「好意」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 好意とは

2018-01-20

失恋した。結婚する

夏くらいから密かに憧れていた人に失恋した。

会社の同僚。別部署でほぼ接点はないんだけど、二ヶ月に一回くらい仕事を頼まれる機会があった。好きになったきっかけとか覚えてないんだけど、たぶんものすごくタイプだったんだと思う。穏やかで多くは語らないけど、とても物腰の丁寧な人。たぶん。たぶん、とつけたのは、それほど彼のことを知らないからだ。ほぼ業務上のことしか話したことは無いけど、一度だけ二人で雑談をする機会があった。はにかみながら私の仕事に興味を持って質問してくれたり、仕事ぶりを褒めてくれたりしたので、私はそれはそれは舞い上がった。あと業務メールちょっと親しげだったこととかもあって、勘違いだろうなと思いながらも完全に期待していた。目で追う毎日。彼の部署の近くを通る時も社食で見かける時もすごくすごく意識していたし妄想の中で私は彼とたくさん話す機会に恵まれていた。自分でも気持ち悪いなと思うくらい仕事中も彼のことしか考えられないみたいな、いわゆる恋に落ちていました。

遡ること春先、私は学生の頃から付き合っている彼氏プロポーズをされている。嬉しくて泣きながらプロポーズを受けた。とても申し分の無い人だ。性格価値観もほどよく合うし一緒にいてとても楽だ。この人を一生大切にすると心に決めている。不満点をあげるとすれば、まあ、2年以上のセックスレスくらいだ。

指輪を決めたり式場を決めたり両家の顔合わせをしたり、結婚に向けての準備がどんどんどんどん進んでいく。私の気持ちはどんどんどんどん職場の憧れの彼に向かってゆく。心と身体が別の方向に進んでいって車裂きの刑みたいに引き裂かれるような感覚だった。進んでゆく結婚の準備に、心が全く追いつかない。恋人とは遠距離恋愛だったので準備のために二ヶ月に一度ほど会うのだけど、彼は私を求めてくれない。部屋から彼を送り出した後、わんわん泣いた。あー、女として求められないって悲しいんだな。この人と結婚したら私は一生セックスを諦めなきゃいけないのかな。一度でいいから、職場のあの人に触れられてみたいな。

もっと知りたい触れたい話したい抱かれてみたい寝たい寝たい寝たい寝たい寝たい寝たい寝たい寝たい

もう自分失望しか無かった。こんなに自分のことしか考えられない人間だったんだな。さらに最低なことに、私はこの婚約を覆すつもりは無かった。恋人恋人家族自分家族共通の友人が知ったらきっと軽蔑されるだろう。婚約を報告した段階でもう色んな人を巻き込みすぎているし、恋人のことはとても好きだし、周りの人間もとてもとても大切だった。それでも憧れの彼に、近づきたくて仕方がなかった。

から私は、彼とは意識的距離を取るようにした。業務メールの終わりに親しげな文章が入っていても無視ビジネスライク対応しかしない。極力目で追わないようにする…これはあまりできなかったけど。

元々接点があまりいから、接触しないようにするのは簡単だった。そうやって自分から距離を作って三ヶ月くらいかな、だんだん彼のことを考える時間も減っていった。妄想の頻度も減っていって、もう平気かもと思えてきた。結婚に対しても前向きな気持ちが戻ってきた。良かった、これで良かった私の判断は間違っていない。


そんな余裕を取り戻していた矢先、彼と仕事をする機会が降って来た。突然のことで気持ちの準備をする暇もなくどきどきしながら打ち合わせに向かった。あー自分心音が大きいな。気づかれませんように。

久々に間近で彼を前にして気づいたことがあった。



左手の薬指に、指輪を、している。



頭を棍棒で殴られたような、あまりにも衝撃が大きすぎて、ただただ混乱した。は?既婚者?今まで指輪してなかったよね…?ああ、最近入籍でもしたのかな。年頃だものね。そっかぁ。女性経験のあまり無さそうな大人しい顔をして、帰ったら奥さんを抱いているのか。そっかそっかぁ………

その場は頑張って普通対応をしたけれど、打ち合わせが終わってから一瞬で仕事が手につかなくなった。また脳内で彼のことしか考えられない状態が逆戻りだ。なんでだろう。胸が、とても、痛い。

ああ、私、失恋したんだ。

私に興味を持ってくれたと思ったのも、親しげなメール文章も、全部全部勘違いだったのか。って、こうやって書き出してみるとまじで仕事仲間としてしか接してないな。なんでこんな些末な出来事でこうも盛り上がれたんだろう。これが独り相撲ってやつ?あんなに妄想して一人でマリッジブルーになんてなったりしちゃってさぁ…そもそもあの人の意識の中に私はいなかったんだ。あーきもいきもいきもいきもいきもいきもいきもいきもいきもいきもいきもいきもい私って、本当に気持ち悪いな。

そういうわけで久しぶりの失恋が応えていて、ふとした瞬間に暗い気持ちが襲ってくる。胸の奥がツンと痛む。1ヶ月後には入籍を控えている。うん。これで良かった。何も無かった。私の心の中以外では。もし夫に先立たれたり、止むを得ない理由離婚することになった時、あの人も独り身になっていたりとか、無いかな。無理そうだな。そしたら来世で一緒になれたりしないかな。一度で良かった。一度触れて、失望して、嫌いになったりしたかった。妄想の中の憧れの人は、いつだって完璧だった。寿退職したらもう会うこともないだろうからあなた完璧なまま私の中に残り続ける。

とかなんとかポエムチックなことを散々言ってるけれど、そのうちきっとなんで好きだったんだろう?って思うんだろうな。恋愛なんてそんなものだ。恋はいだって盛大な勘違いから始まるんだ。あの時万が一、彼が私に好意を抱いてアプローチしてくれることがあったら本当に危なかったな。これから先も誰かに心を持っていかれそうになる機会は何度かあるんだろう。私に限らず、夫にもそんなことがあるかもしれない。そんな時にこの経験を思い出すんだろう。どうかこれから先も、目先の欲求に捕らわれて道を誤ることの無いように。


きっとそれが、正しい結婚っていうものなんだろう。

2018-01-19

anond:20180118145602

俺も恋愛メンドクサイ派なので、こんな感じに信頼できる人生パートナーとの恋愛なき地味婚を夢みていた

けど、唯一の障害セックスだった

こんなクソキモオタにも好意を寄せてくれた女性過去に何人か居て、その中には人間として尊敬できる人も居たが、彼女たちとセックスする自分をどうしても想像できなかった

子供は欲しいし、性欲もあるからセックスはしたい

でも、生理的セックスOKパートナー、または別のセックスフレンド風俗通いを許して貰えそうなパートナーとは遂に巡り合うことができなかった

世間に言わせれば「理想プライドが高すぎる」ということのようだが、ともかく俺はこのまま独り身で墓まで行くことになりそうだ

いや、実際に墓に入れてくれる人はいいからそんな比喩すら使えないか

ともかく元増田はお幸せにな

週末は久々にソープでも行くかな

2018-01-18

anond:20180118222511

あのね。

断られたのなら、理由関係なく「断られたという事実」がそこにあるだけで、増田とその人との間には未来は無いんだよ。

上記を毎朝晩、3回ずつ復唱して骨身にしみさせようね。じゃないと本当にストーカーなっちゃうよ。

からその後どういうやりとりがあったにせよ、増田がその人と付き合えるかもという想像すること自体、割と危険なことだと思うよ。

特に質問を返してくれないことがある、ということは、少なくともポジティブな態度ではないから、今も好意は無いということの証左しかないんだよ。

anond:20180118222325

Q1 その後ふたりで一緒に飲みに行けたのか

   →ランチ・ただの晩飯は除く。これらは単なる知人同士でも普通に行われるので、好意の有無とは関係ない

   →ふたりで一緒に飲みに行けてない、単に「飲みに行くとしたら何が食べたい?」「○○がいいかな」というやりとりのみであった場合も、単なる世間話であるため、好意の有無とは関係ない

Q2 飲みに行けたとしたら、その場で何か「あーこの人嫌いだわ」と思われるようなことをやらかしていないか

  例えば、しつこく質問をし続けたりなど。

2018-01-17

付き合えなかった男の話

もう結婚してて、それなりに幸せ暮らしてる主婦

それでもたまに思い出してしまう人がいる。

その人は、元カレでもなんでもない、告白したら振られてしまった人。

でも今まで付き合ったどんな元カレよりも印象深く、忘れられない人だ。

彼とは同じバイト先で、私はフリーター、彼は学生

4つくらい年下の彼のことを、最初は真面目で謙虚好青年だと思っていた。

バイトで同じ内容の仕事をしているのもあり、そのうち彼とは自然とよく話すようになっていった。

私は当時よくバイト仲間とお酒を飲みに言っていた。男の子と飲むことも多々あったけど、あくまでもバイト仲間としてワイワイするだけで、誰のことも異性としては全く意識していなかった。

彼は、いつ誘っても忙しいからと断ることが多かった。同じ周りのバイト仲間の学生たちも、「○○くんは謎が多いから」「○○くんは真面目だから」と、一線を置いていた。私自身も何度か断られているうちに、きっとお酒の席やワイワイしてる空間が苦手なんだろうなと思うようになっていった。

その日のバイトは彼も私も17時上がり。(彼は日中講義のない日だった)予定もなかったので、私はダメもとで彼を飲みに誘ってみた。

すると、彼はこう言う。

今日は、他の人は一緒じゃないんですか?」

私は、もしかすると二人きりだと嫌なのかな?と思い、ああ、じゃあ誰か呼ぼうか?と提案した。けれど、彼はこう言う。

増田さんと、二人きりなら行きます

それを聞いて、思わず私は目が点になってしまった。

二人きりなのは、もちろん構わないのだけど。

どうしてなのか、それ以上の意味はらんでいる気がする。

その当時、私には彼氏はいなかったのだけど、恋愛対象として見るつもりの全くなかった彼に、まだ働いてる時間なのに不意打ちでそんなことを言われ、(誘ったのは私からだが)少しだけ舞い上がってしまった。

結果、じゃあ、二人きりで行こうか。と、いう流れになった。

はいえ、この時点では全く好意を持ってるとかそんなんではなかった。

なんだか緊張するので、店は個室居酒屋かい雰囲気場所ではなく、バイト仲間の野郎どもと良く行くタイプの、焼き鳥日本酒ビールしか出てこない、常に親父がテレビ野球中継見ているみたいな雰囲気大衆飲み屋へと連れていった。普通、男女のカップルでは絶対に行かないタイプの店だ。

彼は、「僕、こういう雰囲気の店、好きですよ」とにこにこしていた。こうやって二人で飲みに行くまで知らなかったけど、きれいめのファッションがよく似合うおしゃれな男だった。正直、ファッションセンスはとても、ものすごく好みだと思った。

とりあえずビール枝豆乾杯する。飲んでる彼のことを初めて見た。酒が苦手だと勝手に思っていたので、ビールガンガン空けていく彼にものすごくショックを受けた。こんな話、聞いてない。知らない。そんなに飲めたんだ?と聞くと、「酒は好きなんですよ」と、いつもはしないタイプのにこやかな笑顔で笑った。

酒が進むにつれ、彼はどんどん饒舌になっていった。

普段飲み会を断るのは、本当の自分とのギャップに周りがびっくりしそうだから、というのが一番の理由らしく、真面目そうに見えるが実はお調子者で、どんな相手でも絡んでいってしまうので敢えて避けているとの事だった。

また、普段は気をつけているが、そこそこ口が悪いらしく、友達の前だとくだけた口調で話すらしい。

これは、内緒ですよ。なんて口に指を当ててしーっとするジェスチャーをされて、不覚にもどきっとしてしまった。

なんだか、開けてはいけない扉を開けてしまった気分だった。

一軒目の店を出て、そこそこ酔いも回っていたけれど、なんとなく解散ムードにはならなかった。

「もう少しだけ、一緒にいません?」

なんて聞かれて、正直ちょっといい気分だった。

二軒目は、普通に個室居酒屋に連れていかれてしまった。もうどこでもよかった。もうすこしだけ、二人きりで話がしたかった。

そこでした話は、今ではもうほとんど覚えていない。でも、向かい合わせでも座れるのにいつの間にか隣に座ってて、彼が

「酔った増田さん、全然バイトの時と印象違ってかわいいです」

「これ食べます?あーんして」

なんて感じであやされているのは記憶にある。久しぶりに、ものすごく、女として扱ってもらえて、すごくドキドキした。その日の夕方までなんとも思っていなかったはずの彼が、信じられない位かっこいい男の子に見えて、つい、私も、普段隠してた自分の女っぽい部分をさらけ出し始めた。

「このままじゃ帰れないです。責任とって…」

なんて、わかりやすく甘えて。

彼は、そのままタクシー自分の家まで私を持ち帰って、その夜は、最後まではしなかったけれど、それなりにエッチなことを沢山した。

夢みたいな時間だった。

それまで、自分はあまり自分のことを女だと思ってなかった。それなのに、彼は、たった一晩で私の女の部分をこじ開けた。

あんなに真面目そうに見えたのに、どうして。

別に今まで私のこと好きだったとかそんなんじゃないのに、どうして。

家にコンドームがないからと最後のそれは断ったくらい遊び慣れてなさそうなのに、どうして。

たくさんの「どうして」で胸がいっぱいで、でもなんだか嫌ではなかった。

結果、彼とどうなったかというと、このあと彼のことを好きになった私は、次のデート約束を取り付けるものの、そこでふられた。

理由は、「増田さんは僕と似すぎてるからダメ」で、今思い出してもなんじゃそりゃって感じだ。ふられた直後はショックで顔も見たくなかったけど、バイト先で会う手前平然としていなければならなかったし、他のバイト仲間は私たちにそんなことがあったなんて誰も知らない(知ってても困る)から、この期間が一番きつかった。

やがて彼と私は、バイトの中でもお互いに違うポジション仕事担当するようになり、一緒のシフトに入っても、休憩時間さえ被らなければ、顔を合わせることもめったになくなった…………はずだった。

彼は、あの夜以降、なぜかよく飲み会に顔を出すようになった。

今まで真面目で通してきたキャラが一転、女の子大好きキャラになり、女の子からは嫌がられていたもの男の子から面白いと絶賛され、バイト内での友達も増えたようだった。

それを別の輪の中から見ながら、(元気そうでなによりだな)と思っていた私だが、しばらくは彼と会話をする気にもなれず、半年くらいはずっと無言か、業務上必要な会話も明らかに塩対応だったと思う。

年下にいいように遊ばれたな、というのが正直な気持ちだった。そんな自分が恥ずかしくて、なるべく早く次の恋がしたかった。

そんなある日だ。

閑散とする時間だったので、自分ポジションを私一人で回していたとき、急に彼が私のところへ来たのだ。

お久しぶりです」

なんでもないような感じで普通にしかけてくる彼に、私は全身から警戒オーラを放っていたと思う。すると彼は、近寄ってきて、急に手を取って私の手になにか握らせる。

びっくりして中を覗くと、クッキーだった。

「一人で頑張ってたから、ご褒美……」

困ったみたいに言う彼に、なんだかおかしくなって私は大笑いしてしまった。ありがとう、って言ったら、彼は、

「やっと俺に笑ってくれた」

と嬉しそうに笑うので、すこしだけ、やっぱこの人のこういうとこ、スキだな…と思った。

それ以来、つきあってるわけではないのだけど、バイト中に遊びに来たり、一緒に食事に言ったり、バイト帰りに自転車二人乗りでどこかに行ったりと、私がバイトをやめるまでよく遊ぶようになった。

彼は、バイト先では絶対に言わないが私のことを増田さんではなく名前で呼ぶようになり、慣れ親しんだ友達に接するみたいに私をぞんざいな態度で扱うようになった。でも、たまに○○さんの名前かわいい。なんて言いながら頭撫でたりするので油断ならなかったが。

私も、彼のことを好きだったのかどうなのか、思い出してもわからない。けれど、ものすごく一緒にいて楽だった。あの日以来、キスも何もしなかったけど、彼の前では無理せずに、女の子でいられた。女扱いされてなかったのに。

今思えば、お互いに、別に理想相手でも付き合いたい相手でもなかったんだと思う。

ただ、どうしようもなく、性癖に刺さる相手だった。

それはきっと、うぬぼれでなければそうだと思う。

だって、当時こっそり覗いた携帯メモリー、女の名前は私だけだったから。

それがすごく、嬉しかった。

まぁ、彼女じゃなかったんだけどね。

というわけで、私が県外に就職し、3年もしたら別の男とあっさり結婚したのでこの件はわたくしだけの思い出話なのだけど、何が恐いってつい最近私は一方的に知ってしまったんだよね。彼、今わりと近くに住んでるっぽい。偶然見つけてしまった。

なんでなんだろう。

県外も県外、行き先も何も知らせてないのに。

どうやら今は向こうにも相手がいるみたいだし、私も太って誰だかわからなくなったので大丈夫だと思うけど。

でも、今が幸せから願う。どうか、出会いませんように。

たぶん彼がまたあんなふうに仕掛けてきたら、どうなってしまうかわからないなととっさに思った自分がいた。

こんなこと、誰にも言えない

そのくらい、どうしようもない恋を、してしまたことがあるんだ。

anond:20180117131560

あら…完全に好意で言ったのですが

アピールの仕方を知らない方は正当な評価を受けられず損することが多いので

彼氏ほしい

私に彼氏いたことはない。 格好のマウンティング餌食となっている。この状況を打開するためにステータスとしての彼氏が欲しい。

問題点として、恋愛の仕方が分からない。そもそも男性との会話の仕方が分からない。

学生時代男性勉強競争相手だった。よって会話は、勉強関連以外にほぼ発生しなかった。どうやって趣味の話とかするの?また嘘告白されたことが原因となり、好意を持たれることがあっても全て嘘にしか聞こえないようになった。嘘告白は本当にやめてほしい。人間不信になる。

女子校に進学し社会人となった今、「知りませんでした」「そうなんですね」「すごいですね」としか相槌が打てない。当初は女性友達と話すノリで会話していたが、どうやらプライドを傷つけていたらしい。反省してからは相槌を厳選することにした。こんな事務的な相槌では会話が成り立たない。会話の仕方が分からない。

両思い経験はないが、片思い経験はある。素敵だと思った男性には大抵、彼女や奥さんがいる。素敵な男性フリーである可能性などないのかもしれない。

もはやこのような価値観に囚われていること自体が面倒くさい。出会いを求めて行動するのも面倒くさい。解脱したい。彼氏いたことはない、などと言えば引かれる年齢に突入しつつある。よりいっそう夢見る初彼氏への負担が重くなりそうだ。だがマウンティングが辛い。もう喪女しか会話をしたくない。多幸感という名の彼氏がほしい。

2018-01-15

好きになられる側の気持ち

一方的好意を寄せられて疲れ果てている。断るのも気をつかうし体力使うし、どれだけこっちに負担が掛かっているかなんて、当の本人はこれっぽっちも気づいていないし考えたことすらないだろうな。断っても断っても何回もアタックしてくるし。その度に神経使って体力使って時間も使って馬鹿みたい。なんでこっちが損しなきゃいけないわけ?いい加減にして。迷惑

2018-01-14

anond:20180114230910

男女とか関係なく、世の中には暴力によって人を無抵抗にする方法があり、まあ、それを受けた人を見ると好意を抱いているように見えることがあるものなんだと思う

anond:20180114145731

こんにちは非処女です

あなたは多分とても純粋…✨

 

セックスしたいと思う人にまだ会ったことがない

セックスしたいと思う人、この考え方、とても素敵

私はそうではありませんでした

十代のころ、自然距離が近くなっていった相手がいて

相手好意あるっぽかったので丁度いいと思って付き合いました

私は

セックスしてみたい

という気持ちだけで行為に及びました

一年半年くらい付き合って、

その間に恋人同士がするであろうあらゆる行為を試しました

そして十分知って飽きたので、別れました

私もあなたみたいな考え方ができてたら

もっと素敵な初体験だったのかもしれないです

anond:20180113163358

似たような経験をしてるからよくわかる。

私の周りにもそういう男性いた。既婚上司からされた時は本当に参った。

貴女の助けになるかはわからないけど、私が自分経験上で気づいた事を上げると、

それはモテじゃなくて、相手自尊心支配欲に都合のいい女。

相手男性の傾向と文面から貴女雰囲気鑑みるに、雰囲気の柔らかくて優しそうで怒らなそうな貴女なら、優しくしてくれそう(歯向かわれなさそう)、自分でも大丈夫だ、なんとかできるって、相手は満たされない男性的な支配欲を刺激されるんだと思う。

そういう男性貴女が好きなんじゃなくて、貴女自分欲求の捌け口にしたいだけ、貴女を見ていない。

それはモテじゃない。周囲の人や巷ではモテかいうのかもしれないけど。

私は貴女ほど実害はなかったんだけどね。退職はしたけど。

1番大きな違いは、隙があるかないかかもしれない。

私は優しそうとか言われたり笑顔で愛想よくしてても隙がないって言われたので。

から貴女に隙があるとすれば、なんとなく感じる自己肯定感自尊心の低さ、謙虚すぎて気弱に感じる姿勢、言い方が失礼だけど幸薄感とか。言動、行動、雰囲気から相手男性は察知するんだと思う。

対処の仕方としては、服装髪型ももっと好きにしてみてほしい。それでもっともっと自分のこと好きになって、自信をもってほしい。魅力と幸せが表情や雰囲気から出るぐらい。可愛いかブスかは関係ない。

仕事パートっていうことで任される業務限界があるかもしれないけど、集中して積極的に打ち込んで。もう今めっちゃ仕事に集中してるんです!みたいに。テキパキ動いて話して、仕事の話しかしない。

歩くの遅いのも、そう思うならテキパキ早く歩くようにしてみて。

趣味にも集中して打ち込んで。脇目触れないほど好きなんです!みたいに。極端にいえば暇そうだなって思われたり、感じさせないように。歩くの遅いのはそう思わさせるところある。

とにかく優しくはしても、隙を感じさせない。

挨拶別に笑顔じゃなくていいんだよ。ハッキリと聞こえるように挨拶だけしてたら、そういう相手には目も合わさなくていいし。

効果は数ヶ月とか1年とか時間がかかるかもしれないけど。

相手の男のしょうもなさもあるけど、自分で張れるバリアがあると思う。で、そのバリアはギスギスして貴女自身を損なうものではなくて、貴女を今よりも魅力的に輝いてみせるものにしてほしい。服装髪型趣味、何でもいいから。

そうしたら、そういう類の男は好意よせても話しかけづらくなるかもしれない。

次は別の傾向の男、チャラ男が寄ってくるかもだけど、その時はこいつは遊べない女だって思わせたらいいし。

あと好意を断る時は、彼氏がいるって絶対に言ってほしい。嘘でも。

それ以外の断り方だと、相手男性自分拒否された事にプライド(よくわかんないけど)傷つけられて絶対攻撃的になるから

貴女の感じだと、最近metooのこと知ってる思うしもう見てるかもしれないんだけど、そこで発言してる人や内容に触れてみるのもいいかもしれない。

私はフェミじゃないし過激フェミニストは嫌だけど、同じような女性の方が多いと思うからフェミじゃないけどっていう人。

精神的につらいかもしれないけど、頑張って戦って。自分の盾をもって。

自分と重なる部分がたくさんあったので、つい自分の事を照らし合わせながら語ってしまったので鬱陶しかったらごめんね。

anond:20180113190358

これ。というか

異性へのアプローチが分からない男性

vs

異性の好意をあしらえない女性

レベルでお似合いやで。

男性に生まれ変わったとしても、その言い寄ってくる男性みたいになるだろうね。

2018-01-13

anond:20180113163358

間合いの詰め方

人と人の間の取り方について、この増田で参考になる部分があった。

好きな人に近付くとき自分からグイグイ近付くと、逆に相手が離れて行ってしまものだ。

例えるなら、手漕ぎのボートに乗って岸辺に近づくとき、岸をオールでグイグイ押せば、逆にボートは岸から遠ざかってしまう。

 

恋愛経験少ない、あるいは女性慣れしていない男性というのは、往々にして距離感おかしい。

とにかく、人間関係というのは多分少しずつ互いに確認しながら近づけるものであって、好きだからといってすぐに近づいてはいけない。近づかれる側の経験が無いとわからないのかもしれないが、急に近づかれるのは恐怖でしかない。

同時に、距離が近いか相手に惚れるわけでもないと思う。つまり、無理に近づいたか恋愛に発展するわけではないということ。むしろ、無理に近づいたことで恋愛圏外に認定される可能性の方が高い。

要するに、急に恋愛に発展することはほぼないので、距離を急いで縮める必要はないし、縮めない方が可能性は高い。だから好きだからって近寄るのは危険

これは共感できる!

 

男はプライド

好意を寄せられ丁重に断れば、可愛さ余って憎さ百倍なのか嫌がらせされることもあった。

女性と比べて)男性感情で最も強いのは「プライド」(自尊心)だと思います

もちろん、女性でもプライドの高い人はいますが、(男が男を観察してみて)男のプライドはそれ以上に強烈だと実感します。

プライドが高い割には、頭は悪い」って男は多くて、同じ男同士でも対応に苦慮する場面が多々あります

 

アサーティブコミュニケーション

増田対応で気になる点が一つ。

私はどうして、こんなに他人に冷たくしなくてはいけないんだろう?どうして普通に挨拶したらいけないんだろう?私だって好きな服装で、好きな髪型生活したい。

でもそうすると、周囲の人間関係に影響が出て、最悪そこにいられなくなってしまう。

抑圧型の人間が抑圧すると、より一層酷い抑圧型の性格になってしまうと思います

もう少し、他人評価を恐れずに、正々堂々と自己表現をしても良いのではないでしょうか?

そのための考え方として、「アサーティブコミュニケーション」について、検討されることをお勧めします。

 

参考

 

人間には2種類の人がいます

  1. 他人幸福を願う人
  2. 他人の不幸を願う人

今まで苦労を学びの材料に変えて、今後あなた幸福になれることを願います

執着と独占欲

「新しい家族が出来ました。元気な男の子です。」

結局それは冗談だったんだけれど、

いつか本当に、そういう日が来る。

その時、自分は何を思うんだろう。


漫画私の少年を読んで、昔の感情が蘇ってくる。

今まで何人も人を好きになってきたけれど、

どの思い出も、今となっては色あせてしまったように思えた。


初体験のあの子を、思い出す。

当時は好きじゃなかった。

相手が好いてくれたことに甘えて、

付き合うこともなく

短い冬を過ごした。


今、あの頃よりも恋愛が上手くなって。

抱いた女性の数も増えた。

連絡一本入れるだけで喜んでくれる人もいる。

彼女もいる。

けど今でも、そうした女性好意に甘えていて

去っていく瞬間が、一番寂しくて。


本当に狡いのはわかってるけど

自分だけを、いつまでも認めて欲しい。

そんなのは自分勝手独占欲だなと、自分で思う。


人の気持ち永遠ではないから。

その瞬間を、大事にしなくちゃいけない。

だけどなぜなんだろう。

今でも、失うことでしか気付けないのは。


素直に祝える大人でありたい。

けどこの執着心は、

どこまで行っても子供のままな気もする。

2018-01-12

anond:20180112184340

そりゃチンポが反応するのは100%ではないけど思春期男児はほぼ100%くらいのポテンシャルはあるぞ

例えボーダーに達してなくても向こうから来たら口では興味ないね…とか言いながら勃起するくらいのチョロさの本性が男の性欲だぞ

女に興味ない男でふさわしくないと思ってたのに好意を持って接して来られても好きになるどころか嫌悪感が加速するだけだろ

そこで好きなスイッチが入らんのは「お・・・おまんこできるかも!?」っていう期待に向かってアクセル踏む役目が女の脳みそには誰もおらんからだぞ

から男のチンポが反応して徘徊してた%を、キモイだのセクハラだの否定しまくった後に、女はどうやって理性的に減った%を補うの?

そしたら「減った%は補充しなくて結構少子化結構、でも保育園は欲しい」

もうキチガイと会話するのチンポは疲れました

土日遊べそうなカワイイ子を漁るのでクサマンさんは妄想と取っ組み合いしててください

anond:20150313211541

これを読んで思ったのは世の中のカップルはどうやって付き合いに至ったのかということ。

かに興味のない男性から好意気持ちいかもしれない、付き纏ったりしつこい野郎否定されるべきだと思う。でも全てのカップル好意のある男性を選んで付き合った関係なのかなとも思う。

興味のない男性が大半を占めているのであれば好意を伝えた男性女性と付き合う可能性ってすごく低くならない?

2018-01-11

anond:20180110202904

彼氏彼女にならなくても、友情的な好意のある相手なら食事に行くのはやぶさかでない人は多いんじゃないかな。

古式ゆかしいグループ交際みたいに、最初は別の知人も交えて一緒に食事に行ってみるとかw

でも、デートレイプしないと僕を愛してくれないんでしょ?

高校生の時、二人の女の子と付き合った。僕は手を繋ぐのが精一杯で、自分からキスしたり、ましてやそれ以上のことをするなんて無理だった。

二人とも、僕のことをすぐ振って、他の男と付き合い始めた。奥手な自分に不満を持ったのだと思った。

大学に入って、彼氏がいる女の子のことを好きになってしまった。彼女のうちに呼ばれて、デートレイプまがいのことをしてしまった。もう二度と会ってはくれないだろう、警察通報されて当然だ、と思った。

ところが、数日後にまた会う約束ができた。それどころか、彼女の態度は見違えるように自分への好意を示すようになっていた。結局、その子はそれまで付き合っていた彼氏を振って自分とつきあってくれた。わけがからなかった。

の子と別れた後、二人の女の子を好きになった。その子たちとも二人きりになるチャンスがあったのだけど、相手が嫌がったので何もしなかった。デート最中性的行為強制することがデートレイプと呼ばれることを、僕はもう知っていた。

彼女たちは僕と付き合ってはくれなかった。それは仕方ない。でも、彼女たちは後になって、僕を意気地なしだと言って嘲笑した。わけがからなかった。僕はジェンダー論の本に書いてある通り、倫理的に行動したのに!

大学生活も後半に差し掛かったころ、僕はさびしさに耐えかねて、またデートレイプまがいのことをしてしまった。かつてと同じように、女の子は突然好意を示し始め、僕とつきあってくれた。

けがからなくて、すぐ振ってしまった。ほんとにひどいことをしたと思う。

大学卒業してから、誰とも付き合っていない。寂しくて仕方がない。でも、女の子に振られるのは耐えられても、好きな人嘲笑されるのは耐えられない。

デートレイプをしない男性のことを、意気地なしと言って嘲笑する規範は、男性だけのものではないのだと思う。もちろん、デートレイプはみんなに当てはまる道徳としては是認できないものだし、性について真剣に考えている女性たちは、そんな規範肯定してはいないだろう。でも、現実として、デートレイプをしないと僕は愛してもらえない。

"No means no"は正しい規範だ。だから、僕は愛されないまま生きていくしかない。そのことに異論はないのだけど、どうしても僕は、恋愛工学にはまってしまう男たちのことを心からかにすることができないのだ。彼らは、男性欲望によってだけ生み出された存在なのだろうか。彼らは、そして僕は、ずっと救われないまま生きていかなくてはいけないのだろうか。

2018-01-09

好きになったら抜けない

よく「結婚したら妻/夫が家族に見えて性的に見れなくなった」みたいに言う人も実はこの部類なんじゃないかと思うんだけど。

自分の中で「やりたい/抜ける」枠と「好意」枠があって、尊敬できるとか大切にしたいとか幸せになってほしいとかは後者のほうにずっと強く感じるんだけど

後者に入ると性的に見れなくなっちゃうんだよね

もちろん「やりたい」対象から親しくなって「好意対象になることもあるけど

※実際に行為たか否かは関係ありません

そうなるとやっぱりもうやりたいとは思わないし、それこそ肉親とかペットとか性的指向と異なる性別の友人と行為するか?いやいや…無理でしょ…みたいな気持ちになる

好意」枠から外れたパターンは今まで特に思いあたらないんですけど、疎遠になるとかでも、「やりたい」に戻ることはない

なんで恋人作ったり結婚したりしないのかっていうと自分がそういう性質だってわかってるからなんだけどそんなこと言えませんよね

世間一般交際婚姻関係性交渉を含むのが当たり前のようになってるしセックスレス離婚事由になるっていうし

フェミ系の人も「妻に魅力を感じなくなった」みたいに言う夫は努力不足!セックス相互コミュニケーション!みたいにすごく叱咤してる

若い頃は今ほど自分自身のことをきちんと把握していなかったか特定の人と交際関係を持ってしまって相手に悪いことをしたし罪悪感で自分も辛かった

性欲はあるけど愛し愛されている関係性交渉を持ちたいという欲求があるわけではないのでオナニーで十分だし

(好きな人とやりたくないだけであって、好きじゃない人とは誰でもやれるというわけではない、だから割り切りで不特定多数とやりまくってるとかもない)

「本当に心から愛してる人に出会ってないからだよ!」みたいなこと言われるんだろうなとか自分でも考えたりするけど

この年まで出会ってないんだからこの先も出会可能性は低いと考えるのが普通じゃないだろうか

というか「心から愛せる、やりたくなる人かもしれない!」みたいな考えで交際して「やっぱり違いました、ごめんなさい」とか失礼すぎるしこっちも地獄だと思う

そんなもろもろの事情を明かした上でお互い好意を抱ける人と出会える確率とか考えたらどんどん低くなっていくだろうし

それまでにかかる労力とか考えたらめんどくさすぎる…そこまでして交際したり結婚しなくてはいけないのか…

こないだAセクとかセクマイだけど異性婚したい人向けの結婚相談所記事も見たけど、結婚したい人はそういうところ使うのかな。

今の所そこまで結婚したいかというとそれほどでもない

ただ、皆はこういうことうだうだと考えることもなく、当たり前に好きになった人と性交渉をもって恋人になったり結婚したりしているのだと思うと、

それができない自分は人としておかしいとか問題があるとか言われるのも止むなしなんだろうなと思う

少ないながら税金を納めるのでどうか許してほしい

怨みについて

昔はずいぶん奔放でずさんな性生活を送っていた。

最初自分を捨てた男が憎いから恨めしいから次から次へと男を乗り換えていた。

自分のことが好きだと気に入ってくれた男を順に重圧をかけてじりじりと愛していった。

少しでも否定的なこと(かわいいと言ってくれない、会いたい時に会えない、電話に出ないメールの返事が遅い等)をしたならば即悪口を捲し立てたものだ。

「私のこと好きだって言ったくせに」「好きなら〇〇して当然だよね?」「遊びだったんだ 最低な人間だね」「私のこと好きじゃない人間に用はないよ」と言ったことが数え切れない。

すると耐えきれなくなった男が私に罵声を浴びせながら別れを切り出してくるのだ。

殊更、男のことがまた憎くなる。

私は頭が悪いので怨みの対象が男として生けるもの全てと錯覚した。

ブスでも性格が悪くても不思議相手が途切れなかった。若いし、体と媚びを売るのが上手かった。

体目当てでも心から好意でも関わってくる人間をみんな潰して回った。

中には欝になったり仕事学校辞めてしまった男もいる。

潰してしまっても罪悪感というものがなかった。

あいつは私のことを愛せなかった悪い人間から辛い思いをして当然」とまで思っていた。

自分を捨てたり弄ぶ男が自分罵声脅迫自殺未遂等等に翻弄されて疲弊していくのを見て胸がスカッとする気持ちになっていた。

また恋愛以外にも自分の嫌いな苦手な人間不利益が生じるように行動する癖もあった。

これも強い怨みを持った時に起こる。

自分の体に傷を入れたり自分が多少困ることになっても相手を貶めてやりたかった。

「〇〇さんのせいで増田さんが可哀想なことになった」という状況を作るというのが一番効くと知っていた。

相手をうっかり傷つけたという弱みが一番痛い。

でも数年たって今どうだろう。

自分と関わって不幸になったと思った人間自分のいない見知らぬ土地で元気に活躍してる。

自分けが大昔の怨みの感情に囚われて、体にその傷は残り、経歴もぐちゃぐちゃになって、当時のことを思い出して過呼吸からメルトダウン(発達障害特有発狂行動)を起こしたりしている。

しかも先程言ったように他人を傷つけたことは一番の弱みになる。

絶対的自分が悪いからだ。

たくさんの人間を苦しめて傷つけて迷惑をかけた。

責められたらどう言い逃れもできない。全部僕が悪い

今更罪悪感に苦しめられている。

怨みは自分の中にしか積もらず何をしても晴らされない。

絶対自分に返ってくる呪い

今の自分の首を絞める過去自分が怨めしい。

2018-01-08

セクハラに耐えれなくなった

セクハラって言っても日常的にお尻を触られるとかそういうのではなくて、

会社ではなんでもなく振る舞って、業務時間外にされるもの

と、いう風に上司は割り切っていたつもりみたい。

表沙汰にせずに耐えていた理由は、仕事がやりたかたから。

プロジェクトは佳境でみんな日夜頑張っていたから水を差したくなかったし、

上司がいなくなったらプロジェクトがうまく行かなくなるのは目に見えていた。

個人としては拒絶せず、受け入れず、一般論として"セクハラダメ"って誤魔化した。

初めてセクハラされたときは、後ろから抱きしめられた時に当たった上司の伸びかけた髭の感じが本当に気持ち悪くて、一週間くらいはその感覚を思い出して鳥肌が立ってた。

本当に会社に行きたくなくて、プロジェクトの節目で退職しようと決めた。

節目は節目にならなくて、仕事はどんどん忙しくなって、辞めどきを失った。

上司は酔っ払うと2人になりたがった。

から飲み会には極力参加しないか、してもすぐ帰るようにしていた。

腹いせに、何かされるたびに1人、口が硬そうな社員を捕まえてセクハラを伝えた。

被害としてはそこまで大きくない。

私は平穏仕事が続けられることの代償に、たまにお酒を飲んで、手をつながれて、帰りに不意をつかれて抱きしめられて、体の関係を持ちたがる上司タクシーに押し込むルーチンワークをするだけ。

はいい年のおばさんなので、これくらいの肉体的接触は家で飲んだお酒と一緒に吐けばなんとかなるし、

話す内容も仕事のことがメインだったので、それなりに私にとっても有意義だったのかもしれない。

でも、業務時間外の肉体的接触よりも、仕事中の私のことを見る表情とか、言葉の節々に感じる好意気持ち悪かった。

結婚してるくせに堂々と好きって言ってくるのも、人間として無理。

それを除けば、仕事面では私のことを育ててくれる、平等でいい上司だった。

寧ろ普通仕事で便宜を図る代わりに愛人になれ、では?と常々思ってたけど、上司仕事との線引はきちんとすると言っていた。

事実、私の肩を持ってくれなくて仕事がやりづらいこともあったし(他に女がいる可能性もある)、

本当に何かされたら嫌だけど、私の事好きならもうちょっと何かないの?とか、さすがにこの仕打ちは酷いと思ったこともある。

私がセクハラを受け入れてないからこういう感じだったのかもしれないし、そこは上司しかからない。

ただ、上司は私に大きな裁量を与えてくれていて、それが私の仕事への評価によるものなのか、セクハラの対価なのかが分からなくなった。

上司はそれは評価であって対価ではないとは言っていたけれど、

セクハラ事実を知っている人が増えてくるにつれて、その人達に女を使っていると思われるのでは、と怖くなった。

から不安で、成果を出すしか無かった。朝からずっと働いて、無理な仕事量をこなすようになった。

セクハラできる、よく働く都合のいい部下になった。ある意味良い教育だったかもしれない。

周りから見たら理解できないメンヘラワーカホリックだったと思う。

仕事上では、きちんと上司と部下をやっていたので、上司と部下としての関係も深まって、

都合のいい部下には、上司の弱いところが見えるようになった。

所謂、情というものが湧いてしまったようで、部下として支えてあげたいと思ってしまった。

もう少し弱っていたら都合のいい部下から、都合の良い愛人ジョブチェンジするところだった。

でも手を触られたときに"気持ち悪い"って思って目が覚めた。

態度が軟化してしまって上司に気を持たせたのは事実だし、自分軽蔑した。

そういうのが全部嫌で、深夜に呼び出されてお酒を飲んだ時に、会社を辞めるって言った。

有難いことに来て欲しいと言ってくださる会社はある。

そんな話をしたら、会社は辞めるな気をつけるって言ったのに、朝が来て駅まで歩いたら、上司が抱きついてきて、部屋に来たがって、私の我慢限界が来た。

素面の時に再度怒って上司反省した様子。だから退職するなと言われている。

私にも悪いところがあったし、もともとこんなことをするはずが無かった上司がこんな事をするのは心労のせいだし、一旦リセットして再度、心機一転やり直して欲しいっていう気持ちもある。

部下が立場上断れなくて、それを勘違いしてしまって、会社を辞めなきゃいけないのは可哀想だ、とも思う。

私は純粋セクハラ被害者ではなくて、一部上司を受け入れても居たから、上司を責めることはできない。

私がこのまま大人しく我慢するか、上手に上司コントロールできていたら、プロジェクト問題なく進むかもしれなかったと思うと申し訳ない気持ちもある。

一番はじめにセクハラを受けた時に誤魔化さずに、傘で叩けばよかったのか。

でも、そしたらプロジェクトはここまでやってこれたんだろうか。

ももう、何もなかったふりをして笑顔で頑張れる気がしない。

anond:20180108213217

役割義務ではなく、感謝好意生活を回していくのがいいって逃げ恥で言ってた。

今日ごはん作るけど食べる?」

って声をかけるとか。声かけ確認あくま相手の分もやるのは好意

その声かけがない時は各自自分家事をする。

今、好きな人がいる大人へ。

もし好きな人に想いを伝えるなら、

”いいなと思った”

というフレーズは使わない方がいい。

大人だし、高校生のような熱烈な告白ではなく、なんとなくこういうふわっとした言葉になるのは真っ当かもしれない。

いやそもそも普通そんなこと言わねーよって感じだったらごめん。

  

長くなるが吐かせてほしい。

去年、元々知り合いだった人から飲んだ帰り際に告白をされた時のフレーズだった。

大人になってからちゃんと告白をされたのは2回目で、世の大人達が何と言ってお付き合いをスタートするのか、健全大人恋愛をまだ知らない。すまん。

  

その彼はとても優しい。とにかく優しい。

もちろん、2か月近くやりとりをしていたこともあり、彼の人柄に私自身も”いいかも”と思っていたのも事実だ。飲んだ日もそれなりにしおらしく振舞っていた。

告白にその場では応える決心がつかなかったが、”たぶん私はこの人をちゃんと好きになれる”とすら思っていた。

  

ちなみに私はこれまで、とりあえず付き合う、というようなことはしてこなかった。

イケメン好きの現実を見てない痛いデブスというのも事実かもしれないが

単純に、好きでもない人に毎週時間お金を割くのは嫌だったし、もちろん触られたくないから。(飲み友は大歓迎)

はい彼氏は欲しい。きちんとした”彼氏”と、対等でお互いを尊重した年相応なカップルへの憧れは尽きない。

自分好意を向けてくれる希少な人(類友なのか変な人が多かったが)へすら、決定的な言葉を言われる前に逃げることを繰り返した結果、

気付いたら30歳だったがこの思考は変わっていない。約10年のブランク

その私が、ここまで思ったのだ。

これは付き合うだろうとお互いが思っていたに違いない。

というか、正直そろそろ愛情に飢えているので示されたらホイホイ行ってしまうだろうと。

  

それが、まさかのどんどん萎えていった。

少し年上の彼は、LINEがとにかく長い。2000年代メールかよ。

その上竹内涼真意識してんのかってくらいあざとい。しかも各センテンスの末尾が絵文字顔文字じゃなくて絵文字

特に目つぶって笑ってるやつ。内容も○○しちゃった!↑↑みたいな。出たよ報告。何その↑。

極めつけは、止めた翌日にまたLINEが来た。別に体調悪いから止めてるんじゃないのくらいわかってんでしょ?

  

元々気付いてはいたけど、これにプラスして心なしか告白以前より甘ったるいニオイを醸し出している。

これからもずっとこのやり取りを行わないといけないのかと思うとかなりしんどい。頭が痛くなってくる。

  

はいえまあ面と向かって話していればそんなあざとさも目立たず普通なのだから、と思い直してはみた。

だが決心は2週間経ってもつかず。私の中の”いいな”指数は下落する一方。

  

そして再び会う流れになり、「この前の話だけど、どう?」と言われた。

たか…と私が言い澱んでいると再度思いの丈を話してくれた。紳士である

「話してて気が合うと思うし、一緒にいれたらいいなと思ってる」

あんまり覚えてないけどこんな感じのプレゼン普通

もちろん喪女としては大変ありがたいお言葉。会ってみるとやはり”いいな”指数は少し回復基調を見せる。

  

プレゼンは続く。

  

「もちろん、年齢的にもその先のことも考えてるし、最近iDeCoも始めたんだ」

  

ちょっと待て、まだ付き合ってもいないのに何の話?

重い重い重い。もう、暴落of暴落

しか彼は子供が好きだ。欲しいとも言っていた。でも私はいい年こいて自分のことすらままならないクソガキだ。こんな状態子育てなんてできるわけがない。子供がかわいそう。

まして、まだ飲み歩きたいし男友達とも遊びに行きたい。もちろん女友達だってしょっちゅう会いたいしライブフェスもなんなら地方も行きたい。

毎週会うなんて面倒くさいことするの?無理無理、寝たいし。昼から遊ぶとか、無理。

とてもじゃないけど君のプラン結婚への一歩だと嬉々として受け入れる能力気概は全くない。

ってかそもそも私が三度の飯より数倍多く呟いていた”彼氏欲しい”は嘘だったんじゃないのか?

  

彼を目の前にそんなことを反芻するしかなかった。

そのプレゼンにおける自分への“いいな”は、私の何にも当てはまってないんだと気付いた。

無論、期待されている”いいな”に応える気も一切ない。私が彼に期待したことといえば、”正式彼氏”というポジション名以外、何もなかった。

  

何を見誤ったか期待させてしまったのなら申し訳ないが、

付き合えないという結論が出るのにそう時間はかからなかった。

お互いが、あまりにも表面的すぎる。

  

”いいな”は”好き”ではない。妥協してまで、結婚という契約に拘る必要は私には感じられなかった。数年後は、わからん

でもどうせ結婚するなら、最初から我慢してどうする。最初くらい思いっきり好きでいたいじゃないか。どうせ結婚するなら、私は”鼾すら可愛いとかちゃんと思える人と結婚したい。

  

そんなことを思いながら、今日不毛まりない7年ぶりの片想いを拗らせている。

アラサー恋愛って、面倒くさい。

 

きな子TATTOOがあった。

最近、よく二人でお酒を飲むようになった女の子がいる。

年越しを複数人数で過ごしたあと、毎朝毎晩、メッセージをくれるようになった。

ぼくは彼女が好きだ。

彼女からも少なから好意を感じる。

でもまだ付き合ってはいない。

とてもふわふわした女の子

普段仕事ときはキリっとしているのに酔うと可愛くなる。

黒髪ロングで、着ている服もツートーンのスーツとかワンピが多い。

英語が堪能で、外国人友達が多くて。

話の内容も、経済のことや小説映画のことや。

僕はずっと彼女はどこかのお嬢様なのかと思って気後れしていた。

ところが先日うっかりfacebook過去写真を見てしまった。

彼女がアップしている写真が可愛くて可愛くて、どんどん過去に遡ってしまうのだ。

そこに元カレとの写真があった。

元カレと、その仲間たちとの写真

なんかエグザイルみたいな下品な不良がたくさんいて、その中のひとりが元カレとのことだった。

ビーチの写真もあった。

全員、ものの見事にでかいTATTOOが入っていた。

よく見ると、彼女の腰にも少しTATTOOが入っていた。

泣きそうになった。

少なからず、ショックを受けた。

とにかく僕は、いまの彼女が好きなのだ

お嬢様風で、話し方も丁寧で、お酒の飲み方も上品で、グループで飲んでも決して下品な大声をあげたりしない。

そういうところが好きなのだ

過去彼女は、渋谷ギャルみたいなウンコ色の髪をして、ハロウィン馬鹿騒ぎしている写真をアップする、普通20代だった。

どっちが本当の彼女なのだろう。

僕の前ではおとなしいふりをしているのだろうか。

それとも、過去彼女とは決別し、別人のように変わったのだろうか。

僕は、ひどい男だ。

勝手に作り上げた彼女イメージに恋をして、

ギャップがある彼女過去を毛嫌いしている。

次にあったとき告白しようと思ったけど、いったん考え直したい。

TATTOOはいってるよね?」って聞くべきかどうか悩んでいる。

anond:20180106230803

2018-01-07

anond:20180107202223

こんな私でも、丸出しな好意は嬉しいものです。

実るとよいですね、応援しています

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん