「収益」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 収益とは

2017-08-15

https://anond.hatelabo.jp/20170815180023

そもそも実質的な話、消費税って消費者が払う税金じゃ無くて、あくまでも末端事業者が払う税金なんだよなw

から、例えば事業者収益特定金額を満たない場合消費者から受け取った消費税納税されず、全て事業者の懐に入る

まり、消費の仕方によっては消費者納税の義務果たしていない場合があり、それを消費者が感知することは困難であるということである

2017-08-14

個人Webサービス開発して金稼ぐのって実質ほぼ不可能じゃね?

そういえば、Qiitaやら増田やらに『こんなWebサービス開発しました!』って記事がバズってるのは割と高頻度で見る気がするけど、

『こんなWebサービスを作ってこのサービス広告を貼ったら収支+XXXXX円でマネタイズ成功しました!』みたいな記事ほとんど見ない気がするな。

探してみたらあるにはあったが、どれも数千円程度のお小遣いレベルの話だったり。

はてなブックマークテクノロジートップだけ見てても、スマホアプリ収益報告とかはまあまあ見られるし、

互助会が伸ばしてるクソどうでもいいブログ収益報告記事は嫌気が差すくらい目に入る。

なのに、何故にエンジニアにとって需要ありそうなWebサービス開発で稼いだ人の話はあまり聞けないんだろうって俺なりに考えたんだけど、

勿論高度な技術必要な分ブロガーに比べると絶対数が少ないっていうのもあるが、

現状の広告サービス仕様的な問題、っていうのが一番大きな原因だと俺は思っている。

現存するWeb上に貼れる広告サービスで圧倒的に高単価なのはGoogle Adsense。でもこのAdsenseには一つ問題があって、

『不健全コンテンツサイト上に一つでも存在したら即BANのリスクがある』ということ。

まり増田2ちゃんねるのようなユーザー投稿型のサービスに貼るにはリスクが大きすぎる。

一人のユーザーおちんちんランド開園って書いただけで収益0になるリスクがある状態サービスなんて運営できるわけがない。

(ちなみに実際の増田2ちゃんねるGoogle AdSenseを利用しているが、こういった法人運営してるアクセス数の多い大規模サイトGoogleお墨付きが貰えてこの辺りの規約がある程度緩くなるため、ユーザーおちんちんランドと書いたくらいじゃ絶対にBANされない。ただ残念ながら個人じゃこのお墨付きはまず貰えない)

まり広告サービスを単価の安いサービスに変えるか、普通ブログみたいに自分個人投稿するコンテンツを全て管理するような形式サービスにする必要があるみたい。

スマホアプリ広告サービス選択肢そもそも多いし、提供できるサービス形式広告提供の仕方も自由度が高いからこの辺が障壁になりにくいようだ。

個人っていう単位Webサービス開発してお金稼ぐってなったらWELQみたいにSEO評価されるウンコを無理やり量産して互助会とか駆使してバズらせるか、

そうでもなければアイディア勝負っていうよりは新作ソシャゲ攻略情報を地道にまとめていくようなやり方が今のところ一番安全で確実みたいだね。

はいつかWebサービスで一攫千金を狙ってた職業Web屋だけど、本気でマネタイズ目指すならスマホアプリ開発に移行した方がいいのかなぁ……

2017-08-12

一般の人が書いた風情のあるブログが読みたい

唐突ですが私の出身地北海道旭川という片田舎でして、その旭川に住む40代男性と思われる方が書いてるブログが私のお気に入りです。

サフラン放浪記

http://tarmericman.blog.fc2.com/

旭川のお店や行事歴史なんかを淡々レポートしています

故郷情報が知れるのと独特の文体が好きなのとで、登録したRSSリーダー更新があるとウキウキして読みに行ってます

このブログのように、有名人ではなく普通に暮らす一般の人が書くブログで皆さんのお気に入りがあったら教えてください。

いわゆるヲチ対象とかアルファブロガーとか収益目的としたブロガーが書くライフハックとか技術ブログとかそういうんじゃなくて、全く無名な人の生活の断片が垣間見れるようなものが良いです。

例で言うと以下ようなブログです。

チャリカフェ

http://ccc-cc.cc/

これは有名なブログですが、ふじこさんが書く撲滅苦愛も好きでした。ここ数年更新がなくて悲しいです。

撲滅苦愛

https://ameblo.jp/jyoutou/

よろしくお願いします。

2017-08-08

破綻したブログサラリーマン大家太陽光発電日記

毎回のようにエントリーに上がってくるこのブログ

http://taiyoukou-salaryooya.seesaa.net/

新聞テレビなどのネットニュース転載し、一言を加えただけの内容に20ぐらいのブクマが集まる。

その日の発電量を書いただけの記事にもそれなりにブクマがつく。

「先日、ほにゃららとの記事が出てました」という書き出しに一言添えて

転載元記事のURLとコピペ構成される著作権侵害なんのそのというスタイルを続けていたが、

とうとう記事のURLの添付とコピペをやめた。

ほにゃららとの記事が出てました」プラス一言だけになっていた。

http://taiyoukou-salaryooya.seesaa.net/article/452414199.htm

記事の紹介にもなっていないし、ほとんど意味を持たない数行の文章を載せているだけ。

ブクマを集めてもエントリーされなくなったために採った苦肉の策のようだが、

ここまでくるとブログと呼べないだろう。

アクセスを稼いで収益を上げる。

仮にそれだけが目的だとしても、もう少し何とかならなかったのか。

いくら何でも手を抜きすぎ。

新しい手抜きスタイルを思いつくまでの暫定措置なのかもしれないが、

明日もあさってもしあさってもブクマは集まり続けるのだろう。

何とも素敵なことだ。

2017-08-03

男性のいない素晴らしき新世界

高校時代からずっと抱いている考えだが、現代世界男性不要だと思う。

ある種族繁殖可能な数はメスの数によって決まり、オスは優秀なのが一匹いればよい。その他のオスは不要。だから多くの哺乳類一夫多妻制。人間けがなぜか基本的一夫一婦制人間祖先類人猿危険サバンナで生きていくために夫婦で協力せざるを得なかったためらしい。

アンコウの仲間にはオスがメスの10分の1以下の大きさで、メスの体に寄生しているものがいる。カマキリのメスは交尾後にオスを食い殺す。蜂や蟻は殆どがメスでオスはわずしかいない。

現代人は狩猟に出かける必要がない。機械の発達した現代では、男性でないとできない労働存在しない。軍隊にすら女性兵士女性将校がいる。男性女性より体力面で勝っているが、狩猟採取時代と違い、今日では男性の体力や筋力はなくてもよいものである

しかも、現代では精子の保存が可能だ。夫の死後に夫の凍結精子を使って子供を産む女性がいる。

妊娠出産授乳女性しかできない。男性育児参加が進んでも、男性女性に取って代わることはできない。育児に参加しても、男性は細やかさで女性に敵わないだろう。

男児育児女児より手がかかる。男児協調性社会性に欠けるためトラブルが多く、事故病気男児の方が多い。大人になっても男性は、犯罪率が女性よりはるかに高い(8対2だという)。100人以上いる死刑囚のうち、女は6人しかいない。殺人強盗暴行も、加害者殆ど男。強姦痴漢強制猥褻で捕まるのは全員が男。暴力犯罪被害に遭うのは男も女もいるが、犯罪を起こすのは決まって男。セクハラをするのも男。過労死社会を作ったのも男。赤ん坊子供暴力をふるうのも男が多い。戦争をするのも男。

女性は、学校でも会社でも互いに助け合う。男性攻撃心が強く、互いに蹴落とし合って出世を競う。女性コミュニケーション能力が高く、知能も優れている。男性中心社会が作り出した文化のせいで能力が低く抑えられているが、本来女性の方が勉強仕事もできる。男性がいなければ、世界は今よりはるか平和で、人と人とが穏やかな関係を結び、互いの能力を高め合って、もっと高度な文明を発達させるだろう。

しかし、人類が存続するためには男性の創り出した精子必要だ。どうすればよいか

一夫多妻制を復活させても、あぶれた男性処遇問題となる。

ならば、男性絶滅させるしかない。

まず成人男子全員をこの世から抹殺する。

子供については次のようにする。

男児12歳までは女児と同じように学校に通わせ、12歳を迎えたら親から引き離して男子収容所に入れる。

男子収容所では、健康管理性教育のみを行い、自由に過ごさせる。

収容所男子精通が来たら、週一回のペースで精子採取する。

子供の欲しい女性は、男子から採取した精子を使い人工授精妊娠する。精子の値段は男子遺伝情報によってランク分けされている。

セックスがしたい女性は、収容所を訪れて、気に入った男子指名し、料金を払ってセックスする。男子はそのために、普段から女性気持ち良くするセックス技術を学ぶ。どの女性から指名されない男子は温情的措置として、1か月に1度、公費風俗嬢サービスを受ける。これは男性不在社会失業した風俗嬢の救済策でもある。

収容されている男子17歳になったら死んでもらう。安楽死といきたいところだが、ギロチンによる即死我慢してもらう。

17歳の誕生日を迎えた男子は、全裸にされて解剖台に仰向けに横たえられ、固定される。解剖台には小型のギロチンが付いており、時間が来たら斬首される。斬首直後、まだ心臓が鼓動している段階で、腹を裂き、臓器を摘出して、移植用に利用する。脳死移植と同じだから使える臓器は多い。

少年遺体から血抜きをし、肉を食用に利用する(麻酔をかけた安楽死ができない理由)。人肉食需要がなければ、ペットフード動物園猛獣の餌にする。もしくは肉骨粉肥料に加工する。皮膚は火傷の治療用や、財布などに加工する。なお、斬首した首は親元に返される。以上のように、男子の肉体を資源として利用し、その収益収容所運営費用を賄う。男子教育によって、このような自分運命に誇りを感じるよう洗脳する。

かくして、この社会では、男子死ぬ間際まで衣食住を保証され、温かく世話をされ、性的な満足も得て、幸せな一生を送る。女子はその潜在能力を発揮し、男性による暴力を一切恐れることなく、のびのびと成長する。この社会では女性は何でもできる。「ガラス天井」は存在しない。

子供向けのオリジナルアニメって慈善事業だよな

おもちゃタイアップがあるならまだしも、ないものはなんで収益を得ようとしているのかわからない

2017-08-01

徳島新聞阿波踊りチケット買い占め問題ヤバい

徳島新聞ラスボス感がやばい

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52364

徳島新聞は近年、人気席を中心に毎年2〜3万枚のチケットを確保しています。そのため、一般発売が始まっても販売直後に売り切れてしまう状況です。しかも、徳島新聞に流れた分は売り上げなどの詳細がわからないので、全てのチケットオープン販売する場合と比べて収益が低くなっているのが実情です」

この人気席に座っている人は、徳島県内やその他でも力がある人なんだろうなぁ。

週刊現代」に記事掲載された直後、6月15日徳島市議会では早速この問題が取り上げられた。すると驚くべきことに、徳島新聞は翌16日の紙面で「阿波おどり事業 累積赤字4億3000万円 演舞場改修など要因」という見出しで、赤字がさも初めて判明したかのように報じたのである

しか徳島新聞は、今年の阿波おどりも、運営体制を見直すことなく「例年通り」に実行しようとしている。

こんなんブチ切れるだろ!

「新」と書かれているのが、徳島新聞が押さえている座席。800あまりキャパティのうち、実に半数近くの約400席が占められている。

予想以上に酷い。

全日程・全会場を合わせると、徳島新聞は桟敷席(街中の屋外観覧席)だけで2万席近く押さえています7月1日の朝10時にチケット一般販売が開始されましたが、一般向けに割り当てられたチケットが極めて少なかったため、10時2分にはもう売り切れてしまった。おかげでその後、観光協会には苦情の電話殺到しました」

徳島新聞が確保した席は、同社のグループ企業取引先などに優先的に販売されていると聞きます。また、会場に広告看板を出したスポンサー企業に対して、招待券として配ったりもしているようです。

最終的には、徳島新聞からチケットの売り上げが支払われますが、徳島新聞がどの席を誰にどれだけ売って、何枚売れ残ったのかといった詳細は、毎年明らかにされていません」

……だろうね。

我々も『一刻も早く実行委員会を開催すべきだ』と主張してきました。しかし、徳島新聞は『米田社長の日程が取れない』の一点張りで、頑として譲らなかった」

挙句の果てに、「7月28日に開催する」と明言していたはずの実行委員会は筆者の取材後、徳島新聞から通達が出されて中止が決定し、開催されることはなかった。

議員7月14日事実上チケット販売差し止めを求める仮処分命令申立書を徳島地裁に提出している。「徳島新聞が人気席を大量に確保していることなどが、実行委員会の定める事務処理要項に反する」として、事務処理の停止を求めたものだ。

この申し立て7月25日徳島地裁却下

申し立てでは、実行委を経ずにチケット販売しているとしていましたが、実行委は5月19日に開催しています」「(チケットの確保は)阿波踊りを盛況かつ円滑に運営するのが目的で、一部の報道にあるような社の利益追及、利益還流のためではありません」「今夏は人気のない演舞場の席をあえて大量に確保するなど、主催者としてチケット販売の促進、収益向上に十分貢献している」「観光協会担当者に連絡したところ、(チケットに関する)問い合わせは多いが、苦情はわずかとの報告でした」

5月19日実行委員会が開かれたのは事実ですが、そこでチケットの配分は話題に出ませんでした。また、記事には徳島新聞現在1万4871枚を確保していると書いてありますが、こちらが把握している同社の占有枚数はおよそ2万枚です。一般販売後の苦情も、わずかなどというものではありませんでした」

やばい

さらに、徳島新聞だけでなく、徳島市遠藤彰良市長事態改善を図る気がないようだ。6月市議会でも、市議から阿波おどりに関する再三の質問に対して、市長は答えようとしていない。

「実は、遠藤市長徳島新聞グループテレビラジオ局である四国放送出身なんです。もともと四国放送アナウンサーをやっていた遠藤氏が市長になれたのも、徳島新聞支援があったおかげですから市長には何も期待できませんよ。

それどころか市長は、昨年11月22日観光協会近藤会長のところを訪れて、『これは市長として言うが、(観光協会会長を)辞めてほしい』と繰り返し発言し、近藤会長に辞任を迫っています。これも徳島新聞意向を受けてのものだ、と地元では言われています」(前出・市政関係者

黒い。阿波踊りが黒い。

どうなるんだろうか。

2017-07-29

https://anond.hatelabo.jp/20170729132906

考えた上で、政府が基礎研究しないとならないって立場のことを言ってて、増田社会主義者ばかりだ、、、、とか言ったのが発端だろ。

まずは君の民間万能主義をやめたほうがいいよ。

民間長所短所、国の長所短所があって、民間短所を補うことを国がやってるの。

なのに、リスクリスクだと。

リスクはあるが、メリット相殺されるならいいの。

企業でも本来はそうだし、長期的収益構造が見えてるところはリスクが大きいのもやりやすいが、基本的に多くの企業はその場その場の商品づくりで手一杯なの。

民間ならリスク評価適正だなんてのも間違いだからな。それはリーマンショックが示している。

https://anond.hatelabo.jp/20170729124409

んでさ、「そもそも企業はそれ投資して開発途中で潰れないか」の算段しながら投資しないとならない。

一部の長期収益構造ができてる企業以外は短期投資しかできない。ということはOK?

出資者出資なんてもう利益見えてるようなところしか出さんよ。金持ち道楽で捨ててもいいかであるエンジェルとして以外ね。

だって出資者企業なんだから

https://anond.hatelabo.jp/20170729123133

それに加えて、「実用化するまでに会社が潰れないか

国は潰れないからね。その分リスクをとれるし、リスクをとれる開発ができる。

長期的収益構造が見えてる大企業も同じだが、それはごく一部。だからAmazonが目立つ。

もし、何らかの形でAmazon競合、Google競合ができたら今やってる長期開発はとたんにバタバタバタ潰すよ。

バブル崩壊後に日本大手企業中央研究所バタバタ潰れたのと同時に。

競争激しくて先が見えない分野の企業ははじめからそういうのには手を出さず、世の中の企業の大半はそれ。

https://anond.hatelabo.jp/20170729122312

リスクがあるから民間投資しない、というのは、

本当に将来有望なのか、本当に収益性があるのか、やはり採算割れを起こすのでは、と企業が疑問に思っているということ。

リスク収益の変動性は、民間の代わりに国が投資たからといって消えはしない。

民間の代わりに国が投資するということは、そのリスクを国が、納税者が抱え込むということ。

https://anond.hatelabo.jp/20170729121741

あとさ、Amazon収益基盤ができきったから長期的な投資ができるというのもあるな。これはGoogleも言える。

大体の企業商品ライフサイクルが短いような商品必死で作ってて、こけたら終わりの投資から、長期的な投資しづらい。

技術の良し悪しだけでなく、企業リスクを撮れるか否か。技術が完遂して実用化するまで確実に会社をもたせられるか。というのもかなりでかい

いいものだったら企業投資するなんてのは実情知らんガキの発想としか思えん。

2017-07-28

ブログ収益報告系の有料noteブログサロンで稼ぐ時代は終わった3つの理由

時代の流れは早いもので、2017年以降はすでに「有料note」や「ブログサロン」で稼ぐ時代は終わりつつあります

もちろん、やり方しだいではまだまだ小銭程度なら稼ぐことができますが、本当にお金を稼ぐ目的だけならば、サイトを構築した方が稼げます

そもそも、「ブログで稼ぐ系」「ブログ収益報告系」の有料noteに書いていることは、書いている本人だけが使えるノウハウ

そんなノウハウ鵜呑みにしてもお金を稼げるとは限りません。わざわざお金を払ってまで、他人収益報告を見る時間があれば、記事を書く時間に充てたいもの

所詮暇つぶしの有料noteに過ぎませんが、それならまだ雑誌を買ってその情報で感じたことをブログ記事にした方が全然マシです。

それでも、まだまだ有料noteで稼ぐブロガーが増えている理由は何故でしょうか。

ブログ収益報告系の有料note流行っている理由

ツイッターにある検索窓で「有料note」と検索すれば、それはそれは様々な有料noteは出てきます

その中には本当に価値のある有料noteもあれば、あり得ないくらいくだらない有料noteまであります無料で読めるnote別にどうでもいいのですが、私の考えでは無料noteを書くのなら、無料ブログに書きます

そんな有料noteですが、今現在(2017年1月)も流行っている理由は、「実績(ブログサイトで稼ぐ)をつけて有料noteで稼ごう!」というノウハウが、ブログサロン等で教えられているからです。

(1)有料noteで長期的に稼ぐことはできない

有料noteで稼ぐためには、自分ブログサイトなどに固定ファンをたくさん増やしていかなければなりません。

ファンを増やすといっても、所詮一般人なので芸能人と比べれば微々たるもの。それでも、根気よく継続すれば、それなりの固定ファンはついていきます

個性的キャラクターであればあるほど、個性的ファンがつきやすいですが、お金をたくさん稼げるかどうかはまた別の話。

ターゲット貧乏人や初心者ブロガーにしても、必ず頭打ちになりますからね。

(2)お金持ちはブログで稼ぐ系の有料noteは買わない

当たり前ですが、ブログで稼ぐ系の有料noteを買う人間は、お金が欲しくて欲しくてたまらない人です。

お金に余裕があるお金持ちは絶対に有料noteを買いません。けれども、有料noteで稼ぎたい人は、お金のない人をターゲットにしているので、いつまで経っても長期的に稼ぐことができないのです。

冷静に考えてみれば当然のことですが、こういうことを有料noteブログサロン等で完全に教えてくれる人はそうそういません。

いたとしても、初心者向けの教えではないのでまず理解できないでしょう。

(3)有料noteにあるノウハウ系の内容は無料で読める

有料noteで稼ぐ時代が完全に終わりつつある理由には、有料noteに書いてあるようなブログで稼ぐノウハウは、すでにネット上にたくさんありますし、探せばいくらでも無料で読めます

有料noteで稼ごうとしている人の大半は、「時代に流されている」か「ブログ収益保険」みたいな感じです。

有料noteで長期的に稼ぐことができる人は、note運営者くらいでしょう。

別に有料noteを買わなくても、このブログサイトを読めば何となくブログで稼ぐノウハウはわかります

このブログサイトに限らずネット上には、無料で読める有益サイトはたくさんあります

断言しますが、有料note他人ブログ収益報告を読んでも100%稼ぐことはできません。ここに気がつくことができれば、ブログで稼ぐスタートラインに立てるでしょう。

もちろん、ネット上にある無料情報の取捨選択は大切ですが、その取捨選択ができない間は何をしても中途半端しか稼げません。

ブログ収益報告系の有料noteブログサロンで稼ぐ時代は終わった3つの理由のまとめ

別にこの記事は有料noteバカにしている訳ではありません。

有料noteブログサロン活用したい人はドンドンと買うべきです。けれども、買ったからといって必ず稼げるという思考危険

所詮、有料noteメルマガや有料情報商材みたいなもので、名前がただ変わっただけのこと。

中身はそんなに変わりませんし、今後も名を変え、品を変えで同じようなツールは増えていきます

もし私が有料noteブログサロンをすることがあれば、それはブログサイトで稼ぐことが難しくなったときです。

この意味がわかれば、有料noteブログサロン存在する本当の意味に気がつくことでしょう。

他人と同じことをしている時点でまず稼げません!

人生をやり直したい人に朗報!今すぐ本気で1年間だけブログを書くことで解決する

ただ何となく生きているだけの刺激も何もない毎日。そんな人生をやり直したい人に朗報です。

今すぐ本気で1年間だけブログを書くことで解決します。

ブログを舐めてはいけません。現にブログを書いて人生をやり直せた人はいますし、私自身もそのうちの1人。

過去ブログを何とか8ヶ月間だけ継続して書いてきた人も、今ではブラック企業から抜け出しては今現在新たな境地で、人生を楽しみながら過ごしています

そんな素晴らしいブログ効果無視してはいけません。

具体的な方法はどのようにしてブログを書いていき、人生をやり直すことができるのでしょうか。

人生をやり直したい人のブログの書き方

今の時代インターネットがあれば、どこでもブログを書いて全世界に発信できる時代

そんな恵まれ時代ブログを書かない選択はありません。もちろん、人生をやり直す方法ブログだけではないですが、現にブログ人生をやり直せた体験があるので書いていくだけです。

まずは無料ブログブログ継続の難しさを知る

文章を書くのが苦手な人は結構多いものですが、そんな人でも数ヶ月書き続けていくと慣れてくるものです。

文章を書く能力人間ならば誰でも備わっている力ですので、気軽に書いていきましょう。

ブログなどを全く書いてこなかった人でも、半年もすれば本当に読みやす文章を書いています。もちろん、正しい知識必要ですが、継続すればするほど上達は早いものです。

そこで、まずは無料ブログブログを書いていっては、ブログ毎日継続することの難しさを知っていきます。余程の変人ではない限り、いきなりブログを1年間毎日継続することは不可能です。

どこかで必ず挫折をくらいます。その挫折を乗り超えてこその人生のやり直しですが、1度や2度くらい挫折してもまたそこから頑張ればいいだけですからね。

ブログを書くことに慣れたら収益化を考える

ブログ継続するコツはいろいろとありますが、大半は「お金を稼ぐ」ことでしょう。

ブログを書くことによって、お金を稼ぐことができればほとんどの人は継続できます金額にもよりますが、月に5万円以上稼げるようになると逆にブログを辞めにくいもの

中途半端に数千円や1万円くらいがずっと続くと、ブログを辞めてしまう人は多いです。

とにかくブログ人生をやり直したいのなら継続することです。これは何もブログだけに限ったことではありませんが、本当に継続は力なりですよ。

人生をやり直したい人に朗報!今すぐ本気で1年間だけブログを書くことで解決するのまとめ


人生をやり直したい人は、今までの失敗談を逆に「ブログネタ」にすること。

別に失敗は恥ずかしいことではありません。同じ失敗を繰り返すことは少し恥ずかしいことですが、それでも挑戦する勇気は立派。

明らかに失敗を怖がって何もしない人よりかは数倍マシですからね。

まずはダメもとでブログを1年間だけ書いてみましょう。きっと人生は変わっていきます

2017-07-27

https://anond.hatelabo.jp/20170715092225

わかる。

自分の周りで意図的にやられたら負担が増える分単純にうんざりする。

ただ、そういうのを引き受けてでも

少子化するよりはマシ」だと思うので、

それを大丈夫にできるように、

収益を増やすとか効率化するとか

他の部分でがんばる。

社会に生きている以上、

効率享受するだけではいけないと

個人的には思っている。

2017-07-24

サヨるのはホコリがないか

サヨるのはホコリが無いから。ネトサヨとか(「オルタナ左翼」と訳されているやつ)とかいう群れは典型

ホコリが無い、つまり尊厳自覚が欠けている、自己肯定感が足りないから、権威権力を引きずり落とさないと自己を保てないのである

近年は「中国共産党」に依存したがる人々が増え、そしてそれにあやかって収益をあげようという組織がサヨサヨしている。北朝鮮ミサイルを発射したこととは相関関係はある。けれども、戦後の混乱期の頃から既に、少なからぬ人々が共産主義に傾いた。己の不安定から共産主義国家を指向した。

バブル崩壊から続く底なし不況経済縮小の中だから、そういう依存気質を利用してでも稼ごうとする組織の方が多い。宣伝する広告代理店とかマスメディアとかも、やはり、そうなる。

他方の欧米では近年は、例えば「LGBTブーム」が起こっているけれども、多くの組織は「稼げるからLGBT支援」であって、尊厳問題で支持している理解者はそう多くはない。だからギリシャでは共産主義者が横行し政権がサヨっている。ネトサヨを利用していてなんで政権が獲れるのかって、その方がその実、カネが動いている、少なくとも、動く期待がされているからだろう。

社会的弱者は、声を上げ、声を大きくしていかないと、死ぬ。他方のネトサヨっていうのは、ホコリが無いから、「俺にも平等に言わせろ」と主張して社会的弱者を苛める言説を垂れ流し、それを「表現の自由であると強弁する。

共産主義みたいに権威権力を独占する、例えば「歴史」(偽史)や「民族」(虚偽の民族)に依存するのにしてもそうだし、「あかはた」とか「マルクス・レーニン主義」とかに精神性を依存しないと自己を保てないような奴にしてもそうだが、自分より強い奴に依存しないと自己を保てないような奴。そうすると、自分と同質の奴なんだけれども、異質で自分と馴れ合わない(そもそも本質的に馴れ合えない)奴があるのは不愉快で癪なのであろう。己のホコリの無さを、ホコリをもっている異質な者に対して投影して、相手のせいにして苛める。

共産主義、言い換えれば社会主義というのは、強い奴が中くらいの奴らを苛め、中くらいの奴らは強い奴に依存して生きて、そうやって苛めがより下層の社会的弱者押し付けられるシステムである簡単にいうと、共産主義というのはファシズムである共産主義かいうのは本質的に、ロシア革命から連綿とファシズム確立されてきたのであり、革命中だけの問題ではない。文化大革命ポルポト時代には、共産主義理屈が主に都市部に浸透させられていった。そうしないと統治体制治安)が保てなかったからだ。普通に虐殺が行われ、総括、見せしめスケープゴートをつくって引き締めないと成り立たないファシズム国家だった。

今も、文革時代文化を礼賛する言説が横行しているけれども、それは言い換えればファシズムだ。それこそ民主主義社会立場から見るとこんなん嘲笑の的だ(笑

ホコリが無いから、ホコリホコリと盛んに言うのである自己にホコリが無いかサヨクのホコリとか言い、ホコリが無いか世界に認められる「箔」を欲しがり、革命革新だと言うようになる。そして多くの組織は、そういう「箔」を利用して稼ごうと必死である。なにせ今の日本は貧しいから、貧困比較的マシの連中は共産主義に懐く。

賢明なる諸氏たちよ教えてくれ

幸せ生き方をするために、「見返りを求めるな」などとよく言われる。

しかし見返りを期待しない行為などそもそも存在し得ないのではないだろうか。

たとえば、見返りを期待することせずしてビジネスは成り立つまい。

投下資本以上の収益(=見返り)が期待されないのでは、ビジネスは存続できない。

その結果、場合によっては多くの人が路頭に迷い、不幸になる。

それでもなお「幸せに生きるために見返りを求めるな」と言えるのか?

ビジネス以外の場面でも同様だ。

たとえば、公共交通機関で席を譲る場合

せっかく意を決して譲ったのに何らかの理由拒否されたら、いかなる人であっても残念な気持ちになるだろう。

譲るほうは「座って少しでも楽になってもらえれば」「喜んでほしい」などの「見返り」を期待しているからこそ、その思惑やアテが外れて残念な気持ちになるのだ。

見返りを求めないなら、そもそも席を譲ろうなどと考えもしないだろう。

それでもなお「幸せに生きるために見返りを求めるな」と言えるのか?

しかし私の理解が足りないということもあろう。

賢明なる諸氏たちよ、「幸せに生きるために見返りを求めるな」という言説の真意を教えてくれ。

2017-07-23

ウヨるのは誇りが無いか

ウヨるのは誇りが無いから。ネトウヨとかalt-right(「オルタナ右翼」と訳されているやつ)とかいう群れは典型

誇りが無い、つまり尊厳自覚が欠けている、自己肯定感が足りないから、権威権力依存しないと自己を保てないのである

近年は「日本」に依存したがる人々が増え、そしてそれにあやかって収益をあげようという企業がうようよしている。安倍政権が成立したこととは相関関係はある。けれども、東日本大震災の頃から既に、少なからぬ人々が国家主義に傾いた。己の不安定から国家という概念に懐こうとしていった。

バブル崩壊から続く底なし不況経済縮小の中だから、そういう依存気質を利用してでも稼ごうとする企業の方が多い。宣伝する広告代理店とかマスメディアとかも、やはり、そうなる。

他方の欧米では近年は、例えば「LGBTブーム」が起こっているけれども、多くの企業は「稼げるからLGBT支援」であって、尊厳問題で支持している理解者はそう多くはない。だからアメリカではalt-rightが横行し政権ウヨっている。ネトウヨを利用していてなんで政権が獲れるのかって、その方がその実、カネが動いている、少なくとも、動く期待がされているからだろう。

マイノリティ社会的弱者)がプライドパレードとかやると、マジョリティ既得権益者層)から「俺もプライドパレードやる」とか言うバカが出てくる。なにがバカって、社会から既に尊厳を認められている奴にはアピールする意味は無いから。けど、やりたがる奴が必ず出てくる。なぜなら、そういう奴らは、誇りが無いから。

マイノリティは、誇りをもっているけれども、社会から迫害されているから、生きるためにアピールしないといけない。他方で、権威権力依存することで既得権益をもっている奴には、誇りが無いから、「俺にもアピールさせろ」となる。

社会的弱者は、声を上げ、声を大きくしていかないと、死ぬ。他方のネトウヨalt-right)っていうのは、誇りが無いから、「俺にも平等に言わせろ」と主張して社会的弱者を苛める言説(ヘイトスピーチ)を垂れ流し、それを「表現の自由」(free of speechであると強弁する。

国家主義みたいに権威権力依存する、例えば「歴史」(偽史)や「民族」(虚偽の民族)に依存するのにしてもそうだし、「富士山」とか「東京スカイツリー」とかに精神性を依存しないと自己を保てないような奴にしてもそうだが、自分より強い奴に依存しないと自己を保てないような奴。そうすると、自分と同質の奴はナカーマなんだけれども、異質で自分と馴れ合わない(そもそも本質的に馴れ合えない)奴があるのは不愉快で癪なのであろう。己の誇りの無さを、誇りをもっている異質な者に対して投影して、相手のせいにして苛める。

国家主義、言い換えれば封建主義というのは、強い奴が中くらいの奴らを苛め、中くらいの奴らは強い奴に依存して生きて、そうやって苛めがより下層の社会的弱者押し付けられるシステムである。そして、そういう構造によって統治が実現せられている。簡単にいうと、封建主義というのはファシズムである日本かいうのは本質的に、江戸時代から連綿とファシズム確立されてきたのであり、戦時中だけの問題ではない。江戸時代には、武家社会理屈が主に都市部に浸透させられていた。そうしないと統治体制治安)が保てなかったからだ。普通に虐刑が行われ、厳罰見せしめスケープゴートをつくって引き締めないと成り立たないファシズム国家だった。

今も、江戸時代文化を礼賛して日本古来の文化かいう言説が横行しているけれども、それは言い換えればファシズムだ。実際には古来の文化ではない。それこそ京文化立場から見るとこんなん嘲笑の的だ(笑

誇りが無いから、誇り誇りと盛んに言うのである自己に誇りが無いか日本人の誇りとか言い、誇りが無いか世界に認められる「箔」を欲しがり、オリンピックだの世界遺産だの欲しがるようになる。そして多くの企業は、そういう「箔」を利用して稼ごうと必死である。なにせ今の日本は貧しいから、貧困比較的マシの連中は権威に懐く。

底辺までいって本気で死ぬところまで経験してみた人こそ、ガチになる。

2017-07-22

子供スマホゲー依存症記事読んでて

学校行きたくない仕事行きたくないなど弊害が出ますって書いてあって。

いや、仮にさスマホゲームするだけでお金がもらえる世界があったとしてさ、

そんなの一生の仕事になるわけないし飽きちゃうだろとか考えてたけど、

いやyoutubeゲーム実況っていうコンテンツ失念しててさ、もう収益化されてた。

現にお金もらえるもんね。

何が言いたいかっていうと、こんなにゲーム実況流行ってるのに、そのこと忘れてて記事読んでたってこと。

「仮にさスマホゲームするだけでお金がもらえる世界があったとしてさ、」

仮にじゃねーし、現実だし。

ひどいよね、どんだけ頭働かないんだって話。つまり、頭が働かないポンコツは寝ますってこと。

2017-07-20

https://anond.hatelabo.jp/20170720135103

AdblockPlus?

これ使うとほとんど消えるよね。

choromeユーザー全員が広告ブロックしたら収益凄い減る。

それはそれで困る。自分が勤めている会社広告出しているし…。

どうなるんだろうね。

2017-07-11

https://anond.hatelabo.jp/20170711193032

別にアメブロが全部持ってってる訳じゃないでしょ。遺族の収益として還元されてるはず。

2017-07-10

コンテンツ違法アップロードされて、無料で見れちゃうのあれは一体なんなんだ?

僕は、アニメ漫画映画が大好きだ。大好きだけど、実はあまり金をかけていない。なぜなら違法アップロードがあるからだ。

今やコンテンツ無料で見れてしまうのが当たり前になってしまった。アニメは完全に無料だ。過去作も、違法アップロードサイトにいけばいくらでも見れてしまう。大抵英語字幕があるから著作権の法が届かない、海外サイトということなのだろう。そのあたりの事情は疎い。

漫画無料で配布されている。前にフリーブックスが話題になって、漫画無料で配布されていたが、今は閉鎖されているが、実は別に違法アップロードサイトはある。どこがとは言わないが。さら海外サイトでも、誰が翻訳しているのか知らないが、英語版無料違法アップロードサイトで配布されている。これも著作権が届かない。

エロ同人誌に至っては、著作権がおそらくないのだろう。いくらでもネット無料で見ることができる。同人作家名前検索すると、ツイッターアカウントよりも、上に違法アップロードサイトが出てくる。それだけ無料で読めることが当たり前ということだ。

映画日本では、まだ著作権が守られているのか、「映画無料」と検索しても見放題なサイトは見つからない。だが、海外サイトだと、「movie,free」と検索すればいくらでも無料映画を見ることができる。英語から英語ができない日本人ときつかもしれないが、無料英語勉強ができてしかも、映画を楽しめるのだから、あまりにお得すぎる。

これに対して、公式ほとんど手を打っていないのはどういうことなのだろうか。

彼らのやっているコンテンツお金を払ってもらおうビジネスモデルは、もはや無理があるのではないか。例えばアニメであれば、コアなファンであれば円盤は買うかもしれないし、そうでなくとも、定額制には登録して、グッズを買って、作者に金が行くようにするかもしれないし、。

しかし大抵の人間は、違法アップロードで、たくさんのアニメを見まくって暇つぶしをするだけで、金を落とそうとはしない。これでは、クリエーターが得をせず、違法アップロードで稼いでいる人間がズルして儲けているだけではないか(実はそのあたりの事情はよく知らない。おそらくなぜこんなにも無料コンテンツが見れてしま理由は、コンテンツをダシにして広告で稼いでいる方々がいるのだろうが、実態はわからない。本当どうなっているんだ?なぜ無料で見れてしまうんだ?)

無料で見ようするライトからも金を落とすような仕組みを作らないと、かなりの機会損失になっているんじゃないか。たくさんの人に見てもらって、その中の何割かが、円盤やグッズを買って貰えばいい、っていうフリーミアムビジネスモデルとも言えるけど、それにしたって、違法アップロード全然関係ない連中を稼がせる道理はない。

違法アップロードコンテンツ無料で見れてしまい、それに歯止めをかけることができないならば、公式無料コンテンツを見れるようにして、そこから金を落とす仕組みを作った方がまだ建設的なんじゃないのか。

言ってみれば、善玉の無料配布サイト

例えばアニメであれば、無料アニメが高画質(他の違法アップロードサイトは本当に画質いいからね)で見れるようにして、そこから自社の広告打ったり、グッズのアフィリエイト貼ったり、イベントの告知をやれば、自分たちが得するようになるのになぜやらないんだ?

本当、これはずーーーーーーーーーーーと疑問に思った。

一応、赤松氏が作った漫画図書館Zがあるけど、これもなんで会員登録せなあかんねんって消費者側は思うんだよ。他の無料サイト違法だけど)は登録なんてしなくとも全部見れるぞ、使う理由なし、っていうのが正直な話ではないか

エロ同人なんてかなりひどいぞ。エロ同人って検索すると、公式販売サイトより上に違法サイトが出てくる。DSLiteとかメロンブックスとかとらのあなは何をやっているんだ。売る気あるのか?売る気がないんだったら、売るんじゃなくて、公式エロ同人無料で見れるようにして、そこから収益をあげた方がいいんじゃないのか。

マジでどうなってるんだYO

2017-07-08

シバターを取り巻く最近の流れ 最終回

シバターコラボし、漢のいる9sari houseへ行く、へきトラハウス

シバターからコンサルされていることを表明され、急遽デビューした、YouTuberネタを歌にする、ウタエル

シバターから試合お断りメールをもらい、動画に対するアンチコメントがいっぱいになる一方、9sariグッズ売れ行きやブログ閲覧数が急増し、9sari cafe看板猫9ちゃんの動画をアップする、漢a.k.aGAMI

以上の動きに翻弄され一喜一憂し、シバター関連動画を急上昇一位に押し上げる、YouTubeキッズ

最後2chスレから以下を引用して最終回としたい

685 : 訴える名無しさん。2017/07/08(土) 02:00:03.64 ID:sfgHWQVs

良質な作品ライブコンスタントに発信し続けて音楽だけで食っていけているラッパー存在する中で、

今回の漢の動きは正直下劣と言って良いものだと思う。

ただ、他のレーベルオーナーは実質個人事業主で、せいぜい自分自分家族が食えれば問題ないのに対して、

法人格を持った株式会社経営者従業員に毎月賃金支給して、納税して、社会保険料を納付しなければならない。

プレイヤー時代価値観に縛られてマネージャーとして必要決断が下せない中小企業経営者が案外多い中、

その覚悟はあるように感じる。

プレイヤーとしては猛烈にシャバいが、収益確保の好材料が当座見当たらない現状において、

将来何かしらのアクションを起こした際の焚き付け材としてチャンネル登録者数という目標を定めたのなら、

今回の動きは経営者としては極めて正しい。

まして、この業界プロップスなど、漢が下がることで何故かONE-LAWが上がるような相対的で虚ろな代物なんだから

実はプレイヤー個人としても大して意味を持たない。

消費者の多くは「現在」の印象に支配される。1年後には1年前のプロップスは無意味となる。

まり、1年後にどうすることもできる。ならば、「現在」どれだけ叩かれようが数字という目に見えるものを取るべきだ。

代表取締役という現在の漢の立場における本当のシャバさはもっと別の部分にあって、

本体事業、つまりまともな音源リリースが停止している点にある。

たとえ収益を生む見込みが立たないとしても、本体事業の稼働は止めるべきではない。

この点については改善が見られないようなら、将来的に法人の存否にかかわる問題に発展しかねないと思う。

https://lavender.2ch.net/test/read.cgi/hiphop/1499431541/685



2017-07-07

IoT黎明期のLPWA事業と法

その2を書きました→https://anond.hatelabo.jp/20170721113552

2017/07/21 11:40

  

(法を守らない事業者が居るんじゃないかという話です)

最近よく新聞テレビでも取り沙汰されるようになったIoTという言葉2020年には何億ものモノやセンサー

ネットワークに繋がり、生活をより便利にしてくれるであろう技術と謳われています

  

IoT事業にしようと各社が立ち上がっており、大手携帯電話キャリアからメーカーまで、様々な製品がひっきりなしに誕生しています

これぞIoT黎明期と思わせるような新興っぷり。IoTの先駆けと言えば、やはり象印のみまもりポットでしょうか。

よくCMで耳にした「ポットを押したら電波がぴぴぴ♪」というやつですね。

  

  

前置きでした。

さて、このIoT通信技術として注目されているのが、LPWA(Low Power Wide Area)とよばれる通信技術です。

IoT向けに特化した通信技術で、データ通信量は稼げないかわりに、少ない消費電力で遠くまで電波カバーエリアを伸ばしたものになります

具体的な規格名を出すと、LoRaWAN / NB-IoT / Sigfox / Wi-SUNで、LoRaWANとSigfoxの電波到達範囲は、市街地で約3km、郊外で約8km。

物によっては見通し距離で約100km通信可能製品存在します。

  

ここ最近日本にもLPWAの波が押し寄せ、LoRaWANをはじめとする沢山のLPWAモジュールサービス化に向けて提供され始めてきています

LPWAは主にスター型(ゲートウェイと呼ばれる基地局に、多数の子機がぶら下がる方式)トポロジで利用される為、サービス提供においても

事業者基地局を持ち、ユーザに対して子機を購入してもらい、事業者基地局を通して通信させる、いわば携帯電話のような

サービスモデルが非常に多い状況です。

  

日本国内において、電波を利用して通信事業を行うためには2つの法を遵守しなければなりません。1つは電波法と、もう1つは電気通信事業法です。

どちらも総務省管轄法規制で、日本通信事業者はどちらかに必ず縛られます

ここからは少し専門的な話になります

  

  

  

1■電波法観点で見たLPWA事業

日本国内における電波の利用方法は、電波法によりかなり厳しく規制されています。LPWAの中でも特にLoRaWANとSigfoxに焦点を当てて言えば、

920MHz帯の電波を利用して通信しなければならないというルールがあります

920MHz帯の電波は、無線LANと同じく誰でも免許フリーで利用できるアンライセンスバンド(ISMバンド)に定められており、運用ルール

「920MHz帯テレメータ用、テレコントロール及びデータ伝送用無線設備」とされています

  

特定小電力無線局と簡易無線局

920MHz帯で許可されている無線局は、空中線電力(電波出力)が20mW以下の特定小電力無線局と250mW以下の簡易無線局です。簡易無線局登録制となっており、

デジタル簡易無線と同じような運用体制を取ります。ここで注意すべき点があり、簡易無線局は自営のみの利用に限定されているため、

他人へ貸し出すことが禁止されています電波を長距離飛ばせる簡易無線局ですが、現在電波法では不特定多数利用者を想定している

LoRaWANやSigfoxで、電気通信事業用途として基地局に利用することができません。

これは日本Sigfoxパートナーである京セラコミュニケーションシステム(KCCS)も、総務省に対して簡易無線局電気通信事業用途として利用

できるよう法整理を呼びかけています(参考:http://www.soumu.go.jp/main_content/000450876.pdf

  

まとめます

特定小電力無線局

 出力:20mW以下

 無線局免許状不要

 無線従事者不要

 無線局登録不要

 ビジネスモデル自由

  

・簡易無線局

 出力:250mW以下

 無線局免許状不要

 無線従事者不要

 無線局登録必要

 ビジネスモデル:自営のみ←

  

となるので、現状の電波法において、事業者不特定多数提供できる基地局電波出力は必ず20mW以下の製品しか利用できません。

  

  

  

2■電気通信事業法観点で見たLPWA事業

この法は、通信事業者としての規模の大小により、適切に監理ができる有資格者を配置する内容や、総務省に対する電気通信事故

報告などについて細かく整理された法律です。(かなり噛み砕きました)

ここで論じたい点は上にも書いたとおり、規模の大小・サービス提供形態によっては届け出電気通信事業者(以下、届け出)

もしくは登録電気通信事業者(以下、登録)に分類され、登録になると適切に有資格者の配置が必要になり、電気通信事業者としての責任が重くなるという点です。

簡単にまとめますと、

  

基地局を、第三者(例えばお客様)に利用させている。自分のために使うのではない。(電気通信役務に該当する)

基地局を、サービスとして提供している。(電気通信事業に該当する)

基地局は、事業者任意場所公園から企業オフィスから電柱まで)に設置する。(事業法適用除外に該当しない)

・そのサービスで、利益※1を上げている。(電気通信事業を営むことに該当する)

電気通信回線を設置し、端末系伝送路設備※2の設置の区域が一の市町村区域を超える。(電波の到達範囲が広い為、一の市町村を超えます

※1利益:ここでいう利益とは、金銭的な収益はもちろんですが、金銭を得ないが自分(自社)に有利に働く内容であれば、利益を得ていると見なされます

例えば、基地局位置第三者宣伝して貰う事もそうですし、2者間でゲートウェイ相互利用(使わせ合う)も利益にあたります

※2端末系伝送路設備電気通信事業法で見た、基地局区分

より詳しい電気通信事業参入マニュアルは、総務省提供しています(参照:http://www.soumu.go.jp/main_content/000477428.pdf

  

この5つの条件を揃えたサービス提供する事業者は、登録電気通信事業者になる必要があります

登録に課される条件の中でなかなか厳しいのは、有資格者電気通信主任技術者)の配置です。

サービスを展開する全ての都道府県事業所を置き、そこに資格者を配置しなければなりません。

  

NTTKDDI、各地方ケーブルテレビ局は自前の伝送路(光ファイバ電話線等)を持っている為、登録として事業を行っています

登録電気通信事業者リストは、総務省が公開しています。(参考:http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/field/data/gt010402.xls

  

このLPWA事業における電気通信事業法落とし穴は、誰でも(個人でも)すぐに始められる手軽さがありながら、通信事業本業である事業者と同じ括りで厳しい縛りがある点です。

LPWAに参入してきている事業者は、もともとアプリケーションサービスIoT向け格安SIMカード提供していた事業者ばかりです。

ただし、Sigfoxに於いてはKCCSが既に登録となり、全国での提供を辞さない本気の構えです。

  

電波法的には、アンライセンスバンドということで "免許不要!" と強調したくなるのは十分理解できますが、それはあくまでも電波法に係る話であって

電気通信事業法までもが免除されるという話では決してありません。法は法として守るために存在し、罰則規定もちゃんとあります。(罰金または懲役

個人的感想では少し厳しすぎないかと思うところはありますが、KCCSもそれを呑んで事業をするということで、守っている真面目な事業者も居るわけです。

  

  

最後になりますが、LoRaWANをやっている某事業者はいかがですか。

  

  

追記

頂いたコメントへの返信や、任意の追記のメモです。

追記:登録電気通信事業者リストを追記しました(2017/07/07 14:40)

追記:免許不要に関する過大解釈について追記しました(2017/07/07 14:57)

追記:電気通信事業参入マニュアルを追記しました(2017/07/07 16:02)

追記:電気通信事業法による利益解釈について追記しました(2017/07/07 18:37)

追記:その2を書きました→https://anond.hatelabo.jp/20170721113552(2017/07/21 11:40)

  

コメントhttp://b.hatena.ne.jp/entry/341443907/comment/toruuetani

返信:

電気通信事業法において、提供する親機(基地局)は簡易無線局特定小電力無線局かは、実は関係ありません。

電気通信事業法ではどちらであっても、提供するものは端末系伝送路設備とされますので、5つの条件を満たすと登録として事業する必要があります。(2017/07/07 15:19)

  

コメントhttp://b.hatena.ne.jp/entry/341443907/comment/kentamagawa

返信:

社長氏自らコメントありがとうございますリンク先を確認し、確かに373号が未採番である点を確認しました。また、登録として事業をされるのは大変素晴らしいことだと思います

ですが、SORACOM Air for LoRaWANのサービス開始は2017/02/07からと存じておりますが、2017/06/01時点のリストでなぜ登録電気通信事業者として名前が上がっていないのでしょうか。

少なくともサービス開始から06/01までは登録をせずに電気通信事業を営んでいるということになります登録なしに登録と同じ電気通信役務提供するのは、電気通信事業法第9条違反です。

通常、サービス策定する際に法的な課題をきちんとクリアするため、サービス提供前には登録するか、間に合わない場合登録されるまでサービス提供を伸ばすのが一般的ではないでしょうか。

社長自身ツイートhttps://twitter.com/KenTamagawa/status/883473160347172866)にもある通り、「都市伝説」と揶揄されるのも理解できかねますし、

登録してから事業をするに当たっては問題ありませんが、過去には事実であったことに変わりはありません。そこはどうご説明されるのでしょうか(2017/07/08 12:06)

  

コメント

ご指摘ありがとうございます

補足させていただきますと、まず、所有モデルに関してサービス提供を行うことについて電気通信事業登録不要認識しております。そのため、2月より販売3月よりゲートウェイの出荷をさせていただいており「サービス開始」と表現させていただいております

また、共有サービスモデルについては所有モデルでのゲートウェイより遅れて提供を開始するとともに当初は電気通信事業を営む形にならないようご提供しており、電気通信事業登録を行った上でサービス提供を開始させていただいております

弊社からこの形態適法違法かはご回答する立場にありませんが、サービス内容、特に共有サービスモデルに関し、単にお客様所有のゲートウェイを共有するのではなく、ゲートウェイを弊社が所有した上でユーザ様に提供(貸与)することで、電気通信事業の届出・登録に関し、お客様登録不要で弊社が登録を行う様態とすること等、2月サービス発表前に総務省の各関連部門のご担当者様とは事前にディスカッションアドバイスをいただくとともに、登録手続き等、上記でご説明させて頂いた内容も含め継続的にお話をさせていただいております

弊社も電気通信事業法電波法をはじめとした各関連法規法令を遵守することは大変重要と考えております。今後とも、お気付きの点はご指摘頂ければ幸いです。

返信:

社長氏のFacebookコメントがあったと教えていただきましたので、追記です)補足ありがとうございます。また、休日にも関わらずくだらないブログに付き合って頂き恐縮です。

個人的に幾つか質問がございますので、任意でご回答頂ければと存じます

①"所有モデルに関してサービス提供を行うことについて電気通信事業登録不要認識しております" とありますが、こちらは確かに御社自身電気通信事業法としての縛りを受けないサービス提供方法であることは理解しております

ですが、所有モデルも共有設定が可能であり、機能としてそれを謳っているところについては、お客様自身が共有設定で他者に利用させている場合GWを購入されたお客様電気通信事業法において電気通信事業を営んでいると判定されるのではないでしょうか。

これだけでも最低限届け出は必要であり、場合によっては登録まで必要である認識しております

補足頂いている通り、共有モデルにおいては御社登録事業者となり、お客様には電気通信事業者としての縛りを受けずにサービスを利用して頂ける事に関しては、私も同認識です。

②"当初は電気通信事業を営む形にならないよう提供" とありますが、それは事業法適用除外となる形態提供されていて、登録されてからサービス提供形態を変更されたということでしょうか。

差し支えなければ、登録電気通信事業者としての登録日をご教示下さい。

私自身、事業法学習中の身ですので、誤りがあればご指摘下さい(2017/07/08 19:40)

  

コメントhttp://b.hatena.ne.jp/entry/341443907/comment/ganymean

返信:

実は私も同じような事を考えていました。ですが、これには該当しないようです。

と言いますのも、 "基幹放送に加えて基幹放送以外の無線通信送信をする無線局無線設備である場合" とは、基幹放送(テレビ等)用の設備遠隔操作するために併設して利用する無線設備解釈されるためです。

この "基幹放送に加えて" が大事なところです。

LoRaWANをはじめとするLPWA無線局の主な利用用途基幹放送等には全く関係ない無線局ですので、事業を行う場合登録事業者になる必要があります。もちろん、LPWAの無線局を上記のような利用方法で利用する場合は、登録必要はありません。(2017/07/14 18:17)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん