校人間推して知るべしと言ったところである

 

 中学生となった。勿論合格した。Twitterを覚えた。これだと思った。学問という何やらクールな物に興味を抱き大学という何やらクールな物の範囲を進める人間へ憧れを抱いた。お受験を終えてお受験へと走り出す医学部志望のサイボーグは命の重みを考えたことが無く、心から見下していた。

 

 高校生に上がった。全国大会へ進んだ。AクラスだのSAクラスだの音声を発しているサイボーグ達が霞んで見えた。学校としての成績は下位を取り続けていたがそもそも興味がなかった。取り柄のない人間ジャパニーズドリームだと思っていた。

 日本代表候補になり損ねた。親の代から同じ事をしている人間がいた。ivyに行くのという人間がいた。彼らは資本主義の顔をしていた。美しく寒気のする顔だった。家も学校港区?にあると言った。

 

 大学に落ちた。勿論日本大学だった。何もない人間がいた。激しく悔やんだ結果を自己主張としてレイプしぐちゃぐちゃになった精神を持って私大に拾われた私がいた。小学生の頃の知らない同級生出会った。指定校?で入って来たらしい。頑張って良い大学に入れて満足だと、高校の三年間を頑張って良かったと笑顔で語った。

 

 

 彼は彼のゲームプレイした。彼女彼女ゲームプレイした。知らぬ間にデバッグしかないものを行なっていた

 

 

 

 

 久々にInstagramを開いた。珍しく気分の良い日だった。窓から差し込む日の光が綺麗で反射する置いたままの黒いゴミ袋は凪いだ海の様で繁茂した海藻匂いは気にならなかった。私の散らかって行く人生と違い進んで行く彼らの物語がそこに並んでいた。

 

 結婚式を挙げていた。合コン愚痴を載せていた。シャンパンを空けていた。白木屋で呑んでいた。資金調達を行なっていた。彼らはゲームを続けていた。半端な脳味噌博士課程に進みアカハラで見通しが立ち消え、どこの会社にも拾われなかった人間にこのゲームは向いていなかった様だった。しかしながら、彼らなりのヒエラルキーの中で生きてるのに十五秒で忘れられて行く物語は少しばかり滑稽で可笑しかった。私も十五秒で忘れられる。

 

 式を挙げたのかは定かでない。陽は暮れていた

30代のおっさんのなんの変哲もないかもしれないけどコンプレックス

父はインフラ勤め、母は専業主婦普通の家庭に生まれた。両親はふたりとも高卒20代後半で結婚してわたしが生まれた。

小学生の途中で、父はローンで家を買い、社宅から出た。

住まいは社宅から一軒家になり、リビングのある1階と寝室のある2階の家になった。

父は酒を飲み、タバコを吸う男だった。そして母は一滴も酒が飲めなかった。

父は暴力は振るうことは一度もなかったが、酒を飲むと、少し語気が荒くなった。母はそれを毎日避難し、毎日2階に逃げた。

子供の頃のわたしは、母を2階に呼びに行かなくてはならなかった。

母は常にわたしに、年をとったらわたしが母を介護するのだと毎日言い聞かせた。

子供であるわたしは、毎日父の不満しか口にしない母に媚び、慰めないといけなかった。

そしてたまに1階でわたしは父が酒を飲んでこぼす母への愚痴を聞いてあげないといけないのだ。

わたしは2階の自室で部屋のベッドで小さくなりながら布団を抱きしめて毎晩過ごした。

わたしは体が小さく、運動はできなかった、また容姿もよくなかった。しか勉強はそれなりにできた。

わたしは近くの中学校を経て、県立の進学校に進学した。わたしは少しだけやっていたスポーツをやめ、ガリ勉になった。

わたし学力は上がった。地元医学部の推薦を受けることの出来る成績であったし、父はわたし医者になってほしかったようだった。

しかしわたしは官僚になりたかった。文部科学省で、子供未来を司る教育を作りたかった。思い返すと、子供である自分が満たされていないことの代償行為かもしれない。

官僚になるには学歴必要だ。しかし私は東大に落ちた。

慶応には受かったのでそちらに行くことにした。当時は家がおかしいとは思っていなかったが、家で浪人はできる精神状態ではなかったというのは無自覚ながらあったのかもしれない。

滑り止めは大阪大学の予定だったが受けなかった。そのとき父が単身赴任大阪に行っていたので、やはり避けたかった思いがあったのかもしれない。

大学は刺激的だった。

わたしはいわゆる陽キャに分類されるであろうサークル所属し、おそらく人生で一番楽しく充実した毎日を送っていたと思う。

そこにいた彼らはみな優秀で誠実で、親の愛と期待、また財力もあった。彼らのほとんどは期待と自信に満ちあふれていた。

彼らは本当に善性に満ちあふれていて、世の中を肯定的に見ることが出来るのだ。育ちが違うというのはこういう事を言うのだろう。昔話題になった低学歴の世界高学歴の世界はまさしくこれである

そのうち、わたしに初めての彼女ができた。今思うと浅はかな考えだが、わたしは全くもてなかった、だから当時、彼女さえいればバラ色の人生とは行かずとも人生好転すると信じていた。

しかし、それは何も自分渇きを癒やしてくれなかった。自分の持っている悩みは解決されないまま恋愛関係という新たな悩みをわたしにもたらした。

わたし彼女と別れた。そして気まずくなりあまりサークルに行かなくなった。

そして彼らはみんな海外留学していって、疎遠になった。

年次が進みわたしは就活に向けて、大学向けの官僚の話を聞きに行った。そしてショックを受けた。そこに来たのはみな東大出身だった。自分大学向けの講演であったにもかかわらずだ。少しは慶応出身のひともいるはずなのに。

わたしは後悔し、東大に行けなかった自分を恥じた。そして受ける努力もせず官僚を諦めた。

わたし堕落し、成績はどんどん低下した。お金もなかったが留学するだけのGPAも全く確保できていなかったと思う。卒業はぎりぎりだった。

わたしインフラ企業就職した。安定した企業地方転勤がない会社に入りたかった。NGけがあってやりたいことが思いつかなかったので公益性などを考えた、いや就職のための美辞麗句として使用しただけかもしれない。自分でもわからない。なんだかんだで父を尊敬していたのかもしれない。

しかし、コンプレックスは拭えなかった。先輩方はみな電通博報堂入社していた。そもそもわたしは受けもしていない。

同じサークル出身でまさに文部科学省に入った同期もいた。ハンデを乗り越えて入省した彼は本当にすごいと思う。しかしわたしは怖くて彼と連絡をとることはできなかった。

わたし会社体育会系部署に配属され、不眠症になった。不眠症は一項に改善されず処方される薬はどんどん増えていった。

わたし仕事やりがいも見いだせず、また傍目にも優秀とは言えなかった。当然ながら、出世コースに乗ることはできなかった。

他の会社は違うのかもしれないが、この会社出世ルートから1度でも遅れたらもう二度と追いつくことはできない仕組みになっている。

しかしやる気はでなかった。そもそも出世したいかしたくないかもわからなかった。しかお金必要だった。

わたしはそのうち花形部署に配属された。それなりの残業代を得て、それらはすべてソーシャルゲームに消えた。

そこではわたし評価勝手に上がるようになった。私は上位の等級に選ばれ、少し位が上がって係長になった。同期では真ん中くらいか少し遅いほうかもしれない。

昔の部署自分より年下の後輩が係長になっていたのを見て、ショックを受けていたわたしは少し持ち直した。

そもそもそれでショックを受けるまで出世がしたいとも思っていなかった。もはや取り返しのつかないことだが。

わたし奨学金を借りていた。そして、借りたお金を利子がつかないよう両親が建て替えて両親に返す形になっていた。

なぜかそれが親の好意みたいな形になっていたし、そもそも払えるじゃないかとも今は思う。そして母は利子をつけない代わりに、支援機構の倍の速度での支払いを要求した。

わたし10年かけてそれを返した。そして最後に振り込みをした日に両親と絶縁した。

わたしは外から見たら、おそらくそこそこ恵まれているように見えているのではないかと思う。

部屋は最新のガジェットデザイナー家具で溢れている。椅子アーロンだし、キーボードRealforceだ。Alexaは一声かけるだけでシャンデリアを操作してくれる。なのに、わたしは大枚はたいた高級ベッドの上で、大の字で寝ることもできず、子供の時と変わらず隅っこで布団を抱いて眠ることしかできない。しかも大量の睡眠薬必要だ。

わたしは人の顔を思い出すことができない。父も母も妹も昨日あった同僚でさえもゼロから顔を思い浮かべることができない。

風景も覚えておくことができず、すぐに迷子になる。車のナンバーを覚えていないと駐車場の車に戻ることすらできない。

これはおそらく普通のことではないのではないかと思う。

わたしはなんのために生きているのかわからないし、何がほしいかもわからない。

2022-05-25

理解のある彼くんよりもまともに働ける頭が欲しかったぞ

非モテで頭おかしい人が攻撃してくるのはわかる

でも非モテちゃんと働けてる人が攻撃してくるのはわけわからん

嫉妬して裏で愚痴るのはわかる

でも本人に直接文句言うのはわからん

脳を交換してくれよ

そしたら彼くんできるよ

anond:20220525080506

この間、しょっちゅう配信アーカイブを残さないことがあるVが「毎日がんばって配信してるのに伸びなくて辛い」とか言ってて変な笑い出たわ。

歌枠で上手く歌えなかったか配信アーカイブしません!だの、ゲームで上手く立ち回れなかったかアーカイブしません!だのやってたら、後から知った人間チャンネル動画ページ見ても配信頻度低い怠け者なんだなとしか思わないだろ。

視聴者のうち誰もお前が歌ウマだともゲーム上級者だとも思ってねーよ。

趣味でやってる個人勢なら問題ないけど、お前企業勢なんだから仕事の実績は残しとけよ……。

まぁ、登録者数が伸びないことを愚痴ってたツイッターのスペースも録音残してなかったんだけどな。

維持コスト

> あら…お疲れ様でした。それにしても、サイト閉鎖で記事が読めなくなるってのは、電子化の脆さを感じる。紙の本なら作成後の維持費はかからないけど、ウェブサイトはどうしても維持費が継続的にかかるからなぁ

いや、紙でも維持コストかかってるよ。君が見ていないだけ、出版という形態をとっているのなら保管維持のコスト各自分散して支払っている形。

最初から電子形態メディアに対して「電子化の脆さ」とか言い出すのはどうなんよ。

> 急でびっくりした。サービス終了で記事ごと消えるのはホントリスクだなぁ。ネット図書館みたいなものの整備が待たれる。インターネットアーカイブとかあるけど有料サービスは見れないよね?

リスク解消に係るコストあなたが支払いなさいよ。何を他人任せにして「ネット図書館みたいなものの整備」やねん。

有料サービスの購読などでは賄いきれんということでしょう。

思い入れある記事とかがあるわけでもないし維持コストもわかるんだけど、見られなくなるのはnote提供する会社としてそれでいいのかというか、やっぱちょっともにょるな(はてなグループときと似た気持ち

提供の役目を終えたと言っているのに「note提供する会社としてそれでいいのか」とか返しなさんな。

維持コストが分かるんだったら君が支払いなさい。

> ほんとインターネットの悪いとこ 文化破壊だよ

悪いとこちゃうよ。著作権処理とか色々あんねん。

文化破壊だと思うのなら コスト負担してね。

それらはブコメなんか?個人愚痴ちゃうんか?ブコメじゃなくてこっちに書きなさいよ。

(紙が好きなんやったら印刷して保管をどぞ)

anond:20220525124542

そういう仕組があるのにやらないってのをその従業員のせいにして愚痴ってんの?

その考えのままいくと、一生他人に振り回されることになるよ。

おはよう。突然ですが切れ端のスペース借りてゴミ羅列していくね。

フォロワーの元フォロワーってだけで絡んだことない知らない他人だった、

例の界隈のAさんのクローンのような人種他責思考100%認知が歪みきった365日どのツラ被害者仕草続けてる妖怪)にブロされた。

まず誰だってするし個人自由からブロられるのは全然いい。

 

わざわざ書きにきたのは、フォロワー妖怪逆恨みされたついでに私までそいつ誹謗中傷ターゲット人格攻撃ツイートされまくって鬱憤溜まったせい。

妖怪によればあくま愚痴なんだって自分誹謗中傷なんかしたことない清らかな人間wって思いこんでる認知がまさに妖怪

いつまで続ける気だいい加減にせえやこのゴミがって言いたい。言った

言語化するとストレスぶり返してくるから避けてたんだけど書いた。

 

ツイート報告してるから妖怪には何らかの処理が動いてるらしいけど、

妖怪過去粘着野郎(正しくは妖怪誹謗中傷された過去被害者)の仕業って勘違いしてる。おめでてぇ頭だな。

 

妖怪自身が界隈で絶対に近づいてはいけない・「名前言ってはいけないあの人」扱いなのに(定期的にツイ消しするから何も知らずに近づく被害者が後を絶たない)

妖怪こそが誰よりも精神医療のお世話にならなきゃいけない誹謗中傷人格攻撃ピッチングマシンなのに、

妖怪は、自分自身のことを民度が低い界隈からいつも苛められる清廉潔白被害者って認知してる。一足早い真夏怪談か。

(信じてるなんてチャチなもんじゃねえ彼女の中ではそれが現実ってことだマジで病院行け)

相手じゃなく自分の側に0.1%でも非がある可能性は、0.01%も省みない。だって彼女人間じゃなく妖怪から

そういうマジでヤバイ人間存在から妖怪概念って生まれたんじゃないか真剣に考えちゃったw

 

あーすっきりした。ありがとう匿名ダイアリー

2022-05-24

anond:20220524231009

-1σにも届いてないのに愚痴ってる意味が分かんない

今のままで良い

Twitter自分ユーザを使わないといけない

5chはカキコする場所が多すぎ

匿名カキコする場所が1つしかない増田は最強

から怪文書愚痴もお悩みも記念だってなんでも捨てれるしカキコもできる

でもこれを言った瞬間に使えなくなることを悔やむ

2022-05-23

こんな人間に生まれてこなきゃよかった

新卒就職して、さあ頑張るぞ!ってなってたこの時期に、

実家借金が分かってる範囲で4桁万円ギリギリある事が分かった時は、

本当に目の前が真っ暗になってブッ倒れた。

倒れたのが自宅で本当に良かった。


うちは自分高校の頃に父親事故で亡くなっていて母子家庭

母親は一応正社員仕事してたけど余裕は無いって言うんで、大学奨学金バイトで乗り切った。

上の妹が大学に進学するというので、それは母親が全部出すと言って、何で俺は奨学金なんだ?

と思ったけど、元々母は妹達との方が仲良かったし俺は長男だしで仕方無いなとは思ったんだけど

妹の学費に関しては「貯金も無い」からと、入学金その他諸々は親戚から借金で賄った、

それ以外にも親戚や親しい知人(自分も知ってる人)に多額の借金があると言われた。


驚いて確認出来る人達には確認した。本当だった。

何で言わなかったのか?って言うと、○○君(自分)が頑張ってるのに水を差したくは無かったと。

でもこちらも生活があるので、待ってはいたけど返済が無いから催促したとまで言われた。


借用書もあり、言い逃れも出来なかったし、母は下の妹と自分達の生活費だけで精一杯だと言うので、自分が肩代わりする事になった。

新卒当時、年収手取り計算すると240~50万ほど。借り上げのアパートで家は安く住めたので、生活費削れば月10万、120万でいける。

そうしたら100万以上返済出来るから10年頑張れば返せると踏んだ。


本当にギリギリなので、病院にも行けなかった。コロナがはやってなくて本当に良かった。

風邪になった時は会社に備え付けの薬を貰ってたけど、あまり自分が使うものから、たまには自分で買って下さいと

若い事務の人に嫌味を言われ、本当にお金無いんです病院にも行けなくてでも働かないと給料下がってしまうのですみません

事情を話したら、一緒に聞いていた事務のおばちゃんが同情してくれて、以後は使いすぎなければOKという事になった。


おばちゃんはそれ以降も良くしてくれて、差し入れと称して色々おすそ分けをくれたり、

仲が良いという上司に「あの子、頑張ってるみたいだから評価して上げてね」とか言ってくれたりしてくれた。

おばちゃんは本当に良い人で、今でも感謝している。


おばちゃんは後1年で定年退職という時に、体調を崩してそのまま退職する事になったと言われた。

送別会には行ったけど、その数ヶ月後に亡くなってしまった。

葬式にも行った。おばちゃん家族号泣していた。自分も泣いていた。



自分仕事を頑張って、(おばちゃんの口添えもあったのかもだけど)評価給料も上がっていった。

でも、今度は下の妹も進学すると、やはり女の子から苦労はかけさせられないと、でも進学させるお金は無いからと言われ

本人からもお願いされて、更に借金は増えた。


途中から下の妹は一人暮らしも始めたし、留学にも行った。

その費用も追加で負担。正直、羨ましいとか何で俺だけ?と思う事もあったけど

将来の為だからと思う事にした。



昨年、ようやく借金が全て完済した。

と言っても、自分奨学金は支払い猶予ばかりで全然返済出来ておらず、自分借金は残ってる状態

でもようやく肩の荷が下りた気分だった。


最終的には、1000万じゃきかないぐらいの借金とか学費とか払っていると思う。

年収は当時の3倍近くになったけど、ずっと10ちょっと生活が続いていた。

ボーナス殆ど突っ込んでいた。

仕事と家の往復、ネットネット無料コンテンツけが楽しみだった。

とても30代の趣味生活とは言えないけど、お金が本当に無かったから仕方が無い。



今年のGW、久々に実家に帰った。

何故か実家はかなり綺麗になっていた。聞けば色々リフォームしたのだと言う。

妹達も帰省していたが、家族いるから2、3日しかいれないね、という話。


俺は知らなかった。

薬剤師として県外の病院就職した筈の上の妹は、そこで旦那に見初められて、結婚したという。

コロナ前だったから、結婚式も盛大にあげて、一生の思い出になったと母は嬉しそうに語った。


下の妹も結婚していた。

コロナ流行ギリギリの頃に披露宴が出来てラッキーだったと。

互いの友人知人達を呼んで、100人規模になったから、今じゃ絶対出来ないと語っていた。


俺は本当に知らなかった。何で教えてくれなかっのか?と言うと

特に招待する理由も無かったから」と上の妹には言われた。

「お兄ちゃんが来ると恥ずかしいから」と下の妹は言っていた。

母も、俺は仕事人間だし、つまらない人間から、あっちの旦那家族と合わせて

変な顔されると嫌だったのよねぇ、と言った。


俺が無言になると

「金を出してるからって、恩着せがましく思わないで。浅ましいのよ」と上の妹に言われた。

男なら細かい事に愚痴愚痴言うな女々しいと、母に怒鳴られた。下の妹は大笑いしていた。

俺はそのまま家に帰った。


今日、どうしても電車に乗れなくて、急遽休みを取った。

しばらくは在宅メインに切り替えたい意向も示した、体調が最近優れないからと。


コロナってある意味便利だな、こういうのが通りやすくなってるから

今は誰にも会いたく無かった、といっても特別仲の良い同僚とか上司もいないけど。


誰も話す人がいないから、こんな事を吐き捨てている。

俺の人生なんだったんだろう?

せめて、口先だけでも、感謝まではいかないけど、俺の存在家族にぐらいは認めて欲しかったけど

こういう所が女々しくて嫌われたのかも知れないな。


こんな人間に生まれてこなきゃよかった。

anond:20220523140720

期待して部屋まで逝ったのにおセッセしてくれないと

女はそういう愚痴を言うよ

メイク下着や毛の処理に時間かけたのに。

読書デートなら図書館

anond:20220523091101

元増田だけど、不幸自慢というよりは「社会人って恋人いないとかお金ないとかいう人によってあるなしがある不幸はさておいて、ほぼ全員こういう共通未来がないっていう不幸あるよね」っていう愚痴半分、ネットまとめサイトが書いているような「金がある」「女がある」以外の有効人生消化試合から抜け出しマインドが見つけられればいいなと言う気持ち半分。

まり全員に共通している不幸だと思っているので不幸自慢ではないですね。

2022-05-22

生活保護がムカつく

私は発達障害を持っています

実家は居心地が悪いので家を出たいためフルタイムでの障害者枠を探していました。なかなかないんですねフルタイムは。

短期バイトを繰り返しながら2年、やっと見つけた会社一人暮らし賞与ギリギリやっていける給料です。

就職して2年がたとうとしていましたが今だに仕事になれず毎日心が折れそうです。1日1日を生きて行くのが大変。

そんな中、発達障害者同士で話のできる茶会?のようなイベントがあるということで参加しました。

このイベント、仕方がないのですが古参の人が楽しそうに喋っています

その中で生活保護をもらっている方が魚をさばいて食でいるですとか服が多く置いておく場所がないという話を明るく話していました。

私は服なんここ数年てスーツYシャツを数枚買うくらい。私服なんて買えません。食事もできるだけ安く自炊するため肉、魚は月1回食べられればいい方です。

私自身も生活保護申請して落ちました。仕送りももらっていません。

しかしたら苦しいことも沢山あるのかもしれないのですが、楽しそうに喋るその方の話を聞いてるとなんだか泣きそうになりました。

世の中に大勢私より苦しい人もいると思いますしわかっているのですが、生活保護を受けて楽しそうにしているその人を見てとても悔しいです。

イベントに行かなきゃよかった。ただの愚痴です。

そんな話。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん