「シャア」を含む日記 RSS

はてなキーワード: シャアとは

2024-02-21

無題パンダのやってきたこ

https://twitter.com/Srin0528?t=_s5xxDSGwLKD3vh8uRpYjw&s=09

アイマス関連

・旧デレアニの製作委員会に働きかけて

1〜6話終盤前をほのぼのアニメ的な風に偽装して未央を視聴者からヘイトタンクに仕立て上げるようにさせた。

ツイ垢設立前のつりがねむしらと共謀して

未央いじめ発明、それをdaiwa510に競馬時間に使わせるように働きかけた。

(つまりネットオタクたちは数年間過激派フェミ起源となったネタを使ってたことに)

◇他のネット内外での蛮行

K5を名乗り当時の2ちゃん荒らしてた説

テレビサロンの嫌阪たん(仮)という大阪叩き依存症者も奴らしい

・懐かしテレビ板に常駐してたミソジニー

・俺的ゲーム速報やはちまやらおんも奴が大元らしい

・新シャア板での機動戦士ガンダムSEEDシリーズへのネガキャン煽動

YouTubeゲームソフトの歴史ゆっくり開設」も奴が大元らしい。

2024-02-14

anond:20240213194113

1stガンダムリアタイ勢だけど、アムロに「ヒロイックな」人気はありませんでしたよ。

ガンダムというモビルスーツは人気だったけど人間アムロ・レイに憧れるガキんちょはいなかった。

後半めきめき覚醒するニュータイプとしての能力も、ガキんちょが憧れて手に入るもんじゃないので「へー」って感じ。

実際、ルックス的かっこよさでの女性人気はシャアガルマのほうがずっと上だったし、ランバ・ラルが好きなガキんちょも多かった。

敵役に美形が据えられるのは当時すでに王道でした。

2024-02-13

anond:20240213194113

ファースト最初の方のアムロは割とクズだし、以降の作品もうじうじとしたところを見せてたけど、

話が進むと主人公を見守るちょっと大人立場になったりする。

そして逆シャアではララァいつまでも囚われてるシャアよりも精神的にもパイロット技能的にも超越して、

MS肉弾戦に持ち込んでボコボコにする。

そう言う、成長の物語アムロの人気の背景にあるんじゃないかな?

スパロボとかの作品だと大体この逆シャアアムロベースになってるので、ガンダム主人公としては年齢が高めで、

他のまだ若い主人公サポートするような役回りを与えられることが多いので、そのあたりでポイント稼いでる節もある。

後、最後の搭乗機であるνガンダムアムロ専用のワンオフ機でありながら、

パーツ単位で見れば入手や整備の容易な量産機のパーツを多く取り入れてるってのもオタク心をくすぐってる気はする。

anond:20240213194113

天パのアムロガンダムを格好良く操って、意外とまともだから

シャアが情けないからだよ(情けなさも大きなシャアの魅力)

2024-02-03

種エアプだけど映画見た!ネタバレ感想

いや、面白かった!変な女と変な男がダース単位で出てくんの

終わったあとオタクみんなニヤニヤしてたよな

パンフ買おうとしたら売り切れてて残念

ダイエット中だけどいいやってなってピザ食ってる。うめえ

最初スルーするつもりだたかネタバレチラ見しちゃって

アスランズゴック、何かの中からガンダムが出てくる、エロ妄想洗脳能力者を返り討ちってのは観ちゃったけど全部アスランやん!

最初カムイ見るつもりだったけど時間関係でシードにしたんよね。あらすじとノイマン回避が凄い、くらいは知ってるけど、本編観たことない。知らぬさ!の人との戦闘だけ切り抜きで見た。実はどれがジャスティスフリーダムかよくわかってない。

閃ハサ、ドアン島、女性主人公の新作、シード劇場版、全部失敗すると思ったら全部当たっててスゲーな。万博はまぁ…アレだけど…

で、本編。初っぱなシャアの声で笑う。NTハサウェイドアンにもシャアノルマあったなーと思ったけど議長の声ですね。

にしても喋りすぎやろ!

戦闘シーンは相変わらず素晴らしい。色付くんだ!変形するんだ!Zガンダムみてー。

速くするアルター使いみたいな早口の人とモブみたいな顔でブランルタークみたいな声の人、面白いけど劇場版オリキャラなのか元々いたのかわからん。クェスっぽい女もよくわからん

ビグザムみたいなヤツ何か知らんが強いな(プロヴィデンス?でもラスボスがこんなとこいないよな…って。後から調べたらデストロイガンダムってやつらしい)

シンはいキャラしてる

おのころ島って淡路島水星魔女加古川出てきたしあそこら辺になんかあんのか?(万博に合わせたとかでもないだろうが)

からさまに変な一団。クェス2号のキャラ被ってない?

ドアンにもヒャッハーファンボーイかいたなぁ…

ロリマリメイアみたいなポジだけど後半ちっちゃいおばちゃんだったな…これは演技が凄いか

フェンシングノルマだ!

ルナマリアのシンのバカ…なんかうまく行ってないんだなって流してたが、あれシンのベッドと聞いてそういう事だったの??って)

青髪が一々感化されてて面白い。金髪竿役も様子が変。クェス1号が秒で恋に落ちるの、真面目なシーンだろうけど変

戦闘キラ、シン、アークエンジェル全滅は割りと衝撃。クェス2号のヒャハハァが妙に変。正直来るのは読めたけど、そこでズゴックは変だよ!

おーっナチュラルの野蛮な核だ!描写えげつねぇな…

アスランといる女ハッカー?が劇場版キャラなのかよくわからん(調べたらルナマリアの妹らしい。どっかで見覚えがある!髪変えたらわからんな)

Tシャツの一同やアスランキラとシンがボコられるくだり、ハイジャックコメディ映画かってくらい面白い。変な奴らが真面目に変なことをしている。

あっディアッカイザークだ!

廃棄するつって廃棄してない(いつもの)

で、これまでミーアエロい目で見てたけど、ラクス全然そんなじゃなかったんすよ。でも艦長服?の太ももエロっ!て…

おっレクイエム!核対レクイエムって最終回の奴やん!(後からちゃんと調べたらレクイエムじゃなくてジェネシスだった)

ミーティア!いやミーティアがなんなのかよく知らんけど…パーフェクトバックパックみたいな?

ミラージュコロイドやっぱおかしいて

ヒゲオッサンの反抗、ディアッカイザーク気持ちは分かってんのがよかった

カガリで遊び過ぎ!悪ノリが過ぎるぞ!(金髪からカガリだと思ったらステラって奴らしい。ララァ的なキャラかと思ったらロザミアっぽい。でもあの演出はええんか?)

ズゴックからガンダム出てくんのはおかしいだろ

百式?(後で調べたらアカツキらしい)

舞い降りる剣のやつだ!

しかしそのパイスーはキツいて!瞳孔開いて2ショットは恐いて!

青髪は生き残るかと思ったけどダメだったか強化人間ジンクスあるしね…ちょっとだけ報われたけど

クェス1号は助かった

野外露出で〆。最後に歌うよ~♪

結論、詰め込みぶりと勢いが凄かった。

シンエヴァみたいな感じかと思ったらジオウOQみたいなノリだった。

でもコーディネーターやデスティニープランみたいな、社会最適化された人間のほうが素晴らしいよねって主張に愛とか人間はそんなんじゃねーぞって反論してる感じが良かった

一人でかかえこむな他人を頼れとかもあるし

味付け濃すぎて上書きされてる感もあるが

2024-01-30

ネタバレありガンダムSEED FREEDOM感想

見てきた。SNS感想をさっと見たがまだ出てなさそうな話をしたい。

キラ

キラがシン達の眼の前で彼らを指して「弱いから」と言うところのキラのいけすかなさが印象的だった。

「サイが僕にかなうはずないでしょ」というSEEDでのセリフ一貫性があって、何かの拍子に出てくる本音で、他人能力の部分を見下している。

完璧超人からこその短所であって、キラ人間らしさを持たせるために必要短所なのだろう。

それがアンチを作る要因でもあるかもしれないが、当時も今も新しい主人公像だろう。SEEDを新しいガンダムたらしめた特徴ではないのか。

劇場版本編の話にもどると、あの場ですぐ殴ってくれるアスラン相棒としての価値がですね。

アスラン

頼もしくもありエンターテイナーでもあり。言い換えると今回は葛藤のないキャラだった。

アスランシャアの要素が多分にある。

SEED DESTINYでも途中までゼータにおけるクワトロ立ち位置だった。

黒背景でゆっくり動くズゴッグを見てキラが「アスラン?」と気づくのはオマージュというより笑い要素を含んだパロディかと思った。

真面目にツッコむとキラズゴックのどこからアスラン見出したのか?これが人の愛?

キラと殴り合うのはよく考えたら逆襲のシャアの殴り合いシーンから来ている?これは考えすぎか?

シン

シンがキラに心酔していたのはあまり好きではなかった。

ただ、吹っ切れて戦えている姿が良い。自分目的合致した戦いができていることが良い。

ステラがシンの心を守ったところ、「どんな闇を抱えているんだ」⇒SEED DESTINYでのシンの物語の積み重ねが無駄じゃなかったところにグッと来た。

巨大兵器破壊は間違いなく主人公の功績。

劇場版物語キララクスが中心だったが、キャラクターとして報われたのはシンとルナマリアだと思う。

ルナマリア(というかアグネス

アグネス物語上の役割は、SEED DESTINYでアレだったルナマリア恋愛部分を着地させること。

正直アグネス周りの話は蛇足に感じたが、よくよく思い返してみればあれはクエス・パラヤのオマージュだ。

アムロに興味を持って、拒絶されたと感じて脱走し、シャアにその価値を見出される。

ライジングフリーダムイモータルジャスティス

スポンサーから押し付けられた枠か?Gアーマーの合体シーンやシュラク隊を思い出した。

ジャスティスに至ってはアスランに乗ってもらえずシンにディスられる始末。

サプライズだった。新しい試みとして肯定したい。

MSその他

デュエルブリッツデスティニーカラーリング(これは鑑賞後にSNSで見た情報)など、テレビ版で退場した機体の要素を、そのパイロットに縁のあるキャラが受け継ぐところが良い。

デュエルアサルトシュラウドないと他より特徴がない部分をブリッツ要素でカバーとしてるので、なんか説得力あった。

でもわざわざ旧型のデュエルバスターを核エンジンにしてコクピット周りをザク系統にするのは非合理だよなと。合理性よりお祭り感を演出する分には良し。

インパルスのシルエット全部来て良い。カラーリングアップデートは何か元ネタあるのか?

ミーティアデスティニー換装など、外部装備の共有はなんかガンプラ系の番組表現っぽかった。でもガンダムってそうだろう。

全体的な話

視聴者にとって悔いが残ったところをキチッと終わらせて、キャラクターやメカの見せ場をこれでもかと出し切る。お祭り同窓会

復活のルルーシュグリッドマン、シン・エヴァンゲリオンなど、最近TVアニメの完結編としての劇場版は大体そうだし、そういうものが求められているというか、これが完成形なのではないか

それから今作は平成逆シャアを予想して挑んだが、要素ががあるような無いような。この辺は解読力がなくて、教えて欲しい。

2024-01-28

anond:20240128190529

いやいや、ファーストガンダムからそうだろ。1話だか2話だかぐらい早々にシャアガンダムに対してモビルスーツ戦艦並みのビーム砲を持たせてるのか的な驚愕するシーンがあったはず。

2024-01-18

はてサ肛門が真っ赤に充血しちんぽを欲しそうにうごめいている

まるで全てを欲しがるアースノイドではないか

シャアは言った

2023-12-31

ベトナム戦争のころ、子供向けテレビ番組の悪役は、ショッカーなり死ね死ね団なり、個性のない比較ダサい集団だった(しかし実際はベトコンが勝った)

これが終わって米露の冷戦時代になると、悪役はカッコよく描かれる(機動戦士ガンダムシャアのような)。

ガンダムは根強い支持を得ているし、ソ連ロシアになったものの、反米姿勢は変わらない。

80年代円高のフワフワした中で、お笑い強気とんねるずダウンタウンアメリカ共和党タカ派だったし。

全体に景気が良かったが、隣の人より1円も得したでみたいな感じでバブル自慢。

どこか間違ってるんだけど。

2023-12-17

年末大掃除

jQueryとかPrototype.jsとかサイ本とか捨てたるわー。

これでフロントエンドエンジニアだった過去におさらばだ!

かにCSSの本とかオライリーの本とかも捨ててやる。

「行けっ!アクシズ!忌まわしい記憶と共にっ…!」のときシャアの心境、わっかるわぁ

なお、React系は電子書籍で眠っている模様。

2023-12-11

anond:20231211161609

ワンっ!

…オマエはもう、聴いている

ミンキーヤス「『逆シャア』、アムロシャアの痴話喧嘩に終始してたという印象」

是枝Dの愛娘はC子ちゃん

3rdアルバム時代的にそこそこ良曲あったとおもう…

ガンダムってさ、

シャアがどうだの、アムロがどうだのってそんな表で活躍してる人ばかり取り上げられてる感じがして、

その戦ってる戦線物資武器補給とか(さすがに物語でもそういうのは描画した方がいいと思うので)

そういう裏方の人も戦ってるんだ!って

そこに脚光を浴びさせてもいいんじゃないの?

きっと裏方も壮絶な物語があると思う。

2023-12-09

シャア男性

婚活スーツの値段の違いが、結婚成立の決定的差でないということを教えてやる!」

「(婚活は)まだだ、まだ終わらんよ!」

「見せてもらおうか、アラサー女性ドレススーツの性能とやらを!」

2023-11-23

anond:20231123095458

シャア「…いい女に、なるのだな。アムロ君が呼んでいる」

これが引っかかって引っかかってしょうがなかった当時

通りいっぺんの一般論で妹の幸福最期()まで願う、そんな当たり前の美意識?が「あの」シャアに残っているかぁ~?って

そうすることで無理やりアムロとのニュータイプとしての世代差を表したかったんだろうか

2023-11-18

anond:20231118183743

全く関係ない話をするけど、アニメで敵キャラが猫に近づくと猫が「シャアアアアア!」と威嚇するシーンが何故か多いのを思い出した。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん