「廃止」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 廃止とは

2021-05-06

anond:20210506224543

デジタル改革担当相が去年やめさせますって宣言するくらい廃止しないとまずいものですって言えばいいの?権威あるよー権威あるよー?

そういえばそんなニュースありましたね。DropBoxやらSharePointに上げて、共有リンク経由でファイル連携してるのかな。

かにあの方式代替なのかもしれない。

ITベンダー側の負担が増えるけど、ある程度アクセス経路やら世代管理やらをコントロールできる分、洗練されればより安全で楽になるのかもしれないね

anond:20210506224131

デジタル改革担当相が去年やめさせますって宣言するくらい廃止しないとまずいものですって言えばいいの?権威あるよー権威あるよー?

2021-05-05

路面電車車両を新調する意味わからん

老朽化してるなら廃止してバス統一したほうがいいでしょ

anond:20210505213106

酒類提供禁止してるから一時的廃止したようなもんやが

そうするとあらつらは路上飲みするから

隔離施設として必要やったんやなときづいたやで

なぜ地方議員後援会なる組織が成り立つの

anond:20210505100500

言及エントリへの反応をみて、そもそもなぜ地方議員後援会なる組織が成り立つのかというところの認識が薄い人が多いようなので、床屋談義レベルだが一市民としてちょっと書いてみる。

増田には初投稿だし普段は長文を書かないので見苦しいところもあるかもしれないが勘弁してほしい。

なぜ後援会に入るのか

ネットではたまに「生活保護を断られても、共産党系地方議員と一緒に窓口に行けば申請が通る」という言説を見かける。

生活に困窮したときには共産党が頼りになるから支持しようという内容だ。

個々人にとってはわかりやす利益であるため、こういった投稿を行っている人の何割かは実際に共産党員であったり、その議員後援会に入っているだろう。

地方議会自民党系がなぜ強いのかというと、似たようなことをより大規模に昔から行っているからだ。

なぜ自民党系が強いのか

地方議会議員構成

ここに総務省が出している「地方公共団体議会議員及び長の所属党派人員調等」という資料がある

https://www.soumu.go.jp/main_content/000741469.pdf

都道府県議会議員に占める自民党の圧倒的な割合が見て取れる。全議員のおよそ半分は自民党所属である。圧倒的だね。

ただ、市町村議会議員構成に目を向けると、自民党より共産党、それよりも公明党所属議員のほうが多いことに気がつくと思う。無所属議員は全体の7割を占める。

もちろんこれにも理由があって、市区町村レベルだと権限的に争点にそれほど差が出ないか無所属で推薦をつけてもらって出馬したほうが国政の影響を受けにくいかである

地方議会目的

ほとんどの市町村都道府県内で近隣の市区町村人口を奪い合っているし、都道府県国内で近隣の都道府県人口を奪い合っている。

人口が増えれば需要が増え、需要が増えれば仕事生まれる。仕事が生まれれば人口が増える。

こうした循環が生まれれば地方自治体はより長く存続できるし、その状態になるように(ほとんどの)地方議員法律範囲内で頑張っている。

そしてもちろん各政党地方組織は、その選挙区出身国会議員がより多くの仕事地元に生み出すことを期待している。

利益誘導型の政治

ここまで書けば察しのいい人にはわかると思うが、自民党地方組織は他の政党よりより多くの仕事斡旋していて、市民生活の安定に寄与しているから強いのだ。

仕事斡旋というのは、公共事業仕事を創出したり、企業誘致したり、生まれ仕事に対して人員を紹介する縁故採用、今風に言うと中途採用リファレンスチェックの役割を(広島みたいな例はあるにせよ)合法的果たしてたから強いと言い換えられる。

もちろん「日本人口減ってるやんけ!地方とか壊滅じゃん!」というはてなーもいるだろうけれど、そもそも戦後から70年で人口は5000万人くらい増えているし、その間この利益誘導に世話になった人はまだまだ現役であるはてなー自身はこの仕組の世話になっていなくても、親族か友人か、縁者のだれかは利益を得ているだろう。

なぜ後援会に入るのかの段落で会員の個人的な恩について触れたけど、これは地方議員所属自民党でも共産党でも同じ問題で、支持先を変えてもらうには

自身(もしくは縁者)を助けてくれた恩人に対して、その恩人の仕事と直接関係のない問題で恩人の生活を奪う

という選択をお願いすることになる。地方議会議員の選出は直接選挙なので、よりダイレクト個人意志が反映されるのは言うまでもない。N世議員が強いのもこのためである

我々は利益誘導型の政治から決別できるのか

無理なんじゃないかな。

核融合発電みたいな実質無限エネルギー人類が手に入れれば長期的にはなしうるかもしれないけれど。

自分の家のとなりに合理的な立地だからといってゴミ処理場や保育所米軍基地発電所ができることを歓迎する人がいないように、日本より感染者数が多くて大変そうだからインド日本の確保したワクチンを優先的に融通すべきという人も見かけない。人間自分が得るはずだった(と感じた)利益に敏感だし、損を極端に嫌う。

与党は当時世界中で奪い合った高確率利益の出るオリンピックという利権国内誘導できたが、コロナ禍でそれが一気に負債の印象に転じてしまった。ワクチン確保についても国民の期待に沿えるスピード摂取が進んでいない。国民から国際的利益誘導に失敗したと判断されているのだ。

政権利益誘導に失敗したか誕生する新政権が、利益誘導を期待されていないわけがない。

じゃあ野党はどうすれば政権交代できるのか

2009年政権交代はどういう戦略で戦ったか
自身への期待値を上げる
相手への期待値を下げる

運輸と農家地方自治体への利益誘導郵政民営化地方組織の弱った自民党からの乗り換えを促し、サブプライムローン問題という日本単独では不可避の事由で攻め立てている。この手法はさすがドブ板選挙を得意とする地方地盤精通した小沢一郎で、もし小沢氏の考え通りに与野党大連立が発足していたらマニフェスト云々も有耶無耶になっているだろうしねじれ国会もないしで、その後破綻するにしてもそれぞれに政権担当能力がある二大政党制誕生していたかもしれない。

結論

いま同じ手法が取れるかというと、民主党支持率が低すぎて自民党内部に離反を促せないし、野党連立でも支持率足りないし、そもそも現状で国民に対して明確な利益提示できていない。たとえば二回目の一律十万円が本当に効くのなら与党がやるに決まっている。その層を狙っても選挙に勝てないと分析されているのだ。地方への利益誘導である GOTO も反対しまくったし、処理水問題を突けば辺野古の二の舞。民主党内の予想よりワクチンの配布が早かっただろうし、全国均等配布だから配分を問題にするのも難しい。今後は現金をぶら下げれば動くとみなしている浮動票を狙って戦っていくのだろうか?無理じゃない?都道府県利益誘導して地方組織ごと寝返ってもらわないと。

というわけでコロナ禍にあって内閣が変わる現実的路線は、次回総裁選での菅氏の辞退だろう。

余談

そもそも市区町村議員市区町村利益になることをすれば良くて、もっぱら扱うのは条例であって憲法法律ではない。

決まった支持団体のない有権者はおそらくそ区別がついていて、地方選挙憲法がとか国政がとか、明らかに権限外のことを訴えている組織票を持っていない候補者はたいてい落選する。

しか増田やらはてぶユーザーやらTwitterには地方行政と国政の区別がついていない、もしくは中央集権を支持していて地方自治がすごく嫌いなんだな、という投稿がたくさん見受けられる。

物事には理由があって結果があるのだが、大きくて抽象的で万能な仮想敵を想定していても駄目で、ちゃんと地に足ついた理由を見つけだして適切な行動を取らないと、あなたの行動に結果がついてこないよ。

脚注つかえないのか……

追記修正

配偶者控除、扶養控除は弱者男性差別だから廃止しろ!←これ本気で言ってんの?

普通男性は君達と違って、家族を養うために必死で働いて、日本の将来を担う子供たちを育ててるんだよね

その責任負担に対する補助を、差別的から廃止しろって…

しろ独身税」導入するなり、独身者医療費全額自己負担年金受給不可くらいやってもいいんじゃねぇの?

その方が「平等」じゃないっすかねぇ??

anond:20210505170351

結婚しないと昇進できない。

結婚してようがしてまいが、女の管理職のほうが少ない。

接客で雑な扱いを受ける。

→女もされる。なんならセクハラのおまけつき。

公園散歩していると通報される。

→これは可哀想だけど、その代わり被害者側にもなりにくい。痴漢されたりレイプされるくらいなら通報されるほうがマシ。(逮捕されない限りは)

童貞だとバレると風俗を勧められる。

→女も高齢処女は肩身狭い。仕方のないことではあるが、婦人科に行くと性交経験の有無は必ず聞かれる。

家族割カップル割、レディース割。

メンズデーはあったが、何故か利用者が少なくて廃止になった例がある(TOHOシネマ)

公営住宅の枠がない、小さい。(高齢者、ファミリーシンママのみ)

単身者問題であり、男性特有問題とは言い難い。

親権母親9割問題

→これは可哀想子育てに関わる時間が短いのが原因と思われる。育児参加する男性が増えたので、これから改善していくだろう。

配偶者控除

単身者問題であり、男性特有問題とは言い難い。

扶養手当

単身者問題であり、男性特有問題とは言い難い。

anond:20210505191821

TOHOシネマとかメンズデーがあったのに利用者が少なくて廃止になってるんだよな

anond:20210505170351

結婚しないと昇進できない。→結婚しても昇進できないよう規定を変更。

接客で雑な扱いを受ける。→接客の質を下げることで弱者男性にも平等サービス提供する。

公園散歩していると通報される。→弱者男性専用の公園を設置。

童貞だとバレると風俗を勧められる。→オナニーお勧めする。

家族割カップル割、レディース割。→弱者男性割を設立

公営住宅の枠がない、小さい。(高齢者ファミリーシンママのみ)→弱者男性専用の居住区を設置。

親権母親9割問題。→弱者男性には関係ねぇだろうけど、5分5分くらいになりゃいいよね。

配偶者控除。→弱者男性には関係ねぇので廃止で。

扶養手当。→弱者男性には関係ないけど、父ちゃん的には…でも廃止で。

anond:20210505141913

もともと物品税というものがありまして豪奢なものにはプラスアルファ課税されておりました

しか賢明日本国民の皆様の圧倒的な支持のもと自民党が物品税を廃止したのであります

そして数年後に平等消費税が導入されました

ご存じのように賢明日本国民はこれに感激してさら自民党を支持するようになったのであります

anond:20210505030506

男性側に「社会的強者」の役割押し付けることだよ。

東日本大震災時に、どこかの避難所女性子供を優先して保護する事例があった。

日本では廃止されているけど、韓国では男性のみの徴兵が今でも行われている。

就職活動では、男性総合職しか選択肢が無いといった男性差別など。

anond:20210505072907

結婚制度廃止できるのだろうか。おそらく難しいだろう。現在結婚制度はあまりにも深く社会根付いており、また特権を得ている人々の数も多い。民主的手続きを持って結婚制度廃止することは到底できないだろう、といわざるを得ない。

 

それでは、何が次善の策になるだろうか。結婚制度本質的差別的・抑圧的なのであれば、一体どうすればよりマシな結婚制度にすることができるだろうか。

 

まず、結婚制度から排除されている人々を包摂することである同性婚法制化がその最初ステップになるだろう。

 

そして、結婚の在り方を多様化して結婚制度包摂されている人々のライフコースの縛りを緩めることである。友人同士の結婚契約結婚事実婚など様々な結婚の在り方があり得る。

 

いま全国で5件の同性婚訴訟が争われている。また世論においても、2019年電通調査によると20~50代の8割近くが同性婚肯定的だという(※3)。まさに同性婚に向けての風が吹いているといってよい状況だろう。

 

ここまで述べてきたように、同性婚が認められるべき理由は、認めないことそれ自体が同/両性愛差別しかいからだ。異性カップル特権化・規範化し、同性カップル関係性を価値のないものとして貶めている。結婚制度から排除された人々を包摂するために、第一にすべきことは同性婚法制であるはずだ。

 

この風のなか前に進むために、力を合わせようではないかNPO法人EMA日本サイトでは、ネット署名もできる。これからのよりマシな社会のために、よりマシな結婚制度を作っていこう。

 

出典元

https://hbol.jp/225766/2

 

NPO法人EMA日本サイト

http://emajapan.org/donate/advocate

 

一歩ずつがんばろう!

河野太郎総理になったらヤバい

彼のこだわりの主張

基礎年金の税方式化(基礎年金ベーシックインカム

税金上がる。保険料を払ってなくても満額貰えるので、払った人が損をする。

■保育と教育地方分権

→財源も権限も全て地方に丸投げ

質の低下や格差は明らかになる

脱原発

規制改革相になってから再エネの規制改革を勧めている。脱炭素が遅れ、自動車産業は壊滅。電気代高騰。

マイナンバー口座紐づけ

マイナンバーで一元管理して所得を正確に把握し、公平に徴税給付を行う。つまり所得が完全に国にバレるということ。


給付付き税額控除

控除しきれない分を給付する制度一見良いように思われるが、マイナンバーで全て監視される。

 

規制改革

規制改革経済成長が彼の主張。あらゆる産業、保育、医療雇用規制改革を主張しててヤバい

憲法改正

興味なし。あんま本にも書いてない

国会改革

与党事前審査廃止を主張。これによって内閣与党事前承認を得ずに独裁できる。

しか事前審査がなくなると与党質問時間が増えるから野党質問が半分以下になる。

閣僚国会張り付きを減らす

国会軽視

夫婦別姓女系天皇

このあたりで主婦とか大衆一見騙されそうでヤバイ

2021-05-04

母をコロナで亡くした(続き)

https://anond.hatelabo.jp/20210504174141

からの続き


2021/1/21(木)

病院からの連絡はない。

この間の感じでは、また近いうちに危機的な状態になりそうな気がするが、そうはならずにずっと持ちこたえているのだろうか。

酸素摂取状態とか、どんな感じなんだろうか。

元気だった頃の母の姿がふとした拍子に脳裏をよぎる。もう見れることはないのだが。


2021/1/22(金)

今日リモートワークの日。

2回目なのでだいぶ感じが掴めてきた。

家で仕事していて給料が入るって不思議な感じがする。

世間ではコロナ仕事がなくなって、路上生活に追い込まれている人もいるのに、こちらは仕事に追い込みまくられている日々。

ありがたいと思うべきなのかなんなのか。


2021/1/23(土)

コロナで時差出勤になって、リモートワークもできるようになって、勤め人としての生活はかなり楽になったけど、あまり嬉しくはない。

そんなものいらないから、母親を元気な体で返して欲しい。


2021/1/24(日)

いくら待っていても母は元気になることはないのがわかっているのに、一体私達は何を待ち続けているのか。

母を看取る瞬間を待ち続けている?きっとそうなんだろうけど、そうは思いたくない。


2021/1/25(月)

母に関する記憶を断片的に思い出すことが多い。厳しく怒られていたイメージが多くて苦笑してしまう。

でも、そんなふうに厳しく育てられてきたから、今の自分があるのだなと思って、また涙ぐんでしまう。


2021/1/26(火)

先週病院に行ってから一週間になる。母の様子がどうなっているのか気になる。

苦しい状態になっていなければよいのだが。


2021/1/27(水)

仕事には集中できているが、ふとした拍子に悲しみが押し寄せてきて涙が出てくる。

ずっとこの状態が続いている。


2021/1/28(木)

明日リモートだと思っていたのに、急遽出勤することになった。

ベース仕事が僅かだが残っていて、それが急に入るとリモートができなくなる。

そのうち改善されるだろうけど、今はそこに至る過渡期なのだろう。


2021/1/29(金)

から職場に行ったらほとんど出勤している人がいなかった。

この職場では、金曜日リモートデーになっているから、当然か。

これだったら、出勤しようがしまいが、どちらでもソーシャルディスタンスは取れているような気がする。


2021/1/31(日)

今日で1月も終わり。母はまだ頑張っている。倒れた日に、今日明日にも危ないと医者から言われていたことを思い出して、よくここまで頑張ってくれたと思う。

このまま意識が戻らないまま、徐々に弱っていくのを見守っていくことしかできないのが苦しい。受け入れるしかないけど、苦しい。


2021/2/1(月)

朝の7時半頃、そろそろ起きて出勤準備を始めようとしていた時に、姉から電話が来る。

母の脈拍が落ちてきていて危ない状態なので、すぐに病院にきて欲しいとのこと。

すぐに父・姉・私の3人で別々に病院に向かう。

病室に入ると、前回と雰囲気が違った。時々鳴っていた機器アラート音がずっと鳴りっぱなしで、モニタに表示されている数値も0になっていた。母の顔色も悪く、匂いちょっとしていたように思う。

呼吸を補助する器具が動く時だけ胸がわずかにふくらむ以外は、母の体に動きが全くなかった。

その状態で、3人で呼びかけたり手を握ったりしていると、母の左目から一筋の涙が出てくるのがわかった。

もしかして、みんなが来ていることがわかっているのかなと思った。

あれは何の涙だったんだろう?

最後のお別れの涙かもしれない。

時間ほどすると、担当医師が病室に来て、今の状態について説明を受けた。

今の母は、呼吸器がついていることで無理やり呼吸させている状態で、酸素の取り込みもほとんどできていなく、心臓もほぼ止まっているとのこと。

そして医師は、「呼吸器を停めます」と言って、傍らの機器操作した。そして母の胸に聴診器を当てて心音を聞き、止まっていることを確認した。次に、呼吸も止まっていることを確認し、最後ペンライトを取り出すと瞳孔の反射を確認して、脳機能も止まっていることを確認した。

それを持って、死亡状態であるということを告げられた。

その一連の流れを見ていて、人間状態って、どこまでが生でどこからが死なのかが、よくわからなくなった。

多分、このまま呼吸器を使って呼吸を続けることもできるんだろうけど、そうすることにあまり意味がないから、どこかで線引きして、ここからは死亡状態しますっていうことを医者が宣告するのだろう。

その後、看護師さんから葬儀の手配など、今後のことについての説明を受け、最後に死亡診断書を渡された。

診断書の死因欄を見ると、

1.脳無酸素

2.肺塞栓症

3.COVID-19

と書かれていた。

やはり、母の死因の大本コロナだというのが、医師の診断なのだ


============


ここまで、母が倒れてから亡くなるまでの経過を、自分日記から転載してきたが、この内容を踏まえた上で私がここで言いたいのは、以下のようなことだ。


・正直コロナをなめていた

母のことが起こるまでコロナのことを、どこか自分とは関係のない世界の話だと思っていた。

まさか家族感染するという形で、自分の身に降り掛かってくるとは夢にも思っていなかった。

自分のことについては感染対策に気を回していたが、両親のことまではあまり深く考えていなかった。

コロナは、誰でもかかりうる身近な感染症であり、その脅威はすぐ目の前まで迫っているという感覚を、私達はもっと持った方がよいと思う。


・もう少し、なにかできることがあったんじゃないか

母は、倒れる一週間ほど前から、喉が痛かったり咳が出たりしていたらしいのだが、その段階で一度病院に行っていたら、こんな結果になっていなかったのではと思う。

風邪に似た症状が続いている段階で、コロナ感染可能性を想定して、もう少し適切な行動が取れていたらと思う。

それをしなかったということは、母はやっぱり、ただのちょっとした風邪だと思いこんでいたのだろう。そして、同居していた父も、同様に軽く考えていたのだと思う。

「ただの風邪からたいしたことない、しばらく安静にしていたらいつもどおりよくなるだろう」と思わせておいて、いきなり重症化するのが、このウィルスの本当に恐ろしいところだと思う。なんというか、人間心理脆弱なところを巧みに突いてくるようなところがある。(このウィルスがもし人工的に作られたものだとしたら、それを設計したのは悪魔的に頭の切れる人物だと思う。)

なので、少しでも兆候があれば感染可能性を疑い、適切な行動をとっていくべきだと思う。


コロナ後の世界について

もうすぐ母の日が来る。毎年、母の日には実家になにかしら贈り物を送っていたのだが、それも今年からはできなくなってしまった。

母が亡くなるまでは、時差出勤やリモートワークが推奨されたり、煩わしい飲み会廃止されたりと、そのメリットにばかり目がいっていた。正直、コロナ以前よりも社会生活が楽になる部分が多いと感じていたのだが、母が亡くなってからはそんなことを微塵も感じなくなってしまった。そんなことはどうでもいいから、母を返して欲しい。

私にとって、コロナ後の世界とは、母のいない世界のことだったのだ。

そして母が亡くなった以上、もうコロナ以前の生活に戻ることは二度とできない。

現在幸運にも自分自身あるいは家族や友人など身近な人達コロナで亡くした経験のない人は、今ならまだコロナ以前の世界に戻れる可能性がある。

であるなら、数年以内に世界中でコロナの封じ込めが成功するという可能性を信じて、そこへ向かって進んでいけるように、今一度、自分たちの意識や行動を見直して欲しいと思う。

あなたや、あなたの大切な誰かが亡くなった後では、遅すぎるのだ。

まず弱者男性って名称自体が舐めてるよな

この呼び方をまず自称・他称問わず廃止しよう。俺たちは不当な殴り合いで負けてるだけで別に弱くない。

2021-05-03

anond:20210503120656

キメツ世代氷河期のガキ)は確実に変わると思っている。

もうこれは不可避である

なぜなら団塊氷河期の二つの馬鹿を「ばーか」と言える位置確立している、これが大きい。

こうまで教育でトリートメントされてしまうと、私の世代では想像できないことが起きる。

一つは「風俗廃止」。

もう一つは「未成年ビジネス禁止」。

これは50年後くらいには起きる。

2021-05-02

anond:20210502144909

公共事業ではないので一部の障害者の為だけにそこまでは出来ない。

駅を廃止したほうが現実的

バリアフリーはどこまでするべきなのか

規模の大きな施設についてはほぼバリアフリーが導入されている。

しかし小規模な施設については改修工事などに多大な費用を要するため導入が難しい。

それでも数十年前と比較したら様々な施設バリアフリー化は促進されてきた。

新しく施設が作られる場合バリアフリーが導入されていることが多い。

古い施設を除き、一般的生活圏、例えば商業施設役所などはバリアフリーが導入されている。

際限のない高望みをするのであれば、富士山を山頂までバリアフリーにするようなものになる。

しか一般人ですら登山するのがきつい富士山障害者の為ということだけでバリアフリーというのも逆差別のようになる。

従って、富士山バリアフリーにする必要性は無く緊急性も薄いと結論付けられる。

収益性に乏しい駅についても、そのためだけにバリアフリーをしなければいけないというのは費用けが嵩む。

鉄道会社慈善事業ではないため、赤字になるような対応は難しい。

あるいはバリアフリーが出来ない上に利用頻度が少ない駅については廃止にする方向性に持っていくことだろう。

仮に電車でどこでも移動できるようにするというのであれば、それこそ政府から補助金でも出さない限りはやらない。

当然政府も滅多に利用されない駅に対してそこまでの補助をするかというとするわけがない。

よって、それでもバリアフリーをしたいのであれば障害者団体慈善事業団体お金を募ってやるしかない。

ただ自分バリアフリーじゃないと移動できないと言うのであればそれは単なる障害者側の我儘である

障害者側が歩み寄らずにただただ自分が移動したいから、楽をしたいから、一般人と同等にありたいからというのは

世間一般的視線で言えば、自分要求を無理矢理通そうとする幼児のようなものである

障害者側が大人としての自覚があるのならば、出来ない事に対して交渉するべきであり、お願いしたいのであれば

共通意識を持った団体等で掛け合っていくべきである

個人の我儘で、バリアフリーしろというのは単なるクレームであり、みんなが嫌な気分になるだけである

常に移動に制限をかけられて辛い気持ちなどは同情に値するがそれを理由に我儘を押し通すことは道徳に反している。

なお個人的な意見を述べると、映画館車いす位置スクリーンの前面が多いので、可能であればもう少し後ろのゾーン

バリアフリー化が出来てくれると家族と一緒に楽しみやすくなるのでお願いしたいところである

以上。

2021-05-01

anond:20210501231855

天皇制は終わりに向かってると思うけど当分終わらん。具体的に言うと次の次くらいまでは終わらないよ。

何故かというと、天皇制廃止議論コストが高すぎるから

天皇制から共和制に移行するために必要手続き制度の審議が膨大だし、これが最大の理由だけど天皇制廃止を匂わすだけでも選挙で負けるだろう。

なので、正式後継者を増やさないってのが天皇制を止める近道なんよ。

機械に置き換われるやつはぜいいん死んだらいいと思う

極論ではあるけれど。

コロナ渦でのトリアージでも業界ごとの補助金でもそうだけど。

ヒトっていう種族社会性で成り上がってきた種族から弱者を守っていくべきってのも理解はできる。

特に多様性を保つっていう意味で。

とはいえ、今んところなんの目途も立ってない遺伝子持って生きてる人もいるし、何の生産性もない老人もいる。

仮にね、年金廃止して、ジジババは自力でなんとかするか、家族に頼るor姥捨て山って方向にしたら。

若者年金払わないですむし、ジジババに年金払わないで済むし、役に立たない老人はさっさと退場できるんよ。

これをもっと進めると、現時点で機械に置き換わられうる職種人達存在も危うくなって、そういう人を退場させて機械にした方が絶対効率いいんだけど、インパクトデカい。

ジジババと創造力のない若者の板挟みで世界が停滞してる。

うその辺切り捨てようや……

2021-04-29

anond:20210429182300

私が韓国人だったら間違いなくするだろうけど、日本では無意味だよ。徴兵制廃止されているし。

しかし今後日本でも兵力不足によって徴兵制再導入が議論され始めたら、「女性徴兵せよ」という主張はするべきだと思う。

2021-04-25

anond:20210425170313

資産にかけろってブコメしたやつは、「国外流出」「中小企業負担」といった理由北欧相続税廃止になったことをどう思ってるんだろうな。

anond:20210425114401

から何?個々人の思いを種族全体に反映させたいなら生活保護廃止運動してきて、どうぞ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん