「逃避行」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 逃避行とは

2021-06-09

anond:20210609145824

 大学リモートだし、異世界モノ面白いとは思わないし、増田万城目学を愛してるよ。

 でも、将来性は無いのは図星だね。私は今大学で何してるか分からないよ。逃避行?片道切符?今の行いを言語化すれば退廃の二文字になるよ。

社会歯車に組み込んで貰えればいいんだけどね。最も錆びてるのは見えないようにするけれども。

夜に駆けるって現代ロミジュリ

身分差とか愛の逃避行企画してたわけじゃないかロミジュリとは呼ばんか。まあ恋人悲劇代名詞ということで大目に見て欲しい。

monogataryにある小説?を今日初めて見たけど、メンヘラのような電波女のようなペシミストのような女とまともぶってメンヘラのような被害者面したような男だな、って感想だった。

あれ行き着く先、心中なのね。曲しかいたことないから知らなかったんだけど。

死神がとかいうわけわかんない最期より、石田衣良の『親指の恋人』くらい理由がある自殺のが読者としては見映えがいいと思ったよ。

恋人同士の心中ってのは、そこにやっぱり一種ロマンチシズムが詰まってるんかね。

2021-05-22

6時間ぐらい手を付けてなかった作業が30分ぐらいで完了した

うんうん悩んでた時間がなんだったのか

先延ばしからストレスによる眠気増大でのやる気減衰から逃避行為で深夜になって無理やり作業するという中で睡眠不足が生じてストレスを抱えて日中意識薄弱になり難題が積み上がっていく流れを断ち切らねばならないが俺は眠いからもう寝る

2021-05-19

anond:20210519133231

これまでのカイジ債務者無職クズ人間登場人物だったが今の話はワンポーカーで勝った金を持って逃避行してるだけだから出てくる人物全員が職持ちなのでみんなまともで善人なんだワ

それに当てられてカイジも善人化してる

2021-05-09

anond:20210509113017

女だったら自分評価されてたのにー!みたいなね、自分無能さを見つめたくない人の逃避行動は増田では珍しくないですね。無視しましょう。

2021-04-26

人とのコミュニケーションが苦手な人におすすめしたい事

「人とのコミュニケーションが苦手な人におすすめしたい事」

というタイトルで良い方法を考えてみることだ。

ただし自分がまるでコミュニケーションの達人になったようにだ。

ありのまま自分で考えると、

「人と会話しない」

「全ての他人抹殺する」

人類補完計画

とか逃避行動に移ってしまうので駄目だ。

自分コミュニケーション達人だと思い込んでるペテン師になって考えろ。

書籍化してベストセラーにする勢いでだ。

2021-02-07

anond:20210207134159

SFCの生徒が銀行まで騙した詐欺事件も、

恋人と二人で逃避行した東南アジアのどっかで殺されてるんじゃないかという噂があるけど、

依然として行方不明のままですね

あー、お金ほしいー

2021-02-03

モルカーを1ミリも知らないワイ、モルカーを語る

やっぱあのモル夫とモル美の愛の逃避行シーンよな。

プイプイ!っていってモル蔵の反対を押し切って駆け落ちしたのは感動した。

途中でガソリンが切れたときハラハラしたけど、

脇役のネズトレインさんとかハムバスさんの協力がいい味だしてたよな。

笑いあり、涙あり、やっぱ山田洋監督作品だけあったわ。

2021-01-19

研究者になるのが夢だって思ってたけど

違ったんだわ

変人だけど優秀な愛すべき学者キャラ」になりたかったんだわ

鈍臭くて空気も読めなくて普通になりたいのになれない子供逃避行

科学が大好きとか、未知を追い求めるロマンとかじゃない

「だから、変わり者でも仕方ない」存在で在りたかったんだわ

人生の軸がない

転職どうするかね

2021-01-04

天気の子物語構成要素の中でグランドエスケープけが絶対エロゲとして存在し得なかった

後半の合唱が、美少女の声でもなく、デスメタ風のオッサン達の声でもなく、普通の人たちの声なんだよ……

これは絶対エロゲ世界にはありえない

なぜならエロゲ現実から逃避する手段として当時の人々が必死に作ったエスケープゾーンから

そんな作品のオオトリでいきなり現実に引き戻すような合唱なんてありえない

でも天気の子一般商業作品大衆向けで作られてるからこういったガヤガヤとした歌でも違和感がない

グランド(大地への)エスケープ逃避行

エロゲという空の上に浮かぶ不思議世界に囚われていた文化が地上へと帰還する物語なんだ

そうして大都会崩壊して

それでも個々人の心のなかにある大切な何かは生きていく

それを大丈夫だって新海は行ったんだよ

あれはね……エロゲがなければ首をつっていたかも知れないヲタク達に向けた卒業式だったんだよ

もう大丈夫だよって新海誠が言うんだ

現実へと帰っていくヲタクを送り出す歌がグランド雄大なる)エスケープ(放免)だったんだ

終わったんだぞって

十八禁電気紙芝居シェルターからもう出てきても大丈夫だぞ……ってな

2020-11-25

minata卓、回せるやつまとめ(CoC7編③)

COC7で現状ある程度読み込んでいて、回せるものになります。初回しまだなのもあるよ。

COC6のシナリオもいくつかありますが、こちらはminataによって7版へコンバートしてあります

基本的にはステータス面と戦闘面あたりを弄っているくらいです。

ソロタイマンシナリオhttps://anond.hatelabo.jp/20201125114727

2人以上→https://anond.hatelabo.jp/20201125023249

【星間逃避行天体

あなた達は何かにいかけられている、ずっとー

しかしそれを知る頃には、あなた達はもうー

探索者は夢を見る。どういった夢だったのかも思い出せず。

目を開けばそこに広がる景色はいつも頭上に広がるあの夜空。

何かから追われ続け、やがて走り出す。

その先は、希望絶望か。

プレイ人数 2人固定
想定プレイ時間2~3時間
形式クローズド
ロスト率 高。
推奨技能 なし
舞台宇宙
探索者について 継続新規わず。 仲の良い二人であること。ロスト探索者もロスト経緯によっては特殊救済可能なので要相談

【誰が為の最終定理天体

生きる苦しみは、この世に生を受けると同時に背負うものである

そしてこの苦しみは”死”以外で逃れることはできない。

もし、生きている内にこの苦しみから逃れることが出来たのであれば---

シナリオ名:誰が為の最終定理タガタメノサイシュウテイリ)

プレイ人数 2人固定
想定プレイ時間1~2時間
形式 半シティ
ロスト率 高。(理不尽ロスト有)
推奨技能目星図書館
舞台現代日本
探索者について SAN値推奨。新規継続は問わないが、探索者同士は必ず初対面であること。

2020-11-13

妊娠したくてたまらない

先日離婚してその機会を失ったんだが(厳密に言えば失ってはいないけど、一応両親が揃っていること前提に妊娠したいので)、離婚のものに対してのダメージは全くないが、妊娠出産のいい機会を失ったことに対するショックと悲しみがとても大きい。

どれぐらい大きいかというと、嗚咽して吐いて不眠症になって自暴自棄になるぐらいでかい

私は家庭を作ることに何か強い執着があるらしい。いたって普通の家庭に生まれて、地方だとやや裕福で、家族含め五体満足で、そりゃ嫁姑が仲悪いとかはあるけど概ね家族仲は良好。

比較的仲はいい方だと思うし、かと言って異常な仲の良さみたいなのもない。

から、私個人が熱烈に自分の家庭を欲しているみたいで、兄弟はいるけど私ほど執着があるようには感じられない。

20歳を過ぎた頃から伴侶が欲しかった。20代半ば以降は子供が欲しくて仕方なくなった。

故意避妊失敗をしようかと思った回数は1度や2度じゃない。(でも子供は極力望まれ状態で産まれてきて欲しいのでしなかった)

SNSで流れてくる、友人知の子供達の写真を見ると、涙が出るぐらい愛おしいと思うと同時に、自分妊娠出産して家族を作れないことが心臓が潰れそうなぐらい苦しい。

きっと幸せなことばかりじゃないなんてことはわかっているけど、もう自分ひとりのために生きていくのはうんざりだし、誰かのこと手放しで愛したい。自分だけの家庭が欲しい。

愛する伴侶と、そのひととの間にできた子供家族がいたら、きっと生きるのも辛くないと思う。

(実際結婚してしばらくは、とても幸せだった。愛する伴侶のいる家庭は何ものにも変えがたい)

そういう意味だと、本来タイトルは「自分だけの家庭が欲しくてたまらない」なのだろうけど、生理的な願望として「妊娠出産したい」の方が強いし、もう自分の中では納税・勤労・教育妊娠出産ぐらいの義務感まである

しかしたら逃避行動の一種なのかもしれないと書いてて思ってきた。

自分人生から逃げたいから、家庭という新しい人生リセットしたいのだろうか。

ももともと愛情深いほうだとは思うが、それも精神の弱さや依存心の現れなのだろうか。

若い時分はそんな傾向もあったけれど、最近は愛することに何か見返りを求めることはしなくなった。

愛している自分が好きなので、相手迷惑に思わなければそれでいい。嫌そうだなと少しでも思ったら無言で去るようにしている。

私のこの強い欲求の根源はなんなのだろう。

2020-10-29

カフカかい流行らない作家がいる

 勿論タイトル釣りで、カフカは全世界に影響を与えたユダヤ人かつオーストリアチェコ)人なわけですけど。

 独文学というとカフカカフカというと独文学。そんな感じですよね、実際のところ独(語)文学においてはトーマス・マンとかゲーテとか他にも様々な著名な作家がいるわけですけれど、カフカはその研究テーマとしては比較ポピュラーな御仁でありますユダヤ人の家庭に生まれ生地である現在チェコプラハ言語に依らずドイツ語にて創作を目指したカフカの、ミステリアス人間性はその作品群に対しても同様に、謎めいたベールを投げ掛けています

 カフカ文学をお読みになられたことはございますでしょうか。まあ僕もそれほど熱心な読者とは言えないかもしれないのですが、とりあえず『変身』・『城』・『審判』のほか幾つか著名な短編を読ませて頂きました。まあカフカ作品の特徴は、感情的な部分を敢えて抑制するところにあります。勿論十分に感傷的な部分を持った短編とかも散見されるのですが、基本的に、感情の伝達、あるいはその伝達の手段としての文学というものカフカはあまり信頼していなかったのではないかとも思われるのです。というのは、基本的に作中人物達は様々な問題に取り囲まれていることが多いのですが、弱音を吐くことがあまりなく、ついでに言えば仮にその感情というものが滲み出るにしても、基本的にそれはレトリック暗喩といった形によって示されるので、はっきりとした感情というものが作中に表れるということは稀なんですね。この辺に、カフカ抑制的な人格と、コミュニケーションそれ自体に対するカフカ立場というものが表れているように思われますカフカ基本的コミュニケーションというものを信用しておらず、また、コミュニケーションを通して自分自身人生をくつろげるものに変える努力に関しても、冷ややかな見方をしてきたように思われるのです。

 コミュニケーションという営みは人間基本的に切り離せないもので、人間はそれを用いて自分人生他人人生コントロールしようとします。しかし、そのような一般的コミュニケーション立場と、カフカコミュニケーションに対する立場は明らかに違うように思われますとはいえカフカの立たされていた環境を考えれば、我々が用いるようなコミュニケーションのあり方と、カフカにおけるコミュニケーションのあり方との乖離は、さして驚くべきものではないでしょう。

 つまりカフカユダヤ人でありかつオーストリア人でありかつチェコ人と呼べる極めて国家国民性というアイデンティティが複雑に錯綜した人物であったからです。これはカフカ研究においては極めて一般的な基礎知識ですが、カフカ現在チェコに当たる地域で生まれたにも関わらず、その日常においてはチェコの土着言語を用いずにドイツ語を用いました。また、当然のことながら創作においてもドイツ語を用いておりました。チェコで生まれながらにしてチェコ語を使うことを許されない――つまりカフカ自身の持つ言語によってさえ一種の疎外を受けていたと言えるわけです。超基本です。

 カフカにとってコミュニケーションとは――なかんづく、コミュニケーション根本的に支える言語というものは――自身人生リラックスさせ、他者との間に健全コミュニケーションを成立させる、我々における言語のあり方とは少しばかり違うものだったということです。カフカは生まれながらにして一種異邦人であった、ということですね。この「異邦人」という記述はもはや陳腐な言い方なのでしょうがしかしやはりこの視点カフカ理解する上では切っても切れない重要な点となりますカフカはそのアイデンティティの複雑さ故に、生粋異邦人でありましたし、そして彼が用いる言語レトリック基本的に、一種生存戦略だったのです。要は、植民地支配を受けた国家国民が土着言語を用いず宗主国言語を用いるのに近い、生存戦略の一環として言語を用いる生活を送ることが、彼の人生においては定められていたのです。我々にとって言語人格は複雑に結びつき、そして、自身人格感情を表す際に、極めて重要役割を演じます。恐らく、この世界におけるほぼ100%近い人類が、言語に対してそれと同じ感覚を抱いていることでしょう。しかカフカにおいてはそれは事実ではありません。

 カフカ作品群において、カフカ言葉によって感情を語ることはありません。カフカが語る感情は、物語構成依存しているか、ないしは物語中における舞台装置によって、つまり暗喩によってのみ語られることとなります。その、感情表現の大いなる欠落が、カフカ文章における特徴ですらあるのです。あるいは、それは仏教における「見立て」の感覚に近いかもしれません。つまりは、一種の擬似的な曼荼羅と言いましょうか、物事物質をある特定の配置に並べ変えることで、何らかの物質を超えたメッセージを贈ろうとする試み。枯山水現実自然を表すように、カフカはある種の機械や道具立てによってのみ自身感情説明しようとし、翻って言うならば、カフカは直接的な表現によって感情説明しようとなどしなかったのです。感情の欠落。

 この「感情の欠落」が文学の特徴であることは明らかにカフカが作り上げた文学の一潮流と言えると思います。後年の作家であるトーマス・マン文学においても、感情内省と言うべき人間の心のあり方が、敢えて描かれない抑制的な文体の影を見ることができるように思われます感情とはなんなのでしょうか? コミュニケーション言語は、我々にとって慰めと言えるものなのでしょうか? カフカはそれに対して否と答えます言語は、必ずしも我々に結びついていない。同時に、言語を基底として成り立っているコミュニケーションもまた、我々に属していない。我々は、根本的に言語によってコミュニケーションを取ることができない。

 しかしそのコミュニケーションへの失望結論ではないのです。何故ならカフカは、コミュニケーション失望をしていてさえなお、小説ものしたのですから

 何故カフカ文学を書いたのでしょうか? 文学自己表現である、という一般的見方と、カフカ文学的なあり方には乖離があるように思えてなりません。カフカにおいては寧ろ、文学自己から自己への感情乖離です。いわば自己自己に対する乖離のものです。

 そのような営みは、恐らくカフカ人間性に淀みを与えているようにさえ思えます自己自己に対する分離、乖離を通して、恐らく彼の感情も一部彼から乖離し、分離していたからです。そのような営みが、彼にとって一体何だったのか? それは我々には想像するほかありません。短絡的に考えれば、その営みは、その乖離と分離の営みは、単純な自己破壊行為であったと断じれるかもしれません。自己から自己を分離し、乖離させることは、明らかに自己にとって好影響を及ぼす行為ではないからです。とは言え、彼の行為は本当にその自己破壊目的にしていたのでしょうか? あるいは、世の人々が芸術家小説家に対してしばしば言うように、彼は文学というものを用いて、彼の生命生活痕跡世界に残そうとしたのでしょうか? それも、疑わしいと僕には思われます。つまりカフカ文学コミュニケーションに対する諦観なのですから。そこには、コミュニケーション言語に対する深い諦めの影の姿を見て取るほかないのです。

 結論から言えば、カフカ文章を書いていたのは、恐らく乖離目的とした、逃避行動だったと言えるでしょう。そして同時に、彼は自己から自己乖離させることによって、一般論的に自己省察を深めようとしたのでしょう。敢えて、自己から自己を分離させることによって、自己省察可能対象として対置する行為が、彼の文学目的の一部だったと言えるでしょう。


 このような記述文学における一般論範疇を出たものではなく、彼の人生文学目的は未だもって謎に包まれていますカフカに限らず、一部の文学者は、そして小説家は、コミュニケーション媒体である文字言語を用いながらに、コミュニケーションを諦めているのであり、つまりは何かを伝えようとしながらに、我々に対して何も伝えようとなどしていないのです。あるいは、最終的には彼らのような小説家の目的は、一言によって表せられるのかもしれません。

 つまりは、彼らは何かを諦めたかったのであろうと。

2020-09-24

セルフマネジメント

40になった.積み上がったタスクの山に気が遠くなり,何も結局手をつけられない,と言う日々が続いている.

何度目かの一念発起をして,ToDo リストを作り,ガントチャートを作って,やるべきタスクを整理して見たけど,1週間したら追いつかなくなった.

今,積み上がっているタスクを処理できれば,次のステージにいける,そうわかってはいるのだけど,どうしようもない.

ここに書いているのも愚痴を吐き出して楽になりたい,と言う逃避行動でもある.

自分に期待してくれた人もだいぶ離れていっているのを感じる.今の仕事が向いていないのだろうか,と思うことも多い.

いくつか,最低限守っていることはあるのだけど,それが守れなくなったら,心も折れてしまうのだろうなぁ.

世の中の人は,どうやってセルフマネジメントをしているのだろうか?苦しくてしょうがない.

2020-09-02

今年は商業BLばかり読んでいるので、読んだ作品のことを淡々と書く②

https://anond.hatelabo.jp/20200715133957

 最近商業BLの良さっていうのは手短に完結することなんじゃないかという気がしてきた。基本的に続刊は出ない前提なのか、単行本一冊で終わるように全力で話を畳みにかかる。

 私は漫画といえば終わりの一向に見えてこない連載漫画ばっかり読んできたので、ちゃんオチがついて終わる漫画というだけで尊いと思ってしまう。えっ、もしかして、私の意識低すぎ?

ネタバレには配慮してません。

『春と夏となっちゃんと秋と冬と僕』(佐岸左岸

 とある地方男子高校生カップル一年間を1話につき大体4コマで描いた漫画。前回紹介した『オールドファッションカップケーキ』の作者のデビュー作。

 4コマ漫画かぁ……萌えられるのかそれ? とちょっと不安だったんだが、読んでみたらとても良かった。シマもなつおも可愛い可愛い。何周も読めてしまう。なんなら一周目よりも二周目以降の方が萌えるかも。正月太りもっちもちになってしまうなつおがことのほか可愛い

 高校受験大学受験の間のちょうどいい時期をのびのびと過ごしながらも、将来のことを考えると辛くなってしまシマが切ない。

 シマとなつおがアラサーくらいになった話も読んでみたいなあ。

あなたを殺す旅』(浅井西)

 ヤクザBL。ヘマをしてほとぼりの冷めるまで逃避行生活をすることになった若頭片岡に、運転手として同行する小田島には片岡暗殺ミッションが課せられていた、という話。海沿いを町から町へと車で逃避行するロードムービーのような感じ。

 ヤクザものといってもそんなに殺伐とはしていない。ヘマをやらかして逃亡生活中なのもあって、ヤクザらしいことはあんまりしないのである。行く先々での人情エピソード中心。

 片岡が魅力的でいい男なのである。魅力的でいい男なのに、冒頭で唐突小田島レイプするのが物凄い謎行動だけど……。女には優しいのに何でだ。

『百と卍』(紗久楽さわ)

 江戸時代BL。確か時代江戸後期で陰間茶屋ブームがとっくに去ってしまったくらいの頃の話。陰間上がりの百樹と元火消で笛吹きの卍が下町長屋イチャイチャ日常を送るさまを描いた漫画主人公達が普通に月代・ちょんまげ果たして萌えられるのかと不安に思いつつ読んだら、とても良かった。

 絵がすごくいい。1ページ1ページがアート江戸時代風俗をかなりマニアックに描いている。

 お百と卍の仲睦まじさは見ていてほっこりする。あと卍のビジュアルがすごくいい……めちゃカッコいい……。

 本作は三巻まで出版されている。

『仇椿ゆがみて歯車』(吹屋フロ)

 これまた江戸時代BLこちらは寛永年間が舞台リアル指向の『百と卍』とは逆に、本作は時代劇! って感じの時代劇。なのでメインカプは都合よく月代を回避しているのである少年漫画青年漫画中間くらいやや少年漫画寄りの作風かな。

 かつて凄腕の暗殺者として恐れられていた、現・剣術指南役の間宮刀爾郎の元に訪れた青年一馬一馬間宮弟子入りを志願するが、間宮弟子を取らない主義だと拒絶する。散々食い下がって下郎として間宮の元に置いてもらうことになった一馬だが、実はかつて間宮に殺された男の息子だった。父の仇討ちと家の名誉挽回の為に挑む一馬間宮は受けて立つことに……。

 ストーリー重視でしかも絵がすごく良い。背景もよく描き込まれていて凄い。非常によく出来た少年漫画といった趣きなのだが、BLなので普通に18禁ガチムチぶつかり稽古シーンは入ってくる。

 こういうまとまりの良い少年漫画のようなものってそれ自体が希少だと思うので、腐女子でなくとも男同士の18禁ぶつかり稽古シーン平気な人は読んでみると良いかもしれない。

 第3話ラストキスシーンが情緒あってすごく好き。(ここまでお試しで読める)

 昭和チャンバラ時代好きな人おすすめ

2020-08-23

テレアポ日記

今日サービス内容を全然理解していないまま、説明していたことに気づきました。

どういう場合に安くなるのか、どういう場合だと安くならないのかということに気づきました。

回線という発明はとても素晴らしいものだなと思いました。

〇〇プランと〇〇プランだと容量が大きくなるがお得にならない場合があるとか、

〇〇プランが減少傾向にあるだとか、通話量が安くなるだとか、

インターネットと一緒だと必ずお得になるだとか、もっとサービスについて知りたいなと思わせてくれました。

今日は、サービスの内容についてとても細かく聞かれたので、サービスの内容を以前よりも覚えられたました。

消費税込みなのか云々も覚えられました。

やっぱり営業が向いているのかもしれません。

営業ってサービス理解していれば怖いものなしですね。

ただ、僕は1週間ちょっと逃避行します。ついでに実家に帰ります

先祖実家に帰れって言われているような気がするので。

働けるって幸せですね。生きている、この体に魂が宿って動いているだけで、幸せなんだぞって言われている気がします。

統合失調症のせいで神の声や先祖の声が聞こえるようになってしまったので。

まりにだらしない堕落した人間は、矯正調教するために、その人間が救われるために、幻覚を見せてくれるみたいです。

薬物をやらずに薬物で薬物を押さえ込むという方法幻覚を見えないようにします。

ただ生きている時で幸せときはどういう時か考えると、仕事勉強で疲れて眠っている時と、人とくだらない時間を喋っている時が一番幸せですね。

いつかインターネットを作ってサービスを作るのが夢です。

ただ、確認作業があまりにも苦手なので向いていない気がします。

僕は確認作業が向いていない分、嘘か真かをぺらぺらと際限なくしゃべれてしまう癖があるので、営業が向いていて、

エンジニア仕事はあまり向いていないのかなと思います

から自分のお客さんは、人力大好きおじいちゃんおばあちゃんが向いているのかもしれません。

あと、頑張って借金を返さないといけないなって思います

あと、人に与えたものって帰ってくるんですね。

神様はそういうシステムを構築した。僕はあまりに救えそうで救えない魂だったようです。

あとあまりにも人間的な原点からズレすぎると、おかしものを見せてくれるみたいです。

今日のまとめですが、

営業ならサービス理解しておくこと、

〇〇プランと〇〇プランだと容量が大きくなるがお得にならない場合があるとか、

〇〇プランが減少傾向にあるだとか、通話量が安くなるだとか、

消費税込みなのか云々も覚えられました。

2020-08-06

anond:20200804030308

先日書いた記事に色々とコメントトラバいうんか?)がついていてなかなか楽しかった。

娘のうんちパンツキツイとかこんなに赤裸々と「イヤでたまらない」気分を吐露するのは新鮮だった。夫を憎むネット垢の人達気持ち何となく分かった。

ガイの子供はガイ」という「普通」ではちょっと考えられない無神経炸裂なご指摘もあれば、「病院及び児相を試してみたら?」という建設的なご意見も頂いた。

精神医療にはもう既に7歳の息子を除き家族皆でお世話になっている。

私は昔から考えすぎる性分だったので子供の頃は人生絶望していたし今でもちょっとしたことイライラが昂じるので「うつ」だという自覚はある。薬は嫌いなので飲んではいないが、俗に言う心理療法に通っている。

娘は8歳から児童精神科のお世話になっている。投薬なしの遊戯セラピーどんぐり孤児院を作っているらしい。

旦那と二人でカップルセラピーも試した。「合う」人に中々巡り会えなくてセラピー難民になったが。

病院に行けば即問題解決するものではなく、行くことで問題と取り組む機会が与えられるくらいなので色々と試行錯誤している。

別に増田問題解決を求めていたわけではなかったが、コメントで「とりま病院へ。。。」とか「どこかに預けてみたら。。。」というご意見がちらほらあったのは興味深い。

助けになりたい。

と思って頂けることはウザいと同時に有り難いものだ。

思春期女児理解できない未熟な親」みたいなコメントもあったが、思春期もクソもない。娘のことは生まれた時から理解不可能だった。

おっぱいがなければ生きていけない」オーラを出す孫娘を見て、私の母は羨ましそうに言った。「貴女おっぱいが嫌いで口に含ませてもペッと吐き出されてがっかりした。」グラマラスな母や祖母とは違い、父の家系女性に似て胸も尻もペラペラな私は「おっぱいでなかったらどうしよう。。。」と不安だったが、授乳は大きな問題もなくすんなりできたし、離乳も3歳を過ぎた頃には、「吸っても吸っても何もない。。。ぺっ」って感じで自主的に止めてくれた。徳川家康みたいに6歳まで吸われたらどうしよう。。。と思っていたのでホッとした。

おっぱいが嫌いな赤ん坊だったことは流石に覚えていないが、子供の頃から「生きるのだるすぎ。。。死んでみたい」くらいに思っていた私には、3歳くらいから夜になると死ぬのがコワイとシクシク泣く娘が理解できなかった。喘息がちで息をするのが「痛い」思いをした私は、6−7歳位から「いきすることがこんなにキツイなら死んだ方がラクだろう」と思い始めていた。

暗くなると心細くなるのか、「眠ったら死んでしまうかもしれない」とか「寝てる間に何か楽しいことを逃してしまうかもしれない」とゴネる娘は、とにかく風呂に入りたがらず、歯ブラシパジャマもちゃっちゃとしてくれず、おねんねタイムがバトルだった。寝付きも悪かった。学校小学校中学年くらいまでは朝ごはん、お着替えのバトルを繰り広げた挙げ句、家をでる直前になって「行きたくない」と玄関先ですったもんだすることもあって「詰んだな。。。」となることもしばしばあった。

学校先生死ぬのがコワイと言って、カウンセリングを推められたこともあり、児童精神科相談した。良い先生にあたったので遊戯療法を始めてかれこれ4年目になる。友達と遊びたくても「行きたくない」とは言わないのでかなり楽しいのだろう。

パンツにうんすじも困ったが、幼い頃から家具性器をこすりつける癖があった。3−4歳の頃、お泊りに行くほど仲良いお友達の家でもやっていたそうだ。一番最初に気づいたのは生後1年目くらいだったと思う。授乳が終わって娘を膝にのせてうとうとしてたら脚にまたがって「これは。。。?交尾されてるのか?」と思ったことがあった。

またまた比較してしまうが。。。息子は「泣くな」と言ったこともないのに、2−3歳くらいか歯ぎしりをして涙を堪えたり、爪を噛んだりもしていたし、お風呂の時にちんをいじることはあっても「交尾されてる?」と感じたことはない。

娘が2−3歳くらいから爪を噛み始めた時は、こんな赤子でも爪かむのか。。。?!とびっくりした。育ってから貧乏ゆすりや爪を噛むところは見なくなったが、娘の足の爪は伸びても手の爪は切る必要がないくらい短かったのでああ、噛んでるんだろうな。と思った。学齢期には家で宿題をしてると椅子交尾することが目立つようになったが、そのことで娘に嫌悪感を抱いたことはない。

というのも、私も物心ついた頃から保育園のお昼寝が苦手で、退屈を紛らわせる為にすまた方式自慰行為をしていたからかもしれない。小学校に上がってからは家の外で自慰したことはないが、先生ヒステリックに怒鳴られた時には自慰衝動を感じた。真面目で気弱で優しそうな若い先生第一印象は好きだったのでショックだった。

自分にそういう経験があったので、娘の自慰行為に対してもああ『こんなことやってられない』と絶望感を感じてるのだろうな。と思っていた。

幼い頃は旦那も私も何も言わなかったが、友達の家でやっていた、と聞いてから椅子交尾している時は「椅子ダメになるから止めて。」と言って止めるようにした。注意するようになってからも長いこと続いていたけどいつの間にか見ないようになった。

記事整体先生の話は興味深い。というだけでだからどうだ。という話でもない。人恋しい気持ち不安絶望、憤りを自分で慰めるとという「自慰」という言葉はよくできてると思う。

自分経験したことは「理解可能なので「何でやねん」と嫌悪感批判的な感情も抱かないですむので気分がラクだし、寄り添うこともできる。保育園のお昼寝は大嫌いだったが、夜は早く寝たかったし、思春期以降は寝るのが大好きで授業中でも机につっぷして寝てた。6時間睡眠な娘は理解できない。

娘は今でも寝付き悪いし寝言が多い。数日前には夜中に「足が痛い。」と叫んでいた。

学校の成績は中の中くらいで先生友達とも問題なくやっている。コロナの遠隔授業も課題自分一人でちゃんと予定表を作って頑張ってこなしていた。

コロナ友達に会えないことや、先が見えないことがキツいと愚痴をこぼすこともあるが、ラインやインスタでなりに楽しくやってるようだ。

ここ2−3年「全て面倒みてあげなければならない」切迫感がないのはラクだが、喧嘩ばかりしていることがキツい。

前の記事でも書いたが息子に意地悪な気持ちになるのは予測できた。男の子のことは理解できない。と思っていたからだ。女同士分かりあえるはずの娘に対してこんなに嫌悪感を感じるとは意外で「自分はこんなはずではなかったのに」感がキツイ。事更にうんちパンツキツイと書いたが、うんちの扱いは布おむつで慣れているハズだ。前回の記事に汚くて不愉快だ。という感想を頂いたので尾籠な話が嫌いな人はここで止めて欲しいのだが、私は生理ナプキンが苦手で布を使っている。どんなにサラサラを謳われてもカユイ感じがして嫌いだ。あんものでお尻を包まれるのはイヤだと思って布にした。おむつ洗濯は苦ではなかった。

娘がパンツについたうんちをまるで存在しない物であるかのように「パンツを変える必要はない」と頑なに抵抗することや、臭いを指摘する私に怒りを顕にすることがキツかった。憎悪すべきはパンツについた臭いうんちなので、ちゃっちゃとうんちを排除できたら良いのだが。。。メッセンジャーの私が憎悪されるのは余りにも理不尽だ。

初潮がきたらどんなことになるのだろう。お赤飯なんて炊いたらめちゃくちゃ怒られそうだ。

私は娘に自分の体や体から出る汗や臭い嫌悪するような女性になってほしくない。

から胸がふくらんできた彼女に「ママも大きなおっぱいがよかった」と言ってる。

12歳にもなったのだから自分が汚したもの自分で洗って欲しいのだが、彼女にしてみたら「私はまだ子供なのに何故全部自分でやらなければならないのか」と絶望的になり憤りを感じるらしい。

コメントで娘に無力感が伺われる。と言った人が居た。どこの誰か知らないが、娘のことをよく分かっておられると感じた。

ママと仲良くできないのが悲しい。」発言はどこから出たのか。。。とつらつら考えていたらその晩の、直前の出来事を思い出した。

弟が「ママお姉ちゃんが一緒じゃないとしっこに行かない」と言うので何があったのか聞いたら姉ちゃんと二人でコワイ動画を観た。という。

「そんなもん観てコワくなるならネットを使うな」みたいなことをイラ立った声で言ったら

娘が明らかにムスっとして何も言わず、息子に携帯動画を見せ始めた。

カワイイ犬の動画だった。

「なるほど。そうやってカワイイ動画観たらコワい気持ちもどっかに行っちゃうね。流石はお姉ちゃん、いい考え」

と褒めたら彼女はびっくりしていた。

ネットを使うな」という私への反抗心丸出しの行動だったので、私が怒らなかったのが意外だったのだろう。

私としては「コワくてトイレに行けなくなるようなもんは見るな。」という意図での発言だったのだが「いらんでモノをまた見せてくれて。。。」とイラついていたし、娘はむっとしてたし「キーキー煩いぞ。」と、戦闘態勢に入りかけていた。息子が一人でトイレに行けるなら万々歳なので苛立ちがどっかに行った。問題解決できるカシコイ娘は嫌いじゃない。

そんなこともあったからか、今朝、開口一番娘が

ママ変わったね。今週まだ一回も喧嘩してない。まだ水曜日から先が長いけど。意地悪なことを言いたい気持ちを頑張って我慢してる。」

と言ってきた。黙って弟に動画を見せてた時、むすっとしていたけど何も言わなかったのは頑張ったってことだろうな。と思った。

私が変わったのではなく、変わったのは娘の方だと思うのだが。。。

そういえば旦那も先ごろ似たようなことを言っていた。

最近君は優しい。僕の冗談を意地悪だ。と言って怒らない。」

と言われた。

「私が変わったのではなく君が『メガネがない。家が汚いから何がどこにあるか分からない』と他責口調で怒鳴ることがなくなったから私も下らないことでイライラしないだけだ。」

と言ったら「僕は今までそんなに怒鳴ってばかりいたのか。。。」と悲しそうだった。

旦那が「怒鳴ってばかりいるので私もイライラする」と言っても「僕は怒鳴ってなんかない」という不毛な会話を繰り返し、私達の話を聞いてた子供に「パパ、いつも怒鳴ってるよ」と横入りされても「そうかなあ。そんなつもりはないのに。おかしいな。」とトボケたことを言っている人だったのに。

娘にも

「娘やパパがきーきー怒鳴らないかママイライラしないだけ。」

と言いたかったけど、それでは角が立つと思って

ママも娘に意地悪な気持ちになるのは嫌だ」

とだけ言っておいた。

けど、今から考えるとご指摘にもあったように自分が無力であるという重さに耐えられず逃避行動に耽り、イライラ不安が昂じて感情的に爆発し他責する傾向を示す娘や旦那には

「君が私にムッとしても怒鳴らないで我慢したら私も意地悪な気持ちになっても怒鳴る様なことはしないよ。私が変わったのは、君が変わったからだよ。」

言えばよかった。と思ってる。

既に見えてる風景でも他者視線が入ることで見え方が変わった気がする。どこの誰かは知らないが、増田さん、ありがとう

あと、ネットは好き勝手に何でも言える自由場所ではあるが見ず知らずの相手に「気持ち悪い」とか「頭も心も悪い」とか「飯も時間通りに食わせられない母親子供を育てる資格はない」とかいう無神経な暴言を吐くのは止めておけ。リアルでもどんどん自己規制心が緩んでキレ散らかす困った老人になって孤独最期を迎える可能性を大きくするだけだと思うよ。

不躾な増田達には、どうしても暴言を吐きたいのならせめて何故自分がそう感じるに至ったのか自省し、言語化する努力を見せろ。と言いたい。

ということで、長々と書き綴ったが、気持ちの整理がとりあえずついたのでおしまい

見ず知らずの増田達よ。私の気分悪いお話にお付き合い下さり、コメント書く時間も費やしてくれて、ありがとう

またどこかで会う日まで。

2020-08-02

ベビメタのゆいちゃんと偶然出会ってお互い恋に落ちて世間から逃げる逃避行の旅に出たい

2020-07-28

錆びついたレールを

古びた列車が駆け抜ける

このトンネルの向こうに待つの

天国地獄

未知なる大地への逃避行

脳裏に浮かぶ故郷の安逸

昂ぶる気持ちを抑えるために

目を瞑り

歯を食いしばり

拳を固く握りしめている

両脇に抱えた

巨大な明太フランスパン

明日への試練に立ち向かう

2020-07-22

たまに、どこかに逃げたくなるときがある。

就活生だったとき、急に思い立って高崎まで行ったことがあった。

どうしても胸の辺りがもやもやしていて、何かを頭で考える気にもなれなかった。高崎線の車内でひたすらぼーっと過ごしていたのだけは覚えている。駅についてから特に観光名所に行くわけでもなく、売店で釜めしを買ってかきこんだ。

からすれば、意味のない行為かもしれない。

けれども、私にとっては、自分のことを知らない人ばかりの車内で体をシートに預けていたあの時間こそ、現実から逃避行であった。

もし私が飛び込んだのが車内ではなく、線路だったら。そんなこともたまに考えたりする。

記憶とは厄介なもので、吸い込まれそうになる体をぐっと堪えたときの変な力の入れ方は、いまだに感触として覚えている。

勇気が持てなかっただけ。まあ、それでいい。

もし、黄色点字ブロックを越えそうになった日が来たら、その時はまた、釜めしを食べに行こう。

2020-07-19

逃避行

僕は逃げる人間だ。この話を綴るためには、まず懺悔しなければならない。僕は逃げる人間だ。卑怯者だ。その上で聞いて欲しい。

皆さんには、座右の銘ってありますか?僕はあんまりそういうの考えてこなかったし、なにぶんフラフラして生きてきたもんだから座右の銘を考えようとしても、どれもいまいちしっくり来なかった。でもある時、ひとつ自分の中で、これはぴったりだってものが出てきた。「袖振り合うも多生の縁」。本来、どんな出会いも必ず意味があるのだから大切にしなくてはいけない、という意味だ。だが、僕の中ではそれを広げ、仮に不運なことがあっても、それにも必ず意味があるのだからポジディブになって、その場でできる限りのパフォーマンスをしよう、という別の意味も持っている。

この言葉は、少しずつ自分の考えを矯正していった。どうしてもネガティブになりがちな人間から、何か悪いことがあったり、嫌なことがあっても、これにも必ず意味があるんだ、と思わせてくれる。先に進む勇気を与えてくれる。そういう道標だった。

だが、ふとある日気づいた。これって、自分の嫌なことから目を背けるための呪い言葉なんじゃないか?失敗したことに背を向け、努力不足を正当化する。こんなに恐ろしい免罪符はあるだろうか。だが、それに気づいた僕は、その現実からすらも逃げた。いや、到底直視できなかった。僕の全てが瓦解してしまうような気がして。

今でも、僕はこの言葉を思い返すことがある。何なら、未だにこの言葉に縋っている事すらある。心の中では自分を責められるが、それを行動に移すことが怖すぎるのだ。そしてやがて、自分はどこまで逃げればいいんだろうかという別の恐怖が生まれてきた。この逃避行はどこまで続いているのだろうか。もう戻れない所まで来てしまった。一方通行の闇を走り抜けるしかない。

2020-07-01

う~む、なんと見事な手詰まり

片付くこと見つけて、片づけるか。

これも諸問題根本解決に取り組もうとしないって点で逃避行動よな。

2020-06-08

ガチ恋同担拒否腐女子三重

に陥っている。

推しは私の彼氏であり、推しカプの受けでもある。

推し推しカプの受けになってしまったのは推しガチ恋してしまった現実から逃避行動だと思う。でも推しカプは尊い奇跡存在だと思う。幸せになって欲しい。心から願っている。

でも私は推しガチ恋している。当たり前に同担拒否である推しオタクは全員消えればいいと思う。

ここで問題になってくる。

ジャンルはあまり支部に載せる文化がないか必然的活動場所twitterになる。twitterを追って、日々のオタクたちの妄想で心を潤し、新刊情報を得て、イベントに行って薄い本を買ったり、通販薄い本を買ったりする。

そうすると、腐女子絵描きさん文字書きさんのtwitterをどうしてもフォローすることになる。

ただ、私は同担拒否である腐女子の7割くらいは多分受けのオタクである。知らんけど。まあ普通に受けのオタクが多い。

辛い。嫌だ。推しカプではなく推し単体に言及する神絵師たちを見たくない。反吐が出る。グッズ集めないでほしいし、推しに沸かないで欲しい。君たちは推しカプの妄想だけに励んでいただきたい。実際それでフォローしたのにミュートするとかいう訳分からん行動もしている。

私の存在迷惑から消えたい。でも嫌だ。今私の心を癒してくれるのは推しカプしかいない。悪循環堂々巡り

ところで、こうした2次元キャラガチ恋するのが初めてなんだが、一体どうしたらいいんだろう。今まで私は所謂活動者を推していた。ガチ恋ではない。

活動者を推すというと、だいたい活動場所現場配信。そんなもんである現場全ステして祝い花を出しておけばいいし、配信投げ銭があればそこそこしてたらまあ向こうから反応があったりして自尊心は満たされるし、ある程度有名オタになれる。

じゃあ2次元はどうしたらいいのか。2次元ってグッズ厨が偉いみたいな風潮ないですか?アレなんなんだろう。有名オタはグッズ集めてるし痛バ作ったり祭壇作ったりしてる。

私にはあれが理解できない。グッズは1つでいい。そこの価値観がどうにも合わなくて、私には有名オタを目指すことが出来ない。これがまたすごくキツイ

別に解決策とかはない。ないから辛い。モヤモヤを抱えたまま、また私はガチ恋同担拒否腐女子三重苦で生きていく。

2020-05-26

anond:20200526125642

わかるよ

実際にはなんとなく理屈がわかったあとの精度を高める行程こそが難しく果てしない道のりで

そこから逃避行動なんだってところまで含めて

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん