「失望」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 失望とは

2017-09-20

限界オタク限界オタク結婚したくないんだな

とら婚がオタク趣味しかない人は結婚しにくいとツイートして炎上している

婚活会社として結婚やすいように導こうとするのはまぁ当たり前だが、とら婚は限界オタク同士を結婚させてくれるわけではないのかとオタク界隈は失望しているようだ

局限オタクも優れた所のない限界オタク相手ではなく、多趣味だったり何か優れた所のある温いオタク結婚したいんだな。

以下コピペ

オタク趣味しかない人

オタク趣味を持つけど他にもいろいろやっている人

オタク趣味を持つけどなんらかのスペックが高い人

選ばれるのは②か③です

なので是非自分に「付加価値」を持たせてください

それは多ければ多いほどいいです

からオタク以外のことにも目を向けて欲しいです

2017-09-19

反ヘイト界隈に本気で失望してる

ツイート踏みつけにしても、ノイホイ凍結にしても、なんで攻撃的で頭悪くてヘイト集めるような手段しかできないんだろう

Twitter本社アポも取らず、営業時間外に押しかけて要請文渡しても受け取ってもらえるはずないやん

https://twitter.com/yusasamoto/status/905588194070020096

このリプ欄も地獄

味方にすべき人たちからヘイト集めてなんになるのか本気で考えて欲しい

2017-09-17

ガチ恋を拗らせて勝手失望した話

とあるヴィジュアル系バンドマンに恋して勝手失望した女の話

 突然だが、私には本命バンドマンがいる。それこそ今回話のメインとなる、昨年2月から今年の半ばまでおよそ1年半私のエネルギー全集中させたバンドマンだ。以後便宜上、彼のことを王子呼称する。

 王子出会ったのは2016年2月5日。諸々の縁あって、とあるイベントライブに当日券で入ったのがきっかけだ。私はとても守備範囲の狭いバンギャだったので、その日のライブには目当てとなるバンドはいなかった。スタンディングで見る気力がなかったので2階席へ移動して幕の隙間から見える機材搬入をする真っ赤な衣装に身を包んだ人影をぼんやりと眺めていた。やがて幕が開いた。5年ほど前に一度だけ見たことがある、やたら覚えにくい名前のそのバンドの上手ギター王子だった。真っ赤な衣装に真っ赤なリップ、派手な金髪、赤と緑のオッドアイテクニカルギタープレイギターソロを弾く真面目な顔、ソロを終えた後に大きな口をパカっとあけて笑う顔。彼の動き全てに目を奪われた。心が震えた。そんな状態ときに、王子は時たま2階を見上げてこちらを指差したりするものから、完全にハートを撃ち抜かれてしまった。25分のステージが終わりメンバーが捌けるのを見送ったあと、すぐさま近くのCDショップへ走り最新アルバムを2枚購入した。我ながらちょろすぎる。私は王子と衝撃の出会いからおよそ30分で翌月の2ショット撮影会参加券を手に入れた。

 翌月3月14日ホワイトデーイベントということで30秒トーク&2ショット撮影会が行われた。ガチガチになりながら初めてのイベントへ向かう。ライブ以来の王子衣装着用時はつけまに派手なカラコン、赤リップ、とキャバ嬢のような見た目をしていたが、衣装でないときは薄いメイクになるようで、男らしさを感じてドキドキした。至近距離で見た王子はむき卵のように白くてツルツルしていて、隣に座るとなんだかい匂いがした。優しくてかっこよくてトークも軽妙で、30秒間の間に100000000000回惚れ直した。この日の帰りさらに8枚アルバムを買い足して帰った。

 4月5月は毎週のようにライブインストに通った。王子は3度2ショットを撮るころには私を認知してくれたし、手元にあるインストチケットがなくなる頃には自発的名前を呼んでくれるようになった。以前通っていたバンドでは空気を貫いていた自分にとってはこれはかなり新鮮で嬉しいことだった。認知されたからには頑張らなきゃ(?)という謎の使命感からライブの本数を増やした。元々ワンマンライブ以外は行きたくないたちだったが、30分でも20分でも王子ステージにたつ公演のチケットはすぐに買うようにした。

 7月にはツアーファイナルのため大阪へ飛んだ。王子バンド拠点関西のため大きなライブは必ず地元大阪で行われる。実は私はギャ歴に比べると経験値が非常に浅く、ライブのための遠征経験ほとんどと言っていいほどなかった。このライブが私の初遠征の皮切りとなり、以降東京大阪間の移動へのハードルがぐんと下がったように思う。

 本当にこの頃、王子が好きで好きでたまらなかった。早いチケットを買い直してライブに行った。王子が構ってくれないと楽しくなかったからだ。構ってくれた日は浮かれて浮かれて、だらだらとツイッター感想を垂れ流した。ライブの合間に行われるインストのために、バカみたいにCDを予約した。たくさん王子写真を撮った。写真なんていらなかったけど王子に私という存在を忘れられるのが嫌だったから、毎週毎週飽きもせず撮影会へ向かった。私の顔を見て名前を呼んでくれるのが嬉しかった。

 こう何度も現場に出向くようになると、周囲にいるファンの誰が王子を好きなのかも分かるようになってくる。いつも同じ列に並んでいる他のファンにたいして無駄に対抗心を持つようになった。こいつらが見てない王子を見たいという一心たかだか20分程度しか持ち時間のないイベントライブのために地方へ行ったこともあった。とにかく私しか知らない王子を求めていろんなことをした。結果、何かが手に入ったわけではなかったけどその場限りの優越感を楽しんだ。

 頻繁にライブに行くようになったある時。王子が贔屓にしている人が誰なのか、分かってしまった瞬間があった。周年記念のワンマンライブ中、そのうえ2列目にいたにも関わらずワンワン泣いた。その日、王子とは目も合わなかった。あまりにショックで翌週の大阪遠征も取りやめた。チケットは捨てた。10月のことだった。

 しばらくの間、ショックでライブの本数をかなり減らした。11月に一度話す機会があったのでそこで少し会話をして、クリスマスライブに行った程度。どちらも大したことは話せなかった。代わりに時々ファンメールを送った。ファンメールといっても、王子に対する八つ当たりのようなことばかりかいていたので、実際には迷惑メールだったが。迷惑メールを送り続けたことで、1月の接触では「痛い女」と王子に言われてこれまた泣いた。しかしそんな風にいいつつも、王子は優しいところがあるので迷惑メールに書いた私のお願いを結構聞いてくれることがあった。私信とまではいかないが、ツイッターブログ、接触等で律儀にレスを返してくれる王子がやはり好きだなあとその度に実感していた。

 ファンメールから徐々にモチベーションを取り戻した私は2月からまた少しずつライブの本数を増やしていった。麺被りは殺す精神はそのままだったので、とりあえず王子に構ってもらいやす位置キープすることでなんとか精神衛生を保っていた。その頃春からツアーが発表された。モチベーション好調の私はウキウキ東名阪チケットを押さえた。なんとこれが中々のあたりで全公演そこそこの早番だったうえ、そのうち1つは最前確実だった。狂喜乱舞した。王子にそのことを伝えると「ほんまか!最高やな!」とハイタッチしてくれた。可愛かった。

 ツアーが始まった。気分は最悪だった。どうして目の前にいる私を見てくれないの。なんで私がいること分かってるのに別の人構うの。そればっかり考えていた。王子の目の前にいるのに王子の目に私は映らない。死にたかった。私はこんなに色々なもの犠牲にしてきてるのに、なんで、お前は。

 公演のあと、メンバー写真を撮るイベントがあった。能面のような顔で撮影場所にきた私に王子は言った。

今日めっちゃ前の方おったやん!」

「私のこと見えてたんですか」

 もう本当に死にたかった。

 私のことを見ない王子が嫌だったし、ファンの分際で見られたいという気持ち肥大している自分気持ち悪かった。私なんてたまたまチケット運が良かっただけの金なし乳なしブスだ。私よりお金をつぎ込んでる人も可愛い人もごまんといる。私が無視されることも、そういった人たちが気に入られるのも当たり前だ。でも我慢ができなかった。「次のライブも同じとこにいる」と王子に告げて撮影場所を後にした。1週間後、私はまた王子の前にいた。その日も王子こちらを見なかった。私は限界だった。

 好きだった頃に買ってしまったチケットが十数枚残っていた。ほとんどは売った。売れなかった3枚は捨てた。友達と行く約束をしていた2枚はちゃんと公演を観にいった。最前列で見たけど、やっぱり王子の目に私が映ったという実感を持てる瞬間はなかった。そして明後日、友人たちと約束しているライブ最後の1枚を使う予定だ。一体この日はどうなるだろうか。

 好きというエゴ肥大して好きなものを好きだと思えなくなってしまった。少し前に起こったアイドル殺傷事件。正直気持ちが少しわかるのだ。好きなのに、好きなのに、好きだから、憎い。まるで病気だ。

 今も王子のことが好きだ。でも王子が憎くてたまらない。この感情と決別するまでは、王子に会いにいってはならないと、そう思ってる。

何をやったらファンを辞めるか?のラインについて

大森靖子とYogee New Wavesの騒動で思ったのが「失望したのでファンは辞める」という人が双方のファンを見る限り殆ど居なさそうだな、ということ。(音楽は好みなので追い続ける、というのは問題ない。「人として」応援し続けるかどうかということ)

今回の件に限らず、今現在何らかのファン活動を行っている人には是非この機会に考えてみて欲しい。彼ら・彼女らが「何をやったら」ファンを辞める、と断言できるか?

そんなこと想像もできない、何をやっても応援し続ける!という人、あなた内面は今、他者コントロール下にあり危険な状況といえる。あなたは本当に、自分意思に基づき言動を行っているか他者に心酔するあまり本来あなたは行わないような攻撃的な言動を行っていないか

「私の人生の主役は私だ」と思っているかもしれないが、あなたは今、主役の権利他人譲渡しようとしている。そのことにどうか、気付いて欲しい。ファン活動あくま趣味範疇で行うべきであり、それによってあなた内心の自由が侵されることなどあってはならない。

…と、ここまで書いて、「狂信者を生み出す」という効果魔法であれば、確かにあるのかもなーって思いました(良い意味で言えば「魅了」?)。

2017-09-16

父を愛することが出来ない

 父は貧しい個人商店長男で、奨学金を貰いながら大学に通った。やがてお見合い結婚をし、母との間に私と妹が生まれた。妹が生まれる直前に、土地付きの家を買った。家族旅行にもよく連れて行ってくれた。私も妹も、名の通った私立大学を出ている。

 専業主婦の母と娘二人を養ってくれた、世間的には平凡だが立派な父。

 理屈ではそんな風に考えられるのに、私は父を愛することが出来ない。30歳になった今でもだ。


 子供の頃、我が家には大きなピアノがあった。私がピアノ教室に通い始めてすぐ、音楽の心得のある父が付きっきりで練習を見てくれたことがある。幼稚園児だった私にとっては、トラウマと言ってもいいような記憶である

 私がうまく弾けないでいると、父は厳しく叱り付けた。正しい運指を見せて、この通りにやれ、と言う。殴られたわけではないが、涙が出る程度には恐ろしい口調だった。両手が塞がっているので、涙も鼻水も垂れるがまま、いつ間違ってしまうかと怯えながらピアノを弾いた。見せてもらったばかりのお手本の真似も出来ない自分は、きっと出来の悪い子供なのだと思った。

 その後も父にはしばしば、「同じところで何度も間違うな」と注意されたことを覚えている。間違えると叱られる。私にとってのピアノとはそういうもので、演奏を楽しんだり、褒められた記憶はない。今でも鍵盤を前にすると、誰かに監視されているような気がする。弾くことは、もう一生ないと思う。

 子供にも音楽やらせたい、最初に正しい型を叩き込むのが肝心。それは父なりの愛情表現だったのだろう。ピアノは高価な買い物だったはずだし、月々の月謝も安くはなかったはずだ。何より、わざわざ時間を割いてくれた。練習の様子も気に掛けてくれてはいた。

 そう、理解はしている。理解はしているのだが。


 家族食卓を囲んでいても、父は原則として、人の話を聞いていない。「お父さんはどう思う?」と水を向けても、大抵は無反応である

 テレビを見ながらの大人同士の雑談なら、それでもいいかと思えるが、毎日出来事を話したい盛りの子供には辛いものがあった。進路や学費といった相談事まで無視されるのには辟易した。仕方なく何度も話し掛けたり、大きめの声で注意を惹くと、ものすごく不機嫌になる。金は出してやるから好きにしろ、とだけ言って背を向けてしまうので、どのみち会話は成立しない。

 そのくせ父の方は突然ウンチクを語り出したり、つまらオヤジギャグ飛ばし、望んだような反応が得られないと機嫌を損ねるのだ。

 そんな壊滅的な父の対話能力は、酒が入ると完全に消滅する。自分語りやお説教を垂れ流すのはともかく、好意的な反応を返さないと拗ねたり怒鳴ったりするのが厄介である

 体のためにも酒量は控えて欲しいと、家族がどれだけ注意したところで、ネットショッピング無尽蔵に取り寄せられてしまう。それでも家計に響かない程度に稼いでいるのは父自身なので、経済的な切り口から禁酒を勧めることも難しい。健康診断は既に要注意項目が複数あるのだが、どれも「危険」の一歩手前であるため、「これくらいは大丈夫ってことだろ」と言い張って毎日のように飲む。

 酔った時の父について、私は子供の頃、まるで人語の通じない別の生き物みたいだと思っていた。大人になり自分自身が酒を嗜むようになった今でも、その印象は変わらない。お酒楽しい時間を過ごすためのもので、酔って記憶も正体もなくすのでは本末転倒だと思う。

 私は思春期を迎えると共に、夕食を食べ終えた後は子供部屋に引きこもるようになった。妹は部活動アルバイトで、なかなか帰って来なくなった。

 父の帰りが遅かったある日、嫌味を言われたことがある。

「俺の金で生活出来てるくせに、女同士でだけ楽しそうにしやがって」

 何も言えなかった。父がいない日は妹も早く帰ってくるし、私だって居間宿題をやった。


 父はたぶん、精神的には幼児のまま、体と職能けが立派になってしまった人だ。父方の親戚や祖父母の家を見れば、経済的にも精神的にも恵まれない育ちだろうと想像はつく。発達障害の特徴もある。それでも一家大黒柱として、アルコール依存症気味になりながらも私たちを育ててくれた。

 立派だね、頑張ったんだね、育ててくれてありがとう

 きっと、そう言えるのがいい娘であり、いい大人だ。

 分かっていても、気持ちが追い付かない。虐待を受けたわけでもないのに、愛情を注がれてきたはずなのに、肉親を愛せない自分失望する。


 食卓に出された料理を、自分が欲しい分だけ取ってしまう父。一人二つずつだからね、と食べ始める時に母が釘を刺したにもかかわらず、無視して三つも四つも食べる。それが久しぶりに帰省して来た娘の好物であってもお構いなしだ。酒が入ると、もう手が付けられない。

 だから小皿に分けてって、いつも言ってるのに。ごめん、大丈夫だと思ったんだけど。母とは目と目でそんな会話をして、肩をすくめた。

 父は視野の狭い、ただの子供だ。悪気はないんだ。ならば歩み寄れる、愛せるようになるはずだ。

 そう自分に言い聞かせようにも、欲のままに飲み食いする還暦過ぎの酔っ払い視覚インパクトがあり過ぎる。卑しい、醜悪だ、という感情を打ち消すことが出来ない。自分の血肉の半分がこの男から受け継いだものだと思うと、身の毛がよだつ。どうして母は、こんな男と一緒に暮らし正気を保っていられるのだろう。

 こんなことは誰にも言えないから、ここに書く。

 私には、父を愛することが出来ない。

そうかつまり増田はそういうやつなんだな

漫画のワンシーンで、ある登場人物が別の登場人物のことを意味ありげに見つめるコマがあって、

ああこの子はこいつのことが好きなんだろうな、と話していると

「考えすぎ!!作者はそんなこと考えてない!!違うと思う!!恋愛を示す描写ではないと思う!!たまたまちょっと見てるだけ!!」と必死否定する

顔を真っ赤にして股をジュンジュン濡らしながら「私はあなたのことが好きです!!結婚してください!!」と言わないと恋をしている証拠にはならないのだそうだ

そのキャラのことが好きだから他のキャラクターに恋しているわけじゃなくて信じたくないってわけじゃなくて、

本人だって何の思い入れもないただのモブ同士のやりとりでも必死否定する

漫画アニメに限らず

また恋愛的な描写に限らず

おそらく○○だろうってことが類推される場面、書き手がそう類推してほしいことが明らかな場面でも

「明言されてないんだから!」「証拠がない!」「決めつけるなああ!!」と絶叫する奴をたまに見かける

いったいどうやって生きてきたのか。学生時代国語の成績はどのくらいだったのか

「たぶんこういう意味なんだろう」と思うことができずに、「明確な証拠が出るまで永遠に意味不明!!」と思い続ける人生

エーミールは「僕」に嫌いだとか失望したとかい言葉ひとつも使っていないのでエーミールは「僕」を軽蔑しているとは限らない。決めつけてはいけない

猫が箱に入ってから一週間、箱から腐臭が漂い蠅が飛び汁が漏れていても箱を開けるまで猫は死んでいるとは限らない。決めつけてはいけない

箱を開けるまで、猫は死んでいるのではないだろうか?と意見することすら許されない

死んでんだよ、それ。腐臭がしてんだぞ。ここはいったん「死んでる」でいいじゃないかゾンビ猫が飛び出してきたら、その時はその時で次の行動を考えればいいんだよ

2017-09-14

何もしてない人生は長すぎる

疲れたのでもう何もしないで金が尽きたら死のうと思うが時間はなかなか過ぎ去らない。

何かしようとするとそれに失望して疲れてしまうからね。

2017-09-13

https://anond.hatelabo.jp/20170913135634

運動割りとしてるんだよなあ

あとテレビとか漫画だと割りと笑うんだけど

なんか全てが億劫というか

あと少しテンション上げれば笑えそうな時に、下へ下へ気分が潜っていく

必要に何かに失望している感じ

2017-09-10

anond:20170910024834

大変だったんだねぇ。

でさ、お前も結婚しろよ系のはほっとき。それに反応する余地があるから結婚できないと辛くなるんよ。

結婚しないから嫌われたんじゃないんでしょ?結婚についていじられて凹んで迷惑かけたから嫌われたんだ。

からニコニコ笑ってスルーするのが幸せ。もてない奴をいじって楽しむという一つにすぎない。でも反応しないとつまらいからとそのいじりはしなくなる。

結婚相手を選ばなかったがために不幸になってる奴なんてじつは多いんよ。

色恋って、「相互自己承認欲求の充足」だと思ってる。だから相手を思いやれ、そして自分を思いやってくれる状況、相手結婚しないと不幸になる。

特に自己承認欲求支配欲と近いものがある。DV系は裏で「私を大切になんでしてくれないの?」というのが暴力に転化して、不幸になってるもの

サブカル系東方のEastNewSound「緋色月下狂咲の絶」、凋叶棕「NegaPosiラブコール」「フォービドゥンゲーム」あたりはそういう曲。

凋叶棕の「NegaPosiラブコール」は「盲目笑顔」という、相手が心のうちで泣きながら見捨てるという曲もセット。

フォービドゥンゲーム」はラストで見捨てられる。

から相手をよくみない結婚絶対不幸になる。きみが相手承認欲求を満たせない状況ではうまくいかない。

相手承認欲求を満たせる状況でないのなら、相手だんだん失望していき、わかれるか、仮面夫婦となる。独り身のほうが遙かに幸せだと断言できる。

瞑想周りに加えて、小池龍之介の本でよく取り上げられてる「慢」という感情についても意識したほうがいい。

これは「こう思われたい」と思う感情が、人間を苦しめる要因の一つだというもの

「どう思われてもいいや」ぐらいのほうが気楽に生きられる。

そうやって、平静に戻れた状況で、できたら出会いを探すぐらいでいいんじゃない

2017-09-09

近大世耕のやり方が汚さ過ぎる

経済産業大臣世耕弘成名誉会長を務める近畿大学

大阪狭山市にある近畿大学附属病院医学部堺市泉ヶ丘駅前に移転計画を進めている。

その計画は駅近の都市公園堺市から買収して病棟を建てるというもの

全国初の『都市公園売却』

地元住民から公園を残して欲しい』と署名運動が起き、地元コミュニティ新聞記事掲載された。

だけど署名無視して計画を続行し続けてる。

最近コミュニティ新聞近大移転問題記事が載らない?おかしいな?

と思っていたら…『近大コミュニティ新聞スポンサーになった』という事実を知った。

なるほど…そりゃ近大の不利になる事は掲載されない訳だ…

私は失望した。

何でもお金解決できるのね。

近大世耕のやり方が汚なすぎる。

いやさ、最初マダムだなんて期待してたさ。

がね、いやぁ味がシケシケだったって失望したぁ

2017-09-08

ボーイスカウトが減るのは理屈が通らない

私はボーイスカウトが減る事は講習会で聞いた事と違うから納得できません。

ボーイスカウトと言う活動は 良き社会人

を育てる事を目標にしていて、お稽古ごとやスポ小と違って直ぐに成果が出ない活動だと言ってました。大人になって成果が見えるような気の長い育成プログラムだと解釈しました合ってますか?

何年の歴史があるのか忘れたけど本当にその通りなら活動に参加してきた少年少女が良き社会人になった時にそんなに素晴らしい組から離れていることは考えづらいし、仮に一時的環境の変化の影響でやめても組織への恩返しとしてそして子供や友人も良き社会人にしたくなり連れて戻ってくると思います

1人が2人3人と連れてくれば脱落者をある程度見込んでも急激に減るのはおかしいです。良き社会人を育てられないプログラムなのではないかと疑っています。人の減り方に失望してます

anond:20170906011138

2017-09-07

貧乏人とは付き合うな!貧乏人は一生貧乏なのでお金持ちにはなれない話

【追記】

トラバの指摘通り元ネタがある。

しかし、まさかこんな小学生文章を読んで「宇宙真実」なんて言葉を発する人間が本当にいるとは、驚きだ。

君たちにはこの程度の軽い文章で十分なんだね。

今日という一日を、上司愚痴ではなく、はてなーのアホさによる失望から始めないといけないなんて、辛いな。

///////////////////////

貧乏人になりたくなければ貧乏人とは付き合うなということ。

少し刺激の強いタイトルですが、現実はそういうこと。基本的貧乏人は一生貧乏のままなので永遠にお金持ちにはなれません。

別に貧乏が悪いということではありませんが、お金があるのに越したことがないのは否めません。

そもそも貧乏人の特徴やこれから先に貧乏人にならざるを得ない人の特徴はどのようなものでしょうか。

貧乏人とは付き合うな!の前に貧乏人の特徴とは?



貧乏人というのは決してお金がないだけの人ではありません。

お金がなければ働けばいいだけなのでまだ救いがありますが、精神面が貧乏になるとなかなか厄介なもの

精神面が貧乏人の特徴は以下の通り。



簡単に書きますとこれらのことを無意識的に行っていると、精神面がドンドン貧乏人になります

すでに精神面が貧乏になっている人は手遅れですが、このような人間が周りにいる人は付き合ってはいけません。

これはネット上の関係でも同じこと。

そのような貧乏人は墓穴を掘っては勝手に消えいきますからね。

貧乏人は一生貧乏のまま、くだらない人間しか



貧乏人は一生貧乏のままですが、くだらない人間も一生くだらない人間のままで人生を終えます

当の本人全然気がついていないので、それもまた幸せ人生なのかもしれません。

世の中には本当に様々な人がいますが、精神面が貧乏人なほど悲惨ものはありません。お金がない貧乏人はまだまだ救いがあります

精神面が貧乏人になり、くだらないことばかりをしている人間だけにはなりたくないものです。

それでも、まだまだくだらないことばかりをしては、利用されていることに気がつかないバカもいるのが現実

そのような人間にならないためにも精神面だけは貧乏人になりたくないものですね。

貧乏なのはいいけれど心が貧乏人になると……



貧乏なのは別にいいのです。

心さえ貧乏人にならなければ、人生はそこそこ楽しく過ごしていけます

心が貧乏人になるとネット上でしか自己承認要求を満たされなくなりますし、もっと酷い状態になるとネット上ですら誰にも相手にされなくなります

相手にされないとますます精神面が貧乏人になっていくので人生が楽しくなりません。

人生全然楽しくないので、他人誹謗中傷しては何とか自分という存在を保っているのです。

悲しいですよね……。そんな人生……。

貧乏人とは付き合うな!貧乏人は一生貧乏なのでお金持ちにはなれない話のまとめ




とにかく貧乏人になりたくなければ、貧乏人とは付き合うなということ。

これは何も現実世界だけではなくて、ネット上の付き合いでも同じこと。ネット上ではお金持ちか貧乏人なのかはわかりにくいものですが、発言等で精神面の貧乏人なのかは大体わかります

はてなアノニマスダイアリーに糞くだらない投稿をしたり、2ちゃんねる等の書き込み人気ブログサイトスパムコメントをしているのは、十中八九精神面が貧乏人。

い 

そのようなつまらない貧乏人とは付き合う必要はありませんし、相手にする必要なし。

所詮精神面が貧乏人の末路は無視されるだけの人生で終わります。そのようなつまらない人生を歩まないためにもお金がなくても精神面だけは貧乏になりたくないものです。

2017-09-05

ボーイスカウト連盟宣伝現実乖離

中には連盟宣伝するようないい団も沢山有るんだろうが(見たこと無いけど)、自分から見える範囲には変な大人ばかり。

連盟ホームページステマみたいなネット記事ブログ記事理想の形なんだろうけど、現実にこれらを実現できる団がどれくらいあるのかね。

色々有用テキスト資料があるのに存在すら知らないリーダーばかりなのを目の当たりにして失望している。

anond:20170905164322

2017-08-31

楽器真剣にしていたものから見た音楽部活体罰

昔はあったはずだ。先輩たちから武勇伝でよく聞いた。昔と言ってもそんなに昔ではないが、シンバルが空を飛んだとかいろいろ。

まぁ、15年以内にはほとんど無くなったのではないか

野球部より体育会系気質は低いはずであるし、女の子が多いので保護者も黙ってはいなくなった。

なので今、体罰をする音楽コーチはほぼ居ないはずだ。

じゃあ音楽は楽なのかというと、そうでもない。

精神攻撃が基本になった。(練習してないのか、とか、これぐらいできて当然、とか、○年やっててこれだけなのか、とか、周りより駄目だ、とか)

これは必要なことだと思う。音楽ステージにたつので、繊細さが必要だとして強心臓を求められる。

さらには客にアンケートもとったりすると若者にとって心のない…ありがたい言葉個人攻撃してくることもある。

褒めて伸ばす体制だと、この辺は鍛えられないので、時々褒めることはあってもガンガン褒める先生は見たことが無い。

(それだとどう評価されるのかといえば、野球サッカーのように本番に参加できるか、1st2nd3rdのどこに配置されるか、ソロを貰えるか、のようなところだ)

ただし人格攻撃はしない。顧問コーチは、しない。

(ここでコーチというのは、プロもしくはアマチュアプロだったりする。楽器は色々あるので一人で教えることは難しいのだ)

1つ2つ上の先輩から心の無い声をあびせられることもあるが、まぁそれは精神年齢問題だし中高生とかなら子供同士のいざこざだと思う。

某トランぺッターのドラマーいじめは、どこぞのセッションだ」と思うのだが

セッションの厳しさは無い話でも無いと思う。ただそれは一流の音楽学校(海外)に進んだ際

人格もひったくれもない音楽家たちに教えてもらわないといけない。そこで手が出るのは「あるだろうな」という感じで(まぁフレッチャーはやりすぎだしありえないが)

ただし「日本で」さら日本人が苦手な「ジャズで」なにが一流だって言うんだ。

現状『音楽』で一流を目指すのは海外に行かなければ無理だ。(音楽文化問題もあるし、楽器環境的にも日本は多湿すぎて楽器に向いていない)

あいうことをし許されるのは本人が日本を出て海外音楽現場に入った時だ。中学生にやっていいことではない。

中学生のプレーが暴走をした?じゃあ感情的になって叩く?猿か。いや、猿でもしないか

大人が(多分)反抗期の、しか自分音楽のみで暴れる子を殴るか?あのフレッチャーだってステージ上で手は出してないぞ。

あいう時、マジで怒ったなら指揮棒を置いて指揮台を去るべきだった。それならなかなか無いが、まったく無いことでは無い。体験学習中学生に対して理性が無さすぎる。

某トランぺッターはステージに立つプロだ。ステージ暴力台無しにした。失望する。

どれだけ変な援護が飛ぶかはしらないが、日野皓正時代遅れであり、大人として失格だ。

言われてえなあ〜俺も社員乙って言われてえよ〜

会社擁護したら条件反射社員乙だろ?

俺も会社擁護する言葉考えることがあるけど、ないんだな〜これが。

思うんだけど、業界人とか○○勤務って設定で書いてるやつら、揃って敬語使ってるけどフリーターだろ。実際は。ガチ社員ならこの増田SEO効果の強さを懸念して内部事情漏らしたりしないだろ。特定されるし。

会社に対して失望しかしてないから、会社製品会社のものについて書いてる掲示板とかわざわざ見に行かないし、ましてや書き込みなんてするはずもない。

は〜言われてえなあ〜俺も社員乙って言われてえよ〜

2017-08-30

私はROMEOを1年半以上推しています

去年の夏にカムバした際はほぼ全通だったので当たり前に認知されていて固定ファンサもらったりと推しともそれなりに仲がいいつもりでした。

年末日本活動が始まり最初の2ヶ月は身内しかまらず、特に変化は無かったのですが、今年に入り本格的に日本活動をし出すと推し日本活動しか来ない子達だけにファンサをし干される(常に扱いが雑、時々無視をされる)ようになりました。

またHYのやり方や発言に納得いかないことが多く、メンタルがそこまで強くない私は推しの顔を見るだけで泣きそうになるという精神状態にまでなってしまったのでしばらく距離を置こうと日本活動を休んでいました。

今年の春にあった韓国活動は以前ほどの頻度ではないですが、3-4回渡韓し日本活動での対応が嘘のような以前と何も変わらない対応、むしろ以前以上の対応であぁ嫌われてなかったよかったととても安心しました。

ただカムバが終わり、日本デビューを踏まえての日本活動モラルのないファンだらけな上にHYは何も変わっていなかったので引き続きお休みしていました。先日そろそろ会いたいなと思い勇気を出して日本活動に行ったのですが、すごくショックなことがありました。

1つは推しが私の顔は覚えているもの名前を忘れていて呼んでくれなかった事です。以前は3ヵ月空いても覚えていて干されていた時でも顔を見るとすぐ名前を呼んでくれてたので名前を呼んでもらえなかったことはすごくショックでした。会話の中でも私は韓国語が出来るからいい休憩になるという内容のことも言われ、息抜きになるというニュアンスならまだ韓国語が伝わらないのはストレスだよなぁで流せたかも知れませんが私の時は休めると言われたのは、私は推しのことを大切に思ってるけど推しはそうでもないんだなということをハッキリと突きつけられた気がしました。私にも生活があって休みをもらう為に毎日4-5時間残業して休んだことで同僚やクライアント迷惑をかけないように仕事を調整してやっとの思いで来てることなんて彼にはどうでもいい事なんだろうなぁと思いました。ROMEOを好きになる前に推していたアイドルファンを大切に思ってくれてファンとして愛されてるなぁと感じさせてくれる人たちだったので尚さら考えるものがありました。

2つ目は私は彼らがステージの上に立っている姿が大好きだったのですが明らかに覇気がなく、疲れてるとかじゃなくて怒涛の日本活動をしてきた中で手を抜いて流すってことを覚えたんだな、あぁ変わっちゃったんだなって感じました。わざわざ飛行機に乗って何見に来たんだろ私って虚しくなりました。

そして3つ目は顔見知りの方がHYに言われたことでした。彼女おかしいと思ったことがあれば、後で言ってもうやむやになるだけだからトラブルがあったその場で異議申し立てを出来るタイプです。ROMEO現場モラルのないファンが多いので全席指定にもかかわらず決められた座席に座らない人が居たりフォトタイムの際は座席など関係なしで後ろの席だろうと前まで走っていき撮影をするという状況です。正直者が損する今の状況はおかしいと思うから1人1人に声をかけることは難しくても全体向けにアナウンスするなり何とかしてほしいと彼女はHYのスタッフに伝えたところ「うちは今までもこのやり方でやって来て小さい会社からこそのアットホーム感を大事にしてるから」という返答でした。正直とてもショックでした。好きだからこそ上を目指して欲しくて何でも受け入れることは出来なくて今までもHYにいろいろ伝えてきたつもりでした。だけどスタッフしか最高責任者の方の口からそんな発言が出たことがすごくショックでした。

成功して欲しくて応援してきたのにその気持ちを踏みねじられてもうなんか頑張れません。そもそも私の見る目がなかったのかなとも思いますファンを大切に出来ないアイドル事務所未来なんてないでしょうし、未来希望を持たせてくれないアイドル存在意義なんてあるのかなとも思いました。

私は今回のことでもう応援するのを辞めようと思ったのですが、昼は仕事が忙しく何も思い出すことはないのに夜になると色々考えてしまます。目を閉じれば思い浮かぶのは推し笑顔や楽しかった思い出ばかりでどんなに失望してもやっぱり彼が好きで捨てきれない自分がいますメンタルは弱いのにプライドだけは一丁前なのでこんな仕打ちをされてまで推したくないという気持ちと好きだからこそやっぱりという気持ちで揺れています。私はどうすればいいんでしょうか?アドバイスいただけませんか?

2017-08-29

頼られるのが苦手

必要以上に真面目に考えてしま

プレッシャーを受ける

失望されてる方が楽

2017-08-28

https://anond.hatelabo.jp/20170828093038

てか、そのとき見える新しい景色って「女ってロクなもんじゃないな…」という失望しかないので、そんな景色が見えて幸せかどうかというと違うようには思う。

2017-08-24

言葉の鮮度

言葉には鮮度がある。

たとえば会話なら言葉を発した瞬間、聞いた瞬間がもっとも鮮度が高いと思う。

そして当然ながら鮮度というのは落ちる。

時間が経てばそのとき言葉と共にでた感情の鮮度も、良くも悪くもその時のままというわけではない。

数日前、私は恋人と別れた。

きっかけになったのは私が趣味で書いていたブログだった。

数カ月前、当時感じていた彼への不満やいら立ちをブログに零したことがあり、その一文が彼の目に触れてしまったのだ。

ブログスクショをとり私に見せ「こんな風に思ってたんだ」と、その目には失望の色が浮かんでいた。

正直書いたことすら忘れていた私は、これはこのブログを書いた当時の感情であって今そう思っているわけではない、と弁明したが彼にその言葉は届かなかった。

当然だ。私の中ではとっくに鮮度切れのブログの内容でも、彼にとっては今まさに新鮮な言葉として入ってきたのだから

ツイッターなどを見ていても数年前のツイートなどが急にリツイートされたり、話題になったりする。

そんなときツイートした本人は「随分昔のツイートなのに」と思うが、初めてその内容を目にした人にとっては今が一番鮮度が高いのだから仕方がない。

昔の作家の本などが現代にもずっと残っているのも同じ仕組みだろう。

今回の事で一番傷ついたのは彼なのだが、改めて自分負の感情を目にしたことにより当時の私にも嫌気がさし、しばらく自己嫌悪に陥った。

鮮度切れだと思った言葉は、当時とは別な感情を伴って私の中に入ってきた。

今後、言葉を残すなら前向きになれるプラス言葉を発するようにしよう。

時間差で自分や誰かの目に触れるかもしれない言葉なら、負の感情を伴う言葉はなるべく残さないようにしようと思った。

2017-08-23

母親自分を諦めてほしい

ごめん、もう期待しないでください。これを母親に言えたらどんなに良いか。もし言ったら呆れて閉口するか、何言ってるんだと叱られるかの二択だと思う。

受験就職で母を失望させた。大学受験では浪人したが第一志望に落ち、結局第二志望に行った。その時母は激しく怒り、「周りに報いたいと思わないのか」「本気で応援したのに」と泣かれた。就職では第三志望に決まり、「そこしかないの?」と尋ねられた。

母は結果に納得していないが、自分にとってはどちらも悪くない結果だと思う。大学は中堅国立就職子会社。もちろんベストな結果ではない。母親失望理解できる。

それでも、母親の期待が辛い。

期待されてる内はまだ良いなんて言うけど、失望されてあれこれ言われるのも辛い。

から、もう自分を諦めてほしい。

2017-08-21

人を励ます

人を励ます気持ちっていうのはいものだと思う。

けれども、人の抱えている悩みの深さを読み違えた励ましは励まされる側にはちょっと辛い。気持ちは嬉しいのだけれど、それよりも「あ、わかってもらえない」っていう失望の方が先にきてしまう。この失望は、時に絶望と呼べるくらいの大きさになることもある。

人を励ますっていうのはカジュアルにできる人助けじゃなくて、その人の悩みと同じだけの悩みを自分も抱える覚悟必要なんだ、と言うと言い過ぎかな。いや、言い過ぎじゃないか

から、人を励ます前に一呼吸おいてほしい。

2017-08-20

正義の味方自称する者たち。或いは、ヒカルについて思うこと

YouTuberヒカルがVALUで起こした行為について、詐欺行為ではないかと一部で盛り上がった。経緯については他のサイトに詳しく載ってるが、まあ詐欺なのではないかと俺も思う。

ただ、俺がもっと遺憾に思うのは、ヒカル詐欺(少なくとも、そう疑われそうな行為)に対して、全く関係ない第三者ネットリアルヒカルに対して攻撃していることだ。

ヒカルから直接被害を受けたと思っている人間が集まって、裁判なり何なりやればいいと思う。この話はそれで終わりのはずだ。なのに、無関係人間がなぜ彼を攻撃する?

コメントで「失望しました…ヒカルさんのファン辞めます。」とか書くくらいならわかる。ただ、いくらなんでもヒカル実家の番号調べて凸する行為正当性があるのか?完全に犯罪行為だろ。

最悪なのは、某組織に彼らが嫌がる行為を取った動画ヒカル動画貼り付けて送り付けた奴ら。外患誘致罪にはならないのか?

こういうときに、犯罪行為を犯した奴は犯罪を犯されてもしょうがないとか、理解不能なことを言い出す奴がいる。犯罪を犯した者に(そもそも、まだ罪が確定した訳でもない者に)、犯した罪以上の罰を与えてはいけないとしたハンムラビ法典時代より酷いことになる。

ヒカル攻撃している第三者たちへ。自分たち行為正当化するんじゃない。

君たちは正義の味方じゃない。ただの社会不適合者だ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん