「尊重」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 尊重とは

2018-11-18

anond:20181118140948

ちょうどいいタイミングなのでクリスマスプレゼントすればどうですか?

それをどうしても使ってくれないのなら、旦那価値観尊重した方がいいとおもいます

anond:20181118105341

「おいおい考えていけばいいんじゃない?」≒

「女はいずれ子供欲しがるに決まってるんだから適当に宥めて放置しとけばいいだろ」

or「結婚さえしてしまえばこっちのもの、嫌がろうが無理やり孕ませてしまえばいい」

だろうから、むしろすぐ婚約解消した増田彼氏の方が(相手意思尊重するつもりがあるという意味で)まともだと思う。

anond:20181117113030

メイク好きだからこそこういう人見ると腹立つ。

自分が好きでやってるからこそ、他人が好きじゃなくてやらなくても尊重したいのに。

だいたい、褒めてるつもりでも他人の顔パーツに言及するのはクソ失礼。相手謙遜してる辺りで別に親しくもないんでしょ……

anond:20181117232409

被爆地の被害がどうたらっていうなら、まず被爆者がどう思ってるか? ってのが重要じゃない?

被爆者の人達って同じ日本人差別されてきた訳じゃん

なのに今回の件は被爆者を差別してきた側の人達が、勝手被爆者を代行して怒ってる

長崎人間としてはなんだそりゃってのが正直なところなんだよ

それでもまだ原爆の事とか、核廃絶活動の事とかについて真剣に考えて、その上で自分なりの考えを持ってるならまだ分かるんだよ

真剣に考えた結果が核武装論だったり、確証破壊保証推し進める立場になるなら、それは一つの考え方として尊重されるべき

でもそういう風には全く見えない人が大半なんだよ

とりあえず韓国叩ければそれでいいやっていう様に見える

そういう人達被爆団体が今回の件で抗議してないって批判してるの見ると、なんつーか言葉にならない

なんでこんな事になってるんだろうなぁ

2018-11-16

anond:20181116012136

短絡的な人も短絡的になる背景があるとは思えませんか?人間ですよ?短絡的になることだってあるでしょう?寄り添えないですか?

あなた無意識相手に「性の衝動を抑えられる立派な男性」のジェンダーロールを求めていませんか?本当に?本当に?本当に?本当に?本当に?本当に?本当に?

尊重できるんですか?尊重しているんですか?尊重した結果がその2行ですか?本当に?本当に?本当に?本当に?本当に?

短絡的すぎる人に価値はないですよねえ?人間だったら短絡せずに人を人として尊重する立派でなくては人間ではありませんよねえ?やっぱり人間であるハードルって高いですねえ

anond:20181116011215

尊重する、承認するということ=性愛生殖という考えは少々短絡的すぎるのではないでしょうか?

それにパートナーを選びの決定権は女性だけでなく男性にもありますよね?まるで女性けが男性を選別する悪の性別であるかのような書き方ですね。

anond:20181116004730

その「みんな」あるいは「私の周りの"人間"」の中には「私を人間扱いしてくれない何者か」は入っていないんだよね。

「私の周りの"人間"」から除外されている人間がいるわけだよね。敵としてすら認識されていない。障害物的な何かだ。

「生きているだけで私を人間として尊重してくれない誰か」は、私の周りの「人間」ではないんだよ。「人間」ではないわけ。つまりさ…わかるかな。

この増田自身

生きているだけで尊重しあう

ことはない。

自分尊重されたと感じて初めてその相手人間だと感じる。自分尊重することが「人間」としての条件なわけだね。

よりうがった見方をすれば、自分尊重していると自分に伝えられるほどのコミュ力品格、家柄その他社会的ステータスもろもろを相手を「人間」として扱うための条件に暗に含めているのだよね。

そもそも人間であることのハードルメチャクチャに高いのさ。だから生きているだけで尊重とか寝言を言っていられる。

増田が言いたいのは、生きているだけでは人間ではないってことさ。図らずも証明してしまったよね。

anond:20181116004145

自分職業子ども達に「あなた存在するだけで尊重されなければならないんだよ」と伝える立場かつ女なので、現実にそういった状況やご意見があることとても参考になります。私も気づいていなかっただけで享受していたのかもしれませんね。

anond:20181116004730

差別とは関係ない世界に生きてきたあなたは、その世界を広げなくていいの?

これまで尊重されてこなかったたくさんの人々に対して、あなた自身が「人間であるだけでいいんだよ」と言ってあげないの?あげられないの?あげたくないの?

私はジェンダーによる差別とは関係ない世界に生きてきた

幸せだった

それに気づいた

ありがとうみんな

私の周りの人間は互いに尊重していた

生きている、それだけでよかった

この得難い環境をくれた神様にも感謝

anond:20181116003310

他に複数名が答えてるけど、俺から見ても「含まれます」が回答だと思うよ。生きてるだけで尊重される男なんかいない。これも他の人が書いてるけど完全に同意

anond:20181116003310

そもそも男性普通に生きているだけで人格尊重されたりしません

社会的に実績のある、信頼に足る人物である、自立した人間である、という

いわば「男性ジェンダーロールそのものの条件を満たさなければ人間として扱われることはありません

ゴミのように扱われ、ゴミのように捨てられます つまりただ生きているだけの男性というのはゴミなんですね

ちなみに誰がゴミのように扱うかと言うと、ほかならぬ女性がそうするんですね

女性男性ジェンダーロールを求めるので、それを満たさなければ生きている価値はないと教わるのですね

まれときからそのように教わり続けるので、反抗する気力は奪われます

ほとんどの一般的男性は今でもそういう世界に住んでいるんですね

それを回避するために社会的ステータスを保っておかないといけないんですね

生きているだけで異性から人間として尊重されていると勘違いできるあなたは実に幸せだと思います

男性には無い幸せでうらやましいですね

anond:20181116003310

そりゃそうでしょう、男というのはただいるだけで尊重されるような存在ではなく

何の取り柄もない男は男女どちらもゴミクズのように扱うわけですから

まりは「一人の人間として扱う」というのがすでに贅沢と言えば贅沢なわけです

anond:20181116002408

じゃあ私も気付いていないだけで男性から好意を利用してたりするんですかね~

穿った見方かもしれませんが人としてある程度人格尊重して話してくれる、とかすらその「好意」の中に含まれたら悲しいなあと思いました

2018-11-15

anond:20181115181407

文脈尊重しないというのはずいぶん乱暴な言い方だなぁ。その文脈素人でも分かるように噛み砕くのがメディアの主な役割でしょ。いちいち自分で全部調べて経緯を理解した上で判断するって相当難しいよ。はてブでも、自分の詳しい分野のエントリ見て、その後ブコメ読んだら「はてなー馬鹿すぎない?」って感想出てくる事あるでしょ。そこまでの熱意のない問題メディア報道の内容から読み解くしかないわけで、それを浅学であると言ってしまうのはずいぶん乱暴だと感じる。自分門外漢じゃないニュースが世の中にどれだけあるんですかね。

anond:20181115181033

是々非々でやりますって聞こえはいいけど

要は文脈尊重しないで行き当たりばったりってことだし

いいわけでもなければ正しいことなわけでもなんでもないぞ

anond:20181115180042

俺は「表現の自由」を尊重している。

フェミは「萌え不快」だと表現した。

それに対して俺は「フェミお気持ちですやん」で終わりなの。だって不快という気持ちを表すのは表現の自由なんだから

表現の自由戦士はそれ以上に「表現の自由を侵すな」と言ってるの。議論もなにもない増田で。

から馬鹿だっていってんの。

anond:20181115174612

自由尊重フェミへの呪詛を一日中吐く事と同義かと言われたら、そりゃあねぇ・・・

2018-11-14

BTSジミンのTシャツの件

うまくまとめられないと思うけど、気持ちを吐き出したくて書き留めることにしました。

タイトルの件については検索したらいくらでも出てくるし、検索してこのブログがかかるようなものだと思うので説明は省きます

前置きとして。私は広島出身の者です。

20代半ばまで広島で過ごしました。

小学校入学前に初めて平和記念館へ行き、小学生中学生平和学習と何度も平和公園へ訪れています

原爆の日夏休み中の登校日で黙祷をし、原爆を題材とした映画鑑賞をするのが毎年恒例な小学生時代でした。

就学前の資料館への訪問で強烈に"怖い"という感情を持っていたので、映画鑑賞は開始10分も経たないうちに気分が悪いと保健室へ行くのも毎年恒例でした。

祖母原爆被害者被曝者健康手帳を持っており、小さい頃から原爆についての話を聞いて育っています

さて本題に戻ります

今回の件を見かけた時に真っ先に感じたことはビルボード以降アンチ記事が目立ち始めた。でした。

過去事象を持ち出し、テレビ出演がキャンセルになるほど問題視される。異常だなと感じています

ひとつ情報操作を見た。そう思いました。

そこで怒りの発端となる原爆です。

原爆について詳しい方がどれくらいいらっしゃるのでしょうか。

何を根拠、信念とし怒っているのでしょう。

広島で生まれ育ち、被曝した祖母から生の話を聞いてきた私は今回の件はどちらかといえば擁護派なのかもしれません。

なぜなら、原爆悲惨さを知っていて原爆揶揄する為にあのTシャツ存在すると思えないからです。

現にTシャツデザイナーからもそのような意見が出ているという記事を見かけました。朝鮮独立を祝う象徴に過ぎないと。

その意見尊重して続けます

無知は罪なのでしょうか。

そして、広島出身であり原爆被害者家族もつ私がこの件を憎まないことは罪なのでしょうか。

私は韓国教育されている歴史に興味ありません。

また、自分が受けた原爆教育経験があってもこの件が必ずしも許されないことだとも思いません。

そして日本活動する韓国人に日本歴史を学ぶべきだとも思いません。

ただひとつ

広島で生まれ育っていない縁のない人間広島を持ち出して批判していることは許せません。普天間問題と同じです。

叩きたいだけで広島原爆を利用しないで欲しい。

11月13日東京ドームの公演へ行きました。

この目でジミンの様子を観察しました。

私は自分の目で見て感じたことを信じたいと思います

彼らの真意がどこにあろうと。私は自分が見て感じた彼らが全てで、彼らの真意以外の意見は私の見て感じた彼ら以上になり得ないです。

そして彼らの真意は表に出ることがない。それでいいと思っています

公演レポートを見ただけで判断してファンを辞める方、溢れんばかりの批判記事鵜呑みにしている方。

韓国叩きにこの件を利用している方。

きっといなくならないでしょう。

私のこのブログも本当に広島出身者なのか本当だとしたら頭がおかしい、そんな風に思われるだろうなと思っています

嫌韓反日が歩み寄ることがないように、己の批判一時的にでも中断し相手を知ろうとすることはできないでしょうから

原爆を、広島を、叩く為に利用しないで。

広島出身者が必ずしも批判側にいる訳ではないという思いでこのブログを残します。

滅べって言い過ぎ問題

最近はてな界隈、なんでもかんでも滅べって発言多すぎないか

たばこ、酒、自転車ゴルフetc

そのくせ、萌え絵規制になると途端にフェミ死ねみたいな感じだし。

俺の嫌いなものは憎いから滅ぼしてよし。俺の好きなもの大事から徹底抗戦

自分の好きなもの規制されたくないなら、人の好きなもの尊重すべきでしょうよ。

もしくは人の好きなもの規制したいなら、自分大事ものも軒並み規制されても文句言うなよ。

自分のことを大事にすると世界が変わった、ただの私の話

私はこれまで、自分無能で、ダメで、最低で、クズ人間だと考えていた。

いや、厳密には、自分ことなんてどうでもよくて、どうでもいいと思うほど優先度の低い存在だと考えていた。

そう考えていた時期の私は、思ったとき風呂に入れず、飯も食えず、眠れず、学校にも行けず、課題もできず、仕事も手につかず、PC の画面ばかりを眺めている、廃人だった。

精神科には、行けなかった。

次のような思考根本としてあったからだ。

「僕にはなんらかの精神疾患があるだろうけど、そう思うのも自分の考えだし無視していいや。精神科に行こうと考えても無駄だよ。」

苦しい日が、何ヶ月と続いた。

自分の考えなんてどうでもいい」という強迫観念は、どこまでも私を蝕んでいった。

次第に、他人に助けを求めるようになった。

精神科に通う人のブログを見て、友人に「僕はね、自分ことなんてどうでもよくて、自分の考えなんて無視していいと思っているから、精神科に行こうにも行けないんだ。誰か、僕に精神科を勧めてくれないかな。勧めてくれたのなら、自分の考えを信じることができるから。」と言っていた。

一方でこの時期の私にも、たまに元気なときがあった。

元気なときは、「できたらいいな」と思うことは「よし、やろう」と意気込んで行動できていた。

元気なとき共通することも、実は気づいていた。

それは、「自分の考えを尊重していること」だ。

「いや、自分の考えをどうでもいいと思っているなら、自分の考えを尊重できるわけないだろ」

と思うかもしれないが、いや、「自分の考えをどうでもいいと思っている状態」がそもそも異常だったのだ。

精神が正常な状態では、自分の考えがどうでもいいとは思わない。

まりときには「自分の考えをどうでもいいと思わない状態」があったということだ。

このことに気づいてはいたが、「本当にそうか?」と疑い、「それもまた自分の考えだから信用できない」と考えている自分がいるのも確かだった。

気づき大事にする自分と、気づきを隠そうとする自分、双方が存在していた。

双方が存在していたからこそ、気分の波が激しかった。

ある日は気づき大事にする自分自分大事にするためのメモを残し、またある日は気づきを隠そうとする自分自分の考えを否定するメモを残していた。

そう、私が元気になりつつあるのも、自分大事にするためのメモを大切にすることが多くなったからだ。

もちろん、疲弊し余裕がなく、自己否定ばかりする日がほとんどだった。

その中でも、例えば週に一日でも、気づき大事にするためのメモを残していった。

そして、まず週に一日の自分を大切にする日を作り、次第にその一日一日を増やしていった。

自分を大切にする日が増えていくと、疲弊していた精神も楽になっていくのを感じた。

自分否定するのが大好きで希望を失っていた私は、自分を大切にすることによって生きる気力を取り戻した。

自分を大切にすると、自然と周りの人間も大切にできることに気づいた。

私の世界は、活気の満ちた色に染まりつつある。

2018-11-13

事実の話について

人は事実と信念を分ける。

私の信念ではなく、事実の話だというとき

その事実に当たる部分が善とか悪の価値基準を置かずに話をしたいということだろう。

私はその意志だけは尊重してやりたいが、そうすることである問題を抱えている。

それは事実と信念を分離させる事による問題である

まり、私はこれを事実だと信じていないが、これは事実である、ということが果たして可能であるのかということである

事実と信念をわけることで4パターンできる。

①これは事実で、私はそれを信じている。

②これは事実ではない、私はそれを信じている。

③これは事実で、私はそれを信じていない。

④これは事実ではない、私はそれを信じていない。

①のパターン

これは問題ないだろう。事実であることを信じる。

②のパターン

これも問題ない。事実ではないことを信じている。

③のパターン

これはおかしい。事実なのに、事実を信じていない?

④のパターン

問題ないように見える。事実ではなく、その事実ではないことを信じていない。

事実の話をしたい人に、私はその事実を信じていないなどといえば変に思われるだろう。

だってその信念を切り捨てて話をしたいのだから

しかし、事実の話をする人が、その事実に対してなにも信念を持っていないというのは嘘なのでないだろうか?

事実の話をすることで、信念の話から逃れられると思っていることに、疑問を抱いていたのでこの文章を作った。

何か矛盾があれば返答ください。

anond:20181113094304

この「リベラル仕事してない」とかいイチャモン好きだよなネトウヨは。差別人権侵害問題意識があるならお前が先陣きってお笑い芸人批判しろよ。仲間がいないからすねてんの?

自分他人表現の自由尊重するから抗議しない

リベラル派は「有害から表現規制せよ」というスタンスの癖に批判しない=ダブルスタンダード

2018-11-12

右左のメンタリティ

anond:20181112131244

こういう問題場合

右翼

「もし他人不快にさせるとしても自分の行動は道徳的で正しいことだ。他人自分不快にさせることは許さない。」

左翼

自分の行動や結果の良し悪しより他人お気持ち尊重しなくては。他人自分不快にさせることは我慢しよう。」


ってのが深層心理にあると思うので、ダブスタで片付けられる問題ではない気がする。

結婚に向いていない男性に向けたメッセージ

「夫が定年したら離婚を考えています。夫の年金って、妻が半分もらえるんですよね?」 https://precious.jp/articles/-/8510

人気のブコメをいくつか抽出:

でもまあ、時代的にも事実上旦那さんが仕事に集中できたのは奥さん内助の功みたいだし(奥さん談ではあるが)妥当では?

まあ子育てのためのプロジェクトチームプロジェクト終わって解散したと考えると妥当

労働力再生産や育児を妻に任せきりで働けていたのに「年金横取りとかちゃんちゃらおかしい。

あなた価値観がどうであれ、世の価値観はこのような感じなのだ。これに反発を覚える男性結婚に向いていない。幸い 結婚させようとする社会的圧力は低下傾向にあり、家事労働も道具の発達で軽減されているので、生涯未婚という選択肢も十分現実的だ。かくいう私もその一人に挙げられる。

ミソジニーをこじらせるのも結構だが、価値観対立する場面は 視野が広がるチャンスだ。少しだけ冷静になって自分生き方・考え方をよい方向にできないかを考えよう。

役割分担と謙虚

「二人とも働いて、家事も半々で」みたいなノリは必ず破綻する。家事育児に関連するあれこれを完全に半々にすることなんてできっこいからだ。「どっちかが得しないように全部半々。これで公平でしょ」という価値観対立を生むだけだし、均衡する領域が非常に狭く、環境の変化に対して脆弱な かりそめの安定をもたらすだけだ。

そこで、二人の間で役割を決めるという発想になる。昭和的な価値観では「猛烈リーマンの夫&専業主婦の妻」という役割分担があり、最近価値観では「共働き夫婦家事育児を分担」という分担が一般的になっている。程度の差こそあれ、役割分担を選択するということは、数あるタスクへのコミットメント具合が夫婦間で異なることを意味する。「お金を稼ぐ」というタスクに対して夫が400万円のコミットメントをし、妻が200万円のコミットメントをするという事態は不当ではないのだ。同じく、「幼稚園児の送迎」というタスクに対して、夫が週 1回のコミットメントをし、妻が週 4回のコミットメントをするという事態は不当ではない。

タスクごとに夫婦間でコミットメント具合が異なることを受け入れ、安定した共同生活を営むために必要なことは何か?もちろん、不公平がないようコミットメントの総量が同程度になるよう調整することは大事だが、どうせ、そんなことはできっこない。一番大切なのは、お互いを信頼し、尊重することだ。「確かに俺の方が稼いでいるけど、奥さんはその分面倒な町内会活動をやってくれているし、俺より生鮮食品を安く手に入れる術を持っている」とか、「夫は送り迎えをしてくれないけど、買い出しの際や終電を逃したときにすぐに車を出してくれる」とか。

それでは、このように、お互いを尊重することを阻害している要因はなんだろうか?そのうちの一つとして、価値観の狭さがあげられよう。自分コミット過大評価し、相手コミット過小評価する。「俺は稼いでやっているのに」とか「家事の大変さがわかってないでしょ」などの典型的夫婦喧嘩はこれに起因する。もちろん、価値観の近い相手パートナーに選ぶことはこの問題を軽減させることに寄与するだろう。しかし、このズレは累積して破滅的な結末を迎えることも少なくない。

結局、謙虚精神必要なのだろう。「自分には価値が見いだせないがあの人は一生懸命やっている。きっと私にはまだ十分感じることができない価値があるのだろう。その判断尊重して、今ある不満をぶつけるより事態の推移を見守ろう」。男性には結構独善的な人が多いので、いか謙虚になれるかというのは一つのカギだろう。自分のモノサシを絶対化せずに、相手のモノサシの価値を認めるということだ。

幸せになるということ

あなた幸せになる権利がある。だがその一方、幸せとは何かについて深く考えているだろうか?

日々の仕事忙殺されると、「とりあえず金稼ぎたい。稼げれば幸せになれるっしょ。」「この金をどう使えば楽しいだろ。旅行?メシ?ゲーム?」といった短絡的な思考に陥りやすい。まあそれを否定するわけでもないが、その価値観いつまでも続けられる?とは問いたい。自分幸せになるという課題に対してもう少しの熟慮してもよいとは思わないだろうか。そして、「普通の」人間にとって幸せ生活には結婚という家族形態が伴うことが多いのも事実だ。

あなた、本当に結婚しなくていいの?結婚をしなくて幸せになれますか?

結婚に向いていない男性に向けて

私は、仕事が嫌いで、自分が一番頭がいいと思っていて、社会性を獲得しきれずにおり、お金が一番好きで、家事になんの価値も見出さず、子供が嫌いだ。若いころは性欲ドリブンで結婚をしようかと思ったこともあったが、30も半ばを過ぎて落ち着いた今は結婚をしていなくて本当に良かったと思っている(もし結婚していたら、相手も全く同じことを思っていただろう)。

だが、それとこれとは話が別だ。結婚に向いている男性というのは、同時に対人関係が良好な男性という側面もある。結婚しなくていーや、という単純な話ではなく、社会で上手くやっていくために、結婚に向いている価値観を身に着けたり、身に着いているフリをすることは大事だと強調したい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん