「祭り」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 祭りとは

2018-01-14

anond:20180113222031

日本戦争に負けた後の天皇悲惨だ。

死刑の代わりに、マッカーサーの舎弟にされた。

 

日本人アメリカ奴隷にされて、天皇奴隷の見本の地位祭り上げられている。

天皇権力を取り上げられて、何もできない象徴天皇にされた。)

 

戦争は結果が全て。「勝てば官軍、負ければ賊軍」。戦争に負けたからこうなっちまった

(勝ってればアメリカにペコペコする必要もなかった。)

 

本当、天皇一家ってかわいそうだと思う。

自分で好きな事をやる自由が取り上げられて、優良な奴隷の見本として、偽善的な振舞いを要求されている。

元は一般人だった奥さんがメンタルやられて、公務(=奴隷の演技)ができなくなるのは何の不思議もない。

(俺だって、やりたくないことをやらされ続けたら、やっぱ嫌になっちまうだろう。)

それでも、人前ではニコニコしてる彼らは、忍耐力は人一倍強いのだろうと推察する。

 

カゴの中の鳥みたいに、好きなときに外出できないのは、本当かわいそう。

ちょっとパチンコ行ってくる」「ちょっとソープに行ってくる」とか、いつも警護や付き人がいたらできないでしょ?

顔で笑っていても、心の中ではドス黒い想念が渦巻いているかもしれない。

 

誤解のないように言っておくと、そんな天皇でも俺はリスペクトしている。

ネット記事で読んだことだが、天皇仕事は「日本人幸せを願うこと、祈ること」なんだってさ。

https://yoshiko-sakurai.jp/2011/01/13/2322

最初は「祈るだけなら誰でもできるわ!」と思ったけど、実際毎日24時間考えるとなると、結構難しい。

人間って、自分が一番かわいくて他人二の次自分さえ良ければ他人はどうでもいい。他人を気にかけない、という状態になりがち)

 

愛子様眞子様佳子様には、幸せになって欲しいと願っている。

今の日本には、言論の自由があって良かった。(それもアメリカ様のおかげなのだがw)

みんなも薄々気付いていると思うけど、日本近代史を振り返ると、失敗の連続だったよね。

これから、新しい日本未来を築くために、若い人たちには頑張ってもらいたい。

2018-01-13

プロデューサーだった話

プロデューサーとして、ユーザーとして色々と疲れてしまった。

私は魔のメンテ期間が明けて少ししたくらいにはじめたたぶん古参アイドルマスターSideMユーザーだ。

まだ声もついておらず、ただのポチゲーでイラアドも高くなく正直おもしろくはなかった。でもアイドルたちの、なにより担当の成長してく姿を見るのが嬉しくもあり楽しかった。

ガチャは渋くて回したくなかったが担当キラキラと輝いているSRを見てはじめて生活を脅かす課金をしたくらいは入れ込んでいた。担当の上位もできるかぎり走った。

そんなに好きだった作品がいま見るのも辛い作品になってしまった。

こないだ最終回を迎えたアニメ、あれを見てから熱意が驚くくらい冷めていった。

決め手だったのがゲーム内で一緒にやったはずのイベントなのに片方のアイドルアイドルにすらなっておらず、バラバラ祭りに足を伸ばしていた回。これを見てあまりにも悲しくて涙が出た。

あの世界線では6ユニット以外はアイドルではないという事実をその回で叩きつけられた気持ちになった。

モバエムをやって気を紛らわそうとしてもこっちではアイドルなのにアニメでは…となってしまログインもほぼできなくなってしまった。

アニメアニメでモバはモバと言うけれど、そういうことでない。アニメという媒体のせいで展開に差が出ることが嫌なのだ

現にファスライ組はアニメの曲をもらい、@曲ももらった。あちこちの外部コラボアニメコラボ、当然グッズ数も差が生まれる。露出度の差で知名度にも響いてくる。

アイドルたちが嫌いになったかプロデュースがつらくなったのではなく、こういった『格差を埋めようとしない運営』に私は嫌気がさしたのかもしれない。

どれだけモバエム、エムステ担当プロデュース課金)してもそのお金は均等に割り振られずその6ユニットだけの展開代にされてる。そう思えてしまって嫌になるのだ。

運営山梨さんのようにユーザー気持ちをわかってくれる日が来るまで私はプロデューサー活動休みます。今の運営お金を落とすようなことはしたくない

消えてなくなりたい波が押し寄せる

だいぶ人としてどうかとレベルであってもヘラヘラ過ごしてたつもりが、きっかひとつで死にたさが大波になるものだと感じてる。

無職 そろそろ1年。

借りてたレンタルルームが解約されたかもしれない というのがきっかけ。

そこからどっと、来ている。

確認はできてない。

カードも督促が来てる。

会社都合で退職したもの減免された健康保険も払えていない。

人材会社経由だからそんなひどいことにならないだろうと入社した会社ですら、傍から見るとだいぶ陰湿いじめにあっていた(らしい)(実態よりもちゃんと働きたかった気持ちの方が強くて実感はなかった)

(が、適応障害といわれ退職

その後職業訓練でも、他の訓練生への怒鳴り声含むパワハラ祭り(これがちょうど一年前)

そもそも新卒とき就職失敗し、入社先でセクハラされて睡眠障害になったりしていたし、

その後もブランクまみれ。

若年雇用のあれこれも受けたけど全然だめで30過ぎた。

そんなでも仕事の声があったりしたので、ぽつぽつ受けてはいたけれど、この1年でも身体を壊していることの方が多く、なんなんだろうってなってる。

からの知り合いにも、初対面の人にも『とりあえず死なないこと。それだけ優先して』って立てつづけに言われはしたけど、

このざわざわした感じは一気に持っていかれたような気がする。

ヘラヘラしてないでさっさと、体力作りもかねてバイトでもすればよかったろうに。

滞納しててもどうにか払えなくはない料金を払えばよかったろうに。

体調不良じゃなくて怠慢で、粗忽が招いたものが積み重なって今に至るんだろうに。

中学時代スクールカウンセラーというものが導入されはじめたタイミングで、来ていたカウンセラーによくよくちゃんと投薬しなさいと言われたのを覚えている。(具体的な何かは分からないけど、実感がないままその頃は過ぎた)

寿命が伸びた分、成人のタイミングだって伸びてるんだから30までに経済的にも自立できればいいとも

恋人を作りなさいとも。

そばに寄り添ってくれるひとがいるとそれだけでちがうからと。

残念ながらそういう存在はいたこともないし、早く家族から離れなさいとの助言も今は実行できていない。

良くしてくれた人にも不義理を重ねているし、だから吐き出す場所もなく聞いてくれそうな人にも言えずここに書き込んでいる。

成果を出せば少しは収入になるものの、まずいなと思って日払いの登録会予約はした。

が、その直後に足を掴まれてこんなだ。

前向きに事態認識し直すことも、試みたが戻ってきてしまう。

死にたい 消えたい そんな単語でぐぐって20数ページ読んで、ふと大昔に作ったアカウントログインできて辿り着いたのがここ。

どうしようもねぇなぁと思う。

SNSやらメッセもしばらくやっていないから、ここらで幕引きも良いのかなと考えたりするけど、そもそも

積極的な死に向かう体力がないので、実行するとなれば以前見かけたセルフネグレクト?かもしれない。餓死とか。

体調不良病院にかかっても上向かず、体質改善、体力つけるのには食事からとかちょっとした外出すらも、うまくいかない。

好きで見てたSNSユーザーが『うつへの1歩は入浴できるかどうか。そこで踏みとどまれるか』

これ、ほんとだと思う。

寝て起きたらどうでもよくなってるかもしれない。ただ漫然と連なってるだけかもしれない。

焦ったから何になるでもないけど。

背負い込みすぎ、自信なさすぎ、もっと人に頼ろうとかたっくさん言われてきたけど、してきたつもりでそう言われて現状これで、どうしていいかからない。

とりあえず、何もしてないのに疲れた

2018-01-12

https://anond.hatelabo.jp/20180104014459

実はもっとすごい裏設定がある。

実はあの町は実際にあった町で

あの町は隕石で滅びたことになっているけど本当は地震で滅びた。

たまたま作者が隕石に変えたけど本当は地震なんだ。

そしてこの映画の公開前には例の地震があった。

恐らくそれを考えて隕石にしたんだろう。

映画では祭りだったが史実では和議の祝勝会だったとおもう。

あの町はパラレル世界実在する本当の町なのかもしれない。

anond:20180112071416

「再来月 県内お笑いライブが開催される」

新聞をくまなく読む

明日の夜七時から俳優の◯◯くんがテレビ出演」

新聞テレビ欄)をくまなく読む

「来週あそこで祭りがある」

新聞をくまなく読む

情報収集したい

教えて。

「再来月 県内お笑いライブが開催される」

明日の夜七時から俳優の◯◯くんがテレビ出演」

「来週あそこで祭りがある」

とか、結局

チケット発売も知らず、

テレビ放送も終わってから知り、

祭りも知らなかった。

……

事前にそういう情報を知れる仕組みってないかな??

ツイッター話題になってるのを通知してくれるように設定してるけど、

すでに終わってたり…

2018-01-11

anond:20180111163923

着物警察とか関係ないって

そんなもんがいようがいまいが浴衣から着物に移行する可能性なんか限りなく0に近いんだから

夏の祭り浴衣着てるのはハロウィンコスプレみたいなもんで着物着てるなんていう意識すらないでしょ。

anond:20180111121626

閉塞感を打ち破りたかった五輪が、日本最期祭りになるんでしょうね

東京オリンピックという壮大な茶番劇 追記あり

当方すでに人生の半分くらいを米国暮らしてるおっさん増田です。

なぜこのような前置きをするかというと、この国のオリンピックへの冷遇ぶりはかなり特出してて、俺がこれから書く話もそういったバイアスがあるよってのを念頭に置いてほしいからです。なにせこの国じゃ自国スポーツイベントスーパーボールワールドシリーズNBAファイナルなどなど)が至高で、他国国際大会とか知らねって考えだし、オリンピックに至っては「午前中や深夜の放送じゃ視聴率とれない」という理由地上波では生放送なし&夜のゴールデンタイムに録画済みの編集版を放送ってのがデフォの国なんで。

最近もやもやしてるのはね、ここ数年ほど親戚やら大学時代の友人やら仕事先で知り合った人とか日本から様々なゲストが来て話す機会があったんですけどね、特に東京圏の人ってのもあるんでしょうが、みんな口々に「2020年の東京オリンピック」の話題を持ち出すんですよ。なんか初めて参加した飲み会話題に困ってとりあえず血液型を聞くくらいのノリで。やれ国立競技場を作り直すとか、インフラ作り直すとか、警官タクシー運転手がみんな英語勉強で大変とか。

もちろん話を聞いている場では俺やほかのアメ人も黙って会話にのっているんですが、みんななんで日本オリンピックあんな前段階からお祭り騒ぎになってるのかぴんとこないんですよ。だって長くてもたった2,3か月のイベントじゃない?とりあえず他のアメ人に「hey Masuda、東京オリンピックって何がそんなにすごいんだ?」って聞かれても「日本では国際大会が人気で、特にオリンピックスーパーボールNBAファイナルが合体したくらい人気あるよ」っていうと「へーーー」って反応くるんですが、後々その東京オリンピック関連で5兆円以上つぎ込んでるって聞くとみんな絶句するんですよね。いや俺も毎回絶句してるんだけどね。

スポーツ施設に巨額投資が動くってのは理解できるんですよ。実はロサンゼルスに数十年ぶりにアメフトチームが戻ってくる!(札束で他の都市のチームを引っこ抜いた)ってことでそのチームの本拠地周辺では最新スタジアム建設やら、駐車場インフラの新設、近隣のショッピングモール住宅地再開発とかで巨額の金が動いているんですが、でもこっちはこれから数十年にわたって活躍してくれるからちゃんと元取れるじゃないですか。でもオリンピックってたかが数か月でしょ?オリンピックやったからって劇的に観光客が増えた国なんて聞いたことないし。

んで東京オリンピックについてはよーわからんところでは大金が動いてるみたいですが、肝心のバリアフリーとかが全然進んでない。実は俺の妻と2歳児&5歳児の4人家族で昨年末東京観光してきたんですけどね、さすがに大江戸線みたいなローカル線には期待してなかったけど、山手線まわりだったらもうバリアフリー整ってるかなーと淡い期待でいったんですがところがどっこい!山手線まわりでもエレベーターがどこにあるかわからん&大量にある階段エスカレーターも皆無で毎回動き回る子供連れて&ベビーカー抱えて移動だけで死ぬかと思った。。。なんだよオリンピックにむけてバリアフリーにするんじゃなかったのかよ??(ひょっとして今年か来年中に大型改装する予定でもあるの?)多分エレベーターとか探せばあったんだろうけど10年ぶりくらいに来たから駅もデカすぎて探せねーよ。

あと相変わらずuberlyftも使えない。これ日本から来た人に愚痴っても「東京タクシーすぐ捕まるから」とか「白タクとか不安」とか言われたんだけど、世界のどの都市いっても携帯一つでタクシー呼べて料金支払いも携帯アプリで済ませられるuberになれると、子供つれてタクシーまりそうな駐留エリア探すだけでも苦痛なんだわ。おまけに日本語話せない連中とかだと運転手の片言英語ききながら目的説明せにゃならんのでしょ。ありゃメンドイ。日本の人って政府とか大企業にはしきりに「規制緩和」とか訴えるくせに、民タクや民泊みたいに自分らの生活に直結する自由化には「安全安心」を盾に頑なに反対するよね。うーん、そのメンタリティから行政規制緩和も進まないんじゃん?だって現場にいる人からしたら民タクや民泊自由化と一緒じゃん。

俺が一番もやもやしてる点ってさ、おそらく日本の多くの人も「東京オリンピックフィーバー」の茶番感やら虚無感になんとなく気づいてるんだけど、いまさらそんなこと言っても水を差すだけって批判されるから馬鹿馬鹿しいと思いながらも一緒に祭りにのってる感がありありと伝わってくるんだよね。政治家なんて「東京オリンピックがありますから」とか意味不明理屈でたった数か月のイベント用に重要法案バンバン通してるしさ。

なんか普段なら反対者がでて通らない法案とか巨大予算のビックプロジェクトをみんな「東京オリンピックがありますからそれまでに終えましょう」という虚無感たっぷり大義名分つかってガンガン押し切ってるんだよね。茶番だってわかっている連中も、これがあるから一緒にのってるんだろうね。

思い返せば日本人って白虎隊やら戊辰戦争やら神風特攻隊やら、ずっと続く強者よりも一瞬だけ輝いて散っていく敗者に共感する気質があるから東京オリンピックもその一瞬の花火を楽しむためにみんな盛り上がってるのかな?って最近思うようになってきた。でも一瞬の花火にしては使う額がすごすぎるよね。

この東京オリンピックがあまりに巨額イベントに膨らんじゃったから次回のオリンピック会場に立候補する都市が激減して、24年と28年なんてかろうじて挙手したロサンゼルスパリに速攻で決まった流れとかアホすぎる。東京なんて裏金さんざんばらまいてようやく獲得したのに。。。


追記

冒頭でさんざん「俺の書き込み在米歴ながくてかなりバイアスかかってるからねー」って念を押しておいたのにそこ無視して「おまえが言うな」的なレスがあってはてな村は相変わらずやなぁと微笑ましかったぜ!

オリンピック話題ふってくるのってただのおもてなしトークでしょ?

それは自覚してるw ただとりあえず思いつくおもてなしトーク(てかもてなしてるのはこっちのほうなんだがw)が全員五輪ネタだったから、やっぱファンアンチともに日本ではでかいイベントなんだなぁって。

米国バリアフリーを語るな。サンフランシスコニューヨークもっとひどいじゃねーか

正論だけどあの辺の都市は上の政治家から下の底辺までオリンピック誘致しようなんて思ってないからべつにいいんじゃね?笑 おれも子供小さいうちにニューヨーク観光なんてする気おきないもの子供がいくとこじゃないっしょ。

そもそもオリンピック商業主義に走ったのは84年のロス五輪からじゃねーか

商業主義に走った初期はちゃんと黒字だったか国際的スポーツ興行として割り切っても合格でしょ。問題は近年は国のメンツ(笑)やら巨額の費用負担予算けが右肩上がりで大赤字確定のクソイベントじゃん。だから24年と28年の開催地候補ローマブダペストとか大半の都市が「金かかりすぎるからやめるわ」って次々辞退して、最後に残ったロサンゼルスパリ自動決定したっていうお寒い状況じゃないっすか。

そもそもスポーツイベント全般茶番

違うよ。スポーツ興行としてちゃんと黒字でペイできたら合格オリンピック次世代借金だけ残すクソイベントから茶番

偉そうにDisってるけど次のオリンピックロサンゼルスじゃんw

いやーおれも勢いに任せてキーボードを滑らせたら我ながらそのオチに苦笑したけど、でもさすがに米国の一都市で行われる大会のためにわけわからん連邦法をどさくさ紛れに通すなんてことはないでしょ。。。(あ、でも今の大統領はそれ以前の問題が!

2018-01-08

仮想通貨ブームの話

仮想通貨ブームで儲かるのか?に対する回答としては、ちょうど携帯乞食祭りの時の状況に似てると思う。つまりちょっと興味を持ってやってみた素人でも小遣いぐらいは儲かるし、ガチで頑張って沢山儲ける奴もいる。そして真面目な奴は手を出さないで呆れて見てる。ネットしょっちゅう話題になる。そのうちたまにテレビでも話題になる。それ系のスレサイトが賑わう。ブログサイトが沢山作られ時々ホッテントリする。全て似てる。

自分も働いてるから片手間でしかできんが携帯乞食の時は3~4回線ぐらい回して20万ぐらい儲けて満足している。今回も今更手を出してアルトコイン3種、順調にじわじわ増えててそのくらいは狙えそう。それ以上は無理だろうけど、それで上出来だと思ってる。人生には数回ぐらい、小遣いを稼げるチャンスがあるもんなんやな。

2018-01-07

有名アイマスアンチgouzouが今度はニコマスを標的にしている可能

ちょっと昔はキャラアンチ記事書いたり

https://anond.hatelabo.jp/20161204214232

最近Twitterアイマス全般アンチ垢を運営してRT稼いでホクホクしている有名アイマスアンチのgouzouだけど、

https://twitter.com/kiri_nakazato_o

最近ニコマス通報⇨削除に快感見出しているらしい。

聞いた話だと、最近ちょっとした削除祭りになってたアイマス公式MADを片っ端から通報していたのはgouzouらしい。

追記

こんなのもあった

https://anond.hatelabo.jp/20170919020256

2018-01-06

ガキ使に限らない年末年始テレビに見る日本人民度の低さ

裏金祭りレコード大賞LGBTへの配慮もなく男女で組み分けて優劣を競わせる紅白歌合戦格差による差別正当化する格付けチェック

から端まで悪趣味以外の何物でもない

てかこういうテレビが嫌だからお前らネットに移ったんじゃないの?

いつもテレビ業界叩いてるくせに年末年始は結局みんなテレビ話題ばかりじゃねえか

普段の威勢の良さはどこいったんだよ

2018-01-03

霊感商法母親こちらの情報を嘘ついて聞きだして流そうとしたので切った。

妹の時はそれ使って遠方行くのが嫌だと散々聞き出した情報を使って適当ぶっこいた「占い」とやらしてきやがったのでな。

そしたら、金回りでいらんことしてきたり、金の無心してるとかいう噂だとか、俺が死ぬみたいな噂を流してきた。

腹が立つので今年の正月はいかないことにした。というか、もう行く気はない。

そうして、東方の凋叶棕の「無終祭」を聞いてる。

いやー、ぴったりだわー、このどろっどろした風景に。

表面明るいんだけど、裏は「私の言うことを聞かなかったらどうなるかわかってるよね」感が。

「終わらぬ祭りのあるように(ドロドロ)」

2018-01-02

異文化を知ること

最高に楽しい趣味を見つけてしまった。言ってみれば、これは別世界体験できる異文化交流である自分と全く関係がない人々の独自文化を知る。新しい発見があったり、目の付け所に驚いたり、なぜそんなことをする必要性があるのか疑問に思ったりと自分常識破壊してくれる。

いま手元にある情報から彼等の文化の紹介をする。

この文化圏人間毎日毎日メイクを変えるらしい。古臭い私の認識では、メイクを変えるのは大きな祭りごとのときぐらいしか想像できないが、彼等いわく毎日毎日違うんだからメイク衣装を変えるのは当たり前だそうだ。しかし、大きく変えるのはよろしくなく、ギリギリ気づかれるところを狙うのがミソらしい。大きく変えるのは、場をわきまえないと判断され、村の者から陰で悪く言われてしまうからだと。

メイクと並び衣装も出てきたが、彼等は衣装のほうも毎日変えるのが当たり前で、同じものを着ているのがバレたら恥という意識を持っている。故に、収入に対して衣装への支出が多い者から多いそうだ。そうは言っても、衣装を揃えられない者もいる。そんな彼等を商売ネタにしようとして衣装の定額貸し屋ができたり、少ない衣装で何とかする工夫も生み出すカリスマ誕生している。努力の方向がすごいと思うが、これが文化というやつなのだろうと一人納得をする。

食な関しても彼等はおもしろ思想を持っている。それは、プラマイゼロにしようとする精神である。どういうことかというと、食べすぎると体にあまり良くないけど食べたい物をたくさんた食べるために、体に良いと信仰されている物を毎日摂取するという行為を行う。毎日プラスを積み立てて、一気にマイナスで積立てを崩す、そうやって、プラマイゼロになるよう努力している。ここで興味深いのは、体に良いと信仰される物は、毎月のように変わり、何年か収期でサイクルしており、時々外来のものが加わるという点である。故に、本当に体に良いかも分からずに、頑張ってプラスを積み立てるのである

ほんとに女性ファッション誌はおもしろい。勉強になる。

2018-01-01

はてな後の青二才氏のPV

https://www.similarweb.com/ja/website/tm2501.com#overview

はてな前のPVは200,000。脱はてな後の数字は160,000。脱はてなをしてもほとんどPVが減っておらず安定している。

おもったより脱はてなの影響は無いようだ。 俺も脱はてなしたくなってきたぞ。

しかしsimilarwebの数字はあまり信用できない。

月間PVが400万以上あるはずのカードの読み物のPVがたったの182万しか無いことになっている。

https://www.similarweb.com/ja/website/news.cardmics.com#overview

1,000,000PVを楽勝で越えているはずのヒトデ祭りは月700,000PVと表示されている。

https://www.similarweb.com/ja/website/hitode-festival.com#overview

初心者が1年で月間40万PV達成!収益PV・稼ぐコツ全てを語る!」という記事を書いていたこの人は268,000となっている。similarwebの数字が本当ならこの人は詐欺師ということになってしまう。

https://www.similarweb.com/ja/website/tukishiro01.com#overview

けものフレンズ火付け役の一人とされ、全盛期には月1,000,000pvをらくらく越えていたと思われる氏のブログ数字もやたら少なく表示されている。

https://www.similarweb.com/ja/website/honeshabri.hatenablog.com#overview

以上のことをかんがえれば、similarwebでアクセス数150,000の青二才氏のブログは、実際は倍の300,000PVくらいはあると考えられる。

2017-12-28

暗がりにポツンと光る電灯の下で集まってニヤニヤしていただけなのさ

まらねえ、大人になりました。びっくりします、なんで何も面白いことしてないのに借金があるのか。高校卒業したての頃なら「死んだ方がマシ…フヒヒwwww」とか言ってたタイプになってんじゃん。

あっという間におっさんで。俺より年下も年上もあの頃からアイドルなあの人も恋愛し、結婚し、それにも増して人生充実し。

気付いたらどこぞで見たような事件今日もどこかしらで起こっている。若手の芽を摘む元若手の噂話を聞いて相変わらず人の世の営みの気色悪さに嫌気が刺す。

だけどその逆にそういうのを恐れて外野外野人生を過ごしていたらいつのまにか回る独楽の端に来て「吹き飛ばされてもいいんじゃねえかな〜」とか思っている。思い出すのは、カートバーンは俺の年には死んでいたって話だ。

つまんねえ男、つまんねえ生き様、つまんねえ失望絶望。良い生き方してるぜ。クソみてえだわ。

でも、何よりそんな俺でもネット社会はいつもいつまでも変わらずに受け入れてしまっている。

ヘローヘローとお互いの元ネタの違う掛け声でお互いを呼び合っている。そっちは世界に呼びかけて、こっちはYouTubeに呼びかけてる。先輩がまずいタイプと姉さんがまずいタイプ。姉さんの方は事件でした。

いろんなネタを持ち寄って、どうにもならない感情の吹き溜まりの中で、海外ではどうだとか国内カスだとか近所の犬が猫が海外に行った恋人旦那が。空が、星が、海が、雲が。嘘が、ホントが、幻覚が、疾患が。全て相まって俺は癒されていた。

今年、自分を許してくれていた世界が狭まった。責任だとか、重圧だとか、背負っているふりをしながら今はダラダラのジャージみたいにずって歩いている。

から警戒心だけは高い俺はそういうことをツイッターやらフェースブックやら匿名掲示板やらでは書かないのだけど、増田場合は「あ〜ん!ムリ!」とか言ったらすぐに消せるから残るのはウェブ魚拓くらいになる。やっぱ増田サイキョだわ〜神。

お前らが好きそうなネタは何も持ってない。俺は結局傍観者が楽しかったし、多分これから傍観し続けるんだろう。

から、余りにも眩しく輝いている人達を見ると目が潰れる。

まらない恋愛でつまらない失恋をした君に目が潰れる。

結婚しましたとフェイスブック花嫁姿を晒してる君に目が潰れる。

歌い手時代を知っている歌手の曲がラジオでかかれば耳が潰れる。

そいつがまだ20歳超えてなくて心が潰れる。

同い年くらいの女性声優が日に日に美しくなっていって目が潰れる。

いずれは「大切な皆様に重大発表」し出すんだろうな、と思えば頭が潰れる。

ネットの片隅で大暴れしていた同い年のコテハン自殺をして心が救われる。

背景を知り、毒吐きながら心が死んでいく。

年下のボカロPもっと前に成功したボカロPに喰われてるとかいう話を聞いて噂話レベルでも吐き気がする

みんなみんな、ネットをやっていて、そして俺が知覚できる範囲なんてそれでも狭いけれど。それでも彼らは生きている。

まらない恋愛から醒めればまた君も毒吐き出すんだろう。

いずれはツイッター旦那愚痴も吐き出すのだろうが、それでも愛しているのだろう。

そこまで有名でもないけれど、彼が歌手として成功している話を聞いて心が救われている俺がいる。

年齢が同じなだけで生き方が違う人で、偶々同じような年代を生きてきた彼女が眩しく見えただけなんだろう。

去年の九月に自殺したあいつのことなんて死ぬまで俺も知らなかったのだからあいつに掛けられるものなんて最初からなかった。

今年一番輝いていても、くだらねえ流れみたいなものに巻き込まれてめんどくせえ気持ちになることもあるんだろう、ただ彼がもっと高みに上がれば良いなぁとは思うのだが。

こんなところでも言葉を濁している。性格が出てしまう。

そういえば、最近流行りはバーチャルユーチューバーって奴である

暗がりにポツンと光る電灯はそんな黎明の輝きをも簡易に映し出すのだ。

狐耳は「簡単そうだなって思ったらやってみればいいと思う!」と言った。

だが私にはちっとも簡単なようには思えなかった。

多分、それを簡単だと思える耳だから、進めるんだと思う。

そういう奴らなんだ。成功するような、なんか生きている奴らって。

簡単じゃん、出来るじゃん、と言いながらいろんな簡単に手を出していくから、奴等は眩しかったんだって

VIPPER共が集っていた面白い人達もそう、ケツに野菜入れるのも入るから入れただけ。女装しながら踊ったり、アニメの曲にラップ入れたり。

それが面白かったから集まった。そんな簡単なことが爆発的に面白かったから。

結局、本質はいつまで経っても変わらねえ。

簡単で、楽しくて、でもその背景はクソッタレで重苦しくて。

それを拭うために電灯の下でニヤニヤしている。お気に入りパーカー羽織りながら、今日も変わらないと巡回している。

画面の前のあなた疲れた顔で、意味が分からねえと呟いている。

私はこんな場所今日もつまらねえと呟いている。

面白仮面流星のように現れて祭りが始まる。

クソッタレ、俺は変わらねえつまんねえ大人だ。今日もどこぞの何者かに拍手を送るだけおじさんのエントリーだ。

俺の手拍子なんて聞かなくていい。お前はまっすぐ進めよ。俺は後から行くさ。私のことなんて、忘れてあげてくださいねぇ。

あぁ、夏。

2017-12-26

ハヤテのごとく

久々に思い立って、「ハヤテのごとく!」を読みなおした。その感想である

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

多分、かつての多くのファンだった人同様、同人編あたりでふるい落とされたクチだ。

春ごろに「ようやく終わった」と聞いたまま、そのあとも単行本も追いかけずスルーしていた。

本誌で多少読んでいて、30巻くらいまでは何となく覚えていたので、アテネ編終わり、同人編はじめあたりから一気に最終巻までザーッと読んだ。

そのうえで、過去単行本を買っていた20巻くらいまでを読み直した。

とても懐かしい。懐かしすぎて死にそうになった。

そして、どうにも自分の心に留めて昇華することが難しくなってしまったので、ここに吐き出した次第である

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

最終巻を読み終わり、まず出てきた言葉は「長かった、しかしようやく終わった」だった。

13年568話は、やはりこの作品には長すぎた、それが失敗だったのだと思う。

確か「下田編」(12巻あたり)でアニメ1期が決まり、その前後は本当に面白かった。

ヒナ祭り祭りとか最高に面白かった。

その後はだんだん下降線をたどり、「アテネ編」がキャラ萌えシリアスい組から反発を受け、「同人編」で多くのファン"だった"人たちに見切られた感じがある。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

同人編」(268話~433話 もしくは 25巻7話~40巻7話 あるいは 2010年4月2013年12月)

こう書くだけで、あまりにも長すぎたことが分かる。

3年半、あの同人の話で引き伸ばされていたんだ。そう考えてしまう。

何故俺が同人編でふるい落とされたかと言えば、シリアス分(≒非日常パート)の消失だろう。

アテネ編でようやくはぐらかされていたこっちの話が動いて、やっと王玉やら姫神やら色々貼られていた伏線が回収されるのか!と期待させられた。

さらムラサキノヤカタへの移転で棺とか出てきて、この路線を信じようとしてたと思う。

しかし、そこからはひたすらにマンガ同人の話、そして特定キャラピックアップしたラブコメを延々とやっていたような印象だった。

いつしか薄いラブコメと進展しないストーリーに飽き、サンデーのものを読むことを辞めた。

カユラあたりは見覚えがあったから、33巻くらいまで、2012年くらいまでは読んでたのかな。

アニメも3期が露骨な媚び売り萌えアニメ化していたので、一切見ることはなかった。二期までは多分ほとんど見てたのに。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

一方、同人編をまとめて読むと、そこそこストーリーは筋が通っていて、面白いと思う。

52巻あたりを読んだ後にパラパラ見返したが、なるほどナギが成長したのがよくわかる。

当初のワガママお姫様とはずいぶんキャラが変わった。

ただしそれは、ラブコメではなく、非日常シリアスでもなく、"ナギ自身を見つめなおして成長する物語"として見たときお話

それは当時のハヤテの読者層には求められていなかったのではないか

当時の読者層は、「パロギャグ好き組」「ラブコメ好き組」「キャラ萌え組」「ストーリー考察組」のような感じで分かれていたように思う。

果たして同人編でそれらの要素は重点的にピックアップされたのか?

パロギャグは多少密度が減ったものの、キレはあったと思う。

しかし、ラブコメ好き組からすると、薄いイチャコラ。

キャラ萌えからすると、いつ自分の嫁がメインになるか分からない上に扱いが雑。

ストーリー考察的には、何も話が進まずヒントもほとんど出ないまま。

さらに絵的に大きく動きがあるわけでもなく、半分くらいはムラサキノヤカタ周辺でしっとりマンガラブコメ。(というイメージ偏見ともいう)

これで3年半。入れ込んでいた人が愛想をつかすには十分すぎる期間だったのではないか

さら同人編で明らかに絵が変わった。

28巻の表紙にいるルカの目の描き方、この辺から絵柄が変わったように思う。

個人的10巻くらいから25巻くらいまでの描き方がすごく好きだったので、これも落胆の要因だった。

41巻表紙のヒナギクとか別人すぎる。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

同人編が終わり、イクサ編になると一転、ようやく話が進みだした。王玉的な意味で。

2.5巻使ってイクサをまとめ、その中でイチャコラする感じはアテネ編以前を少し思い出した。

バトル自体シリアスよりになり、以前と比べると笑える流血執事ギャグバトルではなくなったけど、この辺りは同人編より前のノリを取り戻したように見える。

と思いきや修学旅行レベル5はまたなんか薄まったお話に。

これ毎週次の話を待つのは相当辛かったのでは。

何というか、通して読むと面白いけど1週間待って楽しみにするほどの面白さがない感覚

1話ごとのギャグとかがマンネリなっちゃったのか?

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

47巻から事実上最終章の幕開け。

なんとなく、言われている半年ではなく1年かけて描ききるつもりで方針転換したように見える。

ここから最後まで、よく広げた風呂敷をうまくまとめた。とても面白かった。と思う。

話の軸として"ナギの成長"に明確にスポットを当てたように見えるのもここらへんから

最後ナギは確実にたくましい一人の女の子になったと思う。

株やFXの才能(自分の力)を使わない理由けがよくわからんけど。

使ったらまたダメになると封印でもしたのか?

しかし、やっぱり毎週1話を追っていくとして考えると、ここら辺の話は重いし、追うのはつらく見えた。

しかもいつかどこかで出てきたような、伏線だったか何だったかイマイチ覚えていないような内容を唐突に引っ張ってくるので、「誰だっけ?」「何だっけ?」が結構頻発した。

王玉もいつどこで誰がどれを持ってたかがよくわからなくなった。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

最後のあたりで不満があったとすれば、ナギ誕生日が1コマで終わり、マリア事実上の退場をしたこと。コミックスの補完を読んで納得したからいいものの、アレはちょっと…。

ストーリー展開的に無理なのは承知で、これまでならナギ誕生日に2巻分くらいかけてたのに、ヒロイン誕生日をほぼスルーはひどいと思った。

さらに引っ張りすぎた姫神の残念っぷり。

何あのキャラ?散々引っ張った割に、神様ロケットパンチからネタ拾ったところしかキャラとしてはほとんど面白くなかった。

法仙もよくわからんかったけど、ここまで引っ張ったなら法仙でよかったんじゃね?って感じ。

加えて、ラストヒナギク玉砕

わざわざ玉砕で終わり、それで出番が終わったのはウーン?

作中屈指の人気キャラからこそ最後にこうなったのか?

でもバックステージ見るとこのシーン忘れてたっぽいし。ヒナギクはもう伊藤静だったのかなあ。

初期ヒナギクが(テンプレツンデレ気味とはいえ)とても好きだったのでこの最後はとてもガッカリした。

逆にハヤテの両親周りは上手いこと描かれたと思う。

外道あん人間実際にいたらぶん殴るけど、初期から外道を綺麗に回収し、かつ落とし前をつけられたことを暗にほのめかされたのはよかった。

割とマジメにこの二人が出てきた当初は全然気づかなかった。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

冒頭に戻る。

こうダラダラ思ったことを書いていくと、「長かった」以外の言葉が見つからない。

ハヤテ同人編あたりから何がまずかったかのだろう?と考えると、「全体のプロットはよかったけど、各話がつまらん」だったのかもしれない。

特に同人編のプロットはマズかった。あれはせめて数巻でケリをつけるべき話だった。

一気読みすると、結果的には面白かったように見える。

しかし連載を追い続けていたり、単行本を追い続けているだけだと、「いつ終わるんだ」「風呂敷広げすぎ」と思うのも詮無いよなーと感じる。

現状のモデルとして、週間・月刊連載で人気を得続けるためには、少なくとも各話がある程度面白くないと読んでくれなくなる。

そのあたりがおざなりになってたのではないか

いやまあ、初期はこんなに長くなることは全く想定してなかったんだろうけどさ。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

…何か似たようなことを最近思ったなーと思い返すと、「うみねこのなく頃に」だった。

これも最近最後まで箱の中を描き切ったマンガ版を一気読みしたが、世間で言われているほどひどい話ではなかったと感じた。

問題半年に一度のリリースで待たせ続けたこと、Episode5になってもろくすっぽ話の根幹を進めなかったこと、そして最後のEpisode8の描き方に失敗したのが主原因だったんじゃないかと思う。

六軒島事件を解くミステリーだと思って読んでた人からすればガッカリどころじゃすまなかっただろう。

視点が入れ替わりすぎて読みづらいし。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ハヤテに話を戻して。

もうハヤテの続きが描かれることはほぼないだろうし、アニメ絶対ないだろうし、原画展とかにも行きそびれたので今後思い出した時に触れることももほとんどなくなるだろう。

アド何とかも休載っぽいし、それが声優も終わったが、2018からの新連載はどうなることやら。

次のマンガはしっかり落としどころを決めてプロット作りこんで、2年~3年くらい(150話くらい、12~3巻くらい)で上手いことまとめて作ってほしいとは思った。

最後に。

そうはいっても青春時代は毎週ずーっと読んでたので。

しかった。楽しみですわとは言わんけど、頑張って面白いマンガ書いてほしい。

(俺が実際に読むかは知らんが)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

https://anond.hatelabo.jp/20171229190900 続きを書いた。

2017-12-25

はあちゅうが信じられない。

#MeTooが出たときは、はあちゅうを素直に信じた。

はあちゅうセクハラ発言したときも、ひっかかりはあったが別物だと割り切って考えた。

ただ、謝罪したと思ったら本音ではなかったという発言。嘘をついていた。

私がはあちゅうを信じられないと確信したのが昔の探偵ファイル記事だった。

http://www.tanteifile.com/baka/2005/09/17_01/index.html

ブログアクセスアップ秘訣として彼女が言っていたのは次の4つ。

  1. 自作自演する(情報操作、嘘をつく)
  2. 自慢する(コネを作る)
  3. 権力にたてつく(祭りにする)
  4. 脱ぐ(女を利用する)

※カッコ内は私の補足

彼女手段を選ばない人間だったことが見て取れる。

そして、この一連の騒動にあったことに合致する。

コネのために、女を利用して岸氏に近づいたのははあちゅうで、

岸氏は自分に気があると勘違いしたのかもしれない。

最後はたてつき、いくつかばれたが嘘までついていた。

はあちゅうを信じていたらと思うと空恐ろしい。

女を使って近づいたがいいが、今回は近づいた相手がまずかっただけだ。

探偵ファイル記事では最後にこう締められていたのが感慨深い。

「──この方法によって何が起ころうが、私は責任とらないけどね」

はあちゅう以外にも同様の人がいることを考えると#MeToo自体も信じられなくなる。

本当に問題なくて告発する人もいるだろうがすべてを素直に信じられない。

2017-12-23

人の念は強いもん勝ち

もう2ヶ月程前のことです。

よく同じ趣味で集まってる人達交流目的匿名掲示板でヒマなのかニートなのかそこでしか社会と繋がることができないのか

ずっと掲示板にいて何か書き込んだ人に直ぐにレスするけど自分の思いと相容れない意見を書き込んだ人には徹底的に上から目線攻撃的で持論を押し付けコメントを繰り返し書き込む人ネトウヨみたいなのがいた。

この前初心者で間違ったこ趣味掲示板に書き込んだ人に対して他の人はやんわりと注意してるのに一人だけそれは違う!こうすべきだあーすべきだ謝罪しろとかかなり見ていて目に余る事を書き込んでる人がいたので

「それは言い過ぎではないか」と匿名でうっかり書き込んだら今まで自分の庭のように思い通りにしてた奴だったみたいで攻撃対象が私に変わりました。

なんか理論めしてるけどはっきり言って何言ってるのか分からんあくまでも自分思想押し付け

仕方がないのでリアルな知り合いにM子という自分の気に入らない人を自分の仲いい人に代わりに攻撃させて自分は手を汚さないという卑怯者がいるので、その掲示板匿名ではなくM子と名前を入れてM子になりきってM子の口調を真似て反撃のレスをしてやったら相手自分意見して来たことが相当気に入らなかったみたいで逆上して「M子さんの意見おかしい!」「M子さんはヤクザ共産主義者だ!」「M子は異常者だ」

とかなり憤慨した罵倒を繰り返した挙句ネトウヨが一人何役にもなって自分には味方がこれだけいると自作自演の一人十役になって集団でM子叩き上げ祭りが始まりました。

私はそれをまるで他人事のような気持ちで「M子めちゃくちゃ叩かれてるじゃないか」と冷静に見てました。

で、このM子って奴は日頃から好き放題しているのに罰ってものがあたらない。まさにやったもん勝ち。

もの凄く欲深いので欲の為なら人を踏みつけてでも何でもするから凄いパワーがある。

からこの粘着質なネトウヨがずっとM子M子と呪詛のような書き込みしててあまりにもこのネトウヨの念が強いので、このネトウヨがM子を呪ってM子が事故にでもあってくれないだろうか、いや腹を壊す程度でもいいと思ってたけどM子は相変わらずピンピンしていて好き放題している。それを見て、まあ当たり前か、M子本人がネトウヨに挑んだ訳じゃないからな。と思っていたら最近このネトウヨらしき奴が「自分父親が亡くなって色々な雑用自分にまわってきてしんどい」と泣き事を書いていて、おかげで掲示板は静かなんだけど私にしたらM子の欲の強い念がネトウヨのダークパワーを跳ね返したんじゃないのかとガクブルしている。

そして私はできるだけM子の視界に入らないようにしてM子の変なパワーに巻き込まれないようにしている。

2017-12-22

anond:20171222103529

叩いてないし稼ごうともしてない

純粋に楽しんでるんだよ

はあちゅうという炎上芸人ファンとして、祭りを楽しんでいるだけだ

2017-12-20

低能先生からグリーンスターを貰いたい

頻繁に転生を繰り返しているのだから

ある意味無限グリーンスターを所持しているとも言える

一個ぐらいグリーンスターくれてもバチは当たらないぞ

っつーか今まで散々垢停止ではてな迷惑かけてるんだから課金してカラースター買って年末はてスタ祭りやるくらいの罪滅ぼしはして欲しい

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん