「被害者」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 被害者とは

2019-03-24

anond:20190324040152

まーん呼びするような連中がクソなのは同意だけど、「俺はしてなかったって言うけど傍観してたよね」って話、自分自身に帰ってきませんか?

あたしらは被害者から可愛そうけど男オタク加害者かそれに加担した人たちなのだからフェミから攻撃キモオタ揶揄されてるのは仕方ないか傍観しててもいいしなんなら自分攻撃していいって話なんですかね?

んじゃ女オタクや女がバカにされるのも傍観者だから仕方ないよね、同じ意識で男オタクが女オタクバカにするのも仕方ないよねで済まされるんじゃないか

乳袋バカにされんなら受けのメス寄りメンタル経験なのにガバアナルバカにされて当然だろ

anond:20190324205011

自分を好いてくれるは男女関係ない

DV被害者の女とかもろそれだし

承認欲求つよい

Twitterトラブル

ゲームを1年半やってた。

全然うまくならないけれどTwitterでつながりでフレンドがちょっとずつ増えてボイチャしたりDMで中若男女ワイワイたのしくやってた。

オフ会みたいなのにも参加して、そのゲーム以外に他のゲームをやったりするフレンドも増えて、ともかく毎日お気楽ゲームしていた。

ある日フレンドのフレンドつながりでフォローした人が「年いくつ?」ってきいてきた。その時点で?って思ったんだけど普段からタメ語なのかな?と思いつつ答えてしまった。これがやばかった。とんでもない地雷だった。

結果的相手は異性の学生だったんだけど、めちゃくちゃDMが頻繁にくるようになって他のゲームをしたり寝ようとすると引き止められたりと、ちょっと鬱陶しいことになった。その子は同性より異性と遊ぶ方が好きらしく同性とは遊びたがらない。

一度、自分配偶者と一緒にやってるとき遊んだんだけど配偶者は「なんか礼儀がなってない子だね、嫌だ、自分はもうこの子とは遊ばないかな」って言われて今思うと配偶者の慧眼!ってかんじなんだけど「まあ相手子供だしな…」とイヤイヤながらも相手してた。今思うとするんじゃなかった。

自分の子供でも親戚でもなかったらほかの人に「年いくつ?」って聞きまくってるのを見て「そういう質問他人にしないほうがいいよ」とか思ってもいちいち注意しないじゃん。

家庭環境があまり良くないみたいで、いろいろ相談されて当たり障りのない対応してたつもりだったけど、どんどん距離詰めてきて怖くなってきた。

「なんか買ってよ」とかいうの。冗談でも不快だよね?

自分と同じく連絡の頻度に困ってた人に相談したら被害妄想全開で「なんで誘ってるのに二人で遊んでるんだ、自分を避けて二人でコソコソと自分の陰口をいっているだろ」って詰め寄ってきたり。周りを巻き込んでのゴタゴタしはじめた。

結局相互ブロックしたけど、事情を知らないフレンドに「仲良くしてたのにあいつらは急に自分に冷たくなって悪口をいって拒否された」とか言われてるだろうなっていうのヘコむ。まあ事実なんだけど被害者ぶるなよ。

また次のターゲット探しに行くんだろうけど。怖かった。距離感だいじ。

Twitterでのトラブル

ゲームを1年半やってた。

全然うまくならないけれどTwitterでつながりでフレンドがちょっとずつ増えてボイチャしたりDMで中若男女ワイワイたのしくやってた。

オフ会みたいなのにも参加して、そのゲーム以外に他のゲームをやったりするフレンドも増えて、ともかく毎日お気楽ゲームしていた。

ある日フレンドのフレンドつながりでフォローした人が「年いくつ?」ってきいてきた。その時点で?って思ったんだけど普段からタメ語なのかな?と思いつつ答えてしまった。これがやばかった。とんでもない地雷だった。

結果的相手は異性の学生だったんだけど、めちゃくちゃDMが頻繁にくるようになって他のゲームをしたり寝ようとすると引き止められたりと、ちょっと鬱陶しいことになった。その子は同性より異性と遊ぶ方が好きらしく同性とは遊びたがらない。一度、自分配偶者と一緒にやってるとき遊んだんだけど配偶者は「なんか礼儀がなってない子だね、嫌だ、自分はもうこの子とは遊ばないかな」って言われて今思うと配偶者の慧眼!ってかんじなんだけど「まあ相手子供だしな…」とイヤイヤながらも相手してた。今思うとするんじゃなかった。

自分の子供でも親戚でもなかったらほかの人に「年いくつ?」って聞きまくってるのを見て「そういう質問他人にしないほうがいいよ」とか思ってもいちいち注意しないじゃん。

家庭環境があまり良くないみたいで、いろいろ相談されて当たり障りのない対応してたつもりだったけど、どんどん距離詰めてきて怖くなってきた。

「なんか買ってよ」とかいうの。はあ?

自分と同じく連絡の頻度に困ってた人に相談したら被害妄想全開で「二人でコソコソと自分の陰口をいっているだろ」って詰め寄ってきたり。

「あの大人達が自分悪口を言っている」とか「しらばっくれんなよ?笑笑」とか周りを巻き込んでのゴタゴタしはじめた。

結局相互ブロックしたけど、事情を知らないフレンドに「仲良くしてたのにあいつらは急に自分に冷たくなって悪口をいって拒否された」とか言われてるだろうなっていうのヘコむ。まあ事実なんだけど被害者ぶるなよ。

また次のターゲット探しに行くんだろうけど。怖かった。距離感だいじ。

anond:20190324134639

ゲイから痴漢された友人にひどいこと言ってるのは自称フェミのクソ女ばっかりだったので、同性かどうかは関係ない。女が被害者ときだけ被害を誇張したがるバカがいるだけ。

anond:20190315125307

言いたいことは分かる。それに対して、よく言われる「差別区別の違い」を持ち出すのも、本当はやや卑怯だと思う。

もちろん、「明らかな差別」と「明らかに区別」なるものがあるのは事実として、単体では「どちらとも決めがたい」ものがあるのも事実だ。

そこ完全に線引きできないか議論が沸き起こるわけだしね。

そして、なかにはその境界曖昧さを利用して利得を得ようとする連中もいるから、ますます話が混乱する。

たとえばまんまと「被害者面」して「これは差別ではない、正当な区別です」とうたう差別者。

それからPC棒を振り回し他者に罪悪感をなすりつけることで「失われた」と称する自分権利を不当に拡大する反差別屋さん。

どっちもやってることは同じだ。境界曖昧さを利用して利得を得ようとしているに過ぎない。

そういう連中を見て増田が「あーめんどくせ」ってなるのも分からないではない。でも差別は不当だ。これは十回でも百回でも言っておく。なぜなら、差別という言葉定義が「合理的根拠のない不当な取り扱い」だからだよ。差別は不当だ。その概念運用問題があろうとも、差別正当化したり放置したりすることはできない。それは「正しくない」という意味ではない。差別は、何らかの方法によって必ず正されるものだ。それは決して放置「できない」「され得ない」ことなんだよ。

から最初の違いはこう言い換えられるべきかもしれない。放置しても何も起きないのが「区別」。それを正そうとする力が働くのが「差別」だ。差別放置することは、誰にとっても利がない。そこに判断を下すのは、人間ではなく「歴史」なのかもしれない。

anond:20190323221439

からよくよく考えたら、法律の方がおかしいなって奴を減刑してんのや。

道交法被害者いるようなやつは恩赦対象にならんし、選挙違反むちゃくちゃな捕まえかたしたって反省があるんじゃよ。

男性オタクに苛められてたこ絶対に忘れないから 追記

男性オタクってひとくくりにすると「俺なんもやってないもん!」な人が出てくると思う。

そうだね。でも傍観してたよね。

たしなめてる人見たことないよ。

もっともそんなことしても女認定されて取り合ってもらえなかったかな。

十年前のネット界隈は「男にあらずんば人にあらず」だった。

なに不自由なく伸び伸びできてた人達には私が感じた屈辱はわからないだろう。

美少女の乳揺れやロリエロネタは垂れ流されるのに、イケメンキャラへの称賛は罵られる。

書き込みが少しでも女っぽいと「女だろw」「くっさ」とまるでそれが悪いことかのように嘲られる。

美少女アニメが飽和してるなかで、ただ男キャラが二人並んでるだけの絵がでると「腐向けかよ」「女に媚びてる」「腐女子侵食された」と非難囂々。

少年漫画腐女子に駄目にされた! オタク文化は腐女子に駄目にされた! 女はなんでも男の後追い!って主張を真に受けて悲しくなってたけど、調べたらコミケは当初九割が女で、今もサークル側は女が多いらしいじゃん。

あと萌え絵って少女漫画の画風が元なんだってね。

後追いはどっちなんだか。

ニコニコ声優が映ってる動画があった。

男性声優が出てるときに「かっこいい」「かわいい」「○○さん」などのコメがあったが、「腐女子わきまえろ」「腐コメするな」と言われコメが減り謝罪する人もいた。

ところが女性声優が出たら「くぎゅゅゅゅゅゅゆう!」が画面を埋めつくし、誰も文句言わない。

唖然としたけどほかの動画でもいつもそんな感じだった。

個人サイトを漁ったりpixivゾーニングされてる作品を持ってきて笑い物にしたりもしてたよね。

BLだけじゃなくて女体化とか男体化とかのお遊びもキモイってこきおろしてたね。自分達がやってたクッパ姫とかは自画自賛してたのにね。

基本的に女は乙女ゲ好きだろうと腐女子だろうと攻撃されたけど、腐女子特に人間扱いされなかったから夢女子の人が「腐女子と一緒にしないで」って必死で言ってるのもよく見たな。

あと「この作品は確かに腐女子に人気があるけどあいつらイナゴから! ちゃんと熱い内容だから!」とか。

その一方で男オタクはどれだけ中身の薄い美少女アニメに熱狂しててもいいし、ロボットものなのにロボットそっちのけで女キャラの乳揺れに騒いでても文句言われない。

オタクアニメ映画試写会監督に「硬派な作品にしたかったのに女性がこんなに多いなんて残念」って言われたのに。

ずーっとずーっと理不尽な思いはしてきた。

直接男オタク粘着されたり痴漢されたりした人に比べたら私はまだ被害がないほうだけどね。

なんで同じオタクのはずなのに性別が違うだけでこんな馬鹿にされなくちゃいけないの?って悔しかった。

それでもオタク文化が好きだったし、最近は女がお金だすって起業がわかってきたからほんの少し扱いがましになった。

から普段はなんにも気にしてない顔でオタクやってる。

たださぁ、「男オタクは優しいのにモテない。女はわかってない」「腐女子他人事じゃないんだから表現規制に一緒に対抗しろ、仲間だろ?」とか言われると、「てめぇどの面下げて」って修羅の顔になっちゃうよね。

あいにく腐女子は隠れろ隠れろと言われ続けてきたのでゾーニングときでがたがた言う人の気持ちはわかりかねます

だって私、「原作好きな人捏造カプや18禁エロ見たら不快になるから隠そう」っていう腐女子界隈の理屈はまぁ納得してたもの

腹が立ったのは、男キャラ同士のハグ絵や笑いあってる絵、酷いときは男一人しか描かれてない絵に対し「腐向けキモイ」って大合唱する奴らと、そんなこと言っときながら美少女エロ絵はがんがん出してきて乳袋だのスジだのを喜んでる奴ら。

ダブスタも大概にしろや。

苛めてた方は覚えてないけど苛められてた方は覚えてるってよく言うよね。

君ら男性オタクは何故か自分迫害されてる立ち位置で言うけどね。

正直私がオタクになり始めた頃はもうオタクはそんな忌避される存在じゃなかったんだわ。

今となってはすっかり市民権を得てるのに相変わらず被害ぶって、そのくせ女への性器呼びも配慮なしエロ絵も女オタクミーハーっていう見下しも続けてる。

連帯なんて世迷いごとはクソみたいな界隈の風潮自浄してから言え。

そして二度とオタクは優しいなんて抜かすな。

>たしなめてきたわ の人

ありがとう

そりゃ中にはまともな人もいるよね。

できれば私もそういう人は傷つけたくない。

でもヤバい奴が多すぎてそれが当たり前の界隈になってるんだよ。

漫画家児童ボルノ所持で書類送検された時、ネタツイ大喜利ツイは万リツイートされてたけど苦言を呈した男性オタクツイートは300リツイートぐらいだった。

残念ながらまともな人は少数派だ。

>ネットオタクはなんでも攻撃する の人

そうだね。

大人しくしてるとつけあがるよね。

でも当時の腐女子は男同士でカップリングするのは悪いことだと思わされてたし、女がエロ扱うのは白い目で見られがち(さもなくば痴女扱いされがち)だから、後ろ暗い気持ちがあって反論できなかったんだろうね。女の方が外聞気にするし、自分が好きな作品自分のせいで貶されるの辛いし。

反撃すれば良かった?

かにね。男性オタクの好きな同人誌晒し馬鹿馬鹿しい誇張表現あげつらってクスクスやればよかったかもね。うわ全然楽しくなさそう。

理論的に反論? 「顔真っ赤w」「ま~ん」ってやられるのが落ちだよ。

ただまぁ私のように若い頃は悲しい思いを圧し殺してオタクやってたけど段々成長して「あれやっぱおかしかったよね!」ってなる女オタク一定数います

そういう人たちがツイッターとかで今変なことを指摘しているわけ。

フェミ系のアカウントアニメ絵アイコンにしてる人が多いのはそういうことだよ。

なーにが「フェミオタクを憎んでる」じゃ。こっちもバリバリオタク文句あるか。

2019-03-23

悪名高き高輪グリーンマンション事件最高裁判決

 日本刑事司法お祭り騒ぎ状態でまだまだ完璧にやらないといけない時代で、警察官の有形力の行使方法に関する判断基準定型的だが、結論としては、法廷意見が、昭和オヤジ警察官に有利に扱っていて調子に乗っていた時代

任意捜査においては、強制手段、すなわち、「個人意思を抑圧し、身体、住居、財産等に制約を加えて強制的捜査目的を実現する行為など、特別根拠規定がなければ許容することが相当でない手段」(最高裁昭和五〇年(あ)第一四六号同五一年三月一六日第三小法廷決定・刑集三〇巻二号一八七頁参照)を用いることが許されないということはいうまでもないが、任意捜査の一環としての被疑者に対する取調べは、右のような強制手段によることができないというだけでなく、さらに、事案の性質被疑者に対する容疑の程度、被疑者の態度等諸般の事情を勘案して、社会通念上相当と認められる方法ないし様態及び限度において、許容されるものと解すべきである。」

 という判断基準は、実に完璧主義で、定型的であり、やる気は感じられるが、趣味は感じられない。

 補足意見で別の裁判官が、任意捜査としてはやりすぎで違法という冷静な意見を述べたが、当時の興奮した最高裁では採用されず、警察官を勝たせる意見法廷意見採用された。このように、一種興奮しすぎた権力実態が横行していた時代であったが、昭和60年に、昭和オヤジの機長が起こした日航機墜落事件が発生した。

 このような興奮しすぎて、判断基準定型化していた当時の権力状況と、何か関係があるのだろうか。

S59.02.29 第二小法廷・決定 昭和57(あ)301 殺人(第38巻3号479頁)(高輪グリーンマンション事件

主    文

     本件上告を棄却する。

     当審における未決勾留日数中六〇〇日を本刑に算入する。

         

理    由

 一 弁護人加藤満生、同猪狩庸祐、同沼尾雅徳(以下「弁護人ら」という。)の上告趣意第一点の一のうち、判例違反をいう点は、所論引用判例は非供述証拠に関するものであつて事案を異にし本件に適切でなく、その余は、憲法一条、三三条、三四条、三八条違反をいう点を含め、また、被告人本人の上告趣意第一第一ないし第五の、被告人に対する取調手続違法理由として憲法三条、一八条、三一条、三三条、三四条違反をいう点は、いずれも実質は単なる法令違反の主張であつて、すべて適法な上告理由にあたらない。(職権判断

 1 第一審判決及び原判決認定するところに記録を併せると、被告人に対する本件取調べの経過及び状況は、おおむね次のとおりである

 (1) 昭和五二年五月一八日、東京都港区ab丁目c番d号eマンシヨンf号室の本件被害者A方において、被害者が何者かによつて殺害されているのが被害者の勤め先の者によつて発見され、同人通報により殺人事件として直ちに捜査が開始され、警視庁捜査一課強行犯二係を中心とする捜査本部が所轄の高輪警察署に設置された。犯行現場の状況等から犯人被害者と面識のある者との見通しのもとに被害者生前の交友関係を中心に捜査が進められ、かつて被害者同棲したことのある被告人もその対象となつていたところ、同月二〇日、被告人は自ら高輪警察署に出頭し、本件犯行当時アリハイがある旨の弁明をしたが、裏付捜査の結果右アリバイの主張が虚偽であることが判明し、被告人に対する容疑が強まつたところから、同年六月七日早朝、捜査官四名が東京都大田区gh丁目i番j号所在のB荘(被告人の勤め先の独身寮)の被告人の居室に赴き、本件の有力容疑者として被告人任意同行を求め、被告人がこれに応じたので、右捜査官らは、被告人を同署の自動車に同乗させて同署に同行した。

 (2) 捜査官らは、被告人の承諾のもとに被告人警視庁同道した上、同日午前九時半ころから時間余にわたつてボリグラフ検査を受けさせた後、高輪警察署に連れ戻り、同署四階の三・三平メートルくらいの広さの調べ室において、一名(巡査部長)が主になり、同室入口付近等に一ないし二名捜査官を立ち会わせて被告人を取り調べ、右アリバイの点などを追及したところ、同日午後一〇時ころに至つて被告人は本件犯行を認めるに至つた。

 (3) そこで、捜査官らは、被告人に本件犯行についての自白を内容とする答申書を作成させ、同日午後一一時すぎには一応の取調べを終えたが、被告人からの申出もあつて、高輪警察署長宛の「私は高輪警察署でAさんをころした事について申し上げましたが、明日さらにくわしく説明します。今日は私としても寮に帰るのはいやなのでどこかの旅館に泊めて致だきたいと思います。」と記載した答申書を作成提出させて、同署近くのCの宿泊施設被告人宿泊させ、捜査官四、五名も同宿し、うち一名は被告人の室の隣室に泊り込むなどして被告人挙動監視した。

 (4) 翌六月八日朝、捜査官らは、自動車被告人を迎えに行き、朝から午後一一時ころに至るまで高輪警察署の前記調べ室で被告人を取り調べ、同夜も被告人帰宅を望まないということで、捜査官らが手配して自動車被告人を同署からほど近いホテルDに送り届けて同所に宿泊させ、翌九日以降も同様の取調べをし、同夜及び同月一〇日の夜はEホテル宿泊させ、右各夜ともホテルの周辺に捜査官が張り込み被告人の動静を監視した。なお、右宿泊代金については、同月七日から九日までの分は警察において支払い、同月一〇日の分のみ被告人に支払わせた。

 (5) このようにして、同月一一日まで被告人に対する取調べを続行し、この間、前記二通の答申書のほか、同月八日付で自白を内容とする供述調書及び答申書、同月九日付で心境等を内容とする答申書、同月一〇日付で犯行状況についての自白を内容とする供述調書が作成され、同月一一日には、否認供述調書(参考人調書)が作成された。

 (6) 捜査官らは、被告人から右のような本件犯行についての自白を得たものの、決め手となる証拠が十分でなかつたことなどから被告人逮捕することなく、同月一一日午後三時ころ、山梨市から被告人を迎えに来た被告人の実母らと帰郷させたが、その際、右実母から「右の者御署に於て殺人被疑事件につき御取調中のところ今回私に対して身柄引渡下され正に申しうけました」旨記載した高輪警察署長宛の身柄請書を徴した。

 (7) 捜査本部ではその後も被告人自白裏付けるべき捜査を続け、同年八月二三日に至つて、本件殺人の容疑により前記山梨市の実母方で被告人逮捕した。被告人は、身柄を拘束された後、当初は新たなアリバイの主張をするなどして本件犯行否認していたが、同月二六日に犯行自白して以降捜査段階においては自白を維持し、自白を内容とする司法警察員及び検察官に対する各供述調書が作成され、同年九月十二日、本件につき殺人の罪名で勾留起訴された。

 2 右のような事実関係のもとにおいて、昭和五十二年六月七日に被告人高輪警察署任意同行して以降同月一一日に至る間の被告人に対する取調べは、刑訴法一九八条に基づき、任意捜査としてなされたものと認められるところ、任意捜査においては、強制手段、すなわち、「個人意思を抑圧し、身体、住居、財産等に制約を加えて強制的捜査目的を実現する行為など、特別根拠規定がなければ許容することが相当でない手段」(最高裁昭和五〇年(あ)第一四六号同五一年三月一六日第三小法廷決定・刑集三〇巻二号一八七頁参照)を用いることが許されないということはいうまでもないが、任意捜査の一環としての被疑者に対する取調べは、右のような強制手段によることができないというだけでなく、さらに、事案の性質被疑者に対する容疑の程度、被疑者の態度等諸般の事情を勘案して、社会通念上相当と認められる方法ないし様態及び限度において、許容されるものと解すべきである

 3 これを本件についてみるに、まず、被告人に対する当初の任意同行については、捜査の進展状況からみて被告人に対する容疑が強まつており、事案の性質、重大性等にもかんがみると、祖の段階で直接被告人から事情を聴き弁解を徴する必要性があつたことは明らかであり、任意同行手段方法等の点において相当性を欠くところがあつたものとは認め難く、また、右任意動向に引き続くその後の被告人に対する取調べ自体については、その際に暴行脅迫被告人供述任意性に影響を及ぼすべき事跡があつたものとは認め難い。

 4 しかし、被告人を四夜にわたり捜査官の手配した宿泊施設宿泊させた上、前後五日間にわたつて被疑者としての取調べを続行した点については、原判事のように、右の間被告人が単に「警察庇護ないしは緩やかな監視のもとに置かれていたものと見ることができる」というような状況にあつたにすぎないものといえるか、疑問の余地がある。

 すなわち、被告人を右のように宿泊させたことについては、被告人の住居たるB荘は高輪警察署からさほど遠くはなく、深夜であつても帰宅できない特段の事情も見当たらない上、第一日目の夜は、捜査官が同宿し被告人挙動を直接監視し、第二日目以降も、捜査官らが前記ホテルに同宿こそしなかつたもののその周辺に張り込んで被告人の動静を監視しており、高輪警察署との往復には、警察自動車使用され、捜査官が同乗して送り迎えがなされているほか、最初の三晩については警察において宿泊費用を支払つており、しかもこの間午前中から深夜に至るまでの長時間、連日にわたつて本件についての追及、取調べが続けられたものであつて、これらの諸事情に徴すると、被告人は、捜査官の意向にそうように、右のような宿泊を伴う連日にわたる長時間の取調べに応じざるを得ない状況に置かれていたものとみられる一面もあり、その期間も長く、任意取調べの方法として必ずしも妥当ものであつたとはいい難い。

 しかしながら、他面、被告人は、右初日宿泊については前記のような答申書を差し出しており、また、記録上、右の間に被告人が取調べや宿泊拒否し、調べ室あるいは宿泊施設から退去し帰宅することを申し出たり、そのような行動に出た証跡はなく、捜査官らが、取調べを強行し、被告人の退去、帰宅を拒絶したり制止したというような事実も窺われないのであつて、これらの諸事情総合すると、右取調べにせよ宿泊にせよ、結局、被告人がその意思によりこれを容認し応じていたものと認められるのである

 5 被告人に対する右のような取調べは、宿泊の点など任意捜査方法として必ずしも妥当はいい難いところがあるものの、被告人任意に応じていたものと認められるばかりでなく、事案の性質上、速やかに被告人から詳細な事情及び弁解を聴取する必要性があつたものと認められることなどの本件における具体的状況を総合すると、結局、社会通念上やむを得なかつたものというべく、任意捜査として許容される限界を越えた違法ものであつたとまでは断じ難いというべきである

 6 したがつて、右任意取調べの過程作成された被告人答申書、司法警察員に対する供述調書中の自白については、記録上他に特段の任意性を疑うべき事情も認め難いのであるから、その任意性を肯定し、証拠能力があるものとした第一審判決を是認した原判断は、結論において相当である。二(一)弁護人らの上告趣意第一点の二及び被告人本人の上告趣意第一章第七、第九の一、二の、被告人自白警察官らの強制拷問脅迫誘導等に基づくか、その影響下におけるものであるとして憲法六条、三八条一項、二項違反をいう点は、記録を調べても、所論のように供述任意性に影響を及ぼすような違法な取調べがなされたものとまでは認められないから、所論はいずれも前提を欠き、適法な上告理由にあたらない。

 (二)被告人本人の上告趣意第二章第一の、被告人勾留中の自白警察官偽計に基づくものであるとして判例違反をいう点は、記録を調べても、被告人の右自白警察官偽計に基づくものとは認められないから、所論は前提を次ぎ、適法な上告理由にあたらない。

 三 被告人本人の上告趣意第一章第六の、被告人の所有物に対し違法押収がなされたとして憲法五条違反をいう点は、違憲をいう点をも含め、実質はすべて単なる法令違反の主張であつて、適法な上告理由にあたらない。

 四 弁護人らの上告趣意第一点の四(上告趣意書に「三」とあるのは誤記と認められる。)のうち、判例違反をいう点は、

 記録を調べても、原審が所論の証人申請却下したのが合理的裁量範囲を逸脱したものとは認められないから、所論は前提を欠き、その余の点及び被告人本人の上告趣意第一章第八の二は、憲法七条違反をいう点をも含め、いずれも実質は証拠の採否に関する単なる法令違反の主張であつて、すべて適法な上告理由にあたらない。

 五 被告人本人の上告趣意第一章第九の三の憲法八条三項違反をいう点は、原判決及びその是認する第一審判決が被告人自白のみを証拠として被告人有罪認定したものでないことは各判文上明らかであるから、所論は前提を欠き、適法な上告理由にあたらない。

 六 弁護人らの上告趣意第一点の三(上告趣意書に「二」とあるのは誤記と認められる。)及び被告人本人の上告趣意第二章第二の判例違反をいう点並びに被告人本人の上告趣意第一第一、第八の一、第一〇の憲法一条、一三条あるいは三七条一項違反をいう点は、いずれもその実質は審理不尽をいう単なる法令違反事実誤認の主張であつて、すべて適法な上告理由にあたらない。

 七 弁護人らの上告趣意第一点の三(前記六参照)の(五)及び被告人本人の上告趣意第二章第二の二のいわゆる伝聞証言証拠としたとして違法をいう点は、単なる法令違反の主張であつて、いずれも適法な上告理由にあたらない。

 (職権判断

 記録によれば、F警部は、第一審において、ポリグラフ検査の際、被告人に本件被害者の着用していたネグリジエの色等、本件の真犯人でなければ知り得ない事項についての言動があつた旨証言し、第一審判決及びこれを是認した原判決は、右証言採用して右言動認定し、これをもつ被告人を本件の真犯人と断定する一つの情況証拠としていることが明らかである。右証言は伝聞ないし再伝聞を内容とするものであるが、右証言の際、被告人及び弁護人らは、その機会がありながら異議の申立てをすることなく、右証人に対する反対尋問をし、証人尋問を終えていることが認められる。

 このように、いわゆる伝聞ないし再伝聞証言について、異議の申立てがされることなく当該証人に対する尋問が終了した場合には、直ちに異議の申立てができないなどの特段の事情がない限り、黙示の同意があつたものとしてその証拠能力を認めるのが相当である最高裁昭和二六年(あ)第四二四八号同二八年五月一二日第三小法廷判決刑集七巻五号一〇二三頁、同二七年(あ)第六五四七号同二九年五月一一日第三小法廷判決刑集八巻五号六六四頁、同三一年(あ)第七四〇号同三三年一〇月二四日第二小法廷判決刑集一二巻一四号三三六八頁等参照。これらの判決は、伝聞証言証拠能力を認めるについて、異議の申立てがなかつたことのほか、証人に対し尋ねることはない旨述べられた場合であること等の要件必要とするかのような判示をしているが

『竿と玉持ったまま女に転生するチート使って無敵の最強弱者になって無双した件』

騎士さん「ば、バカな……こいつは男なのに……なぜ私たち女性しか使えない『聖剣カコウバーイ』を使えるのだ……」

MtF「俺は男でありながら女の魂を持ち女性特剣を手に入れた者、人呼んで≪海よりも深く天よりも高き境界を往来せし者(トランスジェンダー)≫……まあ、面倒だから竿と玉は残してて戸籍は男のままなんだけどね」

騎士さん「ふざけるな! 貴様男性器がある限り、いや、たとえ男性器を切除して国家貴様を女と認めたとしても(※1)、XY染色体を持って生まれた者は死ぬまで男なのだ! 貴様は『女装した男』、『女になりたい男』でしかないのに、この女性の聖域オチダインを汚さんとするただの野蛮な一匹のジャッポスだ、我が聖剣で処断してくれる!」

MtF「(息を吸う音)すぅ……『アタシがフォローしてる尊敬していたフェミ垢の@femaleknight19040308さんがトランスへの酷い暴言ツイートしてた!(※2) 同じマイノリティで仲間だって信じてたのに裏切られた! 傷ついた! 人口過半数を占めるシスヘテロ女性から圧倒的少数派であるトランス女性のアタシが差別された! 理屈がどうであれ少数派で弱者のアタシの方が被害者で正しい!』」

騎士さん「なにっ!? 私の女性特剣が全く通用しない!! ……これは、まさか『オキモチの聖盾』!?

MtF「何を驚いている? 聖盾が女性専用装備だとでも思っていたのか? それとも、この世に女性よりも弱い弱者がいるはずがないという想像力の欠如かな?」

騎士さん「なにが弱者だ! 貴様は男でマジョリティ強者! 男の分際で身の程知らずにも弱者を名乗った大魔法使いKKOと同じように徹底的に論破して自決に追い込んでやる!」

MtF「ふっ、KKOか……奴はいい年して女の一人も口説き落としたことの無い未熟者にすぎん。我ら弱者男性の中では最弱……いや、最強? ネットで女に煽られたぐらいで自裁した弱者男性の面汚しよ……まあいい、お前が男の俺とは『対話』できないというのであれば、『彼女』を呼ぶとしよう。出でよ、守護獣(♀)アライ!」

守護獣(♀)アライ「あんた、今までフェミニズムの何を勉強してきたんだい? 女性差別批判して女性権利擁護してきた口でトランス差別してトランス権利主張を馬鹿にするのかい? 生まれた時の性別で人のいるべき場所を決め付けるなんて、今のあんたたちツイフェミ日本会議保守オッサンどもそっくりだよ! 恥を知りな!」

騎士さん「グワーッ!! 同じ女性にまで批判されたー!! よりにもよって最も憎んでいる存在である日本オッサン同類扱いされたー!! ……ぅぐぐぐ、私は負けん! 男を擁護するこいつは名誉男性に違いない。おペニスよしよしプリンセススプリング=ウィンドちゃんと同じくたとえ未成年であっても最大の侮蔑を受けるべき人間のクズだ……断じて女性ではない。私は女性のために最後まで戦う。たとえ私が定義する『女性』が世界で私一人だけになったとしてもだ」

MtF「ほぅ、まだ立ち上がるか。ならば、更なる絶望を味わうといい。≪偽装太陽の車回す小鬼の群(ジャパニーズサラリーマンコスプレ)≫! ……さあ、今の俺の姿はお前の目にはどう見える?」

騎士さん「男だ……完全に男の社会人だ。女体持ちの私と違い、満員電車痴漢心配する必要など無い(そんなスーツの似合う体格の良い男が痴漢に遭って思わぬ快感に戸惑うシチュは相当に美味しい)、性被害を恐れてMtFによる女性更衣室やトイレ使用に反対している多くの女性気持ちなど理解できないし、理解する必要もない安穏とした人生を過ごせる男そのものだ……」

MtF「その通り、この格好をしている時、社会は俺を完全に男として扱う。この意味はわかるな?」

騎士「う、嘘だ……聖堂学院を優等で卒業し『聖騎士二級』の資格を持つ私がずっと大学非正規事務員警備員ダブルワークを強いられているというのに、こいつは男だというだけの理由大企業正規雇用され、同期の女子社員と比べて結婚出産退職するおそれの無い長く働いてくれる戦力として期待されて裁量責任やりがいのある仕事を与えられて、やがて結婚子供を持つ時もキャリアとの両立に悩むことなど無く、むしろ専業主婦の妻に支えられてますます仕事に打ち込む男盛りを迎え、無知新人女子社員立場の弱いテンプや取引先の女性を有り余る性欲のはけ口にしつつも家庭は壊さないようにせこく立ち回って……そうやって、私が憎みそして羨んできた父や兄や同期の男子や元恋人の男どもと同じように女性を踏みつけながら楽しく生きていけるだなんて、そいつ女装しただけで私たち女性と同じように弱者としても扱われるだなんて……」

MtF「そう、これこそがMtFチートの神髄……『女性特剣』と『男性特剣』の『二刀流』だ」

騎士さん「か、勝てない……こんな相手に勝てるはずがない……私が女性のために戦い女性権利の拡大に成功すればするほど何もしていないMtF女性としてその恩恵享受し、しかも男としての経済的・肉体的強者としての特権も手放さず、性的少数者として批判もされない無敵の存在であり続けるならば、これでは私たちフェミMtF奉仕する存在ではないか、この構造女性が家父長に奉仕する伝統家族制度と何が違うというのだ……私たち女体持ちはどうあっても男体持ちへの奉仕種族立場から逃れられないか……唯一選べるのはどの男に奉仕するかだけなのか……ならば、私は……」

MtF「ところで、俺の性自認女性だが、性的指向、要するに性欲の対象女性だったりする。肉体的には男だが、心はレズビアンってところだな」

騎士さん「素敵! 抱いて!」

こうして二人は主観的にはレズビアンカップルとして、客観的には社会から求められるジェンダーロールに則った理想的夫婦として、いつまでも幸せ暮らしましたとさ。

めでたしめでたし

(※1)

性別変更「手術が必要なのはおかしい」…最高裁特別抗告臼井さん「アイデンティティは心で決まる」 - 弁護士ドットコム

https://www.bengo4.com/c_23/n_7910/

(※2)

トランスジェンダーフェミニズム ツイッター惨状に対して研究者ができること - wezzy|ウェジー

https://wezz-y.com/archives/62688

zyzyが今日もアレ

とっくにブロックしてるので普段は見えないが、某記事ブコメにzyzyが馬鹿というものがあったので久々に見てやった

そもそもオタク、だいたいいつも身内で殴り合ってるじゃん?そこで恣意的性別で区切る意味は全くないわな。

http://b.hatena.ne.jp/entry/4666280989381199714/comment/steel_eel

これに対するzyzyのブコメ

この理屈だと「同じ日本人同士ですぐ電車の混雑でいがみ合ってるので、地下鉄サリン事件オウムと殺された人達どっちもどっち!! オウム被害者で区切る理由は全くない」って事になるな

http://b.hatena.ne.jp/entry/4666292296426537986/comment/zyzy

前半は「日本人vs日本人」なのに後半は「オウムvs被害者」の話なので全く繋がってない。だからブコメとなんの対比にもなってない

わざとやってるのか頭が悪すぎてこうなってるのか判断に困る。まあ後者だろうが。

こいつ「この理屈なら〜〜〜になるわな」みたいな構文使いまくってんだけど、まあものの見事に9割がた「そうはならない」んだよな。

NGT山口の件と、アイドルについての思想対立と、批判欺瞞

書き出したらとても長くなったので、最初結論を書いておく:NGT山口の件で「人権侵害」とか簡単にいうやつは信用できないのではないか、という事だ。

 

NGT山口の件で気になる事があるのでここに書いてみる事にしたが、ただ陰謀論じみたというかデマを広めるだけ(金の為?それとも秋元親でも殺された妄想に取り憑かれているのか?)の週刊誌なりゴミサイトデマ情報とかは論外なので触れるつもりはない。そんなものを真面目に信じている連中はどこかのクソ議員山口の「ハレンチ動画」を暴行事件動画だとかいって広めたのでも信じてればいい。

気になる事とは、山口のいわゆる「暴行事件」後に山口運営要求した事についてだ。山口暴露配信やまともな報道によると、事件後に山口運営に対してヲタクとつながっているメンバー処分要求運営側は一旦これを受け入れ調査を開始したが処分を行わず、結果山口がその事についての暴露配信を行ったという事らしい。この要求について語りたいわけだ。あと、事件発生からこの配信までこの事件の事は世間では知られていなかったので、この事を「隠蔽」とする意見をよく目にするが、その事についても後で触れる。

NGTAKB姉妹グループなわけだが、AKBあるいはアイドル全般というと「恋愛禁止」という認識がある。だが、知っている人も多いはずと思うのだが、AKBグループ恋愛禁止、ではない。

これについては峯岸坊主事件後にラジオに出た秋元康がはっきり断言している。勿論、秋元が断言すればそうなのかというとそんな事はないのはAKBヲタクなら新公演事件等々知っている事ではあるが、少なくとも公式方針として(現在存在していないらしいのは、メンバーである須田亜香里松村香織証言している。AKBグループグループ毎にいろいろと違うし、この二人のメンバーはどちらもSKEメンバーなので、彼女たちの証言SKEについてのものではあるが、他のグループ恋愛禁止なのにSKEだけOKというのはちょっと考えづらい。

まりAKBグループ恋愛禁止ではない、あるいは少なくともその方向に進んでいる。SKE以外からのこの事についての少し変則的証言としては、秋元アイドル最大の成功者である指原莉乃プロデュースしているアイドルグループ(非AKB)について「恋愛禁止ではない」と断言している事がある。指原はAKBグループにおいてはプロデューサーではないが、彼女グループ内での立場を考えれば彼女のこの考えがAKBグループに影響を与えない事はないだろう。そして勿論、指原といえばAKBグループもっとも有名な「ヲタつながりアイドル」なわけでもある。

この「ヲタつながり」、つまりファンとのプライベートでの交流(どういう交流かは当たり前だが様々)の排除事件被害者という立場によって運営に突きつけたのが山口である。この事には恋愛禁止が必ずしも運営からアイドル押し付けられるものではないという事が現れていて興味深いが、さて、ではなぜこの恋愛禁止AKBグループからなくなりつつあるのか?ホントのところは知らないが(まあそもそも恋愛禁止自体ネタだった」という秋元の主張も秋元本人が書いた「恋愛禁止条例」という曲(公演タイトルにもなった)の歌詞を見てみればありそうな事ではある)、「恋愛禁止人権侵害」といった批判を受けて変化していっているというのは想像に難くない。

この「恋愛禁止人権侵害」という観点からすると、事件後の山口要求はどうなのか?もし山口示唆していたようにヲタつながりをしていたメンバー山口事件の裏にいたのなら、そういったメンバー処分するのは当然だろう。しかし、警察による調べでもそういった証拠は出てきていない。だとするとその要求運営アイドルヲタつながりによって、つまり恋愛禁止」によって処分するという事になる。第三者委員会の報告によるとヲタつながりのアイドル12名いたそうだが、運営12名を処分するのか?処分とはなにか?解雇か?もし12名の解雇となっていた場合、いまNGT運営批判しているヲタクはそれを納得していたのか?NGTに興味がないのに運営批判をしている人達は、恋愛禁止による大量処分を目にした時、運営批判をしなかったか?「人権侵害だ!」と?

恋愛禁止人権侵害」を真面目に受け止めるなら、12名を処分しない、山口要求に答えないという運営判断は全く当然である(繰り返し書くが、これは山口事件に関わっていた証拠がないならという条件付きで)。故に、その運営判断に反発した山口の行動の方に非があるということになる。

勿論これは、事件発生までの運営安全管理がどうなっていたのか、および事件後の運営による山口メンタルケアがどうだったのかという疑問を否定するものではない。それらとは無関係に、「アイドル恋愛禁止人権侵害」という立場からするなら山口要求については運営が正しいというだけだ。そして勿論、「恋愛禁止人権侵害」などバカバカしい、アイドル恋愛禁止であるべきだという山口立場もあるわけで、この立場に立てば運営はこの点でも間違っていたという事になる。

さて、やっと結論部分にたどり着いた。これまで、例えば峯岸坊主事件の時などに上から目線で「アイドル恋愛禁止人権侵害」などとのたまっていた人達は今回の山口の件についてどういう発言をしているのだろう?「恋愛禁止人権侵害であるなら山口によるメンバー処分要求は不当なのだから、彼等は、安全管理メンタルケア問題について取り上げる事はあっても、この点については山口要求批判しているだろうか?そして山口要求は罪のないメンバー処分する事なのだから山口が不当な要求で他のメンバーを傷つけようとしていると世間公表しなかったのは隠蔽ではなく正しい事だったと述べているだろうか?(もし罪があったとしてもアイドル運営警察でも裁判所でもないのだから、内々で処分はしてもそんな事を世間公表すべきではないと私は考えるが)きちんと調べたわけではないのだが、「恋愛禁止人権侵害」などと批判していた人達がもし今回の件についても発言しているのなら、おそらくはその逆、つまり山口は悪くない、運営人権侵害隠蔽だ!とまた運営批判をしているのではないかという邪推が頭から離れない。「恋愛禁止人権侵害」と批判する人達が「恋愛禁止」による要求批判しないのは矛盾なのだからありえないというのが正しい筋なのはずだが、残念ながらもし賭けでもするならそちらにかける気にはなれない。申し訳ないが、彼等は人権侵害などまともに考えてはおらず、単に叩きたいだけなのだろうという方に賭けてしまいたい。悲しいけど、これが現実なのよね。つまりだ、あえて言おう、カスであると。

昭和50年代に団藤重光が最高裁判事だった頃からまら判決をしていたよ

 その当時の空気では、キャー卑猥っていう解釈ないし事実認定だったのだろうが、以下の点で、現時点で検討するとナンセンスまりない判決が出ている。

 ・色々言っているけど、検察官公訴権が濫用に当たるのが職務犯罪構成する場合だけというのが論理破綻しており意味不明トチ狂っている。

 ・昭和50年の時点で最高裁も腐っており、すぐに判断せず、もったいぶったようなお上の啓示みたいな判決をしており清廉でない。

 ・あまりに暇だったのか「同法四一四条、三八六条一項三号により主文のとおり決定する。」などといって、決定に当たって一々刑訴法の条文を

  挙げている。これは、昭和40年代からも同じような傾向があり、単に「主文のとおり決定する」ではなく、「~法に基づき決定する」という

  文章の書き方がくそきもい

 こういう次第で、段々腐っていって怪しくなって人気が無くなった。

 

 ・なお、本判決における事実認定の詳細にわたることは問題ない。ただ、法解釈論や、判決を出すタイミングなどがクソ。

 

http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/200/050200_hanrei.pdf

(職権による判断

 所論にかんがみ、刑訴法四一一条適用すべきかどうかについて判断する。

  • 1 -

 一 検察官は、現行法制の下では、公訴の提起をするかしないかについて広範な

裁量権を認められているのであつて、公訴の提起が検察官裁量権の逸脱によるも

のであつたからといつて直ちに無効となるものでないことは明らかである。たしか

に、右裁量権行使については種々の考慮事項が刑訴法に列挙されていること(刑

訴法二四八条)、検察官公益代表者として公訴権を行使すべきものとされてい

ること(検察庁四条)、さらに、刑訴法上の権限公共の福祉の維持と個人の基

本的人権保障とを全うしつつ誠実にこれを行使すべく濫用にわたつてはならない

ものとされていること(刑訴法一条刑訴規則一条二項)などを総合して考えると、

検察官裁量権の逸脱が公訴の提起を無効ならしめる場合のありうることを否定

ることはできないが、それはたとえば公訴の提起自体職務犯罪構成するような

極限的な場合に限られるものというべきである

 二 いま本件についてみるのに、原判決認定によれば、本件犯罪事実の違法性

及び有責性の評価については被告人に有利に参酌されるべき幾多の事情存在する

ことが認められるが、犯行のもの態様はかならずしも軽微なものとはいえない

のであつて、当然に検察官の本件公訴提起を不当とすることはできない。本件公訴

提起の相当性について疑いをさしはさましめるのは、むしろ水俣病公害惹起

たとされるA株式会社の側と被告人を含む患者側との相互あいだに発生した種々

違法行為につき、警察検察当局による捜査権ないし公訴権の発動の状況に不公

平があつたとされる点にあるであろう。原判決も、また、この点を重視しているも

のと考えられる。しかし、すくなくとも公訴権の発動については、犯罪の軽重のみ

ならず、犯人一身上事情犯罪の情状及び犯罪後の情況等をも考慮しなければ

ならないことは刑訴法二四八条規定の示すとおりであつて、起訴又は不起訴処分

の当不当は、犯罪事実の外面だけによつては断定することができないのである。こ

のような見地からするとき審判対象とされていない他の被疑事件についての公

  • 2 -

訴権の発動の当否を軽々に論定することは許されないのであり、他の被疑事件につ

いての公訴権の発動の状況との対比などを理由にして本件公訴提起が著しく不当で

あつたとする原審の認定判断は、ただちに肯認することができない。まして、本件

事態公訴提起の無効を結果するような極限的な場合にあたるものとは、原審の

認定及び記録に照らしても、とうてい考えられないのである。したがつて、本件公

訴を棄却すべきものとした原審の判断は失当であつて「その違法判決に影響を及

ぼすことは明らかである

 三 しかしながら、本件については第一審が罰金五万円、一年間刑の執行猶予

判決を言い渡し、これに対して検察官から控訴の申立はなく、被告人から控訴

に基づき原判決公訴棄却したものであるところ、記録に現われた本件のきわめ

て特異な背景事情に加えて、犯行から今日まですでに長期間が経過し、その間、被

告人を含む患者らとA株式会社との間に水俣病被害補償について全面的協定

成立して双方の間の紛争は終了し、本件の被害者らにおいても今なお処罰を求める

意思を有しているとは思われないこと、また、被告人が右公害によつて父親を失い

自らも健康を損なう結果を被つていることなどをかれこれ考え合わせると、原判決

を破棄して第一審判決の執行猶予付きの罰金刑を復活させなければ著しく正義に反

することになるとは考えられず、いまだ刑訴法四一一条適用すべきものとは認め

られない。

 よつて、同法四一四条、三八六条一項三号により主文のとおり決定する。

anond:20190323163826

親の仕事の都合でカナダに15年いたんだけど、文革で大量に来た中国系特に高齢者男性性差別がキツい人が多く問題視されてる

最近移民難民への視線は昔よりシビアになってるから政治難民でさえ100%無辜被害者として優しくしてもらえるってのはない

それに増田場合出稼ぎからね…

入国から差別親和的入国後も態度を改めないとなると、日本にいるより更に厳しい立場に立たされるかもよ

KKOとか言ってる時点で認識を改めないと

けものフレンズ2に対する批判的なネット世論について思うこと

まず本稿はけものフレンズ2(以下「けもフレ2」とする。)を擁護するわけでも批判するわけでもない。アプリから見てきた自分が今のけもフレ2やそれに対して思うことを述べるだけである(割と長いので、最後の方に自分が言いたい事をまとめたので、とりあえずそこだけ読んでくれればいい。)。

今の制作陣の方には申し訳ないが、やはりけもフレ2はけものフレンズ1(以下「けもフレ1」とする。)と比べると、一段劣ると言わざるを得ないだろう。それ程にたつき監督の作るけもフレ1は面白かった。

ただ、けもフレ1期を楽しんだ層のうち、アプリ版に触れたことのある層はそう多くはないだろう。だからアプリ版の人気からすると1期は出来すぎであり、2期くらいの評価妥当な所だと思う(アプリ版は面白かったが大人気になる事は無かった。)。

けもフレ2の最新話で登場した観覧車けもフレ1で登場した観覧車であり、その観覧車朽ち果て海に沈んでいたこからけもフレ1の否定だ」等という意見を見たが恐らくそれは的外れ意見だと思われる。そもそもけもフレと言う物語出会いと別れというテーマが根幹にある。恐らく観覧車が海に沈んでいたのは、けもフレ1とけもフレ2は同じジャパリパークではあるものの、時間が経過しているということを表現たかったに過ぎない。

そもそもアプリからけもフレ1が出るまでの間にジャパリパークは壊滅している。アプリ版ではジャパリパーク運営されていたが、けもフレ1ではヒトが珍しいという状況になっている。けもフレ2に対してけもフレ1の否定だと言う人は、アプリからけもフレ1になるにあたってアプリ版の否定だと言ったのだろうか。

イエイヌの回だって、自ら別れを切り出しイエイヌに対して、一緒に行こう等という事が本当にイエイヌにとって幸せな事だろうか(ただ、制作陣の表現の下手さがあの超低評価を招いた事は否定出来ない…。)。それは恋愛系の作品で敗れたヒロイン主人公に付き纏うような物である

けもフレ1終了後にたつき監督が解任され、けもフレ2は当初からアンチが多数存在する危険コンテンツになった。そんな火中の栗は誰も拾いたくない。そんな中でどういう経緯か分からないが木村氏が監督になる事になった。そんな木村氏のTwitterにはけもフレアンチ粘着している。それって本当に意味がある事なのか?

社会に出れば誰も悪くないが色々な事が重なってプロジェクトダメになる事なんて日常茶飯事だ。けもフレ1のたつき監督の解任に関しても、誰かが全部悪くて誰かが完全なる被害者なんて事は無いだろう。

最終的に自分が言いたいのは

けもフレ1は傑作

けもフレ2はけもフレ1と比べれば劣るが、アプリから続いてきたテーマ踏襲している

監督に凸しても監督メンタルがすり減るだけでなんの意味も無いからやめた方がいい

という事だ。

ここまで読んでくれた人がいたら本当にありがたい。

anond:20190323040144

共感の有無・多寡基準政治的な正しさジャッジするブームは、かなりまずい方向に行きかねないな

昨今は「ヤァヤァ私こそが真の被害者だ」と声を上げて共感クラウドファンディングする人間だらけだが、法律の縛りがある裁判の方がまだ公平なんだ

anond:20190322135744

誰が弱者被害者なのかでいえば、被害を受ける子供が一番の弱者被害者

だけど共感を集める能力は、ネットをまともに使えない幼児より同様の立場が大量にいる加害者母親のほうが高い

被害者なる子供にとっちゃ理不尽だよな

自分の親は毒親だーって漫画見ると

大体100%被害者面して描いてるから信用できない。

赤ちゃんときから親に迷惑かけてばっかりでしょ?親の人生時間や金は必ずむしって生きてきたから。

から恨むのは勝手だし毒親だったってのはわかるけど10:0で被害者ってのには納得いかない。

子供が良い親欲しかったように親ももっと良い子供しかったと思うよ。

https://anond.hatelabo.jp/20190322172319

この解毒された文章は心の余裕があるときに読むと良い。今はただ「大変だよね」って言ってあげたい。てか、子育ての辛さは匿名ダイアリーに書かないほうがいいね友達LINEでもする方がいいよ。攻撃がすごい。

なんか元増田みたいな人に会ったことない人なんだろうな。いや、元増田みたいな人自身なのかも。

妄想だけど外側からの善人って感じ。当事者の渦に巻き込まれてみろよ。

うちの母親も常に怒っていた。今だとそれが理不尽で、あー怒りたいだけのクソな性格なんだなって思えるんだけど、中学生ぐらいまでは正当なものって思ってた。

うちの場合は、自分が割と言い返したり強気だったりキチガイ指摘増田みたいな思考してたりしたから良かったものの。

元増田育児に疲れてるんだろうけど、それ以上に自分の怒りに疲弊してるだけだよ。

常に怒ってる。常に理由を探してる。育児関係ない。理由がなければ過去を漁り、文献を漁り、社会だって怒る。

被害者になれればなんでもいい。

「大変だね」なんて言って落ち着くタイミングあると思ってんのか?

落ち着いたように見えるときにそんなこと言ってみろ。怒りのスイッチ入るだけだから

「誰のせいでこんなことになっていると思ってるの!!!!」

あーあの時期疲れたなー。

この元増田みたいな母親/父親持っている人にアドバイス更年期障害治療アンガーマネジメント

あと、手はあげなかったけど、同レベルで怒鳴り返したりなじれるようにしておいた方がいいよ。

黙りだしたら、相手の超必ゲージ溜まってるって証拠から油断だけはするなよ。

経験則的にはそれが一番。

あいつらの瞬発力とエネルギーはすごいが、立ち向かう勇気を頑張って持って。

あと、そのあとに家事とか一切やらせたらだめ。とりあえず寝てこいって向こうから逃げたらようやくひと段落

人達の求める綺麗な世界ではないだろうけど、そいつらは結局悪意なく生贄を捧げているだけだから

生贄の上にハリボテ建てているだけだから

ずーーーーーーーっっっと、問題根本と向き合わず。ずーーーーーーーっっっと、問題解決しないから。

キチガイ指摘増田攻撃的な理由わかるなー。

母親自身には別にもはや嫌悪はあっても恨みはないけど、あれを肯定する人間が現れたらやばい

それでもうちの母親はまだマシな方だと思う時も多いからなー。いやー。しんどい

anond:20190323010713

それしか楽しみのない哀れなド腐れクレーマーどもが勝手に騒いで企業側もとりあえず自粛しとこみたいな風潮にみんなうんざりしてたんだよ。

新井レイプから反発する奴多そうでちょっと声上げにくかったけど、ピエール別に被害者いないしそんなに意外でもないし出演作品作品自粛したら結構影響でかいからこれを機に風向きを変えようってとこじゃない?

自粛とか社会に1ミリも貢献しない謎儀式に過ぎないから。とっとと止めたほうがいい。

みんなピエール瀧が好きなんだな

作品自粛について、新井浩文との比較でよく持ち出される「被害者がいないから」という謎の意見がある

被害者がいないのは未成年飲酒喫煙も同じではないか

なんで未成年アイドル飲酒喫煙したときは誰も擁護しないんだ?

酒は20歳から合法だけど薬物はずっとアウトだぞ?

ファンから言ってるようにしか思えない。

2019-03-22

もはやお気持ち無罪って時代じゃないのか

https://anond.hatelabo.jp/20190322135744

これ読んで感慨深いんだけど、今までだと元増田はぜっっっっったいにお前も悪いって言われる存在じゃなかったよなー。

うすうすみんなおかしいって感じていながらも。

こんな人の被害者が多数いながらも。

これは怒りを溜め込む癖がついています(※解毒しました※)

anond:20190322135744

ストレスを溜める人はストレスを溜める為の行為を繰り返すクセがついています

それはクセなので、意識しないと変えることができません。

1.余計なことを考えて怒る


5歳の娘が公園で遊んでて靴脱いで靴下で走り回ってたんだよ。

それ自体はまあ良いけどって感じだったんだけど、「なんで靴を履かないで遊んでるの?」って聞いたら明らかにニヤニヤしてこっちを舐めきった顔で何も答えないの。


靴を履いて欲しいなら「靴を履かないといけません」と言えばいいのですが、これは既に怒っており、意味のない質問をしてしまっているパターンです。

子供は「お母さんがちょっと変だな」と感じて何も答えないでいる可能性があります

それでちょっとイラッとして、夕方遅くなってきたし、「もう帰ろう」って言ったけど相変わらずニヤニヤ。

あれだよ、友人と一緒に居て気が大きくなって身内に舐めた態度取るやつ、明らかにそれ。


「明らか」と思ったり、気が大きくなっているとか舐めているとか友達が居るから等は自分主観であって、実際にそうであるとは限りません。

誰もがいつでも言われたとおりの行動をとれるわけではありません。それぞれに心や都合があります。心や都合関係なしにただとっているだけの行動もあります


もしも私が、飼っている老犬のためにご飯を作って、呼んでもすぐに来なかったとしましょう。

「私がこんなに苦労してご飯を作ったのに」

「呼ばれてすぐ来ることぐらい出来る筈なのに」

「何の仕事もせず寝てるだけの癖に」

「この犬はお礼を言ったこともない」

と、呼んでも来なかったことについて怒る理由を探せばいくらでも思いつけますので、これでは犬のご飯のたびにストレスがたまってしまうでしょう。

他者がとった些細な行動に対して、理由を考えることはしない方が幸せでいられます



2.怒る為に材料を探してまで怒る


腹立って脱ぎっぱなしの靴持って公園出ていったら娘号泣


怒った態度を相手にぶつけて、相手が泣いたことを材料ますます怒ってしまっています

靴履かせて「その泥だらけの靴下誰が洗うの?」って言ったら「自分で洗う」って。

今まで一度も洗ったこと無いくせに。


靴下が汚れたので洗うのが大変です」と伝えましょう。

で家帰ったら泥だらけ靴下でズカズカ上がり込むものからまたブチギレ。

号泣しながら靴下脱ぐ。


靴下が汚れてるから玄関で脱ぎましょう」と伝えましょう。

で夕飯の準備したり風呂入れたりしてふと洗濯機の中見ると水につけた痕跡さえない靴下

怒りでどうにかなりそうだったけどぐっと我慢してテレビを見ている娘に「何で靴下洗わなかったの?」って聞いた。


既に怒りでどうにかなっていますし、我慢できているとはいえません。

我慢している自分」「我慢させている子供」という次の怒りの燃料を得て、もっと怒りたくなってしまっています

怒って誰かを憎んだり、自分可哀想だと考えることの気持ち良さにとらわれてしまっています


3.怒ることがよいことだと思って怒る


あれだけ叱っても何にもこたえてないのかあと思ったら笑いながら泣いてた。


人が思いつめて感情的になる時には、しばしば「その感情に対して報酬を得られるべき」という気持ちが働いています

人はその報酬のために怒りをあらわにしたり、さらに怒る材料を探してしまます

「私が怒ってるのは私が被害者からで、私が可哀想証拠」「私が怒ってるのは私が周囲に債権を持っている証拠」だから、どんどん怒るのが正当だという思い込みが働いてしまうわけです。

我慢してる」という間にも怒りは溜まり続けているので、これも後に「こんなに我慢したのにあなたは私を怒らせ続けた」とますます怒る理由になってしまます

4.自分破壊するまで怒る

実際には残念ながら、人は誰かが怒っていれば嫌な気持ちが移ってくるので離れようとするだけです。

「とっても可哀想!怒って当然ですね!」と共感する人の中には、自分の持っている怒りをあなたの怒りに同調して膨らませたいだけの人もいるかもしれません。

そうした人達同調して怒りを貯め、怒る理由を常に探しながら怒り続けるのはつらいことです。

娘は「泣いてるの?笑ってるの?www」って笑ってた。


笑っていたのではなく、お母さんの心の動きを察知して、呆れたり怯えたりしていたのかもしれません。


今日も夫は出張で帰りが遅い。


自分が怒る材料の追加をしていますね。これでは怒るための材料を探し続けて心がくたくたになってしまます

-------------------------

元増田さんや元増田さんに同情する立場の人にも読みやす文章に解毒しました。

元増田さんに読んでいただければ幸いです。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん