「神社」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 神社とは

2019-01-15

anond:20190115001845

自分妄想に揺るぎはないって言ってるだけで気持ち悪い人にしか見えないぞ

国家神道がそんな危険なら今すぐ神社突撃でもしてこいよ

2019-01-14

職業差別主義者の首塚が見たい

首塚神社を作って、後世の教訓とせよ。

2019-01-13

鼻緒を直した話

ということで俺は既に高校の時はそれなりの足フェチになってしまっていたのだ。

文系人間だったか国語古典か好きで、小説評論とか読んでいるうちに、江戸時代かに女性の鼻緒を古のイケメンが直すって言う展開があることを知った。

古典先生なんかもその話をしていた。

はいつも、それは足フェチ絶好のシチュエーションだし、でも女性を助けてもいるわけで、なんというかアウフヘーベンしているなと感じていた。

江戸時代浮世絵なんか見てると、結構美女下駄に素足で、足フェチの大先輩たちもこれを見て大いに感激していたのではないか勝手想像していた。

クラスの好きな女の子が、お祭りの時に鼻緒が切れてしまい、自分がそれを直して上手い具合に足の甲にキスする夢を見てから、それを想像するだけでオナニーができた。

ネットは既に人口膾炙していたから、何の気なしに鼻緒の直し方をネットで調べていた。

とくに5円玉を使うやつは、自分でもできそう、と感じて、シチュエーション相手女の子(の足)を想像してドキドキしていた。


ほいで、今日はそれが実際に起こった話なんだけど。

ある日の神社の夏のお祭りの時、クラスKさんの鼻緒が切れているのを見かけた。

俺は祭りに一人で来ていて、友達の集合に遅れてしまっていた。部活動があったんだ。

俺が来たころには田島の家に行ってスマブラしていたようで、俺は置いてけぼりになっていた。

田島の家に行こうとしたところ、クラスで一緒のKさんが灯篭的なところに佇立していた。

俺は素足の入れ食い状態だったので足下ばかりみていたのが幸いした。


Kさんと気付いてすぐに、彼女の鼻緒が切れていることに気が付いた。

「おつ、鼻緒切れた?」

「あー、うん」


Kさんクラスでも目立たないグループにいて書道部の長身女性で、自身もそんなに目立つタイプではない。

人の美醜にあれこれ言うつもりはないけど、クラスの派手なグループに属している女の子ではなかった。

同じクラスだけどほとんど話したことがない。

友達と合流しようとしたら鼻緒が切れてしまったらしい。


「直す?」

「直せるの?」

ネットで見た」


彼女は笑って「じゃあやって」と言いながら足を差し出す。

俺は薄手のハンカチを持っていた(なんでかは聴くいね)。跪く。

5円玉を財布に探すも、ない。Kさんに聴いて、Kさんからもらう形になる。

にわか理想シチュエーションを迎え、いつの間にか俺の心臓は張り詰める。

ややおくれて、ちょっとあれだがあれも張り詰める(仕方ないじゃん高校生なんだから!)。

Kさんの足、大きくて形がきれいで指も長いし形がきれいだし、爪が大きくて奇麗でかっこよくて、また白い肌のきめの細かさや僅かに触れる肌の質感も印象的で忘れられない。

足を通して調整するときの足の蠢きにエロスを思わず感じてしまう。

薄い色のフットネイルにようやく暗がりの中で気が付く。

ちょっと苦心したけど、完成する。

やや緩かったようだけれど歩けそうだとのこと。

少し歩いて、ほどけてしまう。

「ありゃ?」とか言いながらもう一度結び直す。

Kさんも、このやり方でできそうなことを察知して、もう一度足を差し出す。

ちょっときつく縛りなおして、今度こそ完成。


俺はここでミスって、思わずKさん、足きれい……!」とこぼしてしまった。

Kさんは鼻で笑うような感じでちょっと拒絶の色を見せつつも「もー、何言ってんの」と優しく答えてくれた。


「ありがとー」

「いえいえ」

「どっか行く予定だった?」

田島の家」

「あーごめんね」

「いいのいいの」

「じゃあまたね」


そのあとKさんとは特に何もなく、俺は別に人生初めての彼女ができてすぐ別れたりした。

確かKさんはその学年のバレンタインの時にクッキーをくれた。


この前の正月33歳になった我が学年の同窓会で、Kさんと向かい合わせになった。

面長はそのままに、ちょっと大人らしく美しく丸みを帯びた面貌。

お化粧も髪型もすっかり30歳の装いだった。

図書館司書をしているらしく、会計年度任用職員の話で盛り上がった。

嘱託職員は大変だが、図書館司書はご存じの通り非正規雇用が大変多くなっている。

話す際の手ぶりや料理を食べお酒を飲む仕草、いつの間にか大人びた挙措を備えており、自分(達)の至った年齢を改めて感ずる。

鼻緒の話になる。

彼女ちょっと酔った調子で「あのころが懐かしいねえ」と言いながら、掘りごたつの下で、かつて鼻緒を結んだ右足で私の足の甲を優しくペタペタ踏んできた。

黒のタイツ感触、……うん!

ああこうして足フェチの旅は続いて行くんだ……と俺は決意を新たにして、故郷を後にした。

社畜サロンブラック企業化について

社畜サロン騒動がなかなか面白くて、脱社畜のはずが意に沿わないメンバーブロックして強制退会させて攻撃するという急激にブラック企業化してる。

という風に見えるんだけどこれ違うんだよな。ブラック企業化もしくはカルト化したのではなく、最初からカルトだったと考えると色々分かりやすい。

社畜とか起業とかインフルエンサーとか微妙ビジネスイメージをちりばめるからサラリーマンvsフリーランスみたいな構図に無理やり押し込まれて全ての批判空振りする。

そういう意味では田端さんもけんすうさんも広告塔として利用されただけで、本人たちはサロンメンバーの為にと思って行動しているんだけど、サロン主催者は全く違う事を考えている。

有料メンバーからと言って関係者というわけではない、という発言が一番分かりやすいですよね。

ただ、世間一般イメージカルトと違って、優しいカルトというか、最初からネタばらししてて、何て言うかオープンソースカルトと言うか、

目的が「特定個人いかにして多数個人から金を集めるか」のみで、教義とかは無いんですよね。

教祖と呼ばれることについても肯定してましたし、そもそもその通りなので否定する必要が無いんですよ。

実際にやっていることと言えば、不安を煽ってサロン勧誘なんだけど、強制では無いし、退会できない事も無いし、全ての決定権は本人にある。

そして、通常カルト場合教祖絶対教義を守らないと地獄に落ちて教祖のいう事を聞いていれば全て上手く行くと吹き込むんだけど、

この場合は言う事を聞いても成功するわけじゃないし教祖を頼るのは本気になってないからだし教祖のいう事が変わるのも当たり前じゃんとずっと言い続けている。

これって結構凄い事で、お前の責任は全く取りません普通そうでしょ自分で考えるしか無いんだからなのでみんな頑張りましょうサロンに入りましょうという流れ。

え、これで引っかかる人がいるの?という話なんだけど、実際に数千人が集まってて凄いよね。

まあ、こんなに人集まっちゃったのってけんすうさんがお人好しだからなんじゃないかなと思ってるけど。

ただこれ、日本社会脆弱性を突かれた感じはしていて、多くのサラリーマンの弱みや不安を上手く煽って、こうすればいいかもしれませんよと誘導する。実効性は無い。けど何かやった気分にはなれる。

かに似てると思うんだけどこれあれですよ。お守りですよ。脱社畜サロンの良いところは、小銭を支払うだけで、何かやったような気分になれる所。まさにお守りを買うような感じ。

お守りにしては高いと思う?日光東照宮の魔除けもそれくらいしますよ?日本人きじゃんそういうの。

日光東照宮歴史もあって正式儀式に乗っ取ってお祓いしてるじゃんって?でも効くかどうか分からないじゃん。

今更な話じゃん。全国の神社もやってんじゃん。お前は今年厄年から祓いしろって。残念ながらあれと一緒だって

カルト場合は他とのつながりを物理的に分断して囲い込むんだけど、ネット場合はそれができないので、猜疑が出た時点で大規模なコミュニティの維持は難しいと思う。

ただ、不安を抱えた人は一定数いるので、残念ながら吸い込まれて行く人はゼロにならないし、君らが横から何を言ったとしても今後も手を変え品を変え金を集め続けると思うよ。

だって、あの中核派ですら新しくリクルートされて行く人がいるんだぜ。

2019-01-12

1月自殺するつもりだった

山が好きなので北国の雪山死ぬ予定だった

去年の夏からいろいろ死ぬ準備をしていて

登山中、行く先々の神社や寺で

1月に無事に自殺できますように」とお参りしていた

それなのに肝心の1月になったら

断れない予定が次々と入ってきて

今死んだら周りに迷惑がかかるな…という案件が増えてしまった

死ぬからには少なくとも自分の周りには迷惑をかけないようにしようと思って

自殺計画してからはなるべく予定や約束事はしないようにしていた

それなのに直前になってこのザマ

本当に自殺したい人はそれでも関係なく死ぬんだろうけど

自分はどうしようか

まだ悩んでいる

2019-01-11

anond:20190111012755

来週とかがいいんじゃないかな。神社だったらお焚き上げもやってるだろうし。

縁切り

安井金比羅宮って知ってるかい?ここは「縁切り」に御利益がある神社なんだ。俺はここのお陰で「縁切り」が出来た。

いやーなパワハラ上司がいたんだ。何かにつけて感情的に怒鳴られてた。いよいよ、俺の豆腐メンタルがやられて、会社への出勤がきつくなったんだ。んで、精神科に駆け込んだら鬱病一歩手前と診断された。

それを会社に報告したらパワハラ上司上司ではなくなり、一切関与されない関係になった。それなりのお叱りもあったみたい。

この安井金比羅宮さんは強引なやり方で「縁切り」の御利益を与えてくださるらしいんだが、俺の場合もそれに当てはまったのかもしれない。自分メンタル犠牲にして、縁を切る事が出来たのかなと思ってる。

もし、どうしても切りたい関係がえるならば、是非安井金比羅宮へ。何かとトレードオフになるかもしれないが。

2019-01-10

anond:20190110231225

金になるかは結局信心に拠るところが大きい。

「結局は神社はじめ神道において制定しているだけ=要は信じなければ影響はない」

そういう等式が立ってしまえば信者が離れて金どころではない、危ういバランスの上に立っていると思うのですが……

まあ実際に起きていない以上私の見当違いに過ぎないわけで。

なくなれ、厄年

うちの研究室では毎年近所の神社祈祷を行っている。

扱っている内容がめちゃくちゃ科学なのに祈祷を行っているかはまあさておいて。


大抵そこそこ大きい神社に行くと、大きい看板がある。

厄年とか暗剣殺だとか災難が起こりやすい年についてリストアップされているやつだ。

これを見て「修士学生とかみんな厄年じゃんwww」みたいに思ってたんだけどさ。

いや、そうなんだよ。男は数えで25が本厄だし、女は数えで19が本厄だ。

24といえば大学院生なら必死こいて修論を書いているわけだし、女性に至っては18歳、ほとんどがセンターなり私大入試に苦しむ時期だ。

そういった課題を災難としてみなすなら分らんでもないし、過去に制定されたものから時代の流れで変質していったのも否定できない。

だが、彼らにとっちゃ一世一代、将来のかかった年なのだ。そんな節目の年を厄年扱いするのはあまり気持ちの良いものではない。


そして改めて調べてみたら、はじまり曖昧というか、根拠特にない民間伝承らしい。

経験則とする意見もあるらしいが、「受験」「就活」が二大イベントして根付いた今の社会システム的では経験へったくれもあったものではない。

伝承/信仰のすべてを蔑ろにするわけではないが、この風習だけは無くなるか改定されるべきだと思う。

anond:20190110221019

神々がいるか面白いことができない→せや、神社仏閣焼き討ちしたろ!

anond:20190110014704

いや歩いて行けるじゃん寺だらけの世田谷区東京都で1番人口が多いのでは)

神社だらけの三鷹市(主要道路以外はどこ歩いても大体畑か公園あと火除地だはし寺社

練馬石神井って車生活した方が良くね?)

青梅(もう語ることは無いほど田舎

東村山限界集落から行かない)

神社寄付拒否すると特高に目をつけられ拷問されるのをよりマイルドにした感じのことが今の田舎でもあります

2019-01-09

十日戎すごい

大阪に住んで10年以上経つのだが、

今宮戎神社十日戎がすごいことに初めて気がついた。

3日間で100万人とか来るらしい。

今日たまたま近くを通りかかったので行ってみたら、出店(露店)の数がハンパなかった。

神社の周りと、

南海 難波今宮駅の横の直線道路沿い1キロ弱に、出店があった。

福娘とか言う50人の女の子が笹に縁起物をつけてくれるんだけど、

みんなかわいい子、美人な子ばかりで、

モデル事務所かと思った。

今日は前日なので、まだ人は少なかったようだけど、明日は身動きできないくらいの人出らしい。

動画があったので貼っておく。福娘たくさん見れる。

https://youtu.be/Iubno8o1cBc

妊活岡崎神社

夫婦京都岡崎神社に行ってきた。ご利益は子授かり、安産妊活中の自分のために子授お守りを、不妊治療中の友人のためにもお守りを買った。

夫は単身赴任中で機会は少ない。土日にしか会えないのに排卵日が3日くらいズレて平日に来てなんでだよ!?と思ったらそれが当たった。後で調べたら排卵日2日前がいちばん妊娠やすいらしい。結果としてドンピシャになったわけだ。前日とか当日がベストなのかと思ってた。排卵日はどうせコントロールできないのでろくに調べていなかったのですごく驚いた。

不妊治療中の友人もなんかうまくいった。これまでの試行でうまくいかなかったのでこれまでのお守りとか全部捨てて、岡崎神社のだけ持っていったら初めて成功していたという。

お互い経過は順調である岡崎神社の力を思い知った。もし神頼みするなら絶対お勧めする。うさぎ、すごくかわいいし。

オー・ヘンリー怪作選

マドレーヌ専門雑誌

人類初の十字架

暮らし芸者

風に飛ばされない研磨剤

色あせた成長記録

トイレ洗剤の父

奈良漬ガンマン

メスシリンダートイレ

点字で書かれたランボルギーニ

鉄粉コーティングしたNo.1アメリカン

総務様来訪中

スケルトンカフェオレ

日本海武器輸送

続・CM

大衆爆薬

指導者計測機

神父の見抜き方

タイツ診断書

自動ドア用水

溶接タイプ表現者

画材病室

プロペラをまわす素数

屋台奮戦

ガイガーカウンターフェスティバル

卵をあたためる釣り

消火栓タイマー

交付金navi

洪水のような金屏風

会員限定どんぐり

むにむに神社

ちゃんとしている移民

飛行場民宿

ズボンしか履かない面接

田舎ゴルフ会員権

心霊音叉

せせらぎ委員長

食器演算子

ベビーカー生誕の地

マッサージチェア上手

ロレックス合唱

母性添加剤

促進センターはどこへ?

土俵ティンパニ

金曜研修

空一面を覆うスーツケース

逆利きミニ四駆

地の果てアップルパイ

コーンポタージュ商品券

闘争経験

辞表見張りサービス

人材育成センター

棋士

ドイツ仕込みの水銀

本格派の二人組

しおりを挟んだブルドーザー

イヤリング型の宇宙ステーション

来店検知震度計

記事劇場

カーネーションバレエシューズ

介護養蜂

経験信号機

かつお旅人

落武者の周辺が騒がしい

毛筆時間です

デートで使える修正ペン

ネクタイ宇宙ステーション

砂漠新聞

引き出しがついた基準

愛犬シロップ

未亡人剥製

地図入り大論争

襟と灯台

裁判官経済特区

マリア品評会

防塵試写会

路線図教習

組み込み内閣

アドバルーン製本機

実業家鹿鳴館

歌姫出生届

後味の悪い船旅

多摩平団地を支える南京錠

石油王派遣会社

マインド祭列

通電稼業

宣教師部品

インベーダーフェア

煉瓦猟師

恐縮仕様書

埼京線地球儀

うなぎ従事

イオン裁判官

水かきはしご

トーク(西フランスより)

地下水くみあげ方程式

女子忘年会肌着

借用書今川焼

半月スポンサー

編集部員大画面時代

通り雨コピー機

ビジュアル系渡り廊下

スカーフ島耕作

決定戦3級

生々しいアパート

広告代理店短冊

怖すぎるネット書店

ランニング相場

ゴマだれ選挙

少数民族日記帳

高等学校別料金

美人スクワット

拝みソムリエ

背中を支えるセメント

丸腰試作車

ボウリング球御膳

VR体験する渡り

パノラマ勉強会

夜の海

なりすまし祭り

働き者競争

売り切れ上司

三本足がついた発光体

貢献アトム

一家揃って漁港

中身を隠す深呼吸

立地羊飼い

富士山貸金庫

ストーン重量挙げ

ヤシの実ショートムービー

リンパ慕情

朝ドラインターホン

日光杉の乾物

異常をメールで知らせる応接セット

年度末電力

極貧レスキュー

勝ち逃げ同窓会

上げ底ホームパーティー

蚊取りパーツショップ

鉱山ティー

年功序列入会申込書

もも課長

心拍ハイライト

個人向けモンローウォーク

海外視察ツアー重唱

横須賀海軍ゼミナール

ビギナー向け討論番組

ベーカリー住民投票

とうがらし合宿

焼き色をつけたショッピングカート

9つの機能を備えたトンネル

解毒作用のあるレシピ

スタジオ列島

落語家生活

一億総ガンマン

桜田門観光バス

自らを育てる体育館

産卵さら

グラフィック投票所

YMO狩り

世渡りミニバン

ヒッチハイク進行中

女将重量挙げ

タイヤホイール講師

岩肌ロータリー

わかりやす企業案内

カプセル型の卒業アルバム

宙返り商談

サッカー部印鑑証明書

感想抽出

見よう見まねコンデンサ

職場に設置したルー

家賃ステッキ

おかえり鍾乳洞

CG格納庫

エアコンつきの外車

インベーダー消しゴム

三三七拍子POP

ファシスト接待

忘れ物が減るTシャツ

世俗心理カウンセラー

テレビ支援センター

担当役員ファッションショー

世界最古のスコアラー

鉄道業界向けホットケーキ

残念なスイートルーム

ドリンクチキン

交通ルー睡眠

助言を求めてくる合格発表

神経細胞楽譜

粒貝Gメン

未亡人の正体

インクを使った処理

お宿デー

よろしく採用活動

アフィリエイト馬主

から吹き矢

ふりがなアイシング

遠征の胃袋

氷再配布

見世物ペットボトル

のぞきブログ

環太平洋コピー機

社会栽培キット

似たものハンドブック

離婚調停兵士

ぐっすりくじ

正体不明の売買

索引まとめサイト

瀬戸内定食屋

バレエ猛虎

宅配便で送れる特急

ピコ宿泊

部屋の半分が担架

ダビングできる土佐犬

未来都市促進剤

ストライクゾーンの広い学長

損益分岐12ヵ月

手品難民

2019-01-08

https://togetter.com/li/1306798

ネトウヨ神社にいくとかポケモン開発陣って頭ネトウヨかよ。。

今度からポケモンもアベと同列にはてな民に叩かれるんだろうな。。

2019-01-07

anond:20190107095235

今、きっとめちゃくちゃ辛いでしょう。お疲れ様です。自分も一昨年キツイ失恋をした際に「失恋 どうしたら」などで沢山検索していました。調べても調べても出てくる結果に納得がいかず日々情緒が暴れまくっていました。

結論から言うと、本当に時間しか解決してくれないように思います自分場合は振られてから半年程ずっと復縁がしたくて堪らなく神社にも占いにも縋るような気持ちでしたが(相手完璧に素敵な人間ではなく短所が明らかに目に見えていてる人だとしてもそれでも所有したくて堪らなかったので 振られたことがとにかく悔しかったので....)意識的に色んな人に会ったり色んな映画アニメを観たり、あと何より旅行に行ったりなどして時間を過ごしてるうちに徐々にその気持ちが落ち着きマシになっていったような気がします。まぁ冷静になったかなと自分で思えるには約一年ちょいくらい結局掛かってしまいましたが....

あと、旅行はかなりオススメです。足を踏み入れたこともない上に自分のことを誰も知らない土地に行くというのは非現実感があり、案外ひとりでも大丈夫だと強く思える良い機会になると思います自分はそうでした。

とはいえ、今はもうそんな事考える余裕もないほど辛いかもしれませんね。ただ、どうか生きてちゃんご飯を食べて働いてきちんと寝て、時間が経つのを待ってみてください。一年や二年や三年は思ったよりさっと過ぎていくので....。

そんな過去もあったなぁと思える日が一秒でも早く訪れますように、あの苦しい経験はこの人と出逢う為だったんだ!と気付けるような機会が必ず訪れますように。

増田さんの未来がより良いものになりますように、強く祈っています

2019-01-06

おきつねさま

小学生だったころ、私はオカルトホラーにハマっていた。

もっとビビりもビビり、呪怨なんて目と耳塞がないとダメみたいな人だったので専ら本で怪談を読むばかりだったけれど。

図書館で週に2,3冊怖い話の本を借りてはびくびくしながら読破する、そんな日々だった。


その中で印象に残っている話が今回の話。

狐というか「お稲荷様」を主軸にした話である。あらすじはこうだ。

主人公剣道をやっている女の子。赤胴を着て日々練習に励むものの中々上手くはならない。

そこで近所の稲荷神社に参拝して「剣道が上手くなれますように」だかお願いをする。

すると次の日くらいから、道場卒業生らしいお姉さんが剣道教室に訪ねてきて指導をしてくれる様になった。

中でも主人公には積極的かつ優しく指導してくれて、お陰で主人公も実力がめきめき上達。

そのお姉さんに懐くようになる。

ところが、ある日を境にお姉さんの態度が少しぎこちなくなる。加えて変ないたずらも主人公の周りで起き始め。

そしてお姉さんと対戦する時、面の向こうに吊り上がった目と口がこちらを見ていることに気づく。

「礼の一つもなしかい、え? 赤胴」

そう、やはりというかお姉さんはお稲荷様(=狐?)の化身であったのだ。

実はお稲荷様には『願いが叶ったらお礼をしないといけない。』というルールがあり、主人公はそれを忘れていた。

急いで神社に向かい油揚げお供えして必死に謝る主人公

そこに、「本当に有難いと思ってんだろうな、え? 赤胴」と。

どこからかそんな聞き覚えのある声が聞こえて話は終わり。


長くなってしまって申し訳ない。

当時はこの怪談結構怖くて印象に残ってたんだと思う。(いたずら描写とか変貌する様とか)

ただ、今こうして思い返すと怪談というより少年漫画にありそうなやつだと思う。

ちょっとドジな剣道小学生っ娘と、見返りがないと祟りを起こす、口の悪い稲荷神(もとい年上のお姉さん)のバディもの

前者が中心ならスポ根ものだし、後者が中心ならほのぼのなり非日常系なり派生させられそう。


……かつてこの話に戦々恐々としていたちびっ子が。

今やそういう風にしか、考えられなくなってしまたことが実は一番の怪談なのかもしれない。

anond:20190106125346

縁結びの神社にお参りして祈祷してもらったら

気持ちすっきりするんじゃない?

2019-01-05

何故神社で並ぶようになったのか

特にこの時期は初詣で参拝にいらっしゃる方が多いため気になるのだけど、

ここ数年、メディアパワースポットブームの影響を受けて賽銭箱の中心でお詣りするための行列が出来るようになった。

 

古来より神社寺院では横に広がってお詣りするのが通例であり、別に中央で一人で御参りする必要はないし、そんなことで御利益がどうこう変わることもない。 

日本人の並ぶという行動がやたらに誉め称えられ続けたことにも関係あるのだろうか。

勿論、並ぶ精神というのは素晴らしいものではあるが、時と場合によってはそれが正しいとは限らない。

伊勢の神宮をはじめ多くのお社では「横に広がってお詣りください」と呼びかけてはいものの、人員もそれほど充てることが出来ず、常に呼び掛け担当を置くことも出来ないため、結局のところ中央行列が出来てしまう。

行列が出来ることで参拝を諦めてしまわれる方も多くいらっしゃるし、何より少しでも快く参拝していただくほうがより良いでしょうし、どうしたものか。。。

 

このことについて佐藤愛子氏が「かくて老兵は消えてゆく」の中で言及していたり、近頃はhttps://sirabee.com/2016/05/21/122682/ などのネットメディアにて取り上げられていたり、ブログにてお書きになっている方もいらっしゃるものの、やはり世の中にはまだまだ広まっていないようで、是非ともテレビ番組等では御利益観光観点ばかり着目するのではなく、そういったところも取り上げていただけたらなあと心から思う。

anond:20190105100448

手水で手は洗うが口は洗わんな、氏子に恵まれいる神社でも

鳥居の中に入ったらまずはお辞儀自然にしている年配の方がいて、作法として正しいかは知らんが、信心深い人たちも自然に隣におるのだなと思った

2019-01-04

去年までは近所の神社運営費出してたけど今年からは出さんわ

去年の夏に限定御朱印の配布で人を集めすぎて

近隣に謝罪文を配る騒動を起こしたからな

そんなに金が欲しいなら好きなだけ御朱印配って集めてろバー

神社お地蔵さんの維持に1000円とられる

伝統からかい理由神社地蔵常夜灯の維持に合計3000円とられる。

管理は実質自治会メンバー

こんなガラクタ現代においてなんの恩恵があるんだ。

壊して自販機コンビニに置き換えたほうがマシでしょ。

2019-01-03

神社行っても手を洗わないしお賽銭投げないし手を合わせない

家族で行くときはいつもそうしている

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん