「コミュニケーション」を含む日記 RSS

はてなキーワード: コミュニケーションとは

2020-05-30

小児性愛カジュアル化」とは何か?それは問題なのか?

概要

小児性愛カジュアル化」に問題があると考えるのは、対人性愛優位を自明視した認知の歪みでしかない。問題があるとしたら、「性愛カジュアル化」にある。セクシャルマジョリティが主導して守ってきた性の規範を、マイノリティが拒絶することにより、「性愛カジュアル化」が現象として起こっているという事実はあると思う。しかしそれ自体セクシャルマイノリティの「政治活動」としての側面があり、一方的断罪することはマジョリティ傲慢である。「批判するな」とは言わないが、慎重になるべきだし、そうした政治性に注目することなく「批判」に終始するなら「ただのポジショントークだ」との誹りは免れないだろう。

小児性愛カジュアル化」は問題か?

批判者が「小児性愛カジュアル化」と呼ぶものの一つに次の事例がある。

しかし、これは所謂「キャットコール」と呼ばれるセクハラ一種であり、「対象児童から問題なわけではない。批判者も、「対象がもし成人ならば何も問題はない」とは言わないだろう。このような事例は「性愛カジュアル化」によって支えられる悪しき文化であり、批判すべきは「性愛」であり「小児性愛」ではない。これを以って小児性愛批判するのは無理があるし、「小児性愛は悪だから悪なのである」というトートロジーに陥ってるようにも見える。では、なぜ彼らは小児性愛を殊更に敵視するのか? 以下は既存議論焼き回しである

小児性愛と成人性愛本質的な違いはただ一つ、「児童との合意は(少なくとも現代倫理規定では)成立することがあり得ない」という点である児童との間に「合意のようなもの」がいくら存在したとしても、それらは全て「合意」とは見なされないし、見なすべきでない。(「合意」の定義児童保護について慎重に議論を重ねた未来では何らかの変化があるかもしれないが、それについて議論するにはあまりにも論点がずれているし、ここでは触れない。)しかし、「故に小児性愛は許されない」と主張するには論理の飛躍がある。ここまでの前提の下で自明と言えるのは、「児童との性的接触は許されない」という一点である

児童との性的接触は許されない」と「小児性愛は許されない」はもちろん同値命題ではない。彼らがこれを同値と見なすのは何故か?それは彼らが、「性的欲望とは常に性的接触によってのみ満足するものであり、それ以外の性的行為は全てその為の準備に過ぎない」という偏見を抱えているからであろう。今回、多くの人形性愛者、フィクトセクシャルさらにはアセクシャルを自認する人々から批判殺到した理由はそこにある。

「(実在児童対象としない、無機物対象とした)児童ポルノは、児童との性的接触を実行するトリガーとなる」と主張する人々は、「成人と性的接触を行うことは、児童との性的接触を実行するトリガーとなる」とは言わない。なぜなら、彼らにとって「性的接触」はそのまま「性的満足」とイコールであり、それが「ゴール」であると無根拠にも信じているかである

性愛カジュアル化」に問題はある。しかし、

前節では、問題本質は「小児性愛カジュアル化」ではなく、「性愛カジュアル化」であると言った。では「性愛カジュアル化」は本当に問題なのか? 結論としては、確かに問題であると私は思う。うぐいすリボン荻野さんも以下のように言っている。

その理由としては例えば、①性的プライバシー問題、②依存性の問題、などが挙げられる。あるいは、「そのような問題内包する言動」こそを「性愛カジュアル化」と呼ぶべきである、という定義づけも可能だろう。

①を語る言葉として「性的自己決定権」「私の身体は私のもの」などがある。余談だが、これは、ラブドールのような性的表象、および自慰を愛好する人々にとっても重要概念である。実際、他人自慰制限しようという試み自体が「性的自己決定権」の侵害であり、セクハラだという批判もあり得る。(参考↓)

話を戻そう。性とはそれ自体が深くプライベートものである。故に、他人性的領域に、物理的にも精神的にも安易踏み込むことは許されない。「性愛カジュアル化」には、その越えてはいけないハードルを下げてしま効果があるのではないか。自らのプライバシーを切り売りしている限りは「下ネタ」であっても、他人プライバシーを暴くような言動は「セクハラ」になる。(「下ネタ」を話題にすること自体話題への参加を強要し得る文脈において、それらの区別曖昧だが、それを語り尽くす労力は私には残っていない。)お互いのパーソナルスペース尊重する文化を守るためには、適切なゾーニングを守り、強行的な「性愛カジュアル化」を防ぐことも大切だと私は思う。

②の問題は意外にも語られることが少ない。これは、「ポルノにはなぜ年齢制限が設けられるか?」の問いに対する答えでもある。逆に言えば、「未成年ポルノを見せるべきでない」理由として、「正しい性教育」的なものを挙げるのは、性のスティグマ化に資するのみで未成年に良い影響を与えはしないだろう。

ここまで、「性愛カジュアル化」は問題であることを述べた。一方で、それらを安易断罪することもできない事情もある。それは次節で述べよう。

政治表現としての性表現

荻野さんは次のようなことも言っている。

ここで、各国のゲイ・パレードプライドパレード(LGBTパレード)の様子を見てみよう。

https://www.huffingtonpost.jp/letibee-life/taiwan-lgbt_b_8448268.html

https://lifevancouver.jp/pride_parade_vancouver

https://rocketnews24.com/2012/06/30/224561/

https://www.youtube.com/watch?v=MWiZwUFWs5E

やはり、非常に過激セクシーファッションに身を包む参加者のことが目に留まるだろう。しかしだからと言って、彼らに向かって「ゾーニングを守れ!」と叫ぶことがどれだけ暴力的か、理解していただけるだろうか?

彼らがこのような「性」を明け透けに表現しているのは、それ自体政治意味合いを持っているのである。それ自体政治表現なのである。そして我々の「性」の表現にもまた、そのような側面があることは決して無視できない。対人性愛的なものに背を向け、「オタク」的な性表現をオシャレなものとして、隠語的なコミュニケーションのために消費する文化がウケた理由は、人々がそのような政治性を間違いなく見出したかである。それは単なる「ポルノ」ではなく、「我々の性のあり方」をありのまま表現した、アイデンティティのものなのだ

とはいえ、我々の消費する全てがそのような政治性を帯びているわけでもないし、また全てがポルノ的でないわけでもない。実際のところ、単なるポルノが悪ふざけで表に出てくることもあるだろう。しかし、それらの区別は決して容易ではない。物理的には全く同じインク配列であるものが、文脈や作者の意図次第で、時にポルノであったり、時に政治的であったりする。それらは私やあなた独善的基準で決めつけていいものではない。「法的規制に反対する」という言葉は、私刑を推奨する標語であってはいけない。表現の正しい用法用量というのは、表現者と受け取り手一人一人の良心に委ねられるべきなのである

さらに言えば、政治性とポルノであることが、多くの場合両立してしまっているところにこそ問題の複雑さがある。その区別について「語るべきでない」とは言わないが、本質的に「区別不可能である」ことを前提に、慎重に語る必要がある。そのような必要な慎重さを欠いた言説こそが、「差別だ」と糾弾される所以なのである

誤謬見出し批判することは容易であるしかし、否定することが目的化した人々で集まって、こちらの政治性を矮小化するような言説ばかりぶつけられては、議論にならない。「我々が言いたいこと」は、この文章を通しても伝わるはずであると信じている。

プログラマー傲慢というか個人主義にすぎる

プログラマー側は「集中してあれこれ考えてる時に声かけられたら崩れて効率悪くなるじゃん、わからんの?」って言うけどさ。

ほとんどの仕事でそれはその通りよ、個人レベルでは作業中に集中を妨げられない方がいいってことなんて。

でも、互いに気楽に声かけられて色々聞き合ってOKって風土にしておいた方が、個人の能率が妨げられるとしても、集団としての能率は上がる。

から気楽に声かけていいし、自分が声をかけられたら忙しくてもできるだけ愛想よく返事しましょう、対話を重視しましょうってのが大体の職場暗黙の常識なんでしょ。

そこで個人レベルの狭い視野を振りかざしてるから傲慢ワガママ、和を乱して全体のパフォーマンスを下げるって嫌われるのよ。

しかも、俺たちは正しくて頭が良いか効率意識できるのに、周囲の奴らはバカから散漫な意識仕事して平気でいやになるね、みたいなことを言うやつまでいる。

物事がわかってないのは自分なのに、周りを馬鹿にするなよ。

協働とか、集団とか、組織とかの合理性を軽んじて、自分一人の世界に閉じこもりたがるのはなんでなんだ。

コミュニケーション下手か?

集団所属するならちゃん人間関係をやれ。

第二波

みなが好き勝手新型コロナウイルスの第二波を決めているため

今のところ三つくらいの「第二波」があるようで一応整理しておきたい。

1.今北海道北九州市あたりで発生しているもの

2.今年の秋から冬に再度の流行があると心配されているもの

3.中国から日本に持ち込まれウイルス第一波、欧米から帰国者が持ち込んだ第二波とするもの

1は私から見ると「第一波の取りこぼし」だと思うのだが、「第二波」と呼んでいる人が目にとまる。

はてなブックマークブコメや身近なところでちょくちょく見たり聞いたりする。

これは、緊急事態宣言後かなり抑えこたことで、次回に起きる再流行を第二波と呼ぼうと考えているのだと思う。

2は、スペイン風邪SARSの記録から、大規模な流行が数ヶ月~年単位であとに来るものを第二波と呼んでいるのだと思われる。

経験的に、一度流行が収まったあとに二回目の流行が起きるものであるため、二回目の流行を第二波と呼んでいるのだろう。

3は、リンクを貼る。

https://www.niid.go.jp/niid/ja/basic-science/467-genome/9586-genome-2020-1.html

リンク先にあるとおり、昨年末くらいか中国より入ってきたもの第一波、欧米を経由して帰国者が広げたものを第二波と呼んでいる。

私がこれを書き始めた経緯としては「1を第二波と呼んでいるやつが多すぎる!2が第二波だろう。

一度収まった後に突然変異が起きたウイルスが広がってくるから第二波になるのだ」と思って調べてみたのだが、

3を見つけたあたりから自分の考えも間違いだと分かってきた。

スパッと「全世界で第二波流行中」ってわけにはいかず、

地域や別種の動物感染していってそこでウイルス変異した結果がまた戻ってくるのを繰り返して、

日本にとっては第三波、米国にとっては第二波」みたいなのができていって、

最終的にあとから振り返って初めて「あれが第二波だったか」と分かる性質のもののようである

コミュニケーションコストが増えるのは残念だが、「第二波」という言葉を聞いたら自分文脈を推測するか聞き直す必要があるようだ。

コナンに学ぶコミュニケーションコスト

今はまだ証拠がねえ、とか言いながら説明しないで他の人に協力求めてるんじゃねえよ。

コナンPMBOKを学ぶべき。

2020-05-29

職場人間関係

お局様。

長年会社に勤めていて、役職はないが権限はある(得てして独身の)女性社員を、こう呼ぶ。

我が社のお局様もこの条件に当てはまる。

25年選手だが平社員経験は長いので発言権はある。

そんなお局様が新卒の私の教育係についた。

御年45。22の私のダブルスコアだ。

配属先の女性40代と聞いた時、私は始め喜んだ。

よかった、ベテランって言うから仕事もしっかり教えて貰えそうだし、お母さんくらいの歳の人なんだから優しくしてもらえるよね。

なんの根拠もない「お母さんくらいの歳の人なんだから

甘すぎる。馬鹿は私である。なんで根拠もなく優しいと思ってたんだ?

お局様は優しくなかった。とても陰湿だった。

アイメイクをしていることを怒られた。天パを怒られた。下着の色を怒られた。

それでも、見た目に対することはは言いがかりからスルーできた。

辛いのは「あえて間違いを教え、それを取り返しの付かなくなった段階で怒ること」だ。

指示通りにやった事で怒られる。会社に(ほんの少しではあるけれど)不利益が出る。意図がわからない。

から怖い。辛い。

指示通りに仕事をしたのに私の判断勝手ミスをしたかのような空気を作られ、責められ、弁明の余地も与えられない。

それでもたしかに処理をしたのは私だから、私にも一端の責任はある。

から嫌だ。

「指示通りに」って言うけど、聞き間違えてたり意図を履き違えてたりするんじゃないの?

多分、そういう事もあるんだと思う。でも、明らかに間違った指示をされる事もある。

例えば、配属されたて最初仕事

銀行に行って振込を一件する。

これ銀行印、と渡されたハンコは銀行へ届出していたものではなかった。

帰ってからハンコが違っていたようです、すみませんがもう一度教えて頂けませんか、と聞いたら

「なんでハンコ間違えるん?普通気がつくよな?常識で考えてな?なんでそんなこともわからないん?」

嫌味がすごく心に堪えた。

使えない、そんなん常識でわかるやろ、何度も聞かんで、何で聞かんかったん、何を考えたらこれをこの処理するん?

ミスをした私が悪いのも事実だ。

要領も悪い、頭も悪い、だからお局様を苛立たせる。

意地悪な気持ちになれば少しはチクリと言いたくなるものだろう。

勝手にへこたれているだけだ。

だが笑いながら「死ねって思うけんな」と言われた時、もうダメだった。

会社トイレで吐いてしまった。

死ね

随分と気軽に口に出すんだな、と吐きながらどこか冷静な頭が思った。

死ね。重い言葉だ。人を傷つける言葉だ。

面と向かって相手に吐くには酷すぎる言葉だと思っていた。そんな言葉を、お局様は軽々しく口にした。たびたび死ねと言われて罵られた。挨拶かな?ってくらい。こんにちは死ね

こんな人格破綻者なのに、仕事はできるし普通に私以外の職場の人とは良好な関係を築けているのだ。

異端児は私である

仕事ができないか人権がない。

突然やってきた新卒部署の異分子なのだ

理不尽だけどそういうものなんだろうな。

突然沸いた異分子排除する方が正しいのだ。

新人1人辞めても大したことないけどベテランが辞めたら困るだろうし。

大体、対私以外では普通に良好な人間関係保ててるわけだし。

私が極度にコミュニケーションが苦手なだけなんだろうな

工藤忍は「りんごアイドル」ですか?

たとえばタイトルの通りの問いかけをされたとしたら、工藤忍Pならきっと大多数が

「そうだよ!!!

と答えるだろう。

彼女は今流行りのりんごアイドルが当時するよりずっと前からりんごアイドル」だったと。

モバマスエピソードはもとより、デレステでもハッピーマジシャンなどで十二分にアピールされている。

そして元祖りんご農家出身アイドルかもしれない。

正真正銘の「りんごアイドルである、と。

では、他のPもその通りなのだろうか。

デレマス界隈には「りんごアイドル」が"2人"いると、そう広く認知されているだろうか。

その答えは、もしかして『NO』かもしれない。

そう思わされてしまったのは、ニコニコ大百科での工藤掲示板でのことだ。

当該掲示板は荒れに荒れ、ついには書き込み課金限定となってしまった。

それでも工藤忍Pを、ついには忍自身批評する声が書きこまれるということには、どうしても来年以降の総選挙での明るい展望を見出すことはできない。

そんな流れの中で一番気になることといえば、工藤忍の「りんごアイドル」への否定である

否定やその比較に使われているのは、新アイドルの子だ。

彼女は「りんごアイドル」として全てにおいて大成功をおさめてしまったばかりに、同じくそれだと主張する工藤忍への叩き棒として利用されてしまっている。

とはいえ敵対する主張のすべてが的外れではなく、むしろ一部工藤忍Pの言動への非難には正論もあった(とはいえ過剰な人も見受けられるが)。

そしてこの流れの中で、明確に悟ったひとつの大きなズレがあった。

りんごアイドル」の認識のズレである

まず相手の想定する「りんごアイドル」とは、新アイドルの子1人のみである

の子はとにかくすべてが特定産地のりんごでできていた。

生産量は青森には到底及ばないマイナーではあるが、だからこその強みが動画ブームにより掘り出され、遂には工藤忍にはない"声"を得た。

そしてそれを持ち上げている側は、工藤忍を「りんごアイドル」ではないという。

初の「りんごアイドル」は今流行の子である

モバマスでもデレステでも極一部でしかりんごが絡まない。

実家りんご農家というのは工藤忍Pの憶測であり公式設定ではない。

どう考えても「りんごアイドル」ではない。

それが反工藤忍P達の答えだ。

私は工藤忍は「りんごアイドル」だと思っているし、こういった声は多数派ではないだろうと考えている。

そう考えているのだが、最近どうしてもその考えに自信を持てなくなってしまった。

Twitter工藤忍を「りんごアイドル」と言っているのも、実家りんご農家だと言っているのも、思い返せば工藤忍Pやその周辺ばかりだった。

そして今入ってきている動画ブーム経由のP達にとっての工藤忍の認知度も怪しい。

彼らの「りんごアイドル」とは新アイドルのあの子であり、しか工藤忍がその流れに絡んでいたのは初期になるので、もしかして彼らは工藤忍のことを忘れている(もしくは忍が出てこなくなってから動画にハマった)可能性はあるかもしれない。

まり工藤忍は、大多数にとっては「りんごアイドル」ではない可能性がある。

今は(まとめブログの影響とはいえ)工藤忍P全体にあらぬ目が向けられている最中であり、そんな中で工藤忍を「りんごアイドル」扱いをしてしまったら、それだけで白い目で見られるかもしれない。

実際、実家りんご農家扱いすることには一部反発が見られるし、確かに実家りんご農家とする根拠には公式は薄いのは確かだ。

それでも私は工藤忍を「りんごアイドル」とは思っているが、今後そうではないという見方が主流になることも想定しなければならない。

から私はこれからは、工藤忍を「りんごアイドル」と人前で言い切る前に、相手がそう思っているのか?というスタンスを見極めてから言おうと思う。

思ったことを言って敵を増やすのではなく、味方を見極めてコミュニケーションを取らねば、この界隈は厳しいだろうから

とはいえ、どこでも言及することを避けるだけであって、工藤忍がりんごアイドルだと考えるのは辞めないが。

anond:20200529190556

おまえの妹みたいな人間に「こうするのが当たり前でしょ」とか

「どうせおまえはこうなんでしょ」とかいう態度で接すると反発されるのよ。

「初めて会った宇宙人」くらいの気持ちで接するべきなの。

しかしたら「好き」という言葉相手言語では「死ね」という意味になるかもしれない。

こちらの常識では握手は友好的な行為だけど向こうの慣習ではそれは宣戦布告の合図かもしれない。

そのくらいの緊張感を持ってコミュニケーションを取ると上手くいくかもしれない。

なぜ既婚者は配偶者愚痴Twitter に書くのか

なんで世の中の既婚者たちは、夫婦間のコミュニケーション不足に起因するトラブル愚痴Twitter (裏アカなど)に書きがちなんだろう。

それ直接いいなよっていつも思う。

一方の言い分しか書いてなくて卑怯だとも思うし。

上司工数を出したら〜のやりとりについて思うこと

こういう記事を目にした。ちなみにこのQuoraというサイトについては初めて見るのでQAサイトなんだろうなという事以外は何も分かっていない。

上司工数を出したら「私なら半分で終わる」と言われ工数を削られました。それならあんたがやれと思うのですが、こんなときどう捉えるべきですか?そもそもあんたが作ったんだから速いだろと反論したくなります

https://jp.quora.com/%E4%B8%8A%E5%8F%B8%E3%81%AB%E5%B7%A5%E6%95%B0%E3%82%92%E5%87%BA%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%89-%E7%A7%81%E3%81%AA%E3%82%89%E5%8D%8A%E5%88%86%E3%81%A7%E7%B5%82%E3%82%8F%E3%82%8B-%E3%81%A8%E8%A8%80%E3%82%8F%E3%82%8C

(本当はリンク先の該当する回答を全て読んで欲しいのだが)

私が覗いた時点で1番上に来ていた松本 祐司さんという方の回答(この表示順のルールについても知らない)を読んで自分なりに思うことがあったのでそれを書きたい。まずは客観性のない私の主観でその方の回答を要約してみる。

・確かにその上司コミュニケーションスキルが足りない

しか解決策は己のあらゆる能力をあげることしかない

・逆の立場になって考えてみると相手あなたに期待していたともとれ、結果的に残念に思われたとここでは規定する

・残念に思われた結果、回される仕事雑務、誰でもできることになっていき、次第に年齢がいけば、リストラ候補にもなりうる

上司の期待に応えられていない現状を素直に認めて、自分能力を上げることを勧める

最後に「上司避難する気持ち仕事をするな」という言葉を教えてくれた(今では成功して偉くなった)昔の上司とその言葉をまもって今のポジションにいる自分自身の美談が語られている

よく見る模範解答だと感じるし、正直なところ5年前や10年前であれば特に違和感もなかったろうと思う。

現在の私はこの回答自体にも違和感を感じるが、この回答が1番上、つまり1番多く見られる(おそらくベストアンサーだろうと思わされる)回答になっていることにも違和感を持った。自分が働く側にまわってそれなりに経ったからだろう。この方が会社上司側の視点で多くを書いているので私は個人や部下側の視点で書いてみようと思う。

端的に「能力を上げることしか解決策がない」とする意見だが回答に書かれている文脈においてこれは非常に危険な考えだと思っている。

かに質問者にとって現実的有効であると思われる解決であることには同意するが、能力をあげることしか解決策がないというのはいささか恣意的ではないだろうか。そして「能力をあげる」という言葉方向性は最終的に上司の想定の半分の期間でものごとを終わらせることを目標例にしている。つまり上司意向に沿って現在仕事成功していくことを質問者が望んでいる前提となっている。

質問自体も前提条件や背景など分からない部分が多いのである程度想定で書くしかないということも分かっているが

こういう上昇志向個人能力を鍛えることで何でも解決しようとする考えを勝手ドラゴンボール思想と読んでいる。

質問者が本当にそれを望んでいるならそれで構わないし、そうであればこれ以上ない最良の回答だろう。

しかし本当にそうなのだろうか。分からない。

質問者ドラゴンボールで言うZ戦士系譜であれば少なくとも質問者回答者という単位では問題ない。

そして実際にZ戦士達はそのせいで(おかげでとも言えるが)永遠に続く戦いの螺旋に身を投じることになる。

しか多様性が叫ばれ、日本経済落ち目となり、これまで力を持っていたものが弱体化し、疑われ、多くのものが見なおされている昨今、日本で働いている人間多数派悟空ベジータのように己の適正を理解し、適切な職場業界位置しており、そこで仕事における能力の(殆ど無限と言ってもいい)上昇とそれによる出世を望んでいると同時に望める状況にあるとは到底思えない。

そもそも人間自分自身の求めていることを正確に把握していることの方が稀だとすら思っている。

そして我々の世界マンガではない。我々の肉体をはじめ、現実のあらゆるものは有限だ。

そして最後に加えられた物語美談)がより一層この回答の訴求力を強めている。人間にとって物語というのは劇薬だ。

しか人生というもの物語解釈意味づけしようとする考えに対してそれは物語である限り間違えているとユヴァルノアハラリ氏は21Lessonsの中で説いている(たしか)。

大事なのは上司と部下、組織個人いかバランスを取っていくかに思えてしまう。

バランスを取るには適切なコミュニケーション必要だ。

適切なコミュニケーションを取るには信頼関係必要だ。

信頼関係を構築するには適切なルールシステム機能していることが必要だ。

例えば頑張ってもそれに見合った対価がもらえなかったとしたらどうだろうか。

仕事は多くの場合上司社長株主がおり、ある種彼らの都合のいいように時間能力リソースを奪われていると考えることも出来る。

仮に上司人間的に信用できたとしてもルールシステムがそれを阻む場合もある。

から言われている昇給と昇格が切り離されていなかったらどうだろうか。

会社側で重要ポストというのは限られているし、自分の適正が管理職にあるとは限らない。

そもそも成果の分だけきちんと利益還元されるというのは基本的に国や世界経済が上向きになっている必要があるし、人間による評価というもの構造的な欠陥を持っている。

そして対価が自分の望むものではなかったとしたら。

まり以前は有効機能していたとされる構造システム問題が生じてきていることの方が多いのではないかと思う。

そしてそこに健全であると思えるよう)なシステム環境がないと人間の行動はなるべくリスクを取らず、なるべく仕事の量を増やさず、なるべくストレスを避けるといったものになるか、あるいはその逆になるのは自然だろう。いずれにせよ多面的かつ長期的な利益追求のために目指すべき形ではない。

もちろん営利組織利益を拡大していかなければならないので能力向上や納期短縮は重要だろう。

それを否定するつもりもないし、不真面目な社員がさぼるのを助長するという意見もあるかもしれないが、まずそんな人間採用する仕組みに何かしらの問題がある。

個人の持つあらゆる能力をあげておくに越したことはない。それには自分同意する。

しかしそれと同時にお互いの利益がなるべく一致するような新しい評価報酬システム環境がつくられ、健全コミュニケーション信頼関係がなければいけないはずだ。

それにはトップが牽引して組織的に動く必要があるし、個人能力向上だけでは解決できないだろう。

個人レベルでは比較的それらのシステムが整備されている場所へ移ることも手段の1つだ。

いずれにせよどちらか一方的という所があるならそれが問題のように思える。

我々は有限な血と肉で覆われた不完全で複雑な動物であることを忘れないようにしたい。

至極性的な内容が高尚にまとめられたテキストツイート発見次第

即共有できる異性の友人が複数人いるんやが

そういう生のコミュニケーションを取れる人間関係の構築は

今後の人類にとっても軽視されないものとなってくるだろう

山里亮太

数多ある意見の1つに過ぎないかも知れませんが、この度の悲しいお知らせについて、とても重要なお願いがあります。ぜひご一読頂けると助かります

今回のことについて、またそれについても様々なことをSNS上でみな好き放題言っています。我々はこういう風に対面で顔を合わせなくてもコミュニケーションができる時代になって、その最も身近なものであるSNSと、どういう風に付き合っていけばいいのかほとんどの人は困惑しています。顔を合わせなくていいということから、どんなことでも発信でき、また(SNSのない)日常生活では言われないようなことを言われたりするようになってからSNS上で見えている相手バーチャル人間だと考えるようにし、自分(人間)vs相手(機械)のように接していますしか自分普段自分と違う人間のように、普段なら喉まで出かかって止めるような文言さえも、あっさりと指をなぞらせて全世界へと発信するのです。しかしその割に相手(機械)の言うことには感情を揺さぶられ、たびたび日常生活ではあるまじき過度な言葉相手を責め立てることもありますさらに、膨大な情報量。誰しもが発信できることから必然的日常生活ではわざわざ聞くことのない人の意見まで(要か不要かに限らず)目にせざるを得なくなりました。

と、ここまで書きましたが今回のことが、何が一因であったのかということについては、色々な人がこれもまた勝手意見いくらでも言ってくれていますしか自分も正直それを精査していく、という気分にはなれません。一人の尊い命を失った悲しみもさることながら、何よりもうこの情報化社会情報量に疲れてしまっていて、さらにはSNSの使い方についてあれこれ言われてしまうことは、何か自分の一番柔らかい部分に触られているようで気味が悪いような気もするからです。

ですから、この誹謗中傷がどうだとかについてこれ以上触れることはしません。今回自分がわざわざメッセージを送ろうと考えたのは、自分なりの考えを伝えお願いしたいことがあるからです。

人間は、というか自分のような人間は、どこから台本なのか、ということを小さい頃から気にして見てしまますテラスハウスはもちろん、ラジオお笑いや、とかくエンタメ全般的に。大人になればなるほど、その線引きの部分が段々と分かってきました。コンテンツ制作する上では、台本はなくせないということも。そうすることで、面白さが担保できる。その場で生まれるかわからない爆笑を待つよりも、安定的面白い方が大事だというのが根源にある。

テラスハウスもずっと楽しみに見ていました。2020東京から過去作品も遡ってほとんど見ました。このテラスハウスでも同様に、どこまでが台本なのか、と考えましたが、それについてネット上では正確な情報は開示されていませんでした。それでも、まぁいいかと楽しんでいました、所詮エンターテインメントなのだから

しかし、その楽しい時間は実にあっけなく終わってしまいました。

台本があって、それに従って演技をする出演者の方々。すべてはただの操り人形であり、それを見る視聴者たちは騙されてあげて、楽しむ。騙されていながらも没入して、そこで同じように感情を揺さぶられて楽しむ。どんなエンタメもこうして楽しんでいるのに、現実で人が一人死んでしまうということは、そんな平和世界で行われるエンタメの中には決して存在してはいけない概念です。

少し戻って、自分が引っかかるのは、そもそもこれが台本であったのかどうか、ということです。彼女番組の指示通りに、また示唆されて作為的にあの「コスチューム事件」を起こしたのであれば、これが自殺につながったと言っても過言ではないのですからテレビ局殺人とも言えるでしょう。そうでなかったとしても、悪意のある編集があったという新野氏の証言があります。そうした番組を取り巻く諸々が、視聴者には何一つとして知らされていないのです。

これ以上は長くなってしまうので、簡潔にいたします。お願いというのは2つあります。1つは彼女がなぜ自殺しなければいけなかったのか、番組制作という面からそれを解明すること。テレビ局で働いている人々の大半はきっと善良な人達なのだろうけど、舵取りはいつも腐り切っているように感じます。この事件が闇に葬られてしまう前になんとか事実をすべて開示して欲しい。2つ目には、彼女自殺以降おそらくひどく誹謗中傷を受けているであろう出演者の「彼」やその他の人々の精神ケアです。頭の悪い人たちは「彼」があんなことをしなければ彼女自殺することもなかったというでしょう。実際、死んだ人が責められることはほとんどありません。今後苦しい思いをするのはいつも、今、そしてこれから生きていく人たちなのです。

この2つを、出演者でありながら、一個人としては制作には関係のない貴方にお願いしたい。きっとこれを読まれても、お願いするところが間違っているのではないかと思われるかも知れません。しかし僕は、貴方の「一生をかけて考えたい」という言葉を信じたいのです。その覚悟があるならば、すべて自分のうちに閉じこもって考えるのではなくて、少しでも何か行動をして欲しい。山里亮太が、あの番組マスコットのような立ち位置で、あの時間だけは番組傀儡だったかも知れない。しかし世のSNS上の人々のように、貴方の本当のところは人間である、ということをどうか信じさせてください。そうしてこれからも、後ろめたい気持ちなしに、エンタメ傀儡となる貴方を楽しませて欲しいのです。

2020-05-28

腕毛が濃いと思ってごめんなさい

大病を患い、誰もが知ってる国立病院半年間、女医さんにお世話になった。

血圧を測ったり、注射を打ってもらったり、世間話につきあってもらったりと、すごいお世話になった。

若い女医さんで決して美人ではなかったけど、面倒くさい系の僕ともキチンとコミュニケーションできる人だった。

 ただ、腕毛がものすごく濃かった。

きっと勤務あけたらばったり寝て、最低限の身だしなみしか(それでも気にしない男子はるかに超える気遣い)できないんだろうな、って思った。

僕が退院したあと、医大入試女子競争率が超難関だということを知って申し訳ない気持ちになった。しかもそのあとに”あの”国立病院勤務医って。

あの人、周囲がほっておけないくらい飛び上がるくらい優秀な人だったんだろうな。幸せになってほしいな(腕毛もっさりだけど)

anond:20200528162808

そうだね、これまでなかったコミュニケーションをしなければならなくて、それがわからないし、お互いに立場も違うからどう接していいかからず、それでいろんなイライラが生じていたのかな。在宅もあと1日なんだけど、これからもこういうことがあるかもしれないかもっと早く考えておけばよかった。

でもコメントもらえて別な視点で考えることができた。ありがとう

犬の散歩に関しては、私は「犬が暑いからかわいそうだから行く」という認識なんだけど夫からすると「起きない自分への当てつけ」みたいな感じで逆ギレされちゃったんだよね。

これについては落ち着いて話をした時に一応納得はしてたんだ。本心はわからないけど。

anond:20200528154322

端的にコミュニケーション問題だと思うけどそもそも距離があるからコミュニケーションしなくてもうまく回ってたところ、ギクシャクしだしてから急に頑張ってコミュニケーションとろうとしてもまあ難しいよね。

かい合ってる食事ときとかはむしろ深く話し合いにくいので、並んで寝てる時とか、並んでソファに座ってる時とか、セックスするならセックスの後にしみじみどうでもいいことから話し合ってみたら。とりあえず暑い散歩させられる犬はたしかにかわいそうだ。

anond:20200528153305

一見、ただの運ゲー

でもそれは運営からいっさい説明が無いからそう見えるだけで、

統計的に調べると、全くランダムではなく法則性がある。

この艦種を入れるとこっちに進むとか、謎パラメータ計算値はこういう式だろうとか、

公式には全部伏せられているけど、多くのユーザの解析によって徐々に明らかになっていった。

そこにユーザ間のコミュニケーションが生まれ、大いに盛り上がった。

パラメータを見つけ出したユーザ自分に酔いしれ、

個人個人検証データは小粒であれども、全体として皆が皆に貢献できる場があった。

適度な間隔でイベントがあり、リアルタイムアタック生放送しながら楽しむユーザもいれば、

情報がすべて出そろってから一番低難易度クリアするカジュアル勢もいて、

いろんな楽しみ方ができたのが、神ゲー扱いされていたころの艦これ

anond:20200528151719

お金が欲しいからって銀行強盗とか詐欺しないだろ。労働するだろ。

他の人格を持つ人間とのセックス労働に値する対価は努力してコミュニケーションして好かれてお互いに求め合うってことなんだよ。

それができないならずっと一人でうどん食うしかないじゃん。

他人尊厳を金で買うのは銀行強盗詐欺くらいの人権侵害だと思うけどこのあたりは風俗肯定派の人とは相容れない。

anond:20200528150100

まあその通りだと思うんだけど

自分は何も問題ないと思っても他人から見たらそうじゃないんだって事を理解しようともせずに誹謗中傷訴訟だ開示請求だって言うのは本当にちゃんちゃらおかしいとしか思えない

これは批判する方にも当てはまってしまうわけで、増田が行った自覚的には正当な批判が、「自分は何も問題ないと思っても他人から見たらそうじゃない」だった場合にはどうすりゃいいのか?て問題が生じる。

お互いに本当に社会的問題ない発言なら、開示がどうとかじゃなくそもそも実名でのコミュニケーションしかないと思うんだけどね。

anond:20200528092803

こちらが先に言っておくと、日本では黙祷会釈など音を伴わないコミュニケーション文化も多い。他方英語圏場合は、文末に必ずThank youといえばよいという文化だという風になっている。

anond:20200528015147

そうだね。たしかに。

動物が、人間代替たり得るのか、人間同士のコミュニケーションのかなめにもなるのか、は

その人たち次第でもないかなぁって少し考える。

「今まで経験したことのない体験」という文句に惹かれる人はそんなにいない

折りたたみの携帯電話メールができて、カメラがついて、そこからスマホ進化したわけだけど、

それって「メールカメラ既存体験タッチ動作などの新しい体験」というある程度経験して想像できること+新しいことの組み合わせなんだよね

なんだけどアーリーアダプターの多い技術畑の人間って「全く新しい体験」で売ろうとしていることが多くて、

最近だとVRでのアバターコミュニケーション推し進めているオタクがいるけど、それって全部新しいんだよね

の子供達にFortniteが人気で、コミュニケーションツールになっているのはご存知だと思うけど、

それってスプラトゥーンシューティング要素+マイクラ建築要素+アバターやエモートなどの新しい体験という組み合わせになっていて、

まったくの新しいものじゃないわけ

もちろんFortniteの先にVRChatがあるかもしれないけど、VRChatは何もかもが新しいわけさ、そりゃ普及しないよ

芸能人マイナーコンテンツを愛していて、そこからそのコンテンツに入るファンがいたりするのも

知ってる人、もの+新しいものの組み合わせで、

こういった新しいものを普及させたいならそこを見落としちゃいけないと思う

2020-05-27

anond:20200526215453

ありがとうございます別に私はIT担当でもなんでもないのですが、上司たちの在席状況が自席で確認できないことと、席にいない人に連絡する手段が極めてアナログで多大なタイムラグが発生するのがストレスで仕方ありませんでした。

ご指摘のとおり、うちの上司の対人コミュニケーション理論は極めて古風で、「メールより電話が望ましく、電話より直接話すのがさらに良い」という考えです。お互いに感情的交流を図るならそれは正しいと思いますが、単純な事務連絡までそれでやろうとするととんでもない手間がかかります

本社の人々も変に礼儀正しくて、電話でうちの上司がつかまらないと「それではこちからかけ直します」とかすぐに言うのですが、いつ席に戻るか分からない相手に何度も電話しても無駄なので、「それではお席に戻られましたら折り返しお電話いただけますか」というのが正しいと思います。それよりこっちが「それでは席にもどりましたら○○さまに折り返しお電話させますね」と言ってしまうのが早いかも知れませんが。

なかなか本社システム担当と話す機会がなく、職場内で複数システムが稼働している状況下で私の言っているようなことが実現できるか分かりませんが、夕方からデスクワークに本気を出す人々やうちの上司たちの業務軽減のために、この非効率さをどうにかしたいです。

ぶるぁぁぁぁぁぉぉ!はてなー社員、出てこいや

あのさ、ブクマアプリの「コメントを保存する前に」ってあれ、磁気が時期だから別に掲載するのはいいけど、タグ入力右側に置くのやめろや!


スマホ持ってるときタグ入力ボタン→すでにあるタグを、添えた右手親指で押して済ませてるんだからあそこにあると毎回詰まるんや!

コミュニケーション大事ならこんなクソゴミゴキブリカス人間の私のうんちにも対応してくれるよね!

anond:20200527120324

AIですら攻撃かどうかわかるよ

マジで言ってるならもっと人とコミュニケーションとれよ

かまってほしくて言ってるなら現実と向き合え

まり働けカス

https://emotion-ai.userlocal.jp/

anond:20200527093130

こういうやつがいから社員に甘い顔見せるとつけあがられるって風潮が生まれる。

ヤル気はあるんだろうけど、古巣からクレームつくようでは大きくなれない。

どっちにしてもコミュニケーションとってみれば?

形だけでもしおらしい態度みせてくれれば付き合い継続してもいいし、開き直った態度とるようなら出入り禁止だな。

働きたくない(切実)

働きたくなあああああああああああああああああああいいいいいいいいいいいいいいいあああああああああああああ

年末までは働いていた

貯金を切り崩しながらだらだら生きている

つーかちょっと待てよ、もう半年無職なのか、、、

そんな訳で貯金が底をつく恐怖にうんざりしているし、将来ン百万の大きな買い物がしたいと考えているのでいい加減働かなきゃいかんと思うんだけど

働きたくないマジで

職場行きたくない

あと何より今まで何度か転職して全部人間関係失敗してる、人間関係が怖いマジで何より人間関係が怖い

筋金入りの陰キャからどうせまた空気悪くして迷惑かける

引っ越したんで半年人とも会話してない

やべえ〜〜働いて社会との接点を繋ぎさないとほんとにやべえ

でも人とコミュニケーションできない働きたくない

でもお金欲しい〜〜

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん