「失望」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 失望とは

2018-02-22

anond:20180221055544

役者を目指して、芽が出ない。

よくあるパターンじゃん。

演劇に興味があるなら、シェークスピア読破しただろうか?

「期待はやがて失望に変わる」…失望から何を学べるだろうか?

 

今の自分に何が足りないのか?逆に、何が余計なのか?

メタ認知自分の観察)を極めると、自他の相違点に気付ける。

役者って、いったんの自分の色を透明にして、台本に合わせて他の人格を上書きする仕事だよね?

(外見じゃなくて)内面を書き換える作業ができる人だよね?

 

人間の心って、何なのか?

人間本質って、何なのか?

それが分かれば、心(内面)を変えることができるようになる。

それは役者に限らず、誰にでも必要な知見/スキルだと思うよ。

2018-02-20

風の谷のナウシカ』の漫画版を読んだ人に訊きたいんだが

※未読の方はネタバレ注意













私たちってナウシカに殺されたんですよね。

ネット記事で、ナウシカはアスベルのこと好きだったけど最終話で振られたってあったが、途中から本人もう気にしてないですよね。

しろ王蟲世界自然同化したい、って方に思考が飛んでから、アスベルどころか風の谷すらあまり重要視しなくなってますよね。

しろ人間のもの失望しているというか。

あい世界真実を知っちゃって、元の意識には戻れないなら、森の人と一緒になるのはナウシカにとって一番幸せな結末かもしれませんが。

でもそれも、伝説として残ってる話であって、本当の結末かどうかとか、あいまいですね。

最終話言い伝えは、それぞれ別の人が書き残した伝説と考えれば、時系列とかも納得できないこともないですが。

映画版だけしか知らないと、漫画版ナウシカヒロインでありながら過激で、行動力があるのが印象的でしたが。

自分は、ナウシカ残酷さも、旧人類のエゴも、どっこいどっこいかなあと思ったので、あのラストも受け入れられましたが。

やっぱり大多数の人にとって、ナウシカわがままという印象ですか?

感想を聞きたいです。

――――――――――

追記。

しばらく静観していました、日記の主です。

思ったより反応が多くて驚きました。

ブックマークコメントや返信などいろいろもらったので、一括してここに返事のようなものを書きます



旧人類=間違った方向に行っちゃった私たちの成れの果て だと思ってナウシカを読んでいたので、卵に戻った自分たちが殺された、と考えました。

そもそも卵の新人類と、巨神兵発明した旧人類とが別で、新人類旧人類ともナウシカたちとも違う第三の人類だとするなら、私が冒頭で言ったことは覆りますが。

どっちが正しいんでしょうね。

墓所がいろんな地方複数ある、という説もあるらしいので、謎が多いですね。

漫画を読んだあと、オンライン記事2chなども読んでから書いたので、ナウシカ批判が目立つ印象が強く残り、ナウシカのことわがままだと思ってる人が、意外と多いような気がしていました。

だいたいの人はそう思ってるのかと予想してましたが、そうじゃない考えも、色んな意見もあって、訊いて良かったです。

同じ作品を読んでいるのに、人によってここまで印象が変わるのも面白いです。

ナウシカナウシカ自身の「いのちは闇の中のまたたく光」という考えと選択の結果、ああしたという訳で、そのまま受け止めている人が結構多いですね。

ナウシカたちの未来がどうなるかはわからないですが、でも現実私たちだってどうなるかわからいから、人間未来ってはっきりしてないものなのかもしれない。

と思いました。

――――――――――

一晩経ってからの補足。

返事しきれないですが、返信もブックマークコメント面白いです。

自分がなにをいったかからなくなりそうなので、誤字脱字以外は、文を下に追加するぐらいで、原文は残しておきます

ネットでこう書かれていた、と述べて否定文を書いたのに、否定無視されていつの間にか私の考えのように言われたり、なんだかつっ込みどころも。

あくまでも一個人の考えです。

考えを深めたり、それは違うと別の考えをひねり出す土台として、考察の参考になれば幸いです。

2018-02-19

本当の殺意をはじめてもった

もちろん殺してはいないし危害も加えていないので。その点は理解して。

しかもあれがいわゆる殺意というものなのかは全く分からないが。


自分大学生

今もやっているアルバイトで、同じころに始めたやつがいる。

そいつとは小学校高学年のとき、同じ塾に通っていたが中高は別のところに行った。だから6年ぶりに同じところに通うことになったことになる。

その塾に通っていた時、いじめにあったのはご想像通り。

ただ、首謀者はそいつではなく、小学校も同じところに通っていたやつ。

塾でも小学校でもザ・いじめみたいなことを一通りされた。

10年近くたった今でも、夜中に思い出して一人で泣いてしまときもある。

まあそのことは良い。

ただ、許してなどいないしこれからも許さない。


話を大学にもどす。アルバイトの仲間で遊びに行ったときのことだが、

たまたまそいつと同じ塾に通っていたという話になった。

その時、そいつが私に笑いながらいった。


「そういえば昔、塾通ってた時増田を外に閉めだしたことあるよね」


ああ、そうだ。正確には外ではないが狭い倉庫のようなところに閉じ込められたことがある。

その時は携帯電話を持っていたので塾に電話をし、先生に出してもらったのを覚えている。

あれは自分の中でもかなりショッキングなことだったので、思い出したくない、

思い出したら泣くレベルエクストリーム体験だったのでその時泣きはしなかったが、かなり動揺をした。

そのあとの話は全く覚えていない。


ただ覚えているのが、自分の中に眠れる中二病が蘇ってしまったのか、手元にあったフォーク相手に突き刺そうと手が動いたことだった。

いや、動いてない。たぶん手に取っただけ。そんなことは私にできるわけがない。でも確かに感じたのが殺意というか、いなくなってほしいという感情。それは確か。

そしてその場は適当ごまかしたのだろう。

そして家に帰って一人で過ごしているとき、その出来事を思い出すと怒りがふつふつとわいてきて、そのうちそれはそいつに対する軽蔑に変わった。


なんであんなことを言えるのか。 しかもなぜ笑うのか。

状況を考えて話してほしくないこととわからないのか。 私を閉じ込めたのに?

いや、そもそもいじめ認識していないのか。 そんなことも考えられないの?

想像力なさすぎw そんな頭だからお前は忙しい自慢しかできないんですねわかります


とかそんな思考が頭を駆け巡ったのち、またなぜか泣いてしまった。

悲しいわけではないが、なぜか涙が出てしまうのはちょっと自分でも理由はわからない。

ただ、そういうことを躊躇なく言ってくるそいつとは関わりたくないし、これからはないだろう。

たぶん、はじめて本当の意味での人への失望をしたのだと思う。


そんな風に(これは特殊かもしれないが)いじめは終わってから時間がたっても被害者被害者のまま(という感覚が永続する)。

それもかなりの苦しさを伴ったフラッシュバックを繰り返す。

いじめという事象のものの原因は、確かにいじめられたほうにもあるときはあると思う。

でも、やはりいか被害者に非があったとしても、いじめはそれ自身があったときだけで終わらないし、

しろそのあとの苦しみが大きいことを知ってほしい。

から自分も含めた被害者からすれば、少なくとも私は、自分にその責任微塵もあるとは思えない。

そのことはいじめられる方も悪いと思っている人に知ってほしいし、

その考えを耳にしたとき相手がどう受け取るかという想像力を持ってほしいと切に願う。

anond:20180219105341

2018-02-18

https://anond.hatelabo.jp/20180217173740

反論? なにに反論するの?

失望したっていう他人感情に?

上のやつ、感情を喚き散らしてるだけで論理的なこと何も言ってないよね。

感情で喚いてるやつになんでこっちだけ論理的反論?をしなきゃならんの? っていうかどうやって?

意味わからんのだけど?

最近はてな村」ってキーワード釣りワードに使いすぎるやつ多すぎね?

https://anond.hatelabo.jp/20180217101943

つーか。

だろうという憶測で人を貶めようとしようとしてるやつが、めちゃくちゃ憶測はてな村なるものを貶めようとしてんじゃん。

何を言ってんだこいつ

しか思わんかった。

自分に出来ないことをnccなんとかならやってくれると思っててそれが裏切られたか失望した?

バカか?

自分ダメっぷりを吐き出す。

ただのチラ裏なので、悪しからず。

昨日、女性デートしてきた。

もう何度も二人で出掛けている女性で、結構な期間そんな関係が続いている。

そろそろ告白しようと覚悟を決めて昨日に臨んだのだが、結局切り出せなかった。

一番自分失望する点は、告白しようという緊張のせいで会話も途切れがちになってしまい、楽しい時間を構築しようという大前提意識がスッポ抜けてしまたことだ。

テメエの勝手な緊張のせいでデートいまいち盛り上がらず、挙句の果てに意気地がなくて告白もできないなんて、馬鹿な洟垂れ小僧である


何時までも悩んでいても仕方ない。

今、彼女仕事が忙しいとのことだったので、そんななか無理矢理告白しても相手負担をかけるだけだっただろう。

そんなふうに頭を切り換えて、次回こそ付き合おうと言いたい。

メランコリックな夜

羽生くんが金メダルを取った。

感動と興奮とが一気に押し寄せ、それと同時に無事滑り終えた安堵感が綯い交ぜになり、私は感極まってしまった。

彼のファンなら皆、彼の演技を祈るような気持ちで見ていただろう。

私もその一人だ。

ファンではあるけれども、フィギュアに詳しくない私はアクセルフリップの違いもよくわからない。

そんな中途半端な私にも見終えた瞬間に「素晴らしかった」と思える演技だった。

表彰台笑顔で上る彼を見ていて湧き上がるのは感動、興奮、安堵の感情

そして、私はその裏にある自分のもう一つの感情に気づいてしまう。

憂鬱である

彼はソチから4年間、絶対王者としての意地、国を背負うという重圧、様々な葛藤の中で選手としても、一人の人間としても大きく成長し、今日私たちを大きな感動に包んでくれた。

彼の4年間は間違いなく波乱に満ち、また誰よりも努力した濃厚な時間だったことは容易に想像できる。

私の4年間は。

私の4年間、あのソチからの4年間。

あの頃大学生だった私は、今、「自分の夢を追う」という名目フリーターという心細い身分を自ら選択し、人生迷路に絶賛迷い中である

人に誇れるものでもなく、かと言って破滅的というほどでもなく、惰性的に夢を追う若者ありがちな堕落した時間を送ってしまっている。

羽生くんの演技による興奮なのか、自分の不甲斐なさに対する憂鬱からなのか、私は真っ暗な布団の中で時計が深夜3:00を過ぎても眠ることが出来ずにいた。

眠れないまま布団の中にいると、脳内走馬灯のように私の4年間のなかの少し印象的だった出来事や思い出なんかが駆け巡る。

そして、私は一つの出来事を思い出す。

大学進学とともに東京に出てきた私が、少し東京という街に慣れ始めた頃。

私は友達とともに有名大学の文化祭に足を運んだ。

自分大学とは違う、歴史的な校舎の作り等に感心しながらなんとなくお祭り気分を堪能していると、ふと見知った人の顔が目に入った。

Aくんだ。

高校一年生の春から夏へと季節が移り変わる頃、「ねえ、Aくん、増田のこと好きなんだってよ」と人づてにAくんの名前を初めて聞いたのを覚えている。

私はその時、Aくんの名前と顔も一致せず、「誰か知らないし、話したこともないし、なんかの間違いなんじゃない?」みたいな返事をしたのを微かに覚えている。

自分で「間違いなんじゃない?」なんて友達に言っておきながら、私はそのAくんの苗字を忘れられず(Aくんはちょっと珍しい苗字だった)、頭の片隅になんとなくそ苗字が引っかかっている状態が続いた。

次にAくんの名前を聞いたのは、同じ高校に進学した幼なじみからだった。

一緒に文化祭自由時間のんびり過ごしていると「Aくんって知ってる?」と突然聞かれた。

名前だけしか知らないので、「知らない」と答えると、「ジャニーズの〇〇くんにちょっと似てるんだよ。あっ、ほら、あの人」と控えめに指さす。

指の先には確かにちょっとジャニーズの○○くんに似てると言えなくもない男の子が歩いている。

私自身、あまり惚れやす性格でもないため「あの人かー」という感想以外特になかったのだが、それでもやっぱり高校生なのでちょっとキドキしたりして、勘違いかもしれないのに馬鹿だなとか思ったりして――。

でも、なんとなくAくんも私を意識してるような気もして――。

なんだかんだ廊下ですれ違ったりするとき意識してしまったり、今考えても自分の単純さに呆れる。

国語テストの成績上位者の紙で名前前後に載ったり、何度か運命的な(?)出来事もあったりしたものから余計彼を意識するようになってしまったのかもしれない。

ここまで読んでくれた人はこの後、高校時代、私とAくんが付き合う展開が待ってると思うかもしれないが、私とAくんはなんとその後、卒業まで一言言葉を交わさなかった。

現実少女漫画のようにいかないらしい。

そんなAくんがたまたま行った大学文化祭ギターを持って少し目の前を歩いている。

見間違いかと思ったが、向こうも私に気づいたようで、こちらを注視しており、私は謎の気まずさと恥ずかしさとで完全に見ない振り。

私とAくんが通っていた高校東京とは縁もゆかりも無い田舎だった。

そんな田舎高校しかたことがなかったAくんが目の前に、東京に、たまたま来た文化祭にいる。

私も相当に驚いたが、Aくんも相当驚いたのだろう。

しばらく物陰からAくんの視線を感じた。

それでも気付かないふり――。

だって、話したことないもん。

深夜3:00、羽生くんによって開かれた記憶の扉によって、私は一つの衝動に駆られる。

「Aくんが今どうしてるか知りたい!!」

喋ったこともない相手の近況を知りたいなんて、私とストーカーの違いって果たしてなんだろうと一瞬踏みとどまるもやはり衝動はおさまらない。

真っ暗な部屋で布団の中からスマホに手を伸ばす。

Google検索欄に入力しようとして、我に帰る。

「Aくんの下の名前ってなんだっけ?」

国語テストの成績表で私の名前の上にフルネームで載っていたのに……。

なんだっけ……。

正攻法じゃわからないと考えた私は次に検索欄に Aくんの苗字+自分の母校+彼を見かけた大学名 を入力

すると簡単にヒットした。

彼のフルネームがわかったところで、またGoogle検索

すると彼がバンドマンなこと。

ライブをちょこちょこやっていること。

音楽に詳しくない私でも知っている大きなフェスの小さなステージに出たこと。

そんな情報ポロポロと出てきて、「頑張ってるんだな」と笑みを漏らすとともに、湧き上がる一つの感情に気付く。

そう、憂鬱である

Aくんもまた、夢に向かって4年間駆け抜けてきたのだろう。

それに比べて私は――。

言ってしまうと、私も全く頑張っていなかったわけじゃない。

私の夢を叶えるべく、その道のプロとなんとかコネも作ったし、その人たちに評価されようといくつか作品も作った。

でも、プロにかけられた言葉非難の嵐で、私はプロ評価される度に夢に対する熱意、情熱を失い、失速していった。

夢にほんの少し近づいて持った感情希望なんかじゃなく、絶望だと気付いた時、私は精神バランスを崩しやすくなり、自分の弱さにまた失望した。

ここ半年作品を作ることもできず、ただただ漠然とした不安単純作業非正規労働で埋める毎日

そんな自分が情けなかった。

そんな私には最近、昔好きだった、自分が憧れていた作品をもう一度見返す機会があった。

久々に心を揺さぶられた。

もう一度、いや、何度でも自分の夢に再挑戦したい。

そういう気持ちがふつふつと湧いてきたのだ。

僅かな希望を胸に抱いたところで、私の人生のちっぽけさは変わらない。

メダリストとは月とスッポンの差だし、駆け出しのバンドマンの足下にも及ばない。

皆それぞれ、人生をがむしゃらに走っている中で私が歩みを止めてしまった4年間。

その4年間を悔やむとともに、彼らの4年間を讃えたいと思うこの感情を色で表すと、きっと夜明け前のような仄暗く、それでいて深い青と紺を混ぜたような色なんじゃないかと思う。

それぞれの4年間に想いを馳せる夜。

そんなメランコリックな夜が今、明けようとしている。

2018-02-17

「~に失望した」系のタイトルつけるやつのおかしい率の高さは異常

https://anond.hatelabo.jp/20180217103357

やっぱりタイトルの時点で回避すればよかった俺のバカバカちんちんびろーん

また頭おかしいやつ増えた。これからもここに実例として追加していこう

https://anond.hatelabo.jp/20180217101943

失望されるのが怖い

職場仕事をしている時、周りの目がいつも気になってしまう。

例えばこんな時・・・

自分なりにやりたいことをやった時

自分タスク時間が無くて手を付けられていない時

こういう時、周りの人は何も言わない。

でも、きっとどこかで自分のことを失望している気がしてしまう。

たぶん、「あーあ、やっぱりあの人はやらないよね」みたいな。

自分の知らないところで、自分評価が落ちていく。

そんな可能性があることに、日々耐えられなくなっている。

こんな文章をまとめることすら苦痛になってしまうほどに。

この件でncc1701さんには失望したんだよなあ

ncc1701 これが女性専用車でなくプロレスラー専用車だったら絶対やらないだろう。所詮その程度の連中だよ。



この男性客らに対する批判はどんどん出ていいと思うが、

やらない「だろう」とか勝手イメージ付けて貶めるってやり方は卑劣じゃないのか???

こないだの町山のタブロイド紙批判もそうなのだが、

批判熱量が過ぎるあまり筆が滑って差別的意識をそこに込めてしま左派があまりにも多すぎる

また、女だけのコミュニティ問題でも似たようなケースであった

男を潜在的暴力リスク要因であると措定して、

予防拘禁的な対応策もやむなしとする思想

そして〆には「権力勾配」でこの矛盾を強引に解決する

これさあ、

はてな村しか通用しない掟だよね…

anond:20180217043552

2018-02-16

anond:20180216222355

キミは「アガペー」という言葉を知っているか

見返りを求めない献身、すなわち愛だ。

愛(アガペー)と愛情エロス)の違い~それは相手に見返りを求めるか、求めないか、だ。

チョコレートをくれた女に、一切の期待はしなくても良い。(「期待」はやがて「失望」に変わる)

しかし、本当に幸せになって欲しいと願うことができるなら、言葉だけではなく行動で示すべきだ。口先だけの美辞麗句は、言うだけなら誰でもできる。態度で示してこそ本物ではないのか?

 

アガペー、それは本物でなければならない。真実の愛を手に入れた者は、期待や失望から解放される。どんなに不細工な人であったとしても、それが本物の優しさな相手も分かるだろう。

(ヒント:「好き」と似た感情を列挙せよ。…「尊敬」「憧れ」「感謝」、こういった感情は、やがて「好き」という感情に変わっていく場合がある。=本当は錯覚なんだけどw)

 

お前は今まで他人から何回「ありがとう」と言われたことがあるのか?

1回か、2回か、それとも0回なのか?あるいは数え切れないくらいなのか?

もしも、0回ならお前には「愛」が足りないのだ。そこをよく考えた方が良い。(恋愛とか、そんなちゃちな話よりも、もっと根本的に自分自身の在り方を見つめ直した方が良い)

.5俳優さん炎上の件

炎上内容はもう語りつくされていると思うし

個人的にはカノバレよりも写真流出可能性に対する彼の危機感の無さに相当失望したのですが

何よりも今後キャラクターを見た時にどうしてもこの一件が浮かんでしまうことに対してもやもやしています

元々原作キャラが好きで、.5に推しキャラが出るのなら…という所から.5にも手を出し始めた人間なのですが

自分推しキャラが巻き込まれて悪く言われてしまうのがここまでしんどいとは思っていませんでした。

公式が出してきた設定やセリフ問題があって炎上したとかならまだ仕方ないと思えるんです。

俳優さんのプライベートな、おそらく.5界隈で最悪の炎上のせいでキャラまで騒動に巻き込まれしまたことに憤っているのです。

あんなに必死に集めたグッズも余計な思考邪魔をして素直に素敵だなと思えなくなってしまいました。

炎上当初はグッズのレートが下がってくれたら持っていない物が手に入るかな?なんて気楽に思っていたのですが

段々とボディーブローのように漠然とした何と言っていいのか分からないもやもやとした気持ちが心にじわじわ広がっていってしま

折角買ったDVDCDもしばらく見たり聞いたりすることは無いと思います。捨てはしないですが宝物だと思っていた気持ちは冷めました。

公式も人気具合は知っていたと思うし、実は単騎とかも考えていたんじゃないかな、と勝手に予想しているのですが

今度どんな展開があったとしてもキャラが出る度にこの一件が話に上がりますよね絶対

なので個人的にはキャス変して欲しいです。俳優さんにとっては酷だと思いますし、彼から作品ファンになった方も多々いるので難しい決断だとは思います

キャストになられた方も絶対比べられるし色々言われてしまうかもしれない。

それでもあの流出写真が思い浮かばなくてすむならキャス変して欲しい。嫌々言ってたファンも始まってしまえば大多数は受け入れてくれますよ。

とにかくキャラ俳優さんを同一視されたくないです。夢女子ではないのですが、多少キャラ神聖視しているのかもしれません。

俳優さん個人に関しては今後も俳優続けるならそれなりの覚悟で頑張って欲しいです。ただ.5や売り出し方が嫌だと思っていたならすっぱり止めて欲しいなとも思いますが。

何となく.5関連は嫌々やっていたのかなあと勝手に疑って悲しくもなったし、今までに聞いて良いなと思ったエピソードも今は薄っぺらく感じてしまったりと

自分でも心が凄く歪んできてしまったなと思うし、御本人の事をろくに知りもしないのにこれ以上悪く思いたくありません。

ずっと応援しているファンの方達の気持ちを思えば私なんかがあれこれ言うのもとても失礼ですね。ごめんなさい。

今回の件でファンを降りられる方、続けられる方、その気持ちに何て言葉をかけて良いのか分かりません。

否定的意見肯定的意見も色々と見ました。その上で決断されたことならそのお気持ちを大切にして下さい。そして体と心も大切に労わって下さい。

2018-02-12

怒られることが嫌いだ。

怒られることが嫌いだ。

怒られそうなことが起こったときに、それを放置しておけば怒りではなく失望に変わることを知った。

俺は他人失望させるために好き好んで物事放置させるようになった。

もはや俺は何もしなくなった。

2018-02-11

審神者の問わず語り



騒動からしばらく経ってずっと落ち込んでいたけど少し落ち着いてきた。色々考えた結果避けるよりむしろ積極的に見たり聴いたりした方が精神衛生上良いなってことに気づいたので大好きなCan you guess what?を久しぶりに聴いている。配信されてから数ヶ月間ほとんど毎日聴いていたから5日も聴かなかったのは初めてかもしれない。明日みほとせ見て、らぶフェス配信始まったららぶフェスも見る。一人でいることを望んでいるのに独りになりきれず、別れを悲しいと思える優しい心を弱さと捉え葛藤する、どの大倶利伽羅よりも人間臭いミュ大倶利伽羅が私は好きだ。私は財木くん個人とミュ大倶利伽羅を切り離して考えている節があるのでそういう芸当が出来るのかもしれない。人それぞれ好きな方法で、複雑な感情癒していったらいいんじゃないかなと思う。

先に言うと、私は去年7月下旬に突然みほとせ配信を購入・視聴しミュ大倶利伽羅と財木くんにハマった。配信を既に買っているのに改めてみほとせDVDを買い直し、シングルアルバムも買った。それまで2.5次元には全く興味なかったどころか正直苦手だったし、舞台俳優にも何の関心も無かったので自分の中ではかなり大きな出来事だったと思う。2.5次元という世界にも、舞台俳優という世界にも今でもそこまで詳しくはない。らぶフェスは2日参戦したけど、それ以外の財木くんの出演する舞台バスツアーなどのファンイベントにも参加していない。あ、水戸黄門は見た。あの手の時代劇を見たことがなかったのでまた世界が広がりました。そういう感じで本当に自分のペースで大倶利伽羅と財木くんのファンをしている。知識経験もまだまだなことはわかっているので舞台俳優ファンとしてかくあるべしみたいな啓蒙的なことを言うつもりもなければ、様々な情報憶測を駆使してこの騒動考察するつもりもない。ただただ、自分の中に渦巻いている複雑な感情文字化することで整理したい。そして、そんな風に複雑な気持ちを抱えているけどなかなか言葉に出来なくてモヤモヤしている人の一助になればいいと思う。ということで割と矛盾したことも言う気がする。


今3つの感情がぐるぐるしている。

1つ目は財木くんの自己管理能力の低さに対する呆れ。2つ目は大倶利伽羅役を降板したらどうしようという恐怖。3つ目は嵌められているという憶測についての漠然とした恐怖。


・財木くんの自己管理能力の低さに対する呆れ

他のファンの方もおっしゃっているように決して彼女がいることに対して憤っているわけではない。好きな俳優さんに彼女がいたって結婚していたって子どもがいたって構わない。むしろ本人の精神的拠り所がしっかりあることに安心するくらいだ。

ただ、財木くんの場合バスツアーの中身でもわかるように一人一人のファンにとっての理想の彼氏みたいな売り方をしている。そういう夢を売っている。SNSブログなどもその夢を補完するコンテンツ一種の作られたプライベートに過ぎない。

そして、財木くんが自分彼氏っていうことが夢だってこと、作られた嘘だってことは誰だってわかっている。でも、その夢を見ることがファン明日への活力に繋がる、本当に大切な夢でもある。だからこそ、その夢は完璧ものじゃないといけなかった。少しでも綻びがあったら夢は簡単に壊れてしまうのだから。演技を生業とするなら尚更ファン一人一人にとっての彼氏という役を演じきって欲しかった。本当のプライベートはどうだっていい。こちらに見せないようにさえしてくれれば。今回はそれを見せられてしまたからこそ失望しているのだ。もしかしたら誰かに流出されてしまったのかもしれないけれど、そういう隙を作ってしまったのは他ならぬ彼自身である。それは弁明しようもないものだ。

つまるところ、この騒動は彼の演技の失敗ともいえる。ファンに見せる夢を壊してしまった=演じきれなかった、という事実は他の演技に対する疑念にも繋がる。あの役、本当に真剣に演じてくれたの?自分が実際に見て良いと思っていたものを疑うことになるかもしれない。それはとても苦しい。


・大倶利伽羅役を降板したらどうしようという恐怖

責任を取って降板しろ、と思っている人も多いと思うし、もしミュージカル刀剣乱舞として降板という対処をしても恨むつもりはない。こういうコンテンツイメージが最重要だ。だからこそ、ミュージカル刀剣乱舞というブランドを守るためには正しい対応だろう。頭ではわかっている。頭では。

やはり、財木くんのやる大倶利伽羅が大好き。これに尽きると思う。この感情理由も何もないからこそなかなか割り切れないものがある。

かといって、財木くんのツイートのリプに「カノバレなんて気にしないでください!私は応援しまから!」などと無責任発言をする人間ファンではない。それはあまりにも無能さをひけらかしているのではないか、と思っている。

ファン俳優を支える存在であるが、決してを甘やかす存在であってはいけない。その甘やかしは間違いなく俳優破滅に繋がるからだ。

私はファン俳優を育てる存在だと思っている。だからこそ、ダメなことをしたらダメだと言わなければならない。もちろん、財木くんに見切りをつけてファンをやめることも間違いではない。誰かのファンでいることに何の拘束力もないのだから。ただ、まだ財木くん微力でも可能性を感じなんとかしたいと思うなら尚更無責任に「カノバレ気にしないでください!私は応援します!」などと言ってはならない。

また、ファンも周りから見られていることも忘れてはいけない。財木くんの存在以上に財木くんのファンが今見られている時期だと思う。無責任発言をすればするほど、財木くんも財木くんならそのファンファンよね、とバカにされかねない。(実際もうバカにされているかもしれない)それで果たしていいのだろうか。少なくとも私は外野に財木くんも、私よりも財木くんを応援しているファンの方々もバカにするような言葉を見かけて勝手ボロボロに傷ついている。


・嵌められているという憶測についての漠然とした恐怖

タイミング的にこれは嵌められたんじゃないかとかインスタのアカウントがどうとか憶測が飛び交っている。私自身そこまで賢くないのでこれについては正直よくわからないし、はっきりとしたことが明らかになることもないんじゃないかと思っている。ただ、もしかしたら若い芽を摘もうとする人間が少なからずいて、機会を伺っているのかと思うと漠然とした怖さがある。他の俳優でもこういうことが起こったらどうしよう。これは舞台(特に2.5次元)という全体的なコンテンツの衰退を引き起こしたりはしないだろうか。ぼんやりとそんなことを考えてしまう。

これについては俳優自身がそういう隙を見せないよう気をつけるのと、ファン安易情報デマに流されないようにするしかない気がする。そろそろ頭が回らなくなってきた。


これからどうするのかと問われても私は何が何でも財木くんを応援します!という訳でもなければ、今日限りで財木くんのファンを辞めます宣言をするほど強い心もない。様子見をしつつ、みほとせを見たり、聴いたり、らぶフェス配信を見ながらゆっくり時間あるかけて自分気持ちと向き合っていきたいと思っている。

2018-02-10

「激励のつもりで罵倒しか出来ていないファンの人」←居るか?

0じゃないという意味では「居る」だろうけど。

つまんない漫画に「いまいち」とか「つまんない」っていうとき激励のつもりなんか1ミリもないだろ?

少なくとも俺にはない。


罵倒されてるんなら罵倒されてるんだよ。罵倒気持ちが送られてきてるだけ。

正直漫画感想罵倒って言うのもよくわからない。普通単に「おもしろくなーい」って離れて終わりだろ。もっと多くのケースでは無言で離れて終わりだ。すっごいつまんない漫画はあるだろうけど読む漫画が無数にあるこのご時勢にはそんな漫画殆どスルーされて終わりで執着されてわざわざ罵倒はされないだろうし。たぶんそれぐらい絶妙につまんなかったか、その読者にとっては何か逆鱗に触れるような内容だったんだろうよ。

あとはアレか、大勢ファンを獲得したあとに途中からなんかの理由で急激に内容がガタガタになるとか、ファンの大半が望まないような方向へ大幅な路線変更したとかそういうのだと罵倒されるのかな。あとはあの怪しい漫画賞とかで持ち上げられると「そこまでの漫画?」みたいに言いたくなった人が寄っていくのかな。


とにかくまあ、罵倒されてるんなら罵倒されてるんじゃん?その罵倒を正当と受け取るか不当と受け取るかはともかく、罵倒されるぐらい失望させるか怒らせたんだよ。そこに激励の気持ちはないだろ、検討するまでもなく元から。「激励のつもりで罵倒しかしないファン」っていう想定がおかしいってことだよ。罵倒されてるなら罵倒気持ちを起こさせてるだけだよ。なんで『気持ちのうえでは激励があるんだ」「あれはファンなんだ」みたいに受け取ってんねん。どんだけポジティブよ。

推しは昔炎上した

zik君が炎上して、推しが笑い話として引き合いに出される。

かに美人相手だね。とは私も思ったけど、推しに謝ってとか書かれていや引き合いに出すのやめて。と思って、あの騒ぎを思い出した。

って書くと私の推しが誰だか分かると思うけど。

ま、それはいいや。

炎上した事も、彼女美人とは言われないのも、事実として受け止めてるし。

ただ引き合いは不愉快だよね。

推し炎上した事で、それを知った時私は決めた。

推しを推すのは飽きるまで。

炎上失望はしたものの飽きなかったので今も推してる。

それと。

推しを信用しない。信じない。と。

一度があれば二度三度、カノバレはあると思うので、そう思ってれば傷は付かない。

彼女が居ない方が怖いよ。とは思ってるので、上手に隠して騙してくれれば構わない。

ただ、匂わせるような女の子を好きになった推しはもしも新しい彼女が出来たとして、その新しい彼女が匂わせするだろうと。好みは変わらないから、その可能性はあるよな、て思うので。

あ。炎上した彼女と続いてたら続いてたでそれはいい。今は隠せてるっぽいし。時々微妙だけどね。

そんな信用しない覚悟推してるの。

2018-02-08

これほど政治家の「言葉」が国民を怒らせ、失望させた1年はなかった。2017年前半は権力に酔った暴言が相次いだ。

これほど政治家の「言葉」が国民を怒らせ、失望させた1年はなかった。2017年前半は権力に酔った暴言が相次いだ。

「こんな人たちに負けるわけにはいかない」

 安倍晋三首相発言を筆頭に、「震災東北で良かった」(今村雅弘・前復興相)、「あれは怪文書みたいなもの」(菅義偉官房長官)、「このハゲー!」(豊田真由子・前衆院議員)もあった。

 彼らは選挙が近づくと国民の怒りを恐れて「真摯」「反省」を繰り返したが、総選挙勝利すると再び本性を現わした。

“これで禊ぎは済んだ”と満面の笑みをたたえ、権力を笠に着て国民小馬鹿にし、批判されても鼻で笑ってみせる。そうした「国民愚弄発言」のMVP候補に一番にノミネートするのは、稲田朋美・元防衛相の呆れた発言である

有意義な1年でもあった」

 さる12月11日活動再開した自身勉強会伝統と創造の会」で稲田氏が語った言葉だ。

 大臣時代ウソ答弁を重ね、自衛隊日報隠し問題では説明を二転三転させ、北朝鮮ミサイル危機さなかに防衛省内を機能麻痺に陥れたことさえも、彼女にとっては「有意義」だったようだ。

彼女は今も自分は初の女性首相の最有力候補と思っていて、勉強会では『戦う政治家として活動したい』と力説していた」(自民党議員

週刊ポスト2018年1月1・5日号

安倍総理自民党はが裁きを受けよ。政治家やめろ。

2018-02-07

カノバレ騒動について外野からの所感

俳優のカノバレ騒動について。

Twitterフォロワーに2.5舞台に通っている人が複数いて今回の件はそこから知りました。

(ただ、俳優名前を誰もツイートしていなかったので、私が炎上元の俳優に辿り着けたのは俳優特に推していない別のフォロワー謝罪ツイートRTしてからでした)

 

 

最初不思議に思っていました。俳優といえど人間だし、成人男性だし、彼女くらいいて寧ろ普通なのでは?と。

それを理解できないほどファン子供ではないはず(舞台俳優ファンなんて遠方にも行ける自由自分のために使えるお金がないとできませんよね)

からそもそも恋人が発覚したくらいで騒ぐような、いわゆる「ガチ恋」のファンを産んでしまうような売り方そのもの問題があるのでは?と思いました。

俳優ホストアイドルではないんだぞと。

 

 

もう少し突っ込んで調べてみると写真のものと、今回の炎上が2回目であることと、次の週末にバスツアーがあることを知りました。

ガチ恋のファンを生み出すような売り方をしているのに自分(もしくは彼女)が自主的問題画像を公開していたということを知りました。

ブログや元ファンの方のツイートを見て、やっと彼女たちが何に怒っているのかも理解できました。

 

 

理解できたからこそ、外野人間として思ったことがあります

そんなにお金をつぎ込むほど大好きだったのに、一転して煽り口調でツイートしたり他の「それでも応援しています」とツイートしている方に噛みつきに行くのはなぜなのだろうと。

 

 

残念でした、失望しました、そう言って去るのはわかります

こういうことはプロとしてするべきではなかった、そう叱責するのもわかります

でも「簀巻にして包丁突き立てたい」だの「生卵ぶつけたい」だの、最悪脅迫威力業務妨害と見なされてもおかしくないツイートをする元ファンの方。これがわかりません。

「やられた」「騙された」から「やり返して」いるのでしょうか。

「最悪な男」のために逮捕されるリスクを負うのはあまりにも不毛ではないでしょうか。

これだけお金を注いできたのだからアンチじゃないといくら主張したところで、直近で並んでいる罵声ツイートはどう贔屓目に見ても(元)ファンのものではないように見えます

かに去ることを選んだ人にも、このままファンを続けると決めた人にも迷惑をかけているように見えます

 

 

そのような発言をされる方、私が見つけたごく少数ではありますが、その中のほとんどの方が例のバスツアーへの参加を表明しています

行くのやめればいいのにと思ったのですが、キャンセル料が取られる時期であったというのも調べるうちにわかりました。

一番安いプランだと大部屋であるというのもわかりました。

贈り物を渡したりツーショット写真を撮る機会もあるとか。

 

 

 

 

何事もなくツアーが終わることを祈っています

一ノ瀬志希考察しようかな その3

どーも、デレステやってる志希Pです

前回も書いてる途中で投稿してしまった…しかも本文ゼロ!これはもう荒らし同様ではないか!?

後で消し方調べとこ…皆様すいません。そんな理由でその2は消すかも。

あいいや。あと書いてなかったのは…

×前提として、一ノ瀬志希キャラの変化とそれに伴う少々

〇頭が良い人間勉強が出来る人間は違うから

子供人間子供にもなれる人間

〇ここまでを踏まえて、一ノ瀬志希人間関係について

〇私と貴方は違う人間、これ常識から

4つもあるね! 恥ずかしいね! ああ恥ずかしい! ミスの分だけ恥が増えるぞ!

ええい嘆いていても始まらん、続きカクゾー!



〇頭が良い人間勉強が出来る人間は違うから

これね、志希っていうより、志希を評価するPへの言葉なんだけど。

まず、「頭が良い人」になる条件。知識経験活用できる人。出来ないのが俗に言う”馬鹿”で、繰り返せば出来るのが”凡人”、ほぼ失敗しないのが”賢者”ね?

※私なりの解釈。因みに賢者は「歴史に」学べるからね。故きを温ねて新しきを知るとか私にゃ無理だよ

で、志希の事だよ。

専門用語がまるで違う、なんて言葉を聞く。

私もね、機械とか建築とかの専門知識は少しなら分かるし知識がある人から見たら言葉一つで違和感たっぷり、見るたびにイラついてもしょうがないと思う。

でも、そこじゃあないんだ、私が見て欲しいのは。

トワレ前ならともかく、今の志希は相手理解する能力が格段に上がってる。ストーリーコミュ33話とか、ね

アドラー心理学とか読むレベルの人なら、「他とは違う」事に気づいたと思う。

そして、誤解しないで欲しい。「頭が良い」≧「勉強が出来る」という事を!

勉強は答えがあるし、知識はそれそのものが答え。つまり、誰でも辿りつける。頭が良いなら辿り着くスピードも速い。

でも、無い答えには辿りつけない。私の様な凡人は、生きている間に「地球が丸い」「太陽を中心に回る」そんな事には気づかない。

それに気づき探究することが出来る。星の位置の変化から法則を見つけだす。それこそ「賢者」。

賢者」が勉強が出来るのは当然。(知識が無きゃ出来ない事だし)でも、勉強出来るなら「賢者」?

勉強だけでいっぱいな人は、「天才」なんて呼ばれない。他と”比較して”「賢い」そう言われる事はあるけどね。

書き殴ってしまった…まあ、この辺りで。


子供人間子供にもなれる人間

これは、最初に書いた文章の内容とつながるかな?多分、早く終わるよ。

志希に対して、こんな評価が飛んでいた。

コイツどう見てもサヴァン症候群から」「コイツADHDだろ」

サヴァン症候群は、能力が一つだけ高くて代わりにコミュ障とか…だったっけ?

ADHDは、確か多動性症候群かな。一つの事に長時間集中できなかったり、何時でも貧乏ゆすりしたり。

志希は他と衝突することもあるし、切り取ればまあコミュ障じみて見える部分も無くはない。(他のコミュみりゃ理解できるから見て)

でもADHDは流石にただの言いがかりじゃない?

ちょっと見れば分かるよ、志希は「出来ない」じゃなくて「嫌だからしない」娘だから必要とあらば我慢できるぞー!

というかどちらかだったら、「あしたま」とか33話のコミュ説明がまるでつかん! アレは凡人もそうそう出来ん!

まあ、コミュ見て欲しいかな。イメージ回復するよ。きっと。多分。メイビー。

志希は、「子供にもなれる大人」なので。とってもカッコいいぞー。

ハイ、次行こう


〇ここまでを踏まえて、一ノ瀬志希の×人間関係二次創作について

内容突き詰めたらタイトル変わった。なんかスマーーーーン!!

よし、辿り着いた。

ここでは、主に二次創作について触れるよ。しきフレとかしきあすとかの作品

何回か言ったけど、志希は「秘密のトワレ」以降かなり精神性が上がってる。

二次創作好きな人もこれで混乱したと思う。自分の傑作が、時間経って公式と比べるとまるで違う物に見えたハズだし。

※私は「秘密のトワレ」以降にss書こうとしたけど過去発言との乖離に混乱して挫折しました。

でもまあ、それもいいでしょ。

私はトワレ以降の志希が好きだけど、その前も確かに志希。

人の気持ちが分から他者を傷つけたのも、人の気持ち理解し優しく振る舞えるのも志希。

二次作家さん達の志希はどっちかな?

どっちでも魅力はあるし、好きな方を採用しよう!そしてもっと志希書いて!


〇私と貴方は違う人間、これ常識から

今回の文章ね、私見だらけだと思う。

出来る限り資料探して書いたけど、足りない部分は私の想像で埋めてるし。(1割無いよね?無いと良いなぁ…大体は資料に基づいて書いたから許して)

何が言いたいかというとね、批判は当然あるという事。

「抜けてる」指摘ならいい方で、人によっちゃ「気に入らん」もあるし。

でも、私はここまで自由に書いた。コメントする人も、自由に書いて欲しい。

そして賛成だろうと反対だろうと、コメントで出た意見の「封殺」はやめて欲しい。

ただの「意見交換ならいいけど。相手尊重するんだよ? ソンチョー

相手に「ふざけんな!」ではなく、「お前はそうなの? 私はこうだよ! …貴様とは相成れんな!」

この辺が限界ラインかな?まあ皆、あまりケンカ腰にならないでくれると嬉しい。

ここでコメントする人は、多かれ少なかれ志希に関心がある人でしょ?

志希なら、ただのマウンティングとか見たら「…楽しいの?」とか言ってどっかに行っちゃうだろうし…だよね?(妄想中)

トワレ以降の志希は精神年齢で確実に私を追い抜けるポテンシャルあるし…

私は、志希から最低限失望されないようには気をつけてるよ…貴方はどう?

担当アイドルだしなぁ…私は気をつけた方が良いと思うけどなぁ…

                                                                  終わり

                                 見てくれた人ありがとう

2018-02-05

ポプテピピックには本当にがっかりしている

前置き:自分ディズニーファン

ポプテピピック第五話の絵コンテの一部?が作画監督Twitterで公開されて、「ついにこのネタをやる日がきたのか」と思った。

ポプテピ原作では、今回の「蒸気船ウィリー」のパロディの回はポプテピピックリプライ画像用以外で名実ともに有名になってきた時期の回だったと記憶している。

その当時も、「やべえwww」「D社に消される!」みたいな感想をよく見かけた。

結論から言うと、蒸気船ウィリー自体はすでにパブリックドメインとなっているためミッキーマウスのもの商標を除けば(基本的に)問題はない。

で、今回の蒸気船ウィリーパロディアニメ

プニキを含めて差し替えを食らった、という演出ありきの構成だった。

とてもがっかりしている。

nice boatネタと引っ掛けたかったのか、蒸気船ウィリーパロディは「圧力でなかったことにされた」となっていた。

正直、ポプテピピック製作サイドの意図は読みきれないのもあってどこまでネタだったかはわからない。

ただ、結果的に「著作権ヤクザネタ」で終わってしまったのがたいへん残念だ。

いや、ポプテピピックに残念もクソもねーだろ、といわれてしまえば本当にそのとおりだとは思うんだけれど、

自分の中ではうっすらと

PPTPなら山寺宏一ドナルド、その他)をディズニー回にぶつけてきて、相棒島香裕グーフィー声優)」くらいのことはしてくれるかな、と暴走を期待していたのだ。

なので勝手に期待して勝手失望してしまった。

消される!ネタをやるなら本気で消されるような面子をそろえてくれるかと勝手に期待していた。

ディズニーファンをやっていて、著作権ヤクザネタでなんとなくいつもいやな気持ちになっているファンは少なくない、と感じている。

何かあると「消される!」「ハハッ」と言われ、ツイートするだけなのに面白おかし伏字にされたりして自分の大好きなキャラクターたちがまるでヴォルデモートのような扱いを受けている。

子供が好きなディズニーダークサイド、というのは確かに面白いのかもしれない。

ただ、ディズニーというと一辺倒にそんな扱いを受けがちで心のそこから残念に思っている。世間に。

ディズニー日本著作権ヤクザ認識を得たのは学校プール消去命令事件なのは有名な話だが、それも1987年の話で、もう31年も経っている。

あの事件簡単に言うと、ディズニー著作権意識と当時の日本著作権意識の低さから起きた事件である

線引きは何事にも必要で、それの犠牲になってしまったのがあの小学校ではないか自分は思っている。

別のアプローチから話すと、ミッキーマウス商標現在もまだ続いているので、1987年当時、あの小学校きっかけにミッキーマウスを無断であちこち商品に使われては(訴訟とかも含めて面倒になるので)たまったものじゃない、という判断でもあったのだと思う。

商品に無断でミッキーを使うな、何かを貶める目的ミッキーを使ったらさすがに怒るよ、程度の扱いだ。(極論を言ってしまえば)

から、もう別に異常におびえた扱いをしないでほしい。

ていうか、普通につまんねーぞそういうの。

あとは個人的意見を羅列。

PPTP #5のおかげでまた圧力著作権ヤクザネタで話を振られると思うとうんざりする。

ミッキーの「アルバイト危機一髪ドナルドの「総統の顔」程度を見せてこっちががっかりすると思ってる人が居て本当に嫌だ。ピクルスピーナッツを見てから言え

ファイアボール ドロッセルはいいぞ

・ちなみにプニキことプーさん著作権についてはディズニー版は切れてません。ミルンの原著は切れたっぽい

2018-02-04

anond:20180203125454

元増田共感について思うのは、付き合ってる人に「リアルでもああいう事あれば良いよね!」って言われたかったのだろうか。

夢を見るのは人それぞれだけど、リアルリアル物語物語という線引はオタクでも持ち合わせてないと。

私も相手と気の合う話をよくするが、互いに物語物語理解しているから「現実ではああいうことは起こらないよね。起こったら夢があるわー」で割り切ってるし

それが当たり前だと思ってるから互いの共感するべき所が違っても、その程度で相手失望を感じたりしない。

これは私の環境の話になってしまうけどね。

しかし、互いの考えが違うことは多々ある。言い合いになることもあるし、数日話さなくなったりすることもある。

でも、その程度で価値観が違うと失望はしないかな。

この程度で失望していたら、相手と一生付き合うことも無理だろうからね。

気持ちはわかるけど、しまいこんで良い子ちゃんでいてもメッキは剥がれるから、思い切りぶつかったほうが良い気がする。

2018-02-03

日本凄いはどこに行った

なんか未だにミンスーがマスゴミがーとか言いながら草を生やしてるような語彙が2chに入り浸ってた頃のままな人や、はてサがーポリコレ棒がーとか語彙はアップデートしてるんだけどまあいわゆる左派的な物が嫌いなんだなって人をたまにブコメで見かけるので、大抵不愉快から非表示にして露骨に口汚ないのは一応差別的発言とかで報告してるんだけど、彼らを見てると同時に日本社会に対しても辛辣コメントを付けてたりして、嫌韓嫌中で外を下げて日本凄いって持ち上げるタイプの人をほとんど見なくなったなって思う。

まあアベがーとか言ってる思考固定化されてる左派タイプ非表示にしていてそういう人達が今の日本社会失望してるのはわかるんだけど、結果として全方位を下げてる彼らの心境がよく良くわからないんだよな。いったいなんでこんなことになってしまったんだろう。

2018-02-02

萌えるからと言ってなんでも書くのは危ない

 小説なり漫画なりで好きなシーンや良いシーンがあったら自分なりの解釈でそのシーンの絵や小説にすることがあると思う。

 先に述べるが、私はそれに大いに賛成である

 私は小説を書くのだが、その中で「ここのシーンたまんない!」とか言われて絵にしてもらえた日には感激で夜も眠れない。

 さらに言えば、私宛に送ってくれれば喜んで家宝にしたか軽率に送って欲しかった。

 だが世の中そんな人ばかりではない。

 これは私が以前に経験し、現在も未解決に近い(理由は後述する)話だ。

 私は当時とある作品のAというキャラにハマっていた。

 今でこそそのAは凄い人気なのだが、当時は登場して間もないこともありpixivなどで検索しても総数で2桁ないくらいだった。

 そんな由々しき事態に、私はそのジャンル出会った仲間たちと共にキャラの良さを広めるべく日々小説を書いていた。

 そんなある日、とあるCPを見かけた。

 それは現在そのジャンル大手CPのS×Aだった。

 これはいいと私も最初は書いたり読んだりしていたが、作品が多くなるにつれて主流が可愛いAという風になっていった。

 それも仕方ないことだ。

 Sに対してはAもツンデレのようなところもあったし、そもそも公式設定からして童顔など可愛い要素多めなのだ

 けれど初登場や要所要所で現れる格好良さ、正体不明の頃から時折見せる恐ろしさなども魅力なキャラだ。

 そして悲しいことに、私は後者の部分でAを愛していた。

 つまり解釈違いだ。

 こうなってはS×Aに触れにくくなる。

 幸いにして当時はAの魅力を全力投球で書いたA攻めの別CP小説が好評で普段のメインはこっちだった。

 だから無理してS×Aに触れる必要はない。

 ないのだけど——

 これまた悲しいことに私はSも好きだったのだ。

 特にAと絡むのが好きだった。

 これは原作エピソードのせいとも言えるのだが、語ると長いのでここでは省く。

 とりあえず、原作がAとSの絡みを推してくるのである

 そうなるとAとSが絡む二次が見たくなる。

 でもそれでは主流解釈可愛いAを見なければいけない。

 雑食とはいえ、解釈違いばかりというのはさすがにキツいものがある。

 ならばと、逆CPに手を出した。

 今から考えればこれがいけなかったのだが、当時は雑食の利点を生かした良い手だと思ったのだ。

 そして私はA×Sを検索するようになった。

 まぁ当時ジャンル自体マイナーな上に、その主流CPとは逆なため作品総数が少なかった。

 それでも活動する人はいた。

 そしてその中に彼女はいた。

 仮名はエヌ子としておこう。

 エヌ子は絵も小説も書けたため当時のpixivにあるASの大半は彼女作品だった。

 少なくとも私が検索した範囲ではエヌ子の作品に溢れていた。

 なので真っ先にエヌ子の作品をみることになったのたが、正直ドストライクだった。

 小説にしても小話を書いた絵にしても私の好みでヤバかった。

 本当に好みすぎてpixivに日参し、Twitterフォローして新作を待ち望むほどのファンになった。

 けれど声をかけることはしなかった。

 理由としては単純だ。

 私が雑食で、逆CPを既にいくつか書いていたかである

 私はそうではないが人によっては逆CP絶対NGなんてこともある。

 そもそもエヌ子はS総受の人だった。

 ならSA以外にもS攻めを書いている私なんか範疇外の可能性がある。

 だからまりかかわるべきではないと思ったのだ。

 だが悲しきかな、雑食書き手の性。

 エヌ子の作品を読む内に私もASを書きたくなった。

 そして同時に、エヌ子さんの作品もっと多くの人に見てもらいたいと思った。

 そのためにはどうすればいいか

 それが、その日からそれが私の命題になったのだ。

 そんなある日、エヌ子の新作が投下された。

 それはいもの妄想シチュエーションの絵だった。

 そして、その中のひとつが、私の心に深く刺さったのだ。

 それは普段Sにひどく当たってしまうAが酔っ払い甘えるというシチュエーションだった。

 簡潔に言えば凄く萌えた。ヤバかった。

 そして、この萌えならばいいのではないかと私は思ったのだ。

 この萌えならばエヌ子さんの作品紹介に打ってつけではないかと。

 そしてTwitterにてリツイートした。

 が、それでは足りないと思った。

 もっと他の作品pixivにあるから見てほしいと。

 そして、私はある作品を書き上げた。

 そう、それが冒頭の説明に繋がるのだ。

 つまり、私はエヌ子さんのその絵のシーンを元に小説を書いたのだ。

 そしてそれを、pixivにアップした。

 そのときはまだpixivにまとめた作品がアップされてなかったのでURLは乗せてなかったが、代わりに「エヌ子さんのAS萌えて」とも「元ネタはエヌ子さんの作品から」なども明記していた。

 これが多分いけなかった。

 これがどういう経緯でかは未だにわからないが、人伝に私が上げた作品を知ったエヌ子は「嫌だ」とツイートした。

 今はそのツイート自体消されてしまい残っていないのだが、はっきりとした拒絶だった。

 今でもそのショックは覚えている。

 だが考え方の違いもあるだろうし、何か不手際もあったのだろうと心を落ち着かせた。

 そしてすぐに該当作品を消し、リプでエヌ子にその旨を伝えた。

 すると今度はそれを「嫌だ」と言われたのだ。

 そして「きっかけのツイートは消すから戻して」と上記ツイートを消されてしまった。

 そうは言われてもこちももう消しているしと困惑する中、リプでは埒があかないと言われDMに移行することとなるのだが。

 DMもっと混迷する。

 そのときのやりとりは最初に消されてしまったツイート以外すべて画像に残しているのだが、先方がネットに公開しないことを約束しろと言うので上げられない。

 だが内容としては早々にこちから「どうしたいのかわからない」や「そちらの主張が一貫していない」ことを指摘した。

 すると先方からよくわからない問題を出されたり、果ては「消して済むなんて思うな」「こちらの仕事に影響が出て困る」などと送られてくるようになったのだ。

 こうなったのは多少は私の落ち度なのだろうが、それにしてもよく意味がわからなかった。

 その中で1番訳が分からないのは直接やり取りしているのに「仲介役になってくれ」と私と仲のいい相互さんに連絡していたりするところなのだ

 幸いその方にはエヌ子とのDMやり取りに移行するときからずっと相談しており、DM内容も見せていたので中立に徹してくださったのだが。

 その方をしても意味が分からないと言っているほどなのである

 なお、エヌ子がその方に送った文面は私は見ていない。

 その方が見ない方がいいと言ったからだ。

 まぁそれはいい。悪口だろうとなんだろと気にしない。

 それよりも最初の方に述べているが、これは未解決に近いことが問題なのだ

 結果を先に述べると、先方からの返信が来ていないのだ。

 DMでも埒があかないかSkypeにしてくれと言われ、証拠が残らなくなるからと断ったら返信がこなくなった。

 そしてフォローが外されてしまった(当時は相互フォローではないとDMを送れなかった)。

 まぁ返信が途絶えるのは既に何度もあり、その都度こちから折りをみて催促していたからそこはもうどうでもよかった。

 それよりもフォローが外された方が困ったのだ。

 先方都合でDMにしたのに、これではもう絶縁状である

 正確にはブロックはされていないので違うのだが、それでも返信しないという意志の現れである

 こうなると本当に困惑しかない。

 解決したいってのも、責任を取ってくれっていうのも先方の要望なのにそれを達成する前に切られてしまってはどうしようもない。

 このまま活動するにもまた絡まれ訳の分からないことを言われても困るし、そもそもCPを変えようとジャンルは同じなのだからどこかで出会可能性が高い。

 そして考えた結果、私はアカウントごと引退することを決めたのだ。

 そうする以外手段が思い付かなかったし、少なからず仲間たちに迷惑もかけていたのが嫌になっていた。

 そうして私は先方の消すなという言葉尊重し、pixiv作品には閲覧制限をかけ、ことの経緯を書いた文面を公開した。

 もちろんよく分からなかったところや、二転三転していた発言には触れずだ。

 そしてTwitterアカウントも消さず、あらましを書き放置した。

 後日談として、その後も繋がっていた相互さんなどから

解決してよかった!ってあの人すごく喜んでるんだけど」や、ちょっと人としてどうなの?という話を聞くのだが、もう関わりたくなさすぎてスルーしてしまった。

 その節は失礼しましたと、この場を借りて謝罪したい。

 でももうエヌ子には愛想が尽きていたから話も聞きたくなかったということで許して頂きたい。

 あと私の作品を好きだと言ってくださった人たちへの申し訳なさすぎが強かったのもある。

 閲覧制限をかけたあともpixivメッセで「好きでした。残念です」や「どうにか見れるようにしてもらえませんか」など当時はもちろん、数年経った今でも届く。

 それを見るたび、もっとどうにかならなかったかなと思う。

 なので、というわけではないがこれを書こうと思ったのだ。

 脱線なども多かったですが、一応これは注意喚起です。

 こういう人もいるからという。

 そして冒頭のそれになるのです。

 つまりいくら萌えようと安易に人の作品元ネタに書かない方がいいよっていう。

 書いてくれーって言ってる人は大丈夫でしょ?とか思うよね。

 ダメです。私の関わった人も言ってました。

 だから書くなら仲間内にした方がいいです。

 じゃないとこうなったときすごく面倒くさいです。

 神の作品とか書きたいよね。

 でも神ほど気を付けた方がいいです。

 神に失望したくないなら余計に。

 件のエヌ子ですが、最近は浮上していないようですけど未だにそのジャンルに居ますし、どうも商業お仕事しているようですし、別垢を持ってないとも限らないので本当に気を付けて。

 途中からパクリだとか、出るとこ出るとか気の弱い方だと心が折れそうなことまで言ってくるような人なので。

 そして、そんな人間はエヌ子だけではないと思うので私の実体験を元に紹介しました。

 長くなりましたが、どうか皆様は楽しい創作ライフお楽しみください。

 長文乱文をここまでお読み頂きありがとうございました。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん