「練習」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 練習とは

2019-03-24

anond:20190320210053

普通に話ができるから忘れてしまうけれど、これくらいの子供って大人よりも視野が狭いんだよね。

大人だと外で靴を脱いで走り回ったら、靴下が汚れて、靴下を洗う羽目になることや、「自分靴下を洗う」と宣言したらその責任を取らないといけないということはわかる。でも、これくらいの子供は親が手伝ってあげないと未来が読めない。

それに、大人だと時計を見て動けるけれど、これくらいの子供は時計が読めないし、たとえ読めてもそれから逆算して今どうしたらいいのかまでわからない。

目が悪い人が眼鏡をかけるみたいに、子供にはその不足した情報を親がいれてあげないと適切な判断ができないんだよね。

「靴を履かないで遊ぶとどうなる?」「靴下はどうなるかな?」「それをお母さんはいつもどうしていたかな?」「お母さんは泥が取れるまで洗うのが大変なんだけれど、君は何をして手伝えるかな?」

「夕飯は1時間くらいかかるし、お風呂も1時間くらいはかかるね。明日は平日だから9時に寝ると思うんだけれど、いつ帰ったらご飯を食べてお風呂に入って9時に寝られるかな?」からの「あと30分で君の言っていた時間だよ」「あと15分」「あと10分」「あと5分」「あと1分、最後に一つだけ乗ったら帰ろうか」「時間だよ」(カウントダウンすると時計が読めなくても心づもりができるからかなり大事)

「今おうちについたけれど、今日は靴を脱いで遊んでいたよね?玄関に上がる前に何かすることはある?」「泥が付いた靴下で家の中を歩いてもいいんだったかな?」

ちなみに、10歳以上でこれをやると反発されるらしいけれど、それ以下の子供にはやってあげないと適切な判断ができないらしいね

お前はこんな面倒くさい質問を日々できているのか?!と聞かれると、練習中としか言いようがないね。うっかりすると、今まで通りの勝手に期待して、勝手に怒るという行動をとってしまうので、一呼吸おいて子供が状況を把握できるようにする質問をするように頑張ってる。

あと、なぜ自分が不満を持っているのかをちゃん言葉にするというのは大変だけれど、それをちゃんと伝えたら状況はずっと良くなるんじゃないかな。

2019-03-23

anond:20190323222237

好きな絵師作品トレースから始めよう

公開するとかじゃなくて、練習としてな

イチローがやってることなんて当たり前のことだろ

イチローすごいすごいって褒められてるけどさ、毎日練習して結果を出すってサラリーマンならみんなやってることだろ。

こっちだって毎日毎日通勤して仕事して結果出してんのになんでイチローだけ賞賛されるんだよ。

というか、スポーツ芸術方面サラリーマン的に働いているとそれだけで賞賛されるんだよな。村上春樹毎日決まった時間執筆しているのがすごい、とかさ。こっちだって毎日決まった時間仕事しているわ。

なんでイチローだけ賞賛されて引退記者会見やって……サラリーマンだって引退記者会見やらせろよ。

anond:20190323185548

全部本当だわボケ。お前みたいな差別主義者もいるだろうからから罵倒する練習しておくわ。このクズが。

anond:20190322223244

正確さが誠実さだと思い込んでいる節がある

ごく個人的なこだわりを重視してわかりやすさを犠牲にしていることを自覚せよ

どの程度の粒度情報提供する必要があるのかを把握する練習をすべきだ

初対面で出身地を聞くのは相手愚か者じゃないかチェックするためなので、

47都道府県名のどれかを素早く答えられればそれだけで合格なのに

もたもた福島福岡東京かとかやっているのはもうね、残念ですが愚か判定ですね

実際には愚かなんじゃなくて習慣が違うだけなのかもしれないが、正確さよりスピード感テンポ感を重視するようにした方が捗る

まり東京あるのみ

2019-03-22

趣味アピールすると好きじゃなくなる

自分の好きなものアピールするとアピール目的になってしまって、好きが薄れてしまう。

承認欲求が強すぎるせいなんやけど

自分ランニング趣味やけど、こそこそやってる。

以前はアピールしまくってたけど、走る事の爽快感よりも人にすごいと思われたいという欲求の方が大きくなってしまった。

人に認められたいから、フルマラソンで好タイム狙うようになったし、人に認められたいか練習量も増やした。

今はこっそりやってるけど、そっちの方が楽しい

たまに強烈に人にアピールしたくなるけど、我慢してる

anond:20190320210053

増田言動を追っていくと、子どもがどの選択肢選んでも増田イライラするようになってるんだよね。

最初に「なんで靴を履かないのか」って質問の形で詰めたとこからボタンがかけちがえられてて、だってそんな質問には普通答えられないわけじゃん?「それは、いつもと違う感触の地面で遊ぶのが新鮮で楽しいからです」とか言えないから、ニヤニヤするしかない。(私は真顔でそう答える子どもだったか母親に嫌われていたし、私も母親が嫌いだった)

その後のコミュニケーションも、増田がどうしてほしいのか一切指示してない。「なんでそうしたの?」「あなたはどうするの?」って聞きっぱなし。そうなると、娘の目線から見た最適ルートは「自分が誰にも教えられずに一人で汚した靴下ちゃんと洗う」ってとこしか着地しないし、まあ、そんなの無理だからどこかで失敗して事態を悪くして、結果、増田の怒る材料は増える。相手大人だって同じことで、部下をつぶす上司ってこういう人多い。

だいたい「なんで?」と聞いて、質問する側にとって受け入れられる答えが「ごめんなさい」であり、それ以外の答えが帰ってきた時には「言い訳するな」と思い、答えがない時には「舐め腐った態度を取っている」と感じるのであれば、もう、問いと答えが成立しないのだから疑問形で話すべきではないと思う。

たぶん、娘から見ると、元増田が何を望んでるのかさっぱりわからないんだ。笑ってるのか泣いてるのかもわからない。まだ他人気持ちが読めるほど成長してないのかも知れないし、子ども自身特性でわからないのかも知れないし。

でもどっちにしても、子どもに察してもらおうと期待するのやめようよ。

公園で遊ぶ時は靴を履け」「汚いから家に入る前に靴下脱げ」「脱いだ靴下バケツの水につけろ」とか、言わないとね。増田、それは一言も言わず、そんなことをガミガミ言う母親になりたくなくて、半分笑いながら泣いてる。気持ちはわかるが、それをやらずに家族のため家事子どもの世話をせっせとやって苦労して疲弊しても、それは奴隷仕事であって母親仕事ではない。

何をしてほしいのか、何をしてほしくないのか、わかりやす言語化するとかなり状況も変わるから、やってみてほしい。

育児で疲れているだろうと思うから同情はできるんだけど、でも、そういうスタイルで生きてると、おそらく夫や親戚とも、働きだしたら職場でも、同じところでストレスためることになるから子ども相手練習するつもりでガミガミやってくれって思った。

KKOだけど同人誌売って多少収入がマシになった

エロ特化でよほど需要読み違えなければ幼稚園レベル画力からでも練習して多少の利益出るようになったわ。家族恋人友達もいないかエロ漫画描いてても気にしなくていい。虚無感。

2019-03-19

anond:20190319184857

後、お前と思われるのものがいろいろ見受けられるが、お前、色んな物に反応し過ぎなんだわ。

のものズバリ草薙龍瞬「反応しない練習」とかいう本を買うか図書館で借りてみ。

仏教系だけど、でも、人の心についての洞察があるから。作者もそれなりに苦しんであがいたタイプ僧侶だ。

ああ、でも仏教からいいと言ってセミナーかにはいかんようにな。草薙氏のならともかく、君みたいに頭ヒートアップしてるやつを鴨にするタイプセミナーいっぱいあるから

anond:20190318214025

それくらいそつなくこなせる協調性がないと社会人として生きていけないよ

社会人って社会に属する団体行動ができる人のことだから

かわりに団体行動を引率してくれる人についてく形で社会依存してる学生の延長の人も多いのは事実

元増田さんとかブクマカのみなさんがどうしてこんな「学生の延長のような」醜悪無意味伝統がまかり通ってるんだと疑問に思われているみなさんが現実にそうだし

つらいつらい団体行動の教育ですら適合できなかったのに自由に開放されてまでなぜとお思いだろうけど

学生はその社会というシステムに適合するための練習期間であって失敗してもこまらないし 結果を出さなくてもとりかかるだけでゴールにたどりつけるもの



めんどくさいね つまらいね 意味いね こんな事をするより結果を出すために各々がだまって作業をすればそれだけでいいのにね


なのに進捗を報告しないし結果が期限までに出なかったらちゃん理由を聞いてくれとか仕事自体が楽しくないからとか言い出しちゃうよね

コミュニケーションとろ?学生とき練習したよね?

期限までにしあげよ?進捗を報告しておけば理由は共有できて回避できるもの回避できるし責任を負わなくていいものは負わなくていいよね?一人でできないことをさせるなって文句いうまえに団体行動してみよ?

運動会でも1対100でしたりしなかったよね?10対10で勝ったり負けたりしたのはなぜかな?団体行動の運用方法の差だよね?

仕事自体がたのしくないからって勉強はたのしかった?勉強をこなしてうまく終わらせて褒められるのはたしかにうれしかったけど「勉強自体は楽しかった?」?

勉強のもの楽しい素質をもった人もたしかにいるよね

自然にあたまが良くなっちゃう人

でも多くの人はそうじゃないことくらい社会のみんなは知ってる

仕事もたのしくない

仕事自体はつまらない

ただ 仕事をした結果に 自分の好きな楽しいことができる

ほかのだれかに提供された「おまえもこれが好きなんだろ」ってつまらないものじゃない 自分選択できる時間と余力が得られるんだ

そこで楽しいことをすればいい その楽しみのために仕事をするんだ 仕事自体はつまらなくてもいい 楽しいことを邪魔しないもの選択するんだ


ところが仕事が楽しくあるべきという経営者でも労働者でもない解析を行った結果仕事をしないために楽しみの幅も広げられない人もいる

仕事はひたすらつらいものだ そんなことは知っている だから手あたり次第に働いてみる というブラック企業から脱出方法を見失ってる人もいる

そういうなか「あり方」を作らないと人を使う側になったとき 働いてる側からみれば「働いている自分」の行動が見えないけど

見える立場になったとき 最低限してもらいたい事はそれぞれにある みんなの負担を減らすために団体で重荷に耐える訓練などしたいと思ったりする

一人に負担をかけないために厳しく平等性を求めるところもあるし ほぼ同じ内容なのに緩い所もある 矛盾じゃない 経験なんだ

その組織にはそれが必要だとおもった先人がいたのだろうし 後任がその立場になって自分過去をみて 次の世代の様子をみて

不要」だとおもったら なくしていけばいい 「あったほうがよかった」と思えば残せばいいし なくしてこれはまずいと思ったら「再構築」すればいい

きつくてきびしい人の楽しみをけずる会社経営している人も たぶんだけど 多くは苦しめたいと思っているのではなくて

自分成功方法を伝授して みんなたのしいとおもうだろう自分のたのしかった得した大切な経験を俺がかわりに体験させてやろう」

ってやさしさからきてることも多いとおもうんだ だからなお悪いんだろうと思うけど

それを教えてあげることができるのはその人が教育をうける側 その人の経営を包括する社会の その作り手側になって「学生のように」その経営者さんに教えてあげないといけない

そんな規模にまで自分たかめてブラック経営者さんのためになにかしてあげる必要はない 自分がそこから離れたらいいだけなんだ

離れるという方法に仲間がいれば 減らすという方向に ほかの人の環境比較することができる仲間がいれば わるい奴を叩きのめす以外に

よりよく楽しい人たちだけでゆったりすごす環境をつくって そのほの暗い労働形態を干していくこともできるんだ

そう 仲間がいない孤独な人がかかわりをなくしていくように 自分成功方法スパルタにたたき上げていく方針に従う人が枯渇すれば自然になくなるんだ

孤独自分作業だけやっておけばいい人が その脱出方法を共有できずに 脱出先のよりよい環境選択も思案もできずに 相談もできずにいるんだ

それはブラック会社就労者だけじゃない 世の中の働き方についての考え方もそう

仲間で相談して 団体で考えて行動して みんなと比べてみる そういう機会とそれを試せる場所は 必要じゃないか

自分団体のなかで生きていくことにあたって連絡をして報告をして相談をして共有をできる仲間を仕事生活や楽しみといった段階や層でもってつくる必要があるんだ

しかに 別になくてもいい 友達かいらないかもしれない でも友達がいないということはその分の「選択肢がない」ということなんだ

選択肢がなんにもなくなったらどうだろう それはだめだ そうすべきだ それじゃない とない所に正面突破して相手が砕けてくれることを祈るしかない

いまそんな強行突破という選択肢をとらなくてはいけない状況は どれだけあるだろう その多くは人の関わりで解決できるものだよ


ただ おもいつきでコンサルが導入した制度じゃないものは 人がうまれてきた理由とか哲学的になにかしら考えるほどには その制度には「理由」があるんだ

言ってることの意味は 労働者の側から出るつもりが一切ないみんなにはなにもわからないと思うけど 僕たち使用者は 使われる側に損がないよう つらいことがすこしでも軽くなるよう

考えて社会の決まりを すこしばかり用意させてもらってるんだ

2019-03-18

アラサー女が高校時代にお付き合いした女の子との思い出を語る

私はアラサー女のBです。

私が最初に本気で好きになった人は女性でした。その女性Aについての話をしていきたい思います

Aと出会ったのは高校部活でした。

入部者のほとんどが中学から経験であるなかで、私とAは高校から始める初心者でした。私たち初心者同士で一緒に練習するうちに仲良くなっていきました。

入学して最初の夏、我が部活の1年女子の間ではキスするのがブーム(?)になっていました。それも練習場とか部室とかみんないる所でスキンシップの一貫みたいな感じで。(女子ってわりとスキンシップするものじゃないですか…キスはやりすぎだと思うけど)。私は別にされるのは構わない(どっちかというと嬉しい)んだけど小恥ずかしいので自分からキスするなんてできませんでした。

そのキスブームの頃、初心者むけの大会に向けてAと私は練習していました。その最中「Bからキスしたことないよね。もしお互い大会で勝てたらBからキスして」という約束しました。みんなとする遊びのキス認識だったので、いいよーしてあげるって普通に約束しました。

で、お互い大会で見事勝ちまして、約束を果たすことになりました。

さていつしようか、みんながいるところでするのは恥ずかしいから無理…。ということで部活が終わってから帰るまでに部室で着替えたりおしゃべりしたりする時間があるから、その間に二人でトイレに行くって抜け出して、誰もいない夜の校舎でキスしよう、ということになりました。

当日…無事抜け出してダッシュで校舎を上がっていって人気のない階段そばキスしました、約束通り私から自分からするのは初めてだったし恥ずかしいし緊張するしなんか笑えてきちゃうしで、お互いの歯が当たっちゃったり上手くできなかったです…。

下手でもとりあえずキスたから部室に戻ろうかって廊下を歩いていたら、「さっきはうまくできなかったら、やっぱりもう一回ちゃんとしたい」的なことをAに言われた気がします。そこで今度は空いてる教室に入って、二回目のキスしました。今度はちゃんと唇にできました。キスが終わり無言のまま抱きしめ合っていると段々と「女同士だけどキスしちゃった、これからどうなるんだろう……」と急に不安なのかなんなのかモヤモヤした気持ちになってきました。女同士でのキスって他の部活友達ともやってきたことだけれど、Aとのキスは明らかに遊びやおふざけではなくて、真剣ものだったから、こんな気持ちになったんでしょうね。

何事もなかったように部室に戻るのに成功し、そのままその日は帰宅帰宅後Aからメールが着ました。「ようやく今日できたね。すっごいドキドキした。今度はもうちょい真面目にしたいなぁ…。」と。Aはまたしたいと思ってるんだと知って嬉しいというよりもこれから私たち関係はどうなるんだろうってドキドキしてたと思います。そして、真面目に、とは…。こうして二人の秘密関係が始まりました。

anond:20190318184122

で、「周りを勧誘することが起業練習になります!」みたいな口上で周りを勧誘する手口まである

まあ、カルトなんて、「何か欲があるが、それが叶わず、金を出せば誰か叶えてくれる」ということで成り立ってる事に気づいた。

加えて、起業なんて成功しなくて当然だから品質保証不要だということ。

、、、、、、そりゃ新興宗教や、自己啓発セミナーで培った手口がそのまま使えるよなぁ、、、と。

バタフライおじさんと俺

温水プールに通っている。

ダイエット慢性的運動不足解消のためだ。

週に3~4回行っていると、知り合いというほどではないが何度か居合わせる人が出来る。

その中の一人に、俺がバタフライおじさんと名付けている人がいる。

バタフライで泳いでいるかバタフライおじさんだ。年齢は60代くらいだろうか、俺より体力がありそうな引き締まった身体をしている。

バタフライが泳げるのはすごい。どうやって泳いでいるかからない。

そして先日、新たなバタフライおじさんに遭遇した。バタフライ練習中おじさんだ。

足でザパーン、手でバシャーン、立つ、を繰り返している。バタフライ練習方法がわからないのだが、それで合っているのだろうか。

バタフライ練習中おじさんはどちらかというと、どれだけしぶきを上げられるかを練習しているように感じる。そのくらいひとつの動きがでかいし、水流もすごい。ふんわりと書いたが普通に隣を泳ぐのが困難な上、なぜかプール中央に陣取っている。おじさんのいるレーンは空く。

アニマルプラネットマンタが「空中に飛び立ちいかにしぶきを多くあげて着水するか」でモテるかが決まる、みたいなことをやっていた。

バタフライ練習中おじさんもメスにアピールしているように思う。

anond:20190318133332

ふつうスキルは高いと思うけどな。

練習すればだいたい誰でもできるのかもだけど、

それは他の仕事も同じだし。

基本事前に下読みできる原稿を、手に持って読むだけやで。

最近字幕も出るし。

どの点がスキル高いと?

anond:20190318133332

ふつうスキルは高いと思うけどな。

練習すればだいたい誰でもできるのかもだけど、

それは他の仕事も同じだし。

容姿スキルで、これはどう頑張っても勝てない層がほとんどだよ。

加齢による容姿の衰えについては、どうお考えで?

anond:20190318132412

ふつうスキルは高いと思うけどな。練習すればだいたい誰でもできるのかもだけど、それは他の仕事も同じだし。

容姿スキルで、これはどう頑張っても勝てない層がほとんどだよ。

あと、問題本来給付金必要ない富裕層が、本来辞退できる給付金を受け取ってるということなんだとしたら、女子アナ給料だどうこうという問題ではないよね。

ゾンビランドサガのライブ最高だった

はじめに

私はこれまでライブライブビューイングも行ったことなかったんだが、画面越しでは何度か見たことがあった

そういうアニヲタ結構居るんじゃないだろうか

メディア話題になりがちな陽のヲタクとか、声優好きなヲタクとかではない、「それ以外」のヲタクはかなり多いと思う

理由は長くなるので省くが、ゾンビランドサガはそういう層のヲタク結構刺さったらしい

これまでのアイドルアニメ好きとはちょっとズレた層に刺さった

これは5chやTwitterを1クール以上観察して感じたことだ

※もちろんアイドル好きオタクにも刺さったが、全体の割合体感少なかったと思う

アイドルアイドルアニメについて議論するシーンでも「他見てないか分からん」が多数派だった

 

から今回が最高だって言っても、Twitterで5万ツイートされトレンド入りしたとしても、他のライブと比べてどうたったかという答えは出づらいと思う

でも、視点を変えれば今回は「アニメの一部として」最高だったんだと思う

普段ライブを見ないような人達が最高だったと言っていたら、その理由しか考えられない

 

フランシュシュ中の人)という存在

そもそも、このアニメライブ押しの方針がなかったのか知らないが、歌って踊れる声優は半分と言った所だった

その割に難度は高く、楽曲を収録する際にも音楽担当に何度もリテイクをうけながら作ったらしい

視聴者も「実際にライブやる用じゃないよね」という感想だったと思う

歌うだけでも何度もやり直しを食らう楽曲を、経験が乏しい人が激しいダンスありのライブで歌うのは相当厳しいだろう

しか練習期間は仕事の合間の3,4ヶ月程度しかない

からファン声優ライブはおまけとか記念程度に思っていたと思う、少なくとも私はそう思っていた

12月に行われたサイゲフェスは実際にそのくらいの出来だったし、ファンも内情を理解して「みんな頑張っていたな」という感じの感想だったと思う

それでもアニメそもそも素晴らしかったのと、「頑張っていた」のがアニメ内のフランシュシュと被っていたので十分感動的で好評だったのだけれど

 

そんな中で、今回のライブ

今回のライブはそんな初々しさまみれの状態で行われた、初単独ライブだった

ファンの間では「ライブには何を持っていけば良いのか」「何を着ていけば良いのか」「立つのか座るのか」「サイリウムは買えば良いのか」「どこで買えるのか」「いつ行けば良いのか」と言った初心者丸出し質問が相次いだ

ほとんどがライブビューイング参加だったからというのもあると思う

明確に回答できる者も少なく「俺はこうする」「周りに合わせる」などという腹の探り合いに発展しているのは面白かった

 

当初BD購入者先行抽選で、1000人の箱で行われる予定だったこライブは、アニメの人気によってライブビューイング69劇場の追加が決まり

その後あにてれでの生配信ビリビリでの中国配信まで決まった

運営の柔軟な対応によりファンはこぞって応募し、ライブビューイングはほとんど満席だったらしい

※ちなみに私のBD抽選落選ほとんど皆落選してた(倍率10倍位?)

 

次元の壁を超えるライブ

蓋を開けてみたら、想像を遥かに超えた出来だった

一言で言えば「アニメ再現度の高さ」がすごかったのだと思う

アニメを見ているのか、声優ライブを見ているのか一瞬わからなくなるくらい、というのは言いすぎではない

 

歌声アニメで聞いたそのものだった

ダンスアニメで見たそのものだった

衣装アニメで見たそのものだった

ファンや歓声がアニメで聞いたそのものだった

演出アニメで見たそのものだった

彼女たちの努力アニメで見たそのものだった

チームワークがアニメで見たそのものだった

それを、ストーリーを追いつつ、ストーリー順にやっていく

違うのはせいぜい髪の色と次元くらい

これは錯覚する

完璧実写化がそこにあった

 

思えば伏線はあった

本作のキャスティングキャラクター中の人が似ているように作られている

演技も「できるだけ素に近く」のようなオーダーを受けるくらいで

まり中の人が素で全力を出しても「キャラっぽくなる」わけだ

そして3ヶ月前の、まだ慣れていないパフォーマンスも、思えばまるで本編第三話のようだった

 

でも伏線はあっても現実アニメじゃない

普通は他の仕事がある中、3ヶ月そこらでそんな完璧にはならない

皆そう思っていたはずなのに、彼女たちはやってのけた

しかも作中の曲をほぼ全部やった、3ヶ月前より7曲増え計9曲ある状況で、「すげぇ本物だ!」というくらいまで仕上げてきた

その「行間」がモロにアニメと被ってしまって、1曲目から勝手に涙が出てきた

誰かが「こんなのアニメの続きじゃん」とか言ったが、よもやそんな、昨日までなら一笑に付したであろう世迷い言を首肯する日が来ると思わなかった

 

元々作中の楽曲はよく練られている

「泣けば良いのか笑ったら良いのかよくわからないアニメ」と評されるだけあって

アイドルっぽい曲というよりは、友情努力勝利生き様死生観家族愛応援のような感情を揺さぶる曲が多い

一定パフォーマンスが出せたら、感情を激しくシェイクするようなポテンシャルを持っていたのだが、それが完全に発揮されていた

 

と、この時点で十分絶賛するレベルなんだが、あと何点か追加ポイントを挙げたい

 

新旧アイアンフリルサプライズで出たこ

これは流石に「マジか」と呟いてしまった

だって本編に少ししか出ていない、2期があれば確実に絡むだろう重要存在ではあったが「まさかさないだろう」と思われていた

そのBDしか付いていない楽曲は評判がよく、「出たらいいのに」とはよく言われていたが、練習もかなり必要なわけで・・・

しかもそれに対してファンが「まるで本当にトップアイドルが来た」かのような反応でこれまたアニメと被る

何で君たちBDしか付いていない曲で乗れるんだ、ああ全員BD購入者だった

訂正:アイアンフリルの曲はCDに付いてたんだった

 

作中と同じように「アンコール最後の曲」をやったこ

ファンが居なければ成立しないネタというのは割とあると思うが

これほどまでに本編と綺麗に被るネタは見たことがない

まんま本編じゃないか

こういう、大体100点だなというラインさらに乗せてくるのはゾンビランドサガらしい、多方面から出るアイディアを何故か上手く昇華できてしまっている

 

今回、数曲がフル初お披露目だったこ

かなり歌詞をこだわってくるタイプだったので脳の処理が追いつかなかった

眼の前のライブと、歌詞と、本編とが脳内グルグルグルグルしていた

 

「これからもっと飛躍していきたい」という声優フランシュシュの状況が

本編のフランシュシュと被っていることも面白かった

同じスピードで完全再現していったら絶対面白い(ちょっと追い越しちゃったけど)

 

今回のライブ成功記事になったのだが、作中と同じような写真の構図で記事にしているところがいくつかあった

演者ファンどころか、メディアまで一緒に再現に加担しているのがとても楽しい

 

ライブビューイングは場所依存が激しかったらしいが

私がいた新宿ではめちゃくちゃ盛り上がった

あとやっぱ音響がいい

夜の部は家で見たが、5割り増しで良かったと思う

実況スレ楽しいんだけどね

 

まとめ

まだ語りきれていないが一旦ここまで

とにかくここまでアニメのものライブは見たことがなく、ひょっとしたら今後もないかもしれない

(でも次は佐賀でやるらしいから、また一歩アニメに近づくかもしれない。最後に一つ足りないとしたらたえちゃんだね)

 

全体を通して、とにかくライブの作り手から作品愛を感じた

衣装も極力アニメに合わせるし、「どういうストーリーの中での歌か」という文脈大事にしていた

セトリストーリーのものだし、ファンを巻き込んでストーリーの一部にしてしまうのは上手いなと思った

この求心力はやっぱり本編ありきなんだと思う

 

しませてくれた関係者感謝

お前まじ伝説やん

 

なおライブBDで発売される予定

昼の部最高だったから見て

 

参考

https://zombielandsaga.com/event/detail.php?id=1070824

 

__

 

ところで田中美海はここ最近プリパラWUGとゾンサガで同時にアイドルしてたってマジ?

さすが天才子役(ちがうか)

To my Dearest、指先まできれいだった、2番難しすぎワロタ

幼少から必死練習してホルモンバランスとか崩したり調整したりしてギリギリラインで頑張って

20歳超えるまでに選手生命が終わるような体操選手とかフィギュアスケートとか

結局エロい体を鑑賞するためのスポーツだよってオチなんだけど女軍勢はどう感じてやり続けてるんだろう

2019-03-17

anond:20190317073134

「そんなやつを自由にそういうところに行かせたら、やっぱり何色かにまりますよね」

練習よりは、ライブの日のテンションの方が大事だったりするタイプバンド

今読むとこの辺を深読みしたくなるなw

今日筋トレ内容

単位ポンド

 足


 腹


 胸


 回数とセット数


基本10回、3セットずつ。ローは、持ち手のパターンが2種類あるので、4セットにした。LPDは5セット。トルソーは、左右あるから6セット。

 その他

 タバタ

トレッドミルでHIIT(タバタ)やってみた。レベル10を選んだ。相変わらず速度は、時速0.8キロ。手動で約6キロ/時まで上昇。

最高斜度=15、インターバルの間は4.5。どうもレベルは、10までしかない。

 ストレッチ

妻子がお稽古ごと・買い物ということで結局2時間滞在。暇なので、ストレッチも。ドローイングと寝てる状態から立ち上がる練習した。

 体組成

ピエール瀧 20代仕事について

僕の20歳は、「人生」っていうバンドをやりながら東京一人暮らしをしてて、医療系の専門学校中退した年ですね。臨床検査技師勉強をする学校だったんですけど、1年目の途中であんまり行かなくなって、2回目の1年生の夏に、ドラクエ のやり過ぎで辞めたんです。辞めたからといって地元静岡に帰っても仕方ないし、仕送りを止められたので、バイトバンド活動に明け暮れてました。あ、明け暮れてはいないですね。バイトをそこそこやりながら、あとは遊んで暮らしてました。すいません、ちょっと自分を良く言おうとしちゃって。お恥ずかしい。

このころは幡ヶ谷ワンルームマンションに住んでました。いまもバンドを一緒にやっている(石野)卓球笹塚に住んでいて、ちょうどその中間地点に練習スタジオがあったんです。当時はインディーバンドブームで、僕らも雑誌に取り上げてもらったりして、幾らか知名度はあるインディーバンドっていうようなポジションでしたかね。

仲の良い友達と始めたバンドから面白かったですけど、僕は部活みたいな感覚でやってましたから、とうていそれで食っていくってことを思いつくはずもな く、とくに将来のことも考えずに基本毎日ぷらぷらしてたんです。夢中でガチャガチャをやり過ぎちゃったり、CDジャケ買いして失敗したのが痛いとかで、 明日晩ご飯代がないみたいなことはありましたけど、そういう無目的若者でもなんとかやれる土壌があったというか、都市の遊びの部分に上手くハマってたんだと思いますけどね。

ただ21歳になるころ、インディブームからバンドブームみたいなものに変わっていって、僕らのバンドでやれることも飽和していたので、「人生」解散したんです。

当時はちょうどテレビ深夜放送が始まったぐらいのころで、よくバンドPVが流れてました。「人生」を辞めて僕はもうバンド活動はしないと思ってたから、それを見て、PV監督になりたいなぁと思ったんですね。それで知り合いが紹介してくれて、バイト四谷三丁目にある小さな映像制作会社に入ったんです。

そこは、地方CM企業宣伝用の映像とか、そんなにメジャーじゃないバンドPVを作ったりするような会社でした。20歳そこそこの小僧が見る世界としては、高価な機材とか目新しいものがいっぱいあるし、撮影現場で「本番!」みたい な感じがすごく面白かったですね。ただ会社が小規模なので、現場に付く下っ端が僕一人しかいないんですね。教えてくれる人もいないのに、現場はどんどん進んでいくわけですから、とにかくしんどかったです。辛くて泣きましたもん。夜中に帰って、当時一緒に住んでた彼女に「仕事が辛い」つって「うぇーん」って 泣いて、その45分後には「仕事行かなきゃ…」って言ってたりとかね。

そこで働き始めてしばらくしたら、卓球から連絡があって「こんど電気グルーヴっていうユニットを新しくやろうと思うんだけど、お前もやんない?」みたいなことを言ってきたんです。なんでまた俺を誘うのかなと思ったんだけど、「良いよ。でもこれは完全に趣味で、部活みたいにやっていこう」って言って、電気グルーヴ活動を始めたんです。

それで2回目か3回目のライブを見たソニーの人から声をかけられて、呼び出されて新宿寿司屋に行ったら「君たち、プロでやる気はないの?」って言われたんです。そりゃ、やりますよね。だって部活お金くれるんですから。とは言っても、条件は月給10万円。ザッツオール(笑)

ただこのとき、僕は、制作会社の人たちにはお世話になってるし、少人数の制作体制自分が抜けることの意味が分かってました。かといって二足のわらじはとうていムリですから、最終的には上司に「こういう話があって、すごく迷ってるんです」って切り出したんですね。そうしたら、「若いんだから絶対音楽の方に行った方が良いよ」って背中を押してくれて、それでデビューすることに決めたんです。僕個人としては「どうせこんなバンドポシャるだろうから(笑)、 まあ、3年ぐらいプロミュージシャン世界を見てきても、いま21歳だから24歳。まだいけんな」っていうのでデビューしたみたいな感じでした。だからプロになったっていう自覚あんまりなかったんですけどね。

すぐにレコーディングだってことで「マンチェスターニューヨーク、どっちがいい?」って言われたんです。「さすがソニー。金持ってんなぁ」みたいな感じでマンチェスターに行くことにしました。昔から好きだったニューウェーブとかギターポッ プみたいなものマンチェスターのやつが多かったですからね。向こうに2ヶ月ぐらい滞在してファーストアルバム作りました。当時「マッドチェスター」っ て言葉があって、マンチェスターが狂ってた時期の後半で面白かったですね。ライブを見たりクラブに行ったりすると、イギリス人にもゆるいやつとかメチャクチャなやつがいて、刺激はいっぱい受けましたね。まあ、こちらは21歳でなんも考えてないですからね。それはねぇ、そんなやつを自由にそういうところに行かせたら、やっぱり何色かにまりますよね(笑)

電気グルーヴふつうバンドと違って、主要な旋律はだいたい機械が出してくれるわけですよ。だから練習よりは、ライブの日のテンションの方が大事だったりするタイプバンドだったんです。僕は楽器をやるわけじゃなくて、たまにマイクを持ってがなったり、まあ歌ったり、歌を間違えたり、歌わなかったりとかもしますけど、ほとんどステージに出てフラフラしてるだけなんです。バンドって遊びの側面があるじゃないですか。僕の感覚としては、その遊びみたいなことをずっと続けてるのに近かったんですけどね。まあ客の盛り上がり加減を見ては「今日はもうちょっともっていけたのにな」って思うことはあったけど(笑)。だいたい、僕を見てるとは思ってなかったですもん。みんな卓球とかを見てて、たまに見られてる箸休め的な感覚でやってましたから。

2019-03-16

転職エージェントの印象(暫定版)

動きの早さ::::ワークポートパソナキャリア>レバテックキャリア

手厚さ::::::レバテックキャリアパソナキャリア>ワークポート

レバテックキャリア

担当者は手厚くアドバイス

希望することで面接練習も可

ワークポート

とにかく動きが速い

ガシガシ紹介してくる

アドバイスはない

パソナキャリア

紹介案件希望に沿っている

担当者が若く胸が大きい

anond:20190315123231

ラノベ作家って文章を引き延ばす能力が異常に発達してる割に

人生読書量はそれほどでもないのか慣用句の間違いがやたら多い気がする

あと、増田ホッテントリって文章を書く仕事の奴が練習または趣味で書いてる率が高そう

元増田ラノベ作家だろうが放送作家だろうがどうでもいいけど

2019-03-15

自分ダメなところを見つめなおす日記

日記とはどういうものなのだろう。

自分過去を振り返るための記録だったり、自分を見つめなおしたりするんじゃないかと思う。

じゃぁ、自分ダメなところを考え、何故出来ないか考えてみようかな。

性格

熱しやすく冷めやすい、飽きっぽい性格をしてる

 熱中したもの特に無い。マニアとか好きな物についてKIRAKIRAした目で語れるの凄い羨ましい。

 →今黒い砂漠ってのをやり始めて、唯一長続きしてる。このままずっとやり続けられたら良いけど。

決め付けられるとすぐにイラッとする

 もう少し余裕を持って生きたい。

 「何怒ってんだよ」と言われたとしても、「これが普通ですけど」とずっと言い続けられるようになりたい。

 (普通といい続けても、ずっと「怒ってる」と言われる未来が少し見える)

会話が通じないと判断したら、会話することを放棄する

 無視スルースキルゾーン突入してしまう。

 そのまま不貞寝することもある。

 →解決策は……分からない。相手理解しようと頑張る。

 

プライドが高く、謝るのに躊躇する

 自分が完全に悪いと理解するまで謝りたくないというクズさ。

 →「すみません申し訳ないです」を普通に言えるよう練習する

   感情伴わなくとも、取り繕って謝る姿勢低姿勢謙虚に行く!

行動編

使ったら物を置きっぱなしにする

 良くないことだとは自覚してる。でも、その場の楽さを優先して怠惰に生きてると思う。

 すぐやれば、すぐ終わることだというのも自覚してる。でも、動き出すのに時間がかかる。

 →気づいたらすぐやって、後はゆったり過ごせるということを認識する。

まぁなんとかなるか」という考えでいる

 プラス面を見れば良いほうだけど、結局面倒くさくて何もしないという事が多い。

 →後になって慌てて苦労することが多いため、コツコツ作業しよう。

業績目標について全然対応できていない

 毎日コツコツ作業というのが出来ない。全て明日自分へ放り投げている。

 そして、明日自分も、明後日自分に放り投げてしまう。

 →まずは、1日5分取り掛かってみる。

  ストップウォッチを持って、5分だけ他の事に目もくれずやってみる。話はそれからだ。

ストレスに身を任せ暴力的になりそう

 最近イライラすることが増えた。少しの事でイライラする。叫びだしたくなる。

 →

借金がある

 奨学金の返済200万程度と、50万の借金がある。

 →コツコツ返す。月5万返済しよう。

仕事をやめたいと思い続けて何も行動していない

 仕事愚痴を言うのは一人前だが、行動に移せない。転職してその先地獄だと怖い。

 現状一応ホワイト会社に勤めていると思う。

 →辞めた後の状況や、その他色々考えてみる。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん