「好意」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 好意とは

2018-07-19

anond:20180719145532

動物だって好意持ってなきゃ蹴り飛ばすとかすんだろ。

みんなの祖先をたどっていけば自由恋愛よりもお見合いよりもレイプのほうが祖先に多いはずだ

いから何?それが正義とでも言いたいわけ?

2018-07-18

i-憎

所属するコミュニティ全部の中でなんとなくの「好きな人」を作るのやめたい

狭いコミュニティの中で手っ取り早く恋人を作るのをやめたい

いい雰囲気になった時好きでもないのに「私も大好きです♡♡♡」みたいな挙動とるのやめたい

それを全部秘密にするのもやめたい

どんどんどんどん首絞まってくよ〜〜〜

忘年会は気まずいし、研究発表の集まりのたびにヒヤヒヤしたくない

こんなことばっかしてるから、本当に好きな人には見透かされてるんだわ

だったら思わせぶりな行動すんなよな、同族かよ

からこそわかるし、わかってるんでしょ〜なんでそんなことするか

きじゃない人であっても好意を持ってもらえるのは嬉しいし、嫌われるのは苦しいんだよね

でも、好きでもないのに好きなふりするのは傲慢だよ〜優しさなんかじゃない

どれもこれも独りよがりだったってわかったときのしんどさ知ってるくせに

同族から苦手だし、分かり合えるつもりになっちゃったんだろうな〜〜〜〜切腹!!!!!!!!!!!!

2018-07-14

anond:20180714050917

こういうの、ホモに限らず

"対象外"な人から好意を持たれるとどう困るのかってのが想像できていいと思う

押し付け系の片想いしてるすべての人が想像したらいい

2018-07-13

いつからクーラー設置やキモイおっさんから好意を受けないことが人権になったのか

人権を拡大するにもほどある

2018-07-12

猫に好意抱かれてキモい

なんか俺妙に路上の猫からお触りされんだけど

 

恐い

anond:20180712190551

告白されたら何を思い何を言っても当人同士の痴話喧嘩から当事者で。

ゲイやブスから好意を寄せられるのを気持ち悪いと思うのは普遍的感情だよね?ともとれる書き方するからビキビキくる人はくるって話やないかなあ。

ゲイ告白されたら気持ち悪いだろJK

https://anond.hatelabo.jp/20180712180636

https://anond.hatelabo.jp/20180712154650

正直なところ、この言葉には賛同違和感が半分づつある

「うんうん、そうだね。例えばだけど、好みではない女性から好意を示された時に『気持ち悪い』なんて言って断るような男は端的に言って“いい男”ではないですね。

それと同じで、性的対象でない相手のことを聞かれてもいないのにわざわざ『気持ち悪い』と表現してしまう男は端的に言って“いい男”ではないね

内容については正しい。だが、この男性は、恐らくはゲイから告白されたり迫られた経験はないだろうなと思う。

ポリコレ棒を握った奴は、一度ゲイ告白でもされてみろよ、きっと俺の言うことが分かるからさ。

俺は正直に言いたい 

ゲイノーマルへの告白は本当に、迷惑から止めて欲しい、と

知人の一人として接してきただけの事を勝手恋愛感情を募らせる燃料にされるのも不快

相手異性愛者だということを理解していて、告白してくるのは心底キモい

強引に行けばどうにかなるというものでは絶対にないのは分かってるはずだ

これは高嶺の花にむかって玉砕する男女の賭けとは本質的に違う

異性愛なのだから同性愛者を受け入れることなんて、何が起こってもないんだよ

1億もらったってないものはないんだわ

その押し付けには嫌悪感しか抱かない

相手への愛情どころか敬意すらもない、性欲の押し付けしかないだろうが、その行為




小児性愛者の男を、気持ち悪いと表現することを君らは忌避するか?

40代無職で金のないおっさん気持ち悪いと表現することを怒るか?

2次元を愛するヲタク気持ち悪いと呼ぶことが理解できないと言ったことがあるか?

それと同じだよ。

全てのホモ野郎キモいんじゃない

異性愛者に寄ってくるホモ野郎は、気持ち悪いよ。

ポリコレ棒を握った奴は、ホモ野郎告白でもされてみろよ、きっと俺の言うことが分かる。

女性男性なら普通なのに男性ゲイだとポリコレ発動する言葉

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/56492

ブコメでもかかれてるけど、

「好きでもない男に言い寄られてもきもちわるい」

なんて女たちの間では当然の合言葉

なんで男たちに言い寄られる女が言うと説得力があるのに、ゲイに言い寄られる男性がいうと何言ってんだコイツってなるんだろう。

で、ちょっとわかった。女性にはジェントルマン精神が育っていないからだ。そして女性にたいしてジェントルマン精神は期待されていない。

2ページ目で男性の友人とやらが言う理屈、確かにと思う。

ブスに懸想されて逆切れする男は見るからダサい。謹んでお断りすることこそ紳士の条件という通説はある。

こんな常識は女には通用しない。女は社会的立場が弱い分常に男性にたいして鬱憤がたまっているため、恋愛立場でいざ強者に躍り出たとたんに異性に対して過分に強く当たりがちである。そこには武士道紳士道もない。

サシ飲み相手がどんなにデブでブスな女でも、ちゃんとお持ち帰りするor頑張ってお持ち帰りしたけどいたせなかったら申し訳なく思うという精神性が根付いている男性は多い。

はてなに多いミソジニー的な男性はこの限りではない。)

女性にはあるまじき感性である

以上。

常にジェントルマンを期待される男性自分好意を向けるゲイ相手取って器の小さい発言をしたら「なんだコイツ」となってしまうのに対し、

逆に恋愛時に異性を軽んじることによって己の気高さアピール自己顕示欲へと昇華する女性が同じことをしてもさほど違和感が生じない理由である

anond:20180712150908

ブクマの方でも指摘されてるけど、「一方的好意をぶつけてくるおっさんキモい」を許容しておいて、ゲイにだけ優しくできるわけがないんだよな

ある女が感じたミリシタへのショック

これは本当に私個人が受け入れられなかっただけの話です。

私は三年ほどアイドルマスターSideMプロデューサーをしてます

ツイッターでも他の315プロデューサーたちをフォローしていて、SideMだけでなくミリオン、デレ、最近ではシャニマス話題もよく上がっています。ですが基本、他の事務所アイドルたちは6割名前と顔が一致する…くらいでした。

そんなTLで今まで見たことがないほどいろんなプロデューサーが絶賛していた曲。

花ざかりWeekendが私がほとんど初めてミリオンに触れた曲でした。

私も一介のOLということもあり、こんなに刺さる曲があるなんて!とびっくりし、配信されたら即買い、今もリピートしています特に麗花さんと歌織さんのビジュアルが好みで、気になっていました。

そんななかミリシタが1周年を迎え、今なら1日1回10無料!これは始めるしかないとダウンロードし、少し触れてみました。

でもそこでどうしようもない嫌悪を感じてしまいました。

まず、ダウンロードしている時に見られる一コマ?でおそらく巨乳なのであろうキャラが肩が凝って…といった会話をし、おそらく貧乳なのであろうキャラが隅でショックを受けている。

ここでえっ、そんな描写があるんだ…とびっくりしました。

その後もアイドルたちをスカウトし、どんな子か知るためにお話ししていると、おっぱい話題がめちゃめちゃ出る…。

いやたまたまそういう会話に当たってしまっただけかもしれないし、誇張して記憶してしまっている可能性もあるのですが、とにかくめちゃめちゃおっぱいの話やら、こう言ってはなんですがこちらを誘うような下品発言があった。少なくとも私はそう感じてしまった。

私は本当にちょっと触っただけなのでその子がそういった発言をするのにはなにか訳があるのかもしれません。

でも、男と設定されているプロデューサーに、いくら心を開いて信頼しているとはいえ、恋人でもない異性に胸の大きさの話をするでしょうか?

アイドルからするかもしれない…でも、どうしてもミリシタの書かれ方は、性的に消費するためにそういった身体の悩みを軽く書かれているように感じてしまったんです。

以前、モバミリからミリシタになり、アイドルたちの性的表現が抑えられ、受け入れやすくなったというブログも読みました。だからきっとこれでも改善されたのだと思います

ただ、私は、あくまでも私は、受け入れることができなかった。

もちろん、だからミリオンダメだなどというつもりはないし、ただnot for meだったんだと思ってもいます

しかし、この個人ジェンダーについてやセクハラなどが声高に問題提起されている時代に、そぐわない部分もあるのではないかと思いました。

それはシャニマスパイタッチの時の反応もです。どんだけ信頼していたって胸に触られたら信頼度が低い時の反応になりますよ。あんなにデレたりしない。

もちろん、ほとんどの人が二次元として楽しんでいるんだってこと、アイドル自分好意を向けてくれているんだって思えるようにそういった演出をしてるのはわかります。(私はシンデレラにはほとんど触れたことがないのでシンデレラのことはわかりません)


これだけアイドルマスターの女の子たちは魅力的で、楽曲も素晴らしくて、ゲームも充実している。気になっていた子もいた。

できれば私も女の子たちのプロデューサーにもなりたかった。

だけどなれなかった。それが悲しい。それだけです。

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。

2018-07-11

教えてよ恋愛強者の人たち

僕は就活生だ。

これを書いてる時点ではもう内定もらって正確には就活生ではないけど。

この間、ある説明会グループワークで一緒になった女の子が、その次の週のまた別の会社説明会にもいたことがあった。東京しかも小さな会社説明会だったから並みの偶然じゃなかった。その子も僕に気づいたみたいで、(あっ!私のこと覚えてる?)と懸命にジェスチャーで伝えようとしてくれたのでそれににっこり笑って応えた。それだけならそれで終わりだったけど、その会社は一次選考としてグループ面接も同時にやるところで、偶然にもその女の子と僕は同じグループだった。面接自体はあまりうまくいかなかったが、仰天したのは学生時代に力を入れたこと質問をされた時、彼女とあるマイナースポーツ部活を挙げたことだった。実は僕も大学で同じスポーツをやっていたのだ。詳しくは言わないけど競技人口は決して多い方ではない。それが今、同じ部屋にその選手が二人もいる。なかなかあることではない。むしろ奇跡。むしろ運命を感じる!僕は面接が終わると、彼女と同じタイミング荷物を整え出口に向かいエレベーターに乗り込んだ。エレベーターで隣同士にになると、勇気を出して話しかける。おそらく彼女も僕に声をかけたかったのだと思う。

「前、説明会で一緒でしたよね」

「ですよね!グループワークしたときの」

「そうです!部活、〇〇やってたんですね。実は僕も…」

しばらく話すと、驚くほど共通点があった。夢や趣味、好きな本(好きな本が一致するってなかなか無いぞ!)など、こんなに自分方向性が似ている人が存在しているのかと驚愕する。極めつきに共通の友人がいることが判明し、すっかり意気投合し翌日飲みに行くことになった。

彼女の印象としてはふわふわした天然系の女子大生といった感じ。リクルートスーツをきている姿しか見てないけれど、私服だとしたらお嬢様っぽい雰囲気の格好がよく似合うと思う。その頃僕は就活がうまくいかず落胆していたが、同じような状況にあった彼女はいたって楽観的だった。どこからそんな自信が湧き出てくるのだろう。彼女には大きな夢があった。その内容には詳しく触れないけれど、僕も似たような夢を持っていた。ただ彼女場合、それを周りに公言していた。僕は人に知られるのが少し恥ずかしかった。彼女小説を読むことが好きだった。僕も好きだったけど、それを語り合う人は周りにいない。彼女はそういった仲間に恵まれているようだった。他にもいろいろ話して時間が過ぎていった。終電前に解散し、僕は少し飲みすぎて山手線で寝過ごしそうになった。彼女は帰りが遅くなって母親ちょっと怒られたらしい。

そんなこんなで今日に至る。普通、男ならこの状況、二回目誘いますよね。こんなに趣味が合うなら、相手自分に(ある程度でも)好意持ってくれてるって期待しないわけにはいかないですよね。

で、今日やんわりと会わないかと誘ってみました。そしたらやんわりと拒否されました。本当に用事があっただけかもしれないけど、でも僕知ってます。女の人ってある程度好意があれば、代替日をあちらから探ってくるって。それがなかった。僕からしつこくじゃあこの日はどう?なんて一回飲みにいっただけなのに言えるわけないし、実質フラれたと思う。なんで。何か僕がヘマをやらかしたのだろうか。思い返してみても、心当たりが見つからなかった。単に僕がタイプではなかったから? 確かに僕はイケメンではないし、話し上手ではないけれど…でもそういう問題だろうか。彼女就活に専念したいから?それならそう言ってくれるはずだと思う、たぶん。彼氏がいるとか?ならなぜこの前はサシで飲みにいってくれたのだろう。分からない。そりゃあないぜ。諦めたほうがいいのだろうか。でも、何が悪かったのか全然納得できないんだ。誰か助けて。どうすればいいんだ、どうすればよかったんだ僕は。

漫画スレとかで

例えば

ツンデレ「あ、あんたなんて好きじゃないんだからね!」ってシーンを根拠

あいつに好意はないよって言う人がたまにいるんだよな

国語の成績良くなかったのかな、こういう人ってどれくらいいるのかな、って気になる

2018-07-10

サイゼデートの方が100万倍マシだという苦行だった

吐き出させてください。

あるサークル出会った人に食事に誘われました。

その人は出会ったときから私にアプローチをかけてきて、正直不快サークルでは強引なナンパ禁止されています)だったのですが、

まあそれだけ私のことが好きなのかもと思い、ご飯くらいならいいかーと安易に承諾しました。

ちょうど婚活をはじめた最中でしたし、男女関係で色々あり、自分が好きな相手より、好きになってくれた男性と付き合ってみようかなと考えていた矢先だったので。

で、特に「何が食べたい?」とかも聞かれず、約束の日の前日に「予約しましたー」とだけ一言

「何の店ですか?」と聞けばよかったんですが、私自身嫌いな物もなく、私の好みを訊かないということは「奢りだし、相手の好きな食べ物でいっかー」と詮索はしませんでした。

当日、落ち合ってすぐに何の店かと聞いたら「イタリアンです。コースを予約しました」といわれました。

もう食べる物が決まっているので奢りなことを確信しました。

ついでに相手はよれよれのシャツを着ていて、それに染みがついていました。

好意を持っている異性との初めての食事にその格好で来るという考え方に引いたんですが、

そこで帰るのもどうかと思い、着いていきました。今思えば、用事を思い出して帰ればよかったです。

お店はイタリア料理チェーン店で(サイゼではないです)、マルイの中にある店でした。

ちなみにお店を案内するときに迷っていました。

事前に現地まで行けとまではいいませんが、住所でマルイの中にあることは丸分かりだし、

グーグルマップで大体の場所調べておかないの?」と思いました。

異性としてではなく、仕事をする社会人としてどうなんだと思いましたが、

「まあ、相手も不慣れなんだし仕方が無いか」と諦めました。気分は慈善活動従事者でした。

お店はチェーン店でした。ついでに、相手は予約した店(場所)を間違えており、別の店舗を予約していたようです。

正直、恥ずかしくて店員さんにそれを告げられた瞬間に帰りたかったです・・・。

トイレ店舗の外にあるので帰ればよかったです。自分の人の良さを恨みます

そして食事です。

リーズナブルですよ」とはいわれましたが、財布は相手もちだとばかり思っていたので特に気にしませんでした。

まさかこれが伏線だとは夢にも思いませんでした。

私はお酒飲みで、相手もそれを知っており、「アルコール飲み放題もありますよ」といわれました。

勝手独りよがり妄想をして、お酒が好きだからアルコール飲み放題の店がいいと思われたのかもしれませんが、

私はお酒ゆっくり楽しむ物だと思ってますし、ましてやイタリアンなら好きなお店のワイン料理を楽しみたいのが本音です。

ついでにこのお店から徒歩圏内リーズナブルな私の好きなお店があります

でも、「相手が払うんだし、相手の好きにさせてあげればいっかー」とその点については流しました。

話も正直、退屈でした。

気分は接待でした。話をいくら振っても、すぐに話が終わって盛り上がりません。

結構、話を膨らませやすくしたつもりだったのですが、無理でした。

人として目の前で携帯弄るのはどうかと思うので、それも我慢しました。

相手ネット住民みたいな人で、数年前にネット流行ったネタを乱用していました。

本人は面白いのかもしれませんが、ネットってやっぱり世間一般からすると一部の世界ですし、

気心知れた仲ならともかく、ネットの話を一般世界に持ち込まないで欲しいんですよね。

ついでに言うと一部不快な話もありました。

気に入らない相手嫌がらせするためにツイッターアカウントを8つくらい持っているそうです。

なんでそれをほぼほぼ初対面といっても過言ではない間柄の人に話せるんだろうと思いました。

まあ、知り合いでもそんな発言されたら、距離置きますけどね。

ちなみに、「何故、そういう嫌がらせをするのですか?」と聞いたところ、

友達に協力してくれと頼まれた。相手がすごく嫌な奴だから」との返ってきたんですけど、

そういうネットありがちな相手のことをよく知らないけど、嫌な奴だからこいつは叩いていい」という考え方はとても不快です。

一応オブラートオブラートを重ねて伝えてみたんですけど、伝わったんでしょうかね。

お待ちかねのお会計が来たんですが、待てども待てども席を立たない。

あれれー?おかしいぞー?

「あ、お会計は僕が出します!僕が誘ったんですし!僕が行きたいところに付き合わせちゃったんで」みたいな言葉を期待してたんですが、何も言わない。

催促するために、会計の伝票を見たんですが、何も言わない。

仕方が無いから、財布を出しました。

こいつ「割り勘でお願いします」すら言いやがらねえ。

なんだよ、この割り勘で当然だろ、みたいな態度。

私は普段マネークリップカードを愛用しており、硬貨を出すのが面倒だったので、2400円の支払いに対してとりあえず3000円渡しました。

相手は500円を出し、残り100円が無いからお会計するのを待ってほしいといわれました。

ああ、せめてここで「僕が誘っちゃったんだし、2000円でいいですよ」だったら、まあまだスマート(・・・)だったのに。

席でお金渡して、お会計した後に外でおつりを返してもらうとかさ。

友達相手だったらまだしも、お前は私に好意抱いてるんじゃねえの?????と本気で??????でした。

何がしたいのか分からない。

話の内容もクソすぎて、何のために食事をしたのか分からない。

お前が誘ったんだから、お前が私に興味があるんじゃないの?????

え、なにこれ。実はマルチ勧誘???? 知り合いの店で売上げ貢献したかったの???? 

つーか、同じイタリアンならサイゼの方が好きな物選べるし、お前の格好にも合ってるし、さくっと帰れるからサイゼの方が絶対よかったよ???

謎だな~と思いながら素早く別れたんですけど、

来たラインにびっくり。

「楽しかったですか?」ですよ。

どういう意味なんだよ。こっちはお前の行きたいレストランと食べたい物に付き合わされて、

食べたいというわけではないもの自分で稼いだお金で食べるという苦行に付き合わされたんだぞ??????

あのね。2400円って、銀座ちょっといいお店でいいランチが食べれるお金なんだよ?????(場所銀座に近い)

ついでに一人2400円くらいだったらちょっと歩けば、ほかに雰囲気が素敵な店がいっぱいあるんだよね。

それなのになんで気楽に1人で行けるようなチェーン店で2400円も払わなきゃいけないの??

つーか自腹だったら5000円超えてもいいから、行きたいお店で食事を楽しみたいよ・・・。

それなのに、なんで、お前が食べたい物を食べるために私が付き合わなきゃいけないの?????

楽しいわけないだろうが。

っていうか、え???? 楽しませたつもりなの??????

???????????

??? お前は私に好意をいただいてるの??? これ嫌がらせじゃないの???

最低限、予め好きな嫌いな物アレルギー等は聞いてからお店を選ぶべきですよ。

(割り勘なら)お店の情報は予め共有するべきですよ。みたいなことを教えてあげたんですが、

「なるほど!そうですね!次はそうします」という返信が帰ってきて、何の謝罪もない。

こいつは自己省みるということをしないの??? 

本当はフェードアウトするつもりだったけど、

この次が私に対しての次だとしたら恐ろしいし、何より腹立たしかったので、

私が怒っていることと、ついでに今後のアドバイスを送ってブロックしました。

これで次の犠牲者が出ないといいね

でもさ。そもそもお前は友達誘うときとか、どうしてんの???

食べたい物とか訊かないの???

いつも自分が食べたい物に無理やり付き合わせてんの???

本当に私に好意持ってんの??? サイコパスかよ。

つーか、よく考えてみたら、好意を持たれた異性に食事等に誘われて割り勘されたの初めてだわ。

奢りだったら、マナーとして次のお茶くらい誘うし、そこは私が出すし、繋げやすいのになー。

まあ、女に慣れてなくても、スマートな振る舞いができなくても、

私のことを考えて気を遣ってくれれば、普通だったらそれだけで楽しい食事になると思うんですけどね。

誘った相手の行きたい場所とか食べたい物を訊くだけでいいのに。

会話等がつまらなくても、食い意地張ってるので私の食べたい物さえ食べられてたら、割り勘でも「まあ、いっかー」ってなるんだけど。

まさか相手の食べたい物に無理やり付き合わされて、しか自分で支払わなきゃいけない羽目になるとか思ってもみなかったわ。

今後の持ちネタになりました。

2018-07-09

女と話をするだけで毎日我慢汁な日々に嫌気が差すアラフォーオッサン

もれなく毎日

ある意味漏れはいる。


トイレで用を足すときに毎回気づく。

何か卑猥妄想をしていたわけでもないのに、ねっとりしている。

それが何日か続いた。

最初自分が溜まっているだけなのかと思った。

寝る前に意図的にシコシコとする。

翌日、トイレ休憩時に汁が我慢した形跡がパンツの中に広がっているのが確認できた。

意味がわからなかった。


自慢ではないが他人と比べても性欲は強くない方で、

自慰は月1ほどで十分。

彼女はずっといないので、性交渉の機会もない。

そんな40手前のオッサンだ。

一回シコるだけで翌日疲労感でボーっとするようなレベルの精力のない人間が。

溜まっているわけでもないのに我慢汁はおかしい。


念のため前日に引き続きシコシコとする。

その翌日、パンツの中の状況は何も変わっていなかった。

ゲッソリしてるけど体調大丈夫?と声をかけられたぐらいだ


流石に三日連続で抜いた翌日は我慢汁はなかった。

ただし仕事ミスしまくって使い物にならなかった。

こんなのは嫌だ。


我慢汁の原因はなんとなくわかっている。

最近会社に入ってきた若い女と仲良く話しているからだと思う。

誰にでも分け隔てなく仲良くしようとするタイプの女であっという間に社内の人間と仲良くなっていく。

たまたま自分仕事のやり取りをすることが多いこともあって、すぐに距離を詰めてこられた。

向こうのコミュニケーション能力故か、経歴が似ていたこともあってか

会社帰りに何度も二人で飲みに行ったり遊びに行ったりした。

おかげで仕事中も軽い冗談を言い合うようになり、毎日楽しいのは事実である


向こうが気づいているかは知らないが、会話中三回に一回はちんこが甘勃ちしている。

話をするときこちらの目を見据えてくるからだろうか。

別に色気のある話をするわけでもないし、向こうから好意を示されてるわけでもない。

仕事をしていて人としてかわいいやつだなと思うし、これは親愛だと思う。

性愛気持ちはないと思う、自信はないが。

こちから男女の仲に持ち込もうという気もないしそもそもそんな行動力自分にはない。

自分貯金もなけりゃ彼女は生まれから出来たこともないほど全く冴えないし、矢印がこちらに向くことなどあり得ない。

さらにことあるごとに順調な彼氏との話をされるので、

勘違いするなよ?」という念押しを定期的にされているようなもので進展などまずない。

そんな状況なのに分をわきまえず我慢汁。

ちょっと仲良く話をしただけで我慢汁。

久しぶりに女と密にコミュニケーションを取れていることで、

交尾ができるんじゃないと脳が勝手勘違いしている。

身の程を知れといいたい。


この先夏バテ心配もある。

おっさんの身で毎日ちんこをこするのは体が持たない。

全く解決策など見えないまま、また明日を迎えると思うと精神的にもこたえる。

若い女と話をしただけで我慢汁を毎日垂れ流しているオッサン自分なのかと思うと、

自分自分に嫌気が差す、嫌悪が募る。

つらくて仕方がない。

助けてもらえるなら誰か助けて欲しい。

2018-07-08

anond:20180708081450

好意の返報性と言って、好きになられたら好きになるってのがあります

まあ、ダイレクトに好きと言う前に思わせぶりなことをいっぱいしておいたほうがいいというのはあるでしょうが

あと、誰だってはじめての恋は初恋です。

あ、でも、相手が同じ職場のやつなら相当用心してかかれよ。色恋は失敗上等な側面あるが、職場恋愛はそれが通じない所あるからな。

デート前服用したインデラルが良く効いて君に胸ときめかすことも無い

29歳婚活おじさんは語る。

本日、おじさんは前々から予定していたデートの途中で、

交際相手から突然のドタキャンを喰らい、そして同時に交際終了を告げられた。

お見合い出会い、そこから交際に進んで、1ヶ月ほどの付き合いのあった女性である

その女性は誠実そうで、顔は美人とは言いがたかったが、性格気持ちが良かったので、おじさんは好印象を持っていた。

これまでのデートでは、ずっとおじさんがリードをしてきたし、レストラン相手の好みに合わせて選び、必ず予約をした。

会話も、お互い不器用ながらそれなりに弾んでいた(と思う)。もちろん割り勘などしない(させない)。

から正直かなりショックを受けている。

おじさんは、相談所というシステムをよく識らない。入所して最初に紹介された女性だったからなおさらである

彼女は、婚活ゲームにおける忠実なルールの遵法者であった。

それでも、彼女対応に、おじさんはどうしてもひととしての不誠実さを感じてしまった。

おじさんは泣いた。その失望した相手は、おじさんが少なから好意を寄せていた相手だったからだ。

直接対面でお別れを言いたいという、彼女優柔不断さ故の行為とも言えるのだろうが……

それとも、もしおじさんが女性経験豊富なおじさんだったのなら、このような目に遭ってもサッと新たな出会いに切り替えられたのだろうか?

予兆はどこにあったのかと、女々しいながらもおじさんは疑心暗鬼になった。

2週間前のデート終了時、そのとき彼女は確かに乗り気だったはずだ……

デートのお礼がてら、次は水族館に一緒に行きませんか、とベタデートコースをおじさんは提案した。

彼女は都合の良い日時を具体的に教えてくれた。

演技だったとしても、振るつもりの相手にわざわざ自分スケジュールを教えるだろうか。

スケジュール確認して、後日お誘いのメールを送った。「今度の週末にお会いできませんか」。

「急に用事が入った」「連絡を取らなくて御免なさい」と返事。デートはそのまた次週に先延ばしとなった。

やがて電話を掛けても留守番しか繋がらず、1時間以内には返信が返ってきていたメールは、数日空けてのやり取りとなっていった。

その頃に本命のお相手と進展があったのだろうね、とおじさんは言う。

我々は、いつ何時もあらゆる観点から結婚相手として相応しい人格の持ち主であるかどうかを評価されている。

素敵なお相手には甲の評定が下され、キープ扱いのおじさんは丙であった。それだけのことだ。

…………なお、その評定のパラメータは、我々には公開されていない。

前売りで購入した水族館チケット(土日は売場が混雑するからね)は駅のゴミ箱に捨てた。

そのまま電車に乗り、まっすぐ帰宅する。予定よりずっと早い。まだ夕刻ともいえない時間だ。

いま、いろいろなものが信じられなくなりつつある。

anond:20180708081450

まず、大前提として、大人告白しない。これは男女関係ない。

正確に言うと、よく知らない相手に対して外見だけで惚れていきなり「付き合ってください」みたいのは中高までしか成立しない。で、大人になってからもそれをやらかすので非モテ非モテなのだアイドルガチ恋するようなノリで一般人ガチ恋してはいけない。

相手増田関係が、いまどの程度親しいものかによるけど、たとえば、休憩時間に少し話すぐらいであれば、ランチに誘ってみるところからだし、ランチ仲間だったら夜の食事に誘う、飲みもありなら休日にどこかに誘う、そういうステップ必須だと思う。旅行お土産誕生日のお祝い、バレンタイン、そういうタイミングに小さいプレゼントを渡してみるとかね。告白を考える前に、そうやって少しずつ自分相手個人的興味があることを伝えていく。それぞれの段階で自分のことだけでいっぱいいっぱいにならず、相手に脈があるか見極めていく。

脈があるかどうかってのは、相手から自分の向ける好意の矢印と同じぐらいの矢印が帰ってきてるかどうか。具体的には相手から自分に対して誘いがあれば多少は脈があると思ってもいいし、付き合ってくださいって言うならそこからじゃないかと思う。

2018-07-07

色々コミュニケーションのやり方試した結果

人間関係が苦手でまともにコミュニケーションとってなかったんだけど、何か思い立ってこの1,2ヵ月で試行錯誤して感触良かったこともあったので簡単メモ

楽しいことばっか周りに振りまいてるとなんか人が集まってくる

・好きなことするために基本的自分発信で人を誘ってると付き合いが超楽

・↑をしてると興味ない誘いは断っても「あなたが嫌い」というメッセージにならないから楽

・謝るという行為はできるだけせず、本当に必要な時にすると良い(というか「ごめん」を簡単に使っちゃうと圧倒的に良くない)

当たり前のことかもしれんが以上のことに今更気づいた

その結果、なんか色んな人から誕生日のお祝いもらった(今までの人生恋人以外からそんな経験なかった)

今後の課題は、人から好意の扱いが苦手なのでそこをどう克服するか

2018-07-06

結婚したくてぬるめの婚活サイト登録して彼氏できたけどどうしても好きになれず別れた。また似たようなサイトで今ふたりと会ってて頑張ったらつきあえそうだと思うけど好きになれるか?というと疑問を感じる。相手別に悪い人じゃない。

他人相談してもまず間違いなく叩かれるし同じように相談されても「なにいってんだおまえ。相手に悪いだろ」って思うんだけど、自分のこととなるとどうすればいいのかわからない。理想が高すぎて好きになれないのか?出会いきっかけがそういう場所から、お互いのことを知らないのが問題なのか?

とにかくせっかく出会いの場に出て行って相手が好きになってくれても自分も同じだけの好意をかえして相思相愛になれないのがしんどい

anond:20180704145538

ツンデレ流行ったのと一緒で男が決断せずに済むからだよ。

高木さんが西片好意を持ってるのは明らかだが、それはからかいという形で発露されるので男は向けられた好意対応する必要がない。

自分のことが好きな女の子が欲しいが、好意を持ってそうな娘に告白する勇気などない。だからといって相手から好意ダイレクトにぶつけられれば受け入れるか拒絶するかの選択を迫られてしまう。どっちもできないオタクのために作られたのがツンデレ高木さん。

好意をツンやからかいという形で提供することで愛情を受けながらもそれに応じる必要がない。恋人にならずにイチャイチャを続けるモラトリアム理由に「好意を素直に向けない女も悪い」という言い訳が用意された最高に都合のいい状況が受けてるんだよ。

Mだからというより草食系からという方が近いだろう。

2018-07-05

共感されたい褒められたい

好意他者からいただくのは無理だと知っている

から殴られてサンドバックにされるなら殴りやすい君がいいんだって言われたい

恋愛は少なくともメンヘラとは両立できなかった話

 本文をうっかり読んでしまうのは時間無駄なのでいくらか前置きで警告をしておく。

 これは一人のクソ女の自分語りだ。

 多分恋愛をしている人にもメンヘラをやっている人にも響かないと思うので、ノンフィクション小説好きな人とかが読んで哀れむなり蔑むなりネタにするなりしてくれたらいいと思う。

 文章にすると落ち着くたちなので、一回字に起こして整理したかっただけだ。

 特に意見アドバイスを期待してはいないけれど、私が想像も出来なかったような現実を打開する魔法があるなら教えて欲しい。

 そうじゃないなら今はほうれん草を沢山使うレシピくらいしか知りたいことはない。

 石を投げたりして気持ち良くなるなら好きにこの文章の私を罵ってくれて良い。もし肯定したいとか共感したとか優しい言葉を掛けたいとか思ったら、それは上手く受け取れないので胸に仕舞うか何かしておいて欲しい。言って満足するなら言って満足して欲しい。

 それから、ぼかしたりフェイクを入れてはいるけれど一応念のため。私の彼氏さん。あなたがこれをもし読んでいたら、私にいい加減愛想を尽かして下さい。メールもしなくていいし、顔も合わせなくていいです。ここにはあまり書いてないけどあなたはすてきな人なので、きっと可愛くて気立てが良くて知的趣味の合う恋人や奥さんがそのうち出来ると思います。私抜きで幸せになって下さい。でも今までありがとう

 さて、数えてないけど多分これ五千字くらいある本文。

 私には彼氏がいる。中学生の頃男女混ざった仲良しグループに居た同士だったが、彼は当時テンプレ中二病クソ女であった私に親切だった。私はいわゆる愛情に飢えたメンヘラであり、被虐待児でもあったので親切な彼を好きになった。

 親に無理矢理突っ込まれ進学塾、殴られたくないから沢山勉強して、私が目指した志望高校は彼と同じ学校だった。志望理由は、当時不良やヤンキーが苦手だったのでそれでもやって行けそうな校風であることと、私のやりたい部活の成績が良かったこと。通える範囲で目指せる偏差値勝手に割り出されたその高校を志望していると自分に言い聞かせるために、彼と一緒に高校に通えるかもしれないことを考えていた。彼は頭が良かった。彼の頭が良いところにも好感を持っていた。

 結果として高校受験は失敗だった。兄弟が多い我が家は長子の私の滑り止めを用意出来なかった。模試きれいな紙に印刷された合格する確率が70%まで落ち込んだ。挑戦は許されず漫画のように家庭の都合で通いやすくそれなりの偏差値の親が決めた高校受験して合格した。

 妥協のご褒美に私は携帯電話を買い与えられた。猿のように熱中した。友達とひっきりなしにメールをするのが楽しかった。そんな携帯中毒に付き合ってくれたのが彼だった。

 彼は愚痴をうんうん聴いてくれた。肌寒い日にはコートをかけてくれて、雨の日は傘を差して家まで送ってくれた。

 彼は誰にでもそうする人間だ。

 そういう人間を私は好きだと思った。

 高校一年の夏、好意を伝えた。彼はいわゆる恋愛恋愛した面倒は嫌だけど、と前置きした上で私と付き合う返事をくれた。友達にも家族にも内緒だった。私はおおっぴらに恋愛満喫して盛大に恋心に振り回される友人たちのようになりたかったが、その夢は絶たれたと言ってもいい。

 彼は時折、家族が留守にしている放課後休日、私を自宅に呼んだ。彼の家は急な坂の向こうにあり、私は暑い日も寒い日も自転車こいで彼の呼び出しに応じた。二人でカーペットの床に並んで座って、他愛もない話をするのはとても楽しかった。彼はキスがしたいと言ったので応じた。こんなもんか、と思った。彼は私の胸や下半身に触れたがった。胸は触らせたが、下半身他人に触られるのは嫌だったので精一杯かわいこぶって断っていた。

 彼が満足そうで良かった。私にかわいいとか偉いとか頭が良いとか言ってくれるのは彼だけだったからだ。

 たまにデートなるものもした。彼は共通の友人にばれたら面倒だから地元ではないところで待ち合わせて、博物館などに行った。博物館が好きなので楽しかったが、多分一人でいても楽しかったとは思う。彼は理系なので解説をしてくれて、知らないことを知れたのは楽しかった。

 いわゆる中学生ぐらいのいじましいお付き合いは高校三年生になるまで続いた。

部活大会模試で顔を合わせたら、こっそり示し合わせて抜け出して会って話したりしていた。

 関係が、と言うよりも私が変わったのは高校三年生の秋頃だっただろうか。

 私は学校へ行けなくなったというより、身体が動かなくなった。

 鬱を発症していたと知るのは年明けに通院をはじめてからだ。高校卒業も危うくなった。彼のメール無視し続けた。友人たちのラインブロックした。手首を切った。酔い止めを何箱も一気に飲んだりした。苦しかった。とにかく早く死にたかったが、癇癪を起こすと椅子を投げてくる母親から兄弟を守らなければならなかったので死ねなかった。

 音信不通を続け、両親の説得も不登校支援センター保健室も諦め、私は精神科に通院することになった。

 高校三年生の一月、私はセンター試験どころか学校へも行かず精神科に通った。薬が効き始めるまでが地獄のように長かった。向精神薬睡眠薬がなんとか効力を発揮する雰囲気を醸しはじめた頃には、卒業はほぼ絶望的だった。

 私は主治医から診断書をぶん取り、校長などのお偉方と交渉を重ね、補講を組んでもらうことでなんとか、卒業から数日はずれが生じるものの年度内に卒業出来ることになった。周りの大人は私の想像はるかに超えて優しかった。同情し、時には私の身の上話に涙ぐんでくれた。そんなことで悩んでいたなんて知らなかった、と口々に言った。進学校だったので不登校前例が無かったのが幸いした。先生方は私一人のために会議室卒業式をやってくれた。

 さて、話を恋愛に戻そう。私はなんとか卒業証書をぶん取り、彼は第一志望の難関大学合格していた。サイゼリアで久し振りに会って彼は「元気そうで良かった」と言った。

 私は全くもって元気では無かった。

 恋愛どころじゃない、何度も死にかけた。

 人に説明する元気もあまり無かったので、かなり端折って私はことの顛末説明した。ずたずたの腕を見せて「メンヘラと付き合うとろくなことがないって言うから、別れるなら今だと思うよ」と彼に提案した。彼は「それは別れる理由にはならない」と言った。

 そういうことでお付き合いは継続されることになった。

 彼は大学入学した。私はそれを祝福した。彼が受験勉強を頑張っていたのを知っていた。とても尊敬している。

 私はといえば、自分を殺そうとする自分に耐え、病状を必死家族説明し、ひたすら精神科に通った。

 彼は以前と変わらず家族が留守の合間に私を家に呼んだ。私は行かなかった。外に出る元気も無かったし、当日朝「今日家誰もいないよ」と言われても動き出す頃には翌日の昼間だ。

 彼はサークルが忙しかった。理系から男ばかりで可愛い子いないよ、と言っていた。

 私達はあまり会わなくなった。

 彼は学業を、私は治療を、お互い頑張っていた。

 彼は私が死んだら悲しむだろう。優しくて弱い人だから自殺だけはしてはいけないと自分に言い聞かせた。

 色々なことがあった。

 死なないために意識を失うことが必要だった。私は酒浸りになり、睡眠薬はどんどん強いものに変わった。早朝起きて、Amazonで買ったウォッカを水で割り、それで頓服を服用して眠り、昼過ぎに起き出して母に罵倒されながら(これは10年来の日課だ)食事をとり、薬を飲んでまた眠った。眠れない夜は頓服を酒で服用した。そうすれば眠れる。眠っている間は死にたくならないので楽だった。

 私某居酒屋で酒を飲みすぎて意識を失い救急車に乗った。倒れたはずみに骨折もしていたのでそれを治療するため更に入院した。入院中は母に罵倒されず三食昼寝付きだったので手術の痛みを差し引いてもお釣りが来るくらい快適だった。

 退院してからはまた酒を飲んで眠るだけの生活をした。

 そんな状況を医者は許さず、私は精神科閉鎖病棟入院することになった。彼は見舞いに来たがったが、私は断った。誰にも会いたく無かった。自分自身と二人きりになりたかった。何もかもに疲れ果てていた。

 入院生活幸福だった。

 看護師さんは優しい。変な人が沢山いるけどそれぞれが自分のことで精一杯だから誰も干渉してこない。

 母の罵倒が無いなら、現実逃避するためのスマートフォンは要らなかったので無くても困らなかった。

 少しの本、ポータブルCDプレイヤーと何枚かのCD。それだけで完結した生活は確実に私の心を癒した。

 これが人生の正解だと思った。誰も、何も要らない、天国だと思った。

 あらかじめ定めていた期間が過ぎ、私は退院した。

 閉鎖病棟入院したことがあるレッテル付きの私は母から罵倒が少しは薄まったと感じた。もう死にたくならないために一人で十分だった。

 そして同い年の彼が大学二年生になると同時に、私は大学一年生になった。

 母が勝手に推薦入学に出願して受験料も払い込んでいた。仕方がないので面接に行ったら大学に受かった。入学した。

 彼はおめでとうと言ってくれた。

 新調したスーツきれいなキャンパス、好きな学問、新しい友達

 私はまともな人間に戻れるかもしれないと期待した。

 アルバイトもはじめた。友達徹夜で飲み明かしたりした。

 しかし、ゴールデンウィークが明けた頃には既に私はくたびれていた。夏休みが明けて、大学へも行かなくなった。アルバイトはクビになった。

 主治医からストップがかかり、休学する事になった。

 私はただ家で時間を潰し、母の(以前よりはマシな)罵倒に耐え、薬を飲み生活していた。もう死のうと思っていた。

 大学で新たな人間関係を築いた彼は、私の死を受け入れるキャパがあると思った。

 そういえば私は彼とセックスしていなかった。

 呼ばれても家に行かない、共通の友人たちと遊ぶ以外では会わない、そんな恋人であったから、私はなんだか彼に申し訳が無かった。

 セックスすることでそれを清算できると思った。

 セックスする前に私は酒を飲んだ。

 薬の副作用で性欲は無く、彼とキスしても気持ち悪いと思ったからだ。

 彼が取ったホテルで私は彼と昼間からセックスした。

 こんなもんか、と思った。

 彼は別にセックスたからといってこれまでより優しくなる訳でも冷たくなる訳でも無かった。

 その日私からやや強引に誘い、夕食を食べながら話をした。私は彼と話がしたかたからだ。彼と話すのは楽しかった。

 それが数ヶ月前のこと。

 それ以降、私は彼と一度も顔を合わせていない。

 なんだかひどく億劫で、気の許せる女友達しか話したくない。

 精神科に通い続けて、自傷行為をやめられた。アルコール中毒も治った。睡眠規則的になった。

 兄弟が進学と同時に一人暮らしを始めた。もう自分の身を自分で守ってくれる。

私の生きる価値は無くなった。

 ある夜母が癇癪を起こして私に出て行けと怒鳴り、私を家から蹴り出そうとした。

 終電が無かったので私はははに頭を下げて「一泊止めてください、明日出て行きます」と言ってその場をおさめた。

 翌朝、私は最小限の荷物だけを持って逃げるように家を出て、何度か遊びに行っては掃除をしてやったりしていた兄弟一人暮らしをしている家に転がり込んだ。

 それから紆余曲折あり、結局兄弟仕送りで私は生活している。兄弟大学に行き、私は自分兄弟の二人分の家事をしている。おそらく幸せなのだろう。私が欲しかった暮らしは手に入ったのだろう。

 もう死んじゃおっかな。くたびれた。もう何も要らない。

 今死んだら同居している兄弟がショックを受けるだろうから、死んでないだけ。

 彼と連絡を取っていない。

 これが自然消滅と言うのならそうなのかもしれない。

 私は多分もう駄目だ。大学は妹宅から距離的に通えないので中退する。アルバイトでせめて食い扶持を稼ぐのが目標だが、達成出来るのはいつになるやら。

 こういう駄目な人間恋愛などしても彼に何の得も無いだろう。

 だから自然消滅であってもさよならを言っておきたい。

 もう恋愛感情がどういうものなのか思い出せないのだ。

 自分異性愛者ではないのかもしれないとも思ったが、同性も好きにならないのでたんに今恋愛をしたくないだけだと思う・

 彼は人間としてすてきだから好きだけれど、セックスはしたいと思わない。それじゃあ社会的地位の高い彼にぶら下がりたいだけの厄介メンヘラだ。しかセックスさせてくれないときた。そんなクズになってまで恋愛かいフィールドに立っていたくない。情けないし申し訳ない。

 友達に戻って彼と飲みに行きたい。手を繋がないで一緒に博物館に行きたい。一緒に食事がしたい。でも今は会いたくない。

 さよならを言うために約束を取り付けようと思って、彼が通う大学夏休みの期間を調べている。

 でも何だか会うのも連絡するのも嫌になってきた。

 こうやってぐずぐずしたまま、付き合い始めてこの夏で四年。嫌だ。

 生活が忙しくて、朝起きて夜寝るのが精一杯で、恋愛なんかやってる場合じゃない。

 そろそろ死んじゃおうと思っている。

 メンヘラはよく人生を虚無虚無言うけど例に漏れず私もやはり虚無を感じている。

 恋愛には向いてなかった。

 多分健康でいることが出来なくなった段階で恋愛なんかやめにしておけばよかったのに、彼の優しさでそれは人工的に延命措置を受け続けている。

 罪悪感はそれだけで健康を害するから排除しなければ、と、病気治療する上で判断出来る。だからさっさと別れようってメールを打てば良いのだ。

 参ったなあ。

 

2018-07-04

Xジェンダー存在も知られろ〜〜〜

LGBTQがとうのこうのの波がきているようだけれども、この流れに乗じてXジェンダーって存在ももっと知られるようになるといいな。

Xジェンダーというのは、「男でも女でもある」、あるいは「男でも女でもない」性別って感じです。

LGBTQのくくりでいうとT(トランスジェンダー)に含まれるのかな。

まれもった性が女だったらFtX、男だったらMtXと表記されることもある。

わたしは女だけど女じゃなくて、でも男になりたい訳ではない。どちらにも馴染めず女性性、男性性に縛られるのが苦痛。一応レズビアンだと思うのでLのコミュニティに参加してみても、違和感がある(これはコミュ力問題もあるが)。

人を好きになっても、向こうはこちらを女性と思っている。たとえ好意を持ってもらっても、女性である自分が好かれてもなぁ……とこれまた違和感がある。ここまで書いて思ったけどわたし結構こじらせてんな。

マイノリティの中でもレアなのかなぁ。案外この世の中には同じような人が潜在してると思うけどな。

ま、そのうちオープンな世の中になったら変わるかな。

2018-07-03

俺にも強みがあるはずだ!

そう思って過去を振り返って振り返って振り返って気づいたのは、俺の強みはいだってパソコンの大先生」だった事であり、そして、IT業界においてドロップアウトした今、俺にはもう何も残っていないことに気づいたのだった……

いやー良く出来てるね

グリム童話かにでも入れられそうなぐらいシンプル人生だったよ

まれついての社会不適合を拗らせて引きこもりがちでパソコンばかりやっていて、それで自分パソコンが得意だし俺みたいな人間パソコンに向いていると思ってIT業界入って、実はむしろ俺みたいのはIT業界向いて無くて似て非なる別の社会不適合者達のための世界に足を踏み入れてしまったし、そっちにステ振りしてきた以上、俺にはもう本当に何もないっていうね

泣けるぜ

俺のために泣いてくれる奴は俺しかいないか自分で泣くぜ

泣いたぜ

スッキリしたぜ

泣きシコってネットスラングがあるけどよぉ

泣くのとシコるのって本質的には一緒な気がするんだよなあ

生理的な反射による脳内物質の分泌に酔って辛い現実から一時的に逃れることで精神寿命を引き伸ばす好意だよなあどっちもよお

何がいいってエチルアルコールを始めとした各種のドラッグによる酩酊状態と違って肉体に元々備わった機能を用いているか大分クリーンって所がいいぜ

自然クリーンなんて思想馬鹿げていやがるしじゃあお前トリカブト食ってみろやとしか思わんけど、人間の体に備わった機能であるなら外部から物質取り込むよりはよっぽど安全なのは間違いね

だってそれでヤバいんだったら進化過程で淘汰されている可能性が高いからな

あくま可能性が高い止まりだがそれでも酒なんか飲むよりは泣きはらして疲れて寝ちまった方がよっぽどローリスクハイリターンな可能性は限りなく高いと思うぜ

さてスッキリした所でどうっすかな

何の強みもねえけど何とかなるなんて言ってる連中は俺たち社会不適合者よりもずっとずっとヒューマンスキルソーシャルスキルが高いから信用できねえから信じねえとしてだ

詰んでる状況から逆転を狙うんじゃなくてそれでも少しでも楽しんでから死ぬのが大事だよなあ

焦って損切りしたり高望みしたり生きようと足掻けばぜってードツボだ

さあて、まずやることは、寝ることだな

だってよお健康的な睡眠を取ってから考えた方がいいのは間違いねえだろ

さて、とりあえずは明日仕事

クビになるまでは適当に今の会社から給料ドロボウしてそっから先の事はまあクビになってから考えるか

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん