「ボーナス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ボーナスとは

2018-04-26

実家住まいの主張

33歳、男、東京まれ東京在住。

同級生から実家暮らしで散々バカにされたけど、その反面、貯金が2000万円突破した。

実家には毎月5万円入れてるけど、それを除いても毎月10万円、ボーナス込みで毎年200万ぐらいのペースで貯金できたからだと思う。もし一人暮らしだったら、家賃生活費で毎年150万ぐらいかかるから貯金は格段に少なかったはず。

実家暮らしで婚期が遅れるというデメリットもあったけど、今年の秋に結婚することになったし、今後の生活を考えればこの2000万円は大きな心の支えになっている。最悪、病気などで退職しても、2〜3年ならなんとかなるし。

2018-04-25

anond:20180425000356

例えば、上司に嫌なことを言われたら「+10」、仕事で大きなミスをしてしまったら「+30」、いいことがあったら「−5」、数値が増えたり減ったりして100になったら仕事をやめちゃう、みたいな数値があったとして(数値は仮です)、私はすぐに100になってしまうので、もう転職回数が大変なことになっている。

いい加減に腰を据えて働きたいのでリフレッシュストレス解消をして「±0」にしようとしているのだが、全然数値が減らない。

今勤めている会社も、入社してまだ半年ぐらいしかたってないのに「+60」くらいになってる。

昔の、終身雇用があった時の人って同じ会社に何十年も勤めてたわけで、一体どうやって「100」にならないように働いていたんだろう。

今よりお給料が良かったり、ボーナスがたくさんあったりしたんだろうけど、それだけ(?)で何十年も同じところで働き続けられるの、純粋に羨ましい。

anond:20180425000327

例えば、上司に嫌なことを言われたら「+10」、仕事で大きなミスをしてしまったら「+30」、いいことがあったら「−5」、数値が増えたり減ったりして100になったら仕事をやめちゃう、みたいな数値があったとして(数値は仮です)、私はすぐに100になってしまうので、もう転職回数が大変なことになっている。

いい加減に腰を据えて働きたいのでリフレッシュストレス解消をして「±0」にしようとしているのだが、全然数値が減らない。

今勤めている会社も、入社してまだ半年ぐらいしかたってないのに「+60」くらいになってる。

昔の、終身雇用があった時の人って同じ会社に何十年も勤めてたわけで、一体どうやって「100」にならないように働いていたんだろう。

今よりお給料が良かったり、ボーナスがたくさんあったりしたんだろうけど、それだけ(?)で何十年も同じところで働き続けられるの、純粋に羨ましい。

anond:20180425000317

例えば、上司に嫌なことを言われたら「+10」、仕事で大きなミスをしてしまったら「+30」、いいことがあったら「−5」、数値が増えたり減ったりして100になったら仕事をやめちゃう、みたいな数値があったとして(数値は仮です)、私はすぐに100になってしまうので、もう転職回数が大変なことになっている。

いい加減に腰を据えて働きたいのでリフレッシュストレス解消をして「±0」にしようとしているのだが、全然数値が減らない。

今勤めている会社も、入社してまだ半年ぐらいしかたってないのに「+60」くらいになってる。

昔の、終身雇用があった時の人って同じ会社に何十年も勤めてたわけで、一体どうやって「100」にならないように働いていたんだろう。

今よりお給料が良かったり、ボーナスがたくさんあったりしたんだろうけど、それだけ(?)で何十年も同じところで働き続けられるの、純粋に羨ましい。

anond:20180425000301

例えば、上司に嫌なことを言われたら「+10」、仕事で大きなミスをしてしまったら「+30」、いいことがあったら「−5」、数値が増えたり減ったりして100になったら仕事をやめちゃう、みたいな数値があったとして(数値は仮です)、私はすぐに100になってしまうので、もう転職回数が大変なことになっている。

いい加減に腰を据えて働きたいのでリフレッシュストレス解消をして「±0」にしようとしているのだが、全然数値が減らない。

今勤めている会社も、入社してまだ半年ぐらいしかたってないのに「+60」くらいになってる。

昔の、終身雇用があった時の人って同じ会社に何十年も勤めてたわけで、一体どうやって「100」にならないように働いていたんだろう。

今よりお給料が良かったり、ボーナスがたくさんあったりしたんだろうけど、それだけ(?)で何十年も同じところで働き続けられるの、純粋に羨ましい。

2018-04-24

心の辛さを表す数値があったとして

例えば、上司に嫌なことを言われたら「+10」、仕事で大きなミスをしてしまったら「+30」、いいことがあったら「−5」、数値が増えたり減ったりして100になったら仕事をやめちゃう、みたいな数値があったとして(数値は仮です)、私はすぐに100になってしまうので、もう転職回数が大変なことになっている。

いい加減に腰を据えて働きたいのでリフレッシュストレス解消をして「±0」にしようとしているのだが、全然数値が減らない。

今勤めている会社も、入社してまだ半年ぐらいしかたってないのに「+60」くらいになってる。

昔の、終身雇用があった時の人って同じ会社に何十年も勤めてたわけで、一体どうやって「100」にならないように働いていたんだろう。

今よりお給料が良かったり、ボーナスがたくさんあったりしたんだろうけど、それだけ(?)で何十年も同じところで働き続けられるの、純粋に羨ましい。

例えば、上司に嫌なことを言われたら「+10」、仕事で大きなミスをしてしまったら「+30」、いいことがあったら「−5」、数値が増えたり減ったりして100になったら仕事をやめちゃう、みたいな数値があったとして(数値は仮です)、私はすぐに100になってしまうので、もう転職回数が大変なことになっている。

いい加減に腰を据えて働きたいのでリフレッシュストレス解消をして「±0」にしようとしているのだが、全然数値が減らない。

今勤めている会社も、入社してまだ半年ぐらいしかたってないのに「+60」くらいになってる。

昔の、終身雇用があった時の人って同じ会社に何十年も勤めてたわけで、一体どうやって「100」にならないように働いていたんだろう。

今よりお給料が良かったり、ボーナスがたくさんあったりしたんだろうけど、それだけ(?)で何十年も同じところで働き続けられるの、純粋に羨ましい。

例えば、上司に嫌なことを言われたら「+10」、仕事で大きなミスをしてしまったら「+30」、いいことがあったら「−5」、数値が増えたり減ったりして100になったら仕事をやめちゃう、みたいな数値があったとして(数値は仮です)、私はすぐに100になってしまうので、もう転職回数が大変なことになっている。

いい加減に腰を据えて働きたいのでリフレッシュストレス解消をして「±0」にしようとしているのだが、全然数値が減らない。

今勤めている会社も、入社してまだ半年ぐらいしかたってないのに「+60」くらいになってる。

昔の、終身雇用があった時の人って同じ会社に何十年も勤めてたわけで、一体どうやって「100」にならないように働いていたんだろう。

今よりお給料が良かったり、ボーナスがたくさんあったりしたんだろうけど、それだけ(?)で何十年も同じところで働き続けられるの、純粋に羨ましい。

例えば、上司に嫌なことを言われたら「+10」、仕事で大きなミスをしてしまったら「+30」、いいことがあったら「−5」、数値が増えたり減ったりして100になったら仕事をやめちゃう、みたいな数値があったとして(数値は仮です)、私はすぐに100になってしまうので、もう転職回数が大変なことになっている。

いい加減に腰を据えて働きたいのでリフレッシュストレス解消をして「±0」にしようとしているのだが、全然数値が減らない。

今勤めている会社も、入社してまだ半年ぐらいしかたってないのに「+60」くらいになってる。

昔の、終身雇用があった時の人って同じ会社に何十年も勤めてたわけで、一体どうやって「100」にならないように働いていたんだろう。

今よりお給料が良かったり、ボーナスがたくさんあったりしたんだろうけど、それだけ(?)で何十年も同じところで働き続けられるの、純粋に羨ましい。

例えば、上司に嫌なことを言われたら「+10」、仕事で大きなミスをしてしまったら「+30」、いいことがあったら「−5」、数値が増えたり減ったりして100になったら仕事をやめちゃう、みたいな数値があったとして(数値は仮です)、私はすぐに100になってしまうので、もう転職回数が大変なことになっている。

いい加減に腰を据えて働きたいのでリフレッシュストレス解消をして「±0」にしようとしているのだが、全然数値が減らない。

今勤めている会社も、入社してまだ半年ぐらいしかたってないのに「+60」くらいになってる。

昔の、終身雇用があった時の人って同じ会社に何十年も勤めてたわけで、一体どうやって「100」にならないように働いていたんだろう。

今よりお給料が良かったり、ボーナスがたくさんあったりしたんだろうけど、それだけ(?)で何十年も同じところで働き続けられるの、純粋に羨ましい。

例えば、上司に嫌なことを言われたら「+10」、仕事で大きなミスをしてしまったら「+30」、いいことがあったら「−5」、数値が増えたり減ったりして100になったら仕事をやめちゃう、みたいな数値があったとして(数値は仮です)、私はすぐに100になってしまうので、もう転職回数が大変なことになっている。

いい加減に腰を据えて働きたいのでリフレッシュストレス解消をして「±0」にしようとしているのだが、全然数値が減らない。

今勤めている会社も、入社してまだ半年ぐらいしかたってないのに「+60」くらいになってる。

昔の、終身雇用があった時の人って同じ会社に何十年も勤めてたわけで、一体どうやって「100」にならないように働いていたんだろう。

今よりお給料が良かったり、ボーナスがたくさんあったりしたんだろうけど、それだけ(?)で何十年も同じところで働き続けられるの、純粋に羨ましい。

例えば、上司に嫌なことを言われたら「+10」、仕事で大きなミスをしてしまったら「+30」、いいことがあったら「−5」、数値が増えたり減ったりして100になったら仕事をやめちゃう、みたいな数値があったとして(数値は仮です)、私はすぐに100になってしまうので、もう転職回数が大変なことになっている。

いい加減に腰を据えて働きたいのでリフレッシュストレス解消をして「±0」にしようとしているのだが、全然数値が減らない。

今勤めている会社も、入社してまだ半年ぐらいしかたってないのに「+60」くらいになってる。

昔の、終身雇用があった時の人って同じ会社に何十年も勤めてたわけで、一体どうやって「100」にならないように働いていたんだろう。

今よりお給料が良かったり、ボーナスがたくさんあったりしたんだろうけど、それだけ(?)で何十年も同じところで働き続けられるの、純粋に羨ましい。

例えば、上司に嫌なことを言われたら「+10」、仕事で大きなミスをしてしまったら「+30」、いいことがあったら「−5」、数値が増えたり減ったりして100になったら仕事をやめちゃう、みたいな数値があったとして(数値は仮です)、私はすぐに100になってしまうので、もう転職回数が大変なことになっている。

いい加減に腰を据えて働きたいのでリフレッシュストレス解消をして「±0」にしようとしているのだが、全然数値が減らない。

今勤めている会社も、入社してまだ半年ぐらいしかたってないのに「+60」くらいになってる。

昔の、終身雇用があった時の人って同じ会社に何十年も勤めてたわけで、一体どうやって「100」にならないように働いていたんだろう。

今よりお給料が良かったり、ボーナスがたくさんあったりしたんだろうけど、それだけ(?)で何十年も同じところで働き続けられるの、純粋に羨ましい。

例えば、上司に嫌なことを言われたら「+10」、仕事で大きなミスをしてしまったら「+30」、いいことがあったら「−5」、数値が増えたり減ったりして100になったら仕事をやめちゃう、みたいな数値があったとして(数値は仮です)、私はすぐに100になってしまうので、もう転職回数が大変なことになっている。

いい加減に腰を据えて働きたいのでリフレッシュストレス解消をして「±0」にしようとしているのだが、全然数値が減らない。

今勤めている会社も、入社してまだ半年ぐらいしかたってないのに「+60」くらいになってる。

昔の、終身雇用があった時の人って同じ会社に何十年も勤めてたわけで、一体どうやって「100」にならないように働いていたんだろう。

今よりお給料が良かったり、ボーナスがたくさんあったりしたんだろうけど、それだけ(?)で何十年も同じところで働き続けられるの、純粋に羨ましい。

例えば、上司に嫌なことを言われたら「+10」、仕事で大きなミスをしてしまったら「+30」、いいことがあったら「−5」、数値が増えたり減ったりして100になったら仕事をやめちゃう、みたいな数値があったとして(数値は仮です)、私はすぐに100になってしまうので、もう転職回数が大変なことになっている。

いい加減に腰を据えて働きたいのでリフレッシュストレス解消をして「±0」にしようとしているのだが、全然数値が減らない。

今勤めている会社も、入社してまだ半年ぐらいしかたってないのに「+60」くらいになってる。

昔の、終身雇用があった時の人って同じ会社に何十年も勤めてたわけで、一体どうやって「100」にならないように働いていたんだろう。

今よりお給料が良かったり、ボーナスがたくさんあったりしたんだろうけど、それだけ(?)で何十年も同じところで働き続けられるの、純粋に羨ましい。

心の辛さを表す数値があったとして

例えば、上司に嫌なことを言われたら「+10」、仕事で大きなミスをしてしまったら「+30」、いいことがあったら「−5」、数値が増えたり減ったりして100になったら仕事をやめちゃう、みたいな数値があったとして(数値は仮です)、私はすぐに100になってしまうので、もう転職回数が大変なことになっている。

いい加減に腰を据えて働きたいのでリフレッシュストレス解消をして「±0」にしようとしているのだが、全然数値が減らない。

今勤めている会社も、入社してまだ半年ぐらいしかたってないのに「+60」くらいになってる。

昔の、終身雇用があった時の人って同じ会社に何十年も勤めてたわけで、一体どうやって「100」にならないように働いていたんだろう。

今よりお給料が良かったり、ボーナスがたくさんあったりしたんだろうけど、それだけ(?)で何十年も同じところで働き続けられるの、純粋に羨ましい。

心の辛さを表す数値があったとして

例えば、上司に嫌なことを言われたら「+10」、仕事で大きなミスをしてしまったら「+30」、いいことがあったら「−5」、数値が増えたり減ったりして100になったら仕事をやめちゃう、みたいな数値があったとして(数値は仮です)、私はすぐに100になってしまうので、もう転職回数が大変なことになっている。

いい加減に腰を据えて働きたいのでリフレッシュストレス解消をして「±0」にしようとしているのだが、全然数値が減らない。

今勤めている会社も、入社してまだ半年ぐらいしかたってないのに「+60」くらいになってる。

昔の、終身雇用があった時の人って同じ会社に何十年も勤めてたわけで、一体どうやって「100」にならないように働いていたんだろう。

今よりお給料が良かったり、ボーナスがたくさんあったりしたんだろうけど、それだけ(?)で何十年も同じところで働き続けられるの、純粋に羨ましい。

2018-04-23

DMM待遇文句書いた人速攻エントリ消してワロタ

艦これ刀は衰退しつつある感じなのですが(プレイしているユーザー目線で)

その辺聞きたかったのに

年俸制ボーナス無いのと昇給がしょぼすぎるぐらいしか情報無いやん

クソゲー作りまくってる斎藤部の実情書いてくれや知ってたら

やっぱり金融リテラシーがこの国は低いんだと再実感した。

anond:20180422091855

 

結局これを読んでもだし、皆さんのコメントとかを見てもそうだけど、

やっぱりこういうのって金融リテラシーが低いから起こるのだと再実感した次第。

やっぱり金融リテラシー小学校で必修にしても良いと思う。

貧困を減少させる手助けに絶対になると思うけどなぁと考えます

 

なぜか?クレジットカードでもデビットでもなんでもよいのですが、

大切なのは「今いくらあるか?」ではないんですよ。

 

大切なのは「ざっくりいつ何にいくら使ったのか?」を管理することです。

これを「支出管理」というんだけど、原理原則として

収入-貯蓄-支出キャッシュフロー

 

があります。減算する順番は超重要です。

支出管理って今いくらあるか?ではないですよね?それはただの残高確認ですよ。

支出管理はいつ?何に?いくら使ったか?を管理することなんですよ。

ファミリー場合はいつ?誰が?何に?いくら使ったか?です。

 

こうすることで、収入-貯蓄の残りでちゃん生活できるようになる。

使いすぎてしまう人は結局「今いくらあるか?」と「いつお金が入るか?」しか

考えてないから、「リボにしておこう」とか「ボーナスで払えばいいや」になる。

きちんと収入-貯蓄の範囲で過ごせるようになるにはちゃん自分の目で

何にいくら使ったのかを理解できないといけないのです。

 

大抵これやると、「え?私の支出高すぎ・・・」ってなるんですけど。

 

ここまでできたら、黒字なのか?赤字なのかがわかります

ヤバいのは「プラスなのかマイナスなのかすらわかってない状態」がだめで、

逆を言えばそれがわかってれば細かいことはどうでもいい。

からドラッグストア生活雑費と食品買ったけど細かく分けるの?

とかしなくて全然いい。月曜日に〇○ドラッグで2400円使った。

がわかればいいんです。

 

割り勘でもなんでもお金のことを1円単位と厳密にやると、「うざ」って思うでしょ?

これはお金性質なのです。これも理解していない人が多い。

から家計簿はざっくりでいい。なぜなら「黒字赤字か」がわかればいいだけなのだから

赤字だった時に初めて、少しだけ粒度を細かくして「どこで何に使ったのか」を確認すればいいだけ。

 

から、明細が出るならクレジットだろうが、デビットだろうが、どっちでもいいです。

全部現金だとこの明細を作るって超大変な作業自分でしないといけないでしょう?

から便利に使えてポイントもらえるし、明細は出るし、楽だからカード使うんです。

 

最近アプリとかもつかって連携するとその月でちゃんカード利用履歴が記録

されて見れるから、今はさらに楽ですよ。

 

原理原則はほんとこれだけなんだけどな。。。

 

収入-貯蓄-支出キャッシュフロー

 

これ理解してない人がほんとに多いなぁとこのバズってる増田コメントブコメ見て思いました。

頭で認識はしてるけど理解してない人が多いという意味

じゃなかったら、カード請求来てびっくり!とか、いつもお金がないとか、リボ払い便利!とかないはず。

2018-04-22

ボーナス出ない人って

入社からうちボーナスないですよ〜って言われてたの?それともあるって言われて入ったらなかったの?

anond:20180422202412

中小企業休み賞与少ないって愚痴るなら待遇の良い大企業転職すればーは当然だろ。105日が少ないってのも大企業の平均と比べてで、普通中小休み賞与も少ないのは当たり前だろ

それともそんな中小企業だけど、国は120日以上の休み、5ヶ月以上のボーナス制度化するべきだよー!ってこと?

何それ、どんだけ他力本願だよ

2018-04-21

年休105日以下の中小企業にはゴールデンウィークはないんですよ

知ってました?

ボーナスも平均2カ月しかないし、過労死を出しやすいのも中小企業なんですよ。

2018-04-20

スマホゲームから間違えてログアウトしてアカウント消滅

結構長期間ダラダラ続けてきた某スマホゲームから間違えてログアウトしたら、アカウントが消えてしまった。

まあ最近飽きてきてログインボーナスめしかしてなかったし、課金もほぼしてないし、別にいいんだけど。

このゲームに費やしてた無駄ゴミ時間を、今後は有効活用出来るからきっとそっちの方が人生有益に過ごせるんだろうし、逆にむしろこれでよかったんだけど。

とか思いながら似たようなゲーム探してダウンロードしようとしてる。

本当にゴミだな自分

2018-04-19

今やってるゲーム

休憩ボーナスってお得になるアイテム貰える設定あるけど

リアル人生の休憩ボーナスでお得になるものなど一つもなかったよ

休むことを薦める医者とかカウンセラーって何を意図していってんだろ

この日本で休憩ボーナスなどないしメリットひとつもない

毎日生活でカツカツやわ

2018-04-15

地方フリーSI

無責任に勧めるつもりはないけど、死にたくなるほど辛いなら一度考えてみてはどうか。

Tのつく会社のお膝元でフリーSEとして働いている。ここ数年で労働環境結構改善されていて、大体定時に上がれる日々が続いている。

勿論回されるプロジェクトによっては午前様上等な状況に陥ることもままあるけれど、基本的にはエクセルIDEを眺めているだけでぼんやり時間が流れていく気怠い環境だ。

給料はそこまで悪くなく額面で60から70の間が殆ど残業が多ければ残業代も請求できるけどボーナスや各種手当は当然無い。確定申告が面倒なのと、正社員の人と比べて年金が弱いという明確なデメリットがある。

いつまで仕事が貰えるかわからないという不安要素もあるけど、周りを見ると結構お年を召されているフリーの人もいるし、社員さんでも会社が潰れるとかクビになるリスクはあるわけだからあんま変わんないかなとも思う。

仲介を頼んでる会社営業の人が言うには目下人手不足で当面この状況は変わらなさそうとのこと。一度体験してみればわかると思うんだけど、案外正社員でなくても普通に生活出来たりはするから、色々な道に目を向けて欲しいと思う。

フリーランスエンジニアになって収入3倍になったけど虚しくなった話

当方どこぞの田舎にて新卒入社した小さなIT企業で3年ほどプログラマーをやっていた。

支給は手当諸々含め20万。手取りは15万ほど。ボーナス?なにそれって感じ。

4年目に突入したけど新卒時点と一向に変わらないどころかむしろ下がった手取り金額(増税とか諸々重なったとはいえ)とか、

うんこみたいな人格上司の元に運悪く配属されちゃったとか、

唯一の取り柄だったほぼほぼ定時で帰れてたというメリット体制変更とかでなくなってしまったとか、

転職して幸せになっている学生時代同級生を見てしまったとか、

いろいろ要因が重なって思い切ってフリーランスエンジニアとして移ることに。

基本が社会生活不適合者なのとプログラマーとして決してレベルが高い方ではないのはないので不安だったけど、

貧乏性自分生活水準なら3年くらいニートやっててもさして問題なさそうだったのと

今のIT業界求人倍率なら困ったらまた今みたいな会社転職するのは余裕かなという楽観的な考えて

適当エージェントに話聞きにいったらまあまあの仕事に驚くほどあっさりありつけた。

こんな自分レベル学歴地位も何もないエンジニアでもポートフォリオさえまともっぽく作ってれば

こんなにあっさり仕事にありつけるなんて今のIT業界は本当に人手不足なんだなと思った。

今まで会社としてエンジニア1人月分の単価として実際に顧客請求してた額からほんのちょっと引いたような額がそのまま手元に残るようになった。

ぶっちゃけ支給額は以前の会社と比べ3倍ちょっと。諸々福利厚生はなくなったけど税金対策できる余地ができたんで実質的な手取は3倍弱ほど。

これだけ稼げるならむしろなんで今までの会社に勤めてたんだろうと後悔も湧いたけどまあこのために一人前のエンジニアに育ててくれたと思えば儲けものかなと思った。

生活環境は、まあ少しは変わった。

会社のすぐ隣だった1Kの安アパートから地方都市の1LDKに移った。筋トレルームを構築したけど肝心の筋トレ最近継続できてない。

スマホをお安い中華スマホからGalaxyの良い奴に変えた。カメラ凄い。詳細な性能は2chはてブくらいしかやらないからよくわからない。

LGの超単焦点プロジェクターを買った。夢の100インチのシアター環境臨場感凄い。でもゲーム24インチくらいの方がやりやすいかも。

IKEAちょっとお高いソファベッドとダイニングテーブルを買った。仕事も就寝も飯もほぼこれオンリーで済むようになった。

GoogleHomeを買った。2kg以下の範囲の最高スペックノーパソを買った。Nasne買った。4Kディスプレイ買った。

Nintendo Switchを買った。無印で服一式買った。Sonyノイズキャンセリングヘッドフォンを買った。Netflixに加入した。dアニメストアに加入した。

カンストレベルで快適になっていくデスクトップ環境。どう見ても追いつけない動画積みゲー群。

あれ、変だぞ。これ以上お金の使い道が何もない。

生活は少しは変わった、ただ思ったほども変わらなかった。

俺みたいな基本出不精で友達彼女も何もない人間にとって、一通り欲しいものを買ってしまったらお金の使い道が何もなくなってしまうのなんてよく考えたら当たり前の話だった。


わかった。きっとこれは『普通の人』にとっての結婚式費用とか、新婚旅行予算とか、子供学費と、そういうためのお金なんだ。

多分、俺みたいな何もない人間が手に入れて良いお金ではないんだ。

ただただ何も考えずに会社搾取されてたときよりも自分の『何もなさ』を痛感させられた。

「俺みたいな金のない奴は何もなくて当たり前」って言い訳してたところはあったけど、何もない人間は金があったとしても何もないんだ。それがわかってしまった。

まだそれなりの人付き合いがあったクソ月給時代の方が、割とマジで幸せだったのかもしれない。戻りたいとは思わないけどね。

ゲー無「スーパー戦隊データカードダス」の話

【はじめに】

スーパー戦隊データカードダス 快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』という、とんでもないゲームキッズアーケードゲーム業界降臨した。まだ遊んだことがないなら、ぜひ一度は遊ぶべし。そして、あなたはこう思うだろう「これってゲームなのか……?」と。

ゲーム史に残るトンデモないレベルゲームだと思うが、おそらく大人が遊ぶことは少ないだろうからネット上には公式情報以外が残り続けるかどうか危うい。だから、どれだけ酷いゲームなのか、増田を使って記録を残させてもらう。

まずデータカードダスシリーズは、キッズ層をターゲットにしたカード使用するアーケードゲーム。有名なところでは、何気にムシキング以上の売上を誇るキッズアーケードゲーム界の王者ドラゴンボールヒーローズ』や、大きなお友達にも大人気の『アイカツ!』など。基本的には子供向けゲームなので、バランスは割と大味であり、レアカードがあれば無双できたりもするけども、大人も満足して遊べる内容が多い。それで、このスーパー戦隊ゲームもそんな内容だと思ってた。データカードダスシリーズは極端なハズレ作品は少ない。だからこそ、何であんな内容になっちゃったの、あれ……。

はっきりいうと、クソゲーという言葉は似合わない。なにせゲームとして全く成立してない。Wiiの『人生ゲーム』があまりもの中身の無さから「ゲー無」「虚無ゲー」と呼ばれたりもしていたが、本作はそれに近い。ただし、中身の無さはこちらの方が遥かに上。とにかく一度遊んでみて欲しい。終始ポカーンとして顔で、筐体を眺めるだけになるから

【何が問題なのか】

このゲーム簡単に言うと、ルパンレンジャーパトレンジャーで敵を倒すゲーム。ただし、プレイヤーはそれぞれのレンジャー操作するのではなく、応援というか形でバトルに介入することになる。応援は、ボタンの連打、レバーを回す、ボタンを押す、といった操作で行うことになる。本作がゲームとして成立していないのは、これらの介入要素がゲーム的な要素になっていないこと。ボタンの連打があれば、ボタンを連打するほど強くなる、またはスコアが伸びるというのが一般的ゲームだろう。しかしながら、本作は一定数連打をすればそれで終わり。連打を頑張っても、強くなることもなければ、スコアが伸びることもない。「おうえんポイント」というものがあるが、どれだけ押しても貰える量は変わらない(ちなみにおうえんポイントを集めると、ゲーム中でカード排出候補が増える)。ボタンを押す、という動作についてもタイミングよくボタンを押させるなんて、普通ゲームに有りがちな要素もない。ボタンを押せ、と言われば、タイミング関係なくとりあえず1度押せばそれでいい。あとは画面の中のレンジャー勝手に戦ってくれる。それを見ているだけ。本当にただ見ているだけ。

ちなみにボタンを連打しないとレンジャーピンチに陥ってしまう。どうなるんだとちょっとクワクしていると、もう一方のレンジャーが助けに来てくれて勝手に倒してくれる(「おうえんポイント」はそれでも貰える)。レバーを回さないとどうなるか試してみると、勝手レバーを回した扱いになって勝手にゲージが上がっていく。ボタンを押す行為も放っておくと、勝手ボタンを押した扱いになって戦闘が進んでいく。どうやら一切操作する必要すらないらしい。

レンジャーのバトルが終わると、次は敵がパワーアップしてくるので、こちらもロボットを繰り出して戦うことになる。そして唐突に100円の追加料金を要求される。あれ……? ボタン連打を2回、レバー回転、ボタンを押しを1回ずつしかやってないが、それでもう100円分のプレイは終わりのようだ。

なおロボットバトルも攻撃方法選択したりするだけで、相性がどうとか攻撃力がどうとかゲーム的な要素は一切存在しない。

あと、いちばん大事ポイントだけど、本作にスコア概念はない。もう一度言うぞ、スコアがない。ゲームとはなにか、ということを考えると、まずはコンピュータとの戦いだろう。スコアとはその戦いにおける指標だと俺は考える。もちろんスコアのないゲームコンシューマーならいくらでもあるだろうが、100円を入れて遊ぶアーケードゲームで、その概念がないということは一体何を目標に遊べば良いのか。

レンジャーを操って、気持ちよく戦えることか? ああでも、連打して応援することしかできないからな。ちなみに1プレイでできることは、前述の通りボタン連打が2回とレバー回転、ボタン押しが1回ずつだ。本当に見てるだけになるから

もちろん「見てるだけ」という行為が楽しければそれでもいいかもしれない。例えば『プリパラ』は、ゲームとしては非常に単純な音ゲーであり、クリア目標を満たさないことの方が難しいレベル簡単ゲームである難易度選択もない。そんなゲームであっても、キャラの可愛らしさ、コーデの豊富からお気に入りキャラお気に入り音楽ライブさせるのが楽しい、という点から絶大な支持を集めている。こういったゲームもありだろう。ちなみにそんなプリパラでもスコア概念はあり、オンラインランキングでしのぎを削っている人もいるにはいるが。

話をスーパー戦隊に戻す。本作は見ていて楽しいかと言われると、それも難しい。もちろん自分スーパー戦隊にあまり興味がないということもあるが、それ以前に戦いが黎明期スマホゲーのように、静止画の一枚絵に向かって戦っているだけという恐ろしく手抜き内容になっている。レンジャー系は、他のデータカードダスと同じく3Dモデリングによる立体化がされているが(レンジャー側も1枚絵が多いが)、安っぽいCGでありこちらも手抜き感が酷い。

やけにテンションの高い実況だけが唯一の面白い点で癒しか。

それと、データカードダスなので、当然カード排出されたり、ゲーム内でスキャンして使えるが、ゲームの進行の説明が読み込ませたキャラに変わったり、前述の「おうえんポイント」がゲーム開始時にボーナスとして貰えるだけ。そんな効果しかいから1プレイに1枚しかスキャンできないし、カード使用できる理由が恐ろしく乏しい。カード要素いらんだろ。

セーブ用のQR印刷されたカードを作ることで、セーブもできるが、記録されるのは排出されたカードの種類のみ。セーブ要素もいらんわ。100円の無駄

無駄無駄と言い始めるとこんなゲー無を遊んでいる時間こそが本当に無駄だと思う。

しかしこんな酷いゲームがあったぞー!!と間違いなく話のネタになるのは間違いない。ぜひ1度遊んでみて欲しい。そしてこのゲームの酷さを実際に感じ取って欲しい。できれば友人と一緒に遊ぶか、酒が入った状態で、ゲラゲラ笑える状態で遊ぶのがベスト。1人で淡々と遊ぶとひたすら虚しいだけ。

個人的感想ではあるが、おそらくこのゲームのヤバさに適うゲームは、それこそ『Big Rigs』レベルのアレなゲームくらいしかないと思う。『デスクリムゾン』のような伝説クソゲーの方がまだ楽しめる。

2018-04-12

一般事務からデザイナー転職した

20代前半 短大卒女 資格MOSくらいしかない

転職してちょうど2年目くらいなので、思い出を振り返りながら書こうかなと思った。

結論としては転職して本当に良かったと思ってる。


一般事務

就業時間:9:00〜18:00(休憩1H)

※朝は8:45から朝礼、その前に事務のみで掃除

残業:日によって2〜3H、残業代なし

異動:多い時は半年に一度くらい、私が経験したのは5部署

給与:3年目で手取り18万くらい、少額だけど夏冬ボーナスあり

業務内容:

役員全員へコーヒー出し(二時間に一度)

消耗品確認発注

電話取次と来客対応会議などの準備

コピー取りや事務書類作成

顧客開拓営業テレアポみたいな感じ)ノルマ有り

上記デフォ各部署の専門業務

あと私個人仕事で社内外資料やパンフ作成HP作成関連会社ロゴ作成etcフォトショイラレを使えるのが私のみだったため)

面接契約時点では一般事務しか言われていなかった

その他:月一で親睦会(社内で立食飲み会)、週一で女性社員のみの学級会、全員服務規程スーツ着用)、退勤時は上司日報提出+個人面談

辞めた理由

・諸事情でメインオフィス移転、旧オフィスでの事務が私一人になり、掃除雑務がキツすぎて無理になった(無理だと言っても人員増やしてもらえなかった)

広報系含め私一人への負担が他の事務以外の社員と比べても多いのにダントツ薄給で無理になった

・月一の親睦会で役員に酒を注いで回るのを強要されるのがコミュ障の私にはキツくてメンタルを壊した

・週一の女性のみ学級会で後輩が吊るし上げられ、社員への不信感がMAXになった

医療に関わる業種なのに、激務で精神的に病んだ社員分裂病(=糖質)呼ばわりして基地外扱いする役員失望した

・途中からタイムカード廃止され出勤時のみ印鑑を押す形式になったのも不信感を煽った


こんな感じで転職。全くの未経験だが趣味でやってたものを拾ってもらえて、興味のあったデザイナーとして採用してもらえた。

今の仕事は以下のとおり。


デザイナー

就業時間10:00〜19:00(休憩1H)

※朝は当番制で掃除、週頭のみ9:50から朝礼

残業:日によって0〜3H、残業代なし

異動:そもそも部署営業デザインしかないのでなし

給与:2年目で手取り17万くらい、ボーナスなし

業務内容:

・各案件デザイン作成

場合によってはイラスト描き起こし

会社SNSアカウント更新

その他:不定期(季節の折)に社外で飲み会、数年に一度社員旅行、服装や髪や爪は自由

手取りは減ったけどそれ以上にストレスが減ったし仕事はおおむね楽しいし、好きなことに触れられる業種なので気持ちが楽。体重も5kg減ってデブからぽっちゃりくらいまで戻った。

タイムカードがあるだけでまともな会社に思えてくる…。

超少人数だけど社長が時々おやつ買ってきてくれるし、家から電車一本だしで環境もいい。

最初会社は、文系短大女で資格英語力もなく、本当に就職が決まらなくてギリギリで滑り込んだところだった。とにかく正社員になって親を安心させたかった。

でもデザイナーという道はあの時は選べなかっただろうし、そもそも専門学校以外から新卒採用してないところも多い。ので、新卒希望仕事につけなくても未来はあるんだよって、就活メンタル死んで拒食になりかけてた当時の自分に言ってあげたい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん