「音楽」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 音楽とは

2022-11-26

anond:20221126074520

音楽やってて芥川賞獲っちゃった人いるよね

かわかみみえことか、辻仁成さんの『海峡の光』も町田康さんの『きれぎれ』もよかったよね

特にきれぎれ』はまじですげーよね

あとノーベル文学賞獲っちゃったボブ・ディラン

anond:20221126030927

音楽にはソウルが宿るって言うもんな

ベートーヴェンソウルとか語りかけてきたのかもな

2022-11-25

女の性欲の発露がテレビで許される不思議

今日夕方ローカルニュース情報番組で「イケメン店主の料理屋」みたいな特集が組まれていて、

イケメン店主が出てきては変な甘ったるい音楽が流れ、

行人の女の人(中高年ババア)の店主に対する評判インタビューが流れていた。

これは男女逆だったら放送できただろうか?

一般中年男性美女店員容姿・振る舞いの評価コメントをして許されると思うだろうか?

そんな放送を流したら、大炎上だろう。

なぜイケメン店主を一般女性しかババア)がジャッジする番組地上波で流すのが許されてるのか不思議でならない。

とりあえず放送倫理機構通報すればいいのだろうか。

精神障碍者幸せって何?

(ここでの話はある程度物事理解できる発達は対象外ね)

人と同じ感性を持ってないと思われる人間に対して

美味しい食べ物とか感動するお話とか美しい絵や音楽とか

そういうものを与えてもまともな反応が無い(少なくとも他者が見た場合

幸せ理解できない状態でただ生かしておく意味はあるのか?って思う

人権保障しても「健康文化的な最低限」に届いていない

認知症の老人とかもそう

本人らもそうだけど、その人たちの世話にかかりっきりの周りの人たちの幸せすら無いように見える

好きなアイドル恋人がいてほしくないという感情が分からない

アイドル恋愛禁止すべき理由としてよく言われる「アイドル夢を与える仕事から

ここで言われる“夢“とはなんなんだろうか

恋愛したら無くなるような夢だから、「このアイドルと付き合いたい」「結婚したい」とかそういう違いなのかと思う。

私が思っているよりも、アイドルは擬似恋愛的なもの対象になっているのだろうか。

私はこれまで色んなアイドルを見てきた。

主に2次元女の子アイドル、たまに3次元女の子アイドル、今一番熱量が高いのはとある2次元男性アイドル

女の子アイドルを見ている時は、自分と同い年くらいの同性の子が夢を追いかけて頑張る姿に元気をもらっていた。

ある2次元男性アイドルを見ている時は、彼らが作り出す音楽世界が大好きで、次元の向こう側から想いを届けてくれる彼らが大好きな気持ちでいっぱいだ。

その男アイドルメンバーのうち、私が好きなメンバー、つまり推しについて

優しくて周りのことをよく見ていて誰かの気持ちにそっと寄り添ってくれる推しのことが大好きだ。

推しのことは、2次元キャラクターとして、一人の人間として、アイドルとして、男性・異性として好きだ。

女の子アイドル推していた時には無かった感情があることは確かだ。

いわゆる夢思考のようなものに陥る瞬間もある。

だがそれはあくまで私の妄想に過ぎないし、このような思考が入ることがあるのは、このコンテンツ原作乙女ゲームという部分が大きいと思っている。

リアコでは無いし、2次元にいるアイドル3次元にいるオタクというこの距離が好きで、それ以上を望む気持ちは無い。

色んなアイドルを見てきたが、「もしこのアイドル恋人がいたら」と考えても特に何も思わない。良い意味でも悪い意味でもなく単純に何も感じない。それはどのアイドルに関しても。

恋人が出来ることでアイドル業が不真面目になったりするのは嫌だが、恋人が出来ることそのものについては特にマイナス感情は起こらない。推し達には幸せになってほしい。(補足の追記:ここでいう“幸せになってほしい"というのは結婚交際して幸せになってほしいという意味ではない。どんな形であれ推し幸せならそれが嬉しい。)

だが世間一般では、アイドルには恋人がいない方が良いという意見の方が主流らしい。

アイドルに限らず、好きな芸能人交際結婚を発表したら、それを嘆く声は必ず見られる。

一体どういう感情なのだろうか。

私は生まれから今日まで、恋愛的な意味で人を好きになったことが無い。3次元にも好きなアイドルはいるがお金をつぎ込むほどハマったことはない。

そんな私だから理解出来ない感情なのだろうか。

人を恋愛的な意味で好きになるということや、交際するということ、結婚するということ本当の意味をおそらく知らない私には分からないことなのだろうか。


こんなことを言っているが、最近話題になっている例のアイドル擁護する気はさらさら無い。過去あん発言をしておいてああい報道がされるのは普通にカッコ悪いなと思う。

音楽チャートアナライザー

データ継続はすごいと思うのだけれど、ところどころ押し付けがましいところが多く、分析普段ツイートに左の思想が強く入ってることもあり好きではない。

一度ツイートに疑問を持ってRTしたら無礼と言われてブロックされた。

増田でも月一くらいで誰かが音楽チャートアナライザーに苦言を呈してるから同じように思ってる人も少なからずいるんだろうな。

気に食わないをブロックし続けた結果が増田にあがる定期的な苦言なのは皮肉チャートアナライザーは知らなくていい。

2022-11-24

11週目コマフィルム再配布の週に搭乗したら地獄だった

私があるアニメ映画を観に行った時に目の当たりにした出来事について書こうと思う。映画名は出さないが、すぐに分かると思う。

単刀直入に言う

特典目的の途中退席、公式がはっきりと禁止している劇場内トレーディング行為・交換会をするな

11月14日なんばパークスシネマにその映画を観に行った。

その週は公開から11週目で、入場特典は再配布のコマフィルムだった。このコマフィルムは7週目にも配布されたのだが、あまり反響に再配布が決まったのである。公開から11週目ということで上映回数、スクリーンキャパが限られている中、多くのファンが欲しているコマフィルムが再配布されるというので、その週は映画チケットを取るのも一苦労であった。

入場特典を受け取りスクリーンに向かうと、出入り口に人がたむろしている。それも一人や二人ではない。

先日公式からお達しがハッキリと出たしまさかと思ったが、やはり行われていた。

劇場の出入り口前での特典交換会だ。

その光景は、パークスへその映画を観に行ったらほぼ毎回繰り広げられていたものである

以前は公式からは何も言われていなかったのだが(だからと言ってやって良い行為ではないことは大前提である)、ある日ペンライトについての注意事項が出されるタイミングで、トレーディング行為について禁止する旨の文が公式サイトにハッキリと書かれた。

にも関わらず、堂々とトレーディング行為が行われているのである

唖然とした。

そんな私に追い打ちをかけたのが、小さい子どもを連れてその特典交換会に参加していた人だ。私が推しているメンバートートバッグを持って、交換を探す用のボードの「求」の文字の横には私の大好きなメンバー名前が書かれていた。

ただただショックだった。

周りの様子を誰よりもよく見ていてその優しさでみんなを笑顔にしてくれるあのメンバーの何を見てきたんだろうか。

特典を一人分多く貰う目的で連れられてきたであろうその子マスクをつけていなかった。大体の施設マスクの着用が免除されるのは3歳辺りまでの年齢の子どもということを考えれば、そんな年齢の子コマフィルム目的で振り回しているということになる。

特典目的ではなく、純粋にその子と二人で映画を観に来たという可能性も充分考えられるが、チケットを取るのも一苦労な週にわざわざ来て、劇場前でトレーディング行為をしているところを見てしまったら、申し訳ないが特典目的で連れてきたようにしか見えない。

これだけでも充分嫌だったが、上映開始後、更なる地獄を見ることになった。

私はその日、最後列の真ん中の席で鑑賞した。

この映画は全編ライブ構成で、開演アナウンス→本編ライブエンドロールアンコール→終演アナウンスの順番で流れる

それが最初に起きたのはエンドロールが始まってからだ。

エンドロール音楽が流れ出したと思ったら、周りがガサガサしだした。

中退席する人達の音だった。

それもまあまあな人数。

アンコールが始まってからもポツポツと退席していった。

終演アナウンスの時が一番途中退席が多かったのだろうか。流れ出した途端そこら中からガサガサ鳴って、アナウンスに集中出来ない程だった。

実はその回の上映時間が14:30までで、次の回が14:20からで、上映時間10分被っていたのだ。

まりコマフィルムがとにかく欲しいオタクは、この上映時間が被っている回を二つとも取り、先に上映する回は途中で退席して次の回に入るというのである

上映時間が被っているのは知っていたし、途中退席があるというのも知っていたが、まさかあんなに大勢が途中退席するとは思わなかった。

ライブの余韻もクソもなかった。最後列真ん中に座っていたせいで途中退席する人が全て見えてしまって最悪だった。

シアター内が明るくなり辺りを見ると、上映開始時はほぼ満席だったとは到底思えないような人数しか残っていなかった。

200席のスクリーンを使っていたが、最後まで残っていた人数だけなら、その半分以下の収容人数スクリーンで充分事足りただろう。

本当にみっともないと思った。やめて欲しい。

特典の為に途中退席する人があんなに多くいたことが本当にショックだった。

だが、私がさらに嘆かわしいと思うのは、これらのことが話題にならないことである

5週目辺りだったか、その頃Twitterで急に特典強奪等の注意喚起が増えた。

あの時多発した注意喚起個人的にはあまり信用できないと思っている。

どこの映画館の何時ごろに起きたのかが書かれていない、特典はその前も後も配布があったのに強奪事件注意喚起ツイが投稿されたのはその期間だけ(私が知らないだけかもしれない)、チケット戦争になるほどみんなが欲しがっているコマフィルムの週には起こらなかった(これも私が知らないだけの可能性有り)、どれも内容が感情まかせというか、注意喚起らしい注意喚起じゃない………など

真偽の分からない注意喚起バンバン拡散されていたのに対し、途中退席や交換会はほとんど話題にあがっていないように思う。私のようにそれを目の当たりにした人も、それを行った人も確実に大勢いるにも関わらず。

話題に上がらないということは、これらが問題視されていないということであろう。

グッズ欲しさに自身の行動を正当化するオタクの良い例ではないか

ただただ悲しい。

あんなことをする人が、私が好きなコンテンツファンにあれだけの人数いるということが悲しい。

私が危惧しているのは、今後もこういったことが起こるのではないかというところだ。

この映画は、劇場シリーズ第一弾として出された。第二弾以降があることは容易に想像ができる。

第二弾以降が公開された時も、あん光景が広がってしまうのだろうか。

もしもこの記事を読んだ同界隈のオタクがいたなら言いたい。

第二弾以降の映画では、劇場前トレーディング行為・交換会も、特典目的の途中退席も、絶対しないで欲しい。

そしてすでにこれらの行為したことがあるオタクは、自分がやったことが恥じるべき行為だという自覚を本当に持って欲しい。

まあこの記事がそれらの人の目に届くか分からないんですが。

音楽が鳴り止んだあとで。

音楽を聞かなくなってもう何年も経つ。

マニアと呼ばれる人たちの足元にも及ばないだろうがそれでも普通の人より熱心に音楽を聞いていた人間だと思う。中学時代邦楽洋楽それぞれに大好きなアーティストができてからというもの毎日のように新しい音楽を探し、過去アーティスト達をたどり、知らない作品ジャンル出会い音楽世界を広げていった。ライブイベントフェスにもたくさんいったし音楽に関する本や雑誌も読みふけった。それは俺にとってのライフワークのようなものだった。「レコード屋に住むのが夢」だと公言していたくらい、俺の毎日音楽と共にあった。

ところがある日、自分が以前のように新しい音楽を聞けなくなっていることに気づいた。家族ができて生活が大きく変わったわけでもないし人生観が変わる体験をしたわけでもない。音楽を聞くことに疲れたわけでもない。ただ、以前は放っておいても音楽のほうからこちらに飛び込んできて大暴れしてくれていたのに、いつの間にか新しい音楽を聞いても心が動かされることがなくなっていた。一生懸命「この音楽の素晴らしいところ」を探して無理やり感動したり興奮したふりをしていることに気づいてしまったのだ。それに気づいてから新しい音楽を探すことをしなくなった。1クリックであらゆる時代のあらゆる音楽アクセスできる夢のような環境が目の前にあるにも関わらず、レコード屋に行くことも、ネットで探すこともなくなっていた。

昔のアーティストたちと違っていまのアーティストたちが劣っているとか音楽クオリティが低いなんてことは絶対にない。新しい世代アーティスト音楽若い人たちのためだけにあるとも思わない。もし俺が以前のままだったら彼らの音楽に心を震わせ喝采を浴びせていただろう。彼らの音楽考察しその素晴らしさを熱く語っていただろう。いくつかの音楽は俺の心の拠り所になっただろう。俺が大好きだったアーティストたちと同じように、彼らもまた国や世代時代を超えた素晴らしい音楽をつくっていると思う。

でも。でも俺はそういう音楽を楽しめなくなってしまっていた。そうやって新しい音楽を探すのをやめて以降、自分が好きだった音楽を聞くことも減っていった。音楽に対して嘘をついているようないたたまれない気がしたからというのが理由の半分。もう半分は音楽を楽しめなくなった自分をこれ以上見たくなかったからだった思う。そうして俺は「音楽を聞かない人」になった。1万枚近かったCDはとっくの昔に売り払っていたしデータもすべて消してしまった。いま俺のPCスマホには一曲も入っていない。まるで、あれだけ大好きだった音楽たちが俺の中からすり抜けてしまたかのように。

思い返すと、俺が音楽に夢中になっていたこはいつも俺の中に「俺の音楽」が鳴り響いていたように思う。いつもそいつが求めていたのだ。もっと新しい音楽を、素晴らしい音楽を聞け、と。そして新しい音楽を聞く度に「俺の音楽」も変わっていった。まるで楽器同士が反響し新しいハーモニーを生み出しているかのように。そいつがまた新しい音楽を求める。これが俺にとっての音楽を聞き続ける理由だった。なのに、あれだけやかましく鳴り響いていた「俺の音楽」がいつの間にか消えた。だから新しい音楽も好きだった音楽も以前のように楽しめなくなってしまったのだろう。

こういう日が来ることを予想しなかったわけではない。いつか熱が覚めることはわかっていた。悲しいし寂しいが「音楽が鳴り止んだ世界」を静かに受け入れるしかない。みっともなく音楽にすがりついたり、逆に否定するような真似だけはするまい。そう思っていた。

ただ、実際にやってきたその世界は俺が予想していたものとは違っていた。確かに喪失感はある。けれど予想していたように空虚で色あせたものではなかった。諦念とも忘却とも違う、ささやかだけれど確かな充足感や満足感がそこにはあった。あんなに大好きだったもの、夢中になっていたものが消えてしまったのに空虚さどころか満足感を感じてすらいる。俺はこのことを長い間咀嚼できないでいた。「俺にとっての音楽はその程度のものだっただろう」と落胆し納得しかけてさえいた。

しかしある日気づいた。

それは黒人差別に抗議するひとたちのデモを報じるニュースを見たときだった。そのニュースを読んでいるうち、いつの間にか俺の中で音楽が再び鳴っていることに気づいたのだ。偏見警官暴力貧困教育格差社会の無関心とそれに慣れてしまった自分たちへの憤り。黒人差別現実を訴えていたたくさんの音楽が俺の中で鳴っていた。その音楽を聞いていた当時と同じ感覚が確かにあったのだ。

それ以降、いろいろな場面で"音楽が鳴っている”ことに気づくようになった。ニュースを見てなにかを考えているときだけではない。なにか嬉しいことや悲しいことがあったとき。誰かと素晴らしい時間を過ごしている間。初夏の海岸線を走る車の中。晴れた日の朝に窓を開けた瞬間。温かい毛布とまどろみのなか。俺が気づかなかった、聞こうとしなかっただけで、いままで聞いてきた音楽たちは確かに俺の中で鳴っていた。それも最適なタイミングと最適な選曲で。

俺が感じていたささやかだけれど確かな充足感や満足感の理由はここにあった。音楽は俺の中からすり抜けてなどいなかった。俺が音楽必要としなくなったわけでもなかった。俺はたくさんの音楽を取り込んで「俺の音楽」を完成させたのだ。誰にも聞けない、誰のものでもない「俺だけの音楽」を。

好きなものから離れたあとも自分の中に残り続ける。なんて幸福ことなんだろう。音楽必死に聞いていたころはこんな幸福自分にやってくるなんて思ってもみなかった。ただただ音楽を聞いていただけでなにひとつ音楽にお返しなどしていないのに、彼らはずっと俺に寄り添ってくれているのだ。これ以上の幸福があるだろうか。

音楽を聞かなくなったいまだからこそ確信をもっていえる。

音楽は素晴らしい。

音楽は君の人生を豊かにしてくれる。

音楽は君の世界を広げてくれる。

音楽は君を幸せにしてくれる。

そして今日音楽が鳴り止んだ世界から祈るのだ。

音楽がすべてのひとたちに降り注ぎますように、と。

音楽効果音、音声、動画編集が多分一生できない

動画を2倍速再生で延々見てたらデフォルトの速度が遅すぎて耐えられなくなってしまった

デフォルト速度に合わせて諸々を調整したり選定したり配置する作業はできないだろうなって気がする

2倍速で作ってそれを速度半分で再生させたらいけるのか?いや無理だろうなあ

映画】天気の子

映画館でみればよかった〜〜

小栗旬全然気付かなかった すごすぎ

・いい…

ラスト、滅茶苦茶ネタバレした上で見たけど全然面白かった

ラブホシーン、先輩いたんか 前情報でてっきり2人きりだと思ってた

リーゼント刑事、なんか段々嘘喰いの門倉さん思い出してきた

言葉の端々とか一瞬出た写真とかで

ホダカ君はあんまり親?に大事にされてなかったんだなって

確実に伝えてくる…

・当時パラサイトと天気の子がたまに一緒に語られてることあったけど

みたらなるほどってなった(雨とか家族とか貧困とか半地下とかなんか色々)

・瀧くん滅茶苦茶普通に出てきてわろた

・なんで窓あけたし

・発砲シーンで音楽流れる所、何故か少し笑いのツボで困った

発砲までしたら引き返せんやろ感といいことした感のBGMバランス

ちょっと面白く感じてしまって

2022-11-23

会社で好きだった女の子結婚してしまった

黒髪ロングで清楚系で可愛いなあってずっと好きだった女の子結婚してしまった

冠婚葬祭は社内掲示板に載るのでそこで結婚したことを知った

それから心の中が空虚になっている

愛想もよくて可愛い女の子だったからあー好きだなあなんて思ってたら結婚

もうなんか人生どうでも良くなってきた

辛すぎて食事も喉が通らない

相手が社内の男じゃなかったことだけは幸いかもしれないがもうどうにもならない

もうどうにもならないんだ

相手の男が交通事故にでも遭えばいいのにと

負の感情すら浮かんでくる

最悪の思想を考える自分に嫌気がさす

どうしてこうなってしまったのか

頭の中で嫌なことばかりが思い浮かぶ

この女の子はこれまでずっと

休日デートしてセックスしてたんだろうとか

もうなんというかそういうこと考えだして

きりがなくなってきて苦悩しかない

カラオケで大声出しても酒を飲んでも

不貞寝しても音楽を聞いても何しても

気持ちが落ち着かない

苦しい

苦しい

この落ち着かない気持ちをどうにかしたい

心苦しい

こういう気持ちをどうにもできない

離婚しないかなぁとか

旦那さんコロナ罹患してそのまま死別とかないかなあとか

結婚DVになって心が離れてくれないかなあとか

そんなことばかり考える

そしてまた自分イライラする

そういうことの繰り返しだった

結婚報告から一ヶ月が経過したが落ち着かない

今日休日旦那セックスしてたんだろうとか

ずっと考えてしまっていた

どうしようもなくどうしようもない

こんな好きになったのにもう自分はどうにもならない

ただの敗北者で負け犬

本当にその通りだ

時間解決してくれるのかわからないが

ずっとこのままなんじゃないだろうか

彼女に似たAV女優AVを見てもすっきりしない

虚しいだけだった

何もない

俺にはもう何もない

そんなことしか思い浮かばない

希望が見えない明日しかない

人生って

辛いな

スポーツ観戦が趣味の人がよくわからん

ただし、以下の場合はわかる

上手な人のプレーを見て自分プレーを考えたり、上手なプレーを参考にして自身の動きを修正できる。なのでわかる。

現在のその試合のものではなく、そこからインスパイアされる自身の若かりし頃に思いを馳せており、それを楽しみたい気持ちはわかる。

家族の頑張ってる姿を応援することが目的なのでわかる。

甲子園サッカー日本代表など、そのスポーツ応援することよりも自分所属するコミュニティ応援したいという気持ちなのでわかる

ある種の「物語」として楽しむ。いわゆる筋書きのない物語プロレス的楽しみ方としてわかる。

時間があるので野球サッカー観戦に行くか〜という感じ。別に音楽ライブでも、舞台演劇でも代替可能で偶然スポーツ観戦だったというだけなのでわかる。

スポーツ観戦そのものよりも、チームのファンコミュニティ所属することを楽しむもの。例えば阪神愛のようなものとしてわかる。

これらはどれもそのスポーツ観戦そのものを楽しんでいるというよりも、その周辺を楽しんでいるように思える。

これらの動機スポーツ観戦をしている人は本当にスポーツ観戦そのものが好きなんだろうか?

本当にスポーツ観戦が好きな人は、例えば野球サッカーゲームのCPU VS CPUを延々と楽しめるのではないだろうか。

身近にそういう人がいて、本当に観戦が好きなんだろうなぁと思うし、

別の友人はコンピュータ将棋を延々と戦わせて楽しんでいる。

2022-11-22

最近の子 書籍電子だし音楽映像作品もサブスクから友達借りパクされてモヤモヤってことはもうないんだろうな

羨ましい〜〜

音楽をやりたかった、ずっと憧れてた

習ったりもしたし

今でもノウハウ動画とかたまに見たりするし

それ系のアプリ入れて使ってみたり

でもなんだろうな、自分のものにならなかった

憧れで終わった、好きなだけで終わった

日々楽しむ何かにはならなかったなと振り返って思う

思えば音楽というものが今より輝いて見えた時代だったのかもしれない

そういう空気感から憧れた

けど自分のものにならなかった、趣味にさえならなかったのが何か悲しい

AKB特殊

ダンスや歌や音楽の才能でヒットしたアーティスト恋愛禁止

っていわれてんならわかるけど

AKB会いに行けるアイドルコンセプトで握手会メイン。いわゆる売り方がコンカフェみたいなもん

コンカフェとかメイドカフェ女の子から彼氏の話聞かされたくないよね

立ち位置特殊から絶対位言われ続けると思います

2022-11-21

追記婚約者がいるんだが、デリヘル嬢に恋をした

昨日呼んだデリヘル嬢が青春のものだった。

婚約者は非の打ちどころのないひとで、ただ少し口調がキツいからか一緒に暮らすようになってからは少しずつ恋心が薄れてしまった。

喧嘩した翌週、出張があった僕は酒の勢いで3年ぶりに風俗を利用することになった。

デリヘルを見てたらあまりタイプ女の子がいたので、出勤時間ちょうどから80分予約した。

写真があまりにもかわいすぎて不安になり、写メ日記とかを見てると加工が強すぎて前髪をまつ毛が押し退けているような写真も出てきた。僕は最近仕事でDeepfakeについて軽く調べたのだが、その失敗例のようだった。

まり期待しないようにしながら待っていると、果たして現れたのは写真のもの天使だった。

ロリ顔の白ギャルタイプなんだけど、自分はそういう人にはモテないこともわかっている。婚約者には少しでも白ギャルに近づいてもらおうと色々メイクの注文もしていたが、本物を目の当たりにすると婚約者を抱くときとは残酷なまでに違う質の電流が走った。

プレイはとても献身的で、2度果てたとき、夢のような時間も終わりかーと思いながら時間確認した。するとなんと、まだ半分も経っていない。

まだまだ楽しめると思うと嬉しくなり、とりあえず一緒にタバコを吸おうと提案した。

めんどくさいけどベランダで吸わなきゃいけないので、2人でシャワーを浴び、服を着て外に出た。

「せっかくやけ音楽流す?」

彼女提案は、南国の11月のぬるい夜風に心地よかった。

お互いの好きな音楽を話すうちに、ボカロクリープハイプなどなんとなく同じところがわかっていって、それは何かの始まりみたいだった。

僕が開けた缶ビールに、彼女も口をつけた。その間接キスが、さきほどまで仕事として成立していた艶かしいキスよりもよっぽどリビドーを掻き立てた。

の子は僕の大好きなアニメも好きで、こんどそのアニメ推しキャラクタータトゥーを入れるらしい。

そう、この子オタクの夢、その集合意識が具現化したような女の子だった。男子校に通っていた中学生のころ、浅い女性観で練り上げた理想彼女。それが実在していたなんて。それも、お金を出せば愛をくれる。

ベッドに戻り、着衣のまま恋人のようにくっついて彼女tiktokをだらだら見ていた。たまらなく幸せな中、残り10分の連絡が来る。僕は躊躇わず60分延長し、のちにさらに60分延長したので合計で200分も一緒にいた。

その間僕は服を脱がず、また脱がせず、所在なさそうにスマホでインスタやtiktokを見せてくる彼女の顔をずっと眺めていた。かわいいと思う度にかわいいねと伝え、彼女は「だろ?」と答えながらニヤリとした。

射精を終えて落ち着いた今みると、その子はまあまあかわいいくらいだ。顔に、美人にはない特徴もある。でもそれも含めて全部愛おしくなってしまっていた。

二度目の一服

また彼女が曲をかけた。Hump Backの「拝啓少年よ」の大阪城ホールライブ音源

僕はその曲を知らなかったが、ギターロックは大好きなのでMCからずっと酔いしれていた。彼女一言

「これ好きそうだなと思って」

好き!!!!!!

僕は彼女をずっと見ていた。彼女タバコ吸い吸い空を見ていた。

曲が終わったとき彼女に、君の映画を撮りたいと告げた。全然いいよー、と彼女は言ってくれた。

実は彼女遠征中で、僕のいる街には今日までしかいない。どこでも行くから指名したいと言うと、元の店の名前を教えてくれた。

インスタも交換したが、ありがとうメッセージに返信はなく、彼女ストーリーは僕のアカウントでは見られないようにわざわざ設定されている。

僕はだいぶ気持ち悪い客だ。それでも、あまりにも恋しいから、きっと僕は飛行機新幹線を乗り継いで、彼女指名しに行くだろう。NGが出るまでは何度も。

もし叶うなら、月にいくらでも渡すから、僕との粘膜の接触もなくていいから、夜はホストでも好きな男でも会いに行けばいいから、そうでない時はうちにずっといてほしい。囲い込めるなら仕事はいくらでも増やそう。

こうやって入れ込んでいる自分が、卒論引用した大好きな哲学者破滅の時期と重なって見える。彼もまた娼婦に貢いで浮浪者同然だった。

それでも、中学生のころからの夢がそのまま現実になったような、あの子と会えるならいいや。

こんなに人を好きになったのは初めてじゃない。人生で何度もこんなに物語のある恋ができるのを嬉しく思う。

また会えるといいな。

追記

読んでコメントをいただけるのが存外に楽しかったので、過去恋愛についても書きました。

https://anond.hatelabo.jp/20221122163551

あと一部コメントへのお返事もさせていただきました。

https://anond.hatelabo.jp/20221122162553

5000兆円降ってきたら

家を防音にしたい

外の珍走団ウォンウォンと走る音もドゥンドゥンと重低音響かせた音楽も完全シャットアウト

あと猫を飼う

家の中にはニャーンという声だけが響く

俺がアイドルだったら絶対ファンを裏切らないけどな

だってアイドルファンって金の源泉じゃん

本来何にも引っかからないような存在でも

ファンがいて沢山金を落としてくれるから芸能界で影響力を持てる

海外なんて基本的俳優俳優だしアーティストアーティスト住み分けしてるもんなんだよ

何なら俳優にしても映画俳優CM俳優は別だったりする

日本アイドル俳優音楽バラティ進出出来るのは、その背後にいる圧倒的な購買力あゆファンいるからなんだよ

そのぐらい馬鹿じゃなきゃ分かる

から俺がアイドルならそこを裏切ること絶対ない

実際、仕事で大切にすべき関係性の相手不義理したことなんて一度もないしな

当たり前だよ

金が関わってるんだから

もちろんアイドルほど良い収入全く得てないよ

それでも不義理なんてしないんだからアイドルだってそこんところ割り切ればいいのに

ファンから承認があるからやっぱり自尊心肥大して自分ルールだってなるんかね

anond:20221121170928

言わんとすることはわかるんだけど

自分みたいな、もともと音楽特に洋楽とか聞かない人間には

BTSの曲、韓国語ラップ、あと声の構成みたいなのが割と新鮮で一時期延々と聞いてた。

他のK-POPはピンとこなかったけど。

こういう人ら日本にも居るの?

電車の音マニアの方いらっしゃいませんか?

新橋駅流れる『ちゃらら♪⤴ ちゃららら♪⤵』って音楽(恐らく発信音か停車音)が

何線の何の音なのかわかる方いらっしゃいませんか??

先週の金曜日まではぜんぜん気にならなかったのに、

何故か今朝から凄く大きく音が聞こえてノイローゼになりそうなんですよね……。

anond:20221121153350

若くもないんだけど、西寺某も和田某も知らないので、音楽(洋ポップ・ロック)分野に興味があるかどうかだと思う。

洋楽ならHIPHOPはよく聞いてたのだが、マイケルについてちゃんと調べたことが今までなかったんだ。

マイケルジャクソンについて誤解していた

マイケルジャクソンと言えば昭和平成の大スターだった。

それほど洋ロックについて興味もないゆとり世代だが、スリラーMVくらいは見たことがあるし、ムーンウォーク練習したことがある。

しかし、ちゃんと彼について調べたことはなく、今さっきたまたまwikiを読んでいて誤解していたことがたくさんあった。

 

・どうやら児童虐待はしてなかったらしい

うっすら子供の頃のニュースで、マイケル男児性的虐待をしたというので大騒ぎしていた。

自分も幼かったし、今以上にマイケルに興味もなかったのでその後どうなったのか知らなかったが、

どうやら真相児童父親が虚偽の証言をさせて大金強請り取ろうとしていたらしい。

自宅に「ネバーランド」とかい遊園地を作っていたという話もあり(これは事実)、

遊園地をエサに子供を集めていたずらしていたというイメージがついてしまっていた。

 

白人になりたかったわけではなかったらしい

マイケルといえば、その音楽性と同じくらい話題だったのが容姿話題だった。

マイケル黒人なのに、整形によって肌は白く、鼻が高く、白人のような見た目にしたのだとメディアでは認識されていた気がする。

しかし、整形は元々は怪我や火傷によるもので、整形の回数も「鼻が2回、顎が1回」とのことでイメージほど整形しまくってるわけではなかった。

また、肌が白くなったのは整形ではなく病気によるものだとのこと。マイケル黒人であることに誇りを持っていたらしく、白人になりたがっていなかった。

 

ほとんど神格化されていたレベルミュージシャンなので、人間性問題があっても不思議じゃないか、くらいに勝手に思っていたが、

自分マイケルに対して持っていたネガティブイメージほとんどすべてがメディアによるでっち上げだったみたいだ。

今でも特にマイケルファンというわけではないが、自分と同じように間違ったイメージ認識している人も多いと思うので、

彼の名誉のためにここに共有しておく。どうやら、普通にいい人だったっぽいよ、マイケル

anond:20221121103940

しかに俺は自己肯定感低いけど

趣味音楽とか機械いじりをしてて、ブログとか動画とかでその知見を共有したりはしてるんだよね

それで感謝されたりバズったりするとやっぱり嬉しいし自己肯定感上がる気がする

でもそれは自分のために趣味をやってる副産物提供してるだけで、もし「なにか提供するためだけの活動」だったらしんどくて続けられないなーって思っちゃうんだ

増田番付のやべーやつ達が次々と活動停止している(※番付の人じゃないよ)

番付更新を前に、歴戦の雄が次々と引退もしくは休場に追い込まれるという異常事態となっている

アカBAN

活動停止

おまけ

[]アタック25増田

アタック25の各放送回の全解答を投稿している増田

どこかの掲示板Webサイトからコピペ?(情報求む)

一見するとタイトル名にタグアタック25」がつけられているように見えるが

20221106[アタック25]Next 2022年11月6日 音楽好き大会 2022-11-06結果

anond:20221106142241

のように先頭部に[アタック25]が位置していないのでタグとしての機能果たしていない

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん