「好意」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 好意とは

2024-04-16

人の優しさを好意勘違いして自惚れて告白してはいけない

先輩とサシでご飯に行った時

好意を伝えたかった為

「先輩のこと、結構本気で好きです」と告白した



1週間保留の返事をもらった。


1週間後「恋愛対象として見てなかったからお付き合いはごめんなさい」と振られた。

先輩とは定期的に2人でご飯に行く仲だったが、思えばいつも誘うのは私からだった

職場人間恋愛事という私情を挟むべきではなかった

相手から好意確認することなく1人で舞い上がっていた

筆者の恋愛経験が少ない故に、恋人になるまでの過程作法精通していなかった。

恋愛事で賭けに出るべきではなかった

先輩が幸せならその隣に僕がいる必要はないです。幸せに過ごしてください。

2024-04-15

女がセフレを作るにはどうしたらいいのか

タイトル通りセフレが欲しい。

お互い性欲を解消することを目的とした関係性を築きたい。恋人を作るよりも簡単そうなくせに難しい。

男の人は、自分好意を抱いている(しか自分にとってはどうでもいい)女をセフレにしているパターンが多いのだろうか?

ワンナイトからセフレ関係に持っていこうとしても、男性から好意を向けられたり「この女は俺のことが好きだろう」と勘違いされたり、面倒な人間関係が発生してしまう。どうしたら、お互い体目当ての関係性が築けるのだろう。

anond:20240415225954

自称中流の恵まれ人生って奴だな

周りの好意でとても下駄を履かせて貰って分不相応待遇人生歩ませて貰ってるけど肝心の本人がね

anond:20240415102219

自分のけつあな差し出して、ゴミ人間にモノ扱い、きっしょい好意を向けられるお人形さんになるくらいの覚悟を決めときゃ余裕って感じじゃん

ホント根性ねえなぁ、女はイージー論者は

キモオタだってキモオタに覗かれて本気の嫌悪感を示してる場面を妄想したりはしないよ

あれは好意を持っている相手に見られて恥ずかしさで涙目になってるけど、本気の嫌悪というわけではない、そういう妄想を形にしている

見られた経緯も、意図して覗きをしたわけではなく、うっかりノックせずにドアを開けてしまった的な事故であって

お客様好意を持たれたけど、彼ピッピがいるって話してから、その方は一切来店しなくなってしまって、責任は感じたけど

私達は水商売じゃないから、色恋でお客様を期待させて、車を買わせたり、入庫を促すのは違う気がするんだよね

しかしたら、店に出入りするお客さん同士で恋愛に発展するかもしれないし、店員から友達を紹介してもらえるかもしれないし、出会い方は様々だから「好き好き好き!彼ピッピいる?じゃあもう良い」なんて諦めて逃げていくのは、気が早いと思う

正直、小・中・高・大学と共学で育って、同世代も多い会社に入って、「恋愛経験ないんですぅ〜」なんて人は少ないと思うんだよね

毎回彼ピッピが居ない前提で話を進められたり、居るって話すと驚かれたりすると

「前に付き合っていた人は」「学生時代元カレは」なんて言った日には、もう腰を抜かされそうよね

毎回彼ピッピが居ない前提で話を進められたり、居るって話すと驚かれたりすると「前に付き合っていた人は」「学生時代元カレは」なんて言った日には、もう腰を抜かされそうよね

2024-04-14

自己評価があまりに低いか主人公 = 俺の美少女ゲームが楽しめない

こういうことみんなない?素直に楽しめてる?

例えばウマ娘なんかもさ、すごーくヒロインたち可愛いストーリー面白いんだけどさ、基本的トレーナー = 自分構成から

「調整能力皆無で仕事も出来ない俺がこんなにテキパキトレーニングを進められるわけないじゃん……」とか

「年頃の女の子が俺の言うメニューをこんなに素直に信頼してくれるわけないじゃん……」とか

「こんなキモオタの俺をこんなかわいい子が好意もってくれるわけないじゃん……」ってなって、

現実世界架空世界のあまりにでかい差ばかりを意識してしまって楽しめなくって辛くなってやめてしま

まだ主人公ちゃんキャラクター性があって、自分は壁になって主人公ヒロインが仲睦まじくなってくのを眺めてるだけ、みたいなゲームの方が楽しめる

みんなはそんなことない?

2024-04-12

自称非モテ女友達「異性から好意を向けられた経験がない女はほぼゼロ

自称非モテ女友達告白された経験がない女も数%程度。 女にとっての非モテは『好きorイケてる異性から告白されたことがない』という状態意味する」

腐女子丸出しのドブス女でもイケメン好意向けられた体験

「でも○○がクソダサくて冷めたwww

みたいに余裕で上から目線で笑い者にしたりできるから女ってほんと貴族

2024-04-10

2024年アニメ感想

・悪役令嬢レベル99~私は裏ボスですが魔王ではありません~

はいはいどうぜいつものなろうノベルでしょ」と思って観たら、思いのほか面白い

その理由はあまりテンポの良さと、無駄を一切省いたノンストレスさにあるのだと思う。

主人公レベル99で最強、なんていう擦られ過多のテンプレを厭味ったらしく見せつけないのも良い。

なろうものの「こういうのでいいんだよ」を詰め込んだ作品で、それ故に希薄な感じも否めないものの万人受けしそうな感はある。

あとEDが秀逸で、EDに関していえば今季一かもしれない。モンキーダンス!!

アンデッドアンラック

メタ作品言葉遊びもあって良い。

展開もジャンプらしい王道かと思いきや、色々と捻りを利かせている。

原作を読んだことがないので意外な展開に「おっ」となることも多く、意外と凝った作品

また、化物語のような演出が多かったも印象的。

ただ難点は前回の振り返りの長さと引き伸ばし。

作画は悪くないでテンポが良ければバスったのでは?という印象。

・愚かな天使悪魔と踊る

原作は随分と前に出版されたものらしい。

それも納得というか、90年~00年に見られた懐かしいノリを繰り広げる作品

暴力ヒロインに謎のギャグが節々に挟まれシュールシリアスがごっちゃになっているような。

人によって好みが非常に分かれそうではあるが、個人的には結構好き。

ただ全体的には馴染みのある設定と展開ばかりで目新しさには欠け、そこまでインパクトは感じず。

あと端役に悟空クリリンって豪華すぎんだろ…。

休日のわるものさん

休日の夜に見るのに適したアニメ

まったりした雰囲気作品で、ほろ酔い加減に観るのがちょうど良い。

戦隊モノの悪役の休日を描く作品で。物語としては起伏に乏しく、だからこそ安心して観れる感も。

いかつい主人公が猫を「さん」付けで呼ぶのが可愛い

今期の癒し枠。

・30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい

自分は男なのでBLには一切興味がないものの、それでも楽しめた作品

なんだろう…この作品一言形容するなら「懐かしさ」かもしれない。

一昔にあった少女漫画純愛系といった感じで、今ではテンプレ化し過ぎていて普通の男女物ではあまり見られなくなったような。

からこそ形が”男×男”になっても楽しめたというか、変な技巧もなく、ここまで真っ直ぐな好意アニメでは久々に見た気もする。

恋愛ものしては昨今、「素直に好きになったら負け」みたいな風潮が多い中、ストレート愛情を示すシーンの多さが逆に新鮮に思えたりも。

あとうどん可愛い

シャングリラフロンティア

VRゲームを題材とした作品

原作は知らず、アニメで知った勢。

作画も丁寧で、評判通りに面白い。膨大な設定が売りの作品でもある。

安定した面白さで、主人公と共にゲームを進めている感覚も味わえる。

独特な悪ノリが特徴的で人によっては大いに嵌りそうではあるけど、自分場合はそれほどでもなかった。

スナックバス

ネットでは色々言われていたようだけど、普通面白かった印象。

原作は少し読んだことがあり、比べると確かに間延びしている感はある。

ただ原作の緩急を抑えていることで逆にリアリティを感じられ、ハマれば場末スナックの退廃感が心地よくなってくる。

内容は原作同様面白いツッコミの秀逸さは秀でていると思う。

視聴者お酒片手に楽しむ作品カワバンガ!!

ダンジョン飯

今季では1,2位を争う傑作。

作画は美しく、動く所ではぬるぬる動き、カット割りも素晴らしい。

作品としても魅力あるキャラクター意表のある設定の数々。

動く鎧を調理して食べる、といった一見して「無理だろ」というもの合理的に描く想像力

伏線に富み、生態学的な側面も強めで作者の教養が伺える。

往年のファンタジー好きにこそ観てほしい作品で、目から鱗が剥がれ落ちるであろう作品

世界観も秀逸。もしダンジョン存在したら?といったことを社会的経済的システムとして描いている点もシニカルで良い。

おすすめ

道産子ギャルなまらめんこい

ふーん、道産子ってエッチじゃん

・姫様“拷問”の時間です

今期の癒し枠の代表作。

拷問と銘打つものグロテスクさは皆無で、こんな世界観だったらグリフィスも蝕しなかっただろうなという世界観

基本的にはくっころ姫と可愛い拷問ちゃんとのイチャイチャを観るような作品

あと魔王様が今季一の聖人で、魔王軍は絵に描いたようなホワイト企業。うらやましい。

今の日本に足りないものを描いているような作品で、ただただ癒される。

疲れた社会人には特におすすめ作品

・ぶっちぎり?!

MAPPA制作なので作画が良い。

オリジナルアニメ、ということで注目があまり高くなかったように思える作品

しか個人的には思わぬ掘り出し物。というか普通面白かった。

かに主人公ダメダメっぷりは鼻につくものの、その分周りのキャラクターが魅力的。

何よりその内の一人である”摩利人”の声は佐々木望さん!

幽白好きとしては佐々木望さんのヤンキー声が聞けるだけでも楽しめた。

ギャグシリアスバランステンポも良くて、個人的にはもっと話題になってもいいんじゃないかなぁと思ったアニメ

魔法少女にあこがれて

えっど。

正直馬鹿にしていた感はある。

安易エロ客引きとか下品」、そう思っていた時期が俺にもありました

ただストーリーは思いのほか作り込まれて、後半になるにつれエロがおまけに感じられるような展開は素晴らしい。

うーん…でもなぁ…。キャラ同士の掛け合いも悪くないし、個性も立ってる。こりすちゃん可愛いし。

それでも同人誌アニメ化したような、二次創作感を払拭し切れなかった印象も。

けどアニメは綺麗に終わったのでヨシ!

勇気爆発バーンブレイバーン

今季唯一のロボット物かつ今季一の問題作

熱い。熱すぎる作品

王道かつ傾いているという、一つの作品内で矛盾体現するようなアニメ

ネットでも大いに話題となり、気持ち悪い巨大ロボということで評判になったほど。

ストーリーとしては主人公が巨大ロボと邂逅して、それに乗り、敵を倒してヒーローになるというまさに王道中の王道

それに同性愛の要素をひと加えwみたいなノリの作品。ほんとそんな感じ。

でもこれは現代の性の多様性について語った作品でもあると思うんだ。

「本当の性の多様性とは?」そう自らに問いかけ、これが日本世界に誇るアニメ文化の答えだ!と言わんばかりに突っ切った愛の多様性に、視聴者驚愕し、感動すること間違いなし。

あと主題歌が秀逸。カラオケで歌いたくなるのはもちろんのこと、出勤前に聞くと元気と勇気を分けてもらえること間違いなし。

このアニメを観て、キミも勇気爆発だ!!

2024-04-07

SNS時代に通ずる聖書箴言

聖書箴言には、言葉の力とその使用についての教訓がたくさん含まれています

特にSNS時代にぴったりとも言える箴言をいくつか挙げてみます

1. 箴言 10:11 - 神に従う人の口は命の源、神に逆らう者の口は不法を隠す。

2. 箴言 10:18 - うそを言う唇は憎しみを隠している。愚か者悪口を言う。

3. 箴言 10:19 - 口数が多ければ罪は避けえない。唇を制すれば成功する。

4. 箴言 10:31 - 神に従う人の口は知恵を生み、暴言をはく舌は断たれる。

5. 箴言 10:32 - 神に従う人の唇は好意に親しみ、神に逆らう者の口は暴言に親しむ。

6. 箴言 6:16-19 - 主の憎まれものが六つある、否、その心に、忌みきらわれるものが七つある。すなわち、高ぶる目、偽りを言う舌、罪なき人の血を流す手、悪しき計りごとをめぐらす心、すみやかに悪に走る足、偽りをのべる証人、また兄弟のうちに争いをおこす人がこれである

これらの箴言は、言葉の力とその使用についての重要な教訓を私たちに教えてくれます

特にSNSのようなプラットフォームでのコミュニケーションにおいては、これらの教訓を心に留めておくことが重要です。

言葉は力を持っており、それをどのように使うかによって、人々の感情や行動に大きな影響を与えることができます

からこそ、私たち自分言葉を慎重に選び、他人尊重し、理解し、助けるためにそれを使うべきです。

2024-04-06

追記あり: 好きな人告白したのに返事がなくてつらい

相手は前の職場出会った人。

送別会の帰り道二人で話してて、やっぱり好きだなと思って酔った勢いメッセージ告白した。翌日返信が来なかったのでやらかしたと思って忘れてくださいと送ったら、昼頃に「今日ご飯行きませんか?」と言われ、仕事終わりに会うことに。普通に話していたけれど、解散する前に「メッセージの件何も言わないんですね」と言われてしまい、最終的に対面で告白することになった。彼いわく、「お酒のせいにして無かったことにするなら関係はもう続けられない(友人としても)と思っていた」とのこと。結果的にいい方に転んで良かったが、そんなことを言っても保留されているからつらい。即フラれて関係がぶっ壊れるのが一番嫌だったからそうならないのはありがたいけど、最近こちらがアプローチをする一択になっていて本気で毎日悩んでいる。

前の職場は人数が少なく、かつ男性は9割既婚者。残る1割も同世代ではなく、あまり関わりがない。私は大学卒業した4月から、1年間の契約でその職場で働いていた。まあ色々あって、9月半ばから立場業務内容が変わった。慣れない仕事に戸惑いながらもなんとか追いつこうと必死になっていたときに、件の男性と接近した。

彼は9月から再び働き始めたものの、前年度から仕事をしていた先輩だった。そのため職場の色々な決まり仕事をある程度把握していたので、困ったことがあったら聞いてくださいね!と言ってくれた。しかし彼は正規雇用ではない。故に職場には居づらかったことも多かった、と後に話してくれた。

私の職種はとにかく人を相手にし続けるため、時と場合でかなり忙しさが違う。特に私の勤めていた勤務地はかなり人の対応が多い地域だった。

私は当然パンクした。もう二度と立ち上がれないんじゃないかと思うぐらいパンクした。ぶっ壊れた。一人でいられる部屋に籠ることも増えた。そんな折、彼が手を差し伸べてくれた。

彼は親身になって私の話を聞いてくれて、「何か困ったらまた教えてくださいね」と優しく微笑みかけてくれた。いい人だ、と思った。彼の柔らかい雰囲気はとても好感が持てたけれど、その時既に恋に落ちていたかと言われると別にそうでもない。何を考えているかが全く分からなかったから。

時間が経って仕事にもやっと慣れてきた頃には、私の生活の軸の中に彼が存在するようになった。職場の人にもよく「付き合ってるんですか?」と聞かれたし、上司には「距離が近すぎてあらぬ誤解が生まれしまいかねない。少し離れて欲しい」と注意されてしまった。

私は仕事をこなす中で色々と彼にサポートしてもらうのが一番やりやすかったから、とにかく男女の雰囲気が出ないよう努めることにした。彼も上司から同様の注意を受けたらしく、一緒に帰っているときに「怒られちゃいましたね」と笑っていた。彼に不快な思いをさせていないように見えたのが救いだった。今思えば、この頃にはもうだいぶ彼を意識してしまっていたのかも知れない。次第に彼から仕事の後にご飯に誘われ、およそ週3回ほどご飯に行く仲になった。

二人で行動していると監視されたり、色々と嫌なことはあったが何とか1年間仕事をやり切った。その間何度も「付き合ってるんですか?」と聞かれた。話のネタとして面白いからという理由で彼にも何度か「また言われました」と話していたが、彼が「そういうことにしちゃえばいいんじゃないですか」と言うようになった。正直ドキリとしなかったと言えば嘘になる。

ただこの頃私には恋人がいたので、踏み込む勇気はなかった。恋人がいるのに恋愛対象になりかねない人とご飯に行くなと言われたらそれはそうなんだけれど、ひとっっっつもエロい雰囲気になんてならなかったから許して欲しい。一応異性とか関係なく、先輩後輩という意識が強い職種でもある。……全部言い訳みたいに聞こえると思うけど、実際多分言い訳。双方に対して不誠実すぎるので、相手への自分気持ちに気づいたときに別れた。

正直、めちゃくちゃ正直、だいぶ長い間、こっちが相手を好き!って言うよりあっちが私を好きだったと思う。職場の人たちにもずっとそう言われてきたし、そもそも人の好意って分かりやすときはだいぶ分かりやすいから…ああ、この人私のこと好きなのかな?と思うこともあった。

なのになんでこんな私がひたすら追う側になっているのか…………理解できない………………だからと言って冷めることは一切ないんだけれど…………………………というかこうなるまで恋愛に発展しなかったの、もしかして両方超奥手…………………………?私は性交渉経験がないので性交渉から恋愛に発展させる技術もないし、ずっと前から私たち関係って詰んでたのかな……………………………というかそういえば相手側が自分をどう思ってるか全然聞けてないな、はぐらかされてるかも知れない。好意に気づいてたかと聞いたら「貴方はそういう感覚がない人なんだと思ってた、割り切っているのかと」と言われ、「友人ではない。でも何かと言われると形容しがたい」と評価されるに留まっている。ちなみに私は「職場にいた時(業務時間内)は相棒だと思っていました」と返した。

どう思っているか聞きたいな……でも下手こき続けてるから「やっぱ無理だなと思ってます!」とか言われてしまうかもしれなくて、それが一番怖い。付き合えなくても友人(?)でいたい、それぐらい前提として尊敬できる素晴らしい人なんだ……どうすりゃいいんだ………………ウダウダ書いたけど聞きたいのはそれだけなんだよ………………誰か教えてよ………………………………………………あとどうやったら彼女に昇格できるのこれ

追記(?)した https://anond.hatelabo.jp/20240407114923

2024-04-04

三大ジャージプリン頭が似合う細かいことを気にしない性格友達が多くてツレと集まって何かするのが好きな明るい女性が、

分け隔てない一般的普通特別でない優しさ(気遣い)を僕に向けてくれて、

それを僕が好意を向けられたと勘違いするも、

相手も丁度その時都合の良い相手がいなかったし、従順な様が笑えて面白いので恋人らしき関係になるんだけど、

相手はいつでも僕のことを捨てると明言してるし、

経済的にも自立しているし、他の候補もいる旨を毎日のように伝えてくるから

僕の自己肯定感はどんどん下がっていき、どんどん従順にヘコヘコするようになって、

その様を面白がってくれるうちは一緒にいれるんだと必死になるときあるある

「僕の無様な様の写真を友人達の間で晒し者にされる」

「僕がエッチしたくて誘うも『うっせえなあこれでシコってろよ!』と3日ぐらい履きっぱなしの下着を投げつけられる」

普通に振られる」

anond:20240403162502

数日後に新卒セックスしてそうな女の中に好意を持ってた人でもいたのかな?

2024-04-03

anond:20240402215745

生きやすそうな性格してるな

頭悪いなお前の意味じゃないと言わないし好意なんて無いよこれ

2024-04-02

anond:20240402101407

え、これって「増田くんは頭がいいのに字がキレイだよね」って意味でしょ?

そんな好意をお前の薄っぺらプライド他責思考でへし折ったんでしょ?

そういうとこやぞ。

anond:20240401232021

ふだん見知らぬ他人や嫌いな相手には公正さやルールにうるさいけど、自分が(一方的に)知ってて好意を感じる相手には甘々だから・・・

お気持ち至上主義なんだよ。

自民党議員松本の言うことも鵜呑みにしてみてほしいね

2024-04-01

顔ファン」という生易しいものではない

芸事を見ない男性ファン」が原因で、自分の好きな女性たちが解散した。

顔ファンのせいだ顔ファンのせいだ、と言われた。トレンド入りまでした。

そんな生易しいものではないと思う。

正直、自分顔ファンだろうがなんだろうが、金や時間をかけてちゃんと見に行く、それができなくても配信なりなんなりで、要は正当な手段迷惑かけず応援してりゃあいいじゃねえかと思っている。顔を出して活動してる以上、好かれる要素のひとつになるのは仕方がないことだと思う。

そういうんじゃない。

自分は知っている。「女だから」寄ってくる男を知っている。要するに性欲、支配欲、「女を」見下したい媚びへつらわせたいが理由で寄っていく男が掃いて捨てるほどいるのを知っている。そういう男たちを喜ばせる「仕事」が湧いてくるのも知っている。

ギャラリーストーカー問題になったのを覚えている方もいるかもしれない。それに近い男は、どこの世界にもうようよいる。

素人の癖に上から目線的外れ説教を「アドバイス」と言って垂れ流す。拒否姿勢を少しでも見せると粘着質に攻撃する。

女のくせに、と。

から好意の皮をかぶった加害者性に、女性は過敏だ。なぜなら肉体的に勝てない相手からだ。危機感といってもいい。そういうのが日常的に浴びせられるから芸事をする女性ストレスには特有のものがある。

これは男の体を持って生まれた者には絶対理解できない。断言してもいい。

「女だって~」は反論にすらならない。反論したくなる時点で自分にもそういう加害者性があるのだと自覚した方がいい。

(きっとこの記事コメントにもたくさん湧くだろう。たくさんの加害者性が可視化されるだろう。その無自覚さも含めて)

一言で言ってしまえば、彼女らはこの男尊女卑社会犠牲になったのである

こんな終わり方をしてほしくなかった。そう思う自分感情もまたエゴである。そして、その気持ちを上回るほどに苦しみが理解できるので、自分は何も言えない。

憎い、悔しい。顔の見えない有象無象の男の加害性。

怒りに任せてこれを書いている。あんな才能が潰れる世界に夢も希望も持てなくなっている。

顔ファン」じゃあない、「性欲猿」「加害男」の方が近い。そういう男が、女には驚くほど寄ってくるのだ。

望んだわけでもない、女という肉体を持って生まれた、ただそれだけで。

目をそむけたくなるほどの地獄である。未だ口を開け続けている、深い深い地獄である

顔ファン」という生易しいものではない

芸事を見ない男性ファン」が原因で、自分の好きな女性たちが解散した。

顔ファンのせいだ顔ファンのせいだ、と言われた。トレンド入りまでした。

そんな生易しいものではないと思う。

正直、自分顔ファンだろうがなんだろうが、金や時間をかけてちゃんと見に行く、それができなくても配信なりなんなりで、要は正当な手段迷惑かけず応援してりゃあいいじゃねえかと思っている。顔を出して活動してる以上、好かれる要素のひとつになるのは仕方がないことだと思う。

そういうんじゃない。

自分は知っている。「女だから」寄ってくる男を知っている。要するに性欲、支配欲、「女を」見下したい媚びへつらわせたいが理由で寄っていく男が掃いて捨てるほどいるのを知っている。そういう男たちを喜ばせる「仕事」が湧いてくるのも知っている。

ギャラリーストーカー問題になったのを覚えている方もいるかもしれない。それに近い男は、どこの世界にもうようよいる。

素人の癖に上から目線的外れ説教を「アドバイス」と言って垂れ流す。拒否姿勢を少しでも見せると粘着質に攻撃する。

女のくせに、と。

から好意の皮をかぶった加害者性に、女性は過敏だ。なぜなら肉体的に勝てない相手からだ。危機感といってもいい。そういうのが日常的に浴びせられるから芸事をする女性ストレスには特有のものがある。

これは男の体を持って生まれた者には絶対理解できない。断言してもいい。

「女だって~」は反論にすらならない。反論したくなる時点で自分にもそういう加害者性があるのだと自覚した方がいい。

(きっとこの記事コメントにもたくさん湧くだろう。たくさんの加害者性が可視化されるだろう。その無自覚さも含めて)

一言で言ってしまえば、彼女らはこの男尊女卑社会犠牲になったのである

こんな終わり方をしてほしくなかった。そう思う自分感情もまたエゴである。そして、その気持ちを上回るほどに苦しみが理解できるので、自分は何も言えない。

憎い、悔しい。顔の見えない有象無象の男の加害性。

怒りに任せてこれを書いている。あんな才能が潰れる世界に夢も希望も持てなくなっている。

顔ファン」じゃあない、「性欲猿」「加害男」の方が近い。そういう男が、女には驚くほど寄ってくるのだ。

望んだわけでもない、女という肉体を持って生まれた、ただそれだけで。

目をそむけたくなるほどの地獄である。未だ口を開け続けている、深い深い地獄である

顔ファン」という生易しいものではない

芸事を見ない男性ファン」が原因で、自分の好きな女性たちが解散した。

顔ファンのせいだ顔ファンのせいだ、と言われた。トレンド入りまでした。

そんな生易しいものではないと思う。

正直、自分顔ファンだろうがなんだろうが、金や時間をかけてちゃんと見に行く、それができなくても配信なりなんなりで、要は正当な手段迷惑かけず応援してりゃあいいじゃねえかと思っている。顔を出して活動してる以上、好かれる要素のひとつになるのは仕方がないことだと思う。

そういうんじゃない。

自分は知っている。「女だから」寄ってくる男を知っている。要するに性欲、支配欲、「女を」見下したい媚びへつらわせたいが理由で寄っていく男が掃いて捨てるほどいるのを知っている。そういう男たちを喜ばせる「仕事」が湧いてくるのも知っている。

ギャラリーストーカー問題になったのを覚えている方もいるかもしれない。それに近い男は、どこの世界にもうようよいる。

素人の癖に上から目線的外れ説教を「アドバイス」と言って垂れ流す。拒否姿勢を少しでも見せると粘着質に攻撃する。

女のくせに、と。

から好意の皮をかぶった加害者性に、女性は過敏だ。なぜなら肉体的に勝てない相手からだ。危機感といってもいい。そういうのが日常的に浴びせられるから芸事をする女性ストレスには特有のものがある。

これは男の体を持って生まれた者には絶対理解できない。断言してもいい。

「女だって~」は反論にすらならない。反論したくなる時点で自分にもそういう加害者性があるのだと自覚した方がいい。

(きっとこの記事コメントにもたくさん湧くだろう。たくさんの加害者性が可視化されるだろう。その無自覚さも含めて)

一言で言ってしまえば、彼女らはこの男尊女卑社会犠牲になったのである

こんな終わり方をしてほしくなかった。そう思う自分感情もまたエゴである。そして、その気持ちを上回るほどに苦しみが理解できるので、自分は何も言えない。

憎い、悔しい。顔の見えない有象無象の男の加害性。

怒りに任せてこれを書いている。あんな才能が潰れる世界に夢も希望も持てなくなっている。

顔ファン」じゃあない、「性欲猿」「加害男」の方が近い。そういう男が、女には驚くほど寄ってくるのだ。

望んだわけでもない、女という肉体を持って生まれた、ただそれだけで。

目をそむけたくなるほどの地獄である。未だ口を開け続けている、深い深い地獄である

顔ファン」という生易しいものではない

芸事を見ない男性ファン」が原因で、自分の好きな女性たちが解散した。

顔ファンのせいだ顔ファンのせいだ、と言われた。トレンド入りまでした。

そんな生易しいものではないと思う。

正直、自分顔ファンだろうがなんだろうが、金や時間をかけてちゃんと見に行く、それができなくても配信なりなんなりで、要は正当な手段迷惑かけず応援してりゃあいいじゃねえかと思っている。顔を出して活動してる以上、好かれる要素のひとつになるのは仕方がないことだと思う。

そういうんじゃない。

自分は知っている。「女だから」寄ってくる男を知っている。要するに性欲、支配欲、「女を」見下したい媚びへつらわせたいが理由で寄っていく男が掃いて捨てるほどいるのを知っている。そういう男たちを喜ばせる「仕事」が湧いてくるのも知っている。

ギャラリーストーカー問題になったのを覚えている方もいるかもしれない。それに近い男は、どこの世界にもうようよいる。

素人の癖に上から目線的外れ説教を「アドバイス」と言って垂れ流す。拒否姿勢を少しでも見せると粘着質に攻撃する。

女のくせに、と。

から好意の皮をかぶった加害者性に、女性は過敏だ。なぜなら肉体的に勝てない相手からだ。危機感といってもいい。そういうのが日常的に浴びせられるから芸事をする女性ストレスには特有のものがある。

これは男の体を持って生まれた者には絶対理解できない。断言してもいい。

「女だって~」は反論にすらならない。反論したくなる時点で自分にもそういう加害者性があるのだと自覚した方がいい。

(きっとこの記事コメントにもたくさん湧くだろう。たくさんの加害者性が可視化されるだろう。その無自覚さも含めて)

一言で言ってしまえば、彼女らはこの男尊女卑社会犠牲になったのである

こんな終わり方をしてほしくなかった。そう思う自分感情もまたエゴである。そして、その気持ちを上回るほどに苦しみが理解できるので、自分は何も言えない。

憎い、悔しい。顔の見えない有象無象の男の加害性。

怒りに任せてこれを書いている。あんな才能が潰れる世界に夢も希望も持てなくなっている。

顔ファン」じゃあない、「性欲猿」「加害男」の方が近い。そういう男が、女には驚くほど寄ってくるのだ。

望んだわけでもない、女という肉体を持って生まれた、ただそれだけで。

目をそむけたくなるほどの地獄である。未だ口を開け続けている、深い深い地獄である

顔ファン」という生易しいものではない

芸事を見ない男性ファン」が原因で、自分の好きな女性たちが解散した。

顔ファンのせいだ顔ファンのせいだ、と言われた。トレンド入りまでした。

そんな生易しいものではないと思う。

正直、自分顔ファンだろうがなんだろうが、金や時間をかけてちゃんと見に行く、それができなくても配信なりなんなりで、要は正当な手段迷惑かけず応援してりゃあいいじゃねえかと思っている。顔を出して活動してる以上、好かれる要素のひとつになるのは仕方がないことだと思う。

そういうんじゃない。

自分は知っている。「女だから」寄ってくる男を知っている。要するに性欲、支配欲、「女を」見下したい媚びへつらわせたいが理由で寄っていく男が掃いて捨てるほどいるのを知っている。そういう男たちを喜ばせる「仕事」が湧いてくるのも知っている。

ギャラリーストーカー問題になったのを覚えている方もいるかもしれない。それに近い男は、どこの世界にもうようよいる。

素人の癖に上から目線的外れ説教を「アドバイス」と言って垂れ流す。拒否姿勢を少しでも見せると粘着質に攻撃する。

女のくせに、と。

から好意の皮をかぶった加害者性に、女性は過敏だ。なぜなら肉体的に勝てない相手からだ。危機感といってもいい。そういうのが日常的に浴びせられるから芸事をする女性ストレスには特有のものがある。

これは男の体を持って生まれた者には絶対理解できない。断言してもいい。

「女だって~」は反論にすらならない。反論したくなる時点で自分にもそういう加害者性があるのだと自覚した方がいい。

(きっとこの記事コメントにもたくさん湧くだろう。たくさんの加害者性が可視化されるだろう。その無自覚さも含めて)

一言で言ってしまえば、彼女らはこの男尊女卑社会犠牲になったのである

こんな終わり方をしてほしくなかった。そう思う自分感情もまたエゴである。そして、その気持ちを上回るほどに苦しみが理解できるので、自分は何も言えない。

憎い、悔しい。顔の見えない有象無象の男の加害性。

怒りに任せてこれを書いている。あんな才能が潰れる世界に夢も希望も持てなくなっている。

顔ファン」じゃあない、「性欲猿」「加害男」の方が近い。そういう男が、女には驚くほど寄ってくるのだ。

望んだわけでもない、女という肉体を持って生まれた、ただそれだけで。

目をそむけたくなるほどの地獄である。未だ口を開け続けている、深い深い地獄である

顔ファン」という生易しいものではない

芸事を見ない男性ファン」が原因で、自分の好きな女性たちが解散した。

顔ファンのせいだ顔ファンのせいだ、と言われた。トレンド入りまでした。

そんな生易しいものではないと思う。

正直、自分顔ファンだろうがなんだろうが、金や時間をかけてちゃんと見に行く、それができなくても配信なりなんなりで、要は正当な手段迷惑かけず応援してりゃあいいじゃねえかと思っている。顔を出して活動してる以上、好かれる要素のひとつになるのは仕方がないことだと思う。

そういうんじゃない。

自分は知っている。「女だから」寄ってくる男を知っている。要するに性欲、支配欲、「女を」見下したい媚びへつらわせたいが理由で寄っていく男が掃いて捨てるほどいるのを知っている。そういう男たちを喜ばせる「仕事」が湧いてくるのも知っている。

ギャラリーストーカー問題になったのを覚えている方もいるかもしれない。それに近い男は、どこの世界にもうようよいる。

素人の癖に上から目線的外れ説教を「アドバイス」と言って垂れ流す。拒否姿勢を少しでも見せると粘着質に攻撃する。

女のくせに、と。

から好意の皮をかぶった加害者性に、女性は過敏だ。なぜなら肉体的に勝てない相手からだ。危機感といってもいい。そういうのが日常的に浴びせられるから芸事をする女性ストレスには特有のものがある。

これは男の体を持って生まれた者には絶対理解できない。断言してもいい。

「女だって~」は反論にすらならない。反論したくなる時点で自分にもそういう加害者性があるのだと自覚した方がいい。

(きっとこの記事コメントにもたくさん湧くだろう。たくさんの加害者性が可視化されるだろう。その無自覚さも含めて)

一言で言ってしまえば、彼女らはこの男尊女卑社会犠牲になったのである

こんな終わり方をしてほしくなかった。そう思う自分感情もまたエゴである。そして、その気持ちを上回るほどに苦しみが理解できるので、自分は何も言えない。

憎い、悔しい。顔の見えない有象無象の男の加害性。

怒りに任せてこれを書いている。あんな才能が潰れる世界に夢も希望も持てなくなっている。

顔ファン」じゃあない、「性欲猿」「加害男」の方が近い。そういう男が、女には驚くほど寄ってくるのだ。

望んだわけでもない、女という肉体を持って生まれた、ただそれだけで。

目をそむけたくなるほどの地獄である。未だ口を開け続けている、深い深い地獄である

2024-03-29

あなた恋愛対象になりえないと嘘をついて好意を隠して同居してくる女、普通に怖すぎるんだけど

2024-03-26

anond:20240326223248

アラフォーだが?

それ真に受けてるやついるのか

それは認知心理学的なトリックにすぎん

ゲーム自体がやればやるほどクソで有害心理的負荷を与えてくるから、何度も繰り返し聞く比較的無害な音楽の方に好意を寄せてしまうだけ

単純接触効果ストックホルム症候群の合せ技みたいなもんだ

音楽自体はただメロディラインキャッチーで耳に残りやすものから「良い」と思えてしまうだけで

そうやってクソゲー補正選抜された「良」曲に、例えば何周年記念だかとしてオーケストラ編成にして大々的に演じ上げ語り継いでいくほどの価値のある名楽譜存在しない

作曲や録音ってのは結局、才能や名声ある作曲家と演奏家に金かけて作らせたもんの方がクオリティ高くなることはどうしようもない事実

同人ギャルゲーみたいな泣きゲーの決定的シーンで使われた曲は素人DTMでもそれなりに印象的に聞こえるみたいな心理的補正もあるし

そういうもの楽曲それ自体音楽クオリティというのは切り分けて考えなきゃいけない

作曲演奏ちゃん学問としてある専門分野なんだよ

良しあしを語るならそれに準じなきゃいけない

anond:20240326111340

自分好意を寄せてくる異性という出だしでああはいはいいつもの女さんの自虐風自慢話ねって

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん