「魔法使い」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 魔法使いとは

2018-04-11

転職転職じゃない件

今までの仕事が嫌になったので別の仕事をやりたいと思って転職活動中。

ゲームとかでは転職っていたく簡単に出来てるけど、現実は甘くないのを思い知った。

ていうか、現実転職って全然転職」じゃないよね。ただの「転社」だよね…

本来意味でいうなら同じ会社に属していても職務内容が変われば転職だと思うんだがそういう意味では使われてない。

経験転職ができるのはごくごく若いうちのみで、それ以上は経験しか採用しない。

これが現実だと思い知ってしんどいわ。

同じ職種をやるんじゃ意味が無いんだよー、違う仕事に挑戦したいか転職なんだよー。

ゲーム転職もこれに合わせて未経験職業には転職できない、プレイ時間何十時間以内じゃないと転職できないとかにすべき。

ゲーム転職必要な条件が緩すぎる。

それまで戦士一本でやってきても途中で魔法使いになれるとか、そこから経験を重ねれば魔法もどんどん覚えていくとか、現実に比べ甘すぎる。

2018-04-06

アイドルライブ魔法使いがいた

先日、アイドルライブに行ってきた

久しぶりのライブメンバーはやっぱり可愛かったし、好きな歌も歌ってくれたし、ほんと最高すぎた。

ただ、前の席にいた男性応援が気になりすぎて、アイドルに集中できないことが多々あったことが悔やまれる…

前の席の男性ははアイドルに合わせてサイリウムを振った、踊った、コールした、跳ねた。

割とぽっちゃりとした体型だったが、そんなことを微塵も感じさせない動きだった。

そして…彼は推しに向け魔法を放った!!!

そう、彼こそがライブ会場にいた魔法使いだったのだ。

彼の動作はまさしく、ハリーポッター映画で見た呪文を唱える動作のもの

サイリウムをぐるぐると回しながら、推し差し向ける。

一体どんな魔法をかけているんだ、気になって仕方がない!!!

彼にとって、サイリウム魔法の杖なのだろう。

推しアイドルパートになると、サイリウム推しに振りかざす!!

推しが歌うと、シュバっという効果音が聞こえそうな勢いでサイリウムを振る、振る、振る!!!

挙句の果てに、魔法使いの腰振りダンスまで見せてくれるという特典付き。

もう、アイドルよりも前の座席の彼の方に目がいってしまう。

アイドル魔法使い、両方を見ながらライブを楽しんでいると、あっという間にライブは終わってしまった。

彼はアイドルお辞儀をするタイミングに合わせてアイドルに向け深々とお辞儀をして退場していった。

ライブが終わってしばらく経つが、思い出すのは推し笑顔ではなく、彼の腰振りダンスと、呪文を唱えてるシーンばっかりなんだよなぁ

2018-04-02

つの恋活アンチパターンforエンジニア男子

よく希望を捨てず生き残ったな。お前は魔法使いになる資格を得た

時は過ぎて誕生30周年の日に魔法使い証明書を手に入れたゾ!

スペック

つの恋活アンチパターン

言いたいこといっぱいあるけど、恋活でオイラ経験したアンチパターンを3つ紹介するね!

パターン1:汚いインターフェイス

いきなりタイトルオチだね!清潔感必須よね〜

オープンソースでも汚いコードって読む気ないし、汚いAPIインターフェイスって避けるでしょ?

って、偉そうだよね、実はオイラ学生の頃研究室に寝泊まりして1週間くらい風呂に入ってなくても平気だったんだけども今ではよくやってたなと思うの...

あと、以下もコスパの割に結構イメージかわるのでおすすめ


パターン2:単一障害点(SPOF)な実装

ただでさえ苦手な女子セッション張れるとテンションあがるよね!

うわぁ、ここまで書いてておもったけどこの時の俺キモいよね・・・誰か当時の俺を kill(2) してくれ。オイラが許すゾ!

でもね、この心境だとね、フラれたり女性彼氏ができたりするととね「心身全てに障害が発生」するよ?

心がセグメンテーションフォールトする間隔はあまり気持ちの良い物ではないね

消せないなら上書きだ!

それにね、人は記憶を消すのは苦手で気になったことを忘れるのはできないんだな。

記憶が消せないなら、「上書きする」しかない! つまり、同時に、平行的に、沢山の人とやり取りするしかないっ!

20歳の頃の俺にこんなこと言ったら「f○ck、やりチン」なんて言われると思うが、残念だがこれがベストプラクティスみたい。

他のことで記憶を上書きすると、これが結局、気持ちの負荷分散になったんだよね。

趣味よりも恋活で上書き!

記憶の上書きといえばなら趣味でもいいのでは?だって?そうだね。

僕も趣味(私はプログラミングアニソンライブとか)で上書きしようと思ったけども、マップされるアドレスが違うようであまり上書きできなかった。なので恋活恋活で上書きしたほうがいいんだって

無理?ならハードルさげてとにかく負荷分散

・・・といってもコミュ力が高くないので、そんなにいっぱい恋人候補なんてつくれないよね。

なのでオイラ友達以下でもよい。こっちが連絡送ったら一応返事くれるくらいの関係でよい。最悪彼氏がいてもよい。くらいまでに基準を落とした。

そういえば彼氏がいる女性のほうが本命じゃないと言う気持ちがあってお互い気を使わないところがあって楽だったわ!

とにかく、この人だけだと思う思考自分に大変負担になる危険思想だとわかったんだよね。

まあ余談だけども、コンピュータですら低いレイヤから言えば「メモリ上のデータを消す」ということはできないんだよね。(0で埋めてるか未使用領域を上書きしているだけ)

マルチスレッドで!ワーカープロセスは多く!

ここまで読めばわかると思うけども、恋活マルチスレッドで行うべき! 1人1プロセス効率わるい! 心にも悪い! 一人に特化しないほうがいい!

(いや、お前が同時に動けないかマルチスレッドじゃなくてコルーチンとかFiberだろ!とか言う指摘があるかもしれないがご愛嬌ね!)

パターン3:プライド破壊の恐れがあるメソッドをprivateにする

恋愛上級(笑)に君みたいな人は傷つくのが怖くて動けないとよく言われるよね。つまりプライドが高いと。

言い方がムカつくけど実際、乱暴な言い方で言えばそういうことだよね。僕認めたよ。

そりゃ、中学校のころ両頬に湿疹ができたとき女子に **ピエロみたい** なんて言われれば慎重にもなるさ。(今ならもっとうまく返せるけどね)

やりちんのヤンキーどもは「俺なんていっぱい心へし折られてつよくなってきたんだぞwwww」なんていうがある意味的を当てているよね。

本質的なことを言えば「この人イジりにくい」と思われたらダメで、あえてプライド破壊メソッドさらけ出して可愛げがあるように見せるほうが得なんだよね。

まあ、これやりすぎると、周りのカップルのただのいじられキャラという辛いポジションにもなるので絶妙バランス必要なんだけどね。

このパラメータは場数ふむしかいかな。最初の頃はただの都合の良いいじられキャラ殺意いたこともあるよ。


あ、女子プライド破壊メソッド絶対コールしてはいけないよ! いきなり Connection refused されたりするよ!

男女平等はいったいなんなんだろうね・・・

証明書失効リスト(CRL)に僕の名前が!

以上、殴り書きで紹介したよ!

でもね、人生とはわからないもので実は先日1児のパパになることがわかったんだ!

そう、白状すると今は魔法使い証明書は失効しているんだ! まあそもそもCRL名前が載る時点で魔法使い経験者を意味するので名誉なことではあるんだけどね!

ハタチになりたくない

彼氏できたことないのにハタチになりたくない

彼氏いない歴イコール20歳を迎えると

妖精」と呼ばれるらしい

ちなみに17歳のときは「魔法使い

魔法使いの方が強そう

なんで退化してるの

2018-03-25

anond:20180325221135

俺TOKYOMX勢なんだけど、クソアニメのあとに放送

魔法使いアニメを見る直前にアレは耐えられなかったか

見なかったんだ。

配信してるやつをあとで見ようかどうか迷ってる。

2018-03-18

anond:20180318210826

日本もそんな文化だったのに西洋キリスト教文化を取り入れて

恋愛至上主義取り入れて貞操観念上げて西洋に追いつくでーと頑張った結果文化的に奇妙と笑われ

結婚できん三十代の魔法使い男女がウゾウゾ腐ってる地獄絵図になってしもてなぁ

2018-03-16

天下一絵文字武闘会

👨‍🚒: 消防士格闘技は専門ではないが基礎体力や緊迫した場面での判断力は抜群。

😎: ヤンキー彼女に良い格好を見せるために出場。腕っ節には自信がある。

👨‍🌾: 農夫。戦闘力消防士には劣る可能性があるが、こちらも基礎体力は高い。

🤡: ピエロペニーワイズの可能性もある。

🧞‍♂️: ランプの精。魔法を使うが、ランプをこすってもらわないと出てこれない。

🧟‍♂️: ゾンビ。リミッター解除により異常な力を出せる。しかし頭が悪く、火に弱い。

🦄: ユニコーン非処女に対して特に強い。

🧙‍♂️: 魔法使い。ランプの精ほど荒唐無稽ではないが魔法を使う。温厚だが怒るととても怖い。

👳‍♀️: インド人天空×字拳を使うかもしれない。

🧝‍♂️: エルフ。ランプの精ほどではないが魔法を使う。不死であり知識豊富

🐉: 神龍ピッコロ大魔王に殺される。

👻: おばQ。高橋尚子可能性もある。

💩: うんこかわいい、踏むとダメージ

🌞, 🌝: 太陽と月。ペンギン村の昼夜を管理する。

ところで魔法使いの絵文字ガンダルフかと思いきや、

Apple絵文字だとコスプレしたクリストファー・リーにも見えるがどうだろう?

男性向けの百合百合じゃない」っていうのは「エロが嫌」ではない

 まず発端の百合展中止に抗議したフェミはいなかったということは言っとくね。

 ふともも展とは趣旨も違うし、「百合展まで中止させられた!フェミめ!」ってツイが流れてきて「えっ百合展なんてあったんだ」って初めて知った人ばかりだったよ。

 さて、フェミというのは「なんかやたら男が好きなエロ文句つけるうるさい奴」と思われてることが多く、今回の「男性向けの百合百合じゃない」も「エロだろーと女二人の恋愛もの百合だろーよ、これだからフェミエロを目の敵にしやがって」と反発を感じる人がいるのはわかる。

 わかるけど、男オタクと女オタクはかなり前提が違う。

 主語が大きくてほかの人を巻き込むのは悪いのでここからは『私』の主観の話をするね。

 あのね、「女=俺のためのもの」って思想創作物うんざりしてるんだよね。

 まずさ、男がエロ好きなのは当然と思われてるけど、女が性的ものを好むのははしたない、更には好色であると見る風潮あるでしょ。

 例えば無理矢理強姦される作品を読んだり描いたりすると「そうされたいんだろ?」と言われる。男女エロなら当然のように言われるし、BLであっても何故か受けに自己投影していると見なし嘲笑う人が沢山いる。

 私ずっとこれが不思議だった。BLで受けに自己投影する人、いることはいるけど、少数派だ。仮に自己投影してたとしたって、それの何が問題なのか? その人の勝手じゃない? なのに何故腐女子でもない部外者が訳知り顔で「腐女子は受けに自己投影してるからBLの男は男じゃない」とか言うのだ?

 で、男性向け界隈を覗いて見てやっと腑に落ちたんだけど、男性向け、当たり前のように自己投影がある。

 元々そうだったし、主人公無双して美少女ヒロインハーレムを築く話が山ほど創られている今は更に加速してる。男性向け界隈では自己投影スタンダードであり、「美少女に俺がモテる」が普通だと思い込み過ぎて百合にもそれを求める人がいる。女性しか出ない創作物一見自己投影できる存在がないように思われるが、しかし彼らにとっては「女キャラ=俺のためのもの」なので、出てくる女キャラは画面の向こうのオレに媚びているという思考が前提としてあるのだ。

 

 まぁそれならそれでいいんだけど、あなたがたの趣味はどうでもいいんだけど、厄介なことにこの手の人達は「絶対腐女子自己投影してる。お前ら尊いとか綺麗ぶってっけど本当はエロいこと好きなんだろーw エロいことされたいんだろーw」って決めつけと嘲笑をぶつけてくるのだ。

 BLエロは主に「好きなキャラエロいとこ見たい」という願望の結果なのだが、「女=俺のためのもの思考の人は女が主体的に男のエロいところを見たがるという行動が受け入れられないので、「受け=女側、つまりエロいことされてる受けを見て自分エロいことされてるつもりになってる」という解釈をする。

 このような揶揄を向けられると、腐女子はついつい「自己投影じゃないしエロけが目的でもないし――」と反論してしまう。

 何故なら実際に8割ぐらいの腐女子自己投影じゃないしエロけが目的でもないからだ。そして、エロい女だと蔑まれている状態に焦り、誤解を解こうとして強く否定し、自ら「BL自己投影なんてイタい」と言うようになる。

 これは男性が言われる「お前ホモだろw」に似ていると思う。言われた側が元々同性愛者に対する差別意識がなくても、「お前ホモだろw」にこめられた嘲笑を感じ取り、「もしホモだと誤解されたらヤバいことになる」と思い強く否定してしまう。「まさかホモなわけねーじゃん。キモいし」みたいに。

 本来同性愛者が堂々としていいのと同じように、BL自己投影する人もエロ創作大好きな女も堂々としていいはずなのだ。そしてそうじゃない人も、「お前ホモだろ」「お前エロいこと好きな女だろ」と言われた際に、「違うけど、もしそうでもいいじゃん」と返すべきだ。

 しかオタク界隈にはかなり強固に「女は男をエロものとして扱うべからず(男はいくらでも女をエロく扱っていいよ!)」という暗黙のルール存在している。

 いや、というかぶっちゃけ暗黙じゃない。

・男キャラ二人が並んでる絵だけでBL扱いされる。

・男キャラ複数いる作品BL扱いされる。

腐女子に人気のある作品BL扱いされる。

PIXIVBL二次創作ばかりがランキング上位を占めるようになると「腐女子侵略された、BLキモい」とクレームがつけられる。

 などなど多数。

 この「BL扱いされる」は正確に言うと「BL扱いされて気持ち悪がられる」である

 現在PIXIVは男女別にランキングを分けたことで理不尽クレームからは逃れたようだ。

 が、イラストランキングを見ればはっきりとわかる傾向がある。女キャラ露出が激しく、扇情的ポーズのものが多くランクインしている。男キャラはそうではない。これは女オタクが男キャラエロく描かないせいではない。ちょっとでもエロかなと思ったら、表紙にしないかR18に設定するからだ。

 私は気が向いたらランキングを覗くのだけど、いつ見てもそう。女キャラは平気でエロいのがばーんと出てる。男キャラはとっても健全

 これほど気を使っていても腐女子は「原作はそうじゃないのに男同士でくっつけちゃって申し訳ない。BLきじゃない人に見せないようにしなきゃ」という人が結構いる。私もそうだった。

 でもさぁ、私、男性向け二次エロ描いてる人で、「原作はそうじゃないのにエロにしちゃって申し訳ない」って言ってる人見たことないんだよね。

 当たり前のように「男女エロ普通、女をエロく描くのは普通」って考えなんだよ、男性向けって。「女=俺のためのもの思考蔓延している。

 それに気づいたとき、「あ、この人達あんなに腐女子を責めるけど自分らのことめっちゃ棚に上げてる……図々しいな」って思っちゃった。

 そう、「女=俺のためのもの思考の人は図々しい。自分達の考えを押し付けてくる。自分達の嗜好に沿わない者を排除しようとする。そのくせ「腐女子侵略された」とか被害者ぶってる。

 しかも男がやる創作と女がやる創作基準を明らかに変えてくる。

 「魔女集会で会いましょう」という創作ブームがあったとき、基本形となる「魔女が拾った少年が成長して魔女を守る」という話に、「男女逆なら幼女レイプと同じ」って文句つけてた人いたけど、違うよね。男女逆なら「魔法使いが拾った少女が成長して魔法使いを守る」だよね。まぁこの「守る」は「慕う」でもいいけど、絶対幼女レイプは対比にならない。

 が、「女=俺のためのもの思考人達にとっては、「魔女が拾った少年が成長して魔女を守る」は幼女レイプ並に罪深いのだ。何故ならこの創作は突き詰めて言えば男が女を喜ばせる類のものからだ。女の欲望に沿う形の男キャラが描かれることが我慢ならないのだろう。

 このように、「女=俺のためのもの思考人達基本的に、創作キャラのみならず現実の女の人権無視してくるので本当にうんざりする。

 以上のような前提があるので、私は「男が部外者のはずの百合にまで『女=俺のためのもの思考を持ちこむなや」と言いたい人たちに共感してしまう。

 落とし所としては、「女=俺のためのもの思考で描かれた女同士の恋愛ものは別ジャンルとして確立する、かな。

 ゾーニング大事




 以下、百合とは関係ない「女=俺のためのもの思考人達に関する愚痴

 ふともも展もそうだけど、この人らマジであらゆるところに自分のためのエロ要素をしこませようとする。

 エロじゃないですよというふりをしてエロ公共の場にひっぱりだし、エロとして楽しんでるのに指摘されると「エロじゃない! エロいと思うお前がエロい!」と逆ギレする。

 わかりやすい例をあげよう。

 雑誌建築知識』のこのイラスト

https://twitter.com/ismiiiru/status/931479789361233922

 困り顔女の子自分の服をおさえて「どこまで面積小さくなっちゃうの?」と言っている。

 ゾーニングされるようなエロイラストではないように見える。が、明らかにこれはエロ文脈で描かれている。

 何故わかるか。

 仮にこれがエロじゃないとしよう。

 するとイラストは単なる困っている、あるいは恥ずかしがっている少女だ。敷地面積の解説に何故嫌な思いをさせられている少女を出すのか?

 少女意思に反して服は縮む。少女はそのことに不安を感じている。

 つまり、読者は、いじめられている少女を見せられている。

 いじめられている子を見た普通の人の反応は「可哀想」だ。敷地擬人化可哀想がらせる必要がどこに?

 編集部がよっぽどすっとぼけ性格でない限り、「可哀想女の子イラスト敷地面積の理解に役に立つ! 読者にも喜ばれるはず」とは思わないだろう。

 だから正しくは、「服が縮むのを恥ずかしがってる女の子エロいか男性読者に喜ばれるはず」なのだ

 だがまぁ当然、これは「恥ずかしがってる女の子エロい」という性癖人間以外にとっては普通に「可哀想女の子である

 そして『一般向けの雑誌エロ文脈を持ちこむこと』『可哀想女の子エロいと見なすいじめっ子精神無自覚なこと』に嫌悪感を覚える。

 日本、恥ずかしがる女の子エロ扱いするの滅茶苦茶一般エロ扱いされてるけど、あれ特殊性癖だよ。特殊性であること自体は構わない。でも「自分はいじめ創作が好きなのだ」という自覚を持ってくれ。そして一般向けにそれをどうにかして持ち込もうとする努力を止めてくれ。

 「女が嫌がってるのとか恥ずかしがってるのエロくていいよね」と自分の不幸を喜ぶ奴らが日常的に現れるの本当にキツいんだよ。

2018-03-11

5年前くらいに見た勇者ssを見たくなって探してるんだけど見つからないなあ

勇者魔法使いとかとセックスしまくる一方で、男僧侶心理を描いてるやつ

2018-03-07

魔法使いキャラで誰が好き?

魔法使いあるいは魔女、あるいは魔女っ子で誰好き? あるいはどんなタイプが好き?


俺は魔道物語ぷよぷよウィッチみたいなオールドストロングスタイル魔女が好きだなあ。

からキキも好きっちゃあ好きだし、古きをたずねてモンスターメーカールフィーアなんかも好きだし魔理沙も勿論好き。

2018-02-28

日曜日人間を食った

最高の1日だった。オーク生最高の日だった。

戦士魔法使い僧侶遊び人勇者

などを食べた。

筆舌に尽くしがたい味だった!

俺は低ステータス雑魚だが、人間さえ食えればオーク生は幸福なんだ。

ここでゴブリン死ねとかよく絡んだりするが、人間を食うとなんだろうな、穏やかになれるな。

あーくそー!

また人間食いてえなあ。

人間が食いてえなあ。

人間のために生きるって素晴らしいなあ。

人間さえ食えればオーク生最高だぜ!!

2018-02-25

俺は普通の取り柄もない人間魔法使いじゃないよ。

2018-02-20

なんでオタクはすぐ異世界に思いを馳せるのか

  • 「ここじゃないどこか」なら活躍できる期待?

2018-02-17

anond:20180216151153

まとめ見たけど、「息子みたいな彼氏」なんてストーリーですらないものが大多数な気が。

大抵魔女は若くて歳を取らない前提だから、息子が成長すると同世代~息子の方が年上にしか見えず

「母と息子」と言うリアリティなんかまったく感じられない。

魔女少女で息子がおっさんになっても少女のまま、という設定のものもあるが、よくあるおっさん×少女萌え一種だろうし。

いずれ息子の方が先に死んでしま悲劇性も共有されてるだろうし。

男女逆なら炎上とか言ってるけど、むしろ

「男の魔法使い少女を拾って育てる。男はいつまでも若いままだが少女大人になりおばさんになる」という前提だと

女性向けにしかならんだろ。

2018-02-11

一生魔法使いでいる決意をした

自分世間で言う魔法使いまり恋人いない歴=年齢ってやつで、もちろん性交渉したこともない。ごくごく普通の家庭に生まれてごくごく普通に生きてきたけれど、その機会だけには恵まれずとっくに30は過ぎた。

そんな自分が、たまたまネットで知り合った人と会うことになった。相手から会いたいと言ってくれた。サッカーが好きな自分相手サッカーに興味を持ってくれたことが嬉しかった。

魔法使いではあるけれど、異性に対して特に苦手意識はない。週に3回しているフットサルではmix活動しているし、異性とのぶつかり合いやら触れ合いやらは日常茶飯事だ。会話だって男女いる職場から話せないということはまったくない。だから、会ってすぐは問題なく楽しく過ごせた。普通にカフェコーヒーを飲み、ネットの中と同じように会話をした。

違和感を覚えたのはこの後からだ。行き先の関係バスを待っていると、相手自分距離がやたら近い。手がぶつかってしまって、ごめん、と謝った程だった。

それがぶつかったのではないと気付いたのはバスに乗ってからだった。

隣同士で座ったのだが、満席でもないのにかなり詰め寄ってくる。しかもどんどんと近くなる。ふと気がつくと相手自分の手を這った。しばらく放置してると案の定手を握ってきた。わざわざ携帯を持っていた自分の手を無理やりほどいてまでだった。

恥ずかしい話、硬直してしまった。さっきまで親しげに会話ができていたのに、急になにがなんだかわからなくなった。もしかしてスリを狙われているのではと勘ぐり、手を払って携帯を握りなおした。すると今度は逆の手を握りしめてきた。近いと文句を言っても手を払っても無駄だった。仕方ないので目的地にたどり着くまでのバスの間は放置した。

目的地についたらついたですぐまた手や腕や肩を求めた。もちろん拒否して距離をとった。叫ばれたりしても迷惑なのでただひたすらに和やかに距離をとった。

目的が終わって帰りのバスが一番ひどかった。眠いと言って肩にもたれ、しきりに手を這っては自分の手を握りしめてくる。キスを求めてきてるのも明らかだったけれど、懸命に押し返して距離をとった。けれど懲りずにまたしてくるの繰り返しだった。早く駅についてくれと何度も思った。

ようやく駅について、相手が年下だったからということも合って早々に駅から相手の家までのバスに無理やり押し込んだ。おなかすいたやらまだ帰りたくないやらついて行きたいやらなにやら言っていたけれど無視した。

一人になったあとは、あまりの気疲れに頭が痛くなった。

目的のことはもちろんほぼ記憶にない。

これは異性嫌悪なのか経験のなさからの戸惑いからなのかわからない。

けれど、もう駄目だと思った。今後こんなことは誰でも無理だ、と。そして頭の中でみんなこんなことしてるんだなとぼんやり思った。

とにかく出会い目的って都市伝説でなかったんだな。ヤリたいならむしろヤリたいと言ってくれ。自分には相手は無理だけれど誰か紹介くらいはするから

この件を経て、ようやく一生魔法使いでいる決意をした

※追記

妖精魔法使いしました

2018-02-10

落合陽一のすごさが分からない

現代魔法使い」の出典も分からない。またマスコミ自作自演してるだけなのでは。

メディアアーティストならジョン前田とかの方がセンスあると思うんだけど。

落合陽一とか猪子寿之すげーって言ってるやつ、たいしてメディアアート知らない説を水曜日のダウンタウンでやって欲しい。

いや、それはまあ別に良くて、とにかく、落合陽一の何がすごいのか教えてエロい人!

2018-02-05

まだエロゲーやってる奴いるんだ……ってなるよね?

ランスXはまあしゃーないよ。

ブーム終わるタイミングラストスパートかけ始めてその名残が残った結果だから

ノラととみたいなアニメが人気だった作品原作やるのもまあ分かるよ。

でもエロゲ業界の中でしか話題になってないエロゲやるのは流石にもうねーよ。

いくらなんでもエロゲとかもう時代遅れでしょ。

ラノベと比べて濃度の低いストーリー、長過ぎる共通ルートの退屈さにクライマックス唐突さ。

エロシーンはノベルゲーならおまけ程度、抜きゲーでもテンプレだらけで目新しさへの挑戦は同人ゲーに遥かに劣る。

流石にもういいんじゃね?

エロゲやり続ける必要なんてないんじゃね?

自分人生をいい加減自由にして、別の趣味を探しに歩み出しても罰は当たらたないと思うよ。

魔法使いが生きていけるのはエロゲ世界だけだなんてルールはないんだぜ。

2018-02-04

彼女欲しい

彼女ができないままアラサーになってしまった。もちろん魔法使い予備軍だ。

今まで彼女がほしいとは思ったことがなかったんだけど、最近極端にひとりでいることが寂しく、

なかなか就活社会復帰が上手く行かず、そんな中過ごしていると、人生経験の少なさにふと死にたくなることが多くなってきた。

そんな寂しさを埋めるために彼女が欲しいのかもしれない。

他人で寂しさを埋めようとしても完全には埋まらないことはわかっているのに。

けれど、彼女が欲しい。こんな気持ち悪い孤独童貞無職にも(そして薄暗い学生時代自分にとっても)救いが欲しい。

2018-01-25

みんなの図書館の思い出が散見されるので私も書いてみる。

子供の頃は家に絵本がたくさんあって(と言っても今思えばカラーボックス1つ分くらいか)、繰り返し繰り返し読んだ。

特に好きだったのははらぺこあおむし。今銀座はらぺこあおむしカフェがあるらしいね。行きたい。

それと通っていたピアノ教室にも貸出可の本棚があって、そこからも借りて読んでいた。「眠れないの?ちいくまくん」(だっけな……)という絵本お気に入りで、今も内容をよく覚えている。このピアノ教室には10年以上通ったのだけど、ここでもたくさん本を借りて楽しかった。特に作曲家の生涯を紹介するタイプのやつは左から順番に全部借りたりしていた。

小学校の時ももりもり読んだ。こまっしゃくれた子だったので、何かとよく出てくるゾロリシリーズ、あれはなんとなく興味がなくて、図書館では偉人マンガシリーズ子供向け小説をたくさん読んだ。

同級生の間では「ミッケ」が流行っていて、私も休み時間に借りてきた子の机を囲んで探したものだ。ミッケって今もあるのかな?あとあやとりの本とハムスター研究レポート怪談レストラン流行ってたなあ……。「ブラックジャック」や「君の手がささやいている」「ドカベン」など、マンガちょっとあって、その辺も人気があったような。

私は自分図書カード(借りた本を書いていく表)を2枚にすることが目標だった。確か1枚で100冊くらいかけたはず。なんだかんだ「マンガ古典」とか、マンガをいっぱい読んでいた気がします。

それとは別に、市の図書館自転車で15分くらいの距離にあったので、毎週通うレベルで行って借りていた。中学年の頃は「ふたごの魔法使いシリーズなどフォア文庫シリーズにドはまりしていたのと、学校で借りた「レベル21」をきっかけにさとうまきこさんの小説がすごく好きで片っ端から読んだ。レベル21に関しては多分10回くらい借りて繰り返し読んだ。

学校ではすぐ読んですぐ返せるマンガ系、市の図書館では1週間かけられる小説を借りるという自分ルールがあったような。

司書先生は覚えていないが、元増田みたいなルールはなかった気がする。性を考える~みたいなシリーズもあって、「エッチな本がある」と生徒の間でも話題になってみんなで囲んだりしたけど、「騒がしくしないの~」としか言われなかった。


中学生の頃が一番読書狂いだったかも。1年生の時はキノの旅が好きだったのと、小さくて持ち運びやす文庫に惹かれて図書室にある文庫本、気になったものを順番に借りていった。

それから友達の影響で乙一にはまっていたのもこのころだ。学校図書館と市の図書館をうまく利用して、片っ端から気に入った小説家の本を読んでいった。江國香織も好きな作家のひとりだったな。嶽本野ばらとか、もうその年ごろドンピシャ好きなものも読んだりした。乙一短編集で読書感想文を書いて学年優秀作品に選ばれた思い出がある。

中学校結構ラノベが置いてあった。西尾維新時雨沢恵一しか眼中になかったので他は覚えていないけど、ジャンプコミックスノベライズとかも置いてあった。代わりにマンガほとんどなかった。基本的には新着図書から選んで借りる日々だった。

市の図書館の方では、市内の他館や県立図書館の本を予約して借りられるシステムがあったので、それも駆使して気になる本はとにかく借りた。借りるだけ借りて読まなかった本もあった。小学生だったか中学生だったか中村うさぎ小説を借りて性描写のエグさにびびりながらも「大人な本を読んでいる私!」と悦に浸っていたような。本当に生意気なガキだった。今では「残虐描写の宝庫」と言われるグリム童話初版とか、「本当は怖いグリム童話」とか、そういうのもたくさん読んだし、村上春樹ジャズ評みたいなのも読んだ。

描写残酷描写はこの時にすっかり慣れてしまった、小学校高学年くらいから読んでいたし、特別何も思わなかった。

借りるだけじゃなく、文庫本ならたまに自分で買ったりもしていたけれど、やっぱりお小遣いが限られる中学生高校生にとって本屋はありがたかった。ハードカバーの本なんてなかなか買えなかったもの。それに本屋にない古い本も読める。最新の本も読める。

高校受験ギリギリまでしゃばけシリーズにドはまりして読み続けて、司書先生に「入試大丈夫?」って心配されたけど、「でも新刊でちゃったし」って返したら「そうよね。気になるもんね」と言われた。

こんな感じで本ばかり読んでいたので、家族には「また本ばっかり読んで!」と怒られたりした。大体の家庭って子供が熱心に本読んでたら褒めない??あまりにも私が本を読みすぎるので、一度怒った父親に市の図書館で借りた本を取り上げられて、返却期限過ぎても返してもらえず困ったことがある。


高校生になると市の図書館にはあまり行かなくなった。というのも高校図書館は一度に5冊まで借りられる上、読みたい本が大量にあったからだ。

その頃は桜庭一樹バチスタシリーズが好きだったので、図書館にあるものは全部読んだ。それからその頃話題になった本は、時間が許す限り読んだ。当時所属していた部活の部室が図書館のすぐ上にあって、部活に行く前に図書館を必ず覗いていた。2年生の時などは担任図書館担当だったため、あれこれ本について話した。

その先生とは別に図書司書先生がいた。しょっちゅう図書館に行くので顔を覚えられていて、ある時すでに借りられていた本の予約をしたいと申し出るとすごくフランクに接してくれた。ついでにこの本の続編が最近出たけど入れる予定はあるか、と尋ねたところ「生徒からリクエストって言えば大体買えるのよ!欲しいものはじゃんじゃん言って!入れるから!」と言われた。そうなんだ!と思ってそれからは読みたい本があるたび司書先生の所へ行った。「先生~あのシリーズ読みたいの~」「オッケー。入ったら担任先生に伝えとくね」こんな感じ。

それとちはやふるが全巻置いてあって、受験勉強の合間に読んだ。千早かるたへの情熱を見ては勇気づけられた。調べもの図書館に行くことはなかったけれど、娯楽のための読書としては本当に高校図書館は最高だった。


大学図書館では、研究のための書籍資料を探すために足繁く通った。ただ、小説など娯楽のための読書生協で買うことの方が多かった。アルバイトを始めて、ハードカバーも買えるようになったからだ。

大学図書館はこれまでの図書館と違った魅力があった。研究のための、その分野の専門書がたくさんあった。それこそアルバイトで稼いだお小遣いでは揃えきれない大型本や古い専門書は本当に楽しかった。


これを書こうと思ったきっかけは、まあ繋がないけどとある図書司書さんのエントリで。

自分図書館体験を振り返ると、本当に恵まれていたな、と思う。親に読みすぎと言われた以外、読みたい本を読めないという思いをしたことがない。もちろん図書館に置いていなくて……ということはあったけれど、大体の場合、他館から取り寄せするとか購入してもらうとか、そういう手段でどうにか手元に呼び寄せた。好きなものを好きなだけたくさん読めた。

そう思うと今の図書館とか教育現場ってどうにも窮屈なのかもしれないな、と思う。

親友小学校教諭になってすごく苦労しているけれど、学校図書館も同じように大変なんだな、と思った。中学生の頃に図書館にあった本を見るに、恐らく同年代だと思う。高校図書司書先生のおかげで図書司書に憧れた時期もあったので、憧れを貫いてその職に就かれたことは本当に尊敬するし、その上で様々なギャップ人間関係軋轢で悩まれていること、とても共感する。(私も司書ではないけれど、憧れの職についたものギャップに耐えかねて数か月で辞めてしまったので……)

ただその司書という職が、子供たちに読書体験の楽しさを伝えてくれること、その後死ぬまで残る財産を築き上げる手助けをしてくれること、身に染みて感じているので、どうか身体を壊さないように、がんばってほしいな、と思います。とても無責任応援申し訳ないのだけれども。

2018-01-22

30歳まで童貞なら魔法使い云々は廃れる

レアケースだから盛り上がったネタ

5年くらい前からレアじゃなくなりすぎた

あと10年もせずに絶対廃れたネタになる

2018-01-13

anond:20180113021713

西の魔女が死んだという小説だと魔女修行は何でも自分で決められるようになることと言っていた

高度に発達した科学魔法区別が付かないと言うし

薬草ハーブに詳しい人を魔法使いと呼んでた時代もあるようだし

何か得意な魔法が見つかるといね

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん