「ワクチン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ワクチンとは

2021-05-08

東京オリンピックでは海外記者が動き回り感染爆発を誘発する(05/07 菅総理記者会見抜粋

2021/05/07 の菅総理の会見において、ラジオフランス西村記者が、オリンピック関係者の行動について良い質問をしていました。

それに対する菅総理の回答を聞いていると、このままではオリンピック後の日本感染状況が酷いことになると感じたのでメモしておきます

動画こちら。

https://www.youtube.com/watch?v=Ei1NBEikh90&t=2458s

51:00 くらいからが質問になります

ラジオフランス西村記者質問

ラジオフランス西村です。よろしくお願いします。

また東京五輪について質問させていただきます

東京五輪のためにアスリート以外にも数万人の外国人関係者来日する予定です。

彼らの一部はアスリートと違ってさまざまなホテル滞在し、一般人接触します。

海外報道はいろいろな取材をするつもりです。

政府はいくら厳しいルールを考えても非現実的ルールなら意味がなくなり、当然様々な問題が出てきます。数万人の行動を監視するのは物理的に可能でしょうか。

菅総理回答>


東京開催にあたっては選手大会関係者感染対策をしっかり講じて国民の命と暮らしを守っていく。そういう中で、ファイザーから選手に関してはワクチン提供があってそれは当然に接種されて、選手についてはそうだと思います

それで選手大会関係者一般国民が、交わらないように滞在先や移動手段、ここは設定をします。

ですから選手毎日検査を行うなど厳格的な感染対策をしっかり行います

こうした対策を徹底することによってまず選手とこの日本国民の命と健康はしっかり守ることが、このほうは隔離しますので、出来るという風に思っています

ですからそれ以外の方はさまざまな制約がある、水際も含めてありますので、そこは安全対策を徹底をして行きたいという風に思っています

<私の感想

選手ワクチン接種を行い、毎日検査を行い、国民と交わらないように配慮するということは分かりました。

しかし、質問趣旨であるところの海外報道陣含めた数万人の大会関係者に対する具体的な対策についての回答はなく、「さまざまな制約がある」と言ったのみ。

そのさまざまな制約が何なのかの具体的な言及はありませんでした。

このままでは海外記者自由に市内を動き回り、感染を広げるのではという懸念払拭できません。

世界的に変異株が蔓延する中でのこの無策は致命的かと思います

自分以外の全員がワクチンを打てば感染リスクは下がるし副作用心配もない!???

anond:20210508060729

https://imgur.com/BYZcyvC

このグラフをみて。

あぁ日本ワクチン接種は1日35万回が限界なんだなぁ。

100万回なんて到底無理だなぁって思う?

ワクチン一日百万回

みんな王将の話してて笑った

ワクチン1日100万回は可能なのか?

google で、新型コロナウイルス ワクチン 統計情報 を検索して出てくる統計情報によると、

5/6 の時点で日本は 1日 35万回の接種ができているらしい。

まり目標の100万回の三分の一は既に達成できているのだ。

神戸市歯科医ワクチンを打ってもらう施策を行う予定だが、これを全国区で行えば、

ワクチンを打てる場所が約6万カ所増える。

6万か所で1日10回ワクチンを打てれば、60万回増やすことができる。

たったこれだけで、現状の35万回と合わせて 95万回まで可能となる。

次にネックになるのは、ワクチン物流だろう。mRNAワクチンは低温輸送必須だが、

冷凍食品流通網を使えば恐らく可能になるはず。

最後は、ワクチン接種の予約システムだが、下手な企業に依頼するとまともなITシステムが作れないので、

ピアイープラスのような既存チケット販売システム代用すればよいのではと思う。

そして、コンビニワクチンチケットをゲットするのだ。

みたく、オールジャパンで取り組めば、1日100万回は十分に可能だと私は思うぞ。

どうせもうワクチン打ってるだろうから言うけど、

IOCの連中何人か、それこそバッハあたりがコロナで死んでくれたらとても面白いよね。これまで世界に害しかもたらしてこなかった、どうせ死んだほうが世界のためになる奴らなんだし。

口では不謹慎だご冥福をだとは言うけどそんなのは全部ポーズ、悲しむ人はこの世に一人もいない。・

池江選手ツイートをみて違和感持った

※この文ではまるで池江選手=アスリート代表かのように書いていますが、実際にはもっと個別具体的に検討する必要があると思います

誹謗中傷する意図ではなく、彼女ツイートを読んで無力感など感じたところの感想文です

※勢いで書いたから誤字脱字がひどい。文意メチャクチャ結論はない。

彼女お気持ち表明ツイートに同情している人が随分多くてびっくりした。

皆つい数時間前まではアスリート特権かについて非難とかしてなかったっけ?忘れるの早くない?

正直池江選手自体には同情する。彼女は、白血病を完治して復活した一連の経緯を美談化され、美談的なストーリーをもった人物政治プロパガンダの役目を負うことになったと思ってる。で、結果、今は矢面に立たされてで批判誹謗されてるんだろう。

最初だってアスリート攻撃するのはな………」とか思ってた。だって100%政治が悪いじゃん。お上無為無策無能からじゃん。だからオリンピック非難轟々の目にあっているんだよって。

でも池江さんのツイートみて、多分アスリートとかは思ってたよりも私達とは違う層にいる(つもり)なんだなって思った。

彼女の連ツイの中で「ラッキー」とか呟いたのは、なんなんだろう。なんでだろう。

ラッキーってなんだろうね。彼女オリンピック出場のチケットを手に入れた一年仕事を失ったり生活できなくなったり、コロナにかかって死んでしまった人も、遺族も、経済悪化等々のせいで苦しんでいる人達とかもいた。なるほどそれらの人々に比べたら彼女ラッキーなんだろう。

一年天国と地獄を見た人がいるのに、地獄を見た人を顧みず、自分天国だけをみて悦に浸るの、中々グロいなって思った。

・「私に反対の声を求めても、私は何も変えることができません。」

こう彼女ツイートしたけど、多分、私みたいな庶民よりは世の中を変えることはできるよ。悔しいけど、お上にとっては貴方はそれだけの「価値」がある。有象無象の私達よりもずっと価値があるものとして見られてる。

(人に価値があるとか、まるで物みたいに言うの正直あんまりきじゃないけど)

オリンピック開催のプロパンガンダの役割を担った貴方なら、例えばSNSでたった一言言うだけで世論を動かすことができる。そういうのだけでもいいから出来ないのかな。できそうなのにな。

よくアスリート契約政治発言が言えないとか言われてる。けれど今回の貴方ツイートも、「情」でコーティングされてるけど十分政治的だよ。政治的な発言できるならやってよ。

具体的になにも行動を起こしていないくせに「私は何も変えることはできません」って言われると、なんだか惨めというか無力というか。

・「私も、他の選手もきっとオリンピックがあってもなくても、決まったことは受け入れ、やるならもちろん全力で、ないなら次に向けて、頑張るだけだと思っています

順番前後したけど。ここの文章。「決まったことは受け入れ」ってなんなんだろうなー。既にオリンピック開催機運に巻き込まれている私達に対しても、「もうオリンピック決定してるからつべこべ言わず賛同して付き合えよ」って言ってるのかな。 って解釈しちゃった。

・「この暗い世の中をいち早く変えたい、そんな気持ちは皆さんと同じように強く持っています。」

え?スポーツで「今のこの状況が」本当に変わるんですか?

しかスポーツ試合とかをみて感動するかもしれない。心が明るくなるかもしれない。私だって試合観戦して感動した経験ある。

けれどそんなの刹那的一過性のものでしょ。この場合だと「スポーツをやる」以外の手段のほうが有効なはず。あんまり思いつかないけど給付金とか、雇用確保とか、協力金をちゃん支給するとか。結局見てるだけしかできない私達にとっては、オリンピックやられても一切腹の足しにならないんだから、さっさと損切りしてオリンピックに回す財源をこっちにしてほしい。世の中、変わるぞ。

・「わたしに限らず、頑張っている選手をどんな状況になっても暖かく見守っていてほしいなと思います。」

それでいて私達は選手へ労い祝うことを要求されている。けれど、祝福を要求されても、もう祝福をする気力も体力も財力もない。のにそれを求められてもね。


穿った見方をするけど、アスリート様は特権階級だから無料ワクチン優先接種してもらえるらしいし、検査毎日してもらえるらしいし、万一感染しても病院病床確保してもらえるらしいし。

それら特権享受できるうえで、さら自分のやりたいことをやれるから、このまま何も変わろうとしないでオリンピック賛成なのかなって思った。

私達だってこの一年でたくさんやりたいことができたはずなのに。






(一応再掲)

※これらの文ではまるで池江選手=アスリート代表かのように書いていますが、実際にはもっと個別具体的に検討する必要があると思います

誹謗中傷する意図ではなく、彼女ツイートを読んで無力感など感じたところの感想文でした。

※勢いで書いたから誤字脱字がひどい。文意メチャクチャ結論出なかった。

俺はオリンピック選手はいなくなればいいとおもってるよ

個人飲食やってるけど、補償もまともに受けれないワクチンももらえない

少ない営業時間対策して、本当は自分たち感染リスクがあるからやりたくない

けど人混みは避けられない

圧倒的に他の人から守られた場所にいるオリンピック出場者はどう見ても上級国民

経済以前に明らかに人類生存危機であってオリンピックなんか開催してる場合じゃない

自分は出場する立場から意見しても影響力ないしとかちゃんちゃらおかしいよ

だって出場することで見て貰う人に希望勇気を与えたいんだろ?

影響力無いのに何いってんだじゃあ出るなよ

オリンピック中止が発表される日が怖くてたまらない(のでハッピー感度を上げておきたい)

散々こねくり回されてきたオリンピックだけど、件のIOC批判は内容もさることながら、11週前のこのタイミングで、というのもあって中止される未来がだいぶ具体的に見えてきた人も多いんじゃなかろうかと思う。

そして完全になんとなくでしかないけど、向こう2週間以内にかなり大きな動きが起こるだろうなと思ってる。

で、それを想像したときに一番怖いな~~~となっているのが、オリンピックが中止になってしまった時にあらゆる立場の人を襲う巨大な絶望感。これが現時点から怖くてたまらないので対策を教えてくれ、という話。

最近は頭に血が上りっぱなしの人が多いので先に書いておくと、この不安を解消するためにオリンピック中止の声を止めるべき、という意図ではなくって、かなりの確率で来るであろう未来に対してどう構えておくかみんなの意見が聞きたいです、という内容です。

仮にこの先オリンピック中止が発表されたとして、そこには「結局中止ならこれまでの無駄の山積みはなんだったんだ・・・」という虚無感と、コロナ禍で溜まりまくった不満をぶつける大きな敵がいなくなったことでの絶望しか残らないんじゃないかと思っている。

前者について、中止が決定された後の次なる批判はきっと「損切りが遅かったからこうなったんだ!責任を取れ!」だと予想してるけど、オリンピックを止めるための批判に比べてかなり後ろ向きだし、もっと大きい虚無感に包まれそう。(次々サンドバッグを殴り続けることが精神安定に繋がるタイプの人はそれでいいんだろうけど)

ももっと怖いのが後者で、そもそもの原因である新型コロナwith山積みの課題という現実をこのタイミングあらためて直視しなきゃいけなくなる、というのに耐えられる人がどれほどいるんだろう・・・という不安がある。

今よく見かける「なんでイベント/ライブ/コミケは中止なのにオリンピックはやるんだ!」的な声は、本意ではなかろうがその何割かに「だったらこっちだってOKだろ!」という自粛で溜まった欲求不満の発散に近い気持ちも含まれている言葉だと思っていて、

もしオリンピックが中止になったら、「まぁオリンピックも中止したしこっちも中止だよね・・・この状況じゃ・・・」としか言えなくなっちゃう。

幸いにもワクチン関連はすごく期待できるニュースがちらほら見え始めているけど、現実的にみんなが接種できるまでには期間も課題も果てしなくて、またしばらく感染の怖さだけを直視させられる絶望感を打ち消すほどには強くないと思う。

そして、きっと感染症そのものについての課題解決しても、疲弊しきった経済とか、潰れたお店とか、弱りすぎて失われた文化とか、消え去っちゃった青春とか、後れを取りまくった教育とか、返ってこない数年分の負債によるネガティブ空気はしばらく消えなそう。

そういう意味では、複雑すぎるコロナ問題に比べてオリンピックは誰がどう見たって論理的にも道義的にも完全に破綻していて、ひとまず誰でも正当性を持って殴れるお手軽なサンドバッグとしてはかなり優秀だったんじゃないか?とすら思えてくる。

(中止決定後は政府自体特定政治家サンドバッグにする向きも今より強まるだろうけど、やっぱりサンドバッグとしての殴りやすさはオリンピックほどじゃないよね)

で、先にも書きましたがこの不安を解消するための回避方法をどれだけ考えてみてもまったく思いつかず、苦しいけど正しい選択、として受け入れるしかないのだろうなという結論に至った。

少なくとも向こう5年くらいは心からハッピーになれることは無さそうだな~という、避けられる確率がとても低い現実が目の前にある。

そこで、ほとんどごまかしに近いんだけど、世間に漂う陰鬱空気自分の心に流れ込んでくるのを目の前の小さいハッピー相殺できるくらい小さいハッピーに対する感度を上げておく訓練を今からしておこう、と思った。

(今も自粛中に出来る範囲(美味しいものを食べるとかインドア趣味に没頭するとか)でポジティブになろうと頑張ってるんだけど、どうしても世間空気に負けてしまう)

ということで、ここはぜひ皆さんの知恵をお借りしまして、上記ハッピー感度を上げるためのコツとか、私はこうやってストレスを乗り切ってるよとか、小ハッピーじゃなくてこんな中ハッピーを試してみたらどう?みたいなのを教えてほしくて書きました。

後半ハッピー書きすぎてゲシュタルト崩壊してきた。

前置きが長くなっちゃいましたが、何卒よろしくお願いします。

ワクチン

ゴキブリと一緒と言ったTwitterが炎上していた。

個人的にはゴキブリよりの直接的に害になるのでゴキブリ以下の存在とし表現すべきと思うのだけれども、良い比喩が見つからない。カビとか蚊とかだろうか?

不勉強批判

父親発言が気がかりで仕方がない。それが命取りになるのではないかと。

  • ~~インド人がたくさん死んでいるのは貧しいから。引き金だけを捉えて全部ウイルスのせいにするのはどうかな

こんな発言が聞くに耐えない。自己矛盾に気がつかないのだ。

父は60代も後半である。僕の中には存在しない差別意識スタイルをいくつも抱えている。歳とってアンテナはすっかり錆び、周りに甘える様になった。「老いて間違うようになったが、常日頃から他人に良くしてきた。だから周りが教えてくれるし正しく導かれるだろう」といった調子。そして父の情報源iPadで唯一使えるYouTubeと、茶の間TVだけだ。父は狭い世界自分の答えを出してしまった。

これはまずい。生死に関わるかもしれない。直感的にそう思った。俺か?俺が守ってあげる番なのか。絶対に死なせたくないが気が重い。大の大人思想否定などしたくないと言うのが正直なところ。めんどくさー。陰謀論は昔から嫌いで心配していなかったが、コレもあやしい

唯一の救いは徹底的に自粛している点。自律することで精神的に安定しているわけだ。人様に迷惑かける事を極端に嫌う、不勉強批判者となってしまった。が、その事は許そうと思う。そう思っていた最中だった。

え?ワクチン打たないの?

世界で人死にまくってるよ、思ったよりも多いよ

テレビオンリー高齢者が何も知らないのは仕方ないじゃん。バカにしても仕方ないよ。誰かのせいにしても仕方ないよ、人は感情優先で動くバカな生き物じゃん。ワクチンを打たないことは社会悪と見られるかもしれないよ。人様に迷惑かけるよ

体を思いやり、一つ一つまじめに意見を言ったが、心に響いた手応えがない。

オリンピックに関しては僕の持ち得ない特別な熱を持っているようだ。医療従事者が手一杯だと言う事はなぜか楽観

こっちも父の組み上げたロジック理解するのに必死だ。ロジックの終端は全て「俺は人一倍自粛していて人にはうつさない。うつしていない以上誰にも後ろ指さされない」なのだ

オリンピック経済を回すことと、抜け駆けして営業している店舗感染した人をこき下ろすことが父の中で両立できるのは「俺はちゃんとしてる」から。それで良いのだろうか。

もし、その辺のどーしようもないジジイの一人としてあっさり死んだとしたら、なんとも無念だし失望すると思う。

「おじいちゃんはね、君たちがまだ小さい時に死んじゃったんだよ(歳とって我儘になったから死んだんだよ)覚えてないか〜」という未来がチラつく

池江選手オリンピック辞退を強要してるリベラル世論がキショい

オリンピック目指して頑張って来た選手にとっては一生を左右する舞台だし出来るものならやりたいに決まってる

しか現在プロ野球サッカーはやってるし大リーグだって観客入れて試合してるだろ

毎日電車に乗って出勤して、同僚と昼飯くいつつ昨日は勝った負けたで監督批判を楽しんで

ビール片手に大好きな巨人阪神が勝った負けたで一喜一憂しながら

五輪に反対してる奴がいたらアホすぎるし早く死んで

dogdogfactory 演劇人ミュージシャンには自粛(という名のほぼ強制)させてスポーツ選手だけ「みんなに夢を与えるからOK」はさすがに通らないだろう。アスリートだって自分意思で予選参加を決めたんだから当然責任はある。

shufuo それは選手個人倫理観も問われるだろう。自由な国に生きているのだから愛国無罪とはならないよ。人生を賭けているものを諦めているのはみんな同じだから

PikaCycling 池江璃花子ワクチンを打ってもらえるが、代表選考で敗れた選手は打ってもらえない。これが「命の選別」でなくてなんだというのか。

はてなブックマーカー、ほんとゴミすぎw

その割には、コメント有識者気取ったりするの大好きなバラモンリベラル様だから笑える

人に求めるならば、お前らも例え食えなくなっても出社拒否して五輪反対すべきだぞw

anond:20210508002053

高齢者よりも先にワクチン打ちたいって逆にひどいやつだな

高齢者を後回しにしろなんて現実で言ったらお前社会的死ぬ

2021-05-07

ボランティアに優先的にワクチン接種を

ってネタ的に言ってたけど本気で言ってる奴がいて恐れ戦き小野妹子だよ

命を質にとってオリンピックにボランティア参加させるってことになるだろーがアホか

anond:20210507224956

はっきり言うし、何度でもいうけど。

日本は病床数に対する医師数が、アメリカに対して遥かに小さい。

人口1000人にたいする医師の数はアメリカと同数程度にもかかわらずだ。

ワクチンの数が用意できても、接種を実施することが出来る医師が足りない。

無理に医師を狩りだせば、通常医療が回らず患者被害が出る。

その為、歯科医にも接種させようとするほど。

毎日100万人に接種するほどの医療従事者なんて、どこから供給されない。

早い所、病床数を減らして、医師が過労せずとも病院が回る様にしてれば

多少無理させれば接種のための人員を出せただろうにな。



このコロナ禍で病床を減らすなんてと、足りてないのは減らそうとしてる一般病床ではなく、感染症重症患者向けの病床なのを理解できず

適切な医療行政に難癖付けてた、おつむの弱い弱いはてな-どもには批判する資格なんてないよw

ワクチン接種 1日100万回を目標報道政府に足りない視点

菅首相会見 ワクチン接種 1日100万回を目標とする考え | 新型コロナウイルス | NHKニュース

これに対し、ぶくまは手厳しい。例えば、こんなふうに。

アメリカの1日の接種回数300~400万件を考えると目標としては妥当ラインだが、1日わずか数万件の検査現場パンクする日本でできるわけないと今から諦めている。

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20210507/k10013017981000.html


ワクチン供給ロジスティクスアメリカもこの3か月、苦労した

欧米に比べるとスピードが遅いとの声が多い。

しかし、アメリカ最初からうまく行っていたわけではなかった。

ワクチン接種が始まった当初は大混乱だった。

連邦政府と州との連絡調整不足、優先順位をめぐる混乱、各州ごとのバラバラな接種戦略連邦政府ワクチン供給管理への州の非難などなど。

フランスでも1月時点はさんざんだった。報道では「お役所仕事」「縦割り行政」の弊害を厳しく指弾された。

ワクチン供給が始まって1週間もたつのに、わずか接種したのはわずか800名とは何事か、いう報道がみられた。

ただし、それは三か月前のことだけど。当時、アメリカニュース報道をみていて、前途多難だな、と思ったのを覚えている。

1月報道ウォッチしていた頃(といってもデイリーショーを英語勉強がてらみていただけだけど)、

大統領就任から100日の4月下旬バイデンが高らかに勝利宣言をすることになるとは想像できなかった。

以下は1月27日、デイリーショー(youtube報道バラティーショー)で紹介していた報道の一部だ。

ワクチン接種の遅れにイラついたニュースキャスターがこんなことをいう。(同番組1分過ぎ)

電子タバコを買うついでに、ガソリンスタンドとかで接種できちゃえばいいのに。

https://www.youtube.com/watch?v=43y1TOC9aTM&t=70s



また、現在日本で報じられている、基礎自治体ワクチン接種予約サイトパンク状態

これも、アメリカは3か月前に経験していた。(同番組2分過ぎより)

https://www.youtube.com/watch?v=43y1TOC9aTM&t=140s

各地で予約サイトクラッシュするなど混乱が続いています。ある予約センターでは、750回分のワクチンに25万もの電話が鳴り響いたという。

また、インターネットで予約するスキルがない高齢者が接種会場へ車の長い列をなして夜を明かしている、といった報道

予約キャンセルによるワクチン無駄な廃棄などが問題視された。

あるドラッグストアでは、予約キャンセルで余ってしまったワクチンたまたま立ち寄った若い健康女性に接種したという事例などが紹介された。

4月に入ってからも、ワクチン接種に消極的な人々を釣るために、「今ならもれなくビール付き」みたいなキャンペーンをやったりした。

今日日本報道されているワクチンロジスティクスをめぐる問題は、すでに欧米が通ってきた道なのだ

日本も各国の教訓を生かせばいいし、そもそも災害経験のたくましい日本に、行政にそれほどロジ能力が足りないとはとても思えない。

から、ひょっとすると案外、一ヵ月もすれば、100万の水準にめどが立つかもしれないと若干、期待している。

社会システムの維持、ワクチン接種の意義、戦略的な目標説明CDC存在

しかし、ワクチン供給をめぐるロジ管理喫緊課題であるが、実はもっと重要なことがある。

それは、社会システム全体からみたワクチン接種戦略だ。

バイデン政権発足後の「3本の矢」ともいうべき最初の取り組みのひとつワクチン接種の促進だ。

しかし、そもそも一体何のためにワクチンを接種するのか。その方針目標をしっかりと共有すること。

これがあいまい理解されていると、一体なんのために急いでいるのかわからなくなる。

以下は、アメリカCDCのファウチ博士が、今年1月下旬トランプ失脚後、初めて”自由に”会見を行ったとき報道だ。

https://abcnews.go.com/Health/wireStory/coronavirus-guidelines-now-rule-white-house-75419663

3分過ぎの質疑のなかで次のような記者とのやり取りがある。

ファウチ博士:もし7割から8割の国民が接種されていれば。。それは夏頃になると思うが、少なくとも秋までにはある程度の正常性を回復できるだろう。

記者:(途中で質問を挟んで)それは秋までに接種が完了できると認識しているということですね。

ファウチ博士:いやそんなことは一言も言ってない。”もし”7~8割の大多数のアメリカ人がワクチン接種を受けていれば集団免疫が獲得できるということだ。正常性とはそういうことだ。今懸念しているのは、ワクチン接種を受けたがらない人たちだ。

重ねて、今後、ファウチ博士ホワイトハウスで定期的に記者会見を行うと発表。ファウチ博士は会見の最後にこう語る。

私が今後、会見でお伝えするのは、科学的な事実です。科学に語らせるのです。

https://www.nytimes.com/2021/01/24/health/fauci-trump-covid.html



記者とファウチ博士のやり取りは象徴的だ。

abcニュースは、この報道に「ファウチ博士ワクチン接種に大きな但し書きをつけた」とした。

記者もまた、住民ワクチンがいきわたるかどうかという、行政サービスデリバリー目線での質問だった。

abcも質疑の記者も、ミクロ視点で、アメリカ人がちゃんワクチンアクセスできるかどうかを問題視していた。

一方、ファウチ博士は、彼の答え方からわかるように、ワクチン接種の利益というのは、決して医療アクセスといった住民サービスレベル問題だけではなく、

感染症蔓延の克服だ。パンデミックの原因を取り除くために必要なこと、という視点発言していた。

ファウチ博士のいうノーマティというのは、個々人一人ひとりのワクチンによる免疫力強化というより社会全体の免疫力のことだ。バイデン言及していたことだが、ファウチ博士トランプ政権で一番欠如していた科学性を真っ先に訴えたのは本当に象徴的だったと思う。

しばしば報道機関は、どこの国であれ、災害事故殺人事件現場急行し、現場の窮状を訴えることでインシデント対応を促す。

しかし、インシデント対応と、リスク削減は根本的に発想の異なるものだ。

報道機関は例えば、殺人事件が起こってもセンセーショナル報道しがちで、背景にある社会保険の欠如とか貧困といった原因部分を軽視しがちだ。

リスク削減とは、簡単にいえば、そこで起きている出来事対応問題点ではなく、出来事の「原因」にスポットを当て、原因を取り除くことにフォーカスすることをいう。

ファウチ博士が強調していたのは、その原因分析科学的なアプローチでなければならず、そこがすべての出発点だということだった。

5月に入ってから報道、例えば「バイデン政権、若年層へのワクチン接種へシフト

をみても、一貫して集団免疫という戦略に基づいたワクチン接種促進を行っている。

https://abcnews.go.com/WNN/video/biden-administration-shifts-vaccination-focus-77501505

日本の状況~何を目指しているのか?

さて、日本を振り返って、今日もっとも足りないのは、

一体何のためにワクチン接種を促進するかという全体的な目標ではないかと思う。

住民ワクチンが行きわたるかどうか、の前提として必要なのは、なぜワクチン?という疑問に、「あなた健康維持」というだけではなく、社会システム視点から答えることだ。それが本来公共というものだ。

https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/vaccine.html

をみても、残念ながら「あなた健康」以上の情報が見当たらない。

厚生労働省ワクチンによる集団免疫獲得について、明確な見解を示していない。

まあわかる。よくわかっていないリスク(不確実性)については、下手なことは言いたくないものだ。官僚特有のディフェンシブなスタンスがにじみ出ている。

でも実は、その科学的不確実性について沈黙する姿勢こそが、リスクガバナンスの内なる敵なのだ

水俣病代表される過去公害問題もその姿勢ボトルネックとなって被害の拡大が見過ごされてきた。

仮説を立てて意思決定をする勇敢さが必要だ。8割おじさんを思い出してほしい。

ファウチ博士科学的にすべてを見通しているかというと、そうではない。

接種されたワクチンによってどれだけの期間、有効免疫力を持ち続けることがえきるか、はっきりとした証拠1月の時点でも、今日でさえも出ていない。つい先日もこんな報道があったばかりだ。

https://gigazine.net/news/20210507-covid-19-herd-immunity

ここでは、5月時点で成人の半数以上が少なくとも1回のワクチン接種を受けているアメリカでさえ集団免疫獲得は困難だと率直に表明されている。

ファウチ博士が7~8割としたコロナウイルス集団免疫の仮説も、データが蓄積されるたびに、恐らく日々、新しい仮説に塗り替えられてゆくだろう。科学的不確実性と向き合うことがリスクガバナンスキモだ。だからこそ、ホワイトハウスで毎週のように会見を開く、ということに意義がある。


疑問なのは日本において、そういったリスクコミュニケーションが開かれているのか、ということだ。

聞こえてくる報道は、直近のロジ課題高齢者の接種問題ばかりだ。

それもワクチン安全性広報であったり、供給のロジであったり行政住民サービス視点が中心だ。

それって、役場の窓口でやる会話でしょ。重要じゃないとはいわないけど。

河野大臣は、恐らく菅首相から突然、ワクチン接種促進担当として指名されて、戸惑っただろう。

感染症知識もあるわけではない。だからこそ、やれることを模索した結果として、接種促進のロジ分野に集中してしまった印象を受ける。

もちろんワクチン安全性広報することに意義がないと言いたいわけではない。

しかし、もっとも根幹にあるべきなのは、最終的なゴールを提示することだ。

高齢者の接種のあとどうなるか?何一つ見えてこない。

そしてそのゴールは、一定科学的な仮説に基づくべきものだ。

一体どれくらいでワクチン効果が切れてしまうのか。10年持つ、あるいは一生、抗体が働くというわけではあるまい。

そうすると、抗体を持つ人間が何%で集団免疫が達成できるとして、仮定したワクチン賞味期限以内に短期集中的に接種が完了しなければ

集団免疫がいつまでたっても確立できず、次から次へと新しい変異対応させられるということになる。

それは資源無駄遣いにならないのか?

アメリカがこんなにも早くワクチン接種のロジが進歩した理由ひとつは、バックグラウンドとして理解している接種戦略があるからではないだろうか。

やみくもに尻を叩いているわけではないはずだ。

日本では、先日、菅首相唐突に思いついて7月末までの高齢者ワクチン接種を指示、混乱が広がっている。

冒頭の報道も、厚労省からすれば、寝耳に水だったとしても不思議ではない。

それくらい日本リーダー方針は行き当たりばったりにみえる。

目標管理もっと重要なことは、ゴールを共有することだ。

菅首相リーダーシップに対する批判は多い。

一体なぜ7月までに?

・いつものことながら急に何かを決心するくせに、目的意義を聞かれても答えが返ってこない。

方針方向性を共有したうえで役割分担を決め、タイムラインを設定するということもしない。

・うまくいかないと、キレて「みろ、周りはもう先に進んでるじゃないか、何してるんだ」と部下を怒鳴る。

これらは無能リーダー典型的な行動パターンだ。

河野大臣にしても、自分プレゼンスをみせるいいチャンスだったのに。将来の総理大臣候補と目されているのだが。

残念ながら、ロジ担としてご本人が割り切ってしまたことで、

3か月の働きにもかかわらず、目先の短期的なロジ状況を伝達するだけの役人仕事になり下がってしまった。

ロジならロジでもいいのだけど、ドメスティックではない外交の動きがあってもよかった。

例えば、なんなら4月菅首相アメリカに飛んでもよかったはずなのに。

これではちょっと大臣仕事内容としては物足りないというのが私の認識だ。

全体を見ているひとは誰なのか。それが日本ではわからない。それが問題だ。

リスクガバナンスというのは、平時ガバナンスに比べてより高い能力水準が求められる。

リスク自体が複合的で、科学的にも不確実性が高く、そして社会政治的な影響について認識がばらつきやすい。

ワクチンも、そういう意味では、リスクコミュニケーション能力が試される課題

そういう認識で国のトップは動いてもらいたい。ロジ担じゃなく。。国民の皆さん、とか住民目線説明ばかりしててもね。

それは重要だけど、どちらかというと基礎自治体役割だよ。

ワクチン泥棒と化したアスリート達の明日はどっちだ

普段あれだけ平等平和人権だと叫びまくってるアスリート連中がワクチン特権を貰って黙ってるのが最高に偽善って感じだ。

オリンピックに反対しろとは言えないが、ワクチン打たずに安全に開催しろぐらい言えんのか?

そのワクチンうちのかーちゃんにくれよ。

オリンピック日本金メダルを独占する簡単方法

日本ではワクチンが効かないコロナ変異種が大流行しているので、とかいろいろ理由をつけて、選手入国制限しまくったうえで開催する。

「一日五千人コロナ感染者を増やす

「ならば一日一万人にワクチンを打つ」

イザナギイザナミみたいになってきた

anond:20210507200905

外交からねえ

インドに何十億くれてやったじゃん?あれと一緒よ

ホームレスになった国民を助けずに外国にばら撒いて外交

オリンピック選手ドクターワクチンをささげるのも外交

やんなっちゃうね

ワクチン効果は出ないと思う(違う意味で)

自分の周りの皆さんも、かなりワクチンに期待しているように感じられます

例えば、厚生労働省こちらの情報

https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0011.html

国内承認されているファイザー社のワクチンでは、ワクチンを受けた人が受けていない人よりも、新型コロナウイルス感染症発症した人が少ないということが分かっています。(発症予防効果は約95%と報告されています。)

おそらく、それなりの効果があるものと思われます

しかし、現在コロナの拡大状況として一般に目にするのは、新規陽性者数かと思います。そしてそれは、ある程度人数を絞った検査発症者、濃厚接触者等)によって判明している数です。

例えば、東京都では、5/6の検査人数5,513.0 人、新規陽性者数736.6 人、陽性率9.2%でした(この人数の小数点以下の数字は何??)。

https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/

そして、東京都人口は、1300万人です。

今後、ワクチン接種が進み、95%の人が感染しなくなるとしても、5%くらいの人はやはり感染します。仮に1%しか感染しないとしても、1000万人の1%である10万人くらいの人は感染すると思われます。365日で割って、毎日300人くらいは感染するわけです。

そして、この人たちの一部が発症したり、その濃厚接触者等になって、検査され、感染が検出されると、結局毎日数百人の人が新規陽性者数としてカウントされます。こんなにワクチン打っているのに、新規陽性者数結局減らないじゃないか、と言うことになりかねないなと思います

要するに、ある程度の濃度のところを検査し続けるのだから、ある程度の割合で見つかり続けるだろうと言うことです。

どうしたら良いんでしょうね。

まず、全体を把握しないと始まらないと思います

今は、おそらく(推測ですが)、検査対象者を広げて、無作為抽出等やれば(すみません統計学的な話はできません・・・もっと陽性者が検出されると思います

その無作為検査を続ければ、だんだん全体としての濃度が薄まってきていることがわかるのではないかと思います

からやっても遅いです。基準を変えたら感染率下がるのは当たり前じゃないかと言う話で終わりますワクチン接種が滞っている今が最後のチャンスではないかと思います

しかし、なぜ、こういう方針にしたんでしょうかね。

まず、コロナ前後で、死者数は決して増えていない、むしろ減っているために、統計上異なる扱いをした方が良いと判断しているくらいですね。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15591.html

そうすると、後から振り返ってみれば、決して失政ではないと言う話ができるのではないか、そんな判断があったのではないか(完全な邪推ですが)。

実は決定的なダメージがないと言うことであれば、ある意味コロナブームに乗って、さまざまな方面にやってる感を出すことができる。

多分、決定を下すことができる一人一人は、いろんなしがらみの中にいる。

いろんな方面に対して、良い顔をする必要がある。一つ一つは矛盾していても、決定的なマイナスにつながらないのであれば、各方面に順に良い顔をしていけば良い。

いつまでこんな感じでやるんでしょうね

今日の時点では、まだ、減ったり増えたりで良いだろうと考えているようです。

けど、さすがにこれを続けるのは辛くないですか??

これから便利に使おうとしているのは、変異株でしょうね。

想定外変異株が出てきた。これまでとは違う対策を取る必要がある。

「現状にあった方針転換は英断だと思います」みたいな支持も得られる。

オリンピック中止という苦渋の決断をするので、ロックダウンに耐えてください、みたいな感じでしょうか。

オリンピック選手ワクチン優先は無理無理無理

うちも家族が呼吸器系の慢性疾患持ちで高リスク群なので他人事じゃないので書いてみる。

オリンピック選手にワクチン優先摂取するって話なんだけどどれだけの覚悟を持ってそんなことをいっているんだろうかっていう話。

コロナウイルスの現状なんだけど、いま1日50人位死んでる。第二波が収まった頃の去年の10月とかでも1日5人位は死んでる。

ワクチンの方は、二回の摂取が終わっている人が日本の人口の0.8%で大体百万人くらい。

高齢者は3600万人いるから全然終わってない。

じゃあいつまでに終わるのかってのが知りたいんだけど、首相官邸のHPにも、厚生省のHPにもいつうち終わるかは書いていなくて、4/23 日の記者会見で首相が7月末までに打ち終えると言ってたんだけど、野党ヒアリングで特に根拠が無いことがわかっている。

https://mainichi.jp/articles/20210426/k00/00m/010/150000c

甲府市の担当者によると甲府市では早くても9月までかかるということなので、まあ9月までかかるんだろう。

現状はこんな感じなので、ここからは「オリンピックを開催」して、「選手にワクチンを打つ」場合の仮定の話をする。

オリンピックの開催日は7/23日だ。ワクチンは二週間掛けて2回打つので7月初め頃には選手に打ち始める必要がある。

それまでに高齢者にワクチンを打ち終わっていればいいが、そもそも7月末目標で実際は9月以降になりそうなので、うち終わっていない可能性が高い。というかまあ無理でしょう。

そのころ、つまり今から2ヶ月後の一日の死者数はどれくらいだろうか。いくら自粛を頑張っても去年の10月以下まで下がるとは思えない。

まあ、1日10人位の死者が出続けているだろう。まあでもいい方に考えて5人位だとしてもいい。

毎日5人死んでいるなかでオリンピック選手にワクチンをうつことになるとする。

死んでいる人たちはどんな人たちか、当然高齢者とか、高リスク群の人たちが多いだろう。

俺の家族がその中に入る可能性は低い。まあ無いだろうと思っている。でも誰かの家族が死ぬことになるだろう。

オリンピック選手がコロナにかかったとして、重症化するリスクは低い、したがって死ぬリスクも低い。

スポーツ選手は若くて体力がある人が多いんだから当たり前だ。

高リスクなのはお相撲さんくらいだろうが、さいわい相撲はオリンピック競技ではない。

7月23日以降に高齢者の家族がコロナで死んだひとは、どう思うのか。

オリンピック選手にうつワクチンを家族に打ってくれていれば助かったのに、と思うしかないのではないか。

実際のところオリンピックのスポーツドクターとやらをワクチン接種にまわせば、接種をもっと進められるんだから筋は通っている。

これ国賠訴訟起こせるんじゃないの。

まあもちろん、ワクチン接種が何もかもうまく言って開催日までに高齢者の摂取がほぼ終わっている、なんて可能性もなくはない。

なくはないけど、書いたみたいなことが起こる可能性が高い。

政策決定の責任者はこんなことになる覚悟をもって、オリンピック選手にワクチンを優先的に接種させるっていっているのか。

考え直したほうがいいんじゃないか。

東京オリンピック崩壊は、欧米の不参加表明から始まるかも

以下、妄想ですが、

ニュージーランドカナダあたりは、もう内心すでに心は決まっていて、間違いなく不参加だろう。

ただ他の国が言い出すまでギリギリまで表明しないかもしれない。

いやどちらか一か国が近い将来、先手を打ってくるかもしれない。

有力国から不参加国がひとたび表明されれば、当然、アメリカ国内でも波紋を広げ議論が沸き起こる。

アメリカメディアは、もうすでに日本政府が中止を言い出せない原因を分かっている。

そうすると、矛先はバイデンにも向き始めるだろう。

バイデン指導力就任100日でだいたいみえた。

まだ製薬大手と話が付いているわけではない段階で、ワクチン特許停止を打ち出す、

この調整能力への自信はなかなかのものだ。さすが党派間調整のプロを自任するだけある。

同じリーダーシップオリンピックへの不参加を表明してもおかしくないのでは。

一方、その頃、日本では。米国内での議論を受けて、

各国の不参加が今後、雪崩をうって広がる可能性があることが懸念されていた。

インド株も順調に従来株と置き換わりつつあるなかで、緊急事態宣言を解除するタイミングをはかれず、ダラダラと延長がつづいていた。

つのまにか、自粛のお願いがどんどん形骸化し、実質、普段営業とさほど変わらないユルユル措置になり下がっている。

こんな状況下で、アメリカに不参加を表明されては困る。日本政府組織委員会東京都、すべてが叱られる。

そんなかなで、いち早くバンドワゴンに乗る嗅覚を持っているのは、恐らく小池都知事だろう。

先日、ファイナンシャルタイムズへのオンラインインタビューでにこやかに五輪への意気込みを語った彼女

一見すると、五輪推進かのようにみえるが、腹のなかでは自分が不利にならないようにいつも気を配っている。

欧米で二か国目の不参加表明が報道された翌日、6月半ばごろかな、突然、手のひらを返して、五輪の中止を宣言

一転して、自身英断アピールし、感染症対策に無策だった菅政権を責め始める。

我先に責める側に回っておかなければ自分が責められるからだ。

そのタイミングはやっぱり都議選なのだろう。

以上、妄想でした。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん