「プラセボ効果」を含む日記 RSS

はてなキーワード: プラセボ効果とは

2019-06-18

anond:20190618171803

プラセボ効果かいうやつか

食べすぎたときキャベジンめちゃくちゃ効くからそれと同じだと思ってた

2018-05-26

HPVワクチン関連雑感

この問題については、あまりにもいろいろな人が熱心に議論しているので、本筋はそちらをご覧ください。HPVワクチンにもその有害事象を受けた方にも関わったことはありません。二流の医学研究者としての雑感です。ナラティブな感じでまとめます

HPVワクチン有害事象が発生された方とそのご家族

突然に病気となられたこと、そしてその病気の原因がわからず苦労されたことについては心から痛みいります病気怪我というのは理不尽暴力的個人生活を壊してしまます家族や周囲の方に多大な影響も及ぼしてしまます。原因が何かと求めてしまうのは当然のことでありますし、それが理不尽であればあるほど怒りや不満、そして将来への不安などで胸が張り裂けそうな毎日だと思います

そして、それがよかれと思って打ったHPVワクチンのせいかもしれないというと、すべてが信じられなくなるのもよくわかります。親御さんであれば、なぜあの時に止めてあげられなかったのかとかそういう思いもあり、なおさらつらいことと思います

しかし、それは誰のせいでもなく病気理不尽に誰にでも起こります池田としえ市議が「あなたが悪いのではない」と患者さんとご家族お話されたのはまさに正しいことで、その一言で救われたような気持ちになられた方も多いと思います医学医療は近年かなり進歩してきておりますが、いまだに限界があり、病気がどういうメカニズムで起きて、原因が何かを突き止めることはそう簡単なことではなく、時間もかかります。ましてや、多彩な症状があるとされるHPVワクチン後の症状を一元的説明するためには、データの集積および基礎的研究、臨床疫学データ収集必要となります医療者としても早く元気になるように手助けしたいのですが、現状お役に立てないことを心苦しく思います

一つだけわかってほしいのは、あなたがたを攻撃したり批判する意図は実際のところ誰にもなく、皆がなんとかしてあげようと思っていいます。その思いがSNSなどではなかなか伝わりにくかったり、表面だけで捉えられてしまっておりますこちらとしても悪意はありません。ともすれば、HPVワクチンのせいではないかもしれないと指摘しただけで、本人にとっては侮辱されたような気持ちになられるかもしれませんが、その意図はありません。複雑な病態はいろんな観点からみて、いろいろな見解総合して、自分の考え自体にも違うかもしれないと常に疑いを抱いてその疑問点を潰していくことで真の姿に近づいていきます。色々と大変なのはわかりますし、憤りをぶつけたくなるのもわかりますがあまり攻撃的な態度を周りに振りまいていると、こちらとしても助けの手を伸ばしづらくなりますHANSと呼ばれる疾患群はまだわからないところも多く、鑑別が難しい他の病気である可能性もあります。他の患者さんで良い治療あなたに良い治療ではないこともあります。色んな情報が溢れていて、混乱することもあるかもしれませんが、あなたを一番知っているのは主治医であり、主治医にまさる情報源はありません。HANSに対して否定的意見であるからといって、あなたに起きていることを否定しているわけではありません。他の病気可能性も検討してなんとか糸口を探そうとしている人もいます心因性の疾患であるからといって、いわゆる「気の所為」ということで病気ではないと否定しているのではありません。心因性病気であっても、重篤場合身体にも影響がでますし、恥じるようなことではありません。

先にものべましたように患者さんを直接見たこともなく、HPVワクチンにも関わっていません。あくまで、医療者、医学研究者としての個人的な見解について申し述べます

HANSについて(個人見解

HPVワクチン後に痙攣や神経障害などの副作用があるというニュースや、積極的勧奨中止となったことは一般的ニュースとして知りました。その後で、池田班によりNFκB P50欠損マウスによる実験結果が発表されたことで日本人には副作用やすいのかなと思いました。マウスの結果なので、それがヒトにそのまま当てはまるかどうかはわかりませんが、NFκBについては以前にも研究していたので自己免疫性疾患への関与があるというのは説得力のある研究成果だと思いました。

しかしながら、村中璃子氏らによって、その実験結果には大いに疑問とすべきところがあるということを知ってからHANSのものについて懐疑的となりました。さらに、HPVワクチンによるモデルマウス作成実験について、Scientific reportsに掲載された論文がretractになりました。retraction自体は珍しいことでもありません。研究が正しいか間違っているかについてはいろいろな見解もりますが、いま雑誌掲載されている論文のうち80%は20年後にはどうせ間違っていることになるのが科学です。しかしながらretractされた後に記者会見が開かれるというのはめったにあることではありません。会見の様子が動画で公開されていたので拝見しました。以下の2点ほど疑問が残りました。

Figure 3について

病理組織でどこが病変として指摘されるべきか、図の解釈についての質問に対して誰もきちんと回答できていませんでした。論文撤回されたことをうけて、論文の内容を説明し、その正当性を主張するための会見ですから実験結果について聞かれたら、普通であれば待ってましたとばかりに答えられるはずです。学会研究会、学位審査公聴会であのように答えられなければ、研究成果は認められません。たとえ、病理の判定を第三者委託したとしても、論文発表する時点ではどこが病変であるのかは少なくとも共著者も含めて全員が知っていなければいけません。そうでなければ、研究不正と言われてもおかしくありません。(参考:http://www.wiley.co.jp/blog/pse/?p=27806

学位審査公聴会で図について、主査、副査として質問したことのあるような方々が、このような致命的と言われるようなエラーを起こされたことについては誠に不思議というか残念としかいいようがありません。

モデルマウスについて

この分野の実験にはあまり習熟していないのですが、マウスとヒトでは免疫系も神経系も違いが多く、ましてやHANSとよばれる疾患については、複雑な症候がからみあっております。一方で、この論文作成されたモデルマウスではtail drop(尻尾が垂れる)と若干の筋力低下がおこるとされております。このtail drop現在起きているとされる多彩なHANSの症候がどうも結びつきません。実験結果として、視床下部に異常のあるモデルマウスができたのかもしれませんが、これをもってHANS証明とするのはいささか言い過ぎのような気がいたします。まぁ、だいたいの研究論文自分たちが主張したいことについて、主張しすぎる傾向はありますが。

自己免疫疾患を起こしやすいBALB/c使ってさら高濃度HPVワクチン百日咳毒素を使って、視床下部に病変のあるモデルマウス作成したことまでは現象として認めるとして、それでは他のワクチンでは起きないのか、HPVワクチンのものなのか、アジュバントによるものなのかについても検討必要だとも思われます学会座長風に言えば、「今後のご検討をお願いします」といったところでしょうか。

HANS発症HPVワクチン積極勧奨中止後に少なくなっていることについて

HANS定義HPVワクチン接種を前提としているので、HPVワクチン摂取した人が減ればHANSもまたトートロジー的に減ってしまますHPVワクチン接種していないかたでも、同様の症状を呈する人が名古屋レポートで報告されてはおります。SMONの例が出されておりましたが、SMONの定義キノホルムの投与を前提としておりまん。HANSHPVワクチン接種後1000人に一人あるいはそれ以上に発症するという根拠もあれば示してほしかったです。

HPVワクチン後に病気になられた方のためになんとかしようとして、HANSという概念提唱し、動物実験を進めてこられた熱意は尊敬には値しますが、主張しすぎたばかりに結果としてはおそらく、HANSという概念医学的に広く受け入れるには遠くなってしまったと思います

HPVワクチンについて

医師として患者さんの診断、治療を進めていくに当たってこちらが予期しないこと、悪い方向に向かうことはしばしば経験することです。色々と論文を集めて読んだり、色んな人の意見を聞いてまわって、患者さんやご家族と話してお互いに納得していても、結果が悪ければ悔やんでもくやみきれません。99%にとってよいことでも、1%に当たった人にとってはたいへんなことです。せめて、自分以外にも納得してくれる人が多ければ、やむを得ない選択であったと評価してもらえることもあります一部の人からは、医学者のお遊びともうつるかもしれませんが、有力な雑誌掲載されている論文やコクランが出している内容は広く医師としては受け入れられているものです。この中には間違いがないとは言えませんが、その時点での有力な見解を示しています。もちろん、そんなのはデタラメだ!自分はこう思う!ということで先に進まざるを得ないこともありますが、それが良い方向に向かわなければ、その責任は一人で追う必要があります法廷でその是非を争うことになった場合に、「個人思い込み」を応援してくれる人はあまりいません。

したがって、一般的医師科学エビデンスがあるかどうか、それが一般的コンセンサスとなりうるものであるかどうかを重視します。

HPVワクチンについての医学的な検討については、NATROM氏の「2018-05-21 HPVワクチンの「重篤有害事象」7%は高すぎるか?」 (d:id:NATROM:20180521)で、私が言いたいことはほぼ全てのべられていますし、多くの医師妥当と考えるでしょう。有害事象は、医学介入(薬やワクチン、手術など)が起きたあとに発生し、患者さんの不利益になったすべてのイベントを指します。因果関係があるかどうかは、その時点では不明確なことが多いので起こったことはすべて「有害事象」として記録されます。「重篤な」の定義一般的には、「少なくとも入院治療必要状態」です。2年間の追跡調査で、入院治療をされたかたが7%程度いらっしゃったということです。学校でいうと、40人のクラス怪我病気で年間1−2名が入院するというのは決して多くも少なくもないと思いますHPVワクチン対象として生理食塩水ではなく、A型肝炎ワクチンが使われるのは、痛みや腫脹などのワクチン特有の症状が出るかでないかで、偽薬であることが本人にわからないようにするためということについて、「痛みとか精神的なもので症状に影響するのか」と疑問を持たれた方もいますが、プラセボ効果ノセボ効果というのは厳然としてあり、時に厄介にもなりますA型肝炎ウイルスにはアジュバントが含まれておりませんが、それについても「アジュバントなしと言っておきながら、実際にはT細胞活性化させるKRM003が入っているではないか」と疑問におもわれたかたもいらっしゃいましたが、KRM003は「不活化したA型肝炎ウイルス」で、ワクチンのものです。アジュバントではありません。

池田としえ市議について

困っている人の役に立ちたいという思いで政治家になられて、HPVワクチン後の有害事象で困っている方などに対して、なんとかして救いの手を差し伸べようという姿勢は素晴らしいと思います。この問題がなぜ、ここまで大きな問題になったかというと、ワクチンを始め薬剤に対する有害事象が起きた際にサポートする体制が不備であったことによります。神経難病に対しては研究も臨床体制も十分ではなく、国の医療抑制策の中で現場が縮小しつつあり、対策を建てるには政治の力が重要です。PMDAも本来であれば薬害オンブズパーソン的な役割を果たすべきですが、機能しきれていません。サポート体制を整えるには、行政だけではなく、広く医師薬剤師研究者などを巻き込んで協力体制をつくってかなければなりません。そのためには、一人でも多くの医師見方につける必要があり、あなたから見て問題があると思っても、現場医師恫喝するのは逆効果です。そういう発言を見ると一般的医師が見たら、協力するよりも引いた態度を取ると思います医学論文などの評価についても、ブログを読むだけではなくて、信頼できる専門家意見を直接聞くなどされたほうがいいかと思います。diploid(2倍体)をデブリ翻訳されているのをそのまま引用されたりしていると、頭を抱えざるを得ません。

まり一般医師が受け入れられない考え方の意見尊重することもまた、現場医師が離れる原因となります。彼らはプロパガンダ的に、あるいは彼らの商売上の理由あなたがたを利用しようとすらしますのでご注意ください。そういうところに偏ると一般的医師はどんどん離れてしま危険性があることもご承知ください。

政治家として、反対意見の人も見方につけるくらいの政治力を発揮していただきたいと陰ながら応援しております

村中璃子氏について

いろいろと発言が難しい状況で、Wedgeに書かれた文章はこれまでもやもやしていたのがすっとしたような感じがしました。ジョン・マドックス賞の受賞もおめでとうございます。ただ、小B方さんなみに脇が甘く、言葉使いが雑なところが気になります。ウェット系の実験の読み方もあまりなれていらっしゃらないですよね。裁判についてはあなたが主張されることはごもっともではあるのですが、負ける可能性は十分にあると思います文部科学省研究不正をこのように定義しておりますhttp://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu12/houkoku/attach/1334660.htm

(1)捏造

 存在しないデータ研究結果等を作成すること。

(2)改ざん

 研究資料機器過程を変更する操作を行い、データ研究活動によって得られた結果等を真正でないものに加工すること。

(3)盗用

 他の研究者アイディア分析・解析方法データ研究結果、論文又は用語を、当該研究者了解もしくは適切な表示なく流用すること。

問題となっている論文では、データ研究結果は存在するので「捏造」とはいえません。むしろ研究結果を真性でないものと主張したという「改ざん」ですが、これも論文によくある「言い過ぎ」といえば言えてしまます

その他、「売名オヤジ発言などtwitter軽率に出してしまうと、「売名オヤジ」扱いされたくない男性医師研究者は協力したくなくなります。これは、流石に問題あると思って消したようですね。いろいろと積年の思いが会ったにしても、記者会見でしどろもどろになっているのを揶揄するような発言をtwitetrでして、あなた気持ちははれるかもしれませんが、得することは少ないでしょう。研究して論文出して、結果が間違っていてretractされることは研究ではよくあることで、それ自体が悪いことではありません。今回のretractionをもって、研究費にまで言及してしまうと、研究者まで敵に回すことにもなりかねません。

バズフィード岩永さんとか、同性できちんと指導しくてくれる人に文章を見てもらったりしたほうがいいんじゃないでしょうか。どうしても、「オヤジ」は女性に甘くなりますので、あまり参考にはならないでしょうね。

続く

2018-04-09

anond:20180409135104

外資系は肌に負担がかかるイメージあるから国内ブランドかなぁーとは思った。

敏感肌自称だろうし、「肌荒れしない」はプラセボ効果しか思えん。

2018-02-21

anond:20180221000209

どこで何を調べた結果か知りませんがプラセボ効果でしょうね。

2018-02-02

anond:20180202134232

極論を言えば、うつ病病院に行かなくても自然寛解する病気なので(抗うつ薬による治療寛解に至る期間を短くするくらい)、「これをしたら効果があったよ」という個人体験談ホメオパシーと同等レベルです。

紹介するならせめて二重盲検ランダム比較試験を行って、臨床的に有意な差が認められたもの限定したほうが誠実なのではないでしょうか。

抗うつ薬ですら臨床試験プラセボ有意差を示せず敗退していったものがいくつもあるわけで、それくらいプラセボというのは強力な作用があります

ここに示されたいくつかもプラセボ効果だった可能性が排除できていません。

元増田に悪気はないのでしょうがはてなでは、メンタルヘルスに関する話題だとエビデンスがなくても食いつきが良い傾向にあります

それくらい精神科医療に関するリテラシーが低い人たちに対して情報発信をする際には慎重の上にも慎重をきすべきだと思います

2017-09-19

anond:20170918230437

精神科生業としている。

もし心配なら、彼氏の親と連絡を取って、彼氏宅に突撃が吉。

親に連絡がまず最初精神科的に危険状態精神保健指定医判断されれば、本人の意思がなくとも、家族同意入院させることはできる。(精神保健福祉法医療保護入院

外来については、強制的受診は、家族警察以外にはさせられない。

警察官職務執行法3条による、精神障がい者保護によって、警察が連れていくことは可能

家族特に法的な根拠はないが、危害を加える目的が明白でない限りは、親族相盗になると思われ、病院受診が本人の不利益になることはないので、極端な話、取り押さえて担ぎ込んでも恐らくは大丈夫

入院しろ外来しろ、この家族の中には婚約者は入らない。よって、受診させたければ家族に連絡。

元増田はむしろ、そこまでする状態かどうかで迷っていると思われる。彼氏への進め方として、食欲不振や不眠など、うつによくある症状がないかきいて、それの改善目的に、受診を進めるのがセオリーかも。

現状は変わらないが、ゆっくり休むこともよい考えをするためには重要。落ち込んでいるときは、良いアイデアは浮かばない。

健闘を祈る。

追記

うつ病かどうか」判定するためには、精神科受診するしかないので、入院外来とどういう枠組みで治療するかはおいておいて、彼氏家族とは状況を共有しておいたほうが良い。

精神科医療への批判は甘んじて受けなければならない。診断にあたって生物学的マーカーを持たないために、診断の妥当性を真に検証することができず、治療への反応性という診断的治療に関してもプラセボ効果が大きいために、確証を得ることができない。このようなあいまいさは、治療がうまくいかなかった場合に容易に不信を招くだろう。

うつ病については治療によく反応する人としない人がいて、常に100%の良い結果を残せるわけではもちろんない。ただしこのことは、病態が明らかにされ診断と治療確立されているほかの身体的な疾病に関しても、同様であろうと考える。

現実的に、メンタルヘルスにかかわる問題が起こったときに、家族以外で真剣にかかわってたよれる機関は、精神科医療以外に選択肢がないことが多い。

手の届かない状況で、大切な人が苦しい思いをしているかもしれないという状況は、とても苦しい心情と察する。もし、精神科など医療機関受診することになったとしたら、信頼できる精神科であることを祈る。

2017-07-31

抑肝散陳皮半夏、2日目

いま、4袋目をぬるま湯で飲んだ。

現時点での感想

鎮静効果は感じる。

飲んでしばらくすると心がクリアフラットになる感じ。

アッパー系ではないのでやる気は起きないけど、落ち着くといえば落ち着く。

プラセボ効果かもしれないけど、発汗効果利尿効果もあるように感じた。

副作用らしい副作用も感じないので、とりあえずこのまま服用を続けてみる。

2016-01-16

http://b.hatena.ne.jp/entry/twitter.com/Ryohsuque/status/687630987086315521

ホメオパシーについて何ら擁護する気持ちはないが、薬理作用のある薬ならプラセボ薬理作用でレメディより必ず効く、というもんでもないと思う。

値段の高い薬の方がプラセボ効果が大きく出るという研究もあったようだし(ソース失念。すまぬ)、プラセボ効果をより大きく出せるシステムとしてホメオパシー理論や手順が機能している可能性はある。

ならば、(薬理作用が気休め程度の薬+標準的医療手続きで得られるプラセボ効果)<(薬理作用のないレメディホメオパシーによるプラセボ効果)となる場合もあり得る。

ホメの理屈がそれっぽいと思う人にはより効果的だろうし、逆に怪しいと思う人には効果が薄いだろう。理論や手順だけじゃなく、施設雰囲気とかも関係あるかもしれない。

一番いいのは、標準医療ホメオパシーそれぞれの枠組みで、薬理作用のある薬とレメディをそれぞれ処方して比べることだと思うけど、まあやらないよね。

薬理作用が火を見るより明らかな感じの薬については、やはりプラセボの及ぶところではないと思うけど、風邪薬くらいだと微妙なんじゃねーかな。

2015-12-23

西友エナジードリンクが素晴らしい

西友PBのエナドリ( https://goo.gl/7r9tng )が至高すぎて、夜も眠れません(カフェイン的な意味で)。

以下、本製品アドバンテージを激しく褒めちぎっていきます

薬っぽい味

 ユンケルのような、ちと高い栄養ドリンクに似た味がします。

 懐を傷めず(後述)、高級感に浸れるのです。

 プラセボ効果抜群!

スーパーハイになれる

 カフェイン含有量は100mlあたり64mgです。

 対してモンスターエナジーは36mg、レッドブルは32mg、コーヒーは40mg

 ガンギマリですよ。

 1缶250mgなので、トータル160mgのカフェインドーピングできます

 糖類もたっぷり(12.4g)入っているので、頭フル回転間違いなしです。

お安い

 1缶158円(お値段たぶん据え置き)。

 カフェイン100mgあたりの価格は約247円。

 モンスターエナジーレッドブルはそれぞれ約528円、818円( https://goo.gl/u5lMhU , https://goo.gl/YSGfnZ )

 エスタロンモカ錠(約16円 http://goo.gl/RymAfE )にはかないませんが、エナジードリンクの類では最もお安いかと思われます

 圧倒的コスパ感謝

簡易レビューは以上です。

Amazonレビューであまねく布教できないのが残念で仕方ありません。

西友さま、サイトレビュー機能実装してください。お願いします。

2015-11-16

トリコロール大会ホメオパシー

テロにかこつけて、そこいらじゅうのランドマークトリコロールに染まっている。

これで連帯がなされ平和が実現するわけなどなく、たんにそんな気がする、あるいはたんにそう思いたいだけのはなし。

だとすればこのトリコロール祭りなどニセ科学ならぬニセ平和運動にすぎず、レメディていどのものしかない。

平和の構築とは地道で気の遠くなる、終わりのない不断行為総体ではないか。

プラセボ効果に酔わされるうちに失うものがないよう気をつけたい。

2015-09-04

読書メモ代替医療トリック

代替医療トリック

http://www.amazon.co.jp/dp/4105393057

代替医療:主流派医師の大半が受け入れていない治療法(この本の中での定義)。

ホメオパシー※1とか鍼とかハーブとかその他得体の知れない代替医療は数あれど、それらを冷静に論じた研究は意外に少ない。盲目的に信じ込むか、逆に根拠のないたわごとから皆殺しにすべきとか、ヒステリック物言いは割とあるのだけど。

この本では、医薬品では実際に行われている二重盲検法を同様に用いて、代替医療各々は効果があるのか、何にどれくらいの効果があるのかというところを冷静に検証している。第一章では、経験ではなく根拠に基づいて医学を発展させてきた歴史を大まかに説明している。二重盲検法について知っている人でも医学史として楽しめること請け合い。壊血病の対策をいち早く発見できたイギリスの躍進とか激アツ。

※1:ある物質が持つエネルギーを水に記憶させることで治療薬を作成する。溶液は百万分の一以上に薄められて有効成分の分子が含まれてないかもしれないけど、希釈されればされるほどエネルギーは増幅されるから大丈夫だよ(大丈夫じゃない)。材料植物鉱物生物など様々。ベルリンの壁材料にしたものもあるよ。

この本の中では、具体的なエピソードは読んで欲しいので省きますが、多くの代替医療科学的な検証を経てプラセボと同等の効果しかないという結果が繰り返し提示されます効果があるものも、検証する立場の人が中立じゃなかったり、認知的なバイアスによるものなんじゃないかという検証がなされます一時的に悪い状態(風邪とか)が平均への回帰でほっといても治ったのを、代替医療を施したせいだと思ってもらう工夫とか。

作中でも、また世の中にも「プラセボでも効果があるのならそれでいいじゃないか」という意見がしばしば出されます。著者はこれに対し、以下のように反論していました。

プラセボ効果を最大にするために、医師意図的患者を騙すことになる

=水平的な立場ではなくなり、患者自己決定権を阻害する、不誠実な関係を築くことになる

医師プラセボ効果を守るために薬効の真実について口をつぐむことになり、医学進歩ストップする。製薬企業も金のかかる新薬開発を投げ出して砂糖玉販売に終止するようになってしま

代替医療自体に害がなかったとしても、代替医療を選択することで主流派医療を受ける機会損失となり危険

予防接種を受けさせない親とか)

治験でもプラセボ効果が出やすい分野とかはあるそうです。軽度・中等度のうつとか。でも抗癌剤とかだと明らかにプラセボは駄目なことが多いっぽいので、そっち方面までプラセボでもいいんだの民に駆逐されるとやばそうな。▲

などなど。このあたりがヒステリックじゃなくエレガントに書いてあって感じが良かったです。

アメリカでは代替医療の一つであるホメオパシーが、昔から有力者に好きな人が多いとかでFDAアメリカ食品医薬品局。医薬品臨床試験とかする。つよいきびしい)の審査抜きでガバガバ売られてたり、イギリスではチャールズ皇太子代替医療大好きでその効果の程を知らしめるための機関を作って研究者から批判されたりとか、日本とは違う実情があるみたいです。日本でもやってる人はやってるみたいですけど。

巻末には30種類くらいの代替医療効果のほどが簡略にまとめてあるので、代替医療概論としてもおすすめ

代替医療についてまとめて学ぶのが初めてだったので興味深かった。「多次元DNA手術はチャネリングテクニックを用いて、DNAレベル問題のある配列を取り除き、神のような完璧配列で置き換える治療法です」とか最高にキてる。▲

代替医療呪術構造が似ていると思った。

呪術がその効力を発するには、以上の条件を満たさなくてはいけない。呪術それ単体で存在するのではなく、呪いにかかったと信じる人がいて、それが呪いにかかったからだと信じる社会があって、呪いをかけた人間がいて、はじめて呪術が成立する。呪いにかかったと思わなければ呪いは成立しない。

以前『医療人類学のレッスン』でも書いたんだけど、プラセボあるいは代替医療効果を発する状況には、似たような構造があると思う。

代替医療を受ける人が居て、それが効果があるものだとする社会存在して、そのコミュニティでは権威のある施術者が居て。施術者と患者関係が非水平的(知ってる人と知らない人、授ける人と助けを乞う人)という構造も似ている。実際には何もないのに、なにかあるように見せかけることができるってほんとに魔法のようだと思う。呪術代替医療プラセボ類似性が私の中で熱いので、今後も追いかけていきたい。▲

医療人類学のレッスン』私的読書メモ

▼▲でコメント挿入。

医療人類学のレッスン 病をめぐる文化を探る』 http://www.amazon.co.jp/dp/4313340165

著者本人HPインデックスあり

http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/user/rosaldo/00-Frame2012.html

論点くらいは確認できるっぽい。

医療人類学の始まり

前提:歴史一定の方向に進化しており、最後絶対的価値を持つ正しいものけが残る(勝利者史観)が支配する状況

19世紀から20世紀初頭のヨーロッパにて、「歴史時間的に遅れた未開民族医療を調べれば、西洋人過去発見できるのではないか?」という発想から調査。現地に赴く宣教師等に非西洋の様々な文化的事象蒐集させた。

▼私としては文化結合症候群トピックが興味深い。文化の違いで人々の葛藤行動やストレス表現行動は異なる。文化的差異精神疾患に典型にみられるということだった。

このあたりは『クレイジー・アライク・アメリカ』に詳しかった。香港での拒食症欧米拒食症と違う病像だったけど、DSM基準で診察する精神科医の増加でその病像が変わっていくとか。

苦痛イディオム」というのも興味深い。ストレス表現するそれぞれの文化独自イディオム日本語でいうところの慣用句的なところでの「肩が凝った」とかか。身体に表現されやすい(身体を表現する言葉に落とし込まれやすい)かどうかは文化次第かな。精神ストレス精神的異常を表明しづらい文化圏では心身症が多く出ると聞くし。日本とか中国とか。ヨーロッパ心身症少ないと聞くけど本当なのか。どっかで統計拾いたい。

各論

著者本人HPインデックスあり

http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/user/rosaldo/00-Frame2012.html

論点くらいは確認できるっぽい。

読んだ中だと、特に呪術」「憑依」と「狂気」が興味深かったです。狂気フーコーとかのアレでおなじみ。でも、狂気だけでなく、国家が個人の健康・身体をどう扱うかみたいな部分でも頻出していました。

呪術

http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/user/rosaldo/000606magicLS.html

呪術がその効力を発するには、以上の条件を満たさなくてはいけない。呪術それ単体で存在するのではなく、呪いにかかったと信じる人がいて、それが呪いにかかったからだと信じる社会があって、呪いをかけた人間がいて、はじめて呪術が成立する。呪いにかかったと思わなければ呪いは成立しない。

▼このあたりは治験プラセボを使ったダブルブラインドテストとは真逆ダブルブラインドテストは、薬効のないプラセボと実薬を、医師患者もどっちか分からない状態で投与して、薬効の有無や程度、安全性確認する。プラセボでも改善効果副作用が出ることはあるので、プラセボに対する優越性を確認するのが目的試験

しかし、向精神薬や鎮痛剤の類など、プラセボ効果比較的出やすジャンルがある。器質的な異常なんかをプラセボ改善するのは難しいけど、精神症状や痛みの評価は気の持ちようのファクターがある程度あるので。(もちろん、実際に世に出ている薬はそれらを乗り越えて承認されたものなので、有効な薬だとは考えられますが。)

プラセボが効いちゃうというのは、呪術構造的に似てると思う。

薬に対する期待(あるいは副作用があるのではという不安)があり、治験薬を処方する医師治験に対する期待(不安)があり。服薬したのが単に乳糖を固めただけのプラセボであっても実際の改善効果副作用として現れてしまう。これは科学という権威に支えられて発動した呪いだと思う。

精神科のくすりを語ろう』で熊木先生がいってた、向精神薬は薬への期待や医師への思いも含めて服薬する、効くということなのだよみたいな話を思い出す。薬効だけでなく、薬をめぐる心の揺れ動きも効き方のファクターになる。それが向精神薬を使うということ。

webですれ違った人に、不安発作に襲われた時のために抗不安薬を持ち歩くこと、薬が入っている包みをさわることそれ自体安心する人がいた。その人はとっくに使用期限が切れたそれを「私のおまもり」といって大事にしていた。以前それを飲んで安定したとか、医師との関係とか、色々な要素があって、そのひとにその薬は安定をもたらしていた。もはや飲まなくていいレベルで。これも向精神薬を「使う」ことになると思う。現代呪術。▲

☆憑依

憑依とは:異常性をもたらす主体

私が病気になっているという状態ではなく、外部に症状の原因となる霊的存在を想定する。

それ故に、人ではなく霊的存在に働きかけることでどうにかするという話。

憑依の認識と流れ

苦痛がある

オーソリティによって何らかの霊的存在に憑依されているという判断がなされる

それによって症状の見方が変わる。身体内部の問題でなく、外部に存在するものとの関係問題へとシフトする

憑依したものに対する儀式

呼びかけ、憑依された人をトランス状態にする、命名する

自己=身体から精霊主体の分離)

意識的意思決定ではなく儀礼空間に身体が感応するという意味で身体的自己による参与

化物語の蟹のアレとか分かりやすいですね▲

自分の中にある困りごとを、外在化させて対象化する、私・誰か・それの三項関係で扱えるものにするというのは心理療法的。分かりやすいところではフォーカシングがそうだし、普通カウンセリングの中でも言語化することで自分の中のもやもやと向き合い、扱えるようにしていくというプロセスは踏むし。対象化したそれに対して、言語アプローチするのではなく、あくまで身体的・無意識的なアプローチをかけるのも面白い象徴象徴のまま扱っている。そのものの持つエネルギー減圧させない感じがしてすごい。▲

2015-07-14

http://anond.hatelabo.jp/20150714143510

プラセボって言ってるからホメオパシーとかの治療効果の話だと思うけど、プラセボは「根拠」にも「結論」にも使われてないよ。

プラセボ機序がはっきりとはわかってないことは議論には関係ないんだよ。

「なんでだかわからないけれど、効果が無いはずの物質を薬だといって与えると一定の効果統計的に見られる」←重要なのはこの部分に再現性があること。別にそれが波動だろうが宇宙意志だろうが原因はどうでもよくて、再現性があれば基準として使える。

X:「効果が無いはずの物質を薬だといって与えて見られた効果

Y:「効果を測定したい物質を薬だといって与えて見られた効果

XとYが同程度であることを以って「測定したい物質には特別効果はない」と推論することについて、プラセボ効果自体は「根拠」でも「結論」でもないよね。強いて言えば「道具」?

2015-02-25

http://anond.hatelabo.jp/20150224174630

大きなトラウマ災害や肉親の死など)の場合は、それと向き合い、乗り越えることが必要かもしれないけど、

そういうフラッシュバック場合は、これをすれば忘れる、この言葉を唱えると忘れる、と言い聞かせるのは

本当に有効だと思う。

例えば深呼吸を5回するとか、肩の上げ下げを5回するとか、頭の中で「パップラドンカルメ」っていうとか。

リセットする方法を決めてしまう。それで忘れると思い込む。


それでもダメなら病院いきましょう。

カウンセリングで終わるかもしれないし、薬を処方されるかもしれない。

軽い精神安定剤ならおまじないみたいなもんです。

これ飲んでるからもう大丈夫というプラセボ効果の方が重要なんじゃないかと思っています

2014-06-19

夏休みメンヘラ女と性奴隷

病院廃墟で起きたことをかなさんに相談した。

「生き霊でも飛ばしてたんじゃない?」

夏休み

大学も推薦で決まり、あとは遊びほうけるだけの日々を迎えた。

彼女とはつかずはなれず、セックスは続いていたが

廃墟めぐりだけはあれ以来、していなかった。

「うち、泊まりにくる?」

暑いバイトもやる気がなかったし、特別プランも考えていなかった僕に彼女からメールが届いた。

ぼくの頭の中はもう、朝から晩まで24時間セックスする、という一点にしか興味がなかった。

二つ返事で彼女の誘いにのり、終業日の夕方、ぼくは出来る限り早くつけるよう、

交通手段を駆使し、彼女アパート勃起したちんことともに訪れた。

彼女はまだ帰っていなかったがすでに家に帰るバスの中だと言うので

近くを散策してみた。

森を切り開いたような場所大学キャンパスがある。

そこから歩いて数分のところに彼女アパートはあった。

車がないとどう考えても不便なところだったが、大学の前にはコンビもあったのでまあ人が住めないわけじゃないなと感じたのを覚えている。

遠くから彼女が乗っていると思われるバスが近づいてきたので、ぼくはバス停まで走っていった。

降りてきたのは彼女とその友達

「ほんとに高校生彼氏いたんだ・・・。」とその友達彼女に言った。

「だから言ったでしょ。」

その友達を含め、ぼくら三人は彼女アパートへ向かっていった。

ちょっと待ってて。」

彼女はそういうと、部屋の鍵をあけ荷物を中においてすぐさま戻ってきた。

どうやら車でどこかに出かけるらしい、と思ったら、ぼくのための食料を買いにいくのだという。

早く二人きりになってセックスしまくりたいんですけど・・・

と心の中で思っているうちに勃起していた。

スーパーで買い物をすませ、その友人を送って、ようやく二人きりになれたので

車を人気のない場所にとめてもらい、

愛撫しあった。

最後までしちゃう?」

彼女がそういったので、ぼくはドアを開け、そとにでて運転席に座る彼女を引き出し、シートに手をつかせてバックで嵌める態勢を整え、後ろから突いてあげた。このとき、ひどく蚊にさされてしまったことを、夜、彼女のお尻の赤くはれた虫刺されを目の前にした時に思い知らされた。

薬局へより、コンドームをまとめ買いして、部屋へ戻った。もちろん、部屋にはいるやいなや、またセックスした。流しに左手をつき身体をささえながら彼女は後ろから突かせてくれた。アパートとは言うものの、キッチンが六畳くらいある1Kの部屋で、どうやら女性専用らしい。ただほとんどの住人が帰省してしまっているらしく、少しくらい大きな声だしても隣近所には聞こえないようだった。

その晩は本格的な料理を作ることをあきらめ、とにかくセックスしまくった。三回目の交尾を終えた後、おなかがすいた僕らは街まで出て食堂のようなファミレスハンバーグを食べ、帰りに河川敷に車を止め、またカーセックスに挑んだ。

帰路、コンビニレッドぶるを買いプラセボ効果で僕はまた元気になり、部屋に戻るやいなやこんどはベッドの上で正常位で交わった。そのまま服も着ず、ぼくらは可能な限り、一つに合体し、性衝動解放しつくしていた。

翌朝、バイトへ行くという彼女を引きとめ、またしても玄関でまぐわった。

「もう、遅刻ちゃうでしょ?」と怒りながらも、とても満足そうな顔を見せた。

そんな風にして、毎日から晩まで可能な限りセックスしていた。

彼女セックスが大好きだったし、僕が求めれば必ず答えてくれた。

もちろん彼女しか知らない僕はそれが当たり前だと思っていたし、まさか彼女メンヘラだとは想像すらしていなかった。

転機が訪れたのは、二人で一緒のときにぼくの携帯が鳴った時だった。

それはかなさんからで、先日相談した件についてもっと詳しく聞きたいから会って話さないか、ということだった。

しかし僕は彼女とのセックスに溺れていたのであまり乗り気ではなかったし、いまの幸せな状況が続けば何も問題なかったので、丁重にお断りし、電話を切った。

「女でしょ?なんなの?」

そう言って僕の折りたたみケータイを取り上げると、バキっとへし折ったのだ。

「えっ」

わず声が出てしまった。

「何してんの?ちょっと・・・。」

「○○さ、今日からわたしの奴隷から。口答えとかなしね。」

豹変する彼女にぼくは狂気を感じた。

その日を境に、彼女はぼくに執着するようになった。

彼女バイトへ言ってるとき、少しバスに乗って出かけたことがある。

その時、ケータイを折られてしまっていたので連絡手段は自宅の電話機だけだった。

どうやら休憩時間彼女は家に電話を入れたらしい。もちろん僕は外出していたので出ることはできなかった。

バイトを終え帰宅した彼女は一日どこへ行ってたのか?女と会ってたんじゃないか?と僕を責め立てた。

正直に、バスちょっと買い物に出ただけだよ。ケータイ使えないし、他の人に連絡手段がないから誰とも遊べないよ。

そういっても、彼女は聞く耳を持たず、女だ、女と会ってたんだ、と泣き出してしまった。

ぼくはあっけにとられ、彼女が泣き止むのを待った。気まずい沈黙テレビでもつけたかったが、彼女の部屋にはパソコンしかなかった。

すると、下を向いて泣いていた彼女が突如顔を上げ、ぼくを見つめ

「ねえ、抱いて」と目で訴え始めた。

僕は彼女のそばにより、キスをして服を脱がせてその場でセックスした。フローリングの床にカーペットがひいてあるだけだったので、あちこち痛かったがしょうがない。中に出してやると彼女安心したのか、そのまま寝てしまったのでベッドへ連れて行ってやった。

彼女が寝ている間、僕はパソコンを立ち上げネットサーフィンを始めた。お気に入り、にはぼくの廃墟ホームページがあった。履歴を見ると、「ばれない リストカット 方法」というサイトをみた痕跡があった。ぼくはそっとパソコンをとじ、その場に横になった。

すると、ベッドの方から視線をかんじたのでそちらを見ると彼女がじっと僕を見つめていた。

「また女でしょ?」

もうわけがからなかった。「ネット見てただけだよ。」

「女とメールでもしてたんでしょ?」

見に覚えのないことで詰問されることがこんなに辛いこととは想像すらしたことがなかった。


僕は彼女の隣に横になり、またセックスした。結局二人ともそのまま寝てしまい、朝起きるといつもの彼女がそこにいたので、悪い夢だったんだと思うことにし、ぼくらはまたセックス三昧の日々に戻っていった。

彼女バイトにでかけたので、することもなく、ごろごろクーラーのきいたへやでゆっくりしていた。

そうだ、家に電話しなきゃ。

受話器を取り上げ、自宅へ電話をかける。普段から先輩に連れまわされ朝帰りも当たり前だったぼくに両親は何も心配していないようだったが、昨日○○ちゃんから電話あったから連絡してあげて、と電話番号を教えられたので、母親には先輩のドライブ旅行につき合わされている、と伝え電話を切り、○○へかけてみた。


見知らぬ番号だったので、出るかどうかわからなかったが、○○はちゃんと出た。

「おまえだと思ったんだよ。」

相変わらず調子のいい奴だ。

電話でないけどどうしたの?」

「いや、彼女携帯折られちゃってさ。」

「ところで来週さ、みんなで海行くんだけどいかない?彼女も一緒に?」

マジで?聞いてみるよ。」

「とりあえず頭に入れといてくれよ。あと、けーたいちゃんと買えよ。」

彼女バイトから帰ってきたのですぐさま嵌めてやり、さっき○○に言われた海への旅行に誘ってみた。

「来週?バイト変わってもらえたらいけるけど、聞いてみるね。」

「あとさ、ケータイなんだけど、買いに行きたいから一度家戻りたいんだよね。」

そういうと無言で彼女は身支度をし、僕にも着替えるように言った。でかけた先はケータイショップだった。彼女自分の名義で新しいケータイ契約し、ぼくにわたした。

「わたし専用だから。」

家に帰るとそのケータイの設定を、説明書をみながらいじって、彼女しか発着信できないようにされた。

「いや、友達に連絡したいんだけど・・・。」

そういうと彼女自分のけいたいを寄越し、女じゃないならこれでかけても平気でしょ。私の目の前でかけなさいよ。

仕方なくぼくは○○に連絡し、海へは一緒にいけることになった。電話番号はこのケイタイから、ということを伝え電話を切った。

海の日当日。

ひとしきりセックスした後、さあでかけよう、となったとき彼女が言った。

行きたくない

うそーん・・・。もう理解不能だった。

「どうしても無理なの?」

「うん。」

仕方がないのでぼくは友人にキャンセル電話をしようと彼女ケイタイを手に取った。

すると、沈んでいた彼女がさっと起きてぼくの手からそのケイタイを奪い、

またもやバキっっと折って使えなくしてしまった。

セックスしたい。」

とろーんとした目つきで僕は求められ、それを断ることができず、またもやセックスの虜になった。しかしその最中、ぼくはついに「逃げなきゃ」という思いが頭に浮かんできたのだった。

翌日、朝セックスをこなし、彼女バイトに送り出し、ぼくは「家に帰ります」という置手紙を残し部屋の鍵を閉め、ドアの玄関ポストから鍵を落とし込んだ。バス停バスに乗って降りるバス停が近づいてきたので、ぼくは財布を取り出した。しかし、そこには1円もなかったのだ。一万円を小さくたたんで、小銭入れの裏側に隠していたがそれもなかった。

僕はバスの運転手さんにお金がないので後で払うことを告げると、近くの営業所へ寄って事情を説明して欲しい、といわれたのでそうした。その営業所電話を借り、ぼくは自宅へ電話し、母親が迎えに来てくれることになった。財布をなくした、とうそをついて。

母親に迎えにきてもらい、二週間ぶりくらいに我が家へ帰り着いた。早速、母親に頼んで近くのケイタイショップで0円のケイタイ契約してもらい、友達に連絡した。それからA先輩にも電話をし、かなさんの電話番号を教えてくれるように頼んだ。

「おまえ、俺の後釜狙ってんの?」といつもの馬鹿っぷりだったがなぜかA先輩にとても会いたくなった。

かなさんは電話に出なかった。いや仕事中で出れなかった。メッセージを残すと明日仕事にもかかわらず会いに来てくれるという。

夜9時頃だったろうか。イオンにやってきたかなさんと、オムライスのお店で食事をしながら話を聞いてもらった。

「ねえ、写真とかないの?」

ケイタイ折られちゃったしなあ、と思いながらも、そういばデジカメがあった。ハメ撮りにつかったやつだけど。

性癖云々言ってる場合じゃなかったので、僕はかなさんの隣に座り、デジカメ写真コマ送りで見せていった。

「きみ、童貞のくせにこんなことしてるの?」

「いやもう童貞じゃないすから。っていうか、周りに聞こえるのでやめてください。」

「あっ」

突如かなさんが声をあげた。

それは恥ずかしながら、フェラしてくれている彼女を僕が上から撮ったものだった。笑いながら、ちんこに舌をあていただきまーす、という感じの写真だった。それは彼女の顔がはっきりと映っていたので判別しやすかったのだろう。

「小さいね。」

がーん・・・・・・

うそうそ冗談。わたし処女だし。」

「は?」

この人はなんでこんなときにそんなうそをつくんだ、と思った。

「びっくりしないでっていっても無理だと思うから心の準備だけはして。」

ぼくはうなずいた。

「いい?」

「うん」声に出してはっきりと意志表示した。

「その窓の外に、この人がいるの。分かる?」

ぼくは後ろを振り返ったが窓には自分の顔、かなさん、そして駐車場風景だけだった。

「うーん。わたしになにか訴えてるみたい。きみ、この人とちゃんと、はっきり別れなさい。自分言葉で直接伝えないとだめよ。」

「そんなこと聞いたら、もう会いに行くの無理す・・・。」

あなたもてあそんだんでしょ?いくら年上だろうと、受け入れるほうの女はいつも弱いものなのよ。だからちゃんと自分で言いにいきなさい。わたし、ついてってあげるから。」

かなさんの怒られて僕の覚悟は決まった。

「ところで、さっきどさくさ紛れに何か言ってましたけど、あれナンですか?」

「わたし、未経験なのよ。知らなかった?」

「えっ、A先輩と付き合ってるんじゃ?」

「付き合ってないわよ。ただの友達でしょ。カラオケとか走りとかいく程度の。」

女って何だ?ぼくはもうわけがからなかった。


廃墟巡りとかしてた時の話

http://anond.hatelabo.jp/20140618215648

http://anond.hatelabo.jp/20140618225338

http://anond.hatelabo.jp/20140619142752

http://anond.hatelabo.jp/20140619150940

http://anond.hatelabo.jp/20140619153654

2014-04-29

http://anond.hatelabo.jp/20140429134533

それは絶対にありえないから心配しなくていいよ

マイナスプラセボ効果とか不安による興奮状態による鼻血である可能性はあるから

そういう意味鼻血を出した人が多数出たっていうのはあながち間違いではないかもしれないけど

2013-07-21

http://anond.hatelabo.jp/20130720232536

それでいて医学っていうのは物理学と違って人間のカラダが相手だから現代科学の水準ではわからないことだらけ。

から効果なんてあるのかないのかわかんないような薬や医療が巷にはあふれているわけだけど、

医者いかに役に立ってないか」は華麗にスルー

正直ホメオパシー信者プラセボ効果のほうがマシではないかと思う。

2013-05-23

http://anond.hatelabo.jp/20130523162007

プラセボ効果に金払ってるんだからそっとしておいてよ。

安心」とか「やる気」を買ってるんだよ。

2011-07-11

http://anond.hatelabo.jp/20090429215600

そもそも「薬が効く」とは、プラセボ効果以上の効果があるのを意味する。ある効果を確かめたい薬があるとして、その対照としてプラセボ群をおき、プラセボ群よりも高い効果が認められて(※)はじめて、「薬として効く」と言える。創薬のプロセスは非常に複雑で、臨床試験にも工夫が凝らされている。そこを無視すべきではない。

これどうなんだろう?

日本の一般的な人たちの大多数の認識は「薬が効く」は薬がただ効けばいいんじゃないか。

2010-07-02

ヒアルロン酸とかさ、コンドロイチン硫酸とかってさ、経口で摂取しても関節よくなったりしないじゃん。

ヒアルロン酸ドリンク飲んだって、お肌ツヤピカになったりしないじゃん。

そりゃ飲んでる人は信じて飲んでるわけだし、プラセボ効果もあるだろうから効果なし!と言い切るのはあれだけど、どっちかっつうと悪いのは効くんだよ~と知識のない層を騙して金儲けしようとしたりしてる販売者側だろーと思っていた。

具体的にいうと薬局にいる薬剤師とか。ぜったい学校で「ヒアルロン酸とかコンドロイチン硫酸とかがどうやって吸収されるのか」みたいのは習ったのに。

んで、今日同じ事を教授愚痴っていたので思い出した。

この間薬局セミナー出たら、薬剤師の人が「効くよ」って言ってた。なんということだ…効かないことを承知で売っていたわけではなく、効かないことを忘れてしまっていたのか!

まあなんか納得したけど、高い学費払って薬学部行っただろうにもったいない。あと薬局で高い「飲むコンドロイチン硫酸」みたいのを買ってるお年寄りを見ると心が痛むので、いつか消滅してくれねーかなーと思っている。元手激安なのに高く売れるからまずなくならないだろうし、ああいう嘘っぽいのを法律で禁止するしかないな。無理そー

2009-09-13

なんかなんか、

水道橋博士×宮崎哲弥が出てる、博士の異常な鼎談ってゆう番組に、

ゲストで「生物と無生物のあいだ」の福岡伸一が出てて、

ビタミン欠乏症じゃないかぎりサプリなんか取らなくていい、って言っててさ。

で、いまどき欠乏症のやつなんかいないよって。

そいでそいで、偽薬のませる実験では4割にプラセボ効果出たって言ってて。

でさ、わたし(33歳)、にきびと毛穴の開きと疲労がすごいんだけど、

Q10とVBとってたら、1ヶ月で全部治ったのね。

他には何もやってなくてこれだけでだよ。

化粧水つけたりしても治らなかったのにね。

これさプラセボ効果だとしてもすごいよね。

むしろ、プラセボ効果得るために信じて飲み続けるわw

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん