「好意」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 好意とは

2017-06-26

https://anond.hatelabo.jp/20170626132146

個人性的志向自由であるのと同様に、気持ち悪いと思うのは、思う側の思想の自由なのでしょうがない。

現実で、「自分の年齢を考えろ」と言われたのなら、「大きなお世話だ」と答えればよい。

ただしこれも、発言する側にも思考発言自由があるので、止めることはできない。

好意を向けられている当事者である20代女性が、あなた方を気持ち悪いと思うことも自由だということを、決して忘れないでほしい。

2017-06-25

23OLだけど幸せになれなくてつらい

から書くような文章をあげると「私の方がもっとヤバい」というようなことを言う人がいると想定されるけれど、こういう辛さは絶対的ものであると思うのでどうか比べないでいただきたい。

そう幸せも同じように自分がどう思うかなんだけど、現状自分の思う幸せから程遠くて悲しい。

仕事は上手くいかない。上司と上手くいかなくて辞めたい。辞めても次のアテはないし、人より秀でたところもない。

年間休日120日以上で夏季年末等に休暇があって、毎日5時間も6時間残業することがなくて暇すぎもせず、人間関係が良好で情緒が穏やかな人が集まる職場で、オフィスが綺麗な自宅から車で30分以内の手取り18以上の正社員事務仕事に就きたい。

恋愛はしたことがない。好きな人ができたことはないし、好意を向けられると途端に気持ち悪く感じてしまって距離を置いてしまう。好いてもらえること自体少ないんだけど。

よって結婚はできそうにない。我儘で自己中な自分なんかと一緒に暮らしてくれる人なんていない。親や親戚からは期待されるけれど応えられそうになくて悲しい。

友達も少ない。少ないけれど皆いい友人なのでありがたい。ここは誇れると今気がついた。

オタクは上手にできない。オタクとの人間関係にも疲れたし、お金が無くなる。本当に自担が好きでオタクをやってるのか、習慣というか惰性でコンサートに申し込んでしまうのか分からない。現場に行くと楽しいけれど、自担は冷たい。顔は良い。

雑誌も買ってしまうけれど、読まないしなんのために買っているのか分からない。いつ辞めるかも分からないし、売れる気配も無い。

さらジャニーズではないところに推しを見つけてしまって、金銭的に厳しくなってしまった。推しは優しい。運営は嫌い。もっと年上の人もいるけれど、若いオタクに混じってチェキを撮ったりする姿は滑稽だと思う。

もう何もかもが上手くいかない。どうしたら良いのかも分からない。何か指針がほしい。もういっそ結婚相手は誰かが決めてくれればいいのに。その際は、私のことを許容してくれて、タバコギャンブルをしない安定した収入のある顔の良い人でお願いします。

ナンパっぽいことをしてしまった。

あるイベントで偶然、一緒のボックスに座って、

ちょっと盛り上がった女性に連絡先を渡した。

初対面の人に、あからさまに「あなたに好印象を持ってますよ。あなたさえ良ければもう一度会いたいです。」と伝えた上で連絡先渡すなんて生まれて初めてだ。


先立つ事、半年前に、好意を寄せてた子に振られた。

「数ヶ月すりゃ痛みも薄くなんだろ」と思ってたけど、定期的に顔を合わすだけに、全然甘い見通しで、最近なんか仲間内雑談で入って来た「彼氏と暮らすの?」みたいな質問勝手ダメージ受けて、休みの日も憂鬱だったんだけど、今日、隣で音楽に合わせてピョンピョン跳ねてた小柄な姿を見てたら、ちょっと痛みを忘れた。


連絡くるかな。

2017-06-24

女友達好意を寄せられている

自分性別男性でも女性でもないと感じていて、恋愛感情はあるけど性的欲求がなく、両思いになりたいという欲求もない友人

私はレズビアンで、友人もそれを知っている

友人のセクシャリティはわりと最近知ったけど、特に突飛な話ではなく、しっくりくる感じがした

なのに、仲良しの友人グループの1人であって大切な友人である友人のことを鬱陶しく感じる自分が嫌になる

寄せられた好意をどう受けとればいいかからない

好きだけれど付き合いたいわけでもなく、セックスがしたいわけでもなく、しかデートには誘われるし、もっと話したいとも言われる

他の友人に抱くのとは別の感情を、私はどう受けとればいいのか

シスヘテ男性から寄せられる恋愛感情や、性欲や、若い女に金品を与えて満たされる感情のほうがまだ理解やすいし拒否もしやす

シスヘテ男性から恋愛感情は断ったり脈なさそうな態度をしたり友人に脈ナシを伝えることでなくすことができる

でも付き合いたいわけではない恋愛感情はなくすことができない

そもそも、人の感情をどうにかしようなんて傲慢

無意識女友達カテゴリにいれていた友人がそこを出てしまった今、女友達と交わしているさりげない触れ合いやラインに使うハート絵文字をどうすればいいかからない

もう好きとか言わないで、と言えばいいのか

https://anond.hatelabo.jp/20170624194804

まず「ファン恋愛感情を抱いていてその好意を利用して貢がせている」という大前提が間違っています

そのようなファンが中心のメンバー総選挙で上位に来ることは難しいです。

おっさんファンが中心のメンバーが上位に来るのです。

その最たる例が指原莉乃です。指原のファンが「恋愛感情から「貢いでいる」とでも思ってます? だとしたら全く現実を把握されていません。

>「頑張ります!」って、一体何を頑張るんですか?

メンバーが頑張るのは主にSNS更新でしょう。今はネット時代、さまざまなツールを駆使して自分アピールします。ツイッター、インスタだけではなくGoogle+755、そしてメンバーメールサービスさらにはshowroomという動画サービスまで。

これらを使う・使わないはメンバー自由。そして、そこに露骨投稿数の差が生じます。それが「頑張り」です。頑張りが見られないメンバーにはファン投票しません。

総選挙で実際に頑張るのはファンのように見えて実はメンバーです。ファンはもう総選挙予算が決まっててそれをどう振り分けるか考えている人も多いのです。

アイドルファンは一体何を見ているのか

あるいは何も見えていないのか。

そもそもアイドルにあまり興味のない自分からすると、アイドル、というかAKBグループ活動内容を客観的に見て一体全体どうして「信じて応援しよう!」という気持ちが起きるのかが謎で仕方ありません。

だって考えても見て欲しいんですけど、恋愛禁止なんですよね?だったら当然ファンとも恋愛禁止ですよね?でも一部のファン恋愛感情を抱いていますよね?そしてアイドル側も明らかにそれを分かっていますよね?

ということは、確実に報われない、不毛な想いであると分かった上で、その好意を利用して不特定多数の異性にお金を貢がせているわけですよね。これって、世間一般では間違いなく不誠実と捉えられる行いだと思うんですが。

百歩譲って握手会への参加のみであれば、ファンとの交流を大切にしているだけだ、と言えなくはないですが、総選挙出馬し、あまつさえ投票を呼びかけるようなメンバーに関してはもはや擁護不能でしょう。「頑張ります!」って、一体何を頑張るんですか?頑張るのはファンでしょう?「次は1位になります!」って、「ファンは今の○倍金出せよ」って意味でしょう?それとも、あと一年ファンが激増するような画期的プランがあるんですか?ないんでしょう?あったらとっくにやってますよね?

今日とあるエントリで見た「夢に向かって頑張るなら、恋愛してる暇はない」という意見。尤もらしいように聞こえますが、それらが絶対に両立できないようなものであるとも思えませんし、もっと言えば、その考えを持っていながら、なぜAKBのような低スキルアイドル応援するんですか?全員とは言いませんが、歌は口パクダンス素人レベル活動内容は他人任せで他にないような独自の才能を持っているでもなく、恋愛する暇が無い程忙しいとはとても思えないんですが。確かに、広いアイドル界の中には何か一つを極めようと、あるいは他人にない個性を獲得しようと必死で頑張っている子もいるでしょう。そういった人は確かに恋愛する暇もないかもしれませんし、私自身もそういった人がもっと評価され多くのファンを得るべきだと思いますあなた応援しているアイドルは、本当にそんな人ですか?

女優になりたい」「歌手になりたい」立派な夢ですが、彼女達が今やっていることが、本当に夢への近道になっているかは正直疑問です。「歌手になりたい」と言いながら平然と口パクしてるようなメンバーも居ますアイドルだって歌手一種でしょう?今、貴重な実践の機会をみすみす無駄にし続けて、どうしてソロであればやれると思うのでしょう。

「夢に向かって、青春を投げ捨ててまで、一心不乱に頑張る」人は、当たり前ですがアイドルにもアイドル以外にも存在します。アイドルがそうでなければならない、とあなたが考えるのは勝手ですが、そのアイドルが本当にそうなのかどうかは、あなた自身判断してください。思考停止しないでください。あなたの人を見る目の無さを棚に上げないでください。

ついでに言うと、年齢が若いほどアイドルとしては価値があるように見なされがちですが、一方で年齢が若いほど人として未熟である(=ルールを破る)可能性が高いことも頭の隅には置いておくべきです。

あとこの際だからもう一つ気になる点を。AKBグループの(主には握手券付属するシングルCDに関して)楽曲製作に関わっているクリエイターの方々は、どんな気持ち印税を受け取っているのか常々疑問です。もちろん、楽曲のものへの評価と売り上げとがイコールでないことは分かっていますが、この場合の売り上げにはAKBメンバー握手に対するものが多分に含まれていますよね。個人的気持ちとしては幾分かはメンバー還元してあげて欲しいなと思います

とにかく、「神聖」とか「偶像」といったアイドルイメージに関して、余りにもかけ離れた「不浄」なイメージアイドル特にAKBグループ)には多過ぎるように感じます。それでも応援する奇特ファンについては、まあ別に個人自由ですから良いんですけど、せめて裏切られた時に醜い悲鳴や汚い罵声を上げないようにして欲しいです。だって、そういったアイドル殆どは「私は無神経で不誠実な人間です」って日頃から自分で言ってるようなものであって、その通りになっただけなのですから

(追記)

このエントリを書くきっかけになったツイート

https://twitter.com/gofin20/status/876784223771701248

https://twitter.com/tigerhouse1978/status/876448624627941376

ちなみにこの子AKBグループの中でもトップクラスダンスが上手いそうです。

色々書きましたけど、AKBにも応援する価値のある人はいると思いますよ。本当に言いたかったのは、(推す相手を)間違えるなってことです。少なくとも、真っ当な努力もせず将来へのビジョンもなくファンの過剰消費のみに頼って芸能界のし上がろうなんて人が、「夢を売る商売」だなんてちゃんちゃらおかしいってことです。

2017-06-23

https://anond.hatelabo.jp/20170623003008

泥酔に関しては、無防備な状況を見せられるってことは気を許している

ブレーキが壊れて馴れ馴れしくなるので好意を向けているように感じる

こんな感じなんじゃない?

2017-06-22

私の周りのモテない男へ。。。

お願いだから普通に接するだけで好意があると勘違いするのやめてくれませんか。。。仕事仲間なんだからコミュニケーションくらい取るのは当たり前じゃん。。。女性相手にされないか自意識過剰なのか、自意識過剰から女性相手にされないのか。。。

https://anond.hatelabo.jp/20170622133723

それダサいのって普段からじゃなくてバイト先だからだと思うぞ。

サンプル数1で語るのもまぬけかもしれないけど、俺の彼女普段はちゃんとオシャレしてきれいにしてるのに、バイトに行くときだけものすごく地味でダサい服着てる。前に偶然バイト後に会うことになったときに服がダサすぎてびっくりした。

バイト先で同僚に絡まれたくない」「バイト先の店主のおじさんおばさんがそういった服の子を好む」「単にバイト行くだけの日にちゃんとした服はもったいない」「汚れると嫌」などの理由でそうしているらしい。

から好意もつなとまではいわないけど、勝手に「この子ダサいから大丈夫」なんて値踏みしない方が良いと思う。地味な彼女好きな人恋人の前ではめいっぱいオシャレしてるかもしれないから。

2017-06-21

失恋した。辛過ぎる。

同じ会社にいる二つ年下の女性のことが好きだった。

二人っきりになることはほとんどなかったけど、仕事や休憩などで会話しててもすごく気があう感覚だったし、毎日のようにLINE雑談やその他いろんなことをやり取りする仲だった。

恋愛の話も出たが、会話の一つの要素としてであって、それ以上の話をする勇気は出なかった。

なんとかして付き合えたらなぁと思い始めた最初の頃、彼女には間違いなく彼氏はいなかった。

で、それから一年くらい経った最近彼女スマホの背景画像が以前と違うことに気がついた。

彼女有給取って一ヶ月半くらい前に台湾旅行した時に撮ったに違いない写真で、俺の後輩で、彼女とは同い年になるある男性社員と仲良く肩を組んで。

あれだけLINEでやり取りしてたのに、そいつの話など一切聞いたこともなかった。

しかも、台湾には女友達と行くと俺には言っていたのに・・・

そう言えば最近彼女は俺からメッセージを送らない限り、メッセージを送ってくることはなくなっていた。

ショックで、その日は自分ちに帰ってから枕に涙を大量に染み込ませた。挙句、次の日は仮病で休んだ。

それでも彼女心配の一つ、メッセージもよこさなかった。

さすがに仕事は1日しか休むことはできず、その次の日出社して彼女と顔をあわせることになったけど、彼女視線を送ることなしに挨拶するのがやっと。

仕事上止むを得ず彼女とやりとりせざるを得ないこともあったが、俺はほとんどそれを部下に仲介してもらった。

会話しなくなって三日ほど経ってから彼女からLINE

「今まで黙ってましたが、二ヶ月後結婚することになりました」って。

「お幸せに」と返事するのがやっとで、多分そこまで一時間くらいずっと俺は固まっていた。

こんな辛い失恋人生初めてだ。

多分、彼女は俺の好意に薄々気付いていたんだと思う。一言もそのことを話さなかったなんて、しか台湾旅行相手について嘘ついたりして。

聞いた話じゃ、彼女会社結婚しても当分辞めるつもりはないそうだし、今後も毎日顔を合わせなきゃならないなんて地獄だ。

そのうち、後輩と彼女は堂々と交際してるように振る舞うだろうし・・・

生きていたくないくらい辛い。

https://anond.hatelabo.jp/20170621022317

彼氏いるから気軽に言ってるだけで、好意があるのは本当だと思うよ。見た目が好みで眼福か、もしくは性格キャラクターが良いんじゃない?

増田さんのファンなんです」とか「わたし増田さんのこと好きなんですよ」とか女の子に言われることは多いけれど、そういう人に限って彼氏がいるのは何なのだろう。

言われると相手のことが気になり始めて何かいいかもと思って、しかし実は彼氏がいることを知って落ち込む、ということをよく繰り返している気がする。

本当に良いなと思われていたら、そもそも直接そんなことは言われないのだろう。

しかしそうするとどこで好意の有無を判断すれば良いのだろうか。最早よくわからないでいる。

2017-06-20

どこから浮気なのか

同棲している彼氏がいる。

生活教育に対する価値観がぴったりで、ずっと一緒にいても大丈夫だと思える人なので、結婚するつもりでいるし、お互いにそう話している。

ただ、彼は内気で、勉強家・読書家なのもあって、休日はあまり出かけない。見聞を広げることは好きなので、日本の伝統芸能に纏わる場所や何かの体験などへは一ヶ月に一度くらいは行く。

出かけるとき食事は、社会経験として、有名店へ足を運ぶ。しかエスコートだとかそういった概念が彼にはないので、私が予約し、私が先に店に入る。彼がそういう人だと分かった上で付き合っているから、彼にそういうことは求めていない。

一方で私は非常にアクティブで、基本休日は家にいない。彼氏は付き合ってくれないので、友達と遊んでいる。

この間プチ同窓会があり、昔私のことを好いていてくれた男友達と久々に会った。

再び好感を持ってくれたようで、会中にもさりげなく気遣ってくれ、終わった後もよく連絡が来るようになった。電話をしている時に今後やりたいことの話になったのだが、お互いの興味関心がほぼ一致していてびっくりした。あれよあれよと、一緒に出かける約束複数取り付けた。

友達EXILEっぽい雰囲気のいわゆるイケメンだがその分女の人の扱いに長けており(西野カナトリセツのような女の子かわいいと言っていた。私は全く逆ベクトルである)、収入が高いようで、基本的に私にお金は出させない。

趣味の一致、女性としてのエスコート、どちらも彼氏には要求できないもので、とても魅力的に感じている。

なお、体の関係はない。私が望めば今後はわからない。

正直、理想の展開だ。

まっすぐ自分の道を見ている職人気質の彼と何が起こるかわからないワクワクの人生を一緒に生きていくことと、一方で人生経験を豊かにさせてくれる男友達時間を過ごし女として美しくいようと思い続けられること、どちらも得られているのだ。

問題はこれが彼氏に許されることなのかということだ。浮気は体の関係からというのが彼氏との共通認識だ。よく恋愛心理学の話なんかでも、女は心の浮気が許せず、男は体の浮気が許せないと聞くし、2人の間の共通認識も踏まえて一応浮気ではないと思っているが、男友達へは恋愛感情としての好意を抱いている(男として見た目が魅力的なんだと思う)のも事実である。でも彼氏と別れてまで男友達と付き合おうとは一切思わない。

今後もきっと、このことを彼氏には隠し、男友達とはどちらかが飽きるまでこの関係性は続くだろう。

二兎追うものは一兎も得ず的な展開にならないことだけを祈る。

大学時代モテる方ではなかったけれどだからといって誰でもと付き合えればいい、とかは思わなかった。

好意を寄せてきた雑魚サブカルの態度が、人間としてあまりにひどかったからだ。

あの雑魚サブカルのおかげで、無理して交際相手を見つけなくても良い、気のあう人とじっくり高裁できれば良い、という視座に立つことができた。

2017-06-15

https://anond.hatelabo.jp/20170615003042

id:qbg

もっとロリコン一般化すれば良いのに。同性愛が良いならロリコンも良いだろう。

言うまでもないが、ロリコン同性愛と違って三次元では合法的には成立し得ない性愛の形なので嫌悪されやすいし嫌われやすい。

同性愛相手気持ちに応えてくれれば成立するが、小児性愛はたとえ相手から好意を持ってくれたとしても手を出したら犯罪しかならない。

相手が成長することを待つこともできない。それは性愛対象から外れてしまうからだ。

から三次元において手を出さない限り、小児性愛者というのは決して叶わない業を背負った気の毒な存在でもあるはずなのだ

が、世間では子供性的な害を及ぼす愚か者が後を絶たないため、犯罪予備軍のように扱われてしまいがちだ。

また、そのように子供に害を及ぼすものが必ずしも小児性愛であるとは限らず、単に弱者をいたぶりたいとか、成人には相手にされないから都合の良い代替として子供を選んでるケースもある。

だが、世間が見る目は皆一緒くたで「ロリコン犯罪者」として扱われる。

まり、何が言いたいかというと、ロリコンカルチャーとして一般化することはないだろうということだ。

2017-06-14

処女を求める男」と「童貞を求める女」の性非対称性みたいな

https://anond.hatelabo.jp/20170612021707

これで「童貞を求める女を不快に思わないの?」みたく意見してる方がぽつぽつ見られたのですが

まあ気持ちはよく分かるのですが、「処女性を求める男」が女性にとって不快なのに比べて

童貞性を求める女」は男にとってあん不快にはならんと思うのですよね。

いや「歓迎!ウェルカム!Foo!」とは行かなくとも「絶対イヤァ!拒絶ぅ!」とまで行くのは少数と思うのです。

女性は実際に処女な方も非処女な方も関係なく概ね「処女を求める男はイヤ」なのに比べて

男は実際に童貞なヤツも、もしかしたらそれなりに女性経験ある…いや、もしかしたら超絶ヤリチンですら?「童貞を求める女」はウェルカムなのではないかと。

理由はまあ「リアリティ」「エンカウント率」の問題でしょうね。

女性にとって「処女性を求める男」というのは一定確率で「エンカウントしてしま存在」であって(いや男の俺には実感は湧かないが、そうなんでしょう、知らんけど)

からこそ「実在感あるリアリティ」を感じて、「恐怖の対象」たりうる。

しかしその一方で「童貞性を求める女」というのは、正直全くリアリティがない。勿論そんなヤツぁこの地球上に一人もいるわけねぇとまで言う気はありませんが、エンカウント率はツチノコレベルで低い。都市伝説じゃねぇの?と思えてしまう。

まり実在感ないファンタジー」としか思えず「恐怖の対象」たり得ない。

しろ「憧れの対象」とすら思えてしまう。

出くわすことが無いのだからいくらでも妄想は膨らむ。(ビッチ童貞おっさんを優しく筆おろし~的なエロ漫画多いし)

(…ああ、「美人局」「高価な壺の押し売り」とかの危惧から来る恐怖はあるなw

でもそれは「好意を騙られたことへの恐怖」であって「童貞性を求められる恐怖」ではないw)

から大体の男にとっては「童貞を求める女を不快に思わないの?」と聞かれたら、平均して「いやぁ~ウェルカムウェルカムっすよ~wwwうひょ~~ww」なのではないかな、と。

まあ他の要因としては「童貞バカにされることに被害者意識を感じるなんて女々しくて情けない」という規範

転じて「童貞を求められるなんてむしろラッキーと思わなきゃならん」となってしまったとか、

或いは「女性から求められるならどんな好意であろうと受け止めな男じゃねぇ!」みたいな感情もあるんかな。

まあ何にせよ、男社会的価値観内面化なんですかね。

ああなんとなくたった今、「女性経験関係なく精神的に非処女、男は経験関係なく精神的に童貞」って言葉を思いつきました。

いや思いついただけだけど。

2017-06-13

女性情報閲覧しストーカー市職員懲戒免職

熊本県荒尾市は13日、住民情報システムで同僚の女性個人情報を閲覧し、ストーカー行為をしたなどとして、総務課の 浦 明徳・副主任(33)を12日付で懲戒免職にしたと発表した。

 市によると、浦副主任福祉課で勤務していた2015年7月、市役所住民情報システム不正に利用し、女性の住所など個人情報を閲覧。16年9月頃から女性の車に全地球測位システムGPS)端末を取り付け、外出先でつきまとったり、髪を触ったりした。

 今年1月、女性上司に報告して発覚。通報を受けた県警荒尾署が同3月、浦副主任に警告した。その後の市の調査で、浦副主任が、女性を含む男女48人分の職員個人情報業務パソコンに保存していたこともわかった。浦副主任は「女性好意を持っていた」と話しているという。

https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20170613-567-OYT1T50133.html

2017-06-12

夫婦間の性欲差に関する考察ではない何か。

 エロいのはあんまり好きではない。

 ように見えるけど、実は結構好き。

 Mっけがある。

 

 高校くらいの時は結構な潔癖さで、普通の異性から好意ちょっと苦手であった。

 大学女子大だったので、ほぼ異性の交流はなく、ただ、今の旦那と付き合ってた。(ええと、高校の時、先輩(女)の彼の遊び仲間だった感じ【表向きの説明】 実際は、高校の時、オタ部で、先輩(女)がTPRGやってて、誘われて、一回もセッションせずに、チャットばっかやってたっていう。)

 その時も相当な潔癖さで、しょっちゅうその辺でケンカしてた。というか、今でも、ケンカの原因はだいたいその辺くらいしかない。

 

『男女間の性欲差』

 

 当時はぷち遠距離恋愛だったので、会うのは、大体月1くらい。

 旦那の方からすれば、やるもんだと思って会うわけじゃん? けど、生理とかだったりすると、ちょっと戸惑うわけよー。布団も汚れるしさー。みたいな感じだとさー 帰りの車はちょー相手無言で怒ってるのよー。怒ってる? って聞いても、別に、みたいな。そのうち、だんだん、こっちもイライラするわけよー。しょーがないじゃん! って。

 

 以上の例から「する愛」と「しない愛」があるということが言えると思う。

 求める時にするのも愛だけど、我慢してもらうのも愛だと思う。

 当時はしない方が愛だと思ってたのよね…。そういう時は、する愛を強要されるのはなんてひどいやつだー と思ってたわけさ。

 きっと逆の立場で、全く同じことを思ってたんだと思うけど。

 

 今はこっちからしよーとすることもある。

 というか、そういう逃げ道を作ってくれたのかもなぁと。

 向こうがしたい時でも、こっちからみたいな風に見せてくれて、

 欲がある自分を見つけてくれた的な?

 どっちからかなんてわかんないよね的な?

 

 ただ、今もちょっと潔癖さもあって

 そういう自分でいたいのもあって

 IDでも記名にせずに、匿名にしてしまうような

 エロいヤツ読むのもこっそり読んでたりするみたいな

 エロいのは引かれるんじゃないかとか思ったり、

 でも認めてもらえるかなぁと思うのも半分。

 

 こんな面倒な自分を認めてくれるのも愛だし、

 相手わがままを受け入れるのもまた愛だよなと。

 

 するべきとかするべきでないとか、やりたいとかしたくないとか決めつけずに、

 しよーよ! やだよー! ってお互いのわがままを言い合うのがまた愛なのかもと。

 10回のうち5回は聞くから10回のうち7回はわがまま聞いて!

 いっぱい聞いて! 大好き!

幼馴染を開放したい

当方27歳女。

相手27歳(数え)男。

同級生小学一年生からの幼馴染である

その昔いにしえの小学生時代クラスの連中から冷やかされるようなあまずっぱい関係だった。

わたしはその頃の気持ちがずーっと忘れられず、中学に上がり彼に彼女ができても、高校に上がり彼と進路を別っても、大学に上がってお酒やいろんな楽しいコトを覚えても、心の片隅に居座る消えない懸想に引きずられて生きてきた。

卒業後も、彼の誕生日は毎年メールを送った。たまにクラス同窓会では顔を合わせた。それだけのかすかなつながりの中でも好意が薄らぐことはないどころか日増しに増していった。きっとこの人以外に心奪われることはない、そういう人生なんだろうと開き直っていた。われながらアホすぎる青春の浪費である

そんな彼と、就職後に再会した。

お互い就職した業界が偶然にも近かった。そのことを人づてに知ったわたしは、それを口実に彼を夕食に誘った。

そしてその晩、初めて彼に抱かれた。

ここまでド純情っぽい文章を書いておいてなんだが、彼以外に恋できない人生だと開き直ってからは、わたしも相当奔放に生きてきた。来る者拒まず去る者追わず。どうせ心から求める人とできないなら同じことだと。そういう欲望が強いという自覚もある。

彼を夕食に誘ったのもそういう下心込みだったので、うまく誘って結果としては上々だった。

でもこの晩ばかりは、(この人とこうできるとわかっていたら、とっておいたのにな)と感傷的になって少し泣いた。

まりにもピュアな長年の片思いと、心を置き去りにした奔放な生活アンバランスさに、すっかり疲弊していると自覚したのもこの時だった。

それからもう4年になるけど、相変わらずわたしたちは抱き合っている。

この4年間で、ただ漠然と思い続けていた17年間とは比べ物にならないほど彼と対話し彼を知った。

進路を別ってからのこと。ずっと執着心にも似た恋心を抱き続けてきたのに、知らないことばかりだった(当たり前だけど)。

就職してからのこと。職場のこと。業務のこと。心のこと。

うれしいことや悔しいこと、悲しいことがあったら自然に飲みにでかけた。

たからみてると危なっかしいくらいの彼の仕事への愚直さに、改めて惚れた。

この四年間の間にわたしは随分強くなった。

心と身体乖離へのジレンマから解放された。

私を縛り付けていた偶像片思いは消えた。

今まで注ぎたくて仕方がなかった行き場のない愛情を、他でもない彼に(曲がりなりにではあれど)そそぐことができた。

今まで空想し続けた彼の声を聴くことができた。触れることもできた。

それだけのことに相当癒された。

彼には感謝してる。

このまま永遠にそばにいてほしい。

だけどそろそろ彼を開放してあげたい。

世界一好き。

だけどそれだけで引き止めるわけにはいかない。

実は四年間の間にも、彼はなんども別れようとしたり迷ったりを繰り返していた。

一年近く会わない期間もあった。

いつも結局、惰性だか怠慢だかわたしに根負けしたんだか、最後のところでわたしのところに戻ってきてくれたけれど。

彼はきっと、今後もわたしを拒絶はしないけれど、わたしを選ぶこともない。

今夜、ずっと避けてきたその"本題"について話すつもり。

結婚交際が男女のすべてじゃないとはわたしも思う。

いやそう自分に言い聞かせて生きてきたけど、この春27歳になって、綺麗ごとも言ってられなくなってきた。

わたしが27歳ということは、彼ももうじき27歳。

わたしはこのまま売れ残るけど、彼はまだ間に合う。

からでも、20代のお嫁さんと、彼が30歳になるまでに結婚できる。

彼はだらしがなくて優しいから、わたしが終わりにしてあげる。

それが、わたしが彼に唯一してあげられることなんだよね。

2017-06-11

なんていうか、まとまってなくてすみません。(30歳女)

立て続けに3つ下の後輩の結婚式に呼ばれ、高校からの一番の友達から結婚報告をされた。

結婚けが全てじゃないけど、なんだか結婚できない(だけでなくパートナーもいない)自分がすごく残念な人に感じる。

結婚すると、人生は違うステージになって、子どもが生まれるとまた違うステージに移る。

そのステージに上がれない、経験できない自分は置いて行かれたような気持ちになる。

それでも、そもそも結婚したいのかしたくないのかも分からない。

結婚したいかからないのは、わたし恋愛経験ゼロからだ、と思う。

学生時代勉強して、部活して、自分でいうのもなんだけどかなり真面目だったと思う。いわゆる優等生タイプ

社会人になってからは人が知ってるような会社に入って、仕事して、仕事して、友達と遊んで、普通に真面目に過ごして来た。

気づいたら色恋沙汰は全くなかった。

正直全く美人でもないし、可愛くもないし、スタイルも良くない。

甘えるのも苦手だし、なんでも一人でやろうとするし、自分の事を話すのは苦手だ。

誰かから好意を寄せられたこともなく、

誰かに好意を寄せたこともない。

真面目に生きて来たけど、真面目だけじゃ駄目なんだなー。

仕事だったらなんとか上手くやるのになー。

恋愛がわからないのに、すっ飛ばし結婚したいか、なんて考えてるから余計迷子なんだろうか。

でも恋愛だけで悩む歳は過ぎていて、恋愛結婚はセットだ。

何事も段取りよく進められるようになるには、経験だと思う。

30歳過ぎて経験がないもの対処するのは簡単でない。

やっぱり、結婚したいか、分からない。

生活には困っていない。

ありがたいことに、男性並み以上の給料は頂いている。男性と同じように働いて、それなりの評価も貰っている。

自分の好きなものは気兼ねなく買えるし、ちょっと贅沢もできる。

まだ独身友達と一緒に、旅行に行って、飲みに行って、自分時間謳歌できる。

一方で、会うたびに年齢を重ねていく田舎の両親や一人で歩くお年寄り笑顔の溢れる行き交う家族カップルを見ていると

このまま誰も頼る人がおらず、老いていくのはつらいんじゃないかと思う。

それでも、結婚したいか、分からない。

子どもが欲しい!っていうのも強く思わないからかな。

子どもが欲しいなら自ずとリミットがあるから

と、そんなこんなで、悩んでいてもしょうがない、行動すべきと考えて、ここ1ヶ月ほど週1回の婚活パーティー参加を義務化した。

友達からは「どんな人でも3回はデートすること」っていう格言をもらったけど、3回はおろか1人の人と1回しかデートしなかった。

なんていうか、私が人と付き合っていく、結婚できるイメージが湧かない。

次回のパーティを予約しようとして、もしかして私はパーティなんかでなんとかできる人間じゃなくて、相談所に行かなきゃいけない部類の人間じゃないかって思った。

それか、老後の蓄えを始めた方がいいんだろうか。

結婚したいか、分からない。

2017-06-10

結婚したいか?と問われると

明確に「したい」とは言えない、37歳独身婚歴なし男である

結婚する前に、「恋愛」といっていいのだろうか?

自分から好きになった相手を振り向かせたい」

である

単に口説き落とすまでの過程を楽しむだけとは明らかに違う。

(その違いを第三者にわかるように言語化ができない…)

行き着く先は恋愛でも結婚でもどちらでもいいので、とにかく「自分から好きになった相手」だということが重要なのである

今まで相手から好きになってくれて始まった恋愛はあったが、自分から好きになって始まった恋愛はなかった。

しかも、「相手から好きになった」というのも、何らかの理由で、または偶然相手自発的好意を向けてくれただけで、自分が何かして「好意を抱かせた」わけではない。

せっかく好意を持ってくれた相手に対して極めて失礼だが、別段何とも思っていなかった相手から好意を寄せられても、さして気持ちも盛り上がらず、付き合い始めたとしてもほどなくして終わっていくだけだった。

自分としては何も満たされることはなかった。

最初の問いに戻って。

「単に結婚したいわけじゃない。自分が『この人!』と思った人と結婚したい。そうでなければ結婚する意味はない」というのが正確な回答か。

贅沢な願いといわれるだろうか?

ただ、恋愛はともかく結婚という人生の重大イベントともなれば、自分から好きになった相手を振り向かせて気持ちの盛り上がり最高潮!!くらいでなければ、結婚しようというモチベーションにはなり得ないと思う。

よしんば結婚しても、これまでの恋愛経験と同じくほどなくして熱が冷めてしまい、関係継続が困難になるであろうことが容易に想像できる。

とりあえず自分の魅力になりそうなことをどんどんやってみることにする。

筋トレ(もうやってる)、仕事(もうやってる)、料理(これから)、貯金(これから)。

2017-06-09

人の心とはメタフィクションではないのだろうか

人間の感じる感覚感情の大部分は、肉体を生き延びさせるために流される電気信号しかない。

それらに対して好意嫌悪感を示すべきは、本来本能であって心ではなかったはずだが、いつからか人は心を中心として電気信号を感じとるようになっていった。

そして、「何故自分は生きるのか」「何故苦しまなければいけないのか」という悩みを持つようになった。

元々、人の感情というものは、肉体を上手く動かすための道標であり、いわば作り話、フィクションにすぎない。

その事実に半ば気づきながら、その事への決定的な言及を避けるようにしながらも、己の存在に思い悩む人の心のありようは、さながらメタフィクションの如きである

2017-06-08

察しのいい女

1

「起きろーー!」

 

娘の声に促されて1階に降りると、

夫が朝食を用意してくれていた。

十八番スフレオムレツに、

ベーコンレタストマトトースト

目覚まし代わりに

淹れたてのコーヒーをすする。

今日休みなんだっけ?」

「そ。ぽっかりスケジュールが空いてね。

ま、いーかって。ジム行くことにした」

 

スポーツバッグを抱えて玄関を出て、

ジムへ向かう道……、から

途中で逸れて駅へ。

跨線橋階段から最も遠い位置電車を待ち、

人もまばらな車両に乗り込んで、

ポーチを取り出す。

車内で化粧するという行為を、

昔は全く理解できなかったけれど、

今は、その理由の一つだけは分かるようになった。

 

太陽から隔絶された数時間を先輩と過ごし、

駅ビル寿司屋へ。

カウンターに並んで座り、

刺身つまみビールグラスを傾けながら、

先輩の変わらぬ……少し変わったかな?……横顔を見て、

人生面白いと、改めて思う。

 

先輩と夫とは、大学からの友人で、

私との出会いも同時。

2人でペアになって、私をサークル勧誘したときだ。

積極的アプローチしてきた夫とは対照的に、

先輩はそのときも、その後も、

一歩引いた位置にいた。

何事も控えめで真面目で、

友情を何よりも大事にする先輩に、

形にならない感情を抱いてはいたが、

私は分かりやす好意を向けてくれる夫を選んだ。

 

 

2

二年前。

「アイツのことで、内緒で、ちょっと話したいことが」

そんなふうに誘っておきながら、

幾度かの催促にも言葉を濁す先輩に疑念を感じ、

バーを出た後、その汗ばんだ手が、

探るように、私の手に触れたことで

ますます強まったが、

そのとき不意に、先輩の態度と、

私がかねてより持っていたいくつかの疑問とに対し、

その全てに回答を与えてくれる、一つの仮説を思い付いた。

 

友情大事にする先輩が夫を裏切ろうとするのは、夫への友情を失ったから。

夫を見限ったのは、夫が見限られることをしたから。

見限られることとは、私が漠然と感じていた、女の影。

話そうとしたのは、その核心的な証拠

話せなかったのは、決定的なトリガーを引くことへのためらい。

そして、先輩が昔から私に向けていた、感情のありか。

なるほど。

 

「これは面白いことになりました」

つい口をついた、場違いな私の言葉に、戸惑い、慌てて引っ込めようとする、

その汗ばんだ手を、強く握り返した。

(そういうのって、もっとずっと早い方がよかったと思いますよ、先輩。

でも、奥さまや息子さんのこと、いいんですか?

ま、いいんでしょうし、いいんですけど)

  

  

3

スーパーサーモンの切り身とほうれんそう

その他少々の野菜

牛乳ベーコンを購入して帰宅

娘はまだ友だちとの買い物を楽しんでいるのだろう。

夫もどこかへ出掛けたようだ。

テレビの音声を聞きながら

夕ご飯の下ごしらえをしているうちに、

娘と夫が次々に帰ってきた。

 

食後、娘が買ってきた服を、

ファッションショーのように

次々に着替えて見せてくれる。

その姿を見ていたら、

昨日、衣装合わせをしたカップルの、

華やかで美しく、それでいて

明るくて気さくな女性のことを思い出した。

男性会社の後輩だといっていた。

彼は職場でさぞうらやましがられていることだろう。

 

夫も娘も早々に入浴し、自分の部屋に引っ込んでいった。

私は一人キッチン食器を洗い、

ひとしきりリビングを片付け、お風呂場へ。

入浴後、浴室の床と排水口を軽く流し、

起きたらすぐ干せるようにと、

2人が脱ぎ捨てた衣類に、私のものを合わせて

洗濯機に入れようとしたら、洗濯槽に水が張られていた。

私は少しだけ考えてから、それを排水し、

リビングの端に立て掛けていたスポーツバッグの中から

れいに折りたたまれていたウェアを取り出して、

ほかの衣類ともども洗濯機に放り込んで予約ボタンを押した。

奢りに関する私の「常識」が間違っていたんかなぁ

愛情=カネ』という女性が予想を遙かに超え世間にたくさんいて辛い

http://anond.hatelabo.jp/20170605190352

↑の元増田だけど。

まぁなんか、私の「常識」が間違っていたんかなぁ、と思った。

私の友人には、カネがある人も、ない人もいる。

収入差の問題で、友人たちと同じ事を楽しめなかったりするのは嫌だから、持っている人間は、持っていない人間にそれに応じて多く出してやる。

こうした感覚は私もよく解かるし、元記事に書いたように、実践もしている。


しかしそれは、あくまで奢る側の好意である

それを期待したり、当たり前のことだと思うのは、端的に言って乞食であり、ひどく浅ましい行為だと思う。

そうしたことを、私は期待しない。年上だろうと目上の人間だろうと富豪だろうと異性だろうと、誰にも期待しない。

奢っていただいた時は感謝しながらありがたく頂戴するが、それが当たり前のことだなどとは、決して思わない。


「奢られなかったこと」に失望して私から去っていった女性たちは、当然、私から奢られることを、当たり前のこととして期待していたわけだ(でなければ失望はしない)。

彼女たちは、自分たち乞食行為が恥ずかしくないのだろうか?と私は思うが、

彼女たちからしてみれば、「年上なのに目下の人間に奢らない、見栄を張ろうとしないことを、増田は男として恥ずかしいと思わないのか?」ということらしい(実際、LINEでこう言われた)。

はぁ、見栄を張ってことさら自分を誇示することこそ、醜くて恥ずかしい行為だと私は感じるんですが。


私がこれまで持っていた「常識」は、↑に書いたようなもので、世間の大多数も同じような考えを持っていると思っていた。

しかし、リア友ブコメの反応を見る限り、それは思い違いだったようだ。

年上の人間は、目下の人間に奢る。それが当たり前。目下に奢らない人間は、ケチで恥ずかしい人間。これが世間の「常識」らしい。


私の「常識」と世間の「常識」は、いつごろからズレてしまっていたのだろう?

私が若かったころ、少なくとも30歳ごろまでは、周囲の人間も同じ感覚を共有していたような気がする。


つまるところ、いつの間にやら私にも、「年配男性」としての社会的役割が、年齢相応に期待されるようになっていた、ということなのだろう。

女性は「性的であること」を、好む好まずに関わらず、ジェンダーとして若いうちから社会的に期待されている。

男性が「経済力」を、好む好まずに関わらず、ジェンダーとして社会的に期待されるようになるのが、35歳ごろからだということなのかも知れない。

正直、しんどい自分価値観と、社会から求められる価値観との軋轢に苦しむことはこれまでの人生で何度もあったけれど、このふたつがここまで食い違っているのも珍しい。

社会の「常識」は、私の感覚ではひどく見苦しいものとして映る。


まぁ、社会の「常識」は、理解した。あとはこれに乗るか反るか、身の振り方を、しばらく考えてみようと思う。


(つづく)

・『面喰い』という病

http://anond.hatelabo.jp/20170608152813

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん