「宗教戦争」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 宗教戦争とは

2022-07-12

anond:20220711185931

海外では宗教戦争ってあるけどさ

日本は表立ってはやってないけど水面下では様々な団体勢力争いじゃないけど

駆け引きしてる感じがする

自民党公明党なんて支持母体的には敵対関係といってもいいくらいなのに

一緒に連立組んで政権運営したりしてるしな

2022-07-10

カルト被害者って傍から言うのは簡単なんだよな

信者は信じることで救われていているんだから

その信じている物を取り上げたり踏み躙ったりする事でどんだけの宗教戦争が起こって血が流れてきたのか、歴史を学んでるなら知らないはずが無いんだが

2022-07-09

anond:20220709131431

サンクチュアリ派との宗教戦争の巻き添えを喰らっただけなんだろうな。安倍元総理は。。。

本家広告塔安倍ぴょん分派所属犯人暗殺という宗教戦争か。

https://news.yahoo.co.jp/articles/463d5ccf4c2a3892e1e9153bc789577ec40c9a8c?page=2

山上容疑者の母は、1999年祖父の家を売り払い、2002年には自己破産している。祖父と父を亡くして経済的に苦しむ一家だったが、家庭がうまくいかなくなった理由の1つは、母と子の宗教をめぐる対立にもあったようだ。

「母はある宗教団体所属していて、山上容疑者もその影響を受けて会員となりましたが、ほどなくして脱会。その後、山上容疑者は母の宗教団体分派団体所属していたようですが、母が所属する団体を恨んで対立が生まれたようです。母が所属していた団体安倍元首相もつながりが濃いとされる団体で、それを理由安倍首相を敵視するようになった可能性があります

実際、山上容疑者は調べに対し、『政治信条への恨みではない』と話しつつ、『特定団体に恨みがあり、安倍元首相団体がつながっていると思い込んで犯行に及んだ』『そのせいで家族バラバラになった』などと犯行動機説明しているようです」(捜査関係者

2022-04-17

おそらく新聞社規範を設けることになるし

電子版への移行もこれを機に加速するだろう

第三者としての感想はこれくらい

宗教戦争してる方々はこの話題が終わったら別の火種で同じ話題を繰り返すのかな

2022-03-25

anond:20220325115105

科学に基づかないことをやるなら、最終的に行き着く先は宗教戦争というやつなんだよ。

2022-03-08

anond:20220308150638

はい増田君に宿題です。

以下のリスト全てに、「先に仕掛けたほうが負けた」かどうか回答しなさい。

1904年1905年 - 日露戦争

1911年1912年 - 伊土戦争

1912年 - 第一バルカン戦争

1913年 - 第二次バルカン戦争

1914年1918年 - 第一次世界大戦

1917年1922年 - ロシア内戦

1917年1921年 - ウクライナソビエト戦争

1918年1919年 - ウクライナポーランド戦争

1918年1919年 - ハンガリールーマニア戦争

1919年1921年 - アイルランド独立戦争

1919年1921年 - ポーランドソビエト戦争

1919年 - 第三次アフガン戦争

1919年1922年 - 希土戦争

1921年 - コト戦争

1922年1923年 - アイルランド内戦

1926年1949年 - 国共内戦

1931年1933年 - 満州事変

1932年1938年 - チャコ戦争

1934年 - サウジイエメン戦争

1935年1936年 - 第二次エチオピア戦争

1936年1939年 - スペイン内戦

1937年1945年 - 日中戦争

1938年 - 張鼓峰事件

1939年 - ノモンハン事件

1939年1945年 - 第二次世界大戦

1939年1940年 - 冬戦争

1941年1944年 - 継続戦争

1941年1945年 - 独ソ戦

1941年1945年 - 太平洋戦争

1945年1949年 - インドネシア独立戦争

1945年1954年 - 第一次インドシナ戦争

1946年1949年 - ギリシャ内戦

1948年1971年 - 印パ戦争

1947年1949年 - 第一次印パ戦争

1965年1966年 - 第二次印パ戦争

1971年 - 第三次印パ戦争

1948年 - 第一次中東戦争

1956年 - 第二次中東戦争

1967年 - 第三次中東戦争

1973年 - 第四次中東戦争

1948年~(継続) - パレスチナ紛争

1948年~(継続) - ミャンマー紛争

1949年~(継続) - 東トルキスタン紛争

1950年1951年 - チベット紛争

1950年~(継続[1])- 朝鮮戦争

1954年1962年 - アルジェリア戦争

1955年1972年 - 第一スーダン内戦

1956年 - ハンガリー動乱

1959年 - チベット動乱

1959年1962年 - 中印国境紛争

1959年1975年 - ラオス内戦

1960年1965年 - コンゴ動乱

1960年1996年 - グアテマラ内戦

1960年1975年 - ベトナム戦争

1961年 - ピッグス湾事件

1961年 - ゴア併合

1961年1962年 - 西イリア紛争

1962年1969年 - 北イエメン内戦

1962年1963年 - ベネズエラの反乱

1963年1968年 - アルジェリアモロッコ国境紛争

1963年1964年 - キプロス内戦

1963年1966年 - インドネシアマレーシア紛争

1964年~(継続) - コロンビア紛争

1965年 - ドミニカ内戦

1965年1979年 - ローデシア紛争

1965年1984年 - チャド内戦

1967年1970年 - ビアフラ戦争

1968年 - プラハの春チェコ事件

1969年 - 中ソ国境紛争

1969年 - サッカー戦争

1969年1998年 - 北アイルランド紛争

1969年~(継続) - フィリピン紛争

1970年 - ヨルダン内戦

1971年1992年 - カンボジア内戦

1971年~(継続) - カシミール紛争

1973年 第四次中東戦争

1974年 - キプロス紛争

1975年1989年 - ナミビア独立戦争

1975年1990年 - レバノン内戦

1975年 - インドネシア東ティモール侵攻

1975年2002年 - アンゴラ内戦

1976年~(継続) - 西サハラ紛争

1977年1979年 - ウガンダタンザニア戦争

1978年1988年 - オガデン戦争

1979年 - 中越戦争

1979年1989年 - ソビエト連邦のアフガニスタン侵攻

1979年1990年 - ニカラグア内戦

1980年1992年 - エルサルバドル内戦

1980年1988年 - イランイラク戦争

1980年~(継続) - ペルー紛争

1982年 - フォークランド紛争

1983年2004年 - 第二次スーダン内戦

1983年 - グレナダ侵攻

1983年2009年 - スリランカ内戦

1979年1990年 - 中越国境紛争

1986年1987年 - トヨタ戦争

1987年~(継続) - ブルンジ内戦

1988年1994年 - ナゴルノ・カラバフ戦争

1989年2001年 - アフガニスタン内戦

1989年1992年 - 第一南オセチア紛争

1989年 - パナマ侵攻

1989年1990年 - エチオピア内戦

1989年1996年 - リベリア内戦

1990年1994年 - ルワンダ紛争

1990年1991年 - 湾岸戦争

1991年2001年 - シエラレオネ紛争

1991年2000年 - ユーゴスラビア紛争

1991年 - 十日間戦争

1991年1995年 - クロアチア戦

1992年1995年 - ボスニア紛争

1999年2000年 - コソボ紛争

2001年 - マケドニア紛争

1991年2001年 - ジブチ内戦

1991年2002年 - アルジェリア内戦

1991年~(継続) - ソマリア内戦

1991年~(継続) - カザマン紛争

1992年 - オセチアイングーシ紛争

1992年1994年 - アブハジア紛争

1994年 - イエメン内戦

1994年1996年 - 第一次チェチェン紛争

1995年1998年 - ハニーシュ群島紛争

1996年1998年 - 第一コンゴ戦争

1998年2000年 - エチオピア・エリトリア国境紛争

1998年2002年 - 第二次コンゴ戦争

1998年2001年 - ポソ宗教戦争

1999年2009年 - 第二次チェチェン紛争

1999年 - 東ティモール紛争

1999年 - カルギル紛争

2000年~(継続) - インドネシア紛争

2001年~(継続) - パキスタン紛争

2002年2003年 - コートジボワール内戦

2003年 - リベリア内戦

2003年2011年 - イラク戦争・Category:イラク戦争

2003年~(継続) - ダルフール紛争

2004年~(継続) - サリン紛争

2004年~(継続) - タイ紛争

2004年~(継続) - ワジリスタン紛争

2006年 - 東ティモール内乱

2006年 - イスラエルガザ侵攻・レバノン侵攻

2006年 - エチオピアソマリア侵攻

2006年2009年 - スリランカ内戦

2008年 - 第二次南オセチア紛争グルジア紛争

2008年2009年 - イスラエルガザ紛争

2011年 - シナ紛争

2011年 - リビア内戦

2011年~(継続) - シリア内戦

2012年~(継続) - マリ北部紛争

2013年 - スールー王国軍によるラハダトゥ侵攻

2014年 - ISISによるイラク内戦

2014年 - イスラエルガザ侵攻

2014年〜(継続) - クリミア危機ウクライナ東部紛争

2014年2020年 -2014年リビア内戦

2015年〜(継続) - 2015年イエメン内戦

2017年 - マラウィの戦い

2020年 - 2020年ナゴルノ・カラバフ紛争

2021年 - パンシール紛争

2022年 - 2022年ロシアウクライナ侵攻

2022-02-11

anond:20220211130017

ゼロかイチかで確率議論をしないのも、神はいる、いないの宗教戦争と同じだけどね。

2022-02-10

思想信条自由表現の自由宗教戦争産物として生まれ

18世紀の中欧神聖ローマ帝国領土内と周辺国で30年戦争という長期間戦争が発生する。

双方が戦争によって疲弊したことによってその停戦合意として「思想信条自由」が生まれ歴史的経緯がある。

なので当時のドイツ人人権感覚が優れていたと言う話ではなく、単なる戦争産物に過ぎない。

ウィーンカトリック派と、ライン川流域のプロテスタント派が30年間の戦争の果てに国土は荒廃し、最終的に共倒れする。

その停戦合意として「帝国諸侯カトリックプロテスタント、どちらの宗派を選んでもいい」ことになり、これが思想信条自由理念となる。

帝国諸侯とは、神聖ローマ帝国内で自治権をもっていた主権国家であり、日本で言えば江戸時代の藩みたいなものイメージしてほしい。

何が言いたいかと言うと、今はてな界隈で色々話題になっている表現の自由議論を見ていると、その点を無視しているように見える。

18世紀の神聖ローマ帝国ではカトリックプロテスタントと言う「水と油」の両者が聖戦志向で激突し、30年間戦ったあげくに共倒れして、お互いの主張を認めると言う意味で「表現の自由」の概念が生まれた。

今のネットでは、フェミと反フェミと言う水と油の両者がネット上で30年戦争のごとく大激突している。

萌え絵やBL市場の全部を焼き尽くした上で、フェミと反フェミの双方が「これ以上の戦いは止めて、今後はお互いの意思尊重しよう」という機運になった時に初めて表現の自由理念が成立するのである

なので、今後も徹底的にやりあえばいい。

ちなみに私自身は反フェミなので、BLを燃やしつくす所存でございます

2022-01-28

anond:20220127213830

宗教戦争になるから男同士だと口にしないよ

ちなみにおれはクンニ

2021-12-01

手洗いか否かの増田酢魔のカナイカイラ宛(回文

二匹目のドジョウはだいたい9割!

おはようございます

よーく増田とかでたまに見る食器洗い話題

あれ洗濯の話しにしたらみんな冷静に

洗濯機買え!40秒以内に今すぐに!って総ツッコミ優勝ブクマが年内中に1000付く勢いだと思うんだけど、

なにがなんでも今どき

家族洗濯物の洗濯を手で洗って常にそうしている家庭はそうそうないと思うんだけど。

だいたいの洗濯機の普及率は120パーセントを超えて

今や150パーセントに迫る勢いだというのに、

食器洗いの話になると

手で洗うか食洗機かの

まるで宗教戦争みたいに

もうみんなWindowsでもマックでもどっちでもいいじゃん!

仲良くしようよ!って言いたくなっちゃうほど

意見対立するじゃない。

私はその効率化をはかって手荒れもヒドイのどうにかしたかったし

重い腰を横井庄一さんばりに持ち上げて

それこそ無理して食洗機を買って導入して優勝!って

もう手洗いおさらば!って毎日秒で優勝なのよね。

おかげでシンク食器が溜まることがいっさい無くなった反面

プラ容器が溜まってしまうと言う逆転現象が起こっているんだけど。

それはさておき、

やっぱり今は根性論でどうにか出来ることと出来なかったら出来ないこともあると思うので、

無理してでも導入すべきまくりな訳だと思うのよ。

でも水栓工事面倒くさいなーって思うけど

最初の面倒くさいのを乗り越えたらと言うか私は水道工事資格を持つ姉にそういった水道トラブル解決してもらったけど、

今探せば新しいので

タンク式の水栓工事がとりあえず必要ないタイプのを

今まであったけど、

ついについによ大手メーカーもその領域に踏み込んじゃったか

これはもう水道工事しなくても優勝できるってわけ?

画期的だと思うのよね。

から本当に無理してでも導入した方がいいと思うのが私の持論でもあり自論でもあり世の中の今の時論でもあるし

そこをもうちょっと現代的にクローズアップして掘り下げて欲しいのよね。

それをマリアントワネットさんに言わせたら

どう答えるのかしらね

食洗機がなければ手で洗えばいいじゃない。

って当たり前のことを当たり前に良いそうな逆の斜め上のことを言ってみたいけど

私には大喜利瞬発力がないから、

あいった芸人さんの台本にはない発想と瞬発力でしか乗り越えられない

大喜利大会をみると

すごく勉強になるし、

これからはやっぱり大喜利力よね!って思うし

さすがにホワイトボードの小さいやつを常に持ち歩いて常に大喜利できる環境ではないけど

心にはそのホワイトボードを持っているつもりでいるんだけど、

なかなか鋭角でスパイシーかつそう言った

答えが出せないか

やっぱりプロギャガーってスゴいなって思うのよね。

もちギャグが3兆個ってのもスゴいけど。

せっかくさー

食洗機で浮いた時間大喜利上手くなれるかと思ったけど

それは浅はか中の浅はかだったわけだし、

浮いた時間は結局人間は怠けてしまうのよ。

食洗機大喜利必要な物よね。

うかうかしていられないわ。

小さいホワイトボード買ってくる!!!

うふふ。


今日朝ご飯

ハムタマサンドよ。

最近こればかりなのは

また新登場の新レシィピのサンドイッチの登場がないからってのもあるわ。

温めて下さいって前提のホットサンドも私は挑戦してみたいし

あたたたかいと一緒にいつもセットで言うやつのおののののかさんもきっと美味しくいただいてくれるはずよ。

新しい新登場のサンドイッチがあれば試してみるのになぁー。

デトックスウォーター

ホッツ白湯レモンを加えてみたわよ。

一瞬だけホッツなのでホットレモンになるレモンフレーバーレモン味でレモン風味がいいわよ。

冬も意外と水分補給意識して中から潤わせた方がいいって意見もあるしね。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2021-11-16

anond:20211116160757

かによく読むとそうか

でも、山折りになるような傾斜をつけた場合、どのキーで折り返すかで宗教戦争になりそうだな

2021-10-27

スマホ宗教戦争ってiPhone信者が始めた物語だよね

国産の初期Androidが性能ゴミだったのは事実だけど、あの時期にiPhone信者達がAndroid使用者揶揄したのが物語第一章だったんだよ

それがいつしか時は流れAndroidの性能がiPhoneに追い付き追い越すレベルに至った昨今、iPhone信者達の間で口々に「Android使ってる人って何で見下してくるんだろう😓」という被害者意識120%の発言が囁かれる様になった

はてブでも「Android上げ、iPhone下げ」記事話題になると必ずこういった被害者意識120%のコメントが付く

iPhone信者達はどこまで面の皮が厚いのか

これはiPhone信者が始めた物語だろ

2021-10-09

anond:20211008013812

なんかわかる気がする

ワクチンに限らず何かしらの信仰宗教戦争になる話題信者の方の迷惑さというか有害さというか

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん