「自己肯定感」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自己肯定感とは

2019-05-18

出会い系アプリをやっている(女)

彼氏いない歴=年齢、流石に彼氏が欲しいと思い始めた。若い女需要があるのかめちゃくちゃいいねもらえる。リアルデブスで普段は全くちやほやされないので承認欲求が満たされて自己肯定感が上がって幸せだ。ただ、めんどくさい。返信めんどくさい。めんどくさいんだよ。本当にごめんなさい。なんでこんなにHP削られるんだろう?女はタダだからやっぱりすぐ辞めたくなる。月200円とかちょっとでいいか女の子からお金とったらすぐ飽きちゃう子減るんじゃないかな?まぁ、かわいい子も減るだろうけど。

出会い系でいい男を見極めるコツとかあったら男の人から教えてほしい。

女目線で狙い目だと思う女の子

ぽっちゃり

写真が他撮り

写真がいっぱい

いいねが100台

登録すぐの子

・頭のいい学校卒業、在学の子

とか思ったけど、かわいい子は大体人気だから普通〜中の下くらいの女の子なっちゃうね。ううブスはつらいよ。彼氏欲しい。

2019-05-16

anond:20190516073418

子持ちの事攻撃してるけど老後のあんたの事支えるんだから〜的なブコメを見るとしょぼくれてしま

じゃあどうすりゃいいんだ

結婚もできない子供も作れない

でも働かなきゃ生きていけない

結婚しなければ半人前と見下されいつまでも独身だと痛い奴だと思われる

かと言って友達も作れないほどコミュニケーションをとるのがしんどくて自己肯定感がなくプライドが高く人との会話が怖い

itパスポートとか簡単資格しか取得できず簿記2級も5回受けて落ちる

2019-05-14

俺を不幸とはカテゴライズ出来ない辛さ

あとがき最初は色々とドラマチックに書こうとしていたが、最終的にただの自分語りになりました。多分タイトルに込めようとした物ほど深い内容は無いです。

まあでも色々とコメント頂けると嬉しいです。もう私の周りに私に背狂してくれる人が居なくなってしまったので。



あとがきあとがき)全部書き終わってみてみたら文章量えげつなくてやばい

誰にも自分の事をちゃんと話したことがないって、悲しいことです。


家もある、定職もある。俺をあやす友人もいる。俺は前よりはずっとまともになったし、人付き合いも随分うまくなった。

これも家族と俺の問題を許してくれた社会の親切な人たちのおかげだ。借金は多分50万くらいあるが、ようやく職にありつけたのでなんとかなるだろう。

商売も学んだ。小銭くらいすぐ稼げるようになった。借金の元はまあ取り返せそうだ。

俺は社会の屑でもド底辺でもない。そうならずに済んだのは全部周りのお陰だ。だから俺はギリギリ畜生になれずにいる。

誇りも倫理も人道も全部捨てた鬼になれずにいる。俺は根っからの善人だと思うが、犯罪者素養はかなりあると思っている。

俺は不幸ではないらしい。俺もそう思う。つらい時期もあったがなんとか脱した。その時につけた知恵は一生モノ

でも幸福とは決して思えない。というか俺の中に幸福基準が一切無いからなんだろうな。こうやって文字にしてみたら尚更不幸だとは思えない。かなり恵まれてる。

今一番の問題は俺が何に対しても幸福感を感じられない感性を持っている事なんだろうか。

自分語りをさせてくれ。Twitterじゃ誰も俺に関心を示さなかった。ここはそういう場所なんだろう?そして出来れば何か一言俺に物申してくれ。

悪口でも何でもいい。学生の頃もっと教師説教をよく聞いておくべきだった。もう俺の年じゃ誰も俺を思って言葉を発さないんだよ。

ちょっとナルシストで無表情で、でも別に特別他者を害したりしないから悪い奴じゃないよねって感じでそっとしておかれるんだよ。

聞いて行ってくれ。頼む。こことTwitterでだけは現実で誰にも見せたことのない俺が出せるんだ。

俺に一言物申してくれ。

遠慮はいらないぞ。多分一瞬ひるんで1日くらい落ち込むだろうが飲み込める。多分。

さて話そう。どこから書こうか。そうだ

俺は典型的アダルトチルドレンで、無関心な父親とやや過保護母親のいる家で育った。

さらアスペバカで、幼少期のころ地主が威張り散らす様な昔ながら土地引っ越してきた。近所にいたのは悪ガキ集団だったが、俺は気が弱い子ちゃんだったので色々あった。

次第に荒れた。すぐキレる。すぐキレる奴で子供はどう遊ぶか?気軽にキレさせて遊ぶ。誰もが何時ものことかと俺を見下した。

しかもすぐキレて暴れる上に好奇心が強くて普段からいたずら好きだったので、あらゆる悪事の容疑は俺にかけられた。ちなみに俺を擁護するやつはいなかった。

俺を憐れんでくれていた同級生ママも、声のでかい性悪親によるつるし上げが怖くて中立未満を決め込む始末。そんな人が居たというだけ気持ちも幾分救われるが。

ちなみに肝心の教師は俺の事を全く信用していなかった。平成といっても初期の初期だからな。SNSも無かったし俺は小さな町でひたすら1つしかないコミュニティ玩具にされていた。

多分いじめられ経験者はそいつらがどんな奴らだったかすぐわかるだろうが、わからない人のために軽く説明すると今で言うとネット暇人どもみたいな奴等だ。

自由に叩いても許される奴を見つけて、居なければ自分たちで罪を被せレッテルを張り、皆で叩いて自分たちの正しさを証明し合うのだ。

今ってネット有名人断罪した気になれるすごい時代からリアルいじめは少なかったりするのかね?どうせなら大物狩ったほうが楽しいよな?

話がそれた。まあそうやってボス猿が獲物を見つけては取り巻きと叩く。猛烈に叩く。ネットリンチはネットから離れれば避けられるが、リアルは違うぞ。しか小学生

不幸中の幸いは俺がバカだったことだな。俺は学校いじめは良くないと聞いたのでみんないじめなんてやらないと思っていた。

なんかよくわからんけど俺だけ怒られるけど、その事に疑問も持たなかった。バカから。当然不登校なんて選択肢にも無い。そんな発想は無かった。

自分他人と違うって悩み始めたのもここ数か月だからな。15年おせーよ。しかし、あの当時何をされてもすぐ忘れる馬鹿さが無ければ今の俺は無かったと思うとアレはアレで幸運だったとは思う。

ちゃんマジでありがとう。1度や2度かあるいはもっと理不尽言葉を投げかけられたが、あの状況で俺を守ってくれてありがとう。これが一番の幸福だった。

父親は何もしなかったからな。若いのにガキ作ってひーこら働く羽目になったってのもあるだろうが。

父親の話もするか。毒親。おわり。

俺と妹が人嫌いになったのはあんたのお陰だよ。もっと言うと祖父あんなんだったかあんたもそうなんだろうがな。多分そのまた親もそうだったんだろう。

だが俺に罪は無い。俺が平均点よりいい点とったんだからせめて貶すな。本人は高学歴で頭がいいつもりかもしれんが子に対する行動言動としては最低だよ。

俺の自己肯定感が皆無なのはこの父親の影響が多分7割くらいあると思う。もっとかな。

まあでも最終的には平和家族になったから良いけどな。これ以上はやめとくか。心配性なのでよくある話にとどめとこう。

次は何を話そうかな。あ、そうだ。部活の話を聞いてくれ。俺は多感な時期にブラック企業みたいな部活に入って心が壊れたんだ。

マインドクラッシュだぜ。心のピースはある程度組み立て終わったが今でも人の心として大事なパーツがいくつか見つからない。

冒頭で言った「比較的まとも」な感性を取り戻したのはつい最近のことだ。気が付いたら青春時代全部消えてたぜ。幸い友人達のお陰でゼロではないがな。

でも俺のあの辛さを共有できる相手は居ない。暗い部屋に毎日押し込めて、朝は早く夕方遅く。自律神経は乱れまくって夜は眠れず次の日の朝は極限状態

それをコーヒーで無理やり動かすのさ。合宿ハードメニューな上に睡眠時間がどう見積もっても5時間未満。眠気覚ましに俺はバカだったので自主ランニングまでやってた。

お陰で若くしてカフェイン中毒さ。あとなんだ?統合失調症的な?数時間だけだが自宅以外のあらゆる場所殺人鬼が潜んでいて俺を殺そうとしていると何故か思い込んでいた時間があった。

幸い次の日が休みだったので朝から夕までたっぷり寝てある程度回復したが。(その晩からはまた不眠ね)

結局その部活は辞めたんだが、後遺症がひどかった。元々多感な時期で、俺はアスペで、最終的に自衛隊に行った上級生が顧問とともに恐怖で支配していた閉鎖空間で。

そりゃあもう俺へのヘイトがやばかった。まただよ。俺はアスペから理解していなかったがな。惜しいことをした。もっと早くこの世の生き方がわかっていれば俺もちょっと楽しい高校生活を送れてたのにな。

まああの経験が無ければ今の俺は無かったわけだが。今では必要経験だったと割り切っている。

で、部活辞めた後の続きね。あ、ちなみにだけどめちゃくちゃ辞める奴が多かったその部活の中で俺はわりとまともな辞め方をしたんだ。

顧問にこの部活あんたらと幹部矛盾だらけって言って、俺はもうあんたらの考えにそぐえないって。全員参加の夏の大会だって価値が見いだせないって。

顧問は俺の事を褒めたよ。男らしいってな。ほかの先生も今どきの生徒にしては自分の考えを持ってるって。

今思えばあの教師たちも昭和犠牲者だった様に思える。その犠牲者の事を思うとできれば死後裁かれてほしいもんだが。生徒を追い詰めてもらった賞と、その時の賞与で買ったロレックスだぞ。

あれも世の中の仕組みに気づくきっかけの一つだったな。

で、そうそう。部活辞めた後。俺は何もしなった。バイトだけ始めた。人手不足の店で優しい社員の元で働いた。彼らもブラック犠牲者しか現在進行形だったので俺の雰囲気から何かを察してくれていたのかもしれない。

ただ客層がクソ過ぎて辞めた。部活の奴らが夏の大会にギスギスしながら取り組む一方で俺は強迫性障害発症した。まだ治ってない。

ちなみに俺が在籍していた2年間で連勝記録が止まったらしいんだが、俺が辞めた年からまた勝ち始めたらしい。なんなんだろうな。同期も結構やめたから俺だけのせいじゃないんだろうが。

次のバイト普通にクソだった。働く奴の人間性がクソだった。

三が日にシフトに入ってしっかり働いたが、確か5時間以上勤務でお正月ボーナスが出るところを1日4時間半だけ3日間全部働かされてキレた覚えがある。

次に務める飲食店にもクソな奴が一人いたが、他は良かったので結構続いた。ちなみにそこの新人離職率は多分8割超えてた。クッソ忙しい上にクソが居たから。

どっちかに耐えられる奴も両方には耐えられない。俺はまだバカだったのと、田舎に他にまともなバイト先が無いと知っていたのでつづけた。

あとは確か大学2年だったか。そこで派遣アルバイトをして色々知ってついに辞めたんだった。で、ようやく趣味に手が付き始めて、それを商売にしてついに短い間だがノーバイト生活を始めた。

話逸れまくってるな。俺がいかに不幸だったかって話をしないと。

部活辞めた後はの流れはこんな感じだった。

高3...マジでなんもしてない。後からネットで知った情報から察するにほとんど鬱だったと思われる。机の前に座って何時間も何もしなかったり、それを父親にいろいろ言われてまたストレスためたりしてた。

高3男子の部屋いきなり開けてんじゃねぇよ。

大学1年...一応ロケットスタートで仲間は探してボッチ回避。俺は行動力があるんだ。でも特に何もしてない。ここでも最初に入った部活でクソ先輩に当たり部活崩壊したりしたが、もういいや話すのもめんどくさい

2年...俺はこの時何もしてないと思っていたが、よく考えれば大学生ってそんなもんだった。サークルに飽きてひたすらゲーム

3年...俺のビジネス前身を始めた。すこし性格が前向きになるも、コミュ障炸裂。あとゲーム

4年...わりと平穏だった。しかし大きな病気をして価値観がいろいろ変わる。さら就活を通じてまたいろいろと学ぶ。ゲームもやらなくなった

今...楽しくないゲーム楽しいゲームに変わった。ようやく遊び方を思いだしたが時すでに遅し。社会人。ただし今までの経験からブラック回避にだけは成功した。



こんな感じ。いやあ上手く立ち直ったねぇ。もうこの辺に関しては納得しちゃったんで今冒頭にあとがきを書き足しておきました。

じゃあ今から俺が不幸ではないにも関わらず何に嘆いているかを書いてみようと思う。

俺は他人が怖い。それはもう俺がアダルトチルドレンからに違いない。

俺は他者を一切信用できない。幼少期に親どころかあらゆる存在から悪意を受けて育った。悪意の中の悪意だからだ。

そのうえ自己肯定感も低い。時々自信満々になるが実際には何となくそんな気分になってるだけ。部活の奴らはもう底辺ルートに入ったが自分にはまだまだ先があるってね。

でも俺は思うんだ。世の中バカばっかりであいつらはドラマで見た様な恋愛ごっこオナホ探し、財布探しに必死。でも普通はそうなんだよ多分。

世の中大半そんなんばっかで俺は面倒くさいから関わりたくない。サルを除いて残った人類は3割くらいとしてみよう。

やつらはまともだ。親に周囲に愛を受けて育ったから、他者と当たり前に愛の交換ができる。愛とは無償の愛の事ね。セックスもまあ間違いではないが。

だが俺はどうだ。俺は他者に借りを作らない。俺はそいつを信用しないからだ。この時点で愛の交換は成り立たない。

俺は何を交換できるか。利害関係。それだけ。だからビジネス脳はすくすくと育っている。

しかし愛だけはどうしても理解できない。どんな善良な人と会っても信用できないし、俺は自分の事をどちらかといえば闇にいる側の人間から彼らを汚してはならないと思ってしまう。

向こうは気にしないようだが、それならなおさら友達にもならない。今の上っ面な世の中で彼らのような存在は貴重だから、俺のような人間が関わってはならないと。

これが俺の一つ目の悩み。いや根源にして最大の悩みか。

どうしても人が怖い。まして裸で抱き合うなんて不用心な交流なんかできる筈もない。

あ、ちょっと話逸れるけどセックスでイけない女の子もわりとこういう側面あると思うんだけどどうなんですかね。その道のプロの方はいらっしゃいますか?

相手のいるなしはさておいて、俺はセックスも怖い。金を払えばどうにでもなるし、童貞食いが趣味上品な奥様とか多分いるだろ。裏垢界隈で学んだ。

あとこういう哀れな男を落とすのが趣味の人とか、ああそうだ多分今の俺ならおとなしいバカは落とせる。いわゆるだメンズウォーカーとかなんだかって人ね。

最近そういう人に会って何となく察してしまった。おれも多分屑だ。でも俺は変に正義感があるからそういう事はできない。基本的に人よしだからな。

じゃなくて。俺は人が怖いか信頼関係の不可欠なセックスはできない。ましてや恋人も作れない。一度だけガチ恋したことがあるが、多分2度とないような気がしている。

最近ラブコメ漫画が好きなんだけど、俺がどっちの立場でも無理。

相手がどれだけ俺を好きでも答えられないと思う。どんな美女がいつの間にか裸で俺のベッドにもぐりこんでいたとしてもセックスはできない気がしている。

そうだな。愛されたいけど愛し返せる自信がまるでないんだな俺は。彼女ができるとしたら俺の事が純粋に好きすぎるメンヘラ相手責任感感じて一緒にいるくらいが限界じゃないのか。

他のパターンが思いつかない。思ったより俺って誠実だな。このパターンでも俺はすごく悩むと思う、、、いや、こういうメンヘラは大体自分問題直視出来てないだけだから多分俺通報するか誰かに押し付けるわ。

なんだ。うまい例が思いつかないけど平成初期くらいのイメージ主人公だけを無条件に愛してくれる系ヒロイン?がいれば少しづつ変われるかも?なるほどなだから流行ったのか。俺みたいな育ち方をした奴ら向けで。

正直2時間くらいぶっ通しで無修正で書いてるからもう自分が何を書いているのかわからなかったりする。

やっぱ俺ってあんまり頭良くないな。誰が読むんだこんな文章。とは思うがたぶん誰かは読むだろうとか打算している俺もいる。頼む俺にコメントくれ。

しかすると俺は俺をよく知る誰かの言葉が欲しかったのかもしれない。正直無限時間があれば半生全部書いてた気がする。

でも議論するなら愛がどうのこうのの下りに絞るべきだったね。明日時間があれば書き直してみようか。

色々冷めて落ち着いたしもう眠いので寝ます

どなか人を愛せなかった自分が変われたって方、是非色々教えてください。

文句言うな甘えんなだって愛されたいって方もどうぞ。他人を見てきた期間が圧倒的に短いのでそういう生の声も聞きたいのです。

しかし一番聞きたいのは自分の愛し方です。誰に褒められてもどこまでも続く上と比べて自分ゴミだと逆に落ち込むような、そんな人間が何をすべきか。

本当に心の支えがない。

2019-05-13

anond:20190511225025

すべてはこの人自身自己肯定感ゼロなせいだと思う。

周りに憎しみと敵意しか向けることができず、自分のことも無能だと思ってる。カウンセリングいけ。

彼氏と別れた

平成最後で令和最初の恋だった

6年間ありがとう

毎週末の恋愛ごっこ、楽しかったよ

くだらない話、沢山したね

沢山笑ったね、かけがえのない日々

決して戻れない大切な時間だった

本当にありがとう

↑までは伝えた

本音は↓から絶対に言えないのでここに書きます

今だから言うけど、

同じ職場を辞めたの、貴方が冷たくしていたからだよ

結婚するまでは職場では内緒にしていようって決めたよね

でも、まさか職場シカトしたり他の女性社員と仲良くするのを

見せつけられるなんて思って無かったよ

から相談もせずに辞めたんだ。ごめんね

それと、私がうつ病になった理由の半分以上が

貴方が私の気持ちを踏みにじったことだと思ってるよ

デート場所、いつも私が貴方の定期圏内に行ってたね

こちらに来たいと一度も言わなかったね

交通費分も全く考えないでいつも割り勘だったね

いつも来てくれてありがとう、とか一度も言われた事がなかった

それで、貴方職場の近くに転職したのに

そこで過労問題にぶつかって本格的に体調崩した

でもその後の対応全然心配してくれてないし変わらず放置だったよね

地元友達や私が辞めたあとに会社の人や趣味のお友達

一切私のことを紹介してくれなかったね

紹介してとお願い、何回もしたのに、いつも笑って誤魔化して

言ってない、忘れてたって、事後報告だった

そのたびに、自己肯定感も心も壊れていくのがわかったよ

それで、好きとか言わないし、自分気持ちを伝えてくれなかったのも辛かったよ

結局付き合う前がいちばんしかったね

全て事後報告だし、家族や友人優先、あとギャンブル優先

本当に本当に、私は最底辺存在なんだって自覚

尽くしているのが馬鹿らしく思えてきたんだ

大切な話とか、将来の話をするといつも笑って誤魔化すか、スルーするよね

自分気持ちを伝えても放置するし、愛情表現もない

それでいて私から愛情表現がないと文句言うの、何なの?ってずっと思ってたよ

どんだけ自分が偉いと思ってるの?

貴方の話す習い事の話、正直全部どうでもよかったです

私の習い事批判意味わかりませんでした

あとわざとぶつかろうとして避けるの、修行とか言ってカッコつけてたけど

あれダサいよ。35歳にもなって何やってるんですか?

それに熱中するあまり私を放置してどんどん前に行くのキモかったよ

セックスなんて私がピル止めてから全然しなくなったね

ぶっちゃけ貴方とのセックスは全く良くなかったです

愛情表現もないし無言だしそもそも膣内射精障害だし

自分で治そうとも努力しないし、プライドだけ高いよね

きっと、合わなかったんだろうね

根本的な何かが

前は「それでも好き」が勝ってたか我慢できたし

彼の愛情表現をしないことや自分意見を伝えられないのも含めて

彼の持ち味だと思ってたから許せてたけど、もうなんか疲れちゃったんだよね

都合の悪いことからの逃げ癖とかさ

35にもなって実姉と殴り合い→1年間口をきかないとか、大人のすること?

意味からないよね

ぶっちゃけ友達のままで居た方がよかったね

6年間返して

もう30になるんだけど

うつ病にもなって激太りもしたよ

責任取れよと言いたいけど

病原菌から離れられるならそれでいいか

もうこれ以上傷付くのは嫌だから

おつかれ

2019-05-12

anond:20190512221758

経験者の言葉ありがとうございます

元増田です

子供はもういます

それも離婚の原因の一部です

奥さん子供放置で遊びまくっていて、自分ワンオペ負担がそろそろ限界です

それに奥さんの子供への接し方がまったくなっていないのも原因です

幼児に「ちゃんとやれ」という具体性のなにもない指示や、自己肯定感を育てない子供への話し方

ほんと私には無理です

GW10日で子供をつれて実家に帰り、年老いた親の助力をある程度借りて父子家庭シミュレーションもできました

あと決め手になったのが私に対する心配する心の無さですね

怪我しても病気になっても心配言葉が何もなかったのが応えました

もともと結婚1年目から色々やらかしてたので、まあ元に戻っただけですね

1年目に離婚しとけばよかったと後悔してます

2019-05-07

労働のせいで自己肯定感が保てない

どうやっても詰み

2019-05-06

昔は努力できなかった

自己肯定感ってやつが無かった('ω')努力方法がわかってなかった(-_-;)自分には何もできないと思ってた(+_+)

本やネットノウハウを手に入にし、自己肯定感も手に入れた今は無限努力できる(≧▽≦)努力楽しい(>_<)金を稼ぐの楽しい!(^^)!

もっと稼いでスキルを身に着けて独立するんだ!( *´艸`)

僕は成功する(#^^#)成功者になる(*^_^*)国や会社他人に頼る必要が無い真の自由人(*^▽^*)最強の強者になる(*^^*)

2019-05-05

貧乏人の特徴

俺が見てきた貧乏人の特徴を列挙しておく。ボンビーは参考にして十年後に富裕層の仲間入りできるように努力しろよな。

本を読まない

失敗から学ばない

投資をしない

食生活が酷い

ゲームTVが大好き

人生目標が無い

親も貧乏

劣悪な家庭環境で育ってる

持病を持ってる

人の話を聞かない

悲観的・ネガティブ

向上心が無い

知的好奇心がない

性欲がほぼない

過去に執着する

長期的にネガティブ短期的に根拠のない楽観視

自分市場価値を把握してない

スキルを磨くという発想が無い

一発逆転を狙ってる

コツコツ努力できない

自己肯定感が低い

DQNになる勇気がない

半グレにもなれない

卑屈で人への嫉妬心しかない

負の感情エネルギーに頑張ろうという気概がない

不細工・ブス

身長

低学歴

友人や知り合いが低スペック

人脈を広げる気が無い

チャンスから逃げる

主体的に行動できない

責任感が無い

無気力・無関心・思考停止


ざっとこんな感じかな。頑張れよー。

anond:20190505011511

何かを成し遂げるのに自己肯定感は不可欠だが、何もなしていない場合、成そうとしていること自体価値を見出すしかない。

実の無い自己肯定感日本人村社会からは煙たがられる。

意識高い系は周囲から否定を周囲を見下すことで無視しようとするが、そのせいでさらに煙たがられる悪循環

anond:20190505011757

それ日本人だけの標本だとしたら他の国に比べて50でもめちゃくちゃ自己肯定感低そう。

2019-05-04

anond:20190504221235

個人的には自己肯定感が低い人ほどヤリ込んでる人が多い気がするが。

言い寄られたことが全然ないなら別の原因かもね。

コンプレックス感じてないなら無理して処女捨てる必要はないと思うよ。

行っても、まあこんなもんかとなるだろうし。

友人に風俗をすすめられた

もうすぐ37になるけど未だ処女

自己肯定感が低すぎるせいと言われたけど、性格に難があるのでこれは仕方ないと思っている。

自虐ネタとして使わない臓器には申し訳ないわーwwwと話していたら昔からの友人(既婚女性)に風俗をすすめられてしまった…。

その時はまあ普通に話してたんだけど、ご丁寧に解散LINEでそういうサービスURLまで送られてきちゃったよ。

本気でどうしても経験したいなら黙って行ってるよ…と思いながら調べてくれてありがとうとか返しちゃってる自分自己嫌悪

これが意外とショックだったみたいで胸にずーんと重い何かが沈んだように残っている。

GWももうすぐ終わるし早く忘れたいんでチラシの裏ということで書いた。

――早々にスマンの追記

友人は恋愛や人の性生活についての話をよくする人なのでそういう追求を終わらせようと発言したんだけど、爆笑してたから私が困っていると考えているとは思わなかった(行ったら絶対感想教えてねとも言われている)。

そうか、真剣に悩んでると思うならそうくるよなぁ…ありがとう

相談所すすめてくれた方もその他の方もありがとうございます。おっちゃんもありがとうやで。

――最後追記

一人に返事をしましたが後にも先にも行くつもりはないです。

2019-05-01

努力できるだけ恵まれてる

子供のころは家庭環境が悪すぎて努力の土台である自己肯定感とか勉強法や進学などの情報とか安心して学べる場所とか、そういうもんが全くなかったな。

今は無限努力できるけどな。一日二十時間学んでいるか稼いでいるかってのが普通になってる。ちょろい。

でも恵まれ環境に幼いころからいたやつには一生勝てないんだよなー。やっぱ親ガチャSSRを引けるかどうかが人生で一番重要だと思うわ。

SSR引いてれば今頃年収億越えの経済的成功者になってたと思う。だって努力できるもん(´・ω・`)

2019-04-30

ハプニングバー、援交、パパ活クラブ。あらゆるチャネルで生きた

ハプニングバー出会い系サイトでの援交、パパ活アプリ恋愛マッチングアプリクラブとありとあらゆるチャネルを使って3年で60名以上とセックスしてきた。

見知らぬものへの好奇心と、生来の性欲と、仕事で埋められない自己肯定感の欠如と、夜の世界で働いていたことに起因する少しの自信と、自己肯定感を補うための買い物による金銭の欠乏と、すべてがないまぜに、東京の夜に埋もれてきた。

上京して3年の都内OL。名のある事業会社に勤めるキャリアOLなので、割と俗っぽい出会い系サイトで会って話すと「こんなちゃんとした人と会えるなんて」と驚かれることも多かった。身元を明かさなくてもふるまいだとか話し方だとかにあらわれる。セックスお金をいただくサービスはいない属性だった。

そんな中、2年半ぶりに彼ができて、とてもそわそわしている。嬉しさと愛おしさと、でも、その反面信じて身をあずけることができない自分がいる。

わたしが後ろめたいことが多かったからか。すこしでも疑問に思われる行動をされると、あらゆる想像が働いてしまう。自分のいままで、自分と接してきた異性たちが秘密をもっていたように。

まだアプリたちを消せていないし、連休中にパパ達と会う予定もある。

そろそろ後ろめたい隠し事をしなくてすむ生活をしたい。一人のひとをちゃんと愛せる人になりたい。

平成の終わりとともに失恋した女の話

平成が終わるのと一緒に、一人の女の儚い片思いが終わりました。

いや、まだ平成は終わっていないけれど。

平成最後日曜日わたしの恋は終わってしまいました。

現実友達には、きっと引かれるだろうから誰にも言えない。でもほんとうに辛くて、身バレするかもしれないけど、もう誰でもいいかわたしの話を聞いてくれという気持ちなので、インターネットの海に流そうと思います



わたし好きな人女の子でした。

言うまでもなく、最初に述べた通りわたしも女です。

そして、わたしは男も女も好きになれる、いわゆるバイセクシュアルです。

自分がそうであると気づいたのは、失恋した人を好きになったとき。好きだと気づいたとき、1年前のことです。

その前にも、一度女の人を好きになっているんだけれど、その時はたいして自覚もなかったし恋愛対象としてはっきり意識していたわけではなかった。

名前がないと不便だから今日失恋した彼女を、まるちゃんとしよう。

まるちゃんのことは、ほんとうに好きだったんだとおもう。

ほんとうの「好き」って、「愛」ってこういうことなのかもって、初めて心から人を好きになれた気がした。

わたしは心の壁がばかみたいに高くて、誰のことも本当は信用していなくて、自己肯定感がとても低い。そんなわたしが、唯一心をゆるした人だった。この人にならわたしの全部をあげてもいいと思った。

まるちゃんバイだった。(のちにレズになったもよう)

「私、好きになるのに性別って関係ないと思うんです」

ふたり床に横になっているときにまるちゃんは言った。わたしはそのときのことをずっと覚えている。

そのとき、誰にも言えなかった、「女の人を好きになったこと」を初めて人に言うことができた。

わたしも、女の子も好きになれるって最近きづいたんだ」まるちゃんにだけはそう言うことができた。まるちゃんは、「わかってくれる人ができて嬉しいです」って言って笑ってくれて、わたしもやっと口にできたことも、理解者が近くにいることがわかったことも、うれしかった。

今日も、失恋をした今日も、「Aさんとは、こういう話ができるから楽しいです」ってまた笑いかけてきた。わたしは上手に笑えていたかからない。

わたしは、あなたが好きだったの。

あなたが好きだから、そういう話をするふりをして、あなた気持ちを探っていたんだよ。

とは、さすがに言えなかった。

わたしにも、こういう話ができるのはまるちゃんしかいないよ。って、へらへら笑っていた。



今日はまるちゃんふたりきりのおでかけをした日だった。

まるちゃんふたりで出かける夢を見た、そう言ったら、「実際に行けってことじゃないですか?」と返されて、まさか、そんな返事がくるとは思わなくて、わたしは返答に詰まってしまった。

そのときはうまく答えられなくて、でも本当になったらいいな、と思ったから、数日後に「この前の、本当に行ってくれるの?」と泣きそうになりながらたずねた。まるちゃんは、「それ、私も聞こうと思ってました。行きたいです」と笑顔で答えてくれた。

そんなこんなで実現した、はじめての、ふたりきりのおでかけだった。

わたしは新しいワンピースを買って、前日にはジャケットアイロンをかけて、ひとりファッションショーをひらいた。

自分でもわかるくらい浮かれていた。恋に奥手な自分が、はじめて誘ったデートだった。(わたしデートだと思っていたけど、もちろんまるちゃんにそのつもりはない)

日にちが決まってからずっと浮かれっぱなしだった。その日が近づくにつれて、まるちゃんは「すごく楽しみです!」と声をかけてきてくれたのも、素直で、かわいくて、うれしかった。

まるちゃん言葉には、いつも嘘がなかった。

本当にそう思っているんだろうなということが伝わってくる嘘のない正直で純粋なまるちゃん言葉が、わたしは大好きだった。

まるちゃんはよくわたしのことを「可愛い」と言ってくれた。

まるちゃんにとっては友達に言うようななんでもない「可愛い」という言葉を、わたしは一日中たかものみたいに抱きしめて、噛み締めていた。

まるちゃんもっと可愛いと思ってもらいたくて、まるちゃんに会える日はお気に入りの服を着て、メイクも手を抜かなかった。

そうやって「可愛い」と言ってもらえるたびにわたしの恋心は増していって、無駄勘違いをしてしまったりした。




今日、まるちゃんは、「実は付き合っている人がいるんです」って小さな声で教えてくれた。

おでかけの帰り道、わたしと、まるちゃんと、二人しか乗っていない車で、ほかの誰にも聞かれることなんてないのに、小さな声で、ゆっくりそう言った。

顔がこわばるのが、体の力が抜けていくのがわかったけど、わたし必死ハンドルにしがみついて、動揺していないふりをした。

車を運転していたらまるちゃんの顔を見て話せないのが嫌だなあ、と朝は考えていたけど、このときばかりは、向かい合っていなくて、顔を見られなくてよかったなと思った。

そのときまるちゃんがどんな顔をしていたかはわからないし、見たくもなかった。

同じように、わたしのこわばった顔も見られていないといい。

上手に笑えたか、声がふるえていなかったか、いつも通り話せたか、なんて答えたか、もう何も覚えてない。

頭がガンガンして、泣きそうになるのを必死にこらえて、ただ前をみていた。

「Aさんで、3人目くらいです、教えるの」とまるちゃんは言った。

なんだそれずるい。そんな秘密な話を教えてくれるなんて、うれしいのに、全然うれしくない。

うそ、やっぱりうれしい。なんだか特別関係になれている気がして、信頼してもらえてる気がして、それは、ちょっとだけ嬉しかったよ。



話はおでかけの3週間前にもどって、なんやかんやあって仲良くなったおじさん(40)とご飯を食べにいったときのこと。

ごはんのあとホテルに連れて行かれそうになって、断るのに「わたし女の子がすきなんです」と嘘をついた。(半分本当)

おじさんはだいぶ困惑していて、ホテルに行こうとするのはやめてくれたけど、最後に「女同士なんて、そんなのうまくいくわけないじゃん」と言った。

わたしはすごく傷ついて、でも冷静になって現実をみてみたら、たしかにうまくいってると思っているのはわたしだけだな、と思った。

まるちゃんは男も女もどっちもいけると言っていたけど、わたしのことは距離が近すぎてそんなふうには見れないと言っていたこともあったな、と。


そんなことがあったから、多少は構えていたはずだった。

まるちゃんわたしを好きになってくれるなんてそんなことはないだろうって。

でも、付き合っている人が女の人だとわかったとき、そしてわたしの知っている人だとわかったとき、その人の名前を聞いたとき、このままハンドルをきって壁に突っ込んでやろうかと思った。

おじさんの「女同士なんて、そんなのうまくいくわけないじゃん」という言葉がずっと頭のなかで再生される。

女同士、じゃなくて、わたしから、うまくいかなかったんだ。

付き合っている人が男の人だったら、まだ、諦めがついたかもしれない。

でも相手は女の人だった。女。女だ。もしかしたらわたしでもいけたんじゃないのかなって考えてしまって、諦めもつかず、でもどうしようもなく、ズルズルと引きずっていまだにまるちゃんのことを考えている。

本物の恋だと思ったものは、こんなにあっさりと終わってしまった。

気持ちを伝えるでもなく、フラれるでもなく、なんだか曖昧なまま終わった。

まだ、思い出してはぽろぽろと涙をこぼしている。


わたしのこの中途半端な恋心も、平成と一緒に終わったらいいのに。

2019-04-29

自分は絵が下手とかなんとか言ってる人がいるんだけど、そんな下手じゃないし、むしろ上手い部類の人だし、自己肯定感が低いんだろうなと思いつつ、毎日たくさん絵描いててすごいなと思ってた。

でもその人、引きこもりなんだと気づいた。昼夜逆転してるし3分おきくらいに日常ツイート内面ツイートダダ漏れ状態バイトなどしてる気配もない。社会人でもないし学生でもない、働かなくても生きていける環境にいて時間がありあまってる人間

最初面白い人だなと思っていたけれど、引きこもりと気づいてからは有り余る時間を好き勝手に使っていることへの嫉妬が湧いてしまった。

大多数の人間労働学業技術取得のための修行)で時間を取られた上で趣味活動時間を注いだりするけど、この人にはそういう時間の制約がない。将来こうなりたいといった目標に向かって鍛錬してるというわけでもなく、ただ単に逃避で趣味に没頭している。(遠い未来で今の経験が活きる可能性はあるだろうが、現状は逃避にすぎない)ずるいなぁ。

本人も現状に何かしら負い目を感じてるから自己肯定できないんだろうなと思った。で、これは良くないとか、この人をどうにかしようだとか、引きこもりは悪いこととは思わん。ただそういう環境にいれることが羨ましいなと思った。毎月残業80時間くらい働いて(当然残業代は0)、休みの日は動けなくて、最近仕事以外何もしていない。俺だってこの人みたいに毎日遊びたかった。

妬み嫉みの先にいきたい

頭の回転が速い、芸術的才能がある、

学歴がすごい、お金持ち、

顔がいい、仕事ができる、身体がいいとか

最近、誰かの頑張りや、誰かの才能に触れることが多い。

その度に「すごい!憧れる!カッコいい!」と強く思うと同時に、「私はそれと比べてどうなのだ?」「こんなに輝けているか?」と自問して無駄苦悶

側として見えるブランドにの価値見出し意味なく心が折れるばかり。足りないのは、誰かと比べる必要などないと理解して初めて得る自己肯定感かも。

人に優しいとか、気遣いができるとかっていう思いやりの部分に価値を置かずに、ステータスしか見てこなかったことの浅はかさ。

嫉妬なんてしてないで、漠然と誰かと比較してないで、日々の小さな優しさや、思いやりを集めてたら、ほっこり幸せになれる気がする。

誰かの優しさに気づけるようになりたい。

2019-04-28

ブコメスターが沢山つくのが虚しい

長い事はてなブックマークを使っていて、ここ最近スターがとても付くようになった。

真面目な論評コメントを書くとスターが付き、斜に構えて皮肉を言ってもスターが付き、本題からズレたことを書いてもスターが付く。

idコールされた事はほぼ無く知名度ゼロなのに、なぜか自分コメントにはスターが集まる。

自分勘違い不正確な情報を書き込んだ時も、自分コメントトップになり、

間違いを指摘するコメントほとんどスターがつかなかった。

これはどういう事なんだろう。

スターを集めるコツみたいなものがあって、自分無意識にそのコツを掴んだのだろうか。

もしくは普通の人ならプライド良識人間関係邪魔をしてできない発言を、ブレーキが壊れた車がアクセル全開で独走している状態だろうか。

皮肉なことに、自分プライベートでの自己肯定感毀損されれば毀損されるほど、自分コメントスターは伸びてゆく。

社会の中で自分存在が小さくなればなるほど、自分の語る主語は大きくなってゆく。

2019-04-26

病院に行ったらADHDの薬をもらった

1ヶ月ほど前にものすごく気分が落ち込んでどうしようもない時期があって精神科の予約を取った。初診だったので1ヶ月後の予約になったんだ。それで今週精神科に行ってきた。

正直もう気分も1ヶ月前と違ってまあまあ良くなってたが、まあ一応予約も取ってしまったなぁと思い行ったんだ。だけど、問診票の「今日はどうされましたか」の部分で、1ヶ月前より元気な私は、気分が落ち込むなんて書かけなかったか白紙にしておいた。

診察室に呼ばれ、先生質問に色々答えていった。小学生の時のこと、中学生の時のこと、順々に体育はどうだったとか、勉強はできたかだとかそういうことを聞かれ、答えていったんだ。そしたら最後集中力が足りないんだねっていわれて、もしよければそういうのを補う薬があるんですが処方しますかって聞かれたんだ。

自分集中力が劣っているなんて一度も考えたことなかったが試してみたくなり処方を頼んだ。処方された薬はコンサータというものだった。

どんな薬か気になり、Google検索にかけてみるとADHD記事がずらっと並んでるんだ。

今までなんども自分他人より劣っていることへの免罪符が欲しくて、いろんな精神的疾患のことを調べたり、アホらしいネットの診断をやったりしてきたが、これは自分には絶対に当てはまらないなと思っていたADHDものすごく衝撃を受けた。でもまだ薬をもらっただけだしADHDだと診断されたわけではない。しかも、私は自己肯定感が低い。診察中でもそれを発揮して他の人よりもオーバーな言い方をしたのかもしれない。だが、私の頭はもしかしたらADHDなのかもしれないという気持ちでいっぱいだった。

それからADHDのことをより深く調べていった。

だがどうも、あまり当てはまってないように思えるのだ。

別に子供の頃も授業中立ち歩いたりしなかったし、空気を読まない発言なんてしなかった。忘れ物は少し多かったけれどそんなに気にするほどではなかったように思える。今だってスマホをどこかに忘れたり、自分のことばかり喋ってたりなんてしていないのだ。

だが、よくよく考えていくと

授業中は立ち歩いたりしなかったけど、授業を聞かずにノートの隅に落書きばかりしていて1時間授業をきっちり聞いた記憶はない。空気を読まないなんてしてないと思っていたが思い返せば幼稚園生の時、おしゃべりがすこし下手だった子に下手だから練習しなきゃねなんてことを言っていたし、中学生の時は理科のワークを5回連続忘れてきたり、高校最初の時も忘れ物が多くて隣の席の奴に嫌われていた。そう考えると、確かにいつも私は浮いていたし、急に怒るから怖いと姉に言われたし、ハサミを使うのが下手だし、計画を立てるのが下手だし、そういえば母はよそ見が多い。ADHD遺伝可能性があるっていうし母から遺伝したのかもしれない…

なんて、誰にでも当てはまりそうな事を考えては自分ADHDなのではないかという仮説を確証にしようとしている。何をしててもそういうことばかり考えてしまう。

あーあーなんでコンサータなんかもらっちゃったかなぁ。精神科いくんじゃなかったなぁ

四月って疲れる

四月って疲れますよね

環境変わるしいつものルーチンが崩れて

子供クラス変えで、保護者会でも「一人ずつ自己紹介を」みたいになるんだけども

みんな「家の子はとっても優しい子で」とか「運動が大好きで」とか「学校では優等生で」とか素直に自分の子供を褒めていて、それが出来ない自分が嫌になりました

つい「外面が良くて」とか子供卑下しそうになるのをぐっとこらえて「マイペースな子で」とか無難な感じで話したけどストレート褒め言葉は言えなかった

子供に直接は褒めるけどそれもすごく意識的に頑張っている

普段からの親のこういう態度が自己肯定感に繋がっていくのだと思うと子供申し訳ない

それはともかく皆様よい令和を

2019-04-24

anond:20190424110243

てめ〜は何様だよ。さぞ綺麗な顔なんだろうな?整形が公表されて許容されるようになった瞬間「整形推進」とか言い出すんだろうがお前みたいなやつはよ。しらね!!!お前らのおもちゃじゃねえし整形は魔法だと思ってないって私言ったよな?だから自己肯定感上げるためにしかやんないの。バカか?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん