「尊重」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 尊重とは

2022-01-21

anond:20220120204734

はてサ」と揶揄されるくらいには政治的傾向があるし,尊重もゴザ叩きしてたしな.

2022-01-20

anond:20220120234125

ぜんぜんいいよ。優生学に一ミリ正当性いから。

いいっていってくれる連れ合いがみつからないなら外国いってもいいよ。

日本人特に増田にくるような日本人)が奴隷根性すぎて相手を食い物にしようとしてるだけだし付き合う理由はない。

ここの価値観に染まると「でもでもだってぇ」と唱えてお互いをケチ付け牽制してばかりいるうちにつまらない人生が終わる。

尊重しあえる相手と暮らせるならだれでもいいのに、悩む必要がない。

若くてお互いに相手にあわせられる余地があるうちにさっさとゴミためから出て行って幸せになれ

今日がこれからのおまえの一番若い日だぞ

anond:20220120185118

こうやって真面目なだけの人を侮辱するのが世間の全員だから

じゃあそんな連中を尊重する必要もないよね

anond:20220120191523

🙅‍♀️人文社会系の一部の学者は、実際に組織運営していく上では役に立たず、害悪しかなってないんだよ。

🙆‍♀️ 一部の人間は、実際に社会運営していく上では役に立たず、害悪しかなってないんだよ。彼らを社会構成員として認めてゆくべきか?意見尊重しなければならいのか?どこまで?

オープンレター問題は、人文系学者ムラの小さな問題のように見えるが、日本学術会議の任命拒否問題と直結している。

からおまえらもわかったろ?こういうことなんだよ。実はフェミニズム問題でもキャンセルカルチャー問題でもないんだよ。

人文社会系の一部の学者は、実際に組織運営していく上では役に立たず、害悪しかなってないんだよ。

彼らを社会構成員として認めてゆくべきか?意見尊重しなければならいのか?どこまで?

という問題官僚がせっかく突きつけたのにも関わらず。

おしまい

anond:20220120172318

フェミニスト

1.

女性の権利尊重し、女性に対する不平等の解消を唱える人。

2.

女性に優しく接する男性

▷ feminist 英語には⑵の意が無い。 © Oxford University Press 2021. All Rights Reserved. 許可なく転載することを禁じます

物理屋文系馬鹿にしている

でもまっとうな文系は膨大な知識を覚えなきゃならないわけで、頭がいいだけでそれと同じことができるのかってころだよね

それで、やってないだけでやればできるwみたいに言って依然文系馬鹿にし続けるとかさ

物理にさえ暗記事項はある。でも興味があるから覚えられるんだろう。

じゃあ興味もないであろう文系知識を覚えられるのかって話だ

文系理系もお互いに尊重し合って欲しいもの

anond:20220119185456

○○がよくて××がだめという比較すると、じゃあ○○もだめじゃんて安易に流されるので良くない。

そもこの手の炎上は誰かが傷つくから良くないと「正義」を振りかざしているけど、個人好き嫌いしかない。ただこの一見正義みえる方に乗っておいた方がイイコチャンムーヴができ、叩いてすっきりしたり承認欲求をみたしたり、あげく売名行為ビジネスになってしまうのがたちが悪い。

「今の時代にそぐわない」なんて普段失礼クリエイター(笑)って揶揄してるマナー講師とやってること大して変わんないのに、ジェンダー論とかポリコレとかのときだけのってるようにみえる。出したいものを出して欲しい人が買えば良いだけなのに。

嫌なことを嫌といえる自由というのは大事だけど、それをSNSで垂れ流すというのが過去との違いでやっかいなところで、それがエコーチェンバーになり人が増え可視化されるというのが問題

ネットがない時代であれば嫌いといくらいおうとも言える範囲は直接話をできる範囲だったのが、可視化されてニュースになり炎上するということが起こるようになった。

そうなったら企業役所対応せざるを得ず、対応個別の回答でよかったのがさらされてさら燃えるであるので、全うに対応するよりとっとと引っ込めたり自主規制だなんだとしてしまった方が楽になってしまっている。燃やすコスト対応コスト釣り合わない。

好きの表明のANDより、嫌いのORの方が圧倒的広いので、嫌いを言う自由尊重すると全て淘汰されてしまうんだけどな。あなた不快の表明は誰かの不快になっているというのに気づかないのか無視してるだけなのか。

そんなわけでSNSに嫌いをたれ流すのはよくない文化だと思うのだけれど、垂れ流したからこそ改善される面もあるのでバランスが難しいところ。

結局はクレームうけても毅然対応するか無視して欲しいのだけれど企業やお役所は難しいと思うし、燃やしてる奴に燃やすことが不快だいうのも、そのコンテンツ好きな人が集まらないと対抗できないので答えがでない。

そんな不快感をSNSで垂れ流しておきます

何で男が女に性的に扱われなきゃ我慢できないんだ?

自然強要できるの?おかしくない?

自由意志尊重するとか人格尊重とかが無い特殊倫理観をお持ちの方?発展途上国から来たの?

別に恋愛してもしなくても女の自由だし、好きな男ができたのもそれも自由だしそんなの個人自由だろ

anond:20220120045427

母親とか父親の接し方が関係ありそうだなーと思ってる

家庭内母親が1人の人格として尊重されてるかとか、自分意見をはっきり言う人かどうかとか

2022-01-19

恋人が痩せない

付き合って約3年半になるが、この間で恐らく25kg程度は太っているらしい

(直接聞いたわけではないが、「○○の時からkg太った」みたいな会話の累積から推測するにこのぐらいと思われる)


元々が痩せすぎていたとかであればよいのだが、そんなこともなく、付き合いたて当初の時点でもどちらかというとふくよかな方だった

そのうえで、更に25kg太っている


当人は「痩せたい」だとか「ダイエットしたい」等と常々言っていたし、私自身もスリムな人の方がタイプだという事を暗にアピールしていたが

なんてことは無く、25kg太った


本人にも痩せたい意志がある事を尊重して、面と向かって「太りすぎ」と伝えたりダイエット強要したことはない

その甲斐あってか、25kg太った


私は日常的に軽い運動をしているので、それとなく一緒に出来るスポーツ運動に何度か誘ったこともあるが、殆ど乗り気になってくれた試しはなかった

やっと始めたと思ったランニング筋トレも1カ月と続かず、無事に25kg太った


体形云々抜きに健康のためにも危機感を持ってもらいたくて、体重の記録や運動習慣の重要性について話したこともあるが

私の説得力不足か、25kg太った


危機感が完全にゼロということも無いようで、「○○が落ち着いたらジムに通う」や「△△が終わったらダイエット始める」等の宣言を聞いたこともある

しかし毎回新しい区切りけが増えていき、25kg太った


正直言って相方に対してはもう性欲が湧かないし、これ以上太ったら恋愛対象として見ることも難しいと思う

だって、25kgも太っている



太っていても、開き直っているそれを自身個性として受け入れているタイプなのであれば、理解はできる

だが、3年半の間「痩せたい」とだけ言いながら計画を立てず行動も起こさずに太った25kgは、体重以前に人間性問題が見えてしまう。


それでもやはり恋人として、いつかは一念発起してくれるだろうと信じていたし、その際は当然サポート応援をするつもりだった。



それが昨晩、夕食として食べていた焼きそばにお米を乗せ始めた



はぁ~、同棲解消するのめんどくせぇなぁ~

とりあえず物件探すかぁ~

夫の年収は1000万円です。

嬉しいことがあったけど、知人には言えないからここに書いて捨てる。

出会って10年、結婚8年目の夫の年収1000万円を超えた。

うちは共働きで、私の年収は500万円くらいなので世帯年収1500万円である

豪勢な暮らしとまではいかなくとも、都内建売住宅のローンを払いつつ、子供希望する学校に入れたり、時々旅行に連れて行ったりしながら、老後の貯えも少しはできるかな…という感じで、

元々貧乏暮らし出身で、贅沢するタイプではない私には充分過ぎる額だと思う。

10数年前に転勤で東京から夫の故郷のある地方に住むことになり、趣味のつながりで夫と出会った。

当時の彼は、社員数50人くらいの地元企業勤めで年収400万円くらい。

口下手で女慣れしてなくて、全身サイズ微妙に大きいユニクロの服を着ており、特にモテるタイプではなかったんだけど(後で聞いたら私が初めての恋人だった)、

自分の好きなもの淡々と好きでいて精神が安定しており、私の話をちゃんと聞いて、私の気持ち尊重してくれるところに惹かれた。

しばらくして私は東京に戻ることになり、遠距離恋愛後、結婚することに。

私は仕事を辞めたくなかったので「結婚に伴って転職するなら彼の地元よりは東京の方がチャンスが多い」と彼を説得して、東京に来てもらうことになった。

その際に色んな人に色んな事を言われた。

結婚で男が仕事を辞めるなんてどうかしている」

「(彼の地元)に来てくれないような我儘な嫁はうまくいかない」

「せっかく安定した地元企業にいるのにもったいない

更に彼の転職活動がなかなか上手く進まず、結婚式を無職で迎えてしまったので

「今からでも遅くないので考え直せ」「絶対失敗する」と非難轟々だった。

転職活動を開始して半年目にようやく転職先が見つかった。

社員数300人くらいの会社で、彼の経験がそのまま活かせそうなのと、前職の年収(400万円)を保証してくれると言うので良かった、とほっとした。

そしたら、その転職先がちょうど事業を拡大する時期だったようで、あれよあれよという間に1000数百人規模まで大きくなった。

彼も一生懸命頑張ったしタイミングも良かったみたいで、ちょうど定年退職で空いたポストに抜擢されてとんとん拍子で出世した。

結婚したとき私の年収は600万円くらいだったので、2人併せて1000万円あれば大丈夫!私が頑張る!と思ってたんだけど、

子供の送り迎えと働き方改革残業が激減した結果、私の年収が下がった。

しかしそれを補って余りある夫の快進撃。すごい。

私の希望で夫にはいろんなことを強いてしまってずっと引け目を感じていたので、本当に良かった。ものすごく安心した。

という話でした。ありがとうございました。

anond:20220119135942

横だけど

子ども産む前に自分がまともな親になれるか考えろよ、の部分は正しい気がする。たしかにだめなら虐待だなんだとなる前に手放した方がいいけど、手放された状況で育つ子たちの現状(進学率、貧困率など)考えるとそれもほんと親の都合に振り回された結果であまりに身勝手だし極力事前に考え抜かなきゃいけないわな。

もっと施設育ちとかでも将来安心なら別だけど日本はそうじゃない残念ながら。

一番に尊重され守られるべきは子どもだし、あくまでも「子どものために」親が何か救済される措置はあってほしい。

考えなしに産んでにっちもさっちもいかんと言ってる人には「子どもって実は人権を有した人間だって知ってました?」と思っちゃうし(言わないけど)、考え抜いて産んでも予期せぬことでにっちもさっちもいかない状況にはなり得る。なり得るからといって考えなくて良いわけじゃない。

アンナチュラルってドラマ、一気見したけれど

推理ドラマありがちな真相解明パートがなく過剰演出じゃなくてリアルとか言われて異常に言われて持ち上げられていた割に

実際に見てみると十分「過剰演出」な気がする

どの話でも真相解明パート普通にあったし。

いくらなんでもこいつら報連相せず命令に背いて独自行動し過ぎだろと思ったし

普段職場コメディタッチな様子とか結婚に焦って合コンに出まくる女とか

職場に寝泊まりしているも同然のキャラとか

普通ーーーによくある日本ドラマだよね

特に3話なんか、あん露骨女性差別表現現実では絶対有り得ねーよと思ったし(実際の女性差別性別だけを理由にせずに医者弁護士のような肩書きのあるエリート女性尊重するけど底辺フリーター女は露骨差別するなどもっと複雑)

2022-01-18

「今の学校教育はこどもの個性を摘み取る!」って言うけど

具体的に「教育」で摘み取られる個性って何?極度の好き嫌いとか授業中騒ぐとか関係ないことするとかは尊重すべき個性じゃなくて矯正すべき悪癖じゃないのか?図画工作のなんたらとかでそこまで手直しされたこととかないんだけど

ワイが小中学生ときジプシーロマ民族と言い換える形で習ったが、実際にはジプシーははぐれ者の総称であって特定民族ではなかったみたいね

ロマ民族と言い換えてしまうのはかえってロマ民族に対して侮辱的であろう。

今はそれぞれの自己主張 (アイデンティティ) を尊重した呼び名や分類にする潮流があるようだが、それを認めたら学問破綻するだろうし、ま、なかなか色々と難しいね

2022-01-17

anond:20220117204815

 情報媒体としての本と商材としての本ということですね

出版に携わる人々の生活を支えるのは大事だと思いますが、それはこちらが良質な情報を得るという恩恵あってこそ。

堕落しきった出版業界の食い扶持のために俗悪本が乱造され、まともな本が本屋から追いやられたり値段が吊り上がるようでは本末転倒

 中古本については微妙なところだと思いますが、前者としての性質尊重して商売しているという点から私は存在肯定しま

2022-01-16

脸皮太厚,还是忘性太大?美国会山骚乱一周年之际,布林肯却对哈萨克斯坦“指指点点”!不顾至少有13名军警被杀事实,眼看暴徒即将树倒猢狲散,美欧又开始“拉偏架”了。布林肯称:“必须在尊重抗议者的前提下,以和平、妥善的方式解决危机。”欧盟则表示:“哈政府尊重保障公民的人权与自由。” 去年1月6日美国国会山骚乱中,完全没有所谓的“尊重抗议者”,甚至有一名女性退伍军人被警察直接击毙。事后,拜登政府定性为“暴徒”,其中725人被秋后算账,超过70人被判刑。国内国外两套标准,对本国暴徒大打出手,却要求他国家放纵暴徒。布林肯没有资格对哈萨克指指点点,美国政治两极化势同水火,与其在国际上扮演“教师爷”,不如解决好国内问题更能让人信服。

https://www.toutiao.com/w/i1721490943680520/?timestamp=1641772019&app=news_article&use_new_style=1

文学部になんか行くなって言え、の筆者による反省

昨日か一昨日、『文学部になんか行くな、勉強しても報われないぞって初めから言え』のエントリを書いた人間です。

追加で記事を書くのは言い訳がましい。

でもめっちゃ風評被害をまき散らしてしまったので、ちょっとだけ冷えた頭で過去を捉えなおした記事を書きたいと思いました。

あれを読んで嫌な気持ちになった人に謝れるわけではないし限りなく自己満足ですが、ネットの海に放流しておきたかったので。

文学部は俺の未来に害を及ぼしたわけではない

就活で心が折れてしまった上に、俺の性格が極端で未熟だったことによるところが大きい。

かに客観的に見れば貴重なことを文学部で学んだのかもしれない。

文学部の人や人文学に触れたことがある人は知っていると思うが、文学部感想文を書き散らすところでは断じてない。

まずは対象となる作品に触れて、自分で疑問を発見したり、隠されたものがあるのでは?と気づく。

そしたら、その疑問や発見を足掛かりにさらに深くテクストを読み込み、適切な研究書・論文を探して読んで根拠を集める。

必要場合は、過去理論適用して新たな気づきがないか探したり、自分立場を明らかにする。

そうして根拠を十分集めて、最初の疑問や発見に対する結論を導きだす。これが俺の学んだ手法

思い出してみれば、自分一年生の時から成績がよかったわけではなかった。

なぜなら入学当初、課題発見力が限りなくゼロに近かったから。お得意の受験勉強では全く何もできなくて、最初に書いたレポートは散々でした。

で、レポートを書けるようになりてえと思った。正直言うとその動機はお子様なもので、アカデミック論文冷徹に真理を追究してるみたいでかっこよく見えたから。

まあ悔しかったのか文学が好きだったのか、今ではよく分からんがとにかく少しでも大学学問に触れたいと思って、そこから色々やった。

教授質問したり、レポート上手い友達にどうすればいいか助けを求めたり、『レポートの書き方』とかロジカルシンキングの本を読んだり。

それで成績が上がったんでした。

コメントでも指摘があるように俺は自分評価を限りなく外部に依存する悪癖があり、成績を自分判断基準にしすぎというのは真っ当な指摘です。

でも、その外部から評価を得るために自分でいろいろやったなあ、ということをガン無視していたので、それはちょっと認めてもいいのかもしれないと思った。

ということで、もらったコメントを受けて考えてみれば、文学部に行ったから俺の未来がどうこうなんじゃなかったということです。

それどころか、文学部勉強して知った「テクスト客観的に読んで課題発見し、資料を参考にしながら結論を出す」という手法はどこにでも通用する教訓なのかもしれない。

いや、そうじゃないかもしれない。俺は社会に出てもいないし、就活にしても本選考が始まったわけではないし、本当に社会通用するのかは今知りようがない。

とにかく考え直してみた結果、俺は価値ある学びを身につけられたのかもなあ、と思った。

文学部の人、文学部に行きたいと思ってた人、すみませんでした。グチャグチャメンタル軽率に貶したりして、本当に馬鹿でした。

この謝罪は読んだ人への媚び売りではなく、もらったコメントを読んで自分の学んだもの価値を思い出した結果だと思っている。多分。

これが万人に通用する真理かどうかも知らない。今のところの自分結論というだけ。まだ未熟な部分が腐るほどあるんだろう。

・ただ文学部関係ないけど、俺がやらかしたことに変わりはない

そうは言ったところで、俺が人付き合いから目をそらしてきた事実は変わらない。

なので、自分ゼロ地点にいることを自覚したんだから、今度こそ自分でなんかやろうと思った。

今の時点ではまず進路をどうにか決めるのが先だが、その先はバイトボランティアグループ立ち上げか、とにかく人と会わなきゃと思う。

がむしゃらにただ会うんじゃなくて、自分相手の対流みたいなもんを作ればいいのだろうか、よくわからないけども。

しかも、あれだけ叱責のコメントをもらってすら未だに周りの人間を恨んでいる節がある。

ただ、これもコメントにあったことだが、実際には「コミュニケーションをとれ」というアドバイスをもらいながら目を背けていただけの気がする。

自分には合わないから!机に向かってれば楽だから!そういう自分本位の理由アドバイス無駄にしてたんだろうな。

それで俺に愛想をつかした人、多分たくさんいるだろうと思います

あと根本的な問題点として何かに失敗するのがどうしても嫌というプライド不安があるのも分かった。

なので失敗したら引きこもるのではなく、どこがダメだったか考えて再試行するのを人付き合いで繰り返そうと思う。怖いですが。

・なぜ「勉強頑張った」とガクチカで書けないのか

勉強を頑張れるのは一つの長所」という励ましのコメントをくれた人が数人いました。今はまだ大事ものを取りこぼしたしくじり感が強いけど、将来「勉強したことが血肉になってるんだな」と思える日がくればいいと思う。

その一方、「ガクチカでそれを書けばいいじゃないか」というコメントにはあまり同意しない。

なぜなら、就活本に書いてあったガクチカについての説明がとても筋の通ったものだったからです。

就活始まってたくさん読んだマニュアルの大半には、「ガクチカ大学内でのことを書くと視野が狭いと思われる」という指南が書いてあった。

そして具体的なアドバイスとして、「社会人としての素養コミュ力社会性をアピールするため大学外部のことを書け」という対策が書いてある。

からみんなサークルゼミのことをアピールするのは極力避け、アルバイトボランティアのことを書こうとするんです。

これは筋が通っていると俺は思う。なら、上に書いた文学部での学業ガクチカとして不十分だ。特に俺はほとんど一人で動いてしまたから、社会性とコミュ力アピールにはならない。

で、その上でガクチカをどう書くかはまだ決められてません。とりあえずキャリセンと外部の講座に頼ります

自分語り(コミュニケーションが苦手、人格が幼いことについて)

これを治せないのかは分からない。

ただずっとコミュニケーションが嫌いだったかというとそういうわけではなくて、その方法を限りなく間違え続けたあげく人間関係で病んだのがきっかけだった。

小学生の時にいじめを受けていて、それで辛い人の気持ちが分かったつもりになった。

で、自分は優しい人でありたいと思ったので、それ以来誰彼かまわず相手に尽くしまくった。

ただ人格形成が遅かったのか、はたまたその時から他責性格自分の成長を怠ったのか、自他の区別がつけられず優しさと甘やかしの違いが分からなかった。

その結果メンヘラ製造機になり、それを抱えきれなくて自分メンヘラになった。

横になって壁見ることしかできねえ何もできねえ何も食えねえみたいな時期が続き、高校教室に行けなくなった。

精神科には行かずにスクールカウンセリング一年ぐらい受けたけど、結局克服には至らず。

で、大学に行ったらぼっち謳歌するぞ、友達なんかいらないぞと思って、それを実行した。

ここで周りの「他人と向き合え」というアドバイスが実際あったのに無視したとすれば、それがさら人格形成をサボる分岐点だったんでしょう。

上で「友人にレポートアドバイスを聞き…」と書いたように、確かに数人は大学の友人がいる。しか自分から全く外部に行かなかったので成長できてないんだと思う。

根本的な原因としては「甘やかすことと優しくすることの違いが分かってない」=「自分がない」なんでしょうか。

ただしばらく考えてもこれを解決する方法が分からない。でも今まで頭でっかちで失敗してきたのは確か。なので今までの沈考から趣向を変え、トライアンドエラーを繰り返す方式他人と関わろうと思う。

大学生になる人、俺みたいに「人間関係しんどいから一人でいるぞ!」って逃げずに自分から人を見つけに行け、めちゃくちゃ遠回りすることになるから

・で、将来どうするのか

明確には決められていない。決めたことは、

1.とにかく民間就活は続ける。

2.キャリセンなりガクチカ講座なり行って、相変わらず涙目になりながら自己PR文章を助けを得つつ書く。

(3.橋にも棒にもひっかからなくて全滅したら、大学に推薦があるか聞きにいったり、お金ためて来年公務員試験を狙ったりする。)

これで全部。

コメント読んでて確かにそうだなと思ったのは、そもそも文学部選んだのだって、恵まれ環境があって自分で決めたんだろうということ。

もうこれは客観的に見てそうなんだろうけど主観的にはまだ周りを恨む他責思考が抜けきってない。改心するのは時間がかかる。

本好きだなあ、もっと知りたいなあ、文学部行きたいなあ、って思った高校生を周りが尊重してくれた、というのが事実なんだろう。

今「尊重」と書いてて思ったけど、周囲の人たちは「文学部通用しないと知りながら黙ってた」ではなくて、「周りの忠告も聞こえないぐらいなら尊重してあげよう」と思ったのだろうか。

入学して学業の難しさ、つまり「本好き」だけでは文学研究は成り立たないことを知ったわけだが、学業入り口入り口ぐらいには立てたと思うので、本懐を遂げたと言っていいのだろう。

・まとめ

一言で言うと、「恵まれ環境にあぐらをかいている+おそらく価値あることを学んだのだろうが、価値自分で認めきれない+学んだことの活かし方が分からない+今まで逃げてきたこのしっぺ返しを食らってパニクっている」ですかね。

座学じゃない勉強が足りねえんだわ。

これからどうするかは決められてません。大学三年間ずっと他人との向き合い方を学びませんでしたから、未だに絶望感はあります

ここからは周りに甘えた上に責任転嫁するのはやめて(そもそも周りの責任じゃなかったような気がしてきたので)、自分人生ここから自分で何とかするって気持ちでいたい。

これを書いてもなんかうわべだけの解決になっているような気がして不安だが、もう内にひきこもるのだけはやめる。

ボランティア募集見つけたんで、これ投稿したらそれに応募する。相手クソ迷惑だろうな…ごめんな…

anond:20220116023059

ぶっちゃけいるかいないかで言ったらいるし整側の視点で読んでる男性発言がそこそこ見つかるんだけど女性側がその10倍の熱量でそれを求めてるからポルノであるという側面やファンタジー求めるなという意見はわかるんだよね

でも男性の整を過剰に否定する反応こそリアル女性寄りの考えを示したり女性の味方になる意見を言う男性がいたときあんなやつ女に媚びてるだけだとキレたりそういう考え方をする男性存在自体を認めない男性脊髄反射の反応そのものって感じがする

なんつーかこの主張もほんとにそんな奴はいない!じゃなくて本音あんなやつは女に媚びてるだけだってくさしたいし従来の男性価値観かいって自分否定されてるような気がするからだって心理からあんなやつはいない!って言いたい部分があると思う

女性理想男性像としてみすぎているのが危険というのは正しい一方で奥さん大事にしたり女性尊重していたり自分の考えで男性ジェンダーとしてのあり方を否定してる男性がしつこく男性から存在否定されてるのと被るよね

整がどれほどリアルかよりそういった男性がいた場合男性がしつこく嫌がるという、作品内であえて微妙に誤魔化されているリアル現実に発生してることの方がこの作品の凄いところであると思う

anond:20220116050452

日本兵露助家族はいないとかアメ公は悲しみを感じないとか出鱈目な風説流してるのはそうなんだろうね

現代では違う

他人に対して、尊敬尊重優越を感じたいだけ

それだけの人間関係を構築してる

2022-01-14

母親の前に女だという人

母親の前に女だ』と言う人がいる。

堂々と公や子の前で、それを声高らかに主張する女性が苦手である

先に言っておきたいことなのだが、この言葉を口にする女性全てに嫌悪感を抱いている訳では無い。

母という務めを果たしながら、なおかつ女性であることに誇りを持ち輝きを失わない努力をしている方が言う分には気にならない。

そういった方は、前向きな意味で口にしていることが分かるからだ。

しろ、そういう場合には『母親でありながらも女性でありたい』などの言い回しをされる方が多い印象であるこちらに関しては素敵な人だなと素直に思えるし、心から応援したい。

私が嫌悪するのは、己がこの世に産み落とした子を尊重せず、慈しまず、守ろうともせず、あたか人生障害であるかのように振舞う女性だ。

なら、何で母になろうと思ったんだ? と問いたい。

である前に母親になることを選んだのは、貴女ではないのか?

子を産む選択をしたのは己であろうに、その選択責任を子に押し付けるのはおかしいのではないか

『妻』である前に女だと言うのなら、共感は出来ぬが理解は出来るのだ。

なぜ『母親であることを否定するのだろうか。

無責任にも程がある。

人を一人この世に産み落とし、育み、独り立ちさせる。

考えるだけでも相当な覚悟必要だと思うのだが、彼女らは何も考えなかったのか。

この覚悟については、女性だけの問題ではないだろう。

世の中には、父であることから逃げるものも多い。

己の性欲が新たな生命に直結するという事を、軽く考える者も多々いるのだろう。

少なくない悲しい事件を見る度に、やるせなくなる。

私は、諸々の事情により親にはなれぬ。

からこそ、思うのだ。

己で親になると決めたのならば、親である事を拒むなと。

anond:20220114122925

いや、性欲あるのが当たり前でしょ

ない人が特殊で変わっててイレギュラーなだけ

ただ、そういう変わった人もちゃん尊重しましょう、ってだけだよ

anond:20220113221708

提案や決定も労力だから、手札を出してくれた相手気持ち尊重した方がいいらしい。

  ← 「いいらしい」という表現結構な衝撃。今までそういう事を考えてみたことも無かったのかよ、と...  

   

自分の中で「周りを見てみろ」と言われたのが結構衝撃で、

  ← これまた衝撃の告白。今までやって無かったのかよ、と... 

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん